モースが記録し写生した1877(明治10)年の日本2020/11/14 07:13

 ここ数日間、モースの料理人は何度も叱られた結果、大いに気張ってしまい、今やモースはとても贅沢な暮しをしている。 今朝、モースはトーストに鶏卵を落としたものと、イギリスの「したびらめ」に似た魚を焼いたものを食べた。 正餐(夕食)には日本で最も美味な魚である鯛、新しい薩摩芋、やわらかくて美味な塩づけの薑(ショウガ)の根、及び一種の小さな瓜と梅干とが出た。

 日本人が丁寧であることを物語る最も力強い事実は、最高階級から最低階級にいたる迄、すべての人々がいずれも行儀がいいということである。 世話をされる人々は、親切にされてもそれに狎(な)れぬらしく、皆その位置をよく承知していて、尊敬を以てそれを守っている。 私の経験は、何らかの価値判断をするにはあまりに短いが、それでも今まで私の目にふれたのが、礼譲と行儀のよさばかりである事実を考えざるを得ない。 私はここ数週間、たった一人で小さな漁村に住み、漁夫の貧しい方の階級や小商人たちと交わっているのだが、彼らすべての動作はお互いの間でも、私に向っても、一般的に丁寧である。 往来で知人に会ったり、家の中で挨拶したりする時、彼らは何度も何度もお辞儀をする。 人柄のいい老人の友人同士が面会する所は誠に観物である。 お辞儀に何分かを費やし、さて話を始めた後でも、お世辞をいったり何かすると又お辞儀を始める。 私はこのような人達のまわりをうろついたり、振り返って見たりしたが、その下品な好奇心はまったく自ら恥じざるを得ない。

 E・S・モースは『日本その日その日』の「緒言」で、「本書に若(も)し価値ありとすれば、それはこれ等の記録がなされた時の日本は、数世紀に亙る奇妙な文明から目ざめてから、数ヶ年を経たばかりだという事実に立脚する。」と書いている。 その時(1877(明治10)年)にあってすら、既に、軍隊の現代的調練、公立学校の広汎な制度、陸軍、財政、農業、電信、郵便、統計等の政府の各省、及び他の現代的行政の各官署といったような変化は起っていて、東京、大阪等の大都会には、これら新制の影響が僅かに見られた。 それはわずかではあったが、しかもたった数年前、武士がすべて両刀を帯び、男子がすべて丁髷に結い、既婚夫人がすべて歯を黒くしている頃の、この国民を見た人を羨ましく思わせる程、はっきりしていた。 だがこれら外国からの新輸入物は田舎の都会や村落を、よしんば影響したにせよ極く僅かしか影響しなかった。 私の備忘録や写生図の大部分は田舎に於てなされた。 私が旅行した地域の範囲は、北緯41度に近い蝦夷の西岸オタルナイから31度の薩摩の南端に至る。 これを主として陸路、人力車並びに馬によった。 私の記録や写生図の大部分は、1千年前につくられた記録と同じであろう。 事実、この国は『土佐日記』(エーストン訳)の抄本が、私のものとよく似た光景や状態を描いている程、変化していなかったのである。

日本の食事をするE・S・モース2020/11/11 08:10

 たいへん面白いので、しばらくE・S・モースの『日本その日その日』を読んでみよう。 モースは、江ノ島で日本の食物で暮すことを決心し、昼飯は一口も食べずに出てきて、矢田部教授と一軒の茶屋(宿屋)に入る。 まずお茶、次に風味のない砂糖菓子とスポンジ・ケーキ(かすてら)に似た菓子が運ばれてきた。 これらはアメリカでは最後に来るのだが、最初に現われる。 ほとんど餓死せんばかりに、腹が空いていたので、何でも食う気だった。 しばらくすると、漆器のお盆にのって食事が出現したが、磁器、陶器、漆器の数の多さ! 箸は割マッチみたいにくっついていて、我々のために二つに割ってくれたが、これはつまり、新しく使い、そして使用後は折って捨ててしまうことを示している。 モースは、すでにちょっと箸を使うことができるようになっていた。 この二本の簡単な装置が、テーブル上のすべての飲食用器具の代用をする。 肉はそれが出る場合には、適宜の大きさに切って膳に出される。 スープは、我々の鉢(皿)にくらべれば、小さくて深くて蓋のある椀に入っている。 そして液体を飲み、固形分は箸でつまみ上げる。 飯も同様な椀に入っていて、人はその椀を下唇にあてがって口に押し込む。 だが、飯には、箸でそのかたまりをつまみ上げることも出来るくらい、ねばり気がある。 もしアメリカの軍隊で、箸の使用法を教えることが出来たら、兵隊の背嚢からナイフ、フォーク、スプーンを取り除くことができる。 入獄人(囚人)は一人残らず箸の使い方を教えられるべきである。 公共の場所には、必ず箸が備えられるべきである。

 食事に戻ろう。 油で揚げた魚と飯とはまったく美味だった。 各種の漬物は、それほどうまくなく、小さな黒い梅に至っては言語道断だった。 大きな浅皿の上には、絹糸でかがったガラスの棒の敷物があった。 棒は鉛筆位の太さで、くるくると捲くことが出来、煮魚のような食物の水気を切るには、この上なしの仕掛けである。 この装置は日本の有名な料理、即ち生きてピンピンしている魚を薄く切った、冷たい生の魚肉に使用される。 生の魚を食うことは、外国人の趣味には殊に向かないが(だが、我々は、生の牡蠣を食う)、しかし外国人もすぐにそれに慣れる。 大豆、大麦、その他の食物を発酵させてつくるソースは、この種の食物のために特別に製造されたように思われる。 私はそれを大部食った。 そして私の最初の経験は、かなり良好であったことを、白状せねばならぬ。 どうやらこうやら、まず満腹という所まで漕ぎつけたが、もしパンの大きな一片とバタとがあったら(その一つでもよい)万事非常に好都合に行ったことと思う。

 朝食はあまりうまい具合ではなかった。 水っぽい魚のスープ、魚はゴリゴリで、その他の「飾り立て」に至っては手がつけられぬ。 やむを得ず、モースは、罐詰のスープ、デヴィルド・ハムやクラッカース等の食糧品や、石油ランプ、ナイフ、フォーク、スプーン等を注文した。 特に欲しかったのは、朝のコーヒーで、それも買わなければならなかった。

「三田あるこう会」江の島探訪2020/11/07 06:57

中津宮より江の島ヨットハーバー

 11月1日、第527回「三田あるこう会」が行われ、江の島探訪に出かけた。 例によって10時30分の、小田急線片瀬江ノ島駅に集合。 駅前で地元近くご出身の当番、Kさんの江の島の歴史についての解説を聴く。 大森貝塚の発見者モースが臨海実験所を作ったとか、サムエル・コッキングという人が開いた植物園「サムエル・コッキング苑」が江の島頂上部にあるなど、江の島と外国人の関わりが印象に残った。

江の島に渡るのは、何年ぶりだろう。 江の島弁天橋に並ぶ、車道の江の島大橋は1964(昭和39)年の東京オリンピックのセーリング競技が江の島ヨットハーバーで開催されるのに合わせて造られたのだそうだ。 その江の島大橋のない時に渡った記憶しかないから、最後に渡ったのは学生時代、56年以上前だった、ということになる。

 素晴らしい天気、富士山も望める江の島弁天橋を渡り、昔とあまり変わらない弁財天仲見世通りを行く。 ほとんどの方が、階段を登ったが、お一人「エスカー」なるエスカレーターを利用する方がいたので、その方にくっついて易きに付く。 「あるかない会」である。 思えば、大学進学も「エスカー」であった。 朱の鳥居前(海抜18m)から一区目を上がると江島(えのしま)神社(辺津宮(へつのみや)海抜44m)、島内にある三つの宮、辺津宮、中津宮、奥津宮を総称して江島神社と呼び、それぞれの宮には海の守護神である女神が祀られているという。 「エスカー」の二区目を上がると中津宮(海抜50m)、皆さんが階段を上がってくる間に、江の島ヨットハーバーを見下ろす。 石碑や灯籠には、江戸歌舞伎の中村座、市村座の名や文化文政などの年号も見られ、江の島の歴史を感じる。 そういえば仲見世通りの岩本楼は、江戸時代は岩本院、歌舞伎「白浪五人男」の「岩本院の稚児上がり、普段着馴れし振袖から髷も島田に由比ガ浜」という弁天小僧の岩本院なのだそうだ。

 三区目の終点が「サムエル・コッキング苑」、江の島シーキャンドルなる展望灯台に登る。 高さ約60m、天辺で海抜約120m、春のような穏やかな海、かすかに大島、三浦半島、丹沢箱根の山から烏帽子岩の先に富士山、360度見渡せて、まことに気持が良い。 以前の展望灯台は、二子玉川園(戦前は読売遊園)にあったパラシュート練習塔を移築したものだったそうだ。

 帰路は、御岩屋道通り、「山ふたつ」という絶壁の断崖を覗いて、海沿いの森の道を朱の鳥居に出る。 昼食は、弁財天仲見世通りを下り切ったところにある磯料理「仙水」、当番のKさんが地元をよくご存じの方だけに、生しらす、鰺たたき、サラダと称するかんぱち(貝柱かと思った)とゲソ(烏賊)入りのぬた、さざえ丼、焼はまぐり、まことに結構なものだった。 お土産に井上総本舗の女夫饅頭、蒸し立てを経木に包んでくれた。  歩数計は、12738歩だった。

「金田中 草」で「神無月」を味わう2020/10/11 07:40

 一新された渋谷を探検しに行って、新たな歩行者デッキなどを歩いてみた。
セルリアンタワー東急ホテルの「金田中 草(そう)」で、昼の御膳「神無月」
を食した。 家内が友人とする会食の下見だったが、何日か前に結婚51年を
迎えていた、ささやかな祝いの気分もあった。 時節柄、テーブルはゆったり
と配置してあり、秋の七草をアレンジした花が活けてある。

 [初皿](板、紅葉した柿の葉の上に)鴨ロース煮、焼葱。
(板、偏鉢)柔らか胡麻豆腐・胡桃味噌。
 [汁物]秋の沢煮椀(平茸、占地(しめじ)、菊花、水菜、牛蒡、九条葱…豚背脂、黒胡椒味付け)。
 [蒸物](白木長方盆、銀杏の葉)尼鯛の酒蒸し(上身、あら、豆腐、水菜、椎茸…昆布敷き。タレは浅月、一味、ぽん酢)。
 [煮物](銀箱)和牛と秋茸の玉子綴じ(和牛切落し、舞茸、占地、牛蒡、粉山椒)。 
 [食事](テーブル上の釜で炊いた)(白木椀)ご飯、赤出汁(豆腐)、香の物。
 [甘味]あんみつ。

野次馬の高輪ゲートウェイ駅見物<小人閑居日記 2020.3.24.>2020/03/24 07:12

 新型コロナウィルス騒ぎで、もろもろの行事が中止や延期になり、気の塞ぐ ような日々である。 17日の彼岸の入りに、三田寺町の墓参りに行ったついで に、伊皿子の坂を泉岳寺へ下って、高輪ゲートウェイ駅を見物して来た。 こ んな時期に行かなくてもいいのだが、そこは野次馬である。 命知らずのご同 輩のお年寄りや、親を引っ張り出したか、引っ張り出されたか小学生もけっこ ういて、賑わっている。 木を多用した明るい駅だけがあって、まわりには何 もない。 これからビルが出来たり、開発されるのだろう。

 真っ白な洒落た逆三角型の小便器でオシッコをして、高輪ゲートウェイ命名 の時に遊んだ人がやっていた「有楽町オールモストギンザ」「鶯谷レジャーホテ ルズ」方面の山手線に乗り、「新橋サラリーマンサンクチュアリ」駅で降りた。  銀座は、中国、韓国からの観光客がまったくいない上に、日本人も少ないから、 閑散としている。 予約なしで空也の最中が買えた。 ひっそりとした天婦羅 屋さんで、才巻海老、鱚、穴子、花が開いた形に揚げた蕗の薹を食す。 ほろ 苦い春の到来を感じた。