「音声読み上げ」で「コビト・ヒマイ・ニッキ」を聞く2021/01/10 07:42

 去年の秋、同期で工学部管理工学科卒業の読者が、私のブログを、最近は「音声読み上げ」で読んでいると、メールをくれた。 音声入力というのがあって、やっている人の話も聞いてはいたが、それは作家でもないのに、何か分不相応な恥ずかしい感じがして、やっていなかった。 「音声読み上げ」なら、面白いかもしれない。 「音声読み上げ」で検索すると、簡単な設定でできることがわかった。 毎日これを書いているWORDにも、「音声読み上げ」の機能があった。

 さっそく、「小人閑居日記」を聞いてみる。 ちょっと変な中国人風のアクセントだが、97、8%ぐらいは正確に読んでくれる。 若干だが、可笑しいのがある。 「小人閑居日記」は、「コビト・ヒマイ・ニッキ」。 「小谷君」は「コタニ・キミ」、「行動力」は「コウドウ・チカラ」、「久びさ」は「キュウ・ビサ」、「風の日」は「フウ・ノ・ヒ」、「(平成7)年」は「ヘイセイ・ナナ・トシ」だった。 最近のでは、「長塚節」は「ナガツカ・ブシ」、「高橋三千綱」は「タカハシ・サンゼン・ツナ」、「楽しげな」は「ラク・シゲナ」、「静脈瘤」は「ジョウミャク・コブ」と読んだ。 音読か訓読かの判別が、難しいようだ。

 敵は「文節」で読むらしい。 『広辞苑』によると、「文節」というのは、橋本進吉の用語で、文を読む際、自然な発音によって区切られる最小の単位で、たとえば「けさ」「あさがおが」「にわに」「さきました」は4文節から成る、のだそうだ。 試みに、「今朝、朝顔が庭に咲きました。」を、「音声読み上げ」に読んでもらったら、「けさ」「あさがおが」「にわに」「さきました」と、正確に読んだ。

なぜ大阪に難読地名(駅名)が多いのか2020/12/27 07:16

 まず、昨日の答。
 (21)鴫野 しぎの 大阪市城東区
 (22)牧落 まきおち 大阪府箕面市
 (23)樟葉 くずは 大阪府枚方市
 (24)私市 きさいち 大阪府交野市
 (25)土師ノ里 はじのさと 大阪府藤井寺市
 (26)布忍 ぬのせ 大阪府松原市
 (27)栂・美木多 とが・みきた 大阪府堺市
 (28)百舌鳥 もず 大阪府堺市
 (29)衣摺加美北 きずりかみきた 大阪府平野区・東大阪市

 12月5日の朝日新聞朝刊Beの「47都道府県の謎」に、なんで大阪に難読駅名が多いのか、という記事があった。 谷川彰英(元筑波大学副学長)著『大阪「駅名」の謎』(祥伝社黄金文庫)に、大阪の歴史は、奈良や京都に先立つ、縄文・弥生と、奈良・平安の間に、大阪が存在するからだと、あるそうだ。

 放出(はなてん)の起源は、幾つもの河川が流れ込む沼沢地から「水を放ち出す」地点。 喜連瓜破(きれうりわり)の「喜連(きれ)」は5世紀初めごろに移住してきた渡来人を指す「伎人(くれびと)」からの転化だという。 「瓜破(うりわり)」は、落ちてきた仏像に瓜を供えたところ、パッと割れてしまったという言い伝えから。 他の駅名についても、古事記や日本書紀を引用しつつ、歴史や古い地形に根ざした由来を説きあかしているそうだ。

再び、「難読地名クイズ」2020/12/26 07:22

2013年6月24日に「難読苗字・地名クイズ」というのを出したことがあっ
た。 その【地名】の方は、下記の通り。
【地名】
 (11)特牛
 (12)放出
 (13)大物
 (14)喜連瓜破
 (15)柴島
 (16)杭全
 (17)王余魚沢
 (18)一尺八寸山
 (19)月出山岳
 (20)設計山

答は、翌日の25日に。
 (11)こっとい。山口県、山陰本線。
 (12)はなてん。大阪市鶴見区。
 (13)だいもつ。尼崎市。
 (14)きれうりわり。大阪市平野区。
 (15)くにじま。大阪市東淀川区。
 (16)くまた。大阪市東住吉区。
 (17)かれいざわ。青森県。「王余魚」は魚のカレイ。水が枯れた沢…涸沢、
軽井沢も同じ。
 (18)みおうやま。大分県日田市。昔、代官が射止めたイノシシ3頭の尾を
つなぐと、一尺八寸だったことから三尾山(みおやま)と呼び始めたと伝わ
る。
 (19)かんとうだけ。大分県日田市。満月のかかる山の名を天皇に聞かれ、方向だと勘違いした説明役が「関東」と答えたことから。
 (20)もっけやま。北海道。

その中の(12)から(16)に、大阪の地名があった。 どうして大阪に難読
地名が多いのか、私が東京の生れ育ちだからかと思っていたが、その理由が日
本の歴史にあることが、最近わかった。
大阪の難読地名(駅名)は、さらに、こんなのもある。
 (21)鴫野
 (22)牧落
 (23)樟葉
 (24)私市
 (25)土師ノ里
 (26)布忍
 (27)栂・美木多
 (28)百舌鳥
 (29)衣摺加美北
 その答と、大阪に難読地名(駅名)が多い理由は、また明日。

『紘辞苑』から(『現代語裏辞典』落選編)2020/08/29 07:01

 『現代語裏辞典』「お助け」に応募したものは、ブログにする以前、電子フォーラム時代の<小人閑居日記>に、結果を含め『紘辞苑』として出していた。 その『紘辞苑』から、あえなく落選となったものの中で、自分としてはけっこう自信のあったものを拾ってみた。 こういうのを「死んだ子の年を数える」というのだろう。

けじらみ【毛虱】陰毛、痒い痒い、それでも漏らさず。
ゲバラ【Guevara】死刑判決を受けた時「チェ」と言った人。
ゲバルト【Gewalt】二人逮捕しようとすると、1時間半はかかる。「ゲバゲバ90分」
けんしき【見識】「世界人類皆兄弟」
こうしえん【甲子園】その土を小袋詰めにして、商売になる唯一の球場。
こうとうえん【喉頭炎】のどが赤くなる病気。
こうとうがん【喉頭癌】のどが赤くなり、顔が青くなる病気。
ごえつどうしゅう【呉越同舟】犬がお客のお猿電車。
こぞう【小僧】こども店員。
ごほう【誤報】牛蒡の赤いものが人参だという情報。
ゴルフ【golf】教えたがり菌の付着したボールをホールに入れる球技。
こんじゃくものがたり【今昔物語】メジャーリーグに日本人助っ人。
しきしゃ【指揮者】存在意義への疑念を、身体で晴らそうとしている人。
しつらくえん【失楽園】その後、アダムとイブがやっている焼肉屋。
しょうじゃひつめつ【生者必滅】葬儀屋の座右の銘。
すいか【西瓜】「壊れますので、改札機に押しつけないで下さい。」
ぜっきょう【絶叫】「こちらムンク美術館、今『叫び』が強奪されました!」
ぞうしゅうわい【贈収賄】記憶力の弱い人に金品を渡す危険な取引。
たいない【胎内】胃ノ下羊水。
だば【駄馬】肉も食えない馬。
だんどり【段取り】銀行の金庫の下までトンネルを掘ること。
ちくでん【逐電】運転士が失踪して電車が不通になること。
ちち【乳】巨をもって貴しとなす。
ちゅうづり【宙吊り】精子の温度管理に神様が考えた方法。
ちゅうぶう【中風】良くない「ヨイヨイ」。
ついおく【追憶】クローデット・コルベールとアン・ブライスとバーブラ・ストレイザンドが、ごっちゃになること。
てんぐ【天狗】昔の人が目撃したクラーク・ケント。
どうりょう【同僚】上役がこの言葉を使う場合、割り勘になる。
とうろくしょうひょう【登録商標】「ウンコの力」
トラウマ【Trauma】馬と競走した虎が、馬に負けて以来、負っている心の傷。

【雑学】【私家版】【怒髪】2020/08/28 07:00

『現代語裏辞典』、試みに二、三、やってみていただくと、わかるのだが、そう簡単に浮ぶものではない。 なかなか大変だ。 大体三十の「お助け」項目が出題され、半日か一日の間に、それも先に書き込まれると使えないので、急がなければならない。 脳内在庫勝負のようなところもあれば、一発芸のようなところもある。 一時はまったく浮ばなくなって、しばらく書き込めなかった時期もあった。 結局、「文は人なり」で、自分の器だけの範囲にしか届かない。 自分自身を笑えるか、知の臭いがするかが、ユーモアのポイントだろう。 幸運にもたくさん採用されたのには、趣味の落語など雑学のおかげや、筒井さんに年齢が近いという利点もあったように思う。

グリコ【Glico】おまけについてくる不要の飴。
ごほう【午砲】静かならざるドン。
ざつがく【雑学】馬鹿な辞典を作る以外は役に立たない。
しかばん【私家版】出版社に断わられ、身銭を切って出す本。
しかんがっこう【士官学校】帽子を上手に放り投げる訓練をする学校。
そうせいじ【双生児】兄はウインナー、弟はボローニャ。
そんごくう【孫悟空】呉承恩がエノケンのために作ったキャラクター。
ちょうわ【調和】この国民にこの政府。
ちょくげき【直撃】キャッチャーが泣き、ベンチとスタンドが笑うもの。
でんきゅう【電球】三遊亭歌笑「球の切れたのは、停電用にお使いください」
どはつ【怒髪】ある種の人々には絶対に不可能な怒りの表現方法。
ヌーボーロマン【nouveau roman】与太郎が主人公の、つかみどころのない小説。
ぬけめ【抜け目】洗って干してある義眼。
ハイ・ソサエティ【high society】サッチモから見たグレース・ケリー。
パワー【power】名は、タイロン。
もんだいじ【問題児】歳とると問題爺。