道頓堀と芝居茶屋、お笑いのルーツ<等々力短信 第1143号 2021(令和3).5.25.>2021/05/20 06:59

 14日が千秋楽だった浪花千栄子がモデルの朝ドラ『おちょやん』は、大阪ミ ナミの道頓堀が舞台だった。 主人公竹井千代(毎田暖乃(子役)・杉咲花)は 貧しい家に育ち、9歳で道頓堀の芝居茶屋に「おちょやん=小さな女中」とし て、奉公に出る。

 大阪は6~7千年前、ほとんどが海で、大阪城のある場所を先端とする上町 台地が海の中に伸びていた。 江戸時代、湿地帯だったミナミのあたりに、道 頓堀川が人工的に開削され、土砂を両岸に積み上げ、埋め立て地をつくった。  古地図では、町はずれ、道頓堀川の南側は、田畑だ。 テレビに毎日映るグリ コ看板の戎(えびす)橋から、日本(にっぽん)橋まで、南に川沿いに建物が 一列並び、その後ろが商店街になっている。 川側の建物は間口が狭く、それ は江戸中期から変わっていないそうだ。 道を隔てた側の建物は、間口の広い 大きなものが多い。 川側の建物は半地下構造で、階段で川へ降りられる。 実 は江戸時代、川側は芝居茶屋が58軒、道を隔てて芝居小屋が、竹田、豊竹、 角座、中座、筑後と5座あったのだ。 町の端と川を利用して、客を呼び、芝 居茶屋から芝居小屋へ案内し、幕間に食事や休憩をとる。 芝居町として栄え たのだ。

 『おちょやん』では喜劇王・須賀廼家万太郎(板尾創路)、曽我廼家五郎(1877 ~1948)が明治37(1904)年曽我廼家十郎とともに劇団曽我廼家を創立、大 阪俄(にわか)と歌舞伎を演技の基盤として、笑わせる芝居を日本で初めて喜 劇と銘打って上演したのは、道頓堀浪花座だった。 大阪は、カニやフグ、食 い倒れ人形などの立体看板が名物だが、芝居茶屋の前に芝居のハイライトを人 形看板として飾っていた伝統なのだそうだ。

 大阪のお笑いのルーツは、戎橋からさらに南の法善寺、水掛不動尊の先、千 日前というエリアにある。 江戸時代、火屋(火葬場)があり、寺社と東と西 の広大な墓所があった。 やがて東墓地だけを残して、墓所の移転があって、 その跡地では、各種の見世物や興行が行われた。 改良座では、歌舞伎役者鶴 屋団十郎が大阪俄と芝居をミックスさせて演じた。 化け物小屋、「日本力士外 人力士合併相撲」という今日のK-1のような異種格闘技や、「海女の水芸」と いうアーティスティック・スイミングもどき、人体解剖など、近くに遊廓もあ って、男性向けの怪しげなものもあった。

 明治45(1912)年、千日前に大事件が起こる。 西から出た火事が、10時 間にわたり、1キロ以上を焼失した。 寄席や見世物小屋は、モダンな建物の 映画館や劇場に、最先端のエンターテインメント街に生まれ変わった。 エン タツ・アチャコのしゃべくり漫才という新しい演芸も生まれ、現在の「なんば グランド花月」につながる。 この稿、2019年5月18日放送の「ブラタモリ」 大阪ミナミ編に多くを負う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック