大塚宣夫さんの『非まじめ介護のすすめ』2022/07/08 07:03

 大塚宣夫さんが、近著『医者が教える 非まじめ介護のすすめ』(PHP研究所)を送ってくれた。 さっそく、第1章「医療、経済、社会、高齢者、介護。コロナ禍が明らかにしたもの」を読む。 先日紹介した歌代朔さんの『スクラッチ』(あかね書房)が、コロナ禍の中学生を扱っていたが、こちらはコロナ禍の高齢者、つまり私などを扱っている。

 「会って、話して、笑って、歌う。それが、高齢者にとっての最高の老化防止」なのに、コロナ禍によって日常生活が一変した、それも三年という長期に渡って。 ごく当たり前に、何気なく行われていたこと――たとえば人との接触や会話、移動など――の多くが制限された。 私なども、毎月国立小劇場の落語研究会に仲間と通い、その前に天ぷら屋さんで軽く一杯、楽しく近況報告し合ってから、劇場にくり込む、悦楽の機会を奪われてしまった。 2020年2月26日の第620回落語研究会は、安倍首相が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、多数の観客が集まる国内のスポーツ・文化イベントの開催を今後2週間自粛するよう要請した日であったが、TBSは開催を決めた。 その開催を最後に、公開の公演は行われず、収録だけが行われて、2年4か月になる。 天ぷら屋さんも大変だ、無事だろうか、などと思う。

 大塚宣夫さんは、コロナ禍が明らかにしたものとして、つぎの三つを挙げる。(1)いかに人間が「今日までの生活が明日も続く」という前提で暮らしてきたか、ということ。(2)社会活動の多くは『人との触れ合いや不要不急な部分で成り立っている』ということ。飲食、旅行、スポーツ、演芸、音楽や芸術など、今苦境に陥っている業界がいかに私たちの暮らしを彩ってきたのか。(3)高齢者の生活の一変ぶり。外出の大部分が不要不急。ましてや、今回の新型コロナウイルス感染症では高齢者が重症化しやすいとなれば、危険を避けるため、あるいは周囲に迷惑をかけたくないという思いから家にこもるしかない。

 表紙には、「コロナで死ぬか、家ごもりで死ぬか」とある。

「漸草庵 百代の過客」のエゴノキ2022/07/07 06:54

 百代橋の下をくぐる道は、綾瀬川を松原大橋を渡り、草加市文化会館の右手川沿いに、ドナルド・キーンさんが命名したという「漸草庵 百代の過客(ぜんそうあん はくたいのかかく)」という茶室四間とお休み処の数寄屋建築があった。 外に樽型の牢屋のようにも見える小さな茶室もある。 百代橋には「ひゃくたいばし」とあり、ここは「はくたい」、キーンさんが正しいのだろう。 「漸草」の意味を草加市のホームページなどで探したが、わからなかった。 漢和辞典の「漸」の意味は、(1)ようやく。だんだん。次第に。(2)進む。次第に進む。じわじわ進む。(3)易の一つ、順を追って進む象(かたち)。(4)きざし。(5)通す。通ずる。(6)のびる。成長する。(7)順序。段階。 「〝草〟加市が次第にのびる、成長する」という意味だろうか。

 漸草庵の庭に実をたくさんつけている「エゴノキ(えごの木)」があった。 岡部さんが「チシャ」とも言うと教えてくれた。 「チシャ」はキャベツだとも言うから、それは「レタス」だろうと、私が言った。 落語の「夏の医者」で知っていたからだ。 暑い夏の盛り、無医村カシマ村のタゼエモンが倒れて、息子が隣村の一本松にゲンパクロウという医者を迎えに行く。 山越えの途中で、息子と医者がウワバミに呑まれてしまうが、医者は薬籠の下剤ダイオウの粉を撒いて、脱出する。 タゼエモンを診て、チシャ(今風に言えばレタス)の胡麻よごしの食べ過ぎの、ものあたりだと診断するが、薬籠をウワバミの腹の中に忘れて来ていた。 気丈な医者は、もう一度、ウワバミに呑まれに行く。 ウワバミは、大木にひっかかった形で、げんなりしていた。 医者が事情を話して、交渉するが、ウワバミは「もうダメだよ、夏の医者は、腹に障る」。

 なお、「えごの木」が「チシャ」だという件だが、「エゴノキ」で検索したら、エゴノキ科の落葉小高木、初夏、白色の小さな花をたくさん咲かせ、それが実になる、「エゴ」は実を口に入れると「えぐい」から来ており、別名チシャノキ、チサノキ、歌舞伎の「伽羅先代萩」に登場する「ちさの木(萵苣の木)」はこれだとあった。 一方、レタスの「チシャ(萵苣)」はヨーロッパ原産のキク科の野菜、韓国料理ではサンチュと呼ぶ。 同じ名でまぎらわしいが、木とは別物だ。 なお、キク科、植物の科としては最大で、一年草から大高木まであるというから、キク科だから草というわけではない。

 近くに、正岡子規の句碑<梅を見て野を見て行きぬ草加まで>があった。 実際には見なかったが、近辺に高浜虚子の句碑<巡礼や草加あたりを帰る雁>、水原秋桜子の句碑<草紅葉草加煎餅を干しにけり>や<畦塗りが草加の町をかこみける>があるそうで、所々に松山市のような「投句箱」があった。 これらの俳句は、都会化、さらには長靴必須以前の、地域の景色と歴史を歴然と示していた。

三田あるこう会「日光道中・草加松原」2022/07/06 06:39

 7月3日、第546回三田あるこう会があり、「日光道中・草加松原」を歩いてきた。 猛暑日が連続する中、台風4号が発生した影響で、たまたま一服、最高気温31度予想ということで、いくらか良いかという日になった。 東武スカイツリーライン「独協大学前」駅集合、以前は「松原団地」と言っていた駅だ。 駅名の改称に、独協大学は3億円を負担したとか。 東武スカイツリーラインは、中目黒から日比谷線が直通運転しているから、自由が丘から1時間15分ほどで着く。 昔から「草加、越谷、千住の先」と言っていた。 結婚したての頃だったか、家内の友達が結婚して竹ノ塚に家を持ったというので訪ねたことがあった。 雨の日、長靴を履いて駅まで送って行き、ご主人は革靴に履き替えて出勤するという話だった。 それが今は一変、小菅を過ぎると、大きなマンションやショッピングセンターが立ち並ぶ。 「独協大学前」駅前にも、タワーマンションや近代的な図書館があった。

 「独協大学前」駅前から北へ2信号で、旧日光街道・県道足立越谷線に出る。 前に百代橋(ひゃくたいばし)という大きな太鼓橋が観光用に作られている(あとで、もう一本の矢立橋を昇り降りした)。 それぞれの橋名は、「月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり」「行く春や鳥啼き魚の目は泪、これを矢立の初めとして」にちなむ。 百代橋の手前に「松尾芭蕉文学碑」、元禄2(1689)年3月27日、江戸深川を船出して千住で上陸、見送りに来た人たちと別れを告げ、「もし生きて帰らばと、定めなき頼みの末をかけ、その日やうやう早(草)加といふ宿にたどり着きにけり」と、『おくのほそ道』に記した。 『おくのほそ道』という作品では、草加宿に泊まったことになっているが、同行した河合曾良の「旅日記」では粕壁(春日部)まで行ったとあるそうだ。 今の距離で30キロぐらいあるか、餞別にもらった肩の重い荷物に苦しみながらというが、たいへんな健脚である。 ちいさい声で言おう、松尾芭蕉、草加松原の景色など味わっている余裕はとてもなかったかもしれないけれど、草加市に観光地を残してくれたというわけだ。 ここ綾瀬川沿いの「草加松原」、現在634本ある中に江戸時代からの古木が60本ほどあり、国指定名勝「おくのほそ道の風景地『草加松原』」に指定されている。

前田祐吉監督を語るシンポジウム2022/07/02 06:53

そこで、前田祐吉野球殿堂入記念「今、Enjoy Baseballを語る」シンポジウム。 出席者は、清澤忠彦(元投手、住友金属元監督、高校野球元審判員)、上田誠(慶應高校野球部元監督)、堀井哲也(慶應義塾大学野球部監督)、前田大介(前田祐吉元監督次男)、上田まりえ(スポーツキャスター、元日本テレビアナウンサー)で、司会を古葉隆明(東京国際大学専任講師)と都倉武之(慶應義塾福澤研究センター准教授)が務めた。

前田祐吉監督の思い出。 清澤忠彦さんは前田監督1期目、歳もそれほど離れていない、試合当日まで知らせない投手の起用法には疑問があるようだった(清澤さんの早慶六連戦の思い出を、「慶應、法政の三浦投手に「ノーヒットワンラン」」<小人閑居日記 2021.4.18.>に書いた)。 前田監督は、高校野球が嫌い。

堀井哲也監督は、前田監督2期目、新年のミーティングで、2年~4年生80名ほど、レギュラーの1番から8番までポジションを発表、7番センター堀井、その8名だけ残れ、2か月間見て課題を与える、と。 厳しい人、背筋が伸びて、凍った。 前田イズムは、(1)全力でやれ、(2)相手のことを考えるチームプレー、(3)自分で工夫。 監督になって、知らず知らず、それを求めている。

上田誠さんは、前田監督には、慶應高校監督になるのやアメリカ野球留学などに大変お世話になったが、高校の試合でスクイズで10点目を取りコールド勝したのを叱られた、野球には初回からバントしないなど、アンリトンルールがあると。

古葉隆明さんは、古葉竹識広島カープ監督の息子さんだそうだが、前田監督は、技術指導はしない、自分で工夫して練習せよ、と。 父、竹識と同じ。

前田大介さん、家族としては「エンジョイ・ファミリー」ではなかった。 年取ってからの子で、勉強に厳しく、英語の原書を渡された、発明狂で晩年に二冊の本を出したが、一冊は発明の本で、遠赤外線の効果とか言っていた。 先月、母が亡くなったが、愛妻家だった。

都倉武之さんは、アメリカ的な野球、堀井哲也さんが大学3年の時、アメリカ遠征、手紙二通で学生30人連れてアメリカへ行った。 牧野直隆高野連会長に対し「弱いから行くんだ」の情熱で、沢山の支援を受けて、ロスの地へ、UCLAのアダムスヘッドコーチの指導を受け、その後の慶應野球の歴史を変えた。 慶應野球部は、現在も3年に一度アメリカ遠征している。

前田祐吉監督の「野球はもっともっと楽しいもの」2022/07/01 06:56

 「慶應野球と近代日本」開催記念のシンポジウムは、前田祐吉野球殿堂入記念「今、Enjoy Baseballを語る」だった。 前田祐吉さんについては、私も都倉武之さんの話を聴いて、「慶應野球と福沢諭吉<等々力短信 第1155号 2022(令和4).5.25.>」で、少し触れていた。 前田祐吉さんは、1960(昭和35)年に29歳で慶應義塾大学野球部監督に就任、同年秋に早慶六連戦を戦った(その年、私は大学に進み、いつもグラウンドで紳士的な前田監督の姿を見ていた)。 1965(昭和40)年までの第1期に、リーグ優勝3回。 1982(昭和57)年、前年東大に勝ち点を許して最下位になったチームの立て直しのため、51歳で第2期監督に就任、4年目の1985(昭和60)年秋、チーム二度目の10勝無敗完全優勝を果たし、ストッキングに二本目の白線が入った。 1993(平成5)年までの12年間に、5回リーグ優勝している。

 配られた資料の中に、前田祐吉さんが第2期監督時代の1990(平成2)年3月に書き、“Baseball Clinic”1990年4月号(ベースボール・マガジン社)に掲載された、「野球はもっともっと楽しいもの」のコピーがあった。 見出しだけ拾うと、「武士の土壌に根を下ろした異質ベースボール=「野球」」、「戦争で持ち込まれた多くの不条理が、今も根強く残る」、「挨拶は心で交わすもの、不自然なお辞儀に抵抗を感じる」、「髪形は個人の判断で。坊主頭は強制されるべきではない」、「一本勝負の勝ち抜き戦が、消極的な野球を生み出している」、「最近目立ってきた個人記録への行き過ぎたこだわり」、「無意味な大声はりあげるより、まず身体を動かせ」。

 前田祐吉さんは、こう書いている。 「好きな競技を選んで、自ら工夫を凝らしながら、自発的に努力することを楽しむのが、スポーツ本来の姿。」 「日本でしか理解されない偏狭な精神主義や、時代遅れの野球観を改めて、元来野球が持っている爽快さ、明るさ、楽しさを取り戻したいと願うのは見当違いであろうか。」 「野球はチームプレーであると信ずる。」