桃月庵白酒の「死神」前半(25日分)2023/12/26 07:19

 白酒はピンクの着物、グレイの羽織。 国立劇場の建て替え、先に取り壊さなければならないものがあると思うんですが…。 国立劇場小劇場、特別感があった、横に広く、お偉いさんが覗く小部屋があって、しゃべりにくい。 今日も、会場がこちらなのに、結局半蔵門線に乗っちゃった。 建て替えの入札がまだ決まってないとか、跡地で万博やるんだろうか。

 ウチの師匠が(人間)国宝になっちゃった、と電話が来た。 認定式というのが京都であって、交通費は手銭(てせん)というので、いやいや行った、自由席で。 そこまで、ケチることはない。 他の方は大勢で行くのに、一人で行って、着物も畳んだという、誰が交通費払って付き添うか。 電話が国宝にもかかる、寄席の代演をお願いします、と。 弟子は人間国宝になるという目標が使えなくなった、殺さなきゃあならない。 先の見えなくなる、噺家人生で。

 道具は大切、イチロウは大切にしていたが、大谷翔平はWBCで投げたりしていた。 扇子は、噺家の魂という。 扇子が鞄に入ってなかった。 割り箸があるよ。 何にでも、縋りつきたくなる、八百万の神。 嫌われる神に、貧乏神、死神。 サイコロ、うまくいかない、死んじまおうかな。 でも、楽(らく)して死にたい、老衰が一番だ、小さんはうまくやったよ、米朝も、国宝はみんなそうか、すると雲助も。 身投げして死ぬってのは、どうだ。

 ちょっと、死んじゃ駄目だ、いいことだってある。 何だ、お前は? 死神だ。 だけど、血色のいい死神なんかいるのか。 落語の聞き過ぎだ。 俺は、うながし神、お前の当番だ。 俺と一緒に生きよう。 金を稼がしてやろう。 死んだ気になって、働け、医者をやれ。 患っている病人を直せば、金になる。 病人の足元に、死神が座っていれば、助かる。 呪文を教えて、死神が見えるようにしてやる。 早く、言え。 特別だ。 三つの約束がある。 枕元に座っている死神には、手をつけるな。 呪文は、誰にも教えるな。 あと、一つ、早寝早起き。 「アジャラカモクレン、研究会、もう国立劇場ではありません」と言って、手をポンポンと叩くんじゃ。 俺の言う通りにするんだぞ。  「アジャラカモクレン、研究会、もう国立劇場ではありません」ポンポン。 おい、死神! いなくなったぞ、そういうことか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック