長谷山彰塾長の「年頭挨拶」2018/01/14 08:09

 長谷山彰新塾長、落ち着いていて、ゆったりと語る人だった。 「新年発会」 の明治12(1879)年は、西南戦争後で秩禄処分による士族の窮乏化も進んで 塾生の数が減少し、慶應義塾の経営が閉鎖の危機に瀕していた時期でもあった。  福沢は、政府から維持資金四十万円を借用することを考え、働きかけを行った が、井上馨と伊藤博文が強く反対して実現しなかった。 井上馨宛の手紙(明 治12年2月10日)に、三菱会社商船学校に毎年一万五千円を補助しているの は、国に商船の航海者を作るの趣意だろう、岩崎弥太郎は船士を作り、福沢諭 吉は学士を作る、海の船士と陸の学士と固(もと)より軽重あるべからず、と 書いている。

 資金調達計画に失敗した福沢は廃塾の決意を固めたが、小幡篤次郎を始めと する社中の人々は、自分たちの手で寄附金を集め、義塾の存続を図る計画をま とめた。 明治13(1880)年の慶應義塾維持法案で資金を公募し、その資金 によって維持・運営されることになったため、義塾の経営主体と責任を明確に するため、明治14(1881)年慶應義塾仮憲法により、慶應義塾の運営は福沢 の手を離れ、維持社中の選挙で選ばれる理事委員に移った。 長谷山塾長は、 これを「会社組織」になったと語り、その社中一致の根本理念は、先に見た福 沢の「明治12年1月25日慶應義塾新年発会之記」に現れているとした。

 塾長は理事長を兼ねていて、資金獲得が使命である。 自己資本の比率を高 めて、研究の自由を確保したい、福沢基金や小泉基金を充実させたい。 日吉 記念館は2020年春に建替完了、オリンピックのイギリス選手団が使用する予 定、2020年までに博物館を創設するために設立準備室を立ち上げた。

 ほかに長谷山塾長の「年頭挨拶」で書いておくべきだと思ったのは、つぎの ような点である。 今年は明治150年、慶應義塾命名150年、福沢は官と民の うち、民の強化による近代化を目指した。 幕末の戦乱の中でも、学問で社会 に貢献しようとした。 明治初年の学校は、医学、法学、工学など、みな専門 の学校だけだった。 その中で、慶應義塾だけはリベラルアーツ教育、全人格 的教育を行なっていた。 ウェーランドの経済書と同時に、ウェーランドのモ ラルサイエンス『修身論』も講じていた(コモン エデュケーション)。 「慶 應義塾規約」の第2条には、「慶應義塾は教育を目的とする」(研究はなく)と のみ書かれている。 実業界から、音楽やスポーツに至るまで、広く人材を送 り出す、人材育成の使命は、慶應義塾の誇りである。

 昨年は、体育会創立125年の記念式典を開催した、体育会は43部、文武両 道の「考えるアスリート」を目指している。 体育会ばかりでなく、文科系で も、正課と課外のバランスが大切だ。

 オックスフォード大学のルイーズ・リチャードソン学長(初めての女性学長 らしい)にお会いして、慶應義塾の第19代塾長だと言ったら、自分は221代 目の学長だと言われた、あちらは千年に近い歴史がある。

明治12年「慶應義塾新年発会之記」2018/01/13 07:24

 10日は第183回福澤先生誕生記念会、毎年、会の初めに幼稚舎生の歌う『福 澤諭吉ここに在り』は、上野の彰義隊の戦争の日に福沢が悠然とウェーランド 経済書の講義を続けていたエピソードを、佐藤春夫が作詞したものだ。 昨年 5月に就任した長谷山彰新塾長最初の年頭挨拶を聴く。 長谷山塾長は、その 日から12年、明治12(1879)年1月25日に慶應義塾で催された新年の発会 で、大喜びだったという福沢先生の演説から始めた。

 帰宅して、その「慶應義塾新年発会之記」を探す。 『福澤諭吉全集』の索 引から、17巻の278頁と282頁を見ると、1月29日の岡本貞烋(さだよし) 宛と、2月4日の藤野善蔵宛書簡で発会に触れていて、「内外の学生360名ばか り」が賑やかに参加したとわかる(この学生は、学問の仲間の意だろう)。 こ の書簡を『福澤諭吉書簡集』第2巻でみたら、岡本貞烋宛に同封した「拙文一 編」が『福澤諭吉全集』4巻の『福沢文集二編』にあることがわかった。 533 頁に「明治12年1月25日慶應義塾新年発会之記」はあって、ようやく読むこ とが出来た。

 「温故知新、人間の快楽、何ものか之に若かん。」と始まり、22年前の安政 5(1858)年10月江戸鉄砲洲の中津藩邸内で数名の学生を教えて創立、同年は アメリカを始め5か国と条約を結び、英書を読む必要を悟って英書を講じ、攘 夷の議論が沸騰する中でも、次第に塾生は増加、百余名になっていた。 そこ に王制維新の騒乱、塾生も分散して数十名を残すのみとなったが、(長谷山塾長 は「中津藩から独立して」と)慶應3(1867)年12月から芝新銭座に新校舎 を建設、竣工の明治元(1868)年4月は東征の官軍が箱根を越え、上野には彰 義隊が屯(たむろ)して、「東京城市、風雨腥(なまぐさ)きの時なり」。 「蓋 (けだ)し此新築の塾を慶應義塾と名けたるは、当時未だ明治改元の布令なき を以てなり。」

 維新後、入社生も増え、新銭座も手狭になったので、明治4(1871)年、三 田に移転、常に300余名の学生を教えて今年まで全8年を経た。 「即ち今日 の会は開塾以来第22年、慶應義塾改名より第12新年の発会なり。新に逢ふて 旧を想ふ。人間の快楽これに過ぐるものある可らず。諭吉も亦幸に健康無事に して、諸君と共に此快楽を與(とも)にする其中心の喜悦は、口に云ふ可らず、 筆に記す可らず。唯衆客の忖度(そんたく)を待つのみ。」 忖度が出てきた(笑)。

 「末文に尚一言することあり。抑(そもそ)も我慶應義塾の今日に至りし由 縁は、時運の然らしむるものとは雖(いえ)ども之を要するに社中の協力と云 はざるを得ず。其協力とは何ぞや。相助ることなり。創立以来の沿革を見るに、 社中恰(あたか)も骨肉の兄弟の如くにして、互に義塾の名を保護し、或は労 力を以て助るあり、或は金を以て助るあり、或は時間を以て助け、或は注意を 以て助け、命令する者なくして全体の挙動を一にし、奨励する者なくして衆員 の喜憂を共にし、一種特別の気風あればこそ今日まで維持したることなれ。今 や前後入社生の散じて日本国中に在る者四千名に近し。其中には往々社会上流 の地位に居て事を執る人物も亦少なしとせず。実に我社中の如きは天下到る處 同窓の兄弟あらざるの地なしと云ふも可ならん。人間無上の幸福と云ふ可し。 吾輩既に此幸を得たり。豈(あに)偶然ならんや。されば今後とても此兄弟な るもの、益相親み益相助けて、互に其善を成し、互に其悪を警しめ、世に阿る ことなく、世を恐るゝことなく、独立して孤立せず、以て大に為すあらんこと、 諸君と共に願ふ所なり。既往を悦ぶの余り兼て又将来の企望を記し、以て本日 の演説を終ふ。」

 長谷山塾長は、現在の塾員35万人、福沢の理想は達成された、と語った。

認知症を予防するには?2017/12/28 07:14

    認知症を予防するには?<小人閑居日記 2013. 4. 29.>

 25日の「等々力短信」1046号に書いた大塚宣夫さんの『人生の最期は自分 で決める』(ダイヤモンド社)の中に、講演などすると決まって出る質問に、「認 知症にならないためにはどうしたらよいか」というのがあるという話がある。  私も、「ボケない方法」という話をしてくれないかと、頼んでみたことがある。  彼が忙しくて、実現しなかったけれど…。

 大塚さんは、その答に次の四つを挙げるという。 だが、三つしか見つから ず、私も認知症の初期になったかと一瞬思ったが、そのあとの発想転換法が四 つ目なのだろう。 閑話休題。 第一は、長生きをしないこと。(これも勇気あ る発言だ。) 認知症の発生率は、75歳を境に急激に高まるので、その前に死 んでしまえば、認知症になる可能性はグッと低くなる。

 第二は、楽隠居をするなら遅くとも60代前半までに始めること。 定年退 職してビジネスの第一線を退いた後、新しい生活を組み立てるのには、精神的 にも肉体的にも多大なエネルギーが必要だ。 70代になると、特に男性はその ための気力も体力も不足してきて、いわゆる緊張の糸が切れ、一気に認知症が 始まることも少なくない。 楽隠居するなら、まだ余力のある60代前半まで に、次の15~20年間の生活スタイルに移っておくべきだ。

 第三は、自分が動かなければ、社会的に困る仕組みをつくること。 楽隠居 をした人も、自分を有用な存在たらしめることが大切だ。 趣味の世界に生き るにしても、自分がやらなければ物事が始まらない、自分が世話をしなければ 困る人がいる、自分がいなければ店や会社が立ち行かないなどということにな れば、緊張の糸も切れず、認知症にならずに体力の限界に近づける。 その延 長線上で、大塚さんが最も推奨する認知症予防法は、一人暮らしだというわけ だ。

 さて、第四とおぼしき、発想転換だが、第一に、長生きをする限り、認知症 は避けて通れない道であると、覚悟を決めること。 そして、運良くならなけ れば、儲けものと思えばいい。 第二に、認知症になることを心配して生きる より、認知症になる前に、やりたいことを目いっぱいやること。 リタイアし たら、野菜づくりや渓流釣りを思う存分楽しもうと言うのは、愚の骨頂だ。 そ の時になったら、できるかどうかわからないし、体力、気力も衰える。 60歳 の時にやりたいと思ったことは、70歳になったらもうできない。 70歳の時 にやりたいと思ったことは、75歳になったらもうできない。 やりたいことは、 いつやるか。 売れて売れて、プロ野球の始球式にまで登場した予備校の先生 のセリフと同じだった。 「今、でしょ」。

「老後も独立自尊」のすすめ2017/12/27 07:21

   「老後も独立自尊」のすすめ<等々力短信 第1046号 2013.4.25.>

 高校時代の同級生で、「豊かな最晩年」のための老人病院をやっている大塚宣 夫さんが、『人生の最期は自分で決める』(ダイヤモンド社)という本を書いた。  青梅慶友病院は開院から33年、よみうりランド慶友病院は8年になるという。  そのサービスぶりが、入院者やその家族を始め、世間一般にすこぶる評判がよ く、同種の施設としては最高のものをつくりあげることに成功した。 将来は ぜひお世話になりたいと思うのだが、会長が同い年だから、どちらが先に適齢 期になるかわからないのと、相当の費用がかかるという難点があった。 経費 は、この本で公開し、解決案も示唆している。

 75歳過ぎあたりから、体や精神機能の衰えが目立つようになる。 転倒や転 落、病気をきっかけに、あれよあれよという間に寝たきりや認知症になる。 大 部分の人が、長生きの末には、家族の世話を受けて辛酸をなめさせ、さらには 絶対受けたくない惨めな、苦しいかたちで延命させられた挙句、ようやく人生 を閉じる。 そうならないよう、大塚さんは、自分の老後、とくに最終段階の 2~3年間を豊かにするために、成り行き任せ、他人任せにせず、逆算して今日 から準備を始めればいいと、説くのだ。

 まず、家庭内や身近なところで役立つ存在になるのが、最も現実的でより近 道だという。 三度のメシだけは自分で手配出来る「留守番男」をめざすこと から始め、やがて掃除、洗濯、家事全般の出来る「自活男」「主夫」へと変身す れば、重宝がられる。 周辺にも、孫の世話を始め、町内の学童の見守りなど、 役立ちの道はある。 その延長線上で、一人暮らしは、大いに結構、絶えざる 緊張を強いられ、自分で動かなければ一日がすぎない環境は、老化防止、ひい ては認知症の進行を防ぐ特効薬だ。 さらに「自分の持てるものを総動員して 自活し、ある日、誰に迷惑をかけることもなく静かに逝く」孤独死が、最後ま で極力他人に頼らない生き方として、社会的にもっともっと高く評価されるべ きだと、大塚さんは勇気ある発言をする。 独立自尊の老後のすすめだ。

 介護保険も医療保険も、あと十年は持たないだろう。 国も、ここ数年で、 現在の在宅介護中心の方針を変更せざるを得ず、残された道は、利用者の負担 を大幅に増やしたかたちでの在宅介護か、施設介護かだという。 最後の頼み の綱は、やはり自分の力で、体力や気力、権力が衰えた時にもまだ残っている ものといえば、今まで築いてきた知恵と財力ということになる。 大塚さんは、 国にも次世代にも面倒をみてもらわないことを前提に将来を考えて、「老後の沙 汰こそ金次第」、自分のつくった財産のすべては自分で使って、自分の人生を幸 せに生き切ることを提案する。 人生こそ、終わり良ければすべて良し。 そ のためには、どこの施設が最適か、答は明白である。

「寝たきり老人」を起こす2017/12/25 07:14

 『週刊文春』12月21日号の「阿川佐和子のこの人に会いたい」大塚宣夫さ んの回は、それから大塚先生がどうしてこういう老人病院をつくることになっ たか、介護は素人が気持ちだけでできるものではない、という話になる。 そ れについては、今まで私も「等々力短信」や「小人閑居日記」に、時代を追っ て何度か書いて来た。 それを、いくつか紹介したい。

   「寝たきり老人」を起こす<等々力短信 第515号 1989.11.25.>

 高校時代の同級生で、7月に馬場流手紙術免許皆伝状を授けた青梅慶友病院 の大塚宣夫院長が、江藤淳さんの原稿脱落ミスで問題になった文藝春秋12月 号に『「寝たきり老人」を起こす』という文章を書いた。 開業以来十年にわた る老人病院での実践を通じて、形作られた彼の老人医療についての考え方や、 日本の老人医療をめぐる状況がよくわかるので、かいつまんで紹介してみたい。

 ヨーロッパの老人病院や老人介護施設には「寝たきり老人」がほとんどいな いと聞いて、昨年6月現地を確かめに行った。 案内コースをはずれたりして 探したが、確かに「寝たきり」患者はいない。 理由は二つある。 まず、朝 になると、よほど重い患者以外は、寝間着から洋服に着替えさせ、ホールに連 れ出し、話をしたり、手作業や簡単なゲームをしたり、あるいはただ座ったり させている。 つまり日中は「寝たきり」でなくて、「座りっきり」の姿勢を保 たされるわけだ。 第二に、食事にせよ、水分にせよ、口の中に入れてやる介 助は十分に行うけれど、もし、それをのみこめなくなったら、それ以上の手段、 つまり点滴や管を通じて胃の中に栄養分等を入れて、延命をはかることはしな い。

 ショックを受けて帰国した大塚院長は、さっそく自分の病院で、寝たきり患 者を起こし、ベッドから離す試みに挑戦する。 医師や看護婦の反対もあった が、病院の最高責任者として、自ら責任を取ることを約束して、協力してもら った。 挑戦十か月、結果はどうだったろう。 青梅慶友病院に入院中の556 人の老人患者の内、「寝たきり」の人が半分、その人々を含めベッドから離れる のに他人の助けを必要とする人が七割いた。 それらの人のうち、病状の重い 人を除いた345人を対象にして、「1日1回、2時間程度、週に4回、車椅子に 座らせる」といったメニューが試みられた。 対象になった患者さんの約4割 に、精神活動が活発になり、食事摂取能力が向上し、夜間の睡眠も改善するな ど「明らかに好ましい変化」がみられた。 「それまで、ベッド上に寝たきり で、表情もうつろで、ほとんど口もきかなかった老人が、1日に2、3時間、車 椅子にのって周囲の刺激にふれるだけで、まもなく顔面に生気と会話が甦る様 子は感動的ですらあり、御家族の歓びはひとしおである」と、大塚院長は書い ている。 問題は、現在の医療制度が、生活の質を高めて老人に生きがいと歓 びを与える、こうした人手と設備のかかるやり方に不向きで、いわゆる「薬漬 け」に適している点にあるのだそうだ。