「青木功一著『福澤諭吉のアジア』」読書会に参加して(3)〔昔、書いた福沢124-3〕2019/10/10 07:25

          『三田評論』書評のパラフレーズ

 福沢の国際政治論が、初期の理想主義的な立場から、後年のパワーポリティ ックス「権道」論へと地殻変動したという戦後初期の丸山の理解は、どうか。  福沢の東洋連帯論(『時事小言』)は地域連帯論だが、勝海舟や岩倉具視の伝統 的な東洋連帯論と異なり、日本が明治維新で旧体制を倒し、国民国家形成の道 を選んだのと同様の変革を清や朝鮮に求めた。 日本の対外的独立を担保する ためには、そうした新政府下の文明化された中国や朝鮮との連帯が必要と主張 している。 つまりまず革命を求めている(内政干渉の一歩手前だが)。 この ようにして東洋連帯が出来れば、そこでの国交際の原理は理想主義的なものに なると予想される。 だから福沢に理想主義がなくなったとはいえず、権道と 並んで多元的な見方が後まであったと考えるべきだろう。 なお福沢の東洋連 帯論に対する丸山の捉え方は、「近代的ナショナリストとしての福澤先生」 (1950年速記稿、東京女子大学『丸山眞男記念比較思想研究センター報告』第 九号復刻、2014年3月、松沢弘陽校注)に立ち入った分析がある。 青木が弱 いのは、伝統的な東洋連帯論と福沢のそれとの違いがきちんと捉えられていな いことだ。

 アジア主義的傾向を福沢にみる見方は、竹内好の「アジア主義の展望」(『現 代日本思想大系[9]アジア主義』の解説、筑摩書房、1963年。『竹内好評論集』 第三巻)が代表例で、青木もその影響を受けている。

 列強によるアジア侵略の激化に伴う福沢の危機感の昂進。 同時に福沢には 清の軍事大国化への恐怖も存した。 福沢の『兵論』(1882年)が重要だ。 西 洋文明の導入による旧体制の革命か、植民地化されるか、という二者択一以外 に第三の道の可能性に気づいたことが大事だ。 清国が旧体制のままでも、新 式の武器や軍艦を買って一気に軍事強国化することを懸念した。 それは幕末 の大君のモナルキ論(徳川幕府が軍事強国化し、慶喜が啓蒙専制君主になり、 各藩諸侯を抑える)を想起させる。 その懸念は、海軍拡張論に結びつく。 そ の為には増税、世論の理解が必要だ。 明治14(1881年)年の政変で、民間 に出された大隈重信、板垣退助一派も政府に戻して、増税を実施するという官 民調和論に結びつく。 福沢は弱腰だとする批判は、とんでもない。 そのよ うにして、実質的に議院内閣制的なものをつくっていく。 行政権掌握の苦肉 の策だ。 井上毅は、伊藤博文らの知能として、それを見抜いていた。 そこ を見ないと、内政外交を連動させたこの時期の福沢の戦略構想を正当に評価で きないと思う。 清国がベトナムで清仏戦争に敗れ、福沢は安心した。 脅威 は西洋列強だけになった。

 質疑応答の中で、平石さんが、その時々の状況を丁寧に分析する必要がある、 それをやらないと読み間違える、と言われたのが、印象に残った。 また、儒 学に関する質問があり、こんな興味深い見解が述べられた。 勝海舟は本物の 儒学者ではない、福沢は本物の洋学者。 日本に近代を樹立したのは荻生徂徠 で、人類史、文明史全体を括弧に入れ、人類の文化の外に出た。 儒教的枠組 みをとっぱらって、事物そのものを見た。 陰陽五行説は、聖人が作り出した もの。 蘭学(福沢のやった)も、国学も、学問の方法としては、徂徠学から 出ている。 最近の中国でも戦略家は『春秋左史伝』を参考にしているのでは ないか。 福沢は『春秋左史伝』が得意で全部通読し、十一度も読み返して面 白いところは暗記していたと『自伝』にある。

 私はかねてより、福沢が朝鮮の独立と近代化に尽力しながら、現在、韓国や 北朝鮮で伊藤博文や豊臣秀吉に次いで嫌われていると聞いて、さぞや福沢は無 念だろうと思っていた。 そして、アジア諸国の独立と近代化に少なからぬ影 響を与えながら、アジア侵略論の創始者と誤解されている福沢の名誉回復に努 めたい、と。 今回の読書会に参加して、その考えを強力に補強していただい て、大変嬉しく有難かった。  また、福沢が『兵論』で、清国の一気の軍事強国化を懸念していたことを知 り、現在の中国の動向を連想しない訳にいかなかった。

※青木功一『福澤諭吉のアジア』慶應義塾大学出版会、2011年6月刊。 A5判上製、512頁、本体8500円。

「青木功一著『福澤諭吉のアジア』」読書会に参加して(2)〔昔、書いた福沢124-2〕2019/10/09 06:54

     「福沢=アジア侵略路線の元凶」説の起源

 「福沢=アジア侵略路線の元凶」説の起源はどこにあるか。 丸山眞男は「明 治国家の思想」(公刊は1949年だが、講演は46年10月、東大での歴研の連続 講演、のち岩波『丸山眞男集』第四巻)で、次のようにのべた。 福沢は民権 論と国権論が同時的課題であることを古典的に定式化したが、明治14年の政 変以後、民権論と国権論は離れ始め、日清戦争で完全に分裂した。 そしてこ の戦争の勝利で福沢は、長年の対外的独立の危機感から解放されて一時的錯覚 に陥った。 日本の近代化には、その先にますます大きな困難があるはずなの に…。 この講演を遠山茂樹が聴いていたのはほぼ間違いなく、そこから遠山 は、福沢には日清戦争論の源流としての「脱亜論」があるではないかと「日清 戦争と福沢諭吉-その歴史的起点について」(1951年『福沢研究』第六号、の ち『遠山茂樹著作集』第五巻、岩波書店)を書いたと、推測される。 服部之 総は「福沢諭吉」(1953年12月『改造』、のち『服部之総著作集』第六巻、理 論社、1955年)で、福沢がナショナリズムの悪しき伝統にとらわれたという遠 山を批判して、逆に福沢こそその伝統をつくったタフな絶対主義者だったとし た。 この遠山、服部の流れが、安川寿之輔の『日本近代教育の思想構造』1970 年10月、新評論、などの所説につながる。

 遠山、服部の考え方は、歴研メンバーに広がる。 一方岡義武の「福沢先生 とその国際政治論」(『三田評論』573号、1957年9月、のち西川俊作・松崎欣 一編『福澤諭吉論の百年』慶應義塾大学出版会、1999年6月に再録)は興味深 い論説だが、「脱亜」の「脱」の字も出て来ない。 それが岡義武「国民的独立 と国家理性」(1961年4月、『近代日本思想史講座[8]世界のなかの日本』、 筑摩書房、のち『岡義武著作集』第六巻)になると、「脱亜の時代」という言葉 を表題にして、日本が対外政策として西洋帝国主義の行動様式で突き進む時代 に使っている。 1960年代になると、岡のような実証的な学者でも、「脱亜」 を近代日本の歴史を指す言葉として使っているわけだ。 竹内好(よしみ)「日 本とアジア」(1961年、同上書。『竹内好評論集』第三巻収録、筑摩書房)、松 本三之介「国民的使命観の歴史的変遷」(1961年、同上書)も、「脱亜論」に触 れている。

 「脱亜論」に関する研究史的関心は、橋川文三の「福沢諭吉の中国文明論」 (『順逆の思想 : 脱亜論以後』勁草書房、1973年)に始まる。 のちに植手通 有が平凡社『世界大百科事典』(1988年3月)に「脱亜論」の項目を書いた。

丸山は誰が福沢「脱亜論」、近代日本史=脱亜史という見方を流行らせたのか、 別個の研究を要し、戦後の研究史を跡づける必要があると断りつつ、竹内好の 名をあげている(『丸山眞男回顧談』下巻)。 しかし実は丸山にも論文「日本 の思想」に「脱亜」の使用例があり、近代日本の歴史的コースをいっている。  岡義武は先に見たように61年論文で帝国主義と関連させて「脱亜」の時代を いう。 現在でもこうした拡張的用例が良書中に見受けられる。 例えば、油 井大三郎『なぜ戦争観は衝突するか-日本とアメリカ』岩波現代文庫、歴史的 背景を踏まえて日米の違いを書いたいい本。

「青木功一著『福澤諭吉のアジア』」読書会に参加して(1)〔昔、書いた福沢124-1〕2019/10/08 07:17

『福澤手帖』第163号(2014(平成26)年12月)の「青木功一著『福澤諭 吉のアジア』」読書会に参加して」。

 本年7月5日慶應義塾大学三田キャンパス南校舎445号室で開かれた青木功 一著『福澤諭吉のアジア』(慶應義塾大学出版会・2011年)の読書会に参加さ せてもらった。 講師の東京大学名誉教授、平石直昭さんは、『三田評論』2013 年8・9月合併号でこの本の書評をしている。 この読書会では、まずその書 評で取り上げられなかった論点五つにふれ、後半は書評中で上げた七つの論点 を敷衍した。 レジュメと、書評では紙幅の関係で明示できなかった参考文献 の詳細なリストが配付された。 お話を、以下にまとめてみる。

 青木功一『福澤諭吉のアジア』は、簡単に読み進むことも、料理することも できない。 それは、(A)福沢の東洋政略論自体の展開を客観的にどう理解す るかという問題と、(B)その問題に対して今までの研究者がどういう見方をし てきたかという研究史・学説史をどう跡づけるのか、その両方が交差するとこ ろに、この本が成立しているからだ。

 福沢の東洋政略論は、『時事小言』(1881年)の「東洋連帯」論、「脱亜論」 (1885年)、その後の清国との協調論と変幻自在に変化した。 青木が、福沢 の著作や先行研究と格闘し、暗中模索し、自分なりの見方を打ち出そうとする 苦労、根気強さ、土性ッ骨に打たれた。 そこにこの本の意義があると思う。  七つの論点は本書と格闘する中で自ら浮かび上がった。 書評は、青木が目の 前にいるかのように、理解に努め、敬意を持って書いた。 個々の論文につい ては、青木の見方が揺れ、解釈の矛盾がみられるところもある。 青木が生き ていたら、それらを総合するリライトの作業をしただろう。

 最晩年の丸山眞男が福沢について面白いことを語っていた。 丸山著・區建 英訳「『福沢諭吉と日本の近代化』序文」、1992年10月『みすず』379号。 戦 前の偏った福沢像として「拝金宗」(内村鑑三)や江戸町人の実利主義と変わら ないという見方(和辻哲郎)をあげ、戦後は日本帝国主義の思想的イデオロー グといわれるようになったとし、後者について二つの疑問を出している。  (一)近代日本の歴史を「脱亜」の歴史として捉える見方の妥当性如何。 近 代日本は本当に「脱亜」したか。 実際には国家神道、国体論など、アジア的 なものが強く残った。 だから「脱亜入欧」で近代日本を捉えるのはおかしい。  (二)福沢の「脱亜論」をどう理解するか。 「脱亜入欧」は福沢の言葉では ない。 また「脱亜論」は甲申事変後の時局的な政策論にすぎない。 つまり 「脱亜」は福沢理解のキーワードにはならない。

スコットランドにW・K・バルトンの記念碑建つ―百七年目の帰郷―〔昔、書いた福沢118〕2019/09/29 08:18

『福澤手帖』第132号(2007(平成19)年3月)の「スコットランドにW・ K・バルトンの記念碑建つ―百七年目の帰郷―」。

 水道が断水した時の不便を思い出しただけで、その人の有難さが身に沁みる。 2006年は、明治日本の上下水道の先生ウィリアム・キニンモンド・バルトンの 生誕百五十年の記念の年であった。 彼がスコットランドのエディンバラで生 まれたのは1856(安政3)年で、2008年に創立百五十年を迎える慶應義塾開 塾の二年前になる。 W・K・バルトンは明治政府が上下水道事業を始めるに あたって招いた「お雇い外国人」の衛生工学技術者で明治20(1887)年に来 日した。 帝国大学で衛生工学を教えて多くの日本人後継技術者を育てる一方、 国内二十四都市で水道、下水道の調査、計画、助言などの活動をした「日本の 公衆衛生の父」と呼ばれる人物で、さらに台湾でも同様の業績を残している。  そうした専門分野だけでなく、写真の大家として日本の写真史にも重要な足跡 を残し、浅草に建てられた日本最初の高層建築「凌雲閣」(浅草十二階)の設計 者でもある。 しかし明治32(1899)年、日本と台湾12年間の滞在からの帰 国寸前、東京で病没したために、日本において残した優れた業績が、本国では ほとんど知られていなかった。 その生誕百五十年にあたり、日本から感謝の 意を伝え、今後の友好親善をさらに発展させたいという願いから、W・K・バ ルトン生誕百五十年記念事業実行委員会が組織され、記念事業が挙行された。  5月には目黒の東京都庭園美術館で記念講演会が、9月にはスコットランドで 一連の記念事業が行われた。 そのクライマックスが、エディンバラでの記念 碑の除幕式だった。 12月『W・K・バルトン生誕150年記念誌』が刊行され た。

 以前『福澤手帖』102号の「バルトンとバートン」に書かせてもらったが、 バルトンと、福沢を通じてその父親が、親子で日本の近代化に貢献していたこ とが判明した。 1983年ハーバード大学のクレイグ教授の研究で、福沢の『西 洋事情』外編の主体になったチェンバーズの『政治経済学』のチェンバーズと いうのは出版社であって、著者はジョン・ヒル・バートンというスコットラン ド人であることが明らかになった。 そのことにふれた私の『五の日の手紙3』 (1994年)「『西洋事情』を読む」を、W・K・バルトン研究家の稲場紀久雄大 阪経済大学教授の夫人日出子さんがお読みになったことから、W・K・バルト ンの父親ジョン・ヒル・バートンと、福沢に影響を与えたジョン・ヒル・バー トンが同一人物だということが判明したのだった。

父ジョン・ヒル・バートンは、スコットランド国立ポートレート・ギャラリ ーの栄光の間に胸像が置かれている十数名の著名人の一人、スコットランド王 室の歴史編纂官に任ぜられた歴史家で、エディンバラの監獄所長などを務めた。  温かい人柄と論壇での幅広い人脈から、その家には若い作家や編集者が出入り し、その中にシャーロック・ホームズのアーサー・コナン・ドイルや『宝島』 のロバート・ルイス・スティーブンソンもいて、バルトンと強い友情で結ばれ ていた。 母キャサリーン・イネスは、十二世紀に遡る名門一族の出で、スコ ットランドの女子教育と女性の地位向上につくした人であった。 バルトンが 幼・少年時代を過ごしたクレイグ・ハウスは今、ネーピア大学(対数の概念を 考案したジョン・ネーピアを記念する)のキャンパスに保存されていて、その 小高い丘から見渡した、町並の彼方に海の見えるエディンバラの景色は、時間 を忘れるほど美しいという。 そのオールド・クレイグ・ハウスの前にW・K・ バルトンの記念碑(碑文は下記)が建ち、バルトンは歿後百七年にして帰還す るにふさわしい場所に帰ることが出来たのだった。 アバディーンでの稲場教 授の「W・K・バルトン教授の生涯と思想―日本の衛生工学と近代化への貢献」 と題する記念講演では、父ジョン・ヒルの母校アバディーン大学の関係者など が、ジョン・ヒルと福沢の関係に強い興味を示し、質問も出たと聞いている。

 日本ではイングランドとスコットランドを一緒に考えるけれど、まったく 別々なのだ。 幕末明治のスコットランドと日本の関係は深い。 実学精神に あふれたスコットランドは大英帝国の「工場」として鉄道・機械・造船業の繁 栄を導き、当時の世界の技術発展の中枢となり、海外へ雄飛していた。 日本 の文明開化に最も貢献したのはスコットランドだと言っても過言ではない。  薩長に武器類や艦船をもたらしたグラバー商会のトマス・グラバー、工部大学 校のすべての機構を作り上げたヘンリー・ダイヤー、灯台や横浜の鉄橋(吉田 橋)と電信工事(共に日本初)のリチャード・H・ブラントンもスコットラン ド人である。 日本人留学生が最も多かったのもスコットランドかもしれない。  グラスゴー大学に留学した福沢の三男、三八もその一人で、入学試験の第二外 国語に日本語を希望し、大学の依頼でロンドン留学中の夏目漱石が試験を担当 している(このことについては「福澤手帖」28号、北政巳さんの「グラスゴウ 大学と福沢三八―日蘇交流の一視点―」に詳しい)。

[エディンバラのW・K・バルトンの記念碑の碑文(訳文は馬場試訳)]

Dedicated with Deep Gratitude To WILLIAM KINNINMOND BURTON 1856-1899/Elder Son of JOHN HILL BURTON, Historiographer Royal, and KATHERINE INNES/First Professor of Sanitary Engineering at the Imperial University, Tokyo/Sole Consultant Engineer for Home Ministry, Designing Water Systems for Major Cities including Tokyo/Designed Japan’s First Skyscraper RYOUNKAKU in Tokyo/introduced Modern Photography to Japan/A Most Prominent Scottish Contributor to Japan’s Modernization/September,2006/The 150th Anniversary of W. K. Burton ’s Birth Planning and Executive Committee, Japan and Scotland

ウィリアム・キニンモンド・バートン(1856-1899)に深い感謝の気持を捧 ぐ/(スコットランド)王立歴史編纂官ジョン・ヒル・バートンとキャサリー ン・イネスの長男/東京帝国大学の最初の衛生工学教授/東京を含む主要都市 の上下水道を設計した内務省の衛生工学専門顧問技師/日本最初の高層建築・ 東京の「凌雲閣」を設計し/近代的写真術を日本に紹介した/日本近代化への 最も卓越したスコットランド人の貢献者/2006年9月/日本・スコットランド W・K・バルトン生誕150年記念事業実行委員会

福沢諭吉の片仮名力(ぢから)〔昔、書いた福沢116〕2019/09/26 06:54

『福澤手帖』第122号(2004(平成16)年9月)の「福沢諭吉の片仮名力(ぢから)」〈『福沢諭吉の手紙を読んで』(1)〉。

          福沢諭吉の片仮名力(ぢから)

岩波文庫の慶應義塾編『福沢諭吉の手紙』は、簡便で、ポケットに入れ、い つでもどこでも読めるのが有難い。 表記のやさしさもあって、あらためて気 づくことが多い。 その一つに福沢の片仮名の面白さがある。 表紙にあるフ ハンシーボールは仮装舞踏会、伊藤博文からの招待を、「家事の都合に由り」と 断っている。 インポルタンス、スクールマーストル、プライウェートビジニ ス、モラルスタントアルド、ソンデイの夜、スピーチュの稽古と、思わず頬が ゆるむような表記もある。

一見なんだか分からないものもある。 そこでクイズだが、つぎの福沢片仮 名の意味がおわかりだろうか。 1.ボーレン 2. ソルレイキ 3.クールス 4. ソッポルト 5.ボートル。 オランダ語をまったく知らないので、なんとも言 えないが、英語をオランダ語読みしているところもあるのだろう。 答は、1. ポーランド 2.ソルトレーク 3.コース 4.サポート 5.バターである。

 人名や地名、外来語を片仮名で書くことを始めたのは、いつ、誰なのだろう か。 『福澤全集緒言』の翻訳の苦心談を読み直し、福沢がその文章中に残し た片仮名の意味を考えているうちに、これは笑っている場合ではないと感じた。  一つ一つの片仮名表記が、立ち上がって、われわれの心に響き、鮮明な記憶と して残る、言霊(ことだま)とでもいうべき力を持っていることに気づいたの だ。 その代表例が「マインドの騒動は今なお止まず」「旧習の惑溺を一掃して 新らしき(書簡原本では「新ラシキ」)エレメントを誘導し、民心の改革をいた したく」「結局我輩の目的は、我邦のナショナリチを保護するの赤心のみ」「あ くまでご勉強の上ご帰国、我ネーションのデスチニーをご担当成られたく」と いう有名な明治7年10月12日付馬場辰猪宛書簡である。

『学問のすゝめ』の、ミッヅルカラッス、マルチルドム、スピイチ、ヲブセ ルウェーション、リーゾニング、『文明論之概略』の、ナショナリチ、シウヰリ ゼイション、スタチスチク、ヒロソヒイとポリチカルマタル、モラルとインテ レクト、フリイ・シチなども、そうした力を持ったキー・ワードだ。 当時の 人々にとっては、われわれが今読むよりも、その一語一語は、光り輝くものだ ったろう。

さらに、手紙の中での日本語の片仮名表記も興味深い。デタラマ(メ)、トン ト忘却、大名同士之カジリヤイ、ブウ\/ドン\/、イメイマシク、ゴマをス ル、フラレタ高尾、ソリャコソコイツは、ナンダカヨサソウダ、ドチラツカズ、 メクサレ金など。江戸後期の戯作の手法の流れを汲み、福沢の特色であるユー モアにあふれ、文章の中で絶妙なアクセントになっている。 言文一致、口語 体への橋渡しの役目も果している。

こう見てきて、片仮名の現行の機能(表音性、強調性、表意性)を、福沢が 明治初年までに、ほぼすべて試みていたことに驚かされる。 福沢の文章中に 天性の感覚でちりばめられた片仮名は、ヴワ゛の発明(『華英通語』)という一 大快挙と合わせ、もっと注目されてよいと思う。

難しい字や漢語を避けて、平易通俗の文章を心がけた福沢は、広く読まれて、 日本の近代化に大きな貢献をした。 「福沢諭吉は、日本の現実の中に生きて いる日本語を用いて、ことば使いの工夫によって、新しい異質な思想を語ろう とした。そのことによって、私たちの日常に生きていることばの意味を変え、 またそれを通して、私たちの現実そのものを変えようとしたのである。」(柳父 章『翻訳語成立事情』) それは文明開化の時代の、新しい日本語表記の実験で あった。 司馬遼太郎は、新しい文章日本語の成立を夏目漱石に帰し、漱石以 前では福沢がその成熟に影響力を持ったとした。(『この国のかたち』六)

紀貫之は『古今和歌集』の序文に、「真名序」と「仮名序」をつけた。 「真 名」とは漢字のことで、当時中国から伝わったものが「真」で、日本で派生し たものは「仮」だった。 貫之が「仮名序」をつけたのは、漢字文化に対する 仮名文化の鮮烈な立ち上げの宣言であり、日本語や日本文字の自覚を強く促し たものだという(松岡正剛帝塚山学院大学教授)。 福沢の片仮名や平易な文体 の実践は、「言霊(ことだま)の幸(さき)はふ国」での、紀貫之の仕事の延長 線上にある、近代日本への大きな技術的貢献だったといえるだろう。