「自由民権運動の経緯」と福沢『国会論』2022/07/14 06:53

 「自由民権の町田が東京へ」に関連して、福沢諭吉と自由民権運動について、見てみたいと思う。 富田正文先生の『考証 福澤諭吉』下巻の「明治十四年の政変」の章に、「自由民権運動の経緯」がある。

 明治6(1873)年に征韓論がいれられず下野した諸参議のうち、板垣退助、後藤象二郎、江藤新平、副島種臣の4前参議と、小室信夫、由利公正、岡本健三郎、古沢滋の4名を加えた8名連署で、明治7(1874)年1月17日に民選議院設立建白書が左院に提出された。 これから5日前の1月12日に、この8名の連署者とその他の有志者が副島前参議邸に集まり、愛国公党を結成したのが、自由民権派の最初の政治結社であった。 天賦の人権に基づいて民選議院の設立を要求することが、当面の政治課題であるとした。 しかし、党の中心人物である板垣退助と片岡健吉が相前後して土佐に帰ってしまったので、事実上消滅してしまった。

 明治8(1875)年1月から2月にわたって、大久保利通、木戸孝允、板垣退助の現前3参議が大阪に集まって、政局の収拾について意見を交換した。 いわゆる大阪会議である。 このとき板垣は、旧愛国公党の同志の再結集を呼びかけ、土佐の立志社が中心になって、全国的政治結社として愛国社が結成された。 ところが、結成後十日も経ないうちに、板垣が参議に復帰することが決まったので、反政府運動を目標に結集した愛国社は、何の活動もしないうちに自然消滅してしまった。

 明治10(1877)年の西南戦争後は、武力による反政府運動は影をひそめ、代わって言論による大衆組織によって専制政府を打倒しようという方向へ、有志者の指向が変わって来た。 土佐の立志社は愛国社の再興を図り、各地の政治結社に呼びかけて、明治11(1878)年9月に大阪で愛国社の再興大会を開き、その後毎年春秋に大会を開いて、やがて全国政治結社の中核的存在になった。

 福沢諭吉は、明治12(1879)年7月28日から8月14日まで、11回にわたって『郵便報知新聞』に「国会論」と題する社説を掲載、8月のうちに単行本『藤田茂吉・箕浦勝人述/国会論 前編』として出版した。 福沢の『国会論』が発表された後の、11月の愛国社の第3回大会では、愛国社は国会開設実現を期する全国的規模の大衆的請願運動を組織化することを、当面の最重要課題として採り上げた。

 果たして『国会論』が愛国社の運動に影響を与えたかどうかは、見解が分かれるけれど、この時期から国会開設請願運動は燎原の火のような勢いで燃えひろがり、福沢自身も門下生の有志者に頼まれて、神奈川県下の人民の国会開設請願の趣意書を代筆して与えたこともある。 その趣意書は各地の新聞にも転載されて、条理整然としたその文面は国会開設請願書の範とされたという。

内海忠勝神奈川県知事、子孫が慶應というメール2022/07/13 06:50

 6月13日にアップした<等々力短信 第1156号 2022(令和4).6.25.>「自由民権の町田が東京へ」には、いろいろな反響があった。 「ブラタモリ」をけっこう沢山の人が見ていることもわかった。 反響の中で、慶應には実にいろいろな人がいるということを実感させる一通のメールがあった。

 「等々力短信」の一番終わりに、「神奈川県知事の内海忠勝は中央集権の考えで、石阪昌孝らの盛んな自由民権運動の民衆の考えが目障り、多摩川と離れた南多摩郡まで東京へ追い出した」と「ブラタモリ」でやっていたことに触れた。それに対し、毎月、感想のメールを頂く大学同期のYさんが、さっそく「内海忠勝神奈川県知事」の子孫の方と付き合いがあるという、メールをくれた。 内海家は三田に広大なお屋敷があり、YさんもYさんのお姉さんも、内海家の子孫内海勝正さんや内海淑子さんと親しくさせてもらったという。 内海勝正さんが長兄で男7人、末っ子の淑子さんとの8人兄弟、男全員慶應義塾で活躍し、それぞれ柔道部、水泳部、空手部などで大変な功績を残しているのだそうだ。 内海家は伊藤博文と大変密接な関係で、それは伊藤家系図を参照すればわかるとあった。

 内海忠勝神奈川県知事、なるほど長州出身だった。 天保14年8月19日(1843年9月12日)、周防国吉敷郡吉敷村(現、山口県山口市)に吉田治助の四男として生まれ、長州藩士として禁門の変に参加、維新後新政府に登用され、岩倉使節団に大使随行員として参加している。 地方官として、長崎、三重の県令、兵庫、長野、神奈川(第3代知事)、大阪、京都の知事、会計検査院長を歴任。 1899(明治32)年11月貴族院議員に勅選され、1900(明治33)年3月まで在任。 1901(明治34)年、第一次桂内閣で内務大臣(第20代)に就任し、初入閣を果たした。 1904(明治37)年7月貴族院男爵議員に就任し、1905(明治38)年1月20日に死去するまで在任した。

Pruyn駐日米公使とSeward国務長官の氏名表記2022/06/28 06:58

 小室正紀さんの「『時事新報』経済論を読む」講座、一旦お休みして、『福沢手帖』第193号が届いて、巻頭に大島正太郎さんの「慶応三年遣米使節団の交渉相手Pruyn公使とSeward国務長官の氏名表記について」という論文が出たので、それに触れておく。

 ハリスの後の駐日公使Pruynが、一般に「プリュイン」とか「プリューイン」とか表記されるけれど、『福翁自伝』「再度米国行」で福沢が書いているように「プライン」が正しい。 慶応三年遣米使節団がアメリカで会った国務長官Sewardは、「シューワード」、「スーワード」等と表記され、福沢も「シーワルト」と表記しているけれど、「スワード」が正しいと、大島正太郎さんはいうのである。

 2021年12月4日、福澤諭吉協会の土曜セミナーで、大島正太郎さんの「日米関係事始め~1850年代、60年代の両国関係~」という話を聴き、衝撃を受けた。 大島さんは、元外交官で日本国際問題研究所客員研究員。 私は、日本開国に向けた外交を主導しペリーを日本に派遣した大統領、フィルモアの名前を知らなかった。 また小野友五郎がアメリカと三隻の軍艦購入交渉をし、ハリスの後の駐日公使プラインに80万ドルを渡してあったのに、一隻しか来ていなかったことについての交渉が、使節団の遣米目的だったのだ。

 それで、この日記に下記を書いていた。 そこでは、大島さんのお話通りに、「プライン」公使、「スワード」国務長官と書いていたので、安心した。

ペリーを日本に派遣した大統領<小人閑居日記 2021.12.9.>
慶応3(1867)年、軍艦受取委員の実相<小人閑居日記 2021.12.10.>
南北対立、フィルモアの「1850年の妥協」で安定、日本開国を追及へ<小人閑居日記 2021.12.11.>
日本開国、フィルモア大統領とペリー<小人閑居日記 2021.12.12.>
日米ともに、近代化の「生みの苦しみ」<小人閑居日記 2021.12.13.>

福沢諭吉、『時事新報』の積極的な鉄道論2022/06/27 07:05

 福沢、『時事新報』は、小室正紀さんによると、この時期しばしば鉄道について、積極的に論じている。 小室さんの【主旨】でみてみたい。

 局外窺見(きけん)」明治15年7月19/20/21/25/26/27/28/29日(自筆原稿)では、「本質を見る見方で西洋文明を考えれば、その骨髄は、運輸交通である。運輸交通は直接の実利は見えにくいが間接の効果は大きい。道路などの運輸交通については政府の保護が必要だが、偏りがないように「一般の法」を設けて全国一般に保護する必要がある。保護はより間接的な方がよい。」

「鉄道論」明治15年9月22/25日、「鉄道は、人智の発達、経済の盛衰の要であり、軍事上も意味が大きく、しかも経済上の効果が見込めるのに、日本では、その便益・効果が認識されず、敷設が進まないことを嘆く。」

 「鉄道敷設」明治15年11月8日(未掲載)、「人民による鉄道敷設が進まない現状に鑑み、政府が、1000万円の外債を募集して鉄道敷設に着手すべきことを主張。」

「東京大阪間ノ鉄道連絡」明治16年11月30日(未掲載)は、「政府が、中仙道経由東京大阪間鉄道連結工事のため、17年度に工部省へ50万円を下付することに対して、この支出では20年を要し、余りに緩慢に過ぎると批判する。」

「大に鉄道を敷設するの好時節」明治16年12月1/3/4日は、「鉄道敷設の利益を収支の点から示し、富豪有志に私立の鉄道建設を勧めるとともに、人心がその方向へ進まない時には、政府が内外国債を発行して、各路一斉に起工することを勧める。」

「日本国の鉄道事業」明治19年3月12日~4月14日(未掲載)
一、「日本の鉄道事業ハ十五年間に二十英里宛の進歩なり」3月12日
二、「世界中に日本ほど鉄道工事の進まざる国を見ず」3月13日
三、「世界鉄道の統計に照せば日本鉄道の緩慢は彌々明なり」3月15日
四、「日本鉄道会社は早くその一千四百万円を利用すべし」3月16日
五、「即座に三千四百余万の鉄道資金あり」3月18日
六、「鉄道建設は迅速なることを得べし」3月19日
七、「日本国の鉄道は日本西洋の両地に於て之を経営すべし」3月22日
八、「東海山陽西海の鉄道工事最も急速を要す」3月23日
九、「鉄道の資金を得るは無造作の業なり」3月24日
十、「鉄道の要ハ少しく金を費し多く其益を享くるに在り」3月26日
十一、「日本鉄道の建築には務て費用の廉なるを要す」3月27日
十二、「廉なる二英里の鉄道は不廉なる一英里の鉄道に優れり」3月29日
十三、「米国の鉄道は最も廉価なり」3月30日
十四、「狭軌道は広軌道に如かず」4月1日
十五、「既成三百英里の為めに前途幾千里の鉄道工事を枉(ま)ぐるは非なり」4月2日
十六、「米国の鉄道は決して危険ならず」4月3日
十七、「米国の鉄道の営業費ハ決して不廉ならず」4月6日
十八、「鉄道事業には利益無かる可らず」4月7日
十九、「日本鉄道の乗車賃は甚だ不廉なり」4月8日
二十、「貨物の運賃も亦低きことを要す」4月12日
二十一、「乗客の種類と乗車の目的は千変万化なり」4月13日
二十二、「客車(きゃくゞるま)の製ハ米国鉄道のもの便利なり」4月14日
二十三、「日本政府の鉄道政略を聞かんことを望む」4月15日
(この論説の筆者は? 福沢は3月10日~4月4日、東海関西漫遊旅行中で、当時の『時事新報』社長で、実質上の№2中上川彦次郎の可能性がある。)

明治16年の「開国論」、東洋道徳復活論を批判2022/06/26 07:41

 小室正紀さんの「『時事新報』経済論を読む」講座、毎回、各論説の【主旨】【要約】と、注目すべき文章(引用)が、資料として配られたが、その一例を紹介しておきたい。 4回目、2018年9月26日の講義、これは『福澤諭吉全集』収録の「開国論」明治16年2月14/15日、3月22/23/24日。

【主旨】近時の東洋道徳復活の世論を文明開進と外国交際の観点から批判する。

【要約】幕末には西洋諸国と日本とが互に異類視して相互に理解がなく、様々な軋轢を生んだが(*1)、文久の遣欧州使節は欧州を見て大開国主義に変じた。その後、内外の交際が次第に繁多になり、日本も維新後は外国交際が大切であることを知り、我より欧米文明を摂取して、内外の人民が相識ることとなった。西洋に心酔している譏(そしり)も免れないが、長い目でみれば、西洋文明の主義に従い(*2)「和漢古今不智無術の陋習」を脱するべきである。

(中略)ところが、近頃は文明開進の激しさに驚いて、昔に帰ろうとしている。開国の激変だけではなく、ここ50年来の文明は蒸気・電信・郵便・印刷など発明発達に従い、社会を根底から顛覆して新社会を創っているものなので、西洋でも狼狽するほどのものなのである(*3)。日本国民がそれに応じられないのも尤もである(*4)。しかし、これは文明諸国一般の風潮であって、一国一人で左右できるものではなく、たとえ不愉快でも耐えなければならない。

 退歩・反動として少年子弟に漢書を読ませることが流行し(*5)、その余波で、唯我独尊に東洋道徳を尊ぶ論者が出てきている。しかし、道徳の本は人類天然共通の人情であり、東西の間でも根本は異ならない。それが人間社会知識の発達、社会上の必要によって説明の仕方が変わっているのみである(*6)。それにもかかわらず、唯我独尊の道徳観で他国人を異類視することは、外国交際にも無限の不都合を生じる(*7)。

 進歩の劇しさに驚いて、道徳論の極端に走って古学頑固者流の言に依頼して一国永遠の大計を誤ってはいけない。

[『時事新報』の文章]

(*1)「人間交際の禍は此彼相知らざるより大なるものはなし」「双方の事情相通ぜざるの時に於て各自見解の齟齬は、不測の極端に達するものなり」

(*2)「我輩は常に西洋癖を好まずして其過度なるを警しむる者なりと雖ども、是は局処随時の議論にして可なり。一般に関する永遠の得失を云ふときは、啻(ただ)に西洋癖を咎めざるのみならず……」

(*3)「近代の文明は西洋の本国に於ても正に五十年来の文明にして、百般の事物、人の耳目を驚かすもの少なからず。或は之が為に旧慣を払ふこと劇しきに過ぎて、老人の頑固者流は之に従ふの難きに苦しみ、常に狼狽する程の次第にして……」

(*4)「文明開進の急劇を好まざる諸君子も、我輩に於て其情を察せざるに非ず。或は我輩の一心に思ふ所のものと暗号(ふごう)して、必ず憂患を共にする場合もあらんと雖ども、我輩は思ふ所を言はざるのみ。之を言ふを知らざるに非ず、之を言ふも有害無益、実際に行はれざるを知て忍びて言はざるのみ」

(*5)「苟(いやしく)も学問(サイヤンス)と名づく可きものは之を和漢の書に求む可らず。」「漢書は唯学問の補助」

(*6)「道徳の本は、………結局天然の人情より外ならずして、之を説明するの法は人間社会智識発達の前後に従ひ、其社会を維持するの要用に由て異動あるのみ。」

(*7)「唯我独尊とは正しく唯我独卑と云ふに異ならず。独り自から我道徳の旨を尊しとして他国他人を異類視するときは、人亦我れを異類視する当然の理にして、異類異情の人は相互に其交際法も亦同様なるを得べからざるなり。」