旧跡「高田馬場(たかたのばば)」のこと2017/07/10 07:08

 「戸塚村略図」が八幡鮨四代目・安井弘さんの『早稲田わが町』の巻頭にあ る。 戸塚村は戸塚町となり、昭和50年6月から町名が西早稲田と高田馬場 になった。 戸塚町は、神田川と諏訪通りに挟まれて、細長く西は小滝橋から 東はリーガロイヤルホテル東京までの地域で、昭和初期まで山手線より西の「上 戸塚」、中間の「諏訪」、「源兵衛」、旧鎌倉街道より東の「下戸塚」の四つの大 字に分かれていた。 早稲田大学と八幡鮨は「下戸塚」にある。

 八幡鮨(西早稲田3-1-1)は、旧茶屋町通りと重なる早稲田通りの角(西早 稲田交差点)、グランド坂上にある。 茶屋町通りというのは旧跡「高田馬場」、 三代将軍徳川家光が寛永13(1636)年幕臣の馬術の練習の場として築造した 幕府公儀の場所で、その後、付近に茶屋が次第に出来、馬場に練習に来る旗本 が休息に利用し、神事流鏑馬には江戸市中から見物が押し寄せ、春秋の好季節 には賭的、大的、小的、騎射、能囃子、土佐浄瑠璃、外記節、曲芸、かるわざ などが行なわれると、鬼子母神や新井薬師へ参詣する人が立ち寄って遊んで行 くようになった。 中仙道、川越街道、青梅街道への旅人や、近郊から野菜を 積んだ荷車の往来も賑やかになって、馬場の北側に松並木ができた頃には、茶 屋は八軒も並んで繁盛していた。

 この「高田馬場」は、元禄年間の堀部安兵衛の決闘で江戸中に知れ渡り、寛 政年間に入って「男伊達」が流行ると、喧嘩の場、試合勝負の場となったこと もあった。 勝負が始まると、高田馬場を喧嘩の名所にしてはならないと、馬 場道に並ぶ茶店で最古参の「藤屋」嘉兵衛が、扇子をかざして躍り出て、間に 入り仲裁をし、双方の話をよく聞いた上、和睦に至らせたという。

 蜀山人、大田南畝は、狂歌の会などで、高田馬場の茶屋をよく利用し、31歳 の安永8(1779)年8月13日から17日まで、ここの「信濃屋」で狂歌仲間と 五夜連続の観月宴を催し、<月をめづる夜のつもりてや茶屋のかかもついに高 田のばばとなるらん>と詠んだ。

 これで、茶屋町通りの東の夏目漱石の「馬場下」や、茶屋町通りの西の早稲 田通りと明治通りが交差する「馬場口」が、旧跡「高田馬場」に由来すること がよくわかった。 しかし山手線の「高田馬場」駅は、「馬場口」よりさらに西 の先に位置する。 明治43(1910)年9月15日に開業したが、当初鉄道院は 新宿と目白の間には駅は不要としていたのを、住民の声を代弁した大隈重信の 鶴の一声が、駅を誕生させたとも伝わっている。 駅の所在が上戸塚と諏訪村 にまたがっていたことから、地元の人は「上戸塚」か「諏訪の森」を希望した が、鉄道院は江戸の昔から知られた「高田馬場」と決めていた。 これを聞い た旧跡「高田馬場」の茶屋町通りの周辺の人々が、この名を駅名に持って行か れることに反対、駅側が高田の「田」に濁点をつけることを提案し、住民も了 解、「たかだのばば」駅となった。 江戸っ子は、昔から「たかたのばば」で、 今も地元では濁らないのだそうだ。 安井弘さんも書いているが、雑司ヶ谷育 ちの先代の桂文治(伸治が長かった小さい人)は、寄席の高座で「高田馬場」 駅が「たかだのばば!」「たかだのばば!」とアナウンスするのに、いつもブツ ブツ文句を言っていた。

鏑木清方『随筆集 明治の東京』<等々力短信 第1095号 2017.5.25.>2017/05/25 07:08

 岩波文庫が7月で創刊90年だそうで、記念の『図書』臨時増刊号「私の三 冊」が出た。 「各界を代表」している228人に、今までに読んだ岩波文庫の うち、心に残る書物、ぜひとも勧めたい本を、答えてもらっている。 女優の 有馬稲子は、チェーホフ『ワーニャおじさん』、太宰治『お伽草紙・新釈諸国噺』 と『鏑木清方随筆集』の三冊。 有馬稲子は今、老人ホームにいるらしいが、 テレビ朝日で昼に放送中の倉本聰の帯ドラマ『やすらぎの郷』にも出るようで、 タイトルに顔が見える。 私は昭和28(1953)年の東宝入社第一作『ひまわ り娘』を日劇で観たが、12歳、64年前のことになる。

 『鏑木清方随筆集』(山田肇編)を選んだのは、「友人の坂崎重盛氏より『「絵 のある」岩波文庫への招待』をいただき、あの美人画の鏑木清方が随筆の名手 と知りました。昭和の貴重な時代考証のような女性の描写、私の最後の一冊は これに決めています。」

 3月友人達と、鎌倉の鏑木清方記念美術館で「つつましく そして艶やかに~ 清方ゑがく女性~」展を見たばかり、静かで落ち着いたよい美術館だった。 私 はたまたま『「絵のある」岩波文庫への招待』(芸術新聞社)を持っていた。 『鏑 木清方随筆集』はなかったが、そこで紹介されているもう一冊『随筆集 明治の 東京』は書棚にあった。

 「名物無名物」(昭和19年)に、「明治の昔は東京も狭かった、(中略)駒込 の茄子、谷中の生姜、千住の枝豆、砂村の唐茄子、練馬大根、目黒の筍、三河 島の菜、大川の蜆、大森の海苔、深川のバカの目刺(バカも近頃は青柳と大層 優しい名前を持つようになった)、千住の豆は他のより大粒で莢に四粒入のがあ る、谷中の生姜は柔かで辛くない、根岸の先き諏訪台下の日暮里あたりが産地 である。」とあった。

 「明治の東京語」(昭和10年10月)に、若い人に通用しそうのないか、そ うなりかけている言葉が挙げてある。 近在、遠国(おんごく)者、常住(じ ょうじょう)、ぞんき(「のんき」より少し質のよくない)、今当世、跡月(あと げつ・先月)、でくま、ひくま(凸凹)、どうれ(道理)、煉瓦通(銀座通)、ハ ンチク(半端人足)、権妻(妾)。

 「甘いものの話」(昭和7年1月)に、「美術人には左傾が多い。ムッソリー ニと握手した横山大観先生などは、押しも押されもしない左翼の頭目だし、周 囲の友人知己、概ね左党ならざるはないといってよかろう。」 鏑木清方は下戸 なのだそうで、店名や甘いものが列挙されている。 汁粉屋というもの、あれ も明治趣味のものであった、「総じて人情本の挿画にでも見るような小粋な造り で、床にも細ものの茶懸に、わびすけでも活けてあろうという好み、入口には 茶色の短い暖簾、籠行燈という誂えの道具立も、器の物好きも」と、この随筆、 まさに「絵のない絵本」なのである。

山内裕子さんの季題研究「卯浪」2017/05/15 07:13

 「卯波」と「新樹」の句会、季題研究の当番は山内裕子さんで「卯波」を選 択し、素晴らしい探求だった。 私などは国文学とは縁がないので、後半部分 のような「歴史的検証」が出来ない。

 「卯浪」「卯波」「卯月波」。 まず、◎歳時記の記載。 『虚子編新歳時記』 「陰暦四月即ち卯月の波浪をいふ。卯の花の風に吹かれて波立つをいふとの説 もある。」 『講談社版大歳時記』(森澄雄)「(卯の花説にもふれ)卯月の波が 略されたものと解するのが妥当であろう。」「晩春から初夏にかけて低気圧・不 連続線の通過によって一時的に海や川に白波が立ちさわぐのをさしている。」  『角川俳句大歳時記 夏』「卯月波ともよぶ。」晩春から初夏にかけての「季節の 変わり目に」。

 つづいて、◎気象検証。 海上技術安全研究所の調べや、京大理学研究科地 球惑星科の研究論文によると、どうも卯月だけが波が高いということでもない ように思える。

 そこで「卯波」が独立した季題となった背景は何なのか、◎歴史的検証。 近 世から江戸末期までの歳時記。 『至宝抄』(1586)から『俳諧季寄持扇』(1866) までの歳時記72種中、「卯浪」の記載があるのは『改正大成清鉋(きよかんな)』 と『季引席用集』の2種のみ。 『改正大成清鉋』(成立は1745(永享2)年 以前、立羽不角)、『季引席用集』(1780年ころ、馬場存義・高井蘭山)。 ただ し後者では「植物」の項に立項。

 『角川俳句大歳時記』の「考証」には、『清鉋』(1745(永享2)年以前)『四 季名寄』追加(1837(天保7)年)に4月として所出。  四五月の卯浪さ浪やほととぎす 許六(きょりく)(1656~1715)『宇陀法師』 散りみだす卯波の花の鳴門かな 蝶夢(1732~1796)『四国に渉る記』 実際の波を表す言葉として使われるようになったのは1700年頃からのよう で、その後も例句も少なく、あまり一般的に用いられていなかったのではない か。 『俳諧歳時記栞草』(1851(嘉永4)年、曲亭馬琴)にも立項されてい ない。

和歌はどうか。 角川の『新編国歌大観』のCD-ROMを「卯波」「卯浪」「卯 月波」「卯なみ」などで検索したが該当無し。 ちなみに「卯」で検索すると千 五百首以上ヒットするが九割がた「卯の花」「卯花」、それ以外は「卯月」「卯杖」 であった。 ただ、「卯の花」と多摩川(玉川)や「井せき(堰)」の浪と詠み 合わせた歌や、その咲き様を浪に例える歌が結構見られた。

そして山内裕子さんの、◎ごくごく私的考察。 日本近海では春から夏への 変わり目に特に海上が荒れるということはなく、むしろ秋から冬に荒れること の方が多い。 よって「卯月の波」を取り立てて言挙げする根拠がない。 和 歌に詠まれた歴史もなく、歳時記でも江戸時代半ば過ぎまで記録が無い。 に もかかわらず「卯浪」が季題となったのは、「卯月の波」が略されたというより は「卯の花」の存在が大きかったのではと思われる。 和歌の世界では籬に卯 の花が咲き乱れ、それが風に揺られている様を詠むというのが一種の定形にな っていたようである。 それを波に例えるという流れができ、さらに発展して 実際の波をあらわすようになったのではないだろうか。 よって白い波頭とい うのがキーワード。 さらに卯月という夏の到来を告げる季節感ともあいまっ て明るく力強い海のイメージの膨らむ詩語となり、近代になって数々の名句が 生まれて行った。 まさに近現代の俳人が豊かに大きく育ててきた季題といえ るのではないだろうか。

以上、山内裕子さんの季題研究「卯浪」を紹介した。 児玉和子さんから、 「卯月」「卯浪」「卯の花」の白と稲作の関係を指摘するコメントがあった。 稲 の穂を植える「植月」、瑞穂の国の豊作を願う心につながるということだろう。

慶應大学は大阪弁の大学か2017/05/10 06:33

 「枇杷の会」深川吟行句会後の小酌で、福沢諭吉は大阪弁だったという話題 が出た。 福沢は大坂で生れ、緒方洪庵の適塾で学んだ。 慶應大学は大阪弁 の大学、新島襄は江戸育ち、大阪でキリスト教の学校をつくろうとしたが、耶 蘇を反対され京都で同志社をつくった、というような話だった。 私は、聞か れたので、福沢は堂島の中津藩蔵屋敷で生れたが、父親が死んで数え3歳で中 津に帰り、一家は大坂風の生活をして中津に馴染めず、孤独な少年時代を過ご したという話をした。 先日、駒込の高林寺の緒方洪庵の墓へ行ったとも言っ たら、洪庵が江戸で死んだこと、幕府の要請で奥医師兼医学所頭取になるため、 江戸へ来たことは、知られていなかった。 洪庵の墓は、大阪市北区同心の竜 海寺にもあり、そこも行ったことがある。

 すると、たまたま、志木高新聞の創刊に当たり、中心になって活躍した一年 先輩の猪尾泰久さんが、<等々力短信>第1094号「大学の独立と自由」を読 んでだろう、4月28日の日本経済新聞夕刊「プロムナード」というコラムの切 り抜きを送ってくれた。 作家・門井慶喜さんの「慶応大学は大阪弁で」だっ た。 29日に居酒屋で出た話題は、これがもとだったのだ。

 門井慶喜さんは、中津では福沢一家の大阪弁の話が通じず、いじめられたか もしれない、青年となり再び大坂へ出て、一種、帰郷のようなよろこびも大き かったのではないかとして、「ざっくり言うと、慶応大学は、大阪弁でつくられ た大学なのだ」と書いている。 さらに、新島襄はアメリカから宣教師になっ て帰国後、はじめは学校を大阪にひらこうとして、「耶蘇は、あかん」と、市民 に拒絶された。 門井さんは、もしかすると、このこころみは、福沢諭吉なら 成功していたのではないか、大阪の人は、大阪弁で「建ててええか」と聞かれ れば、キリスト教の学校であろうとも、「ええよ」と応じたのではないか、彼ら には新島襄のぺらぺらの江戸ことばが気にくわなかった、というより、そもそ も理解できなかったのだ、というのだ。

 私は、猪尾さんへのお礼のメールに、こう書いた。 「「慶応大学は大阪弁で つくられた大学なのだ」というのは、ちょっとどうかと思います。 大阪弁と いうよりも、福沢先生が大坂の適塾で感じ、身につけたのは、大坂という経済 の町の合理性、武士よりも商人が力を持っている自由な雰囲気だったのでしょ う。」  <等々力短信>第1094号「大学の独立と自由」で扱った「私立」の学校と 政府の関係、福沢が国民の「独立心」と「官・政府・国」の関係を若くして悟 り、その後「官尊民卑」を攻撃してやまなかった発端は、適塾時代の大坂での 経験が大きかったと思われるのだ。

桑原・清水両先生の『汽車のえほん』翻訳の真相2017/04/15 06:31

 9日、桑原三郎先生の『きかんしゃトーマス』翻訳の話を書いた。

桑原三郎・清水周裕共訳『汽車のえほん』シリーズ<小人閑居日記 2017.4.9.>

http://kbaba.asablo.jp/blog/2017/04/09/8451761

 これを桑原先生の教え子である山内慶太慶應義塾大学看護医療学部教授(横 浜初等部前部長)に読んで頂いた。 すると早速、桑原先生と清水周裕さんの 翻訳の事情について、くわしい情報を教えて下さった。 ブログに書くことも ご了解頂いたので、そっくりご紹介することにする。

 山内慶太さんは、その翻訳の経緯を何度も桑原先生から直接に伺ったそうだ。  桑原先生は慶應義塾の福澤基金による若手教員の国外留学制度によって英国に 留学した。 今は、この制度の適用になるのは大学教員のみだが、当初は塾の 一貫教育を担う、幼稚舎~高校の教諭にも積極的に適用しようという意図があ ったのだそうだ。 この1年間の成果が、『イギリスの義務教育』(慶應通信・ 1970年)になった。

 桑原先生は単身で渡英されたが、清水周裕先生は丁度同じ時期に御家族も一 緒にイギリスに留学されていた。 そこで、時々、清水先生のご家庭に招かれ て日本食を御馳走になったそうだ。 お陰で、ほっとしたし助かったと、懐か しそうにお話しになっていたという。

 その時に、清水先生のお子さんが、トーマスに夢中になっている様子を見な がら、清水先生と桑原先生で、この本を翻訳したら日本の子供達が喜ぶのでは ないかと話すようになり、翻訳に至ったのだということだった。

因みに、翻訳・出版の時、「機関車トマス」にするか「機関車トーマス」に するかも、悩んだということだ。 発音をできるだけ再現すればトマスになる けれど、日本の子供達には「トーマス」の方が言いやすいし、親しみやすい響 きになる・・・・ということで「機関車トーマス」にした、後の日本での人気 を見ると「トーマス」にして良かったと最晩年にお話しになっていた。 それ はSFC(湘南藤沢キャンパス)の授業にゲストで来て頂き、福澤先生の家庭教 育のことをお話し頂いた際、少し余った質疑の時間にトーマスに話しが及んだ 時のことだった。 実は、これが桑原先生の最後の講義になったのだそうだ。

なお、この翻訳出版のきっかけになった、清水先生のお子さんが、その後、 塾の体育会蹴球部(ラグビー)がトヨタを破って日本一になった時に活躍をし た清水周英さんである。 山内慶太さんは、桑原先生はお酒が入ると、そのこ ともよく愉快そうにお話しになっていたことを思い出すという。

日本語版の『汽車のえほん』シリーズは、2006年にも新装改訂版が出ている。 これも桑原先生と清水先生のお名前にはなっているが、読み比べると最初の方 が日本語もきれいで、桑原先生が丁寧に翻訳されたものという感じがすると、 山内慶太さんは言っている。