インターネット文明論之概略<等々力短信 第1114号 2018.12.25.>2018/12/25 07:13

 「ひらめきが、訪れる。その瞬間が、やがて全てを変えて行く。積み重ねら れた考えや経験、思いや夢。そして私たちは、データやさまざまな刺激を吸収 して、アイデアを生み出していく。未来は、オープンだ。アイデアで変えられ る。それが日立の社会イノベーション。」という「世界ふしぎ発見!」で流れる CMが好きだ。 ガラス窓にKJ法を思わせるポストイットが沢山貼られてい る。 偶然剥がれ落ちた一枚に記されたアイデアから、解決策が生まれる。 私 は5・3カードやKJ法などの発想法で育ち、カタカナ・タイプライターからワ ープロへ、そしてパソコン通信の初期を体験した。

 12月13日、第707回三田演説会で村井純さんの「インターネット文明論之 概略」を聴いて来た。 「インターネットの父」と紹介された村井純さんだが、 私と同様、字が下手でカタカナ・タイプライターを打ち、ワープロが出た時は 嬉しくて、無理して買ったそうだ。 コンピューターの威力は、文字や音、画 像や動画まで、あらゆるものが数値化されたデジタルデータとして処理できる というパラダイムシフトにあった。 「人間の知識はどう進んでいくのか」、コ ンピューターを相互につなげるネットワーク技術によって、文明への共通基盤 を共有できるという汎用性を得ることになった。

村井さんは、インターネットが軍事から生まれたというのは、嘘だと言い、 1969(昭和44)年の二つのルーツを指摘する。 (1)「ARPANET(アーパネ ット)」のパケット通信と、(2)「UNIX」というOS(オペレーションシステム) だ。 (1)は、ARPA(現在のDARPA:アメリカ国防高等研究計画局の前身) で、国の資金で出来た研究成果のARPANETをオープンにして全世界に問いか け、よかったら納品することにした。 これがコンピューター・システムでデ ータ通信をおこなう規約、プロトコルTCP/IP(1982年の4.2BSD)の基とな った。 (2)はベル研究所が開発し、コンピューターの偉い時代から「人間 の側に立った」ものへという、パソコンの概念の基になった。

二つのルーツから、大学や研究所のコンピューターが世界中でつながった。  コンピューター技術とネットワークの結婚(実は慶應の方が先、1980年)、イ ンターネットの誕生(1990年WWW検索スタート)だ。 オープンソースで、 論文の発表、印刷、出版に半年かかっていたのが、お金をかけずに研究成果を 共有できるようになった。 90年代、英語から、多国語が使えるような世界標 準にしたのも、日本の貢献だそうだ。

 インターネットは、国境を意識せずにつくられてきた。 最近、それに逆行 するナショナリズムの動きがある。 村井純さんは、地球の課題、諸問題の解 決に、一人一人が参加して、知恵を合わせて未来を開くのが「インターネット 文明」だ、と。

「高輪ゲートウェイ」「有楽町オールモストギンザ」2018/12/20 07:11

 山手線の品川と田町の間に出来る新駅の名前が、「高輪ゲートウェイ」駅に決 まったというので、いろいろ議論がある。 私などはもちろん「芝浜」派で、 毎年12月だけでも、臨時に「芝浜」駅にしてもらいたいと思っている。

 ラジオで小耳に挟んだのだが、山手線の全部の駅に「高輪ゲートウェイ」風 の名前を考えた人がいる。 東京駅は「東京セントラル」駅、有楽町は「有楽 町オールモストギンザ」駅だというから、笑ってしまう。 ネットを検索する と、「秋葉原エレクトロニカ」「上野カルチャーパーク」「鶯谷レジャーホテルズ」 「巣鴨グランドマザーズ」「新大久保グローバルスクエア」「新橋サラリーマン サンクチュアリ」、そして「田端ナッシング」なんてのがあった。

 私もやってみよう。 「秋葉原フォーティーエイト」「目白ホワイトアイズ」 「高田馬場ウエストノース」「渋谷ラビリンス」「目黒ブラックアイズ」、そして 「田町ザットイズミタ」。

敗北覚悟で抵抗して死んだ西郷と日米戦争2018/12/02 06:28

 佐伯啓思さん『異論のススメ』(7月6日)、「自刃した「西郷どん」の精神」 がどうして「日米戦争と重なる悲劇」なのかの、後半である。 福沢諭吉の『明 治十年 丁丑公論(ていちゅうこうろん)』をお読みになって書かれたのだろう。 

「明治の文明化を唱えた福沢諭吉も(その前に勝海舟)、西郷の死を惜しんで いた。明治政府に批判的だった福沢はいう。政府が好き勝手にしているのに、 世の中はすべて「文明の虚説」に欺かれて抵抗の精神が失われている。世には びこっているのは、へつらいやでたらめばかりで、誰もこれをとがめるものは ない。そうした時に、西郷は立ち上がった。それを賊軍呼ばわりするのは何事 か、というのである。」

 「明治は、本来の攘夷の精神を忘れて、西洋模倣へとなだれ込んでゆく。こ の風潮に我慢がならなかった西郷は、敗北を覚悟で戦い自刃した。福沢による と、西郷は、明治政府のありさまを見ると、徳川幕府には悪いことをした、と 後悔していたそうである。そして、西郷の死後、一見したところ、武士的な精 神、無私や自己犠牲の精神はすっかり忘れ去られ、ひたすら日本は文明開化の  近代化路線を走ることになる。」「押し寄せる西洋近代文明の流れに、敗北を覚 悟で抵抗して死んだ西郷に、つい私は、敗北覚悟の日米戦争へとゆきつく日本 の近代化の帰結を重ねたくもなってくる。」 以上が、佐伯啓思さん『異論のス スメ』(7月6日)である。 

『丁丑公論』については、2016年3月1日に、山本博文さんのちくま新書 『現代語訳 福澤諭吉 幕末・維新論集』を紹介したことがある。 この新書に は、『旧藩情』『痩我慢の説』『明治十年 丁丑公論』『士人処世論』が収録されて いる。 もう福沢の原文は読みにくいという人も多いようなので、お薦めした い。 あらためて私も、この本で『丁丑公論』を読み直してみた。 例えば、 佐伯さんが「西郷は、明治政府のありさまを見ると、徳川幕府には悪いことを した、と後悔していた」と書いたところは、山本博文さんは、こう現代語訳し ている。

 「遠方に住む薩摩人の耳に入るものは天下の悪聞のみであって、ますます不 平を持つことになる。西郷も、最近の世間の有り様では、倒幕の兵を挙げたこ とは無益の労というものであって、かえって徳川家に対して申し訳がないとし て、常に恥じる気持ちを表したという。この伝は、誤報の多いことはもとより 免れることができないけれども、すべてが事実無根のことだけを聞いたわけで はない。/これらの事情によって考えれば、彼らの不平憤懣は、すでに極度に 達していたと言うべきだろう。」

深い内容を、やさしいことばで2018/04/28 07:23

 加藤秀俊さんの『社会学』から、「用語のはじまり」とか「大学でさいしょに 正規の学科目」というのを、書き写していて、加藤さんなら、これも「かきう つしていて」となるだろう、と思った。 むかし、「よんでわかる」という一文 を書いた(<等々力短信>第531号、1990(平成2)年5月15日)。 私が、 やさしい、読んでわかる文章を、書くように、つとめるようになったのは、そ れをこころがけた福沢諭吉の影響だと、いいたいところだが、実は慶應ではな くて、京都大学の人文科学研究所につらなる先生方の著作を通じてのことだっ たとして、つぎのように書いていた。

 「昭和38(1963)年の『整理学』によって、加藤秀俊さんの魅力にとらえ られた私は、加藤さんの本を愛読した。 『整理学』につづく中公新書『人間 関係』『人間開発』『自己表現』『情報行動』、『アメリカの小さな町から』『イギ リスの小さな町から』『ホノルルの街かどから』の海外生活三部作、そして『生 きがいの周辺』『生活考』『暮しの思想』『続・暮しの思想』『独学のすすめ-現 代教育考-』といった一連の本である。 そこには、身近なことがらから説き おこして、生活や人生に豊かなものをもたらし、やがては社会をよりよく変革 するような深い内容が、ごくやさしい言葉でのべられていた。 そんなことが できるのだと、「短信」創刊のきっかけの一つにもなった。

 また、べつに多くのことを教えられた、梅棹忠夫さんの『知的生産の技術』、 桑原武夫さんの『文章作法』、鶴見俊輔さんの『文章心得帳』などによっても、 加藤秀俊さんの文章と思想が、京都学派の自由な雰囲気の中で生まれ、磨かれ たものであることがわかる。」

 24日に、ワープロを始めて35年7か月が経ったなどと、自慢めいて書いた。 最近、原稿用紙を使わない、手書きはメモと日記、たまに手紙を書くぐらいだ。  たいていはパソコンで文章を書いている。 叩けば、難しい字も難なく出て来 るから、ついつい漢字の多い、字面の暗い文章になっている。 『社会学』を 読んで、初心にかえりたいと、あらためて反省している。

 『社会学』第三章「コミュニケーション――ことばの力」に、口語と文語の 話がある。 口語は、ふだんの会話でつかっていることば、文語は、あらたま って「文章」にした「書かれたことば」だ。 不祥事の当事者が「このたびは 多大のご迷惑をかけ……」「再発防止に努力いたします」と、最敬礼する情景に は、テレビでよくおめにかかる。 「多大なご迷惑」は文語、日常会話では「た いへんな」という。 こうした文語体や漢字の濫用については、加藤さんは『な んのための日本語』でくわしく論じているが、いくらいっても文語文をつかい たがるひとがすくなくない、と嘆く。 「おまけにワープロ・ソフトには書簡 文の定型がたくさんのっていて、「謹啓秋冷の候」といったような文書がキー操 作ひとつで即座にでてくるようになっている」と。

加藤秀俊さんの『社会学』、現代の世間話2018/04/27 05:15

 加藤秀俊さんの『整理学』(中公新書・1963(昭和38)年)のことを書いた ら、新聞の広告で同じ中公新書から新刊『社会学』が出版されたのを知った。  第一章は「「社会学」――現代の世間話」。 英語のsocietyを社会と翻訳した初 めは、明治8(1875)年1月14日の東京日日新聞の福地源一郎で、「知識階級」 「上流階級」を意味する文脈で使われているという。 福沢諭吉には、その翌 年に創刊した『家庭叢談』という雑誌で、「一国一社会ノ文明ノ進歩ハ」うんぬ んという用例もあると続く。 私としては、福沢が慶応4(1868)年の『西洋 事情 外編』でsocietyを「人間交際(じんかんこうさい)」と訳したことを、 ここで書いて欲しかったと思う。 それは、後段の議論で、章の題名にもある ように、「社会学」は現代の世間話であるという話になるからであった。

 加藤さんはいう。 日本に「社会」がなかったわけではない。 こんな訳語 がなくても、そのことばによって意味されるものはずっとむかしからあった。  日本語ではそれを「世間」といっていた。

 「社会学」Sociologyという用語のはじまりは1876年、イギリスのハーバー ト・スペンサーの『社会学原理』三巻本だった。 大学でさいしょに正規の学 科目となったのは、アメリカのシカゴ大学で1892年、ヨーロッパではフラン スのボルドー大学が1895年だった。 実は日本が早かった。 外山正一(と やままさかず)は、幕臣としてイギリスに留学し、明治4(1871)年から5年 間アメリカに渡ってミシガン大学で哲学と科学を学び、帰国後は明治10(1877) 年に東京大学が設置されると日本人としてさいしょの教授となった。 担当し た「史学」のなかで、ハーバート・スペンサーの『社会学原理』を講読する「社 会学ノ原理」という講義をおこなった。 外山はアメリカから、エドワード・ モースという動物学者を生物学担当のお雇い教授としてつれてきたが、その友 人のアーネスト・フェノロサもおなじく東京大学にむかえられることになった。  フェノロサは岡倉天心を育て、日本の文化芸術にかかわった人物としても有名 だが、もともとはハーバード大学で政治経済を学び、東京大学で政治学、理財 学(経済学)などを教えた。 フェノロサは同時に「ソシオロジー」も担当し たが、この講義は日本語では「世態学」と訳されていた。 外山正一とフェノ ロサの二者併存の開講からの状況は、明治19(1886)年の「帝国大学令」の 発効までつづき、このとき「社会学」は晴れて独立の学科になった。 おどろ くべきことに、シカゴ大学やボルドー大学に先立つことほぼ十年、これについ ては世界でもっとも先端的な国だった、と加藤さんは指摘している。

 それはさておき、加藤さんは、「社会」というのは、「世間」のことだ、と理 解すれば、べつだん「社会学」などと名づけなくても、われわれはずいぶん以 前から世間を学ぶことを知り、それを日常経験としてきた、という。 「世間 話」こそ、「社会学」の萌芽なのだ。 その世間話のあれこれに興味をもち、そ れをこまやかに記録する伝統にかけては日本は世界で突出していた。 一般に 「江戸随筆」とよばれている厖大な量の雑記録がそれである。 『浮世のあり さま』、松浦静山『甲子(かっし)夜話』、大田南畝『一話一言』、喜多村信節(の ぶよ)『嬉遊笑覧』などなど。 世間話の運搬者、「遊行女婦(ゆうこうじょふ)」 や宗教的布教者たち、行商人などが、たくさんいた。 さらに、ほうぼうを遍 歴し、職業を転々として、数奇な人生をおくった「世間師」がいた。 いまで も現代版「世間師」なのかもしれない「話題の豊富なひと」がいる、落語の横 町の隠居のようなひと、それが市井の「社会学者」なのだ、と加藤さんはいう。

 加藤秀俊さんは、ことし88歳、米寿だそうだが、学問と年齢は関係ないと、 あとがきにある。 私は本日、77歳になった。 まさに隠居だけれど、当<小 人閑居日記>や<等々力短信>も、「江戸随筆」の流れをくむ、昭和平成の「世 間話」の末端をうろついているとすれば、「社会学」なのかもしれないと思って、 ニヤリとした。