近所を歩き、暮らしと自然が一体の自分の『地図』を育む2022/05/28 07:11

 昨日紹介した朝日新聞夕刊の記事で、岸由二さんが、身近な地形や生態系などの自然から発想する「流域思考」は、災害の危険から命を守るために大地から積み上げた知恵だとして、こう語っていた。

 「豪雨による災害は雨量と地形によって起きる。短時間に強い雨が降ればどんな土地でも土砂災害の危険が高まり、上流で激しい雨が降れば雨が降っていない下流でも川の水位が増す。気象情報は自宅周辺の具体的な危険までは教えてくれない。行政の地域区分や既成の地図に頼るだけでは生き残れない」

 「求められているのは文明も自然の一部として自然と共生するような持続可能な都市づくりで、それを支えるのが流域思考です」

 「気候変動の危機に適応するためにも近所を歩き、自分なりの『地図』を育んで、一人一人の暮らしと自然が一体になった新しい哲学に高めていってほしい」

 この哲学、どこか、俳句作法に近いような感じがした。

地形知り、豪雨から身を守る「流域思考」2022/05/27 07:02

 5月16日に、5月8日の三田あるこう会で、町田薬師池公園周辺を散策したことを書いて、「鶴見川に沿って歩き、最後の坂を上がって農家料理「高宮」にたどり着いた時には、相当へろへろになっていた。」と書き、(鶴見川については、流域を研究している岸由二慶應義塾大学教授の話を聴いて、「流域」からの豪雨水害防災・減災<小人閑居日記 2012. 11. 22.>を書いていた。)と付記した。

 その岸由二(ゆうじ)さんが現在、われわれが歩いた東京都町田市の鶴見川「源流域」にお住まいだということがわかった。 2021年9月29日の朝日新聞夕刊の、「地形知り、豪雨から身を守る「流域思考」 岸由二・慶応大名誉教授が新刊」という記事を切り抜いて、持っていたからだった。

 気候変動で豪雨が増える時代を見据え、災害から身を守るために自分が暮らす「流域」をよく知る必要があると説く岸由二さんは、2021年夏、『生きのびるための流域思考』(ちくまプリマー新書)を出版した。 2013年の『「流域地図の作り方」』、2016年の『「奇跡の自然」の守りかた』(柳瀬博一さんとの共著)に続く「三部作」だ。

 1冊目では近所の川を源流から河口まで歩き、水が集まる大地の連なりを体感しながら自分なりの地図をつくろうと子どもたちに呼びかけた。 2冊目の共著は、そうした流域の豊かな生態系を丸ごと保全した小網代の森を紹介した。 3冊目は、すべての活動の原点である故郷・鶴見川の水防災の話を書いた。 岸由二さんは、横浜市の鶴見川河口の町で子ども時代を過ごし、ひたすら川で遊び、戦後の鶴見川の氾濫はすべて自宅で体験したという。

 東日本大震災の翌年の2012年秋に日吉キャンパス公開講座「日本ってなんだろう―東北の魅力再発見」で、岸由二経済学部教授の「流域で考える・東日本大震災からの復興」を聴いた。 そして、こう書いていた。

「全ての土地は、雨水を集める小さな川、それが集まって出来る大きな川の「流域」にある。 「流域」とは、降った雨が川に集まる大地の広がり=洪水や自然生態系の単位だ。 日本は「流域」の国だ。 暮しも、防災も、環境保全も、「流域」で工夫する必要がある。 小網代の森は浦の川の「流域」だし、ここ日吉は鶴見川の「流域」だ。 NPO法人鶴見川流域ネットワーキングという活動を続けてきた。 かつて鶴見川下流は水害の常襲地帯だった。 1980年から国を中心とした総合的な治水対策が実施された。 丘陵地を開発しない、源流に保水の森を保全、下流は川幅を広げる河川改修、4,300の調節池に300万トンを貯留(慶應日吉も200トンの水、ビオトープに)、新横浜に巨大な多目的遊水地(スポーツ公園、港北ニュータウン開発)。 それによって、1982年以降、水害はない。 行政と市民団体のつながりが大事だ。 「流域」思考が、川を、都市を、地球を再生する。」

慶應三連覇を逃す、東京六大学野球・春のリーグ戦2022/05/20 06:58

 東京六大学野球、春のリーグ戦、13日に「春の東京六大学野球、慶應のこれまで」を書き、17日には<等々力短信 第1155号 2022(令和4).5.25.>「慶應野球と福沢諭吉」を早めに発信して、「12時から1勝1敗になった慶明の三回戦があります。勝てば、三連覇に近づきます。」と追伸したのだった。 ところが、慶明三回戦、5回までに明治に10点取られ、慶應は4回萩尾のソロホームランのみ1対10とリードされた。 7回、8回に3点ずつ取って、あと3点と追いかけて試合を面白くしたものの、8回裏に駄目押しの2点を取られ、7対12で敗れた。

 福澤諭吉記念 慶應義塾史展示館、6月6日からの企画展示室の特別展「慶應野球と近代日本」は、都倉武之副館長が期待していたであろう「三連覇記念」を冠せることをは、残念ながら出来なかった。 前田祐吉監督でさえ、18年で8回のリーグ優勝だった。 ドンマイ、ドンマイというところだろう。 そうそう、短信に何人か特別展「慶應野球と近代日本」を見に行くという反響があって、とても嬉しかった。

 春のリーグ戦の優勝は、明日からの第7週、立教と明治の対戦で、勝点を取ったほうが優勝となる。

慶應野球と福沢諭吉<等々力短信 第1155号 2022(令和4).5.25.>2022/05/17 08:09

 5月11日、ひさしぶりに福澤諭吉協会の一日史蹟見学会があった。 時節柄一日ではなく半日で、「慶應義塾展示館を見る」。 まず演説館で、展示館の開設を準備し、副館長を務める都倉武之さんの話を聴いた。 福澤諭吉記念 慶應義塾史展示館は、赤レンガの旧図書館の二階にあり、無料で一般公開されている(月~土 10時~18時)。

 約150点の資料を展示する常設展示室(私の頃の大閲覧室)では、慶應義塾史=「近代日本の格闘そのもの」というコンセプトで、展示した。 福沢を語ることは、近代日本を語るということだ。 福沢の成功物語、完成した偉人伝として描くのではない。 格闘者、挫折者としての福沢、文字だけでなく、行動と激励の人だった福沢の不成功物語として描こうとした。 福沢の主張は結局かなりの部分、未完成で、まだまだほとんど実現していない。 現在進行形だから価値があり、その歴史が示す多くの未解決の課題を提示し、なぜ受け入れられなかったのか、なぜ実現しないかを来場者に考えてもらいたい。 福沢、慶應が本来秘めている激しい反骨精神を内外に意識づけたい、と言う。

 展示の構成は、「颯々の章」福沢諭吉の出発、「智勇の章」文明の創造と学問の力、「独立自尊の章」私立の矜持と苦悩、「人間交際の章」男女・家族・義塾・社会。

 企画展示室の特別展は、開館当初「慶応四年五月十五日」彰義隊の戦争時もウェーランド経済書の講義が行われた学問の伝統についてで、6月6日からは「慶應野球と近代日本」が始まる(8月13日まで)。 2022年は、日本人への野球伝来150年にあたる。 木村毅によると、福沢がアメリカから持ち帰った本Wilson First Reader(1860年出版)に野球の絵があった。 福沢の時事新報論説「体育の目的を忘るゝ勿れ」(体育会創立の翌年、明治26年3月22日)は、健康な身体が学問をやる基礎で、独立の人を支える一要素だと説く。 慶應義塾は日本野球史に欠かせない数々の足跡を刻み、野球部は「エンジョイ・ベースボール」をモットーに、野球界に広く普及した早稲田式の「一球入魂」「野球道」とは、異なるスポーツ観を提示してきた。

 2期18年にわたって野球部の監督を務め8回のリーグ優勝をした、前田祐吉さんの昭和62年のノートが常設展に展示されている。 「坊主頭は決して高校生らしくない」「グラウンドへのお辞儀は虚礼」「なぜ大声を出し続けるのか」「野球だけでは人間はできない」 このノートに、福沢諭吉が随所に出てくる。 福沢精神の本質は、時流におもねることなく、広い見識にもとづく自己の信念を貫く勇気と反骨である。 福沢を理解し、それを自分のフィールドで活かそうとした前田監督のような人々の連なりが、慶應義塾を始め、いろいろな所で生まれ続けているのが福沢の傑出したところだと、都倉さんは言う。


最近、ブログに下記を出しましたので、覗いてみて下さい。今日、 5月17日12時から1勝1敗になった慶明の三回戦があります。勝 てば、三連覇に近づきます。

春の東京六大学野球、慶應のこれまで<小人閑居日記 2022.5.13.> http://kbaba.asablo.jp/blog/2022/05/13/9490081

慶應野球部出身のプロ選手活躍<小人閑居日記 2022.5.14.> baba.asablo.jp/blog/2022/05/14/9490447

町田は自由民権運動の地だった2022/05/16 07:07

しゃくやくスカーレット・オハラ

 薬師池公園、立派な公園だった。 江戸時代の古民家二軒、旧永井家、旧荻野家も保存されている。 太鼓橋を渡った所の藤の花は終わっていて、ハス池のハスの花はまだだったけれど。 もともとは湧水をせき止めたもので、戦国時代の末、天正5(1577)年に北条氏照の印判状が野津田の武藤半六郎(河合家祖先)にくだり、水田用溜池としての原型が天正18(1590)年に完成、以後灌漑用水として地域の農家の人々に大切に守られ、周りの林は薪を取る雑木林として手入れされてきたという。

 フォトサロンの建物を過ぎたところに、不思議な形の巨大な「自由民権の像」があり鐘が下がっていた。 町田市制40周年記念のモニュメントという。 この地域も、「五日市憲法」で知られた五日市(現、あきるの市)に近い、多摩の自由民権運動の地だったのだ。 薬師池公園から鶴川へ向かって徒歩15分の所に、町田市立自由民権資料館がある。 中心人物は野津田生まれの石阪昌孝(天保12(1841)年~明治40(1907)年)で、地域の教育運動を組織し、自由民権運動の先頭に立った、町田をはじめ神奈川県下の自由民権運動の最高指導者の一人。 明治初年の初代神奈川県会議長、明治23(1890)年の国会開設で衆議院議員となり4期を務め、群馬県知事になった。 石阪美那、公歴姉弟の父で、長女美那は北村透谷との恋愛で知られる。

 北村透谷は、多感な青年時代に自由民権運動に参加し、25歳4か月の短い生涯での文学活動の原点には、自由民権運動への参加と離脱体験、多摩の人々との交流、石阪美那との恋愛があったという。 このあと行った、ぼたん園内には石阪昌孝屋敷跡の「民権の森」があり、「自由民権の碑」があって「透谷美那出会いの地」と刻まれていた。

 ぼたん園は、5月8日が「ぼたん・しゃくやくまつり」の最終日だったが、写真のしゃくやくスカーレット・オハラなどが、まだ美しく咲いていた。

 鶴見川に沿って歩き、最後の坂を上がって農家料理「高宮」にたどり着いた時には、相当へろへろになっていた。 お焦げのある筍ご飯を食べた。 この日の万歩計は、16,045歩だった。 (鶴見川については、流域を研究している岸由二慶應義塾大学教授の話を聴いて、「流域」からの豪雨水害防災・減災<小人閑居日記 2012. 11. 22.>を書いていた。)