柳家小満んの「犬の字」2023/10/30 07:03

 間違いというものがある。 金杓子屋の清兵衛が亀戸に引っ越して、張り紙をした。 「かなしやくしやのせいべいがかめいどにひつこしまいりそうろう」と仮名で書いたので、「かなしや、くやしや、せいべいが、めいどにまいり、そうろう」と、読まれた。

 明治の頃、深川の八幡様の境内に、白い犬がいた。 差し毛一本ない白犬で、『三世相(さんぜそう)』という書物に、白犬が次の世に人間に生まれ変わる話があると、来る人、来る人がいうので、犬が思いついた。 次の世でなく、この世で人間に生まれ変わろうと、八幡様に三七、二十一日、裸足(はだし)参りをした。 結願の日、提灯退けの時刻、神社から一陣の風が吹き、犬は悶絶、気絶した。 アーーッ、寒い、毛が一本もなくなったよ。 人間になったんだ。 尻尾の感覚がない。 立ったら、素っ裸、気持悪い、イチジクの葉っぱでもないか、アダムのように。 御手洗(みたらし)の手拭を二本ばかり、腰に巻く。 寒い、着物はどうしたらいいんだ。 金は働かなくちゃあない、相談する人がいない。

 夜が明け、鰐口(わにぐち)の音、柏手。 門前町の上総屋、口入屋の旦那だ。 おはようございます、毎度ご贔屓で。 どうした、そんな恰好で。 私は境内にいた白、八幡様に人間になるよう願をかけて、満願、人間の初日で。

 以前、ブラブラ歩いていると、明石町の西洋人の犬、メリーさんがいて、まんざらでもない、横浜へ行ってみないか、という。 活動写真のようだと思っていると、ご主人が、メリー行くぞ、と、行ってしまった。 ボウーッとして歩いていると、閻魔堂橋の所で、野犬狩りの縄がかかった。 助けてくれる人がいて、八幡様の白犬だ、一杯やりなと幾らか出して、助けてくれた。 牛込の米問屋の越後屋さんなんで、恩返しがしたい。 上総屋の旦那が、牛込の越後屋なら弟だ、搗き米など大変だがいいか。 うちのかみさんに会わせる、犬だったのは内緒だから、尻尾など出さないように。 俺の長襦袢を着て、下帯を締めて。 そっちは勝手口だ。 ここの鮭の頭は、塩っけが多いんで。 知り合いなんだが、洲崎で散財をして、博打で素っ裸にされた。 目が澄んで、清らかだ。 名前は只四郎。 士族で。 箸を使って、食べろ。 首を突っ込んじゃ駄目だ。 三尺の帯を締めて、六尺の下帯、くわえて喜んで歩くんじゃない。 何もかも、いっぺんで覚えなさい。 牛込へ行こう。 いきなり駆け出すな。 下駄くわえて出るな。

 牛込矢来下の越後屋に、事情を話すと、置いてって下さい、と。 朝から晩まで、人の何倍も働く。 魚は、骨ばかり食べ、身を分ける、仲間の受けがいい。 二年経った。 よく働く、夜も寝ないので、泥棒猫一匹入ってこない。 あんな奉公人は、初めてだ。 何とかしてやりたい、所帯を持たせてやりたい。 兄さんのところの、おもよさん、内働きの女中さんはどうか。 後で、親御さんに談じ込まれても困る。

 何がいけないんです。 只四郎、元は人間じゃない、八幡様の白だ。 日本橋の野犬狩りで助けた犬なんだ。 『三世相(さんぜそう)』にある通り、どっから見ても立派な人間。 じゃあ、試してみましょう、酒を飲ましてみましょう。 酔っ払って、犬になるかどうか。 仕出し屋から何か取った、お酌させて頂きな。 不調法で。 お前も飲みなさい、命令だ。 互いに酒のやり取り、酩酊する。 飲み過ぎたようで。 誰か、隣の部屋に蒲団を敷いて。 本性を現すかどうか。 大変だよ、犬になってる、よだれを垂らして、大の字になって寝てる。 肩の所に、枕が転がってる。 あれで、犬になってる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック