ドリトル先生一行の超特急イギリス帰還2022/05/07 07:10

 ゾウガメのジヨージが、お連れしたい場所があるという。 自分の人生の終わりが近づいたカメだけが来るカルデラ、大きなすり鉢形の穴だった。 底には無数の丸い甲羅が積み重なっている、ゾウガメの墓場だった。 甲羅の多くは長い年月の風雨にさらされ、真っ白になっていた。 1メートルから大きいものは2メートル近くあった。 ジヨージは、カメの甲羅で耐熱性のシップを作らせようとしているのだ。 これが地球トンネルの熱に耐えられることは、ガラパゴスにやってきた最初のカメが証明してくれている。

 ドリトル先生とスタビンズくんは、自分の身体のサイズの甲羅を見つけ出した。 焼き鳥になるのはごめんだというポリネシアは、スタビンズくんの方に入ることにし、ヨハネスも入れる。 甲羅の穴は、破片を拾って内側からはめ殺しにする。 入り口側には、いくつかの破片を組み合わせてハッチを作った。

 スタビンズくんたちが、先に行くことにし、帰ってこなければ、次の便でドリトル先生が行くことにした。 ゾウガメたちが、引っ張ったり押したりして、甲羅シップを希ガスの穴に落とし込んだ。 すーっと、奈落の底に落ちていくのがわかった。 自由落下とともに速度がどんどん加速していった。 真っ逆さまに落ちていく感覚とともに、同時に、奇妙な、浮遊するような感じに包まれた。 それは快感、ぞくぞくするような爽快感だった。

 しばらく気を失っていたようだ。 目が覚めると、薄明かりの中で小さな目がたくさんのぞき込んでいるのがわかった。 何匹ものコウモリたちの顔だった。 スタビンズくんは、手足をのばして、ゾウガメの甲羅からはい出した。 ポリネシアも元気で、ヨハネスも大丈夫だった。 ヨハネスが無事帰ってきたことに、仲間のコウモリたちは大歓声を上げた。

 ドッカーン、大きな音がして、何かが穴の中からせり上がってきた。 穴に挟まったまま止まった、慌てて駆け寄って、ちょっとだけ頭を出しているカメの甲羅を外しにかかった。 中で黒いものがごそごそ動いている。 こんなときでもちゃんと燕尾服を着て、シルクハットをかぶっているドリトル先生だった。

 ドリトル先生は、コウモリたち、特に勇敢な地球トンネル初旅行(哺乳動物における。地球史では先にゾウガメたちがいた。)を成し遂げたヨハネスに、心からお礼を言った。 今回は、気球に入れる希ガスを見つけるところから始まって、ガラパゴスでアタワルパの〝涙〟を借りられたのも、こうして超特急でイギリスに戻って来られたのも、みんな君たちコウモリのおかげだ。 コウモリは哺乳類の中で唯一、空を制した生物だからね。 かのレオナルド・ダ・ヴィンチも君たちに最大の敬意を表して、スケッチを描いている。 ダ・ヴィンチも君たちみたいに自由に空を飛びたかったに違いない。 かわりに、私たちは地下をひとっ飛びしてきたわけだ。

 エクアドルとガラパゴスの、その後についてだ。 フロリアン大統領とロドリゲスは、なんどもガラパゴスゾウガメからアタワルパの〝涙〟をいただこうとして、なだめたり、すかしたりした。 しかし、ゾウガメたちを怒らせてしまえば、すべてが水泡に帰してしまうことも十分わかっていた。 ロドリゲスはエクアドル一のガラパゴス通になったが、フロリアン大統領はまもなく政争に巻き込まれ暗殺されてしまった。 ともかくガラパゴスは、一度も他の国に荒されることなく、エクアドル国によって守り続けられたのであった。

 ドリトル先生は、ガラパゴスの旅の唯一の記念品として、ルビイがホンモノをもとに戻した後、回収してきてくれた模造品の真珠玉を、書斎の本棚の上に貝殻や骨の標本とならべて、無造作に置いていた。 それは今も、ピンク色の妖しい光を反射している。 スタビンズくんは、胸の奥にチクリと痛みを感じていたが、あの夜のルビイの告白を誰にも話さないことに決めたのだ。 さまざまなことを勉強し、じつにいろいろなことを知った。 その結果、知らないほうがいいこともあることを知ったのだった。 大人になったのだ。

 4月19日から、19日間も書くことになった「福岡伸一の新・ドリトル先生物語『ドリトル先生 ガラパゴスを救う』、これでめでたく結末を迎えた。 昔、『リーダーズ・ダイジェスト』という雑誌があった。 一年間の新聞連載を19日間でダイジェストした出来栄えはどうだったろうか。 やっているほうは、けっこう楽しかった、福岡伸一さんに感謝である。

おじいさんコウモリのチャレンジ、大冒険2022/05/06 06:41

 ドリトル先生一行は、ナルボロー島へ火山活動でできた奥深い穴、地球トンネルを見に行く。 スタビンズくんは、手紙(メッセージ)を出してみる提案をする。 ドリトル先生が平たい岩の表面にナイフで絵文字を描いて、投入れた。 計算上、出口に着くのに38分。

 そのころ、イギリスの鍾乳洞では、天井にぶら下がっているコウモリたちが、ものすごい大音響を聞いた。 熱い赤茶けた火山性の岩石に、絵があった。 人間が2人と鳥が1羽、島影、くりぬかれて穴が開いているリンゴみたいな球体、その穴に丸い点と矢印。 これはドリトル先生とスタビンズさん、オウムのポリネシアに違いない。 この島影はガラパゴス。 この穴は、希ガスの穴、地球の奥のほうにずっと続いていて、ドリトル先生たちのいるガラパゴスにつながっているということではないだろうか。 その逆向きの矢印は、返信求むということか。 そこで、コウモリのリーダーのサフィは、鋭い爪で、コウモリマークを書き込んだ。 そして、みんなで穴に投げ込んだ。

 1時間ほどして、ヒューンと音がして、カンカラカランと石が壁にぶつかった。 石は熱々だが、同じ石だった。 何も変わっていない。 若いコウモリが言った。 ひょっとしたら、向こうに届く前に、どこかで勢いを失って、戻ってきたのではないか。 中心から向うへ行く距離が少し長いと、また引力に引き戻されてしまうのだろう。 その証拠に、こっちにもどった石はそんなに勢いがなく、音も小さかった。

 しばらくして、おじいさんコウモリが言った。 鍾乳洞にはたくさん水晶がある。 水晶は硬いし、熱にも強い、石筍のように内側が空洞のものもある。 わしはこんな老人だから、何も怖いものはない、いつも思っていたことがある、人生、もうひと花咲かせることができたら、楽しいだろうなあ、ってね。 年をとってからでも冒険はできるし、何か新しいことにチャレンジしてもいいだろう。 ネバー・トゥー・レートって言うじゃないか。

 ナルボロー島では海に日が沈もうとしていた。 スタビンズくんは、目の縁を小さな黒いものが横切ったのを見た。 コウモリが、あの穴から飛び出してきたように見えた。 コウモリは一気に降下してきて、「みなさん、こんにちは。わしは、イギリス・ウェールズ地方の鍾乳洞に棲む老いぼれコウモリで、名前をヨハネスと言います。ここは確かにガラパゴスなのでしょうか」 「そうだよ!そのとおり!ようこそ、ヨハネス!」

 ヨハネスは、水晶シップでの40分ほどの冒険と、粘土のハッチを蹴破って脱出した話をした。 地球トンネルが、地球を貫通していることが証明され、ゾウガメたちの古い記憶も確かだったということになる。

ゾウガメ先祖代々受け継がれてきたにおいの記憶2022/05/05 08:03

 ダーウィンとビーグル号を見送ったあとしばらくして、ドリトル先生は帰国を考え始めた。 ガラパゴスの領有権はエクアドルに帰属して一応安心だし、島の生き物たちもこの先なんとか保全されていくだろう、調査も一通り終えたので、研究の成果もまとめ上げなくてはならない。

 そんなとき、ゾウガメのジョージが仲間から便りがあったと言う。 ナルボロー島で新しい火山活動があり、溶岩が噴き出したあと一時休止し、がらんどうの穴が相当奥深くつながっている。 その風のにおいをかいだ仲間が、そのにおいは100万年ほど前に起きた噴火のときと同じだといっている。 実際の経験でなく、ゾウガメには世代を超えて受け継がれる歴史の記憶があるのだ、と。 生まれてすぐに食べ物のありかがわかり、危険から身を守り、そしてまた先祖代々受け継がれてきたにおいの記憶、それは遺伝子の外側にあるものだ。

 ドリトル先生は感心して言う。 その遺伝子の外側にあるものが、生物をより環境に適応するように行動させ、また環境に対しても主体的に働きかける動機になるわけだ。 ガラパゴスを守るため、ゾウガメの体内にある真珠の『まもり石』の話をでっちあげたのだけれど、それを聞くと、『まもり石』もあながちイマジネーションの産物とも言えない。 遺伝子を真珠の核とすれば、その核を包み込む真珠の層は、遺伝子の外側にあるもの、ということができる。 そして、それは真珠が世代を超えて育まれていくように、さまざまな環境の記憶を宿しながら、生物から生物へ引き継がれていく。 『まもり石』はほんとうにゾウガメの生命の体内にあるんだ。 『まもり石』は、生命を高め、生命を支える主体性の原動力かもしれない。 そう考えれば『まもり石』こそが生命進化の源泉と言えるものなのだ。

 火山活動でできた穴から吹き上げてくる風のにおいとは、希ガスに違いない。 地球の内部にはかなり重い物質が詰まっている。 マグマは、ドロドロに溶けた熱い鉄の塊だ。 全部が全部同じ塊ではなくて、ところどころに裂け目や空洞や穴があったりする可能性は大いにある。 奥底の空洞のひとつには希ガスがたまっていて、その一方の穴は、ここガラパゴス諸島に、もう一方の穴はイギリスの鍾乳洞につながっているということは十分に考えられる。

 この穴から物質を落とすと、地球の引力に引き寄せられて、まず真っ逆さまにに穴の底に向かって落ちていく。 でも物質がちょうど穴の真ん中の希ガスだまりに達すると、今度は、向こう側の穴に向かって逆に上っていくことになる。 それは引力に逆らうことになるから、ものすごい速度で落ちていた物質は、だんだん速度を緩めることになる。 そして向う側の出口に達したとき、ちょうど速度はゼロになる。

 ゾウガメが言う。 なぜ、そんな穴のにおいの記憶が世代を超えて引き継がれているのか、考えていた。 ひょっとすると何百万年も前、ガラパゴスの溶岩トンネルは、アジアかアフリカのどこかの火山や洞窟とつながっていて、祖先のカメが、えいやっと飛び込んだのではないか。 前後の見さかいもなく、ただ自分の運を試してみたのでは…。

ドリトル先生とチャールズ・ダーウィンの対話2022/05/04 07:12

 福岡伸一さんは、ビーグル号の客員乗組員で地質・生物調査担当のチャールズ・ダーウィン(26歳)とドリトル先生を会わせ、すぐに意気投合させる。 ドリトル先生は、ガラパゴスの生き物たちの奇妙さや不思議さにようやく気づきはじめた、こんな小さな島でもすべての生き物のすべての生態を知ることは不可能だろう、と言う。 もうひとつの謎は、生物の多様性で、何百万種もの動物、植物、顕微鏡的ミクロ世界の微生物の数々、これらをすべて神さまが天地創造の最初の7日間でおつくりになったのだろうか。 何百万種もの生物の約半数は昆虫種だから、神さまの7日間の大半は、虫づくりに夢中になられていたはずで、無類の虫好きということになる。 わたしたち昆虫少年だった者にはうれしいことだけれど、最後の安息日にはさすがの神さまも疲労困憊されただろう。

 ダーウィンは言う。 それはとても面白い視点だ、私もこの世界の多様性の起源を見極めたいと願っている。 できることなら神さまを持ち出さずに、この世界のすばらしさ、精妙さ、その美しさを説明したいと…。 教会にはおこられてしまうが、これだけの多様性は、この地球全体の環境の多様性と関係していると思っている。 ノアの方舟(はこぶね)にはロンドン動物園にいる生き物のうち10分の1も入り切らない。 やはり別の説明が必要だと思っている。

 ドリトル先生は言う。 生物は互いに争っているように見えて、実はずいぶん助け合っている。 利己的であるというよりは利他的である。 その最たるものは植物で、過剰なまでに葉を茂らせ、実をつくり、それを惜しげもなく他の生物に分け与えてくれるから生命現象の基盤が成り立っている。 動物でも、吸血コウモリなどは、110の吸った血(収益)があると、余裕分の10を、誰か、困っている仲間に与える。 それは巡り巡って、また別の日、自分が困っているときに助けてもらうことにもつながる。 つまり利他性は、自己犠牲というより、冗長性や過剰さの上にあるものだ。 その余裕をぐるぐるまわすことによって共存しているわけで…。 そして生命は本来的にいつも誰かが過剰を作り出している。 あるいは常に誰かがサボっていると言ってもいいかもしれない。 それが生命の余裕だ。

 ダーウィンは言う。 いま世の中では、我々の国の経済学者のアダム・スミスが言い出した、弱肉強食の論理がさかんに言われている。 強いものは勝ち、弱い者は滅びる、よいものはたくさんの人々に支持され、わるいものは見向きもされなくなって駆逐される。 この原理がすみずみまで働けば、神さまの手を借りなくても、社会は結局よい方向に進化していくという論理だ。 でも、生物の世界にこの考え方を当てはめてよいのかどうか、私は今ちょっと迷っている。 たとえば、食う・食われるという関係がある、オキアミのような小エビと大きな魚やクジラ。 オキアミが弱者で、クジラが強者か。 アフリカの草原の、カモシカが敗者で、ライオンは勝者か。

 ドリトル先生は、我が意を得たりと、違う、全く違う、オキアミがいなければクジラは生存できない、カモシカがいなければライオンは生存できない。 そして、もし生命の規模で勝ち負けを言うなら、圧倒的多数はオキアミだから、オキアミのほうがより繁栄していると言える。 草原でも、数の多いのはカモシカだ。 つまり、食う・食われるというのは、弱肉強食の優劣ではなくて、同じ環境の中で共存するための棲み分けの知恵だと言える。

 ガラパゴスにおけるダーウィンとドリトル先生の、短いけれど濃密な交流はこのとき限りで終わった。 ダーウィンはイギリスに戻ってから20年以上、生物学の研究を続け、その成果をまとめて『種の起源』を出版した。 神さまの手を借りずに、この地球上の生物の多様性について説明を試みた本だった。

ドリトル先生、ガラパゴス諸島で3年間調査研究2022/05/03 07:05

 エクアドル国がガラパゴス諸島の領有を宣言した以上、そこには生活実態が必要だということになって、ロドリゲスが団長になり、移民希望者数十人を募って、政府が大型船を用意した。 ドリトル先生一行と故郷が懐かしいジョージも同行することになった。 晴れて当初の目的のガラパゴス諸島に行けるのだ。 栄誉ある領有宣言記念式典にも来賓として出席する。 出発の前夜、ネズミのルビイがドリトル先生の宿屋を訪ねてきて、移民団の一員として両親と一緒に行くことはできないか、と頼む。 最初の入植団は家畜を持っていかざるを得ないが、人間の居住区域内だけで飼育することを約束してもらった。 大陸の大型の哺乳動物は生息していないガラパゴスで、今まで生息していた動物や植物が絶滅したり、消滅したりしかねないからだ。 ルビイが恋仲になったオパアルも一緒にというのを聞き、それはめでたい、野生のネズミも少しだけはいるらしいが、ガラパゴスの固有種たちに影響を与えないよう、限られた区域で生活すると約束してくれるなら、今回の勇敢な働きゆえに許可しないわけにはいかない。

 このあと、実は、ルビイがスタビンズくんに重大な告白をしていた。 あれからオパアルとのことに毎日が夢見心地になっていて、アタワルパの〝涙〟は、糸を外しただけでドリトル先生に渡したのだ、と。 スタビンズくんは、気絶しそうになった。

 チャールズ島の海辺近くの小高い丘に、ロドリゲスと政府の人々は、エクアドルの国旗を高々と掲揚し、記念式典を挙行した。 イギリス風の名のついたこのチャールズ島は、フロリアン大統領にちなんで、フロレアナ島と呼ぶことになった。 移民団の拠点のフロレアナ島の北には、インディファティガブル島、西には大きなタツノオトシゴのかたちをしたアルベマール島、タツノオトシゴに抱かれるような丸い形のナルボロー島がある。 どの島にもそれぞれの島の環境にうまく適応したゾウガメ、リクイグアナとウミイグアナ、岩の上をチョロチョロするヨウガントカゲ、海辺にはアシカたち、それからフィンチ鳥やグンカンドリ、カモメなどが楽しく暮らしていた。 ドリトル先生とスタビンズくんは、移民船がつないできた小型の船を借りて、ガラパゴス諸島のいろいろな島を巡り、自然の観察調査を実施した。

 イギリスのビーグル号がガラパゴスに到着したのは、エクアドル国がガラパゴス諸島の領有を宣言してから、3年の月日が経ってのちだった。 すでにフロレアナ島の開拓村はかなりの規模になっていて、ドリトル先生とスタビンズくんも開拓村の一隅に小屋を建ててもらい、研究拠点とし、島の人たちのよろず相談と健康診断も担当していた。