柳家権太楼の「百年目」下2023/10/11 04:47

 番頭は、駄菓子屋で着替えて、一目散で帰って来た。 只今、戻りました。 番頭さん、お帰んなさい。 お帰んなさい。 旦那はどうした。 玄白さんと、お出かけで。 熱がある、風邪を引いたらしい、先に休むから、旦那様がお帰りになったら、そう言っておくれ。

 玄白さん、今日は面白かったね。 また、句会でもやりましょう。 旦那様、お帰りで。 番頭さんは帰っているか? 風邪だそうで、先に休むからと、旦那様に伝えてくれと。 お医者様に診てもらったのか。 寝れば治ると、おっしゃって。 うちの大事な番頭さんだ、医者にも診せないのカッ!

 「うちの大事な番頭」、寝ている番頭の耳に、グサリ。 ネチネチ、番頭さん、そこにお座りなさい、手前どもには、流儀(?)がある、死んだ噺家みたいな口調で来るのか。 旦那だったよ。 店が、仕舞いになった。 何で、呼びに来ないんだ。 どうなっているんだ。 寝静まる。

一睡も出来ない。 飛び起きると、竹箒で店の前を掃き始める。 何ですか、番頭さん、掃除はあたいがいたします。 貞吉さんは帳場に座って。 文字が、目に入ってくるもんじゃない。 あと一年だった、別家だった。 何で、いいつけてこない。 人違いか。 旦那が嗽手水を済ませ、煙草を一服。

貞吉、番頭さんに、お暇でしたら、奥へ顔を出してもらいたいと。 あと一年、何であの時、土手に上がったんだ。 番頭さん! さっきから、奥で旦那がお呼びで。 うるさい、今行くと、そう言っとけ。 うるさい、今行くと、そう言っとけ、と言ってました、今朝の番頭さん、おかしいんです。 番頭さんがそう言っても、お前は、直ぐにお越しになります、と言わなきゃいけない。

番頭さんですか。 今、お茶を淹れますんで。 そう、かしこまらないで、遠慮は外でするものだ。 今日は、大丈夫ですか。 世間話でもしましょう。 年を取ると、どこにも行きたくない。 本当に華やかでしたねえ、向島。 自分が楽しみで飲んだのかどうか、わかりますよ。 お仕事なら、お金はひけをとっちゃあ、いけません。 昨日の使い方を見ると、大丈夫だ。 寝てないでしょ、私も寝てない。 信用してたから、帳面に目を通してなかった。 昨夜は、見させてもらいましたよ。 あんな大遊びをして、これっぽっちも帳簿に穴が空いてなかった。 お前さんは、お前さんの器量で遊んでいたんだ。 偉いね、あんた、ワッと使える度胸、いい番頭におなりになった。 九つ、宗助さんに連れられてやって来て、寝小便の癖があった、死んだ婆さんがお灸をすえる、灸点を付けるんだが、色が黒いので場所がわからず、お白粉で印をつけて、お灸した。 算盤の二桁の寄せ算が出来ない、お使いに出せば、行くところがわからなくなる。

旦那とか、旦那様とか、言うだろう、あれはどういうワケだか知ってましたか。 南天竺の話だ、日本でいう白栴檀(びゃくせんだん)の立派な木があってね、たくさんの人が集まって、その香りを楽しんでいた。 その木の下にはナンエンソウ(南縁草)が生えていたんだが、ある人がそのナンエン草を刈ったら、栴檀が枯れてしまった。 白栴檀のおろす沢山の露が、肥やしとなって、ナンエン草がはびこる。 そのナンエン草が、白栴檀を大きくする。 持ちつ、持たれつなんだ。 まあ、人は一人では暮らせない、支え合うんだ。 白栴檀の檀と、ナンエン草のナンで、壇ナン、檀那(旦那)という言葉になったんだそうですよ。

 この店では、私が白栴檀の木、あなたがナンエン草だ。 私はね、お前さんに露を落としたつもりだ。 店へ行くと、あなたが白栴檀、店の者に露を落とす。 無駄かも知れないけれど、あなたが、露を下ろしてやっておくれ。 白栴檀が萎縮しているようだ。 来年の別家まで一年、店のナンエン草、店の者を何とか育ててもらいたいと思って、お願いした。

 昨日の長襦袢、友禅の別染め、高いでしょう。 旦那様、(両手をついて)申し訳ございませんでした。 泣くほどのことじゃない。 でも昨日、妙なことを言ったね、長々ご無沙汰を申し上げておりましたって。 何で、あんなことを言ったんだい。 もう、これが百年目、だと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック