国連を解体し、世界連邦へ<等々力短信 第1154号 2022(令和4).4.25.>2022/04/11 06:58

ウクライナのゼレンスキー大統領は、4月5日、国連安全保障理事会でオンライン演説を行った。 「ロシア軍は我々の国に奉仕した人びとを探し出し、意図的に殺している」と、首都近郊のブチャの惨状を語りつつ、「第二次世界大戦以来、最も凶悪な戦争犯罪」とロシア軍を非難した。 ブチャでの「大虐殺」は「多くの事例の一つにすぎない。世界が全容を知らない都市がまだたくさんある」とも語った。 そして「われわれが相手にしているのは、安保理の拒否権を、死なせる権利に変えようとしている国家だ」と指摘し、常任理事国としてのロシアの拒否権を問題視した。 安全保障理事会の会合は1月末以来、5日で15回目だが、法的拘束力のある安保理決議は一つも採択できていない。 ゼレンスキー氏は、同じことが繰り返されないようにするために「ロシア軍、彼らに命令を下した者たちを、戦争犯罪として裁くこと」が重要だと訴えた。 そして安保理や国連について、「このままでは、各国が自国の安全を確保するために、国際法や国際機関ではなく、武器の力だけに頼るという結末が待っている」と語った。 「安保理が保証せねばならない安全保障はどこにある。安保理は存在しても、何事もなかったかのようだ。国連の創設目的だった平和はどこだ。」と指摘、「国連を解体する覚悟はあるか。国際法の時代は終わったと考えているのか」と問いかけ、「答えが『ノー』なら、すぐに行動する必要がある」とし、例外や特権なく、平和の力が支配的になるような安全保障システム作りをする必要性を訴えた。 そして最後にこう述べた、「我々には平和が必要だ。ウクライナ、欧州、世界に平和が必要だ。」

 もし化学兵器が使われた場合、ウクライナ国民を保護する責任があるとして、NATO側が通常兵器での介入に踏み切る可能性がある。 核兵器が使われれば、NATO側の介入はさらに大規模になり、いずれは米国も軍を派遣し、核使用の可能性もある第三次世界大戦になるだろう。 そうした危機感からG20首脳とグテーレス国連事務総長は、密かにジュネーブに集まり、人類の破滅を防ぐため重大な決断をした。 ゼレンスキー大統領の国連安全保障理事会での演説を、現実のものにすることを決めたのだ。

国連を解体し、国際法に準拠した世界連邦憲法を持つ世界連邦を創設する。 憲法は、「世界人民は、正義と秩序を基調とする世界平和を誠実に希求し、戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、永久に放棄する。核兵器はもちろん兵器は全て廃棄する」と定めた。 ゼレンスキー氏を世界連邦大統領とし、副大統領にはメルケル氏、アメリカ州知事はバイデン氏、ロシア州知事はご老体ながらゴルバチョフ氏、日本州知事は岸田文雄氏。 平和のことならば、エープリルフールは4月中有効としよう。

高校の「探究学習」、福沢の実学2022/04/11 07:00

 来春以降の新学習指導要領の実施で、高校2、3年生の国語や地理歴史などの科目の再編があり、深く掘り下げて学ぶ「探究」がつく科目が新設された。 「日本史探究」「世界史探究」「地理探究」など。 「探究学習」、高校生がみずから課題を見つけ、調べ、考え、その結果をリポートなどにまとめる経験を通して、思考力や判断力、表現力を養うことをめざす、という。 教科書の内容を、講義で一方通行で伝えられるよりも、どれだけ興味がわくか、容易に想像できる。

 そこで連想するのは、今までしばしば触れてきた、福沢の実学と、小尾恵一郎ゼミで教わった学問の方法だ。 福沢は、学問(実学=実証科学(サイヤンス))で身につけた個人の独立を、活発なコミュニケーションによる「人間交際」(Societyをこう訳した)を通じて、国の独立に結びつけることを説いた。 言いかえれば、自分たちで考えて動かす本当の「市民社会」をつくれるかどうかが、日本の行く末を握る鍵になるということだろうか。

福沢が説いた自分の頭で考える実学、小尾恵一郎ゼミで教わった学問の方法は、自然科学のみならず、社会・人文科学を含めた実証科学のことだった。 福沢は明治16(1883)年の「慶應義塾紀事」の中で、「実学」に「サイヤンス」とルビをふっている。 『文明論之概略』などは、徹底的な実証精神の表れた、「実学」の事例のオンパレードだ。 「スタチスチク」という言葉を使い、例えば殺人犯や自殺者の数が年々ほぼ同数になることや、結婚と穀物の値段に負の相関関係があるという実証分析に言及している。 自分の頭で考えるということには、四つの要素がある。 問題発見、(オリジナルな)仮説構築、仮説検証(誰もが納得するように、科学の作法で)、結論説明(解決策を示す)。 実践によって検証を繰り返し、その都度修正を加え、より良き方法を求め、システマティックに問題解決の筋道を考えるものだ。 その時、公智(物事の軽重大小を正しく判断し、優先順位を決める。『文明論之概略』第6章「智徳の弁」)をしっかり働かせる。