「生命を寿ぐ-高校生の声の力」[昔、書いた福沢199]2020/01/22 07:05

     「生命を寿ぐ-高校生の声の力」<小人閑居日記 2004.1.21.>

 20日、「生命を寿ぐ-高校生の声の力」という催しを三田へ見に行った。 母 校慶應義塾志木高校の生徒が出演し、慶應義塾アート・センター(所長は同期 の鷲見洋一文学部教授)の主催。 声を出して読む日本語がいろいろ話題にな っているが、速水淳子さんという熱心な国語の先生が指導したものだという。

 まず「越中万葉を歌う」、授業で学んだ和歌や俳句を徹底的に読み込み、研究 した上、北陸への研修旅行では、歌や句が作られた現場で、集団発声や個人朗 唱を試みたビデオを見る。 「越中万葉」というのは、『万葉集』にある大伴家 持が越中の国守として赴いたときに詠んだ歌。 普通の朗唱もあるが、自分で 曲をつけ、一人や集団で歌うのが多い。

 三年生「日本語表現」クラスによる発表は、「朗読」と、高校生が日常使う言 葉で、ある日の教室を再現した“FREE TALK”。 「朗読」では、島尾 敏雄・ミホ『戦中往復書簡』、新田次郎『八甲田山死の彷徨』がよく、前者は読 んでみたくなった。

 二年生は「古今集 賀の歌を歌う」。 今の国歌「君が代」は、『古今和歌集』 賀歌三四三の、読み人知らずの歌から来ているのだそうだ(天皇賛美の歌にさ れたのは明治期以来)。 もともとの「君」は、大事な人ということで、その大 事な人の長寿を祈る長寿祈念の歌だった。 長寿祈念や相手を大事に思うとい う、そのこころを帯して、高校生たちは自分の「君が代」を作詞し、21のグ ループに分かれ、歌や読みやパフォーマンスで表現した。 「君は聞かずや/ 志木高の/緑溢るる森/鳥は木々で羽を休め/狸は草原を駆け回る/枇杷、柿、 橘、山桜…」という「志木高賛歌」に始まり、いくつもの「君」を想う愛の歌 (英語の歌も多い)、各国の言葉で長寿を願うグループ、古代人に扮して踊り回 る連中、太鼓の音を模して手を拍ち足を踏み鳴らすもの、そして強烈なロック などなど。

 最後は二年生118名が、会場の通路にひろがって、あの歌会初めの調子で 朗詠する「君が代披講」。

福沢諭吉169回目の誕生日[昔、書いた福沢198]2020/01/21 07:06

      福沢諭吉169回目の誕生日<小人閑居日記 2004.1.11.>

 1月10日は第169回福澤先生誕生記念会があって、三田へ行く。 初め 例によって、幼稚舎生の「福澤諭吉ここに在り」(佐藤春夫作詞、信時潔作曲)、 ワグネル・ソサィエティーの「日本の誇(ほこり)」(富田正文作詞、信時潔作 曲)の合唱がある。 佐藤春夫作詞の二番は「とことんやれと 勇み立ち/錦 のみ旗 押し進め/幕府を伐つと 官軍は/長州 薩摩 土佐の兵/上野の山 を 攻め囲む」でニヤッとする、同六番は「洋学の灯は 消すまいぞ/これが 消えれば 国は闇/我らのつとめ 忘るなと/十八人を 励まして/福澤諭吉  ここに在り」。

 安西祐一郎塾長の年頭挨拶。 あと4年で創立150周年を迎える今年は、 慶應義塾の夢、実現の第一歩の年。 教育と研究の質の向上のための新しい仕 組と施設を整備して、国際水準での「未来への先導者をつとめる二十一世紀福 沢塾の出発点」である。 そうした150周年を社中(慶應では卒業生、教職 員、学生をこう呼ぶ)一同でつくりあげていこう。 慶應義塾が「国の発達を 測るメートルである」度合は、ますます増えている、と。

 部外(社中外)の人が聞いたら、どう思うだろうかと心配になる、その自画 自賛を聞いて、みんなで塾歌を歌うと宗教みたいな、ちょっとこそばゆい気も したが…。

        女子高校生のアメリカ論<小人閑居日記 2004.1.12.>

 福澤先生誕生記念会では神谷健一さん(三井住友銀行名誉顧問・前慶應義塾 評議委員会議長)の記念講演「三田山上の思い出」が予定されていて、私など は塾長の挨拶よりは、こちらを期待して行ったのだ。 それが神谷さんは、腰 を痛めていたのと、塾長が立派な演説(神谷さん)を長々とやったので、ごく 短い話で降りてしまった。 拍子抜けするとともに、集まっている人々に失礼 ではないかと思った。

 この会では毎年、小泉信三賞全国高校生小論文コンテストの表彰式がある。  その選評も、今年から割愛され「『三田評論』を読んでくれ」ということだった。  今年の小泉信三賞、次席、佳作三席の計五名は、ぜんぶ女性だった。 課題は、 福澤諭吉への質問、ユーモアについて、生命、アメリカと世界、から一つを選 択する。 言い付け通り『三田評論』で選評と受賞作を読んだ。 やはり小泉 信三賞の中央大学杉並高校三年小松原優美(ゆみ)さんの「幻想から現実へ~ 成長するアメリカへの期待~」に感心する。 多民族国家であるアメリカでは 「人種のるつぼ」というのをやめて「サラダボウル」と言おうという気運が高 まっているという。 つまり溶け合って一つになり、それぞれの原型がみえな くなるような融合のしかたでなく、同じボウルの中でそれぞれの見分けがつく 共存の仕方を目ざそう、と。 小松原さんには、そんなまだできあがっていな い「未完の大国」アメリカが世界をリードし、国際平和の担い手を自負してい るのだ、という危なっかしい地球の構図が見えてくる。 アメリカを構成して いるサラダボウルの中の野菜は、それぞれの畑から出てきているのだから、ア メリカは排他主義にはならない。 アメリカは完成されていないが、成長して いる、できあがっていない国の未来がある。 それはできあがっていない「世 界」の未来でもある。 アメリカを支え、ときには諌め、そしてアメリカと一 緒に成長するのだ。 というのが、アメリカへ行って自分の目で見、耳で聞き、 感じ、考えたことを、自分の言葉で素直に語った、彼女の結論である。

「マヽヨ浮世は三分五厘」[昔、書いた福沢197]2020/01/20 07:09

      「マヽヨ浮世は三分五厘」<小人閑居日記 2003.12.31.>

 「マヽヨ浮世は三分五厘」という言葉は、よく引用される福沢諭吉の手紙に 出て来る。 明治8年4月24日付、旧中津藩上士の島津復生宛。 『文明論 之概略』の写本を贈り、「此書は昨年三月の頃より思立候得共、実は私義洋書並 に和漢の書を読むこと甚狭くして色々さし支多く、中途にて著述を廃し暫く原 書を読み、又筆を執り又書を読み、如何にも不安心なれども、マヽヨ浮世は三 分五厘、間違たらば一人の不調法、六ケ敷事は後進の学者に譲ると覚悟を定め て、今の私の智恵丈け相応の愚論を述たるなり」と書いた中の一句である。

 この「マヽヨ浮世は三分五厘」だが、ずっと「さんぶごりん」と読んでいた。  こんど出た『福沢手帖』119号に、進藤咲子東京女子大学名誉教授の書かれ た「福澤諭吉書簡から この一句、この一節」を読んで、頭をブッ叩かれるよ うな思いがした。 「さんぷんごりん」なのだという。 「三分(さんぷん)」 は銀貨一匁の十分の一、「五厘」は一分(いっぷん)の二分の一。 「浮世は三 分五厘(さんぷんごりん)」は慣用句で、多く「浮世三分五厘」の形で用い、そ れほど値打ちのないこと。 「分(ぶ)」と読む場合、一分(いちぶ)は一両の 四分の一、一朱の四倍に相当する金貨である。 銀一分(いっぷん)は一両の 六百分の一に相当するから、「三分(ぶ)」と読むと、「三分(さんぷん)」の1 50倍もの大金になってしまって、まったく意味をなさないのだ。 年末にあ たり、無学を恥じ、深く反省しながらも、「マヽヨ浮世は三分五厘(さんぷんご りん)」を三度唱えたのであった。

福沢諭吉の「無限の苦痛」[昔、書いた福沢196]2020/01/19 08:09

         福沢の「無限の苦痛」<小人閑居日記 2003.12.28.>

 21世紀に向けて福沢を読み直すための事業として慶應義塾大学出版会から 刊行が続けられていた『福澤諭吉著作集』全12巻が完結した。 その第12 巻『福翁自伝・福澤全集緒言』を編集した松崎欣一さんから、ご自身の書かれ た同巻の解説のコピーを送っていただいた。 この解説は、西川俊作さんが『三 田評論』12月号に書かれた「『福澤諭吉著作集』全12巻完結」で「立派な解 説」と評価されたものである。 福沢は『福翁自伝』でも、それを補う自身の 翻訳・著作活動の解説である『福澤全集緒言』でも、前半生には生彩に富むス トーリーを語っているのに、後半生に関しては、あっさりとしか語っていない。  それはなぜか、福沢が言い残し、後世に託したものは何か、それについて松崎 さんが「立派な解説を与えられた」と、西川さんは言ったのだ。

 私は松崎さんに、こんなお礼のハガキを書いた。 「(あいさつ部分・略)一、 『緒言』中の自らの著作に対する福沢自身の評価を「行数」で考察された思い 付き(スタチスチク)に感心。 二、著作が読まれず理解する者も少ないとい う福沢の実感が『全集』編纂の原動力というご指摘。 三、文明の精神を担う 拠りどころとしての「慶應義塾」を、担う一ランナーであったのに、その付託 に気付かなかったという私の反省。 四、自身の描いた筋書(理想)と現実と の乖離に対する福沢の「無限の苦痛」が『全集』『緒言』『自伝』を生んだこと。  等々、教えられる所が多く、今年の最後をしめくくる、よい勉強になりました。」

早慶戦100周年記念試合[昔、書いた福沢195]2020/01/18 07:01

    早慶戦100周年・オールドボーイ戦<小人閑居日記 2003.11.27.>

 昨26日、神宮球場で行われた早慶戦100周年記念試合、オールドボーイ 早慶戦とオール早慶戦の二試合を観た。 オールドボーイ戦は40歳以上、オ ール早慶戦は現役のプロ・社会人と学生のチームでの対戦だ。 プロと社会人・ 学生が一緒にプレーするため、特別の許可を取ったとかで、そのためか入場無 料(招待券持参者、朝9時から配った)。

 オールドボーイ戦は、慶應が清沢-大橋、早稲田が金沢-野村徹(現監督) のバッテリーで始まったから、昭和35(1960)年の早慶6連戦を大学1 年生で経験した私などには、涙の出るような試合だった。 スタメンが慶應(中) 浜村巌(二)江藤省三(遊)後藤寿彦(一)松下(捕)大橋勲(左)福田崇(指) 徳丸幸助(三)田中徹雄(右)小島和彦、早稲田(右)荒川博(指)大道信敏 (三)徳武定祐(左)荒川宗一(一)石井連蔵(二)本村政治(遊)皆川(中) 大久保俊増(捕)野村徹。 投手は、慶應・清沢忠彦、工藤、巽一、吉田正敏。  早稲田・金沢宏、高橋直樹、谷井潤一、仁村薫、香川のリレー。

 試合は慶應の打棒爆発、2回まで9-0で先行したのを、早稲田が元巨人の 阿野鉱二、松本匡史(ランニング)の2ホーマーなどで追いかけたが、結局1 1-8で(3回、一時間で時間切れ終了)慶應が勝った。 すぐそばで、慶應・ 島村精介(昭和44年卒、桐蔭高)のお嬢さんたちご家族が観戦していて、代 打で登場すると「お父さんだ、お父さんだ、ユニホーム姿かっこいいネ」、「が んばれ、お父さん、がんばれ」と大声援、センターにいい当りを打ったので「走 れ、走れ、回れ、回れ」、三塁打になって大喜びだった。 万事、その調子で、 楽しいゲームだった。

     早慶戦100周年・オール早慶戦<小人閑居日記 2003.11.28.>

 プロと社会人・学生によるオール早慶戦、試合前のセレモニーで、先人を想 い全員で1分間の黙祷をする。 六大学野球はもちろん野球が大好きで、私を 野球観戦の道に引き込んだ兄のことを想い、一万の観衆もみんな兄のために祈 ってくれたのだと勝手に思うことにした。

 先発メンバーは、慶應(指)喜多…ロッテ(二)湊川…中日(右)高橋由… 巨人(中)早川…慶應高(左)池辺…智弁和歌山(三)三木…近鉄(一)大川 …三菱重工神戸(捕)小河…七十七銀行(遊)山口…東京ガス、早稲田(二) 水口…近鉄(中)青木…日向高(三)仁志…巨人(遊)鳥谷…聖望学園(一) 武内…智弁和歌山(指)矢口…かずさマジック(て、何?)(右)由田…桐蔭学 園(左)米田…早実(捕)荒井…元日ハム。

 投手は、慶應・長田…西武、志村…ウィーン94(て、何?)、清見…慶應志 木、小林基…岡山城東、平井…三菱重工神戸、参鍋…甲陽学園、早稲田・和田 …ダイエー、小宮山…元メッツ、越智…新田、生出…七十七銀行、佐竹…土庄、 三沢…近鉄、鎌田…ヤクルト、江尻…日ハム、大谷…報徳学園、宮本…関西。

 1回裏三塁打の仁志が、長田の暴投で生還して、早稲田が1点。 2回、四 球の池辺を置いて、大川のホームランで、慶應が2-1と逆転。 4回、早川 もホームランで、慶應3-1とリード。 その裏、武内と由田の二塁打二本で、 早稲田が3-2と詰め寄ったが、5回以降、両チームとも現役中心の小刻みな 投手リレーで、得点を許さず、結局3-2で慶應が、オールドボーイ戦に続い て勝利をおさめた。

 高橋由…巨人は、2三振とサードフライで3打数-0安打、仁志…巨人が3 -2、阪神に入る鳥谷は3-0だったが、守備と走塁(四球で出て盗塁)でい いところを見せた。