会津と「奥州仕置」「惣無事令」2017/12/01 07:15

 ジャイアンツの「絶好調男」、DeNAの監督もやった中畑清の「ファミリーヒ ストリー」を見た。 父は福島から横浜戸塚に出て土建業・中畑組を営み、戦 後進駐軍の仕事などで繁盛したけれど、その仕事がなくなると、福島に帰り瓦 製造を始めるが4年で倒産、牛一頭から酪農を始める。 瓦工場跡の雪も舞い 込む小屋で、9人兄弟の8番目に生れた清は、麦飯に牛乳をかけて育って、大 きくなったのだそうだ。 先祖に中畑上野介晴辰(はるとき)、その息子・右馬守(うまのかみ)という 城持ちの戦国武将がいて、豊臣秀吉の「奥州仕置」の合戦で中畑の地を追われ、 泉崎村に移ったという。 「奥州仕置」というのを知らなかった。

たまたま読んでいた五味文彦さんの『日本の歴史を旅する』(岩波新書)に、 福島県会津盆地を扱った「会津街道 日本の統合をめざした人々」の章があって、 「奥州仕置」が出て来た。 会津盆地で武士たちが成長して抗争を繰り返す中、 応永30(1423)年頃には蘆名氏が会津四郡の守護大名としての権限を握って いた。 戦国の乱世になると、次々と会津に侵攻する勢力が現れ、蘆名氏の当 主が若年で死亡したことなどもあって、蘆名家臣団が分裂するなか、常陸の佐 竹から迎えた義広の代になって、北から侵攻してきた伊達政宗と戦い、天正17 (1589)年に磐梯山麓の摺上原(すりあげはら、耶麻郡磐梯町・猪苗代町)の 合戦で大敗を喫して、滅んでしまう。

伊達氏による会津攻めを「惣無事(そうぶじ)」の命令に違反したとして咎め た豊臣秀吉は、翌年小田原北条氏を滅ぼすと、下野を経て南から会津黒川城(の ちの会津若松城)に入って、奥羽地域の支配方針である「奥州仕置」を定め、 ここに秀吉の天下統一の総仕上げがなった。

この「惣無事令(そうぶじれい)」も、知らなかった。 百科事典をみると、 天正13(1585)年、豊臣秀吉は戦国大名間の戦争(領土紛争)を私戦と断じ、 私戦禁止令(大名の平和令)を出し、受諾した大名については領土を認め地位 を保障した。 この武力征服によらない平和統一政策が「関東惣無事之儀」な どと標榜されたことから「惣無事令」と呼ぶ。 広義には喧嘩停止令(村の平 和令)・刀狩令(百姓の平和令)・海賊停止令(海の平和令)など一連の治安政 策を指し、豊臣政権は平和令を政策基調として天下統一を達成したとの見解を とる。

豊臣秀吉の「奥州仕置」にともなって、奥羽では検地が実施され、諸大名家 の石高が確定し、それを基準にして軍役が課され、各大名は豊臣政権に組み込 まれていった。 会津における伊達氏の支配が否定され、代わって会津四郡を 与えられたのが蒲生氏郷である。 氏郷は文禄元(1592)年に黒川城とその城 下町の本格的建設を行なって黒川を若松と改め、近江から木地師や塗師を招く など産業の振興に意を注ぎ、会津塗の基礎が形成された。 氏郷の死後、越後 から上杉景勝が入ったが、関ヶ原の戦い後、米沢に移封された。 その後、蒲 生、加藤などの大名が続き、やがて保科正之が藩主となって藩の体制を整えて から、保科氏の支配が続き、元禄9(1696)年から保科の姓が松平姓に改めら れ、明治維新まで続くことになる。

芳賀徹さんが『文明としての徳川日本』(筑摩書房)(<等々力短信 第1100 号 2017.10.25.>参照)で描いた265年にわたる「徳川の平和」の、反面教師 や礎として、天下布武の織田信長や、そして、この豊臣秀吉の「惣無事令」が あったことを知ったのだった。

ハーフの父の国、母の国2017/10/20 06:56

 9月25日の<等々力短信>『R.S.ヴィラセニョール』のまくらに、ハーフの アナウンサーやタレントが多くなったと書いた。 そして、国山ハセン、ホラ ン千秋、滝川クリステル、葉山エレーヌ、加藤シルビア、政井マヤ、ローラ、 ベッキー、トリンドル玲奈。 スポーツでも、高安、御嶽海、ダルビッシュ有、 オコエ瑠偉、山崎康晃、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウン。 そんな名前を挙 げた。 これを見て、DeNAの抑え投手、山崎康晃はどことのハーフですか、 と聞かれた。 彼の母はフィリピンだそうだ。 そういえば、DeNAでクライ マックス・シリーズのファースト・ステージ、阪神との第2戦の7回に桑原か ら代打でスリーランを打ち、昨日のファイナル・ステージ広島戦でも5回二死 満塁に代打で2点タイムリーを打った「ラッキーボーイ」乙坂智は、印象的な 顔をしているが、父がアメリカ人だという。

 そこで、上の短信を書いた時に、興味本位で調べた親の国を書いておく。 国 山ハセン…父・イラク、ホラン千秋…父・アイルランド、滝川クリステル…父・ フランス、葉山エレーヌ…母・フランス、加藤シルビア…母・ポーランド、政 井マヤ…父・メキシコ(スペイン系)、ローラ…父・バングラデシュ・母…日 本とロシアのクォーター、ベッキー…父・イギリス、トリンドル玲奈…父・オ ーストリア(ドイツ系)。 高安…母フィリピン、御嶽海…母フィリピン、ダ ルビッシュ有…父・イラン、オコエ瑠偉…父・ナイジェリア、ケンブリッジ飛 鳥…父・ジャマイカ、サニブラウン・アブデル・ハキーム…父・ガーナ。

 それ以外でも、多彩だ。 市川紗椰…父・チェロキー族の血を引くアメリカ、 春香クリスティーン…母・スイス(ドイツ系)、山内あゆ…父・ベトナム、山 本モナ…父・ノルウェー、シェリー…父・アメリカ(イタリア(シチリア)系)、 森泉・星(ひかり)…母・アメリカ(イタリア系)、藤田ニコル…父・ポーラ ンドとロシアのハーフ、中条あやみ…父・イギリス。 ディーン元気(やり投 げ)…父・イギリス、九里亜蓮(広島カープ)…父・アメリカ、松島幸太郎(ラ グビー)…父・ジンバブエ。

 閑人でないと、こういうことはできない。 と、思ったら、昨日19日の夕 刊から朝日新聞で「フィリピン花嫁をたどって」という連載コラムが始まった。

『R.S.ヴィラセニョール』<等々力短信 第1099号 2017.9.25.>2017/09/25 07:01

 夕方TBSテレビのニュース番組「Nスタ」を見ていると、井上貴博アナの左 右に国山ハセン、ホラン千秋が並んでいる。 ハーフのアナウンサーやタレン トが多くなったなと思う。 滝川クリステル、葉山エレーヌ、加藤シルビア、 政井マヤ、ローラ、ベッキー、トリンドル玲奈。 スポーツでも、高安、御嶽 海、ダルビッシュ有、オコエ瑠偉、山崎康晃、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウ ン。 昔は混血と言っていたが、あまり聞かなくなったのは、差別語の匂いが するからなのだろうか。 百科事典で「混血」「混血児」を見たら、「雑種強勢 という点からみれば、混血児は両親のそれぞれすぐれた形質を受ける可能性が 強い」とあった。 近代の西欧諸国の植民地支配が世界的に拡大した結果、白 人と黒人の間のムラート、白人とインディオの間のメスティソ、白人とインド 人の間のユーラシアン、西インド諸島のクレオールなどが生じた、ともあった。

 乙川優三郎さんの『R.S.ヴィラセニョール』(新潮社)の主人公レイは、メス ティソ(混血)だった。 母は市東(しとう)君枝、父リオはイロカノ族のフ ィリピン人だ。 リオは母や弟妹を養うためにダンサーとして日本に来て、ホ テル経営者の娘君枝と知り合って結婚した。 レイは、東京月島で育ち、大学 で染色の技法を学び、新宿区中井の江戸更紗の老舗に勤めた後、千葉の御宿海 岸に型染めの工房を持った。 美しい色と形を求めて、図案の発想も色彩も自 由になる、型染めと手描きを組み合わせ、いつか日本人が驚くような日本を染 めてみせるのだと思うのは、父の血かもしれなかった。

 御宿で草木染をしているロベルトと知り合った。 彼もメキシコから母の国 にやって来たメスティソで、日本の色を染めて、染織家や組紐屋へ納めている。  二人は互いに協力するようになり、レイはロベルトの染液で染めた真紅の羽尺 (羽織になるほどの反物、約9m)「母国」を工芸展に出品する。 売り込みを した銀座の老舗呉服店からも、レイの図案の試作を頼まれた。 そんな時期に、 大腸癌を抗癌剤治療中の父のリオが、半月のフィリピンへの帰郷を言い出す。  父は危険だからと母を一度も故郷へ連れて行ったことがなく、今回もそうだっ た。 父は体調を崩し、予定より早く帰国した。

 レイは工芸展で受賞。 死の近い父が、また故郷へ行きたがる。 リオのお かげで弁護士になった弟のフェルが来日、レイに重大な秘密を打ち明ける。 新 聞記者だった兄弟の父親は、マルコスの不正を追及し、妻を誘拐されて新聞社 を辞めたが、マルコスが大統領になって戒厳令を布くと、警察軍に連行され、 虐殺された。 一家の目的は復讐にあった。 私は、この真紅の本で初めて、 フィリピン現代史、アメリカとの関係、マルコスの利権と国家権力の掌握、暗 黒恐怖政治の実態を知ったのだった。

いわきFCの「大番狂わせ」2017/07/18 07:07

 サッカーは、テレビで日本代表の試合を見るぐらいで、ほとんど関心がない。  J1で今、どんなチームが優勝争いをしているのかも、わからない。 10日の NHKニュースウォッチ9のスポーツで、「ジャイアントキリング」という言葉 を知った。 「大番狂わせ」という意味である。 6月21日、札幌厚別公園競 技場の天皇杯2回戦で、J1のコンサドーレ札幌を、アマチュアのチーム、ラ ンクでいうと格下も格下、7部相当の福島県社会人1部リーグの「いわきFC」 が破った。 2-2で延長戦となり、いわきFCが延長の30分に3点を加え、5 -2でコンサドーレ札幌を倒したのだ。

 なぜ、そんなことが可能になったのか。 ラグビー選手のように大きくて強 い肉体を持ち、速く走れるためのトレーニングを日頃から積んでいたからだと いう。 延長戦になっても、相対的に体力が落ちることがなかった。 「日本 のフィジカルスタンダードを変える」が理念の「いわきFC」は、トレーニン グ機器も、サッカーグラウンドも、ロッカールームも、J1のクラブよりも充 実しているかと思われる、素晴らしい練習施設を持っていた。 6月上旬、日 本初の商業施設併設型クラブハウス「いわきFCパーク」が完成した。 20億 円かけたと言ったか、どこかの会社がスポンサーなのだろうと思った。

 練習は火曜から土曜はフィジカルトレーニングが主体で、ボールを使うのは 30分ぐらい、金・土曜はサッカー主体の練習、日曜が試合、月曜はオフなのだ という。 社会人である選手たちは、平日午後、隣の物流センターで働いてい る。 NHKだから会社名はいわなかったが、マークから巨人軍のスポンサー にもなっている「アンダーアーマー」とわかった。

 ネットで調べると、「いわきFC」は、スポーツ関連事業を手がけるドーム(本 社・東京都江東区)が2015年12月に立ち上げた「いわきスポーツクラブ(SC)」 (本社・福島県いわき市)が運営している。 「いわきSC」は、ドーム社の 全面的なバックアップを受けている。 ドーム社は、(1)米スポーツ用品メー カー「アンダーアーマー」の日本での正規事業、(2)スポーツサプリメント「DNS (Dome Nutrition System)」の開発・製造・販売事業、(3)テーピング製品な どのスポーツメディカル事業、(4)フィジカルトレーニングのサポートを行う 事業――の4つを展開していて、それらのノウハウが「いわきFC」に生かさ れているのだそうだ。 ドーム社の専門トレーナーが練習につくほか、アスリ ートのために考えられた食事が朝昼晩3食ドーム社から提供され、DNSのサプ リメントも取り入れている。

 「いわきFC」は7月12日、天皇杯3回戦でJ1の清水エスパルスと対戦、 残念ながら0-2で惜敗した。

早稲田の町と大学野球部2017/07/11 07:12

 『早稲田わが町』の安井弘さんは1934(昭和9)年生れ、戸塚第一小学校で 軽井沢から草軽電鉄で行く草津に学童疎開し、早稲田中学では永六輔さんとず っと同じクラス、当時商家の子弟が多く学んだ早稲田実業に進んだ。 早稲田 大学のある青春の町で、65年間寿司を握り続けてきた。 夏休みなど休みの多 い学生町で商売をしていくのは大変なことで、それは昔も今も変わらないとい う。 その思い出話には、いろいろな人が登場する。

 早稲田大学に野球部が出来たのは明治34(1901)年、その翌年に安部磯雄 教授の熱意と情熱で専用球場(戸塚球場、戦後は安部球場)ができる。 明治 38(1905)年、安部部長率いる野球部はアメリカへ遠征、ルールや理論、技術 を本場で学んできた。 例えば、ウォーミングアップ、試合中の選手交代、ワ インドアップ、バント、ヒットエンドラン、盗塁、スライディング等々から、 「フレー、フレー」の応援の仕方まで。 早大創立50周年の昭和7(1932) 年、記念事業の一つに夜間試合用の照明設備の建設があり、翌昭和8(1933) 年7月10日、鳩山一郎文部大臣の始球式で早大二軍対新人の試合が行われた。  町の人たちはナイターを「電気野球」と呼んでいたという。 野球場は昭和63 (1988)年から東伏見に移り、総合学術センターが出来たが、安部磯雄・飛田 穂洲(初代監督)両氏の胸像が建っている。 野球部では、谷口五郎、久慈次 郎、市岡忠雄、伊達正男、三原脩、藤本定義、南村侑広の名が出てくる。

 昭和初期、合宿所にも近い茶屋町通りからグランド坂に出るあたりに飲食店 が数軒あり、学生に人気の「テキサス」という喫茶店に可愛い女性妙子さんが いて、三原脩選手との恋が噂となり、彼は退部となってしまった。 その後、 二人はめでたく結婚、三原さんは草創期の巨人軍に入団、戦後は巨人・西鉄・ 大洋の監督として智将ぶりを発揮した。 「テキサス」の隣に、安井弘さんの 記憶では「双葉」という母娘の店があり、その娘さんが女優、小桜葉子になっ た。 「小桜さんは明治の元勲岩倉具視卿の曽孫で、俳優上原謙さんの奥様・ 俳優加山雄三さんのお母さんです。」とある。

 八幡鮨の向かいに「南風荘」という麻雀屋さんがあり、母親と可愛い姉妹の 家庭的雰囲気で人気、いつも満卓、高松一高出身の上春三郎一塁手も常連で、 目はパッチリで色白のお姉さん(安井弘さんの二年後輩)と結ばれた。 石井 連蔵さんの同期で鎌倉学園出身の枝村勉さんも、この町の女性と結婚した。 早 稲田実業の先輩で王貞治さんの野球の師、荒川博さんは、早稲田実業門前にあ った文房具店「実業堂」の娘さんと結婚した。 荒川さんは、結婚前から、新 学期の忙しい時などに「実業堂」を手伝っていた。 安井弘さんが校内の臨時 の売店で教科書やノートを買うと、荒川さんが渡してくれるのだが、当時すで に早稲田大学のライトで活躍していたので、受け取る時、緊張したと書いてい る。