中津・小倉・下関・萩の旅(2)〔昔、書いた福沢120-2〕2019/10/02 06:28

             小倉から下関へ

 小倉のホテルクラウンパレスに泊り、二日目の8日(日)は、小倉城の隅に ある松本清張記念館からスタート。 松本清張は現在の北九州市小倉北区生れ、 43歳の昭和28年『三田文学』に書いた「或る『小倉日記』伝」で芥川賞を受 賞して上京、作家活動に専念した。 再現されている二階建ての書庫、約三万 冊という膨大な蔵書に目を奪われる。 門司へと向かう道が、案外の山中なの に驚く。 先日、下で自衛艦が衝突し火災を起こした関門橋を渡り、下関へ。 安徳天皇を祀る赤間神宮で、平家一門の墓や耳なし芳一堂を見る。 高浜虚 子の句碑<七盛の墓包み降る椎の露>があった。

  冬立つやあはれ小さき平家塚

 春帆楼の隣の日清講和記念館を見学。 日清戦争の明治28(1895)年春、 伊藤博文と李鴻章が交渉し十一か条の講和条約(「下関条約」)を結んだ場所だ。 前日、川崎勝理事(一泊の参加)に見てくるようにいわれた李鴻章の座った 位置、「李鴻章の道」も確認する。 日本側は、目の前の関門海峡に軍艦を通過 させて威嚇したらしい。 狙撃事件後の李鴻章は、大通りを避け、山沿いの小 径を往復したそうだ。 下関といえば河豚(ふく)、名前だけは知っていた春帆 楼で、昼から贅沢な「ふくづくし」となった。

  ふく食ふや春帆楼の昼日中

 関門海峡を見はるかす壇の浦、みもすそ川公園には長州藩が四カ国連合艦隊 を砲撃した八十斤カノン砲のレプリカが並んでいた。 ヘレン・ボールハチェ ットさんが百円玉を入れると、発射音が三回轟き、砲身から煙(蒸気)も出る ことを発見、みんなで楽しむ。

  小春日の関門海峡光る河

 下関から東北へ24キロ、奇兵隊の本拠地、吉田清水山にある高杉晋作の墓 と東行庵(とうぎょうあん)へ。 晋作の愛人だったおうのが、再び紅灯の巷 に戻っていたのを、頭を丸めさせて梅処尼とし、この地で菩提を弔わせること にしたのは「井上馨や伊藤博文のしわざ」という。 本心はどうだったのだろう。 15年後、福沢に大きな影響を与えた明治14年の政変も「井上や伊藤のしわざ」だったことを思う。

  紅葉して晋作行年二十七

 やや色づいてきている秋吉台を眺め、秋芳洞を出口の黒谷口から入口へ向か って約一キロを歩く。 二日目の立派な宿、長門湯本温泉の大谷山荘に着いた。

中津・小倉・下関・萩の旅(1)〔昔、書いた福沢120-1〕2019/10/01 07:09

 『福澤手帖』第144号(2010(平成22)年3月)の「「中津・小倉・下関・ 萩の旅 第44回福澤史蹟見学会」

長年福沢をかじりながら、恥しいことに中津に行ったことがなかった。 福 澤諭吉協会の第44回福澤史蹟見学会、二泊三日で中津・小倉・下関・秋芳洞・ 長門湯本・萩を巡ってきた。 11月7日(土)8時羽田発の日本航空で大分空 港10時着。 快晴、無風、大分空港は国東半島の海辺にあり、中津方面へ行 く間、国東半島に石仏やお寺の多い話を聞く。 宇佐、中津周辺は肥沃そうな 平野が広がり、豊かな土地柄だという印象を持った。

   小春日や九重連山ぽこりぽこり

八面山の金色温泉こがね山荘で、新貝正勝中津市長や中津三田会の皆様と昼 食、鱧しゃぶ、鱈白子天麩羅など、豊前海の幸、山の幸。 青の洞門、耶馬溪 へ。 菊池寛の「恩讐の彼方に」は、中学の国語の教科書で読んだ。 僧・禅 海が競秀峰の難所に三十年の歳月をかけて、鑿と槌だけでトンネルを掘り進め た。 福沢は明治7年11月17日には日田-耶馬溪-中津を結ぶ「豊前豊後道 普請の説」を発表し、明治27年3月帰郷の時以来、競秀峰の風景を保全する ため、三年がかりで一帯の土地を買収し、ナショナル・トラスト運動の先駆け ともいわれている。 羅漢寺門前に、つい3日前の4日に建てられた「福澤諭 吉羅漢寺参詣記念之碑」も見てきた。

              念願の中津を歩く

中津に着く。 寺町を散策、石畳できれいに整備してある。 福沢家の菩提 寺、明蓮寺は古い木造の大きな寺だった。 曾祖母の墓、福沢家とほとんど一 体ともいう親戚飯田家の墓があった。 明蓮寺とその末寺の光善寺が不仲にな っているのを、福沢が直接本山に苦情を言った大谷光尊宛書簡がある(『福澤諭 吉書簡集』第四巻992番)。 偶然その書簡の発見を仲介したことを思い出す。 黒田如水孝高の謀略で知られる合元寺の赤壁はどぎつい色だった。 大法寺 (日蓮宗)では、福沢の長姉、小田部礼の墓を見た。

   小春日の中津寺町歩く幸

 いよいよ福沢旧居に到着。 以前福澤協会の旅行で知り合った相良照博さん が待っていて下さった。 福澤記念館で毎月開かれる「福沢諭吉の本を読む会」 などの講師をなさっている。 福沢と中津についてしばし歓談、最後は握手を して別れて来た。 福澤記念館の展示の中に、小幡篤次郎が小旗の号で詠んだ 俳句があった。  <映ふて水に花増す人の影(花時大坂桜宮)><うぐいすの法華経清し彼岸 寺><大仏や三千世界春の雲>。

 昔はなかった(有力な説)のに、昭和39年に“再建”された中津城天守閣 や、中津が海に面した町であることを、はっきりと見られなかったのは、少し 残念だった。

「徳島慶應義塾・内田彌八・子規と松山」の時代(2)〔昔、書いた福沢115-2〕2019/09/24 06:57

    井川の内田彌八記念碑、大歩危から道後温泉へ

 10月28日、徳島市から三好郡井川町へ。 バスの中で徳島慶應倶楽部幹事 の吉見誠記さんに、内田彌八の話を聴く。 詳しい事前調査とバランスの取れ た史料解釈、名ガイドぶりに感心した。 井川町ふるさと交流センターで内田 彌八の展示資料を見学。 内田彌八は幕末井川に生れ、大阪で丁稚奉公をした り、大阪江戸で漢学を学び、郷里で戸長(村長)を務めたあと、22歳の明治 16(1883)年慶應義塾に入り、20年に卒業した 。在学中の明治18(1885) 年、末松謙澄がロンドンで刊行した英文著書を『義経再興記』と題して翻訳、 ベストセラーとなる。 この本は源義経がジンギスカンになったという伝説を 燃え上がらせる導火線になった。 内田は在学中から塾生で一人、福沢諭吉の 国内旅行に随行するなど可愛がられるが、卒業後貿易を志し、中国、インド、 タイ、オーストラリアなどを漫遊、途中で病を得、帰国して療養するものの、 明治24(1891)年30歳の若さで亡くなる。 JR土讃線佃駅近くの公民館前 にある、内田の「臨死自記」と福沢の追悼文を刻んだ記念碑(『全集』別巻142 頁)を見学した。 内田家を継いだ古郷家のご当主や郷土史研究家を始め地元 の皆さんから、心尽くしの手打そばと丹精の菊花展による温かい歓迎を受けた。

 大歩危で舟下りを楽しみ昼食、松山自動車道を一路松山市へ。 たまたま四 百年祭という松山城にロープウェーで登る 。マドンナや坊ちゃんや警官の扮 装をした連中(アルバイトか)が観光客を迎えて、一緒に写真に入ったりして いたが、薄着で、おりからの寒波襲来に寒むそうだった。 わが国最古の温泉、 道後温泉の、漱石が「はじめての鮒屋泊りをしぐれけり」と詠んだ「ふなや」 に泊まる。 瀬戸内海に面して、新鮮な魚介類に恵まれた、ここの夕食はまこ とに結構だった。 前菜に丸十シロップ煮というのがあった。 丸十は薩摩芋、 自慢の鳴門金時だろう。 鯛飯は、鯛を乗せて炊くのではなく、始めから混ぜ 込んで炊くのだそうだ。 鯛と間八の刺身にも「すだち」が付いている。 私 が醤油に「すだち」を搾っているのを、隣に座った守田さんが見て、ご自分も 刺身に「すだち」をかけながら「すっぱくなりませんかね」と訊く。 即、答 える「すっぱいは成功のもと」。

「和歌山・高野山・白浜を訪ねる」(3)〔昔、書いた福沢114-3〕2019/09/21 07:01

               高野山・木の国

 10月22日(月)バスは関ケ原の戦いに敗れた真田昌幸・幸村親子の幽居の 地、九度山(くどやま)を経て、高野山への道を登る。 高野山は、真言宗の 開祖・空海(弘法大師)が弘仁7(816)年に開いて以来千二百年になる一大聖 地。 標高900メートル、東西6キロ、南北3キロの山上盆地に、人口3千3 百人、内千人がお坊さん、全町お寺の借地という。 高野山高校、高野山専修 学院、高野山大学がある。

  秋光やルーズソックス高野山

 大門前で交代した専門のガイドが、必ず落ちのつく名調子で案内する。 ま ず壇上伽藍で、派手な朱塗の根本大塔、葉が三本で財布に入れておくと金が貯 まるという三鈷(こ)の松などを見る。 総本山金剛峯寺をお詣りし、総持院 で精進料理の昼食をいただく。 白身のお刺身も、赤身のまぐろもコンニャク、 蒲焼はやまいも、肉の佃煮風はお麩を使い乾かしたものとか。

  茸飯折目正しき給仕僧

 時間の関係で、中の橋から奥の院参道に入る。 一番の巨木で樹齢7百年と いう老杉の木立の中、奥の院参道の両側にはズラリと20万基を超すという石 塔・墓石が並ぶ。 織田信長、明智光秀、武田信玄、上杉謙信、戦国武将・諸 大名が敵も味方も仲良く、各企業の供養塔や最近建てられた2億8千万円とか いう墓まで、諸行無常の趣がある。 奥の院の最奥には大師信仰の中心となる 聖地、弘法大師御廟がある。 灯明と香煙の絶えない拝所で、団体参拝の信者 の方々が一心に般若心経を唱えておられる姿には、心打たれるものがあった。

 高野山にいる間、幸い降っても小降りだった雨が、バスで白浜温泉へ出発す る頃から本格的な降りになった。 高野・龍神スカイラインの護摩壇山付近を 通過中、倉持幸一さんの「海瀬さんのお家は、高野山のあの大杉と同じく7百 年続いている」という見事な紹介で、この旅行で何かとお世話になった海瀬亀 太郎さんから林業のお話を聞く。 北海道や東北の森林に国有林が多いのにく らべ、関東や西日本では国有林が少ない。 和歌山県では山林面積で94・5% が、海瀬さん達の民有林なのだそうだ。 今、走っている道路の右側が和歌山 県、左側は奈良県なのだが、右側の山林は全部海瀬さんの所で管理していると 聞いて、びっくりする。 この道路からして、林道として開拓したものを、後 に和歌山県が道路に整備したものだそうだ。 森林は80年から100年という サイクルで育成する必要がある。 海瀬さんが今伐採しているのは四代前、曾 祖父に当たる方が植えたものだという。 そして四代後を考えて、木を植えて いかねばならない。 林業は昭和40年代から、国際的な自由競争にさらされ、 事業として成り立ちづらい状態が続いている。 しかし、山林は川の源流域に あり、水を安定的に流して行く「山づくり」が必要で、南方熊楠の「命あるも のが共生する」エコロジーの考え方からも、林業界だけでなく国民みんなの課 題なのだ。 福沢記念育林会「育林友の会」のことも紹介された。

  尾根の右「すべてわが山」ブナ黄葉

 雨の中、真っ暗になった道を、白浜のホテルに向けて、ひたすら下る。 な かなか着かない。 思えば和歌山県を縦断する距離なのだ。 途中、晴れてい れば星空を見るのに最適という場所もあり、東京では考えられない闇の連続だ。

「和歌山・高野山・白浜を訪ねる」(2)〔昔、書いた福沢114-2〕2019/09/20 06:57

         和歌山と福沢諭吉・慶應義塾

 地中海の港町を再現したという和歌山マリーナシティのロイヤルパインズホ テルに入る。 夕食前、和歌山県立文書館長の立花秀浩氏から「紀州藩の教学 と福沢諭吉」という講話を伺う。 紀州藩は第五代徳川吉宗を始め歴代藩主が 教育熱心で、大藩の実力をもって広く人材を求め、抱えては、藩の子弟の教育 に当らせてきた。 幕末、緒方洪庵の適塾から池田良輔、福沢の一年後輩に あたる山口良蔵、塩路(崖(きし)、岸)嘉一郎(山口と塩路は姻戚)を召し抱 えたことから、紀州と福沢の関係が出来た。 塩路と崖が同一人物であること が、講話前の立花氏と西川俊作常務理事との会話から判明したことは、この旅 行の一収穫だった。 福沢が江戸で福沢塾を開くと、紀州から入塾する者があ いつぎ、特に慶応2(1866)年には小泉信吉(のぶきち)、松山棟庵、和田義郎 (与四郎)、小川駒橘(こまきつ)、草郷(そうごう)清四郎ら11名が入塾し た。 明治5年に三宅米吉、明治7年に鎌田栄吉が慶應義塾に入った。 有田 (ありだ)郡の醤油醸造業者で、抜擢され紀州藩の政治、教育の中枢を担った 浜口梧陵(儀兵衛)は、明治3年松山棟庵の協力を得て洋学校共立学舎を開校 する。 この時、福沢の招聘を図ったが、福沢は受けなかった。

 なお、醤油は有田に近い湯浅が発祥の地で、紀州の漁師が醤油で魚を食べる 風習を、いわし(金肥と呼ばれた肥料用)漁で出かけた千葉に伝えたのが、千 葉の醤油業の始まりで(浜口家は元禄期に銚子へ進出、現・ヤマサ醤油)、西川 さんの補足によれば浜口梧陵は後に醤油をアメリカに輸出し、世界一周の途中 ニューヨークで客死した。 醤油と、刺身や江戸前寿司の関係なども、興味深 いものがある。

 このように慶應の紀州出身者たちは、小泉信吉(塾長、その子信三も)、松山 棟庵(医学所校長)、和田義郎(幼稚舎の創立者)、鎌田栄吉(塾長)、草郷清四 郎(塾監)など、初期の慶應義塾で重要な役割を果した上、小川駒橘(湯川秀 樹の祖父)、三宅米吉(歴史学者、考古学の先駆)も加え、いろいろな分野で近 代日本の形成に貢献したのであった。 立花秀浩氏は、この和歌山と慶應義塾 の関係を、和歌山の人々にもっと知ってもらい、これからもさらに深めていき たいと、講話を締めくくった。 ホテルのディナーはイタリア料理で、質量と もに結構だった。