天皇の政治的利用に厳しい警告2021/01/23 06:50

 北岡伸一さんは、天皇の問題にもっとも鋭い考察をしていたのは、再び福沢諭吉である、という。 福沢は福地源一郎(桜痴)が明治15(1882)年に立憲帝政党を作ったとき、これを厳しく批判した。 政党の名称とは、その目的を示すのみならず、自他を区別するものでなければならない、ところが、日本人はすべて天皇を支持しているのに、そこで帝政を名乗るのは何事か。 これは加賀前田藩で前田家を名乗り、他を非前田党と呼ぶようなものである。 このように言って、福沢は天皇の利用を戒めた。

 福沢はまた、国体と政体と血統を区別すべきだと唱えている。 福沢は国体という言葉に独特の意味を与えており、日本人が日本を統治していることが、国体が維持されているということだと定義した。 たとえば、日本は天皇が支配しても、貴族が支配していても、武士が支配しても、日本人が日本を支配しているので、国体は万全である。 他方で、インドにおいて、ムガール帝国はなお続いているが、イギリスの支配下に入っているから、国体は維持されていない、とする。

 これはかなり独特の定義であり、昭和期には間違いなく「危険思想」であったが、この定義によって、福沢は日本の政治体制を相対化することができた。

 言い換えれば、福沢は皇室が国民を統合する力を強く持っていることを理解しており日本の重要なアセットだと考えていた。 それゆえに、天皇の政治的利用には厳しい警告をしていたのである(『帝室論』)。

 以上、19日から5日間、北岡伸一さんの『明治維新の意味』(新潮選書)で福沢諭吉についての言及の大事な所をみてきた。 なお、明治14年の政変と、朝鮮問題については、当然北岡さんも書いているが、今までこの日記でいろいろと触れてきたので、扱わなかった。

公議輿論と福沢の官民調和論2021/01/22 07:03

 明治23(1890)年11月、議会が始まると、政府の期待に反して、政府を批判する議員が多数を占めた。 初期議会には政党と藩閥との対立があり、藩閥は富国強兵を目指し、民党は民力休養すなわち地租の軽減を求めた。 ただ、民党の藩閥批判は、官吏の特権や高圧的な態度、それに特権階級の贅沢に向けられており、富国強兵については、海軍軍拡が過大であるという批判以外は、必ずしも決定的に対立していなかった。

 議会は閉鎖されることもなく運営され、やがては、かつては国賊呼ばわりされた民党から閣僚が登場し、さらには政党が政権を担当するようにもなっていく。 政権への参加は、ジグザクの道筋をたどりながら、着実に広がっていったのである。

 福沢諭吉は、長年官民調和論を唱え、政党は政府の政策を好意的に検討し、できればそれを受け入れ、一方で藩閥政府は胸襟を開いて政党と提携し、できれば政党指導者を閣内に受け入れるように主張した。 それが実現されていった。 北岡伸一さんは、これは維新の理念である公議輿論が、勝利を納めたということでもあった、とする。 そして、世界の多くで、政治闘争がルール化されることはごく稀なことであり、平和裡の政権交代はまことに難しいもので、明治の初期議会は稀な成功例の一つなのである、という。

明治憲法制定と伊藤博文内閣総理大臣2021/01/21 07:03

 シュタインの憲法論は、立憲君主制度であった。 その国家学の特質は、国家を人格として捉え、その三つの要素は君主、立法、行政であり、この三者が相互に独立しながらも、互いに規律しあい、一つの秩序を作るのが国家であった。 このうちどれか一つが突出するのも好ましくない。 シュタインは議会に予算審査の権限を与えることについては慎重だったが、伊藤はより進歩的な案を起草することになる。

 伊藤博文は、明治3年から4年にかけて財政問題に関する調査のため訪米したとき、ハミルトン・フィッシュ国務長官に勧められた『ザ・フェデラリスト』を愛読していた。 『ザ・フェデラリスト』は、アレクサンダー・ハミルトン、ジェイムズ・マディソン、ジョン・ジェイの3人が新聞に発表した85編の論文をまとめたもので、1787年に起草された連邦憲法案を擁護し、その承認を確保するために書かれたものだった。 伊藤は、天皇のもとにある日本の国の大政に、民権的な民主的要素を加えていくことを考えた。 北岡さんは、伊藤がこの本を熟読したとすれば、彼の関心を引いたはずの三点を挙げる。 一つは軍が必要であり、しかし同時に危険でもあって、注意が必要であること。 第二に、多数の専制に備える必要があること、第三に、そのためにも、三権分立が必要であること。 伊藤が、天皇は国家の機軸であるとしながら、具体的な権力の行使においては極力内閣その他がこれを行い、天皇の責任に及ばないようにすることを重視したが、そこには『ザ・フェデラリスト』の影響もあったかもしれない。 ハーヴァード留学から帰国して憲法草案の起草に加わった金子堅太郎によれば、憲法草案を議論する際、伊藤はつねに『ザ・フェデラリスト』を座右に置き、繰り返し読んだという。

 明治18年12月、権限と責任が一致した近代的な内閣制度が定められ、内閣と内閣総理大臣の権限は絶大なものとなった。 初代内閣総理大臣となった伊藤博文は、父が農民から足軽になった人物で、武士の中では最も低い身分だったが、徳川時代でいえば将軍以上の地位に就いたのだ。 年齢も44歳だった。 明治維新が能力主義の革命であるという点は、ここに最も顕著に表れている。 福沢は、明治14年政変以来、伊藤をよく思っていなかったが、この制度改革は、実力者が最も重要な地位に就いたという点で、高く評価している。

伊藤博文、大久保利通、福沢、外国体験の影響2021/01/20 07:20

 北岡伸一さんの『明治維新の意味』で、明治憲法制定と伊藤博文、そして大久保利通や福沢諭吉の関連を見てみよう。 明治15(1882)年3月、伊藤博文は憲法の研究のために渡欧し、政府首脳の旅行としては異例に長い1年5ヶ月の期間をかけた。 北岡さんは、それは明治国家の建設に決定的な影響を及ぼし、明治4~6年の岩倉使節団に匹敵するほどであり、文久年間の遣欧使節団で福沢諭吉ら知識人が、西洋文明の全体像を受容し日本にもたらしたのと、あわせて三大旅行といってよいと思う、とする。

 大久保利通の人生は、岩倉使節団の前後で二つに分かれると言われるほど、その海外経験が真剣であっただけに、異文化と接触した衝撃は大きかった。 終生、困ったと言ったことがないと言われた人物が、欧米との文化ギャップに、当時42歳で「もう年だ」という弱音を久米邦武に洩らした。 北岡さんは、この大久保の衝撃を、安政6(1859)年、開港直後に横浜を訪れたときの福沢諭吉の衝撃に比較している。 死ぬほど勉強してきたオランダ語が通じなかったときの福沢の衝撃は、想像にかたくない。 しかし福沢は立ち直って、英学に挑んだ結果、僅か半年で咸臨丸に乗るという幸運に恵まれた。 大久保は、英仏の文明に巨大な衝撃を受けたが、やはり立ち直って、近代化の課題に全身で取り組むようになるのである。

 伊藤博文は、憲法研究で、ベルリンのあと、ウィーンに移り、随員の河島醇(じゅん)が公使館勤務時代に師事していた、ロレンツ・フォン・シュタイン教授の教えを受けた。 シュタインは、日本に関心を持ち、横浜で刊行されていた『ジャパン・ウィークリー・メール』を購読し、その中に福沢諭吉の『時事小言』の紹介を読み、感銘を受けて福沢に直接書簡を送った。 シュタインの書翰に感激した福沢は、この書簡を『時事新報』明治15年6月2日号に掲載している。 そのやりとりから見ても、伊藤、シュタイン、福沢の意見は割合近かったことがわかる、と北岡さんは考える。

『西洋事情』と「政体書」、廃藩置県・学制と『学問のすゝめ』2021/01/19 06:55

 「要するに、明治の偉大さは、民主化、自由化にあった。また開国して西洋の事物に向き合い、これに対応するために、多くの制度を変革し、日本文化の根底を損なうことなく、国民の自由なエネルギーの発揮を可能ならしめたことにあった。」と断言する、北岡伸一さんの『明治維新の意味』(新潮選書)での福沢諭吉の扱いは、当然大きい。

 「ただ、彼らは西洋文明を無批判に受け入れたわけではない」として、啓蒙思想の第一人者とみなされた福沢諭吉の『学問のすゝめ』第15編「事物を疑って取捨を断ずる事」を挙げる。 福沢は西洋かぶれを戒め、日本の方が西洋より優れている例を、現在の文庫本3ページにわたって、猛烈な勢いで書き連ねている。 北岡さんは「福沢を皮相な西洋かぶれという人は、『学問のすゝめ』すらきちんと読んでいない人なのである。」と断ずる。

 慶応4年3月14日(1868年4月6日)の「五箇条の御誓文」と密接に関係していたのが、慶応4年閏4月21日(1868年6月11日)にまとまった統治機構を示した「政体書」(コンスティテューションの直訳)である。 「政体書」について、北岡伸一さんは、こう書いている。 その政治体制はアメリカ合衆国を思い起こさせるものがあり、権力分立の思想が色濃く取り入れられた。 それはアメリカ合衆国憲法がモデルになっており、慶応2年から刊行された福沢諭吉の『西洋事情』がヒントとなっている。 福沢は、のちに『西洋事情』を外国紹介の知識の切り売りと謙遜しているが、『西洋事情』におけるアメリカの思想の紹介は実に鋭いものがある。 松沢弘陽(ひろあき)は、『西洋事情』におけるアメリカの独立宣言とアメリカ憲法の翻訳を、日本の翻訳史に残る傑作であると激賞している。

 「明治4年に断行された廃藩置県こそは、維新革命の性格を決定づけ、またその後の方向を決めたもっとも重要な決定であった」と、北岡伸一さんは言う。 そして、新政府の本質は攘夷であると信じ、その行方を深い懸念を持って見守っていた福沢諭吉は、廃藩置県を知って、この盛事を見たる上は死すとも悔いずと、狂喜乱舞したという。 福沢の『学問のすゝめ』初編は明治5年2月に出ているが、これは、廃藩置県に対する歓迎、興奮から出たもので、この方向を推進したいとして執筆したものであった、と北岡さんはいう。

明治5年8月(1872年9月)、「学制」が定められた。 その理念は、第一に、学問は身を立てる基礎であるとして、立身出世との関係が強調された。 第二に、士族とそれ以外を問わず、また男女の別を問わず、国民すべての義務であるということが強調された。 第三に、いたずらに暗記に走り、「空理虚談の途」に陥ってはならないと、実学の重要性が強調された。 このあたりには、福沢諭吉の影響が感じられる、として北岡さんは、明治5年2月に『学問のすゝめ』初編が刊行されたことを指摘している。