「戸越銀座」の隣町2022/09/15 07:12

私が強く反応したキーワードについて、いろいろ思い出してみたい。 まず「戸越銀座」から。 「等々力短信」第372号(1985(昭和60)年10月25日)に「場末の隣」という一文を綴った。 当時、私としては、うまく書けたほうだと思っていたので、全文を引く。

ボーッと生きてきて、44歳になった。 「世の中ついでに生きているような」人物というのが、落語に登場するたびに、身につまされる。 「モラトリアム人間」というのも、内容は知らないが、気になる言葉だ。 ボーッと暮して、それでも無事で来られたのは、つくづく有難いことだと思う。 ただ、この「ボーッ」には、深い訳がある。

結城昌治さんの『俳句つれづれ草』(朝日新聞社)で、結城さんが戸越銀座に生まれ育ったことを知った。 「家業は戸越銀座通りの米屋でした。東急池上線に戸越銀座という駅がありますが、下町でも山の手でもなくて、いかにも場末という呼び方がぴったりのごみごみした町です。」 ここを読んで、思わず苦笑してしまった。 池上線で五反田から、大崎広小路、戸越銀座ときて、次が荏原中延という駅だ。 昭和2年生まれの結城さんに後れること14年、私はこの中延という町で育った。 父は今も中延に住んでいる。

昭和20年5月24日未明、米軍側発表で525機というB29が来襲、渋谷、芝、荏原、目黒、大森、蒲田の各区が焼け野原になった大空襲があった。 結城さんは、入団一週間目の海軍武山海兵団から、身体検査の結果、帰郷命令を受けて帰宅していて、戸越銀座でこの空襲にあっている。 「私は防空壕に入っていた母と弟を呼び出すと、逃げ道をえらんでいる余裕などなく、逃げまどう人びとのうしろについていくのが精いっぱいです。まるで豪雨のように『ザザーッ』という音を立てて降ってくる焼夷弾は、空中で爆発して火のついた油を飛び散らすやつもあるし、地上で爆発すると炎が四方八方に燃え広がります。……どこをどうにげまわったのか無我夢中で、延山国民学校の校庭に避難した頃は夜が明けかかっていました。」 三年後、この延山小学校に、私が入学することになる。

この空襲の時、父は4歳の私をおぶい、8歳の兄の手を引き、母や祖母といっしょに戸越銀座と反対の馬込方向に逃げた。 途中で母は「もう、ここで置いていって下さい」と言ったという。 戸越、五反田方向へ避難した人の多くは焼け死んだそうだ。 「大ドブ」と呼んでいた幅2メートル位のドブ川から立会川に降りて、水を頭からかぶりながら一夜を過ごした。 焼けたと思った家は残っていた。 玄関の上がりがまちに私を降し、畳につもった灰の掃除や後片付けに数時間。 「紘二は?」と気づいてさがすと、玄関に降した時のままの格好で、「ボーッ」としていたという。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック