慶應三連覇を逃す、東京六大学野球・春のリーグ戦2022/05/20 06:58

 東京六大学野球、春のリーグ戦、13日に「春の東京六大学野球、慶應のこれまで」を書き、17日には<等々力短信 第1155号 2022(令和4).5.25.>「慶應野球と福沢諭吉」を早めに発信して、「12時から1勝1敗になった慶明の三回戦があります。勝てば、三連覇に近づきます。」と追伸したのだった。 ところが、慶明三回戦、5回までに明治に10点取られ、慶應は4回萩尾のソロホームランのみ1対10とリードされた。 7回、8回に3点ずつ取って、あと3点と追いかけて試合を面白くしたものの、8回裏に駄目押しの2点を取られ、7対12で敗れた。

 福澤諭吉記念 慶應義塾史展示館、6月6日からの企画展示室の特別展「慶應野球と近代日本」は、都倉武之副館長が期待していたであろう「三連覇記念」を冠せることをは、残念ながら出来なかった。 前田祐吉監督でさえ、18年で8回のリーグ優勝だった。 ドンマイ、ドンマイというところだろう。 そうそう、短信に何人か特別展「慶應野球と近代日本」を見に行くという反響があって、とても嬉しかった。

 春のリーグ戦の優勝は、明日からの第7週、立教と明治の対戦で、勝点を取ったほうが優勝となる。

慶應野球と福沢諭吉<等々力短信 第1155号 2022(令和4).5.25.>2022/05/17 08:09

 5月11日、ひさしぶりに福澤諭吉協会の一日史蹟見学会があった。 時節柄一日ではなく半日で、「慶應義塾展示館を見る」。 まず演説館で、展示館の開設を準備し、副館長を務める都倉武之さんの話を聴いた。 福澤諭吉記念 慶應義塾史展示館は、赤レンガの旧図書館の二階にあり、無料で一般公開されている(月~土 10時~18時)。

 約150点の資料を展示する常設展示室(私の頃の大閲覧室)では、慶應義塾史=「近代日本の格闘そのもの」というコンセプトで、展示した。 福沢を語ることは、近代日本を語るということだ。 福沢の成功物語、完成した偉人伝として描くのではない。 格闘者、挫折者としての福沢、文字だけでなく、行動と激励の人だった福沢の不成功物語として描こうとした。 福沢の主張は結局かなりの部分、未完成で、まだまだほとんど実現していない。 現在進行形だから価値があり、その歴史が示す多くの未解決の課題を提示し、なぜ受け入れられなかったのか、なぜ実現しないかを来場者に考えてもらいたい。 福沢、慶應が本来秘めている激しい反骨精神を内外に意識づけたい、と言う。

 展示の構成は、「颯々の章」福沢諭吉の出発、「智勇の章」文明の創造と学問の力、「独立自尊の章」私立の矜持と苦悩、「人間交際の章」男女・家族・義塾・社会。

 企画展示室の特別展は、開館当初「慶応四年五月十五日」彰義隊の戦争時もウェーランド経済書の講義が行われた学問の伝統についてで、6月6日からは「慶應野球と近代日本」が始まる(8月13日まで)。 2022年は、日本人への野球伝来150年にあたる。 木村毅によると、福沢がアメリカから持ち帰った本Wilson First Reader(1860年出版)に野球の絵があった。 福沢の時事新報論説「体育の目的を忘るゝ勿れ」(体育会創立の翌年、明治26年3月22日)は、健康な身体が学問をやる基礎で、独立の人を支える一要素だと説く。 慶應義塾は日本野球史に欠かせない数々の足跡を刻み、野球部は「エンジョイ・ベースボール」をモットーに、野球界に広く普及した早稲田式の「一球入魂」「野球道」とは、異なるスポーツ観を提示してきた。

 2期18年にわたって野球部の監督を務め8回のリーグ優勝をした、前田祐吉さんの昭和62年のノートが常設展に展示されている。 「坊主頭は決して高校生らしくない」「グラウンドへのお辞儀は虚礼」「なぜ大声を出し続けるのか」「野球だけでは人間はできない」 このノートに、福沢諭吉が随所に出てくる。 福沢精神の本質は、時流におもねることなく、広い見識にもとづく自己の信念を貫く勇気と反骨である。 福沢を理解し、それを自分のフィールドで活かそうとした前田監督のような人々の連なりが、慶應義塾を始め、いろいろな所で生まれ続けているのが福沢の傑出したところだと、都倉さんは言う。


最近、ブログに下記を出しましたので、覗いてみて下さい。今日、 5月17日12時から1勝1敗になった慶明の三回戦があります。勝 てば、三連覇に近づきます。

春の東京六大学野球、慶應のこれまで<小人閑居日記 2022.5.13.> http://kbaba.asablo.jp/blog/2022/05/13/9490081

慶應野球部出身のプロ選手活躍<小人閑居日記 2022.5.14.> baba.asablo.jp/blog/2022/05/14/9490447

慶應野球部出身のプロ選手活躍2022/05/14 07:06

 閑人だから巨人戦はだいたいテレビで見ている。 巨人は、意外な若手投手の活躍という好運があって、出出しは順調に勝っていたが、このところ坂本、菅野、吉川を欠いたこともあり、暗雲が漂い始めた。 その端緒となったのが、5月3日(火)からのマツダスタジアムでの広島三連戦だった。

 5月3日広島12-3巨人、先発赤星で負け投手。 5月4日広島3-6巨人、先発戸郷が勝投手、大勢12セーブがついた。 5月5日広島3-0巨人、先発メルセデスで負け投手、大城のヒット1本という貧打。 1勝2敗だった。

 この三連戦で、広島の慶應野球部出身、トヨタ自動車から入ったルーキー、中村健人(24歳、背番号50)が活躍した。 初戦は1回タイムリー二塁打で6点のうちの1点、二戦目は5回にタイムリーヒット、三戦目も5回にレフトにヒットでチャンスをつくり小園のセカンドゴロの間に生還、得点した。

 阪神の山本泰寛(慶應から巨人で4年、阪神に移って3年目。28歳、背番号00)は、5日のヤクルト戦で、押し出しのサヨナラ四球を選んだ。12日現在、24試合に出場、本塁打1、打率.237、四球7で出塁率.356。

 ヤクルトの木沢尚文投手(慶應から2年目。23歳、背番号20)は、8日の巨人戦でリリーフした8回を抑え、チームが9回に山崎の2点二塁打で逆転したため、勝投手になった(1勝)。12日現在、11試合に登板、1勝0敗、防御率0.5。

 セリーグは他に、中日の福谷浩司投手は10年目(31歳、背番号24)12日現在登板4試合1勝2敗、防御率3.84。 中日の郡司裕也捕手は3年目(24歳、背番号44)。7試合に出場、打率.286、四球4で出塁率.545。

 パリーグ。 オリックスのルーキー渡部遼人外野手(22歳、背番号0)。 ソフトバンクのルーキー正木智也外野手(22歳、背番号31)、柳町達外野手3年目(24歳、背番号32)12日現在、28試合、打率.352、二塁打5、三塁打1。 楽天に7年目で日本ハムから移籍の横尾俊建内野手(28歳、背番号61)、30試合、打率.180、同じく楽天に岩見政暉外野手5年目(27歳、背番号38)、3試合、打率.147。

春の東京六大学野球、慶應のこれまで2022/05/13 07:06

 東京六大学野球、春のリーグ戦、三年ぶりに勝点制になって、3回戦もある。 神宮球場がプロ野球との併用日だと、延長戦がないので、引分も多く、10日は東大と早稲田、明治と法政の各4回戦だった。

 慶應は、東大に連勝、立教に2勝1分と、順調に勝点2をあげ、この勢いなら三連覇かと思われた。 そこで迎えた4月30日からの法政戦。

 1回戦は、4回に満塁に山本四球押出、善波の走者一掃の三塁打で4点先取したが、5、6回に法政今泉のスリーラン本塁打などで同点に追いつかれ、9回裏の法政、満塁に内海のレフトへのポテンヒットで惜しくもサヨナラ負けした。 投手は6回まで増居、7回から渡部、9回の橋本が負け投手だった。

 2回戦は、いきなり萩尾の先頭打者初球ホームラン、2対2の9回裏、再び萩尾のサヨナラホームランで快勝。 投手は、1年外丸が先発して4回1失点、生井、渡部とつないで、8回からの橋本が勝投手となった。

 5月2日の3回戦、0対4とリードされた8回、暴投と山本のツーラン本塁打で3点、9回には広瀬のツーラン本塁打で5対4と逆転に成功、勝点を取ったかと思われた。 投手は、先発増居、5回から渡部、7回から橋本とつないで、堀井哲也監督は9回裏法政の攻撃には2年白木を登板させた。 だが死球、死球で、1年外丸に交代、高尾を三振に取ったところで生井に交代、大柿に暴投で走者2、3塁となり、浮橋に交代、四球で満塁、宮崎を三振に取って二死、だが高崎に四球で押出5対5の同点となった。 斎藤にレフトへサヨナラヒットを打たれて、5対6、残念ながら惜しくも勝点を逃した。

 5月10日現在、明治が勝点3とリード、勝点2で慶應、立教、法政が勝率順で並び、早稲田が勝点1、東大が勝点0。 慶應は明日からの明治戦、5月28日からの早慶戦を残している。 明治は、5月21日からの立教戦がある。

「人がどう死ぬか、人がどう生ききるか」2022/04/10 07:47

 堀川恵子さんのスピーチ、つづき。 「犬養木堂の姿であるとか、立憲制度とは何かという事は、本を書くうえではひとつの重要なテーマです。/ただ、テーマではあるんですが、メッセージではない。私たち書き手が一冊の本を著す時には、表層で現れる事象ではなく、やはりなにかメッセージが必要だと思っています。」

 堀川さんは、テレビのディレクターから表現者としての人生をスタートしたので、物語を作り上げるとき、倉本聰さんの手法を真似てきたという。 まず、最初に壁一面に主要な登場人物、登場人物に影響を与えた人たちの年表を貼っていく。 今回は、壁一面に納まらず、大変な状況になった。 「その数々の年表をじっと見ながら考えたことは、私のこの仕上げようとしている作品は、人がどう死ぬか、人がどう生ききるかが大きなテーマなのではないかと思い至りました。たとえば西郷隆盛、正岡子規、あるいは三浦梧楼、もちろん犬養木堂、その腹心の古島一雄。あえて付け加えるならば私の夫もそうです。」「本当に晩年、命の灯火が尽きようとしているとき、残された時間と引き換えにしてでもやり遂げたいと思うものを持っていることは貴いと思います。最後まで自分の仕事を全うする。その姿を見て、こんな幸せなことはないなと感じました。」「人の最期を書くのは書き手としては覚悟を迫られるものでした。私自身、林の上段の構えで、この本に現れる男たちの骨を拾って歩こうと、そんな思いで執筆に向かいました。/私の夫は肉体は滅びてしまいましたが、なおそういった形で導いてくれた。やはりこの本はまぎれもなく共著であったと感じています。」

 「林はおそらくこの作品を手がけるときに、司馬遼太郎先生の『坂の上の雲』をかなり強く意識していたと思います。/司馬さんが盛んにこの時代の立憲主義の形というものに触れていらっしゃる。/日露戦争という現場であっても、明治の武人たちは愚直なまでに国際法を遵守しようとします。戦場のさなかに法律に詳しい幕僚を連れ、法律違反の有無を必死に確かめる。/のちに立憲体制を空洞化することになる統帥権も健全に運営されています。あくまで統帥権とは軍部のなかの分業を定めるものであり、大きな枠のなかで憲法の下にあり、そこの道理を崩してはいない。」「私が大好きな武人の大山巌も、この戦争で敗れた場合の責任は自分が取ると公言しております。軍部の責任も明確な形であった。政治家だけではなく、軍人までも憲法のもとで行動を起こすという規範をもっていたのだろうと思うんです。」

 「同時に司馬さんは『坂の上の雲』のなかで、「専制国家は結局もろい」ということばを何度も引用されています。これはセオドア・ルーズベルトの言葉です。皇帝の専制下にあったロシア、一方で必死に立憲国家を目指す日本。勝敗はおのずと後者にあるであろうと、そういう示唆であったと思います。」

 「司馬先生は20年後、この立憲制度を支える柱について、『風塵抄』の「正直」という章で書かれました。結論部分を要約しますと、「立憲というのは、国家機関や政治家が正直であることを基礎としている。明治憲法は国民を成立させ、戦後憲法は個人をつくった。だから個々が正直を失えば日本国は崩壊するし、いわんや公を代表する国家機関や政治家が不正直であれば、それはガラス器具を落とすように壊れるのである」」「犬養らが必死で積み重ねた立憲制度も壊れるときは一瞬でした。その背景には政治家による汚職、疑獄事件などがあり、人心は政治家から離れていたということもあります。」

 「戦後70年以上が過ぎ、改めて振り返りますと、立憲主義は本当に時間がかかり、お金もかかります。とても忍耐を強いられる政治的なプロセスです。」

「林はたくさんのことばを私に残してくれましたが、最期に言いました。「3、4年に1冊いい本を書けよ」/3、4年に1冊というところがポイントだと思っています。つまり粗製濫造するなと。落ち着いていい本を書けという言葉だったんだろうと。これからも正直な取材をし、一生懸命書いてまいりたいと思います。このたびは本当にありがとうございました。」