浅利慶太さん、GHQの方針からの出発2018/07/20 07:12

 演出家・浅利慶太さんの死去(85)を伝える18日夜の「報道ステーション」 で、インタビューに答えている過去の映像に聞き捨てならない話があった。 そ もそも演劇の道に入ったのは、高校1年生の時に、GHQの方針で、生徒は何 らかの部に入らなければならなくて、担任の先生がたまたま演劇部をやってい て、入れと言われ、体育会のノリで「はい」と言った。 演劇部に入って、裏 方をやっている内に、その面白さにはまってしまったのだそうだ。 慶應義塾 高校だろう。 1953(昭和28)年、大学で日下武史さんたちと劇団四季を立 ち上げた。 実は日下武史さんは、ジヤーミネーターの会の先輩なので、慶應 義塾高校在学中は新聞会にいた、演劇部と掛け持ちだったかどうかはわからな い。 高校新聞の発行なども、GHQの方針があったのだろうか。

 「GHQの方針で、生徒は何らかの部に入らなければならなかった」という のは、初めて聞いた。 そういえば、六三制の二年目、1948(昭和23)年に 小学校に入った私は、カタカナを習わず、ローマ字は習った。 学級の机を班 ごとの島形にまとめて、班長を選んで、授業を受けたり、図書部に行って、何 か意見を言えと、求められたりした。 あれも、GHQの方針があったからな のだろうか。

 浅利慶太さんは、1961(昭和36)年に東京・日生劇場の営業担当重役に就 き、劇団四季で「演劇で飯が食える」ことを目指し、東京だけでなく「全国で 公演する」ようにする。 ちょうど、私は大学から社会人になり結婚した時期 で、日生劇場の素晴らしさにも魅せられて、初期の劇団四季のジロドゥの『オ ンディーヌ』(影万里江だったか)やジャン・アヌイの『アンチゴーヌ』を観た し、浅利さんの演出した越路吹雪のロングリサイタルは何度も通っている。 し かし、70年代のブロードウェー・ミュージカルや、1983(昭和58)年の『キ ャッツ』以後の専用劇場での展開は観ていない。 ただ『李香蘭』だけは、2002 (平成14)年にテレビ中継を見た。

 その中継のあと、浅利さんのインタビューがあり、「劇団四季の50年<小人 閑居日記 2002.12.18.>」というのを書いていた。

 『李香蘭』の中継のあと、劇団四季の浅利慶太芸術総監督のインタビューが あった。 1953(昭和28)年に慶應高校の演劇仲間を中心に創立された 劇団四季は、来年50周年を迎えるそうだ。  フランスの芝居で始めて、「“当 り”なくして演劇なし」と言ったルイ・ジュベの言葉どおり、人生が生きるに 値するものだという感動を伝える、お客の入る芝居、自分が退屈する人間なの で、その「自分が退屈しない芝居」をめざしてやってきた。 ブロードウェー のミュージカルを取り入れた当初は、感動を与え面白く見せる技術が30年く らい遅れていたのが、今は20年くらいに縮まっただろうか。 83年に新宿 のキャッツ・シアターでロングラン公演が出来るまでになり、次第に国内のミ ュージカル作品でもお客さんが入るようになった。 仮設の劇場や専用の劇場 もつくった。 もちろんストレート・プレイの路線も続け、「東京一極集中排除」 の方針で、地方での小さな公演も大事にしている。 50周年を記念して汐留 につくった新劇場「海」のこけら落としで、ミュージカル『マンマ・ミーア!』 の上演が始まっている。

庭の雨蛙と「虚子の「存問」の句」2018/07/17 07:08

 ここひと月ほど、マンションの専用庭に雨蛙が住みついて、雨が降りそうに なると、ちゃんと鳴くのである。 暑い日が続いて、とても雨など降りそうに なくても、雨蛙の鳴き声がすると、少し曇って来て、やがて雨が降って来たり する。 余り話題のない夫婦に、毎朝咲く朝顔の数や色と同様に、格好の話題 を提供するのだ。 芥川龍之介に、<青蛙おのれもペンキ塗りたてか>という 俳句があることなどの話になる。 最近のCMのセリフは、「おのれ」でなく、 「貴様」だが…。

 子供の頃、父に連れられて鮒を釣りに、東横線と南武線が交差する武蔵小杉 の駅の横にあった池に行った。 今は都会になっているが、当時はまったくの 田園風景で、クチボソなど釣って池の周りで遊んでいると、葦の葉にいる雨蛙 を捕まえることができた。 それを家に帰って庭に放しておく。 すると雨が 降りそうになると、鳴き出すのだった。 何日か経つと、二、三軒先の家で、 鳴いていたりした。

 マンションの雨蛙の鳴き声は、上の階にお住まいの方も聞いていて、話に出 たりした。 すると先日、すぐ近くの美容院の前の側溝に、カルガモの親子が いるのを見つけて、どうしようかとなって、美容院の人が警察に連絡したら、 警察がしかるべく扱ってくれた(多摩川だと危ないので、別の場所に放したとか)のだそうだ。 マンシ ョンの地所は昔、お屋敷の池があったとか聞いている。 そんな自然が、自由 が丘の街への一本裏にも、残っているのは、何か嬉しい気がする。

 俳人の安原葉さんが、7月8日の朝日新聞朝刊俳句欄のコラム「うたをよむ」 に、「虚子の「存問」の句」を書かれた。 「存問」(そんもん)とは本来、安 否を問う日常の挨拶の意味、だそうだ。 安原葉さんは、来年は高浜虚子没後 六十年を迎える、と始め、晩年の虚子の謦咳に接することができたという。 縁 あって昭和29(1954)年からの千葉県鹿野山神野寺での稽古会、虚子を選者 として東西の若人たちが俳句を詠み競う二泊三日の鍛錬会に参加したからだ。  その句会で、虚子の<明易や花鳥諷詠南無阿弥陀>は生まれた。 「この句に ついて虚子は、自身の信仰を表した句であると述べたが、虚子が昭和三年に提 唱した「花鳥諷詠」は、晩年には「存問の詩」と深まり、その膨大な実作を通 して、揺るぎない救済の確信に到ったのである。」 昭和31年の稽古会では、 <蜘蛛に生れ網をかけねばならぬかな>と詠まれた。 「小さな蜘蛛の営みを 通して蜘蛛のいのちにたいする存問となり、さらには、全てのいのちにたいす る存問、いのちそのものに対する存問の詩として詠まれたのである。」と。

 猛暑日が続いているが、庭の雨蛙は、耐えてくれるだろうか。

『季題ばなし』「朝顔」2018/07/14 07:00

 昨日の朝、今年の四色の写真である。 右上が「団十郎」、その隣を一応「江 戸紫」、左の日の当たっているのを「青」、手前を「空色」と呼んでいる。

 俳句雑誌『夏潮』に、「季題ばなし」を連載させてもらっていた第二回、 2010(平成22)年9月号に「朝顔」を書いていた。 昨日の流れで、引いて おく。

 「朝顔」が秋の季題だというのも違和感がある。入谷鬼子母神の「朝顔市」 は七月六、七、八日だし、「朝顔」の観察は小学一年生の夏休みの宿題の定番だ。 しかし「朝顔」という言葉には長い歴史があるのだそうだ。万葉の山上憶良が 美しい女性の寝起きの顔のような花という比喩で、朝貌之花と称して、秋の七 草の一つに数えたのは桔梗。つぎに輸入された木槿(むくげ)が、さらに舶来 の牽牛子(けにごし)と呼ばれた現在の朝顔が当てられた。牽牛子は牽牛花と もいい、その名は七夕の牽牛・織女から来ていて、旧暦七月七日つまり初秋の 花という認識だったわけだ。

 二百数十年平和が続いて、江戸時代は園芸ブームであった。菊坂の菊畑、新 宿百人町鉄砲組百人隊のツツジの栽培など、花作りを副業にする武士も多く、 麻布や巣鴨の御家人たちも花を栽培して市場に出していた。時代ごとに人気の 花が変化して、元禄のツツジ、正徳のキク、寛政のカラタチバナ、そして文化 文政のアサガオ・ブームが来る。人々は品種改良を重ねて変化アサガオを競っ た。文化五、六(一八〇八、〇九)年頃、下谷御徒町に住んでいた大番組与力 の谷七左衛門、朝顔が好きで、その変種を作って楽しみ、並べた細竹に蔓をか らませ、極彩色の屏風を立てた形にした。人々は「朝顔屋敷」と呼んで見物に 集まった。七左衛門から種を分けてもらって、あちこちの空地で朝顔の栽培が 始まり、「下谷朝顔」は江戸名物になった。

 ここ十年ほど毎年、新暦の七夕に開かれる入谷鬼子母神の朝顔市へ行く。早 朝から、たいへんな混雑だ。近年は一鉢定価二千円、これでひと夏楽しめる。 朝顔の鉢を提げて電車に乗り、入谷から遠く離れるほど、みんなが見る。江戸 の名残の、季節の風物詩という感じが色濃いが、入谷の朝顔市、江戸から連綿 と続いているわけではない。

 七左衛門の「下谷朝顔」が元祖で、下谷から入谷にかけて大輪の花を咲かせ ることが流行った。しかし天保改革から幕末には朝顔どころではなく、いつの 間にか廃れ、忘れられた。それが明治の初めに「入谷」で復活、明治二十五(一 八九二)年前後に最盛期を迎え、十数軒の植木屋が朝顔の異種を競った。明治 末年からは、この辺りが市街地になって、途絶える。鬼子母神真源寺境内を中 心に「入谷の朝顔市」として復活したのは、昭和二十五(一九五〇)年のこと だった。真源寺は戦後の地番改正で下谷一丁目、「入谷」ではないのがややこし い。万太郎の句は昭和十九年作。

 入谷から出る朝顔の車かな     正岡子規

 暁の紺朝顔や星一つ        高浜虚子

 あさがほやはやくもひゞく哨戒機  久保田万太郎

入谷朝顔市と「団十郎」2018/07/13 07:15

 7月6日は入谷鬼子母神の朝顔市、雨が降っていたので、ちょっと躊躇した が、少し明るくなってきたので出かけることにした。 幸い入谷では、傘を差 さないで済んだ。 最初に行ったのは、広尾に住んでいた頃だから、50年近く 前になる。 2002年7月8日の<小人閑居日記>に「恐れ入谷の朝顔市」と いうのを書いていた。 行灯作りの一鉢が定価2000円とあるから、その値段 は今も変わらない。 ただ、宅配便の料金がずっと500円か600円だったのが、 昨年は1000円、今年は1500円に跳ね上がった。 昨今の宅配便事情、「アマ ゾミクス」によるのだろう。

 <朝顔や境内浅く鬼子母神 石川桂郎> いつも鬼子母神の境内で、行灯が プラスチックでなく、竹のものを求める。 行灯作りには、四色が寄せ植えさ れている。 近年は、ある事情があって、渋い色の「団十郎」が入っているの を選ぶことにしている。 宮川幸雄さんが『三田評論』7月号「社中交歓」『朝 顔』にお書きになった「入谷田圃から朝顔市」によると、その名は、市川団十 郎が歌舞伎十八番の『暫』での大きな素襖(すおう)に用いた色が海老茶色で あったことにちなんでつけられたという。 ある事情とは、実は送り先の一つ に、若い時からの「団十郎命」の方がいるのである。

 これでまた一夏、毎朝、いくつ咲いたかと、朝顔が楽しめる。 写真の7日 朝には、空色が3つ、江戸紫が2つ、青が1つ咲いた。 「団十郎」は、8日 に咲いた。

サイパン以後の最後の1年半に大半が戦死2018/07/12 07:17

 1944(昭和19)年7月9日のアメリカ軍によるサイパン島占領、「サイパン 失陥」の恐るべき意味は、戦略的・政治的・社会的に日本がほんとうに困る「本 土空襲」が日程に上ったことにあった。 有名な「B29」という大型爆撃機は、 サイパンの戦いの直前、5月に運用を開始していた。 翼幅43メートル、全長 30メートル、1万メートルの高度を航行でき、最大で9トンもの爆弾を投下で きた。 航続距離も長く、爆弾搭載時で約5千3百キロ、つまりマリアナ諸島 から日本本土までの距離は約2千4百キロだから、日本本土を空襲して帰って 来られることになったのだ。

 アメリカ軍は、最強の機動部隊と7万人近い兵力をつぎ込んでサイパン・マ リアナ諸島を攻略(グアムの場合は奪還)するやいなや、サイパンでも、テニ アンでも、グアムでも、大車輪で航空基地群を建設・整備し始めた。 そして、 1944(昭和19)年11月、日本本土への空襲が始まった。 当初は軍需工場の 破壊を狙った戦略爆撃だったが、1945(昭和20)年3月に方針が変わる。 2 月の硫黄島上陸作戦に呼応したのだ。 硫黄島は、東京から南へわずか1千2 百キロの距離にある。 ここまできたら、日本本土への上陸は時間の問題だ。  それを踏まえれば、爆撃の効果をもっと上げる必要があった。 そこで採用さ れたのが、都市への無差別絨毯爆撃である。 その最初の対象となったのが、 東京、「3月10日の大空襲」だ。 10日未明、300機近い「B29」から投下さ れた約19万個の焼夷弾は、下町全域を焼き尽くし、10万人もの人間が、焼死・ 窒息死・溺死したのだ。 そしてその後も、大阪・名古屋・横浜・鹿児島など、 「B29」の焼夷弾は全国の主要都市に恐るべき被害を与え続けた。 (4歳の 私も東京品川で、5月24日からの空襲に遭い、立会川の中で一夜を過ごした。) しかし、戦争は続けられた。

 沖縄本島では、4月から6月にかけて、この戦争で国内唯一といってもいい 地上戦が行われ、守備隊約10万人と民間人約10万人が亡くなった。 それで もなお戦争は終わらなかった。

 8月6日と9日には、テニアン島を飛び立った「B29」から広島と長崎に原 子爆弾が投下され、広島で14万人、長崎で7万人が亡くなる、人類が初めて 経験する惨禍をもたらした。 さらに8月8日には、ソ連が日本に宣戦布告し、 ソ満国境を越えて150万の赤軍が満州に侵攻を開始し、多くの日本人市民が犠 牲になった。 そして8月15日、ようやく戦争は終わった。

 日中戦争から敗戦までの軍人・軍属の死者は約2百3十万人。 そのうち約 6割の百4十万人が広い意味の餓死だったという研究があるそうだ。 こうい う数字もある。 岩手県出身兵士の戦死者数の年別推移で、全体で30,724人 のうち、1944年・45年の死者が87・6%を占めている。 9割に近い軍人が、 最後の1年半に戦死しているのだ。

 「日中戦争・太平洋戦争での戦死者3百十万人の大半は、サイパン以後の1 年余りの期間に戦死している」とし、敗戦間際にかくも犠牲が拡大したのは、 総力戦段階に入った戦争の招いた悲劇だったと、加藤陽子さんは考える。