白金の清正公、星野家の祖父、そして馬場の父2022/09/19 07:20

 たまたま、「世界は五反田から始まった」で検索して、webゲンロンで星野博美著『世界は五反田から始まった』(ゲンロン叢書)の第1章と第2章が、無料公開されているのを見つけた。

 第1章「大五反田」の最後に、「大五反田の誕生」がある。 思わず、苦笑してしまった。 星野博美さんは、自分が属する世界の基準道路が桜田通り・中原街道であることははっきりしているが、中心点をどこに置くかで迷う。 まずは戸越銀座の家を中心点に置いてコンパスを回し、即座に、強烈な違和感に見舞われた、というのだ。 「私の世界はだいぶ五反田に引力を感じていて、五反田寄りの隣駅、大崎広小路にはシンパシーを感じるが、蒲田よりの隣駅、荏原中延は「よその土地」という感覚があり、レーダーから外れてしまう。私の世界の南の限界点は、戸越銀座と荏原中延の世界を分ける道路、26号線なのだ。」

 第1章「大五反田」は、「一 白金の清正公」で始まる。 2019年の元日、星野博美さんは、例年通り、ご両親とともに、白金高輪駅近くにある清正公(せいしょうこう・正式名称は覚林寺)へ初詣に行く。 檀那寺は桐ヶ谷火葬場近くの曹洞宗の寺だが、星野家は祖父母の代から、初詣も五月四、五日の大祭も清正公だったという。 実は、馬場の家も、五月五日の清正公大祭には、毎年必ずお参りしていた。 それは星野家の祖父、そして馬場の父も、あのあたりに住んでいたからだった。

 星野博美さんの祖父、星野量太郎は明治36(1903)年1月、外房の御宿・岩和田に、「コンニャク屋」という屋号を持つ鰯網の漁師で、あぐり船(鰯網漁船)の沖合殿(おっけどん・漁労長)勘助の六男として生まれた。 稀に見る鰯の大漁の日だったので、父勘助が「漁六郎」と名付けようとしたら、役場の人に「漁師の六男坊、そのままだっぺよ」と反対され、「あんでもかまわねえ」と丸投げした結果、「量太郎」という名前で登記された。

 その量太郎に転機が訪れたのは、大正5(1916)年のことだった。 高等小学校の成績は悪くなかったが、二人の兄があぐり船に乗っているように、このまま岩和田に残っていれば漁師の道しかない、ちょうど母方の縁者である隣家の者が、東京の芝白金三光町で町工場を開いたばかりで、小僧を探していた。 量太郎は高等小学校の卒業を待たず、上京した。 この13歳の夏から、祖父量太郎は、清正公の近くで暮らすことになったのだ。

 私の父、馬場忠三郎は、山形県の庄内地方の、明治44(1911)年7月15日の生まれ、母親にどういう事情があったのか、まったく話をしなかったのでわからないが、幼時に芝白金志田町の馬場の家の養子となった。 姉と兄がいて、この兄、つまり私の伯父は、後に山形県鶴岡市で魚屋を営んでいた。 馬場の家は、チャルメラを吹いて歩く(?当時もか)中華そばの屋台をたくさん束ねるような商売だったらしい。 御田小学校から、中央商業学校に進んだ。 大正12(1923)年の関東大震災の時は12歳(星野量太郎さんは20歳)、小学校卒業前のことだったと聞いている。

 つまり、星野量太郎さんも、私の父も、清正公界隈で育ったことになる。

(芝白金三光町と芝白金志田町については、池澤夏樹さんの朝日新聞連載小説「また会う日まで」を読んで、身近な地名、芝白金三光町、戸越、九品仏<小人閑居日記 2021.6.4.>に書いた。)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック