うめだよしはるさんの『花の百物語』2022/09/06 08:02

 うめだよしはる(梅田芳春)さんから、『花の百物語』をご恵贈頂いた。 梅田さんは、90歳になって、何か残したいものと考えられ、以前からパソコンで作成してきた花を主題にしたホームページをまとめて、この『花の百物語』を冊子になさったという。 梅田さんは、私が1991(平成3)年3月にパソコン通信「朝日ネット」で「等々力短信・サロン」というフォーラム(会議室)を開設してもらった時(もう30年以上前になるのだ)、すでに「花と草木の園」というフォーラムのモデレーター(舞台回し役)として活躍しておられた。 そこで、等々力短信に書いた五島美術館の「三年に一度咲くコブシ」について質問したところ、「一般に隔年開花という現象はコブシにはないが、樹が大きくなり年を経た場合、樹勢が弱まり、そういうことも起こる」と回答して下さった。 いろいろ調べておられたら、奥様が神代植物公園の「緑の相談室」に問い合わせて下さったということだった。

 その後、梅田さんは私が「等々力短信・サロン」に開いた「わいわい雑俳塾」という句会に主要メンバーとして参加して下さり、パソコン通信での毎月の句会だけでなく、等々力のお寿司屋さんで対面の句会を開いた際には、たまたまその五島美術館に吟行したこともあった。

 長年のご努力の集大成、『花の百物語』が素晴らしい。 大きく「春の花」「晩春から夏の花」「秋の花」「晩秋から冬の花」に分けられている。

 「秋の花」のトップは、「ニラの花」。 「庭の極一部に自家用としてニラを植え、必要に応じて切り取っては利用し、私の家ばかりでなく義父母の世帯でも、また息子夫婦の世帯でも、時には生協の回覧を運んでくださる近所の方にも喜ばれています。」とあり、<韮切って酒借りにゆく隣かな>という子規の句が引かれている。

 ニラのつぼみが伸びはじめて、乳白色の細かな花が咲くのを、楽しみにしている、食べるために植えたと言っても、ニラの花は可憐だと、写真がある。 そして、鹿児島寿蔵の短歌を引いている。

 韮の花まろき幾つかうぶうぶし其の薄皮のみどりが透きて

 「秋の花」は以下、「ヒガンバナ」「カクラノオ」「ヘクソカズラ」「ノボタン」「タマスダレ」「ピラカンサ」「サフラン」「セイタカアワダチソウ」「ムラサキシキブ」「キンモクセイの甘い香り」等々へと続く。

朝顔の数を数えてコロナの夏を送る2022/09/07 06:50

 昨9月6日、今年の朝顔が500になった。 団十郎が173、青が128、白(ピンク)が125、赤が74で、計500である。 昨年は、紫が最後に1つ咲いたのが10月21日で、計433、内訳は団十郎が182、紫が107、白(ピンク)が93、紫の白しぼりが51だった。

 入谷の鬼子母神のあさがお市には、50年ほど通っているが、中止になったのは2011年の東日本大震災の年と、2020年からのこのコロナ禍の三年間だけだ。 幸い、江戸川園というところが通信販売をやっているので、行灯作りを一鉢取り寄せている。 鬼子母神の境内だと、竹の行灯のものが手に入ったのだが、行灯がプラスチックなのは、致し方がない。

 7月7日に届いた今年のは、葉がしっかりしていたので、これはよいかと思っていた。 当初、酷暑が続いたせいか、数は少なかったが、大輪を咲かせていた。 毎朝、数を数えて記録し、夕方に萎れると、種をつくらないように切り取って、水をやる。 102と、100を超えたのが、15日目の7月21日。 7月24日に、大きな鉢に植え替え、手製の竹の行灯にした。

 200を超えたのが、さらに16日目の8月6日。 300を超えたのが、さらに13日目の8月19日。 加速して400を超えたのが、8日目の8月27日。 一日の最高、8月29日は24を数えたが、ややペースダウンして500になるまで10日かかったことになる。

小泉信三さんの「スポーツが与える三つの宝」2022/09/08 07:14

 某大先輩から、電話で質問があった。 どこかで話をすることがあって、小泉信三さんの「スポーツが与える「三つの宝」」を確認したいというのだった。 一応、手元の本などを探して、答える。

1.  練習は不可能を可能にする。

2.  フェアプレーの精神。

3.  よき友。

   今村武雄さんの『小泉信三伝』(昭和58(1983)年・小泉信三先生伝記編纂会)に、「スポーツの三つの宝」があった。 昭和37年(10月28日)、日本体育協会主催のオリンピックデー大会で「スポーツが与える三つの宝」と題して講演した。 その要旨を、後に『産経新聞』のコラムに書いた。

 三つの宝の第一は、小泉の持論「練習は不可能を可能にする」である。 「人類の歴史は見ようによっては、不可能を可能にする過程の連続である。それは、一つは発明によって、一つは練習によって行われる。(中略)……吾々人類は、無数の不可能を練習によって可能にしつつある。早い話が水泳である。水泳を知らないものは、水に落ちれば溺れて死ぬ。水泳を知るものは、容易(たやす)く浮かぶ。」

 第二の宝は、フェアプレーの精神。  「フェアプレーとは何か。それは正しく、いさぎよく、礼節をもって勝負を争うことである。反面からいえば、不正をにくみ、卑怯をにくみ、無礼をにくむ精神である。この精神は、無論誰もが抱くものであるが、勝敗を争う競技の間に最も痛切に体験され、養われる。Be a hard fighter and good loser.(果敢な闘士で、そしていさぎよき敗者であれ)、果敢な闘士であればあるほど、そのいさぎよき敗者であることの意味は深い。フェアプレーという言葉は英語であるが、その精神は、直ちに日本人の心に訴える。『尋常の勝負』といい、『負けっぷり』が好いとか悪いとかいう言葉を持つ日本人は、本来フェアプレーということを最も尚(たっと)ぶ国民ではないのか。」

 第三の宝は、友だといいたい。 「友は人生の宝である。わが信ずる友、吾を信じてくれる友、何でも語ることのできる友、何をいっても誤解しない友、これを持ち得たものは、人生の最も大きい幸福を得たものというべきである。(中略)スポーツによって得た友が、利害の打算を全くはなれた、一種特別のものであるということは、体験あるもののひとしく認めるところであろうと思う。同じチームで練習の労苦をともにした友、共に試合に出場した、いわば戦友というべき友、更に敵味方となって勝負を争った、その相手、この人々との交りはこれは格別のものである。」

 小泉は友を日光に喩えて言う。 「友は日の光りと同じく、われわれの心をあたため、われわれの心に或るよきものを育てる。すべての花、すべての葉が日の光りを得て咲いたり茂ったりするように、われわれの心は友を得て咲いたり茂ったりする。」

辻村史朗さん、ひたすら陶器をつくる日々2022/09/09 07:10

 辻村史朗さん、アメリカのメトロポリタン美術館の学芸員は「アメリカやヨーロッパでも有名」と言ったけれど、私は知らなかった。 7月24日の『日曜美術館』「陶の山 辻村史朗」を見て、「等々力短信」に書いた杉本博司さんの「江之浦測候所」の回と同じように、深く感じるところがあった。

 小野正嗣さんが、奈良市内から車で30分ほどという山の中に向かった。 上半身裸の人が出てきて、着る物はあると青いシャツをかぶった。 この人が、荒々しさと静けさが同居する唯一無二の作品で知られるという陶芸家の辻村史朗さん、20代でこの山中に廃材をもらってきて自分で自宅を建てて以来50年、2万坪の敷地内に作業場、茶室、七つの窯を構えて、師につくことなく一人で土と格闘し、ひたすら陶器をつくる日々を送っている。

 小野さんと歩くこの山の中には、生み出した数十万もの焼き物が無造作に置かれている。 雨や雪にさらされ、枯葉や土に埋れたり苔が生えたりしている。 ご本人は、どこに何があるかきちんと把握しているという。 「焼き物の真骨頂は、茶碗。」 信楽、備前、唐津、伊賀などあらゆる茶碗に挑んできた辻村さんが、今最も心血を注いでいるのが志野。 作陶の道を究め、挑み続ける創作の現場に、カメラが密着した。

 辻村史朗さんは、1947(昭和22)年奈良県御所に牧畜を営む家の4男に生まれて「史朗」、高校時代までこの地で過ごし、1965(昭和40)年美術大学で学ぶため上京するが石膏デッサンやスケッチなどの受験勉強に興味を失い断念。 一方、画家(油絵)を志す気持は高まる。 高名な画家に弟子入りを乞うが、門前払い、東北を旅行した後、東京の日本民芸館で偶然、大井戸茶碗「山伏」に出会い、深い感動を受けて、人生を大きく変える。 1966(昭和41)年、19歳から21歳までの3年間、奈良にある禅寺、曹洞宗三松寺に住み込んで修行。 1968(昭和43)年、実家に戻り、家業の牧畜を手伝い、独立するための資金をつくる。 依然画家を目指していたものの、次第に油絵の具の質感に違和感を覚え、同時に焼き物の持つ静かな肌合いにひかれるようになり、夜はリヤカー等の車輪を利用して作った自作のロクロで茶碗、花入れなど手あたり次第に轢くようになる。

 1969(昭和44)年、三枝子さんと結婚。 この奥さん、番組に時々顔を出したが、自然体で好い表情の、素晴らしい人だった。 作った焼き物を京都の門前などに茣蓙を敷き、売りながら生計を立てるようになる。 奥さんと橋の下などで泊まって、寒かったと話していた。 1970(昭和45)年、奈良水間町の山中に土地を求め、2か月を費やし独力で家を建てる。 材料は民家や寺などの古材、廃材を使用。 家を建てると同時に自宅の周辺に次々と窯を築いた。

 「小屋を造ることも、絵を描くことも、焼物をすることも、売りに行くことも、自分にとっては同じ一つのことなのです。」  (辻村史朗「器と心」)

 ところで、1969(昭和44)年の結婚、何とわが家と同じだった。

「ただただ人が美しいと思うものを作りたい」2022/09/10 07:06

 『日曜美術館』「陶の山 辻村史朗」で、小野正嗣さんの、たった一人で何から何までやるのは、手間と時間を考えると効率が悪いのでは? という質問に、辻村さんは「効率的には実は良いんです」と答えた。 他所に頼めば、費用がかかるし、回数も先方の都合で制限される。 多い時には年に50回も陶器を焼いたという辻村さん、一人で作業すれば、火の加減や蓋を閉めたり、火を落としたりするタイミングも、全部自分で決められるところに、利点がある。 妻の三枝子さんは、「やりたいことに対して前のめり」で「つんのめっている状態」と言う。 次男で陶芸家の塊さんは、「普通の人じゃ理解できないくらいにせっかち」で、「すべてにおいて前しか見ていない」と。 辻村さんの器は、三枝子さんが優先的に手に入れることになっているそうで、料理が素敵な器に盛られていた。

 辻村史朗さんは、奈良の大自然の中で、日々物づくりと向き合っている。  師を持たず、ただただ今も昔も人が美しいと思うものを作りたい。 その一心で…。 『日曜美術館』では、土を捏ね、ロクロを回し、焼く以外に、キャンバスに絵を描くところ(粘土の粉のようなものを混ぜて)をやっていたが、(株)かみ屋のホームページには、どの書家よりも多くの墨と紙を使うとある。 墨をたっぷりと含んだ筆で、紙の上に描く。

 辻村さんが、ここ2年ほど最も心血を注いでいるのが志野焼の茶碗。 目指しているのは、三井記念美術館が所蔵する志野茶碗、銘「卯花墻」。 茶陶では二つしかない国宝の一つ(もう一つはサンリツ服部美術館所蔵の本阿弥光悦作の白楽茶碗、銘「不二山」)。 志野焼は安土桃山時代に美濃(今の岐阜)で作られた陶器。 焼いた時の縮みが少ない粘土で作った器に、白い長石釉を厚くかけて焼き、肌に細かい乾乳や小さな穴ができるのが特徴で、釉の少ない縁の部分などは火にあたって赤く発色する(火色)。

 辻村さんの作陶は、とにかく作って焼いてみるの繰返しだ。 「(工程よりも)結果が大事」で、「電子レンジで焼けて、それが魅力的なものだったらそれはそれでいい」と、常識にとらわれず新しい技法を試す発想で作り上げた茶碗について、「理屈じゃない、執念みたいなもので出来てしもうた」と。 この2年で4千個以上の志野の茶碗を焼いた。 良い茶碗は形がきれいなだけでなく、「撫でまわして、一時間でも見ていられるような魅力がある」と言う。 納得のいく志野茶碗が完成したのは、今年2022年5月のこと。 通常は一度しか焼かない志野焼を、同じくらいの温度で二度焼きしたところ、口縁にきれいな「火色」が現れたという。