「多事争論」〔昔、書いた福沢151〕2019/11/08 07:17

         「多事争論」<小人閑居日記 2002.8.10.>

 テレビというメディアによる世論形成のことを気にかけているので、筑紫哲 也さんの『ニュースキャスター』(集英社新書)を読んでみた。 「テレビは「小 泉首相」を作ったか」という章もある。 森内閣の不人気も、小泉内閣の異常 人気も、世の中は全てテレビの影響下に動いているとする見方に対し、筑紫さ んは、もっと実態に即した論議が要るテーマだといい、小泉・田中真紀子人気 は二人が「世間」に近い「文化」(たとえば政治以外に楽しむことをいっぱい持 っている)と「ことば」(政界用語ではない)によるものだという。

 筑紫さんは自身を、絶対の真理、絶対の正義など、この世に滅多にないと思 っている「多元論者」だという。 出自が政治部記者だから、取材相手との信 頼関係を築いた上で収穫を得るスタイルだし、雑誌編集者が長かったから、自 分を「無」にし「器」を提供して多彩な人物に登場してもらう習性がある。 鋭 くインタビューする久米宏さんを「北風型」、自分を「太陽型」という。

 筑紫さんが80秒を一人でしゃべるテレビコラム「多事争論」というコーナ ーがある。 「多事争論」は『文明論之概略』にある福沢諭吉の造語で、筑紫 さんは「なるだけ多くのことをなるだけ論じあったほうがいい」という意味だ が、それができないできたのが今にいたる日本近代だと思っている。 「自由 の気風」が高い価値を持たない社会で、付和雷同の「単一の説」がどれだけ国 を誤らせ、人々に厄災をもたらしてきたことか…、という。        

 冒頭に書いた私の心配を、当事者である筑紫さんもしているのであった。  「多事争論」を、じっくり視聴するとしよう。

     日田の「自由の森大学」のことなど<小人閑居日記 2002.8.11.>

 筑紫哲也さんの『ニュースキャスター』に、中津出身の福沢諭吉の「多事争 論」が出てくるのと関係があるかどうかわからないが、筑紫さんは大分県日田 市の出身だという。 そして日田市で「自由の森大学」という市民大学の学長 をやっている。 幕末の日田で、漢学者の広瀬淡窓(たんそう)が咸宜園(か んぎえん)というユニークな私塾を興した。 「咸宜」は「みなよろし」とい う意味で、身分、藩の別などきびしかった時代に、学歴も問わず入学できる代 りに、入ってからは実力主義、自律自治の勉学を課した。 「自由の森大学」 は、「平成の咸宜園」を目ざしているという。

 敗戦の年、筑紫さんは10歳の軍国少年だった。 大人たちは昨日まで言っ ていたことと全く反対のことを言って恥じない変わり身の早い人たちだった。  だから自分たちの世代は、年長者への敬意をひどく欠いた世代だという。 疑 うことの大切さ、知の大切さを思い知り、大人たちに向かって、総体としての 世代責任、結果責任を「恨」のまなざしをこめて問うてきたかつての少年は、 今それを問われる立場にいる、と筑紫さんはいう。

またぞろ、偽作「福沢心訓」〔昔、書いた福沢132〕2019/10/19 07:15

      またぞろ、偽作「福沢心訓」<小人閑居日記 2002.3.24.>

 23日夜、TBSテレビの「ブロードキャスター」という番組で、今どき元 気な中小企業として「ハードロックナット」の会社を取り上げていた。 そし て、その会社の社長が「福沢諭吉心訓」の額を掲げ、その一項「世の中で一番 楽しく立派な事は一生涯を貫く仕事を持つ事です」を信奉していると、やって いた。

 この「福沢諭吉心訓」なるものは、偽作である。 福沢諭吉の書いたもので はない。 したがって『福沢諭吉全集』に収録されていない。 『福沢諭吉全 集』であるのは、その別巻228ページの編纂者富田正文先生による注意書き である。 曰く「(福沢諭吉心訓七則は)偽作文書であることを明らかにしてお く。 この文書が福沢の心訓であると称して流布され始めたのは、昭和三十年 頃であるらしい。 箇條が少くて複製し易いので、大小種々の形で印刷されて 広く世に行なはれてゐる」

「始造」〔昔、書いた福沢125〕2019/10/13 08:17

         「始造」<小人閑居日記 2001.12.3.>

久米宏の「ニュース・ステーション」は、一千万人もの人が見ているそうだ から、ごらんになった方も多いと思うが、11月22日に大江健三郎さんが出 ていた。 各人が個を見つける(アイデンティティーを確立する、ということ か)ための三つとして、たしか、

1.さと(悟)る 2.始造する 3.capability を挙げていた。

このうち「始造」は福沢諭吉の作った言葉だという話だった。 しかし、こ の「始造」、『広辞苑』には出ていない。

 「始造」が、福沢の著作のどこに出てくるかと、調べてみると(積んどくの 参考書だけは沢山ある)、『文明論之概略』(明治8年)の緒言(しょげん)にあ った。  「今の我文明は所謂(いわゆる)火より水に変じ、無より有に移らんとする ものにて、卒突(そつとつ)の変化、啻(ただ)に之を改進と云ふ可らず、或 は始造と称するも亦不可なきが如し。」

 維新後の日本が、文明へと進もうとすることは、火から水に変り、無から有 に移ろうとするような急激な変化であり、これは「改進」というよりも、始め から造り出す「始造」と言うべきような大難題である、ということだろうか。  西欧列強による植民地化の危険もあった当時の日本が、独立を守るためには急 いで文明へと進まなければならないというのが、福沢諭吉の認識であった。

大河ドラマ『いだてん』何点?<等々力短信 第1119号 2019(令和元).5.25.>2019/05/25 07:18

大河ドラマ『いだてん』の視聴率が悪いそうだ。 宮藤官九郎のドタバタ喜 劇調を、私は面白く見ている。 三人の女優が断然いい。 綾瀬はるか、大竹 と寺島の両しのぶ。 春野スヤから池部スヤになる綾瀬はるかは、金栗四三(中 村勘九郎)の幼馴染で、女学生の頃「逢いたかばってん逢われんたい」と「熊 本自転車節」を歌いながら自転車に乗っていた明るさが輝き、後にマラソンに のめり込む金栗を支える妻となる。 スヤが最初に嫁入りする玉名村の大地主 池部家の姑・幾江が大竹しのぶ、四三の兄・実次(中村獅童)が四三のオリン ピック渡航費用を借りに来て以来のやり取りが秀逸、ものすごい顔をする。 寺 島しのぶは女子高等師範の助教授二階堂トクヨ、ストックホルムから帰った金 栗を「敗因は何か」とひとり追及、英国留学して女子体育を創始した。

 「スースー・ハーハー」、マラソンから駅伝、日本全国縦断と走ってばかりい る中村勘九郎がバカみたいだが、その主役を見事に支える大竹しのぶや中村獅 童、そして寺島しのぶは、1999年大河ドラマ『元禄繚乱』で大石内蔵助を演じ た父・中村勘三郎(当時は勘九郎)に連なる、勘三郎ファミリーと言えるだろ う。 内蔵助の妻りく役だった大竹しのぶは、朝日新聞連載「まあいいか」に 勘九郎の長男七緒八=勘太郎の三月大歌舞伎「盛綱陣屋」、「8歳の役者が誕生 した日」自分の初日より緊張した、と書いた。

 物語はビートたけし演じる古今亭志ん生が昭和35(1960)年に寄席の高座 で語る落語『東京オリムピック噺』を舞台回しに進行する。 金栗四三の一年 前、神田亀住町で生れた志ん生、美濃部孝蔵(森山未來)の成長物語でもある。  巡査だった父親の命名には、親孝行をして蔵の一つも建ててくれという願いが こめられていたそうだが、下谷尋常小学校4年制卒業まぎわ、素行悪く退学、 すぐ奉公に出され転々とし、バクチ、酒、女郎買いなどの放蕩が続き、父親が 槍を持ち出し、「この不孝者め、突っ殺してやる」などのひと幕もあった。 浅 草の人力車夫清さん(峯田和伸)が羽田のオリンピック予選会に出て、金栗四 三と知り合う。 清さんの代わりに橘家円喬(松尾スズキ)の俥を引いた孝蔵 が、専属車夫から弟子となり、ハチャメチャながら「どこかフラがある」と朝 太の名をもらう。 金栗が入学した東京高等師範に近い、大塚の足袋屋「播磨 屋」黒坂辛作(ピエール瀧から三宅弘城)は、金栗にマラソンに向いた足袋を つくり、清さんを通じて朝太の初高座に着物を贈り、高師卒業後の金栗が下宿 もする、実に良い役なのにピエール瀧はもったいないことをした。 朝太が旅 回りに出た浜松で、よく聴きに来る田畑政治少年が浜名湖で泳ぐ友達を寂しく 見ているのに会う。 田畑(阿部サダヲ)が、東京オリンピック招致に活躍す る『いだてん』後半は、どうなるか。

『わが文芸談』〔昔、書いた福沢56〕2019/05/22 07:22

   『わが文芸談』<等々力短信 第621号 1992(平成4).12.5.>

 11月15日、TBSテレビで『父の鎮魂歌・海軍主計大尉小泉信吉』をご 覧になった方も多いだろう。 小泉信三さんの本を愛読した私には、この「ド キュメンタリー・ドラマ」という形式、説明に傾き過ぎて、原著の感動をもう 一つストレートに伝えられなかったように思う。 智に働いて角が立ち、情を 描き損なった、というところか。

 小泉信三さんに『わが文芸談』(新潮社)(文藝春秋の全集では20巻)と いう本がある。 久保田万太郎の著作権寄付による資金で、慶應義塾が行なっ ている「詩学」という特別講義の第4回として、小泉さんが昭和40年、9回 にわたって講義した速記録である。 漱石と鴎外の、人と作品の紹介、鑑賞と して、これほど優れたものはないと思う。 漱石は少し読んでいた私だが、こ の本によって鴎外への目を開かせられた。

 『わが文芸談』にも、当然鴎外と乃木の話が出てくる。 乃木は、鴎外と大 変親しかったという。 鴎外のドイツ留学の時に、乃木もドイツにいたし、以 後官界の履歴の上でも、鴎外は乃木と大変親しい関係にあった。 また乃木の 生活態度が、鴎外のそれと共感するものがあった。 乃木は、極めて質素な武 人の生活に終始した人であり、鴎外も自分の身辺に、なんの贅沢らしいことも しない。 本を買うことと、葉巻には金を使ったけれど、それ以外に何も贅沢 をしていないと、小泉信三さんは語っている。 その書きっぷり(話しぶり) には、小泉さん自身の深い共感が込められている。 

 日露戦争が終った頃から、自然主義の文学運動が、非常な勢力になった。  乃木は当時、学習院院長をしていたが、この新しい文学の傾向に対して、いろ いろ心配を持っていて、鴎外に相談したこともある。 鴎外も、自然主義の横 行に対して不満を抱いていて、それに対抗して、「三田文学」と「白樺」、そ れに与謝野鉄幹の「昴」を併せて、一つ文壇に鴎外自身の同意する新しい文学 の潮流を起こしたいと考えていたらしい。 

 これより先、慶應義塾は文科の刷新と振興のために、鴎外に出馬を要請す る。 鴎外は永井荷風を推薦し、その永井教授を始め、小山内薫、小宮豊隆ら が講師になり、「三田文学」が創刊されるなど、明治43(1910)年慶應 義塾の文科は一挙に活気づく。 そして、水上滝太郎、佐藤春夫、久保田万太 郎を始めとする、多くのすぐれた文学者を輩出することになる。 小泉さんは この日本文学史に残る大事件の、身近な観察者であった。 そんな『わが文芸 談』の、一読、再読をおすすめしたい。