ベースボールのルーツを求めて2022/06/30 08:09

 佐山和夫さんの講演「野球どこから、どうして」、さらに野球の源流へとさかのぼる。 フランスに「ラ・シュール」という、隣り村とのゲーム、すべてのボールゲームの母親があった。 イースターの日に、豚の膀胱でつくったボールを奪い合う。 何をしてもいい、棒で打ってもいいので、死傷者が出るほど危険なものだった。 これがイギリスに渡り、「ストリート・フットボール」となっていく。

 その支流に、いろいろなものがある。 イギリスで「ラウンダーズ」という女性のゲームがあり、短いバットで打つ。 14世紀には、女性ばかりの「ストゥール・ボール」、「ストゥール」は背もたれのない椅子の意、ボールをラケットで打ち、空振りをして椅子の座面を立てた板に当たるとアウトだった。 1620年、清教徒が上陸したアメリカ・プリマスの、プリマス・ファウンデーションでは当時の服装をしてやる、「ストゥール・ボール」が残っている。 イギリスのクリケットは、男でもやれる「ストゥール・ボール」のゲームとして行われたので、「ストゥール・ボール」はクリケットの姉にあたり、野球の母の母の弟ということになる。

 オックスフォード『スポーツゲーム事典』に、「ラウンダーズ」のルーツとして「トラップ・ボール」が載っている。 千年以上プレーされ、「トラップ」は仕掛けの意、ボールを乗せたテコのような仕掛けを叩くと、ボールが飛び上がるので、それを打つ。 パブの裏庭で遊んだ。 叩くのは、肩の力への信仰、石の文化だ。 野球、ベースボールの腰の力とは違う。 仕掛けが、木から鉄になり、切れ込みのある棒で、磁器の玉を打つ「ビレット(?)」というゲームがイギリスの北の方に残っている。

 「ラウンダーズ」、「ストゥール・ボール」、「トラップ・ボール」などが、全部アメリカへ行って、ベースボールになった。 佐山和夫さんが、この研究に各地を訪ね歩いたのは20年ほど前だというが、沢山の写真や絵、柔らかいボールや大きなボール、いろいろな道具も収集したり、自分で作ったりしたのを、次から次へと出して見せ、ボールなどは回覧もしてくれて、その探究の情熱がよく伝わった。

Pruyn駐日米公使とSeward国務長官の氏名表記2022/06/28 06:58

 小室正紀さんの「『時事新報』経済論を読む」講座、一旦お休みして、『福沢手帖』第193号が届いて、巻頭に大島正太郎さんの「慶応三年遣米使節団の交渉相手Pruyn公使とSeward国務長官の氏名表記について」という論文が出たので、それに触れておく。

 ハリスの後の駐日公使Pruynが、一般に「プリュイン」とか「プリューイン」とか表記されるけれど、『福翁自伝』「再度米国行」で福沢が書いているように「プライン」が正しい。 慶応三年遣米使節団がアメリカで会った国務長官Sewardは、「シューワード」、「スーワード」等と表記され、福沢も「シーワルト」と表記しているけれど、「スワード」が正しいと、大島正太郎さんはいうのである。

 2021年12月4日、福澤諭吉協会の土曜セミナーで、大島正太郎さんの「日米関係事始め~1850年代、60年代の両国関係~」という話を聴き、衝撃を受けた。 大島さんは、元外交官で日本国際問題研究所客員研究員。 私は、日本開国に向けた外交を主導しペリーを日本に派遣した大統領、フィルモアの名前を知らなかった。 また小野友五郎がアメリカと三隻の軍艦購入交渉をし、ハリスの後の駐日公使プラインに80万ドルを渡してあったのに、一隻しか来ていなかったことについての交渉が、使節団の遣米目的だったのだ。

 それで、この日記に下記を書いていた。 そこでは、大島さんのお話通りに、「プライン」公使、「スワード」国務長官と書いていたので、安心した。

ペリーを日本に派遣した大統領<小人閑居日記 2021.12.9.>
慶応3(1867)年、軍艦受取委員の実相<小人閑居日記 2021.12.10.>
南北対立、フィルモアの「1850年の妥協」で安定、日本開国を追及へ<小人閑居日記 2021.12.11.>
日本開国、フィルモア大統領とペリー<小人閑居日記 2021.12.12.>
日米ともに、近代化の「生みの苦しみ」<小人閑居日記 2021.12.13.>

マーク・トゥエイン『王子と乞食』のモデル2022/06/14 06:57

 杉本博司さんの「portraits/ポートレート」6月号は、「ジェーン・シーモア」である。 アン・ブーリンが公開処刑されてから、わずか11日後に、ジェーン・シーモアは王妃となる。 ジェーンは気性の激しかったアンとは正反対に、従順で優しい性格だった。 ヘンリー王の最も愛した妻として知られている。 しかし、その幸せは長く続かなかった。 ジェーンは王が渇望していた王子を見事に産んだ。 エドワード皇太子だ。 しかし、王子誕生から、わずか12日後、ジェーンは産褥熱で死んでしまう。 王妃となって一年半、愛おしい妻は自らの命と引き換えに王子を産んでくれたのだ、王は悲嘆に暮れた。

 こうして切望されて生まれた唯一の王子エドワードは、後にヘンリー八世崩御後、エドワード六世としてイングランド王に即位する。 その時わずか9歳だった。 摂政にはジェーンの兄が就き、サマセット公として実権を握るが、若き王は廷臣達の権謀術数に巻き込まれ、伯父は反逆罪で処刑され、次第に疲弊していった。 そしてたった15歳で崩御してしまう。

 19世紀になってエドワード王子の思い出は、マーク・トゥエインの小説『王子と乞食』として、再登場することになる。 堅苦しい王宮生活に嫌気がさしたエドワード王子が、衛兵に蹴散らされる乞食の子を門内に入れて、服を交換し、別世界を見るという話だ。 王と乞食、どちらが幸せかという痛烈な皮肉。 そのどちらにも人が最も必要とする自由はないのだ。 そう、杉本博司さんはまとめている。

英国国教会誕生の秘密2022/06/13 06:49

 杉本博司さんの「portraits/ポートレート」5月号は、「アン・ブーリン」。恋多き王、ヘンリー八世がなんとキャサリン王妃付の女官、アン・ブーリンに心惹かれてしまった。 黒い瞳の美少女、フランス語を巧みに操り、溌溂とした振る舞いに、魅了されたのだ。 浮気王が幾多の女官に手を出したのを見ていたアンは、作戦を立て、靡くように見せて一線を越えない焦らし戦法に出た。 王がアンに書いた手紙が現存している。 「私には一年以上も恋の矢が突き刺さったままだ……苦しみが募る」

 アンは、こうして正式な王妃としての結婚を王に迫った。 カトリックでは離婚は認められない。 追い詰められた王はキャサリン妃との結婚は無効だと教皇に申し出た。 自分と結婚した時、既にキャサリンは処女ではなかったと前言を翻したのだ。 初婚が無効なら、アンとの結婚が初婚になる。 無論、ローマ教皇はそんな虫のいい話を許可しなかった。 そこでヘンリー王は非常手段に出る。 ローマ教会を離脱して、自らを長とする英国国教会を樹立し、法皇領である修道院を没収してしまうという、経済的にも一石二鳥の手を打ったのだ。 恋心が国家の姿までも変えてしまった。

 晴れてアンと結婚してみると、望んでいた男の子は生まれず、またしても女の子だった。 後に英国を大国へと導くことになるエリザベス一世だ。 男子を産まないアンから王の心は急速に離れていった。 そしてなんと今度はアン王妃付の女官、ジェーン・シーモアに懸想してしまったのだ。 王は、私はアンに魔法をかけられて誘惑されたと言い出した。 そのほか姦通罪まで捏造されてロンドン塔に幽閉され、アン・ブーリンは公開処刑という悲惨な最期を遂げることになる。 愛は憎しみに容易に変わるものなのだ、と杉本博司さんはまとめている。 まったくすき間のない文章なので、ほとんど全部丸写しすることになった。 すみません。

 英国国教会の最大の特徴は、立憲君主制であるイギリスの統治者である国王が、教会の首長であるということだ。 現在は、エリザベス二世が1952(昭和27)年6月2日から、その地位にある。

 ヘンリー八世が1527年にキャサリン妃との結婚は無効だと申し出た教皇は、クレメンス七世。 神聖ローマ皇帝カール五世が、キャサリンの甥だったこともあって、複雑な政治問題となった。 1529年まで繰り返し行われた教皇への働きかけが失敗に終ると、ヘンリー八世は態度を変え、さまざまな古代文献を基に、霊的首位権もまた王にあり、教皇の首位権は違法であるという論文をまとめ、教皇に送付した。 1531年にはイングランドの聖職者たちに対し、王による裁判権を保留する代わりに10万ポンドを支払うよう求めた。 これはヘンリー八世が聖職者にとっても首長であり、保護者であるということをはっきり示すことになった。 1531年2月11日、聖職者たちはヘンリー八世がイングランド教会の首長であると認める決議を行なった。 ヘンリー八世の言いなりだったトマス・クランマーがカンタベリー大司教の座に就くと、王の婚姻無効を認め、王はアン・ブーリンと再婚した。 教皇クレメンス七世がヘンリー八世を破門したことで両者の分裂は決定的となった。 ヘンリー八世は1534年に国王至上法(首長令)を公布してイングランドの教会のトップに君臨した。 やがてトマス・クロムウェルのもとで委員会が結成され、修道院解散を断行、修道院が保持していた財産が国家へ移されていった。

大国スペインから迎えたお姫様キャサリン2022/06/12 07:20

 ヘンリー八世の最初の妻キャサリンは、父がアラゴン王国の国王なので、キャサリン・オブ・アラゴン。 母はカスティーリア王国の女王で、このイベリア半島の二大強国の王と女王の結婚により、スペインは上げ潮に乗る。 長年続けられてきたレコンキスタと呼ばれる運動の末に、イベリア半島からイスラム勢力を駆逐することに成功する。 当時のスペインは、英国よりはるかに大国だったのだ。 そんなお姫様を英国王室は三顧の礼を尽くして迎えた。

 実は、初めキャサリンを三顧の礼を尽くして迎えたのは、ヘンリーの兄、アーサー王子で、キャサリンは皇太子妃となる。 しかしその結婚は5か月後、アーサー王子の死とともに消滅してしまう。 アーサー王子は15歳半、虚弱体質で流行りの疫病にかかり、14歳のキャサリンを未亡人として残し、急逝したのだ。 困ったのは父のヘンリー七世だ。 莫大な持参金付きで迎えたキャサリンをスペインに返すわけにはいかない。 そこで苦肉の策として、弟のヘンリーに嫁がせることにしたのだ。

 ヘンリー王は近習の者に初夜の話を憚らず公言した。 「妻は処女であった」と。 結婚にはバチカンの承認が必要だった。 カトリックの信仰では妻は処女であらねばならない。 二人は20年以上にわたり仲睦まじく暮らした。 しかしキャサリンは死産、流産を、繰り返し、やっと生まれた王子も50日ほどで死んでしまう。 その中でただ一人、1516年に生れたメアリーだけが成長した。 後に恐るべきカトリック反動の女王となる、カクテルの名に残るブラディー・メアリーだ。 「妻は処女」発言は、次の結婚に至る紛争の火種になるのだが、それはまた明日。

 杉本博司さんの「キャサリン・オブ・アラゴン」の解説、あまりにも面白いので、みんな紹介してしまうことになった。

 ブラディー・メアリーは、ウオツカとトマトジュース、またはこれにレモンジュースを混ぜたカクテル。 カトリック教徒で、スペイン王フェリペ二世と結婚、旧教の復活を進め、多くの新教徒を処刑した16世紀の英国女王メアリー一世(メアリー=チューダー、在位1553~1558年)にちなむ。