「国のかたち」の大変化と憲法制定・改正2017/05/23 07:04

 福沢が訪れたアメリカは、南北戦争の直前と直後で、南北戦争をはさむ大き な変革期のアメリカだった。 最初の訪米は1860年で、南北戦争の一年前、 南北の対立激化と内戦の迫り来る時期だったが、サンフランシスコにしか行っ ていない。 2度目の訪米は1867年で、南北戦争終了から2年後、戦後の政 治対立、南部再建、憲法改正の時期で、ニューヨーク、ワシントンに行き、リ ンカーン暗殺で大統領になったアンドリュー・ジョンソンにも面会している。

 南北戦争(1861-1865)は、アメリカ史上最大の戦争で、奴隷、領土、産業 政策など「国のかたち」をめぐって、建国以来の南北の対立が爆発した。 独 立と建国の理念、合衆国と憲法存続の危機であった。 新しい領土にも奴隷を 認めるのか、お互いに干渉しないという契約の州権主義と、国民との約束、信 託の合衆国という考え方の対立があった。 南部諸州の連邦脱退による分裂と、 北部諸州勝利による統一の維持という結果になった。 新しい「国のかたち」 と三つの憲法修正条項制定(これを福沢が書いていたら、面白かったと、阿川 さん)。 修正第13条(1865年)奴隷制の禁止。 修正第14条(1868年)市民権、法の適正手続、法の平等保護。(州に直接適用され、アメリカは独立国 家になった。) 修正第15条(1870年)投票権の平等。

 一方、日本では、南北戦争とパラレルで、幕末維新の動乱、戊辰戦争があっ た。 ペリーの黒船来航という安全保障の危機、存立危機事態に、日本という 「国のかたち」の論争となった。 日米両国はそれぞれ、「国のかたち」の大き な変化に直面したのだ。 19世紀後半には、各国で内戦と国家統一があった。  アメリカ、日本のほか、ドイツとイタリアでも統一戦争があった。 「国のか たち」の変化にともなう痛みがあり、日本では、戊辰戦争、士族叛乱の弾圧な しに、明治国家は実現せず、アメリカでは、奴隷制廃止なしに、今日のアメリ カ合衆国はなかった。 佐幕と南部は似ている。

 新しい「国のかたち」を表現するのが、憲法典の制定・改正である。 国家 統一の実現、政治と社会の安定、近代化・産業化の進展。 明治日本はドイツ 色の強い大日本帝国憲法を制定し、アメリカ流の憲法は維新から80年後の日 本国憲法を待たねばならなかった。

 憲法典と「国のかたち」の関係には、狭義の憲法と広義の憲法(実質的憲法、 慣習法)がある。 「国のかたち」の変化が憲法制定・改正をもたらすのか?  憲法制定・改正が「国のかたち」の変化をもたらすのか? 憲法改正に関する 現在の議論と、日本という「国のかたち」の変化について、阿川尚之さんは次 のように話したと、私は聴いた。 文字の上でいじるのは、大事だけれど、本 質ではない。 約70年間、機能してきた憲法は国民の生活と慣習の中で、「国 のかたち」となっている。 変化が起こっているのか、「国のかたち」を変えた いのか、変えるべきなのか。 真っ当な議論をして、真っ当な結論を出す必要 があるだろう。

 そして、阿川尚之さんは19日に書いた結論、「国のかたち」を示した福沢諭 吉とエイブラハム・リンカーンに話を進めたのである。 

 阿川尚之さんの憲法改正に関する考えは、下記に書いていた。

アメリカ憲法史から日本の改憲を考える<小人閑居日記 2017.3.29.>

トクヴィルと福沢の見たアメリカ<小人閑居日記 2017.3.30.>

自治のアメリカ、群れるアメリカ<小人閑居日記 2017.3.31.>

福沢諭吉訳のアメリカ合衆国憲法2017/05/22 07:01

 19日に結論部分だけを先に出した福澤先生ウェーランド経済書講述記念講 演会、阿川尚之慶應義塾大学名誉教授の「福澤先生の訳した憲法 : 合衆国とい う国のかたち」に戻りたい。 阿川尚之さんは、福沢先生とブラウン大学第4 代学長だったフランシス・ウェーランドの肖像を背に壇上に立って、声が震え たり、気絶したりするかもしれない、と始めた。 ブラウン大学のネクタイを 締めてきていたのは、さすがである。

 福沢は『西洋事情』(初編)巻之二で、「千七百八十七年議定せる合衆国の律 例」として、アメリカ合衆国憲法を訳した。 独立宣言(「千七百七十六年第七 月四日、亜米利加十三州独立の檄文」)とペアだった。 巻之二の最初になぜア メリカ合衆国を取り上げ(オランダ、イギリス、ロシア、フランスより先に)、 憲法を訳したのかは、(1)黒船で新しい国がやって来たことで、幕末から明治 にかけて、アメリカへの関心が高かった(佐久間象山、陸奥宗光も)。 (2) アメリカは福沢が最初に行った外国、新鮮な目で見た。中津への不平・不満と、 対照的な国。福沢は、フランスにおけるトクヴィルのような人。 (3)わか りやすかったからかもしれない。

 最初の翻訳か? 違うらしい、渡辺崋山の『外国事情書』(1839年)や魏源 『海国図志』(1842年)などがあるそうだ。 翻訳は正確か? 画期的、広範 囲で、だいたい正しい。 成績を付ければAマイナス(B+だと、追放される (笑) あとで、間違っている所は言うのが慶應らしいと、細かい点を指摘し た)。 原典入手の時と場所? おそらく蕃書調所だろう。 修正第12条まで で終わっている。 合衆国の政体と憲法への評価? 直接の言葉はない。  アメリカ憲法紹介の影響? 悪い影響ではない。 福沢は後にトクヴィルの『ア メリカのデモクラシー』を参照して、『分権論』を書き、国権を政権と治権とに 分け、中央の政府が政権を、地方の人民(旧士族など)が治権をとり、相互に 助け合ってこそ、国家の安定が維持できると説いた。  福沢はアメリカが好 きだったのだろう。 自由で、才能を伸ばす文明国として…。 大学部設立の 時、教授をケンブリッジでなく、ハーバードから招いた。 4人の息子の内、3 人をアメリカに留学させた。

 福澤諭吉訳アメリカ合衆国憲法と原文の比較。

第1条第1類(1節)

国政を議定する権は合衆国の議事院に在り、議事院は上下二区に分つ。

All legislative Powers herein granted shall be vested in a Congress of the United States, which shall consist of a Senate and a House of Representatives.

第2条第1類(1節1項)

定法を施行するの権は、亜米利加合衆国大統領の手に在り。

The Executive Power shall be vested in a President of the United States of America.

修正第1条

宗旨を開くことに付き、議事院より其法則を立つることなく自由に之を許すべ し。又、事を議論し或は書を著すことを禁ずべからず。又、人民平穏に集会し て政府に愁訴すること勝手たるべし。

Congress shall make no law respecting an establishment of religion, or prohibiting the free exercise thereof ; or abridging the freedom of speech, or of the press ; or the right of the people, peaceably to assemble, and to petition the Government for a redress of grievances.

阿川尚之さんが「これ以上の訳は、日本にはない」と言った「独立宣言」の訳。

「天の人を生ずるは億兆同一轍(てつ)にて、之に付与するに動かすべからざ るの通義を以てす。即ち其共通義とは、人の自から生命を保し自由を求め幸福 を祈るの類にて、他より之を如何ともす可らざるものなり。」

“We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain unalienable Rights, that among these are Life, Liberty and pursuit of Happiness.”

無言館とゲティスバーグ演説2017/05/19 07:09

 本井英先生は「枇杷の会」深川吟行後の小酌で、はっきりしたものをつかん だ、それを書いて死にたい、というようなことのほかに、先の戦争で死んだ人々 に申し訳ないという気持が強いとも、おっしゃった。 先生は昭和20年終戦 の年のお生れだ。 私は昭和16年に生れ、品川中延で空襲に遭い、父に負ぶ われて逃げ、立会川に下りて一夜を過ごした経験があるのだけれど、まったく そういう気持がない、と申し上げた。 能天気なのだろう。

自註『本井 英集』に、こんな句がある。 <炎天のかむさるばかり無言館> 平成16年作 「信州上田。塩田平の一 角に「無言館」はある。あの戦争に出陣した画学生達の作品や遺品が展示して ある。空は彼の日々と同じ「炎天」。」

 5月15日は福澤先生ウェーランド経済書講述記念日の講演会、旧図書館の改 修工事で福沢先生の胸像がその前に移設された三田演説館で、阿川尚之慶應義 塾大学名誉教授の「福澤先生の訳した憲法 : 合衆国という国のかたち」を聴い てきた。 素晴らしい講演だった。 阿川尚之さんはまず、福沢が『西洋事情』 (初編)巻之二で訳したアメリカ合衆国憲法を通して、その思想と仕組みを考 える。 福沢が訪れたアメリカは、南北戦争の直前と直後だった。 帰国後は 幕末維新の動乱だ。 日米両国はそれぞれ、「国のかたち」の大きな変化に直面 していた。 その大きな変化と憲法制定・改正の関係に議論を進めた。

 阿川さんは結論の部分で、「国のかたち」の変化における学者、思想家の役割 に触れ、「国のかたち」を示した人として、福沢諭吉とエイブラハム・リンカー ンを挙げた。 福沢は欧米の立憲君主制、共和制を紹介し、独立する個人から なる、将来あるべき日本の「国のかたち」を構想した。 『瘠我慢の説』「立国 は私なり、公に非(あら)ざるなり」。 それはリンカーン大統領の「国のかた ち」に関する思想と対比することができ、共通性を持っている。 阿川尚之さ んは、まさに演説館にふさわしいからと、リンカーンの「ゲティスバーグ演説」 “a new birth of freedom”の訳文と原文の朗読で、講演を締めくくった。 

 帰宅後、アメリカンセンターJAPANのウェブサイトで「ゲティスバーグ演 説(1863年)」を読む。 南北戦争でのゲティスバーグの戦いは1863年7月1 日から3日まで、南部連合軍はリー将軍の北バージニア軍を先頭に合衆国の領 土を侵略し、ミード将軍率いる合衆国ポトマック軍と戦った。 双方で4万5 千人以上の死傷者を出した悲惨な戦闘の結果、4日南部連合軍はバージニアに 撤退、これが南北戦争の転換点になったといわれる。 リンカーンの演説は、 1863年11月19日、ゲティスバーグ国立戦没者墓地の開所式で行われた。

 全体でわずか2分ほどの演説だが、米国史上最も重要な演説の一つとみなさ れている。 「アメリカ合衆国が拠って立つ自由と平等の原則を表現すること に成功している。そして米国の生存のために戦い、命を落とした人々の栄誉を 誇らかに称えている。リンカーンは演説の中で、米国のための「自由の新たな 誕生」に言及した。」

 ゲティスバーグ演説 「87年前、われわれの父祖たちは、自由の精神にはぐ くまれ、人はみな平等に創られているという信条にささげられた新しい国家を、 この大陸に誕生させた。今われわれは、一大内戦のさなかにあり、戦うことに より、自由の精神をはぐくみ、平等の信条にささげられた、このような国家が、 長く存続することは可能なのかどうかを試しているわけである。われわれはそ のような戦争の一大激戦の地で、相会している。われわれはこの国家が生き永 らえるようにと、ここで生命を捧げた人々の最後の安息の場所として、この戦 場の一部をささげるためにやって来た。」(中略)

「彼らがここで成した事を決して忘れ去ることはできない。ここで戦った 人々が気高くもここまで勇敢に推し進めてきた未完の事業にここでささげるべ きは、むしろ生きているわれわれなのである。われわれの目の前に残された偉 大な事業にここで身をささげるべきは、むしろわれわれ自身なのである。それ は、名誉ある戦死者たちが、最後の全力を尽くして身命をささげた偉大な大義 に対して、彼らの後を受け継いで、われわれが一層の献身を決意することであ り、これらの戦死者の死を決して無駄にしないために、この国に、神の下で、 自由の新しい誕生を迎えさせるために、そして、人民の人民による人民のため の政治を地上から決して絶滅させないために、われわれがここで固く決意する ことである。」

It is for us the living, rather, to be dedicated here to the unfinished work which they who fought here have thus far so nobly advanced. It is rather for us to be here dedicated to the great task remaining before us – that from these honored dead we take increased devotion to that cause for which they gave the last full measure of devotion – that we here highly resolve that these dead shall not have died in vain – that this nation, under God, shall have a new birth of freedom – and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth.

映画『福沢諭吉』〔昔、書いた福沢24〕2017/05/13 07:13

 「映画『福沢諭吉』にあわせて、福沢ブームの観がある。」という「等々力短 信」第580号を出したので、第578号に書いた「映画『福沢諭吉』」も再録す る。 映画『福沢諭吉』は、1991 (平成3)年の東映、澤井信一郎監督作品。  福沢諭吉は、『あぶない刑事(デカ)』の柴田恭兵、他の配役は奥平外記(壱岐)・ 榎木孝明、岡本周吉・勝野洋、土岐太郎八・鈴木瑞穂、お錦・若村麻由美、塾 生に仲村トオル(その恋人に南野陽子)、野村宏伸、火野正平、哀川翔などだっ たようだ。 これをパソコン通信のフォーラムに出した時、南野陽子ファンに 叱られたことを思い出した。

 なお、明後日5月15日(月)の福澤先生ウェーランド経済書講述記念日の 講演会は、阿川尚之慶應義塾大学名誉教授の「福澤先生の訳した憲法 : 合衆国 という国のかたち」、三田演説館で開催される。

    映画『福沢諭吉』<等々力短信 第578号 1991(平成3).9.15.>

映画『福沢諭吉』を観た。 一口にいって、あまり感心しなかった。 終幕 近く上野で彰義隊の戦争(慶応4・1868年5月/改元はこの年9月)が始 まる。 その騒ぎの最中に、慶応義塾は芝新銭座の新校舎で開塾する。 「ペ ンは剣よりも強し」と、柴田恭兵の福沢諭吉はいうのだけれど、戦闘シーンと 講義の場面をカットバックで見せられると、戦っている方が勇敢で男らしく、 そんな時に経済学のイロハなんかを英語で読んでいる方は、優柔不断な卑怯者 みたいに見えてしまう。映画というもの、動の方が面白く、静には不向きだ。 映画に限れば「剣はペンよりも強し」なのである。

この5月15日は、ウェーランド経済書講述記念日といって、慶応義塾の泣 かせ所なのだ。(新銭座開塾はその一月ほど前で、映画のように同じ日ではな い) その時、福沢は、「慶応義塾は世の中にいかなる騒動があっても変乱が あっても、いまだかつて洋学の命脈を絶やしたことはないぞよ」「この塾のあ らんかぎり大日本は世界の文明国である」と、塾生たちを励ました(『福翁自 伝』)。 映画に、このセリフがなかったのは、残念だった。 そのために、 インパクトが弱く、この時の福沢の行動が、いまひとつ説得力に欠けるものに なってしまった。 福沢諭吉はペンによって時代を動かした人である。 そ れは本質的に映画にしにくいものかもしれない。 だが、それを映像でどう表 現するか、そこに、もう一工夫、必要だったのではないだろうか。

もう一つの失敗は、家老の子奥平壱岐を、福沢諭吉と並立するキャラクター にして、両者の関係と葛藤を軸に、物語を展開したことである。 奥平壱岐は もともと計略を使って福沢を追い払うような、小人物であって、それを大きく 扱ったところに、無理があったというべきだろう。 物語として、そういう人 物が必要なら、まず思い浮かぶのは勝海舟だ。 福沢と勝にしぼれば、スケー ルの大きな映画が出来るに違いない。

史実との違いで(奥平壱岐は自殺していない、夫人が自害した等)いくつか 気付くところはあるが、それが映画というものなのだろう。 でも、映画だか らと譲ると、今度はカメラが、もの足りない。 たとえば、南野陽子という女 優が少しも美しくない。 女優はうまく撮ると、ハッとするほど美しいものな のに…。 情景にしても、宮川一夫さんあたりのカメラのような、印象に残る カットがなかったのは、最近の撮影現場に手抜きが目立つということなのだろ うか。

横松宗著『福沢諭吉 中津からの出発』〔昔、書いた福沢23〕2017/05/12 07:10

 ついでだから、月に5日15日25日の三度書いていた「等々力短信」の次の 号も再録する。

  福沢と郷里中津<等々力短信 第580号 1991. (平成3)10.5.>

 映画『福沢諭吉』にあわせて、福沢ブームの観がある。 本も何点か出版さ れたが、前回ご紹介した中島岑夫さんの『幕臣 福沢諭吉』とともに、横松宗 (たかし)さんの『福沢諭吉 中津からの出発』(朝日新聞社)が、おすすめ だ。 横松さんは、福沢と同じ大分県中津に、1913年に生まれた。 教育 史、中国思想史がご専門、八幡大学教授、学長を務められた。 福沢諭吉協会 のセミナーで、お見かけしたことがある。

 あの時代に、あれだけの斬新な考え方をする人物が、なぜ九州の一小藩から ポッと現われ出たのか。 その不思議に、横松さんは、いくつかの要因を挙げ て明快な答を示してくれた。 同郷という縁で、福沢の「中津からの出発」に 長年にわたって関心を持ち続けてこられた成果だろう。 福沢は、突然変異の 人ではなかった。

 第一章「郷里中津とその学統」では、父母の影響、中津藩のきびしい身分制 とそれへの抵抗、中津の儒学、中津の蘭学、民話と中津、といった要因が説明 される。

 面白いのは、後年あれほど儒学を排斥した福沢が、中津の儒学の学風に影響 を受けていたという指摘である。 福沢が師事した白石照山は、幕府御用学の 朱子学にたいして異端の亀井派に傾倒していた。 照山は、福沢の父百助も学 んだ帆足万里(三浦梅園の学統をひく)の弟子、野本真城に学んだ。 福沢の 実学尊重、蘭学への転回や対外政略観の形成に、これら中津儒教の学問と人の 影響が色濃いという。 具体的には、野本の門人たちが、福沢の長崎遊学を支 持したと考えられるのだそうだ。

 もう一つ、興味のあるのは、民話である。 横松さんは、「福沢の合理的精 神、時には毒舌やギャグを交えた批判的精神を育てたものに、この地方に江戸 時代の後期から流布していた吉吾(きちご)の民話があったと推定される」と いう。 落語好きの、福沢いかれ派にとって、見逃せない指摘である。

没後90年、福沢悲願の欧米キャッチアップに、有形では成功したかに見え る日本。 冷戦終結にともなう激動の世界で、日本の果たすべき役割、「国民 みずからの自発的内発的革命」(横松さん)といった無形のほうの充実など、 まだ福沢に相談しなければならないことが、山積している。 序章の一部しか 紹介できなかったが、横松さんの本は、福沢の生涯と思想の全体像を、福沢研 究の最近の成果もふまえて、わかりやすく、コンパクトにまとめてくれていて まことに有難い。