金沢で発展した能楽「加賀宝生」、文化重視の前田家2023/11/20 06:57

 10月中旬に金沢へ行った時は、兼六園ではまだ「雪吊り」はしていなかった。 11月5日に、三田あるこう会の第560回例会で立川の国立昭和記念公園へ行ったら、日本庭園のシンボルツリー、立派な松に見事な「雪吊り」がしてあった。

 『新日本風土記』「金沢あじわい冬の旅」、「雪吊り」をする植木屋さんが、松の手入れをしながら木の上で、謡(うたい)をうなっている場面があった。 植木職人が仕事をしながら謡を口ずさむので、金沢では「謡が空から降ってくる」と言われるようになったのだそうだ。 駅中のおでん屋さんの会長も、創立70年を祝う立派な宴会で、謡「八島」を演じていた。

 江戸時代、能は幕府の「式楽」となり、それぞれの藩でも能役者を召し抱え、藩主は能を稽古するようになった。 加賀藩では、代々の藩主が能楽、中でも宝生流をたいへん愛好した。 宝生流を愛好するようになったのは、五代藩主・前田綱紀が、宝生流贔屓だった将軍徳川綱吉の影響を受けて、宝生流を稽古したことによるという。 加賀藩では町民にも能を奨励し、町民も町役者として城中の演能に出演することが許され、税の免除や、名字を名乗れるなどの優遇措置があった。 こうして金沢は能楽、宝生流が盛んな土地となり、「加賀宝生」と呼ばれるようになった。 二代藩主・利長以来続く大野湊神社神事能は400回以上を数える。 この能楽「加賀宝生」を始め、九谷焼・蒔絵・友禅・金箔などの伝統工芸が盛んなのは、徳川に潰されないために軍事より文化を重視した前田家の政策のおかげなのだった。

にし茶屋街の芸妓、引き売りの豆腐屋2023/11/19 08:01

 「金沢あじわい冬の旅」、金沢には、ニュースによく出て来るひがし茶屋街のほか、にし茶屋街、主計町(かずえまち)茶屋街の二つがあるそうだ。 旦那衆の遊び場だが、最近は観光客向けのお座敷遊びを楽しむイベントもあり、旦那衆が太鼓を打つ伝統などもスイスから来た女性に体験させている。 にし茶屋街、明月の、踊りの上手さが評判で一番ベテランの芸妓・結(ゆい)さんが、20歳で始めた頃は芸妓が45人もいたのに、今は14人、お茶屋も1/3になったという。 芸妓たちは、名古屋から来る西川流家元西川千雅さんに踊りを復習(さら)ってもらう。 明月のおかあさん、乃莉さんはもうすぐ89歳、最高齢、2013年の金沢おどりで鼓の名手ぶりを披露した石川県無形文化財、結さんのお座敷を外から陰囃子の太鼓で応援する。 だが、結さんが半年前に茶屋を知らない人や若い人にも来てもらいたいと三年計画で始めた自分の店、夜9時から手料理など出すバーには反対している。

 浅野川の対岸と隣町、ひがし茶屋街を、チリンチリンと豆腐の車を引いて歩く人がいる。 観光客が声をかけても、遠い所まで持っていくなら駄目、豆腐は生き物、栄養満点腐りやすいと売らない。 パックすると、息ができん、とも。 一丁150円、値下げはしない、自分の味には自信がある。 豆腐屋、高山幸一さん、引き売り最後の一人だ。 父の外吉さんは、64歳で亡くなる前の年まで、引き売りをしていたという。 二代目を継いで45年、70歳から引き売りは週2回にしている。 29歳で豆腐屋を継ぐまでは、カーレーサーを目指していた。 一年間は、引き売りに出られなかった。 おっかさんが「商売は牛のよだれや」と、背中を押したそうだ。

 金沢で「ほんこさん」と呼ぶ、報恩講がある。 浄土真宗の開祖親鸞の忌日(陰暦11月28日)に報恩のために行う法会。 蓮如がこの地に浄土真宗を広めて550年。 11月になると、豆腐屋では「ひろず」と呼ぶ(関西で飛竜頭(ひりょうず))大きながんもどき、具材たっぷりの中華まんじゅうのようなのを作り始める。 低温でじっくり揚げる。 「ひろず」は、お寺での法要のあとのお斎(とき)、食事の主役である。 僧侶が訪れる家ごとの「ほんこさん」もあり、仏壇に重要な仏事で使う赤い蝋燭を灯す。

「金沢あじわい冬の旅」の「おでん」2023/11/18 07:05

 最近たまたま『新日本風土記』の「金沢あじわい冬の旅」を見た。 先日の金沢の旅行で、ご案内頂いた大窪さんは「金沢に海鮮丼はなかった」という話をされた。 多くの観光客が求める海鮮丼が、近年の流行り物だということらしい。 「あちこちに冬をめでる町、金沢の物語」という番組は、金沢はおでん屋が人口当たりで一番多い町だといい、「金沢おでん」で始まった。 その「金沢おでん」にしても、十年前に「三幸(みゆき)」(野町)という店が「金沢おでん」と名乗ってから、人気に火がついたという。 味は関西寄りで、醤油は控え目、タネは地元の野菜や海の幸。 金沢ならではのものは、「菊一」(片町)の元祖「カニ面」、香箱ガニという雌のズワイガニの殻に身もミソも乗せ、ウチコとソトコ(ソバコ?)の二種の子も入れ、殻の腹底で蓋をして縛ると剣道の面に似るので、こう呼ぶという。 江戸時代から続く金沢市民の台所近江町市場に仕入れに行き、その八百屋の場所に、かつては店があったという姉妹で営む「長平(ちょうべえ)」(下新町)は、「金沢おでん」とは名乗っていない。

 おでんといえば、大根だが、土地に美味しいと人気の源助大根、ずんぐり丸く愛らしく、水分の多い、しかし割れやすい大根がある。 松本佐一郎さんが80年前に生み出し、一時は多く生産されたが、昭和50年に登場した青首大根の新種が全国的に席巻して、30年前には一軒だけになってしまった。 食べたい人がいる限りはと、孫の充明さんが父の惲(あつし)さんと砂畑での生産を続け、平成9年からは加賀野菜プロジェクトを立ち上げて、源助大根の生産者は今20軒に増えている。 深夜午前1時から収穫するのは、気温の変化に弱く、割れやすいからだ。 惲さんは7年前に咽頭癌を患い、声を出せないが、筆談で「譲らん一歩も」「好きこそ物の上手なれ」と、親子ともども金沢の言葉で「いちがいもん」(頑固者)、自分の信念を曲げずにがんばっている人であることを示していた。

 ズワイガニ漁の解禁は、11月6日(今年は時化だったようだが…)。 金沢港の底引き網を束ねる船団長、宮田康一さんは4代目、カニ漁は初日だけで800~1000万円、二た月で2000万円以上稼ぐとニヤニヤする。 高校時代はバイクに夢中になって、退学になり、高校を出とらん分頑張ろうと思って、本腰を入れて漁師になったと話していた。

『暮しの思想』『食の社会学』から2023/11/14 06:55

加藤秀俊さんの『暮しの思想』(中央公論社)にある、ケンブリッジのT・ピーコックさんという週給十七ポンドの貧しい暖房工事人の趣味の話を思い出した。 ダリヤつくりが趣味の彼は、市の公園の一部を借りてダリヤを育てている。 丹精の結果、それがイギリス最高のダリヤ園になった。 8月下旬、満開のころを見計らって、彼はそれを一般に公開する。 イギリス各地からダリヤの愛好者が見学に来るのだそうだ。 1967年には、見学者は千人を超えた。 その日、ピーコックさんは、貧しい貯えをはたいて、奥さんとふたり、この千人のお客さんにお茶をもてなした、というのである。

「それはかれにとっての、もっとも誇り高い瞬間だったのである」と、加藤さんは書いている。 それをタイムズが、トップ記事で報道した。 ちょうど北京でイギリス代表部焼打ち事件があった当日のことなのに…。

胡椒(こしょう)は西洋で、ギリシャ、ローマの時代から、宝石のように珍重されてきた。 肉を主食にするヨーロッパの人々が、胡椒を代表とする強い香りのスパイスの味を知って、それを手放せなくなったのは、よくわかる。 胡椒は、肉のくさみを消し、風味や旨さを引き出すからだ。 でも胡椒を手に入れるのは大変だ。 胡椒の原産地は、インドのマラバル沿岸地方、現在のケララ州のあたりだそうだ。 はるばる東洋から胡椒が西欧まで達するのは、何人ものイスラム教徒の手をへて、何回も追いはぎ同然の通行税を払ったあげくのことであった。 値段は当然高くなった。 12世紀初めのヨーロッパでは銀の目方と胡椒の目方とが、まったく等価に扱われていたそうだ。

 胡椒を主とする東洋原産の香辛料は、アラブ商人の手によってエジプトまで運ばれ、そこからヴェネツィア船隊によってヨーロッパにもたらされていた。中世後期のヴェネツィア共和国の隆盛は、この西欧における香辛料取引の独占によるものであった。 ところが、そこに問題が起こった。 オスマン・トルコの興隆が、この西欧唯一の東洋との交易路を、断ち切ってしまったのだ。 香辛料の取引は、危機に陥った。

 「安い香辛料を大量に入手できれば大金持になれる」と考えたヨーロッパの人々は、巨大な投資を行ない、危険を冒して、船で直接インドを目指す、胡椒獲得の航海へ乗り出した。 こうして15世紀以降の「大航海時代」が、はなばなしく始まる。 イベリア半島の二大強国、スペインとポルトガルが、大接戦を展開する。 加藤秀俊さんは『食の社会学』(中央公論社・1978年)で「ぶちまけていうなら「大航海時代」というのは、胡椒欲しさの一心からはじまった冒険競争なのである。 だから歴史の展開というのは、ときとして滑稽でもありまた偉大でもあるのだ」と書いている。

コカ・コーラ、真っ白な紙とパン2023/09/10 07:07

 この「等々力短信」第944号の、昭和24(1949)年秋「オドール監督ひきいるサンフランシスコ・シールズが来日し、その試合も後楽園球場で観た。」というのを読んだ女性読者から反響のハガキが来た。 昭和24年のシールズ来日は、彼女にとっても印象深い“事件”だったというのだ。 大田区の小学校で、小学生招待の「くじ」に当り、野球の“ヤ”の字も知らないのに、あまりにも男子が「ゆずってくれ」というので、誰に渡すことも出来ずに出かけ、観戦バッジとコーラとライト・ブルーの表紙の真っ白な紙に印刷されたパンフレットを貰って帰ってきたのだそうだ。

 コカ・コーラについては、私もよく憶えている。 前に「槍の笹崎」(等々力短信752号)というボクシングの話の中で、昭和27(1952)年5月19日の後楽園スタヂアム、白井義男がダド・マリノを破って、世界フライ級チャンピオンになった試合を観て、「日本人には、日米野球など、そういう機会だけに限って販売されたコカ・コーラの味が、格別だった」と書いている。 「真っ白な紙」というのも、よくわかる。 当時の小学生の使っていたノートなどは、ザラ紙に近い黄色いような紙だったのだ。 メモリアル・ホールと呼ばれていた両国の国技館で、相撲見物の進駐軍の兵隊の食べていたパンの白さも、印象的だった。

 そういえば、日比谷の東京宝塚劇場は「アーニー・パイル劇場」だった。 アーニー・パイルは、「ワシントン・デイリー・ニュース」紙の記者から、第二次世界大戦の従軍記者となり、1944年にピューリッツァー賞も受賞したが、1945年4月に従軍先の沖縄伊江島で戦死した。 アメリカ軍統治時代の那覇に、琉球列島米軍政府と琉球政府の協力で「アーニー・パイル国際劇場」という映画館が建設されたことから、この劇場のある通りが「国際通り」と呼ばれるようになったのだそうだ。

(戦後のスポーツや大リーグ等について、小人閑居日記2006.3.20.~3.25.と、2008.2.5.~2.10.に関連の記述があります。)