吉永小百合と天海祐希の映画『最高の人生の見つけ方』2023/06/14 07:08

 椿の力で地域活性する「五島の椿プロジェクト」というのがあって、吉永小百合が新聞の「椿酵母せっけん」全面広告に出ていたので、思い出したことがあった。 家内が二つの手術を受けて入院した年の秋に、109シネマズ二子玉川で、吉永小百合と天海祐希主演の映画『最高の人生の見つけ方』という映画を観た。 犬童一心監督の作品で、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの同名の作品の日本版である。 平凡な主婦・幸枝と、大金持の会社社長・マ子の二人が、余命宣告を受けた病院で出会う。 マ子が病院のベンチで足を組んで煙草を喫っていると、落ち込んだ幸枝が「煙草って、おいしいですか?」と聞いたのだ。 大河ドラマ「八重の桜」、朝ドラ「あさが来た」で主人公の幼少期を演じ、ポカリスエットのCMで吉田羊と共演している、鈴木梨央の少女12歳が「死ぬまでやりたいことリスト」を残して、亡くなる。

 主婦・幸枝(吉永小百合)は、家事も気遣いもまったく出来ない夫(前川清)、仕事人間で実家に寄りつかない娘(満島ひかり)、引きこもりでゲーム三昧の息子(駒木根隆介)を抱えている。 会社社長・マ子には、夫(賀来賢人)、秘書(ムロツヨシ)がいる。

 二人は少女の「死ぬまでやりたいことリスト」を実行していくことを考え、大金持のマ子は「オーライ」と請け合い、二人は生きることを見つめ直す旅に出ることになる。 アメリカのスカイダイビング、エジプト旅行、「ももいろクローバーZ」のライブなどを満喫し、生きることの喜びを味わうのであった。 その初めだったと思うのだが、幸枝の故郷の長崎県、特に五島で心の平安を得ることになる。 それはまた明日。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック