無念の公演中止、チケットの払い戻しまで2020/07/08 06:58

 4月6日、翌日7都道府県に新型コロナウイルス特別措置法にもとづく「緊急事態宣言」が発令される、という報道がなされた。 4月7日、「緊急事態宣言」が出ると、シス・カンパニーからシアターコクーンの『桜の園』公演中止のお知らせというメールが来て、4月29日までの全公演を中止するので、5月15日までに払戻しの手続きをしてくれという。 なかなか取れないチケットを手にして、楽しみにしていたのに、まったく残念だ。 チケットぴあの関係のサイトで、払戻しの手続きをすると、締め切りの5月15日から3週間以内に、振替払出証書を送るということであった。

 「無念だ。無念という言葉の意味を今、初めて知った気がする」と、4月10日の大竹しのぶの連載『まあいいか』は始まる。 「4日に初日を迎えるはずだった舞台「桜の園」の全公演が中止になった。2月17日から稽古が始まり、皆と一緒に積み上げて来た芝居は、緊急事態宣言が発令される直前に中止が決まった。/ジ、エンドだ。すべてが消え去った。/稽古当初、「幻の名作と言われるかもしれないね、観られなかったけど、凄かったらしいよって」と冗談で笑いながら話していたっけ。4月になれば、完全に芝居はできるとタカをくくっていたのだ。」

 「ギリギリまで稽古をし、自宅待機している私たちに来た突然の連絡。「全公演中止」。さよならも、またねも、ありがとうも言えずにみんなが散っていった。今年の桜のように。」

 「2カ月かけて身体に染みついたチェーホフの世界。完璧な人間は1人も出て来ない、愚かで少し悲しく、何よりも笑える芝居だった。これぞ、チェーホフだった、と思う。観ていただくことは夢のまた夢となった。初舞台を踏むはずだった22歳の杉咲花ちゃんは、ぎっしり書き込んだ台本とノートを持って毎日キラキラした瞳で稽古に挑んでいた。稽古場でのみんなは誰もが美しかった。」

 4月23日、岡江久美子さんが亡くなった。 係りの人が玄関先の椅子に置いて行った遺骨を、大和田獏さんがドアを開けて出てきて胸に抱き、それでも報道陣のカメラに向かって、気丈に挨拶した。

 5月25日に発表があり、26日から東京などの緊急事態が解除され、休業要請などが一部解除された。 それもつかの間、6月2日感染拡大の兆候があると「東京アラート」が発せられた。 「東京アラート」は11日に解除され、ステップ3に移行、6月19日には休業要請の全面解除となった。

 チケットぴあからの振替払出証書は、締め切りの5月15日から3週間を過ぎても来なかった。 忘れた頃に、忘れずにチケットぴあのサイトを見たら、コロナウイルスのために中止になった公演の数の多さにびっくり、これでは払戻しの手続きも大変だろうとは思ったが、『桜の園』の払戻しは7月になるとあった。 7月2日付けで、振替払出証書なるものが届き、チケットの郵送代を除いて、システム利用料、特別販売手数料も戻ってきたのであった。

『桜の園』の、花は咲くのか?2020/07/07 06:51

 大竹しのぶ、宮沢りえ、井上芳雄、黒木華、杉咲花、野間口徹、西尾まり、生瀬勝久らの、チェーホフ『桜の園』の先行チケット抽選の記事を新聞で見て、試しにやってみるかと思ったのは、2月13日のことだった。 4月4日初日で29日まで、Bunkamuraシアターコクーン、シス・カンパニーの公演、上演台本・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ。

 こういうのはなかなか繋がらないのだろうと、19時からのWEB受付を打ち込むと、案外早く繋がって、4月22日(水)マチネーの席が二つ取れたのだった。 チケットぴあで手続きをし、チケット現物を郵送してもらう手配にして、チケットは冷蔵庫のドアで、その日を待つことになった。

 家内と楽しみにしていたら、新型コロナウイルス感染症の問題が、だんだん深刻になってきた。 それでも2月22日には根津美術館に「虎屋のおひなさま」展を見に行き、24日に専門家会議が「1~2週間が感染拡大か収束かの瀬戸際」とした2日後の26日には、入口で体温測定はあったものの国立小劇場で第620回TBS落語研究会の公演が行われて楽しんだ。 27日、安倍首相が全国一律の休校を要請した。

 3月になると、1日の日曜日に初参加した「三田あるこう会」の多摩湖八国山散策(会食なし)を最後に、いろいろな会合や行事が、みな延期や中止になった。 11日、中国への遠慮なのか、なぜか渋っていたWHOがパンデミックと認定。 25日、小池都知事が感染爆発の重大局面だとし、週末不要不急の外出自粛を要請、3密を避けて、と。 29日、志村けんさん死去。

 大竹しのぶは、朝日新聞金曜日夕刊に連載している『まあいいか』の4月3日で、志村けんさんが亡くなったことにふれ、8年前中村勘三郎さんも食道がんの術後に肺炎になり人工心肺装置エクモにつながれていた姿と重なったと、書いた。 そして4月4日初日の『桜の園』の芝居について、やや不安を抱きながらも春になれば終息すると何の根拠もなく信じていたのだが、そして今、当然初日を迎えられず、14日に延期された。 それでもいつ開くともわからない初日を信じ、稽古を続けている毎日だ、と書いている。

 わが家がチケットを持っている4月22日の『桜の園』は、はたして上演されるのだろうか?

家族主義的経営に道はないのか2020/07/01 07:04

 清宮政宏教授の「福沢山脈を引き継ぐ経営者たち」を読んで、当然、4月の「等々力短信」に「武藤山治の先見性」を書いたことを思い出した。 そこでは、武藤山治の鐘紡での革新的経営について、「生産会社には、生産、販売、労務の三要素があるが、一番力を入れたのが労務、人間尊重と家族主義的経営だ。 職工の優遇、福利厚生施設の充実、たとえば学校、託児所、娯楽施設をつくり、提案制度、社内報も日本で最初に始めた。 生産は、最新鋭の機械を金に糸目をつけず導入、テーラーシステムを取り入れ工場管理を徹底し、高品質の糸を紡出した。 販売では、アメリカ仕込みの宣伝を採用する。」と書いた。

 その武藤山治の人間尊重と家族主義的経営にふれている時、私自身の経験を思い出していた。 私はもう二タ昔も前、父の創業した零細なガラス工場を父や兄と経営していたのだが、戦後の集団就職で上京した中卒を職人に育てる家族的経営をモットーにしていた。 職工の優遇、福利厚生施設の充実、提案制度、社内報などにも、心を配っていた。 高度経済成長期に、効率や能率、生産性を重視する経営ばかりが持てはやされるなかで、人間尊重と家族主義的な日本的経営、小粒でも情と味のある工場にも、生きる道があるのではないか、という思いがあった。 当時、参考にしたのがソニー厚木工場での実践、小林茂著『創造的経営―その実践的探究』(マネジメントセンター出版局・1968年)だった。

 中小企業の銀行との付き合い方<小人閑居日記 2020.4.13.>で、少しふれたように、父の死後、家族的温情的な「いいわ、いいわ」の経営を続けていたこともあって、2000年直前の金融危機に、銀行の厳しい姿勢と貸し剥がしに直面し、にっちもさっちもいかなくなって、閉じることになった。 それでも工場の土地を処分し、借入金は完済、従業員には退職金も支払ったのであったが…。

 というわけで、日経新聞を読まなくなって二タ昔にもなる。 コロナ騒ぎで、「解雇」と合わせて「雇い止め」という言葉を聞く。 「雇い止め」を知らなかった。 有期で雇われていた人が、契約期間満了時に再契約されないことだそうだ。 非正規雇用というのが、爆発的に増えたのも金融危機以後のことである。 経営の形態も大きく変わっているのだ。 しかし、コロナ後の変化する世界に、もしかしたら、かつての人間尊重と家族主義的な日本的経営のような道もあるのではないか、などと思うのである。

ニュース映画専門劇場2020/06/23 07:17

 高校は慶應義塾志木高校、中延の家を出て、東急池上線の荏原中延から五反田、山手線に乗り換えて池袋まで行き、東武東上線で志木まで通った。 東上線の準急に乗れても、1時間半弱かかった。 今、最寄りの自由が丘駅に行くと、志木行きの直通電車などが来て、夢のようだ。 通学途中には、渋谷、新宿、池袋があって、寄り道するところにはことかかなかった。 逗子、鎌倉から、朝日の昇るのを見ながら、通ってくる友達と、帰りによく渋谷で下車した。 新宿と池袋は、ちょっと怖かった。 寄り道して、遊ぶといっても、初心な高校生だから、大したことはしない。 喫茶店でコーヒーを飲んで、おしゃべりをするぐらいだ。 ロロという店や、コロンバンに行った。 もう一つ、ちょうど東急文化会館(今のヒカリエの所)が出来た頃で、地下にニュース映画専門の映画館(東急ジャーナルという名前だったか)があって、入場料が10円と高校生にはもってこいの値段、映画を観る気分も味わえるので、よく行った。 日本と海外のニュース映画を7、8本も上映していただろうか。

 「消えた映画館の記憶」の「1960年の映画館」に、渋谷以外にも、ニュース映画専門の映画館があったことが出ていた。 日劇ニュース、神田ニュース(神田鍛冶町1-5)、東京ニュース劇場(京橋1-2)、新橋ニュース劇場(芝新橋3-6)、内外ニュース劇場(角筈2-78)、新宿ニュース劇場(角筈3-25)。 渋谷以外では、ニュース映画専門の映画館に行ったことはなかった。

 なお、ついでに見てみた「1953年の映画館」に、スバル座(有楽町)の次に、オリオン座(有楽町)があった。 私が長く探していた映画館の名前は、オリオン座だったようだ。 死んだ兄に聞けば、たちまちわかるのにと、改めて思った。

 昨夜、風呂に入っていて、中延の(住所は戸越かと思う)タンクのニュース映画を観た映画館の名は、デンキカン(電気館)だったのではないか、と頭に浮かんだ。

ニュース映画というものがあった2020/06/22 06:51

 タンク(戦車)が轟音とともに、客席で観ている私たちの方に迫ってきて、 目をつぶる。 タンクは頭の上を越していく。 物心ついて最初の映画の記憶 は、ニュース映画の、そんな恐ろしい場面だった。 中延の家から、第二京浜 国道を五反田方面、戸越銀座の方へ行くと、ロータリーがあって交番があった。  家と、そのロータリーの中間の右角に、映画館があった。 名前は憶えていな い。 そこで観たのだ。 戦争中のニュース映画だったのだろう。 とすると、 太平洋戦争が始まる年の4月に生まれた私は、昭和20年5月24日夜の空襲の 記憶が、最初の記憶だと思って書いてきたのを、訂正しなければならない。

 以前は、一般の映画作品の上映前に、ニュース映画が2、3本上映された。  日本のニュース映画と、外国のニュース映画。 今は、おびただしい数の騒が しい予告編とCMが15分以上も流れて、毎度閉口する。 ニュース映画、タ イトルバックの緊迫の音楽に、独特な早口のアナウンス、なかなかいいもので、 私は好きだった。 スケートリンクのレーンで、丸い石を投げて滑らせ、箒の ようなもので掃く、滑稽で不思議な競技のあることも、たびたび観た。 カー リングというものだと知ったのは、ずっと後のことである。

 最近どこかで、ニュース映画が上映されるようになったのは、戦前の国策宣 伝のためであったというのを、読んでなるほどと思ったのだが、どこだったか。  タンク(戦車)が轟音とともに、迫ってきたのは、そんなニュース映画だった のだろう。 ウィキペディアの「ニュース映画」には、1941(昭和16)年以 降、終戦までの情報統制で、自由な製作はできなくなり、全国の映画館で上映 が義務付けられていた。 また皇室、戦争・皇軍に関連したもの、国外ニュー スの一部については陸軍省・海軍省の厳格な審査・検閲が必要で、「陸軍省(海 軍省)検閲済」の字幕が表示された。 それ以前1934(昭和9)年頃から、ト ーキーの発達に伴い新聞社を主体にニュース映画の製作が活発になっていたが、 皇室、大日本帝国国軍関連のニュースについては、必ず冒頭に取り上げられた。  それらのニュースでは、敬意を表するために、画面右端に「脱帽」の大きな縦 書きの文字が入った、とある。