『やすらぎの郷』石坂浩二と野際陽子2017/06/22 07:21

 『やすらぎの郷』の主役、早稲田出という脚本家・菊村栄“栄ちゃん”の石 坂浩二、本名武藤兵吉“兵ちゃん”は慶應の同期だから、「友達の友達」が何人 かいて、ときおり噂を聞くことがある。 主役が同期だから、テレビの黄金期 に活躍したという老人ホーム『やすらぎの郷』の住人達も、ほぼ同世代である。  テレビは草創期から見ている。 プロレスは街頭テレビや、ご近所の自動車屋・ 宮下モータースの宮下さん家に見に行った。 家にテレビが来ると、昭和23 (1958)年生れの弟が、テレビの前に小さな食卓を運んで、「てなもんや三度 笠」、ミゼット、ミゼットなんてのを見ていた。 長嶋、王、V9時代の巨人戦、 越智正典アナ、中沢不二雄解説はよく見た。 NHKでは「私の秘密」「ジェス チャー」、そして「夢であいましょう」。 『やすらぎの郷』で、及川しのぶ(有 馬稲子)が、日本のバラエティ番組の草分け「しのぶの庭」をやったというの は、草笛光子の「光子の窓」(井原高忠演出)を想定しているのだろうか。 「B テレ」というのは、「日テレ」とも「8テレ」とも考えられる。 そういえば、 及川しのぶのマネージャーでソフレ(添い寝フレンドの由)貝田英吉役の藤木 孝は久しぶりに見たが、相変わらずスリム、それらしい人を連れて来るものだ。

『やすらぎの郷La Strada(イタリア語で「道」の意)』は、芸能界のドンと 呼ばれた加納英吉が、俳優や歌手、ミュージシャン、脚本家などのかつてテレ ビの世界で活躍した人物たちの功績に報いるために、海沿いの風光明媚な広大 な敷地に私財を投じてつくった施設で、入居費はかからない。 施設を運営す る「やすらぎ財団」(理事長名倉修平(名高達男)、妻で総務理事が加納英吉の 娘みどり(草刈民代))の審査を通った人だけが、施設の場所やその存在を明か さないこと、所属事務所を辞め、資産を申告し、その管理を大手銀行と信託契 約することなどを条件に入居する。

13日に野際陽子が肺腺癌で亡くなったことが16日に判明した後、野際陽子 の井深涼子の出て来る場面が目立つ。 今週に入ってからは、海岸でヌードさ え見せそうになった。 いつもは晴れのタイトルに雨が降り、今も「心よりご 冥福をお祈り申し上げます」のテロップが流れている。 視聴率は上昇してい るだろう。 菊村栄(石坂浩二)が入居する前から「やすらぎの郷」にいて、 死んだ菊村の妻律子(風吹ジュン)とも親しかった。 本屋大賞にノミネート されるなど注目の新人作家濃野佐志美(こいの さしみ)が、井深涼子のペンネ ームだということを菊村栄が知る。 「やすらぎの郷」の出来事や入居者の過 去の話を小説を書き、その中にはかつて菊村栄の若い女優と三角関係に悩んで 律子が自殺未遂事件を起こした『壊れたピアノ』もあった。

このところの話題は、濃野佐志美が芥川賞の候補になったというのである。  しかも、その作品は菊村栄が理事長夫妻の依頼で井深涼子に頼み込んで、発表 を諦めさせた加納英吉と戦前から活躍した女優で入居者の“姫”こと九条摂子 (八千草薫)に関係する小説だった。 国営テレビが終戦記念日放送のドラマ にしたいという話が進んでいるのだ。

自動繰糸機の導入と日本製糸業の延命2017/06/16 07:11

 『写真集 富岡製糸場』「歴史考/文化考」「昭和(片倉)時代の富岡製糸場の 歴史」(松浦利隆群馬県世界遺産推進室長)に、第二次大戦後の製糸業と富岡製 糸場の話がある。 そこに今回の見学でも、工場の繰糸所で見た自動繰糸機、 トヨタ(自動織機)製ではなく日産自動車製だと聞いた機械が出て来る。

 自動繰糸機は、長い間夢の繰糸機と考えられ、昭和初期の好景気時代に片倉、 グンゼなどで研究が始まっていた。 片倉では昭和15(1940)年に本格的研 究を開始した時点から定繊式(一定の生糸の太さ(繊度)を保つために、巻き 取られる生糸そのものの繊度を監視して行う方法)を採用した。 戦後の昭和 26(1951)年、世界初の実用自動繰糸機K8A型が完成、翌27年には富岡製糸 場に12セット240台が導入された。 自動繰糸機の開発はさらに進み、プリ ンス自動車の定粒式(繭の個数を監視して行う方法)「たま10型自動繰糸機」 などが各地で稼働し始めた。 昭和31(1956)年、現在の自動繰糸機の基本 となっている繊度感知器が国の蚕糸試験場で開発され、自動繰糸機はこの感知 器を使った定繊式のものに統一されていった。 富岡製糸場では、自動機に合 わせた繭の乾燥、貯蔵、さらに煮繭の研究が盛んに行なわれ、屑糸の量を半分 に減らせるまでになった。 この結果、工員一人当たりの製糸量は激増し、戦 前の多条機時代におおむね1日1キログラムであった生産量が14キログラム まで向上したという。

 自動繰糸機は、この後全国各地の製糸工場に普及し、昭和40(1965)年頃 には、ほぼすべての製糸工場で自動化が完了した。 昭和30年代には約5万 人だった製糸関係の工員は、自動機の導入で2万人程度で済む生産性の向上が 達成された。 かつての製糸大国フランスは20世紀初頭に、またイタリアも 戦後復興が本格化する時期には、実質的に製糸業が消滅したけれど、日本の場 合、自動繰糸機の実用化により、経済成長に伴う賃金の上昇をしのぐような高 い生産性が確保できたことが、製糸業が延命できる一つの要因となった。

 富岡製糸場では、昭和34(1959)年までに当初のA型の繊度感知器や給繭 器を改造したK8C型を使用していたが、片倉工業内部の業務見直しで、製糸機 械の生産を中止し、以後日産自動車(当初はプリンス自動車)から購入するこ とになり、富岡製糸場でも昭和36(1961)年にRM型に全面更新し、昭和41 (1966)年にはわれわれが見学で見た「ニッサンHR-2型(一部は3型)」に 更新されたのであった。

 『写真集 富岡製糸場』に、夕映えの木々をバックに「残照――未来への遺構」 という、その後の製糸業にふれた一文がある。  「時は過ぎゆく ありとしあるものはいずれうつろう わが国の製糸業の喘 ぎは国際化とともにもたらされた 昭和の終わりころから海外の安価な生糸に 圧迫され 日本の市場は狭められて製糸場の工業的価値が薄れ やがて製糸場 そのものが姿を消していった 富岡製糸場も時の流れに抗えず昭和六十二年に 操業を停止した  富岡製糸場は開国を経て世界を望む風潮の中で生まれ 日本を世界最大の生 糸輸出国へ押し上げる原動力となり 世界の第一線で活躍を続けたのち 国際 的な市場開放のあおりを受けて操業停止を余儀なくされた 雄々しくも粛々と  哀しくも潔く 富岡製糸場は終始 日本と世界が関わり合いせめぎ合う象徴で あり続けた その誕生のときから日本が辿る国際化への道を 共に歩む運命を 背負わされていたと言うべきであろう」

 これを読んで私は、ごくごくちっぽけな町工場ではあったが、家業のガラス 工場の窯の火を落した頃のあれこれを、鮮明に思い出したのであった。

『写真集 富岡製糸場』2017/06/15 07:14

 富岡製糸場には、世界遺産に決まる前、富岡市が2007(平成19)年4月に 公開を開始した半年後の10月27日、福澤諭吉協会の旅行で訪れたことがあっ た。 それを富岡製糸場の見学<小人閑居日記 2007. 11.3.>ブログに書いた。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2007/11/03/1887175

 ブログを読んでくれた当時の片倉工業社長の岩本謙三さんから、豪華本の『写 真集 富岡製糸場』を頂いていた。 2007(平成19)年8月12日、片倉工業 株式会社発行、上毛新聞社出版局制作、吉田敬子撮影。 改めて今回、その写 真集を見直した。

 「歴史考/文化考」に、今井幹夫富岡市立美術博物館館長の「富岡製糸場の 超近代性とその使命について」があり、その「はじめに」が設立事情をよくま とめているので、引用紹介したい。

 「官営富岡製糸場は、明治5年(1872)10月4日に、石炭を燃料とするフ ランス製の蒸気エンジンと製糸器械によって操業を開始した。ポール・ブリュ ナを首長としたフランス人技術者の指導で稼働した「300人繰り繰糸機」は当 時、世界最大の規模を有する製糸器械で、わが国の近代産業発祥の原点となっ た。

 富岡製糸場設立の背景には安政6年(1859)の横浜開港に伴う生糸の輸出で 大量の粗悪品が出回ったのを正すことと、西欧に劣らない生糸の大量生産や、 外国資本の国内投資を防ぐなど、多様な要因があった。

 これらに対応した明治政府は、直営で富岡製糸工場を設立。時代を超えた近 代的な施設・設備を整え、西欧の製糸技術や管理(検査)の生産組織と工場制 度を導入した。そして全国の「模範伝習工場」として、その役割を果たさせた のである。」

 夜明けの赤い空をバックに、妙義の山並みがブルーグレイに浮び、手前に黒 く富岡製糸場がまだ眠っているかのような写真がある。 「曙光――近代の出 発」と題した、詩のような一文が添えられている。 「城郭でも寺院でもない  消長をくりかえす工業建築のなかで 一世紀余の星霜を超えて動きつづけ 閉 鎖を余儀なくされてもなお 草創のありようをとどめて遺存することに 我々 は瞠目するのである 愛すべきは巨大さである まだこの国が産業革命の洗礼 さえ受けていないころ 西洋の水準を遥かに凌駕する製糸場を創ることに 人 びとは心をかたむけた 近代化への夢というほの明るい光を照射して まだ明 瞭でない国家のかたちを 構造物の大きさに投影しようとしたのである。 奇跡といい偶然という しかしおそらくは時が移ろうともこの建物を 守り 遺したいと願う人びとの想いが 存亡の機に際して凝集し あるいは日常の光 景の中で揺曳(ようえい)し 連綿と受け継がれてきたのではないか 利害や 打算ではない その思いは愛着に似ている」

世界遺産富岡製糸場を見学2017/06/14 06:31

 6月5日、文化地理研究会の1964年卒業同期の会「六四の会」、学生時代の 代表加藤隆康さんの肝煎りで、世界遺産富岡製糸場を見学するバス旅行をした。  はとバスのツアーに便乗して、一般の方々とご一緒したのである。 ツアー名 は「世界遺産富岡製糸場と峠の釜めし&鉄道文化むら」。 このところ毎年、会 員ではない家内も参加させてもらっているので、後で、すっかり昔からの仲間 のような顔をして混ざっていると、笑ったことだった。

 富岡製糸場は、明治5(1872)年10月政府の殖産興業政策の先駆けとして 操業を開始、明治26(1893)年に三井家へ払下げられ三井富岡製糸所、明治 35(1902)年原富太郎(三渓)の原合名会社に譲渡され原富岡製糸所を経て、 昭和13(1938)年からは片倉製糸紡績、片倉工業が昭和62(1987)年まで、 115年間にわたって操業していた。 操業停止後も、片倉工業はほとんど旧状 を変えることなく多額の費用をかけて保存管理し、平成17(2005)年9月す べての建造物を富岡市に寄贈した。 寄贈当時の片倉工業社長の岩本謙三さん は、実は大学の同期だった。 私は柔道部だった友達の友達だったことで知り 合い、彼に「等々力短信」を読んでもらっていた。 その岩本謙三さんは、長 い闘病の後、昨年8月17日に亡くなった。 19日朝日新聞朝刊の死亡記事に 「同社が所有・管理していた富岡製糸場を、群馬県富岡市に05年に寄贈した 当時の社長。14年の世界遺産登録につながった。」とあった。 短い訃報なの に、こう書かれていたのが嬉しかった。

 今回は、解説員によるガイドツアーで見学した。 音声ガイド機のイヤホー ンに、解説員の声が入ってくる。 まずアーチのキーストーンに「明治五年」 とある国宝「東置繭(おきまゆ)所」、乾燥させた繭の貯蔵所。 木で骨組みを 造り、柱の間に煉瓦を積み上げて壁を造る「木骨煉瓦造」、材木は妙義山から、 煉瓦は瓦職人が甘楽町福島の窯で製造したという。 煉瓦は、表面が長短互い 違いになるフランス積。 この建物の1階では、後で繭から糸を巻き出す(機 械化以前の)座繰りの実演を見た。

 解説で初めて知ったのは、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」に荒船風 穴(下仁田町)のあること。 日本最大級の蚕種(さんしゅ・蚕の卵)の貯蔵 施設である。 俳句の季題「蚕(かひこ・かいこ)」に、「春蚕(はるご)」とい う傍題がある。 『ホトトギス新歳時記』の「蚕」には、「蚕といえば「春蚕(は るご)」をいうので、夏、秋の蚕はとくに「夏蚕(なつご)」「秋蚕(あきご)」 と呼ぶ。四月中旬に蚕卵紙から孵化し、盛んに桑の葉を食べて六センチくらい の蒼白い虫に成長する。養蚕のことを俳句では「蚕飼(こがひ)」という。(傍 題に)蚕飼ふ。種紙。掃立(はきたて)。飼屋。蚕棚(こだな)。蚕室(こしつ)。 捨蚕(すてご)。蚕時(かひこどき)。」とある。 荒船風穴の蚕種(さんしゅ・ 蚕の卵)の貯蔵施設で温度管理をし、種紙の出荷時期を調節しての養蚕が、富 岡製糸場の東置繭所と西置繭所の繭倉庫2棟合わせて5000石、年間280日の 操業でも万全な収繭量と、計画的な大量生産につながったのであろう。

「鎌倉アカデミア」という学校2017/05/24 06:35

 22日、新宿のK’s cinema という映画館で『鎌倉アカデミア 青の時代』と いう映画を観て来た(26日まで12時30分から上映)。 昔から新宿のゴール デン街に馴染みのある大学の同級生が、勧めてくれたのだ。 私は山口瞳の愛 読者だったので、「鎌倉アカデミア」については興味があった。 まず、以前 「等々力短信」第718号(『五の日の手紙4』78頁)に書いたものを引いてお く。

    鎌倉アカデミア <等々力短信 第718号 1995.9.15.>

 昭和21年4月、19歳の山口瞳さんは、鎌倉にできた鎌倉アカデミアとい う学校の生徒になった。 はじめ、この学校は鎌倉大学校といっていたが、文 部省の認可がおりなくて、鎌倉大学を名乗ることができなかった。 光明寺の 本堂や庫裡を仕切って教室にしていた。 国文学西郷信綱、文学史林達夫、仏 文学中村光夫、英文学高見順、吉田健一、日本史服部之総、哲学三枝博音(ひ ろと)という、そうそうたる顔ぶれの教授陣であった。 そして「万葉集と短 歌」を担当したのが、44歳の吉野秀雄だった。

 山口瞳さんの『小説・吉野秀雄先生』(文藝春秋)には、鎌倉アカデミアで 出会ったこの巨人に、決定的な影響を受けたことが書かれている。 吉野秀雄 は容貌魁偉の偉丈夫で、誰がみても、一見して、尋常な男ではないと思った。  はげしくて、きびしくて、おそろしい。 同時に、やさしくて、やわらかい のだ。 その前にいると、いつも春の日を浴びているようだった。 無限の抱 擁力を感じたという。 吉野秀雄があまりに魅力的だったので、すぐに授業と は別に短歌会が作られた。 その仲間に、のちに山口夫人となる、18歳、体 重60キロの治子(小説では夏子)さんがいた。

 吉野秀雄は慶應義塾理財科予科に学んだが、肺患のため中退、以後長く療養 生活を送った。 最初の夫人はつは、第二次大戦の激化しはじめた昭和19年 夏、胃病のため4人の子を残して42歳で亡くなる。 『寒蝉集』(昭和22 年)所収の亡妻追慕の連作悲歌は名高い。

 「病む妻の足頚にぎり昼寝する末の子をみれば死なしめがたし」   

  「亡骸(なきがら)にとりつきて叫ぶをさならよ母を死なしめて申訳もなし」

 そして、死の前夜の、生命の極みの、厳粛な事実を詠んだ勇気ある歌。

   「これやこの一期(いちご)のいのち炎立(ほむらだ)ちせよと迫りし吾妹 (わぎも)よ吾妹」

 その年の暮、亡きキリスト教詩人八木重吉の妻だった八木登美子が子供達の 教育のために吉野家に来た。 山口さんが吉野家に出入りするようになった昭 和21年から、吉野と登美子の恋愛と、瞳さんと治子さんの若い恋が併行して 進むことになる。 翌年の再婚後、吉野は登美子を通じて知った八木重吉への 敬愛から、重吉の定本詩集や新発見の詩稿による新詩集を編集刊行した。 今 日重吉の詩が広く知られるになったのは、そのためである。

   「末の子が母よ母よと呼ぶきけばその亡き母の魂(たま)も浮ばむ」 

    「重吉の妻なりしいまのわが妻よためらはずその墓に手を置け」