なぜ小さなラトガースが留学の中枢となったか?2017/10/24 06:35

 そこで、ラトガース大学のファーナンダ・ペローン准教授(図書館長)の基 調講演「目に見えないネットワーク : 明治初年ラトガースにおける日本人留学 生」である。 高木不二さんの抄訳と、コメンテーター立教大学の阿部珠理教 授のコメントを参考にして、書いてみたい。 明治初年多くの日本人留学生が アメリカ、ニュージャージー州ニューブランズウイックにあるラトガース・カ レッジや、その準備校であるラトガース・グラマースクールで学んだ。 この ラトガースがハブ(hub)となって、当時のニューヨークやフィラデルフィア、 ボストン、ニューイングランドなどにみられる日本人留学生のネットワークを つないでいた。 なぜ、名門(アイビー・リーグ)でも大きくもない、この小 さな大学がハブとなったか。 そこには「目に見えないネットワーク」があっ たからだ。 それはラトガースやニューブランズウイック神学校をとりまくプ ロテスタントの教会ネットワークの一部であり、さらにはオランダ改革派教会 の日本を含む東洋における活動とつながっていた。

 ラトガース・カレッジは1771年に、クイーンズ・カレッジ(英国王ジョー ジ3世の妃シャルロッテにちなむ)として開学、当初はオランダ改革派教会の 聖職者養成が目的だった。 学生が集まらず、何度か閉鎖された後、1825年篤 志家ヘンリー・ラトガースの援助を得て、ラトガース・カレッジとして再出発 した。 南北戦争後(阿部珠理教授によるとモリル法で実学の大学に補助金が 出た)、ウイリアム・キャンベル学長のもとで、科学部門を併設、1860年代に 総合大学として発展した。 学生たちの活動も文化・スポーツなど多方面で活 発になった。 日本人留学生は、そのラトガースの隆盛期に居合わせた。

 幕末、多くの留学生がイギリスなど欧州へ渡ったが、アメリカへは南北戦争 (1861-65)の影響で、10人前後しか留学していない。 森有礼と新島襄を除 く学生達がラトガースに来たのは、オランダ改革派教会がラトガースと強い結 びつきを持っており、その教会が日本に派遣した宣教師がフルベッキだったか らである。 長崎でフルベッキに学んだ学生が留学を希望すると、ニューヨー クの改革派教会伝道局の責任者フェリスを紹介され、そのフェリスは彼らにラ トガースを勧めた。 フェリスはニューブランズウイック神学校の卒業生だっ た。 最初に来たのは横井小楠の甥の横井佐平太・大平兄弟、翌年には日下部 太郎(越前藩)、畠山義成、松村淳蔵、吉田清成(三人は薩摩藩)がやって来た。

 日本人留学生は、侍階級の出身で容儀が正しく、克己の精神を持ち、日本の 国家に貢献しようとする意欲に燃えて、熱心に勉強したから、アメリカの同級 生にも好印象を与え、成績もよかった。 江藤淳が初期留学生は「勉強死にし た」ほど猛烈に勉強したと書いている。 日下部太郎は、日本人で初めてファ イ・ベータ・カッパ・クラブ(全米優等学生友愛会)のメンバーとなったが、 1870(明治3)年、不幸にも卒業式の数週間前に結核で亡くなり、学位は死後 に与えられ、アマースト大学の新島襄とともに、アメリカの大学を卒業した最 初の日本人となった。 彼の英語とラテン語の家庭教師だったウイリアム・エ リオット・グリフィスは、彼の死を深く悼み、同年越前藩のお雇いとして来日、 一年後開成学校(東京大学)の教授となった。

 明治初年のラリタン河畔の小さなカレッジ(ラトガース)における宣教師・ 教育者・留学生の間のネットワークが、その後の日本の教育・政治・経済界の リーダーを生み出す基礎を形作ったと、ファーナンダ・ペローン准教授は指摘 した。

三田キャンパス東館のラテン語二つ2017/10/23 07:06

 20日は福澤研究センターの昨年からのテーマによるシンポジウム『東アジア の近代化とアメリカ留学』へ出かけた。 三田通りの東門の上の8階にある東 館ホールであった。 エレベーターを降りたところで、正面のラテン語は何て 書いてあるのか、質問している人がいた。 即答はなかったが、「HOMO」が あるから「ペンは剣よりも強し」ではなく、「人」だろうということだった。 「人」 なら、あれだろうか。 私もすぐ正解は思い出さなかったが、聞いたことはあ った。 「HOMO NEC VILVS CVIQVAM PRAEPOSITVS NEC SVBDITVS CREATVR」。 NECが二回出て来てもご近所の日本電気とは関係ない、「天は 人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」の意だそうだ。

 基調講演はラトガース大学のファーナンダ・ペローン准教授で、私はうっか りしていたのだが、英語の講演だった。 チンプンカンプンだったけれど、映 し出される写真だけは、一生懸命に見てよくわかった。 暇だから東館ホール を見回していると、両サイドのステンドグラスに「Festina lente」という文字 が隠れている。 帰ってから調べると、やはりラテン語でフェスティーナ・レ ンテ、「ゆっくり急げ」という意味だとわかった。

 なお、昨年のワークショップ「東アジアの近代とアメリカ留学」については、下記を書いていた。

「東アジアの近代とアメリカ留学」<小人閑居日記 2016.3.17.>

横井左平太の米国留学・海軍修学<小人閑居日記 2016.3.18.>

平山洋さんの『福澤諭吉』、軍事専門家・福沢<小人閑居日記 2016.3.19.>

フルベッキ…長崎から東京、日本近代化への貢献<小人閑居日記 2016.3.20.>

「熊本バンド」と「横井時雄」<小人閑居日記 2016.3.21.>

崔徳壽教授の「近代朝鮮人の海外留学と慶應義塾」<小人閑居日記 2016.6.30.>

「19世紀後半のイェール大学における中国人と日本人留学生」<小人閑居日記 2016.7.1.>

ニューイングランドの「知東洋派」<小人閑居日記 2016.7.2.>

イェール大学における日中留学生<小人閑居日記 2016.7.3.>

福沢の墓・ヘボン・荻生徂徠・歩こう会2017/10/14 07:06

慶應志木会・歩こう会、「目黒から三田へ 歴史と自然に触れる」に関連して、
ご参考までに、今まで「福沢諭吉の墓」「ヘボン」「落語・井戸の茶碗」「荻生徂
徠」「慶應志木会・歩こう会」について、このブログ<小人閑居日記>に書いた
リストをあげておきたい。 「慶應志木会・歩こう会」には、2006(平成18)
年9月30日の「市川、矢切周辺遺跡巡り」以外は全部参加しているようだ。

   「福沢諭吉の墓」
善福寺・福沢諭吉墓所<小人閑居日記 2010. 10.12.>
宿題の小さな墓石を見に行く<小人閑居日記 2010. 10.13.>
高仲熊蔵・はな夫妻の墓<小人閑居日記 2010. 10.14.>
麻布山善福寺…空海の杖、親鸞の杖<小人閑居日記 2010. 10.15.>
福沢諭吉の、墓についての考え<小人閑居日記 2011. 8. 23.>

   「ヘボン」
「新・横濱歴史散歩」の聴講<小人閑居日記 2003.4.13.>
ヘボン、明治学院、横浜海岸教会<小人閑居日記 2003.4.14.>
「ワイコフ、マコーレー賞」のこと<小人閑居日記 2003.4.15.>
初期「明治学院」の略史<小人閑居日記 2003.4.16.>
ヘボンの四大事業<小人閑居日記 2003.6.10.>
ヘボンの『和英語林集成』<小人閑居日記 2003.6.11.>
岸田吟香のこと<小人閑居日記 2003.6.12.>
ヘボンさん<等々力短信 第928号 2003.6.25.>
横浜関内散歩3 山下公園、ヘボン邸、中華街<小人閑居日記 2003.7.25.>
雨中の横浜にヘボン博士の足跡を尋ねる<小人閑居日記 2009. 4.30.>
ヘボン来日150周年記念講演会<小人閑居日記 2009. 9.19.>
ヘボンの『和英語林集成』<小人閑居日記 2009. 9.20.>
幕末明治初期の日本語を知るために<小人閑居日記 2009. 9.21.>
医療宣教師・ヘボン博士<小人閑居日記 2009. 9.22.>
ヘボン博士、大童信太夫の痔を手術<小人閑居日記 2013. 6.29.>

   「落語・井戸の茶碗」
扇遊の「井戸の茶碗」<小人閑居日記 2006.7.24.>
志の輔「井戸の茶碗」前半<小人閑居日記 2012. 5. 4.>
志の輔「井戸の茶碗」後半<小人閑居日記 2012. 5. 5.>
白酒の「井戸の茶碗」<小人閑居日記 2014.1.28.>

   「荻生徂徠」
扇辰の「徂徠豆腐」前半<小人閑居日記 2015.3.16.>
扇辰の「徂徠豆腐」後半<小人閑居日記 2015.3.17.>
天才儒者・中根東里、知られざる大詩人<小人閑居日記 2015.7.2.>
磯田道史さんの荻生徂徠像<小人閑居日記 2015.7.3.>

   「慶應志木会・歩こう会」
秋の小江戸・川越散歩<小人閑居日記 2004.9.25.>
「江戸の母」川越<小人閑居日記 2004.9.26.>
懐かしの昭和「谷根千ウォーク」<小人閑居日記 2005.9.9.>
根津「はん亭」の話<小人閑居日記 2005.9.10.>
青梅の吉野梅郷を「歩こう会」<小人閑居日記 2007. 3.19.>
甘党の青梅散策、その前奏曲<小人閑居日記 2007. 3.20.>
泉岳寺と川上音二郎と福沢<小人閑居日記 2010. 10.8.>
港区東部の「井戸」を歩く<小人閑居日記 2010. 10.9.>
三田旧図書館横「文学の丘」<小人閑居日記 2010. 10.10.>
焼き茄子から思い出した事<小人閑居日記 2010. 10.11.>
善福寺・福沢諭吉墓所<小人閑居日記 2010. 10.12.>
東京駅、丸の内界隈「歩こう会」<小人閑居日記 2013.10.17.>
松平郷松平家ご当主と太田道灌研究家<小人閑居日記 2013.10.18.>
大嘗祭の行われた本丸大芝生<小人閑居日記 2013.10.19.>
皇居周辺トイレの方角・銅像の視線<小人閑居日記 2013.10.20.>
「志木歩こう会」で早稲田へ<小人閑居日記 2014.10.27.>
漱石のゆかりの町から神楽坂へ<小人閑居日記 2014.10.28.>
「志木歩こう会」俳句「早稲田から神楽坂へ」<小人閑居日記 2015.1.1.>
慶應志木会・歩こう会<等々力短信 第1076号 2015.10.25.>
伝馬町牢屋敷のこと<小人閑居日記 2015.10.27.>
「時の鐘」と於竹大日如来井戸跡<小人閑居日記 2015.10.28.>
芥川龍之介と田端文士村記念館<小人閑居日記 2016.10.11.>
田端から上野・本郷両台地の谷間を歩く<小人閑居日記 2016.10.12.>
昼食でホッと、湯島から駿河台へ<小人閑居日記 2016.10.13.>

明治学院・大石内蔵助と福沢諭吉の終焉の地2017/10/13 07:26

 畠山記念館から、佛所護念会の前を通って、明治学院へ行った。 岡田幸次 郎さんが、私が明治学院の中学を出たのを知っていて、コースに入れてくれた のだ。 当時は、池上線の荏原中延から五反田に出て、都電の4番で白金猿町 の次の二本榎の明治学院まで通っていた、その先が清正公前だった。 歩こう 会一行で明治学院に入ると、たまたま礼拝堂(チャペル)で高校のPTAが音楽 会か何かを始める前だったので、頼んで礼拝堂の内部を覗かせてもらった。 大 正5(1916)年の建設で、ウィリアム・ヴォーリズの設計、朴訥な木の椅子が 並んだチャペルの雰囲気を味わってもらう。 中学時代は、毎朝ここで礼拝を し、聖書の朗読を聴き、祈り、讃美歌を歌った。 入学式、学期末の式、卒業 式などもここで行った。 キャンパスを奥に進むと、創設者ヘボンの胸像があ った。 横浜開港と同時に来日したアメリカ人宣教師ヘボン(James Curtis Hepburn,1915-1911)は、人々に医療を施し、“ヘボン式ローマ字”を考案、 本格的な和英・英和辞書『和英語林集成』を編纂して、聖書の日本語訳を完成 させた。 文久3(1863)年に、妻クララと共に横浜に開設した《ヘボン塾》 は、その後、移転して築地のミッションスクールとなり、ここ白金の明治学院 へと発展した。 胸像の銘板にあったHepburnを示して、ヘボンは映画『ロ ーマの休日』のオードリー・ヘップバーンと同じで、幕末の発音だと話した。  東門から桜田通りに出て、清正公覚林寺の前を横断、まっすぐ三田へ向かうの かと思ったら、芝白金三光町育ちの岡田さんが、一味違うコースを用意してい た。

 落語「井戸の茶碗」は、気持のよい噺だ。 舞台は清正公界隈で、細川家の 屋敷に住む若侍が登場する。 芝志田町で育った父は、晩年まで五月五日には 清正公(せいしょこ)様のお参りを欠かさなかった。 父の話では大正時代、 昭和天皇が幼少の頃に住んでいた東宮御所があり、私が知っている光輪閣、高 松宮邸のある一帯が、肥後熊本五十四万石細川越中守家の下屋敷だった。 幼 少の昭和天皇が自転車で坂を下りて、町に飛び出してしまい、大騒ぎになった ことがあったそうだ。

 桜田通りを渡った下の道から、急な細道を上がると都営高輪アパートがあり、 その片隅の崖上に「大石良雄外十六人忠烈の跡」があった。 赤穂浪士の大石 内蔵助良雄ほか16人は、元禄16年2月4日(1703年3月20日)、熊本藩細 川家の下屋敷で切腹した。 ちなみに、息子の大石主税良金ら10人は、三田 の慶應義塾の隣、今はイタリア大使館のある、伊予松山藩の屋敷で切腹した。  旧細川邸のスダジイ(東京都指定天然記念物)の横を通って、ここでも「裏ワ ザ」、高輪区民センターのエレベーターで桜田通りへ降りた。

 魚籃坂下の交差点を渡り、長松寺で荻生徂徠(1666-1728)の墓を見た。 荻 生徂徠(1666-1728)は江戸中期の儒学者・思想家・文献学者で、柳沢吉保に 出仕、徳川吉宗に重用された。 初め朱子学を学び、のち古文辞学を唱道した。  長松寺の先の、幽霊坂で右折、実はこの坂の途中を右に入った御田(みた)小 学校の手前の南台寺にわが家の墓地がある。 父は御田小学校を卒業したから、 百年近い後輩の子供たちの声を聞きながら眠っているのだ。 その道を曲がら ないで、すぐの右にある玉鳳寺に寄ったら、御化粧延命地蔵尊があった。 「お しろい地蔵」と呼ばれる白い地蔵様で、美白を願う人がお参りするそうだ。 顔 の回りを撫でるのだろう、少し黒くなっている。 「御化粧」で「延命」だそ うですよと、竹内富美子さんに声をかける。 撫でると、手に白いものがつく ようだった。 南台寺へは、いつも魚籃坂から入るので、灯台下暗し、こんな 地蔵尊があるのを全く知らなかった。

 玉鳳寺門前の坂を下り、桜田通りへ出、演説館の崖下に最近出来た慶應義塾 グッズや本などを売る三田インフォメーションプラザの前を通って、正門から 三田キャンパスに入った。 右手の坂を上ったところに、福沢邸跡がある。 明 治34(1901)年2月3日、福沢諭吉はこの自宅で亡くなった。 昭和46(1971) 年に大正10年三田会が三田移転百年を記念して建てた「福沢諭吉終焉之地」 の記念碑、その隣の福沢先生の字で(私が「我々のことを言った」と形容した) 「気品の泉源、智徳の模範」の碑を見た。 ここで幹事の行き届いたお世話で、 楽しい一日を過ごすことのできた志木会・歩こう会は解散となった。 4時少 し過ぎ、私の歩数計は24,776歩になっていた。 最年長でヨタヨタながら、 何とか元気で毎年付いて歩けるのが有難い。

雅叙園から白金台、常光寺と畠山記念館2017/10/12 07:23

 大鳥神社の横を通って、目黒川の手前を右折、太鼓橋を渡って、目黒雅叙園 へ。 雅叙園前に「お七の井戸」がある。 本郷追分の八百屋お七は、天和2 (1682)年12月の大火で焼け出され、駒込の寺に避難して知り合った寺小姓 吉三に恋こがれ、吉三逢いたさに自宅に放火して、鈴ヶ森で火刑に処せられた。  吉三は、お七の火刑後、僧侶になり、名を西運と改め、明治13年頃までこの 場所にあった明王院に入り、境内のこの井戸で水垢離を取り、目黒不動と浅草 観音の間、往復十里の道を念仏を唱えつつ隔夜一万日の行を成し遂げたといわ れる。 なお、雅叙園から目黒駅方面へ登る、行人坂の大円寺から出火して、 江戸中を焼いた「目黒行人坂の大火」は、明和9(1772)年2月29日に起っ たから、場所はすぐ上だが、お七物語の大火とは別物である。

 その雅叙園から目黒駅方面へ登る行人坂は、急坂である。 途中の大円寺の 住職は、家内の中学の同級生だ。 中学の修学旅行の折、お父上の先代住職の 縁で、比叡山延暦寺の見学に厚遇を受けたそうだ。 今回、行人坂の急坂を回 避する「裏ワザ」を教わった。 雅叙園の滝裏からの景色を眺めたあと、雅叙 園アルコタワーアネックスのエスカレーターで、杉野服飾大学の道へ出られる のだ。 この道沿いに、兄が亡くなるまで住んでいたので、会社の清算事務を するのに通っていた。 歩こう会に「裏ワザ」ではと、幹事の越知さんは躊躇 していたが、すでに11,000歩を超え、へらへらになっていた私などは、大い に助かった。 昼食は? と訊けば、白金だという。 まだ、少し歩かなけれ ばならない。

 待望の昼食は、プラチナ通り(外苑西通り)の「白金台 すし兆」、先付け三 品に、「おまぜ」と称するばらちらし、赤だしと白味噌の椀。 どら焼きまでも らって、おなかはいっぱい、元気を回復した。 プラチナ通りの先で、芝白金 三光町育ちの岡田幸次郎さん推薦のChocolatier Ericaに寄ったら、皆さん奥 さんにお土産を買ったのだった。

 上大崎常光寺の「福沢諭吉先生永眠之地」の碑へ行く。 「永眠之地」に違 和感があるが、それはあとで書く。 私などは、昭和52(1977)年に麻布善 福寺に移された福沢先生の墓より、高校時代、命日の2月3日に落第しないよ うにとお参りした、常光寺のほうが懐かしい。 福沢先生は例の朝の散歩で、 三田からこの近辺まで来ていて、閑静で眺めがよいと気に入り、あらかじめみ ずからの埋葬地と定めたのだそうだ。 慶應志木会・歩こう会が、ここから三 田まで歩こうというのは、まことにふさわしいといわねばならない。

 幹事が発見してあった坂を昇って、白金台の畠山記念館へ行く。 私は初め てだったが、鬱蒼とした大樹と庭園が素晴らしい。 秋季展、新収蔵記念「近 代数寄者の交遊録 益田鈍翁・横井夜雨・畠山即翁」展を開催中だった。 即 翁・畠山一清(1881-1971)は荏原製作所の創始者。 80年忌という鈍翁・益 田孝(1848-1938)は松永安左エ門との関係で知っていたが、夜雨・横井半三 郎(1883-1945)は知らなかった。 実業家で茶人、美術コレクターたちの交 遊と、小田原の地は関係が深かったようだ。 展示されていた、朝鮮時代(16 世紀)の柿の蔕(へた)茶碗、銘「毘沙門堂」(重要文化財)で、即翁が晩年の 鈍翁をもてなした「沙那庵」という茶室が畠山記念館にはあるそうだ。