「東都のれん会」の老舗55店2017/08/17 06:58

 私がニヤリとしたのは、最中の空也、楊枝のさるや、刃物のうぶけや、はん ぺんの神茂が出てきたからだ。 しかもそれら老舗を、「東京生活者の既得権益」 だと言っている。 1995(平成7)年3月25日浅草ちんやの「等々力短信七 百号、二十年記念の会」では、空也の最中をお土産にし、2009(平成21)年7 月4日青山ダイヤモンドホールでの「『等々力短信』1,000号を祝う会」では、 さるやの「千両箱」を千号の内祝にした。 うぶけやの毛抜きで時々、一髪必 中、眉毛に混じる白髪を抜いている。 真っ白になるといかにも爺臭くなりそ うな気がするからだ。 爪切りも長年父にならってゾーリンゲンを使っていた が、ある時、うぶけやにしたら、これが抜群の切れ味だった。 神茂は、はん ぺんはもちろんだが、わが家は竹輪麩が好きで、販売時期限定の頃から(今は 緩くなった)愛用している。 つまり親の代から、わが家も「東京生活者の既 得権益」の受益者なのだ。

 ジェーン・スーさんは、「東都のれん会」を「江戸から明治初年にかけて創業 された、百年以上の伝統を持つ古いのれんの集い。三代以上続いていないと駄 目だという話も聞いたことがある。」と書いていた。 4日に三田山上の図書館 (新館)の『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』へ行った話は14日・15日に 書いたが、三田へ行くといつも大坂家に寄る。 三田の大坂家、「秋色最中」の由来<小人閑居日記 2013. 3. 24.> http://kbaba.asablo.jp/blog/2013/03/24/

 舟形の水羊羹と、笹の葉で包んだ うす水羊羹、葛桜を買う。 大坂家の葛桜 は本物の桜の葉だが、先日の大磯の新杵は老舗なのになぜかビニールだったか ら首を傾げた。 秋色庵大坂家も「東都のれん会」会員なので、『銀座百点』の ような雑誌をもらおうとすると、今は雑誌はなく、「江戸から東京 三代・百年」 「EDO TOKYO BRAND」というパンフレットだけだという。

 「東都のれん会」は全部で55店、「グルメ」13店、「食の名物」26店、「暮 らしの逸品」16店、愛用している店が多く、ほとんどの店に行ったことがある か、食べたか、買ったことがある。 東京に生まれ育って76年、「東京生活者 の既得権益」の受益者だということが、はっきりした。 「グルメ」が、いせ 源(あんこう鍋)、上野精養軒、かんだやぶそば、駒形どぜう、駒形前川(鰻)、 笹乃雪、総本家更科堀井、竹葉亭、ちんや、中清(天麩羅)、明神下神田川本店、 両国橋鳥安(あひ鴨料理)、蓮玉庵(そば)。 「食の名物」は、天野屋(甘酒)、 梅園、榮太樓總本舗、海老屋總本舗(江戸前佃煮)、亀戸船橋屋、神茂、木村屋 總本店、銀座松崎煎餅、言問団子、秋色庵大坂家、新橋玉木屋、千疋屋総本店、 ちくま味噌、長命寺桜もち、豊島屋本店(清酒金婚・白酒)、とらや、日本橋鮒 佐、日本橋弁松総本店、人形町志乃多寿司總本店、にんべん、梅花亭、羽二重 団子、豆源、やげん堀中島商店、山本海苔店、山本山。 「暮らしの逸品」が、 伊場仙(扇子・うちわ)、うぶけや、江戸屋(はけ・ブラシ)、大野屋總本店、 菊寿堂いせ辰、銀座阿波屋、銀座越後屋、黒江屋(漆器)、さるや、白木屋傳兵 衛(江戸ほうき)、竺仙(呉服)、榛原(和紙)、宮本卯之助商店(神輿・太鼓)、 村田眼鏡舗、安田松慶堂、吉徳。 私が知らなかったのは、海老屋總本舗、ち くま味噌、豊島屋本店、伊場仙、江戸屋、白木屋傳兵衛だけだった。

ジェーン・スーさんと東京生活者の既得権益2017/08/16 07:30

 新潮社のPR誌『波』の連載で、いま読んでいるのは佐藤賢一さんの『遺訓』 と、8月号の18回が最終回になったジェーン・スーさんの『生きるとか死ぬと か父親とか』だ。 『遺訓』については、連載開始の頃、下記を手始めに、西 郷隆盛と福沢諭吉の関係、福沢の『明治十年 丁丑公論』などについて書いた。

佐藤賢一さんの小説『遺訓』と鶴岡<小人閑居日記 2016.2.23.>

http://kbaba.asablo.jp/blog/2016/02/23/

 今日はジェーン・スーさんの『生きるとか死ぬとか父親とか』についての話 だ。 とても面白く読んだ。 ジェーン・スーさん、作詞家、音楽プロデュー サー、ラジオのパーソナリティだそうだが、まったく知らなかった。

 第1回の「この男、肉親につき。」、元日に77歳の父と42歳の娘が、護国寺 へ18年前に死んだ母の墓参りに行く。 父と娘はふたりだけの限界家族だが、 バラバラに暮している。 前回の墓参に、父は真っ赤なブルゾンに娘が買って あげたボルサリーノの中折れ帽をかぶり、首にはクリーム色のカシミアマフラ ーという、司忍かと思う出で立ちで現れた。 なかなか良く似合っていたので、 娘は「とても文無しには見えないよ!」と最大級の賛辞を送った。 外車でも 乗り回していそうな出で立ちが栄えるこの男には、全財産をスッカラカンにし た前科がある。 まあ自分で稼いだ金だし、娘が保護下にあるときにお金のこ とで困ったことは一度もないので(ジェーン・スーさん、フェリス女学院大学 卒だそうだ)、それはそれで良いのだけれど、それにしても大胆になくしたな、 と娘は感心する。

 石屋のおかみさんにも「あら、今日は赤いブルゾンじゃないの?」と言われ、 地下鉄で知らないおばあさんから「素敵ね! 私、その色が大好きなの!」と声 をかけられたこともあった。 「俺はババア専門なんだ」と言う。 墓参の後、 ふたりで音羽のロイヤルホストに行く。 以前はホテルオークラを懇意にして いた父は「ファミレスなんて味のわからない馬鹿が行くところだ」とずっと悪 態をついていたのに、今は「ロイホを馬鹿にする奴はわかってない」と同じ口 で平気で言う。

 間を抜いて、たちまち最終回。 娘は、唐突に父から「申し継ぎ」と称する 淡い遺言のようなメールを受け取る。 「お母さんの好きだった老舗は次の通 りです。最中の空也、楊枝のさるや、刃物のうぶけや、はんぺんは名前を忘れ ました。すき焼き肉は日山」。 娘は、空也の最中を食べたことがあるだけで、 ほかは馴染みのない店ばかりだった。 父が一度、娘を連れて、店を回りたい というので、ふたりで人形町へ行く。 父は、紙袋に母の六寸の出刃包丁を下 げてきていて、うぶけやで研ぎに出した。 壁には江戸文字で書かれた東都の れん会のポスターが額装して飾られている。 とらや、豆源、いせ辰、更科堀 井、言問団子、父が名前を失念していた神茂も名を連ねている。 母が死んで 二十年という話になったので、娘が創業から何年ですかと無難な質問をすると、 「初代が亡くなってから、二百三十年になります」と、年下と思しき店の女性 が、まるで二百三十年をつぶさに見てきたような口調で答えた。 父と娘は、 さるや、神茂と回る。

 ジェーン・スーさんは書く、「思うに、母が私に引き継ごうとした東京生活者 の既得権益を、私はいままで有効活用してこなかったのだろう。そんなものが 存在していることさえ気付いていなかった。今日、それらを父が私の手元に引 き戻してくれた。」 閑居老人の私は、思わずニヤリとした。 それは、また明日。

築地場外市場の火事2017/08/05 07:12

 3日夕方から、築地場外市場が火事になった。 5日前の29日に行ったばか りだったので、びっくりした。 たまたま日本テレビのnews everyをつけた ら、藤井貴彦アナが画面を見ながら実況中継をしている。 29日は浜離宮朝日 ホールを出て、新大橋通り(もんぜき通り)に回り込み、新喜楽の前の信号を 渡って、火事になったアーケードを通って、いったん晴海通りの交差点まで行 った。 3時頃だったか、ほとんどの店は閉まっていたが、海鮮丼の店がわず かに営業していた。 ラーメン店「井上」は閉まっていたと思う。 晴海通り の勝鬨橋寄りに、新しい場外市場のビルが出来たと聞いていたので、見に行っ たが、閉まっていたので、元の場外市場の築地横丁に戻った。 数軒の店がま だ開いていた。 斎藤水産でマグロと湯引きのハモを買い、築地横丁を晴海通 りへ出たので、テレビのニユースで一番に燃えていた料理道具の「大野屋」や、 角の庖丁の「有次」の前を通ったのだった。

 日本テレビは現場に近いこともあって、新大橋通りの反対側のカメラと、ヘ リコプターからの映像を流していた。 発生は4時50分頃、直後の投稿動画 も織り交ぜる。 築地場外市場にお寺(圓正寺、称揚寺)があることは知って いたが、「大野屋」の裏手にお墓があることを、ヘリコプターからの映像で初め て知った。 消防士が墓場から水をかけている。 もともとこの一帯は、お寺 の境内だったのだろう。 消防自動車などは沢山(63台)出動しているが、ほ とんどが新大橋通りに並び、細い道には入れない。 はしご車からの放水も始 まった。

 炎や黒い煙が放水によって、いったんは白い煙になるのだが、それがすぐに 鎮火ということにはならない。 また、炎や黒い煙が出始める。 岡目八目、 テレビ画面のヘリコプター映像で見ていると、気づくことがある。 消防の指 令は、ヘリコプターかドローンの映像や、近所の高いビルから現場を見ながら 指揮をしたらどうなのだろう。 「大野屋」に隣接して、トタン屋根が続いて おり、その上にホースを持った消防士の姿が見える。 そのトタン屋根の周り から、煙が出始めている。 トタン屋根が抜ければ、危険な状態になる。 中 は恐らく燃えているのだろう。 思わず、「逃げろ」と声を出す。 新大橋通り 側はアーケードで看板も大きく、建物に直接水をかけられないし、シャッター が閉まっていて、開けられないのだろう。 早く延焼を食い止めるには、破壊 消防しかないと思った。

 結局、完全な鎮火は午前8時過ぎと、約15時間以上がかかり、延焼により7 棟、935平米が焼けたそうだ。 幸い怪我人は出なかったというから、消防士 も無事だったのだろう。

天満敦子チャリティーコンサート(浜離宮朝日ホール)2017/08/04 06:58

 大磯へ出かけた翌日、天満敦子さんのヴァイオリンを聴きに浜離宮朝日ホー ルへ行った。 5月、広尾のオマーン国大使館で聴いた時に開催を知ったチャ リティーコンサートである。 主催のJHP・学校をつくる会(代表は『3年B 組金八先生』、大河ドラマ『徳川家康』『翔ぶが如く』などの脚本家・小山内美 江子さん(87))は、カンボジアやネパールに学校を建設したり(340棟を超え るという)、教師の育成や音楽、美術、衛生などの教育支援活動を行っている。  大学生など若い世代をボランティアとしてカンボジアへ派遣すると、「地球市民 として共に生きる」実感を宝物にして帰って来るそうだ。 天満敦子さんのチ ャリティーコンサートは、今回が13回目になるという。

 天満敦子さんのヴァイオリン演奏、前半はバッハ「アダージョ」「G線上のア リア」、フォーレ「夢のあとに」とつづく。 正直に言えば、この辺でいつもの 昼寝の時間なのと、大磯散歩の疲れが出て、時々「夢のなかに」なる。 ドヴ ォルザーク「ユーモレスク」、マスネ「タイスの瞑想曲」、イギリス民謡「グリ ーンスリーヴズ」(和田薫編曲)、アイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」(和 田薫編曲)、そしてお馴染みのポルムベスク「望郷のバラード」。 浜離宮朝日 ホールは初めてだったが、素敵なホールで、音響も素晴らしい。

 天満敦子さんはここのショート・トークでも、今年は「望郷のバラード」25 年、ストラディヴァリウスと結婚してから30年と語った。 後半は、和田薫 「独奏ヴァイオリンのための譚歌より<琥珀・紅蓮>」、ミュート(弱音器)を つけて熊本県民謡「五木の子守歌」、岡山県民謡「中国地方の子守唄」(和田薫 編曲)、ホルスト「ジュピター」、時々楽し気な間を挟んでカンボジア民謡「ク メールの民」。 アンコールがまたまた素晴しかった。 中田喜直「夏の思い出」、 菅野よう子「花は咲く」、森繁久彌「知床旅情」、そして会員を追悼して、いず みたく「見上げてごらん夜の星を」。 「夏の思い出」や、ピチカートも織り交 ぜた「花は咲く」には、今回もまた涙がこぼれそうになった。

 コンサート終了後、築地場外市場を覗く。 ほとんどの店は閉まっている時 間だったが、斎藤水産で買ったマグロと湯引きのハモで、大満足の夕食となっ た。

旧三井別邸地区と「めしや“大磯港”」2017/08/03 07:06

 県立大磯城山公園の旧吉田茂邸地区から、国道1号線を越えた山側が、旧三 井別邸地区である。 山を登って行く、緑が深くて涼しい、ユリが咲いている。 入口付近は海抜14Mだが、展望台は海抜42Mである。 この展望台の所に、 旧三井財閥当主の別荘、城山荘本館が建っていた。 大磯在住の仲間の記憶で は、素晴らしい建物だったそうで、非常に価値のある木造建築だったが、解体 され、他の建物とともに各地に四散してしまったという。 その北側に三井別 荘時代の北蔵が現存し、ギャラリーとして開放されている。 われわれは行か なかったが、展望台の裏手に大磯町郷土資料館(本館)があり、「湘南の丘陵と 海」をテーマに大磯とその周辺の歴史、文化、風土に関する資料が展示されて いる(旧吉田茂邸は大磯町郷土資料館の別館だ)。

 三井別荘時代この地にあった国宝茶室「如庵」(織田有楽斎建立)を模した茶 室「城山庵(じょうざんあん)」が、西門を入った所に建てられて、使われてい る。 茶室「如庵」は、江戸時代初期に織田有楽斎が京都に建立したもの、明 治末期に三井総領家(北家)の手に渡り、10代当主・三井高棟が東京の今井町 邸に移築、昭和11(1936)年国宝指定を機にここ大磯の別荘・城山荘に移され て、幸いにも空襲を免れた。 だが昭和45(1970)年、城山荘とともに、「如 庵」は三井家の手を離れ、名古屋鉄道の所有となり、愛知県犬山市の名鉄犬山 ホテル・有楽苑内で月1回公開されている。 私も平成23(2011)年に犬山 へ鵜飼の旅に行った時、拝観した。 なお、平成17(2005)年に開館した日 本橋の三井記念美術館に「如庵」が再現されている。

 暑い中を歩くのを避け、城山公園前からバスで戻り、大磯小学校前で降りて、 愛宕神社の切通しを抜けた角の和菓子の老舗・新杵(しんきね)へ行った。 西 行まんじゅう、豆大福、残り三つの葛桜を買う。 母が若い時に平塚にいた関 係で、この店が好きで、兄が箱根などへ出かけると土産にしていた。 国道1 号線の先に、真壁豆腐店、大磯・井上蒲鉾店の(新島襄が亡くなった旅館百足 屋跡、徳富蘇峰筆の碑も)あるのを確認し、「大磯照ヶ崎海水浴場の碑」を曲が って、さらに海岸へ降りると、町営照ヶ崎プールの横に、7月16日に書いた「松 本順の頌徳碑」のオベリスクが見えた。

 われわれの目的地は、左手に広がる大磯漁港の、漁協直営「めしや“大磯港”」 である。 11時開店、11時30分ぐらいだったかと思うが、すでに家族連れな どで満杯で、本日の「出来ますもの」を選びながら、少し待った。 私はイサ キの塩焼き定食、家内はサワラの煮付け定食、それぞれにダツ刺身、小イワシ 唐揚げ、ワカメの味噌汁がつく。 生シラスも頼む。 まことに結構な味で、 お安い、沢山の人が車で駆け付けて来る訳がよくわかった。 大磯駅に戻る途 中の魚屋さんで、仲間はアジの酢〆や干物などを求めていた。

暑い日だったが、さすが大磯、海の風と豊かな緑、降りそそぐ蝉の声や飛ぶ 燕や蜻蛉の姿に、何度か涼しさを感じた。 今回も素敵な大磯散策となった。  綿密な計画を立ててくれた大磯在住の友人に感謝、感謝。