海賊に捕まり、エクアドルの商人に飼われる2022/04/26 07:12

 カエルやイモリのような柔らかく乾燥に弱い両生類の卵は〝天然のいかだ〟の長旅に耐えられず、また、哺乳動物たちもやってくることができなかった。 そうしてゾウガメ、イグアナ、トカゲ、鳥たちというガラパゴス諸島の不思議なメンバーができたのだ。 あまりにも付き合いが長いので、お互いの言葉も知らず知らずのうちにわかるようになった。 ゾウガメのジョージが、鳥の言葉を話せるのもそのためだ。 しかし、平和な生活が脅かされるときがやってきた。 人間がこの島の存在を知ったのだ。

 興味を示したのは、普通じゃない人たち、人目を避けて、ここを隠れ家としたい人たち、海賊たちだった。 ガラパゴスの入江に船を隠し、商船が沖合を通りかかると襲撃に出発するのだ。 荒っぽい海賊たちはすぐに、ガラパゴスゾウガメが格好の食料になることに気づく。

 ゾウガメは重いけれど、何人かで船の甲板に放り込み、甲羅を下に逆さまにして何日も航海に連れていく。 ゾウガメは、長い期間、飲まず食わずでも生きて行け、身体の中に栄養や水をためておける。 海賊たちにとって、海の上のじつに新鮮なごちそうになり、とくにたんぱく質と豊富な脂がのった珍味のレバーを好んだ。 こうしてゾウガメの仲間は、どんどん殺されていった。

 ガラパゴスの山はどれも火山で、大きなカルデラになっているものが多い。 ゾウガメたちは山へ逃げて、1千メートル登り、急な崖をジグザグに下りて、カルデラ湖にメスと子どもを避難させ、オスは交代でエサをとりに山を下りた。

 ある日、ジョージたちオスガメが、上陸する海賊たちと対決する場面になった。 海賊たちも大きなゾウガメを何頭か狩れば引き揚げるはずだ。 ジョージはちょうど百歳、ついにその日が来たと、覚悟を決めた。 5頭のオスガメが、海賊船の甲板に放り込まれた。

 何日か経って、海賊たちは餌食となる船、大型商船マーベル号を見つけた。 マーベル号の船長はロドリゲスという商人で、武器と数名の用心棒を積んでいた。 用心棒たちは、鉄砲を撃ち、海賊の何人かを犠牲にし、頭をはじめ全員を捕縛した。 マーベル号は、海賊船をエクアドルの港グアヤキルまで曳航した。 人々は、悪党の海賊を捕まえたヒーローのロドリゲスを喜んで出迎え、世にも珍しい巨大なゾウガメを見て、口々に驚きの叫び声を上げた。 ロドリゲスは、商売人で、貴重なゾウガメが、世界各地の動物園や研究所などに高く売れることを知っていた。 ほかの4頭は売られ、なぜかジョージだけが残された。 グアヤキルの山手にあるロドリゲスの家の庭に連れていかれた。 百歳とはいえ、一番若手で、甲羅がまだつやつや黒光りしていたからかもしれない。 ロドリゲスの奥さんと娘さんは、いろいろなものを試して、毎日ジョージの好む果物や野菜をたくさんくれるようになった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック