『新日本風土記』「東京 池上線の旅」町工場2023/06/06 07:04

 「風の中に、土のにおいに、もういちど日本を見つける。私を見つける。」と、松たか子がナレーションする『新日本風土記』「東京 池上線の旅」を見た。 「蒲田から五反田へ3両編成の池上線に乗って全15駅。10.9キロの旅に出れば、活気あふれる商店街、歴史や信仰の地が次々と。戦前・戦後を生き抜いた家族の物語をつづる」というテーマだ。

 池上線は、荏原中延駅と、大井町線の中延駅の間、中延駅寄りで生まれ育った。 とても、懐かしい。 地元の延山小学校(えんざん、中延の「延」と、小山の「山」と聞いた)を卒業して、白金今里町の明治学院中学校に入った。 池上線で荏原中延から五反田まで行き、都電で二本榎に通った。 池上線の満員電車で通学する様子を面白おかしく書いた作文を、国語の久保山昌弘先生が褒めてくれた。 先生が学校新聞を作るのにも、声をかけて下さって、当時の新聞(一般日刊紙)で流行っていたクロスワードパズルを作って載せたりしたことが、後の高校新聞につながった。 考えてみれば、「等々力短信」や「小人閑居日記」は、池上線の満員電車に一つの起源を持つと言えるのかもしれない。

 そこで、「東京 池上線の旅」である。 蒲田の町工場から始まった。 かつては日本有数の町工場地帯だったここで、金属を「曲げ」る専門工場の三代目、川端さんといったか、いい顔をした優しい人だ。 初代の祖父は、金沢から出て来て、起業した。 海外に出た大量生産の工場など、ほかでは出来ない、さまざまな単品の特殊な仕事が舞い込む。 何回か機械で曲げた品を、最終的にきちんと目標の寸法に合わせる技術を持っている。 もう一軒残る「曲げ」工場、バイクのハンドルを「曲げ」る特殊技術を持つ社長が、相談に来る。 小学校の先輩は、納期の厳しい円形のカーテンレールを頼みに来る。 祖父が一つ一つ手作りした治具を当てていくと、曲げの角度がピタリと判る。 納期、もちろんクリアーした。

 よその工場で人間関係に疲れた前歯のない新入社員、45歳、きちんと準備してもらった機械で、初めて「曲げ」に挑戦する。 合格と言ってもらって、ホッと息をつく。 それを見守る親方、「つぶらな瞳がいい」と、笑うのだ。

 町工場の話、ガラス工場をやっていたので、いろいろなことが思い出されて、身につまされる。

蓮沼、池上本門寺と日蓮、洗足池と勝海舟2023/06/07 07:05

 「東京 池上線の旅」、蒲田の次は、蓮沼。 有名ホテルのコックだった初代が、この町で本格のレストランを始めたが、伸びず、味は自慢のカレーライスと、ラーメンとは呼ばせない塩味の中華ソバのセットに特化して、住民に親しまれるようになる。 初代が年取って、店を閉めようとした時、その味を惜しむ常連客の一人が、この人ならと見込んだ二代目を紹介した。 それで、初代の味を修業して学んだ二代目は、初代の思い出に話が及ぶと、言葉に詰まり、目頭をなでる。 今は、二代目の娘が臨月の体で、店の味を継ぐべく、手伝っている。 番組の終りに、孫娘が誕生し、二代目はその顔をほころばせた。

 池上線の始まりは、池上本門寺参詣客の輸送のために、百年前の1922(大正11)年10月6日、池上電気鉄道が、蒲田-池上間を開業したことにさかのぼる。 池上本門寺は、日蓮宗四大本山の一つ。 弘安5(1282)年9月持病を治療するため身延山を下りた日蓮が、ここに滞留して長栄山本門寺と命名して開基、10月13日にここで入滅した。 お会式(御命講)は日蓮の忌日に行う法会、12日の逮夜には信者が万灯をかざして太鼓を叩き、題目を唱えて参拝する。 子供の頃、中延で第二京浜国道を池上に向かう万灯の行列を見物した。 その頃の10月12日は、今よりずっと寒くドテラなんか羽織って出た。 近年お会式になると、地球温暖化を実感する。

その池上本門寺、「お山」を毎日掃除している細野さん(81)という女性がいる。 北海道の積丹近くの漁師の家に育ち、16歳の時、海難事故で兄を亡くし、嘆く母の心を鎮めたのは日蓮宗の寺だった。 上京して看護婦になり、本門寺に行きたいという母を案内したのが、「お山」との出会い。 そこでは涙を落した母や兄を感じるので、折に触れ訪れるようになった。 母を亡くし、60歳になってから毎日の「お山」掃除を始め、看護婦や水難の供養塔に寺から下げた花を整えて供える。 閑があったら本門寺に来なさい、元気をもらえるよ、と言う。 その姿を見て、他の人を思う温かさにふれたと、今は掃除の跡継ぎ、仲間も出来た。 月二回僧侶と町の人が一緒に掃除をする会があり、細野さんは、若い僧にずいぶん大人になったね、と声をかけていた。

 洗足池駅。 洗足池は、武蔵野台地にある湧水池の一つ、弘安5(1282)年池上に向かう日蓮が、ここで休息し足を洗ったことが名の由来。 広重の浮世絵にも描かれた日蓮ゆかりの袈裟掛けの松もある。 番組では勝海舟夫妻の墓を、これも掃除している62歳の男性がいた。 幕末、勝海舟が池上本門寺へ、西郷隆盛との江戸城無血開城の会談に向かう途中、洗足池に寄って、その風光を愛でて、晩年別荘「洗足軒」を建て、墓地にも指定した。

 洗足池は、子供の頃、父に連れられて、ボートに乗るなど、よく遊びに行った。 たまたま池に落ちた子供がいて、父が飛び込んで救ったことがあった。 近所の魚屋さんの子だった。

「ショウ・ワイセン」、洗濯屋、銭湯、釣り堀2023/06/08 07:06

 「東京 池上線の旅」、旗の台。 銭湯「荏の花温泉」が、子供に人気の「旗の台つりぼり店」になっていた。 元銭湯のオーナー田村徳治郎さんは、池上本門寺掃除の細野さんの一つ上、82歳と言ったから、私と同い年だ。 わが家は男三人の兄弟で、五つ上の兄と七つ下の弟は旗の台の立正幼稚園に通ったが、私だけは戦争直後の時期で幼稚園がなかった。 2019年に家内は、旗の台の昭和大学病院で二つの手術を受け、どちらも大成功で元気になった。 かかりつけのクリニック、内科と歯科のご夫妻も、ここのご出身である。 その昭和大学、私の子供の頃は「ショウ・ワイセン」と呼んでいた。 昭和医専、と書くのだと判ったのは、大きくなってからだった。

 銭湯のオーナーの話に戻る。 池上線が竹林が多かった旗の台まで開通した翌年の昭和3(1928)年5月15日、上條秀介が、この地に昭和医学専門学校を創立、附属医院を開設した。 病院には洗濯物の需要があり、周りには何もないために、銭湯オーナーの父親がクリーニング店を開業した。 自動車の写真を見ると、三共のクリーニングという名だったようだ。 繁盛していたが、戦争で病院周辺は強制疎開で建物が壊され、一家は群馬に疎開した。 戦後、戻って廃業していた銭湯を借り受け、そこをクリーニング工場にした。 主力となった進駐軍の絨毯クリーニングの仕事に、銭湯の洗い場がぴったりだった。 別にクリーニング店の建物を建て、二足の草鞋で銭湯も開業して50年近く営業、銭湯に来る人が減り、平成3(1991)年に閉めた。 5年前、そのままになっていた銭湯を釣り堀にしたいという話が舞い込んだ。 男湯は、子供向けの釣り堀、女湯は、大人が大きな鯉を狙う釣り堀になって、風呂屋の時代と同じように、子供たちの明るく楽しい声が響くのであった。

TOCビルの喫茶店、五反田の写真館2023/06/09 07:03

 「東京 池上線の旅」、大崎広小路駅。 周辺は品川区の再開発の真っ最中だ。2023年春の予定より遅れているが、半年か一年先には解体されるというTOCビル、東京卸売センタービル、TOCのTは、夢グループの社長のCMのように、「テー」と言うらしい。 私などは、このビルの場所が、星製薬の工場だった頃から知っている。 高度経済成長期の昭和45(1970)年に、通産省の肝いりの国家プロジェクトとして建てられた。

 建築当時300社の一つとして入居し、解体にともなう引っ越し準備中の、書道用具店の店主も81歳だった。 ビルの地下1階に、ビルに働く人々に親しまれ憩いの場になっている喫茶店がある。 営んでいるのは、吉田理子さん(95)古沢正雄さん(91)夫妻、60年前に出会い、理子さんが始めた喫茶店を正雄さんが手伝うようになった。 池上線の長原から通ってきて、夫婦別姓なのは自由人だからと言う。 常連客が、電球の取り換えなどしてくれる。 ビルの解体後、どこかで喫茶店をやるつもりはないと、さばさばしている。

 終点、五反田。 かつては花街があり、町工場が目黒川沿いに密集し、一大歓楽街だったが、今やIT企業の集積地になって、タワーマンションが何棟も建っている。 ここに100年近く続く岡崎写真館がある。 三代目伊與田彰さん(55)、初代の祖父の撮った近所の洋服店店主の出征記念のモノクロ写真を見せ、その一家の80年後の千歳飴を下げた子供のいる家族写真を撮ったと言う。 タワーマンションに住む若い夫婦が、子供の幼稚園卒園記念写真を撮りに来る。 アンパンマンとミッキーマウスを載せたカメラで、声をかけ、最後にウンチの形のおもちゃをパッと出し、三人笑顔の写真となった。

 彰さんに子供の頃から「思い出を形にして残す仕事」だと教えた二代目、正志さん(89)、テレビに出るからと昨日床屋へ行って4千円払ってきた、髪の毛があってもなくても4千円だ、と。 近所を案内し、前の映画館はタダで入れてくれた、サービスが有名なキャバレーの聖地で、どこもかしこもキャバレー、ここは「ある日の夢」という名前の店だった、という。 私が明治学院中学に通っていた頃、五反田駅から旧白木屋の階段を下りて都電に乗るのだが、階段の途中に「カサブランカ」というキャバレーがあった。 「サカサブランコ」などと、言葉遊びしていた。

 三代目が写真館94年間初の、珍しい写真を撮っていた。 一時間前に成功したプロポーズ記念の写真、50%50%だったという男性が予約、赤いバラの花束を抱えた女性との、50年、100年残る幸せな感じを捉えていた。

私の「池上線の旅」あれこれ一覧2023/06/10 07:00

 荏原中延から五反田まで、私の「池上線の旅」を、今までいろいろ書いていたので、整理しておきたい。 特に去年は、星野博美さんの『世界は五反田から始まった』から、始まっていた。

場末の隣/幼時、空襲に遭う。結城昌治『俳句つれづれ草』戸越銀座の生れ育ち<等々力短信 第372号 1985.10.25.>
三代目/荏原中延の酒井歯科医院<等々力短信 第467号 1988.7.15.>
土地勘/目黒区美術館「気まぐれ美術館―洲之内徹と日本の近代美術」展<等々力短信 第772号 1997.5.15.>

『星新一 一〇〇一話をつくった人』を読み始める<小人閑居日記 2009. 1.15.>
読む、思う、書く<小人閑居日記 2009. 1.16.>
『星新一』の土地勘<小人閑居日記 2009. 1.17.>
“物見高き男” 宮城前広場へ行く<小人閑居日記 2009. 1.18.>
星一と星製薬のこと<小人閑居日記 2009. 1.19.>
「星印モルヒネ」と満州<小人閑居日記 2009. 1.20.>
星新一さんの学校、父親の会社<小人閑居日記 2009. 1.21.>
ルーテル五反田教会と池上線・桐ヶ谷駅<小人閑居日記 2009. 1.26.>
身近な地名、芝白金三光町、戸越、九品仏<小人閑居日記 2021.6.4.>
『世界は五反田から始まった』という本がある<小人閑居日記 2022.9.14.>
「戸越銀座」の隣町<小人閑居日記 2022.9.15.>
「戸越銀座」と「五反田」の間に<小人閑居日記 2022.9.16.>
余談、星新一さんの学んだ学校と、星製薬の整理<小人閑居日記 2022.9.17.>
「五反田」の映画館と目黒川の鉄橋<小人閑居日記 2022.9.18.>
白金の清正公、星野家の祖父、そして馬場の父<小人閑居日記 2022.9.19.>
星野製作所は鉄工所、町工場の悲哀<小人閑居日記 2022.9.20.>
「軍需工場」、バルブコック製造、アンプル製造<小人閑居日記 2022.9.21.>