『彰義隊』と「輪王寺宮」能久親王2022/08/31 07:05

 吉村昭さんが、2004(平成16)年10月18日から朝日新聞夕刊に247回連載した『彰義隊』は、強く印象に残っている(挿絵・村上豊)。 上野寛永寺貫首、日光山輪王寺門跡には、歴代皇族の法親王(皇子で、出家後に親王宣下を受けたもの)が任ぜられて、「輪王寺宮」と呼ばれていたことを、知らなかった。 最後の「輪王寺宮」となったのが、弘化4年2月16日(1847年4月1日)生まれの伏見宮邦家親王の第9王男子、幼名満宮、のちに明治になって北白川宮の第二代となる能久(よしひさ)親王だった。 孝明天皇の義弟、明治天皇の義理の叔父かつ甥にも当たるという。 慶応3(1867)年5月、江戸に下って、上野寛永寺貫首、日光山輪王寺門跡を継承した時は、満20歳だ。

 「輪王寺宮」能久親王は、幕末の王政復古から戊辰戦争に際して、皇族でありながら朝敵となってしまった。 徳川慶喜は江戸城を退去し、上野寛永寺に蟄居してひたすら恭順の意を示した。 江戸を目指して進軍する朝廷軍に対し、輪王寺宮は慶喜の謝罪書を持って、駿府城まで出向き、有栖川宮熾仁親王大総督に会うが、「今になってはどうにもならない」とけんもほろろの冷やかな扱いを受け、輪王寺宮は屈辱を味わう。 皇族の身でありながら受けたこの冷酷な仕打ちが、以後の輪王寺宮の朝廷に対する反抗心につながった。

 江戸城明け渡しとなり、寛永寺を守護することを目論んだ幕臣らが、彰義隊として上野に武装して集結、三千人に達した。 慶喜は水戸に蟄居謹慎の身となっていたので、彰義隊の守るべき対象は、自然に輪王寺宮に向けられることになった。 征討大総督府は輪王寺宮を京都に移し、これによって彰義隊の支援消滅を狙い、輪王寺宮に使者を派遣したが、宮は断固としてこれを拒絶した。

 官軍は彰義隊の征討を決意し、5月15日、大村益次郎の指揮のもと、二万人の軍勢で猛攻撃をかけ、一日で壊滅させた。

 輪王寺宮は、官軍が敗走路としてあけておいた根岸・日暮里へ落ち延びる。 このあたり、日暮里育ちの吉村昭さんの調査が詳細を究めていた。 宮は、木綿の一重に網代笠、僧だけがお供をした。 水田のつづくぬかるみの雨の中、三河島村、市郎兵衛宅や、植木職の伊藤七郎兵衛宅の納屋に潜む。 小舟で上尾久村の土蔵、名主江川佐十郎屋敷、下尾久村の水、材木の上で過ごし、上尾久村へ戻り、治右衛門の納屋の二階に隠れる。 浅草箕輪の寛永寺末寺、東光院に一泊、市ヶ谷の末寺自証院へ。

 官軍による輪王寺宮の探索が厳しくなった。 土蔵の板の間の一隅に穴が開いていて、輪王寺宮はそこに作られている狭い石段を下りた。 海の水が引き込まれていて小舟が浮かび、手拭を頭からはずした男が、腰をかがめて頭をさげた。 回漕問屋の松坂屋、榎本武揚の指揮する艦隊の船「長鯨」へ宮一行を送り届けた。 榎本は協議して、「長鯨」は水戸の北方約十五里の常陸平潟浦へ。 ようやく輪王寺宮であることが知れ、肥前唐津藩世子小笠原長行の子息繁之助が家臣とともに駆けつけた。 老中も務めた小笠原長行は、江戸を脱出して奥州に逃れて来ていた。 輪王寺宮は、磐城平、若松、米沢を経て、仙台に入る。 奥州では奥州列藩同盟が結成され、この盟主に輪王寺宮が推されることになる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック