戦没した船と海員、商船から漁船まで2022/03/01 07:01

 2018年6月23日の「枇杷の会」鎌倉・二階堂界隈吟行で、本井英先生から秩父丸と鎌倉丸のことや、戦時中に沢山の民間船舶が徴用され多くの船員たちに戦没者を出したことをお聞きしたのをきっかけにして、2019年にかけてのこの日記に下記を書いた。

秩父丸と鎌倉丸、日本郵船とソフトバンクの「二引」<小人閑居日記 2018.6.30.>
戦没した船と海員、商船から漁船まで<小人閑居日記 2018.7.8.>
両陛下、天覧相撲の翌日、「戦没船員の碑」へ<小人閑居日記 2019.2.18.>
<戦日に逝きし船人を悼む碑の彼方に見ゆる海平らけし><小人閑居日記 2019.2.19.>

昭和16(1941)年12月に太平洋戦争が始まった時、日本は総トン数、百トン以上の商船を2,445隻、639万総トンも保有していて、当時イギリス、アメリカに次いで世界第三位だった。 しかし、3年9か月にわたる戦争が終わった時、日本商船隊は2,568隻、843万総トンの商船を失い、終戦時に残っていた商船はわずかに1,217隻、134万総トンに激減、しかもその中で運航可能な船はわずか80万総トンに過ぎなかったという。 戦時中、船舶の大消耗を補うため、1,340隻、338万総トンの膨大な「戦時標準設計型船」が急ぎ建造された。 資材を節約した、極端な簡易構造の粗悪船でしかなく、その大半も戦禍に遭って沈んでしまった。 この戦争で日本商船隊の運航を支えた乗組員の数は7万1千人とされているが、そのほぼ半数にあたる3万5千人以上(一説に4万6千人とも)が亡くなり、犠牲率は50%近くに達している。 この数字は、太平洋戦争中の日本陸海軍全将兵の犠牲率19%(参加将兵数986万人、犠牲者87万人)と比較した場合、商船乗組員がいかに凄まじい犠牲を強いられたかが分かる、という。(原出所:大内建二著『輸送船入門』光文社NF文庫)

 「日本殉職船員顕彰会」が調査した戦没船員数は、60,609人となっている。 所属は、陸軍、海軍の徴用船、船舶運営会(海運統制組織)である。 船員の消耗率は43%で、14歳から20歳未満の犠牲者数は19,048人、31.43%と極めて高い。 商船ばかりでなく、漁船や機帆船が徴用されており、4,000隻を上回る漁船や機帆船が太平洋戦争によって喪失した勘定になるという。