江戸川乱歩『少年探偵団』の朗読2020/09/14 06:55

6日、明智憲三郎さんが「歴史捜査家」を名乗り、「歴史探偵」を名乗らなかったのは、明智小五郎を思わせるからだろう、というのを出した。 明智小五郎で思い出した。 6月の「等々力短信」1132号「『二十四の瞳』の朗読を聴く」が反響の多かった、スマホやパソコンで聞けるNHK「らじるらじる」の朗読だが、その後、江戸川乱歩の『少年探偵団』を25回にわたって、俳優の渡辺徹が読んでいた。 第1回は9月21日の午後3時まで、最終回は10月23日の午後3時まで聴くことができる。

 私は『少年探偵団』も、『怪人二十面相』も、読んだことがなかった。 江戸川乱歩が雑誌『少年倶楽部』にシリーズ第一作『怪人二十面相』の連載を始めたのは、昭和11(1936)年だそうで、『少年探偵団』はシリーズ第二作のようだ。 シリーズは戦争で中断されたが、昭和24(1949)年に『青銅の魔人』で再開されたという。 私は小学校に入ったばかりだったから、それも読んでいない。 子供向けのリライトも読んだ記憶はないが、「怪人二十面相」や「少年探偵団」という言葉は、よく聞いていた。

 ちなみに、第一作『怪人二十面相』で「怪人二十面相」が狙うのが、資産家羽柴壮太郎が所有するロマノフ王朝の宝冠についていたダイヤだったそうだ。 物語の終盤、名探偵明智小五郎が怪人二十面相にさらわれ、心配する明智の助手、小林芳雄に、羽柴家の次男、羽柴壮二が「少年探偵団」の結成を提案する。 それが、「明智」小五郎と「羽柴」家の関係である。 だが、羽柴壮二は第三作以後には出てこないのだそうだ。

 そこで、『少年探偵団』だが、「そいつは全身、墨を塗ったような、おそろしくまっ黒なやつだということでした。」と始まる。 ある寂しい屋敷町の夜番のおじさんが、拍子木を叩いて歩いていたら、黒板塀から抜け出した真っ黒い人間のようなものが、まっ白い歯を見せてケラケラと笑った。 闇夜に船頭が隅田川を下っていると、舟のそばに白い波が立って、人が泳いでいるように見えたので、声をかけると、顔のあるへんに、まっ白い前歯が見えて、ケラケラとぶきみな声で笑い出した。 そんな「黒い魔物」の噂は、もう、東京中に広まっていたけれど、不思議にも、その正体を見きわめた人は、誰もいなかった。

秀吉の中国大返し、朝日新聞「みちのものがたり」の疑問2020/09/13 06:26

8月30日のこの日記に「渡邊大門著『清須会議』を読む」を書いて、「天正10(1582)年6月2日未明、明智光秀は「本能寺の変」で織田信長と、その長男信忠を討った。 毛利攻めで備中高松城を攻囲していた羽柴秀吉は、その報に接し、それを秘して毛利と和睦、4日朝(6日説もある)出発した「中国大返し」で、13日昼頃決戦の地・山崎に到着した。 「中国大返し」は、尋常でない移動スピードが強調されるが、備中高松城から山崎まで約170キロだから、現在ではそれほどもなかったという否定的見解が強いそうだ。」と書いた。

昨日の朝日新聞朝刊be「みちのものがたり」は、この「秀吉の中国大返し」(岡山県~京都府)(文・斎藤勝寿記者)で、「軍勢率いて200キロ 光秀討つ」の見出し、「中国大返しは「戦国の奇跡」と称されてきた。/羽柴秀吉率いる2万~3万の軍勢が悪天候と悪路の中、姫路城までの約100キロを2日で走破したからだ。」と書いている。

その後、「本能寺の変 情報どう入手」の見出しに関して、「『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』など戦国時代に関する著書を多数もつ歴史学者で作家の渡辺(邊)大門さん(52)は、秀吉が上方の重要情報をただちに入手するため、使者を用意していた可能性を指摘する」と、インタビューした渡辺さんの見解を紹介している。

使者云々はさておき、確実に記者は『清須会議』(朝日新書)を読んだであろう。 そこに書かれていた「備中高松城から山崎まで、約170キロメートルである。「中国大返し」は、尋常でない移動スピードが強調されるが、現在ではそれほどもなかったという否定的見解が強い。」を、どう判断したのか。 「みちのものがたり」の取材が進む中で、否定的な学説が大勢であることを紹介したら、ストーリー全体が空しいものになってしまうからだったのだろうか。 謎である。

秀吉の書状、信長からの養子には織田家を継がせない2020/08/31 07:13

 昨日の一般的に知られた「清須会議」の概要だが、あくまでも二次史料(系図、家譜、軍記物語など、後世になって編纂されたもの)によるもので、より史料的価値が高いとされる、同時代に作成された書状、日記などの一次史料によると、「清須会議」を織田家の後継者をめぐって争ったというのは、誤りであると今では指摘されていると、渡邊大門さんは書いている。 三法師が織田家の家督を継ぐことは既定路線であって、信雄と信孝が争ったのは、三法師が元服するまでどちらが名代になるかであった。 決着がつかなかったため、秀吉が主導権を握る織田家の宿老体制のもと、三法師を支えることになったのである、という。

その一次史料であるが、この『清須会議』を読むと、秀吉を始め、当時の武将が実に多くの書状を書き、公家や寺社が日記など多くの記録を残していたことがわかる。 たとえば、天正10年に比定される10月18日付の秀吉書状写(「金井文書」。「浅野家文書」にも写しがある)、秀吉が信孝の家臣の斎藤玄蕃允(げんばのじょう)・岡本良勝の二人宛に送ったもの。 「信孝様、信雄様のお二人が御名代を争われたとき、どちらを御名代に立てるべきか、宿老たちが清須で相談したところ、信忠様の子(三法師)を擁立し、宿老たちが守(も)り立てると定めました。信孝様、信雄様のお考えを尋ねたところ、「それでよい」との仰せだったので、四人の宿老はそのようにしたのです。そこで、御誓紙を証拠として、清須から岐阜へお供し、信孝様に三法師様を預けたのです。」 この内容は、奈良興福寺多聞院主・英俊の『多聞院日記』(直接見聞きしたというより伝聞情報が多い)の記述とも矛盾しない。

信長の息子には、信忠、信雄、信孝の下に、次(秀勝)がいたが、天正5年または6年に、秀吉が願い出て、養子に迎えていた。 秀吉は、上の書状で、「ご存じのとおり、次(秀勝)は15、6歳になる立派な武士で、織田家の主にすれば人は笑わないかもしれないが、私が養子にしたので、主にすることは人がたとえ言ったとしても、それはないことと諦めている」と述べている。 実子のなかった秀吉は、次を自身の後継者にと考えていたに違いない。

10月14日に、秀吉は信孝配下の岡本良勝ら二人に送った書状(「松花堂式部卿昭乗留書」)でも、信孝が秀吉に警戒感を抱えていたと思われるので、秀吉は次(秀勝)を織田家の家督にしないことを明言し、信孝の警戒感を解こうとした。(この記述のある106頁5行目には、「秀吉は信勝を織田家の家督にしない」とあったので、朝日新聞出版に「次(秀勝)」の誤りではないかと連絡したところ、書籍編集部の山田智子さんから、重版の折には修正するとの返事があった。) (最初、信勝は信雄の誤植かと思った。ちなみに、織田信秀の子で、信長のすぐ上の兄信行が信勝という名前を使ったことが一次史料にあるそうだ。) このことはほかの書状で何度も繰り返し書いているので、秀吉は相当気にしていたのだろう、という。

『紘辞苑』から(『現代語裏辞典』落選編)2020/08/29 07:01

 『現代語裏辞典』「お助け」に応募したものは、ブログにする以前、電子フォーラム時代の<小人閑居日記>に、結果を含め『紘辞苑』として出していた。 その『紘辞苑』から、あえなく落選となったものの中で、自分としてはけっこう自信のあったものを拾ってみた。 こういうのを「死んだ子の年を数える」というのだろう。

けじらみ【毛虱】陰毛、痒い痒い、それでも漏らさず。
ゲバラ【Guevara】死刑判決を受けた時「チェ」と言った人。
ゲバルト【Gewalt】二人逮捕しようとすると、1時間半はかかる。「ゲバゲバ90分」
けんしき【見識】「世界人類皆兄弟」
こうしえん【甲子園】その土を小袋詰めにして、商売になる唯一の球場。
こうとうえん【喉頭炎】のどが赤くなる病気。
こうとうがん【喉頭癌】のどが赤くなり、顔が青くなる病気。
ごえつどうしゅう【呉越同舟】犬がお客のお猿電車。
こぞう【小僧】こども店員。
ごほう【誤報】牛蒡の赤いものが人参だという情報。
ゴルフ【golf】教えたがり菌の付着したボールをホールに入れる球技。
こんじゃくものがたり【今昔物語】メジャーリーグに日本人助っ人。
しきしゃ【指揮者】存在意義への疑念を、身体で晴らそうとしている人。
しつらくえん【失楽園】その後、アダムとイブがやっている焼肉屋。
しょうじゃひつめつ【生者必滅】葬儀屋の座右の銘。
すいか【西瓜】「壊れますので、改札機に押しつけないで下さい。」
ぜっきょう【絶叫】「こちらムンク美術館、今『叫び』が強奪されました!」
ぞうしゅうわい【贈収賄】記憶力の弱い人に金品を渡す危険な取引。
たいない【胎内】胃ノ下羊水。
だば【駄馬】肉も食えない馬。
だんどり【段取り】銀行の金庫の下までトンネルを掘ること。
ちくでん【逐電】運転士が失踪して電車が不通になること。
ちち【乳】巨をもって貴しとなす。
ちゅうづり【宙吊り】精子の温度管理に神様が考えた方法。
ちゅうぶう【中風】良くない「ヨイヨイ」。
ついおく【追憶】クローデット・コルベールとアン・ブライスとバーブラ・ストレイザンドが、ごっちゃになること。
てんぐ【天狗】昔の人が目撃したクラーク・ケント。
どうりょう【同僚】上役がこの言葉を使う場合、割り勘になる。
とうろくしょうひょう【登録商標】「ウンコの力」
トラウマ【Trauma】馬と競走した虎が、馬に負けて以来、負っている心の傷。

【雑学】【私家版】【怒髪】2020/08/28 07:00

『現代語裏辞典』、試みに二、三、やってみていただくと、わかるのだが、そう簡単に浮ぶものではない。 なかなか大変だ。 大体三十の「お助け」項目が出題され、半日か一日の間に、それも先に書き込まれると使えないので、急がなければならない。 脳内在庫勝負のようなところもあれば、一発芸のようなところもある。 一時はまったく浮ばなくなって、しばらく書き込めなかった時期もあった。 結局、「文は人なり」で、自分の器だけの範囲にしか届かない。 自分自身を笑えるか、知の臭いがするかが、ユーモアのポイントだろう。 幸運にもたくさん採用されたのには、趣味の落語など雑学のおかげや、筒井さんに年齢が近いという利点もあったように思う。

グリコ【Glico】おまけについてくる不要の飴。
ごほう【午砲】静かならざるドン。
ざつがく【雑学】馬鹿な辞典を作る以外は役に立たない。
しかばん【私家版】出版社に断わられ、身銭を切って出す本。
しかんがっこう【士官学校】帽子を上手に放り投げる訓練をする学校。
そうせいじ【双生児】兄はウインナー、弟はボローニャ。
そんごくう【孫悟空】呉承恩がエノケンのために作ったキャラクター。
ちょうわ【調和】この国民にこの政府。
ちょくげき【直撃】キャッチャーが泣き、ベンチとスタンドが笑うもの。
でんきゅう【電球】三遊亭歌笑「球の切れたのは、停電用にお使いください」
どはつ【怒髪】ある種の人々には絶対に不可能な怒りの表現方法。
ヌーボーロマン【nouveau roman】与太郎が主人公の、つかみどころのない小説。
ぬけめ【抜け目】洗って干してある義眼。
ハイ・ソサエティ【high society】サッチモから見たグレース・ケリー。
パワー【power】名は、タイロン。
もんだいじ【問題児】歳とると問題爺。