『ガリバー旅行記』の風刺とアイルランド2021/02/05 07:07

 昨日、その著者と題名をみた通り、『ガリバー旅行記』の初版が1726年に出版された時、作者ジョナサン・スウィフトの名前は記されていなかった。 ガリバー船長が書いた原稿が、ある人の手に渡り、本になったということにしていた。 作品に含まれる政治や社会への風刺が、イギリスの政界や宮廷の怒りを買うのではないか、と恐れたからで、政治的配慮が働いた結果だと、英文学者の中野好夫は『スウィフト考』(岩波新書・1969年)で指摘しているそうだ。

 監修の原田範行さんは、こう解説している。 刊行当時、『ガリバー旅行記』の最大の魅力は、ジャーナリストでもあったスウィフト一流の風刺(satire)だった。 当時のイギリスは、転換期にあって、議会政治と立憲君主制ができあがり、世界でいち早く近代市民社会が形成されていく時代だった。 ダブリン大学卒業後、ロンドン近郊で大物政治家の秘書をしていたスウィフトは、それを間近で目撃した。 ところが、スウィフトはダブリン生まれのアングロ・アイリッシュという出自もあり、結局は思い通りの官職に恵まれず、出世を断たれ、失意のうちに故郷に戻った数年後に『ガリバー旅行記』を書き始めた。

 第1部 リリパット国渡航記の皇帝は「オーストリア風の唇」だが、これはハプスブルク家の貴族を暗示する特徴だ。 トーリー党を思わせる「高踵(ハイヒール)党」、ホイッグ党の「低踵(ローヒール)党」が登場する。 ダブリンに帰ったスウィフトは、イングランドの圧政をペンの力で告発した。 中でも、貧困にあえぐ祖国の窮状を憂えた論文「慎(つつ)ましき提案(A Modest Proposal)」は強烈で、のちに夏目漱石が意気に感じて『文学評論』の中で一部邦訳しているそうだ。 第3部にはスタジオジブリの映画『天空の城ラプュタ』のモデルにもなったラピュータが登場するが、このラピュータに搾取されるバルニバービがアイルランドを下敷きにしているのは明白で、こんにち、スウィフトはアイルランドでは英雄だと、原田範行さんは、書いている。

 ちょっと脱線するが、節分に、アイルランド産の本まぐろの中トロを美味しく食べた。 正月に食べたトルコ産中トロより美味しいような気がした。

自主退院して、ヘギ蕎麦を食べる2021/01/08 07:19

 翌11月14日の水曜日は絶食、木曜日には水を飲むことが許され、昼は重湯、夕食には五分粥が出た。 金曜日は全粥となった。 そこで高橋三千綱さんは夕食にご飯を要求したのだが、消化器内科のN女医は許可を出してくれなかった。 食道はもうご飯を通せる状態まで回復していた。

 土曜日の朝になると回診する医者は一人になった。 リーダー格のN女医は何かの講習会に出席するという。 三千綱さんは昼食にはご飯を要求した。 4カ月半も流動食が続き、トイレに立つ体力さえもうなくなっていた。 身長172センチで、体重は44キロしかなかった。 食事制限の理由を聞くと、N女医の許可が取れないからだという。 患者に気配りをしたこともなければ、たとえ一分間でも担当する患者の手術に立ち会うこともなかった女医である。

 そこで退院を申し出ると、それこそ許可できないと女医は男の看護師を介して伝えてきた。 「それでは、許可はいらない。自主退院する。」

 彼はナースステーションに戻り、年配の女性看護師を連れて戻ってきた。 困ります、と彼女はいう。 それでも家人に連絡を取り、会計にも電話して、すぐに退院する旨を申し伝えた。

 講習会に出席していたはずの女医から看護師を通して伝言があった。

「「こちらのいうことがきけないのなら、もう患者として扱うことはできない。今後入院しても診察は断る」ということでした」

 三千綱さんは青い顔をしている看護師に向かってなるべくやさしくいった。 そうしたつもりだった。

「なにをいっているんだ。NJのような冷酷な女医なんかに診察してほしくないから退院するんだ。無能力を覆い隠す医師なんかもぐりだとそういってくれ。ああ、これでストレスから解放される」

 すると横にいた男の看護師が笑い出した。 彼の助けを借りて点滴を外し、服に着替え、会計係がくるのをまった。

 命がけの手術から4日後の昼間、意気揚々とT大学八王子病院を自主退院した。 途中、念願だった蕎麦屋に寄って、新潟名物のヘギ蕎麦を食べた。

 「どうして30センチもあった食道ガンが突然消えたのかしら。そういえば、7年前には胃の手術をしないと半年後には死ぬと先生がいっていたけど、あの胃ガンはどうなったの。ふたつの内ひとつは入道雲みたいな形をしていたわよね。この頃何も言わないけど」

 「あれも消えたのさ。毎朝の妄想でガンは去って行ったんだ」

 「妄想……」

 「信じない人はそれでいい。放ったらかし療法で巨大ガンが消えたのは事実なんだからな」

 これで新年のおせち料理もゆっくりと味わえる、高橋三千綱さんは未だ天国にいる気分で至福のときを過ごしていた。

山岡鉄舟と銀座木村家の「あんぱん」2020/12/12 06:58

 山岡鉄舟(1836(天保7)年~1888(明治21)年)は、江戸生まれの幕臣、無刀流を創始した剣術の達人、禅を修行、書をよくした。 戊辰戦争の際、西郷隆盛を説き、勝海舟との会談を成立させた。 三田あるこう会で当番の市川さんから、三遊亭圓朝(1839(天保10)年~1900(明治33)年)とともに、福沢諭吉(1835(天保5)年~1901(明治34)年)とほぼ同年代の人という説明があった。 明治も20年代になると、いわゆる「天保の老人」である。

山岡鉄舟は銀座木村家の「あんぱん」を好んだという。 銀座木村家のパンフレットによると、初代の木村安兵衛が、明治2(1869)年、日本で初めてのパン屋を芝日陰町で開業し、翌年銀座に移転、「あんぱん」は明治7(1874)年に木村安兵衛親子によって誕生した。 米と麹を熟成させた酒種酵母菌を使って、独自の製法で発酵させた生地に、厳選した餡を包み仕上げた。 明治8(1875)年、「あんぱん」は、当時の侍従山岡鉄舟の推挙で、明治天皇に献上された。 この時、従来のケシに代えて、慶事に用いられる八重桜の塩漬けを、パンの中心、へそにのせたのが「桜あんぱん」のはじまりという。

(なお「日本で初めてのパン屋」についてだが、横浜の、中区日本大通5に「近代パン発祥の地」記念碑がある。 開港の翌年1860(安政7、万延元)年、フランス人にパンの製法を習った内海兵吉が「富田屋」をここで開業したとして、2016年に建てられた。 食パン(イギリス風山型及び角型)の元祖は、横浜のウチキパンの元となった英人クラークが1862(文久2)年に開業したヨコハマベーカリーで、宇千喜商店を経て現在のウチキパンとなったそうだ。)

 全生庵で、この話題が出たとき、木村家の「あんぱん」は、銀座本店の「餡」は国産あずきを使っているので、銀座本店のが美味しいという人がいた。 銀座木村家のパンフレットには、酒種あんぱん「4つのこだわり」の三、小豆に「厳選した国産あずき…小豆は北海道の十勝周辺で採れた厳選した小豆を使用し、銀座木村家独特の豆煮の方法で炊き上げられたあんは独特の小豆の風味とコクがあります」とある。 こういうのを、「豆知識」というのだろう。

モースが記録し写生した1877(明治10)年の日本2020/11/14 07:13

 ここ数日間、モースの料理人は何度も叱られた結果、大いに気張ってしまい、今やモースはとても贅沢な暮しをしている。 今朝、モースはトーストに鶏卵を落としたものと、イギリスの「したびらめ」に似た魚を焼いたものを食べた。 正餐(夕食)には日本で最も美味な魚である鯛、新しい薩摩芋、やわらかくて美味な塩づけの薑(ショウガ)の根、及び一種の小さな瓜と梅干とが出た。

 日本人が丁寧であることを物語る最も力強い事実は、最高階級から最低階級にいたる迄、すべての人々がいずれも行儀がいいということである。 世話をされる人々は、親切にされてもそれに狎(な)れぬらしく、皆その位置をよく承知していて、尊敬を以てそれを守っている。 私の経験は、何らかの価値判断をするにはあまりに短いが、それでも今まで私の目にふれたのが、礼譲と行儀のよさばかりである事実を考えざるを得ない。 私はここ数週間、たった一人で小さな漁村に住み、漁夫の貧しい方の階級や小商人たちと交わっているのだが、彼らすべての動作はお互いの間でも、私に向っても、一般的に丁寧である。 往来で知人に会ったり、家の中で挨拶したりする時、彼らは何度も何度もお辞儀をする。 人柄のいい老人の友人同士が面会する所は誠に観物である。 お辞儀に何分かを費やし、さて話を始めた後でも、お世辞をいったり何かすると又お辞儀を始める。 私はこのような人達のまわりをうろついたり、振り返って見たりしたが、その下品な好奇心はまったく自ら恥じざるを得ない。

 E・S・モースは『日本その日その日』の「緒言」で、「本書に若(も)し価値ありとすれば、それはこれ等の記録がなされた時の日本は、数世紀に亙る奇妙な文明から目ざめてから、数ヶ年を経たばかりだという事実に立脚する。」と書いている。 その時(1877(明治10)年)にあってすら、既に、軍隊の現代的調練、公立学校の広汎な制度、陸軍、財政、農業、電信、郵便、統計等の政府の各省、及び他の現代的行政の各官署といったような変化は起っていて、東京、大阪等の大都会には、これら新制の影響が僅かに見られた。 それはわずかではあったが、しかもたった数年前、武士がすべて両刀を帯び、男子がすべて丁髷に結い、既婚夫人がすべて歯を黒くしている頃の、この国民を見た人を羨ましく思わせる程、はっきりしていた。 だがこれら外国からの新輸入物は田舎の都会や村落を、よしんば影響したにせよ極く僅かしか影響しなかった。 私の備忘録や写生図の大部分は田舎に於てなされた。 私が旅行した地域の範囲は、北緯41度に近い蝦夷の西岸オタルナイから31度の薩摩の南端に至る。 これを主として陸路、人力車並びに馬によった。 私の記録や写生図の大部分は、1千年前につくられた記録と同じであろう。 事実、この国は『土佐日記』(エーストン訳)の抄本が、私のものとよく似た光景や状態を描いている程、変化していなかったのである。

日本の食事をするE・S・モース2020/11/11 08:10

 たいへん面白いので、しばらくE・S・モースの『日本その日その日』を読んでみよう。 モースは、江ノ島で日本の食物で暮すことを決心し、昼飯は一口も食べずに出てきて、矢田部教授と一軒の茶屋(宿屋)に入る。 まずお茶、次に風味のない砂糖菓子とスポンジ・ケーキ(かすてら)に似た菓子が運ばれてきた。 これらはアメリカでは最後に来るのだが、最初に現われる。 ほとんど餓死せんばかりに、腹が空いていたので、何でも食う気だった。 しばらくすると、漆器のお盆にのって食事が出現したが、磁器、陶器、漆器の数の多さ! 箸は割マッチみたいにくっついていて、我々のために二つに割ってくれたが、これはつまり、新しく使い、そして使用後は折って捨ててしまうことを示している。 モースは、すでにちょっと箸を使うことができるようになっていた。 この二本の簡単な装置が、テーブル上のすべての飲食用器具の代用をする。 肉はそれが出る場合には、適宜の大きさに切って膳に出される。 スープは、我々の鉢(皿)にくらべれば、小さくて深くて蓋のある椀に入っている。 そして液体を飲み、固形分は箸でつまみ上げる。 飯も同様な椀に入っていて、人はその椀を下唇にあてがって口に押し込む。 だが、飯には、箸でそのかたまりをつまみ上げることも出来るくらい、ねばり気がある。 もしアメリカの軍隊で、箸の使用法を教えることが出来たら、兵隊の背嚢からナイフ、フォーク、スプーンを取り除くことができる。 入獄人(囚人)は一人残らず箸の使い方を教えられるべきである。 公共の場所には、必ず箸が備えられるべきである。

 食事に戻ろう。 油で揚げた魚と飯とはまったく美味だった。 各種の漬物は、それほどうまくなく、小さな黒い梅に至っては言語道断だった。 大きな浅皿の上には、絹糸でかがったガラスの棒の敷物があった。 棒は鉛筆位の太さで、くるくると捲くことが出来、煮魚のような食物の水気を切るには、この上なしの仕掛けである。 この装置は日本の有名な料理、即ち生きてピンピンしている魚を薄く切った、冷たい生の魚肉に使用される。 生の魚を食うことは、外国人の趣味には殊に向かないが(だが、我々は、生の牡蠣を食う)、しかし外国人もすぐにそれに慣れる。 大豆、大麦、その他の食物を発酵させてつくるソースは、この種の食物のために特別に製造されたように思われる。 私はそれを大部食った。 そして私の最初の経験は、かなり良好であったことを、白状せねばならぬ。 どうやらこうやら、まず満腹という所まで漕ぎつけたが、もしパンの大きな一片とバタとがあったら(その一つでもよい)万事非常に好都合に行ったことと思う。

 朝食はあまりうまい具合ではなかった。 水っぽい魚のスープ、魚はゴリゴリで、その他の「飾り立て」に至っては手がつけられぬ。 やむを得ず、モースは、罐詰のスープ、デヴィルド・ハムやクラッカース等の食糧品や、石油ランプ、ナイフ、フォーク、スプーン等を注文した。 特に欲しかったのは、朝のコーヒーで、それも買わなければならなかった。