藤永貴之第一句集『椎拾ふ』2020/03/26 07:04

 藤永貴之さんの第一句集『椎拾ふ』(ふらんす堂)を、昨秋ご恵贈頂いて、感
想をお送りしていた。 藤永貴之さんとは、俳誌『夏潮』の初期に編集でご一
緒し、編集作業をパソコンのやりとりで進めていたので、私の拙劣なパソコン
技術をフォローして頂いたことがあった。 慶應義塾大学俳句研究会の出身で、
大学卒業後は郷里の九州で教職に就かれているということを聞いていただけで、
詳しいことは何も知らなかった。

 闘病中だった本井英主宰が、これまで『夏潮』の雑詠欄で藤永貴之さんの多
くの句を採り、心をこめて句評し読み解いたものを、長文の「序」としてお出
しになっている。 学生時代の先輩・後輩からの、羨ましい師弟関係である。 
「筆者は藤永さんが「夏潮」の雑詠にどんな句を投じてくれるか、毎月ドキド
キして待っている。一方、藤永さんも、それらのうちのどの句を筆者が選ぶか、
ドキドキして待ってくれている事だろう。お互いに毎月試されている。毎月が
真剣勝負である。/二人で力を合わせてここまでは来た。さてこれからどう進
まれるかは、ご自身で考えるより方法はあるまい。」

この第一句集は、2006年以前から2017年までの作句年代順の章立てになっ
ているので、俳句から福永貴之さんの年譜のようなものが、浮び上がって来る
ところが、興味深かった。
 「2006年以前」<出戻りの姉がぶらんこ漕いでをり><大いなる冷蔵庫ある帰省かな><扇風機家庭教師のわれに向き><立冬と書くや白墨もて太う><冷たき手握れば握り返さるゝ>
 「2007年」<春暁のまた読み返す手紙かな>
 「2008年」<夜桜に体育館のまだ灯り>
 「2009年」<枝豆を喰ひつゝいつか人の親><梨剥いてくるゝ人あり梨を食ふ>
 「2010年」<結婚をして初めての新茶かな>
 「2012年」<肩にゐる子どもとも鷽替へにけり>
 「2013年」<みひらいて乳を吸へる嬰(こ)去年今年>
 「2014年」<教卓の引出しの捨扇たり><ボーナスの明細ちらと見て仕舞ふ>
 「2016年」<踞(かが)まりて子はなほ小さし椎拾ふ>
 「2017年」<教育実習生明日から田植手伝ふと><吾子もゐる運動会の楽聞こゆ><十三夜一人のくらしにも馴れて>

 私が感心した句、気に入った句を、十句挙げさせてもらう。
出戻りの姉がぶらんこ漕いでをり
船室に一人となりし昼寝かな
はら\/と女瀧の帯の解けつゞけ
春燈の楼閣なしてフェリー航く
セーターの教授寝癖でない日がない
吾子もゐる運動会の楽聞こゆ
秋澄みて小国(をぐに)は杉生美しき
鯊舟を下りてまた釣る鯊の秋
杜ならぬところはなべて青田かな
秋の蚊のまとはることよ物書く手

 私が知らなかった言葉、読めなかった字。
「きらゝむし」「堅香子」「どんがめの螯」「杳杳」「蠑螈」「浦曲」「ド・ロさま」
「銭荷」「通草」「慍り」「かのしゝ」「生水」「磯馴松」「鵆」「種池」「種案山子」
「羨道」「海栗」「杉生」「のうさば」「矗々と」「引盃」「楷」

福沢索引2006年3月のブログ・現代日本語「夢」[昔、書いた福沢226]2020/02/26 07:27

柳家三太楼の「天狗裁き」<小人閑居日記 2006.3.5.>
 3月1日の第452回落語研究会。 三太楼、天狗になった頃には額に汗して、
この落語が、人間心理、天狗心理の深奥をえぐって、上質の心理小説にも匹敵
することを証明した。

「夢」=「将来の希望」の初出<小人閑居日記 2006.3.8.>
 現代日本語には、もう一つの「ゆめ」=「将来の希望」がある。 その初出
を『日本国語大辞典』は、木下杢太郎(1914(大正3)年)だとする。 私は
明治、福沢諭吉の『福翁自伝』の最後に、これからやりたい三ヶ条というのが
あったのを思い出す。
「回顧すれば六十何年、人生既往を思えば恍として夢の如しとは毎度聞くとこ
ろではあるが、わたしの夢は至極変化の多いにぎやかな夢でした」「(『西洋事情』
などは)一口に申せば西洋の小説、夢物語の戯作くらいにみずから認めていた
ものが、世間に流行して実際の役に立つのみか、新政府の勇気は西洋事情のた
ぐいではない」というのもある。 この「夢」も「夢物語」も「寝て見る夢」
だけれど、「将来の希望」に近い気がするのは、贔屓目だろうか。
 詳細な「語句・事項」索引のある夏目漱石を見たら、「夢と現實」「夢を抱く
人」が『虞美人草』(1907(明治40)年)にあるというではないか。

「夢と現實」<小人閑居日記 2006.3.9.>
 昭和41(1966)年刊『漱石全集』第三巻『虞美人草』を見る。
 「夢を抱(いだ)く人は、抱きながら、走りながら、明かなる夢を暗闇の遠
きより切り放して、現實の前に抛げ出さんとしつゝある。車の走る毎に、夢と
現實の間は近づいてくる。小夜子の旅は明かなる夢と明かなる現實がはたと行
き逢ふて区別なき境に至つて已(や)む。夜はまだ深い。」
 この「夢」は、「はかない、頼みがたいもの。夢幻。」だろうか。 「夢と現
實」は、「ゆめとうつつ」のようだ。 私の夢は、現実の前に、はかなくも消え
て行ったのだった。

「コソアド系」[昔、書いた福沢209]2020/02/09 07:56

          「コソアド系」<小人閑居日記 2005.1.12.>

 暮に届いた『福澤諭吉年鑑31 2004』を、ぼつぼつ読む。 進藤咲子東京 女子大学名誉教授の「勝海舟の談話語―『海舟語録』を資料として―」が興味 深い。 晩年の勝海舟が『海舟語録』でしゃべっている体言、動詞・指定表現・ 補助用言の用例を洗い出して、江戸言葉から東京語への変遷の過程を考察して いるものだ。 体言では、江戸語以来の普通語・俗語として、田舎ツポウ、(学 問が)淵博、嚊(かかあ)、ケチ(ケチーとも)、七両二分(江戸時代間男の謝 罪金額)、なんぼ、馬鹿奴、やかましや。 明治のことばと考えられるのが、間 (あい)の子、演説、海軍卿、機会的、金貨本位、元勲、御陪食、参議、シヤ ツ、征韓論、政府病、全権、大臣、勅任、藩閥、貧民、文明、明治政府、野蛮、 理想、猟官、憲法、雑居(内地雑居)、(文明の)流儀、などだという。

 代名詞の用例を挙げたところで「コソアド系」の語を使う場合が多い、とあ った。 「コソアド系」という言葉を知らなかった。 アチラ、アノ、アレ、 アレ等、コチ、コツチ、コノ方(ほう)、ソレなどだから想像はつくが、『広辞 苑』を引く。 「(国語学者佐久間鼎による命名)「しじご(指示語)」参照」と ある。 そこで「指示語」とは「物事を指し示す機能を持つ語。「これ・それ・ あれ・どれ」「こう・そう・ああ・どう」の類」。 老人になると多用する語だ。  そこで新しい言葉を思いついた。 「コソアド系」老人。

岩波文庫『福沢諭吉の手紙』が出ます[昔、書いた福沢207]2020/01/30 07:01

 岩波文庫『福沢諭吉の手紙』が出ます<小人閑居日記 2004.3.31.>

 『図書』の広告から、もう一つ。 4月16日に、岩波文庫から『福沢諭吉 の手紙』慶應義塾編が発売になる。 定価798円(本体760円) 昨年1 月完結した『福澤諭吉書簡集』(岩波書店)全9巻の編集にあたった方々が、岩 波文庫本を準備しているという話は聞いていた。 それが完成したのだ。

 福沢の手紙は面白い。 この機会に、ぜひ、たくさんの人に読んでもらいた いものだ。 『書簡集』の「福澤」が『福沢諭吉の手紙』では「福沢」となっ ているところにも、読みやすいように編集したという気持がにじみ出ている。

 広告のまとめは「明治の元勲・実業家や友人・家族にあてた福沢諭吉の手紙 118通を収録。 「I原点」「II慶應義塾」「III理財と実業」「IV民権と国権」 「V人間交際」「VI家庭と日常」の6部構成として、希有な思想家福沢の人間 像を浮彫りにする」

(岩波文庫『福沢諭吉の手紙』については、下記を参照のこと。

左のポッケにゃ福沢手紙〔昔、書いた福沢104〕<小人閑居日記 2019.8.22.> 第939号 2004.5.25.  左のポッケにゃ福沢手紙/岩波文庫『福沢諭吉の手紙』

片仮名力と漢字翻訳語の力〔昔、書いた福沢105〕<小人閑居日記 2019.8.23.> 第945号 2004.11.25.  片仮名力と漢字翻訳語の力/『福澤手帖』に「福沢諭吉の片仮名力(ぢから)」を書く

福沢諭吉の片仮名力(ぢから)〔昔、書いた福沢116〕<小人閑居日記 2019.9.26.>)

文字使用の歴史[昔、書いた福沢203]2020/01/26 08:04

          文字使用の歴史<小人閑居日記 2004.3.8.>

 先日亡くなった網野善彦さんの『日本の歴史をよみなおす』は、「文字につい て」という章で始まる。 そこには、いくつかの興味深い指摘がある。

 ○中国大陸、朝鮮半島から漢字が入ってくる。 それを万葉仮名として用い るという形で、日本の文字がだんだんにできてくる。 文字の使用、普及に、 律令国家の成立したことが深いかかわりがある。 律令国家が文書主義を採用 したことが、決定的な意味を持つ。 すべての行政を、文書で行うことにした わけで、役人も役人とかかわる人々も文字を勉強せざるを得ず、この国家の支 配下に入った全域に、文字を使える人が広く出て来た。 それ以後、王朝国家 も、鎌倉幕府、室町幕府も、一貫して文書主義を踏襲し、江戸幕府はもっとも 徹底した文書主義をとった。 公的な文書は漢字で書くということが確定して いる。

 ○日本の社会では、口頭の世界(話し言葉)、民俗社会は非常に多様だけれど、 文書の世界、文字社会は非常に均質度が高い。 それは、上からかぶさってく る国家の(文書主義の)力があり、それに対応しようとする下の姿勢があるた め。

 ○平仮名はまず女性の文字として用いられ、それを男性が(私的な書状など に)取り込むような形で普及した。

 ○村や町の成立と、文字の普及、その実用化とは深いかかわりがある。

 ○ほぼ鎌倉時代の後期から室町時代にかけて、侍クラスの下層まで平仮名ま じりの文書は書けるようになっており、室町時代の村の大名、主だった百姓は、 だいたい文字が書けたと考えてよい。 女性も、侍クラスの人の妻や娘は、平 仮名の書状を書いている。

 ○鎌倉時代までの人々は、文字に対してある畏敬の感情をもっていたと思わ れ、見ていて非常に気持よい美しい字を書き、「みやびた」(笠松宏至さん)と ころがあるのに、室町時代になると、文書の数は多くなる(実用的なものにな ってくる)が、文字に品がなくなり、大変読みづらくなる。

 ○江戸時代後期の識字率は高く、平均して40%ぐらいまであった。

      紫式部、清少納言が出てきたわけ<小人閑居日記 2004.3.9.>

 網野善彦さんの『日本の歴史をよみなおす』の「女性をめぐって」の章も興 味深い。 ルイス・フロイスが『日欧文化比較』(または『日本覚書』)に記録 した信じ難い日本女性の姿が、いろいろの証拠から裏付けられることを明らか にしていく。 ここでは、文字の問題に関連して、女流文学輩出の背景の話だ けを取り上げる。

 ○律令制を導入する前の日本の社会は、まだ未開の要素を残していたけれど、 女性の社会的地位が決して低くない社会だった。 天皇や神に直属する女性職 能民の集団があり、女性の商人も非常に多かった。 そこへ早くから家父長制 的な社会だった中国の律令制を受け入れた。 法制的には、日本の律令国家も 男性優位、父系、家父長制を採用した。 しかし、それは日本の当時の社会の 実態と大きく異なっており、建前と実態の摩擦をおこした。

 ○表の漢字の世界、公的な場は男性なのだが、平仮名の世界、私的な裏の世 界での女性の活動も決して小さいものではなかった。 実際、文字が女性に浸 透したということ、それだけではなく後宮の女房による独自な女流文学が生ま れたことは、女性が自分の目をしっかり持っていたことを示している。 その 背景には、父系制が確立していない双系的な社会に、非常に強固な父系の建前 を持った制度が接合したという事態があった。

 ○女性の社会的地位が決して低くない社会に、家父長制的な制度が接合した ことによって生じた、ある意味では希有な条件が、女流文学の輩出という、お そらく世界でもまれに見る現象を生み出す結果になったのではないか。