ドイツのメルケル首相に感心する(再録)2017/09/18 06:44

   ドイツのメルケル首相に感心する<小人閑居日記 2015.5.9.>

 ちょうど2か月になるが、来日したドイツのメルケル首相の意見と発言には、 すっかり感心した。 書いておかなければと思いつつ、2か月が経ってしまっ た。 3月9日の安倍首相との首脳会談、会談後の記者会見、それに先立つ講 演(朝日新聞社、ベルリン日独センター共催)と質疑応答などの、主に朝日新 聞の報道で知った内容だ。

 第一は、ドイツの「脱原発」の決定。 物理学者から、ドイツの首相、欧州 を率いるリーダーとなったメルケル氏は、長年、核の平和利用には賛成してき た。 その考えを変えたのは、4年前の福島の原発事故だった。 この事故が、 日本という高度な技術水準を持つ国でも起きたからだ。 そんな国でもリスク があり、事故は起きるのだということを如実に示した。 自分たちが現実に起 こりうるとは思えないと考えていたリスクが、あることが分かった。 だから こそ、当時政権にいた同僚とともに、「脱原発」の決定を下した。 ドイツの最 後の原発は2022年に停止し、自分たちは別のエネルギー制度を築き上げるの だという決定である。

 第二は、隣国との関係。 ドイツは幸運に恵まれた。 悲惨な第二次世界大 戦の経験ののち、世界がドイツによって経験しなければならなかったナチスの 時代、ホロコーストの時代があったにもかかわらず、ドイツを国際社会に受け 入れてくれたという幸運である。 どうしてそれが可能だったのか? 一つに は、ドイツが過去ときちんと向き合ったからだろう。 そして、全体として欧 州が、数世紀に及ぶ戦争から多くのことを学んだからだと思う。 さらに、当 時の大きなプロセスの一つとして、独仏の和解がある。 和解は、今では友情 に発展している。 しかし、隣国フランスの寛容な振る舞いがなかったら、可 能ではなかっただろう。 ドイツにも、ありのままをみようという用意があっ たのだ。

 日独首脳会談では、東アジア情勢が取り上げられ、メルケル首相は「この地 域にアドバイスする立場にない」と前置きした上で、韓国と日本が良好な関係 を結ぶことを願うと言及した。 戦後ドイツでは、ナチスが行った恐ろしい所 業について、自分たちが担わなければならない罪について、どう対応するかと いう非常に突っ込んだ議論が行われた。 過去の総括が和解の前提になるとい うドイツの経験を、安倍首相にお話しさせていただいた。

 東シナ海、南シナ海における海路・貿易路の安全が海洋領有権を巡る争いに よって脅かされている。 これらの航路は、ヨーロッパとこの地域を結ぶもの で、その安全は自分たちヨーロッパにもかかわっている。 しっかりした解決 策を見出すためには、二国間の努力のほかに、東南アジア諸国連合(ASEAN) のような地域フォーラムを活用し、国際海洋法にも基づいて相違点を克服する ことが重要だと考える。 透明性と予測可能性こそ、誤解や先入観を回避し、 危機が生まれることを防ぐ前提なのだ。

 第三は、「言論の自由」。 メルケル首相は、言論の自由は政府にとっての脅 威ではないと思う、と言う。 民主主義の社会で生きていれば、言論の自由と いうのはそこに当然加わっているものであり、そこでは自由に自分の意見を述 べることが出来る。 法律と憲法が与えている枠組の中で、自由に表現するこ とができるということだ。 34~35年間、私は言論の自由のない国(東ドイツ) で育った。 その国で暮す人々は、常に不安におびえ、もしかすると逮捕され るのではないか、何か不利益を被るのではないか、家族全体に何か影響がある のではないかと心配しなければならなかった。 そしてそれは国全体にも悪い ことだった。 人々が自由に意見を述べられないところから、革新的なことは 生まれないし、社会的な議論というものも生まれない。 社会全体が先に進む ことができなくなるのだ。 最終的には競争力がなくなり、人々の生活の安定 を保障することができなくなる。

 もし市民が何を考えているのかわからなかったら、それは政府にとって何も いいことはない。 私はさまざまな意見に耳を傾けなければならないと思う。  それはとても大切なことだ。

 ドイツのメルケル首相、素晴らしい。 ヨーロッパ経済で一人勝ちのドイツ を率い、ウクライナの停戦交渉にはフランスのオランド大統領とともに徹夜の 交渉に立ち会い、クシャクシャの顔をしていたかと思えば、翌日はEUで元気 にその報告をしている。 ドイツの経済に必要と思えば、遠い日本にもやって きて、アドバイスをする。 こんな首相を持つドイツが、うらやましい。

「多和田葉子のベルリン通信」のメルケル首相2017/09/17 06:55

1993年「犬婿入り」で芥川賞を取った小説家で詩人の多和田葉子さんは、 1982年からドイツに住み、現在はベルリン在住だそうだ。 朝日新聞朝刊に随 時「ベルリン通信」を寄せている。 9月8日朝刊では、アンゲラ・メルケル 首相がどんどん国を変えていった話を書いていた。 メルケルは「鉄の女」な どという女性政治家のステレオタイプの渾名ではなく、若い頃はコール首相の メートヒェン(女の子)と呼ばれていたが、いつのまにかムッティ(母さん) という政治家としては悪くない渾名が定着した、という。

彼女の政権下でドイツは変わった。 まず、半世紀以上続いた一般兵役義務 がなくなった。 それが決まった2011年3月、メルケルは福島原発事故のニ ュースを深刻に受け止め、脱原発を宣言した。 そして15年には多数の難民 を受け入れた。 正義感と共感に突き動かされたメルケルの決断の速さは、右 寄りの政治家たちを動揺させた。 なにしろ彼女はドイツ最強の保守勢力であ るキリスト教民主同盟の党首なのだ。

今年になって、更に驚くべきことがあった。 キリスト教民主同盟は昔から 同性婚には絶対反対だった。 6月同性婚について質問を受けて、国会にかけ ることを約束し、夏休み前には多数決で同性婚の合法化が決まった。 メルケ ル自身は反対票を入れた。

メルケルは言論の自由を弾圧している国家と仲良くしすぎるという批判をよ く受ける。 しかし元共産圏やイスラム圏の政治家を頭ごなしに否定したり、 下に見たりしないので、相手にも受け入れられ、対話が途切れない。 潔白な 民主主義者から見たら濁りのある外交かもしれないが、国の代表者が武器で脅 し合うのでなく、話し合いを続けてくれた方が私たちは安心して暮らせる。 多 和田葉子さんは、そう言うのだ。

私も、2015年にメルケル首相が来日したあとで、「ドイツのメルケル首相に 感心する」を書いていた。 それは、明日再録する。

「ドーヴァーの白い壁」2017/09/14 06:59

 沼田篤良さんに、昨日のブログ「絵画展からイギリス王室の歴史へ」を読ん でもらって、いろいろなことを教えて頂いたので、補足したい。 ウィリアム 4世とキャメロン首相の関係を説明した出品作は、私に記憶がないのもそのは ずで、Bushy House ではなく、私も「崖」と書いていた「ドーヴァーの白い 壁」だったそうだ。 イギリスを象徴するものだったのだろう。

 そういえば、以前沼田さんから、こんな話を聞いていた。 沼田さんのパリ 駐在中にユーロトンネルが出来て、史上初めてイギリスは大陸と繋がってしま った。 開通の儀式を見ていて、英仏首脳の表情には興味深いものがあったと いう。 ミッテラン大統領は「やった!」と言う表情で「ついにブリテン島を 大陸に繋げたぞ!」と言わんばかりだったのに、エリザベス女王は「大陸に繋 がってしまったか」と言う浮かぬ顔だった。 歴史を紐解けば、トンネルを掘 ってイギリスを大陸に繋げて仕舞おうと、初めてトンネルを掘ったのはナポレ オンだった。 ヨーロッパの歴史の中で、ドーヴァー海峡が無ければイギリス 等と言う国は、とうに無くなっているだろう。 いや、そもそもイギリスと言 う国は出来なかっただろうし、海峡が無ければ第二次大戦でドイツにやられて いただろう、と。

 そこで、沼田さんによれば、ジョージ3世は、イギリス王室史の中では愛妾 を持たなかった稀有なる王だったという。 ドイツのメクレンバーグ・ストレ リッツ家のシャルロット・ストレリッツを娶り、彼女を愛して9男6女をもう けた。 このジョージ3世の治世には、アメリカの独立戦争とフランス革命が あったから、その時期のイギリスを導いた優れたキングであったようだ。 ジ ョージ3世の愛したシャルロット・ストレリッツの名前は、当時アフリカ喜望 峰で発見された新種の花「ストレリッツィア」にも受け継がれた。 わが国で は「ストレリチア」、「極楽鳥花」と呼ばれている花である。

 ジョージ4世が王位を継ぐけれど、放蕩の果てに死んだ時、「夫として、父 として、王として最悪の人だった」と"タイム"が書いたほど、史上最悪の酷い キングだったそうだ。 その後を継いだのがウィリアム4世、海軍に入り、父 ジョージ3世の「王族だから特別扱いしないよう」との命令で教育を受け、ネ ルソン提督に仕えるなど、実戦経験もへてSailor Kingと呼ばれる程イギリス 海軍に馴染み、お供も連れずロンドン市内を歩き回る私生活の中で婚姻も無い ままアイルランドの女優Dorothy Jordanとの生活を長く続けて居た。 兄王 の死により王室の慣習の中でウィリアムは新たな王妃と結婚し、ジョーダンの 家系にはFitzclarenceと言う貴族の家系が与えられ、それがキャメロン首相の 血筋となったわけだという。

 沼田さんは、イギリス王室の話はどの王朝も面白く、ジョージ3世のハノー バー朝も興味深いと言う。 現代のウィリアム王子が生まれた子供にジョージ、 シャルロット等の名前付けたのを見ると、ウィリアム王子の目はこのあたりの 御先祖を見ている様にも見えるそうだ。

絵画展からイギリス王室の歴史へ2017/09/13 06:30

 人類史を切り拓いた鉄道<等々力短信 第1096号 2017.6.25.>に書いた、仲 間内の情報交流会で『オリエント急行と地政学』という話をしてもらった沼田 篤良さんは、趣味で絵をお描きになる。 先日、新宿南口の全労済スペースゼ ロギャラリーで、お仲間とイメージ・アート・クラブ展を開催されたので拝見 した。 キューバ風景、ドーバーの白い崖、日光金谷ホテル、美味しそうな魚 (ミノカサゴ、キンキ、ホウボウ、ヒラメ)などが描かれている。

何枚かの絵には、私が行く前に、奥様がみえて手伝われたという解説文が貼 られていた。 ご本人は「夜店と同じで商品のレベルの低さは口上で補うしか ないんです」と謙遜されるのだが、興味深いものがある。 その中に、ウィリ アム4世とキャメロン首相の関係を説明しているのがあった。 ぜんぜん知ら なかったが、お話を伺うと、キャメロン元首相は、ウィリアム4世の子孫の家 系の出なので、エリザベス女王とも親戚関係になるのだそうだ。 ただ、その 説明の方にばかり気を取られて、もとになる絵が、あとで出て来るBushy Houseだったかどうか、記憶がなかったのは迂闊だった。

 イギリス王室の歴史については、漠然とした知識しかなかった。 家に帰っ てから、そのへんを少し調べてみる。 ウィリアム4世の父は、ジョージ3世 である。 ジョージ3世には息子9人、娘6人、計15人の子があった。 長 男がジョージ4世、放蕩息子だった。 次男がフレデリックで、愛人が沢山い た。 三男ウィリアム(1765-1837)が、英国ハノーバー朝第5代目の国王ウ ィリアム4世(在位1830-1837)となる。 ウィリアムは、1827年に海軍司 令長官、1830年長男ジョージ4世の死去により即位し、「水兵の国王」といわ れた。 四男はエドワード、ケント公、後に述べる。

 ウィリアムは、1791年26歳で、30歳の売れっ子女優の愛妾ドロシー・ジョ ーダンとBushy ParkのBushy House で20年暮して10人の子を生した。 キ ャメロン第75代首相は、ドロシー・ジョーダンの庶子10人のうち、三女エリ ザベス・フィッツクラレンスの子孫で、エリザベス2世の遠縁になる。

 ウィリアムは、1818年53歳で27歳下のアデレード26歳と結婚、弟のエド ワードと合同結婚式を挙げた。 1830年に即位したウィリアム4世と、王妃ア デレードの間に王位継承者がいなかったため、1837年のその死後、弟のケント 公エドワードの娘ビクトリアが18歳で即位する、かのビクトリア女王である。  ビクトリアは、1840年ザクセン=コーブルグ=ゴーダ家のアルバート公と結婚 する。 ビクトリア女王は在位1837-1901年、64年間の治世、ビクトリア時 代はイギリス帝国主義の最盛期を画した。

 ウィリアム4世とドロシー・ジョーダン、アデレード妃の関係は、どこかチ ャールズ皇太子がダイアナ妃との結婚10年前から付き合っていたというカミ ラ夫人、ダイアナ妃の関係を連想させるものがある。

桑原・清水両先生の『汽車のえほん』翻訳の真相・補遺2017/07/29 07:17

 4月、『きかんしゃトーマス』の絵本について、こんなことを書いた。

桑原三郎・清水周裕共訳『汽車のえほん』シリーズ<小人閑居日記 2017.4.9.>

http://kbaba.asablo.jp/blog/2017/04/09/

桑原・清水両先生の『汽車のえほん』翻訳の真相<小人閑居日記 2017.4.15.>

http://kbaba.asablo.jp/blog/2017/04/15/

「翻訳の真相」としたのだが、その時これらのブログを読んで頂いた桑原三郎 先生の教え子の池田光璢さんから、最近になってそれを補足しなければならな いようなお手紙を頂戴したので、紹介しておきたい。 池田光璢さんは、池田 弥三郎先生のご長男だが、幼稚舎6年生の時に担任の桑原三郎先生に引率され て、昭和35(1960)年1月10日に大阪で開催された福沢先生誕生125年記念 式典に参加した。 当時私は志木高校の3年生で、一緒に大阪に遣ってもらっ たのが、彼や桑原先生とのご縁の始まりである。

 池田光璢さんは、普通部1年の3学期から清水周裕先生に家庭教師というよ りtutor的存在として英語を教わったそうだ。 清水周裕先生は、昭和40 (1965)年1月から昭和42(1967)年7月まで、オックスフォード大学東洋 研究学部日本研究科講師兼同大学留学ということでイギリスに行かれた。 一 方、桑原三郎先生は昭和40(1965)年4月から昭和41(1966)年2月まで、 イギリスに留学された。

 池田光璢さんが、私のブログなどをコピーして清水先生にお送りして、頂い たお返事には、こうあったそうだ。 清水先生は、桑原先生の要請で、昭和47 (1972)年4月から7年間、幼稚舎で英語を教えた。 この就任早々、『汽車 のえほん』の共訳を提案し、桑原先生の快諾を得て、ポプラ社の賛同と協力も もらって、翻訳が始まったという。 『汽車のえほん』の発刊は昭和48(1973) 年10月である。 池田さんは、この清水先生のご記憶だと、提案から発刊ま で約1年半になる。 (私が書いた)山内慶太慶應義塾大学看護医療学部教授 が、桑原先生からお聞きになったイギリス留学中に、清水先生のお子さんが、 トーマスに夢中になっている様子を見ながら、清水先生と桑原先生で、この本 を翻訳したら日本の子供達が喜ぶのではないかと話すようになり、翻訳に至っ たというのだと、発刊まで7年半になり、ちょっと時間が長すぎるように思わ れる。 池田さんとしては、桑原先生にとって英国留学と、清水先生との深い 交流、『機関車トーマス』の翻訳が、人生において大きな意味を持っていたので、 そうした連続した物語としての神話の世界になっていたのではと考え、それも 捨てがたい。 それはさておき、池田さんの恩師お二人によって『機関車トー マス』が世に出たことを悦ぶとともに、この大きな仕事に改めて敬意を表する ものだ、と言うのだった。