山オンチの見る「日本三百名山全山人力踏破」2020/09/22 07:03

 前にも書いたが、朝、BSプレミアムで朝ドラ『エール』を見て、火野正平の「にっぽん縦断 こころ旅」を見る。 コロナの関係で、「にっぽん縦断 こころ旅」の収録が進まなかったのだろう、21日の再開までは、「グレートトラバース3~日本三百名山全山人力踏破~」をやっていた。 プロアドベンチャーレーサーの田中陽希(ようき)さん(1983年生れ)という人が、2018年1月2日の屋久島の宮之浦岳をスタートに、3年かけて、南から北へ、日本三百名山全山を自らの力だけで登り、交通機関や車は使わず、海峡はシーカヤックで渡る、総移動距離1万キロを超す、前代未聞「一筆書き」の大冒険だ。 現在は、9月16日に274番目の岩木山に登頂したところだ。

 8月、9月の番組では、2018年秋の立山から、槍、穂高、御嶽などの飛騨山脈の山々を登っていた。 山登りなどしたことがなく歳を取ったので、知らないことが多かった。

 まず、山の名前が読めない。 というより、読んでも間違っている。 川上岳、下呂市と高山市にまたがる1625mは、「かわかみだけ」でなく「かわれだけ」。 大天井岳(2922m)は、「おおてんじょうだけ」でなく「おてんしょうだけ」。 鷲羽岳(2924m)は、「わしゅうだけ」でなく「わしばだけ」。 川上岳と同じ日にやった位山(1529m)は、「くらいやま」でいいのだが、上代、この山のイチイの木が笏(しゃく)材に賞用されたので、位を賜って一位の木と称し、山を位山といったと伝わっている。

 さらに、北アルプスが飛騨山脈で、木曽山脈が中央アルプス、赤石山脈が南アルプスというのも知らなかった。 飛騨・木曽・赤石の三山脈を総称して「日本アルプス」と命名したのは、1881(明治14)年、イギリス人ガウランド(W.Gowland 1842-1922)で、ウェストン・小島烏水によって呼称として定着したそうだ。

 第一に驚くのは、登山道がよく整備されていることだ。 縦走路が切り拓かれていて、草刈などもなされている。 ごくたまに整備されていないところがあると、藪になっていて枝を払いのけながら進まなくてはならなくなる。 木道やはしご、掛け橋、岩場の「鎖場」と称するところの鎖やロープは、いったい誰が最初に、材料を担ぎ上げ、設置したのだろうか。 維持管理も必要だろう。 気の遠くなるような作業量と努力だ。 地元の山岳会や有志、ガイド団体、山小屋の経営者の奉仕などが考えられる。 国有林では林野庁が管理しているところもあるらしいが、自治体の関わりもあるのだろうか。 また、コースを外れないよう、岩に〇や×、木の枝にピンクのテープなども、つけてある(「マーキング」というそうだ)。

覚慶(足利義昭)の救出と上洛援助の働きかけ2020/09/08 07:14

 あらためて、立花京子さんの『信長と十字架』(集英社新書)をパラパラやっていたら、ちょうど再開大河ドラマ『麒麟がくる』の第22回「京都よりの使者」(脚本が池端俊作でなく前川洋一)に出て来た覚慶(足利義昭)のことが、詳しく書かれていた。 大河ドラマは、6日放送予定の第23回「義輝、夏の終わりに」が台風10号のために放送中止になったので、その後、どういう展開になるかわからないけれど…。

 永禄8(1565)年5月19日、室町幕府十三代将軍の足利義輝は、宿敵三好三人衆(三好日向守長逸(ながゆき)・岩成主税助友通・三好下野守政康)と松永久秀の軍勢に邸宅を囲まれ、必死の応戦むなしく自刃した。 室(奥方)はかろうじて逃げたが、母の慶寿院は、同時に殺害され、義輝末弟の鹿苑寺周暠(しゅうこう)も謀殺された。

 義輝の次弟で、奈良興福寺の一乗院門跡として覚慶を名乗っていた義秋(義昭)は、松永久秀の監視下で一乗院に幽閉状態におかれ、いつ殺害されるやも知れぬ危険な状況にあった。 そのとき、覚慶を一乗院から救出したのは、義輝の異母兄弟といわれている細川藤孝(後、幽斎)と、義輝の元奉公衆であった甲賀の土豪、和田伊賀守惟政(これまさ)であった。 細川家の家史である「細川家記」を基にして編纂された『綿考輯録』によれば、覚慶が、藤孝宛ての書状で病であることを述べたのを幸いに、藤孝は、学友であり医術の心得のある米田求政を一乗院におもむかせた。 覚慶に対面した求政は、頃合をはかり、番人に酒を飲ませて油断させ、覚慶を背負って塀を乗り越え、春日山で待ちうけていた藤孝と合流した。 藤孝は、惟政の案内で、覚慶を和田館に入れた。 このとき、大覚寺義俊(近衛稙家(たねいえ)の弟)や一色藤長も、覚慶のために積極的に行動した。 大覚寺義俊は、義輝・覚慶の母、慶寿院の兄弟であり、一色藤長は、義輝奉公衆である。 このように、義輝近親者が中心となって、覚慶救出が実現された。 実は、この他に、朝倉義景が、義俊と久秀に救出の相談をしていたという。

 この時期の政治情勢については、和田惟政の後裔の家に伝わる「和田家文書」から、さらに多くの情報が得られる。 まず、惟政が覚慶に脱出を誘い、後難を恐れてためらう覚慶を説得した。 覚慶が、細川藤孝に相談せよ、と告げたので、惟政は藤孝に連絡を取り、永禄8(1565)年6月10日(実際は7月28日)に、和田館にむかえ入れたという。

 8月5日には、覚慶は、母方の伯(叔)父である大覚寺義俊の副状とともに、上杉輝虎(謙信)に宛てて、友好関係を是非よろしく頼むという書状(「上杉家文書」)を送っている。 それを皮切りとして、藤孝・惟政・義俊は、覚慶の上洛援助を諸大名に働きかけた。 「和田家文書」で確認される大名だけでも、朝倉義景(越前)、畠山尚誠(なおのぶ・河内)、上杉輝虎(越後)、松平家康(徳川、三河)、織田信長(尾張)、六角承禎(じょうてい、近江)という面々に、惟政らは書状を出していた。

 覚慶は、これらのなかで上杉輝虎にもっとも期待していたが、輝虎は関東の北条氏との確執に関心を払う必要から、覚慶の命に応ぜられず、覚慶の期待は、徐々に信長に傾いていく。

城とビジョンの違いから「本能寺の変」へ2020/08/09 07:08

 つづいて番組は、千田嘉博さんが、光秀が4年かけて攻略し、自身の城にした黒井城(丹波市)へ行く。 城跡に登ると、四方八方が見渡せ、敵の動きを見るのにベストの高さだとわかる。 壮大な石垣が、城下町からもよく見え、城が見せるための新しいシンボルになっている。 都市的な空間が生まれ、街道を結ぶネットワークを構築している。 光秀は「本能寺の変」の3年前から、4つの連続した外桝形をつくる防御設計をしていた。

 光秀が天正7~9(1579~1581)年に築いた周山(しゅうざん)城(京都市右京区京北周山町)は最後の城。 急登の上に石垣、井戸跡、本丸がある。 航空レーザー測量などで、東西1.3キロ、南北0.7キロ、山城としては破格の大きさだ。 天守の造りが奇妙で中心の四角いものだけでなく、尾根の上にいくつかに分かれて曲輪(家臣屋敷)が独立した城になっている、並立的な構造とわかる。 強い家臣団だった。

 大津市の西教寺は、明智家の菩提寺で、妻煕子(細川ガラシャの母)の墓がある。 光秀が、戦で討ち死にした家臣18人の供養米を寄進した書状が残っている。 身分に関係なく、全員、同じ量の米で、それぞれの命日を記し、こまかいところまで配慮する、すべてを見通した方だった、と住職。

 信長と光秀、それぞれに違う城は、違う世の中を目指していたビジョンの違いを表している。 大名が絶対頂点の城。 それは行き過ぎで、大名と家臣の適切な関係、みんなが意見が言えるような関係、そんな世の中がいい。 目指す社会の選択、国のあり方の違いには、討たざるを得ない必然があったのではないか。 天正10年6月2日、「本能寺の変」は起こった。

領主光秀の優しさ、信長への我慢の限界2020/08/08 07:03

 番組は続いて、小和田哲男さんが領主光秀の姿に迫る。 京都北部福知山市の福知山城、三層の天守、石垣の斜めの線の右側は光秀時代のもので、よく見ると、所々で石塔、石仏、墓石などを逆さまにして、使っている。 その謎を考えていく。 小和田さんは、光秀の城だけでなく、城下町を守る、領民への思いが、表れているのではないかという。

 城と町のつくり方は、町全体を川や堀で囲む総構えになっている。 氾濫多発の由良川が、城のところで直角に曲がっているが、そこに明智藪と呼ばれる堤防をつくった。 福知山は、若狭湾に至る物流の拠点だった。 町人町を自然堤防の上に、武家町を湿地帯に配した高低差が見られるが、町の繁栄発展のために、領民を思う気持が表れている。 「本能寺の変」後に創建された、光秀を祀る御霊神社に古文書「明智日向守祠堂記」がある。 住民の税を免除する善政を布いて、町は大きく発展した、と。 石塔、石仏、墓石の逆さま使用の謎を、小和田さんは、穢れ(ケガレ)の逆転で、聖なるモノになるのでは、と考える。 領民を安寧に導くというのは、信長とは違う考え方だ。 安土城は、領民を守ろうとするものではなかった。 光秀は優しい、住民たちのために城と町がある。 そうした考え方の違い、我慢の限界が「本能寺の変」となったのではないか、と小和田哲男さんは話した。

信長の安土城と、光秀の坂本城2020/08/07 07:09

 6月5日にBSプレミアムで放送された「絶対行きたくなる! ニッポン不滅の名城 明智光秀の城」という番組を録画していたのを忘れていた(もともと2019年12月28日放送)。 城郭考古学者の千田嘉博さんと、『麒麟がくる』の時代考証を担当した歴史学者の小和田哲男さんが現地を歩く。 明智光秀と織田信長、二人の造った城を見れば、千田さんは二人の関係がこじれていった「本能寺の変」の真相が分かる、小和田さんは二人の領民に対する考え方の違いが見えてくるという。 明智光秀は、謀反人か、新しい世を開こうとした名将か。

 千田嘉博さんが、まず信長の安土城(近江八幡市)、高さ199mに登る。 180mの大手道が山腹に伸びる、両脇に家臣の屋敷があった、途中、摠見寺の二王門と三重塔が当時の姿を伝えている(これは全く知らなかった。信長の自己神格化、摠見寺建立<小人閑居日記 2020.7.31.>参照)。 一段の奥行が長い階段は急で、安土城は山城だとわかる。 圧倒的な石垣が、城全体を囲む、技術の限界という。 土造りの中世的な城から、石垣を持った江戸時代の城へのターニングポイントになった城。 天主(と表記していた)の石垣は高さ20m、自然石を積み上げた高度な技術で、家臣が分担して工事したから、光秀の手掛けたものもあったろう。 天主は30m、金箔瓦や鯱、当時瓦は寺院等に使われただけで城には使われていなかった。 安土城は城郭革命であった。

 千田さんは次に、光秀の造った琵琶湖畔の坂本城跡(大津市)を訪ねる。 実は坂本城、安土城より前に、そこで城郭革命が始まっていた。 ルイス・フロイスは、坂本城の豪壮華麗さは信長の安土城に次ぎ、こんな有名なものは天下にない、と書いている。 本丸跡は、平成6(1994)年の琵琶湖渇水時に発掘調査が行われ、胴木の上に積んだ34mの天守の石垣、舟入(安土に渡る船着場)の石積みが確認され、全国に先駆けた石垣の城だったと判明した。 見事な龍の鬼瓦、軒丸瓦(三つ巴文)も出土した。 坂本は、山岳寺院である比叡山の門前町で、城下のいたるところに石垣がある。 安土城と同じ、職人の技術だ。 坂本は、門前町であると同時に港町、陸上交通の要衝であり、商業都市だった。 光秀は、比叡山延暦寺に代わって、この地を掌握、坂本城は新しい時代をつくるための城だった。 信長の安土城も、光秀の坂本城も、そうした革新的な城であった。