柳家小満んの「芝浜」前半2023/12/28 07:08

 暮になると、誰かが演るお噺で。 小満んは、茶の着物に、黒の羽織。 江戸の中央卸売市場、魚河岸、日本橋の小田原町河岸よりも、芝の雑魚場の市が早かった。 十一人の漁師が舟板にそれぞれの名前を書き、家康が判を捺して、開業した。 日本橋は、佃島の白魚漁から始まった。

 魚屋、河岸で仕入れたのを、午前中に売り切って、酒を飲む。 一日、八、九時間寝る。 それが二、三日飲みっぱなしで、二日寝る。

 ちょいと、お前さん、さあ仕度して、浜へ行っとくれ。 今度という今度は、とことん飲んだから、酒の切り上げだって、言ってたじゃないか。 怠け癖がついて、十日過ぎてる、釜の蓋が開かないよ。 お得意様、手放したのも、取り戻せるよ、行っとくれよ。 飯台は、箍(たが)がゆるんでるだろう。 魚屋の女房だよ、ちゃんと水を張っといた。 包丁は? お前さん、偉いね、太刀魚みたいな色をしてるよ。 草鞋は? 出てます、仕入れの銭(ぜに)は、飯台に入ってるよ。 火打道具と煙草入れも。 安く回るんだよ。

 暗いじゃないか。 寒いね、やっぱり朝南に夕南、犬も忘れてるぜ。 星を見ながら出るのは、悪くないな。 雑魚場、もう浜だ。 一服している内に、明けてくるだろう。 飯台と飯台に、天秤棒を渡して、燕口(つばくろぐち、燕の尾のように開く布袋)から火打道具を出し、火を打ったところに煙管の雁首をかざす。 朝の一服は、うめえもんだ。 白んでくるぜ、夜明けだ。 自分が昇るようだな、群青色から、弁柄色、黄色くなったよ。 金糸魚(イトヨリ)のようで、梨地だ。 お天道様のお出ましだ、たまらないな。 鮫洲から舟が入ってくる、一番舟だ。 市場に、灯が入った。 もう一服して、行くか。 波の引いた砂の中、煙管の火玉の先に紐が見えた、雁首に引っ掛けて、砂を払うと、巾着袋、皮がヌルヌルしている。 重い、水で洗って、腹掛けのどんぶりに入れ、駆け出した。

 おっかあ、開けてくれ。 心張棒、かっちゃえ。 水、飲ましてくれ、駆けづめだったから。 心配するな。 おっかあ、焼きが回ったな、早く起こしやがって、浜へ行くと真っ暗だった。 煙草を喫ってると、火玉の先に、紐が見えたんだ。 皮の合切袋だった。 ヌルヌルして、キビが悪い。 大変だよ、お前さん、お台場銀(お台場工事の人足に支払った)だよ、ずいぶんあるねえ。 早起きは三文の得だ。 四つで一分、四つで一両、チョイチョイチョイ、ぴったり三十二両ある。 大あきれだよ、運が向いてきたな、貧乏神とはお別れだ。 錦の股引、羽二重の鯉口(こいぐち、筒袖のような綿入れ)なんか着て、歩くか。 金公や寅んべを呼んで来て、一杯やろう。 まだ、夜明けだよ。 俺だけ、飲もう。 ちょいと買って来い。 まだ、酒屋も開いてない。 ゆんべのお酒の飲まなかったの、持ってきてくれ。 茶碗でいいよ。

 ありがてえな、クウクウ、クウクウ、うめえな、まるっきり味が違う。 指に塩気があるから、何もいらない。 みんな、注いでくれ。 いいなあ。 こんなことがあるんだ。 大儀になった、俺、もう寝ちゃうから、腹掛け、そっちにやっといてくれ。 蒲団、敷いてくれ。 これからは、楽させてやる。 三千世界に過ぎたるものは、いい女房と、蓮の葉っぱに釈迦の涙だ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック