福沢索引2006年7月のブログ・読史五十年から得たもの[昔、書いた福沢241]2020/03/20 06:53

読史五十年から得たもの<小人閑居日記 2006.7.25.>
 22日、慶應義塾創立150年記念事業の一つ「復活!慶應義塾の名講義」の第
6弾、森岡敬一郎名誉教授の「読史五十年から得た教訓と反省」。 三田キャン
パスの第一校舎121番教室、きれいに改装はしてあるが、40年以上の昔、高木
寿一教授の「財政学」や飯田鼎助教授の「社会政策」の講義を受けた記憶のあ
る教室だ。

 森岡先生は文学部の西洋史、マグナ・カルタの研究がご専門、9月には84
歳になられる。 戦争から帰って、なぜイギリスに負けたのかを考えた。 そ
れでイギリスの歴史、憲法や制度、マグナ・カルタの研究に入って行った、と
いうのだ。 私は、司馬遼太郎と同じだ、と思った。

 肝心の、なぜイギリスに負けたのかの要因(つまりあちらにあって、こちら
にないもの)。 一つは、最大のものや理想的なものでなく、考えられる次善の
ものを選択すること。 もう一つは、人間は不完全なものであるという人間観。 
それは、福沢先生の人間蛆虫論、人事には絶対の美がない、どこか欠陥がある
けれど、それを承知の上で謙虚に努力する、というのに通じるところがある。 
利己心を捨てることで、謙虚さを得るというアダム・スミスの話も出た。

 専横な王様にマグナ・カルタを認めさせる以前の時代には、王様は毎年赤字
なので、戦争をやる、つまり「桃太郎」をやった。 太平洋戦争で、日本が中
国に出かけ、さらに南方の石油を目指したのは、8~9世紀の頭で、20世紀を
やったのだ。 古い歴史も、現代につながる教訓がある、というお話だった。

福沢索引2006年6月のブログ・近代大阪を作った慶應出身の企業家[昔、書いた福沢239]2020/03/18 07:11

慶應出身の大阪の代表的企業家<小人閑居日記 2006.6.28.>
 26日、三田の演説館で、福澤研究センターの講演会。 「近代企業家と福澤
諭吉」シリーズの一つ、宮本又郎関西学院大学教授の「近代大阪をつくった慶
應義塾出身の企業家、ニュー・ビジネスモデルを開発した2人―山辺丈夫と小
林一三―」。
福沢と大阪の関係から話を起し、まず慶應義塾出身の大阪の代表的企業家を
列挙した。 外山脩造(長岡・河井継之助門下、銀行家、阪神電鉄初代社長)、
黒川幸七(黒川証券)、山辺丈夫(大阪紡績、東洋紡績)、平賀敏(三井銀行、
阪急電鉄)、上山英一郎(大日本除虫菊、現キンチョール、福沢がアメリカ人を
紹介、その人が除虫菊のタネをくれた)、武藤山治(三井銀行、鐘淵紡績)、阿
部房次郎(金巾製織、東洋紡績)、小林一三(三井銀行、阪急電鉄)、里見純吉
(三越、大丸、白木屋)、小寺源吾(尼崎紡績、大日本紡績)、津田信吾(鐘淵
紡績、鐘淵実業、国際工業)、山口吉兵衛(山口銀行、日本生命、大阪貯蓄銀行)、
杉道助(八木商店、大阪商工会議所会頭)、加藤正人(鐘淵紡績、大和紡績)。
イギリスの工場にもぐり込んで近代紡績業の技術を習得してきた山辺(やま
のべ)丈夫は、明治6(1873)年11月に計画、開校され、明治8(1875)年6
月まであった慶應義塾の分校、大阪慶應義塾で数か月だが学んだ。

山辺丈夫、イギリスで紡績技術を習得<小人閑居日記 2006.6.29.>
 宮本又郎教授の山辺丈夫の話。 山辺丈夫は1851(嘉永4)年、石見国津和
野(島根県)藩士の息子、ともに津和野出身の福羽美静の培達義塾、西周の英
学塾・育英舎で学ぶ。 1873(明治6)年23歳の時、父が亡くなり、大阪に
転居し、大阪慶應義塾で学び、同時に船場小学校の教員となる。 1877(明治
10)年英語を教えていた旧藩主の養嗣子亀井慈明に随行してイギリスに留学、
ロンドン大学に入学、ジェボンズについて経済学を学んでいた。留学中の山辺
に白羽の矢を立てた渋沢栄一から「イギリスで紡績技術を学び、構想中の紡績
会社に協力されたい」との手紙が舞い込む。
 幕末の開港以後、安価で均斉な外国綿製品が大量輸入され、国内綿業は大打
撃を受けた。(さほど打撃を受けなかったという説もある) 明治政府は輸入を
防ぐため、イギリスから紡績機械を輸入し、愛知と広島に官営紡績所を設置し
たほか、全国10か所に安価に払い下げ、2000錘紡績を目指した。 しかし、
これは経営的には成功しなかった。 渋沢栄一が重視したのは、(1)大規模、
(2)技術の指導、事業の運営にあたる人材だった。 渋沢は山辺に1500円の
研究資金を送った。 山辺はブラックバーン市のブラッグズ工場に実習生(職
工)として入った。 綿花の買い入れから、紡績の生産全工程、販売方法、包
装など一切を学び、帰国に際しては、イギリスの会社(プラット社)から紡績
機械、蒸気機関などを購入、1880(明治13)年7月に帰国した。

山辺丈夫・大阪紡績の成功<小人閑居日記 2006.6.30.>
 山辺丈夫は帰国後、紡績工場の建設に着手する。 渋沢側の計画に、大阪の
藤田伝三郎や松本重太郎を中心にした大阪商人(旧、綿業関係商人を含む)の
紡績会社起業計画が合体し、東京資本と大阪資本を合わせた28万円の大阪紡
績会社構想に発展する。 山辺丈夫が工務支配人として、技術面・生産面での
実質経営者となって1883年7月に操業を開始した大阪紡績は、当初から大き
な利益を生み出し、大成功した。 成功の要因は、(1)大規模生産のメリット。
(2)労働者の二交代制。(3)港に近く立地し、国産綿花から中国綿、インド
綿へ切り替えた。(4)製品戦略は、在来綿織物の原糸となる太糸(着物に使う)
に集中し、イギリス、インドの細糸との競争を回避した。(5)大阪の立地条件。
綿業の生産、流通の本場で、商人の蓄積があった。(6)運転資金は、渋沢の第
一国立銀行、松本重太郎の第百三十国立銀行のバックで、潤沢だった。
 山辺丈夫ならではの新機軸。 山辺はイギリスの紡績技術書の翻訳をして、
部下の技師用のマニュアルをつくった。 3階建てないし4階建ての工場、現
場重視、現場の職工を大切にして、部下技術者を自前で育成した。 兼営織布
業への進出。 イギリスのミュール紡織機から、不熟練工でも扱うことのでき
るアメリカのリング紡織機への切り替え。 遠隔地募集と寄宿舎。 寄宿舎で
の福利厚生。 中国、朝鮮への輸出。 合併で、東洋紡績へ(1914(大正3)
年)と発展する。

福沢索引2006年5月のブログ・W・K・バルトン生誕150年[昔、書いた福沢233]2020/03/12 06:54

「日本の公衆衛生の父」バルトン記念の会<小人閑居日記 2006.5.15. >
13日、目黒の東京都庭園美術館の新館ホールで「W・K・バルトン生誕150
年記念講演会」。 W・K・バルトンは、日本女性荒川満津(まつ)との間に娘・
多満子を授かり、東京の英国領事館で正式の結婚式を挙げた(当時、日本女性
との関係を正式なものとするのは少数派だったそうだ…加藤詔士名古屋大学大
学院教授の講演による)。 会場には多満子さんの子孫、バルトンからは曾孫に
あたる鳥海幸子さんやメッツ・陽子さん、玄孫にあたるケビン・政弥・メッツ
さんがおられた。

バルトンとバートン、息子の帰郷<小人閑居日記 2006.5.16.>
 稲場紀久雄大阪経済大学教授は昨年、150日にわたってバルトンの故郷エジ
ンバラを中心にスコットランド、そしてロンドンで調査。 福沢の『西洋事情』
外編は、バルトンの父ジョン・ヒル・バートンの『政治経済学』の翻訳が主体
になっている。 バルトンが幼・少年時代を過ごしたエジンバラに9月、本国
ではその業績が知られていないW・K・バルトンの記念碑を建てる予定。

現地で悟ったバルトン来日の理由<小人閑居日記 2006.5.17.>
 稲場紀久雄教授は、バルトンを日本に導いた直接の要因は、育った環境と、
青年達の海外雄飛の願望に火を点した父の著書『ザ・スコッツ・アブロード(海
外のスコットランド人)』ではなかったか、と。 明治維新の若き志士達を支援
したトマス・グラヴァーや日本の灯台の父と仰がれるリチャード・ブラントン
は、父の故郷アバディーン及びその近郊の人である。

W・K・バルトンの学歴と職歴<小人閑居日記 2006.5.18.>
 来日前のW・K・バルトンの学歴と職歴を、藤田賢二東大名誉教授の基調講
演「わが国衛生工学の始祖バルトン」と、稲場紀久雄教授の講演から。 産業
革命には、光と影の両面があった。 機械工学は光のあたる分野だったが、社
会的に切望されていたのは衛生工学だった。 衛生工学に進んだバルトンの生
涯には、父ジョン・ヒルの強い影響。 土木技術者の叔父(母の末弟)コスモ・
イネスと共同で会社と衛生保護協会を設立、環境衛生に関するあらゆる技術的
相談に乗る。

バルトンが日本写真史に果たした役割<小人閑居日記 2006.5.19.>
 写真史家で東京都写真美術館専門調査員、金子隆一さんの講演「W・K・バ
ルトンが日本写真史に果たした役割」。 バルトンが滞日した明治20年代は、
それまでのコロディオン湿板法から、ゼラチン乾板法への転換が確立していく
時期。 秒単位の短時間での撮影、速いシャッターでの撮影も可能になり、写
真印刷が社会的に確立した時期でもあった。

アマチュア、そして総合人間学<小人閑居日記 2006.5.20.>
 バルトンは写真家としては、アマチュアだったから、自由に、何でも撮って
よいという立場であり、それを生かした。 ピクトリアリズム(絵画主義)の
芸術写真、都市の風景のスナップショット、愛岐地震の写真集などでも人物や
生活感を取り込んでいる。

日本の土木工学とスコットランド<小人閑居日記 2006.5.25.>
 西川俊作先生に最近のW・K・バルトンとスコットランド関係の進展を手短
にご報告。 先生は、日本ではスコットランドとイングランドを一緒に考える
けれど、ぜんぜん別で、日本の土木工学はスコットランドと関係が深いこと、
工部大学校のヘンリー・ダイヤーや、橋や灯台のブラントンもスコットランド
人だといわれた。 岩倉使節団がエジンバラを訪れた時、伊藤博文がグラスゴ
ーまで足を伸ばして、お雇い外国人を探した。 工部大学校をつくったダイヤ
ーには、幕末ロンドン密航“長州ファイブ”の山尾庸三(工部卿)が協力。

福沢索引2006年5月のブログ・武器が時代を動かす[昔、書いた福沢231]2020/03/10 07:01

鉄砲が時代を動かす<小人閑居日記 2006.5.3.>
 浅田次郎さんの『五郎治殿御始末』(中公文庫)の解説(磯田道史茨城大学助
教授・日本近世史)など。 この島国にヨーロッパから伝来した「火縄銃」が、
群雄割拠の、在地領主の時代を終らせた。 武士たちは、天下統一が進むと、
「在地」から切り離され、兵農分離で、城下町に集住させられ、「国替え」の一
言で、どこへでも赴任させられるようになった。 この武士の世を終らせたの
は、またしても鉄砲、ライフル銃と榴弾砲の登場によって、刀や槍・騎馬武者
は何の役にも立たなくなった。 当然のことながら、飛行機や、ミサイルの登
場が、戦争を大きく変化させたことを、思わずにいられなかった。

アームストロング砲とライフル銃<小人閑居日記 2006.5.4.>
 以前、「新旧武器の威力の差<小人閑居日記 2003.4.28.>」というのを書い
ていた。 
薩英戦争と下関戦争、この二つの戦争による実地体験で、薩長両藩は、新旧
武器の威力の差を知った。  陸戦も経験した長州は、西洋の陣法の優秀なこ
とも知った。 この教訓に学んだ薩長両藩は、ただちに近代装備の購入に努め、
たまたま南北戦争が終わって余剰の出ていた武器を大量に輸入することができ
た。 それが戊辰戦争で、数の上では圧倒的に優勢な幕府軍に大勝できた要因
になったのである。

イギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたこと<小人閑居日記 2006.5.6.>
 薩英戦争の時、鹿児島の市街地を焼いたのは「ロケット弾」と、皆村武一さ
んの『『ザ・タイムズ』にみる幕末維新』(中公新書)にあった。 1864年2
月10日付『ザ・タイムズ』から、この「鹿児島の火災」問題がイギリス下院
議会で論議された経過がくわしく書かれている。 ブックストン議員の動議に
もとづいて、政府は鹿児島の町を焼いたことに対して遺憾の意を表明すること、
イギリスが鹿児島で行なった攻撃(戦争)は文明国間で戦争に際して通常守ら
なければならない義務と政策に違反するものであること、攻撃を指揮したクー
パー提督に個人的に責任があることが、採択されたという。
(参照 : 福沢索引2006年3月のブログ・松沢弘陽さんの「福沢諭吉と
mid-Victorian Radicalism」[昔、書いた福沢229]<小人閑居日記 2020.2.29.
>)

福沢索引2006年3月のブログ・松沢弘陽さんの「福沢諭吉とmid-Victorian Radicalism」[昔、書いた福沢229]2020/02/29 07:08

乾長江遺墨展<小人閑居日記 2006.3.29.>
 3月25日、交詢社で福澤諭吉協会の総会と土曜セミナーの前に、鳥羽の門野
幾之進記念館の前庭にあった、門野幾之進・重九郎(ちょうくろう)兄弟の顕
彰碑を揮毫した乾長江さんの遺墨展を見た。

ショーロジ・カラウスヘーの建言書<小人閑居日記 2006.3.30.>
 松沢弘陽さんの講演「福沢諭吉とmid-Victorian Radicalism -『福翁自伝』
を手がかりに」。 『福翁自伝』の「欧洲の政風人情」に、遣欧使節で滞在中の
ロンドンで、ある英国人が議院に建言した草稿を日本使節に送ってきた話が出
てくる。 その建言書は、英国公使オールコックが新開国の日本で、あたかも
武力をもって征服した国民に対するような乱暴無状の振る舞いをしていると、
いろいろ証拠をあげて糾弾するものだった。 福沢は、本国には日本にいる英
国人と違い、公明正大な人がいるものだと、溜飲を下げる。 松沢弘陽さんは
ロンドンで調査し、その人物にたどり着く。 

George Crawshay-その生涯と活動<小人閑居日記 2006.3.31.>
 George Crawshay(1821-96)は、鉄鋼業を経営して成功、労働者にもよくした。 
1840年代、政治や社会に積極的に発言し、Radicalismの主要な運動に参加し
た。 1853年、Foreign Affairs Committeeを創設し、外交政策の実証的分析
と批判の国内改革、さらに被抑圧諸国民の支援へと活動の場を広げた。

建言書が福沢に与えた衝撃<小人閑居日記 2006.4.1.>
 福沢は、開国一偏の説を堅固にし、国際関係理解を深めた。 主権国家間の
権力政治と万国公法の存在に注目し、万国公法がヨーロッパの内でも外でも実
効性を持つと判断した。 万国公法の裏付けとしての(1)世論(自発的結社が力
を持つ)、(2)福沢のいう「権力の平均」(ヨーロッパでのバランス・オブ・パワ
ー)を知った。 しかし、その衝撃はそれほど長続きせず、後年、懐疑的な議
論も出る。 私が松沢さんの講演を聴きながら、しきりに思ったのは、その後
のイギリスの例のバルフォア宣言(1917)に端を発する中東問題、そして現在
のアメリカの外交政策と戦争のことだった。 Foreign Affairs Committeeの
ような活動が世界中で、もっと活発で、有効に機能すれば、それらをチェック
できたのではないか、と。