加藤陽子さんの『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』2020/11/26 07:02

     等々力短信 第1004号 2009(平成21)年10月25日               『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』

 司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』を11月29日からNHKが放送する。 司馬さんは生前、この小説のドラマ化を許さなかった。 軍国主義の讃美と取られることを懸念したからだという。 ドラマ『坂の上の雲』を見る前に、一読しておくとよい本がある。 加藤陽子さんの『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)だ。

 加藤陽子さんは東大文学部教授、日本近現代史、とくに大恐慌後の経済危機と戦争の時代、1930年代の外交と軍事が専門という。 神奈川県の栄光学園で、歴史研究部の中高生相手の五日間の講義と質疑を通じ、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、満州事変と日中戦争、太平洋戦争についての「理想の教科書」作りを目ざす。 歴史学の最新の研究をちりばめながら、日中関係にしても、従来の「侵略・被侵略」という見方では見えてこない、国際的なパワー・ポリティックス、欧米列強のアジアにおける覇権をめぐる圧力の視点で描いていく。 日清戦争は帝国主義時代のロシアとイギリスの代理戦争で、ロシアの南下を恐れたイギリスは、直前に日英通商条約で不平等条約の一部改訂を約束して、日本の背中を押した。 日露戦争の前には、同じことをアメリカがやり、戦争二年前には日英同盟も結ばれている。 日露戦争は、日本をイギリス・アメリカが、ロシアをドイツ・フランスが、財政的に援助した代理戦争だった、という。

 当然、福沢諭吉(1835年でなく1834年生れとなっている)がなぜ「脱亜論」を書いたのかも出てきて、坂野潤治さんの読み方が紹介されている。 福沢はもう一つ、藩閥政治下で、民党は議会の多数を占めているにもかかわらず、政府のポストに食い込めない。 福沢は、朝鮮が日本の勢力権になるなら、政党員がそこの官僚ポストを取れと言ったと、121頁にある。 出典がないので探すと、1895(明治28)年4月18日の時事新報論説「大に民論者を用ゆ可し」(『全集』15巻)だった。 日清戦争の遂行では一致した官民が、戦後も反目しないようにという、持論である官民調和論上の主張だ。

ジャン=ジャック・ルソー「戦争とは相手国の憲法を書きかえるもの」、胡適駐米大使の、中国が日本との戦争を正面から引き受け、二、三年負け続けて、アメリカやソ連を巻き込む「日本切腹、中国介錯論」、真珠湾攻撃の総指揮官淵田美津雄が戦後キリスト教の布教師になってアメリカを回ったなど、驚くべき見方、知らなかった人物や話が、随所に出てくる。 過去の事例が、現在・未来の平和に生かされんことを。

心の中で「ブラボー!」<等々力短信 第1137号 2020(令和2).11.25.>2020/11/25 07:00

 天満敦子・岡田博美デュオ・リサイタルを、11月13日紀尾井ホールで聴くチャンスに恵まれた。 紀尾井ホールは初めて、木をふんだんに使い、素晴しいシャンデリアが輝く、実に気持のいいホールだった。 客席前方のステージを、1階と2階のバルコニー席が取り囲み、ステージと客席の一体感を生んでいる。 1階バルコニー席の二列目、ステージ間近の最上の席で、前列に2020オリンピックを束ねる元首相がいた。

 普段クラシックと無縁の私が、天満敦子さんのヴァイオリンと出合ったのは、今回お招き頂いた、現・藤原QOL研究所長の藤原一枝先生が、年一度主催されていた「ホモ・ルーデンスの会」でだった。 お茶の水のカザルス・ホールで何度か聴いて、ヴァイオリンて、なんと良い音がするものかと思った。 2017年には、広尾のオマーン大使館や浜離宮の朝日ホールでも聴いている。 天満敦子さんは、8月の短信に書いた窪島誠一郎さんの無言館でも毎年、コンサートをなさっていて、今年の22回目は9月8日だったが、コロナの関係で200人入るところを7~80人に抑えなければならなかったそうだ。 11月13日の紀尾井ホールも、一向に減らない感染者数や厳しい制約、入場規制などで、初めは市松模様での開催も模索していたそうだが、2階の後ろに若干空席がある程度の満員だった。 天満さんは、紀尾井の舞台はヴァイオリン弾きとしてのエネルギーそのもので、自分の現在の能力を客観的に判断することが出来る最高の場所なので、思い切って実施することにした、世界で一番幸せなヴァイオリン弾きだと言う。

 しょっぱなのクライスラーのベートーベンの主題によるロンディーノから、軽快な繰り返しのところで、たちまち元気をもらって、コロナの鬱々とした気分が吹き飛ぶ。 天満さんがルーマニアで出合い、すべてのコンサートで弾くポルムベスク「望郷のバラード」を始め、どの曲も、心に染み込んでくるような感じがする。 心が洗われるとは、こういうことなのだろう。 私は天満さんが日本の歌曲を弾くのが大好きだ。 「雪の降る街を 雪の降る街を 想い出だけが 通りすぎてゆく 雪の降る街を 遠い国から落ちてくる この想い出を この想い出を いつの日かつつまん 温かき幸せのほほえみ」 歌詞をなぞりながら聴き、涙がこぼれそうになった。 中田喜直作曲、内村直也作詞の、この歌詞が父の故郷、山形県鶴岡でつくられたと聞いていたからだろうか。

 ピアノの岡田博美さんは、ロンドンを中心にヨーロッパで演奏活動をしていて、コロナ禍で英国の自宅に帰れなくなっているそうだ。 アンコールの左手だけの演奏には、盛大な拍手が沸いていた。 デュオ・リサイタル、「ブラボーの声掛けも、心の中で」とアナウンスがあったが、十分、心に染みて「ブラボー!」を叫んだ。

留学中の長男一太郎への手紙とモース2020/11/23 06:23

 E・S・モースの名の出てくる福沢書簡は、『福澤諭吉書簡集』第5巻にも二通ある。 どちらも、アメリカ留学中の長男一太郎宛だ。 書簡番号1061 明治19(1886)年6月1日付は、福沢の長女さと(里)が嫁いだ中村貞吉の養父中村清行の死など近況を伝える手紙である。 5月1日付の一太郎の手紙を4日前に受け取り、送った印籠と目録が違っていたそうだが、これは捨次郎に送ったものと間違えたようだ。 実は、捨次郎の所へはモールス氏に送る(贈る)ための縮緬を一疋送るについて、印籠は一太郎に良い品を送ろうと思っていたのを、不行き届きで間違えたらしい、とある。 捨次郎は6月初旬、ポーキプシーに行くそうなので、その時、何もかも分かるはずだ。

 もう一通は、書簡番号1259 明治21(1888)年1月6日付、一太郎と弟捨次郎の留学も5年、この年の帰国予定を喜び、正月の遊戯など近況を伝えた手紙だ。 その中に11月下旬、捨次郎が桃介(福沢の養子、帰国後二女・房と結婚する約束で留学させてもらっていた)同道で、「セイレムのモールス氏」の家に行き、いろいろ面白い遊戯をしたと手紙をもらったという話が出てくる。 日本でも母(福沢の夫人お錦)の工夫で、福引を番号だけでやるのも殺風景だと、何か面白い趣向はないかと思いついたのは、品物を揃え、その品物に名前をつけるか、あるいは関連する事柄を考え出して、それに応じる品を見繕うことだった。 例えば、「常盤御前」という籤(くじ)を引けば、品物は「笠と綿」、綿は雪の代表で、常盤伏見の状況を表す。 お里、お房の案で、「太閤秀吉」は、「瓢箪と福草履」。 おっ母さんの案、「舌切り雀」は、「鋏と浅草海苔」。 「茂林寺」は、「湯沸かしと毛糸」。 その他いろいろ、昨5日婦人子供の集いでやり、なかなか面白かった。

 この手紙、その後に、こうある。 (捨次郎がその壮行会で演説し、)来日以来家を探していたナップ(ユニテリアンの牧師)が近日横浜に借家をすることになった。 今日ドクトル・シモンズに会ったが、シモンズも帝国大学教授のフェノロサの世話で、大学の近く本郷に住居を見つけたそうだ。 そんなことで、無理に当方で世話することもなくなった。 シモンズに言って、日本流の馳走をするつもりと案内したので、二、三日中に、愉快に一席催すことになった。

E・S・モース宛の福沢書簡2020/11/22 08:05

 福沢諭吉の長男一太郎、次男捨次郎がアメリカに留学したのは、明治16(1883)年6月で、帰国したのは明治21(1888)年6月だから、5年間という長期にわたるものだった。 一太郎は初めニューヨーク州イサカのコーネル大学に、後には同州ポキプシイのイーストマン実業学校に学び、捨次郎はボストンのマサチューセッツ工科大学に学んでいる。 ボストン郊外のセイラムに住んだ捨次郎は、三度目の日本滞在を終えて明治16(1883)年3月に帰国していたE・S・モースの世話になった。

 『福澤諭吉書簡集』第4巻に書簡番号887 明治17(1884)年8月13日付のE・S・モース宛、東京三田からの福沢書簡がある。 「プロフェッサ モールス貴下ニ呈ス 次男捨次郎ヨリ度々来書、貴下ノ御無事健康ヲ承ハリ欣喜ニ不堪候」と始まる(以下、読み下す)。 捨次郎が、先般からボーストンの学校に入学したので、毎度尊宅へまかり出で、いろいろご深切にお世話して頂いている由、有難く思っています。 ことにセイレム滞在中はほとんど毎日お目にかかっているそうで、お仕事の妨げにならないかと心配しています。 少年のことで、百事お気づきのことがあれば、ご忠告を願います。 朝鮮留学生の愈吉濬も、お手元でお世話下さっているそうで、この者は前年久しく日本で拙宅におり、英語はよく通じないけれど、西洋文明のことどもは少しずつ智見を得ている人物です。 今貴下のご深切をもって英文をも読み慣れて、その学業が進歩するのは、私にとっても悦ばしいところです。 日本の教育については、薄々お聞き及びかと思います。 儒教主義などと申して、奇妙なことを唱えておりますが、近日文部省の役人も更迭、世間もこの風潮を許さず、ついには元の英学に立ち戻る勢いです。 これまた優勝劣敗の真理に基づくものか。 「一笑。 福沢諭吉 拝」と、結んでいる。

 最後のところは、モースが滞日中、昨日みた慶應義塾を始め、しばしば「進化論」の講演を行ったことを意識している。 英学に立ち戻る勢いについては『書簡集』の注に、詳らかでないが、この年5月7日、駐英公使を辞任帰国した森有礼が参事院議官兼文部省御用掛に就任し、同月14日には文部小輔兼元老院議官の九鬼隆一が駐米公使となって文部省を離れているので、福沢はこれらの人事のあとに、文部省内に何らかの変化が生じると予測したものか、とある。

モースの慶應義塾での講演、剣術見学2020/11/21 07:18

 モースの慶應義塾における講演は、明治12(1879)年7月11日だったようで、当時の塾生永井好信の日記に記述がある。(『慶應義塾百年史』上巻680頁) 「此日午前十時半頃東京大学の教授「モールス」、メンデンホール、フェノロサの三氏及び英国の女一人来り、当塾教授を一見し、終て柔道場に至り、柔術、剣術を見、夫れより三階に至り午飯を喫し、終て書生一同で公開演説館に会し、モールス氏変進論(エボリューション・進化論)を演説し、矢田部氏之を口訳せり。右演説をはり暫時万来舎にて福沢先生及び教師と談話し帰れり。」 矢田部良吉が通訳していたことがわかる。

 松崎欣一さんは、この講演は大きな反響を呼んだようで、福沢諭吉の「功名論」と題する講演筆記の一節に、つぎのような件りがある、という。  「達賓(ダービン=ダーウィン)の如き、天下の説を一変したる者は、其人 既に死するも、其説は彼の浪線となり、万邦に伝播し、遂に我慶應義塾にまで其余波を及ぼし、達賓の説浪は今日我塾内に立てり。」(読み易さのために、片仮名を平仮名にした。)

 モースの『日本その日その日』には、昨日引用した後のところで、学生の剣術を見たことが書かれている。 「講演後福沢氏は私に、学生達の素晴しい剣術を見せてくれた。彼等は皆剣術の甲冑を身につけていた。それは頭部を保護する褶(かさね)と、前方に顔を保護する太い鉄棒のついた厚い綿入れの冑(かぶと)と、磨いた竹の片で腕と肩とを余分に保護した、つっぱった上衣には綿入れの褶数片が裾(すそ)として下っている。試合刀は竹の羽板を数本しばり合わせたもので、長い日本刀に於ると同じく、両手で握るに充分な長さの柄がついている。大なる打撃は頭上真直に来るので、両手で試合刀を縦に持ち、片方の手を前方に押すと同時に下方の手を後に引込ます結果、刀は電光石火切り降される。」

 「学生達は五十人ずつの二組に分れ、各組の指導者は、自分を守る家来共を従えて後方に立った。指導者の頭巾の上には直径二インチ半で、糸を通す穴を二つあけた、やわらかい陶器の円盤があり、対手の円盤をたたき破るのが試合の目的である。丁々と相撃つ音は恐ろしい程であり、竹の羽板はピシャンピシャンと響き渡ったが、もっとも撲った所で怪我は無い。」

 「福沢氏は、有名な撃剣の先生の子息である一人の学生に、私の注意を向けた。彼が群集をつきやぶり、対手の頭につけた陶盤をたたき潰した勢は、驚く可きものであった。円盤は数箇の破片となって飛び散り、即座に争闘の結果が見えた。学生達は袖の長い籠手(こて)をはめていたが、それでも戦が終った時、手首に擦過傷や血の出るような掻き傷を負った者がすくなくなかった。」