「青木功一著『福澤諭吉のアジア』」読書会に参加して(3)〔昔、書いた福沢124-3〕2019/10/10 07:25

          『三田評論』書評のパラフレーズ

 福沢の国際政治論が、初期の理想主義的な立場から、後年のパワーポリティ ックス「権道」論へと地殻変動したという戦後初期の丸山の理解は、どうか。  福沢の東洋連帯論(『時事小言』)は地域連帯論だが、勝海舟や岩倉具視の伝統 的な東洋連帯論と異なり、日本が明治維新で旧体制を倒し、国民国家形成の道 を選んだのと同様の変革を清や朝鮮に求めた。 日本の対外的独立を担保する ためには、そうした新政府下の文明化された中国や朝鮮との連帯が必要と主張 している。 つまりまず革命を求めている(内政干渉の一歩手前だが)。 この ようにして東洋連帯が出来れば、そこでの国交際の原理は理想主義的なものに なると予想される。 だから福沢に理想主義がなくなったとはいえず、権道と 並んで多元的な見方が後まであったと考えるべきだろう。 なお福沢の東洋連 帯論に対する丸山の捉え方は、「近代的ナショナリストとしての福澤先生」 (1950年速記稿、東京女子大学『丸山眞男記念比較思想研究センター報告』第 九号復刻、2014年3月、松沢弘陽校注)に立ち入った分析がある。 青木が弱 いのは、伝統的な東洋連帯論と福沢のそれとの違いがきちんと捉えられていな いことだ。

 アジア主義的傾向を福沢にみる見方は、竹内好の「アジア主義の展望」(『現 代日本思想大系[9]アジア主義』の解説、筑摩書房、1963年。『竹内好評論集』 第三巻)が代表例で、青木もその影響を受けている。

 列強によるアジア侵略の激化に伴う福沢の危機感の昂進。 同時に福沢には 清の軍事大国化への恐怖も存した。 福沢の『兵論』(1882年)が重要だ。 西 洋文明の導入による旧体制の革命か、植民地化されるか、という二者択一以外 に第三の道の可能性に気づいたことが大事だ。 清国が旧体制のままでも、新 式の武器や軍艦を買って一気に軍事強国化することを懸念した。 それは幕末 の大君のモナルキ論(徳川幕府が軍事強国化し、慶喜が啓蒙専制君主になり、 各藩諸侯を抑える)を想起させる。 その懸念は、海軍拡張論に結びつく。 そ の為には増税、世論の理解が必要だ。 明治14(1881年)年の政変で、民間 に出された大隈重信、板垣退助一派も政府に戻して、増税を実施するという官 民調和論に結びつく。 福沢は弱腰だとする批判は、とんでもない。 そのよ うにして、実質的に議院内閣制的なものをつくっていく。 行政権掌握の苦肉 の策だ。 井上毅は、伊藤博文らの知能として、それを見抜いていた。 そこ を見ないと、内政外交を連動させたこの時期の福沢の戦略構想を正当に評価で きないと思う。 清国がベトナムで清仏戦争に敗れ、福沢は安心した。 脅威 は西洋列強だけになった。

 質疑応答の中で、平石さんが、その時々の状況を丁寧に分析する必要がある、 それをやらないと読み間違える、と言われたのが、印象に残った。 また、儒 学に関する質問があり、こんな興味深い見解が述べられた。 勝海舟は本物の 儒学者ではない、福沢は本物の洋学者。 日本に近代を樹立したのは荻生徂徠 で、人類史、文明史全体を括弧に入れ、人類の文化の外に出た。 儒教的枠組 みをとっぱらって、事物そのものを見た。 陰陽五行説は、聖人が作り出した もの。 蘭学(福沢のやった)も、国学も、学問の方法としては、徂徠学から 出ている。 最近の中国でも戦略家は『春秋左史伝』を参考にしているのでは ないか。 福沢は『春秋左史伝』が得意で全部通読し、十一度も読み返して面 白いところは暗記していたと『自伝』にある。

 私はかねてより、福沢が朝鮮の独立と近代化に尽力しながら、現在、韓国や 北朝鮮で伊藤博文や豊臣秀吉に次いで嫌われていると聞いて、さぞや福沢は無 念だろうと思っていた。 そして、アジア諸国の独立と近代化に少なからぬ影 響を与えながら、アジア侵略論の創始者と誤解されている福沢の名誉回復に努 めたい、と。 今回の読書会に参加して、その考えを強力に補強していただい て、大変嬉しく有難かった。  また、福沢が『兵論』で、清国の一気の軍事強国化を懸念していたことを知 り、現在の中国の動向を連想しない訳にいかなかった。

※青木功一『福澤諭吉のアジア』慶應義塾大学出版会、2011年6月刊。 A5判上製、512頁、本体8500円。

「青木功一著『福澤諭吉のアジア』」読書会に参加して(2)〔昔、書いた福沢124-2〕2019/10/09 06:54

     「福沢=アジア侵略路線の元凶」説の起源

 「福沢=アジア侵略路線の元凶」説の起源はどこにあるか。 丸山眞男は「明 治国家の思想」(公刊は1949年だが、講演は46年10月、東大での歴研の連続 講演、のち岩波『丸山眞男集』第四巻)で、次のようにのべた。 福沢は民権 論と国権論が同時的課題であることを古典的に定式化したが、明治14年の政 変以後、民権論と国権論は離れ始め、日清戦争で完全に分裂した。 そしてこ の戦争の勝利で福沢は、長年の対外的独立の危機感から解放されて一時的錯覚 に陥った。 日本の近代化には、その先にますます大きな困難があるはずなの に…。 この講演を遠山茂樹が聴いていたのはほぼ間違いなく、そこから遠山 は、福沢には日清戦争論の源流としての「脱亜論」があるではないかと「日清 戦争と福沢諭吉-その歴史的起点について」(1951年『福沢研究』第六号、の ち『遠山茂樹著作集』第五巻、岩波書店)を書いたと、推測される。 服部之 総は「福沢諭吉」(1953年12月『改造』、のち『服部之総著作集』第六巻、理 論社、1955年)で、福沢がナショナリズムの悪しき伝統にとらわれたという遠 山を批判して、逆に福沢こそその伝統をつくったタフな絶対主義者だったとし た。 この遠山、服部の流れが、安川寿之輔の『日本近代教育の思想構造』1970 年10月、新評論、などの所説につながる。

 遠山、服部の考え方は、歴研メンバーに広がる。 一方岡義武の「福沢先生 とその国際政治論」(『三田評論』573号、1957年9月、のち西川俊作・松崎欣 一編『福澤諭吉論の百年』慶應義塾大学出版会、1999年6月に再録)は興味深 い論説だが、「脱亜」の「脱」の字も出て来ない。 それが岡義武「国民的独立 と国家理性」(1961年4月、『近代日本思想史講座[8]世界のなかの日本』、 筑摩書房、のち『岡義武著作集』第六巻)になると、「脱亜の時代」という言葉 を表題にして、日本が対外政策として西洋帝国主義の行動様式で突き進む時代 に使っている。 1960年代になると、岡のような実証的な学者でも、「脱亜」 を近代日本の歴史を指す言葉として使っているわけだ。 竹内好(よしみ)「日 本とアジア」(1961年、同上書。『竹内好評論集』第三巻収録、筑摩書房)、松 本三之介「国民的使命観の歴史的変遷」(1961年、同上書)も、「脱亜論」に触 れている。

 「脱亜論」に関する研究史的関心は、橋川文三の「福沢諭吉の中国文明論」 (『順逆の思想 : 脱亜論以後』勁草書房、1973年)に始まる。 のちに植手通 有が平凡社『世界大百科事典』(1988年3月)に「脱亜論」の項目を書いた。

丸山は誰が福沢「脱亜論」、近代日本史=脱亜史という見方を流行らせたのか、 別個の研究を要し、戦後の研究史を跡づける必要があると断りつつ、竹内好の 名をあげている(『丸山眞男回顧談』下巻)。 しかし実は丸山にも論文「日本 の思想」に「脱亜」の使用例があり、近代日本の歴史的コースをいっている。  岡義武は先に見たように61年論文で帝国主義と関連させて「脱亜」の時代を いう。 現在でもこうした拡張的用例が良書中に見受けられる。 例えば、油 井大三郎『なぜ戦争観は衝突するか-日本とアメリカ』岩波現代文庫、歴史的 背景を踏まえて日米の違いを書いたいい本。

「青木功一著『福澤諭吉のアジア』」読書会に参加して(1)〔昔、書いた福沢124-1〕2019/10/08 07:17

『福澤手帖』第163号(2014(平成26)年12月)の「青木功一著『福澤諭 吉のアジア』」読書会に参加して」。

 本年7月5日慶應義塾大学三田キャンパス南校舎445号室で開かれた青木功 一著『福澤諭吉のアジア』(慶應義塾大学出版会・2011年)の読書会に参加さ せてもらった。 講師の東京大学名誉教授、平石直昭さんは、『三田評論』2013 年8・9月合併号でこの本の書評をしている。 この読書会では、まずその書 評で取り上げられなかった論点五つにふれ、後半は書評中で上げた七つの論点 を敷衍した。 レジュメと、書評では紙幅の関係で明示できなかった参考文献 の詳細なリストが配付された。 お話を、以下にまとめてみる。

 青木功一『福澤諭吉のアジア』は、簡単に読み進むことも、料理することも できない。 それは、(A)福沢の東洋政略論自体の展開を客観的にどう理解す るかという問題と、(B)その問題に対して今までの研究者がどういう見方をし てきたかという研究史・学説史をどう跡づけるのか、その両方が交差するとこ ろに、この本が成立しているからだ。

 福沢の東洋政略論は、『時事小言』(1881年)の「東洋連帯」論、「脱亜論」 (1885年)、その後の清国との協調論と変幻自在に変化した。 青木が、福沢 の著作や先行研究と格闘し、暗中模索し、自分なりの見方を打ち出そうとする 苦労、根気強さ、土性ッ骨に打たれた。 そこにこの本の意義があると思う。  七つの論点は本書と格闘する中で自ら浮かび上がった。 書評は、青木が目の 前にいるかのように、理解に努め、敬意を持って書いた。 個々の論文につい ては、青木の見方が揺れ、解釈の矛盾がみられるところもある。 青木が生き ていたら、それらを総合するリライトの作業をしただろう。

 最晩年の丸山眞男が福沢について面白いことを語っていた。 丸山著・區建 英訳「『福沢諭吉と日本の近代化』序文」、1992年10月『みすず』379号。 戦 前の偏った福沢像として「拝金宗」(内村鑑三)や江戸町人の実利主義と変わら ないという見方(和辻哲郎)をあげ、戦後は日本帝国主義の思想的イデオロー グといわれるようになったとし、後者について二つの疑問を出している。  (一)近代日本の歴史を「脱亜」の歴史として捉える見方の妥当性如何。 近 代日本は本当に「脱亜」したか。 実際には国家神道、国体論など、アジア的 なものが強く残った。 だから「脱亜入欧」で近代日本を捉えるのはおかしい。  (二)福沢の「脱亜論」をどう理解するか。 「脱亜入欧」は福沢の言葉では ない。 また「脱亜論」は甲申事変後の時局的な政策論にすぎない。 つまり 「脱亜」は福沢理解のキーワードにはならない。

追悼 服部禮次郎さんの温顔と心遣い〔昔、書いた福沢123〕2019/10/07 07:31

 『福澤手帖』第157号(2013(平成25)年6月)の「追悼 服部禮次郎さん の温顔と心遣い」。(写真(林荘祐さん撮影)は、もちろん『福澤手帖』非掲載 のもの)

 服部禮次郎さんには、偉い人ほど「律儀・丁寧・親切」だということを教わ った。 昨2012年夏も、暑中見舞のお葉書を頂いた。 暑中見舞を出す習慣 のない私は、直立不動で拝読したのだった。 添書に「毎々貴重な通信をお送 りいただき、ありがとう存じます。天候不順のおりからご自愛切にいのり上げ ます」とある。

私が長く続けている個人通信「等々力短信」を読んで頂くようになったのは、 1996(平成8)年5月に、佐藤朔さんの後を受けて福澤諭吉協会の理事長にな られてからだった。 以来、土曜セミナーや総会で、博覧強記の見事なスピー チや総会議長の司会ぶりを、つぶさに拝聴することになった。

協会の史蹟見学会の旅行などでご一緒するようになって、直接お話を伺い、 いろいろと教えて頂く機会もできた。 毎回、企画の段階から周到に計画を練 られ、きちんと下見をなさって、解説の冊子まで準備されていた。 ご著書『福 澤諭吉と門下生たち』(慶應義塾大学出版会)の、「福澤諭吉ゆかりの史蹟めぐ り」の章を読むと、中津、大阪、横浜、久里浜・浦賀、名塩・有馬・三田(さ んだ)・京都、浜松・鳥羽・近江、上州・信州、長岡・小千谷・柏崎、長沼・佐 倉など、ご一緒した旅行でのあれこれが思い出される。 慶應連合三田会会長 の威力(ただ、それだけでないことは後述する)は抜群で、各地の三田会の方々 は、われわれ福澤協会一行を暖かく迎えて下さり、とてもいい思いをさせて頂 くことが出来た。

2005(平成17)年10月の鳥羽の御木本真珠島では、VIPルームにゆったり 座って海女の実演を見ることが出来た。 孫の門野進一さん・豊子さんご夫妻 に迎えられた門野幾之進記念館では、靄渓山人、門野幾之進の横額「源泉滾々」 の滾々(こんこん)が読めずにいると、服部さんが『福翁百余話』にあると教 えて下さった。 『福翁百余話』八「智徳の独立」に、「独立自尊の本心は百行 (ひゃっこう)の源泉にして、源泉滾々到らざる所なし。是れぞ智徳の基礎の 堅固なるものにして、君子の言行は他動に非ず都(すべ)て自発なりと知るべ し」。 福沢精神の核心、まさに源泉なのであった。

2007(平成19)年10月の軽井沢では、万平ホテル勤務の私の友人がもたら した情報に興味を示された。 福沢一太郎の長女遊喜(雪)は小山完吾に嫁し たが、小諸の小山家の蔵にその荷物があるというのだった。 服部さんは、早 速ご存知の小山家の関係者に問い合わせる調査をなさっている。

旅行の最後を締めるご挨拶にも、毎回感心した。 旅行の意義を見事に総括 なさった後、関係者への感謝はもとより、バスの運転手さんやガイドさんにも、 配慮を忘れなかった。

 雲の上のような方だったのに、私のような者でも、対等に扱って下さった。 2003(平成15)年10月に『福澤諭吉かるた』を出された時には、交詢社の土 曜セミナーで「このかるたの元祖は、馬場さん」と、言って下さった。 その 年の2月、私が「福沢諭吉いろはがるた」を試作していたからである。 服部 版は「い 一月十日は生誕記念日」「ろ ロンドン・パリーをつぶさに視察」「は  母・兄一人・姉三人」と、福沢の一生を扱ったもので、私のは「は 馬鹿不平 多し(全集二十巻、472頁)」「つ つまらぬは、大人の人見知り(百話九十八)」 「ね 鼠を捕らんとすれば、猫より進むべし(百話五十六)」と、福沢の言葉で つくったものだった。

 一番の思い出は、わが生涯の最良の日となった2009(平成21)年7月4日、 友人たちが青山ダイヤモンドホールで開いてくれた「『等々力短信』千号を祝う 会」である。 服部さんはこうした会にもご出席下さったばかりでなく、祝辞 に当って、わざわざ馬場夫婦を壇上に上げ、とくに家内の「等々力短信」千号 への貢献に言及して下さったのだった。

 服部さんの温顔と濃やかな心遣いは、接する者に等しく、温かい気持と笑顔 をもたらした。 この一文を書かせて頂いて、それが人を動かす力を持ってい たことに、改めて気づいた。 慶應義塾にとっても、福沢研究においても、大 きな貢献をされた大切な方であった。

『福翁自伝』の表と裏―松沢弘陽さんの読みなおし(2)〔昔、書いた福沢122-2〕2019/10/06 10:06

 演説館の講演に移ろう。 松沢弘陽さんは、1960年代、30歳代の初めに内 村鑑三研究を手がけていて、福沢の著作に出合った。 政治思想史を専攻する 者にとって、福沢は避けて通れない。 実に面白かった。 当時、内村鑑三と 福沢諭吉を読めば、近代日本はたいてい解ると、公言していた。 今日は福沢 を「福沢先生」と呼ぶ慶應義塾の演説館での講演だが、その意味で、私にとっ ても「福沢先生」であると言う。 たとえば、「政治の診察医にして開業医に非 ず」(『福翁自伝』の見出し)という福沢は、現代社会、日本でますます意味を 持っている。 一方、『福翁自伝』には、自分の信条に照らして、無条件に受け 入れられない部分もあった。 たとえば、奥平壱岐を評した部分で、「大家の我 儘なお坊さんで智恵がない度量がない。その時に旨く私を籠絡して生捕ってし まえば譜代の家来同様に使えるのに…」の、「籠絡」。 これは福沢の行為のか なり多くを理解するキーワードではないか、と。 私が理解できなかったこの 「籠絡」については、『福沢諭吉集』に脚注があり、福沢を籠絡できない奥平壱 岐と「門閥制度の下で弱い立場におかれているがゆえに壱岐をことばと態度の 演出によって手玉にとる福沢との対照、またそのような関係についての福沢の 自己意識が生き生きと描かれる」とあった。

つぎに松沢さんは福沢のテキストをどう読むかを語った。 福沢のそれは厚 みを持っていて、重層的である。 表面の明るさの下に、別のメッセージが込 められている。 注解は難航したが、松崎欣一氏・竹田行之氏の示唆に、新し い視点があって、何とか乗り越えることができたという。 その視点は、(1) 福沢晩年の危機意識、失望、挫折感。日清戦争の勝利に酔った以後、新たな危 機を感じ、悲哀の感情が生まれた。 (2)「気品の泉源、智徳の模範」「無限 の苦痛あり」「恰も遺言の如くにして之を諸君に嘱託す」(明治29年11月1日、 慶應義塾懐旧会での演説)。 没後の世代に対しても、慶應義塾や日本の未来を 託そうとした。 そのために『福翁自伝』を書いたのではないか。 結びは「気 品」というキーワード。

松沢さんが、松崎・竹田両氏の示唆が有用だったとしたのは、(一)福沢の「心 の養生法」、(二)緒方塾物語である。

 (一)福沢の「心の養生法」「事を為すに極端を想像す」―「独立」の哲学。  『福翁自伝』「老余の半生」は、よく言われるような満足し切った成功物語、ハ ッピーエンドではない。 人間にとって「独立」とは何かの総括だ。 福沢は たびたび挫折を経験し、一、 企ての始めにおいて挫折を覚悟。 「浮世の戯れ」 「浮世の事を軽く視る」…現在の社会の活動を相対化。 「安心決定」…「独 立」について考えて来た福沢の結論、“宗教”である。 二、究極の挫折・挫折 の原型としての死。 死をそう考えて、そのほかのさまざまな挫折を受け止め る。 「暗殺の心配」は福沢の生涯を通して、生きた体験だった。 同世代が 死んでいき、自分もまもなく死ぬだろう。

(二)緒方塾物語。 『福翁自伝』で一番面白い、旧制の寮生活を思わせる といわれる「大阪修業」「緒方の塾風」を読みなおすと、“緒方塾物語”に「老 先生」福沢の慶應義塾への思いを読み取る。 面白いのは表のメッセージで、 裏には慶應義塾の現状、勉強をせず贅沢な塾生を憂うるメッセージがある。  “緒方塾物語”の結びは「目的なしの勉強」だった。

 松沢弘陽さんは最後に、彼方を行く晩年の福沢のイメージと、ご自分の現在 や死生観とを重ねて考えた。 福沢諭吉という人物は、学問的探求では収まり きれないところがある。 この社会に生きて、死んでゆく人間にとって、汲ん でも尽きないものがある。 現代社会に生きる人間として、同じ平面上で、福 沢を語る機会があっても、よいのではないか。 昨年3月11日、その月に81 歳になった松沢さんは、東日本大震災を三鷹で経験して、直下型大地震、立川 断層を思い、死と生について考えたという。

 成功せる大ブルジョア・市民、大知識人の福沢は、強靭な知性と意志の持主。  その練り上げた哲学、「浮世の戯れ」「浮世を軽く視る」を、松沢弘陽さんはご 自分の「安心決定」にはならないという。 福沢は自分と異なる道を、はるか 先を行く。 道を異にするにもかかわらず、偉大な先達である、と。

 『福沢諭吉集』解説の末尾に戻る。 福沢の、死を覚悟してなお生のある限 り進んでやまない生のあり方を導いた動因は何だったろうか。 福沢には後世 への期待があった。 福沢は『福翁自伝』の物語によって、一身の生をこえて 「独立の手本を示」し続けようとしたのではないか。 存命中に自ら編み刊行 した『福沢全集』全五巻、それに先立つ『福沢全集緒言』と『福翁自伝』は、 福沢が「老余の半生」の終わりに力を振り絞った白鳥の歌三部作といえよう。  その中でも後世へのメッセージの音色が最も濃いのが『福翁自伝』であった、 と松沢さんは言う。

 松沢さんより十歳年下の私は、この本の脚注と補注を手掛かりに、『福翁自伝』 を読みなおすことから、つぎの十年を始めねばなるまい。