柳家権太楼の「百年目」中2023/10/10 07:02

 総乃屋の女将が、みんなにしゃべっちゃった、向島へ花見に屋根舟の大きな船で行くって。 番頭が、二丁ばかり行くと、駄菓子屋の二階に三畳一間のプライベートルーム。 箪笥に入っている、友禅の別染めで、釣鐘弁慶の大津絵を描いた長襦袢に着替え、結城の羽織を肩に引っ掛ける。 どう見ても、大店の旦那。

 旦那、こっちこっち。 船に乗り込む。 みんな、よく来てくれたね。 狭いから、手酌で。 どうした菊千代、ふくれっ面をして。 私に知らせてくれないんだもの。 来ているんだから、いいじゃないか。 障子は、閉めておいてくれ。 人に見られるのが困る。 大川に出ても、開けちゃあ駄目。 お花見だか、島流しなのか、わからない。 障子、破いて覗くだけ。 吾妻橋を抜けて、皆汗をかいたんで、少し開けると、川風がヒューーッと。 向島の土手は、花真っ盛り。 ドンチャカ、ドンチャカ、カッポレ、カッポレ。 土手に上がりましょう。 お花見しましょ。 行きたい奴は行け。 みんな上がんなさい、私はここにいる。 一八さん、何とかして。 お姐さん、赤いしごきを。 大将、扇子をお顔の前に結わえて。 土手に上がるか。 肩脱ぎしましょう、友禅の肌襦袢、洒落てますね。 高島屋!

 番頭さんの緊張感が、酒と船の酔いで切れた。 追いかけっこが始まる。 由良さん、こちら、手の鳴る方へ。 とらまいたぞ。 とらまいた。

 旦那とお抱え医者の玄白さんも、花見に来ていて、茶屋にお代を置いて、立ち上がった。 年のせいか、花よりも梅見が好きになった。 ご覧なさい、先生、お金持がいるね。 芸者、幇間総揚げして…、あれはやった者じゃないとわからない。 大層な遊び方だ。 粋な遊びだ。 佐平さんです。 うちの番頭さん? 今朝も叱言で、ゲイシャっていうのは、夏着るシャか、冬着るシャか、タイコモチっていうのは、焼いて食うのか、煮て食うのか? って言っていた。 眼鏡をかけて見ましょう。 えらいものを見た、通り抜けましょう。

 酔っぱらいは、避けるほうへ寄る。 つんのめって、とらまいた。 俺が誰だかわかるか、酒を飲ませるぞ。 お前は誰だ。 人違いでしょう。 人違いじゃない、声に聞き覚えがある。 アッ、番頭さん。 (地べたに手をついて)アッ、長々ご無沙汰を申し上げておりまして。 お手を上げて、土下座などしないで。 行きましょう、行きましょう。

 だから土手に上がらないって。 あの人は、私の旦那です。 粋ねえ、粋ねえ、あの人を呼んで、お舟でみんなで飲みましょうよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック