『鎌倉殿の13人』平相国、木簡、佐殿、武衛2022/03/09 07:06

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(三谷幸喜・作)を、面白く見ている。 いろいろ、知らないことがある。 1月9日の第1回「大いなる小競り合い」北条の家は父・時政(坂東彌十郎)、子・宗時(片岡愛之助)・政子(小池栄子)・義時(小栗旬)・実衣(宮澤エマ)、時政は京から迎えた後妻りく(宮沢りえ)にデレデレだ。 伊東家は、北条と、三浦(三浦義澄(佐藤B作)子・義村(山本耕史))両家を束ねる。 伊東祐親(浅野和之)は、義時と義村の祖父に当たる。 伊東家で預かっていた源頼朝(大泉洋)と伊東の娘・八重(新垣結衣)の間に子・千鶴丸が生まれる。 平家の命令で、伊東祐親は千鶴丸を殺し、頼朝は、北条の家に逃げ込む。 皆、平清盛(松平健)を「平相国(へいしょうこく)」と呼ぶ。 「相国」は、中国で宰相の称、太政大臣・左大臣・右大臣の唐名。

 1月23日の第3回「挙兵は慎重に」で、北条義時が束になった木の札を見ているシーンがあった。 これが何か、私は見過ごしたのだが、アサブロ「やまもも書斎記」で「木簡」だと教わった。 年貢の荷札か、管理の台帳なのか、武士の経済的基盤である領地、荘園の管理のためのものである。 義時の描き方が、頼朝を担いで平家と一戦交えようとする兄の宗時と違い、やむを得ず兄に引っ張られていくような性格に描かれている。 2月20日の第7回「敵か、あるいは」で、坂東の巨頭、上総広常(佐藤浩市)を味方につけようと説得に行く。 義時は、上総広常に頼朝の下、坂東武者の勢力を結集して平家に対抗しようと説くが、ポロリと自分は次男坊で「木簡」でも数えているほうが性に合っている、と漏らす。 昔、零細工場のわが家では、兄が製造、次男坊の私が経理だった。

 このドラマでは、源頼朝を「すけどの」と呼んでいる。 2月27日の第8回「いざ、鎌倉」。 坂東の武士たちを味方につけて、一行は源頼朝の父・義朝伝来の地である鎌倉へ乗りこもうとしている。 上総広常は、頼朝が「すけどの」と持ち上げられて、一人偉そうにしていて、酒の席にも出て来ないのが不満である。 「すけどの」は「佐殿」、頼朝の伊豆に流される前の官位が、従五位下・右兵衛権佐(うひょうえごんのすけ)だったので、縮めてこう呼んだ。 不満な上総広常は、三浦義村だったかが教えた「武衛(ぶえい)」と、頼朝を呼ぶ。 頼朝は、「佐殿」より「武衛」が上かと思って、ニヤリとするのだ。 「武衛」は、兵衛府およびその官職の唐名、中国風の言い方。

「驫」(とどろき)という漢字2022/02/19 07:03

 「驫」(とどろき、ヒョウ)という漢字があるというのを、生まれて初めて見た。 苗字が馬場で、等々力に住んでいたことから「等々力短信」を出し、轟亭(ごうてい(「とどろきてい」と読む人がいるが))というハンドルネームを使っているのに…。

 「驫木」と書いて、「とどろき」という地名があるのだそうだ。 「驫木駅」という駅が東日本旅客鉄道五能線にある。 場所は青森県西津軽郡深浦町大字驫木字扇田、秘境駅として知られるという。 「驫木」の由来は、平安時代にこの地を訪れた花山天皇の従者の馬三頭が、波音から驚き暴れ出したことから。

 『漢和辞典』で、「驫」を見る。 「ヒョウ」(1)多くの馬。(2)馬のむらがり走るさま。 [難読]驫(とどろき)・驫木(とどろき)

 ついでに、「森」はお馴染みだが、「ヒョウ」に「猋」という字もあった。 (1)犬が群をなして走るさま。(2)はしる。速く走る。(3)つむじかぜ。はやて。旋風。 ほかに、動物だと、「麤」「ソ」(1)粗、あらい。(2)はなれる。遠ざかる。(3)ほぼ。大体。あらまし。(4)大きい。 「羴」「セン」羊のにおい。 「贔」「ヒ」(1)贔屓の「ヒ」。(2)いかる。 人間も動物、「众」「ギン」人が多く立つ。 「惢」「サ・ズイ」(蕊しべ)(1)疑う。惑う。(2)良い。

 日の「晶」も知っているが、月三つは見つからない。 火は、「焱」「エン・ほのお」。 「淼」「ビョウ」(1)ひろびろと広がるみず。大水。(2)水面などの広く果てしないさま。 「垚」「ギョウ」(1)高い。(2)土の高いさま。 「厽」「ルイ」土を積み重ねる。土を積んで作った垣や壁。 (「厸」「リン」隣の古字。(字を出せないが)厸が二段になった字「ユウ」幽に同じ。)

「大東亜中央病院」の日野原重明先生2021/11/05 07:17

 6月4日の「身近な地名、芝白金三光町、戸越、九品仏」に書いたように、池澤夏樹さんの『また会う日まで』で、昭和9年、益田ヨ子(よね)との再婚が決まり、秋吉利雄がヨ子を子供たち、文彦と洋子に会わせることにしたのは、九品仏の自宅だった。 私が今、住んでいる近くで、わが家を挟んで、ちょうど反対側の玉川田園調布に、日野原重明さんが亡くなるまで住んでおられた。

 『また会う日まで』10月3日の第415回、秋吉利雄は築地の水路部へ行く途中で、聖路加病院の日野原重明先生と会う。 「日野原先生」 「おや、秋吉さん。海軍少将が徒歩でご出勤ですか」 聖路加病院はアメリカの聖公会が作ったところだから、秋吉家のかかりつけ、なじみの入院先だ。 文彦も宣雄もここで手厚い看護の果てに天に旅立った。 日野原先生は、秋吉より二十歳ほど下だが、秋吉はこの人を心から信頼している。 聖路加病院、昭和20年の今は大東亜中央病院と名が変わっていて、屋根の十字架も取り外された。

 立ち話が長くなる。 病院内で使う言葉も英語が禁止された。 アメリカの医療をそのまま導入し、医師や職員にアメリカ人は多く、用語ももっぱら英語が使われていた。 カルテはドイツ語だが、ここでは英語でチャートと呼んでいた。 アメリカ人の医師や職員は帰国を余儀なくされた。 ベイスンと言いかけて洗面器と言い直す、ピッチャーを湯おけ、リネンルームは材料室、スプーンはしゃもじ、ポケットはかくし。 みんな言い間違えを笑いながら使っているが、どこで誰が聞き耳を立てているかわからない。 「他の人には言えませんけれど秋吉さんになら言えることがあります。日本はこんなに多くをアメリカに学びながら(なぜ)あの国を相手に戦争を始めたのでしょう?」 「わたしにはわからない」 「私は医学しか知りませんがあちらは何十歩も先へ行っていますよ。感染症に対してペニシリンという画期的な薬があるらしいのです」 「碧素(へきそ)でしょう。噂は聞いている」

 「わかっていても作れない。産業の規模が違うからだと私は思います。関東大震災の時、聖路加を創設されたトイスラー先生はたまたまアメリカに帰っておられた。病院は焼けてしまいました。で、あちらで親しかったアメリカ陸軍省のパーシング将軍という方に働きかけて支援を頼みました。震災の三週間後にトイスラー先生が帰国した時、アメリカ陸軍の部隊がもう何十ものテントを連ねて臨時の病院を作っていました。ベッドが二百二十五床という立派なもので、検査機械も薬剤も一通り揃っていたと聞きました。『米国政府医療庁野戦病院』という名でした」 「産業が足りない分を精神力で補う。科学者として言えば無理な話です」

小説の中で、作者池澤夏樹さんが誕生2021/11/04 06:57

 小説の中で、作者自身が誕生するのは、珍しいのではないか。 池澤夏樹さんの朝日新聞連載『また会う日まで』の10月28日の第439回、笠岡に赴任した秋吉利雄のところに、帯広にいる福永武彦から電報が届く。

 「ダンジタンジヤウ」ボシトモニケンカウ」ナツキトナヅク」タケヒコ」

 その後、武彦から手紙が来る。 「伯父上、伯母上、我が従兄妹(いとこ)たち、みなさま息災でいらっしゃいますか。/この七月七日、七夕の日に帯広協会病院で澄が無事に出産しました。男の子でした。母子ともに元気です。/夏樹と命名しました。/僕も澄も詩人ですから、名前はずいぶん考えました。/僕は女の子なら春菜と思っていたのですが、女の子ではないし春でもない。」

 池澤夏樹さんの誕生と福永姓でない事情は、池澤夏樹・池澤春菜著『ぜんぶ本の話』を読んで、<小人閑居日記 2021.1.31.>の「結城昌治、サナトリウム、実の父親は福永武彦だった」に書いた。 「原條あき子」の本名は山下澄。 9月末の『また会う日まで』、1944(昭和19)年の夏の終わり、武彦が許嫁の山下澄を連れて挨拶に来た。 武彦が前の年にアテネ・フランセでフランス語を教えていた時の生徒で、詩の才能がある。 日本女子大の英文科に籍があるが、勤労動員で日本赤十字社の外事課で英語の文書を作っている。

 『また会う日まで』の10月29日の第440回、武彦からの手紙には、妻にして母となった澄の詩「なつきへ」が同封されていた。

 ごらん なつき 空の向こう
 ぽつかり 浮かぶ 雲のお家
 眠りの朝 消えた 星へ
 風に 乗つて いつか 行こう

 ごらん 草の 葉つぱ 揺れて
 ひとり はねる 山羊の 子ども
 とんがり あたま まひる 鳩も
 白い 夢に 胸毛 とけて

 お聞き ね ほら 鐘が 鳴れば
 光り さやぐ ポプラ 並木
 蟬の うす翅 銀に 響き
 野萩 笑う 秋を 待てば

 夕べ 沈む 花輪に 暮れ
 なつき おまえの 日を 飾る
 愛の 天使 明日を 祈る
 みんな はやく 夜に かくれ

 日本語でも韻を踏んでいる。 行の終わりの母音を揃える。 最後の聯だと、「暮れ」と「かくれ」、「飾る」と「祈る」を重ねて響かせる。 と、武彦さんに聞いたと、秋吉利雄の妻ヨ子(よね)が言う。

クイズ「この文章読めますか?」の「こえた」でなく「答」2021/11/02 07:02

   〇問題

1. よひのじんう

2. そんどくつじり

3. ごろうのきんしがありせんま

4. さえするおさたちばにものあるとしてもうしたいわけないへん

5. といべんげんじょういちてっまんぱいにん

   〇「こえた」でなく「答」

1. ひのようじん  火の用心

2. どくりつじそん 独立自尊

3. ろうごのしきんがありません 老後の資金がありません

4. おささえするたちばにものとしてたいへんもうしわけない

   御支えする立場にある者として大変申し訳ない

5.  いべんとじょうげんいちまんにんてっぱい

   イベント上限一万人撤廃