金沢の、あの町この町2021/09/11 07:15

 昨2020年福沢史蹟見学会は金沢へ行く計画と聞いていて、楽しみにしていたのだが、コロナ禍で中止になってしまった。 福沢諭吉協会には、いつも土曜セミナーや史蹟見学会に長駆、金沢から参加される大窪孝司さんという熱心な会員がいて、準備段階から様子はもれ承っていたのだったが…。 金沢へは、学生時代に行ったことがあったが、兼六園の一部しか印象に残っていなかった。

 室生犀星の『性に眼覚める頃』の朗読を聴いていると、金沢の町へ行ってみたくなる。 昨日見た、犀川の水を汲んで茶を点てる犀川の畔、雨宝院というお寺はどんなたたずまいを残しているのか。 二本の大きな栂(つが)の樹を左右にして、本堂を覆った欅や楓の大樹が広がって、枝は犀川の方へほとんど水面とすれすれに茂りこんだままなのだろうか。

 十七歳で詩を『新聲』に投稿して、掲載されると天にも昇る気持になり、それを読んだ同い年で短歌を詠む街の真ん中の西町に住む表棹影(おもて とうえい)と友達になる。 表はたえず女の子に手紙を書き、返事をもらっていて、女の子と親しくなるのが上手だった。 二人で一緒に劇場に行き、二階から女学生らしい色白の桃割が母親と来ているのを見ていた。 表が幕間に手紙を渡しに行き、女の子がそちらへ立ったのを見て、私は頭にかっと血が上ったように、呼吸さえ窒(つま)るような昂奮を感じた。

 お寺は廓に近い界隈だけに、夕方など、白い襟首をした舞妓や芸者がお参りに来た。 桜紙を十字にむすんだ縁結びを、金毘羅さんの格子に括りつけて行ったりした。 その縁結びは、いつも鼠啼きをして、ちょいと口で濡らしてする習慣になっているらしく、私はその桜紙に口紅の烈しい匂いをよく嗅ぎ分けることができた。 そのうすあまい匂いは私のどうすることもできない、樹木にでも縋(から)みつきたい若い情熱をそそり立て、悩ましい空想を駆り立ててくるのであった。

 お寺に、賽銭泥棒に来る娘に気づいた。 せいの高い堅肥りのかなりの器量で、品行が悪いという評判だったが、瑞瑞しい若さ美しさに富んでいた。 何度も目撃したが、それを記帳所の執事や年寄たちには話さなかった。 ある日、いつも来る時分の前に、賽銭箱に手紙を入れた。 「あなたの毎日せられたことは、お寺にみんな知られているから、もう此処へ来てはいけません。」私は、彼女がすぐ裏の町、加賀藩の零落(おちぶ)れた士族の多く住むお留守組町から来ることを知っていた。 寺に来なくなったその家に行き、玄関の内に紅い鼻緒の立った籐表(とうおもて)の女雪駄を見て、いつも寺に履いて来るものだと思った。 何度か行くうちに、悪戯心が萌(きざ)して、庭に忍び込んだことを彼女に知らしめるために、その雪駄の片方を盗んだらと思うようになった。 やがて紅い緒の雪駄が、もはや雪駄以上の別の値のあるもののように、べつな彼女の美しい肢体の一部分を切り離して、そこに据えつけてあるような、深い悩ましい魅力をもって釘付けにされてしまう。 素足になって玄関に這入り込むと、紅い雪駄の片足を懐に入れた。 殆んど眼まいを感じながら一散にかけ出した。

友人の表は、公園の藤棚のところにある掛茶屋の娘、お玉さんと深い仲になっていた。 表と二人で散歩の途中に寄ると、当時いた露西亜人捕虜にもらったというロシア更紗を見せてくれた。 一面の真紅(まっか)な地に、白の水玉が染め抜かれてあった。 お玉さんは晩に、西町の表の家に行くと、下町娘らしく口笛を吹いて、呼び出すらしい。 だが、やがて表が胸を病んで、臥(ね)ついてしまう。 それをお玉さんに知らせに行くと、「いちど逢わして下さいまし」と思い詰めたように言った。 彼女の顔から発散する温かみが遠い炭火にあたるように、私の頬につたわり、烈しい髪の匂いがした。 表は、ついに亡くなる。 そして、お玉さんも、臥ついてしまう。

夕方寺を抜け出し、ある神社の裏手から廓町へ行く。 廓町の道路には霰がつもって、上品な絹行灯の燈火(ともしび)があちこちにならんで、べに塗り格子の家がつづいている。 人に見られないように、一軒の大きな家に入った。 おかみは、「あなたのようなお若い方はおことわりしているんですが、おうちをよく存じ上げているものですから……」 先日の、なりの高い女を招んだ。 「金毘羅さんの坊ちゃんでしたわね。いつかお目にかかった方だと思っていたんですよ。」 彼女は、小さい妹芸者を振り返って笑った。

金沢城の石垣、加賀百万石の外交戦略2021/09/12 07:25

 先日『ブラタモリ』で「日本の石垣スペシャル」というのを見た。 金沢城に行った時、石垣を見るだけで、3時間もかけて録画したのに、放送は10分間しかなかったから、改めて「石垣スペシャル」となった。 先日小沢征悦さんと結婚した桑子真帆アナウンサーが、当時のアシスタントだった。 その『ブラタモリ』は、全国版初期の#3、2015年4月25日放送の「金沢」「加賀百万石はどう守られた!?」だった。 前田家が金沢を、徳川の攻撃に備えて、どのようにつくったかという話であったが、前に書いたことがあったので、明日から触れてみたい。

 「石垣スペシャル」、初代前田利家は、穴太(あのう)衆を使った「自然石の野面(のづら)積み」「割石乱積み」、割石には石を割った矢穴が残っていた。 三代利常(としつね)、城壁の積み方も進歩して、石垣隅の算木積み(長い石の長辺と短辺を互い違いに積む)、石に刻印、カラフルな「割石の布積み(横方向に一段ずつ揃える)」。 五代綱紀(つなのり)、「正方形の切石の布積み」、「色紙短冊積み」、芸術を愛し、日本全国の工芸を蒐集し比較考証した「百工比照」のコレクションがある、江戸城天守跡に残る石垣は遠近法(下に大石、上へ次第に小さな石)を使って積んでいる。

加賀の前田家については、磯田道史さんの『殿様の通信簿』(朝日新聞社)を読んで、豊臣から徳川へという時代の流れの中をどのように泳ぎ、生き延びたかについて、この日記に書いたことがあった。 2014年10月20日から25日までで、「加賀百万石の外交戦略」「関ヶ原の戦いと前田利長の動き」「三代・前田利常の生い立ち」「もう一人の「猿」の出世、徳川・豊臣・前田」「もう一つの砂時計、前田利長の寿命」「徳川幕府の防衛ラインと譜代大名配置」である。

 「守りに入るな。徳川とは対決せよ。中央に出て、あわよくば、天下に号令せよ」というのが、初代前田利家の一貫した外交方針だった。 二代利長には「おれが死んでも三年は金沢に帰るな。大坂城にいて、秀頼公をお守りしろ」と厳命していた。

 だが、利長はさっさと金沢に帰って城に引き籠ってしまう。 利長には、のちに「三州割拠」と呼ばれる、独特の外交戦略があった。 第一に、中央での政権争いには加わらない。 第二に、穴熊になったつもりで加賀・越中・能登の三か国に立て籠もり、ひたすら時を待つ。 そのうち、中央での政権争いで、覇者たちが疲れるから、そこに出て行って漁夫の利を占める。 一種の持久戦法だ。 結局、これが、明治維新にいたるまで、前田家の伝統的な外交方針になる。

徳川との戦いに備える金沢「惣構」2021/09/13 07:10

慶長3(1598)年8月に秀吉が死去、慶長4(1599)年閏3月に前田利家が死去すると、9月前田利長に謀反の噂が出、その冬、徳川と前田の和睦交渉が始まる。 利家の妻まつが徳川の人質となり、慶長5(1600)年春、和睦に成功、前田は最大のピンチを脱する。

謀反の噂が出た前田利長は、徳川との戦争に備えて、慶長4年にキリシタン大名として知られる高山右近に命じて「惣構(そうがまえ)」をつくらせた。 1か月で造ったと伝えられている。 金沢城を中心とした城下町を囲い込んだ堀や、堀の城側に土塁(土居)を築いたこれが、「内惣構」である。 さらに三代藩主前田利常が慶長15(1610)年に家臣の篠原一孝(かつたか)につくらせたのが「外惣構」、金沢城の堀も含めると三重の防衛ライン、堅固な守りとなる。

 『ブラタモリ』「金沢」は、加賀百万石の城下町の繁栄を守った仕掛けを探り、まず長町武家屋敷跡からこの「惣構」の痕跡を探した。 豊臣秀吉が五奉行の上においた政権の最高機関である五大老(老衆(おとなしゅう))、5人の有力大名の関ケ原前後の石高をくらべると、徳川家256万石→400万石、前田家83万石→120万石、宇喜多家57万石→×、上杉家120万石→30万石、毛利家120万石→37万石と、大きくなって残ったのは徳川家と前田家だけだ。

 金沢の道は、70%が道幅は二間(3.6メートル)と、江戸時代の道幅が残っているという。 外道(そとみち)に沿い川(堀)があり、段差がある。 河岸段丘の上に土塁(8m~10m)が築かれ、内道があって、城の方向となる。 「内惣構」が全長3キロメートル、「外惣構」は全長7キロメートルに及ぶ。 その道や段差、つまり「惣構」の痕跡は、近江町市場の中でも、上近江町のスーパーの中でも確認できた。

 城へ向かうのには、北国街道の香林坊橋のところに、香林坊の木戸があった。

金沢を火事から守った辰巳用水2021/09/14 07:07

 『ブラタモリ』「金沢」「加賀百万石はどう守られた!?」の後半は、金沢を危機から守ったもう一つの巨大な構造物について、であった。 「外惣構」が出来てから21年後の寛永8(1631)年4月14日、民家から出火した火事が大火となり、金沢城を含む城下町に大被害をもたらした。 金沢城も焼け落ちた。 台地の先端に城を築いた金沢には、弱点があった。 犀川と浅野川、二つの川から水を取れないのだった。

 さっそく金沢城から11キロの犀川上流で取水して、台地のへりを通って、金沢城に至る水路の大工事を開始、大火の翌年1632年辰巳用水を完成したのである。 『ブラタモリ』では、兼六園の徽軫(ことじ)灯籠近くにある石畳が、用水の痕跡の石管であり、角の水の桝には水の通る穴が残っているのを見せていた。 兼六園(当時の竹沢御殿)と金沢城の二の丸の間には堀があり、石川橋がかかっている。 その部分、低地から高地へ、さらに低い場所を通って、「逆サイフォン」空気圧の原理で水を送っていたのを、実験でやってみせた。

 辰巳用水は、11キロ先の東岩取水口(金沢市上辰巳町)で取水し、台地のへりのトンネル部分が4キロに及ぶ。 辰巳用水の絵図に蒲鉾型の印が沢山あるのだが、トンネルを掘った時の横穴で、現在でも点検や落盤などの修理用に使われている。 横穴は30メートルおきに、139か所残っている。 その一つから高さ2メートルの水路にタモリが入って、100メートルほど歩いたが、岩盤をくりぬいたノミの跡が残っていた。 大変な工事だったろう。

 防火のために引かれた辰巳用水は、城下町の暮しを潤し、田畑を広げた。 380年前につくられた辰巳用水が、その後も、金沢の繁栄を支え続けたのである。

 『ブラタモリ』「金沢」は、城下町における水の確保の重要性を認識させてくれた最初で、それは「小田原」「沼田」、そして江戸の町づくりへも通じる。 「会津」にも猪苗代湖から水を引く「戸ノ口用水」の話があった。

谷根千時代の若き室生犀星2021/09/15 06:45

 「朗読」の時間、室生犀星の作品集のもう一つは、『或る少女の死まで』だった。 室生犀星は、10日に書いた略歴で、明治42(1909)年4月に友人表棹影が病没した後、この頃徴兵検査を受け丙種合格、9月には裁判所を退職、10月福井県三国町の『みくに新聞』に三か月、翌明治43(1910)年2月金沢『石川新聞』に二か月ほどの短期間勤めた。 同年5月、裁判所時代の上司赤倉錦風を頼り上京、下谷根岸の赤倉家に止宿し、赤倉の薦めで東京地方裁判所の地下室での裁判関係の筆耕に通う。 北原白秋や、『新聲』に詩を選んでくれた児玉花外を訪問する。 7月本郷根岸片町で下宿を開始し、このあと谷中三崎町、千駄木林町などを移り住む。

 『或る少女の死まで』では、犀星自身と思われる「室生」という主人公が、駒込林町の裏町の下宿にいて、団子坂からやや根津に寄った鳥屋や淫売屋の小路の中のS酒場で、友人のHやOと一緒にかなり酒を飲んでいた。 酔っ払った制帽をかぶった医大生が、徳利を持ってついで廻りに来たりしていた。 そこへ遊び人風な、日焼けをした、下駄のように粗雑な感じの男が、その妻らしい厭(いや)に肥った女を連れて、入って来た。 店には十二、三の鶴のように痩せた女の子がいて、酌などしていたのだが、その男が酒が遅いと女の子に文句を言う。 医大生が「弱いものさえみればいじめたがる奴があるもんだ」と毒気のある声で聞えよがしに言ったので、大喧嘩になる。 外に出て、もみあっている内に、男の額が割れて、血が流れる。 喧嘩に巻き込まれた主人公は、千駄木の裏を逃げ帰り、太田ヶ原の清水で傷を洗って、宿に戻って寝ていると、駒込署の刑事が来て、警察に連れて行かれる。 この小説の冒頭は、その寝ているところに刑事が訪ねて来る場面から始まっている。

 舞台は谷根千、谷中根津千駄木である。 この界隈、「今までブログに書いた谷根千」<小人閑居日記 2020.12.15.>で整理一覧したように、何度か行ったことがあるし、本駒込には家内の同級生ブログ「マーちゃんの数独日記」の川口政利さんもお住まいで、周辺を案内して頂いたこともあった。 そこで早速、室生犀星『或る少女の死まで』のことを、メールでお知らせした。 「ネットで地図などを検索してみると、駒込林町は千駄木5丁目の高村光太郎旧居のあたりか、太田ヶ原は日本医大の救急救命センターの北側、古道薮下道の辺、駒込署はおそらく場所が変わっていないでしょう東洋文庫の隣というわけで、みなご近所のようです。」と。

 すると、さっそく返信を頂き、駒込署は20年ほど前に東洋文庫の隣に移転し、前にあった所には現在「本駒込地域活動センター」があるという。 吉祥寺に近い、そのセンターには、川口さんの講演や三遊亭兼好の落語独演会を聴きに行っていたのであった。 太田ヶ原は、現在「千駄木ふれあいの杜」になっていて、太田が池を含む原が、太田ヶ原のようだそうだ。 「千駄木ふれあいの杜」で調べると、太田道灌の子孫の太田摂津守の下屋敷があったのが、太田ヶ原の由来だそうで、日本医科大学から世尊院までの広大な敷地だったとあった。