「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」2017/10/19 07:13

 大竹しのぶの名前は、マタイによる福音書10章13節の「最後まで耐え忍ぶ 者は救われる」から、父・大竹章雄がつけた。 しのぶの妹が生まれ、章雄と 江すてるは、5人の子に恵まれたが、昭和38(1963)年章雄が結核に倒れる。  (ウィキペディアの「大竹しのぶ」には、父は旧制工業高校(現・東北大学工 学部出身)で東京電力に勤めていたとある。) 一家は空気のよい場所を求めて、 秩父山地の麓、埼玉県越生(おごせ)町に引っ越し、しのぶが小学校に入った。  体調が回復すると、章雄は高校の教師となり、数学と倫理を教えた。 番組で 当時の教え子たちは、優しくて一緒にいて落ち着く先生だった、卒業後も交流 があり、人生の教訓を添えた手紙をもらった、などと語っていた。 しかし昭 和42(1967)年、結核が悪化し、教師を辞めざるを得なくなる。 一家は埼 玉県毛呂山に移り、章雄は結核病棟に入院した。 一家の暮しは、すべて母・ 江すてるにかかることになり、パン屋で働きながら、家政婦や子守をして家計 を支えた。 しのぶは、給食費を集める学級委員をしていたが、自分はいつも 遅れていたと語っていた。 一家は、ある家の敷地にあった木造の物置に暮し ていた。 父の章雄は、入退院の合間に家に戻ってくると、夕食の後、デザー トの時間だと子供たちをよく外に連れ出し、川のせせらぎ、鳥やカジカの声を、 目を瞑って味わわせた。 少し回復して仕事を探すが、60近くなって見つけた のは溶接工場の仕事だった。 元教師に溶接などはできず、ペンキ塗りなどし たという。 一向に楽にならない暮しに、江すてるは東京へ出る決断をする。

 昭和46(1971)年、しのぶが中学2年の時、一家は東京小岩に越し、会社 の社宅に住み込み、母は昼は社員食堂の賄い、夜は経営者の家の家政婦をし、 父は倉庫番として働いた。 子育てが一段落し、長女と次女が結婚する。 昭 和50(1975)年、しのぶが18歳で浦山桐郎監督の映画『青春の門』のヒロイ ン役で本格的なデビューを果たす。 その頃、父章雄は胃がんに侵されている ことがわかり、しのぶの出演するドラマを見ることを楽しみにしつつ、亡くな った。 長女は亡くなった父が同僚に、釜石に残した子供たちへの伝言を頼ん でいたことを知る。 一家は、その子供たちと会うことになる。

 江すてるさんは94歳になる。 大竹しのぶさんが朝日新聞に連載している 「まあ、いいか」にも、たびたび登場する。 4人の姉妹は、苦労を重ね、頑 張って育ててくれた母の姿をずっと見てきた。 家族が集まると、江すてるさ んは決まって「私は日本一幸せなおばあさんです」と言うそうだ。

 写真を見ると、江すてるさんという方、一度見たら忘れられないお顔をして いる。 私が等々力に住んでいた頃、近くに大竹しのぶさんが服部晴治さんと 住んでいたので、江すてるさんをお見かけしたような憶えがあるのだが…。

大竹しのぶ『ファミリー・ヒストリー』の強烈2017/10/18 06:39

 大竹しのぶさんの『ファミリー・ヒストリー』(2017.1.26.)で、強く印象に 残ったのは、祖母(母・江すてるさんの母)八重に関連して、幸徳秋水、小山 内薫、内村鑑三の名前が出たことだった。 八重は、麹町の家具屋に生れ、女 学校を出て女子英学塾(のちの津田塾大学)に進学した。 聖書講談会で内村 鑑三に師事して、小山内薫や山内権次郎らと知り合う。 小山内薫の自叙伝小 説『背教者』は、内村鑑三の元を離れることを描いているが、八重をモデルに した周囲を首ったけにする女性・絹子が登場する。 社会主義に目覚めた山内 権次郎と惹かれ合った八重は、幸徳秋水とも親しくなる。 幸徳秋水は、『万朝 報』の記者として日露戦争の非戦論を主張したが、開戦前に退社し堺利彦と平 民社を起こして、『平民新聞』(週刊)を創刊した。 明治38(1905)年筆禍 事件で投獄された後、平民社を解散し、アメリカに渡った。 平民社に勤めて いたらしい山内権次郎との子を身ごもっていた八重は、山内とともに幸徳と一 緒に渡米し、サンフランシスコで敏子を出産した。 敏子の名は、平民社サン フランシスコ支部の創設者、岡繁樹の妻の名をもらった。 彼らは社会主義の 活動をしていたが、日系人の増加による排斥運動が高まっていて、彼らの運動 は迷惑でしかなかった。 幸徳秋水は社会革命党を結成したが、当時の写真に 八重の姿がある。 八重を含む彼らの行動は、外務省のスパイによって監視さ れていたらしい。 渡米から2年後、夫の山内権次郎がチフスで亡くなり、八 重は敏子とともに帰国した。 夫の実家に身を寄せたが、敏子を置いて出てい くように言われる。 敏子は、そこで育ち横浜の実業家と結婚して、5人の子 を育てた。 八重は山内家を出た後、鈴木という人と二度目の結婚をし、男児 を生んだが、その夫と男児とも別れている。 大竹しのぶは「再開スペシャル」 で、その男児の子二人と会い、「えくぼ」が似ていると言い合った。

 二人の子供と生き別れた八重は、大正4(1915)年30歳の時、4歳年上の吉 川一水と結婚する。 大竹しのぶの祖父となる人である。 吉川一水は、19歳 の時、内村鑑三の聖書講談会で八重と出会っていた。 一水は教会に属さない 無教会派として清貧と非戦を訴えた宗教家だった。 翌年、長男が生まれ、仙 台に移ってキリスト教系女学校で教鞭を取る。 大正11(1922)年、しのぶの 母になる江すてるが生まれる。 その名は聖書エステル記の主人公、民衆のた めに尽す娘からとった。 仙台に来て6年後、一水は教師を辞め、布教活動に 専念することにして、東京に戻る。 小さな家を借り、聖書の講談会を始めた が、収入はほとんどなかった。 昭和15(1940)年、各教派に分かれていた 教会は統合され、戦争協力を余儀なくされた。 キリスト教信者への監視が厳 しくなり、反戦分子と冷たい目が向けられ、講談会を続ける一水のところには しばしば憲兵が来ていた。 その講談会を熱心に聴きに来ていた大竹章雄とい う青年がいた。 後に、しのぶの父になる人だ。

 大竹章雄の先祖は新潟県長岡の近くで、「大竹様」と呼ばれる庄屋で、江戸中 期の与茂七は繰り返される川の氾濫と戦い、地域が豊かな米どころになること に努めたが、近隣の村の庄屋達の嫉妬で濡れ衣を着せられ獄門となったので、 地域の人は今でも与茂七を慕い、お盆にはその霊を慰めている。 明治になっ て章雄の祖父・国司は、塩釜に移り医者になる。 章雄は明治44(1911)年生 れ、7歳の時に父を病で失い、母が質屋をして生計を立てた。 昭和12(1937) 年、章雄は25歳で遠縁の娘と結婚、男の子が生まれた。 章雄は日中戦争で 召集され、ソ連との国境地帯に配属された。 戦地から帰還した章雄は、キリ スト教の信仰に傾倒して、母や妻子との溝が深まり、塩釜を出て、川崎の会社 に勤めるようになった。 そこで吉川一水の聖書講談会に通うようになり、そ の娘の江すてると終戦の3年後、大井町で生活するようになる。 長女、長男、 次女が生まれた。 一水は終戦の翌年、昭和27(1952)年には八重が66歳で 亡くなった。 その5年後の昭和32(1957)年7月17日、三女・大竹しのぶ が誕生する。

再開された『ファミリー・ヒストリー』2017/10/17 07:12

 10月からNHK総合テレビの『ファミリー・ヒストリー』の放送が再開され た。 西田敏行さんと、iPS細胞でノーベル賞の山中伸弥さんの両方を見て、 どちらも最後は涙になってしまった。 その前、9月27日に「再開スペシャル」 という予告編があった。 2008年10月11日の第1回放送はルー・大柴さん だったそうだが、それは見ていなかった。 明治22年生まれの祖父はハルビ ンで満州一の前田時計宝石店を経営していたが、敗戦でソ連兵に真っ先に荒ら されたという。 角地に建つその大きなビルは、今は書店になっていた。

 過去の放送で、反響の大きかったものとして、浅野忠信さん(2011.8.3.)、 桂文枝さん(2013.11.15.)、大竹しのぶさん(2017.1.26.)の回を取り上げ、 番組その後を紹介していた。 桂文枝さんと、大竹しのぶさんの回は、私も強 く印象に残っていた。 福澤武さんの『私の履歴書』について書いていた時に、 終戦前後の結核と家庭<小人閑居日記 2016.5.13.>で、その桂文枝さんと、 坂口憲二さんのケースを紹介している。

 浅野忠信さんの祖父がアメリカ人だというのは知らなかった。 軍人で帰国 し、母順子さんが4歳の時に生き別れとなっていたが、1992年に亡くなったら、 小さな順子さんの写真を身に着けていたという。 祖父はオランダ系で、アメ リカに移民して大工から農業になったルーツをたどると、オランダに子孫達が いて、日本に有名な俳優の親戚がいることに驚き、会いたいと言っていた。

 最近も『ファミリー・ヒストリー』から、このブログで、下記を書いていた。

市川猿之助の「ファミリー・ヒストリー」<小人閑居日記 2017.4.14.>

オノ・ヨーコの祖父母、小野英二郎と鶴<小人閑居日記 2017.8.23.>

小野ファミリーのミッション(使命)<小人閑居日記 2017.8.24.>

 「再開スペシャル」では『ファミリー・ヒストリー』の調査の方法について も触れていた。 (1)戸籍→家系図。 (2)軍歴。陸軍は都道府県に、海軍 は労働厚生省に資料がある。 (3)新聞。 (4)学校。 (5)写真や映像。

 番組を見ていると、『日曜美術館』などでも感じることだが、外国の資料・記録の保存、ファイリングが素晴しい。 日本の資料・記録の整理保存の、何と お粗末なことか。 調査探求は、さぞや大変なことだろう。 最近の森友学園 問題で、財務省が国有地払い下げに関する交渉記録を破棄したと言っているの に、端的に現れているように、根本的な認識不足があるように思われる。

『R.S.ヴィラセニョール』<等々力短信 第1099号 2017.9.25.>2017/09/25 07:01

 夕方TBSテレビのニュース番組「Nスタ」を見ていると、井上貴博アナの左 右に国山ハセン、ホラン千秋が並んでいる。 ハーフのアナウンサーやタレン トが多くなったなと思う。 滝川クリステル、葉山エレーヌ、加藤シルビア、 政井マヤ、ローラ、ベッキー、トリンドル玲奈。 スポーツでも、高安、御嶽 海、ダルビッシュ有、オコエ瑠偉、山崎康晃、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウ ン。 昔は混血と言っていたが、あまり聞かなくなったのは、差別語の匂いが するからなのだろうか。 百科事典で「混血」「混血児」を見たら、「雑種強勢 という点からみれば、混血児は両親のそれぞれすぐれた形質を受ける可能性が 強い」とあった。 近代の西欧諸国の植民地支配が世界的に拡大した結果、白 人と黒人の間のムラート、白人とインディオの間のメスティソ、白人とインド 人の間のユーラシアン、西インド諸島のクレオールなどが生じた、ともあった。

 乙川優三郎さんの『R.S.ヴィラセニョール』(新潮社)の主人公レイは、メス ティソ(混血)だった。 母は市東(しとう)君枝、父リオはイロカノ族のフ ィリピン人だ。 リオは母や弟妹を養うためにダンサーとして日本に来て、ホ テル経営者の娘君枝と知り合って結婚した。 レイは、東京月島で育ち、大学 で染色の技法を学び、新宿区中井の江戸更紗の老舗に勤めた後、千葉の御宿海 岸に型染めの工房を持った。 美しい色と形を求めて、図案の発想も色彩も自 由になる、型染めと手描きを組み合わせ、いつか日本人が驚くような日本を染 めてみせるのだと思うのは、父の血かもしれなかった。

 御宿で草木染をしているロベルトと知り合った。 彼もメキシコから母の国 にやって来たメスティソで、日本の色を染めて、染織家や組紐屋へ納めている。  二人は互いに協力するようになり、レイはロベルトの染液で染めた真紅の羽尺 (羽織になるほどの反物、約9m)「母国」を工芸展に出品する。 売り込みを した銀座の老舗呉服店からも、レイの図案の試作を頼まれた。 そんな時期に、 大腸癌を抗癌剤治療中の父のリオが、半月のフィリピンへの帰郷を言い出す。  父は危険だからと母を一度も故郷へ連れて行ったことがなく、今回もそうだっ た。 父は体調を崩し、予定より早く帰国した。

 レイは工芸展で受賞。 死の近い父が、また故郷へ行きたがる。 リオのお かげで弁護士になった弟のフェルが来日、レイに重大な秘密を打ち明ける。 新 聞記者だった兄弟の父親は、マルコスの不正を追及し、妻を誘拐されて新聞社 を辞めたが、マルコスが大統領になって戒厳令を布くと、警察軍に連行され、 虐殺された。 一家の目的は復讐にあった。 私は、この真紅の本で初めて、 フィリピン現代史、アメリカとの関係、マルコスの利権と国家権力の掌握、暗 黒恐怖政治の実態を知ったのだった。

「温水路」と江戸の絶景・象潟2017/09/25 06:59

 『新日本風土記』「鳥海山」で、もう一つ初めて知ったのが、「温水路」のこ とだった。 秋田県にかほ市の小滝地区、5月2日に田圃に「水入れ」を行な っていた。 鳥海山の冷たい雪解水や湧水を、階段状の6キロメートルの「温 水路」を通すことによって、やさしい水に変える。 階段で空気を混ぜ、3~6℃ 水温が上がるのだそうだ。 以前は、「水ぬるめ」の田圃と言って、一番上の田 圃一枚に稲を植えず犠牲にして、水を温めていたという。 昭和2年から、村 人たちが鳥海山の溶岩を積み上げて「温水路」を作り始め、完成したのは昭和 32年だった。 「温水路」によって、米の収量は3割増えたそうだ。

 ネットで探したら、「日本初の温水路」[秋田県にかほ市象潟町上郷地区]と いうのがあって、小滝温水路の写真や、長岡地区に始まり、大森、水岡、小滝、 象潟の温水路が出来た事情の詳細を見ることが出来た。

http://www.pref.akita.lg.jp/uploads/public/archive_0000003874_00/onnsuiro.pdf

 象潟(きさがた)は、松尾芭蕉『奥の細道』の<象潟や雨に西施がねぶの花 >の句で知られるように、昔は入江で八十八潟九十九島(つくもじま)といわ れた「鳥海山」噴火の「溶岩の島」、松島とともに奥羽の二大景勝地だったが、 1804(文化元)年の象潟大地震で隆起し、陸地となった。 『新日本風土記』 「鳥海山」では、象潟で田圃の広がる中に、松の生えた旧九十九島が点在する 風景を、代々守っている方が登場した。 田植えが終わった時期は、水に浮ぶ 九十九島、江戸の絶景が蘇る、その背景にはまだ雪の残る「鳥海山」があった。

 にかほ市の観光案内に写真等があったが、天然記念物 九十九島(クジュウク シマ)という読み方になっていた。 はてな!

http://www.nikaho-kanko.jp/pwm/area-5.html