『学問のすゝめ』のすゝめ・「人間交際」〔昔、書いた福沢129〕2019/10/16 07:17

       『学問のすゝめ』のすゝめ<小人閑居日記 2002.2.3.>

 2月3日は、福沢諭吉の命日。 「21世紀、あらためて福澤諭吉を読む」 をキャッチコピーに、『福澤諭吉著作集』(慶應義塾大学出版会)全12巻の刊 行が始まっている。 第1回配本は、1月15日発行の第3巻『学問のすゝめ』 (小室正紀、西川俊作編)。 福沢の著作で最も名高い『学問のすゝめ』だが、 いったいどれだけの人が、読んだことがあるだろうか。 この著作集、新時代 を生きる指針として、福沢の代表的著作を収録し、読みやすい表記、わかりや すい「語注」「解説」による新編集で、全巻予約の特典として特製CD-ROM 「福澤諭吉資料館」がつくという。

 西川俊作さんの解説によれば、『学問のすゝめ』全編をパソコンで検索したと ころ、「実学」は、わずかに3回しかヒットせず、「社会」は、十七編(明治9 年11月出版)に1回出て来るだけだという。 ちなみに、福沢は当初、 “society”の訳語に主に「人間交際」(じんかん、または、にんげんこうさい) を使っていた。(ほかに、「交際」「交(まじわり)」「国」「世人」などというの もある) 「社会」は、福地源一郎の初訳といわれる。

            「人間交際」<小人閑居日記 2002.2.6.>

“society”の訳語に、「社会」でなく、もし福沢諭吉の「人間交際」(じんか ん、または、にんげんこうさい)が定着していたら、どうなっていただろうか。  社会科、社会学は、人間交際科、人間交際学、何となく勉強してみたくなる科 目である。 社会党は、人間交際党だから、おそらく何度も政権を取っていた だろう。 社会主義は、人間交際主義で、やさしい感じになる。 人間交際保 障というのも、相互扶助の精神が出る。 グレース・ケリーは『上流人間交際』 だし、ラグビーは「人間交際人ラグビー」、学生でも軽く勝てそうではないか。  新聞の三面が、人間交際面というのもいい。

『ひゞのをしへ』桃太郎の話〔昔、書いた福沢128〕2019/10/15 07:06

    『ひゞのをしへ』桃太郎の話<小人閑居日記 2001.12.14.>

 ハラダさん、池澤夏樹の「静かな大地」に福沢諭吉の桃太郎の話が出てくる のを、教えていただいて、ありがとうございました。 私はこの連載小説を読 んでいないので、教えていただかなければ、気がつかないところでした。

 「もゝたろふが、おにがしまにゆきしは、たからをとりによくといへり。け しからぬことならずや。」 福沢のこの文章には、高校生の時に出合い、へぇー 福沢って面白いんだと、実感した、大好きな一節です。 書き出して、教室の 前に貼りだしておいたら、友達も先生方も読んでいましたが、みんなこれは福 沢ではなく、馬場が書いたのだろうというのです。 日頃のいたずらや新聞部 にいたことなどから、そういうことになったのですが、ちょっぴり光栄でもあ りました。 福沢としては、桃太郎を例にして、近代的な法とか、法治国家の 概念を、教える意図があったかと思います。

 『ひゞのをしへ』は、福沢諭吉が明治4年に、長男一太郎(満8歳)、次男捨 次郎(6歳)のために、加賀半紙を四つ折りにした帳面を一冊ずつ与え、毎朝、 食後に書斎に持ってくれば、何か書いてやると言い、実行して出来たものです。  最初の日は、「おさだめ」でした。 それを書いておきます。

一、うそをつくべからず。

一、ものをひらふべからず。

一、父母にきかずしてものをもらふべからず。

一、ごうじゃうをはるべからず。

一、兄弟けんくわかたくむよふ。

一、人のうはさかたく無用。

一、ひとのものをうらやむべからず。

やじ馬の観察記録〔昔、書いた福沢127〕2019/10/14 07:12

         やじ馬の観察記録<小人閑居日記 2001.12.13.>

 朝日新聞11日夕刊文化面「単眼複眼」に、ロベール・シャール著『東イン ド航海日誌』(岩波書店)の紹介がある。 1690年、東インド会社とフラン ス海軍合同のインド遠征艦隊に、庶務係で参加した後のフランス作家シャール の日誌で、裏方だった著者の日常観察には、やじ馬ならではの自由な本音の吐 露があって、面白いという。 情事あり、ゴシップあり、飲食に関する記述も 多く、人物評、遠征艦隊の実態、イエズス会による布教と東インド会社による 植民地開拓の癒着など、内部告発に近い面もあるという。

 「咸臨丸の秘密」に関して、士官階級に口裏合せがあったかのような沈黙が あったのに対して、裏方の記録に真実が書かれていたことは、興味深い。 木 村摂津守の従者として参加した斎藤留蔵(当時16歳)の日記、橋本進さんが 読み込んだという新史料の小杉雅之進日誌などである。 小杉雅之進は蒸気方 として航海に参加、身分は教授方手伝、後の少尉候補生、まだ20代前半だっ たのではないかと思う。 あれほど万事に自由なスタンスでいた福沢諭吉が、 なぜかこの問題では「サムライ」根性を抜けられなかったのは、まことに残念 であり、不思議でもある。

 やじ馬の自由な立場から、世の中のもろもろを観察し、書いておくことの大 切さを感じた。 <小人閑居日記>の、よって立つところだろう。

「始造」〔昔、書いた福沢125〕2019/10/13 08:17

         「始造」<小人閑居日記 2001.12.3.>

久米宏の「ニュース・ステーション」は、一千万人もの人が見ているそうだ から、ごらんになった方も多いと思うが、11月22日に大江健三郎さんが出 ていた。 各人が個を見つける(アイデンティティーを確立する、ということ か)ための三つとして、たしか、

1.さと(悟)る 2.始造する 3.capability を挙げていた。

このうち「始造」は福沢諭吉の作った言葉だという話だった。 しかし、こ の「始造」、『広辞苑』には出ていない。

 「始造」が、福沢の著作のどこに出てくるかと、調べてみると(積んどくの 参考書だけは沢山ある)、『文明論之概略』(明治8年)の緒言(しょげん)にあ った。  「今の我文明は所謂(いわゆる)火より水に変じ、無より有に移らんとする ものにて、卒突(そつとつ)の変化、啻(ただ)に之を改進と云ふ可らず、或 は始造と称するも亦不可なきが如し。」

 維新後の日本が、文明へと進もうとすることは、火から水に変り、無から有 に移ろうとするような急激な変化であり、これは「改進」というよりも、始め から造り出す「始造」と言うべきような大難題である、ということだろうか。  西欧列強による植民地化の危険もあった当時の日本が、独立を守るためには急 いで文明へと進まなければならないというのが、福沢諭吉の認識であった。

ブログ以前の「轟亭の小人閑居日記」<小人閑居日記 2019.10.12.>2019/10/12 07:02

 そんなことがあって、従来からの〔昔、書いた福沢〕シリーズの続きをASAHI ネットの電子フォーラム「等々力短信/サロン」と、ブログ「轟亭の小人閑居日 記」に発信するようにしたら、昨年5月末でASAHIネットが「電子フォーラ ム」のサービスを終了してしまった。 こういうことが起こるのだ。 ASAHI ネットがブログ「アサブロ」を引き続き長く運営してくれることを祈りつつ、 「轟亭の小人閑居日記」で〔昔、書いた福沢〕シリーズを「今、書く福沢」に つなげていきたいと毎日やっている。

 「轟亭の小人閑居日記」は、2001(平成13)年11月28日から書き始め、 ブログを始めた2005(平成17)年5月25日以前にも、電子フォーラム「等々 力短信/サロン」に出していたので、その3年半ほどの間の、ブログでは読めな い〔昔、書いた福沢〕をこれから拾ってみたい。 2001(平成13)年末とい うのは、前年暮に経営していたガラス工場の火を落とした後、残務整理と会社 清算の目途も立って、ようやく新たな生活を始めた頃であった。 福澤諭吉協 会の旅行にも参加できるようになったので、『福澤手帖』に書かせてもらったも のの、もとになった話も出てくる。  明日から、しばらく、その3年半のものを発信することにしたい。