『広辞苑』を遊ぶ「たほいや」の答2018/02/16 07:20

一「たかしこぞう」。 正解は、C「管状・樹枝状の褐鉄鉱。鉄分が地中の植 物体のまわりに付着してできたもの。」 B「台風や低気圧によって、海水面が 異常に高まり、海水が陸上に侵入すること。高潮。」は「たかしお・高潮」。 D 「竹筒で作った、矢の容器。」は「たかしこ・竹矢籠」。

二「まひろげすがた」。 正解は、D「しどけない姿。」 A「昼の真中。ひる ひなか。」は「まひる・真昼」。 E「大名屋敷の小者・人足などの詰所。」は「お おべや・大部屋」

 三「ちちんこ」。 正解は、A「鰍(かじか)の異称。」 D「のどかで日の永 いさま。」は「ちち・遅遅」。 E「生まれた児に、まず他人の乳を飲ませる風 習。乳わたし。」は「ちちあわせ・乳合せ」

 「たほいや」の問題になりそうな言葉を、『広辞苑』から十ばかり拾っておく。  意味をご存知の言葉がおありだろうか。

「みこなす」「こちなし」「たかしこ」「たかしる」「たかたぬき」「まほら」 「いますがり」「こじはん」「ひかりだて」「かわおし」。

『広辞苑』を遊ぶ「たほいや」2018/02/15 07:18

 『広辞苑』で思い出したのは、『広辞苑』で遊ぶ「たほいや」というゲームで ある。 20年ほど前に、フジテレビの深夜番組でやっていたのだそうだが、私 はパソコン通信と呼んでいた頃のネットの会議室(フォーラム)で、小林恭二 さんに教えてもらったと思う。 当時の番組に出演していたというタレント・ 俳優の松尾貴史さんが、『図書』2017年6月号に「『広辞苑』を遊ぶ「たほいや」」 を書いていたので、細かいことを思い出した。 「たほいや」というのは、静 岡県で山畑を荒らす猪を追い立てるための番小屋だそうだ。

 5~6人で遊ぶのだが、一人が親(出題者)になって、『広辞苑』から「たほ いや」や「ちんこきり」のような、耳で聞いただけではわかりにくい言葉を見 つけて読み上げる。 他の参加者は、その言葉の意味を知っていても知らなく ても、辞書の説明のような文面を「捏造」するのだ。 実際に放映されたお題 「ちんこきり」では、A「人前でとつとつと話し出すこと」B「鉄板・鋼板に穴 を開ける道具」C「手間賃をとってタバコの葉を刻むこと。また、その業者」D 「ハンガリーの三拍子の踊り。チンコキル」E「近畿・四国地方などで、ハサ ミムシのこと。灌木や岩の裏などに生息する」といった風に、適当な思いつき の説明を紙に書き込み、親に渡す。 親は『広辞苑』の解説を書いた紙を混ぜ て、番号を振って、順番に読み上げる。 参加者は、どれが正解かを予想・推 理し、チップを賭ける。 正解者には点数が加算され、間違った人はその答を 創作した人にチップを渡す。 それを出題者を代えながら繰り返す。 出題者 が一回りするか、制限時間が来れば、集計して、その日の優勝者が決まる。

 私も、三題出してみよう。 一「たかしこぞう」。 A「鷹匠の弟子。」B「台 風や低気圧によって、海水面が異常に高まり、海水が陸上に侵入すること。高 潮。」C「管状・樹枝状の褐鉄鉱。鉄分が地中の植物体のまわりに付着してでき たもの。」D「竹筒で作った、矢の容器。」E「和泉国の歌枕、高師の浜付近の子 供。」

 二「まひろげすがた」。 A「昼の真中。ひるひなか。」B「身分の低い者らし い恰好。」C「展開により切り広げられた図。展開図。」D「しどけない姿。」E 「大名屋敷の小者・人足などの詰所。」

 三「ちちんこ」。 A「鰍(かじか)の異称。」B「乳汁。」C「乳飲み子。」D 「のどかで日の永いさま。」E「生まれた児に、まず他人の乳を飲ませる風習。 乳わたし。」

 答は明日ね。

残念『広辞苑』第七版の【福沢諭吉】2018/02/14 07:22

 「『等々力短信』1000号を祝う会」の記念品として「電子辞書」を頂戴した ことは、「等々力短信」第1005号(2009年11月25日)「おかげさまの電子辞 書」に書いた。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2009/11/25/4720064

 ずっと便利に使ってきたのだけれど、『広辞苑』第七版が入った最新機種が出 たというので、さっそく入手した。 それで複数の辞書を対象に、「奴雁」を引 いてみた。 「奴雁」は、『広辞苑』にはない。 国語辞典では『明鏡』『新明 解』も収録されているが、それにもない。 唯一あるのは、『デジタル大辞泉』 だ。 どがん【奴雁】⇒がんど【雁奴】「夜、砂州で休んでいる雁の群れの周囲 で人や獣の接近を見張っている雁。転じて、見張り役。奴雁。/◆「奴雁」と したのは福沢諭吉という説があるが、真偽不詳。」 福沢諭吉にまで言及してい た。

 私が『広辞苑』第七版で、まず見たかったのは【福沢諭吉】であった。 第 六版について、「等々力短信」第988号(2008年6月25日)「『広辞苑』の【福 沢諭吉】」を書いていたからだった。

     等々力短信 第988号 2008(平成20)年6月25日

             『広辞苑』の【福沢諭吉】

 15日、紫陽花真っ盛りの鎌倉極楽寺の成就院で開かれた、小尾恵一郎ゼミ OB会「紫陽花ゼミ」で、光栄にも「福沢諭吉」について話をさせてもらった。  柱の一つに、『広辞苑』【福沢諭吉】に苦情を言う、を選んだ。 『広辞苑』第 六版には、こうある。

 『ふくざわ‐ゆきち【福沢諭吉】思想家・教育家。豊前中津藩士の子。緒方 洪庵に蘭学を学び、江戸に洋学塾を開く。幕府に用いられ、その使節に随行し て三回欧米に渡る。維新後は、政府に仕えず民間で活動。一八六八年(慶応四) 塾を慶応義塾と改名。明六社にも参加。八二年(明治一五)「時事新報」を創刊。 独立自尊と実学を鼓吹。のち脱亜入欧・官民調和を唱える。著「西洋事情」「世 界国尽」「学問のすゝめ」「文明論之概略」「脱亜論」「福翁自伝」など。(一八三 四/一九〇一)』 手元の第四版もほぼ同じで、「豊前中津藩の大坂蔵屋敷で生 まれ」、「江戸に蘭学塾を開き、また英学を研修」とあり、「(幕府)に用いられ」 の句がないのが、違うだけだ。

 苦情の第一は、福沢の生年の西暦、「一八三四」。 福沢が生れたのは天保5 年12月12日だが、西暦では1835年1月10日に当る。 天保5年の大部分 は1834年にはなるけれど…。 そして『福翁自伝』などの福沢の年譜は、数 え年で書かれているため、天保5年暮の生れは、満年齢より二歳多くなる嫌い がある。 塾創立は実に満23歳。

 第二は、「独立自尊を鼓吹。のち…」。 福沢は晩年の大患後、近代化に伴う 国民の道徳水準を心配して、高弟達に「修身要領」29条を編纂させた(明治 33(1900)年2月24日発表)。 その中心にすえられたのが「独立自尊」だっ た。 福沢は、この四字熟語を明治23年8月の『時事新報』社説や明治30年 6月の演説で使ってはいるが、その根本思想を表すものとして一般化したのは、 あくまでも明治33年以降なのだ。

 第三は、「脱亜論」と「脱亜入欧」。 著書の中に「脱亜論」があるが、「脱亜 論」は明治18(1885)年3月16日の『時事新報』社説の題目で、本ではない。  「『脱亜入欧』を唱えた」とあるが、丸山真男さんによれば(『三田評論』昭和 59年11月号の座談会「近代日本と福沢諭吉」)、福沢は「脱亜」という言葉は、 この社説の題目に一度使っただけだし、「入欧」という言葉は使っていない。 戦 後、この「脱亜論」と「脱亜入欧」のレッテルを貼って、福沢はアジアを蔑視 し、大陸侵略的だったと批判する人々が現れた。 一人歩きしたそのレッテル に『広辞苑』は引きずられている。  (馬場紘二)

 この「等々力短信」第988号は岩波書店にも送った。 そこで『広辞苑』第 七版だが、電子辞書購入前に図書館で見てきた。 ふくざわ‐ゆきち【福沢諭 吉】の記述は、第六版とまったく変わっていなかった。 まことに残念である。

伝えたいことが伝わり、人を動かす文章2018/01/21 07:19

 そこで都倉武之さんの論文「福沢諭吉における執筆名義の一考察―時事新報 論説執筆者認定論への批判」の構成だが、「はじめに」の後、 一 福沢による文書の代作 1 『福翁自伝』における回想 2 福沢による文 書代作の例 二 福沢著作の執筆名義 三 『時事新報』社説に関する自意識 「おわりに」 となっている。

 今日は「一 福沢による文書の代作 1 『福翁自伝』における回想」をみ てみたい。 それぞれに引用されている福沢の文章が面白いのだけれど、それ は論文で読んでもらうことにする。

 『福翁自伝』に出てくる文書の代作の逸話は、適塾時代の「遊女の贋手紙」、 長崎から大坂への転学の途中、無銭宿泊のために中津の商人鉄屋惣兵衛の名を 騙った船宿への贋手紙、戊辰戦争で捕えられた榎本釜次郎(武揚)の老母の代 りに書いた助命嘆願書である。 これらの逸話は、福沢が贋手紙の内容のみな らず、その内容を記す文体、表記、書体、そして届け方などを総合的に偽ると いう多面的な考慮のもとに実行されたことを語っているのだ。 求める結果を 導き出す文章を作り上げるために、文章の書き手と読み手を意識し、その文章 がいかに読まれるかということに配慮を巡らせ、種々の工夫をし、実際に求め る結果を導いている。

 福沢の文章表現の柔軟性について、適塾時代に赤穂義士は義士か不義士か議 論した一節が引用されている。 そこからは、物事を両面から相対的に見据え た福沢の視座に加え、自分の説とは別次元の問題として、議論の技術が必要で あることを認識し、それを適塾時代に磨いたことが語られている。 明治5年 に東海道を歩いて、行き違う人々に様々な言葉遣いや態度で話しかけ、相手の 反応が変わる様子を観察する逸話がある。 福沢は『旧藩情』(明治10年)で 身分間の言葉の差異を詳細に考察しているように、語彙や語感の違いへの高い 関心を持ち、それを巧妙に使い分ける素地を持っていたといえよう。 年少者 向けの作文教科書『文字之教』(明治6年)の末尾には、文章の表現技術を磨 く必要を説く興味深い下りがある。

 福沢は議論の中身と外形は一体ではなく、難解なことも平易に、無意味なこ ともさも重要なこととして表現しうるといい、文章の技術(art)の重要性を自 覚していた。 中身を読者に伝えることに傾注し、「伝える」という実用の目的 に徹して、その目的を達成しうるならば外形の見栄えには拘泥しない姿勢を鮮 明にし、後進に推奨している。 さらにいえば、彼の書く文章は現在(書かれ た時点)の実用一辺倒であり、後世に向かって書かれたものではなかった。

 伝えたいことが伝わり、動かしたい人々が動けば、その文章は成功している と割り切れる人が福沢であり、福沢の文章は実際そのような意図に満ちている のである。 換言すれば、福沢の文章には必ず何らかの意図があり、意図と離 れて存在し得ないのである。 そうであるから、全ての言説を対等な存在とし て平等に並べて批評することは、福沢の思想を検討する場合不適切なアプロー チとなる。

 これまでの例は私文書に類する例だったが、福沢は公文書でもこれに類する 話を残している。 適塾への留学を中津藩に届ける際、「蘭学修業」と書くと前 例がないので藩庁が認めてくれないと知ると、白々しくも医者である緒方洪庵 のところへ「砲術修業」に出かけるという、前例に則した願書を出すことに、 何の拘泥もしないのである。 名分でなく、実が取れればそれでよいというこ とだ。 福沢はこの逸話で、名分ばかりを重んじ実益を軽んじる日本人の倫理 観を暗に批判しているともいえるだろう。

『鉢の木』の佐野は群馬県2017/12/29 07:21

 16日に「中根東里と司馬遼太郎の栃木・佐野」にこんなことを書いた。 司 馬さんは敗戦の数カ月前、栃木・佐野の小学校に駐屯し、付近の山々に穴を掘 って戦車をかくしたりする作業中、しきりに謡曲の『鉢の木』のことをおもっ た、という。  鎌倉のむかし、無名の旅の僧(実は北条時頼)のために宿をし、鉢の木を焚 いて暖をとらせた牢浪の佐野源左衛門尉常世のことである。 源左衛門尉がわ び住まいしていた佐野とはこの土地ではないかと思うと、まわりの山河が泌み 入るように愛おしくなった。  その後、場所については異説があることを知ったが、この時期はこここそ“佐 野のわたりの雪の夕暮”のあの佐野であると思いこんでいた、と。

 すると、私がいつも拝見している家内の中学の同級生のブログ「マーちゃん の数独日記」に12月19日「深谷に宿泊し、佐野橋を渡る」が出た。

http://blog.goo.ne.jp/dora0077/e/bb292a3f450aa62bd38e1cf42754325f

 司馬さんが、「場所については異説があることを知った」のは、おそらく、こ の群馬県の佐野(今は高崎市に入る)で、『広辞苑』で さの【佐野】を見ると、 (1)群馬県の地名、(2)和歌山県の地名、(3)栃木県南西部の市、という順 番になっている。 (1)は、「群馬県の地名(今は高崎市に入る)昔は、その 地の烏川に船橋があって、「万葉集」の佐野の船橋の故地と伝え、佐野の渡りと いう。また、能「鉢木」の佐野源左衛門尉常世の邸跡という。(歌枕)」とある。  ちなみに、(3)は「栃木県南西部の市。もと日光例幣使街道の宿場町、渡良瀬 川水運の要地。広幅綿縮(佐野縮)の産地。人口12万4千」。 テレビで宣伝 をよく見る、佐野厄除け大師の惣宗寺は、こちらだ。

 『広辞苑』といえば、辰濃和男さんに教わった「それ引け、やれ引け、広辞 苑、ご利益あるまで引き続け……」を紹介したばかりだから、ちょっと続けて みよう。

ふなはし【船橋】多くの船を並べ繋ぎ、その上に板を渡して橋としたもの。 うきはし。万葉集(14)「かみつけの佐野の―取り放し親は離(さ)くれど吾 (わ)は離(さか)るがへ」

かみつけの【上毛野】⇒けの(毛野)参照。

けの【毛野】(江戸時代には誤読してケヌとも)上野(こうずけ)・下野(し もつけ)両国の古称。はじめ上毛野(かみつけの)・下毛野(しもつけの)と書 き、715年(霊亀1)に諸国の国名を2字と定めてから、上野・下野と記した。

こうずけ【上野】(カミツケノ(上毛野)の略カミツケの転)旧国名。今の群 馬県。上州。

しもつけ【下野】(シモツケノ(下毛野)の略)(1)旧国名。今の栃木県。 野州(やしゅう)。

というわけで、『鉢の木』の佐野は群馬県だということがはっきりした。 メ ールをすると、「マーちゃん」が「佐野のわたし駅」や「常世神社」で撮った写 真を送ってくれた。 冒頭に掲げたのは、その一枚である。