色川大吉さん、北村透谷研究から「五日市憲法草案」を発掘2022/05/17 07:05

 北村透谷で思い出したのだが、2014年に前年の10月に皇后さま(現、上皇后さま)が誕生日会見で「五日市憲法草案」に言及されたことに関連して、下記を書いていた。

皇后さまと「五日市憲法草案」<小人閑居日記 2014.6.3.>
明治14年、日本の曲り角<小人閑居日記 2014.6.4.>
なぜ多摩の五日市で憲法草案ができたか<小人閑居日記 2014.7.12.>
五日市青年グループの学習法<小人閑居日記 2014.7.13.>
「民権意識の世界文化遺産」<小人閑居日記 2014.7.14.>
起草者、千葉卓三郎を追って<小人閑居日記 2014.7.15.>
「五日市憲法草案」、どんなものか<小人閑居日記 2014.7.16.>

 その中で、「なぜ多摩の五日市で憲法草案ができたか」に書いていた、北村透谷に関する部分を下記に引いておく。 「五日市憲法草案」は、昭和43(1968)年五日市(現、あきる野市)の深沢家の土蔵で、色川大吉東京経済大学教授らによって発見された。 色川大吉さんは、北村透谷の研究から三多摩地方の研究に入り、この地方の自由民権運動を深く探究することになったのだった。

 色川大吉さんは、明治の文学者で思想家の北村透谷(1868~1894)を研究していた。 北村透谷は十代後半、八王子を中心に、川口、鶴川から小田原にかけてのあたりを放浪して、その思想形成期にいろいろな体験をしている。 その体験をよく理解しないと、北村透谷の本当の意味がわからないらしいというところから、三多摩地方の研究に入ったという。

 調査を進めるうちに、透谷とは無関係の人で、しかも非常に興味のある人間が、沢山いるということがわかってきた。 その10年ぐらいで、名簿の上で300人ほどが、浮かんできた。 武士ではなく、一般の農民、商人、当時の言葉で豪農、豪商といわれる、やや生活に余裕のある人々だ。 ただ仕事ばかりしているのでなく、その余暇に色々学問したり、青年に教えたり、あるいは遊芸の道を修めるというような趣味人、文人であった。 そうすると、たとえば南多摩郡だけでも、日本全体に紹介しても非常に面白い、ある意味で時代の特徴をよく示していると思われる人物の名前が十数人上がってきた。 たとえば北の方では、武蔵五日市の周辺に五日市グループとでもいうような青年グループがあった。 いわば本当の意味での明治人、幕末に生れ、明治の時代に教養を身につけた、そして日本の近代国家が出来上がる頃に、自分も一人前になるというような青年のグループが、五日市にまず発見されたのだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック