あと一歩足りなかった俳句たち2021/01/26 07:22

 おめでたくも元日に書いたように、私の句が俳誌『夏潮』令和三年一月号、本井英主宰選「雑詠」の巻頭に掲載された。 身体をこわされ休んでおられる先輩は、わざわざお祝いの電話をかけて下さり、何人かの句友からはお祝いのメールを頂いた。 元日の日記に令和二年の『夏潮』「雑詠」掲載句を出したが、すっかり嬉しくなって、整理が途中までで放り出してあった平成19(2007)年8月の『夏潮』創刊以来の「雑詠」掲載句を、書き出してみることにした。 巻頭は初めてだったが、あと一歩足りない、二番目が三回あった。

   2011(平成23)年11月号
昼寝して三途の川の辺まで
風通る海辺の宿の昼寝かな
箱庭の仙人不老長寿かな
箱庭に似付はしきは小糠雨

   2014(平成26)年12月号
墓参してあとのランチや生きてをる
鳳仙花人の気配に種とばす
草の花信濃追分旅籠裏
青蚊帳に螢放せし母若く

   2015(平成27)年7月号
かなりの間待たされをれど春炬燵
三椏の花の黄色の地味なるや
新旧交代まざまざ枇杷芽吹く
啓蟄と言ひて外出致しをり

 大まかに言って、わが俳句の特徴は、俳味、おかしみにあるのではないかというのが、書き出してみての感想だった。 いずれ二十句か、できれば年齢の八十句、抜き出してみたい。 話は変わるが、12月に池澤夏樹さんの小説「また会う日まで」のことを書いて、福永武彦の『草の花』を読み、中公文庫の『玩草亭 百花譜』福永武彦画文集 上中下三巻を持っている、と書いた。 だが、<草の花信濃追分旅籠裏>などという句を作っていたのは、すっかり忘れていた。

「音声読み上げ」で「コビト・ヒマイ・ニッキ」を聞く2021/01/10 07:42

 去年の秋、同期で工学部管理工学科卒業の読者が、私のブログを、最近は「音声読み上げ」で読んでいると、メールをくれた。 音声入力というのがあって、やっている人の話も聞いてはいたが、それは作家でもないのに、何か分不相応な恥ずかしい感じがして、やっていなかった。 「音声読み上げ」なら、面白いかもしれない。 「音声読み上げ」で検索すると、簡単な設定でできることがわかった。 毎日これを書いているWORDにも、「音声読み上げ」の機能があった。

 さっそく、「小人閑居日記」を聞いてみる。 ちょっと変な中国人風のアクセントだが、97、8%ぐらいは正確に読んでくれる。 若干だが、可笑しいのがある。 「小人閑居日記」は、「コビト・ヒマイ・ニッキ」。 「小谷君」は「コタニ・キミ」、「行動力」は「コウドウ・チカラ」、「久びさ」は「キュウ・ビサ」、「風の日」は「フウ・ノ・ヒ」、「(平成7)年」は「ヘイセイ・ナナ・トシ」だった。 最近のでは、「長塚節」は「ナガツカ・ブシ」、「高橋三千綱」は「タカハシ・サンゼン・ツナ」、「楽しげな」は「ラク・シゲナ」、「静脈瘤」は「ジョウミャク・コブ」と読んだ。 音読か訓読かの判別が、難しいようだ。

 敵は「文節」で読むらしい。 『広辞苑』によると、「文節」というのは、橋本進吉の用語で、文を読む際、自然な発音によって区切られる最小の単位で、たとえば「けさ」「あさがおが」「にわに」「さきました」は4文節から成る、のだそうだ。 試みに、「今朝、朝顔が庭に咲きました。」を、「音声読み上げ」に読んでもらったら、「けさ」「あさがおが」「にわに」「さきました」と、正確に読んだ。

盲腸の手術が、減っている2021/01/09 07:07

 12月の22日~24日、高校3年生の時に盲腸炎の手術をしたことを書いたら、メールを二つ頂いた。

 私の翌年9月に高校3年生で、盲腸炎の手術をした人は、学校をサボって60年安保の国会デモに行っていた疲れが出たのかもしれないので、いい休養になった、見舞いに来てほしいと願っていた人が、来てくれたのを懐かしく思い出す、と。

 大学のクラブ以来の友人は、大学2年生の夏、慢性で長い間抗生物質の注射で抑えていたが手術、クラブの仲間が笑わせるために来てくれた、と。 お茶の水と水道橋の間にあった堀内胃腸病院には、私も見舞いに行き、安岡章太郎の『アメリカ感情旅行』という岩波新書を持って行った記憶があった。 病院の裏が公園で、毎晩アベックが数組来て、病室の窓から見られているとも知らずに仲良く抱き合っていたのが、術後の痛みはあるとはいえ、かなりの刺激だったという。

 朝日新聞の「ののちゃんのDO科学」に、「盲腸の手術って、減っているの?」という質問があった。(12月19日) 本来の盲腸は、小腸と大腸のつなぎ目にあたる腸のこと。 おなかが痛いときに言う「盲腸」は、盲腸からぶら下がっている「虫垂」が炎症を起こした「急性虫垂炎」のこと。 虫垂は太さが5ミリぐらいで、長さは5~8センチほど。 その中で菌が繁殖して炎症が起きると、おなかが痛くなる。 食べた物を押し出す腸の動きによって、虫垂の中に菌が入ってしまう。 虫垂の先端は行き止まりになっているから、「ふん石」や異物が詰まると出口が狭まって炎症が起きる。

 30年ぐらい前までは、「盲腸」とわかれば手術で虫垂をとるのが普通だった。 でも、超音波などの検査の精度が良くなって、おなかを切らなくても病気の進行度がわかるようになった。 だいたい全体の3分の1ぐらいは、腫れが小さい「カタル性」と呼ばれるタイプで、手術をせず抗菌薬だけで治る。  入院すら必要ない場合もある。

 国内で手術がどれだけ減ったかというデータはないけれど、減っているのは確かだ。 英国では1990年から97年の間に、男子で15%、女子で20%も手術が減った。 米国でも2000年から06年で10%減っている。 国内の手術は、全体的に男子が多くて、なかでも圧倒的に多いのが10歳から14歳。 毎年1万人あたり13人ほど手術を受けている。

 でも、おなかが痛いのにそのままにしておくと、進行して虫垂に穴があいてうみがもれ、腹膜炎を起こすこともあるから、早めに医療機関を受診したほうがいい。 昔は手術で3センチぐらいの傷がおなかについたけど、今は腹腔鏡を使った手術で2カ所の5ミリほどの穴で済むから傷が目立たない。

正月のスポーツと外国人選手2021/01/06 06:24

 元日、おせちと雑煮で祝い、テレビのニューイヤー駅伝、群馬県庁発着7区間100キロの全日本実業団対抗駅伝を見ていると、2区はどのチームもみんな黒い人が走っているので、驚いた。 ほとんどがケニア出身らしい。 日本人は36チームの内、最後の方に、ほんの数人いるだけだった。 区間賞は、九電工のベナード・コエチ選手、やはりケニア出身、8.3キロを21分53秒は区間新記録だそうだ。

 2日、箱根駅伝往路。 花の2区、東京国際大2年のケニア出身、イェゴン・ビンセントは、区間23.1キロの9.2キロで東海大をかわして14人を抜き、トップに立った。 記録は1時間5分49秒、前年東洋大の相澤克が史上初で記録した1時間5分台の区間新記録、1時間5分57秒を8秒縮めた。

 3日、昨年は朝日新聞のチケットが当たって、富士通フロンティアーズと関西学院大学ファイターズの試合を久しぶりに観戦したライスボウル、思えば、まだコロナの騒ぎの始まる前だった。 今年はオービック・シーガルズと関西学院大学ファイターズの対戦となった。 社会人Xリーグ王者と学生代表がアメリカンフットボール日本一を争う日本選手権・ライスボウルだが、ここ数年、外国人選手の活躍が目立つ社会人の強さが圧倒的で、毎年、ずるい感じがしている。 社会人と学生で競うようになった1984年以降、社会人が25勝で、学生が12勝なのに、たまたま観に行った2009年、立命館大学がパナソニック電工に17-13で勝った試合以降、社会人が11連勝中だった。

 3日の試合は、コロナ禍で1クォーター12分制、前半12-14と健闘し接戦にした関西学院大学だったが、オービックのQBジミー・ロックレイからTE(タイトエンド)ホールデン・ハフへのパス2本が決まってのタッチダウンが効いて、18-35で敗れた。 ロックレイとハフは、共にカリフォルニア州の出身、高校時代からの友人で、ボイシ州立大でも一緒にプレーしたという。

 駅伝の方には、外国人選手起用のルールがあるそうだ。 全日本実業団対抗駅伝では、外国人選手は1名、走る区間は2区のみ。 箱根駅伝では、外国人留学生は、エントリーが16名の内、2名まで、本選に出場できるのは10名の内、1名まで。

年賀状傑作選2021/01/05 07:06

 頂いた年賀状の中で、笑ったもの、感心したものを、いくつか。

「三密の中味は、「集(シュウ)近(キン)閉(ペイ)」だそうです。」(小学校の同級生Cさん)

「コロナで貴重な一年が台無しになったので、お迎えを一年延期するよう神様仏様にお願いしました。」(高校の同級生Oさん)

「言われるまでもなく「高齢者」ですし、私達の行動の全部が「不要不急」だと再確認しました。東京都知事から表彰されそうな程の自粛生活でした。」(大学の同期生Wさん)

「チコちゃんに叱られないよう生きたいと思います。家内も「そだねー」と言っています。」(大学の同期の「ペコちゃん」)

「マスクを不思議そうに見ていた猫も、すっかり慣れて嗅ぎに来なくなり・・・一度フェイスシールドを試してみよう。いつか笑い話にと願っては居るものの、人や物の移動が減ることで空気や水が澄んでいくって。猫曰く、いまさら?」(パソコン通信で知り合ったHさん)

「良いことが『ぎゅう』っと詰まった一年となりますように」(生命保険会社のTさん)