春風亭正太郎の「そば清」前半2017/06/04 07:55

 5月31日は、第587回の落語研究会だった。 半蔵門駅を出た麹町交差点 で、工事中の住友のビルが忽ち姿を見せているのに驚いた。 カーテン・ウォ ール工法というのか、ガラス壁を貼りつけるだけで、形になるのだった。

「そば清」      春風亭 正太郎

「明烏」 ろべえ改メ 柳家 小八

「三方一両損」    春風亭 一朝

        仲入

「犬の災難」     桃月庵 白酒

「死神」       柳家 権太楼

 正太郎、落語研究会に出られるのはステータス、落語少年だった頃、深夜に やる山本文郎アナが「中継放送」と言う番組を見て、録り溜めしていた。 円 生師匠が出てると、降霊会のようで…。 二ッ目、地方に呼ばれて打ち上げが ある。 たいていは美味しいが、たまには、オッ! というものがある。 私の 口が合わないんだろうと、珍しい味ですね、あと引く、と言うと…。 地元の 者は、食べないんですよ。 長野の諏訪湖のボート乗り場に、「バッタ・ソフ ト」というのがある。 バニラアイスに、イナゴの佃煮が五匹、刺さっている。  イナゴの佃煮は、台所を這いずり回っているあいつにしか見えない。 どうな るか、アイスは溶けるが、イナゴの佃煮は溶けない。 どんなものか、ネット に画像があるから見て下さい。 「バッタ・ソフト」売れますかと聞いたら、 大好評なので、あの地方の「ざざ虫、蜂の子、全部乗せ」もつくった。 「バ ッタ・ソフト」だけに、飛ぶように売れてます、と。 信州は、そばどころで。

 あなた、評判ですよ、せいろ(蒸籠)を六枚たいらげたって。 「どーも」。  十枚、一両の賭けをしませんか、負けたら相手のそば代も払うということで。  十枚は無理でしょうが、お近付きの印に、越して来たばかりなので、では明日。

 「どーも」。 源ちゃん、六さん、手伝って。 一枚、二枚…、五枚、退屈 でしょ、そばの曲芸をやりましょう、そばを食べながら、うどんの音を出す。  そばは、ズル、ズル。 うどんは、ズルーーッ。 余裕があるね、あと一枚だ。  はい一両。 よっぽど、身体の調子がよかったんでしょう、「どーも」。

 十五枚、二両。 昨日は外へ出て、小間物屋になりました、今日は一両つけ てお返しするつもりで。 曲芸、そばを食べながら、きし麺の音を出す。 ズ ル、ズル。 ズルーーーーッ。 十五枚、やりましたな、ヘッヘッヘ、「どー も」。 

二十枚で、三両。 死んじゃいますよ。 死ね。 だんだん見物も増えてく る、そば屋もそば粉を仕入れた。 昨日より早い。 退屈でしょ、とろろそば の音を出す。 ズズズズズズズルーーッ。 今日は曲芸を全部、お見せする、 うどん、きし麺、とろろそば。 あんた、余裕がありますね。 ズルーーッ。  ズルーーーーッ。 ズズズズズズズルーーッ。 二十枚、やりました、三両「ど ーも」。 ゲラゲラ笑っている人がいる。 笑うか、しゃべるか、どっちかに して。 知らないんですか、あの人は「そばの清兵衛さん、そば清」、そばの 賭けで家を三軒建てた。 ふだんは、四十二、三枚でやってる。 明日、四十 五枚、五両でやろう。

「どーも」と来たが、四十五枚、五両、今日はほかでやって来たからと、プ イと逃げた。

『ソール・ライター展』、俳句との近さ2017/05/29 07:04

 東急の株主なのらしい友人から招待券を頂いたので、Bunkamuraザ・ミュ ージアムで『ソール・ライター展』を、ドゥ マゴ パリでのランチがてら、見 て来た。 ドゥ マゴ パリは、ちゃんとした料理を出して、安いのがいい。 展 覧会の名を全部書くと『ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター 展』(6月25日まで)である。 それで写真家とわかるソール・ライターを、 まったく知らなかった。 土曜日ではあったが、どうせ空いているんだろうと 入った会場で、びっくり、大勢の人が見ていた。

ソール・ライター(1923-2013)は、1950年代からニューヨークで第一線 のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に世間から姿を消 した。 83歳の2006年にドイツで出版された作品集が、センセーションを巻 き起こし、展覧会開催や出版が相次ぎ、2012年にはドキュメンタリー映画『写 真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』(日本公開は2015 年)にまでなったのだという。

モノクロ写真に始まり、1950年頃からカラーになる(このあたりは、数年遅 れで私も体験している)。 もともとは画家志望だったが、売れなくて写真の 道に入ったのだそうで、カラー写真に通じるスケッチや絵も展示されている。 

ニューヨークの自分の住む地域で撮ったスナップが中心なのだが、私は「俳 句」と近いものを、そこに感じた。 それはソール・ライター自身の言葉に表 れている。 「美」を「詩」にすれば、俳句ではないか。 「写真家からの贈 り物は、日常で見逃されている美を、時折提示することだ。」 「雨粒に包ま れた窓の方が、私にとっては有名人の写真より面白い。」 「見るものすべて が写真になる。」 「私が写真を撮るのは自宅の周囲だ。神秘的なことは馴染 み深い場所で起きると思っている。なにも、世界の裏側まで行く必要はないん だ。」 「重要なのは、どこである、何である、ではなく、どのようにそれを 見るかということだ。」

時代が変わり、写真家の自由な創造性が束縛されるようになり、仕事も減少 してスタジオを閉じ、自分のためだけに作品を創造する「隠遁生活」へ入った。 「取るに足りない存在でいることは、はかりしれない利点がある。」 「私 は注目を浴びることに慣れていない。私が慣れているのは、放っておかれるこ とだ。」

女性の名前が題名になっている、日常生活の中で、身近な女性らしい人を撮 ったヌードや絵がある。 それが、何人もなのだ。 見逃したのか、説明がな かったようで、謎である。

東洋大学・井上円了と慶應義塾・福沢諭吉2017/04/30 06:46

 早稲田大学南門前の老舗レストラン「高田牧舎」で昼食。 明治38(1905) 年4月「ミルクホール」として開店、穴八幡神社のある高田町に牧舎があり、 売り物の新鮮な牛乳が毎朝、大隈邸にも届けられていたので、「高田牧舎」とい う屋号にしたという。 サラダ、オードブル、薪窯焼ピッツァ二種、フジッリ (らせん状)パスタなど、学生街らしいボリュームで美味しかった。

 昼食後、東洋大学白山キャンパスへ。 現代的で立派なキャンパスの再開発 や学部増設には、塩爺こと塩川正十郎の功績が大きかったらしい。 塩川正十 郎(1921(大正10)年-2015(平成27)年)は、慶應義塾の先輩で、第一次 小泉内閣で財務大臣を務めるなど大臣を歴任、東洋大学では理事長や総長を務 めた。

 東洋大学の三浦節夫教授のお話を伺う。 教室に座ると、すぐプリントと、 新書版の『井上円了の教育理念 歴史はそのつど現在が作る』(東洋大学・平成 29年改訂第20版)が配られたので、私は言った「あとで試験があります!」。  井上円了(安政5(1858)年-大正8(1919)年)は、哲学者、東洋大学の前 身哲学館の創設者、仏教近代化の先駆者。 越後長岡(三島郡浦村)の真宗大 谷派(東本願寺)慈光寺の長男、長岡洋学校の後身である新潟学校第一分校を 経て、東京大学文学部哲学科(フェノロサに西洋哲学教わる)を卒業。

 私は2008年10月11日と12日、福澤諭吉協会の旅行で長岡を訪ねた。 初 期の慶應義塾にどこからの塾生が多かったかというと、まず中津、紀州、そし て長岡だったのだ。 長岡は、戊辰戦争での荒廃から立ち直るために、「米百俵」 のエピソードで知られる教育による人材育成を進めたのであった。 学校を設 立し、東京にも多くの学生を送った。 長岡出身で明治3年6月に入塾し、5 年暮には早くも英学の教員となり、後には徳島慶應義塾の校長も務めた城泉太 郎の回想によると、藤野善蔵、芦野巻蔵、小林寛六郎(「米百俵」の小林虎三郎 の弟)、小林雄七郎(同)、秋山恒太郎、名児耶六都、外山修造、栗山東吾、牧 野鍛冶之助、稲垣銀治、三島徳蔵、曽根大太郎、牧野鋭橘(藩主)、中島武藤太、 高野弥次郎などの、旧長岡藩士の名前がある。 それ以前にも、小林見義、渡 部久馬七、山田鶴遊が入塾していた。

 中でも藤野善蔵(弘化3(1846)~明治18(1885))は、福沢が深い信頼を 寄せていた人物で、蕃書調所で旧知の小幡篤次郎の紹介で明治2年5月に慶應 義塾に入った。 明治5年、長岡に「洋学校」が出来ると、月給125円という 高給で英学教授として招かれ、慶應義塾のカリキュラムと教科書とで、長岡中 学につらなる近代教育の基礎をつくった。

 井上円了は、そのように福沢と慶應義塾の影響を受けた長岡洋学校の後身で ある新潟学校第一分校で学んだ。 三浦節夫教授は、井上円了の思想形成に福 沢が関係していることを指摘している。 「福沢翁の早く欧米の文明を調理し て我通俗社会をして其味を感せしめたる活眼とは余が夙に敬慕する所にして、 (中略)哲学の思想を民間に普及せしむるには福沢翁を模範」(『甫水論集』博 文館、明治35年)(「甫水(ほすい)」は「浦」村出身だった円了の号) 福沢 も井上も在野精神を持つ、「無官無位無勲章」。 白山のすぐそばの駒込の、こ の後、訪れた、金玉均の墓所のある真浄寺(大谷派)の寺田福寿(慶應義塾出 身)は、福沢・井上双方と親交があり、両者を媒介したと考えられている。 井 上は哲学館(東洋大学の前身)の三恩人として、この寺田福寿と、加藤弘之、 勝海舟を挙げている。 加藤弘之は、日本にはじめて立憲思想を紹介し、進化 論を中心にした政治哲学を展開、明治14年に東京大学初代総理になった。

柳家花緑「親子酒」のマクラ2017/04/04 07:16

 今日の噺は、みんな短い。 私もご存知の噺で、時間がある。 土地の食べ 物、例えば広島のお好み焼。 家の近所に、いい店を見つけた。 広島風とは 何だ、お好み焼だと言う。 自分で作るのは、不可能。 東京と大阪では、切 り方が違う。 大阪で「ピザ切りじゃん」て言われた、大阪は端から切る。 広 島は、クレープみたい。 その店、鉄板の前のカウンターがいい席で、6時ぎ りぎりに行ってもダメ、5時45分ぐらいに行けば、どうやら座れる。 6時半 には満員。 一杯ですね、と言うと、たまたまですよ、と言うけれど、いつも 混んでいる。

 目白に、同級生がやっている洋食屋がある。 いつも、いっぱいだねって言 うと、たまたまですよ、これ全部サクラ。 自信があるから、言える。 お蔭 様で、なんて言わない。 こういういいものを、取り込みたい。 落語会が終 って、一杯でしたねって、言われて、たまたまですよ、全部サクラで。

 長崎ちゃんぽんが好き。 皿うどんは東京で覚えた、新宿のクラブで権太楼 師が食べていた。 お前のは柳家だと言う、目白で近所の中華屋から取ってい た。 長崎は違うんです、ウスターソースが決まり。 皿うどんで終わり、夢 のよう、ワン・プレート、得した気分、おやつみたいなのは、子供の頃のベビ ースター・ラーメンのよう。 長崎では、お酢とか、かけるんですか? って 聞かれる。 どうぞ、かけて下さい、と。 ウスターソースかけると、美味し い。 よりベビースター・ラーメンに近くなった。

 (旅の)土地で、幕の内弁当出すの悲しい。 セットになってくるのは、土 地のお酒。 私は、お酒が苦手で、それが許されるようになった時代に甘えて、 今まで来ている。 隔世遺伝で、母は呑める、祖父の小さんは呑めなかった。  公園でひっくり返って、自由人に面倒を見てもらったりしていた。 三十いく つで、ポジティブに、はきはき覚えたと、言っていた。 そして、一升壜で朝 までハシゴ酒ということになった。 酒を呑めないって言うと、人生の半分、 損しているね、って言われる。 だけど、その人、人生、得しているようには 見えない。 主催者が、じゃあ焼酎をどうぞ、とくれた。 長崎では、アルコ ールって言わなければならない。 一か月ほど前の話。

 これから申し上げる噺は、親子が禁酒の約束をした噺で(と、派手な空色の 羽織を脱ぐと、濃い藍色の紋付の着物で、襦袢の衿が空色だった)。

再び鎌倉と山口蓬春記念館へ2017/03/23 06:34

 先日仲間4人で行った鎌倉の居酒屋、とても美味しかったので、家内を連れ て行った。 地ワカメのサラダ、刺身(鮪、蛸、鰤)、鯵のフライ、ワカメの味 噌汁(澄まし汁かと思ったら、塩分控えめの味噌使用とのこと)、家内も大満足 の味だった。 この店の感じのいい奥さんが、先日少し酔った友人は大丈夫だ ったかと、聞いてくれた。

 この日の目的は、葉山一色の山口蓬春記念館で開かれている「山口蓬春邸の おもてなし―蓬春夫妻の美意識を探る―」展だった。 山口蓬春記念館には、 2005年6月に神奈川県立近代美術館葉山の「片岡球子展」を見に行った時に寄 ったことがあった。 友人の建築家吉田五十八の設計による木造の自宅と画室 (生前のままになっている)が、とてもすばらしかった記憶があった。 12年 ぶりに訪れてみると、入口からちょっと様子が違う感じがした。 鉄とガラス が目につき、展示室にも銀行の金庫室の扉のようなものがついている。 山口 蓬春生誕120周年の2013年から翌年にかけて、運営しているJR東海生涯学 習財団が記念事業としてリニューアルしたそうで、別館も建て替えられていた。  12年前の印象がとてもよかったので、家内はがっかりしていた。 吉田五十八 の設計の画室と茶の間は、昭和28(1953)年12月の竣工から60年以上が経 って老朽化が進んでいたので、今回、補正工事が行なわれ、「山口蓬春邸のおも てなし」展となったようだ。

 山口蓬春(1893~1971)は、師松岡映丘の新興大和絵会に参加したあと、新 しい日本画の創造を目指し独立、戦後は知的でモダンな装飾的なスタイルを確 立、さらには写実を極めたりと、つねに新しい日本画を探求し続け、文化勲章 を受けた。 蓬春の画室には、文化勲章と勲記(本名は山口三郎と知る)と、 新宮殿杉戸絵≪楓≫の四分の一下絵、入江相政の書「遊」の額が展示されてい た。 蓬春が新宮殿の杉戸絵を描いていることは知らなかった。

 蓬春のコレクションでは、与謝蕪村の≪雛画賛≫、尾形光琳≪飛鴨図≫、ピ カソの≪ピエロとアルルカン≫、ルオーの≪三人の裸婦≫、加藤栄三の≪聖誕 日の夜明≫(聖路加病院、昭和34(1959)年)などもある。

 蓬春と北沢楽天、狩野光雅の三人で描いた≪描猿猴≫、蓬春の春子夫人も日 本画家・齋藤光園で≪牡丹と黒猫≫(大正14(1925)年頃)は共に、さいた ま市立漫画会館蔵だった。 北沢楽天は『時事新報』で漫画を描いていた人だ が、春子夫人は独身時代に北沢楽天宅で暮らしながら、日本画家・平福百穂の もとで日本画を学んでいたという。