杉山家四代目、杉山満丸さんのことなど2021/09/17 07:08

 杉山龍丸さんの、もう「一つの悲しみ」<小人閑居日記 2021.9.4.>
少女は、涙一滴落とさなかった<小人閑居日記 2021.9.5.>
「国士」杉山茂丸と、二代の「作家」夢野久作<小人閑居日記 2021.9.6.>
「インドの緑の父(Green Father)」杉山龍丸<小人閑居日記 2021.9.7.>
 を、お読みになった藤原一枝先生から、ブログにコメントを頂き、さらにこんな質問が来た。 三代目は いつ どこで 亡くなったか? 老境で語っていたことは? 四代目・五代目は? 彼の精神をもっとも受け継いだのは?

 私に詳しく述べるだけの知識はなかったが、ちょっと調べて、こんなご返事をした。

三代目杉山龍丸は、1919(大正8)年5月26日生まれ、1987(昭和62)年9月20日に68歳で亡くなっています。 息子の四代目は、杉山満丸、1956(昭和31)年2月3日生まれ、1980(昭和55)年東京農業大学農学部蚕糸生物学科卒業、九州産業大学付属九州産業高校で教鞭を執りながら、「夢野久作と杉山三代研究会」というのをやっているそうです。

 お尋ねの「老境で語っていたことは?」ですが、満丸さんの書いた「インドを緑に変えた偉人―Green Father杉山龍丸伝―」がネットで見られます(下記)、台湾から種籾の持ち出しに成功した蓬莱米がインドで豊かに実ったのを見た龍丸は「男の生きがいとは、こういう事を言うんだ。インドの大地にキスしたい気分だ」という言葉を遺しているそうです。 
http://www.jiid.or.jp/ardec/ardec52/ard52_key_note7.html

 関連の文献。 〇杉山龍丸『砂漠緑化に挑む』葦書房・1984年。死の2年前の論文を含み、緑化のノウハウをまとめている。
〇杉山満丸『グリーン・ファーザー インドの砂漠を緑にかえた日本人・杉山龍丸の軌跡』ひくまの出版・2001年。インドの緑化事業の軌跡を訪ねたドキュメント。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック