真打昇進と「噺家人生計画」の挫折2017/08/10 07:07

新人落語コンクールの後、師匠小さんの推薦でNHKテレビの新番組「お達 者くらぶ」の出演が決まった。 講談師の神田山陽先生とコンビで「当世あま から問答」、落語と同じご隠居とそこへ遊びに来る若い衆、ニュースがわからな いと専門家の先生に教えを請う。 宇野千代さん、楠本憲吉さん、倉嶋厚さん、 どういうわけかかわいがってくれて目白台のお宅まで飲みに伺っていたのが、 ドイツ文学者で横綱審議会委員長だった生粋の江戸っ子、高橋義孝先生。 「お 達者くらぶ」は、相方が神田山陽先生から「男はつらいよ」の「とらや」のお ばちゃん、女優の三崎千恵子さんに代って8年続き、数百人の先生が寄ってた かって、何も知らない若手噺家に世の中の森羅万象をたたき込んでくれた。 そ れがどれだけ身についたかは……、いつか高座でね。

カミサン、智子夫人の内助の功の台本ができると、歩きながらブツブツとし ゃべる。 家を出て公園を突っ切り、どこまでも歩く。 次は噺の分析。 ど こがポイントか、無駄はないか。 稽古百遍。 登場人物が演者の下を離れて 自在に動き出したら、噺に肉付けをする。 目の位置、仕草、声の張り方。 家 から一番近い池袋演芸場、改装前は夜席のみの興行、開場前に支配人に鍵を開 けてもらい、照明も冷房もつけず、ステテコ姿で無人の客席に向かって、稽古 した。 噺家を長くやってりゃ、しくじることも、客に蹴られる(ウケない) こともある。 そんな時、心の支えになるのは「俺はあんなに稽古してるんだ」 という事実だけなんだ。 高座に完璧なんてないことを、権太楼は稽古から学 んだ。

1980(昭和55)年春、小朝さんが先輩を36人抜いて、真打に昇進した。 そ れを追い、2年後の1982(昭和55)年秋、18人抜きで念願の真打に昇進、三 代目柳家権太楼を襲名し、全力疾走で50日間の披露興行をこなした。 35歳 だったから、ひそかに「噺家人生長期計画」を立てた。 10年単位で、まず「権 太楼落語」を作る。 「反対俥」で満足せず、「芝浜」「文七元結」「らくだ」な どの大ネタに挑戦する。 次の45歳からの10年で、「権太楼は面白いぞ」と 世間に知ってもらう。 55歳からの10年は、完成品に仕上げる時期。 65歳 からの最終チェックが済めば、70歳以降は「権太楼落語」から入る「年金」で 悠々自適。

披露興行では「くしゃみ講釈」「大工調べ」など爆笑ネタでウケていたが、す ぐ鈴本から裏が返った(次の依頼)ので、上方の人情噺「たちきり」で勝負し た。 学生時代、桂小文枝(後の五代目文枝)師匠の「たちきり」で号泣した のが忘れられなかったからだ。 終演後、寄席の階段を降りて行くと、若いカ ップルの男の子が謝っている、「権太楼は本当は面白いヤツなんだよ。こんな泣 かせる噺で。ゴメンゴメン」 面白落語で売ってる俺が、客のことも考えず、 人情噺で悦に入ってた。 そんなのプロじゃないよな。 自信満々でこしらえ た「長期計画」は、第一歩でずっこけた。 「たちきり」は封印、これから10 年かけて人情噺もできる「体」を作っていく。 それが「第1期10年計画」 なのだから。 爆笑落語の原点に戻った柳家権太楼は、上方落語の大物に注目 することになる。 それは、また明日。

順風満帆ではなかった噺家人生2017/08/09 07:06

 柳家権太楼の噺家人生は、けして順風満帆というものではなかった。 落語 界は60年代から入門者が急増、楽屋には前座があふれ、新規の弟子は楽屋に 入れてもらえず、「前座見習い」として前座枠が空くのを待つ、順番待ちが3 年といわれた。 毎朝、師匠宅へ行って掃除や雑用をし、ご飯をいただくと、 もうやることがない。 昼はデパート屋上の歌謡ショーや結婚式の司会、スー パーで主婦を相手にラジオの生放送、夜はキャバレーの余興。 そしてイベン トの司会、ラジオやテレビのリポーター。 営業は全力でやったから、とぎれ ることなく仕事が来る。 アルバイトのお陰で小遣いには困らないけれど、前 座になってから、落語協会の理事会で「ワースト前座」の三人に入った。 理 由は「寄席に来ないから」。 あと二人は、春風亭小朝さんと、三遊亭楽太郎(現 円楽)さん。

 師匠柳家つばめが亡くなって、素直に小さん門下に入る気にはなれなかった。  喪失感が重く大きくのしかかってきて、自由勝手な噺家生活を満喫してきてい たから、初めて壁にぶち当たった。 小さんは優しかった、何か仕事があると、 他の直弟子を差し置いても「一緒に来い」と声をかけてくれた。 1975(昭和 50)年秋、二ツ目に昇進、柳家さん光になったけれど、「あいつはタレント、 落語なんてできないよ」とレッテルを貼られて、老舗のホール落語会や地方の 有力落語会、全国を巡回する学校公演など「落語だけの仕事」には使ってもら えない。 二ツ目の2年目、3年目も悪循環が続く。

 気がついたら、タレント業でも落語でも、仕事がなくなっていた。 3歳に なる娘と散歩に出たら、神社の前で熱心に拝んでいる。 「あの子は信心深い ね」と、カミサンに話したら、「違うのよ。あたしが毎日、あの子を連れて「パ パに仕事が来ますように」ってお参りしていたの」 ショックを受けて、その 足で新宿末広亭の「深夜寄席」へ行き、「落語をやらせてくれ」と二ツ目仲間に 頭を下げた。 そして黙々と高座に上がり続けることになる。 1978(昭和53) 年6月、噺家さん光の、第二のデビューだった。

 当時の得意ネタは「反対俥(ぐるま)」。 力を試す機会は、意外に早くやっ て来た。 その年の9月、NHK新人落語コンクールに出場が決まり、決勝の6 人に残った。 「敵」は同期の二ツ目、本命の春風亭小朝さん、渾身の「反対 俥」に客席は沸きに沸いたが、結果は小朝さんが下馬評通りの最優秀賞、さん 光は次の優秀賞、不満だった。 1か月後の放送で、初めて小朝さんの「稽古 屋」を見た。 自分が審査員でも、この人に入れる。 華がある、色気がある、 口調もいい。 完敗を認めたら、不思議とさわやかな気分だった。

 放送後まもなく、浅草演芸ホールが番組後半の重要な出番に起用してくれ、 上野鈴本演芸場からも声がかかる。 「お前の落語、面白いよ」やっと、皆が 気づいてくれた。 それまで年間60席だった寄席の出番が、月間60席に急増。  一時なくなっていたタレント仕事も、落語で認められたら戻ってきた。 この 年、柳家さん光、のちの柳家権太楼は「大化け」した。

築地場外市場の火事2017/08/05 07:12

 3日夕方から、築地場外市場が火事になった。 5日前の29日に行ったばか りだったので、びっくりした。 たまたま日本テレビのnews everyをつけた ら、藤井貴彦アナが画面を見ながら実況中継をしている。 29日は浜離宮朝日 ホールを出て、新大橋通り(もんぜき通り)に回り込み、新喜楽の前の信号を 渡って、火事になったアーケードを通って、いったん晴海通りの交差点まで行 った。 3時頃だったか、ほとんどの店は閉まっていたが、海鮮丼の店がわず かに営業していた。 ラーメン店「井上」は閉まっていたと思う。 晴海通り の勝鬨橋寄りに、新しい場外市場のビルが出来たと聞いていたので、見に行っ たが、閉まっていたので、元の場外市場の築地横丁に戻った。 数軒の店がま だ開いていた。 斎藤水産でマグロと湯引きのハモを買い、築地横丁を晴海通 りへ出たので、テレビのニユースで一番に燃えていた料理道具の「大野屋」や、 角の庖丁の「有次」の前を通ったのだった。

 日本テレビは現場に近いこともあって、新大橋通りの反対側のカメラと、ヘ リコプターからの映像を流していた。 発生は4時50分頃、直後の投稿動画 も織り交ぜる。 築地場外市場にお寺(圓正寺、称揚寺)があることは知って いたが、「大野屋」の裏手にお墓があることを、ヘリコプターからの映像で初め て知った。 消防士が墓場から水をかけている。 もともとこの一帯は、お寺 の境内だったのだろう。 消防自動車などは沢山(63台)出動しているが、ほ とんどが新大橋通りに並び、細い道には入れない。 はしご車からの放水も始 まった。

 炎や黒い煙が放水によって、いったんは白い煙になるのだが、それがすぐに 鎮火ということにはならない。 また、炎や黒い煙が出始める。 岡目八目、 テレビ画面のヘリコプター映像で見ていると、気づくことがある。 消防の指 令は、ヘリコプターかドローンの映像や、近所の高いビルから現場を見ながら 指揮をしたらどうなのだろう。 「大野屋」に隣接して、トタン屋根が続いて おり、その上にホースを持った消防士の姿が見える。 そのトタン屋根の周り から、煙が出始めている。 トタン屋根が抜ければ、危険な状態になる。 中 は恐らく燃えているのだろう。 思わず、「逃げろ」と声を出す。 新大橋通り 側はアーケードで看板も大きく、建物に直接水をかけられないし、シャッター が閉まっていて、開けられないのだろう。 早く延焼を食い止めるには、破壊 消防しかないと思った。

 結局、完全な鎮火は午前8時過ぎと、約15時間以上がかかり、延焼により7 棟、935平米が焼けたそうだ。 幸い怪我人は出なかったというから、消防士 も無事だったのだろう。

≪40代ひとり暮らしは 日本を滅ぼす≫2017/08/01 07:10

 「社会問題解決型AIひろし」は、あるデータが他の沢山のデータに影響を 及ぼす、つまり社会への影響力があり、日本の未来を動かす10のカギを見つ け出した。 影響力の大きい順に、第1位・核家族世帯数、第2位・40代ひと り暮らし率、第3位・病院数、第4位・女子中学生 肥満指数、第5位・平均 婚姻年齢、第6位・乗用車保有数、第7位・“できちゃった婚”率、第8位・ 平均寿命、第9位・老衰死亡者数、第10位・婚姻件数。 第2位や第4位は、 人間には到底考えられない意外なものである。

 「AIひろし」が読み解いた五つの提言に戻る。 その第二は《少子化を食い 止めるには 結婚よりもクルマを買え》。 合計特殊出生率は、製造業付加価値 額、乗用車保有数に連動し、反対に“できちゃった婚”率、平均婚姻年齢には 連動しない。 婚姻件数が増加しても、出生率はダウンする。 コメンテータ ーは、クルマは日本の基幹産業で、経済全般に影響を及ぼすと読み解く。 「AI ひろし」は過去のデータによっているから、次の基幹産業は示さない。 マツ コ・デラックスは、プリミティブなもの、農業では、と言う。 日本の食糧自 給率が39%と低いこと、秋田県大潟村の大規模農業などに触れた。

提言の第三は≪ラブホテルが多いと 女性が活躍する≫。 最近のラブホテル は、外人観光客にも利用され、2020年のオリンピックに向けて国も活用を考え ているそうだ。 「かしま(貸間)産業」を研究しているキム・イッキョン(金 益見)神戸学院大教授は、女性一人の休息や女子会プラン等の利用があるとい う。 社会学者のリチャード・フロリダは、クリエーティブで自由な雰囲気の 町や階級が、経済成長の原動力になると指摘しているという。

提言の第四は≪男の人生のカギは 女子中学生の“ぽっちゃり度”≫。 女子 中学生の肥満指数に連動しているのは、30代前半の未婚率、40代の離婚率で、 さっぱり意味がわからない。 坂田教授は、女性が(消費その他)何事でもリ ーダーシップを取っているということではないか、と。

そして一番の問題となる、提言の第五は≪40代ひとり暮らしは 日本を滅ぼ す≫。 「40代ひとり暮らし」(249万人・全人口の2%)が増えると、自殺 者数や生活保護費が増え、出生率が減る。 「40代ひとり暮らし」が2倍にな ると、社会のさまざまなデータが変化する、空き家数は27%増、餓死者数(栄 養失調を含む)は49%増、合計特殊出生率は12%減。 下町と再開発が混在 した荒川区役所の担当者たちは、「40代ひとり暮らし」を、盲点で、行政と一 番接点がないという。 老人クラブの会員数は減少し、救急出動の件数は5年 で700件も増えた。 坂田教授は、大都市の現象、公的サポートに頼る地区。  柴田准教授は、地域のネットワークが途切れている、親の孤独の問題にも共通 の要素を考える必要がある、「社会のカナリア」かも。 大越記者主幹は、ここ に響くことは全体に響く「社会のツボ」なのか、と。

≪40代ひとり暮らしは 日本を滅ぼす≫という「孤立社会」のキーワードが 見えて来た。 これに対策を取れば、少子化、財政悪化、貧困を、一気に解決 できるかもしれない。 マツコは、40代ひとり暮らしは、非正規雇用の先頭の 世代だと指摘した。 「AIひろし」は、解決策として、「家賃(民間賃貸家賃 (1坪当り))を下げれば、40代ひとり暮らしが激減する」と示した。 1坪当 り家賃を1000円下げれば、40代ひとり暮らし(249万人・全人口の2%)は およそ38万人減る。 スーパーでパート勤めの山田さん(42・男性)は月収 12万円、家賃4万5千円だ。 荒川区では、ひとり暮らし用の1Kか1LDK が増えている、ファミリー用より家賃を高く設定できるので、家主が儲かるか らだ。 マツコは、フランスで出生率が増加したが、補助金はそんなに多くな い、と。 坂田教授は、フランスの全世帯の21%が家賃補助を受けている、国 の姿勢、雰囲気の問題と。 結婚以外の選択肢として、シェアハウス、コレク ティブハウス(幅広い世代がゆるやかなコミュニティをつくりあげる共同の住 まい、第一号は荒川区にある)の話題も出た。

「社会問題解決型AI」についての全体的感想。 大越記者主幹、成長一点張 りのモデルを疑ってみたらどうか。 坂田教授、AIとお友達にならないと、解 決策が出て来ない。 柴田准教授、希望を感じる。 マツコ、AIは予測できな いものに対して、ヒントを与えてくれる存在。

「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」2017/07/31 07:11

 NHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」、番組の司 会は、マツコ・デラックスと有働由美子アナ。 出演は、坂田一郎東大教授(AI のデータサイエンスを研究)、柴田悠京都大学准教授(統計分析を使って政策効 果を研究、テーマは社会保障・教育・少子化対策)、大越健介報道局記者主幹(前 の前のニュースウォッチ9のキャスター)、阿部博史ディレクター(AI開発チ ームリーダー、ビッグデータ解析を使った番組を制作)。 有働アナが阿部博史 (ひろふみ)ディレクターを、「ひろし」と読み間違えたのを、マツコが早速い じって、この開発された「社会問題解決型AI」を「AIひろし」と呼ぶことに なった(本名は「NEBRA」ネブラ、人類最古の天文盤「ネブラ・ディスク」 から取ったという)。

 まず、今のままだとどうなるか、「20年後の日本」を未来予測してみる。 高 齢化率35%以上、出生率2.0未満、がん死亡者数23%増(人口あたり)、国民 医療費7.6兆円増で、国の財政は危機的状況になる。 85歳以上の就業者54% 増、自殺者も増え、餓死者(栄養失調を含む)44%増。 この厳しいナレーシ ョンを担当したのが、慶應中等部に入ったばかりの芦田愛菜、と近藤正臣。 芦 田愛菜、難しい用語も完璧に読みこなして、藤井聡太四段を連想させた。 余 談だが、先日大学のマンドリンクラブだった先輩と会食、芦田愛菜がマンドリ ンクラブに入部したら、前年ゼロだったのに、今年は男の子が20人も入部し たという噂話を聞いた。

 50兆通りの計算から、「AIひろし」が読み解いた五つの提言の、第一は何と 《健康になりたければ 病院を減らせ》という意外な提言だった。 ふつうは考 えられない提言だが、病院数(人口あたり)つまり病床数を減らした、実際の 事例があった。 2007年に財政破綻した夕張市は、市立病院は閉鎖、病床数が 10分の1になった。 だが市民は健康になり、死亡率は減った。 体操教室な どが盛んになり、ボランティア活動なども増えたかららしい。 コメンテータ ーは、活動的になることが、カギなのではないか、社会がアクティブになった と読み解いた。 なお「AIひろし」が関連ありと示したバナナも多く消費され ていた。