J.S.ミルが福沢の著作や思想にどう影響したか2018/03/31 07:20

 安西敏三甲南大学名誉教授は、20代から福澤諭吉協会の会員で、古い建物の 交詢社の土曜セミナーで、伊藤正雄さん、富田正文さん、土橋俊一さんにお会 いしたという話をした。 私も初めからの会員で30代前半、一番若い方だっ た記憶があるから調べると、安西敏三さんは1948年のお生まれだった。 専 門の研究者と、ただの趣味の「聞きかじり」とでは、これほどの差が出来るの かと、痛感させられる講演となった。

 安西敏三さんは「福沢におけるJ.S.ミル問題―実学・功利・自由―」の初め に、丸山眞男の「福澤の徒はトクヴィルとミルを研究することが不可欠である」 と、福澤三八(福沢の三男、グラスゴー大学に留学し物理と化学を学び、慶應 義塾で数学を教えた)の「理論はミルに任せる」(福沢がその理論を自らJ.S. ミルに任せたということのようだが、私は知らなかった)を引用した。 安西 さんは、福沢の著作と西欧思想家との関連を実証的に研究してきた。 J.S.ミ ルの著作の、福沢の手沢本をリストアップし、書き込みや付箋紙貼付と、福沢 の文章との関係を綿密に照合する。 Utilitarianism(『功利主義』)Fifth Edition(1874)を、福沢は明治9(1876)年4月4日~14日、20日で読了、 再読、書き込みをしている。 The Subjection of women(1870)(『女性の隷 従』)を付箋紙貼付して読み、『学問のすゝめ』15編(明治9(1876)年)に書 いている。 リストには、他に手沢本4冊、手沢本以外4冊。

 安西敏三さんは、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程の1978年『福澤 諭吉年鑑5』(福澤諭吉協会)に、「福沢諭吉とJ.S.ミル『女性の隷従』」を書い ている。 どのように考証が行われるのか、その一部を紹介する。 福沢の署 名、赤の付箋紙貼付のあるThe Subjection of womenは、1870年にニューヨ ークにあるDAPPLETON AND COMPANYから刊行されたもので、それを岩 波文庫の大内兵衛・大内節子訳『女性の隷従』(1957年)、Oxford University Press 刊 The World Classics 170. と比較対照し、23カ所について、頁数を 一覧表にして示している。

 それは福沢の著作と思想に、どのような影響を及ぼしているか。 その例を 見てみる。 23カ所の内の(一)。 ミルの「弱い性が強い性に従属する、と いうことは一つの理屈であって経験に基づいていない。……男女間の権利の不 平等な関係は、ほかならぬ強者の法則に由来するものである。」 福沢は『学問 のすゝめ』8編で、「畢竟男子は強く婦人は弱しと云ふ所より、腕の力を本にし て男女上下の名分を立たる教なる可し」と、男女の不平等を『女大学』を引き 合いに出して批判している。 (二)ミル「男に生まれないで女として生まれ たからといって、その人の一生の地位を定めるべきではない。女性も高い社会 的地位についたり、少数の例外的職業を除いて高度の能力を要する職業に従事 してよい。」 福沢『学問のすゝめ』15編、「今の人事に於て男子は外を務め婦 人は内を治ると其関係殆ど天然なるが如くなれども『スチュアート・ミル』は 婦人論を著して、万古一定動かす可らざるの此習慣を破らんことを試みたり」。  むろんこれは福沢の『女性の隷従』全体に対する感想でもある。

その斬新さに驚いた福沢女性論・入門2018/03/30 07:14

 22日の当日記にも、NHK・Eテレ『先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)』 から、小室正紀慶應義塾大学名誉教授の「福沢はけして諦めず、フェミニズム の本を何度も出した。 女性の自立、男尊女卑の否定は、彼の生涯の目標だっ た。」という言葉を引いた。 私は、福沢諭吉の女性論があの時代に、なぜあれ ほど斬新だったのかと、ずっと不思議に思って来た。 そのヒントになる講演 を、24日に福澤諭吉協会の土曜セミナーで聴いた。 安西敏三甲南大学名誉教 授の「福沢におけるJ.S.ミル問題―実学・功利・自由―」である。

 甲南大学といえば、講演でもお話の出た伊藤正雄甲南大学教授の著書、高校 生の私をいっぺんに福沢好きにした『福沢諭吉入門 その言葉と解説』(毎日新 聞社・昭和33(1958)年)から話を始めなければならない。 私はその本の、 第十六章 「女性の解放―男女平等論と一夫一婦論―」で見出し語になっている、 福沢の言葉の数々にびっくり仰天したのだった。

 「たれか孟子の妄言を信ぜん」、「男ひとりに妾八人もまた不都合ならん」、「日 本の婦人は責任なくして、苦楽もまた小なり」、「新婚の新家族は、新苗字を創 造すべし」、「妻に対して敬意なかるべからず」、「大礼服を脱して、裸体の醜を あらはすに等し」、「離婚の頻繁なる原因は、男女交際の道なきにあり」、「婦人 愛情の機を圧迫して恬然(てんぜん)たるは、学者の罪なり」、「家内の交はり は、天然の真に従はんことを欲す」、「結婚の後両親と別居するは、これに離れ ざるの法なり」、「夫の不品行を責むるは、嫉妬にあらず」、「父も小児の養育に 助力すべし」、「法律経済の知識は、文明女子の懐剣なり」、「古文古歌の風流は、 台所の実際に利用すべからず」、「婦人も戸外の経営に注意するを要す」。

 一例を挙げれば、「たれか孟子の妄言を信ぜん」。 明治7年『学問のすゝめ』 8編にある。 「世に生まるる男女の数は同様なる理あり。………一夫にて二 三の婦人をめとるは、もとより天理にそむくこと明白なり。これを禽獣といふ も妨げなし。………ある人またいはく、「妾を養ふは、後(のち=あとつぎ)あ らしめんためなり。孟子の教へに、不孝に三あり。後なきを大なりとす」(孟子、 離婁上編)と。余答へていはく、天理にもとる(さからう)ことを唱ふる者は、 孟子にても孔子にても遠慮に及ばず、これを罪人といふて可なり。妻をめとり 子を生まざればとて、これを大不孝とは何事ぞ。遁辞(言いのがれ)といふも あまりはなはだしからずや。いやしくも人心をそなへたる者なれば、たれか孟 子の妄言(でたらめ)を信ぜん。」とある。

世間に受け入れられなくても、突破口はサービス精神2018/03/22 07:18

 (3)世間が受け入れてくれなかった時の知恵、突破口はサービス精神。 福 沢は明治15年3月『時事新報』を創刊したが、この新聞、なかなか受け入れ てもらえなかった。 あらゆるしがらみにとらわれず、自分の考えのままを主 張する「独立不羈」を掲げ、政府寄りと反政府寄りの間、中立の立場を取った。  インタビューで、これもおなじみ都倉武之慶應義塾福澤研究センター准教授登 場。 『時事新報』は独自のスタンスを打ち出す、政府が薩長出身者ばかりな のはどういうことか、自由民権運動家は個人の不平を言うために権利を振りか ざすな、と主張。 両方から批判された、「ほらを福沢、うそを諭ゥ吉、一向に 信用できぬ」と。 売薬の広告は大口スポンサーだったが、社説で売薬の効用 がないと書いて、広告撤退の大打撃を受ける。

 その突破口は、サービス精神だった。 明治21年から初の天気予報を掲載、 料理コーナー、歌舞伎役者の人気投票、スカイダイビングに『時事新報』の宣 伝ビラをまかせる、など。 当初の1500部が1万部、東京最大の新聞になっ た。 都倉さんは、政治の問題だけでなく、社会の問題、歌舞伎、相撲も論じ た、福沢は気軽に政治を扱えるのが、よりよく世の中を変えて行けると考えた、 と。 明治20年代、福沢は国民への啓蒙活動がうまくいっていないと、苛立 ちを募らせていた。 明治27年、日清戦争勃発、国家主義、社会主義が現れ る。 福沢の考え方は、置き去りになっていく。 著作を、できるだけ多くの 人に手を取ってもらいたい。 尾崎行雄に「猿にもわかるように書け」と言っ た。 『福翁自伝』の最後に「人は老しても無病なる限りはただ安閑としては 居られず、私も今の通りに健全なる間は身にかなうだけの力を尽くす積りです」 と書いて、明治34(1901)年67歳(満66歳)で亡くなった。

 小室さんは、「一定の政党とか、派閥とかに縛られない、中立で客観的にもの を見る新聞。 個人としての中立で客観的。 当時は二つの全体主義が盛んに なって来ていた、「国家主義」と「社会主義」。 どっちも、国家や社会がまず あってという考え方。 福沢がずっと唱えてきたのは、一人一人、まず「個人」 がある。 当時若い評論家は、福沢たちを「天保の老人」と呼んだが…。 福 沢はけして諦めず、フェミニズムの本を何度も出した。 女性の自立、男尊女 卑の否定は、彼の生涯の目標だった。 マイナス思考をしながらも、「最後の決 戦」をしている。」と語った。

福沢諭吉の「新しい世界の切り開き方」2018/03/21 06:36

 NHKのEテレに『先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)』という番組があり、 2月13日は「しがらみから独立しよう~福沢諭吉 新しい世界の切り開き方 ~」だった。 「ちえいず」といえば、知恵伊豆と称された松平伊豆守信綱(の ぶつな)、江戸前期の幕府老中、川越藩主、将軍家光・家綱に仕え、島原の乱・ 慶安事件・明暦の大火などに善処した人物だ。 こちら「知恵泉」は居酒屋の 設定、この回から店主は三代目の二宮直輝アナになった。 客は、パトリック・ ハーラン(お笑い芸人)、豆腐会社の鳥越淳司社長、おなじみ小室正紀(まさみ ち)慶應義塾大学名誉教授。 まったく知らなかった鳥越さんは前橋市の相模 屋食料(株)社長で、「誰もやっていないことをやれば成功できる、目の前にブ ルー・オーシャン、大海原が広がっている、豆腐を世界に広める」と全工程機 械化、チョコ味、抹茶味、モッツァレラ味などの豆腐も作り、ガンダムの「ザ ク豆腐」(枝豆味)は初日に14万丁売れたという。

 そこで福沢諭吉の「新しい世界の切り開き方」、(1)しがらみに困った時、(2) 自分でムチャだとわかった時、(3)世間が受け入れてくれなかった時、どうす るか?

 (1)しがらみに困った時の知恵、しがらみを抜けるついでに、もっ と先まで行く。 中津の下級武士に生まれた福沢、土蔵の二階で勉強していた が、万事に門閥制度がついてまわる。 中津を出るよりしようがないと、嘉永 7(1854)年長崎に留学するが、家老の息子の奥平壱岐のやっかみで、中津に 呼び戻されそうになると、同行の商人をうまく利用して、さらに先の大坂へ行 き緒方洪庵の適塾に入門、二年で塾長になる。 小室さんは、「目的は勉強する ことなので、Aが駄目ならBで行こうと、パッと切り替えられる」、と指摘。  大坂での勉強が認められ、安政5(1858)年江戸に呼ばれて中津藩中屋敷で蘭 学塾を開くが、開港された横浜へ行くとオランダ語が通じず、英語が飛び交う、 落胆したけれど、翌日から英語を猛勉強、それで幕府の使節団の通訳としてア メリカ、ヨーロッパに渡るチャンスを得る。 アメリカで70年前の大統領ワ シントンの子孫のことを聞いてもわからない、門閥制度でなく個人の能力が評 価される、進んだ社会を築いている、日本はどうすれば、この差を埋められる か。 富国強兵のためには、人材の育成が急務であると、西洋の教育制度に目 をつける。

 (2)自分でムチャだとわかった時の知恵、自分一人で進め。 慶應3(1867) 年12月、浜松町(芝新銭座)に1300平米の土地を購入、校舎をつくる。 慶 應義塾、論理的に自分の頭で考えられる人材を育成し、日本を新たな文明国へ 導こうとする。 彰義隊の戦争の日も、平然と講義を続けた。 世間にとんじ ゃく(頓着)するな。 小室さんは、「スピード感が違う、1.大胆な賭けをする チャレンジ精神、2.冷静な判断力。戦争は半日で終わると判断」と。 福沢は よく「ママヨ浮世は三分五厘」と言う。 社会を変えるのに、人を変える。 普 通の人をつくりたい。 会社や社会の流れに対して、たった一人でも「ノー」 と言える、それが健全な国民、それを育てたい。

 (3)世間が受け入れてくれなかった時の知恵は、また明日。

『交詢社の百二十五年』2018/03/20 06:53

     等々力短信 第974号 2007(平成19)年4月25日

               『交詢社の百二十五年』

 執筆者の竹田行之さんから『交詢社の百二十五年―知識交換世務諮詢の系譜』 (交詢社刊・非売品)をいただいた。 交詢社には700頁を超す大冊『交詢社 百年史』があり、平成17(2005)年に創立125年を迎えた最近25年の『交詢 社現代史』もある。 今回のご本は、125年の歴史を通読できるように紙幅を 限りながら、最近の福沢研究の成果を取り入れ、交詢社の歴史像の再構築をめ ざしたものだという。 すこぶる面白く拝読したから、作者の意図は十二分に 達成されたと言えるだろう。

 第一に名文である。 「始造」「惑溺」といった福沢の用語がさりげなく使わ れている。 「始造」は創立準備の章の名に、「惑溺」は101頁の2行目に。  いろいろな時間に、銀座の裏通りのあちこちから、新交詢社ビルを見上げるこ とを、すすめている。 壁面ガラスの色は、設計チームによって穏かさの中に 強靭な意思を持つ「ジェントル・ウォームグレー」と名づけられたという。 福 沢諭吉が「西航手帳」に“Gentleman”の一語を書き込み、保守党と自由党の 議員が院外のクラブで歓談しているのを「サア分らない」と考えこんでから数 えて、ビル竣工の平成16年が141年、芝青松寺での発会式から124年、「思想 の核心が現代のかたちとして表現されたのだ」と、竹田さんは書く。

 第二に、歴史物語である。 とりわけ明治13年の発会から、北海道開拓使 官有物払下げ事件をへて、明治14年の政変にいたる、政府と交詢社の関係が まことに興味深い。 福沢が企図した知識交換世務諮詢(世の中の諸事を相談 する)「人知交通の一大機関」「知識集散の一中心」の交詢社は本来、伊藤博文 と井上毅(こわし)が恐怖するようなものではなかったのに、福沢諭吉という ひとりの人物がもつ思想の磁力と、そこに引き寄せられる人々への恐怖は肥大 化して、クーデターは断行される。 伊藤博文と大隈重信、井上毅と福沢諭吉、 欽定憲法路線と民約憲法路線、プロイセン型立憲体制とイギリス流立憲君主議 院内閣制の対立とその結末は、その後のこの国のかたちと歴史に大きな影響を 及ぼし、今日にいたっているのだ。 交詢社の存在は、大きかったのである。

 当初、地方にあっても有力なオピニオンと情報獲得の手段であった『交詢雑 誌』は、次第に、政変の結果福沢のもう一つの事業となった新聞『時事新報』 に取って代られるようになった。 福沢の歿後、交詢社は社交倶楽部として再 発足する。 福沢が「倶楽部」という語彙を使っていなかったという記述(49 頁)は新知識だった。