藤原工業大学と高橋誠一郎文部大臣2017/08/15 06:56

 『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』、都倉准教授の解説の続き。

 (4)藤原工業大学と慶應義塾。 藤原銀次郎戦犯指定に関する藤原工業大 学生及び卒業生より連合国総司令官マッカーサー宛嘆願書(1946(昭和21) 年5月4日)。 「工業大学卒業生諸君に謝す」(村井宇之助宛藤原銀次郎書簡 (1946(昭和21)年6月21日)。) 藤原工業大学は、王子製紙の社長だった 塾員の藤原銀次郎が、昭和14(1939)年6月日吉に創設した大学。 藤原は 創設前から、理学・工学の新学部設立を検討していた小泉信三塾長と十数回会 談し、藤原工業大学の義塾への寄附を含めた合意を経て、設立認可に至った。  時局の変化による国の圧力があり、藤原工業大学はあと1か月で卒業生を出す ところで、1944(昭和19)年8月、慶應義塾大学工学部となった。 資料は、 米内光政内閣の商工大臣を務めた藤原銀次郎が戦後戦犯指定されたのに関し、 卒業生の出した嘆願書と、それに対する藤原の礼状だ。 嘆願書は、藤原が私 財を投じて大学を創めるについてスタンフォード大学とジヨルダンを学風の手 本とし、藤原工業大学で「ジヨルダンとフクザワ」を教科書として学生に読ま せたこと、英語を重要視して特別な英語教育をしたこと、先生から国際的な自 由な、明るい教育を受け、先生の何処にも超国家主義者らしい匂いを感ずるこ とはなかったという印象を述べている。

(藤原工業大学については、大学教育の役割、清家塾長の年頭挨拶<小人閑居日記 2013. 1. 23.>、防衛大学校と慶應義塾、初代槇智雄校長<小人閑居日記 2017.1.7.>参照)

 (5)教育基本法を成立させた高橋誠一郎文部大臣。 教育勅語と教育基本 法の関係に関する答弁草稿(昭和22年3月19日)。 我妻栄による民法改正 に関する文部大臣への質問概要(昭和22年3月29日)。 それに対する答弁 草稿(同日)。 草稿(教育基本法・学校教育法成立にあたって)(昭和22年4 月1日)。 議会の速記録と照合すると、官僚の用意した答弁草稿にはないこ とを、高橋誠一郎文部大臣が言っていることがわかる。

 (高橋誠一郎文部大臣については、高橋誠一郎文部大臣と『帝室論』<小人閑居日記 2007. 6.20.>、『手控□高橋誠一郎略年譜』<小人閑居日記 2007. 6.21.>、米山光儀さんの「「修身要領」再考」(1)<小人閑居日記 2012. 5. 23.>、米山光儀さんの「「修身要領」再考」(2)<小人閑居日記 2012. 5. 24.>、「修身要領」と教育基本法(1947年)<小人閑居日記 2012. 5. 25.>参照)

『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』2017/08/14 07:09

 4日、三田山上の図書館(新館)1階展示室で開かれている慶應義塾福澤研 究センター所蔵『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』へ行った。 福澤研究セ ンターの都倉武之准教授のギャラリートークがあると知ったからである。 都 倉准教授は、福沢諭吉、慶應義塾史、「慶應義塾と戦争」についての気鋭の研究 者で、今回も豊富な蓄積からの見事な解説に、すっかり感心してしまった。  都 倉さんについては、去年からでも次のようなことを書いていた。 (92歳、古 屋豊さんが小さな声で言った<小人閑居日記 2016.4.15.>、「慶應義塾と戦 争」アーカイブ・プロジェクト<小人閑居日記 2016.4.16.>、「戦争の時代と 大学」展の冊子から<小人閑居日記 2016.4.17.>、塾長小泉信三の評価をめ ぐって<小人閑居日記 2016.4.18.>、大学の独立と自由<等々力短信 第 1094号 2017.4.25.>)

 『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』、都倉准教授の解説はまず(1)長沼事 件の資料から始まった。 柴原和(県令)宛福沢諭吉書簡(明治7年12月25 日)。 小川武平宛福沢諭吉書簡(明治9年9月20日)。 「沼地拝借願」(福 沢諭吉筆)(明治9年3月25日)。 (長沼事件については、「長沼事件」と福 沢<小人閑居日記 2013. 5. 31.>、「長沼事件」所有権の問題<小人閑居日記  2013. 6.1.>、「三田」土地購入と福沢<小人閑居日記 2013. 6.2.>参照) 都 倉さんは、柴原和(県令)宛の手紙は、長沼村民に同情して牛場卓蔵に起草さ せた願書が県令に届いたかを確認するもの、福沢が関わっていることを伝える 福沢一流のテクニックで、けして村民蔑視ではない、と。 小川武平宛は、福 沢の名前を出した(安倍首相の名前を出すように)のは村民の心得違いだった と、県庁の役人には言葉温和に嘆願して立腹させないように、と諭している。

 (2)日露戦争で捕虜になった塾員―栗田宗次関係資料―。 メドヴェージ 収容所にいたが、第二次大戦の捕虜とは扱いがまったく違ういい生活だったよ うで、くわしい日記を残し、町にも出たり、押し花などもある。 栗田宗次の 慶應義塾在学中の作文帳、日露戦争捕虜日記などから、都倉さんは、物を書く、 作文をする慶應義塾の伝統、筆まめな福沢の達意平明の文章の伝統に触れた。  慶應志木高校新聞部出身で、毎日ブログを綴っている私は、思わずニヤリとし たのだった。

 (3)「慶應義塾と戦争」アーカイブ・プロジェクトの新収資料。 戦時下の 塾生の写真アルバム・昭和16-18年(阿加井延雄、昭和18年陸軍入隊・昭和 21年卒)。 昭和18年(だったと思う)に友達とスキーに行っている写真があ る。 学徒出陣壮行会の映像で見るような、一辺倒に暗い時代ではなかった。  軍隊入隊前の寄書帳・昭和19年(松澤喜三郎旧蔵、昭和19年陸軍入隊・昭和 23年卒)。 体育会系の学生、イラストなど交え、明るく軽い調子。 都倉さ んは、本人以外わからないからと、捨てられてしまう日記やアルバムなどに、 貴重な資料があるという。 慶應義塾福澤研究センターでは、こうした資料の 提供を呼びかけている。

柳家権太楼「ヒロクミさんと丁々発止」2017/08/06 07:40

 クラスメイトのオチケンOB、二代目雷門牛六(もーろく)こと長沼毅さん が、読売新聞連載『時代の証言者 噺家の了見 柳家権太楼 70』(6月10日~ 7月24日、全30回。永井好弘編集委員の聞き書き)の切り抜きを送ってくれ た。 なかなか落語研究会に来られなくなった彼に、毎月の落語研究会の「小 人閑居日記」を送っているからだろう。

 落語研究会を第一回から聴いている(毎度の自慢だ)長さだけを根拠に生意 気を言わせてもらえば、柳家権太楼は面白い、このところ心境著しいと思って いる。 永井好弘さんのまえがきは、こうだ。 「平成の「落語ブーム」を引 っ張る爆笑派の大看板。口演数は年間700席以上、熱気と愛嬌に満ちた渾身の 芸で寄席を守り、落語の可能性を広げるべく奮闘している。達人が語る「落語 家魂」とは――。」

 私が柳家権太楼の名を知ったのは、寄席ではない。 二ツ目の柳家さん光時 代に、第132回の落語研究会(1979(昭和54)年4月26日)に出て、前座で 「人形買い」を演ったようだが、これも記憶にない。 それはNHKラジオの 「土曜サロン 広瀬久美子のラジオワイド」の「リクエストアワー」のおしゃべ りであった。 広瀬久美子アナのNHKでこんなこと言っていいのと思わせる 自由奔放な振りに、応える相手役の柳家権太楼が、また抜群に面白かった。 土 曜日の夕方、会社から兄の車に便乗して帰る途中に聴いて、二人で笑っていた。 

最終回、番組を変えられるのが不本意だったらしい広瀬久美子アナが鈴木三 重子「愛ちゃんはお嫁に」をかけたのには、意図が見え見えで、本当に大丈夫 なのかと思った。 後に、広瀬久美子アナの夫君が、慶應志木高でいっしょだ った広瀬一郎さんと知る、そう言えば久美子アナの旧姓は白石、早稲田大学出 身なのは知っていた。 山田洋次監督が、広瀬一郎さんの高校受験前に家庭教 師だったと、聞いたような記憶がある。 NHKで芸能関係のディレクターな どをしていた彼は、残念ながら亡くなったけれど…。

『噺家の了見 柳家権太楼』23回は、「ヒロクミさんと丁々発止」。 二人で しゃべり放題、「リクエストアワー」なのに2時間で2曲しかかからない。 お 題を出して、三題噺を作らせられる。 スタジオの外で、必死に考えて、戻っ たら、すでに放送終了。 でもヒロクミさん、少しも慌てず「権太楼さんの落 語、できたみたいですね」って、番組を再開しちゃう。 NHKでこんなこと できる人、他にいるかしら? 番組に来るはがきは賛否両論、何でも紹介しち ゃう。 本番中に「俺はせこい大学出で」と言ったら、明治学院OBから反響 が来た。 「自分の学校を誇れないヤツは悲しい」 こうなると、ヒロクミさ んが張り切っちゃうんだ。 「読んでいい?」 「どうぞどうぞ」 「権ちゃ ん、どう思うの?」 「卑下してるだけですよ、テメエの大学が立派かどうか なんて、人前で言うもんじゃないでしょ」 「ふふふ」 「でもごめんなさい、 二度と明学の悪口は言いません」

権太楼は、この番組を真打になった1982(昭和57年)から3年間、広瀬久 美子アナはその後も続けて、結局22年間やった。 権太楼は言う、「しゃべる 仕事の面白さ、怖さ、奥の深さを体で教えてくれたヒロクミさんは、あたしの 師匠の一人です。」

「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」2017/07/31 07:11

 NHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」、番組の司 会は、マツコ・デラックスと有働由美子アナ。 出演は、坂田一郎東大教授(AI のデータサイエンスを研究)、柴田悠京都大学准教授(統計分析を使って政策効 果を研究、テーマは社会保障・教育・少子化対策)、大越健介報道局記者主幹(前 の前のニュースウォッチ9のキャスター)、阿部博史ディレクター(AI開発チ ームリーダー、ビッグデータ解析を使った番組を制作)。 有働アナが阿部博史 (ひろふみ)ディレクターを、「ひろし」と読み間違えたのを、マツコが早速い じって、この開発された「社会問題解決型AI」を「AIひろし」と呼ぶことに なった(本名は「NEBRA」ネブラ、人類最古の天文盤「ネブラ・ディスク」 から取ったという)。

 まず、今のままだとどうなるか、「20年後の日本」を未来予測してみる。 高 齢化率35%以上、出生率2.0未満、がん死亡者数23%増(人口あたり)、国民 医療費7.6兆円増で、国の財政は危機的状況になる。 85歳以上の就業者54% 増、自殺者も増え、餓死者(栄養失調を含む)44%増。 この厳しいナレーシ ョンを担当したのが、慶應中等部に入ったばかりの芦田愛菜、と近藤正臣。 芦 田愛菜、難しい用語も完璧に読みこなして、藤井聡太四段を連想させた。 余 談だが、先日大学のマンドリンクラブだった先輩と会食、芦田愛菜がマンドリ ンクラブに入部したら、前年ゼロだったのに、今年は男の子が20人も入部し たという噂話を聞いた。

 50兆通りの計算から、「AIひろし」が読み解いた五つの提言の、第一は何と 《健康になりたければ 病院を減らせ》という意外な提言だった。 ふつうは考 えられない提言だが、病院数(人口あたり)つまり病床数を減らした、実際の 事例があった。 2007年に財政破綻した夕張市は、市立病院は閉鎖、病床数が 10分の1になった。 だが市民は健康になり、死亡率は減った。 体操教室な どが盛んになり、ボランティア活動なども増えたかららしい。 コメンテータ ーは、活動的になることが、カギなのではないか、社会がアクティブになった と読み解いた。 なお「AIひろし」が関連ありと示したバナナも多く消費され ていた。

NHK開発の「社会問題解決型AI(人工知能)」と「計量経済学」2017/07/30 06:56

 NHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」(7月22 日放送)を見た。 NHKが「社会問題解決型AI(人工知能)」を開発し、5000 種類、700万件を超える日本の経済、社会、医療、インフラなどのあらゆるデ ータ、さらに1万5千人の人生を10年にわたって追跡した行動パターンや価 値観のデータを投入し、パターン認識とディープラーニングという手法を使っ て、解析を試みた。 目指したのは、あるデータの値(たとえば年齢の人口の 増減)が変化することによって、他のデータの値(たとえば自殺率や貧困率) が連動してどのように変化するか、関係を可視化するAIだ。 しかし、AIが 可視化して見せるのは「Aが増えると、Bも増える傾向にある」といったパタ ーンだけで、その理由や因果関係までは教えてくれない。 その読み解きは、 われわれ人間がする必要が出てくる。

 私がなぜこの番組に興味を持ったか。 一つには、Nスペ「人工知能 天使 か悪魔か 2017」<小人閑居日記 2017.6.30.> 藤井聡太四段と人工知能(AI)の活用<小人閑居日記 2017.7.1.> を書いていたこと。

 さらに、50年以上前の学生時代、俗に「計量経済学」と呼ばれる、経済理論・ 統計学・数学を利用して、実証的な立場から数量的検証を行う経済学を勉強し たからだ。 卒論では、セメント産業の投資関数を研究した。 企業の投資行 動は、どんな要因で起こるのか、投資の大きさは、需要の増加、利潤の蓄積、 現有の設備量、他社の動向などと、相関関係が規定できるのかという投資関数 を、有価証券報告書などのデータから計算した。 初めは手回しのタイガーと いう計算機を使い、利用できるチャンスがあればフリーデンやモンローなどの 電動計算機を使った。 まだ学生が電子計算機を使えるところまで、行ってい なかった。 もちろんパソコンはまだなかった。

 AI(人工知能)の社会問題解決への応用は、当時、われわれがやっていたこ との理想的な進化の形だと思ったのだ。 ただ、上に書いたように、今回の「社 会問題解決型AI」が可視化して見せるのは「Aが増えると、Bも増える傾向に ある」といったパターンだけで、その理由や因果関係までは教えてくれない。  その読み解きは、われわれ人間がする必要があるというのだけれど、統計学的 な推論はできないのだろうかと考えた。