アーティゾン美術館に初めて行く2022/04/01 06:58

アーティゾン美術館近く「さくら通り」の桜

 ブリヂストン美術館がアーティゾン美術館となって、2020年1月18日に開館していたのに、ちょうどコロナ禍に重なったのと、日時指定予約制が面倒なのもあって、なかなか行けなかった。 「はじまりから、いま。1952-2022 アーティゾン美術館の軌跡―古代美術、印象派、そして現代へ」という展覧会が、4月10日までだというので、3月29日10時からの枠を予約し、ローソンでチケットを入手して出かけた。

 ブリヂストン美術館には、いろいろ思い出がある。 今回も展示されているルオーの≪ピエロ≫と会うためだけに、何度か来たこともある。 ベルナール・ビュッフェに魅せられたのも、ここだったかと思ったが、入口に並んでいた美術館の軌跡のポスターの初期にはなく、ビュッフェ展が2000年のところにあって気づいた。 まだ京橋の、並びにあった国立近代美術館、1963(昭和38)年の「ビュッフェ展:その芸術の全貌」だったことを、「35年目にビュフェ美術館を見る」<小人閑居日記 2009.6.17.>に書いていた。 近年では、ブリヂストン美術館に関係しているゼミの仲間に案内されて、今回Section2「新地平への旅journey to a New Horizon」のメインに並んでいるザオ・ウーキー展を観たのが印象深い。 アーティゾン美術館の「アーティゾン」は、ArtとHorizonからの造語だそうだ。

 この展覧会の予約時間、10時から11時30分の間に入場すれば、あとは制限なしにずっといてもいい。 じっくり観るとすれば、何時間でもいられる内容の濃さである。 しかし、くたびれるから、おのずと適当な時間を過ごすことになる。 私はルオーの≪ピエロ≫のほか、藤島武二≪東洋振り≫≪屋島よりの遠望≫、浅井忠≪グレーの洗濯場≫、松本竣介≪運河風景≫、ルノワール≪カーニュのテラス≫≪すわるジョルジョット・シャルパンティエ嬢≫などが、好みだった。 ここの所蔵するブランクーシの彫刻≪接吻≫も好きなのだが、なぜかこの作品だけ3月27日までの展示だった。