J.S.ミルが福沢の著作や思想にどう影響したか2018/03/31 07:20

 安西敏三甲南大学名誉教授は、20代から福澤諭吉協会の会員で、古い建物の 交詢社の土曜セミナーで、伊藤正雄さん、富田正文さん、土橋俊一さんにお会 いしたという話をした。 私も初めからの会員で30代前半、一番若い方だっ た記憶があるから調べると、安西敏三さんは1948年のお生まれだった。 専 門の研究者と、ただの趣味の「聞きかじり」とでは、これほどの差が出来るの かと、痛感させられる講演となった。

 安西敏三さんは「福沢におけるJ.S.ミル問題―実学・功利・自由―」の初め に、丸山眞男の「福澤の徒はトクヴィルとミルを研究することが不可欠である」 と、福澤三八(福沢の三男、グラスゴー大学に留学し物理と化学を学び、慶應 義塾で数学を教えた)の「理論はミルに任せる」(福沢がその理論を自らJ.S. ミルに任せたということのようだが、私は知らなかった)を引用した。 安西 さんは、福沢の著作と西欧思想家との関連を実証的に研究してきた。 J.S.ミ ルの著作の、福沢の手沢本をリストアップし、書き込みや付箋紙貼付と、福沢 の文章との関係を綿密に照合する。 Utilitarianism(『功利主義』)Fifth Edition(1874)を、福沢は明治9(1876)年4月4日~14日、20日で読了、 再読、書き込みをしている。 The Subjection of women(1870)(『女性の隷 従』)を付箋紙貼付して読み、『学問のすゝめ』15編(明治9(1876)年)に書 いている。 リストには、他に手沢本4冊、手沢本以外4冊。

 安西敏三さんは、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程の1978年『福澤 諭吉年鑑5』(福澤諭吉協会)に、「福沢諭吉とJ.S.ミル『女性の隷従』」を書い ている。 どのように考証が行われるのか、その一部を紹介する。 福沢の署 名、赤の付箋紙貼付のあるThe Subjection of womenは、1870年にニューヨ ークにあるDAPPLETON AND COMPANYから刊行されたもので、それを岩 波文庫の大内兵衛・大内節子訳『女性の隷従』(1957年)、Oxford University Press 刊 The World Classics 170. と比較対照し、23カ所について、頁数を 一覧表にして示している。

 それは福沢の著作と思想に、どのような影響を及ぼしているか。 その例を 見てみる。 23カ所の内の(一)。 ミルの「弱い性が強い性に従属する、と いうことは一つの理屈であって経験に基づいていない。……男女間の権利の不 平等な関係は、ほかならぬ強者の法則に由来するものである。」 福沢は『学問 のすゝめ』8編で、「畢竟男子は強く婦人は弱しと云ふ所より、腕の力を本にし て男女上下の名分を立たる教なる可し」と、男女の不平等を『女大学』を引き 合いに出して批判している。 (二)ミル「男に生まれないで女として生まれ たからといって、その人の一生の地位を定めるべきではない。女性も高い社会 的地位についたり、少数の例外的職業を除いて高度の能力を要する職業に従事 してよい。」 福沢『学問のすゝめ』15編、「今の人事に於て男子は外を務め婦 人は内を治ると其関係殆ど天然なるが如くなれども『スチュアート・ミル』は 婦人論を著して、万古一定動かす可らざるの此習慣を破らんことを試みたり」。  むろんこれは福沢の『女性の隷従』全体に対する感想でもある。

「春田」と「ミモザの花」の句会2018/03/23 07:15

 3月8日は『夏潮』渋谷句会だった。 本井英主宰の入院加療は続いており、 経過は順調の由、今回も後選だった。 兼題は「春田」と「ミモザの花」、私は つぎの七句を出した。

耕耘機音高らかに春田かな

半分は耕されたる春田かな

豊年の兆し春田に映り込む

やって来る春はミモザの黄色から

ミモザ持ちポカホンタスが駈けて来る

どうぞお先に今日も一番ミモザの日

ケーキ屋の扉ミモザのリース光る

 私が選句したのは、つぎの七句。

岩木山腰をすへたる春田かな       盛夫

信州の小縣なる春田かな         幸雄

春田打ちはじむと母の便りあり      善兵衛

車窓からここもかしこも春田かな     耕一

女傘かりてミモザの花の中        盛夫

白き家の白き塀より花ミモザ       さえ

黄の房をぼぼぼぼっと花ミモザ      孝治

 私の結果は、<半分は耕されたる春田かな>を幸雄さん、耕一さん、盛夫さ んが、<やって来る春はミモザの黄色から>を真智子さんが採ってくれて、互 選4票、主宰の後選はゼロだった。

 宮川幸雄さんは季題研究で「ミモザの花」を選び、この日3月8日がちょう ど「ミモザの日」、国連が決めた「国際女性デー」に当たることを話してくれた。  1904(明治37)年3月8日にアメリカで女性労働者が婦人参政権を求めてデ モを起こしたことがきっかけで、1910(明治43)年にコペンハーゲンで行わ れた国際社会主義会議で「女性の政治的自由と平等のために戦う」日と提唱さ れたことから、同年「国際女性デー」と制定されたのだそうだ。 その後は戦 争などで一時中止されていたが、1960年代後半からの女性解放運動などで関心 が高まり、1975年には国連によって国際婦人年が制定され、女性の平等な社会 参加の機会を整備するよう加盟国に呼びかけている。

イタリアではこの日は、「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ =女性の日)」とされ、男性が日頃の感謝を込めて、母親や奥さん、会社の同僚 などにミモザを贈る。 このことから「ミモザの日」とも呼ばれるようになっ た。

日本では1890年代末頃から普通選挙権(身分・生別・教育・財産・納税な どを選挙権の制限的要件としない選挙)獲得運動が組織され、第一次大戦後の 民主主義思想の普及と労働者・農民運動の激化とに支えられて、1925(大正14) 年に男子の普通選挙が実現した。 幸雄さんは、日本の婦人参政権が、戦後1945 (昭和20)年12月の選挙法改正で初めて認められた、「授けられた」権利であ り、それは戦争の犠牲者のおかげなので、鎮魂の意味を込めて、100%投票に 行くべきだと、宮川幸雄さんは語ったのであった。

斉彬の最終兵器、松木弘安(寺島宗則)2018/02/23 07:20

 『英雄たちの選択』「これが薩摩の底力!」のつづき。 西洋文明に学べ、 ということで、島津斉彬の最終兵器といわれたのが、頭のいい松木弘安(後の 寺島宗則)。 鹿児島中央駅前の「若き薩摩の群像」は、松木弘安、五代友厚、 森有礼ら、慶應元(1865)年の国禁を犯してイギリスに渡った薩摩藩の使節団 と留学生の像である。 松木弘安は、語学の天才で、医学、天文学その他、マ ルチな才能を持ち、技術の研究もして、仙厳園(磯庭園)でガス灯を灯したり、 城の本丸と二の丸探勝園の間に電信を架設して電気通信の父と呼ばれ、写真術 も実践した(町田明広神田外語大学准教授)。 文久元年30歳で幕府の遣欧使 節団に参加、一年間ヨーロッパを視察する。 川本幸民宛の手紙に、オランダ 語は通じない、オランダは英、仏、独に比べれば百分の一ぐらいの国だった、 と。 

 島津斉彬は、西洋から兵器のような技術だけでなく、国や文化の背景(土壌) も学ぼうとして、スポンジのように吸収できる学者や医者の子を起用して学ば せる(磯田道史さん)。 「分身の術」、スタッフ(指揮官・参謀)とライン(要 員)は違う、「チーム斉彬」(作家・桐野作人さん)。

 ここで、『福澤諭吉事典』の「寺島宗則(松木弘安)」を引いておく。 「天 保3(1832)~明治26(1893)年。政治家、外交官。薩摩藩出水(いずみ) 郷士の二男に生まれる。藩の蘭医に学んだのち江戸に出て、川本幸民、伊東玄 朴らについて蘭学を修めた。安政3(1856)年蕃書調所教授手伝となり、一時 藩主島津斉彬の侍医も務めたが、調所に復帰。その頃に伯父の養子となり、松 木弘安と名乗った。杉亨二らと並んで鉄砲洲の中津藩邸で蘭学塾の教授を務め たこともある。安政5年末、福沢諭吉が江戸に呼ばれ、その関係で親しい交友 が始まったのであろう。文久元(1862)年12月、幕府遣欧使節団一行に福沢、 箕作秋坪らと共に御傭翻訳方として随行した。『福翁自伝』(王政維新)によれ ば、三人はこのとき「諸大名を集めて独逸連邦のようにしては如何(いかん)」 とか「親玉の御師匠番になって、思う様に文明開国の説を吹込んで大変革をさ して見たい」などと語り合ったという。3年7月、薩英戦争の際、五代才助(友 厚)と共に英艦の捕虜になったが、横浜において英国との和議の交渉に当たっ た。/慶応元(1865)年、薩摩藩遣英使節の一員として藩留学生を率い出水泉 蔵の変名で渡英、英外相に雄藩連合政権構想を説いた。4年、新政府の参与兼 外国事務掛に任じられ、以後、外国事務局判事、制度事務局判事、神奈川県知 事などを歴任、創業期の外国事務の第一線にあった。明治2(1869)年外務省 設置とともに外務大輔。5年大弁務使として英国駐在。翌6年帰朝し、征韓論 の政変後、参議兼外務卿となり、12年文部卿に転じるまで、英・独・仏語を能 くし経済学にも通じた外交官として、明治初年の外交を主導した。しかし、福 沢は外交官としての寺島について「実は本人の柄に於て商売違いであったと思 います」(『自伝』)と評している。以後は、元老院議長、駐米特命全権公使、宮 中顧問官、枢密院副議長、条約改正案調査委員などを歴任。26年6月7日没。 [飯田泰三]」

 安政5(1858)年7月16日に島津斉彬が急死、久光の実子忠義が継ぐと、 久光が「国父」として実権を握る。 文久2(1863)年12月、遣欧使節から 松木弘安が帰国、文久3(1864)年には生麦事件、薩英戦争と、薩摩藩存亡の 危機が訪れる。 乗艦が拿捕され五代と共に捕虜となったが、横浜で英国代理 公使ニールとの交渉に当たる。 この時、交渉人になったのが久光の庭方(隠 密)重野厚之丞で、賠償金を払うので軍艦を買いたい、アームストロング砲も 欲しい、貿易をさせたい、と賠償交渉を通商交渉にした。 相手の本心を突い て、事態を打開する薩摩イズムで、イギリスと急接近した。 留学生を率いた 松木らの遣英使節は、貿易協定が使命だった。 下院議員のオリファントは、 貿易による知略が弾丸となると、日本に同情的だった。 クラレンドン外相に 面会した松木は、天皇の指揮のもとにわが国が一体にならなければ独立は難し い、と外交交渉権を天皇に移す新体制の構想を示した。 松木は帰国して、鹿 児島でパークスにも会う。 松木外交は、日本外交のパイオニア。 日本の生 糸を買いたいイギリスと、国内政治で主導権を握りたい薩摩藩の思惑が合致し た。 新生日本へ、斉彬チルドレンの活躍である。

日本の貧弱な情報と、分割されなかった僥倖2018/01/18 07:18

 有山輝雄さんの「国際ニュース報道と『時事新報』」で、日本の国際情報が第 二次世界大戦の直前までイギリスの情報覇権の下にあったと聴いたのは、衝撃 だった。 戦争する前から、情報戦に敗れているわけで、これでは勝てるわけ はない。 福澤先生誕生記念会でこの講演を一緒に聴いたのは、総合商社で石 油担当だったのと、信託銀行にいた友人だった。 二人とも私と違い、就職し た会社を勤め上げ、海外勤務もして、重要なポストを歴任した連中だ。 毎年、 会が終ると新年名刺交換会は失礼して、慶應仲通りの町中華で昼飯を食べるこ とにしている。 そこへ行くまでの、歩きながらの会話である。

 よく、そんな情報の状態で、戦争を始めたものだな。 ぜんぜん知らなかっ たのかな。 本当に勝てると思って、戦争を始めたのだろうか。 そういえば、 今のパレスチナ、中東の問題も、発端はイギリスの外交だよな。 国境線が真 直ぐに引かれているんだから、ありえないよ。 

 いわゆる「三枚舌外交」である。 フランスとは、第一次世界大戦後、オス マン帝国の領土である東アラブを分割してそれぞれの勢力圏にしようと約束し た。(サイクス・ピコ協定) ユダヤ人には、パレスチナの地に民族的郷土を建 設することに賛同した。(バルフォア宣言) アラブ人とは、アラブ独立国家の 樹立を約束した。(フサイン・マクマホン協定)  植民地インドの経営が帝国の支配を支える生命線だったイギリスにとって、 スエズ運河の支配権がフランスの影響下になることを、ぜひとも避けたかった ので、第一次世界大戦後の中東分割案、サイクス・ピコ協定をまとめ上げた。

 石油の問題もそうだよね。 第二次世界大戦前に、日本は、石油のメジャー 支配を勘定に入れていなかったのだろうか。 石油がなくなれば、当然戦争は 続けられなくなるのに…。

 幕末に日本が、イギリスかフランスの植民地や、清国のような状況になって いたら大変だったろう。 第二次大戦の敗戦後も、4か国による日本分割案が あった。 そうならなかったのは、本当に幸運だった。 ドイツの東西分割、 ベルリンの4か国分割統治、そして今に至る南北朝鮮のようなことになってい たら、われわれの昭和は、どんなものだったろう。

 有山輝雄さんのイギリスの情報覇権、海底電線と国際通信社の話はわれわれ に、そんなことを想起させたのであった。

『時事新報』ロイター契約の衝撃2018/01/17 06:36

 明治初期の新聞の国際ニュースは、舶載されてきた上海、香港、シンガポー ルなどの英語新聞や居留地の英語新聞の記事を翻訳して載せていた。 それら の新聞と契約していたわけでなく、勝手にやっていた。 『時事新報』は1882 (明治15)年3月1日の創刊で、その創刊号に2月14日「龍動発」の電報を 載せた。 以後「外国電報」と「海外新報」に分けて、他紙より国際ニュース に力を入れている。 「外国電報」欄の最初は4月1日の「3月17日倫敦発ロ イター電報」で、半月遅れなのは横浜の英字新聞や舶載の英語新聞に掲載され たロイター電の転載と推定される。 ロイター電報は、イギリスの観点から見 たニュースだから、そこには一定の偏りがあり、日本は格別意識しないまま、 そうした枠組みによって世界を認識するようになった。(これは後でも出て来る が、重要な指摘である。)

 19世紀末、東アジアの国際政治が複雑化し日本もそのなかで大きな役割を果 たすようになっていくのだが、ニュース通信の面ではなかなか思うようになら なかった。 取りあえずは、ロイターと契約もしないまま勝手に転載している 状況を脱したいのだが、それは容易なことではなかった。 日本の新聞社でロ イターと直接契約した最初は、1897(明治30)年3月16日からロイター電を 掲載した『時事新報』と、3月22日創刊の英字新聞『ジャパン・タイムズ』だ。  国際関係はますます重要になってきている。 ロイター電報は高価だったので、 横浜の英字新聞が契約を続けることを廃し、転載ができなくなったので、『時事 新報』は遂に意を決し巨額の費用を擲(なげう)って契約したと、社告した(1898 (明治31)年1月1日)。

 これは他新聞にとっては大変な衝撃だった。 『時事新報』は1898(明治 31)年5月1日付で「電報掲載の制裁」という記事で、他新聞社による『時事 新報』のロイター電報北京電報の転載を非難し、以後禁止することを通告した。  ただし、『時事新報』発行後24時間を経過すれば、転載であることを明記した うえでの転載を認めた。 それは屈辱的なので、他新聞社は大混乱し、新聞界 全体の問題となったため、『時事新報』も交渉に応ぜざるを得なくなり、結局 1899(明治32)年6月妥協が成立する。 『時事新報』も含め東京の10新聞 社が共同で一種のシンジケートを作ってロイターと契約し、料金を公平に分担 することにした。

 これが福沢諭吉存命中の『時事新報』の置かれた国際ニュース環境だった。  ロイターに頼っていれば、質量ともに優れた世界のニュースを入手できる。 し かしそれは余りに高価だし、国際認識もゆがんでしまう危険がある。 なんと かそこから脱し、自立したいのだが、情報のハード・ソフトともに高い壁があ る。 大北電信会社の海底電線独占を解消できたのは1943(昭和18)年、同 社のあるデンマークがナチスドイツに占領された時だったし、ロイターのニュ ース独占を打開したのは1933(昭和8)年、新聞連合社がアメリカの通信社 APと契約をし、ロイターを出し抜いた記念の式典をやった時だった。 情報 の高い壁の打開には、ともに第二次世界大戦の直前までかかったわけで、その ため日本人はイギリス的な世界観を持つに至ったし、大戦にかかわる情報戦に どれだけの不利があったか計り知れない。

 (第二次世界大戦の戦前・戦中は、日本電報通信社と新聞連合社を統合した 同盟通信社があった。1936年設立、政府から独占的特権を与えられた。敗戦後、 占領軍の戦争責任追及で解散、1945年11月1日その業務が二分され、共同通 信社(一般ニュース)と時事通信社(経済ニュースと出版活動)に引き継がれ た。)