必修「歴史総合」から「日本史探究」「世界史探究」に進む2022/04/13 06:54

 高校で、今年4月から「歴史総合」という新科目が必修になった。 これまで世界史と日本史に分かれていた歴史科目を、18世紀以降の近現代史として「総合」した形で学ぶことになった。 「歴史総合」を必修科目として学んだ後、選択科目の「日本史探究」「世界史探究」に進むことになる。 「歴史総合」の教科書の記述は、テーマ史の形で3編、「近代化と私たち」「国際秩序の変化や大衆化と私たち」「グローバル化と私たち」となっていて、これまでの日本史の教科書のような一国だけの歴史(ナショナルヒストリー)ではない、日本と世界をグローバルヒストリーとして学ぶことに主眼があるという。

 そこで、選択科目の「日本史探究」「世界史探究」の教科書の検定結果である。 朝日新聞が、3月30日の朝刊で伝えた。 「日本史探究」は、「歴史総合」で近現代史を履修したうえで、古代から現代までの通史を学ぶ。 さまざまな事象を多面的・多角的に考察し、現代の諸課題について探求する力の育成をめざす。 これまでの「日本史B」に比べ、自ら問いを立てたり多様な資料を活用して考えたりする、主体的な学びが重視される。 5社の7点が合格した。

 「世界史探究」は、これまでの「世界史B」が基盤だが、詳細で専門的な知識の習得ではなく、世界の歴史の大きな枠組みと展開について、理解を深めて考察し、「地球世界の課題と展望」を探求する力を養うことを狙いとしている。 5社の7点が合格した各社の教科書には、回想や日記など文字による記録のほか、地図、年表、グラフ、絵画や風刺画、写真といった多くの資料が掲載され、「問い」もふんだんにちりばめられているという。

ところで、もし必修科目「歴史総合」から選択科目「日本史探究」へ進まないとすると、古代から近代以前までの歴史は、まったく学ばないということか。 何か、とても奇妙な感じがする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック