落語研究会・第600回 満50年<等々力短信 第1109号 2018.7.25.>2018/07/25 06:35

 「四万六千日、お暑い盛りでございます」は、先代桂文楽の「船徳」だが、 今年の四万六千日、本当に暑い日だった。 浅草は、裸同然の外人女性やペラ ペラ浴衣で、ごったがえしていた。 入谷鬼子母神の朝顔市は毎年行くのだが、 浅草の観音様のほおずき市は久しぶりだった。 並木の薮で天ざるを食べ、江 戸川の風鈴を吹くガラス屋さんの店か「篠原」で一鉢求めてきた。 この日、 浅草寺では雷除けの護符を頂ける。

 落語には、世の中ついでに生きている、与太郎が登場する。 昭和43(1968) 年3月14日に始まった三宅坂国立小劇場のTBS落語研究会は、先月25日第 600回、満50年を迎えた。 それを第1回から、ずっと通い続けている人が いる。 一回の公演で演じられるのは5席だから、およそ3千の噺を聴いた勘 定になる。 そう沢山演目があるわけではないので、同じ噺を何度も聴いてい るだろう。 よく飽きもせずに通ったものだ。 よっぽどの暇人、世の中つい でに生きている、与太郎さんに違いない。

 50年前、26歳の私は、品川中延の家に遊びに来た、結婚前の家内を目黒の 家に送って行った。 その帰り、池上線五反田駅への通路に貼ってあった、会 の発足と第一期定連席券発売のポスターを見たのが、発端だった。 最初は、 桂文楽(八代目)、三遊亭円生、林家正蔵(八代目)、柳家小さん(五代目)、三 遊亭円遊が常連メンバーで、第1回などは何と柳家さん八(入船亭扇橋の前名、 扇橋は第500回にも出た)と先代の三遊亭円楽が前座を務めた。 その後落語 研究会を支え、盛り上げた金原亭馬生(十代目)、古今亭志ん朝、桂文朝、東京 の名人達が消えた穴を上方から埋めた桂文枝、笑福亭松鶴、桂枝雀、桂吉朝、 桂米朝も、みんな死んでしまって、与太郎だけが生き残った。

 長い間には、いろいろあった。 昭和46(1971)年8月、桂文楽が『大仏 餅』の途中で神谷幸右衛門の名前を失念し、「申し訳ありません。勉強し直して 参ります」と高座を下りた。 間抜けにも、この回を欠席した私は、残念とも、 この名人の凄絶な最後の高座を聴かなくてよかったとも、思った。 小三治が 「船徳」を演じている最中、かなり大きな地震が来た。 若旦那が船頭の舟が、 本当に揺れたのは、おかしかった。

 定連席券は、初め郵便での継続販売が二、三年あった後、苦情が出て行列と なったから、40年ほどは、ずっと赤坂のTBSに始発電車が動く前にタクシー で行って、並んで獲得していた(現在は継続式)。 近年は定年になった友人達 が仲間に加わり、近くの天婦羅屋さんで軽く一杯やってから劇場へ。 一回聴 いて来ると、マクラから落ちまで通して、ブログに6日も7日も短篇小説でも 書くように、楽しんで綴る。 10年以上になるので、与太郎仕事だが、平成落 語の一記録となるかもしれない。

辰巳芳子さんと「大豆100粒運動」2018/07/21 07:05

 14日の土曜日、阿川佐和子さんの「サワコの朝」は、「命のスープ」の辰巳 芳子さんだった。 大正13(1924)年生まれ、93歳だという。 聖心女子学 院で学んで、昭和19(1944)年19歳で結婚した夫は、3週間で出征、9月に フィリピンで戦死した。 実は、その夫は「死にたくない」と言っていたが、 出征した若者たちは皆、そう思っていただろう。 その思いを鎮魂しなければ、 生きることを大切にしなければ、という。 辰巳さんは戦後、慶應義塾の心理 学科に入ったが、結核になり、長年、療養生活を余儀なくされた。 料理家と して活躍していた母・浜子さんを手伝い、やがて鎌倉の自宅で料理を教えるよ うになる。 脳血栓で嚥下困難になった父に、母娘でスープをつくり、それが 父の命を支えることになる。

 平成6(1994)年70歳で「良い食材を伝える会」、平成8(1996)年「スー プの会」を始める。 平成16(2004)年、80歳の辰巳さんの呼びかけに長野 の信越放送が賛同し、「大豆100粒運動」を発足する。 辰巳芳子さんは、戦 中戦後の食糧不足のひもじい時代を経験し、日本で大切なものは、米と大豆だ という。 米を育てるのは難しいが、大豆なら痩せた土地でも育つ。 子供た ちが蒔いても、簡単に育てられる。 大豆100粒というのは、子供たちの手の ひら一杯にのる数だ。 小学校の子供たちの手を借りて、大豆を蒔こうという 提言である。 大豆を蒔いて、低学年の生徒たちの背の高さまで育つのを観察・ 記録し、そして収穫して学校で揃って食べ、豆腐や納豆にも加工する。 この 「大豆100粒運動」を奨励・拡大するために、辰巳さんはNPO法人「大豆100 粒運動を支える会」の会長を務めている。

 辰巳芳子さんは、食の安定性や自給率を深く憂え、人類が豆に頼らなければ ならない時代がきっと来るという。 生命は、もろいものだ。 とりわけ、幼 い生命は大変傷つきやすいものだ。 それはどれほど見守っても充分とは言え ぬほどのものだ。 この生命を大切にしたいと、まず手始めに、この大豆を再 興することから手をつけたのだという。

 なぜ大豆なのか? 大豆は「五穀」の一つに数えられ、古来から日本人の生 命を支えてきた身近な作物だが、近年の自給率は約5%、ここから日本の食を 立て直すことが急務だ。 大豆は、枝豆としても完熟させて大豆でも食べるこ とができる。 きなこ・豆腐・納豆・味噌など、さまざまな加工ができる。 乾 燥させた大豆は長く保存できる。 収穫した大豆の一部を残しておいて、来年 の種まきに「命をつなぐ」ことを体験できる。 大豆を中心とした日本の食文 化、農業の現状、地産地消、穀物をめぐる世界情勢など、学年に合わせた学習 を深めることができる。 日本には各村に一品種あるといわれるほど多くの「地 大豆」がある。 各風土の特質ある大豆を復活、振興、援助することができる。  「大豆100粒運動」は、大豆再興が、地域の着実な「底力」となるよう、情報 交換し、「合力」することを目指している。

「嘉祥饅頭」と6月16日「和菓子の日」2018/06/17 06:42

 14日、三田演説会を聴きに行ったので、大坂家に寄ったら、いつもこの季節 に買う「里のもち」のほかに、11日から16日まで期間限定の「嘉祥饅頭(か じょうまんじゅう)」というのがあった。 6月16日は「和菓子の日」なのだ そうだ。 どうして6月16日が「和菓子の日」なのか? 「嘉祥饅頭」は、 ゆかり饅頭(こし餡)、蓬饅頭(つぶ餡)、和糖饅頭(黒糖餡)の三個セット、 「厄除招福」の日枝神社で祈願したというお札がかけてあって、616円だった。  その「厄除招福」のお札の裏に、説明があった。 平安時代初期の承和(じょ うわ)15(848)年、国内に疫病が蔓延したしたことから、任明(にんみょう) 天皇が6月16日に菓子や餅を神前に供え、疫病の退散を祈願して、元号を「嘉 祥(かじょう)」に改めた、と伝えられている。 これを起源とする「嘉祥の祝」 は後醍醐天皇の御代から室町時代へと受け継がれて来たが、江戸時代になると 「健康と招福」を願う行事として、この日に嘉正通宝16枚で菓子を求めて食 べる風習が庶民の間にも広がり「嘉正(嘉祥とも)喰(かじょうぐい)」といわ れ、欠かせない年中行事になった、という。 その「嘉祥の祝」を、現代によ みがえらせたのが「和菓子の日」なのだそうだ。 全国和菓子協会は、「和菓子 の日」には、健康と招福を願って和菓子を食べると共に、大切な人や親しい人々 の健康を祈って和菓子を贈ろう、と宣伝している。

 「嘉祥饅頭」は、すぐ食べてしまったので、「里のもち」と「厄除招福」のお札を写した。  なお、「里のもち」と大坂家については、下記に書いていた。

父の命日と、秋色庵の「里のもち」<小人閑居日記 2005.11.7.>

三田の大坂家、「秋色最中」の由来<小人閑居日記 2013. 3. 24.>

男鹿半島の「爆裂火口」と「石焼き」2018/05/27 06:51

 大龍寺から、夕景の中、男鹿半島西岸の観光道路を行くはずだったのだが、 生憎の天候で、おそらく「なまはげライン」という山側の観光道路を通ったと 思われ、男鹿温泉郷を右に見て、西岸の戸賀湾岸をぐるりと回って、GAO男鹿 水族館の高台にある「海と入り陽の宿 帝水」に到着した。 同行したJTB秋 田の若い添乗員作成の「旅のしおり」では、「海と入り湯の宿 帝水」となって いて、最初、露天風呂に「海水でも入るのか」と思った。 「湯」は「陽」の 単なる誤記だった。 高校新聞部出身の悪い癖が出て、ご本人に直接話したら、 まったく気付いていなかったので、ついでの老爺心ながら、例年は留守宅用の 「旅のしおり」も付けると、余計なことを言った。

 バスガイドさんによると、戸賀湾と、その内陸にある、二ノ目潟、一ノ目潟 (天然記念物)は、鹿児島県薩摩半島南東部にある池田湖と同じ「爆裂火口」 「マール」だという。 「爆裂火口」はexplosion crater、「火山の爆発的な噴 火によって生じた火口。山体の一部が吹飛ばされ、漏斗状の凹地ができる。マ ールも一種の爆裂火口である。」(『ブリタニカ国際大百科事典』) 「マール」 はMaar(ドイツ語)、「火山の形態の一種。爆発的噴火によって生じた円形の 小火口のうち、砕屑(さいせつ)物の堆積が少ないため山体を形成するに至ら ないもの。秋田県男鹿半島の一ノ目潟・二ノ目潟の類。」(『広辞苑』)

 なお、『広辞苑』では、「池田湖」はカルデラ湖としてあり、『大辞泉』ではカ ルデラ湖としつつも、追記に「鰻池や山川(やまがわ)湾などのマール群とと もに、「池田・山川」として活火山に指定されている」とあった。 そこで「カ ルデラ湖」だが、「カルデラcaldera(火山性の火口状凹地で直径が約2キロメ ートルより大きいもの)の全部ないし大半に水をたたえた湖。」「カルデラ床の ほとんどに湛水している場合をさし、カルデラの一部だけを占める火口原湖(榛 名湖・芦ノ湖)とは区別される。」「水深が深く、田沢湖(423m)、支笏湖(360 m)、十和田湖(327m)、池田湖(233m)、摩周湖(211m)など、第5位まで の深湖はすべてカルデラ湖である。」(『日本大百科全書』)

 「海と入り陽の宿 帝水」の夕食に、温物「秋田牛の石焼き」と、留椀「男鹿 の石焼き」が出た。 「秋田牛の石焼き」は、やや厚めの薄切り牛肉とパプリ カなど数種の野菜を、黒っぽい焼けた丸い石の上に、自分で乗せて焼くもの。  「男鹿の石焼き」は、料理する人が、直径50センチ位の桶の水の中に、魚や 野菜を入れ、その中に焼けた石を入れて、豪快に沸き立つところへ、土地の味 噌を溶き加えて供する。 どちらも焼けた石がよく割れないものだと、質問が 出た。 石は溶岩で、一回しか使わない、専門の業者が海に潜って取るという ような話だった。 「石焼き」で、『日本大百科全書』を引くと、「石を熱して 熱源とする料理法。各地に石焼きの郷土料理があるが、名称は同じでも内容は 違う。原始的な料理法で、野趣がある。」として、「秋田県男鹿半島の石焼きは、 海女がとった生きた海の小魚を器の中に泳がせておき、その中に熱い小石を数 多く加えて煮る。」とあった。 「帝水」での料理は、それを洗練しパフォーマ ンスにしたのであろう。

 男鹿半島の「爆裂火口」「マール」と「石焼き」、NHK「ブラタモリ」の恰好 のネタなので、企画したら面白いと思った。  (写真は、「海と入り陽の宿 帝水」から見た戸賀湾)

「うさぎやカフェ」と文京区バス「Bーぐる」2018/05/15 07:02

 いささか旧聞だが第598回の落語研究会のあった4月27日、早朝から出か けて、「海老床地図」の川口政利さんご夫妻に、上野御徒町から文京区をいろい ろとご案内頂いた。 その顛末は、川口さんのブログ「マーちゃんの数独日記」 の「「うさぎやカフェ」を振り出しに」にくわしい。

https://blog.goo.ne.jp/dora0077/e/2b9534fb5ee71ec9db50854d52bca8be

 まず、黒門小学校正門前にある、どら焼きで名高い「うさぎや」がやってい るカフェへ行った。 朝一番に、数量限定でどらやきの皮をパンケーキにして 提供している。 その詳細も、昨年開店直後の、川口さんのブログにある。

https://blog.goo.ne.jp/dora0077/e/ad1092c33a1a829700a393f3910c7001

 先頭に並んだので、一番奥の席についた。 冒頭に川口さん撮影の写真を掲 げたが、横の板に描かれた絵が、朝日新聞朝刊連載中の吉田修一作『国宝』の、 束芋の挿絵に似ているので聞くと、木原千春さんという画家の作品で浮世絵へ のオマージュだということだった。

 「「うさぎやカフェ」を振り出しに」の川口政利さんご夫妻ご案内の文教地区 文京区めぐりで、何度か利用しておぼえた100円で乗れる文京区のコミュニテ ィバス「Bーぐる」を、5月9日、さっそく利用することになった。 3月26 日に前から一度見たかった神田川(昔の江戸川)の桜を見に行って、月曜日で 関口芭蕉庵も永青文庫も野間記念館もお休みだった話を、4月10日と11日に 「平成30年・東京の桜、花より団子」と「江戸の水道と松尾芭蕉」に書いた。  それでゴールデン・ウィークも終わったので、家内と関口へ出かけたのだ。 坂 道を歩いて登らずに、「Bーぐる」で江戸川橋わきの「江戸川公園」から、「目 白台一丁目」まで行く。 先日、目を付けておいた野菜倶楽部oto no ha café でランチ、鶏もも肉のピリ辛ゴマ焼きと旬野菜のカレー。 木を多用した洒落 た明るい建物、自慢の無農薬野菜をたっぷり使った料理も美味しかった。

 そしてお目当ての一つ、隣の「講談社野間記念館」へ行く。