福沢索引2006年5月のブログ・小泉信三博士歿後40年[昔、書いた福沢232]2020/03/11 07:04

「海行かば」の早慶戦<小人閑居日記 2006.5.13.>
 5月11日、三田で「小泉信三博士歿後40年記念講演会」。 服部禮次郎さ
んの「小泉博士と福澤研究」、福岡正夫名誉教授の「経済学者小泉信三」、松尾
俊治さんの「小泉信三先生と野球」。 体育会野球部出身で、毎日新聞の運動記
者をした松尾俊治さんの「海行かば」の早慶戦にまつわる話に感動。 戦時中、
軍部や文部省は、野球・テニスを敵性スポーツとして弾圧した。 昭和18年9
月22日、政府は文科系学生、生徒の徴兵猶予を全面的に停止する特令を公布
した。 慶應野球部の、戦場に行く前に何とか早稲田と一戦をという運動に賛
成した小泉さんは、学生にとってよいことなら、自分が責任を持ってやるとい
う姿勢を貫く。 10月16日早稲田の戸塚球場で、最後の早慶戦が行われた

アマチュア、そして総合人間学<小人閑居日記 2006.5.20.>
 15日の「福澤先生ウェーランド経済書講述記念講演会」丸山徹経済学部教授
の「小泉信三と作家たち」。 話を小泉信三さんが愛読した作家の内、森鴎外と
夏目漱石と幸田露伴の三人にしぼり、三人とも学者だ、という。 最近の学問
は、狭い専門領域に凝り固まっていて、学問と人倫・人情との関係がない。 そ
れにくらべ、ありとあらゆることに関心を持ち、八方に手を広げる学問態度は、
人間全体の処世学の結晶、修身をふくむものだ、といった話をした。

小泉信三さんとファールボール<小人閑居日記 2006.5.22.>
 体育会野球部長をやった丸山徹さん、高校生の時、小泉さんがネット裏の貴
賓席で慶明戦を観戦中、ファールボールが跳ね返って、小泉さんをかすめ、そ
ばの人が大丈夫ですか、と尋ねているのを見た。 それが昭和41(1966)年5
月1日で、小泉信三さんはその10日後の11日に亡くなった。 実は、私もそ
の試合をネット裏で観ていて、ファールボールは、直接小泉さんに当たったよ
うに記憶していた。

『三田評論』小泉信三追悼号<小人閑居日記 2006.5.23.>
 丸山徹さんは、小泉さんが経済学の授業に、一時間『運命』を語ったという
吉野秀雄さんの「小泉信三先生を偲ぶ」八首が『三田評論』昭和41(1966)
年8・9月号の小泉信三追悼号にある、と言った。 「教室の講義さしおき露
伴作「運命」説きしきみを忘れめや」「堀江気賀いまだ衰えず高橋と並び若かり
し君をしぞおもふ」「わが耳の底に残るはさびのある清き聲にて語尾ひきしま
る」。

前田祐吉監督の慶應野球<小人閑居日記 2006.5.24.>
「小泉信三君 没後40年」特集の『三田評論』5月号の「日本野球よ、永遠に」
という三人閑談。 「エンジョイ・ベースボール」の慶應野球を、必勝精神主
義の野球道と対比して語っていて、面白い。 球場でのマナーが紳士的だった
のが印象的な前田祐吉慶應野球部元監督の発言が特にいい。 「僕は前後十八
年監督をやらせてもらって、唯一自慢できるのは全員が卒業したことです。当
たり前のことだけど、監督が学生が勉強するのを妨げてはならない。学生にと
って、授業に出て勉強するのは重要な権利ですから。」 新基軸「声を出すな」、
口癖「ベンチを見るな」。

伊藤整と小泉信三さん<小人閑居日記 2006.5.26.>
 桶谷秀昭さんの『伊藤整』(新潮社)に、小泉信三さんが出てくる。 小樽高
商、後の小樽商科大学は、経済学では名の知れた学校である。 当時、大西猪
之介、大熊信行が、教えていた。 伊藤整の一年上に小林多喜二がいた。 大
熊信行は、東京商大研究科のゼミで師事した福田徳三の推薦で、小樽高商に赴
任した。福田徳三は、わが国の近代経済学の草分けとして知られる学者だが、
一時、東京商大を追われ、慶應義塾に拾われた。 その慶應で、福田徳三は小
泉信三という俊秀な学生を発見した。 大熊信行は、経済原論の講義の準備を
していて、イギリス古典派及びマルクス経済学と、近代経済学の、たがいに相
対立する価値論を綜合する端緒をつかんだ、という。 似た話として、5月11
日の「小泉信三博士歿後40年記念講演会」、福岡正夫名誉教授の「経済学者小
泉信三」で、リカアドオ経済学の研究、マルクス経済学の批判で知られる小泉
さんが現代の経済学につながる道を切り拓いたという話を聴いた。

福沢索引2006年3月のブログ・池井優さんの「戦後日本外交の展開とスポーツ」[昔、書いた福沢227]2020/02/27 07:20

池井優さんの「復活!名講義」<小人閑居日記 2006.3.20.>
 2008年に創立150年を迎える記念事業の一つ「復活!慶應義塾の名講義」、
池井優法学部名誉教授の「戦後日本外交の展開とスポーツ」を聴く。

その試合は現場で観た<小人閑居日記 2006.3.21.>
 池井優さんの話の中に、幸運にも子供の頃、その現場にいた試合がいくつか
あって、自分史に重なる。 父のやっていた工場が日大水泳部のプール・合宿
所に近かったので、古橋広之進、橋爪四郎ら“フジヤマのトビウオ”たちは身
近な存在だった。 オドゥール監督率いるサンフランシスコ・シールズとの「日
米野球」の試合を観ている。 ボクシングの世界フライ級タイトルマッチで、
白井義男がダド・マリノを破って、世界チャンピオンになった試合も、同じく
後楽園球場で観た。

古橋広之進さんへの父の手紙<小人閑居日記 2006.3.22.>
 古橋広之進さんは、昭和60(1985)年12月2日から31日まで日本経済新
聞に、「力泳五十年」と題する「私の履歴書」を連載した。 和綴の製本をして、
古橋さんに送った、それに添えた父の手紙。

ふんどしと水泳パンツ<小人閑居日記 2006.3.23.>
 占領下の当時、接収されていた神宮プール、試合の時だけという条件つきで、
使用が許可された。 1947(昭和22)年8月8日、全日本水泳選手権大会の
決勝、古橋広之進400m自由形準決勝で、古橋さんは4分38秒4の世界新記
録で泳いだが、日本の水泳連盟が国際水泳連盟から除名中のため、未公認の幻
の世界新記録となった。
(当時のことは、田畑政治さんを主人公にした2019年の大河ドラマ『いだて
ん』の後半で描かれた。)

オドール監督、そして「水泳の人」<小人閑居日記 2006.3.24.>
 オドール監督の前で踊った記憶があるという、ガールフレンドからのメール。 
「水泳の人」は、キッパス監督、昭和25(1950)年の水泳日米対抗にコンノ、
マックレーンらをひきいて来日したアメリカチームの監督。

居合から福沢諭吉を切る[昔、書いた福沢211]2020/02/11 07:03

        居合から福沢諭吉を切る<小人閑居日記 2004.4.9.>

 3月27日、日本橋室町の三井本館7階食堂で福沢諭吉協会の土曜セミナー があった。 ここは、いずれ三井美術館になるのだそうだ。 講師は幼稚舎教 諭の岩崎弘さん、「福澤先生と居合」。 福沢研究にも、いろいろな切り口があ るもので、剣道をやっている岩崎さんは、長年ここから調べて来た。

 福沢の居合は、本格的なものなのだそうだ。 少年時代に中津で中村正(庄) 兵衛に立身(たつみ)新流という居合術を学んだ。 おそらく町道場でなく、 藩の道場だろうという。 立身流の居合術は室町時代末期に伊予の人、立身三 京によって創始され、佐倉堀田藩と中津奥平藩(立身新流)に伝えられた。 中 津藩では途絶えたが、佐倉では現在も二十一代宗家、加藤高という方がいると いう。 この立身流の居合をビデオで見た。 立って刀を抜く立会、座って抜 く居組、ともに襲ってくる敵の機先を制し、一刀必殺の鋭さを感じさせるもの だった。 

 鍛練によって「抜かずして、敵に勝つ」境地に達するという居合術は、福沢 の「捨て身」や「気力体力」の源となった、というのが結論だったようだ。

早慶戦100周年記念試合[昔、書いた福沢195]2020/01/18 07:01

    早慶戦100周年・オールドボーイ戦<小人閑居日記 2003.11.27.>

 昨26日、神宮球場で行われた早慶戦100周年記念試合、オールドボーイ 早慶戦とオール早慶戦の二試合を観た。 オールドボーイ戦は40歳以上、オ ール早慶戦は現役のプロ・社会人と学生のチームでの対戦だ。 プロと社会人・ 学生が一緒にプレーするため、特別の許可を取ったとかで、そのためか入場無 料(招待券持参者、朝9時から配った)。

 オールドボーイ戦は、慶應が清沢-大橋、早稲田が金沢-野村徹(現監督) のバッテリーで始まったから、昭和35(1960)年の早慶6連戦を大学1 年生で経験した私などには、涙の出るような試合だった。 スタメンが慶應(中) 浜村巌(二)江藤省三(遊)後藤寿彦(一)松下(捕)大橋勲(左)福田崇(指) 徳丸幸助(三)田中徹雄(右)小島和彦、早稲田(右)荒川博(指)大道信敏 (三)徳武定祐(左)荒川宗一(一)石井連蔵(二)本村政治(遊)皆川(中) 大久保俊増(捕)野村徹。 投手は、慶應・清沢忠彦、工藤、巽一、吉田正敏。  早稲田・金沢宏、高橋直樹、谷井潤一、仁村薫、香川のリレー。

 試合は慶應の打棒爆発、2回まで9-0で先行したのを、早稲田が元巨人の 阿野鉱二、松本匡史(ランニング)の2ホーマーなどで追いかけたが、結局1 1-8で(3回、一時間で時間切れ終了)慶應が勝った。 すぐそばで、慶應・ 島村精介(昭和44年卒、桐蔭高)のお嬢さんたちご家族が観戦していて、代 打で登場すると「お父さんだ、お父さんだ、ユニホーム姿かっこいいネ」、「が んばれ、お父さん、がんばれ」と大声援、センターにいい当りを打ったので「走 れ、走れ、回れ、回れ」、三塁打になって大喜びだった。 万事、その調子で、 楽しいゲームだった。

     早慶戦100周年・オール早慶戦<小人閑居日記 2003.11.28.>

 プロと社会人・学生によるオール早慶戦、試合前のセレモニーで、先人を想 い全員で1分間の黙祷をする。 六大学野球はもちろん野球が大好きで、私を 野球観戦の道に引き込んだ兄のことを想い、一万の観衆もみんな兄のために祈 ってくれたのだと勝手に思うことにした。

 先発メンバーは、慶應(指)喜多…ロッテ(二)湊川…中日(右)高橋由… 巨人(中)早川…慶應高(左)池辺…智弁和歌山(三)三木…近鉄(一)大川 …三菱重工神戸(捕)小河…七十七銀行(遊)山口…東京ガス、早稲田(二) 水口…近鉄(中)青木…日向高(三)仁志…巨人(遊)鳥谷…聖望学園(一) 武内…智弁和歌山(指)矢口…かずさマジック(て、何?)(右)由田…桐蔭学 園(左)米田…早実(捕)荒井…元日ハム。

 投手は、慶應・長田…西武、志村…ウィーン94(て、何?)、清見…慶應志 木、小林基…岡山城東、平井…三菱重工神戸、参鍋…甲陽学園、早稲田・和田 …ダイエー、小宮山…元メッツ、越智…新田、生出…七十七銀行、佐竹…土庄、 三沢…近鉄、鎌田…ヤクルト、江尻…日ハム、大谷…報徳学園、宮本…関西。

 1回裏三塁打の仁志が、長田の暴投で生還して、早稲田が1点。 2回、四 球の池辺を置いて、大川のホームランで、慶應が2-1と逆転。 4回、早川 もホームランで、慶應3-1とリード。 その裏、武内と由田の二塁打二本で、 早稲田が3-2と詰め寄ったが、5回以降、両チームとも現役中心の小刻みな 投手リレーで、得点を許さず、結局3-2で慶應が、オールドボーイ戦に続い て勝利をおさめた。

 高橋由…巨人は、2三振とサードフライで3打数-0安打、仁志…巨人が3 -2、阪神に入る鳥谷は3-0だったが、守備と走塁(四球で出て盗塁)でい いところを見せた。

『落日の宴 勘定奉行川路聖謨』〔昔、書いた福沢152〕2019/11/09 06:59

       川路聖謨と広瀬淡窓<小人閑居日記 2002.8.12.>

 積んどく本の吉村昭著『落日の宴 勘定奉行川路聖謨(としあきら)』(講談 社)を、たまたまぱらぱらやっていたら、川路聖謨が日田の生れであった。 日 田は代官所のあった幕府の天領であった期間が長く、それも西国筋郡代の在陣 地として九州幕領支配の一大中心地だった。 4歳で江戸へ出て、父は徒士組、 養父も小普請組だったのに、川路聖謨は異例の出世をして勘定奉行にまで昇る。 

 嘉永6(1853)年ペリーの黒船についで、ロシアの使節プチャーチンが 長崎に来て開国を要求した時、川路は筒井政憲とともに交渉のため長崎に派遣 される。 『落日の宴』によれば、そのぶらかし交渉が一応成功しての帰路、 佐賀の田代という所に、日田から叔父や代官、神主、庄屋など沢山の人がきて いて出迎える。 勘定奉行というのは、たいへんな格だということがわかる。

 その日田からの一行のなかに、広瀬淡窓もいた。 川路は大儒者がきたこと に恐縮し、丁重に遇した。 淡窓にはみずから縮緬の羽織を着せかけ、しばら くの間、話し合ったという。

 数え21歳の福沢諭吉が、中津から蘭学修業のため長崎へ向かうのは、その 翌月のことである。

          幕末…二つの動乱<小人閑居日記 2002.8.13.>

 吉村昭さんの『落日の宴 勘定奉行川路聖謨』であるが、ロシアの使節プチ ャーチンとの長崎での交渉経過のあたりまでは、ちんたらしていてなかなか進 まなかったのが、ペリーの脅しに屈した江戸幕府が日米条約を先に結んだのを 知ったプチャーチンが、再びディアナ号で大坂沖に現れ、下田で交渉に入った あたりから、俄然面白くなる。

 以前、石橋克彦さんの岩波新書『大地動乱の時代』で読んだように、「安政東 海地震」の大津波が、交渉地下田を襲うからである。 石橋さんは、黒船と大 地震を「幕末…二つの動乱」と書いていた。

        プチャーチンと川路聖謨<小人閑居日記 2002.8.14.>

 「安政東海地震」の大津波が日露の交渉地下田を襲って、下田の町は家数8 75軒の内841軒が流失・皆潰、30軒が半潰・水入、無事の家はたった4 軒という壊滅的な被害を受ける。 ディアナ号も、龍骨が折れるなどの損傷を 受け浸水、ほとんど航行不能となる。 修理のため戸田(へだ)村へ回航中、 天候が急変して沈没し、戸田で代船となる木造スクーナーを建造することにな った。 学生時代、戸田でクラブの海水浴合宿をした。 沼津から船で行った が、途中、海が荒れ、怖い思いをしたことがある。

 地震後1か月の中断の後、日露の交渉は再開され、陽暦1855年2月7日、 日露和親条約が締結された。 幾多の困難を乗り越えて、ここまでこぎつけた プチャーチンを、川路聖謨は「真の豪傑」と賞賛し、プチャーチンも川路聖謨 の聡明さと鋭い感性に感嘆し、類い稀な人物だと激賞している。 外交交渉で は手ごわい敵同士ではあったけれど、協力して一仕事なしとげたパートナーへ の敬意と親愛の情が感じられる。 この条約で、千島については、エトロフ島 以南は日本領、ウルップ島以北はロシア領と明記されている。 それが今日の わが国の主張の根拠となっているため、2月7日が「北方領土の日」とされて いる。

         六十過ぎての健康法<小人閑居日記 2002.8.15.>

 老中堀田正睦とともに慶喜擁立に動いていた川路聖謨は、井伊直弼の大老就 任によって左遷され、安政の大獄で御役御免隠居蟄居を命じられた。 井伊暗 殺後、生麦事件が起こると、外交折衝の経験を買われて、再び外国奉行にひっ ぱり出される。 だが、まもなく孫の太郎が結婚し川路家の当主としての体裁 も出来たので、老齢を理由に高禄を辞退し、御役御免となる。 65歳、歯は 抜け耳は遠く、白くなった髪はうすれて丁髷は細くなっていたが、早朝の槍の しごき、太刀の素振り、半ば走るように歩くことを日課にし、召されればいつ でも御奉公ができるように心掛けていた。 厳冬2月のある朝、槍を二百回ほ どしごいたところで、倒れて半身不随になる。

 福沢諭吉の健康法も、毎日の米搗き(玄米を精製して白米にすること)と居 合抜き。 どちらもかなり激しい運動だ。 米搗きの臼を搗き潰して、64歳 の時、五つ目の米臼を新調している。 「居合数抜記録」というのが『全集』 20巻395-396頁にある。 明治26年11月17日 居合数抜 千本、 午前9時15分より12時まで640本、午後2時より3時半まで360本。  刀は、鍔元より長さ2尺4寸9分(75.5センチ)目方310匁(1162 グラム)。 野球のバットより重い日本刀を、刃鳴りのするほどの速さで力いっ ぱい振り回して斬り込むのだから大変だ。 土屋雅春さんは『医者の見た福沢 諭吉』で、これは今でいうジョギングのしすぎのようなもので、晩年の大患(脳 卒中)の遠因の一つになったといっている。 川路も福沢も、体力・気力には 常人をはるかに超えるものがあった(だから大きな仕事をしたともいえる)が、 齢を取ったら、運動はほどほどにしたほうがよいようだ。