『麒麟がくる』の天文年間2020/04/06 07:04

 大河ドラマ『麒麟がくる』が始まった時、第一回の「光秀、西へ」でナレー ションの市川海老蔵が、年号の「天文」を「てんぶん」と読んだと、パソコン 通信以来の知人、国語学のやまももさんがブログ「やまもも書斎記」に書いた。  「てんもん」と読ませたいのだろう。 おせっかいな私は、「『広辞苑』は「て んぶん(テンモンとも)」ですね」と、コメントしたのだった。

 『麒麟がくる』、タイトルの初めに「天文〇〇年」と出て、まだずっと天文年 間が続いている。 NHKは『麒麟がくる』のホームページに、以前の大河で は付けていた、年表を出してくれたらよいのにと思った。 だが、ちょいと調 べてみると、明智光秀は生まれた年も不詳で、『日本歴史大事典』には「美濃源 氏土岐氏の庶流と伝えられるが、詳かではない。「永禄六年諸役人付」に足軽衆 明智とあるので、足利義輝の代からの幕臣と思われる。1565年(永禄8)義輝 が殺害されたのち、越前の朝倉義景に仕えたらしい。68年(永禄11)足利義 昭が義景のもとを去って織田信長を頼った際に、細川藤孝とともにその仲介工 作をしたと伝えられ、以後光秀は幕臣であるとともに、信長にも仕えることと なった。同年義昭・信長の上洛に従い、信長に認められて、公家・寺社領の仕 置など京都近辺の政務を1575年(天正3)頃まで担当した。他方、武将として も、1570年(元亀元)信長の朝倉・浅井攻めに参加し、翌年近江南部の一向一 揆や延暦寺との戦いに従軍し、信長による延暦寺焼打ち後に、その旧領近江国 志賀郡を与えられて坂本に築城した。この頃より義昭とは不和となり、1573 年(天正元)に信長が義昭を攻めて追放した際には信長方に従軍した。同年7 月信長から惟任(これとう)の名字を受け、日向守に任じられた。(以下略)〈下 村信博〉」とある。

 要するに、今までの『麒麟がくる』、「天文〇〇年」までの明智光秀の動静は まったく不詳、光秀が歴史に登場するのは当時で言えば老年期の40代だそう で、作者池端俊策さんが勝手に創作しても構わないというか、裁量の範囲が広 いことになる。 「足利義輝の代からの幕臣」とすると、第十一回「将軍の涙」 で近江の朽木(くつき)に幽居している将軍足利義輝(向井理)のところに、 奉公衆の細川藤孝(眞島秀和)に案内されて、明智光秀(長谷川博己)が行く というのは、おかしいことになる。 室町幕府第十三代将軍、足利義輝のこと は、また明日。

 4月1日、先月からつぶやき始めているtwitterに「年表も出してほしいで す。」と意味不明のことを書いたのは、NHKの『麒麟がくる』のtwitterに付 けるつもりだった(不慣れで…そのまま)。 しかし、その後、ちょっと調べて みて、「天文〇〇年」までの明智光秀の動静を年表にすることは不可能だとわか ったのであった。

歴史学の手法と、福沢の実学=実証科学2020/04/04 07:02

 『陰謀の日本中世史』(角川新書)がベストセラーになっていた頃、「陰謀論 隆盛「歴史に学ぶ」に警鐘」という、呉座勇一さんのインタビュー記事があっ た(朝日新聞2018年8月19日文化・文芸欄、高久潤記者)。 「教科書に載 っていない〇〇」などと、学界では相手にもされない歴史の陰謀論が、SNSの 浸透もあって、注目される。 陰謀論は「自分だけが知っている」という優越 感をくすぐる。 だが、「はめたつもりがはめられていた」という加害者と被害 者の逆転だったり、一番得した人間が黒幕だったり、根拠がとぼしいまま、特 定のパターンにあてはめられた「物語」ばかりだ。 こうした「物語」に基づ いて教訓を得るということなら、「歴史に学ぶ」のは、やめたほうがいい、と言 う。

 その例として、呉座勇一さんが挙げるのが、源義経が一ノ谷の戦いで見せた 「鵯越の逆落とし」が、太平洋戦争で日本軍が奇襲を多用することになった背 景の一つとされること。 それが転じて「奇襲でアメリカに勝てる」となった が、うまくいったのは真珠湾攻撃など最初だけで、後は連敗。 「鵯越の逆落 とし」の話は、後の研究で創作と考えられている、そうだ。

 呉座勇一さんは、重要なのは「歴史に学ぶ」ではなく、「歴史を学ぶ」ことだ と言う。 歴史的事実は、常に覆され、更新されていく可能性をはらむからだ。  そして、「複雑な資料を読み進めながら、仮説を立て、調べ、資料の真贋を見定 め、事実と言える程度にまで自分で高めていく。こうした歴史学の手法は、現 代の情報社会を生きるうえで重要になりつつあると思う」と語っている。

 先日、U組同級のU君が、スティーブン・ピンカー(ハーバード大学心理学 教授)著『21世紀の啓蒙』(草思社)を読んで、その上巻のレポートを送って くれた。 一読して、私は科学や進歩への信頼など、『学問のすゝめ』や『文明 論之概略』で実学を説いた福沢の啓蒙したものに近いという第一印象を伝えた。

 福沢が説いた自分の頭で考える実学、小尾恵一郎ゼミで教わった学問の方法 は、自然科学のみならず、社会・人文科学を含めた実証科学のことだった。 福 沢は明治16年の「慶應義塾紀事」の中で、「実学」に「サイヤンス」とルビを ふっている。 『文明論之概略』などは、徹底的な実証精神の表れた、「実学」 の事例のオンパレードだ。 「スタチスチク」という言葉を使い、例えば殺人 犯や自殺者の数が年々ほぼ同数になることや、結婚と穀物の値段に負の相関関 係があるという実証分析に言及している。 自分の頭で考えるということには、 四つの要素がある。 問題発見、(オリジナルな)仮説構築、仮説検証(誰もが 納得するように、科学の作法で)、結論説明(解決策を示す)。 実践によって 検証を繰り返し、その都度修正を加え、より良き方法を求め、システマティッ クに問題解決の筋道を考えるものだ。 その時、公智(物事の軽重大小を正し く判断し、優先順位を決める。『文明論之概略』第6章「智徳の弁」)をしっか り働かせる。

「応仁の乱」前夜、混乱の時代の幕開け(後半)2020/04/01 06:57

 日本の気候変動を研究している中塚武名古屋大学大学院教授は、年輪や樹木 の成分から(私が部活動でお世話になった『寒暖の歴史 気候700年周期説』 の西岡秀雄先生と同じ方法だ)、室町時代は日本の異常気象、「応仁の乱」の頃 は最悪の時期で、その前夜の、この嘉吉元年は気温が低く、雨の多い年で、 農民は水害や飢饉の発生を恐れていたという。

 一揆の背景として、刀の大増産、槍の発達の時代であり、農民を足軽など兵 力として吸収していたため、彼らに実戦経験があった。 金融業者・高利貸の モラルハザードがあり、金持は有徳人で、施しをしなければならない、一揆は、 その金を強制的に吐き出させる、格差是正として正当化された。 9月5日、 一揆勢は東寺を占拠、要求が容れられなければ、火を点けると脅した。 東寺 は、酒と枝豆を出したりした。 呉座勇一さんは、寺社が税金を取るのは豊作 や安寧を祈る存在だからという建前だったのだが、その信用が崩れたと言い、 井上章一さんは、それをこの東寺で言うかと笑った。

 一揆には、新興勢力である馬借(都市に物を運ぶ運送業者。『日葡辞書』には ずばり「一揆」とある)が加わり、馬借の登場で同時多発的な動きが重要な一 揆は、大規模化した。 馬借は、運送することによって格差社会を実感してい たのだ。 公と私利私欲が程よい関係だと安定しているが、新しい経済が出現 すると格差が拡大する(AI長者のような)。

 管領細川持之、守護大名畠山持国は、一揆の武力制圧に反対した。 赤松討 伐のため、幕府軍は留守で、9月12日、徳政令が発令された。 赤松満祐は自 害し、山名持豊(宗全)は、播磨に居座る。 嘉吉2年、細川持之病死。 問 題先送りで、応仁の乱となる。

 畠山持国は管領となるが、足利将軍家および管領畠山・斯波両家の家督争い が続き、それをきっかけに東軍細川勝元と西軍山名宗全とがそれぞれ諸大名を ひきいれて京都を中心に対抗し大乱「応仁の乱」となった。

「高齢ナンパ」と『老人流』2020/03/28 06:48

 テレビで時々、アナウンサーなどが「お年寄」や「ご老人」と言わず、うっ かり「六十何歳のお婆さん」や「七十何歳のお爺さん」とやると、家内が画面 に向って怒っている。

 『暮しの手帖』5号(spring 2020/4-5月号)で面白かったのは、姫野カオ ルコさんのエッセイ「高齢ナンパ」だ。 「江戸川乱歩が大正14年に発表し た小説では、下宿の大家さんが「もう六十に近い老婆」と説明されている。松 田聖子や黒木瞳くらいなのに。」と始まる。 「手塚治虫が昭和47年に発表し た漫画では、食事シーンでいろりを囲む主人公(幼女)の祖母の腰が、床と平 行なくらいに曲がって描かれている。集落の長老婆かと思いきや、祖母「五十 一歳」と書かれている。叶姉妹より年下(のはず)なのに。」と続く。 姫野さ んの母方の伯母さんは、大正9年に生まれ、平成17年に半年ほど病んで85歳 で亡くなられたそうだが、それまではお元気で一人暮らしをしていた。 マリ・ クリスティーヌそっくりの、目鼻立ちのはっきりしたお顔で、社交的で陽気、 機転がきいた。 平成17年(つまり亡くなる年の)の正月、年賀の帰りにタ クシーに乗り、自宅の前で料金を払おうとすると、60代半ばらしきドライバー が、「お代はええさかい、どうやろ、これを機会にわしと交際してくれへんか、 同い年くらいやと思うねん。まずは茶飲み友だちからスタートせえへんか」と、 首をかきながら告白した。 伯母さんは、自分の年齢を打明けて断わったもの の、その出来事を姫野さんに話すときは、うれしそうだった、という。

 『三田評論』3月号に、村松友視(示偏に見)さんが自著『老人流』(河出書 房新社)の「執筆ノート」を書いている。 その本の特徴は、自らは“老人” の価値や境地には爪のかからぬ後期高齢者たるご自身からの、本物の老人たる 存在への羨望にみちたスタンスということになるだろう、という。 親戚に病 に臥せっている95歳になるオバアチャンがいて、見舞いに来た叔父たちに吐 いた、ひとセリフ。 モゴモゴと曖昧な言葉を残して帰ろうとする叔父たちを、 病床のオバアチャンが身を起こして呼び止め、「あたしゃ、あんたたちに一度き いてみたいことがあったんだがね……」と言って目をしばたたき、遺産のハナ シかな……と、ちらっとかすめた叔父たちの目をのぞきこみ、言い放った。 「あ んたたちにぜひきいておきたかったんだがね、あたしゃ、オジイサンだっけ。 オバアサンだっけ?」 叔父さんたちは、ついにここまで来たかと仰天し、落 ち込んで、早々にその場を辞したという。 だが村松さんは、オバアチャンは ただ笑わせたかっただけ、見舞い客の暗鬱な空気を一気に変えようとする、気 遣いにみちた“老人流”、95歳のユーモアあふるる必殺ワザだったのではない か、と考えている。

絵本作家スズキコージさんと、堀内誠一さん2020/03/27 07:00

 22日の「日曜美術館」は昨年4月7日の再放送で、奇想天外な絵本作家、画 家スズキコージさん(71歳)の世界だった。 神戸の北野異人館街の美術館の ベランダで、三日かけて幅4m高さ2mの大きな絵を描くのをライブで公開し ている。 まずキャンバスに水をかけて、絵具を直接手につけて描き出す。 そ の内に手が擦れて痛くなるそうで、筆も使うが、筆の穂先でなく、反対側の柄 で描いたりして、自由奔放なのだ。 スズキコージさんを見出して、雑誌の挿 絵や絵本を描かせたのは、堀内誠一さんという人だったそうだ。 スズキコー ジさんは、堀内さんのところにあった数々の外国の絵本の、自由で奇抜な発想 を見て、刺激を受ける。 絵だけでは食えない頃は、肉体労働などもし、電話 や水道を止められたこともあったという。 2018年、『ドームがたり』で日本 絵本賞を受賞している。

 5年前に緑内障で左眼を失明、右眼も視野が著しく狭く、井戸の中を覗いて いるようだというが、50年間ずっと絵を描いてきたことが生きる支えになって いると語っていた。 「絵を描くこと自体が、飯を食うのと同じで骨の髄まで 染みついちゃっているというか、多分、向いているんだよ。絵描きじゃなかっ たら、もっと寂しかった。絵を作り出せる人間だったこと、その絵が僕の生活 を豊かにしてくれているんだろうと思う。絵は僕にとって、全身全霊、神様み たいに、僕のことを覆ってくれるオーラみたいな、空気みたいなものなんだろ うね。なにものにも代えがたい、揺るぎない。それは、気持の中の、自分の故 郷の原型みたいなものがあるような気がする」と。

 これを聞いて、実は私(ババコージ)も、アマチュアだけれど、文を綴るこ とが、同じような役割を果たしてくれているのかと思った。 2003年に黄斑変 性症から左眼が黄斑円孔となり、視力が弱く、右眼を頼りにやっている。 緑 内障になる恐れがあるというので、定期検診を受け、眼圧を下げる目薬を使っ て、幸い状態を維持し、もう十数年になる。

 私は、スズキコージさんも、堀内誠一さんも知らなかった。 堀内誠一さん は、1970~80年代に雑誌『アンアン』『ポパイ』など、ビジュアル雑誌の黄金 時代を築いたアートディレクターだというから、知らなかったわけだ。 たま たま手にした『暮しの手帖』5号(spring 2020/4-5月号)の、表紙のコクリ コ(ひなげし)の絵が堀内誠一さんの作品で、「堀内誠一、旅を撮る」という読 み物があった。 1932年に生れ、1987年にがんのため54歳で亡くなっている。  時代を拓くクリエイターで、絵本作家としても、数々のロングセラーの絵本を 残したが、根っからの旅好きで、28か国、延べ300以上の都市を好奇心いっぱ いに旅したという。 祭や街角、働く人、子供達など、旅で撮られたスナップ には、さまざまな人間の暮らしが映し出されている。 それが絵本の種にもな っている。 愛用したという岩波書店の手帳には、日々の出来事、旅先でのス ケッチ、スケジュール表や手書きの地図などが描かれている。 41歳のある日、 「旅するために、フランスに住もう」と決意し、妻と、当時13歳と9歳の娘 たちが合流して、数年を暮らすことになる。 その思い出を二人の娘さん、花 子さんと紅子(もみこ)さんが語っている。