丸山真男「福沢における惑溺」のさわり2017/11/30 07:26

 丸山真男の講演「福沢における惑溺」抄録のつづき。 福沢が問題の「惑溺」 を、どういう文脈の中で使っているか。 三つの時期に分けることができる。  第一の時期は、これが実際は一番重要な時期になるが、福沢がこの言葉を集中 的に使った時期である。 およそ明治2年頃から、「覚書」というメモを書い た8年から11年頃まで。

 もっとも早い例が、『西洋事情二編』に出てくる。 巻之三「仏蘭西史記」で フランス革命の経過を書いた中に、ジャコバン党がルイ16世をギロチンにか けて、「政府の挙動恰も狂するが如く」「当時事を用る者の説に、耶蘇の宗旨は “徒に人心を惑溺せしむるもの”(傍点)なれば、之を廃すべしとて寺院を毀ち、 寺領を没収し、(中略)国中に布告して曰く、以後仏蘭西人は自由不羈の趣意を 信じ、公明正大の理に帰依し、此大義を以て天神に代ふ可しと。粗暴も亦甚だ し。名は自由なれども其実は然らず。今般の革命を以て仏蘭西の政治は暴を以 て暴に代へたるのみならず、改革を望みし者も自由を求めて却て残虐を蒙ると 云ふ可し。」と、ロベスピエール独裁の生んだ「恐怖(テロル)の支配」を紹介 している。

 明治7年10月に弟子の馬場辰猪に宛てた有名な手紙。 「方今日本にて、 兵乱既に治りたれども、マインドの騒動は今尚止まず、此後も益々持続すべき 勢いあり、古来未曽有の此好機会に乗じ、“旧来の惑溺を一掃して、”(傍点)新 しきエレメントを誘導し、民心の改革をいたし度、迚も今の有様にては外国交 際の刺衝に堪不申。」「吾輩の目的は、我邦之ナシヨナリチを保護するの赤心の み。」と言っている。 で、そのあとに、「内の妄誕を払わざるを得ず」……つ まり国内の平均をなそうとするには、階級制を打破して、まず妄誕を払わなけ ればならない。 この「妄誕」も、「惑溺」と同様にしばしば使っている言葉だ。  これはほとんど次の『文明論之概略』と同じ論旨である。

 福沢は『文明論之概略』の第二章で、「惑溺」の定義を与えている。 「此時 に当って日本人の義務は、唯この国体を保つの一箇条のみ。国体を保つとは、 自国の政権を失はざることなり。」 今、一番緊要な問題なのは、日本の独立を 失わないことなのだ。 そのためには、「人民の智力を進めざる可らず。其条目 は甚だ多しと雖ども、智力発生の道に於て第一着の急須は、“古習の惑溺を一掃 して、”(傍点)西洋に行はるゝ文明の精神を取るに在り。陰陽五行の“惑溺” を払はざれば、窮理の道に入る可らず、人事も亦斯の如し、古風束縛の“惑溺” を除かざれば、人間の交際は保つ可らず。既に此“惑溺”を脱して、心智活潑 の域に進み、全国の智力を以て国権を維持し、国体の基、初て定るときは、又 何ぞ患る所かあらん。皇統の連綿を持続するが如きは易中の易のみ。」

 それからとくに「惑溺」の使い方として重要なのは、西洋文明を絶対化しな いで、これを相対的に見ようと主張しているときに、「惑溺」という言葉を使っ ていることだ。 だから逆にいえば「惑溺」というのは、今日の俗語で「いか れてしまう」といいかえたらいいと思うが、科学的根拠なしにいかれてしまう のはみな惑溺だ。 と、「福沢いかれ派」を自称する丸山真男が述べていた。

丸山真男「福沢における惑溺」の序論2017/11/29 07:28

 そこで、丸山真男の1985(昭和60)年の講演「福沢における惑溺」を、福 澤諭吉協会の『福澤諭吉年鑑』13(1986)で読んでみた。 関係のところを、 抄録してみる。

 福沢がいろいろな外国書を非常に自由に読んで、自由に活かしたということ については、十分ご承知の通りだ。 大幅に原典の文章に依拠している場合で も、比喩は全部変えて、日本史の中から比喩を取ってくるといった、そういう 能力については、強調するまでもない。

日本の学者への悪口として「横のものを縦にしただけじゃないか」と言うけ れど、横のものを縦にするのは大変だ。 その困難さの自覚が乏しい、もしく は乏しくなっていったことに、問題があるのではないか。 何百年、何千年の 伝統を持った異質的な文化との接触の問題と関係がある。 従って、そこには 非常に難しい問題がある。

私どもの祖先は、かつて中国の非常に高度な、世界に冠たる文明と接触して、 非常に苦労をして、言葉の問題でも、訓読とか、返り点とか、驚くべき発明を した。 しかし中国語と日本語では、文法の構造も、文化的背景も違う。 だ から実は大変なのだ。 荻生徂徠がやったことを一言でいえば、われわれが日 常読んでいる『論語』というものは、外国語で書かれている古典だ、というこ とを宣言したことに尽きる。 これはコロンブスの卵で、なんでもないことの ようで、大変な革命的宣言なのだ。 徂徠は翻訳にともなう「和臭」について の無自覚を突いたわけで、その甚大なショックを受けることなしには、あの本 居宣長の『古事記伝』の業績は生まれなかった。

 横のものを縦にする実質的な困難さの自覚というものは、近代日本の後の時 代よりはかえって幕末と維新の初めの思想家の方にあった。 その自覚が、ヨ ーロッパ文明を貪欲に吸収するエネルギーになったと同時に、逆説的だけれど、 彼らの思想を豊饒ならしめた、つまり、たんなる翻訳文化以上のものにしたと いう、そういう関係があるのではないか。 今日単純に「翻訳」という表現で はとうてい言いつくせないほど重要な《思想的課題》を内包していたのだ。

 維新前後にヨーロッパ語が怒涛のように流入した時、ほとんど漢語をもって 当てるわけだが、漢語を翻訳語として用いる場合、用法が三つあった。 一つ は伝統的な漢語をほぼそのまま使っている場合。 第二は、伝統的な漢語を換 骨奪胎して、やや違った意味に使ったケースだ。 たとえば「自由」という言 葉であって、もとは仏教語だけれど、江戸時代には自由というのは我がまま勝 手というような大体悪い意味で使われている。 ところがそれに今度はリバテ ィーとかフリーダムという言葉を当てるとなると、これは自由という言葉があ るにしても、意味内容に非常に大きな転換があるわけだ。 第三のケースは、 全く該当する言葉がない場合で、これは造語しなければならない。 福沢は得 意になって最初に出た全集の緒言にそのことを書いている。 たとえばコピー ライトを「版権」と訳す。 「版権」というものは文字通り無かったコトバで ある。 言葉が無いということは、そういう観念がないということの現われだ から、ある文化にある言葉が無いということも重要な意味を持つ。 もっとも 右の二と三とのケースはそう簡単に区別できないわけで、両方にまたがってい る場合もある。 たとえばブックキーピングを「帳合之法」と訳した。 恐ら く全くの造語というより、たとえやり方は大福帳式にしても、「帳合」に似た言 葉が商家にあったのだろうが、複式簿記などは想像外だから、造語とも言える わけで、二と三の中間である。

 本日のテーマ「惑溺」だが、これは福沢の思想に、とくに福沢の最も豊かな 思想形成期に、頻発してくる言葉である。 「惑溺」は、内在的価値に対する 福沢のけなし言葉である。 現実に作用する仕方というものを問わないで、そ のもの自身を尊いとする考え方は――福沢の言葉でいうならば「物の尊きにあ らず働きの尊きなり」ということを倒錯しているからだ、そういうふうに働き を忘れて、物それ自体を尊ぶのが、「惑溺」だというわけだ。

福澤の自由主義には、かなりの制約2017/11/28 07:27

 池田幸弘さんの講演のつづき。 福澤諭吉は、『学問のすゝめ』初編でも、「自 由主義」に言及しているが、第八編とはかなり違うことを言っている。

 「人の天然生まれつきは、繋がれず縛られず、一人前の男は男、一人前の女 は女にて、自由自在なる者なれども、ただ自由自在とのみ唱えて分限を知らざ ればわがまま放蕩に陥ること多し。すなわちその分限とは、天の道理に基づき 人の情に従い、他人の妨げをなさずしてわが一身の自由を達することなり。自 由とわがままとの界は、他人の妨げをなすとなさざるとの間にあり。譬えば自 分の金銀を費やしてなすことなれば、たとい酒色に耽り放蕩を尽くすも自由自 在なるべきに似たれども、けっして然らず、一人の放蕩は諸人の手本となり、 ついに世間の風俗を乱りて人の教えに妨げをなすがゆえに、その費やすところ の金銀はその人のものたりとも、その罪許すべからず。」

 福澤の議論には随所に、日本の伝統的モラルに近い言説がみられる。 ミル の「危害原則」で、かなり大きな制約を受けている。 「一人の放蕩は諸人の 手本となり」世間の風俗を乱し、社会全体に影響を及ぼす。 福澤の考える「危 害の範囲」は、広い。 つまり、ウェーランド=福澤の自由主義には、かなり 制約があるといわざるをえない。

 ウェーランドと福澤の関係には、思想が他の国に入るプル要因があった。 ウ ェーランドを読んだので、福澤には書けた(プッシュ要因)。 福澤の側に、受 容する要因があった(プル要因)。 福澤の自由主義は、近世と近代の思想をど う考えるのか。 福澤の新しい側面をどう強調するのか。 近世(江戸時代) 的ファクターが超克されて、近代に移り変わっているようには見えない。 近 世的なものが、かなり大きなものが、見える。

 丸山真男は、1985年の福澤諭吉協会の総会での講演「福澤における惑溺」で、 日本思想における古層の問題を論じた。 日本の社会思想の基盤の上に、中国、 西洋から新しい思想が入ってくる。 古層は、われわれのメンタリティーから なかなか出ていかない。 それが近代社会の一側面である。

 質疑応答から。 平石直昭さんはコメントで、丸山真男の古層論は最近出た 『丸山真男講義録』別冊一56年・59年で、記紀神話からの古層への関心を示 しているとし、戦後の1956、57年前後には古層への言及が他にも沢山あった と指摘した。 桑原武夫は中里介山『大菩薩峠』について、中村元(仏教学) は1949年『日本人の思惟方法』でチベットと日本人の関係、原始神道、古神 道が仏教を受け容れるベースにある、きだみのる「日本文化の根底に潜むもの」 (『群像』連載)、加藤周一など。

 平石さんはまた、福澤は「自由主義」を定義したわけではない、「自由は不自 由の際に生ず」と『文明論之概略』で、ギゾーのフランス・リベラリズムから も書いている。 『学問のすゝめ』は、明治5年から9年にわたって17編が 出、1年以上の中断もある。 日本社会の大変化の時期だが、初編にくらべ、 第八編の頃は少し落ち着いている。 そういうコンテキストの中で、どういう 読者層を対象にしているか、読むべきと。

 小室正紀さんは、『学問のすゝめ』は、議論の本位、視点がちょいちょい変わ る。 ウェーランド『道徳科学要綱』第1巻は個人道徳の制約を述べているの で、それが『学問のすゝめ』初編に出ている。 古層の問題、丸山真男の「福 澤惚れ」は福澤が古層から一番遠いところに来ていたからではないか。

(余談だが、渡来文化の受容については、昨年2月13日・14日放送のNHK スペシャル「司馬遼太郎思索紀行 日本人とは何か」について、下記で書いて いたことを思い出した。

「名こそ惜しけれ」「恥ずかしいことはしない」<小人閑居日記 2016.3.13.>

http://kbaba.asablo.jp/blog/2016/03/13/

武士道の「公」意識と近代史<小人閑居日記 2016.3.14.>

渡来のものへの好奇心、柔軟な受容<小人閑居日記 2016.3.15.>

「日本文化」の誕生、明治近代化の秘密<小人閑居日記 2016.3.16.>)

清岡暎一英訳『福翁自伝』のさわり2017/11/23 06:32

  ついでだから、清岡暎一英訳で『福翁自伝』のさわりの部分も見ておこう。

「わたしのために門閥制度は親のかたきでござる。」

 For, all in all, the feudal system was my father’s greatest enemy.

「「この慶應義塾は日本の洋学のためにオランダの出島と同様、世の中に如何な る騒動があっても変乱があっても未だ曾(かつ)て洋学の命脈を断やしたこと はないぞよ、慶應義塾は一日も休業したことはない、この塾のあらん限り大日 本は世界の文明国である、世間に頓着するな」と申して、大勢の少年を励まし たことがあります。」

 “As I see it, our own Keio-gijuku stands for Western studies in Japan as much as Dejima did for Dutch nationalism.  Whatever happens in the country, whatever warfare may harass our territory, we have never relinquished the hold on Western learning. As long as this school of ours stands, Japan remains a civilized nation of the world. Let us put our best efforts into our work, for there is no need of concerning ourselves with the wayward trend of the world.” Such was my manner of encouraging the young pioneers.

「国勢の如何は果して国民の教育より来るものとすれば、双方の教育法に相違 がなくてはならぬ。ソコデ東洋の儒教主義と西洋の文明主義を比較してみるに、 東洋になきものは、有形において数理学と、無形において独立心と、この二点 である。」

 Granting that a nation’s destiny depends upon the education of its people, there must be some fundamental difference in the education of the Western and Eastern peoples.  In the education of the East, so often saturated with Confucian teaching, I find two points lacking ; that is to say, the lack of studies in“number and reason”in material culture, and the lack of the idea of independence in the spiritual culture.

イギリスとロシアは「犬猿の仲」2017/11/22 07:07

 清岡暎一さんの英訳『福翁自伝』が二回、話題になったので、以前友人がく れた『THE AUTOBIOGRAPHY OF FUKUZAWA YUKICHI』(北星堂書店、昭 和9年11月1日発行、昭和22年5月23日訂正増補第4版)で、18日に取り 上げた削除箇所「攘夷論」の章、「鹿児島湾の戦争」という小見出しの立てられ た部分、「イギリスとロシアとの間がらは犬とサル」を見てみよう。

 『福翁自伝』の、その箇所は、「戦争の済んだあとで、かの旗艦に命中した破 裂弾の破片(かけら)を見て、戦中の英人らがしきりに語り合うに「こんな弾 丸が日本でできるわけはない。イヤよく見ればロシア製のものじゃ。ロシアか ら日本に送ったのであろう」などと評議区々(まちまち)なりしという。

当時 クリミヤ戦争の当分ではあるし、元来イギリスとロシアとの間がらはイヌとサ ルのようで、相互にいろいろな猜疑心(さいぎしん)がある。今日(こんにち) に至るまでも仲はよくないように見える。」

 清岡暎一英訳では、こうなっている。

After the battle was over, the British officers had much discussion over the fragments of the shell that hit the flagship:“The Japanese couldn’t have manufactured this shell.”said one. “Where did they get it?” “This,” said another, “looks to me like a Russian shell.” “Yes,”said the third, “Russia must be backing Japan! ”

This was but a few years after the Crimean war.  The relations between England and Russian were like those between a dog and a monkey. It seems to me that their relations have not improved much since.