「志木歩こう会」“多摩地区の名所を訪ねて”2018/10/15 07:11

 6日の土曜日は、「志木歩こう会」“多摩地区の名所を訪ねて”があり、今年 も家内同伴で参加させてもらった。 午前10時の西国分寺駅集合。 毎年最 年長の10期で、長距離を歩いてヘロヘロになるので、来年あたりはリタイア かと思って集合場所に行くと、なんと1期生の波田野雅弘さんが参加されてい るではないか。 85,6歳になられる勘定だ。 千葉の鋸山の方にお住まいで、 山道を歩いておられるとか、この方が健脚で、颯爽とどんどん前を歩いて行か れるのであった。 リタイアなどと言ってはいられない。 あとで行った平櫛 田中彫刻美術館の平櫛田中の言葉、「「六十、七十は、鼻たれ小僧、男盛りは百 から百から、わしもこれからこれから」を実感した次第。

 西国分寺駅を出て、きれいに開発された新しい街を、多摩川方面へ下る。 国 分寺市泉町のアパート群の前の道路が、車道よりも歩道の方が広くなっている。  その歩道部分が東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち)の発掘跡である。 両 側に茶色く側溝の跡が示されているから、道幅が広く12メートル程の直線道 路だということがわかる。 古代に造られた官道の一つで、当初東山道の本道 の一部として開通し、後に支路となった道。 上野国・下野国から武蔵国を南 北方向に通って武蔵国の国府(現、府中市)に至る。 7世紀に律令制が確立 されると、行政区画が整備され「五畿七道」が設置された。 畿内以外の国々 は、それぞれ所定の「道」に属し、それぞれの国の国府を結ぶ同名の官道がつ くられた。 東山道には、近江国を起点に、美濃国、飛騨国、信濃国、上野国、 下野国、陸奥国が属し、これらの国々から大きく外れたところにある武蔵国の 国府を結ぶ必要が生じた。 それで上野国府-新田駅(上野国)-武蔵国府- 足利駅(下野国)-下野国府というルートが採用されることになり、新田駅- 足利駅間は直進ではなく南北にわたってY字形に突き出る格好になった。 こ のY字形の部分が東山道武蔵路であった。(つづく)

井上毅の「人心教導意見案」2018/09/30 08:04

大久保啓次郎さんの「「明治十四年の政変」と井上毅―福沢諭吉の文明開化思 想から井上毅の儒教思想へ―」は、つづいて北海道開拓使官有物払下げ事件か ら政変に至る動きを追う。 政府内では、大隈重信と大隈派の官僚(福沢門下 が多い)が払下げに反対だった。 世論の激しい批判が巻き起こって事件とな ったのは、大隈が政府内の機密を漏らし、親しい福沢や資金を提供した三菱の 岩崎弥太郎と組んで、薩長閥を追い落とすために仕組んだからだとの、大隈陰 謀説が流れた。 激怒した薩摩派は大隈追放に動き、大隈との連携を模索した 伊藤博文も最終的には、大隈追放に戦略を変更した。 10月11日、閣議で大 隈罷免と官有物払下げ取り消しを決定、12日、明治23年の国会開設を閣議で 決定。

文明開化で国民の意識が変化しつつある中で、国会開設までの長い9年間を 心配した井上毅は、11月「人心教導意見案」という五項目の意見書を提出した。  前段で、維新以来「福沢諭吉ノ著書ヒトタヒ出テ、天下ノ少年、靡然(びぜん =草木が風になびくように、なびき従う)トシテ之ニ従フ」という状況が続き、 福沢の文明開化思想が、若者に大きな影響を与え、その流れが過激な自由民権 運動の温床となっている事を指摘し、その対応に細心の注意を払うべき必要が あるとし、五項目の各論につなげている。

 (1)「都下ノ新聞ヲ誘導ス」…マスコミ対策、政府の意見を発表する官報及 び政府系の新聞が必要。 (2)「士族ノ方向ヲ結フ」…士族授産の強化で、士 族が粗暴民権家に走ることを防ぐ。 (3)「中学並職工農業学校ヲ興ス」…士 族の子弟が徒に上京して民権運動に向うことのないように、国庫補助による中 等教育、実業教育の充実を求める。なお中学では国文と漢学を用い、洋書は翻 訳書を用いることとしている。 (4)「漢学ヲ勧ム」…「忠君恭順ノ道ヲ教ユ ル為ニ」漢学を奨励する。 (5)「独乙(ドイツ)学ヲ奨励ス」…法政や軍事 科学等を学び、「保守ノ気風ヲ存セシメル為ニ」。 これらの案は、結果的には英学中心の福沢諭吉や慶應義塾に不利な影響を与 えることになった。

福沢は、日本を近代国民国家にするために明治12年の『国会論』や『民情 一新』で、国会開設を求め、英国型立憲政体を称賛していた。 それで国会開 設を求める世論は大いに盛り上がり、自由民権運動を一層高揚させた。 13年 には交詢社を立ち上げ、福沢の門下生たちは、英国型議会をモデルにした「交 詢社私擬憲法」案を出す。 井上毅は、「国会開設」と「憲法制定」が議論され る過程で、福沢の文明開化思想と国内世論の動向に、強い危機感を抱いて、福 沢の言論活動の影響力の全てを否定することを政策目標としたのだった。

 この問題、「明治十四年の政変」後の福沢の近代化構想の運命に関連して、私 は諸先生(松崎欣一さん、西澤直子さん、米山光儀さん、松浦寿輝さん、寺崎 修さん、飯田鼎さん、平石直昭さん)に教えて頂いた、主に「耳学問」を下記 に綴っていた。

福沢の筋書(理想)と現実との乖離<小人閑居日記 2004.11.30.>

「福沢の女性論・家族論は「最後の決戦」に勝ったか」<小人閑居日記 2005.11.12.>

福沢は表慶館での自分の展覧会を、どう思うか<小人閑居日記 2009. 2.10.>

『学問のすゝめ』と、明治政府の「学制」<小人閑居日記 2009. 2.11.>

教育政策についての福沢の批判<小人閑居日記 2009. 2.12.>

慶應義塾の教育<小人閑居日記 2009. 2.13.>

福沢の近代化構想は実現したか(1)<小人閑居日記 2012. 3. 14.>

福沢の近代化構想は実現したか(2)<小人閑居日記 2012. 3. 15.>

福沢の近代化構想は実現したか(3)<小人閑居日記 2012. 3. 16.>

『飯田鼎著作集』福沢の「民権と国権」<小人閑居日記 2014.11.13.>

飯田鼎先生の「明治14年政変の背景」<小人閑居日記 2014.11.14.>

官僚制、法制、教育もドイツ流へ<小人閑居日記 2014.11.15.>

福沢への影響と『時事新報』の創刊<小人閑居日記 2014.11.16.>

官と民、「慶應義塾の最大の役割」<小人閑居日記 2014.11.17.>

「青木功一著『福澤諭吉のアジア』」読書会に参加して(『福澤手帖』第163号(2014(平成26)年12月))

「「明治十四年の政変」と井上毅」その発端2018/09/29 07:08

 『福沢手帖』第178号で、もう一つ注目したのは、大久保啓次郎さん(鴨川 義塾理事)の「「明治十四年の政変」と井上毅―福沢諭吉の文明開化思想から井 上毅の儒教思想へ―」である。 「明治14年の政変」については、私も日本 にとって重要な歴史の転換点であったと考えていて、福沢の慶應義塾と大隈重 信の早稲田で共同研究をしたらどうかと書いたことがあった。

「明治14年の政変」の共同研究を<等々力短信 第1064号 2014.10.25>

http://kbaba.asablo.jp/blog/2014/10/25/7473082

 大久保啓次郎さんは、この事件の勝敗を陰で操ったのが井上毅(こわし)で あって、これを契機に井上は明治国家形成に深く関わることになったとし、一 方、福沢諭吉の文明開化思想は、政府や教育への影響力を狭められていった、 とする。 そして、井上毅が「明治14年の政変」の黒子であったことを最初 に明らかにした昭和27年の大久保利謙著『明治十四年の政変と井上毅』を始 め、井上毅伝記編纂委員会編『井上毅伝・史料編 第一』などから、政変におけ る井上の動きや、その「人心教導意見書」を紹介して、彼を動かした思想の一 端に光を当てている。

 井上毅(1844~1895(満51歳))は、肥後国(熊本県)出身、藩校「時習館」 で朱子学を学び、儒教思想を習得し、その後の人生で儒教思想への親近感は強 い。 慶應3年、藩命でフランス語習得のため江戸へ出る。 明治4年、司法 省に入り、翌5年司法省の仲間7人とパリやベルリンに行き、そこで岩倉使節 団と合流する。 6年に帰国するが、その間の2年間は主としてボアソナード らのフランス法学者の講義を受けた。

 「明治14年の政変」の経緯と井上毅。 明治天皇は各参議に立憲政体につ いての意見書提出を命じ、明治12年末の山縣有朋案、13年の伊藤博文案が提 出されたが、筆頭参議の大隈重信はなかなか出さず、14年3月、密書として有 栖川宮に提出した。 盟約関係の伊藤、井上馨に見せず、国会開設時期が明治 16年と早く、英国型議院内閣制立憲政体の憲法というものだった。 これを見 て驚いた岩倉右大臣は、6月初旬、太政官大書記官井上毅に見せ、反駁書を書 かせ、調査を命じた。 6月14日、井上毅は岩倉に「大隈の意見書は、福沢諭 吉著『民情一新』に見られる、福沢の政体構想と共通であり、それは天皇の権 限を無視した英国型立憲政体である」との報告書を出した。 6月21日、岩倉 はプロイセン型を念頭に大臣主導により進むべく、井上毅に憲法作成の案を用 意するよう命じて、伊藤に憲法問題を任せた。 井上毅は「憲法制定意見書」 を伊藤に送付、主導権を取るよう強く要請した。 伊藤は井上毅意見書が自分 の考えとほぼ同じと知り、7月2日大隈意見書を「急進的」と激しく非難、岩 倉も同様に不同意を表明した。 同5日、岩倉は、伊藤に書簡を送り、プロイ センをモデルとした憲法制定を示唆した。 同12日、井上毅は伊藤への書簡 で、福沢を中傷しプロイセン型憲法制定を急ぐよう強調、政党内閣制阻止との 自説を再説した。 同22日、井上毅は、京都に岩倉を、宮島に井上馨を訪ね、 大隈孤立化への多数派工作を開始した。 同27日、井上馨は伊藤への書簡で、 井上毅の訪問を踏まえ、プロイセン型憲法制定、早期国会開設に賛成する事を 表明。 また井上毅は、松方正義、黒田清隆、西郷従道などにも大隈孤立化工 作を懇願。 既にこの時点で、大隈意見書の採用は、宮中、政府内ともに多数 派となり得ないことが、明らかになっていた。(つづく)

佐藤允彦さんの「ジャズに親しむ夕べ」2018/09/19 07:09

 14日は、朝倉健吾さんのヒルサイドプラザホールで、「ジャズに親しむ夕べ」 があった。 佐藤允彦さんのコンサートだというので、出かける。 ベースの 加藤真一さんは代官山のピアノバー「レザール」で聴いたことがあり、ボーカ ルの上杉亜希子さんは仲間内の新年会にヒルサイドテラス・バンケットで歌っ てもらったことがあった。 加藤真一さんのベース、なんともよい音が響く、 一曲、弓で弾くところがあったが、紹介で「アルゴ弾き」というのだと知る。  パーカッション、佐藤允彦さんが「ドラ息子」と紹介した職人風の岡部洋一さ ん、軽装備だというが、いろいろの道具で多彩な音を出して、実に楽しい演奏 だった。 駐車場のワゴン車(?)には重装備が積んであり、先日は横転して、 大きな音がしたそうだ。

 受付で代官山落語会でお見かけした係の方に、いきなり「いつも楽しくブロ グを拝見しています」と言われ、びっくりする。 と同時に、嬉しかった。 隠 れた読者がいるのだ。 例によって曲目だけでもとメモしていたら、帰りに曲 目一覧の「セットリスト」をもらった。 掲示でなく、プリントしてある用意 周到さに、感心した。

 佐藤允彦さんは、ジャズが誕生し、その名のついた最初のレコードが出たの が1917(大正6)年だから101年になるという。 ヒルサイドテラスでの演奏 は好きだと言う。 このフルコンサートグランドピアノ、ベーゼンドルファー のインペリアル(モデル290?)があるからで、普通88鍵なのに下に低い音が 4鍵ある(全部で97鍵?)、と音を出してみせる。

 ファーストセットの開幕は、季節の曲。 September in The RainとEarly Autumn。 フランク・フォスターのShiny Stocking、フォスターはカウント・ ベーシー楽団にいて、1928年~2011年、83歳と長命だったと佐藤さん。 ご 自身も喜寿と長命なのは、同学年の私は知っている。 ここからは上杉亜希子 さん登場、4年前より妖艶な印象の造りで、Waltz for Debby、Autumn Leaves (枯葉)、Misty。 会場の堅さを感じたのか、クラシックのコンサートじゃな いのだから、テーブルのワインを楽しんで気楽に、と。  Fly Me To The Moon は、最初の題名は歌詞にあるIn Other Wordだったそうだ。 言い換えて売れ る場合があって、「赤坂小町」が「プリンセス・プリンセス」になって売れた、 と上杉さん。 続いてStar Dust にMy Favorite Things と、懐かしい曲を歌 う。

 セカンドセットは、ちょっと趣きを変えたアレンジ。 Nobody Else But Me 「ありのままでいい、私でいい」と佐藤さん、1927年のミュージカル「ショウ ボート」ジェローム・カーン作曲、オスカー・ハマースタイン作詞、1946年に リバイバルした。 ビートルズのMichelle、ラヴェルの「ボレロ」と合うとい う演奏、岡部洋一さんはハバネラ(キューバの舞曲)調の鉦を叩く。 つづい て「赤とんぼ」をジャマイカのレゲエで、その名もRed Dragonfly、聴きなが ら思わず笑みがこぼれる。 ストールを被った上杉亜希子さんが現れ、「月の砂 漠」。 カタロニア民謡El Cant dels Ocells「鳥の歌」、チェロのパブロ・カザ ルスが「平和」を念じて演奏した曲。 Night and Day、チャップリンのSmile とスタンダード・ナンバーで終盤へ。 最後の曲は、ブキウギで「こげな町に は」。 1972年、佐藤允彦作曲、当時のパートナー中山千夏作詞、熊本弁なの は千夏さんのおばあちゃん由来だとか。 アンコールは、トルコの曲でOyun Havas 七拍子という意味だそうだ。 それぞれのソロパートが、最後に、もう 一度輝いた。

 何とも素敵なコンサートを、友人ご夫妻とそのお友達、偶然、光栄なことに ヒルサイドテラスの隣組の駐日デンマーク王国大使ご夫妻(大使からは名刺を 頂いた)と、同じテーブルで楽しむことが出来たのであった。

 なお、佐藤允彦さんについては、下記の当日記に詳しい。

佐藤允彦さん、銀座ジャズピアノ事始<小人閑居日記 2018.6.22.>

佐藤允彦さんのジャズ・ピアノで新年会<小人閑居日記 2014.2.1.>

佐藤允彦さんの出発、そして落語とジャズ<小人閑居日記 2014.2.2.>

皇后様と島多代さん・小泉信三さん2018/09/08 07:14

 昨年11月3日の当日記に、私は「皇后様と末盛千枝子さん」を書いて、こ う書いていた。 「末盛千枝子さんの『人生に大切なことはすべて絵本から教 わった』(現代企画室)という本の中で、森鷗外『即興詩人』の講演をしてい る安野光雅さんは、末盛さんの依頼に、講演はしない建前を崩した内幕を「皇 后様に英訳を頼みに行くという編集者は、まず、いないですよ。皇后様に頼み に行った人なんて。まど・みちおさんの本もですね。」と明かしている。」

 末盛千枝子さんのすえもりブックスが、まど・みちおさんの詩を皇后様が選・ 英訳された『どうぶつたち THE ANIMALS』を出版したのが1992年9月、26 年が経っている。 「根っこと翼・皇后美智子さまに見る喜びの源」第3回「共 にはたらく人たち」を読むと、そもそも末盛さんと皇后様を結びつけるのに、 IBBY(国際児童図書評議会)会長を務め昨年11月27日に亡くなった島多代 さんの存在が大きかったことがわかる。 皇后様は、島多代さんが聖心女子大 学に入学した時には、最上級生の4年生だった。 中学時代にはお姉さまの同 級生として親しんでおり、その健脚が「カモシカ少女」として知られていたし、 大学では「当時から全学生が仰ぎ見ていましたが、それでいて、常に人に奉仕 される姿勢を貫かれていました」(読売新聞「時代の証言者」)と語っているそ うだ。 島多代さんの大叔父さまが両陛下のご結婚の実現に尽力された東宮御 教育参与の小泉信三さんだったことも、皇后様と島多代さんの間を一層親しい ものにしていたのではないだろうか、とある。 島多代さんの祖父は松本烝治、 祖母は小泉信三さんの姉・千、父は松本正夫慶應義塾大学教授(哲学)。 これ は知らなかったが、至光社に勤め、いわさきちひろの編集を担当し、日本の絵 本を売り込みに海外の見本市に行ったりし、末盛さんは同僚だったと「ウィキ ペディア」にあった。

 島多代さんは、皇后さまのために世界に対して少しでも親しい感じのする新 しい「窓」を開いて差し上げたいと思っていたのではないか、と末盛さんは書 き、それは丁度お若い日の天皇陛下のかけ値のないお姿を少しでも国民に知っ て欲しいという大叔父・小泉信三さんの願いとも似通うものであったかもしれ ないと言う。 小泉さんは、ある日自宅で夕食の時、今日は殿下をひどく叱っ たと言って泣かれたことがあったという。 教育掛として、それほど真剣だっ た。 いよいよご婚約という時には、小泉さんが正田家を訪ねて、皇太子様が どのような方か、そして、どのようなことを望んでおられるかを美智子様に丁 寧に話されたようだ。

 おなじ第3回に、黒木従達侍従が小泉信三さんの依頼でほぼ一人で全行程に たずさわった御成婚にいたる経緯を記したものに(時事通信社から出た写真集)、 こうあると特筆されている。 陛下は熱心に結婚して欲しいとおっしゃりつつ も、自分にとっては天皇の務めが常に全てに優先するという厳しいお言葉もし っかりお伝えになっており、その陛下のお立場に対する御心の定まりようこそ が、皇后様を最後にお動かししたものであった、と。

 第7回「共に在る」に、末盛さんは「皇太子としてのお立場が、何よりもま ず第一に優先されるという芯の部分は、ビクとも動かなかったという。そして、 結局はそれこそが皇后さまのお気持ちを射止めたのだろう。」「また、皇后さま も、そのような陛下の御こころの定まり様にこそ魅力をお感じになり、最終的 にご自分の人生を陛下のお側にと決められたのだということが、この六十年近 い年月を振り返る時、はっきりと見えて来るように思われる。」と書いている。

 最終回「ヴェロニカの花」に、宮中祭祀のことが出て来る。 両陛下が全身 全霊でその時出来ることをされると共に、そこにいつも祈りがあったことが、 両陛下が何よりもまず皇室の神事を大切にされてきた過去のお姿からよく分か る、というのだ。 国民の幸せを祈ることをご自分たちのレゾンデートル(存 在理由)としておられる両陛下だが、特に陛下が夕べ、暁と、長時間をかけて その年の収穫を感謝され、神様にお供えになると共に御自分でも召し上がる新 嘗祭(にいなめさい)の儀式のことは、いつ聞いても心打たれる、と末盛さん は書いている。 この祭祀の間、皇后様は陛下に御心を合わせるように、その 年に全国から奉納されたお米と粟の名前を毛筆で一つ一つ紙に書き写すなどし て過ごしておられるという。 夜寒という詞書のある御歌。

  新嘗(しんじょう)のみ祭果てて還ります君のみ衣夜気冷えびえし