東洋大学・井上円了と慶應義塾・福沢諭吉2017/04/30 06:46

 早稲田大学南門前の老舗レストラン「高田牧舎」で昼食。 明治38(1905) 年4月「ミルクホール」として開店、穴八幡神社のある高田町に牧舎があり、 売り物の新鮮な牛乳が毎朝、大隈邸にも届けられていたので、「高田牧舎」とい う屋号にしたという。 サラダ、オードブル、薪窯焼ピッツァ二種、フジッリ (らせん状)パスタなど、学生街らしいボリュームで美味しかった。

 昼食後、東洋大学白山キャンパスへ。 現代的で立派なキャンパスの再開発 や学部増設には、塩爺こと塩川正十郎の功績が大きかったらしい。 塩川正十 郎(1921(大正10)年-2015(平成27)年)は、慶應義塾の先輩で、第一次 小泉内閣で財務大臣を務めるなど大臣を歴任、東洋大学では理事長や総長を務 めた。

 東洋大学の三浦節夫教授のお話を伺う。 教室に座ると、すぐプリントと、 新書版の『井上円了の教育理念 歴史はそのつど現在が作る』(東洋大学・平成 29年改訂第20版)が配られたので、私は言った「あとで試験があります!」。  井上円了(安政5(1858)年-大正8(1919)年)は、哲学者、東洋大学の前 身哲学館の創設者、仏教近代化の先駆者。 越後長岡(三島郡浦村)の真宗大 谷派(東本願寺)慈光寺の長男、長岡洋学校の後身である新潟学校第一分校を 経て、東京大学文学部哲学科(フェノロサに西洋哲学教わる)を卒業。

 私は2008年10月11日と12日、福澤諭吉協会の旅行で長岡を訪ねた。 初 期の慶應義塾にどこからの塾生が多かったかというと、まず中津、紀州、そし て長岡だったのだ。 長岡は、戊辰戦争での荒廃から立ち直るために、「米百俵」 のエピソードで知られる教育による人材育成を進めたのであった。 学校を設 立し、東京にも多くの学生を送った。 長岡出身で明治3年6月に入塾し、5 年暮には早くも英学の教員となり、後には徳島慶應義塾の校長も務めた城泉太 郎の回想によると、藤野善蔵、芦野巻蔵、小林寛六郎(「米百俵」の小林虎三郎 の弟)、小林雄七郎(同)、秋山恒太郎、名児耶六都、外山修造、栗山東吾、牧 野鍛冶之助、稲垣銀治、三島徳蔵、曽根大太郎、牧野鋭橘(藩主)、中島武藤太、 高野弥次郎などの、旧長岡藩士の名前がある。 それ以前にも、小林見義、渡 部久馬七、山田鶴遊が入塾していた。

 中でも藤野善蔵(弘化3(1846)~明治18(1885))は、福沢が深い信頼を 寄せていた人物で、蕃書調所で旧知の小幡篤次郎の紹介で明治2年5月に慶應 義塾に入った。 明治5年、長岡に「洋学校」が出来ると、月給125円という 高給で英学教授として招かれ、慶應義塾のカリキュラムと教科書とで、長岡中 学につらなる近代教育の基礎をつくった。

 井上円了は、そのように福沢と慶應義塾の影響を受けた長岡洋学校の後身で ある新潟学校第一分校で学んだ。 三浦節夫教授は、井上円了の思想形成に福 沢が関係していることを指摘している。 「福沢翁の早く欧米の文明を調理し て我通俗社会をして其味を感せしめたる活眼とは余が夙に敬慕する所にして、 (中略)哲学の思想を民間に普及せしむるには福沢翁を模範」(『甫水論集』博 文館、明治35年)(「甫水(ほすい)」は「浦」村出身だった円了の号) 福沢 も井上も在野精神を持つ、「無官無位無勲章」。 白山のすぐそばの駒込の、こ の後、訪れた、金玉均の墓所のある真浄寺(大谷派)の寺田福寿(慶應義塾出 身)は、福沢・井上双方と親交があり、両者を媒介したと考えられている。 井 上は哲学館(東洋大学の前身)の三恩人として、この寺田福寿と、加藤弘之、 勝海舟を挙げている。 加藤弘之は、日本にはじめて立憲思想を紹介し、進化 論を中心にした政治哲学を展開、明治14年に東京大学初代総理になった。

柳家花緑「親子酒」のマクラ2017/04/04 07:16

 今日の噺は、みんな短い。 私もご存知の噺で、時間がある。 土地の食べ 物、例えば広島のお好み焼。 家の近所に、いい店を見つけた。 広島風とは 何だ、お好み焼だと言う。 自分で作るのは、不可能。 東京と大阪では、切 り方が違う。 大阪で「ピザ切りじゃん」て言われた、大阪は端から切る。 広 島は、クレープみたい。 その店、鉄板の前のカウンターがいい席で、6時ぎ りぎりに行ってもダメ、5時45分ぐらいに行けば、どうやら座れる。 6時半 には満員。 一杯ですね、と言うと、たまたまですよ、と言うけれど、いつも 混んでいる。

 目白に、同級生がやっている洋食屋がある。 いつも、いっぱいだねって言 うと、たまたまですよ、これ全部サクラ。 自信があるから、言える。 お蔭 様で、なんて言わない。 こういういいものを、取り込みたい。 落語会が終 って、一杯でしたねって、言われて、たまたまですよ、全部サクラで。

 長崎ちゃんぽんが好き。 皿うどんは東京で覚えた、新宿のクラブで権太楼 師が食べていた。 お前のは柳家だと言う、目白で近所の中華屋から取ってい た。 長崎は違うんです、ウスターソースが決まり。 皿うどんで終わり、夢 のよう、ワン・プレート、得した気分、おやつみたいなのは、子供の頃のベビ ースター・ラーメンのよう。 長崎では、お酢とか、かけるんですか? って 聞かれる。 どうぞ、かけて下さい、と。 ウスターソースかけると、美味し い。 よりベビースター・ラーメンに近くなった。

 (旅の)土地で、幕の内弁当出すの悲しい。 セットになってくるのは、土 地のお酒。 私は、お酒が苦手で、それが許されるようになった時代に甘えて、 今まで来ている。 隔世遺伝で、母は呑める、祖父の小さんは呑めなかった。  公園でひっくり返って、自由人に面倒を見てもらったりしていた。 三十いく つで、ポジティブに、はきはき覚えたと、言っていた。 そして、一升壜で朝 までハシゴ酒ということになった。 酒を呑めないって言うと、人生の半分、 損しているね、って言われる。 だけど、その人、人生、得しているようには 見えない。 主催者が、じゃあ焼酎をどうぞ、とくれた。 長崎では、アルコ ールって言わなければならない。 一か月ほど前の話。

 これから申し上げる噺は、親子が禁酒の約束をした噺で(と、派手な空色の 羽織を脱ぐと、濃い藍色の紋付の着物で、襦袢の衿が空色だった)。

再び鎌倉と山口蓬春記念館へ2017/03/23 06:34

 先日仲間4人で行った鎌倉の居酒屋、とても美味しかったので、家内を連れ て行った。 地ワカメのサラダ、刺身(鮪、蛸、鰤)、鯵のフライ、ワカメの味 噌汁(澄まし汁かと思ったら、塩分控えめの味噌使用とのこと)、家内も大満足 の味だった。 この店の感じのいい奥さんが、先日少し酔った友人は大丈夫だ ったかと、聞いてくれた。

 この日の目的は、葉山一色の山口蓬春記念館で開かれている「山口蓬春邸の おもてなし―蓬春夫妻の美意識を探る―」展だった。 山口蓬春記念館には、 2005年6月に神奈川県立近代美術館葉山の「片岡球子展」を見に行った時に寄 ったことがあった。 友人の建築家吉田五十八の設計による木造の自宅と画室 (生前のままになっている)が、とてもすばらしかった記憶があった。 12年 ぶりに訪れてみると、入口からちょっと様子が違う感じがした。 鉄とガラス が目につき、展示室にも銀行の金庫室の扉のようなものがついている。 山口 蓬春生誕120周年の2013年から翌年にかけて、運営しているJR東海生涯学 習財団が記念事業としてリニューアルしたそうで、別館も建て替えられていた。  12年前の印象がとてもよかったので、家内はがっかりしていた。 吉田五十八 の設計の画室と茶の間は、昭和28(1953)年12月の竣工から60年以上が経 って老朽化が進んでいたので、今回、補正工事が行なわれ、「山口蓬春邸のおも てなし」展となったようだ。

 山口蓬春(1893~1971)は、師松岡映丘の新興大和絵会に参加したあと、新 しい日本画の創造を目指し独立、戦後は知的でモダンな装飾的なスタイルを確 立、さらには写実を極めたりと、つねに新しい日本画を探求し続け、文化勲章 を受けた。 蓬春の画室には、文化勲章と勲記(本名は山口三郎と知る)と、 新宮殿杉戸絵≪楓≫の四分の一下絵、入江相政の書「遊」の額が展示されてい た。 蓬春が新宮殿の杉戸絵を描いていることは知らなかった。

 蓬春のコレクションでは、与謝蕪村の≪雛画賛≫、尾形光琳≪飛鴨図≫、ピ カソの≪ピエロとアルルカン≫、ルオーの≪三人の裸婦≫、加藤栄三の≪聖誕 日の夜明≫(聖路加病院、昭和34(1959)年)などもある。

 蓬春と北沢楽天、狩野光雅の三人で描いた≪描猿猴≫、蓬春の春子夫人も日 本画家・齋藤光園で≪牡丹と黒猫≫(大正14(1925)年頃)は共に、さいた ま市立漫画会館蔵だった。 北沢楽天は『時事新報』で漫画を描いていた人だ が、春子夫人は独身時代に北沢楽天宅で暮らしながら、日本画家・平福百穂の もとで日本画を学んでいたという。

鎌倉市鏑木清方記念美術館2017/03/10 06:28

 天気もよく、風のない良い日になった。 まず小町通りの奥を左に曲がった 雪の下の鎌倉市鏑木清方記念美術館へ行く。 鏑木(かぶらき)清方の旧宅跡 に、入口の瓦葺きの門をくぐって、玄関への石畳を進むと、庭や吉田五十八設 計の画室など、旧宅の雰囲気を残して建てられている。 少し入っただけで、 小町通りの喧噪は、嘘のような空間だ。 静かで、落ち着いた展示室で、企画 展の自然のなかの女性美を描いた作品や、季節に合わせた女性の装いを細やか に描いた口絵などを観た。

 鏑木清方の人と作品を紹介するビデオも、ゆっくりと見る。 鏑木は「かぶ らき」と読む、明治11(1878)年の神田生れ、本名は健一、父は『やまと新聞』 を経営していた條野伝平(粂野採菊)で、14歳で浮世絵師の流れを引く水野年 方に入門、清方の名をもらう、17歳頃から父の『やまと新聞』に挿絵を描き始 め、十代ですでにプロの挿絵画家として活躍していた。 抽斗の絵を引き出し て見た18歳、明治29(1896)年の作「春色嬋妍之図『美術くらべ 滿記乃三』 の内」(紙本着色・画帖)の見事なのには驚いた。 『やまと新聞』の挿絵は、 木版刷りだったそうだ。 速報を要求される新聞で、活字やルビまで彫った訳 ではないのだと思うけれど、当時の彫師の技術が精巧なものだったのは、『学問 のすゝめ』も初めは木版本もあったことで知っていたので、疑問が残った。

 鏑木清方は、戦後、鎌倉のこの地に住み、大作よりも、こよなく愛した明治 時代の東京の下町風俗や当世風の美人を描く。 近代日本の美人画家の第一人 者として、昭和29(1954)年文化勲章を受章し、昭和47(1972)年に93歳 で没した。 静かで美しい鏑木清方記念美術館の見学、お仲間に大好評だった。

 その後、まだ時間があったので、鶴岡八幡宮を階段の下からお参りして、神 苑ぼたん庭園を見た。 正月ぼたんとしては季節最後かと思われたが、なかな か立派に咲かせていて、見応えがあった。

 いよいよ、お目当ての居酒屋である。 若布のサラダ、刺身(鮪・鰹・蛸・ 鯵)、タラの芽の天ぷら、鯵のフライ、さつま揚げ、塩辛、どれもとても美味し く、リーズナブルなお店で、偶然も偶然、ご紹介下さった元校長先生が来店し たりして、盛り上がったのだが、名前も場所も秘密だ(笑)。

ある日、鎌倉へ出かけた理由(わけ)2017/03/09 06:33

 学生時代のクラブの仲間で、明るくさっぱりとした女性がいる。 旦那様公 認の一杯やる会を、同じクラブの男三人(私は下戸だが)で、時たまやってい た。 その旦那様が、昨年の12月になって亡くなったという寒中見舞いの葉 書が来た。 四十九日が過ぎた頃に、例の会をやろうじゃないかと、男三人が 相談していた。 一人が鎌倉に美味しい魚を食わせる居酒屋があるという。 彼 の小学校時代の同級生が、鎌倉で小学校の校長先生をしていた関係で、連れら れて行ったら、とても美味しかったというのだ。 ただ、そんな店だから、11 時半の開店前に行列ができるのだそうだ。 彼女に声を掛けると喜んでくれた ので、日程の調整をして、鎌倉へ出かけることにした。

 一杯というか、三杯やってしまうと、八幡様の階段を登るのや、お寺巡りは 困難になる。 せっかく鎌倉まで行くのだから、11時半の開店前に、どこか見 よう、私に案を出せという。 10時に鎌倉駅に集合して、(1)鎌倉市川喜多映 画記念館、(2)鎌倉市鏑木清方記念美術館がある。 共に9時開館で、200円。  当日は開館しており、(1)は「ヨーロッパ映画紀行」展、(2)は「つつましく そして艶やかに~清方ゑがく女性~」展、開催中、どちらか、お好みの多い方 を見たら、と返事した。 彼女がお題を気に入った鏑木清方記念美術館に決ま り、居酒屋紹介の彼が「美女を囲む3人の色男の会」と命名し、彼女が「鎌倉 での待ち合わせ、もう一人見えるのですか? 美女の脇に並ぶのは、気が引ける なー。 まあ 付き添いの婆さんとして行きますね。」と返信した会の当日となっ たのであった。