「マージナルな人間としての福澤諭吉」2019/01/17 07:04

 第184回福澤先生誕生記念会の記念講演は、慶應義塾大学文学部教授で、福 澤研究センター所長の井奥成彦さんの「マージナルな人間としての福澤諭吉」 だった。 井奥成彦さんは1980(昭和55)年の文学部史学科卒業、流通経済 大学や京都産業大学で教授を務めた後、2006年から文学部教授。 昨年9月 15日に、福澤諭吉協会の土曜セミナーで「福澤諭吉と在来産業」という話を聴 いていた。

 井奥成彦さんは、「マージナル」の意味から始めた。 「周辺の」「境界の」 という意味、福沢諭吉は「境界上の人間」「境界線を跨いだ人間」だというのだ。  近世と近代、「士」(下級武士)と「庶(民)」、漢学と洋学、文系と理系(緒方 洪庵の適塾)、東洋と西洋。 そこから福沢の多様な価値観、ものの考え方、視 野の広さ、といった創造的思考が生まれ、「多事争論」の重要性を唱えることに なった。

 「マージナル」という考え方は、井奥さんが大学に入学した年に出た本、丸 山眞男門下の石田雄(たけし)『日本近代思想史における法と政治』(岩波書店・ 1976年)第1章「文化接触と創造的思考の展開―福澤諭吉の場合」に出てくる。  当時、1970年代後半~1980年代前半は、マルクス史学に飽き足らず、新しい 史学の理論が求められつつあった時代だった。 マックス・ウェーバーの『古 代ユダヤ教』(内田芳明訳、みすず書房・1962年)に「合理的予言やもろもろ の宗教革新的新形成がまず最初にはらまれたのは…文化地帯の周辺地域におい てである。」とある。

 ★「革新」は(中心からではなく)「周辺」から生まれる。 福沢諭吉は、武 士身分の周辺に位置し、東洋文化の周辺に位置して西洋文化との接触を果たし、 「創造的思考」を起こした、日本の思想史において「革新」を起こした人物で ある。

 経済史・経営史・商業史の分野に「マージナルマン仮説」がある。 作道洋 太郎らの『江戸期商人の革新的行動』(有斐閣・1978年)、商業やその経営にお いて革新を起こしたのは、三井高利や住友政友のような武士身分と商人身分の 境界にあって両方の世界を知り、視野の広い人物。

長谷山彰塾長二度目の年頭挨拶2019/01/16 07:07

 10日の第184回福澤先生誕生記念会、長谷山彰塾長二度目の年頭挨拶は、事 務的な報告が多いように思った。 福沢先生の三大事業といわれる慶應義塾、 時事新報、交詢社の次として、先生の医学部、病院開設の意欲にふれ、昨年は 医学部開設100年を記念した信濃町の新病院棟が開院、北里柴三郎が開設した 看護婦養成所に始まる慶應看護が100年、薬学部が共立薬科大学との合併によ る学部開設10年を祝った。 緒方洪庵の適塾で学んだ福沢先生が開設した慶 應義塾医学所は短期で終わったものの、その遺志を継いだ北里柴三郎が大正6 (1917)年に医学科と、薬学科をめざす化学科を設立した。 医学部、看護医 療学部、薬学部の三学部が揃って、合同のライフサイエンス分野の研究の発展 は、福沢、北里の夢の実現である。

 リンダ・グラットン、アンドリュー・スコットの『LIFE SHIFT―100年時 代の人生戦略』がベストセラーになり、2007年に日本で生まれた子供は107 歳まで生きる確率が50%あると書かれている。 一昨年、政府も「人生100 年構想会議」を始めた。 社会保障費の伸びを抑えることの検討、その大学補 助金への影響、大学改革の動向などを注視しなければならない。

 AIやIoT、遺伝子研究などの進歩に、人類は脅かされることはないのか。 病 因分析などは、個人の人権を侵害し兼ねない。 そうした面での、法律や倫理 等の検討は、大学の使命である。 ダボスで開かれる大学学長会議でも、その 問題が討議される。

変化の激しい時代に、人間とテクノロジーの調和を図り、人類の幸福を実現 するために、人文社会科学から自然科学まで幅広い学問領域の研究者を擁して、 その対話が可能な総合大学の役割は重要だ。 教育面では国の内外から多様な 人材が集まり、義塾の自由な気風の中で学び、また社会のあらゆる分野に多様 な人材が輩出されることで、世界から高く評価される大学の個性が生まれる。

 慶應義塾大学では新しい学問分野である、複雑化する社会システムを研究す るSDM(システムデザイン・マネジメント研究科)、未来をデザインするKMD (メディアデザイン研究科)も昨年、開設10年を祝ったことは意義深い。   KGRI(グローバル・リサーチ・インスティテュート)は、2014年に慶應義塾 大学が文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択されたのを 受けて、大学のグローバル化をより一層推進し、世界に貢献する国際研究大学 となるための基盤として、既存のグローバル・セキュリティ研究所を発展的に 改組し、2016年11月に設置された。 KGRIは、学内の関連する教育研究分 野と密接に連携しながら「長寿(Longevity)」「安全(Security)」「創造 (Creativity)」の三つのクラスターを設けて、文理融合研究推進を打ち出した。  「安全」分野のサイバー文明研究センターの共同所長としてお迎えしたディビ ッド・ファーバー博士が11月、AAAS(アメリカ科学振興会)のフェローに選 出されたという喜ばしいニュースがあった。 ファーバーKGRI教授の例は、 海外の優れた研究者を招聘するモデルケースだろう。  日本が提唱する未来社会のコンセプトとして「ソサエティー5.0」ということ がいわれる。 サイバー空間と現実空間の融合、「情報時代」のつぎの時代を模 索しなければならない。

 リカレント教育、社会人が必要に応じて学校へ戻って再教育を受ける生涯教 育の構想がある。 時代に添う新しい技術を学び直すということもある。 世 界には3千から5千の言語があり、英語の通じない地域もある。 経験を応用 して、新しい世界に対応する力が必要だ。 人間を自由にする学問、リベラル アーツ、教養教育の力だろう。 2019年度から三田オープンカレッジが開講す る。 レクチャー形式とセミナー形式で、真の教養につながるものを追及する。

「神政府」批判の背景は政府の民衆教化政策2018/12/18 07:23

 小川原正道さんは続いて、福沢の「神政府」批判の背景を考察する。 「教 部省・大教院体制 : 全国各地で教導職による民衆教化政策」からだが、それに 触れる前に、私がこの日記に書いた関係のものを掲げておく。 

「廃仏毀釈」と、神祇官という役所<小人閑居日記 2012. 3. 19.>

東京遷都と皇大神宮遥拝殿<小人閑居日記 2014.6.24.>

「王政復古」と明治の国家神道<小人閑居日記 2018.2.9.>

「国家神道とは何か」神社無宗教論<小人閑居日記 2018.2.10.>

2月10日には「維新のスローガンは「神武創業の頃に戻る」、復古的な施策 の一つとして慶應4年に神祇官が設置され、明治2年には太政官の外に特立す る。 二官八省、まさに律令時代の復活だ。 明治元年の神仏分離によって、 神社と寺院が完全に分けられる。 明治2年宣教使を設置、大教宣布の詔を発 して、国民教化運動が始まる。 キリスト教対策と大衆をいかに国民としてま とめていくかが、目的だった。」と書いていた。

 そこで小川原正道さんの話に戻ると、興味深かったのは、王政復古・祭政一 致・宣教使のところで、「皇学者流」=「平田派国学」で、平田派国学を信奉し た薩摩系官僚が千の寺院を廃止した。 それがやがて長州閥の宗教官僚が次第 に力を得たという指摘だった。

 明治5(1872)年3月神祇官を廃止して、教部省に再編される。 祭政一致 から神道重視への衣替え。 大教院は、翌明治6(1873)年6月「天照大御神 ノ御厨ノ地」芝・増上寺に移転した開設式で西川須賀雄が三条教則を講じ、記 紀神話、天皇皇室に関連づけた道徳や法の遵守を説いた(神道式説教)。 「神 主仏従」へ、「皇学者流」の台頭と影響力拡大。 福沢は、王政復古で「神政府」 の時代に復帰するとして、「皇学者流」を批判したが、政策の主体は批判しなか った、平石直昭氏のいわゆる「処方箋を提示するスタイル」。

 明治8(1875)年5月大教院解体(『文明論之概略』出版の1か月後)。 島 地黙雷(長州、岩倉使節団で渡欧)は政教分離、信教の自由を主張して、神道 の下にあった仏教の再生と大教院からの分離を説く。 明治10(1877)年教 部省廃止、明治15(1882)年神官教導職分離。 福沢は「皇学者流」批判を 停止する、明治17(1884)年8月12日(?)の時事新報社説は宗教行政の変 化について、制度的説明をしただけ。

 小川原正道さんは、「むすびに代えて」として、福沢の『帝室論』(明治15 (1882)年)との関連を述べた。 『帝室論』は、帝室の独立を主張し、政治 の実務機能を求めない。 「帝室は万機を統るものなり、万機に当るものに非 ず。統ると当るとは大に区別あり。」 政治の権威と権力を合一化すると、そこ に現れるのは「神政府」。 帝室の文化的側面を強調、一国の緩和力としての帝 室を説いた。

小川原正道さんの「福沢諭吉の『神政府』批判」2018/12/17 07:09

 12月1日は福澤諭吉協会の第134回土曜セミナーで、小川原正道慶應義塾 大学法学部教授の「福沢諭吉の『神政府』批判」を聴いてきた。 小川原正道 さんは日本政治史・日本政治思想史専攻、主な著作に、『大教院の研究―明治初 期宗教行政の展開と挫折』(慶應義塾大学出版会・2004年)、『西南戦争―西郷 隆盛と日本最後の内戦』(中公新書・2007年)、『福沢諭吉―「官」との闘い』 (文藝春秋・2011年)、『福沢諭吉の政治思想』(慶應義塾大学出版会・2012年)、 『日本の戦争と宗教―1899-1945』(講談社・2014年)などがあり、11月に 『小泉信三―天皇の師として、自由主義者として』(中公新書)を出版された。 

11月25日の「等々力短信」第1113号「福沢諭吉と西郷隆盛」に始まり、 27日からの当日記で福沢諭吉と大久保利通、岩倉具視、木戸孝允、後藤象二郎 の関係を書くのに、『福澤諭吉事典』の解説を引用させて頂いたばかりだった。  お話を聴くのは初めて、講演の後ご挨拶したら、即座に「ブログを拝見してい ます」と言われて、驚くとともに大変嬉しかった。

 ご講演は、私にはちょっと手強い部類のものだった。 事前の概要には、「福 沢諭吉は『文明論之概略』のなかで、「神政府」や「皇学者流」を厳しく批判し た。本講演では、この「神政府」や「皇学者流」に対する批判は、当時明治政 府が展開していた民衆教化政策を念頭に置いて展開されていたのではないか、 という観点から、福沢の批判の考察を試みるものである。」とある。

 小川原正道さんはまず、「天皇=政治的権威」「将軍=政治的権力」の二元化 こそが今日の日本を構築したとする、『文明論之概略』第二章の「彼(か)の皇 学者流の説の如く、政祭一途に出るの趣意を以て世間を支配することあらば、 後日の日本もまたなかるべし(政祭一途が実現すれば、日本の未来はない)。今 その然らざる者はこれを我日本人の幸福というべきなり。」を引く。 日本の古 代は「神政府」だったが、中世武家政治で、権威(天皇)と権力(将軍)に二 分化した。

 福沢は「異説争論」「多事争論」の重要性を強調し、その対置概念として「神 政府」や「皇学者流」を批判した。 「純然たる独裁の政府または神政府と称 する者は、君主の尊き由縁を一に天与に帰して、至尊の位と至強の力とを一に 合して人間の交際を支配し、深く人心の内部を犯してその方向を定るものなれ ば、この政治の下におる者は、思想の向う所、必ず一方に偏し、胸中に余地を 遺さずして、その心事、常に単一ならざるを得ず。」 「異説争論の間に生じた るものは必ず自由の元素たりしこと明に証すべし。」 「人民の品行、次第に高 尚に進み、全国の智力を増して政治に実の権威を得るは、国のために祝すべき にあらずや。然るに今、実を棄てて虚に就き、外形を飾らんとしてかえって益 (ますます)人を痴愚に導くは惑溺の甚だしきなり。虚威を主張せんと欲せば、 下民を愚にして開闢の初に還らしむるを上策とす。」

 苅部直氏は、「神政府」とは、中国の事例であると同時に、日本神道を思わせ る事例で、神道国教化政策に対する福沢の不安があらわれている、とする。 「神 政府」の弊害を、福沢は「亜細亜諸国の人民、神政府のために束縛を蒙り、活 溌の気象を失い尽して蠢爾卑屈の極度に陥りたるもの、即これなり。」 福沢は ギゾーの『ヨーロッパ文明史』の影響を受け、西洋文明の多様性、「異説争論」 「多事争論」が「これ即ち自主自由の生ずる由縁なり」と。 ギゾー(福沢手 沢本)を通じて、宗教勢力の政治への関与によって立ち現れる「神政府」を認 識していた。 福沢の神道観は、「神道は未だ宗旨の体を成さず…政府の変革に 際し、僅に王室の余光に藉(かり)て微々たる運動(民衆教化運動を指す)を 為さんとするのみ。」 小川原さんは、宗教ならぬ神道が、あたかも欧州の宗教 のように政治に進出し、神政府の一端を担おうとしている、というのが福沢の 警戒するところだったのではないか、とする。

「攘夷」と外から見たゴーン事件2018/12/03 07:12

佐伯啓思さんが『異論のススメ』(7月6日)で、明治維新という「革命」が 内包する根本的な矛盾として、それが攘夷、すなわち日本を守るための復古的 革命であったにもかかわらず、革命政府(明治政府)は、日本の西洋化をはか るほかなく、そうすればするほど、本来の攘夷の覚悟を支える「日本人の精神」 が失われてゆくという矛盾である、とした。

福沢諭吉は『福翁自伝』「老余の半生」の初めの方で、当時の状況と心境を、 「維新の際に幕府の門閥制度鎖国主義が腹の底から嫌いだから佐幕の気がない。 さればとて勤王家の挙動を見れば、幕府に較べてお釣りの出るほどの鎖国攘夷、 もとよりコンナ連中に加勢しようと思いも寄らず、ただジット中立独立と説を きめていると、今度の新政府は開国に豹変した様子で立派な命令は出たけれど も、開国の名義中、鎖攘タップリ、何が何やら少しも信ずるに足らず、東西南 北何れを見ても共に語るべき人は一人もなし、ただ独りで身にかなうだけのこ とを勤めて開国一偏、西洋文明の一点張りでリキンデいる内に、政府の開国論 が次第々々に真成(ホントウ)のものになって来て、一切万事改新ならざるは なし、いわゆる文明駸々乎(しんしんこ)として進歩する世の中になったこそ 実に有難い仕合せで、実に不思議なことで、いわば私の大願も成就したような ものだから、もはや一点の不平は言われない。」と書いている。

「攘夷」という言葉で、最近気になる指摘があった。 『パリの福澤諭吉』 (中央公論新社)という本もあるパリ在住のジャーナリスト山口昌子(しょう こ)さんが、朝日のWEBRONZAに、パリで感じるゴーン事件の危うさを書い ていた。 二つの懸念がある。 一つは、日産自動車は、カルロス・ゴーン氏、 即ちルノー、即ち三色旗(フランス)という虎の尾を踏んだのではないか? フ ランスは中央集権国家なのだ。 二つ目は、日本はやっぱり「攘夷」、「外国人 嫌い」だという印象をフランス人始め外国人に与えたのではないか? 「サッ カーのハリルホジッチ監督を解任したではないか」と言い出す人もいる。 フ ランスのメディアも同様の論調だ。 代表紙「ルモンド」や経済紙「レゼコー」 も「陰謀説」を流した。 「レゼコー」はその後、「陰謀説」には疑問符を付け たが、“ブルータス・西川社長”との表現を使い、主人シーザーに目をかけられ ながら、暗殺団に加わったブルータス、つまり“裏切り者”に例えている、の だそうだ。

ゴーン氏は、ブラジル生まれ、フランスの旧植民地レバノンとフランスの二 重国籍を持つ。 理工科系の秀才学校ポリテクニック(理工科学校)卒のエリ ート、同校の上位5、6人しか入学できない最難関校MINES(高等鉱業学校) に進んだ大秀才。 卒業間近にミシュランから電話がかかり、大手ミシュラン のブラジル工場長として就職。 ミシュランは同族会社なので社長になれない と言われ、ルノーのNo.3で引き抜かれたのだそうだ。

外国人の「攘夷」という印象はどうなるのか、一般に一民間会社の問題とす る日本政府はどう動くのか、事件の推移をじっくりと見守りたい。