小泉信三の戦争、慶應義塾を守る苦闘2024/02/24 07:15

 2月15日にNHK BSで放送された「岩田剛典が見つめた戦争 小泉信三 若者たちに 言えなかったことば」を、録画しておいて見た。 素晴らしい番組だった。 都倉武之さん(慶應義塾福沢研究センター准教授)が、的確な資料を用意して全面的に参加していたのが、大きく貢献したのだろう。 実は、岩田剛典(たかのり)さんを知らなかった。 三代目J SOUL BROTHERSのパフォーマーで、慶應義塾の普通部、高校から、2011年の大学法学部卒業の34歳という。

 小泉信三は、昭和8(1933)年11月、45歳で慶應義塾塾長に就任した。 昭和16(1941)年、長男信吉(しんきち)慶應義塾大学経済学部卒業、三菱銀行に4か月勤務、8月海軍経理学校入校、海軍主計中尉任官。 昭和17(1942)年10月、長男信吉南太平洋方面で戦死(24歳)。 昭和18(1943)年12月、出陣塾生壮行会で訓示。 昭和20(1945)年3月25日、空襲により罹災。病院のベッドで玉音放送を聞く。 昭和21(1946)年、東宮御教育参与就任。 昭和22(1947)年1月、慶應義塾塾長退任。

 昭和10年代には次第に、「福澤思想抹殺論」が出回り、慶應義塾は西洋の自由主義を日本に入れた福澤諭吉の学校として、言わば国賊のように見られるようにもなっていた。 番組に出てきた、その典型としての徳富蘇峰の福沢批判と小泉の反論を、今村武雄さんの『小泉信三伝』で読んでみたい。

 徳富蘇峰は、昭和19(1944)年3月、言論報国会の機関誌『言論報国』「蘇翁漫談」で、(1)福沢先生は西洋のことを無茶苦茶に輸入し、日本のことをことごとく壊す方針でやってきた、(2)福沢先生その人は愛国者だったが、その議論だけは非常に困った、(3)福沢先生の教えは、個人主義である、として、その教えを奉ずるものは国家の大事に無頓着である、今日の戦さでも、誰が戦さをしているか、まるでほかの人が戦さをしている、それをただながめているようなわけで、独立自尊でやっていく以上は、愛国ということなどとは縁が遠くならざるを得ないとした。

 小泉信三は、これに反論した。(5月10日『三田新聞』「徳富蘇峯氏の福澤先生評論について―先生の国権論その他―」) (2)福沢の多くの著述をあげ、すべて終始かわることのない国権皇張論だったとし、当時、福沢の心を圧迫したことは、西欧諸国、なかでも英国のアジア侵略であって、この強大な勢力の前に、いかにして、わが国の独立をまっとうするかということで、それには、わが国を文明に進めるほかない。 「今の日本国人を文明に進るは此国の独立を保たんがためのみ。故に、国の独立は目的なり、国民の文明は此目的に達するの術なり」(『文明論之概略』) (1)には、『学問のすゝめ』第15編から開化者流の西洋盲信を警めたくだりを引いた。
 (3)福沢の教えを奉じる者といえば、われわれ同窓の者すべてであるが、そのなかの幾千百の青壮年は、いま陸に海に空に戦っている。 彼らはみな福沢の名を口にすればえりを正す者だが、彼らのすべてが非愛国者だと徳富は言うのか、まさかそんなことはないはずで、この一段の言葉は不穏当のきらいがあると反論した。

なお、徳富蘇峰は、明治23(1890)年4月『国民之友』80号に、福沢の『文字之教』を読み、福沢について、世間が認める新日本の文明開化の経世家としてではない一面、つまり文学者としての福沢の役割、日本文学が福沢に負うところの多いことを説明するのに、この本が「大なる案内者」となる、と書いていた。 福沢が、すでに明治6年の時点で、平易質実、だれでも読むことができ、だれでも理解できる「平民的文学」に注意したことを知るのだ、と。
中川眞弥先生の講演「『文字之教』を読む-徳富蘇峰の指摘-」<小人閑居日記 2016.2.7.>
徳富蘇峰の挙げた福沢文章の特色<小人閑居日記 2016.2.8.>

 番組が扱ったこの時期の、慶應義塾と小泉信三塾長について、私は下記を書いていた。
日本史上最大の事件と慶應義塾<小人閑居日記 2007.7.10.>
戦時下の慶應、小泉信三塾長<小人閑居日記 2007.7.11.>
戦時下、大学に出来なかったこと<小人閑居日記 2007.7.12.>
「慶應義塾と戦争」アーカイブ・プロジェクト<小人閑居日記 2016.4.16.>
「戦争の時代と大学」展の冊子から<小人閑居日記 2016.4.17.>
塾長小泉信三の評価をめぐって<小人閑居日記 2016.4.18.>

二本榎、源昌寺ヤマトフ増田甲斎の墓2024/02/14 07:14

 俵元昭さんの『港区史蹟散歩』で、「画家・英一蝶の墓」の次が、「二本榎の中心地」だ。 高輪消防署二本榎出張所があるが、公式の町名に「二本榎」はないという。 出張所の向かい西側の駐車場に幹が二本に分かれた榎が一本あって、これが現在の二本榎だ、とある。 この位置に昭和37(1962)年に伊勢原市に去った上行寺(じょうぎょうじ)の門があり、その門前に街道の印に植えられた二本の榎があったため地名が起こったという。 徳川家康の入国のときにも二本榎の徳明寺(現存しない)で休憩したとある。 現在黄梅院(高輪一-27-21銭洗不動所在)に二本榎と地名の由来を石碑にしてある。

 出張所と高輪警察の間の道を右に下ると、国道1号線桜田通りを越えて、明治学院がある。 昭和29(1954)年からここの中学に通った私は、池上線で荏原中延から五反田に出て、都電4番に乗り五反田駅前から白金猿町(現、高輪台駅のところ)の次、二本榎で降りた。

 二本榎の次は、清正公前だが、そこまで行く前の右手に、源昌寺(高輪一-23-28)という寺がある。 これも『港区史蹟散歩』で知ったのだが、ここに福沢と多少関わりのあった「幕末の奇行国際人増田甲斎(橘耕斎)の墓」がある。 幕末の時代相と性格から数奇な運命をたどった人物で、経歴もはっきりしない部分がある。 遠州掛川の藩士立花粂蔵だが、人望を失う事件をおこしたとも、根津遊廓で喧嘩したとも、主家の什物を売って浪費したとも、恋愛事件で女性を殺したとも、藩風にあわず嫌われたともいう。 脱藩して博徒に交わり、のちに出家し、諸国行脚に出た。 伊豆の戸田(へた)に滞在中、ロシア軍艦の難破に遭遇し、ロシア人通訳にはかって、代船の出航に芝居用の赤毛のかつらをかぶり、伝染病の水兵を装って密出国した。 ロシアに向かう途中、イギリスの捕虜になったりしたが、ペテルスブルグでロシア外務省の通訳官となってウラジミール・イオシフォヴィッチ・ヤマトフと名乗った。 安政4(1857)年、外交官ゴシケウィッチと協力して橘耕斎の名で『和魯通言比考』を著わした。 これが最初の日露語辞典である。 その勤務ぶりにもさまざまな風説がある。 文久2(1862)年の遣欧使節で、福沢諭吉は訪れたとき刀掛けがホテルに用意してあったのに驚くが、彼の仕業だった。 滞ロ20年を経過し、明治6(1873)年岩倉具視使節団の一行に会って説得され、54歳で帰国した。 ロシア政府の年金で増上寺境内内山下谷38号の一室に起居し、明治18(1885)年65歳で死去すると、源昌寺に葬られた。 維新前後自らを運命の翻弄にまかせた型破り日本人だった。 戒名は全生院明道義白居士、墓碑銘の七言絶句に生涯が要約されているという。

 『福翁自伝』に、こうある。 ロシアで接待委員の人々と懇意になって、種々さまざまな話をしたが、接待委員以外の人からロシアに日本人がいるという噂を聞いた。 それは公然の秘密で、名はヤマトフと唱えている、会ってみたいと思ったが、逗留中会えなかった。 接待中の模様に日本風のことがある。 たとえば室内に刀掛けがあり、寝床(ベッド)には日本流の木の枕があり、湯殿にはぬか袋があり、食物も日本調理の風にして、箸茶碗なども日本の物に似ている。 どうしてもロシア人の思いつく物ではない。

 松沢弘陽さんの、新 日本古典文学大系 明治編『福澤諭吉集』『福翁自伝』校注には、橘耕斎として、こうある。 職務上の過ちのため脱藩、伊豆戸田村に滞在中、同地で安政大地震のため大破した乗艦の代船を建造中のロシア使節プチャーチンの一行を知り、中国語通訳官ゴシケビチのすすめで、国外に脱出し、1856年ごろペテルブルグに到る。 1857年ゴシケビチを助けて『和魯通言比考』を刊行、受洗してウラジミール・ヨシフォビチ・ヤマトフ(大和夫)と改名し、ロシア外務省通訳官やペテルブルグ大学日本語教師を務めた。 明治7年帰国、増田甲斎と名乗り、仏門に入った。 「西航手帳」文久2年閏8月2日(1862年9月25日)の条にフランスの友人ロニからペテルブルグで「橘耕斎」に会ったことを聞いたと記す(『全集』19、105頁)から、福沢はヤマトフの本名を橘耕斎であることをペテルブルグ滞在中には知ったのではないか、と。(福沢のサンクト・ペテルブルク滞在は、1862年8月9日から9月17日。文久2年閏8月2日は、1862年9月25日で、福沢は9月22日からパリに戻っていた。)

豆大福の「松島屋」、英一蝶の墓2024/02/13 07:01

 三田あるこう会の「「御田」から常光寺参拝」、伊皿子から豆大福の松島屋の前を通った。 宮川幸雄さんによると、「東京三大豆大福」は高輪「松島屋」、原宿「瑞穂」、護国寺「群林堂」だそうで、「松島屋」は予約しておかないと買えないと聞いていた、受け取っている人もいたが、直前に電話した人は駄目だったようだ。 我が家で豆大福といえば、虎ノ門の岡埜榮泉だけれど…。 旧高松宮邸の界隈に、かつて虎屋という和菓子屋があって、赤坂や銀座の「とらや黒川」と関係ないので、地元の人は「にせ虎」と呼んでいると、ご近所生れの銀行の支店長に聞いたことがあった。 今は、閉店したようだ。

 高輪消防署二本榎出張所と高輪警察署の少し手前で、私は明治学院中学に通ったという話をしていたら、岡部健二さんが、左手の承教寺にハナブサイッチョウの墓があると言う。 当時、高輪警察の前は、明学の隣の意だろう明隣堂という本屋さんだったが、今はビルの名に残っているだけだ。 ハナブサイッチョウ、聞いたことはあるが、どんな人だったか、その時は浮かんでこなかった。

 雑誌『サライ』3月号の第409回「難航 十字語判断」クロスワード・パズルに、「綱吉の頃の画家。幕府の怒りに触れ三宅島に流罪となり、赦免後に――(9文字)と改名。俳諧をよくし芭蕉や其角とも交友があった。『布晒(ぬのさらし)舞図』『四季日待図巻』」という問題があった。 答を入れていくと、これが「ハナブサイツチヨウ」となった。 『サライ』の「難航 十字語判断」だが、それにはまって「等々力短信」第864号(平成11年12月25日)に「1999年末クロスワード・パズル」というのを書き、自作の問題まで作っているのが、私家本『五の日の手紙 4』370~373頁にある。 以来23年も、ずっとやっていることになる。

 そこでハナブサイッチョウ、英一蝶だが、1652~1724、江戸前期の画家。 英派の祖。 医師多賀伯庵の子として京都に生まれる。 幼名猪三郎、諱(いみな)は信香(のぶか)、字(あざな)は君受(くんじゅ)、剃髪して朝湖(ちょうこ)と称した。 翠蓑翁(すいさおう)、隣樵庵(りんしょうあん)、北窓翁などと号し、俳号に暁雲(ぎょううん)、夕寥(せきりょう)があった。 1659(万治2)年ごろ江戸へ下り、絵を狩野安信に学んだが、いたずらに粉本制作を繰り返し創造性を失った当時の狩野派に飽き足らず、岩佐又兵衛や菱川師宣によって開かれた新興の都市風俗画の世界に新生面を切り開いた。 機知的な主題解釈と構図、洒脱な描写を特色とする異色の風俗画家として成功。 かたわら芭蕉に師事して俳諧もよくした。 1698(元禄11)年幕府の怒りに触れ三宅島に流されたが、1709(宝永6)年将軍代替りの大赦により江戸へ帰り、画名を多賀朝湖から英一蝶と改名した。 晩年はしだいに風俗画を離れ、狩野派風の花鳥画や山水画も描いたが、終生俳諧に培われた軽妙洒脱な機知性を失うことはなかった。 代表作に、いわゆる「島(しま)一蝶」として珍重される三宅島配流時代の作品《四季日待図巻》(出光美術館)や《吉原風俗図鑑》(サントリー美術館)、《布晒舞図(ぬのざらし)まいず》(埼玉・遠山記念館)などがある。(『日本百科全書』榊原悟) 遠山記念館は、昨年3月に三田あるこう会で行った。(遠山記念館で「雛の世界」展を見る<小人閑居日記 2023.3.17.>)

 俵元昭さんの『港区史蹟散歩』(学生社)には、流罪の原因を元禄11(1698)年『当世百人一首』『浅妻船』の図などが将軍幕府を風刺したからとある。 三宅在島11年、58歳で許され、赦免の報に蝶が飛ぶのを見て一蝶と号し、宝永6(1709)年江戸に帰った。 土佐派を折衷した技法で人気に投じた。 享保9(1724)年73歳で死去。 承教寺(高輪二-8-2)は、本堂前の墓碑(都旧跡)に画家らしい辞世「まぎらはす浮き世のわざの色どりもありとや月の薄墨の空」があり、数少ない一蝶の仏画、細密謹厳な筆法の《釈迦如来画像》一幅(区指定文化財)を所蔵する。

キリスト友会、普連土学園、クエーカー2024/02/11 07:30

 御田小学校の「岬門」から丘の上の道へ戻って、まっすぐ伊皿子に向かわずに、すぐの三叉路を右の細い道に入って、進むと右にキリスト友会(ゆうかい)(キリスト教クエーカー派・日本本部)の質素な建物がある。 私は知らなかったのだが、クエーカー教徒はフレンド派とも呼ばれ、亀塚や済海寺を北に下った聖坂の普連土学園中学校・高等学校は、1887(明治20)年、当時アメリカ合衆国に留学中だった内村鑑三と新渡戸稲造の助言で、ペンシルベニア州フィラデルフィアのキリスト友会婦人伝道会が女子教育を目的に設立した。 現在でも、日本唯一のキリスト友会の教育機関だそうだ。 校名の「普連土」の当て字は、津田仙(津田塾大学創立者津田梅子の父)が、「普(あまね)く世界の土地に連なる」、転じて「この地上の普遍、有用の事物を学ぶ学校」であるようにとの思いから命名したとされる。 教育理念の核として、クエーカーの言葉である内なる光と神の種子を掲げている。 1学年約135名、3クラス編成の、完全中高一貫校だ。

 私は、「慶應音頭」だったかに、「三田の慶應か、慶應の三田か そばじゃ、普連土の鐘が鳴る」という文句があったと憶えていたのだが、1964(昭和39)年卒業の時にもらった『慶應歌集』には出ていなかった。 ただ、釈迢空(折口信夫)作詞の「慶應おけさ」、「三田の山から 光が見える あれは台場か みおの灯か 言うてくれるな わが想い」があるのを知るという副産物を得た。 ついでに普連土学園の校歌は、室生犀星作詞、川村信義作曲だそうだ。

 そこでクエーカーだが、キリスト教プロテスタントの一派であるキリスト友会(Religious Society of Friends)に対する一般的な呼称である。 17世紀に清教徒革命(イングランド内戦)の中で発生した宗派で、教会の制度化・儀式化に反対し、霊的体験を重んじる。 この派の人々が神秘体験にあって身を震わせる(quake)ことからクエーカー(震える人)と俗称される。 会員自身はこの言葉は使わず友会徒(Friends)と自称している。 クエーカーという名称は、創始者ジョージ・フォックスに対して判事の使った言葉に由来するという。

 キリスト友会には、経典や正式の教義箇条はないが、信者間にある一定範囲の教義的合意はみられる。 最も中心にある考えは、内なる光である。 それぞれの信者に力を導く、内なる光の信仰は、証言(Witness「信仰的証し」の意)と呼ぶ幾つかの主要概念の発展につながっている。 証言には平和主義、男女・民族の平等、質素な生活、個人が誠実であり続けることなどがある。

 友会徒の証言として一番知られているのは平和主義で、暴力は常に誤りであるという信念は今日も認められている。 多くの良心的兵役拒否者、非暴力の提唱者、反戦活動家は、友会徒である。 1947(昭和22)年にノーベル平和賞を受賞し、アメリカフレンズ奉仕団とイギリスのフレンズ協議会が受け取った。

 日本での歴史は、1885(明治18)年にキリスト友会婦人外国伝道協会から最初の宣教師、ジョセフ・コサンドが派遣された。 戦後の日本ではGHQのボナー・フェラーズ准将が熱心なクエーカー教徒で、布教活動に勢力を注いだ。 また、後に天皇になる皇太子明仁(現、上皇)の家庭教師エリザベス・ヴァイニングは信徒だった。 日本人信徒としては、新渡戸稲造や石谷行(すすむ)が著名である。 石谷行(1931~2002)は、教育学者で法政大学名誉教授、1969(昭和49)年、牧師の大野道夫らと「良心的軍事費拒否の会」を結成し、防衛費分の税金支払いを拒否した。

江戸っ子の月見の名所「月の岬」2024/02/10 07:14

 そこで御田小学校「岬門」の「岬」の件であるが、亀塚や済海寺が面した丘の上の道は、御田小学校の入口から、この後行った旧高松宮邸前、高野山東京別院を経て、高輪台方面へと続く。 この台地の稜線は江戸時代、「月の岬」という名で、月見の名所として知られていた。 「ウィキペディア」の「月の岬」は、月の見崎ともいい、「東京都港区三田四丁目付近である台地の一角を指した地名。名称としての用法は明治中後期には廃れている。」としている。 御田小学校は、まさしく東京都港区三田四丁目にある。

 「ウィキペディア」は、「月の岬」の名前の由来として、4つの説を挙げている。 (1)慶長年間、徳川家康が名付けた。(2)三田台町一丁目の高札場付近を名付けた。(3)元は伊皿子大円寺境内の名であったが、転じてそのあたりの名称とされた。(4)三田済海寺の総名(総称)であった。 (伊皿子大円寺は曹洞宗寺院、慶長8(1603)年赤坂溜池のあたりに徳川家康が開基となって創建し、寛永18(1841)年伊皿子に移転、寺号を大渕寺から大円寺に改号、島津家の江戸菩提寺などとして栄え、維新後の明治41(1908)年杉並区和泉に移転した。)

 浮世写真家 喜千也の「名所江戸百景」というブログの第96回に、『月の岬』というのがある。 歌川広重『名所江戸百景』第八十二景「月の岬」、広重著『絵本江戸土産十編』のうち第二編(1851(嘉永4)年頃刊、国会図書館蔵)より「同所(高輪)月の岬」の、二つの絵を見ることができる。 https://www.nippon.com/ja/guide-to-japan/gu004096/

 『名所江戸百景』第八十二景「月の岬」は、品川宿の廓の座敷から、江戸湾に浮かぶ満月を望んでいる。 「月の岬」は、江戸湾に月が浮かぶと、海岸線と高台の稜線が岬のように望める場所で、江戸っ子には月見の名所として知られていた。 正確な場所には諸説あるが、大まかには現在の港区高輪から三田にかけての台地の一角を指すようだ、とある。

 『絵本江戸土産十編』の第二編「同所(高輪)月の岬」は、品川駅の南にあった高台「八ツ山」(後に、海辺の石垣整備、目黒川洪水の復旧など土木工事のために崩したが、地名は残る)の南から、高輪、芝浦の海岸線を望んでいる。

 前者の浮世絵は、広々とした妓楼の座敷の外に、満月が高輪沖を照らし、雁が鉤の手の編隊で飛び、停泊している無数の船がシルエットで浮かぶ。 座敷の中は閑散としているが、奥には手を付けていないマグロの刺身と、扇子や手拭、煙管入れと煙草盆が見え、廊下には食器や酒器が雑然と置かれている。 左端には、障子に遊女の陰が映っていて、その着物の裾だけが見えている。

 品川宿の廓のことは、落語「品川心中」「居残り佐平次」などで、おなじみだ。 当日記でも、五街道雲助の「品川心中(通し)」上中下を2016.11.29.~12.1.で、古今亭志ん輔の「居残り佐平次」前・後半を、2013. 2. 18.~19.と、2018.7.3.~4.の二回で読んでもらえる。

 浮世写真家 喜千也さんは、品川宿の廓の大見世といえば、「土蔵相模」と呼ばれた「相模屋」であり、安政7(1860)年3月3日、「桜田門外の変」を起こした水戸浪士たちも、その3年後の文久3(1863)年12月12日には、長州藩の高杉晋作、伊藤博文(俊輔)らが、「英国公使館焼き討ち事件」の現場へと、この「土蔵相模」から出発したという、歴史を記している。