辰巳芳子さんと「大豆100粒運動」2018/07/21 07:05

 14日の土曜日、阿川佐和子さんの「サワコの朝」は、「命のスープ」の辰巳 芳子さんだった。 大正13(1924)年生まれ、93歳だという。 聖心女子学 院で学んで、昭和19(1944)年19歳で結婚した夫は、3週間で出征、9月に フィリピンで戦死した。 実は、その夫は「死にたくない」と言っていたが、 出征した若者たちは皆、そう思っていただろう。 その思いを鎮魂しなければ、 生きることを大切にしなければ、という。 辰巳さんは戦後、慶應義塾の心理 学科に入ったが、結核になり、長年、療養生活を余儀なくされた。 料理家と して活躍していた母・浜子さんを手伝い、やがて鎌倉の自宅で料理を教えるよ うになる。 脳血栓で嚥下困難になった父に、母娘でスープをつくり、それが 父の命を支えることになる。

 平成6(1994)年70歳で「良い食材を伝える会」、平成8(1996)年「スー プの会」を始める。 平成16(2004)年、80歳の辰巳さんの呼びかけに長野 の信越放送が賛同し、「大豆100粒運動」を発足する。 辰巳芳子さんは、戦 中戦後の食糧不足のひもじい時代を経験し、日本で大切なものは、米と大豆だ という。 米を育てるのは難しいが、大豆なら痩せた土地でも育つ。 子供た ちが蒔いても、簡単に育てられる。 大豆100粒というのは、子供たちの手の ひら一杯にのる数だ。 小学校の子供たちの手を借りて、大豆を蒔こうという 提言である。 大豆を蒔いて、低学年の生徒たちの背の高さまで育つのを観察・ 記録し、そして収穫して学校で揃って食べ、豆腐や納豆にも加工する。 この 「大豆100粒運動」を奨励・拡大するために、辰巳さんはNPO法人「大豆100 粒運動を支える会」の会長を務めている。

 辰巳芳子さんは、食の安定性や自給率を深く憂え、人類が豆に頼らなければ ならない時代がきっと来るという。 生命は、もろいものだ。 とりわけ、幼 い生命は大変傷つきやすいものだ。 それはどれほど見守っても充分とは言え ぬほどのものだ。 この生命を大切にしたいと、まず手始めに、この大豆を再 興することから手をつけたのだという。

 なぜ大豆なのか? 大豆は「五穀」の一つに数えられ、古来から日本人の生 命を支えてきた身近な作物だが、近年の自給率は約5%、ここから日本の食を 立て直すことが急務だ。 大豆は、枝豆としても完熟させて大豆でも食べるこ とができる。 きなこ・豆腐・納豆・味噌など、さまざまな加工ができる。 乾 燥させた大豆は長く保存できる。 収穫した大豆の一部を残しておいて、来年 の種まきに「命をつなぐ」ことを体験できる。 大豆を中心とした日本の食文 化、農業の現状、地産地消、穀物をめぐる世界情勢など、学年に合わせた学習 を深めることができる。 日本には各村に一品種あるといわれるほど多くの「地 大豆」がある。 各風土の特質ある大豆を復活、振興、援助することができる。  「大豆100粒運動」は、大豆再興が、地域の着実な「底力」となるよう、情報 交換し、「合力」することを目指している。

「宇崎竜童~船乗りだった父の思い」2018/07/09 07:07

 NHKの「ファミリーヒストリー」で、誰だったか、父親が商船学校の出身 で、外航汽船に乗っていたが、家族を思って船を降り、陸上の仕事をしたり、 琵琶湖遊覧船に乗ったというような話を見た記憶があった。 大津と、京都の 伏見、両方の港町に関係し、芝居小屋や長谷川一夫の名が出ていたと思う。 「伏 見 芝居 琵琶湖遊覧船」で検索して、宇崎竜童がヒットした。 ダウン・タ ウン・ブギウギ・バンドで一世を風靡し、明治大学で出会った妻・阿木燿子と 組み山口百恵の黄金時代を支えた人である。(本稿、敬称略)

 2016年2月16日放送の「宇崎竜童~ふたつの港町 船乗りだった父の思い ~」だった。 私は手書きの日記に、こう書いていた。 「宇崎竜童、昭和21 (1946)年生れ70歳。母方は、京都伏見の紙屋(今は従兄弟が文房具屋、ビ ンボウグヤと)、手広く営み、隣の劇場で長谷川一夫初舞台、その林家(?)の 仲人で、大津一の髪結いの息子と伏見稲荷で見合い。商船学校学生結婚、大阪 商船の外航船に乗るも、家族思い琵琶湖遊覧船へ。」

 改めて、番組宣伝を見てみる。 伏見は京都、大阪に川でつながる港町、母 方は南條紙店、柿渋で防水した紙で茶袋を作り、全国に卸した。 明治36(1903) 年、竜童の母・きみが生れ、隣は長谷川一夫の叔父・宗次郎が営む芝居小屋だ った。 長谷川一夫は明治41(1908)年に伏見で生れ、きみと幼馴染だった。  竜童の父・又一郎の故郷は、滋賀県大津、琵琶湖水運の港町である。 膳所藩 士の娘、木村すえが竜童の祖母、手広く髪結いを営んでいて、宗次郎と親しか った。 すえの息子の又一郎は、商船学校に入学していた。 宗次郎の隣のき みと、伏見稲荷大社で見合いし結婚、大正12(1923)年、商船学校を卒業す ると、大阪商船に就職した。 外国航路のろんどん丸(7104トン・大正10(1921) 年建造)に乗っていたが、家族を連れて北海道の小樽に移り住み、船を送り出 す陸の仕事についた。 昭和17(1942)年、民間の商船は船員とともに国家 の統制下に置かれた、又一郎は海軍の予備中尉として東京で軍務につき、一家 は小樽を引き上げた。 かつて又一郎の乗った商船は、次々と戦没した。 き みは、伏見の実家に疎開し、又一郎は防空壕で暮らしながら、食料を背負って 訪ねてきた。 宇崎竜童は、終戦から半年後の昭和21(1946)年2月に伏見 で生れた。

大谷翔平選手の「マンダラート」2018/04/26 07:08

 「大谷翔平の魔法の81マス」を、テレ朝の「羽鳥慎一モーニングショー」 (4月10日)で見た。 花巻東高校野球部の佐々木洋監督は「マンダラート」 の方法を使って、1年生に「達成するための目標」を書かせるのだそうだ。 「8 1マス」というのは、まず中心となる大目標の「マンダラート」を埋め、その 8マスを八方の「マンダラート」の中心に展開して、それぞれの「マンダラー ト」を埋めていく。 9マス×9で「81マス」になるわけだ。

 1年生大谷翔平選手は、「マンダラート」の大目標を「ドラ1・8球団」、つま り高校卒業時に8球団からドラフト1位に指名されることに置き、周囲の8マ スを「体作り」「コントロール」「キレ」「スピード160km/h」「変化球」「運」「人 間性」「メンタル」とした。 凄いのは、「運」「人間性」「メンタル」と書いて いることだ。 高校1年生の野球選手が、こんなことを目標にするだろうか。

 「運」の「マンダラート」8マスに、どんなことを書いているか。 「あい さつ」「ゴミ拾い」「部屋掃除」「審判さんへの態度」「本を読む」「応援される人 間になる」「プラス思考」「道具を大切に使う」。

 「人間性」の「マンダラート」8マスには、「感性」「愛される人間」「仲間を 思いやる心」「感謝」「継続力」「信頼される人間」「礼儀」「思いやり」。

「メンタル」の「マンダラート」8マスには、「はっきりした目標、目的をも つ」「一喜一憂しない」「頭は冷静に、心は熱く」「雰囲気に流されない」「仲間 を思いやる心」「勝利への執念」「波を作らない」「ピンチに強い」。

こうした心掛けが、インタビューを聞いていても、いつも冷静で、一喜一憂 しない姿勢、ファンからもチームメートからも愛されている、好青年をつくっ たのだろう。 「仲間を思いやる心」が、二か所に出てくるのが、微笑ましい。

「シラス」と「たんたど石」も元勲2018/04/20 07:14

 NHK『ブラタモリ』制作チームは、公益社団法人 地盤工学会の平成29年度 地盤工学貢献賞を受賞したそうだ。 受賞理由は「国民的人気番組によって、 古くから日本の文化や産業には地盤とそれを形成する地盤構造物が深くかかわ っていることを一般市民に広く発信し、地盤工学の社会的イメージの向上に多 大な貢献をした。」

 割に最近の『ブラタモリ』3月10日・17日放送、「#98鹿児島」「#99鹿児 島の奇跡」、共にお題は「なぜ鹿児島(薩摩)は明治維新の主役となれたか?」 だったが、鹿児島の地質学研究50年という大木公彦鹿児島大名誉教授が嬉し そうに解説していた。 鹿児島県を中心とする九州南部には、「シラス」で覆わ れた台地が分布する。 「シラス」は、火山から噴き出た火砕流が固まってで きた。 白色で孔隙(こうげき)に富み、崩れやすい。 「シラス」の特徴が 急な崖と平らな台地を生んだ。 あっけないほどすぐに本丸に達する鶴丸城の、 本丸の裏には切り立った崖が特徴の「城山」がある。 城山の上には平らな台 地があり、兵士を集め守りを固める「曲輪」や「武器弾薬庫」を置くのに好都 合だった。 城山の麓には、泥岩の層と「シラス」の層の境目があり、水が湧 き出ている。 やっかいなものと考えられがちな「シラス」を、さまざまな工 夫で活用しているのだ。

 鹿児島の台場は、嘉永6(1853)年のペリー来航で建設を始めた江戸の台場 よりも早く天保11(1840)年に築かれた。 鹿児島の位置は江戸より、西洋列 強の脅威を受けやすい場所にあり、文政7(1824)年には宝島事件というイギ リス人との銃撃戦が起きていたし、天保8(1837)年にはアメリカが通商要求 したモリソン号事件もあり、天保13(1842)年にはアヘン戦争で清が破れた。  この台場に使われた石は、「シラス」でなく、「たんたど石」で、この石があっ たから、鹿児島は明治維新の主役となれたというのだ。 タモリ一行がバス停 「たんたど」近くの石切り場へ行く。 正面はシラスの崖で、その下に「たん たど石」の石切り場があった。 「たんたど石」は「溶結凝灰岩」、火砕流が高 熱と高圧で溶け固まった岩石だ。 ともに巨大火山からの火砕流だが、固さの 違う二つの層になっているのは、時代が違うからだ。 「溶結凝灰岩」は、50 万年前、北京原人の頃。 「シラス」は、2万9千年前。 降り積もったシラ スの台地が、川の流れで削られて、「溶結凝灰岩」が顔を出した。 「溶結凝灰 岩」は、「柱状節理」(溶岩が冷えて固まる時にできる柱のような割れ目)とい う割れ目が目立ち、切り出しと加工がし易く、石材に最適。

 薩摩藩は、この「たんたど石」「溶結凝灰岩」を、さまざまな近代的事業に使 った。 タモリ一行は、万治元(1658)年に島津光久によってつくられた別邸、 磯庭園(仙巖園)に移動する。 そこには『西郷どん』で28代当主島津斉彬 を演じた渡辺謙が待っていた。 庭園の灯籠では、石炭でガスをつくり、配管 をしてガス灯を灯した。 有名な明治5(1872)年の横浜のガス灯より15年 も前のことだ。 松尾千歳尚古集成館館長が、竹林を切り開いてつくった反射 炉を案内した。 斉彬の命令で、3~5トンの大砲をつくるために、オランダの 本を参考に築いた。 土台の材料は「溶結凝灰岩」、剃刀の刃一枚も入らない精 密な加工ができた。 その土台の上に、非常に重量のあるものが載る。 何万 個という耐火煉瓦だが、鎖国で輸入はできないから、これも斉彬の厳命で、な んとか従来の技術、薩摩焼で白っぽく重い耐火煉瓦を焼いた。 15日に「滝野 川反射炉」に書いたように、ここに反射炉を築いたのは、砲身に咆腔を錐であ ける錐鑚機の動力として水車を用いるのに、仙巖園の裏山からの水利の便がよ かったからだ。

 いま尚古集成館の資料館になっているのは、全長77m(黒船と同じ長さ)の 機械工場の建物だが、「溶結凝灰岩」でも、赤煉瓦でもない。 「溶結凝灰岩」 は触ると冷たいが、その材料「小野石」は触っても冷たくない。 断熱効果が あって、夏涼しく、冬温かい。 「小野石」は10km先から採集されて来てい て、そこは加久藤(かくとう)カルデラの範囲である。 「シラス」と「溶結 凝灰岩」(「たんたど石」)は、「姶良(あいら)カルデラ」でつくられた。

 『新しい高校地学の教科書』に、こうある。 鹿児島湾は桜島で南北に仕切 られ、奥側はきれいな円形をしている。 これは「姶良カルデラ」といい、極 端な規模の噴火をしたところである。 約2万2千年前の大噴火では膨大な量 の火砕流が九州南部一円を埋めてシラス台地を形成し、大量の火山灰が日本中 を覆った。

『ブラタモリ』で最近の「地学」に興味2018/04/17 07:20

 『ブラタモリ』で興味深いのは、都市や観光地の発展に、地形や地質との密 接な関係があることだ。 「地学」は高校の科目にはなく、大学の教養課程で 「地学」を取ったが、何を習ったか、まったく憶えていない。 津屋さんとい う東大の先生で、調べると津屋弘逵(ひろみち)さん、私が教わった1960年 は現役の東大教授、63年に定年退官して名誉教授になっている。 「地質学的・ 岩石学的研究から富士山が三つの火山体からなることを解明した」そうだ。

 当時はまだ、プレートテクトニクスは登場していなかった。 プレートテク トニクスを辞書で見ると、「1960年代後半以来発展」と書いてある。 後のい わゆる「プレート」によって地殻変動が引き起こされているという考えが、初 めて認められたのは、1964年のイギリスの王立学会の討論会だったそうだ。  竹内均さんが、ウェゲナーの「大陸移動説」(1912年)から説き起こし、プレ ートテクトニクスの解説を盛んに始めたのは、1963年に東大教授になってより 後のようだ。 「大陸が動くと言って飯を食い」と言っていたのが、印象に残 っている。  竹内均さんが、科学雑誌『ニュートン』を初代編集長になって 創刊したのは、東大を定年退職した1981年だった。

 プレートテクトニクスは、「地学」を一変したのだろう。 この大陸や大洋底 の位置の変動を、プレートの水平運動によって理解する理論(学説)によって、 大地形(大山脈・弧状列島・楯状地(たてじょうち…古い地質時代に地殻変動 をうけた大陸の核心部をなす地塊))、地震活動、火山噴火、造山運動などの諸 現象を統一的に解釈できるようになったからだ。

 『ブラタモリ』が近江友里恵アナに変った最初の回、2016年4月30日放送、 「#36京都・嵐山」「嵐山はなぜ美しい?」で、タモリが岩肌を触って「チャー ト」だと言った。 「チャート」という言葉を知らなかった。 「地学」では、 英語のchertのまま使っているらしい。 『広辞苑』をみると、「珪質堆積岩の 一種。きめこまかで非常に固い。獣角様の光沢があり、赤褐色または薄黒いも のが多い。層状チャートは、放散虫の遺骸や珪質海綿の骨針が深海底に堆積し 固結してできたもの。角岩。」とある。 この「チャート」、その後の『ブラタ モリ』で、何度か出て来た。

 まだ桑子真帆アナだった2016年1月16日放送、「#27熱海」「人気温泉熱海 を支えたものは?」で、京都府立大学の松田法子さん(生活文化・生活美学) という温泉に詳しい美人が初めて登場したのは、ホテルニューアカオのレスト ランだったが、その外の海に突出した岩山をタモリは、「水冷破砕溶岩」だと言 った。 昨年11月25日放送、「#91室蘭」「工業都市・室蘭を生んだ奇跡とは?」 でも、船に乗って地球岬という絶壁を太平洋から眺め、もろく崩れた岩肌をタ モリが「水冷破砕溶岩」だと言い当てた。 すると、同行していた北海道地質 学研究センターの山岸宏光さんが、「水冷破砕溶岩」の名付け親だということが、 判明したのであった。

 話は脱線して、というか反射炉や大砲製造の話に戻るが、この「#91室蘭」 で、室蘭の日本製鋼所は明治40(1907)年の創業当時、英国のアームストロ ング・ホイットワースやヴィッカースの技術と資本を導入して国産の兵器、ア ームストロング砲などをつくっており、戦艦長門や戦艦陸奥の主砲を製造した ことをやっていた。 ちなみにロシアのアジア進出を牽制する日英同盟は、明 治35(1902)年に締結されていた。

 最近の「地学」はどうなっているのか、私は「地学のやさしい本」で検索し て、世田谷区の図書館から、適当なものを何か借りて来ようと考えたのであっ た。