雅叙園から白金台、常光寺と畠山記念館2017/10/12 07:23

 大鳥神社の横を通って、目黒川の手前を右折、太鼓橋を渡って、目黒雅叙園 へ。 雅叙園前に「お七の井戸」がある。 本郷追分の八百屋お七は、天和2 (1682)年12月の大火で焼け出され、駒込の寺に避難して知り合った寺小姓 吉三に恋こがれ、吉三逢いたさに自宅に放火して、鈴ヶ森で火刑に処せられた。  吉三は、お七の火刑後、僧侶になり、名を西運と改め、明治13年頃までこの 場所にあった明王院に入り、境内のこの井戸で水垢離を取り、目黒不動と浅草 観音の間、往復十里の道を念仏を唱えつつ隔夜一万日の行を成し遂げたといわ れる。 なお、雅叙園から目黒駅方面へ登る、行人坂の大円寺から出火して、 江戸中を焼いた「目黒行人坂の大火」は、明和9(1772)年2月29日に起っ たから、場所はすぐ上だが、お七物語の大火とは別物である。

 その雅叙園から目黒駅方面へ登る行人坂は、急坂である。 途中の大円寺の 住職は、家内の中学の同級生だ。 中学の修学旅行の折、お父上の先代住職の 縁で、比叡山延暦寺の見学に厚遇を受けたそうだ。 今回、行人坂の急坂を回 避する「裏ワザ」を教わった。 雅叙園の滝裏からの景色を眺めたあと、雅叙 園アルコタワーアネックスのエスカレーターで、杉野服飾大学の道へ出られる のだ。 この道沿いに、兄が亡くなるまで住んでいたので、会社の清算事務を するのに通っていた。 歩こう会に「裏ワザ」ではと、幹事の越知さんは躊躇 していたが、すでに11,000歩を超え、へらへらになっていた私などは、大い に助かった。 昼食は? と訊けば、白金だという。 まだ、少し歩かなけれ ばならない。

 待望の昼食は、プラチナ通り(外苑西通り)の「白金台 すし兆」、先付け三 品に、「おまぜ」と称するばらちらし、赤だしと白味噌の椀。 どら焼きまでも らって、おなかはいっぱい、元気を回復した。 プラチナ通りの先で、芝白金 三光町育ちの岡田幸次郎さん推薦のChocolatier Ericaに寄ったら、皆さん奥 さんにお土産を買ったのだった。

 上大崎常光寺の「福沢諭吉先生永眠之地」の碑へ行く。 「永眠之地」に違 和感があるが、それはあとで書く。 私などは、昭和52(1977)年に麻布善 福寺に移された福沢先生の墓より、高校時代、命日の2月3日に落第しないよ うにとお参りした、常光寺のほうが懐かしい。 福沢先生は例の朝の散歩で、 三田からこの近辺まで来ていて、閑静で眺めがよいと気に入り、あらかじめみ ずからの埋葬地と定めたのだそうだ。 慶應志木会・歩こう会が、ここから三 田まで歩こうというのは、まことにふさわしいといわねばならない。

 幹事が発見してあった坂を昇って、白金台の畠山記念館へ行く。 私は初め てだったが、鬱蒼とした大樹と庭園が素晴らしい。 秋季展、新収蔵記念「近 代数寄者の交遊録 益田鈍翁・横井夜雨・畠山即翁」展を開催中だった。 即 翁・畠山一清(1881-1971)は荏原製作所の創始者。 80年忌という鈍翁・益 田孝(1848-1938)は松永安左エ門との関係で知っていたが、夜雨・横井半三 郎(1883-1945)は知らなかった。 実業家で茶人、美術コレクターたちの交 遊と、小田原の地は関係が深かったようだ。 展示されていた、朝鮮時代(16 世紀)の柿の蔕(へた)茶碗、銘「毘沙門堂」(重要文化財)で、即翁が晩年の 鈍翁をもてなした「沙那庵」という茶室が畠山記念館にはあるそうだ。

昔からつながり、伝わってきたもの2017/09/09 07:20

山本道子さんは、慶應義塾創立百年の年に中等部に入学、四谷から赤羽橋へ 丘を越える都電で、その年12月に完成した東京タワーが丘の上にどんどん高 くなるのを眺めながら通学したそうだ。 中等部では西村亨先生(名誉教授) から国語の、折口信夫先生の話を難しくなく、子守歌のように聞かせてくれる 授業を受けた。 折口さんの書かれたものは、文学の解釈をはじめ、天才的な 民俗学の視点から語られている。 祭りなどのいろいろな習俗のなかにも、昔 からの何か意味合いがある。 料理にも昔からの記憶が織り込まれている。 そ んな昔からつながってきたもの、伝わってきたものに、山本道子さんは惹かれ るという。 脈打つ何かがある料理こそ、生きている料理というふうに思える と言う。

「4. 気候と風土」で、山本道子さんは、俳句は日本の気候風土で育ってきた のだからと、俳人の西村和子さんとの対談の話をし、その俳句を紹介する。

  湯上りの爪立ててむく蜜柑かな

  愚痴聞きつ手持無沙汰の蜜柑むく

  蜜柑むき大人の話聞いてゐる

蜜柑が特殊なのは、こんなに皮のむきやすい柑橘類はほかにないことで、そ れは日本の風土で育まれてきたものだ。 湯上りで暑くて火照っている時、蜜 柑を急いで食べたい。 爪を立てて、びゅっとむく。 蜜柑の皮むきは、他の 何かをしながらでもできる。 愚痴を聞いたり、子供が大人の話を聞いたりし ながらでも…。 適当な相槌を打ちながら、皮をむくことができるのは蜜柑な らではのものだ。

西村和子さんの、こうした句のなかには、自分たちの風土のようなものが自 然に詠み込まれている。 句を詠むことで、自分たちの文化のどこかに手を伸 ばして、すくい上げてくる。 もちろん、季題には日本の風土が入っているけ れど、ここには根無し草ではない強さがある。 俳句には、気候と風土の根に 迫っていけるところがあると、山本道子さんは思うのだ。

俳人高浜虚子は昭和11(1936)年、船でヨーロッパへ出掛けた。 4月26 日、桜の名所のヴェルダーでお花見をし、藤室夫人の携えてきた日本弁当を食 べていたら、「群衆怪しみ見る」。 そこで一句。

  箸で食ふ花の弁当来て見よや

箸は日本の食の原点、お弁当も長く日本人に愛されている。 和食の世界無 形文化財登録を受けて、日本の文化を押し出していこうという機運が高まって いるけれど、そのエッセンスを凝縮した俳句を80年前に詠んでいるのは、さ すが虚子、日本の伝統文化の食文化がうまく一句になっていると、山本道子さ んは言う。 (この高浜虚子のヨーロッパ旅行については、本井英主宰の著書 『虚子「渡仏日記」紀行』(角川書店・2000年)がある。)

こうした私たちの中に流れているものや、伝わっているものは無意識にとど まっているものかもしれない。 そうしたところを少し意識的に捉えていくと、 力になってくれるのではないかと、山本道子さんは今、考えているのだそうだ。

『食べる』で山本道子さんの講義を読む2017/09/08 07:04

5年前に、仲間内の情報交流会で「日暮れて、道遠し。日本の現状」という 話をしてもらった極東証券会長の菊池廣之さんが、『食べる』(慶應義塾大学出 版会)という本を送ってくれた。 極東証券(株)はずっと慶應義塾大学教養 センターで寄附講座「生命の教養学」を開講しているが、その2015年度(第 12回)のテーマ「食べる」についての11の講義をまとめた本である。

例年は難解なテーマなので、ちょっと敬遠しているのだが、「食べる」は私 のブログのカテゴリーにもある身近な話題だった。 手に取ってみると、何と 俳句「夏潮会」のお仲間、山本道子さん(村上開新堂代表取締役、料理研究家) の「日本人の食べ方・味わい方から見る日本の文化」という講義があるではな いか。 さっそく読ませてもらう。 全体の構成は、以下のようになっている。

1. はじめに ○ニューヨークでの体験 ○外国人対象の料理コンテスト  ○昔からつながる何かを読み取る

2. 「箸で食べる」ということ

3. 口中調味 ○日本人のご飯の食べ方 ○素材の「素」の味わい ○総合的 になったスパイシーさ ○日本人ならではの食べ方 ○空気を一緒に食べる

4. 気候と風土

5. 日本は水の国

6. 弁当箱と日本文化をひろげること

 山本道子さんについては、こんなことを書いてきた。

山本道子さんの講演「日本人の食と俳句」<小人閑居日記 2013. 5. 20.>

リズムと香り、水を固める、口中調味<小人閑居日記 2013. 5. 21.>

「葛水」、「久助」、トレハロース<小人閑居日記 2013. 5. 22.>

こだわりの西洋菓子「村上開新堂」<小人閑居日記 2015.5.28.>

武士からパティシエになった初代<小人閑居日記 2015.5.29.>

開新堂創業と、後継者の教育<小人閑居日記 2015.5.30.>

「村上開新堂」の味と哲学をつくった三代目<小人閑居日記 2015.5.31.>

村上開新堂・山本道子さんの作業場<小人閑居日記 2015.7.12.>

 それらに書いたことと、重ならないところを、『食べる』の講義から拾って みたい。

 山本道子さんは、ご主人が商社マンで1969年から1974年までニューヨーク で暮した。 出かける時、村上開新堂のお客様で、北大路魯山人も褒めたとい う料理屋「丸梅」のおかみさんに、「あなた、何でもいいから見てきなさいよ」 と言われた。 本当にその一言はとてもありがたく、道子さんは「やがてはう ちの商売をするのだろうから、「食」は一生のテーマになる。だったら、片端か ら見て、味わって、作ってみればいいかな」と思ったという。 きっちりとし たレシピが載っているニューヨーク・タイムズの、料理やお菓子を片端からつ くってみた。 現地の材料を使い、横文字のままのレシピで作るのが面白くて、 子育てをしながら、いろいろな料理を作って、お客さんをもてなしていた。

 帰国後、キッコーマンから『新しい暮しの味』(1975年刊、非売品)を出し てもらい、以来、キッコーマンの料理講習会の仕事をするようになる。 1981 年、日本に住む外国人を対象に、醤油を使った料理コンテストが実施され、審 査員を務めた。 各国の家庭料理が山のように応募されてきたので、いろいろ な国のさまざまなところが見えてきて、面白かった。 1995年から10年間は、 各国の大使館、公使館の方を迎えて、3、4品の料理を作ってもらう講習会も催 した。 ただ「おいしいな」「変わった味だ」などという味一本でない、料理の 奥底に流れているもの、あるいはなにか昔から脈々と伝わってきたものを感じ られるようになる、意義深い体験だったという。

智美術館「珠玉の現代陶芸」展2017/09/01 07:09

 8月24日、虎ノ門の菊池寛実記念 智(とも)美術館で「珠玉の現代陶芸」 展を見た(9月3日まで)。 隣のホテルオークラでは、建て直し工事が始ま っている。 展覧会は「マダム菊池のコレクション」という副題だが、この美 術館の設立者菊池智(とも)さんは大正12(1923)年生まれ、昨年夏、93歳 で亡くなったという。 菊池寛実(かんじつ)さんは、その父親で炭鉱(辰ノ 口、三友、高萩、日本炭鉱)やガス会社(京葉ガス)などを経営、一時は南俊 二、大谷米次郎と共に「日本の三大億万長者」といわれた。 智さんは、その 事業を継承するとともに、1950年代後半から現代陶芸の蒐集を始め、1974年 に寛土里という陶芸店をホテルニューオータニに開き、1983年にはアメリカの スミソニアン自然史博物館で自身のコレクションによる「現代日本陶芸展」を 開催、2003年にこの美術館を開館するに至る。 美術館のエントランス正面の 壁は書家・篠田桃紅の「ある女主人の肖像」、展覧会場に下りる螺旋階段の銀 色の壁面も桃紅作品、階段の手摺はガラス作家・横山尚人作、ともに智美術館 の顔、シンボルである。

 そこで「珠玉の現代陶芸」展だが、いきなり富本憲吉《白磁八角共蓋飾壺》 (1932年)《色繪飾箱》(1935年)、河井寛次郎《花扁壺》(1959年)《灰 釉筒描魚文喰籠》(1950年代)である。 そして石黒宗麿、加藤唐九郎、加藤 土師萌、清水六兵衛(六代)、酒井田柿右衛門(十三代)と続くのだ。 たち まちコレクションの素晴らしさに、引き込まれる。 その後、菊池智さん自身 が好んで蒐集したと思われる八木一夫、加守田章二、藤本能道などが並んでい る。 ごく一部に、よくわからない近年の作品もあるけれど、全体的によいも のを見たという目の保養、豊かな気分になる。

実は智美術館、私にとっては「花より団子」で、ここの庭を望むヴォワ・ラ クテ(天の川)というレストランが好みなのだ。 シネマスコープのスクリー ン(古いね)のような10メートルぐらいはあろうかと思われるガラスが二枚 並んで、パッと明るい芝生が目に飛び込んで来る。 風知草が揺れ、もっとい い鳥も来るのだが、今日は雀が遊んでいる。 夫婦で冷製スープ、大山鶏モモ 肉の香草グリエと、糸縒鯛のポワレのランチに、ちゃんとつくっているものは、 やっぱり美味しいとかいいながら、大満足したのであった。

「東都のれん会」の老舗55店2017/08/17 06:58

 私がニヤリとしたのは、最中の空也、楊枝のさるや、刃物のうぶけや、はん ぺんの神茂が出てきたからだ。 しかもそれら老舗を、「東京生活者の既得権益」 だと言っている。 1995(平成7)年3月25日浅草ちんやの「等々力短信七 百号、二十年記念の会」では、空也の最中をお土産にし、2009(平成21)年7 月4日青山ダイヤモンドホールでの「『等々力短信』1,000号を祝う会」では、 さるやの「千両箱」を千号の内祝にした。 うぶけやの毛抜きで時々、一髪必 中、眉毛に混じる白髪を抜いている。 真っ白になるといかにも爺臭くなりそ うな気がするからだ。 爪切りも長年父にならってゾーリンゲンを使っていた が、ある時、うぶけやにしたら、これが抜群の切れ味だった。 神茂は、はん ぺんはもちろんだが、わが家は竹輪麩が好きで、販売時期限定の頃から(今は 緩くなった)愛用している。 つまり親の代から、わが家も「東京生活者の既 得権益」の受益者なのだ。

 ジェーン・スーさんは、「東都のれん会」を「江戸から明治初年にかけて創業 された、百年以上の伝統を持つ古いのれんの集い。三代以上続いていないと駄 目だという話も聞いたことがある。」と書いていた。 4日に三田山上の図書館 (新館)の『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』へ行った話は14日・15日に 書いたが、三田へ行くといつも大坂家に寄る。 三田の大坂家、「秋色最中」の由来<小人閑居日記 2013. 3. 24.> http://kbaba.asablo.jp/blog/2013/03/24/

 舟形の水羊羹と、笹の葉で包んだ うす水羊羹、葛桜を買う。 大坂家の葛桜 は本物の桜の葉だが、先日の大磯の新杵は老舗なのになぜかビニールだったか ら首を傾げた。 秋色庵大坂家も「東都のれん会」会員なので、『銀座百点』の ような雑誌をもらおうとすると、今は雑誌はなく、「江戸から東京 三代・百年」 「EDO TOKYO BRAND」というパンフレットだけだという。

 「東都のれん会」は全部で55店、「グルメ」13店、「食の名物」26店、「暮 らしの逸品」16店、愛用している店が多く、ほとんどの店に行ったことがある か、食べたか、買ったことがある。 東京に生まれ育って76年、「東京生活者 の既得権益」の受益者だということが、はっきりした。 「グルメ」が、いせ 源(あんこう鍋)、上野精養軒、かんだやぶそば、駒形どぜう、駒形前川(鰻)、 笹乃雪、総本家更科堀井、竹葉亭、ちんや、中清(天麩羅)、明神下神田川本店、 両国橋鳥安(あひ鴨料理)、蓮玉庵(そば)。 「食の名物」は、天野屋(甘酒)、 梅園、榮太樓總本舗、海老屋總本舗(江戸前佃煮)、亀戸船橋屋、神茂、木村屋 總本店、銀座松崎煎餅、言問団子、秋色庵大坂家、新橋玉木屋、千疋屋総本店、 ちくま味噌、長命寺桜もち、豊島屋本店(清酒金婚・白酒)、とらや、日本橋鮒 佐、日本橋弁松総本店、人形町志乃多寿司總本店、にんべん、梅花亭、羽二重 団子、豆源、やげん堀中島商店、山本海苔店、山本山。 「暮らしの逸品」が、 伊場仙(扇子・うちわ)、うぶけや、江戸屋(はけ・ブラシ)、大野屋總本店、 菊寿堂いせ辰、銀座阿波屋、銀座越後屋、黒江屋(漆器)、さるや、白木屋傳兵 衛(江戸ほうき)、竺仙(呉服)、榛原(和紙)、宮本卯之助商店(神輿・太鼓)、 村田眼鏡舗、安田松慶堂、吉徳。 私が知らなかったのは、海老屋總本舗、ち くま味噌、豊島屋本店、伊場仙、江戸屋、白木屋傳兵衛だけだった。