オマーン大使館で天満敦子のヴァイオリンを聴く2017/05/21 06:48

 まずクイズから始めたい。 (1)いつか来たこの道に、咲いていた花の名 と垂れていた枝は何ですか? (2)城ヶ島の磯に降る雨の色は、何色ですか?  (3)からたちが秋に実って出来るものは? (4)𠮟られて、あの子とこの子 は、何をさせられましたか?

 16日、広尾の駐日オマーン・スルタン国大使館で開かれた天満敦子ヴァイオ リンリサイタルを聴いた。 千代田キワニスクラブ主催のチャリティーコンサ ートである。 家内の友人からこのコンサートの話が来た時、二つ返事で「天 満敦子さんなら行く行く」と言った。 以前、藤原一枝さん主宰のホモ・ルー デンスの会のカザルス・ホールで、天満敦子さんのヴァイオリンを聴く機会が 何度かあって、これはすごいと思った。 音痴にも、本当に良いものは、わか るらしいのだ。

 広尾は、結婚当初住んだ懐かしい町である。 駐日オマーン国大使館への道 の一本上、日本赤十字社医療センターの方へ上がって行く道は、生まれたばか りの息子を乳母車に乗せて、よく散歩した道である。 大使館は立派な建物だ った。 チケットの他に身分証明書をと言われていたが、警備担当者の簡単な 荷物検査もあった。 会場は男子禁制かと思われるほど、女性ばかりだった。  キワニスクラブのキワニスは「皆で集まろう」の意味、79か国に20万人の会 員のいる国際的な社会福祉団体で、千代田キワニスクラブは「子供の貧困」を テーマに活動し、破傷風撲滅のワクチンへの支援もしているという。

 天満敦子さんのヴァイオリン演奏は、期待通りだった。 前半は、バッハ「ア ダージョ」、シューマン「トロイメライ」、マスネ「タイスの瞑想曲」、ドヴォル ザーク「ユーモレスク」、ブロッホ「祈り」、イギリス民謡「グリーンスリーヴ ズ」、フォスター「スワニー河」、そして天満敦子さんの看板であるポルムベス ク「望郷のバラード」。

 天満敦子さんは中間のショート・トークで、1992年にルーマニアで「望郷の バラード」と運命の出会いをしてから、今年で25年、1735年製アントニオ・ ストラディヴァリウスと結婚してから30年、パール婚だと語った。 このス トラディヴァリウスはイタリア人だけれど、日本の曲でも素敵な音を出す、毎 度、発見と熱愛があるので、聴いて欲しい。 入口のチャリティーの箱、寝て いたのを立てておいたので、ご協力を、なるべく紙の方で、と。

 後半は、和田薫「独奏ヴァイオリンのための譚歌より<漆黒・萌黄>」、山田 耕筰・梁田貞/竹内邦光編曲「この道・城ヶ島の雨」、山田耕筰「からたちの花」、 弘田龍太郎「𠮟られて」、菅野よう子「花は咲く」、ホルスト「ジュピター」。

 「望郷のバラード」を始めとする前半の各曲が、心に沁みてきたのはもちろ んだが、天満敦子さんの素晴らしさを実感したのは、後半の日本の曲だった。  日本の曲では、ヴァイオリンの弦にゴムのようなものを挟んだが、チューブと いうらしい、音色を穏やかに変えるのだろうか。 アンコールに贅沢な伴奏で 皆で歌った「故郷」を含め、幼い時に母がよく歌っており、憶えていた曲ばか りだったので、あやうく涙がこぼれそうになった。 弦をはじくピチカートを 織り交ぜた「花は咲く」には、東北の被災地のことが頭に浮かび、感情を揺さ ぶられる。

 クイズの答、(1)あかしあの花・山査子の枝、(2)利休鼠、(3)まろいまろ い金のたまだよ、(4)あの子は、町までお使いに・この子は、坊やをねんねし な。 作詞は「この道」「城ヶ島の雨」「からたちの花」が北原白秋、「𠮟られて」 は清水かつら。

<うな重を妻に奢りて落着す>2017/05/20 07:06

 自註『本井 英集』の後半には、句会や吟行で、その句の誕生に立ち会った句 も出て来て、楽しい。 <欲得をきれいに飾り大熊手> 平成20年作 「慶 応志木高校のOB俳句会「枇杷の会」。男ばかりで「三の酉」へお参りした。勢 いに任せて悪所へ繰り込むような乱暴者はいない。」 <捩ぢあげるやうに大根 引きにけり> 平成22年作 「「夏潮」渋谷句会での兼題。教員時代、毎年、 生徒と大根を育てた。あんまり出来たので干して沢庵漬けにしたこともあっ た。」 <箱庭の触るれば回る水車かな> 平成23年作 「「夏潮」渋谷句会 は兼題だけの俳句会。「箱庭」の題詠。<箱庭の家鴨を並べかへてみし>など。 箱庭で遊ぶのと同じように俳句で遊ぶ。」

 本井英先生は昨秋、『夏潮』創刊以来の句を収めた第四句集『開落去来』(ふ らんす堂)を出版された。 その句集について、私は「等々力短信」第1088 号に「本井英句集『開落去来』」を書いた。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2016/10/25/8235516

 その中で、「観察と写生」「ユーモアや俳味」「お人柄と人情」「意外な措辞」 「ご家族」について、私が気に入った句を32句挙げた。 今回の自註『本井 英 集』には、私が挙げた32句の内、半数に近い15句が選ばれていたのは、嬉し かった。 俳句を詠むほうは少しも上達しないけれど、選句のほうは少しは増 しになったのかと思ったのである。 ただし<冷蔵庫置けば愛の巣らしくなる >(平成21年作)を、「ご家族」を詠んだのか、お嬢さんのお宅あたりかと想 像したが、註に「「冷蔵庫」が季題であることに、やや違和感を覚えながら題詠 した。まるでテレビのドラマのようなストーリーを空想してみたら。」とあった。  短信の「短篇小説でも書けそうだ」は、当たったのかもしれないが。

 <うな重を妻に奢りて落着す> 平成24年作 「江利子は本当に良く出来 た妻だと思う。それでも偶には機嫌を損ずる。勿論こちらに落ち度があるのだ。 「うな重」は「ゴメン」のシノニムである。」 久美子さんが亡くなられた十年 後、江利子さんと再婚された。 俳句は、私小説のようなものでもある。 今 回の句集にも久美子さんを詠んだ句が沢山ある。 下種な私は、つい江利子さ んの胸中を勘繰ってしまうのだった。

 『夏潮』の創刊を準備していた頃、現役の社会人が多かった運営委員の間に は、編集の負担が大きいから、誰か雇ったらとか、月刊を諦めたらとかいう意 見もあった。 本井英先生は、断固反対、初心を貫かれた。 平成18年8月 一ヶ月、逗子のご自宅で全62回の連続俳句会「日盛会」が開催され、延べ800 人以上の参加者があった。 78頁には「この「日盛会」を支えてくれたのが、 今の家内である」とある。 座談会、対談、講演記録は、俳誌『夏潮』の一つ の柱である。 最近では11か月にわたる鈴木孝夫先生との対談「日本と西洋」 が、出色のものだった。 そのテープ起こしが、どれほど大変な作業か。 そ れは江利子さんの仕事だと聞く。 江利子さんは『夏潮』の十年も支えてこら れたのである。 今になって、本井英先生の念頭には、初めから江利子さんの 存在があったことを知る。

 <里山のおしるこ色に芽吹くかな> 平成23年 「早春、芽吹きの頃の逗 子・葉山の丘。最初に気付いたのは江利子。「漉し餡」みたいと。我が家は祖父 も父も兄も甥も製餡業を営んでいる。」

本井英先生の句境を推察する2017/05/17 07:12

 本井英先生が到達なさっている高い句境、はっきりしたものをつかんだ、と いわれるのは、奈辺にあるのか、私なりに想像してみたい。

本井英先生の『夏潮』は、近代俳壇を代表する高浜虚子の唱えた「花鳥諷詠」 を信奉し、ひたすら虚子を求め、さらに虚子の求めた彼方を探る、姿勢と立場 をとっている。 本井英先生が慶大俳句「丘の会」で行った「表現と諷詠」と いう講演記録が、『夏潮』2014年11月号に載った。 虚子は「諷詠」をこう言 った、と語っている。 「諷詠」というのは心に思ったことを、そのまま叙す る。 あるいは心に思った相手への慮りを素直に述べることで、「挨拶ならざる 俳句はない」と言っても好いかもしれない。 また、詩にはリズムがなければ いけない。 調子がなければいけない。 意味を運ぶというよりも、心の中に ある気のようなものが、自ずから口を衝いて出て来る。 そこに言葉の好いリ ズム感が生まれる。 それが、実は俳句の本質なんだ、ということを。

これは折口信夫が奇しくも「最も純粋な日本の詩歌は無内容のものこそそう だ」と言ったのと同じで、「無内容」あるいは「構えたものでない」ということ が、一番大切なのだ、と。 一方、「表現」は、あるはっきりしたものが事前に 頭の中にあって、それを言葉で組み上げて他人に理解させようとする。 「諷 詠」は、そうではなくて、自然に「ぱっと」出て来てしまった言葉だろう、と。

 山内裕子さんの句集、『まだどこか』(ふらんす堂)に寄せられた栞「但馬派 を継ぐひとり」で、本井英先生は、京極杞陽先生の<花鳥諷詠虚子門但馬派の 夏行>を引き、但馬派の俳句や文学、その姿勢をつぎのような言葉で表してい る。 「こだわらない」、「こけおどしを言わない」、「読む人を圧迫しない」、「褒 められようとしない」、「素顔をかくさない」。

 渋谷句会では、最近「情がある」ということをしきりに言われる。 先日の 「枇杷の会」深川吟行の句会では、「口から出まかせ」、「読者のことなど気にし ない、自分にサービス」と、言われた。 

 私が自己流で俳句を詠むきっかけになったのは、落語評論に始まりエッセイ を愛読して私淑していた江國滋さんの『俳句とあそぶ法』(朝日新聞社・昭和 59(1984)年)だった。 その本には、ちゃんと、こう書いてあった。 「俳 句の三本柱は、たしなみと、つつしみと、はばかりである。」 そして、くりか えし、「ほどのよさ」と「さりげなさ」を説いていた。

 私は日頃、少しも俳句が上手くならない、と感じている。 このブログに、 毎月の渋谷句会の結果を報告している私は、毎度「鳴かず飛ばず」だの、「まず まず」だのと、言っている。 明らかに「褒められようとしない」に違反して いるのだ。 俳句では、理屈や説明はいけない、と教えられる。 ところが、 私は高校新聞出身で、5W1H、いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのよ うに、の六つをきちんと書き込めと教わった。 毎日、ブログの散文を書いて、 達意、内容をきちんと伝えようと努めている。 新聞はアッといわせる特ダネ を探し、随筆も何か新奇なことや、洒落たことを言って、受けを狙おうとする。  その助平根性から抜け出せないところに、わが俳句の上手くならない理由があ るようだ。 品というものがないのは、「花鳥諷詠」の道とは、ほど遠い。

自註『本井 英集』を読む(序)2017/05/16 07:12

 先月末『夏潮』5月号と同じ便で、自註現代俳句シリーズ・12期10『本井 英 集』(公益社団法人俳人協会刊)をご恵贈頂いた。 本井英先生が、句作を始め た慶應義塾高校3年生だった昭和38(1963)年から、昨平成28(2016)年ま で、半世紀を超えて240冊の句帖に書き付けたおよそ12万句の中から、300 句を自選し、自註を付したものである。

 私は平成16(2004)年10月23日に、慶應志木高同窓会「志木会」の俳句 の会「枇杷の会」小江戸川越吟行でご指導頂いたのが、本井先生との初対面だ った。 平成18(2006)年3月いっぱいで志木高を退職され、8月逗子のご自 宅で開かれた「日盛会」に参加し、翌年8月主宰創刊された『夏潮』に入会、 少し編集をお手伝いした。 だから、このご本の前半分の俳句は、私の知らな い時期のもので、自註によって、俳句に関わられた事情、ご家族のことなど、 いろいろなことがわかったのであった。

 <十月の匂ひといふがありにけり> 昭和40年作(大学2年か) 「母と 一緒に星野立子先生の句会に出る機会もあった。母は地味だが誠実な句を詠ん だ。私の句は気分ばかりだった。この句なども。」

 <網戸抜け行ける煙草の煙かな> 昭和42年作(大学4年) 「写生とい うことが、少し解りかけた句。煙草の煙の濃淡が、そのままの形で「網戸」を 通過する。花鳥諷詠の俳句は上手くなるのに時間がかかる。」

 <春潮に渡つてみたき一つ島> 昭和61年作 「「一つ島」は初島。若い時 分、敢えて抑えていた叙情性といったものが作句に少し滲みはじめた時期。」

 <寒木瓜(ぼけ)の蕾むむむと赤きかな> 平成元年作 「「むむむと」が少 し自慢だった。「寒木瓜の蕾」の充実した感じを表せたように思えた。さて今に して思うと、そこが目立ってしまう。」

<土用浪一角崩れ総崩れ> 平成3年作 「めらめらと盛り上がった「土用 波」。ある場所が崩れると、連鎖的に崩れる。中七・下五の調子が良すぎて、い ま見るとやや「軽薄」である。」

このように、いくつか拾うと、「今にして思うと」「いま見ると」と、現在あ る高い句境にまで到達しておられることが、推察できる。 先日の「枇杷の会」 深川吟行後の小酌で、はっきりしたものをつかんだ、それを書いて死にたい、 というようなことをおっしゃっていた。 それで最近の句会での選評や説明が くどいだろう、と。

私などより若いのに、「死」を考えておられるのに驚いたが、こんな自句自註 もあった。

<そこいらに黄泉の入口里若葉> 平成17年作 「しきりに妻のことを思 い出したり、「死ぬ」ことを考えるのは、逆に生き抜こうとする内奥からの欲求 とせめぎ合っていたのだと、今は思う。」

福沢の少年時代、「脱皮論」〔昔、書いた福沢22〕2017/05/11 07:15

 門前仲町の居酒屋で、「福沢は堂島の中津藩蔵屋敷で生れたが、父親が死んで 数え3歳で中津に帰り、一家は大坂風の生活をして中津に馴染めず、孤独な少 年時代を過ごした」と話した時、私の頭の中には昔「等々力短信」に書いた「脱 皮論」という一文があった。 それを再録する。

   脱皮論<等々力短信 第579号 1991.(平成3)9.25.>

 幼い頃よく、品川中延の父の家に今もある、座敷用の大きな堅木のテーブル の下に、もぐっていた。 その一人だけの空間にいると、何となく安心なので あった。 父はこの内気な次男坊の行く末を案じて、ある時、仕事で知り合っ た大学の先生に相談した。 その先生は、心配ないと答え、「内気は個性を守 る宝だ」と言った。 問題の少年は、その一部始終を聞いて、ちゃんと知って いた。 私は、そういう少年だった。

 獅子文六が、福沢諭吉を小説に書こうとして、断念したという話がある。  「小説の主人公になってもらうには、も少し不幸な生涯でないと、書きづらい のである。 も少し曲折だとか、陰翳がある方が、作者の腕がふるえるのであ る。 主人公というものは、人生の失敗を重ねてくれる方がいいのに、ほとん どトントン拍子である。 また性格が明るく、無類に健康的であって、まるで 朝の太陽である」。 殿様の名前が書かれた紙を踏んで、兄に叱られたが承服 できず、一歩進めて神様のお札を便所で踏んでみる実験をしたり、お稲荷さん のご神体の石を取り替えておいて、大人が次の初午にそれを拝んでいるのを面 白がったりした、『福翁自伝』の有名なエピソードを読んだ人は誰でも、カラ リと明るい性格の、少年福沢諭吉を思い描くであろう。

 中島岑夫さんの近刊『幕臣 福沢諭吉』(TBSブリタニカ)は、この定説 に疑問を投げかける。 大阪で父を亡くし、中津に「他所者」として引き揚げ てきた福沢一家は言葉も身なりも違う、先の大戦中の疎開者のような存在であ った。 中島さんは、自伝の中に中津時代少年期の友人は一人も登場しないこ とを指摘し、福沢が孤独で複雑な陰影を持った少年だったというのだ。 そし て福沢の「自由思想」(合理精神、批判精神)は、中津において「他所者」と して自己形成をとげていく過程が生み出したとするのである。 引っ込み思案 で、非社交的な長男一太郎を案じて与えた「拙者抔は少年の時は頗る世事に疎 くして、俗世界に対して寒暑の挨拶さえ六ケ敷(むつかしく)」という手紙も 傍証に引かれている。 福沢が、ぐっと身近に感じられるではないか。

 その福沢は、25歳で江戸へ出る道中、雲助などひやかしたのを手始めに、 江戸で他人付き合いをするうちに、だんだんよくしゃべり、交際も出来るよう に、脱皮した。 テーブルの下にいた少年はといえば、その福沢の倍の齢を重 ねたというのに、脱皮したのは、これも皮膚の一部と聞く、髪の毛だけ、とい うお粗末である。