福沢の女性論・家族論は、「最後の決戦」に敗れた2022/04/06 06:55

 福澤諭吉協会の2005年度読書会は「福澤諭吉の女性論・家族論」をテーマにして、西澤直子さんを講師に開かれた。 私は『福澤手帖』第127号(2005(平成17)年12月)に、「読書会「福澤諭吉の女性論・家族論」―西澤直子さんの話を聴いて―」を書かせてもらった。 その最後に、日本の近代をみる重要な鍵に関連して、福沢の女性論・家族論は、「最後の決戦」に勝ったのか、を書いていたので、以下に引かせてもらう。

明治31年から亡くなるまで:「新女大学主義」。 福沢は明治31年8月から9月にかけて、集中的に「女大学評論」「新女大学」を執筆した。 当時は貝原益軒著とされていた「女大学」的な修身道徳が、女性を縛る規範としてなお活きていて、それを復活助長する動きもあり、福沢は一夫一婦制、男女同等といった新しいモラル確立を妨げるものとして「女大学」を槍玉に挙げて論じたのだった。 福沢はまた、男性の意識改革がなければ状況は変わらないということを強調し、他人の目を気にして育児に協力しない父親を「勇気なき痴漢(ばかもの)」と書いている(「新女大学」)。

明治33年4月15日付の『時事新報』社説「最後の決戦」(日原昌造草稿)は、当時の社会状況を分析して、維新以後「有形の区域」物質文明においては「文明流」が勝利をおさめたが、「無形のもの」では抵抗力が強く「文明の進歩を渋滞せしむるの憂」があると述べて、「新旧最後の決戦とも云ふ可きものありて存するは即ち道徳修身の問題なり」「儒教主義の旧道徳を根柢より顛覆して文明主義の新道徳を注入せん」とした。 福沢はこの「文明流」対「儒教主義の旧道徳」を、女性論では「新女大学主義」対「女大学風の教育」として展開した。 それは福沢の近代化構想の一端であり、「女大学」(「女大学」的規範)は福沢が構想する日本の近代化とは相容れない存在として強く認識されていた。 福沢の女性論・家族論は、山川菊栄、堺利彦、福田英子、与謝野晶子から、昭和初期の金子(山高)しげり、戦後の本間久雄に至るまで、高い評価を受け続ける。 福沢の指摘している問題点が今日的であり続けるということは(私は、福沢のいう「男女共有寄合の国」「日本国民惣体持の国」と、「男女共同参画社会」担当大臣の存在を思った)、とりもなおさず、それらの問題点が近代化の過程で解決されてこなかったことを示している。 福沢の女性論・家族論は、「最後の決戦」に敗れたと、西澤さんは結論する。 明治10年代半ば以降「儒教主義の旧道徳」が示した「女大学」風の“新しい”女性像では、良妻賢母を国を担う女性の役割として位置づけ、国家富強に結びつけた。 それは日清、日露の戦争を経て、特に顕著になり、国民総動員体制へとつながったのだった。

かつて獅子文六は福沢を小説に書こうとして、断念した。 小説の主人公は、もう少し不幸で、曲折や陰翳がある方が書き易いのに、ほとんどトントン拍子で、性格も明るく無類に健康的で、まるで朝の太陽だというのだ。 『福翁自伝』の終りの「自身の既往を顧みれば遺憾なきのみか愉快なことばかり」を思い出す。 しかし、福沢研究の最先端はどうも一味違った福沢像を提示してきているようだ。 この読書会で西澤さんが、福沢の女性論・家族論は「最後の決戦」に破れたというし、昨年の読書会では松崎欣一さんが、福沢の晩年、文明の主義を説く年来の主張が、必ずしも世間に浸透していない、またその真意が十分理解されていないという思いが、『全集』編纂『全集緒言』執筆へと、福沢を突き動かしたのではないかと述べた。 今年6月の福澤研究センターのセミナーでは、竹森俊平経済学部教授の松方正義と福沢(大隈)の経済論戦の話で、「明治14年の政変」で日本が松方の路線を選択したことによって、福沢(大隈)のイギリス流議院内閣制憲法の路線は消え、立憲制とはいえ専制的で軍国主義的な近代天皇制国家の確立へと進むことにつながったと聞いた。 福沢の実像は、平成の獅子文六に小説の材料を提供しているだけでなく、日本の近代化は真に達成されたのだろうか、日本の社会は文明の精神を置き去りにして、かたちだけの文明開化に終始しているのではないか、という疑問を私達につきつけているようである。