三笑亭茶楽の「子別れ」2024/02/01 07:04

 三笑亭茶楽(ちゃらく)、知らなかったが81歳というから同年代、八代目三笑亭可楽の弟子で落語研究会初出演だそうだ。 紫の着物に、緑色の襦袢が覗いている。 副業で結婚式の司会を400回やったが、398組が離婚した、ご好評をいただき、ある新郎には3回頼まれた。 「覆水盆に返らず」でもない。

 隣の婆さん、木場まで行くんで留守を頼む、無尽の銭は水がめの上に置いとくから。 番頭さん、お待たせしました。 独りだと、大変だね。 洗濯物なんかは…。 二度目のかみさんは、ひどかったね。 一日中、飲んでいるか、寝ているかでして、追んだそうと思っていたら、自分で出て行った。 えらい目にあったね、先のおかみさんはよかった。 子供がいたね、亀吉という名だったか、いくつになる? 六つが、九つのはずで。 やっこの顔は、見たい。 噂をすれば、前から来る三人、右の端っこが亀ちゃんじゃないかい。 三年ぶりで。 声をかけたらどうだ、私は先に行ってるから。

 おい、亀じゃないか。 新しいお父っつあんは、可愛がってくれるか。 お父っつあんは、お前だ、子供が先にできて、あとから親ができるもんか、ヤツガシラじゃあるまいし、そんな人いないよ。 どんな家にいるんだ。 畳が二つ、寝返りを打つと、土間に落ちる。 おっ母さんは、近所のお針仕事をしてる。 亭主と名の付く者は、前の飲んだくれで十分だって、言ってるよ。 酒は、止めたよ。 お父っつあんのこと、恨んでないか。 お酒さえ飲まなきゃ、いい人なんだけどって、言ってるよ。 おっ母さんが、お屋敷に奉公してたんだってね、お父っつあんは出入りの職人で、半襟や前掛けを買ってくれたって、半襟や前掛けが効いてよかったね。

 小遣いをやろう。 一円銀貨かい、おつりはないよ。 これで鉛筆買ってもいいかい。 学校のものなら、何でも買ってやる。 額の傷はどうした、喧嘩か。 鈴木さんのお坊っちゃんと駒をやってて、駒でぶたれた。 おっ母さんが、誰がやったんだっていうから、鈴木さんの坊っちゃんって言ったら、痛いだろうけど我慢しろ、仕事がなくなるからって。 泣くな。 泣いてるのは、お父っつあんだ。 鰻でも食いに行きたいところだが、お店(たな)の番頭さんと木場へ行くところだ。 明日、今時分、ここに来い、おっ母さんには内緒だぞ。

 おっ母さん、ただいま。 遅かったね、ちょっと手を貸しておくれ。 糸を巻くから、手を出して。 片方の手に、何をもってるんだい。 一円銀貨じゃないか、どうしたんだ。 そこでもらった、よその知らないおじさんに、男と男の約束だ、話せない。 そこを閉めて、こっちへ来い。 何でお前、そんな情けない料簡になったんだい、人様のものを盗むなんて。 どうしても言わないか、お父っつあんの金槌で叩くよ。 そのお父っつあんに、もらったんだ。  お前、お父っつあんに会ったのかい。 おっ母さん、せり出して来たな。 なんて言ってた? 女は追い出した、お酒、止めたって、きれいな半纏をどっさり着ていた。 おっ母さんのこと、何か言ってたかい? 二人で同じこと聞いてらあ。 一緒にいてやれなくて、すまなかったって、泣いてた。 明日、鰻を食いに行って来ていいか。 ご馳走してくれるのかい、行っといで。

 翌日、亀に小ざっぱりとしたなりをさせて、行かせた。 自分も、鼻の頭を二つ、三つはたいて、半纏をひっかけて、鰻屋の前をうろうろしている。 家のワルサがお邪魔してないでしょうか。 二階にいらっしゃってますよ。 亀や、いるんだろ。

 見ず知らずの方に、ご馳走になっちゃいけないと思いまして…。 お父っつあん、おっ母さんが来たよ。 おいでよ、お父っつあんがいるよ。 お父っつあん、呼んだ方が、わかりやすい。 仲人に世話を焼かせないで。 昨日のお小遣いのお礼も一言、申し上げたいと思いまして。 お前さんでしたか。

 女手一つで、よくここまで育ててくれた。 こんなことを言えた義理じゃないが、この子のために、元のさやにおさまってくれないか。 お前さんは、ちっとも変ってないわね、あたしからもお願いします。 子供がいるから、またヨリが戻るんだな。 本当ですよ、この子がいたから、一緒になれる、「子は鎹」って言いますからね。 あたいが鎹かい、それで昨日、おっ母さんがあたいの頭を金槌で打とうとしたんだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック