『学問のすゝめ』のすゝめ・「人間交際」〔昔、書いた福沢129〕2019/10/16 07:17

       『学問のすゝめ』のすゝめ<小人閑居日記 2002.2.3.>

 2月3日は、福沢諭吉の命日。 「21世紀、あらためて福澤諭吉を読む」 をキャッチコピーに、『福澤諭吉著作集』(慶應義塾大学出版会)全12巻の刊 行が始まっている。 第1回配本は、1月15日発行の第3巻『学問のすゝめ』 (小室正紀、西川俊作編)。 福沢の著作で最も名高い『学問のすゝめ』だが、 いったいどれだけの人が、読んだことがあるだろうか。 この著作集、新時代 を生きる指針として、福沢の代表的著作を収録し、読みやすい表記、わかりや すい「語注」「解説」による新編集で、全巻予約の特典として特製CD-ROM 「福澤諭吉資料館」がつくという。

 西川俊作さんの解説によれば、『学問のすゝめ』全編をパソコンで検索したと ころ、「実学」は、わずかに3回しかヒットせず、「社会」は、十七編(明治9 年11月出版)に1回出て来るだけだという。 ちなみに、福沢は当初、 “society”の訳語に主に「人間交際」(じんかん、または、にんげんこうさい) を使っていた。(ほかに、「交際」「交(まじわり)」「国」「世人」などというの もある) 「社会」は、福地源一郎の初訳といわれる。

            「人間交際」<小人閑居日記 2002.2.6.>

“society”の訳語に、「社会」でなく、もし福沢諭吉の「人間交際」(じんか ん、または、にんげんこうさい)が定着していたら、どうなっていただろうか。  社会科、社会学は、人間交際科、人間交際学、何となく勉強してみたくなる科 目である。 社会党は、人間交際党だから、おそらく何度も政権を取っていた だろう。 社会主義は、人間交際主義で、やさしい感じになる。 人間交際保 障というのも、相互扶助の精神が出る。 グレース・ケリーは『上流人間交際』 だし、ラグビーは「人間交際人ラグビー」、学生でも軽く勝てそうではないか。  新聞の三面が、人間交際面というのもいい。

福沢諭吉の片仮名力(ぢから)〔昔、書いた福沢116〕2019/09/26 06:54

『福澤手帖』第122号(2004(平成16)年9月)の「福沢諭吉の片仮名力(ぢから)」〈『福沢諭吉の手紙を読んで』(1)〉。

          福沢諭吉の片仮名力(ぢから)

岩波文庫の慶應義塾編『福沢諭吉の手紙』は、簡便で、ポケットに入れ、い つでもどこでも読めるのが有難い。 表記のやさしさもあって、あらためて気 づくことが多い。 その一つに福沢の片仮名の面白さがある。 表紙にあるフ ハンシーボールは仮装舞踏会、伊藤博文からの招待を、「家事の都合に由り」と 断っている。 インポルタンス、スクールマーストル、プライウェートビジニ ス、モラルスタントアルド、ソンデイの夜、スピーチュの稽古と、思わず頬が ゆるむような表記もある。

一見なんだか分からないものもある。 そこでクイズだが、つぎの福沢片仮 名の意味がおわかりだろうか。 1.ボーレン 2. ソルレイキ 3.クールス 4. ソッポルト 5.ボートル。 オランダ語をまったく知らないので、なんとも言 えないが、英語をオランダ語読みしているところもあるのだろう。 答は、1. ポーランド 2.ソルトレーク 3.コース 4.サポート 5.バターである。

 人名や地名、外来語を片仮名で書くことを始めたのは、いつ、誰なのだろう か。 『福澤全集緒言』の翻訳の苦心談を読み直し、福沢がその文章中に残し た片仮名の意味を考えているうちに、これは笑っている場合ではないと感じた。  一つ一つの片仮名表記が、立ち上がって、われわれの心に響き、鮮明な記憶と して残る、言霊(ことだま)とでもいうべき力を持っていることに気づいたの だ。 その代表例が「マインドの騒動は今なお止まず」「旧習の惑溺を一掃して 新らしき(書簡原本では「新ラシキ」)エレメントを誘導し、民心の改革をいた したく」「結局我輩の目的は、我邦のナショナリチを保護するの赤心のみ」「あ くまでご勉強の上ご帰国、我ネーションのデスチニーをご担当成られたく」と いう有名な明治7年10月12日付馬場辰猪宛書簡である。

『学問のすゝめ』の、ミッヅルカラッス、マルチルドム、スピイチ、ヲブセ ルウェーション、リーゾニング、『文明論之概略』の、ナショナリチ、シウヰリ ゼイション、スタチスチク、ヒロソヒイとポリチカルマタル、モラルとインテ レクト、フリイ・シチなども、そうした力を持ったキー・ワードだ。 当時の 人々にとっては、われわれが今読むよりも、その一語一語は、光り輝くものだ ったろう。

さらに、手紙の中での日本語の片仮名表記も興味深い。デタラマ(メ)、トン ト忘却、大名同士之カジリヤイ、ブウ\/ドン\/、イメイマシク、ゴマをス ル、フラレタ高尾、ソリャコソコイツは、ナンダカヨサソウダ、ドチラツカズ、 メクサレ金など。江戸後期の戯作の手法の流れを汲み、福沢の特色であるユー モアにあふれ、文章の中で絶妙なアクセントになっている。 言文一致、口語 体への橋渡しの役目も果している。

こう見てきて、片仮名の現行の機能(表音性、強調性、表意性)を、福沢が 明治初年までに、ほぼすべて試みていたことに驚かされる。 福沢の文章中に 天性の感覚でちりばめられた片仮名は、ヴワ゛の発明(『華英通語』)という一 大快挙と合わせ、もっと注目されてよいと思う。

難しい字や漢語を避けて、平易通俗の文章を心がけた福沢は、広く読まれて、 日本の近代化に大きな貢献をした。 「福沢諭吉は、日本の現実の中に生きて いる日本語を用いて、ことば使いの工夫によって、新しい異質な思想を語ろう とした。そのことによって、私たちの日常に生きていることばの意味を変え、 またそれを通して、私たちの現実そのものを変えようとしたのである。」(柳父 章『翻訳語成立事情』) それは文明開化の時代の、新しい日本語表記の実験で あった。 司馬遼太郎は、新しい文章日本語の成立を夏目漱石に帰し、漱石以 前では福沢がその成熟に影響力を持ったとした。(『この国のかたち』六)

紀貫之は『古今和歌集』の序文に、「真名序」と「仮名序」をつけた。 「真 名」とは漢字のことで、当時中国から伝わったものが「真」で、日本で派生し たものは「仮」だった。 貫之が「仮名序」をつけたのは、漢字文化に対する 仮名文化の鮮烈な立ち上げの宣言であり、日本語や日本文字の自覚を強く促し たものだという(松岡正剛帝塚山学院大学教授)。 福沢の片仮名や平易な文体 の実践は、「言霊(ことだま)の幸(さき)はふ国」での、紀貫之の仕事の延長 線上にある、近代日本への大きな技術的貢献だったといえるだろう。

片仮名力と漢字翻訳語の力〔昔、書いた福沢105〕2019/08/23 08:06

             片仮名力と漢字翻訳語の力

       等々力短信 第945号 2004(平成16)年11月25日

 5月の短信・第939号「左のポッケにゃ福沢手紙」の福沢の片仮名が面白い という話を発展させて、福澤諭吉協会の『福澤手帖』122号に「福沢諭吉の片 仮名力(ぢから)」を書かせてもらった。 その片仮名の多彩な使用法を入口に して、文明開化期の福沢の、平易な文体による日本語表記、新しい文章日本語 の実践が、近代日本への大きな技術的貢献だったとした。 それで福沢は広く 読まれ、近代日本のシナリオライターとなった。 その後、この議論を補強す るようなものを二つ読んだので、紹介しておきたい。

 一つは陳舜臣さんの「六甲随筆」(朝日新聞9月13日夕刊)「片仮名言葉は日 本の財産」で、陳さんは最近の片仮名言葉をなるべく減らそうとする動きが、 過剰になることをおそれる。 片仮名は日本語の大きな特徴であるといい、外 国の人名や地名をいちいち漢字で表現しなければならない中国にくらべると、 片仮名は日本にとってじつに貴重な財産だというのだ。 そういわれてみれば、 『文明論之概略』のスミス、ワット、ペイトル帝、ナポレオン、ビスマルク、 ロンドン、パリ、ワシントンが、斯密、瓦特、彼得帝、拿破侖、俾斯麦、倫敦、 巴黎、華盛頓では、憶えるだけで一大事だ。

 「福沢諭吉の片仮名力」では片仮名に力点をおいたため、福沢が英語の翻訳 に当って、いろいろな漢字を持ってきて、新しい言葉を造語したことには触れ ることができなかった。 丸谷才一さんは『ゴシップ的日本語論』(文藝春秋) 所収の「日本語があぶない」で、次のような重要な指摘をしていた。 「われ われの近代化がアジアで最初に成功したのは、一つには仮名を持っていた、一 つには漢字による訳語を持っていた、この二つによってであった。」「明治時代 の欧化、あるいは日本の近代化は、漢字を使った欧米語の邦訳に負うところが 極めて大きかった。」「近代日本語成立の極めて重要な一要素は、西欧の概念の 漢字による翻訳語であった。」「漢字合成による西欧的概念語ができた。西欧的 物体をあらわす普通名詞、および抽象名詞の訳語ができた。」(丸谷さんの表記 を、現代仮名づかいにした) 先月末、福澤諭吉協会の史蹟見学旅行で摂州三 田(さんだ、パンダと同じアクセントの由)を訪れ、三田城跡の前で福沢が旧 藩主九鬼隆義と親しくなったきっかけをつくったと考えられている川本幸民の 顕彰碑を見た。 川本は日本で最初にビールやマッチや銀板写真機を試作し、 「麦酒」「化学」「蛋白」という翻訳語は川本によるものだと聞いて来た。

漱石と諭吉〔昔、書いた福沢92〕2019/08/10 07:25

                漱石と諭吉

      <等々力短信 第894号 2000(平成12)年11月5日>

 岩波書店の『漱石全集』に、第十七巻「索引」が出たのは1976(昭和5 1)年4月のことで、始めてから一年を過ぎたばかりの、ハガキに和文タイプ 謄写版印刷だった「広尾短信」同年5月15日の44号で、取り上げている。  さっそく「広尾」「慶應」「福沢諭吉」を引いてみて、当時住んでいた「広尾」 の、まさにその同じ場所である祥雲寺墓地の横に、鈴木三重吉が住んでいたら しいこと、「慶應」は、講演を断わる手紙を書いたという日記と、英語教師にな れという話を断わることにふれた小宮豊隆宛の手紙に登場するだけで、「福沢諭 吉」にいたっては、『漱石全集』全十六巻に一度も現れないと書いている。 当 時、ひどくがっかりしたのを覚えている。 漱石は、福沢が嫌いだったのだろ うか、などと思った。 漱石がイギリスに留学したのは、福沢が死ぬ一年前の 1900(明治33)年のことだ。 漱石が少年期か学生時代に、ベストセラ ーである福沢の著作を、まったく読んでいなかったとは考えられないからだっ た。

 司馬遼太郎さんは、天才夏目漱石の出現によって、大工道具ならノコギリに もカンナにもノミにもなる「文章日本語」ができあがったという持論を展開し た。 漱石の文章を真似れば、高度な文学論も書けるし、自分のノイローゼ症 状についてこまかく語ることができ、さらには女性の魅力やその日常生活を描 写することもできるというのだ。 『司馬遼太郎全集』月報に書いた「言語に ついての感想(五)」(文春文庫『この国のかたち 六』所収)の中で、司馬さ んはその漱石以前に、新しい「文章日本語」の成熟のための影響力をもった存 在として、福沢諭吉の文章をあげる。 とくに『福翁自伝』を、明晰さにユー モアが加わり、さらには精神のいきいきした働きが文章の随処に光っている、 という。 ただ福沢の時代のひとたちの、事柄を長しゃべりするとき、つい七 五調になってしまう伝統の気配が『福翁自伝』にも匂い、そのため内容の重さ にくらべて、文体がやや軽忽(きょうこつ=かるはずみ)になっていると指摘 する。 「しかし『福翁自伝』によって知的軽忽さを楽しんだあと、すぐ漱石 の『坊ちやん』を読むと、響きとして同じ独奏を聴いている感じがしないでも ない。 偶然なのか、影響があったのか。 私は論証なしに、あったと思いたい」 と、司馬さんは書いている。

 漱石の蔵書中に福沢の著作があったかどうか、『坊ちやん』に『福翁自伝』の 影響があるのかなど、両者の関係を研究してくれる人はいないだろうか。

三田演説館百二十年〔昔、書いた福沢66〕2019/06/21 07:10

             三田演説館百二十年

       <等々力短信 第700号 1995(平成7).3.15.>

 演説館といえば、野村清さんの歌集『老年』に、こんな「ど真ん中の直球」 がある。

     演説といふ語をつくり演説館を造りし慶応の福沢諭吉

 1月15日の「等々力短信」第694号の「戦後五十年の常識」にご登場いた だいた、福沢諭吉と演説の研究者・松崎欣一さんが、昨年12月10日、福沢 諭吉協会の土曜セミナーで「三田演説会百二十年」という講演をなさった。  講演を拝聴し、あとで草稿のコピーも頂戴した。 それによって演説と演説館 の歴史をたどってみよう。 三田演説会の発足は明治7(1874)年の6月 27日(『福沢諭吉全集』によると小泉信三の父信吉がスピーチ、デベートの 法を説いた米書を福沢にもたらしたのが明治6年春夏、スピーチを演説と訳し た『会議弁』の刊行は明治7年らしい)、三田演説館の開館は翌年、明治8年 の5月1日のことだそうだ。 以来「三田演説会」の名は、慶應の中で特別な 意味を持つ講演会の名称として今日まで受け継がれ、近年では年二回の開催を 例として、662回という数になっている。 また、演説館も三田演説会や学 位授与式、さらに慶應の大切な記念日(彰義隊の戦争におかまいなく福沢が講 義をした)であるウェーランド経済書講述記念日の講演会など、特別な行事の 会場として使われ続けている。

 昨年のウェーランド経済書講述記念日の講演会は5月16日に行なわれた。  文学部の講義も一つ担当している松崎さんは、その講義の時間帯とたまたま 重なったので、ふと思い付いてその学生たちと一緒に聴講してみた。 法学部 の内池先生が「法律学者・神戸寅次郎」と題し、大学部法律学科第一回の卒業 生で、法学部の基礎を創った神戸寅次郎の人と学問の話をした。  史学科の 二、三年生を主とした松崎さんの学生たちは、翌週の授業で「今までぼやっと 過ごしてきたけれども、勉強をしなければいけないなと思った」とか、中に入 るのは初めてで「会場は古めかしくてあまり立派とはいえないけれども、ふだ んは見かけない年配の人も大勢聴いていて、ちょっとおごそかな雰囲気の中で 緊張したが良い経験をした」と感想を述べたという。  松崎さんは「要する に、講演を聴くうちに、福沢先生を始めとする諸先輩がいろいろな意味で勉強 してきた、その場所に今自分がいるのだということを実感できたのだと思いま す。 これが「伝統」というものの力なのだろうと思いました」と、まとめて いる。 セミナーのマクラだけしか紹介できなかったので、あとは活字になる のをご期待下さい。