藤原工業大学と高橋誠一郎文部大臣2017/08/15 06:56

 『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』、都倉准教授の解説の続き。

 (4)藤原工業大学と慶應義塾。 藤原銀次郎戦犯指定に関する藤原工業大 学生及び卒業生より連合国総司令官マッカーサー宛嘆願書(1946(昭和21) 年5月4日)。 「工業大学卒業生諸君に謝す」(村井宇之助宛藤原銀次郎書簡 (1946(昭和21)年6月21日)。) 藤原工業大学は、王子製紙の社長だった 塾員の藤原銀次郎が、昭和14(1939)年6月日吉に創設した大学。 藤原は 創設前から、理学・工学の新学部設立を検討していた小泉信三塾長と十数回会 談し、藤原工業大学の義塾への寄附を含めた合意を経て、設立認可に至った。  時局の変化による国の圧力があり、藤原工業大学はあと1か月で卒業生を出す ところで、1944(昭和19)年8月、慶應義塾大学工学部となった。 資料は、 米内光政内閣の商工大臣を務めた藤原銀次郎が戦後戦犯指定されたのに関し、 卒業生の出した嘆願書と、それに対する藤原の礼状だ。 嘆願書は、藤原が私 財を投じて大学を創めるについてスタンフォード大学とジヨルダンを学風の手 本とし、藤原工業大学で「ジヨルダンとフクザワ」を教科書として学生に読ま せたこと、英語を重要視して特別な英語教育をしたこと、先生から国際的な自 由な、明るい教育を受け、先生の何処にも超国家主義者らしい匂いを感ずるこ とはなかったという印象を述べている。

(藤原工業大学については、大学教育の役割、清家塾長の年頭挨拶<小人閑居日記 2013. 1. 23.>、防衛大学校と慶應義塾、初代槇智雄校長<小人閑居日記 2017.1.7.>参照)

 (5)教育基本法を成立させた高橋誠一郎文部大臣。 教育勅語と教育基本 法の関係に関する答弁草稿(昭和22年3月19日)。 我妻栄による民法改正 に関する文部大臣への質問概要(昭和22年3月29日)。 それに対する答弁 草稿(同日)。 草稿(教育基本法・学校教育法成立にあたって)(昭和22年4 月1日)。 議会の速記録と照合すると、官僚の用意した答弁草稿にはないこ とを、高橋誠一郎文部大臣が言っていることがわかる。

 (高橋誠一郎文部大臣については、高橋誠一郎文部大臣と『帝室論』<小人閑居日記 2007. 6.20.>、『手控□高橋誠一郎略年譜』<小人閑居日記 2007. 6.21.>、米山光儀さんの「「修身要領」再考」(1)<小人閑居日記 2012. 5. 23.>、米山光儀さんの「「修身要領」再考」(2)<小人閑居日記 2012. 5. 24.>、「修身要領」と教育基本法(1947年)<小人閑居日記 2012. 5. 25.>参照)

『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』2017/08/14 07:09

 4日、三田山上の図書館(新館)1階展示室で開かれている慶應義塾福澤研 究センター所蔵『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』へ行った。 福澤研究セ ンターの都倉武之准教授のギャラリートークがあると知ったからである。 都 倉准教授は、福沢諭吉、慶應義塾史、「慶應義塾と戦争」についての気鋭の研究 者で、今回も豊富な蓄積からの見事な解説に、すっかり感心してしまった。  都 倉さんについては、去年からでも次のようなことを書いていた。 (92歳、古 屋豊さんが小さな声で言った<小人閑居日記 2016.4.15.>、「慶應義塾と戦 争」アーカイブ・プロジェクト<小人閑居日記 2016.4.16.>、「戦争の時代と 大学」展の冊子から<小人閑居日記 2016.4.17.>、塾長小泉信三の評価をめ ぐって<小人閑居日記 2016.4.18.>、大学の独立と自由<等々力短信 第 1094号 2017.4.25.>)

 『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』、都倉准教授の解説はまず(1)長沼事 件の資料から始まった。 柴原和(県令)宛福沢諭吉書簡(明治7年12月25 日)。 小川武平宛福沢諭吉書簡(明治9年9月20日)。 「沼地拝借願」(福 沢諭吉筆)(明治9年3月25日)。 (長沼事件については、「長沼事件」と福 沢<小人閑居日記 2013. 5. 31.>、「長沼事件」所有権の問題<小人閑居日記  2013. 6.1.>、「三田」土地購入と福沢<小人閑居日記 2013. 6.2.>参照) 都 倉さんは、柴原和(県令)宛の手紙は、長沼村民に同情して牛場卓蔵に起草さ せた願書が県令に届いたかを確認するもの、福沢が関わっていることを伝える 福沢一流のテクニックで、けして村民蔑視ではない、と。 小川武平宛は、福 沢の名前を出した(安倍首相の名前を出すように)のは村民の心得違いだった と、県庁の役人には言葉温和に嘆願して立腹させないように、と諭している。

 (2)日露戦争で捕虜になった塾員―栗田宗次関係資料―。 メドヴェージ 収容所にいたが、第二次大戦の捕虜とは扱いがまったく違ういい生活だったよ うで、くわしい日記を残し、町にも出たり、押し花などもある。 栗田宗次の 慶應義塾在学中の作文帳、日露戦争捕虜日記などから、都倉さんは、物を書く、 作文をする慶應義塾の伝統、筆まめな福沢の達意平明の文章の伝統に触れた。  慶應志木高校新聞部出身で、毎日ブログを綴っている私は、思わずニヤリとし たのだった。

 (3)「慶應義塾と戦争」アーカイブ・プロジェクトの新収資料。 戦時下の 塾生の写真アルバム・昭和16-18年(阿加井延雄、昭和18年陸軍入隊・昭和 21年卒)。 昭和18年(だったと思う)に友達とスキーに行っている写真があ る。 学徒出陣壮行会の映像で見るような、一辺倒に暗い時代ではなかった。  軍隊入隊前の寄書帳・昭和19年(松澤喜三郎旧蔵、昭和19年陸軍入隊・昭和 23年卒)。 体育会系の学生、イラストなど交え、明るく軽い調子。 都倉さ んは、本人以外わからないからと、捨てられてしまう日記やアルバムなどに、 貴重な資料があるという。 慶應義塾福澤研究センターでは、こうした資料の 提供を呼びかけている。

大磯の「松本順の頌徳碑」と妙大寺のお墓2017/07/16 06:46

 大磯へは2005(平成17)年7月29日に行き、昨日の「大磯の恩人」松本順 に出てきた「松本順の頌徳碑」を見て、たまたま日蓮宗妙大寺で松本順のお墓 までお参りするということがあった。 その湘南への「小さな旅」は、第一の 目的地が平塚市美術館の三岸節子展だった。 日本橋三越の生誕100年記念展 が平塚へ巡回することを知り、以前に行って気に入っていた平塚市美術館まで 出かけたのだった。 三岸節子の、画業の全容を概観することができた。 63 歳で渡仏して、あちらに居を構えてからの、とくにヴェネツィアの小運河、赤 い屋根に石の壁の建物などの作品に素晴しいものがあった。 ただ、湘南の陽 光の中で見るせいなのか、三岸の絵には暗い面があるのも知ったのだった。

 平塚に行く前に大磯在住の同級生山崎君に、どこか昼飯によいところを教え て、と話をした。 いくつか候補を挙げてくれた中で、ちょうど土用の丑の日 の翌日でもあり、鰻の老舗として名前は聞いていた大磯の「国よし」に決め、 予約をしてもらって、ご一緒することにした。 さすが文政年間創業、十七代 目とかいう「国よし」、最近あまりお目にかからない、とろけるような蒲焼が出 た。

「松本順の頌徳碑」は、山崎君が「国よし」で訊いてくれ、旧東海道の国道 一号線に面した「国よし」から、さざれ石のバス停の信号を左折して海岸へ出 た所にあることがわかった。 歩道橋を渡ったプールの横に、大きなオベリス クの碑があった。 「松本先生 頌徳碑」犬養毅の書だった。 その後、松本順の墓のある日蓮宗妙大寺に行った。 まさか、お墓までお参 りするとは、思ってもいなかった。

 さらに島崎藤村が昭和16年に疎開して、2年後に亡くなった家「靜の草屋」 に行った。 ここにいた同年代のボランティアのおじさんがいい人で、当初大 磯の老舗菓子屋「新杵」の家作だったというこの建物の、茶室風の書斎その他 の造作や庭の木について、いろいろと説明してくれた。 藤村は白い花が好き で、名が春樹だから、春の木、椿がこの庭に多いとか。 その日、山崎君のおかげで、充実した大磯散歩が出来たのであった。

「大磯の恩人」松本順2017/07/15 07:13

 松本良順については、昔「等々力短信」(第715号1995(平成7)年8月15 日)に「大磯の恩人」という一文を書いていた。 以下に引く。

 『文藝春秋臨時増刊 短篇小説傑作選 戦後50年の作家たち』の冒頭は、 井上靖の「グウドル氏の手套(てぶくろ)」である。 ある秋、井上靖は初めて 長崎を訪れ、明治時代の二人の物故者の遺物(かたみ)を偶然目にする。 一 つは丸山の料亭Kにあった松本順の筆蹟になる横額で、もう一つは坂本町の外 人墓地のE・グウドル氏の墓だった。 二人は、井上靖の作品にしばしば登場 する曾祖父の妾、かの女(郷里の伊豆の家で井上少年を育てた人)の記憶の中 に美しく生きていた。 松本順は初代の軍医総監を務めた人物だが、井上の曾 祖父潔の先生だったから、おかの婆さんは、この世で最も尊敬すべき人物とし て、幼い井上の心に「松本順」の名を吹き込んでいたのであった。

 「松本順」どこかで聞いたことがあった。 幼名を松本良順、嘉永3年幕命 で長崎に留学、といえば、福沢諭吉との関係だろうか。 年齢は福沢より二つ 上だが、長崎留学は福沢より4年ほど早い。 福沢諭吉全集の索引から、荘田 平五郎宛書簡に松本の名前が一度出て来るのと、福沢の「大磯の恩人」(全集2 0巻383頁)という文章が見つかった。 福沢が箱根湯元の福住旅館にしば しば保養の小旅行をしていたことは知っていたが、大磯の松仙閣にも避寒に行 っていたようで、明治26年2月の滞在中に、思い付いたままを記して松仙閣 の主人に渡したのが、この「大磯の恩人」だという。

 大磯が夏は海水浴場、冬は気候が温暖なため避寒地として知られ、今日の繁 栄を享受できるようになったのは、大磯の海水空気が健康のために有益である と首唱した医学先生松本順翁のおかげである。 しかし大磯の人々が、大磯の 自然を利用することを思い付いた人のことを忘れているようなのは残念だ。  地元有志の人々が何とか一案を考え、今は引退した松本順翁の余生を安楽に 悠々自適に消光できるように工夫することが肝要ではないか。 翁と面識はあ るものの深い交際はないが、聞くところによると、磊落な性格で金銭のことに はおよそ淡泊だそうだから、有志の人が心配しても、面倒だと謝絶されるかも しれない。 だが「恩を忘れざるは人生徳義上の当然なり」「亦是大磯地方の栄 誉を全ふして世間の侮を防ぐの道なるべし」という、福沢らしい文章である。

昭和4年、松本順の頌徳碑が、大磯の海岸に町民の醵金で建てられた。 題 字は犬養毅、碑文は鈴木梅四郎、共に福沢門下生である、と福沢全集の註にあ る。

おかの婆さんの記憶の中に「美しい在り方」で生きていた人物の一つの傍証 である。(「等々力短信」第715号・終)

 福沢の提案が、大磯の人々に受け入れられたことが、安井弘さんの『早稲田 わが町』にあった。 松本順の晩年、大磯町の多数の有志から、土地と家屋が 贈られて、そこに住んだ。 だが、いつの間にか、その屋敷を手放して山の家 に引き込んでしまう。 そこで日蓮宗の経典に「楽痴」の文字を見つけ、号を 「蘭疇」から「楽痴」と改め、山の家を「楽痴庵」と名づけた。 心臓を病む 松本順を、軍医総監を辞して順天堂病院の医院長になっていた甥の佐藤進が、 しばしば東京から大磯まで診療に来ていた。 麻布我善坊に生まれ、江戸っ子 気質をつらぬき通した松本順は、甥の進に看取られて明治40(1907)年3月 12日、大磯の楽痴庵で起伏に富んだ75年の生涯を閉じた。

お倉、大隈重信と伊藤博文の関係を修復2017/07/13 07:28

 横浜「富貴楼」お倉について、私が興味を持ったのは、福沢にもかかわる明 治14年の政変に関する話だった。 「富貴楼」お倉も知らなければ、この話 も知らなかった。 鳥居民著『横浜富貴楼お倉―明治の政治を動かした女』(草 思社・1997年)に「大隈重信と伊藤博文の仲介役」という小見出しの部分があ るそうだ。 明治14(1881)年1月、伊藤博文、井上馨、大隈重信は熱海会 談で、国会、憲法、殖産興業政策まで、協力し合うことを約束する。 お倉は 女中の一隊を連れて熱海に行き、会議の裏方を務めた。 しかし、国会開設を 巡って、見解を異にし、北海道の官有物払下げ問題で、薩摩閥と大隈とのきし みが激しくなる。 ついに10月、大隈が明治天皇の東北巡幸に随行中、薩長 の大幹部からなる内閣閣員は、大隈の追放を決める。 それを恐らく伊藤博文 から聞いたお倉は、横浜正金銀行頭取の中村道太に知らせる。 中村は、これ を大隈に知らせようと、ただちに横浜を出発する。 お倉はまた、大隈を支援 する横浜第一の生糸商原善三郎にも知らせ、原も大隈のいた福島へ横浜を発つ。

 ちょうどその時福島には、福沢諭吉の書生で秘書だった伊東茂右衛門が、福 沢の手紙を大隈に届けに来ていた(明治14年10月1日付、大隈重信宛書簡番 号610『福澤諭吉書簡集』第3巻139頁にある。新著『時事小言』を届け、世 上の民権論、新聞紙発行問題などに触れている)。 深夜午前1時近く、中村 道太が大隈の部屋に入り、出て行った後、慌ただしく原善三郎が入って来る。  まだ事情を知らない伊東は、横浜でのドル高騰の話かと思っていたが、翌朝福 島を発ち福沢邸に戻って、初めて事態を知り、びっくりした。 福沢は一時「自 分も大隈も逮捕され、投獄される」と覚悟したようだが、お倉が大隈に伝えた のは、より正確な情報で、「辞職を強要され、免官になる」というものであった と、鳥居民は推測している。

 井筒月翁『維新侠艶録』(中公文庫・1988年、原著は萬里書房・1928(昭和 3)年)に、お倉が大隈重信と伊藤博文の関係修復のお膳立てをした話がある。  明治20(1887)年9月、井上馨が外務大臣をやめ、総理の伊藤博文が外相を 兼務したが、どうも評判がよくない。 国会開設も近づき、何とかして民心を 転換しなければならない。 そこで伊藤は民間の有力者を政府に入れようと考 えた。 当時の民間の有力者といえば、大隈重信を措いてほかにない。 しか し、明治14年の政変以来、二人は感情の衝突をしており、会見するのも困難 だった。 ある日、伊藤は箱根の福住で遊び、お倉も芸者を伴って座にあった。  お倉が伊藤に囁いた、「大隈さんとお会いになりませんか」「お前の力で会える か」。 お倉の奔走で、翌明治21(1888)年正月10日の夜、富貴楼で伊藤と 大隈は会見、両者の話し合いによって、2月1日大隈は外務大臣となった。