光秀の子孫、「本能寺の変」の真相を捜査2020/09/06 07:06

 「等々力短信」読者の池田光璢さんからメールをいただいた。 池田さんと普通部、高校時代6年間同級だった明智憲三郎さんが明智光秀の末裔で、2009年に『本能寺の変427年目の真実』を世に出し、以来10冊ほどその関係の本を出しており、『431年目の真実』(文芸社文庫)は最初の著書を増補改訂して出したものだという。

 私は『本能寺の変427年目の真実』を読んでいなかったが、池田さんが企画なさった講演会で、明智憲三郎さんの話を聴いたことがあつた。 その話は、ほとんど記憶にないが、2011年には『三田評論』にお書きになったものを読んで、こんなことを書いていた。 なお、フィギュア・スケートの選手云々というのは、織田信成さんが、酒気帯び運転で逮捕されたというような事件を指す。

   光秀の子孫、「本能寺の変」の真相を捜査<小人閑居日記 2011. 8. 14.>

 「歴史捜査家」を名乗る明智憲三郎さんが、『三田評論』8・9月号に書かれた一文が、まことに興味深い。 昭和47(1972)年の工学部修士課程のご卒業だが、明智光秀の子孫に当たるという。 「歴史探偵」を名乗らなかったのは、明智小五郎を思わせるからだろうか。 フィギュア・スケートの選手が乗ったバイクには、気を付けたほうがいいかもしれない。 長年、先祖明智光秀の起こした「本能寺の変」の真相を知りたいと思ってきたが、七年前に工学的な手法も用いて捜査を開始した。 当時の史料をくまなく調べて、データ(証拠)を徹底して集め、全てのデータが矛盾なくつながるストーリーを、こう復元した。

 「光秀謀反の動機は織田信長が天下統一後に実行する計画だった「唐入り(明国侵略)」を阻止することだった。信長は本能寺に徳川家康をおびき寄せて光秀に討ち取らせて一挙に徳川家を滅ぼす計画を立てた。光秀はこの計画を逆手にとって信長を討った。光秀と同盟していた家康は甲斐の武田攻めに手間取り、光秀への援軍が遅れた。このため、事前に謀反を知って準備していた秀吉の「中国大返し」によって光秀は討たれてしまった。」

 明智憲三郎さんは、世の中に流布している通説の元をたどって、それがみな本能寺の変直後に羽柴秀吉が書かせた『惟任退治記』にあることをつかむ。 秀吉が都合よく作った話が、400年間、軍記物に始まり歴史小説やドラマで、拡大再生産を繰り返され続けてきたという。 通説の壁は厚く高く、とても越え難いが、壁への挑戦が自分の使命だと思い定めている。 二年前には『本能寺の変 四二七年目の真実』(プレジデント社)を出版し、ブログ「明智憲三郎的世界 天下布文!」で捜査情報を公開しているそうだ。

浅見雅一著『キリシタン教会と本能寺の変』を読み始める2020/07/29 07:21

25日の「等々力短信」第1133号に「戦国時代の日本と世界史」を出し、最後に「9日~16日のブログに詳しく書いたので、用心しながら、お読み下さい。」と書いた。 すると、「用心しながら」というのは、どういう意味かという問い合わせが二、三あった。 例えば、「キリスト教や仏教を信仰している読者を配慮してか、GAFAの世界征服に注意しろか、前門の虎米国と後門の狼中国の間で右往左往する日本政治への批判か、短信は政治的、宗教的、歴史的に中立ですよと言う意味か、それとも単に眉に唾付けての意味か?」というように。

実は、これ、最初「眉に唾つけて」と書いて、前段の「知らなかったり、本当かと思うことが多い。」を受けて、「用心しながら」にしたのだった。 宣教師達の報告書や書簡、オランダ平戸商館長の記録など、原典の検証や傍証が必要だと思ったのだった。  あの番組では、国家としてのスペインやポルトガルと宗教勢力イエズス会との関係がどうなっていたのか、明確に描かれていなかったように思われた。 ちょうど、新聞の書評で浅見雅一著『キリシタン教会と本能寺の変』(角川新書)という本があることを知ったので、まずそれから読んでみることにした。

浅見雅一さんを知らなかったが、1962年生まれの慶應義塾大学文学部教授、専門はキリシタン史だという。 書中に、慶應義塾大学名誉教授でキリシタン史研究の第一人者として知られる高瀬弘一郎氏が、『キリシタン関係文書』で、イエズス会日本関係文書について、イエズス会員の書翰、報告書、年報、会議記録、規則、カタログ、会計帳簿に分類している、とあった。 慶應義塾には、この方面の専門家もいたのだ。 脱線するが、「ファミリーヒストリー」で古舘伊知郎の回を見ていたら、戦前のアジアを研究しているという古田和子慶應義塾大学名誉教授と柳沢遊慶應義塾大学名誉教授が出てきて、日本と、併合中の朝鮮仁川や占領していた青島の経済関係を詳細に語っていて、驚いたことがある。

そこで、浅見雅一さんの『キリシタン教会と本能寺の変』を読み始める。 まず、国家としてのスペインやポルトガルと宗教勢力イエズス会との関係の問題はどうか。 イエズス会の宣教師だが、天正9年2月23日(1581年3月29日)京都本能寺で信長と謁見し、歓待され、日本布教を立て直した巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノ(7月15日のブログでバリヤーノと表記)は、イタリア出身で、ポルトガル人やスペイン人が中心であった日本のイエズス会において異色の存在だった、という。 信長に謁見したこの時、ポルトガルの物産などの珍奇な品々を贈呈したが、偶然に信長が気に入ったので、ヴァリニャーノのアフリカ系の従者も進呈せざるを得なくなった。 この従者は、本能寺の変まで信長に家臣として仕えていたことがわかっているそうで、そのことには、後で触れる。

 私は「等々力短信」に「スペインは全世界を勢力下に収めようと、インドのゴアなどを占領」と書いたが、「スペイン・ポルトガルは」とするべきだった。 ヴァリニャーノは、1574年3月、東インド巡察師(巡察地におけるイエズス会総長代理の権限を持つ役職)としてリスボンを出て、9月ポルトガル領インドの首都ゴアに到着した。 ゴアはインド副王と呼ばれるポルトガルの官僚が統治しており、イエズス会にとってインド管区の中心都市だった。

 ヴァリニャーノは、信長に安土と京都で謁見した第一次巡察で1582(天正10)年まで日本に滞在した後、1590年7月に同じ東インド巡察師の資格で来日、第二次巡察をしたが、これ以前の1587(天正15)年に豊臣秀吉が伴天連追放令を発布していたので、表向きはインド副王の使節、ポルトガルの代表者として来日したことになっていた。 そのような方便は秀吉側にも知られていたようだ、という。

「枇杷の会」6月28日通信句会2020/07/06 06:48

 新型コロナウイルス感染症の影響で、俳句会や吟行が出来なくなっている。 慶應志木高校の同窓会の句会「枇杷の会」も、6月28日に広尾の有栖川宮記念公園で予定していた吟行を中止、代わりに通信句会を世話役の深瀬一舟さんのお世話で開催した。 当期、雑詠、七句投句、七句選句ということで、私はつぎの七句を出した。

朝顔市なくてあさがほどこで咲く
ボイスメモにつられて鳴くや雨蛙
整理券誇るごとくに濃紫陽花
夏芝居無くて幽霊出どこ無し
マスクして不要の散歩汗となる
がらがらの銀座通に雲の峰
距離取りし列に並びて氷菓買ふ

 参加者は、いつもの吟行よりも多く、本井英先生始め11名となった。
私は、つぎの七句を選句した。
青葉山躙りそめたり解纜す       英
出航のデッキ横切り夏燕        英
青田風安房もここらは米どころ     英
姉二人ずんずん進む大夏野      祐之
十薬や防災倉庫取り囲み        祐之
ブラウスの襟元白し夏は来ぬ     一舟
のびのびとラジオ体操夏座敷     一舟

 私の結果は、<がらがらの銀座通に雲の峰>を英先生と経さん、<ボイスメモにつられて鳴くや雨蛙>を経さん、<夏芝居無くて幽霊出どこ無し>を善兵衛さん、<距離取りし列に並びて氷菓買ふ>を伸次さんが採ってくれて、5票とちょぼちょぼだった。

 得票トップは世話役の一舟さん19票、英先生16票、祐之さん15票の順だった。 お手数をかけた一舟さんが好成績で、まことにおめでたい上々の通信句会となった。

家族主義的経営に道はないのか2020/07/01 07:04

 清宮政宏教授の「福沢山脈を引き継ぐ経営者たち」を読んで、当然、4月の「等々力短信」に「武藤山治の先見性」を書いたことを思い出した。 そこでは、武藤山治の鐘紡での革新的経営について、「生産会社には、生産、販売、労務の三要素があるが、一番力を入れたのが労務、人間尊重と家族主義的経営だ。 職工の優遇、福利厚生施設の充実、たとえば学校、託児所、娯楽施設をつくり、提案制度、社内報も日本で最初に始めた。 生産は、最新鋭の機械を金に糸目をつけず導入、テーラーシステムを取り入れ工場管理を徹底し、高品質の糸を紡出した。 販売では、アメリカ仕込みの宣伝を採用する。」と書いた。

 その武藤山治の人間尊重と家族主義的経営にふれている時、私自身の経験を思い出していた。 私はもう二タ昔も前、父の創業した零細なガラス工場を父や兄と経営していたのだが、戦後の集団就職で上京した中卒を職人に育てる家族的経営をモットーにしていた。 職工の優遇、福利厚生施設の充実、提案制度、社内報などにも、心を配っていた。 高度経済成長期に、効率や能率、生産性を重視する経営ばかりが持てはやされるなかで、人間尊重と家族主義的な日本的経営、小粒でも情と味のある工場にも、生きる道があるのではないか、という思いがあった。 当時、参考にしたのがソニー厚木工場での実践、小林茂著『創造的経営―その実践的探究』(マネジメントセンター出版局・1968年)だった。

 中小企業の銀行との付き合い方<小人閑居日記 2020.4.13.>で、少しふれたように、父の死後、家族的温情的な「いいわ、いいわ」の経営を続けていたこともあって、2000年直前の金融危機に、銀行の厳しい姿勢と貸し剥がしに直面し、にっちもさっちもいかなくなって、閉じることになった。 それでも工場の土地を処分し、借入金は完済、従業員には退職金も支払ったのであったが…。

 というわけで、日経新聞を読まなくなって二タ昔にもなる。 コロナ騒ぎで、「解雇」と合わせて「雇い止め」という言葉を聞く。 「雇い止め」を知らなかった。 有期で雇われていた人が、契約期間満了時に再契約されないことだそうだ。 非正規雇用というのが、爆発的に増えたのも金融危機以後のことである。 経営の形態も大きく変わっているのだ。 しかし、コロナ後の変化する世界に、もしかしたら、かつての人間尊重と家族主義的な日本的経営のような道もあるのではないか、などと思うのである。

清宮政宏教授の「福沢山脈を引き継ぐ経営者たち」2020/06/30 06:50

 『福澤手帖』185号、清宮(せいみや)政宏滋賀大学経済学部教授の「福沢山脈を引き継ぐ経営者たちについて」を、興味深く拝読した。 清宮さんとは、福澤諭吉協会で早稲田に行った時に、昼食の高田牧舎で同じテーブルになって以来の顔馴染みだ。 論文は、現代に通じる革新性を企業にもたらした経営者として、池田成彬と小林一三の業績と革新性を紹介した上で、その二人から連想される現代の経営者二人を取り上げている。 池田成彬からはサントリーの四代目佐治信忠へ、小林一三からは資生堂の福原義春につなげた着想は、秀逸だと思った。

 池田成彬は、三井家の同族経営から専門経営者へ「財閥転向」を進めた、革新的気概を持つ人物である。 佐治信忠は、同じ革新的気概を発揮して、2014年、同族企業のサントリーに、外部からローソン社長を務めた新浪剛史を招聘、経営トップに据えた。

 小林一三は、阪急電鉄で、路線沿線の土地を買収し大衆向けの宅地分譲を進め、宝塚の娯楽施設を創り上げ、梅田にターミナル型デパートを開店させ、多くの客を集めた。 小説家・文筆家としての才能も並行して発揮、文化的芸術的な感性・才能を経営に活かした人物だった。 福原義春は、蘭の栽培や写真の趣味を持ち、駒井哲郎のコレクションを世田谷美術館に寄贈しており、「経営とは経済的、文化的、社会的な総合活動」であり、「企業活動は文化を生産している活動」であると言う。

 清宮さんは、福沢山脈を今も脈々と引き継ぐ経営者たちは、独自の気概を持って、企業が本来目指さなくてはならないものを長期的な視点や幅広い視点で推し進め、革新性を社会や企業経営にもたらして先導している、とまとめている。