吉村昭さんの小説作法、最初の一行2022/08/21 08:13

 「独自の人生哲学を吉村昭自身の言葉で浮き彫りにする」「日々の執筆、人との付き合い、酒の飲み方、健康管理……」という広告に惹かれて、谷口桂子さんという人(作家・詩人とある)の『吉村昭の人生作法 仕事の流儀から最期の選択まで』(中公新書ラクレ)を読んでいる。

 「最初の一行が決まるまで万年筆を持たない」という節がある。 すべての取材を終えてから原稿に向かうのではなく、四分の一ほどの取材が済んだところで原稿を書き始めた。 短編小説なら、二十日間の時間をあてていた。 まず下書きをする。 一枚の原稿用紙に、細かい字で十枚分を書いた。 三枚で三十枚になった。

 本番の原稿は一日三枚のペースだった。 この間は、一つの作品のみに集中し、手紙を書くことも、読書もせず、まして同時並行などしない。

 学生時代から短編小説を手あたり次第読み、志賀直哉や川端康成、梶井基次郎に傾倒した。 とりわけ梶井の文章は、吉村の根になっていた。 七十歳をすぎてからも、短編を書く前に、梶井の短編をじっくりと文字を追って読むのを習いとしていた。 詩心を自分の身にしみつかせたいからだった。

 小説の書き出しは、もっとも神経をつかった。 ここで、谷口桂子さんは、吉村昭自身の言葉を引く。

 「小説の書き出しをどのような文章ではじめるべきか。それは、小説を書く上で最も重要なことで、最初の一行がきまれば、その小説のほとんどが書き終わったに等しく、その日はなにもしない。書き出しの文章によって、その小説のすべてがきまり、短篇小説にかぎらず、長篇の場合も同様のことが言える。」(「小説の書き出し にがい思い出」『ひとり旅』)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック