春風亭一朝の「菊江の仏壇」前半2023/08/06 07:24

 一朝は、黒の絽の着物に茶の帯、黒の羽織で、まずはお断りを、と始めた。 今日は、白ざつまじゃありません、洗い張りに出して間に合わなかったので、お知らせします。 研究会でもやる人のいない噺で、と言ったのだが…。 「菊江の仏壇」、別名「白ざつま」、この会でも柳家さん喬は「白ざつま」、人間国宝になった五街道雲助は「菊江の佛壇」でやっている。

親にとって、子供の苦労が絶えない。 堅過ぎますというのも困るが、柔かければ、また苦労だ。 最初はだれかに連れて行かれる。 若旦那は容子がよくて、いい男。 廓、芸者茶屋は、お金を持って行きさえすれば、面白いように遊ばせてくれる。 骨抜きになるまで、十日もかからない。 それではと、嫁を持たせたけれど、三月持たぬうちに、また外へ出かけるようになる。

 番頭さん、倅の茶屋通いには困ったもんだ。 若旦那には困ったもんです。 嫁のお花が、実家(さと)で寝ているというのに、病気見舞いにも行かない。 御新造がお里で寝ているのに、病気のお見舞いにも行かない。 番頭は、わしの真似ばかりしている。

 若旦那が、昼日中から酔っぱらって帰って来る。 旦那様が、若旦那は不人情だと、馬鹿なお怒りですよ。 お怒りーーっ、お怒りーーっ……、お父っつあん、大層ご無沙汰しておりまして…。 お前は、お花の見舞いになぜ行かぬ。 病気見舞いは嫌いで。 女房じゃないか、夜泊り、日泊りで遊んでいて。 一人娘なのを、頼み込んで、嫁にもらったんじゃないか。 具合が悪くなって、実家の方が気兼ねがないかと、気養生に里へ帰したが、どっと枕に付いたというじゃないか。 お前は、いったい誰に似たんだ。 「親に似ぬ子は鬼っ子」というが、私など吉原に足を向けたこともない。 お父っつあんは、信心といっちゃあ、門跡様への信心、雨降り嵐でも出かける。 大きな仏壇をこしらえた、人が入れるほどの。 でも、やれ仏壇、それ仏壇、と言っていたのが、三月も持たないで、外へ出かけるように。 まあ、まあ(と番頭が止めに入って)。 二階へ上がって、寝てしまえ。

 御新造のお里から、お使いの方が…。 按配が悪いようだ、私が見舞いに行くので、今日ばかりは、倅を外に出さないように。 向こうに泊まることになるだろう。 万事、番頭さんにお任せする。 旦那が出かけると若旦那、番頭さんを男と見込んで頼みがある。 十両、貸してもらいたい。 店の金を、帳面を、筆の先でチョロ、チョロ、チョロと、いつものように。 私は白ねずみと言われています、石橋を叩いて渡る、石橋の上で転んだら痛いけれど。 野暮な。 駄目ですよ、堅くて、野暮は承知の上です。

 十日ばかり前の話だ、朝湯のお湯屋が休みで、隣町の湯屋へ行って出てくると、女湯から出てきた女が、小股の切れ上がった、いい女でね、あとを付いて行った。 ここらに入ったという横丁の、奥が突き当たりで井戸があってね、奥から二軒目の左に、清元某とあって、塗の下駄と、世にも間抜けなマナイタのような下駄が並んでいて、その下駄にウチの焼き印があった、気になるね。 番頭、いいから仕事、仕事、算盤をパチパチして…。 井戸端にくちびるの薄い、よくしゃべりそうなおかみさんがいたんで聞くと、さる大店の番頭さんの想い者だというじゃないか。 どこの番頭さんでしょうね。 世間話だと、明舟町の大店の番頭、佐平さんの想い者だと。

 お前と同じ名前なんだよ、名前を騙るとは、勘弁ならない、お父っつあんが帰って来たら隣町の話をしようかと思っているんだ。 声が大きい、野暮な。 野暮は承知の上だ。 あの女は、妹の亭主の従兄弟の遠縁に当る者で。 隣町で番頭の名を騙るとはね、はい十両、柳橋へ行って来る、菊江に逢って来る。 あなた、悪いね、菊江さんをここに呼びましょう。 言うことが、派手だね。 ここは、私が仕切らせて頂きます。 清蔵はいるか、菊江さんのところにお使いに行って、駕籠に放り込んで、連れて来てくれ。