NHK新人落語大賞、桂二葉「天狗刺し」2022/02/25 07:07

そんなわけで、令和3年度NHK新人落語大賞の放送(昨年11月23日)を見た。 東京予選63名、大阪予選54名、計107名が参加、予選を勝ち抜いた東西3名ずつ6名の若手落語家が、11月1日NHK大阪ホールで大賞を目指した。 司会は、林家たい平と南沢奈央。 持ち時間は15分。 エントリーしたのは、次の6名と演目。 くじ引きの順番、女流二人が最後に出た。

三遊亭好志朗(48歳) 「権助魚」

桂 小鯛 「親子酒」

笑福亭生寿 「近日息子」

春風亭昇也 「壺算」

林家つる子 「お菊の皿」

桂 二葉(によう) 「天狗刺し」

 審査員は、柳家権太楼、桂文珍、片岡鶴太郎、堀井憲一郎、広瀬和生(ヘヴィメタ雑誌編集長、落語評論家)。

 私が面白かったのは、上方の桂二葉(によう)「天狗刺し」。 おかっぱ頭で、高い声を出す。 浪花のいちびり娘(お調子者)、昭和61(1986)年生れの由、桂米二門下、米朝事務所所属。

 「鳶が鷹を生む」を「天狗がタコを生む」だと思いこんでいるアホなおっちゃん、甚平さんに銭儲けの相談。 「スッキャキ」がいいと思うんだが、牛肉は珍しないから、天狗のスッキャキ屋はどうやろう。 物識りに聞いた。 二間半の鳥小屋をつくって、天狗を五、六羽入れておく。 一間の調理場で天狗をさばく。 天狗をさばくいうても、「天狗裁き」ちがいまっせ。

 天狗をどこで、仕入れるんだ、と甚平さん。 それを相談したい。 わしも忙しいんだ。 天狗なんて、おるかい。 昔は、おったんやろ。 本場は? 京都の鞍馬山、十羽、二十羽とおる。 ヨソでは言いなはんな。

 アホなおっちゃん、太い青竹持って、大杉が聳え立つ、夜の鞍馬山へ。 奥の院で、深夜の行を終えた坊さん、扉をギギギィーと。 天狗の鳴き声だ! アホが、青竹で足をすくったから、坊さん、バターーン。 ぐるぐる巻きにふん縛って、さるぐつわをかませる。

 ふん縛った坊さんを担いで、京の町に降りて来る。 町の人は、あれ、何だい? と、びっくり。 ボンサン! ボンサン! ボンサン! あれ、坊さんだ。 アホも、自分が坊さんを担いでいるのに、びっくりして、「スッキャキ屋じゃないと、天ぷら屋にするか、はなから衣ついてまんな」

 審査の結果、桂二葉、満票を獲得して、新人落語大賞を受賞した。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック