「始造」〔昔、書いた福沢125〕2019/10/13 08:17

         「始造」<小人閑居日記 2001.12.3.>

久米宏の「ニュース・ステーション」は、一千万人もの人が見ているそうだ から、ごらんになった方も多いと思うが、11月22日に大江健三郎さんが出 ていた。 各人が個を見つける(アイデンティティーを確立する、ということ か)ための三つとして、たしか、

1.さと(悟)る 2.始造する 3.capability を挙げていた。

このうち「始造」は福沢諭吉の作った言葉だという話だった。 しかし、こ の「始造」、『広辞苑』には出ていない。

 「始造」が、福沢の著作のどこに出てくるかと、調べてみると(積んどくの 参考書だけは沢山ある)、『文明論之概略』(明治8年)の緒言(しょげん)にあ った。  「今の我文明は所謂(いわゆる)火より水に変じ、無より有に移らんとする ものにて、卒突(そつとつ)の変化、啻(ただ)に之を改進と云ふ可らず、或 は始造と称するも亦不可なきが如し。」

 維新後の日本が、文明へと進もうとすることは、火から水に変り、無から有 に移ろうとするような急激な変化であり、これは「改進」というよりも、始め から造り出す「始造」と言うべきような大難題である、ということだろうか。  西欧列強による植民地化の危険もあった当時の日本が、独立を守るためには急 いで文明へと進まなければならないというのが、福沢諭吉の認識であった。

大河ドラマ『いだてん』何点?<等々力短信 第1119号 2019(令和元).5.25.>2019/05/25 07:18

大河ドラマ『いだてん』の視聴率が悪いそうだ。 宮藤官九郎のドタバタ喜 劇調を、私は面白く見ている。 三人の女優が断然いい。 綾瀬はるか、大竹 と寺島の両しのぶ。 春野スヤから池部スヤになる綾瀬はるかは、金栗四三(中 村勘九郎)の幼馴染で、女学生の頃「逢いたかばってん逢われんたい」と「熊 本自転車節」を歌いながら自転車に乗っていた明るさが輝き、後にマラソンに のめり込む金栗を支える妻となる。 スヤが最初に嫁入りする玉名村の大地主 池部家の姑・幾江が大竹しのぶ、四三の兄・実次(中村獅童)が四三のオリン ピック渡航費用を借りに来て以来のやり取りが秀逸、ものすごい顔をする。 寺 島しのぶは女子高等師範の助教授二階堂トクヨ、ストックホルムから帰った金 栗を「敗因は何か」とひとり追及、英国留学して女子体育を創始した。

 「スースー・ハーハー」、マラソンから駅伝、日本全国縦断と走ってばかりい る中村勘九郎がバカみたいだが、その主役を見事に支える大竹しのぶや中村獅 童、そして寺島しのぶは、1999年大河ドラマ『元禄繚乱』で大石内蔵助を演じ た父・中村勘三郎(当時は勘九郎)に連なる、勘三郎ファミリーと言えるだろ う。 内蔵助の妻りく役だった大竹しのぶは、朝日新聞連載「まあいいか」に 勘九郎の長男七緒八=勘太郎の三月大歌舞伎「盛綱陣屋」、「8歳の役者が誕生 した日」自分の初日より緊張した、と書いた。

 物語はビートたけし演じる古今亭志ん生が昭和35(1960)年に寄席の高座 で語る落語『東京オリムピック噺』を舞台回しに進行する。 金栗四三の一年 前、神田亀住町で生れた志ん生、美濃部孝蔵(森山未來)の成長物語でもある。  巡査だった父親の命名には、親孝行をして蔵の一つも建ててくれという願いが こめられていたそうだが、下谷尋常小学校4年制卒業まぎわ、素行悪く退学、 すぐ奉公に出され転々とし、バクチ、酒、女郎買いなどの放蕩が続き、父親が 槍を持ち出し、「この不孝者め、突っ殺してやる」などのひと幕もあった。 浅 草の人力車夫清さん(峯田和伸)が羽田のオリンピック予選会に出て、金栗四 三と知り合う。 清さんの代わりに橘家円喬(松尾スズキ)の俥を引いた孝蔵 が、専属車夫から弟子となり、ハチャメチャながら「どこかフラがある」と朝 太の名をもらう。 金栗が入学した東京高等師範に近い、大塚の足袋屋「播磨 屋」黒坂辛作(ピエール瀧から三宅弘城)は、金栗にマラソンに向いた足袋を つくり、清さんを通じて朝太の初高座に着物を贈り、高師卒業後の金栗が下宿 もする、実に良い役なのにピエール瀧はもったいないことをした。 朝太が旅 回りに出た浜松で、よく聴きに来る田畑政治少年が浜名湖で泳ぐ友達を寂しく 見ているのに会う。 田畑(阿部サダヲ)が、東京オリンピック招致に活躍す る『いだてん』後半は、どうなるか。

『わが文芸談』〔昔、書いた福沢56〕2019/05/22 07:22

   『わが文芸談』<等々力短信 第621号 1992(平成4).12.5.>

 11月15日、TBSテレビで『父の鎮魂歌・海軍主計大尉小泉信吉』をご 覧になった方も多いだろう。 小泉信三さんの本を愛読した私には、この「ド キュメンタリー・ドラマ」という形式、説明に傾き過ぎて、原著の感動をもう 一つストレートに伝えられなかったように思う。 智に働いて角が立ち、情を 描き損なった、というところか。

 小泉信三さんに『わが文芸談』(新潮社)(文藝春秋の全集では20巻)と いう本がある。 久保田万太郎の著作権寄付による資金で、慶應義塾が行なっ ている「詩学」という特別講義の第4回として、小泉さんが昭和40年、9回 にわたって講義した速記録である。 漱石と鴎外の、人と作品の紹介、鑑賞と して、これほど優れたものはないと思う。 漱石は少し読んでいた私だが、こ の本によって鴎外への目を開かせられた。

 『わが文芸談』にも、当然鴎外と乃木の話が出てくる。 乃木は、鴎外と大 変親しかったという。 鴎外のドイツ留学の時に、乃木もドイツにいたし、以 後官界の履歴の上でも、鴎外は乃木と大変親しい関係にあった。 また乃木の 生活態度が、鴎外のそれと共感するものがあった。 乃木は、極めて質素な武 人の生活に終始した人であり、鴎外も自分の身辺に、なんの贅沢らしいことも しない。 本を買うことと、葉巻には金を使ったけれど、それ以外に何も贅沢 をしていないと、小泉信三さんは語っている。 その書きっぷり(話しぶり) には、小泉さん自身の深い共感が込められている。 

 日露戦争が終った頃から、自然主義の文学運動が、非常な勢力になった。  乃木は当時、学習院院長をしていたが、この新しい文学の傾向に対して、いろ いろ心配を持っていて、鴎外に相談したこともある。 鴎外も、自然主義の横 行に対して不満を抱いていて、それに対抗して、「三田文学」と「白樺」、そ れに与謝野鉄幹の「昴」を併せて、一つ文壇に鴎外自身の同意する新しい文学 の潮流を起こしたいと考えていたらしい。 

 これより先、慶應義塾は文科の刷新と振興のために、鴎外に出馬を要請す る。 鴎外は永井荷風を推薦し、その永井教授を始め、小山内薫、小宮豊隆ら が講師になり、「三田文学」が創刊されるなど、明治43(1910)年慶應 義塾の文科は一挙に活気づく。 そして、水上滝太郎、佐藤春夫、久保田万太 郎を始めとする、多くのすぐれた文学者を輩出することになる。 小泉さんは この日本文学史に残る大事件の、身近な観察者であった。 そんな『わが文芸 談』の、一読、再読をおすすめしたい。

ヤマザキマリと『男子観察録』<等々力短信 第1117号 2019.3.25.>2019/03/25 07:12

 テレビのクイズ番組を見ていると、自慢じゃないが、かなりよく答えられる。  広く浅く雑学をかじっているからだろう。 弱い分野は、漫画とポップス。 漫 画は、サトウサンペイの『フジ三太郎』までで、以後は全く知らない。 雑誌 や劇画などは、手に取ったこともない。 だからヤマザキマリさんが、どんな 人なのか、ぜんぜん知らなかった。 『テルマエ・ロマエ』を描き、映画にも なったぐらいは知っていたが…。

ヤマザキマリさん(51)が、阿川佐和子「サワコの朝」(1月19日)で、機 関銃のようにしゃべっていた。 母がヴィオラ奏者で、北海道で育った、父は 指揮者だったが幼い頃に死んだ。 ひとりテレビを見て、兼高かおるになりた かった。 絵を描くのは好きだった。 中学2年14歳の時、母の勧めで、ヨ ーロッパ(リヨンとケルン)に一人旅に出る。 ブリュッセルで、パリのルー ブル美術館へ行こうとしていて、家出少女と思われ、イタリア人のマルコ爺さ んに声をかけられた。 帰国後、母がマルコ(陶芸家だった)にお礼の手紙を 書き、その縁で17歳の時、フィレンツェの美術学校へ入る。 稼ぎのない詩 人を恋して11年貧乏暮しをし、その子を産んだ時、別れることを決意して帰 国、シングルマザーとしてイタリア語講師やテレビ・ラジオのレポーターを務 める。 その後、14歳年下のマルコ老人の孫とエジプトで結婚、彼は古代ギリ シャやローマのオタクで同好、知識が深まった。 風呂の文化が日本と古代ロ ーマにしかないなど、古代ギリシャ・ローマ事情を、もっと日本で広めたい、 と熱っぽく語っていた。

そのヤマザキマリさんにエッセイ『男子観察録』(幻冬舎文庫)があるという ので、読んでみた。 14歳の時、自分の遊牧民的性質を見抜き、それをリスペ クトしてくれた、母の大胆な決断には感謝している。 結果的に現在の自分に つながった、その背景には、母の世界観を日本に留めない育て方をした、祖父 戸田得志郎の存在があった。 祖父は明治の半ばに生れ、大学を出て横浜正金 銀行に入り、新天地アメリカに渡って、ロスアンジェルスとサンフランシスコ、 シアトルの支店を開設した。 戦時中、シンガポールへの異動を発令されるが、 胃潰瘍になり、代りに行った同僚の船がアメリカ軍に撃沈される。 「同僚に は気の毒だけど、僕はね、ラッキーなんだよ」と繰り返し、「人生はね、自分が ラッキーだと思う程、楽しいもんなんだよ」と、マリさんに教えた。 海外経 験の豊富な祖父に羨ましがられたことが、17歳のイタリア美術留学の背中を押 す。その後の大変な生活も、海外に来てまでやりたかった絵画を勉強できるそ の「ラッキー」ささえ認識すれば、祖父の言葉通り、何でも最終的には幸せに 感じられるものであり、今もマリさんは、その気持を忘れずに、日々を過ごし ている、という。

『がんを生きる新常識』2019/03/13 07:24

 今日は〔昔、書いた福沢〕シリーズを、ちょっとお休みして…。  7時半からのBSプレミアムで見ている朝ドラの『まんぷく』に続く15分番 組、先日は『がんを生きる新常識』のシリーズがあった。 年間百万人が「が ん」にかかるから、お医者さんにも「がん」にかかる人がいて、その時、お医 者さん自身はどう対処するのかを、扱っていた。

実は、子供の頃から駄洒落を言い合って、クッククックと笑い合ってきた、 古希の弟が先日、ごく初期の前立腺がんと診断され、ダ・ビンチによる手術を 受けて、無事成功した。 術後、多少の尿漏れは避け難く、しばらくはアテン トの世話になるというので、退院を祝して一句贈った。 <水温む弟アテント 当てんとす>

 ダ・ビンチという器械と、ダ・ビンチによる手術風景は、2001年、福沢諭吉 没後100年記念の『世紀をつらぬく福沢諭吉』展の、「サイアンスの視点」の コーナーで見て、強く印象に残っていた。 図録の解説に、こうある。  「内視鏡の開発は1806(文化3)年、ボツィーニ(Bozzini)によるロウソ クと反射鏡を用いた膀胱鏡の試みにはじまるとされる。福澤諭吉は「医術の進 歩」の中で内視鏡に興味を示し「視学の器機次第に巧を増すに従て、漸く内部 を窺ふの区域を増し、子宮、直腸、又は膀胱、胃の裏面の如きは、恰も口中を 見ると一般にして」と記している。胃の内視鏡は1868(慶応4)年、鉄砲洲か ら芝新銭座に塾を移して慶應義塾と称した年に、クスマウル(Kussmaul)に よって行われた。その後レンズと光源の改良や、先端が可動する器具の登場を へて、フレキシブルで同時に病変の写真撮影ができる内視鏡が1950年代に日 本で開発されている。当初は写真撮影のみが可能であったが、その後内視鏡に よって手術もふくむ診療までが可能になり、体内のさまざまな領域へ応用が進 められてきた。」  「慶應義塾大学医学部外科学教室では2000(平成12)年に手術支援ロボッ ト「ダ・ビンチ(da Vinci)」の臨床応用も開始した。3次元空間に存在する物 体が動く自由度は、並進3、回転3の合計6自由度がある。通常、鉗子は腹部 に設置した器具を支点に動くため、4自由度に制限されているが「ダ・ビンチ」 は6自由度を有するとともに、3次元のモニター上でよりスムーズに臨場感の ある遠隔操作を可能にした。」

 『がんを生きる新常識』では、ダ・ビンチによる前立腺手術の映像が流れた。  「ダ・ビンチ」の手の数は、2001(平成13)年の図録の写真より多くなって、 タコの足のようになっていた。 さらに前立腺がんの治療では、東海大学八王 子病院の高密度焦点式の超音波で焼き切る方法も紹介していた。 その図で、 前立腺がどこにあるかも、よくわかった。 短期、低侵襲で処置できるが、保 険適用外なので、90万円ほどかかるという。

 がんは、早期発見が何より大切だが、内視鏡や針を使って腫瘍組織を採取す る従来の生検(バイオプシー)に代わって、血液検査で診断や治療予測をする 「リキッド・バイオプシー」の研究も進んでいるそうだ。 「がん」の治療法 も、従来の手術、抗がん剤、放射線のほかに、第四の免疫療法や、第五のウイ ルス療法の研究(東京大学医科学研究所先端医療研究センター、藤堂具紀教授 など)も進んでいるという。

番組では一方、「がん」になったお医者さんが、あれこれ新しい治療法を探し、 右往左往して落ち込み、家族の支えで、復活する姿や、笑って明るく「がんを 生きる」ことに抜群の効果があり、ステージ4からフルマラソン、人工肛門(ス トーマ)でもフルマラソンという歯科医師なども、紹介した。 がんサバイバ ーが、職場や社会に復帰できるよう支援するために、全国行脚の活動をしてい るがんサバイバー・クラブ垣添忠生さんという方もいた。