歴史学の手法と、福沢の実学=実証科学2020/04/04 07:02

 『陰謀の日本中世史』(角川新書)がベストセラーになっていた頃、「陰謀論 隆盛「歴史に学ぶ」に警鐘」という、呉座勇一さんのインタビュー記事があっ た(朝日新聞2018年8月19日文化・文芸欄、高久潤記者)。 「教科書に載 っていない〇〇」などと、学界では相手にもされない歴史の陰謀論が、SNSの 浸透もあって、注目される。 陰謀論は「自分だけが知っている」という優越 感をくすぐる。 だが、「はめたつもりがはめられていた」という加害者と被害 者の逆転だったり、一番得した人間が黒幕だったり、根拠がとぼしいまま、特 定のパターンにあてはめられた「物語」ばかりだ。 こうした「物語」に基づ いて教訓を得るということなら、「歴史に学ぶ」のは、やめたほうがいい、と言 う。

 その例として、呉座勇一さんが挙げるのが、源義経が一ノ谷の戦いで見せた 「鵯越の逆落とし」が、太平洋戦争で日本軍が奇襲を多用することになった背 景の一つとされること。 それが転じて「奇襲でアメリカに勝てる」となった が、うまくいったのは真珠湾攻撃など最初だけで、後は連敗。 「鵯越の逆落 とし」の話は、後の研究で創作と考えられている、そうだ。

 呉座勇一さんは、重要なのは「歴史に学ぶ」ではなく、「歴史を学ぶ」ことだ と言う。 歴史的事実は、常に覆され、更新されていく可能性をはらむからだ。  そして、「複雑な資料を読み進めながら、仮説を立て、調べ、資料の真贋を見定 め、事実と言える程度にまで自分で高めていく。こうした歴史学の手法は、現 代の情報社会を生きるうえで重要になりつつあると思う」と語っている。

 先日、U組同級のU君が、スティーブン・ピンカー(ハーバード大学心理学 教授)著『21世紀の啓蒙』(草思社)を読んで、その上巻のレポートを送って くれた。 一読して、私は科学や進歩への信頼など、『学問のすゝめ』や『文明 論之概略』で実学を説いた福沢の啓蒙したものに近いという第一印象を伝えた。

 福沢が説いた自分の頭で考える実学、小尾恵一郎ゼミで教わった学問の方法 は、自然科学のみならず、社会・人文科学を含めた実証科学のことだった。 福 沢は明治16年の「慶應義塾紀事」の中で、「実学」に「サイヤンス」とルビを ふっている。 『文明論之概略』などは、徹底的な実証精神の表れた、「実学」 の事例のオンパレードだ。 「スタチスチク」という言葉を使い、例えば殺人 犯や自殺者の数が年々ほぼ同数になることや、結婚と穀物の値段に負の相関関 係があるという実証分析に言及している。 自分の頭で考えるということには、 四つの要素がある。 問題発見、(オリジナルな)仮説構築、仮説検証(誰もが 納得するように、科学の作法で)、結論説明(解決策を示す)。 実践によって 検証を繰り返し、その都度修正を加え、より良き方法を求め、システマティッ クに問題解決の筋道を考えるものだ。 その時、公智(物事の軽重大小を正し く判断し、優先順位を決める。『文明論之概略』第6章「智徳の弁」)をしっか り働かせる。

藤永貴之第一句集『椎拾ふ』2020/03/26 07:04

 藤永貴之さんの第一句集『椎拾ふ』(ふらんす堂)を、昨秋ご恵贈頂いて、感
想をお送りしていた。 藤永貴之さんとは、俳誌『夏潮』の初期に編集でご一
緒し、編集作業をパソコンのやりとりで進めていたので、私の拙劣なパソコン
技術をフォローして頂いたことがあった。 慶應義塾大学俳句研究会の出身で、
大学卒業後は郷里の九州で教職に就かれているということを聞いていただけで、
詳しいことは何も知らなかった。

 闘病中だった本井英主宰が、これまで『夏潮』の雑詠欄で藤永貴之さんの多
くの句を採り、心をこめて句評し読み解いたものを、長文の「序」としてお出
しになっている。 学生時代の先輩・後輩からの、羨ましい師弟関係である。 
「筆者は藤永さんが「夏潮」の雑詠にどんな句を投じてくれるか、毎月ドキド
キして待っている。一方、藤永さんも、それらのうちのどの句を筆者が選ぶか、
ドキドキして待ってくれている事だろう。お互いに毎月試されている。毎月が
真剣勝負である。/二人で力を合わせてここまでは来た。さてこれからどう進
まれるかは、ご自身で考えるより方法はあるまい。」

この第一句集は、2006年以前から2017年までの作句年代順の章立てになっ
ているので、俳句から福永貴之さんの年譜のようなものが、浮び上がって来る
ところが、興味深かった。
 「2006年以前」<出戻りの姉がぶらんこ漕いでをり><大いなる冷蔵庫ある帰省かな><扇風機家庭教師のわれに向き><立冬と書くや白墨もて太う><冷たき手握れば握り返さるゝ>
 「2007年」<春暁のまた読み返す手紙かな>
 「2008年」<夜桜に体育館のまだ灯り>
 「2009年」<枝豆を喰ひつゝいつか人の親><梨剥いてくるゝ人あり梨を食ふ>
 「2010年」<結婚をして初めての新茶かな>
 「2012年」<肩にゐる子どもとも鷽替へにけり>
 「2013年」<みひらいて乳を吸へる嬰(こ)去年今年>
 「2014年」<教卓の引出しの捨扇たり><ボーナスの明細ちらと見て仕舞ふ>
 「2016年」<踞(かが)まりて子はなほ小さし椎拾ふ>
 「2017年」<教育実習生明日から田植手伝ふと><吾子もゐる運動会の楽聞こゆ><十三夜一人のくらしにも馴れて>

 私が感心した句、気に入った句を、十句挙げさせてもらう。
出戻りの姉がぶらんこ漕いでをり
船室に一人となりし昼寝かな
はら\/と女瀧の帯の解けつゞけ
春燈の楼閣なしてフェリー航く
セーターの教授寝癖でない日がない
吾子もゐる運動会の楽聞こゆ
秋澄みて小国(をぐに)は杉生美しき
鯊舟を下りてまた釣る鯊の秋
杜ならぬところはなべて青田かな
秋の蚊のまとはることよ物書く手

 私が知らなかった言葉、読めなかった字。
「きらゝむし」「堅香子」「どんがめの螯」「杳杳」「蠑螈」「浦曲」「ド・ロさま」
「銭荷」「通草」「慍り」「かのしゝ」「生水」「磯馴松」「鵆」「種池」「種案山子」
「羨道」「海栗」「杉生」「のうさば」「矗々と」「引盃」「楷」

福沢索引2006年10月のブログ・福沢著作の検閲、『岩波茂雄への手紙』と苦難の時代[昔、書いた福沢244]2020/03/23 06:48

福沢著作の検閲<小人閑居日記 2006.10.10.>
 竹田行之さんの講演『小泉信三と岩波茂雄、小林勇』の中で、検閲の話題が
出た。 1936(昭和11)年7月18日、岩波文庫『文明論之概略』の皇室に関
する記事を問題にされ次版改訂処分。 1937(昭和12)年版から、いわゆる
「伏字もの」となった。 1941(昭和16)年慶應義塾は『福澤選集』を企画
するも第一回配本「経済論集」のみでおわる。 第二回の「教育論集」が事前
検閲で大幅な削除を求められたことによって、企画中止。 講演後の西川俊作
さんの質問の中で、1941(昭和16)年改造社文庫『福翁百話』を10か所削除
して出したことに富田正文が言及していることがわかった。 竹田さんは戦後
のGHQによる『福翁自伝』の検閲にもふれ、今後の研究課題だと述べた。
 福沢著作の検閲については、ずいぶん前の「等々力短信」で書いたことがあ
った。 第390号「言論の自由について」(1986.(昭和61)5.5.)、第392号
「『福翁自伝』削除、その後」(1986.5.25.)。(参照 : 言論の自由について〔昔、
書いた福沢25〕<小人閑居日記 2017.11.16.>、『福翁自伝』削除、その後〔昔、
書いた福沢27〕<小人閑居日記 2017.11.18.>)

 1936(昭和11)年『文明論之概略』の改訂については、丸山真男『『文明論
之概略』を読む』(中)(72~75頁)に書かれている。 建武の中興に関連して、
天皇の徳・不徳を論じた部分が問題にされたのだった。
戦後の『福翁自伝』の削除は、占領国を誹謗しているとされた箇所、薩英戦
争のところの「元来イギリスとロシアの間がらは犬とサル」が1950(昭和25)
年5月10日発行の昭和19年第二版第五刷本では、削除され、削除のあとが分
からないように、註をふやして、空白を埋めている。 これは私が疑わしいと
推定した箇所を、『『文明論之概略』を読む』のささいな誤植の件でつながりの
出来た、岩波書店の担当編集者伊藤修さん(今も「等々力短信」を読んで頂い
ている)が、当時、編集部、製作部にあった『福翁自伝』4種類の版に当って
確認してくれたのだった。

『岩波茂雄への手紙』と苦難の時代<小人閑居日記 2006.10.11.>
 2003年11月に『岩波茂雄への手紙』(岩波書店)という本が出て、編集に関
わられた伊藤修さんから頂戴して、「等々力短信」第935号で紹介したことが
あった。 この本巻末の「岩波茂雄宛書簡差出人一覧(個人)」の「小泉信三」
は、封書56通、葉書4通の計60通という多数に上っている。 収録されてい
るのは、それぞれの人が一通だから、1936(昭和11)年6月16日付、この時
刊行が開始された『新輯定版 鴎外全集』を手にしての手紙である。 鴎外漱石
「此両文豪と時代を同じうして生れたることを喜ぶ念は昨今に至つて愈々切な
るを加へ候折柄此両巨匠の全集が相並んで貴兄の手に依て刊行せらるゝを見て
衷心感喜に堪へざるものに候」とある。
竹田行之さんの講演で、戦中戦後、関係者が受けた苦難の中に、小林勇の逮
捕投獄の話も出たが、上に書いた「等々力短信」「『岩波茂雄への手紙』」で岩波
書店とその執筆者である学者や文化人の苦難の時代についてふれていたので、
その全文を別に掲げることにする。

『岩波茂雄への手紙』<等々力短信 第935号 2004.1.25.>
 岩波書店主のデスクに座り、来信を読んで、寄せられた難問や企画に、あな
たならどう対処するだろうか。 『岩波茂雄への手紙』(岩波書店)は素晴しい
本だ。 創業九十年記念に社員などの関係者向けにつくったのが「面白い」と
評判で、市販されたのだと聞く。 岩波書店編集部の編集、飯田泰三さんの監
修である。 飯田さんは『福澤諭吉書簡集』の編集委員のお一人で、10月松崎
欣一さんと一緒に講師を務められた、当の岩波セミナールームでの「福澤書簡
を読む」読書会で、お話を聴いたばかりだった。
 『岩波茂雄への手紙』でまず感じるのは、岩波茂雄にはよい友達がたくさん
いたということである。 32歳の茂雄が古本屋として創業した1913(大正2)
年、夏目漱石のところへ看板の字を書いてもらいに行ったとき、同行してもら
ったのは一高以来の親友安倍能成だった。 翌年の処女出版物が漱石の『こゝ
ろ』、ついで『道草』『硝子戸の中』『明暗』を出し、没後の『漱石全集』で岩波
書店は出版社として確立する。 『全集』の編者に名を連ねた漱石門下の阿部
次郎、安倍能成、小宮豊隆、鈴木三重吉、寺田寅彦、野上豊一郎、松根東洋城、
森田草平らは、その後の「岩波文化」形成に多大の役割を果たした。 初期岩
波書店のもう一つの柱だった「哲学叢書」の刊行も、阿部次郎、安倍能成、上
野直昭という茂雄の一高以来の親友たちが編集し、執筆陣も明治末年に東京帝
大哲学科(茂雄はその選科)を卒業した新進学徒たちであった。
1928(昭和3)年頃から、岩波書店とその執筆者である学者や文化人が、苦
難の時代を迎える。 茂雄あてのそれぞれの手紙の前に、差出人の略歴が付け
られている。 それを見ると、主に治安維持法によって逮捕、投獄されている
のは、河上肇、久保栄、柳瀬正夢、吉野源三郎、中野重治、久野収、玉井潤次、
大塚金之助、小林勇、羽仁五郎、大内兵衛、三木清(獄死)。 辞職を余儀なく
されているのが、恒藤恭、美濃部達吉、末川博、矢内原忠雄。 刊行停止や発
禁にされたのが、天野貞祐、津田左右吉。 ごく普通の学者や文化人が弾圧の
苦難に遭う、それらの手紙を読んで、言論出版の自由の有難さ、貴重さを感じ、
何としてもそれを守らなければいけないと思わずにはいられない。 飯田さん
の解説に、1936(昭和11)年7月、岩波文庫の福沢諭吉『文明論之概略』で
さえ、皇室に関する不敬な記述があるとして、次版改訂処分を受けたことが見
える。 この削除については、昔短信(390号)に書いたことがあった。(上記)

福沢索引2006年10月のブログ・竹田行之さんの『小泉信三と岩波茂雄、小林勇』[昔、書いた福沢243]2020/03/22 07:28

福澤諭吉協会の土曜セミナー<小人閑居日記 2006.10.7.>
 9月30日、福澤諭吉協会の第99回の土曜セミナー、次は第100回。 33
年間のほとんどを聴いてきた。 講師は、伊藤正雄、池田弥三郎、ヨゼフ・ピ
タウ、と続き、吉野俊彦、緒方富雄、高橋誠一郎、飯沢匡、富田正文、武見太
郎、丸山真男、永井道雄、江藤淳、横松宗の名前もある。 私の福沢知識は、
土曜セミナーの耳学問によるところが多い。
 今回は、元福澤諭吉協会理事、元岩波書店編集部長の竹田行之さんの『小泉
信三と岩波茂雄、小林勇』。 今年は小泉信三の没後40年で、岩波茂雄の没後
60年、小林勇の没後25年の年にも当る。 竹田さんは、昭和の初めから第2
次世界大戦を経て戦後に続く数々の福沢著作の編纂と刊行が、小泉信三と岩波
茂雄、小林勇、三人の友情を絆とした、揺るがぬ信頼関係に支えられて、行な
われたことを語った。 小泉が岩波、小林に宛てた書簡は110通にのぼるそう
だが、『小泉信三全集』にはその三分の一しか収録されていない。 その未発表
書簡をよりどころに、福沢著作出版にまつわる美しい人と人の交流の物語を、
聴くことができたのであった。

小泉信三と小林勇<小人閑居日記 2006.10.9.>
 小林勇は小泉信三の『社会問題研究』が出た1920(大正9)年に、17歳で
岩波書店の住み込み店員となり、ただ一人の編集員として、著者達の間を駆け
めぐる。 1927(昭和2)年、岩波文庫の創刊に携わるが、翌年、岩波書店の
ストライキで、店員側の排斥の対象になり退社する。 その時「小林勇君の如
き、その勤勉にして信義に厚き、平生小生の最も敬重する所なるに」という小
泉信三の岩波茂雄宛書簡がある。 小林勇は、翌1929(昭和4)年鉄塔書院を
設立、岩波茂雄の次女小百合と結婚、小泉信三著『リカアドオ研究』を出版す
る。 小林勇は1934(昭和9)年、幸田露伴、寺田寅彦、小泉信三のすすめに
より岩波に復帰、1938(昭和13)年岩波新書の創刊に携わる。
 1937(昭和12)年岩波文庫『福翁自伝』出版。 校訂にあたったのが富田
正文だったが、小泉信三は小林勇宛書簡で富田に謝礼を出してもらえるか「富
田君なる人物は、心事頗る高尚にて、自分の取るべき報償などの事に付き曾て
小生等にも要求を漏らしたる事なく、従つて校訂の困難などに就いても吹聴せ
ぬ人に付き」と「能書き」を述べている。
 1942(昭和17)年12月、岩波文庫『学問のすゝめ』刊行。
 戦後、1950(昭和25)年初秋、岩波書店の一室に福沢著作編纂の事務室が
おかれる。 この年、岩波書店に入社した竹田行之さんは、隣のデスクにいた
そうだ。 翌1951(昭和26)年5月、小泉信三を理事長に福澤諭吉著作編纂
会設立、『福澤諭吉選集』8巻の刊行が始まる。 1958(昭和33)年、福澤著
作編纂会は慶應義塾に著作権を寄付、創立百年記念『福澤諭吉全集』21巻の刊
行が開始される。

福沢索引2006年8月のブログ・『清富の思想』、遊びのすすめ[昔、書いた福沢242]2020/03/21 07:06

『清富の思想』、遊びのすすめ<小人閑居日記 2006.8.24.>
 18日、三田で小泉信三記念講座の講演会、講師は塩澤修平経済学部長の『清
富の思想』。 その「清貧」でなく、「濁富」でなく、ましてや「濁貧」でない
ところに、これからの日本の経済社会のあり方を求めようとするものだ。
「清・濁」は環境面への負荷、「貧・富」は経済的繁栄の指標。 ライフスタイ
ルとしての「清貧」の思想は、富める社会の中で、少数の人々が実践するなら
ばよいが、皆がそうしたライフスタイルをもったら、大量失業が発生し、最低
限の生活もできなくなってしまう。 現在の日本では持続不可能だ、という。
 それでは「清富」とは、どういう考え方か。 物的には「もったいない」に
基づき、出来るだけ無駄を省いて節約する。 だが「遊び」には大いにカネを
つかい、有効需要を高め、失業を減らす。 文化・芸術を含む「遊び」に関す
る経済活動は、物的資源はあまり使わず、付加価値が高いからだ。 各世代が
「遊ぶ」ことにより、経済は活性化し、環境にもやさしい。 そのキーワード
が「遊び心」で、「遊び心」にもとづき積極的に人生を楽しむことが、同時に世
のため人のためになるという。

「遊び心」で世のため人のため<小人閑居日記 2006.8.25.>
 塩澤修平教授の『清富の思想』を、もう少し。 武士道で利を悪徳だとする
のは、第一次産業の作り出す社会の富が一定だというゼロサム社会だからだ。 
だが福沢先生や初期慶應の先輩たちは、ゼロサム社会とは見ていなかった。 ア
ジアの各国がつぎつぎに欧米列強の植民地にされていた時代に、日本の独立を
いかに保つか。 ゼロサム社会では切り抜けられないと考えて、殖産興業の道
を選択し、それを支えたのが慶應の大先輩たちである。
ゼロサムでない状況では、取引をしてお互いに得をする場合もあり得る。 そ
こに新たな価値(富)が創造されるからだ。 利潤を上げても悪ではなく、み
んなが得をする状況もあり得るのだ。 少子高齢化を迎えた日本経済活性化の
鍵になるのが「遊び心」である。 文化・芸術を含めた、広い意味での「遊び
心」に基づく消費活動は、作り出される付加価値の大きさに比べて、そのため
に使われる天然資源の量はきわめて少ない。 日本が国際的に競争力を持つも
のとして、工業製品(自動車、電器など)は基本だが、伝統的な「遊び心」と
最新の技術が融合した分野としてのアニメ、発想の勝利であるゲームソフトな
どが、世界に誇るひとつの文化を創りあげている。
「遊び心」は、生き方においても旺盛な好奇心と柔軟な発想、そして余裕に
通じる。 慶應は伝統的に、浮世絵蒐集の高橋誠一郎、芸術写真の千種義人
(2005.11.21.の日記参照)、蝶の蒐集の福岡正夫といった方々、学問の世界だ
けでなく趣味の世界でも超一流の、人間的に幅の広い大先達を輩出している。 
「遊び」に強い人が沢山いる塾員の人脈、ネットワークを活かさない手はない。 
その道のプロ・達人が多く、相互に補完的な関係を築くことができ、「遊び心」
を実践できるのだ。 そんな嬉しくなるような話を、塩澤修平教授はした。