鏑木清方『随筆集 明治の東京』<等々力短信 第1095号 2017.5.25.>2017/05/25 07:08

 岩波文庫が7月で創刊90年だそうで、記念の『図書』臨時増刊号「私の三 冊」が出た。 「各界を代表」している228人に、今までに読んだ岩波文庫の うち、心に残る書物、ぜひとも勧めたい本を、答えてもらっている。 女優の 有馬稲子は、チェーホフ『ワーニャおじさん』、太宰治『お伽草紙・新釈諸国噺』 と『鏑木清方随筆集』の三冊。 有馬稲子は今、老人ホームにいるらしいが、 テレビ朝日で昼に放送中の倉本聰の帯ドラマ『やすらぎの郷』にも出るようで、 タイトルに顔が見える。 私は昭和28(1953)年の東宝入社第一作『ひまわ り娘』を日劇で観たが、12歳、64年前のことになる。

 『鏑木清方随筆集』(山田肇編)を選んだのは、「友人の坂崎重盛氏より『「絵 のある」岩波文庫への招待』をいただき、あの美人画の鏑木清方が随筆の名手 と知りました。昭和の貴重な時代考証のような女性の描写、私の最後の一冊は これに決めています。」

 3月友人達と、鎌倉の鏑木清方記念美術館で「つつましく そして艶やかに~ 清方ゑがく女性~」展を見たばかり、静かで落ち着いたよい美術館だった。 私 はたまたま『「絵のある」岩波文庫への招待』(芸術新聞社)を持っていた。 『鏑 木清方随筆集』はなかったが、そこで紹介されているもう一冊『随筆集 明治の 東京』は書棚にあった。

 「名物無名物」(昭和19年)に、「明治の昔は東京も狭かった、(中略)駒込 の茄子、谷中の生姜、千住の枝豆、砂村の唐茄子、練馬大根、目黒の筍、三河 島の菜、大川の蜆、大森の海苔、深川のバカの目刺(バカも近頃は青柳と大層 優しい名前を持つようになった)、千住の豆は他のより大粒で莢に四粒入のがあ る、谷中の生姜は柔かで辛くない、根岸の先き諏訪台下の日暮里あたりが産地 である。」とあった。

 「明治の東京語」(昭和10年10月)に、若い人に通用しそうのないか、そ うなりかけている言葉が挙げてある。 近在、遠国(おんごく)者、常住(じ ょうじょう)、ぞんき(「のんき」より少し質のよくない)、今当世、跡月(あと げつ・先月)、でくま、ひくま(凸凹)、どうれ(道理)、煉瓦通(銀座通)、ハ ンチク(半端人足)、権妻(妾)。

 「甘いものの話」(昭和7年1月)に、「美術人には左傾が多い。ムッソリー ニと握手した横山大観先生などは、押しも押されもしない左翼の頭目だし、周 囲の友人知己、概ね左党ならざるはないといってよかろう。」 鏑木清方は下戸 なのだそうで、店名や甘いものが列挙されている。 汁粉屋というもの、あれ も明治趣味のものであった、「総じて人情本の挿画にでも見るような小粋な造り で、床にも細ものの茶懸に、わびすけでも活けてあろうという好み、入口には 茶色の短い暖簾、籠行燈という誂えの道具立も、器の物好きも」と、この随筆、 まさに「絵のない絵本」なのである。

市川猿之助の「ファミリー・ヒストリー」2017/04/14 06:28

 今年の3月で惜しくも最終回の総集編が放送されたNHKの「ファミリー・ ヒストリー」だが、亀治郎から四代目市川猿之助を襲名した2012年の11月5日 に市川猿之助の放送があった。 印象深い番組だったので、たまたまビデオに 残していた。 歌舞伎を支えた女たち、歌舞伎の家に生れて役者になれない女 性の問題が、浮かび上がる物語だった。 四代目市川猿之助、喜熨斗(きのし) 孝彦が、自分を含め喜熨斗家・澤瀉屋(おもだかや)の男たちは女々しいけれ ど、それを支えた女たちは強くて立派だと語っていた。

 キーパーソンのゴッドマザーは、孝彦の高祖母・古登。 古登は江戸から明 治にかけて吉原で繁盛した大店の妓楼、中米楼の長女で、文久元(1861)年生 まれ、花柳流の踊りの名手だった。 近くには芝居町の猿若町があり、役者の 喜熨斗亀治郎(初代市川猿之助)と結婚して、宮戸座近くに住んだ(猿之助横 丁の碑がある)。 初代猿之助は一時、師匠の団十郎に破門されて、妓楼・澤瀉 楼を営む。 実は古登、それ以前に三輪平太・相生太夫という京都出身の義太 夫語りと結婚したが、その女性関係から離婚、実家に帰り娘辰子を育てていた。  辰子は跡見女学校を出て、古登が援助していた医学生赤倉喜久雄と結婚、現在 の浅草公会堂のそばで十全堂という産婦人科医院をやっていた。 明治44年4 月9日の吉原大火で、古登は避難する前に髪結を呼び、遊女たちの髪をきちん と結わせたというが、中米楼はきっぱり廃業する。

 時代は昭和になる。 初代猿之助と古登の子が政泰(二代目猿之助・孝彦の 曾祖父)で、その子政則(三代目市川段四郎・孝彦の祖父)は三十歳まで独身 だったが、「あれが欲しい」というのが映画女優高杉早苗、当時二十歳のアイド ルだった。 辰子が仲人の役を果たす、高杉早苗は辰子の娘が結婚した相手の 妹だったのだ。 政則、高杉早苗夫妻に三人の子、政彦(三代目猿之助)、靖子、 宏之(四代目段四郎・昭和44(1969)年慶應義塾大学卒、孝彦の父)が生ま れる。 戦後高杉早苗が銀幕に復帰したのは、一家五人だけで暮らす、独立し たマイホームを建てるためだった。 靖子は、歌舞伎役者にはなりたくてもな れず、結婚して子も産むが、離婚して女優となる。 孝彦は、この伯母を「竹 を割ったような性格」と言い、喜熨斗家の女たちの意地を語る。

 もう一人の女性は貞子シモンズ(当時91歳)、夫のビルとアメリカ、ヒュー ストンに住む。 初代猿之助と古登の三男倭貞(八代目市川中車)の娘(大正 10(1921)年生れ)だから、孝彦の大叔母にあたり、「孝ちゃん」と呼ぶ。 日 本語をまったく忘れておらず、とうとうと語る。 本家の支配が強く、女には 芸事は教えない、男が一生かけてやる仕事だと、いわれて育った。 昭和12年、 淡い恋をしたが、相手は兵隊に行って死ぬ人だと父親が反対、次の大学野球の 選手も、妹が結核だからと反対され、何者にもなれない焦燥感から日本を出て 仕事をすることを考えた。 満州で新京の電信電話会社員と、昭和18年に結 婚するが、何もかもだらしない人だった。 夫の出征で帰国すると、東京は焦 土で、父はラジオドラマの仕事をしていた。 離婚して、米軍基地で働き、米 兵と再婚してアメリカへ、その夫は5年後の昭和35(1960)年アルコール依 存症で亡くなる。 日本国籍を失っていたため、帰国できずに2年、消防士の ビルと再々婚、息子ボビーを授かって、幸せに暮らしている。 日本では昭和 50(1975)年に孝彦誕生、いたずらで、可愛い、ゴザを持って来て、歌舞伎ご っこをして遊んだと言う。 本心は、男に生まれたかった、父中車と一緒に舞 台に立ちたかった。 彼、孝彦は出来ると思う、期待している、と語った。 そ の大叔母を、孝彦、四代目市川猿之助は「かっこいい」と言った。

渡辺直美と『きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』2017/04/08 07:15

 閑居老人は、よくテレビを見ている。 スーパーボウルも、芸能ニュースの 渡辺直美も見ているのだ。 スーパーボウルのハーフタイムショーのレディ ー・ガガの宙づりパフォーマンスを、3月25日の東京ガールズコレクションで、 元気いっぱいに演じていた渡辺直美が、30日の日テレ「ヒルナンデス!」を体 調不良で欠席した。 4月2日、今日公開の映画『きかんしゃトーマス 走れ! 世界のなかまたち』試写会舞台挨拶に登場した後、体調不良の事情を語った。  寿司を食べて、魚介類の寄生虫「アニサキス」に中ったという。 胃が痛くて、 痛くて、病院へ行き、胃カメラを飲んだら、一匹いて、お医者さんがコップに 入れて見せてくれたそうだ。

 「アニサキス」はカイチュウ目の線虫。 クジラなど海産哺乳類を最終宿主 とする線虫で、成虫は40~150ミリメートル、幼虫は、アジ・サバ・ニシン・ スケトウダラ・スルメイカなどに寄生。 「アニサキス症」は、アニサキス幼 虫の寄生している魚類の生食により起きる寄生虫病。 急性の胃アニサキス症 は摂取後数時間で急激な胃痛・悪心・嘔吐で発症、慢性化すると粘膜下に肉芽 腫をつくる。

 映画『きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』は、世界中から数多く の機関車が集まって、スピードや力の強さを競う「グレート・レイルウェイズ・ ショー」に、出場を望むトーマスが、各国からやってくる猛者たちにかなうわ けがないと周囲から馬鹿にされながらも、勝つ方法を見つけ出すために奮闘す る物語。 渡辺直美は、南インドの鉱山鉄道で働く機関車アシマの声を担当し ている。

 と、ここまではマクラで、実はウィルバート・オードリーの絵本『きかんし ゃトーマス』を、最初に『汽車のえほん』(ポプラ社)として翻訳したのが、桑 原三郎先生と清水周裕(しゅうゆう)さんだったことを書きたいのだ。

明るい「北斎の晩年」像2017/03/26 06:57

 2月16日に「北斎を描いた藤沢周平の『溟い海』」を書いた、葛飾北斎の晩 年であるが、NHK日曜美術館は藤沢周平とまったく違う見方をしていた。 1 月8日放送の「果てしなき夢~画狂老人、北斎の晩年~」である。 晩年の北 斎は抜きん出て輝いていて、高齢化の進む社会を生きる、われわれ老人に勇気 を与えるものであった。

 北斎の死後40年、明治26年に出版された飯島虚心の『葛飾北斎伝』が最初 のまとまった伝記で、晩年の北斎の姿をリアルに描き出している。 茶も飲ま ず、酒もたしなまず、金を遣い尽くし、いつも貧乏で、心はひたすら絵を描く ことに向けて、打ち込んでいた老人であった。 <八の字のふんばり強し夏の 富士> 北斎。 72歳で《富嶽三十六景》を描いた葛飾北斎は、75歳から「画 狂老人卍(まんじ)」の雅号を使い始めた。 《富嶽百景》全三冊102点の奥 付あとがきに「七十五齢 前北斎為一改 画狂老人卍」として、「70歳まで描 いたものなど、取るに足らないものばかりだ。73歳で生き物の骨格の基本の成 り立ちをいくらか悟った。80歳にはますます進歩し、90歳になればその奥義 を極め、100歳になったら、まさに神業の域に至るだろう。そして110歳には、 絵の一点一格まで生きているように見えるだろう。」と記した。

 80代には毎朝、日課で毎日異なった図柄の獅子や獅子舞の絵を描き、日付を 入れて、丸めると、ポイと外に捨てた。 娘の阿栄が密かに拾っておいたので、 ≪日新除魔≫が残った。 飢饉で経済も停滞し、人々の心が荒んだ天保年間、 「天保の改革」で創作活動も制限された80代になって、83歳から4回信州の 小布施まで出かけている。 小布施の豪農で文人の高井鴻山の招きで、屋敷の 中にアトリエを設けてもらい、自由に描いた。 小布施では、86歳で祭屋台の 天井絵を描いている(長野県宝)。 上町(かんまち)の《怒涛(男波・女波)》 と、東町の《龍と鳳凰》で、小布施の北斎館に展示されており、《怒涛》祭屋台 は5月から大英博物館で開催される「北斎―富士を超えて」展での展示が検討 されているという(10月からは、あべのハルカス美術館で帰国展)。

 娘の阿栄によると、90近くなって、炬燵に足を入れて横になっていても、毎 日筆を取っており、猫が上手く描けないと嘆いたという。 龍が富士山から黒 雲に乗って天に昇る、最後の傑作《富士越(こしの)龍》を描き、1849(嘉永 2)年数え90歳で、「天がもし五年長生きさせてくれたら、本物の絵師になれ るだろう」と言って、死んだ。

「…にもかかわらず」杉原千畝と肥沼信次2017/03/25 06:36

 杉原千畝(1900~1986)が、第二次世界大戦中、駐リトアニア領事代理とし て、ナチスの迫害を逃れようとリトアニアに殺到し、亡命を求めるユダヤ系ポ ーランド人難民に、ナチスとの外交関係を考慮した外務省の反対にもかかわら ず、日本通過ビザを発給し、6,000人ものユダヤ人の命を救った話は、映画『杉 原千畝 スギハラチウネ』(2015年)にもなって、よく知られている。

 2月5日、たまたま日本テレビで「ドイツが愛した日本人」という番組を見 た。 第二次世界大戦後のドイツで、発疹チフス患者の診療に力を尽くし、多 くの命を救い、自らも若くしてこの世を去った日本人医師がいたのだ。 その 人の名は、肥沼信次(こえぬま のぶつぐ・1908~1946)、大戦前夜の1937(昭 和12)年、アインシュタインに憧れて放射線医学の研究者を志し、29歳で名 門ベルリン フンボルト大学に留学した。 研究は進んでアジア人初の教授資格 を得るところまでになるが、大戦の戦況が悪化して、それも消えてしまう。 大 使館から帰国指示が出たにもかかわらず、ドイツに残った肥沼は、大戦後ベル リンを離れ、ドイツ北東部、ポーランドとの国境に近い古都ヴリーツェンへ行 く。 ヴリーツェンでは当時、発疹チフスが猛威を振るっていた。 ヴリーツ ェンにドイツ占領ソ連軍が創設した伝染病医療センター初代所長となり、十分 な医療体制も、薬もない中、肥沼は発疹チフスに苦しむ人々の治療に献身し、 たくさんの命を救った。 薬を求めて、ベルリンに行ったりもしている。 し かし、自身も発疹チフスに罹り、1946(昭和21)年3月8日、37歳で死去し た。 死の直前、「日本の桜が見たい」と言い残したという。 東京の八王子で 外科医をしていた父・肥沼梅三郎は1944(昭和19)年7月に亡くなっており、 その最期を看取ることもできなかった。

 番組では、俳優の佐々木蔵之介が、ヴリーツェンを訪れ、肥沼信次の足跡を たどった。 市長を始め、肥沼医師といっしょに仕事をした看護婦や、祖父を 救ってもらったという少年に会い、肥沼の献身的な働きぶりや、彼に対する感 謝の気持を聞いた。 今は市庁舎となっている建物の地下にあった伝染病医療 センターの部屋や、肥沼信次の墓も訪れた。  ヴリーツェン市は1992年、肥沼に名誉市民の称号を与えたという。