なぜ小さなラトガースが留学の中枢となったか?2017/10/24 06:35

 そこで、ラトガース大学のファーナンダ・ペローン准教授(図書館長)の基 調講演「目に見えないネットワーク : 明治初年ラトガースにおける日本人留学 生」である。 高木不二さんの抄訳と、コメンテーター立教大学の阿部珠理教 授のコメントを参考にして、書いてみたい。 明治初年多くの日本人留学生が アメリカ、ニュージャージー州ニューブランズウイックにあるラトガース・カ レッジや、その準備校であるラトガース・グラマースクールで学んだ。 この ラトガースがハブ(hub)となって、当時のニューヨークやフィラデルフィア、 ボストン、ニューイングランドなどにみられる日本人留学生のネットワークを つないでいた。 なぜ、名門(アイビー・リーグ)でも大きくもない、この小 さな大学がハブとなったか。 そこには「目に見えないネットワーク」があっ たからだ。 それはラトガースやニューブランズウイック神学校をとりまくプ ロテスタントの教会ネットワークの一部であり、さらにはオランダ改革派教会 の日本を含む東洋における活動とつながっていた。

 ラトガース・カレッジは1771年に、クイーンズ・カレッジ(英国王ジョー ジ3世の妃シャルロッテにちなむ)として開学、当初はオランダ改革派教会の 聖職者養成が目的だった。 学生が集まらず、何度か閉鎖された後、1825年篤 志家ヘンリー・ラトガースの援助を得て、ラトガース・カレッジとして再出発 した。 南北戦争後(阿部珠理教授によるとモリル法で実学の大学に補助金が 出た)、ウイリアム・キャンベル学長のもとで、科学部門を併設、1860年代に 総合大学として発展した。 学生たちの活動も文化・スポーツなど多方面で活 発になった。 日本人留学生は、そのラトガースの隆盛期に居合わせた。

 幕末、多くの留学生がイギリスなど欧州へ渡ったが、アメリカへは南北戦争 (1861-65)の影響で、10人前後しか留学していない。 森有礼と新島襄を除 く学生達がラトガースに来たのは、オランダ改革派教会がラトガースと強い結 びつきを持っており、その教会が日本に派遣した宣教師がフルベッキだったか らである。 長崎でフルベッキに学んだ学生が留学を希望すると、ニューヨー クの改革派教会伝道局の責任者フェリスを紹介され、そのフェリスは彼らにラ トガースを勧めた。 フェリスはニューブランズウイック神学校の卒業生だっ た。 最初に来たのは横井小楠の甥の横井佐平太・大平兄弟、翌年には日下部 太郎(越前藩)、畠山義成、松村淳蔵、吉田清成(三人は薩摩藩)がやって来た。

 日本人留学生は、侍階級の出身で容儀が正しく、克己の精神を持ち、日本の 国家に貢献しようとする意欲に燃えて、熱心に勉強したから、アメリカの同級 生にも好印象を与え、成績もよかった。 江藤淳が初期留学生は「勉強死にし た」ほど猛烈に勉強したと書いている。 日下部太郎は、日本人で初めてファ イ・ベータ・カッパ・クラブ(全米優等学生友愛会)のメンバーとなったが、 1870(明治3)年、不幸にも卒業式の数週間前に結核で亡くなり、学位は死後 に与えられ、アマースト大学の新島襄とともに、アメリカの大学を卒業した最 初の日本人となった。 彼の英語とラテン語の家庭教師だったウイリアム・エ リオット・グリフィスは、彼の死を深く悼み、同年越前藩のお雇いとして来日、 一年後開成学校(東京大学)の教授となった。

 明治初年のラリタン河畔の小さなカレッジ(ラトガース)における宣教師・ 教育者・留学生の間のネットワークが、その後の日本の教育・政治・経済界の リーダーを生み出す基礎を形作ったと、ファーナンダ・ペローン准教授は指摘 した。

三田キャンパス東館のラテン語二つ2017/10/23 07:06

 20日は福澤研究センターの昨年からのテーマによるシンポジウム『東アジア の近代化とアメリカ留学』へ出かけた。 三田通りの東門の上の8階にある東 館ホールであった。 エレベーターを降りたところで、正面のラテン語は何て 書いてあるのか、質問している人がいた。 即答はなかったが、「HOMO」が あるから「ペンは剣よりも強し」ではなく、「人」だろうということだった。 「人」 なら、あれだろうか。 私もすぐ正解は思い出さなかったが、聞いたことはあ った。 「HOMO NEC VILVS CVIQVAM PRAEPOSITVS NEC SVBDITVS CREATVR」。 NECが二回出て来てもご近所の日本電気とは関係ない、「天は 人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」の意だそうだ。

 基調講演はラトガース大学のファーナンダ・ペローン准教授で、私はうっか りしていたのだが、英語の講演だった。 チンプンカンプンだったけれど、映 し出される写真だけは、一生懸命に見てよくわかった。 暇だから東館ホール を見回していると、両サイドのステンドグラスに「Festina lente」という文字 が隠れている。 帰ってから調べると、やはりラテン語でフェスティーナ・レ ンテ、「ゆっくり急げ」という意味だとわかった。

 なお、昨年のワークショップ「東アジアの近代とアメリカ留学」については、下記を書いていた。

「東アジアの近代とアメリカ留学」<小人閑居日記 2016.3.17.>

横井左平太の米国留学・海軍修学<小人閑居日記 2016.3.18.>

平山洋さんの『福澤諭吉』、軍事専門家・福沢<小人閑居日記 2016.3.19.>

フルベッキ…長崎から東京、日本近代化への貢献<小人閑居日記 2016.3.20.>

「熊本バンド」と「横井時雄」<小人閑居日記 2016.3.21.>

崔徳壽教授の「近代朝鮮人の海外留学と慶應義塾」<小人閑居日記 2016.6.30.>

「19世紀後半のイェール大学における中国人と日本人留学生」<小人閑居日記 2016.7.1.>

ニューイングランドの「知東洋派」<小人閑居日記 2016.7.2.>

イェール大学における日中留学生<小人閑居日記 2016.7.3.>

「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」2017/10/19 07:13

 大竹しのぶの名前は、マタイによる福音書10章13節の「最後まで耐え忍ぶ 者は救われる」から、父・大竹章雄がつけた。 しのぶの妹が生まれ、章雄と 江すてるは、5人の子に恵まれたが、昭和38(1963)年章雄が結核に倒れる。  (ウィキペディアの「大竹しのぶ」には、父は旧制工業高校(現・東北大学工 学部出身)で東京電力に勤めていたとある。) 一家は空気のよい場所を求めて、 秩父山地の麓、埼玉県越生(おごせ)町に引っ越し、しのぶが小学校に入った。  体調が回復すると、章雄は高校の教師となり、数学と倫理を教えた。 番組で 当時の教え子たちは、優しくて一緒にいて落ち着く先生だった、卒業後も交流 があり、人生の教訓を添えた手紙をもらった、などと語っていた。 しかし昭 和42(1967)年、結核が悪化し、教師を辞めざるを得なくなる。 一家は埼 玉県毛呂山に移り、章雄は結核病棟に入院した。 一家の暮しは、すべて母・ 江すてるにかかることになり、パン屋で働きながら、家政婦や子守をして家計 を支えた。 しのぶは、給食費を集める学級委員をしていたが、自分はいつも 遅れていたと語っていた。 一家は、ある家の敷地にあった木造の物置に暮し ていた。 父の章雄は、入退院の合間に家に戻ってくると、夕食の後、デザー トの時間だと子供たちをよく外に連れ出し、川のせせらぎ、鳥やカジカの声を、 目を瞑って味わわせた。 少し回復して仕事を探すが、60近くなって見つけた のは溶接工場の仕事だった。 元教師に溶接などはできず、ペンキ塗りなどし たという。 一向に楽にならない暮しに、江すてるは東京へ出る決断をする。

 昭和46(1971)年、しのぶが中学2年の時、一家は東京小岩に越し、会社 の社宅に住み込み、母は昼は社員食堂の賄い、夜は経営者の家の家政婦をし、 父は倉庫番として働いた。 子育てが一段落し、長女と次女が結婚する。 昭 和50(1975)年、しのぶが18歳で浦山桐郎監督の映画『青春の門』のヒロイ ン役で本格的なデビューを果たす。 その頃、父章雄は胃がんに侵されている ことがわかり、しのぶの出演するドラマを見ることを楽しみにしつつ、亡くな った。 長女は亡くなった父が同僚に、釜石に残した子供たちへの伝言を頼ん でいたことを知る。 一家は、その子供たちと会うことになる。

 江すてるさんは94歳になる。 大竹しのぶさんが朝日新聞に連載している 「まあ、いいか」にも、たびたび登場する。 4人の姉妹は、苦労を重ね、頑 張って育ててくれた母の姿をずっと見てきた。 家族が集まると、江すてるさ んは決まって「私は日本一幸せなおばあさんです」と言うそうだ。

 写真を見ると、江すてるさんという方、一度見たら忘れられないお顔をして いる。 私が等々力に住んでいた頃、近くに大竹しのぶさんが服部晴治さんと 住んでいたので、江すてるさんをお見かけしたような憶えがあるのだが…。

大竹しのぶ『ファミリー・ヒストリー』の強烈2017/10/18 06:39

 大竹しのぶさんの『ファミリー・ヒストリー』(2017.1.26.)で、強く印象に 残ったのは、祖母(母・江すてるさんの母)八重に関連して、幸徳秋水、小山 内薫、内村鑑三の名前が出たことだった。 八重は、麹町の家具屋に生れ、女 学校を出て女子英学塾(のちの津田塾大学)に進学した。 聖書講談会で内村 鑑三に師事して、小山内薫や山内権次郎らと知り合う。 小山内薫の自叙伝小 説『背教者』は、内村鑑三の元を離れることを描いているが、八重をモデルに した周囲を首ったけにする女性・絹子が登場する。 社会主義に目覚めた山内 権次郎と惹かれ合った八重は、幸徳秋水とも親しくなる。 幸徳秋水は、『万朝 報』の記者として日露戦争の非戦論を主張したが、開戦前に退社し堺利彦と平 民社を起こして、『平民新聞』(週刊)を創刊した。 明治38(1905)年筆禍 事件で投獄された後、平民社を解散し、アメリカに渡った。 平民社に勤めて いたらしい山内権次郎との子を身ごもっていた八重は、山内とともに幸徳と一 緒に渡米し、サンフランシスコで敏子を出産した。 敏子の名は、平民社サン フランシスコ支部の創設者、岡繁樹の妻の名をもらった。 彼らは社会主義の 活動をしていたが、日系人の増加による排斥運動が高まっていて、彼らの運動 は迷惑でしかなかった。 幸徳秋水は社会革命党を結成したが、当時の写真に 八重の姿がある。 八重を含む彼らの行動は、外務省のスパイによって監視さ れていたらしい。 渡米から2年後、夫の山内権次郎がチフスで亡くなり、八 重は敏子とともに帰国した。 夫の実家に身を寄せたが、敏子を置いて出てい くように言われる。 敏子は、そこで育ち横浜の実業家と結婚して、5人の子 を育てた。 八重は山内家を出た後、鈴木という人と二度目の結婚をし、男児 を生んだが、その夫と男児とも別れている。 大竹しのぶは「再開スペシャル」 で、その男児の子二人と会い、「えくぼ」が似ていると言い合った。

 二人の子供と生き別れた八重は、大正4(1915)年30歳の時、4歳年上の吉 川一水と結婚する。 大竹しのぶの祖父となる人である。 吉川一水は、19歳 の時、内村鑑三の聖書講談会で八重と出会っていた。 一水は教会に属さない 無教会派として清貧と非戦を訴えた宗教家だった。 翌年、長男が生まれ、仙 台に移ってキリスト教系女学校で教鞭を取る。 大正11(1922)年、しのぶの 母になる江すてるが生まれる。 その名は聖書エステル記の主人公、民衆のた めに尽す娘からとった。 仙台に来て6年後、一水は教師を辞め、布教活動に 専念することにして、東京に戻る。 小さな家を借り、聖書の講談会を始めた が、収入はほとんどなかった。 昭和15(1940)年、各教派に分かれていた 教会は統合され、戦争協力を余儀なくされた。 キリスト教信者への監視が厳 しくなり、反戦分子と冷たい目が向けられ、講談会を続ける一水のところには しばしば憲兵が来ていた。 その講談会を熱心に聴きに来ていた大竹章雄とい う青年がいた。 後に、しのぶの父になる人だ。

 大竹章雄の先祖は新潟県長岡の近くで、「大竹様」と呼ばれる庄屋で、江戸中 期の与茂七は繰り返される川の氾濫と戦い、地域が豊かな米どころになること に努めたが、近隣の村の庄屋達の嫉妬で濡れ衣を着せられ獄門となったので、 地域の人は今でも与茂七を慕い、お盆にはその霊を慰めている。 明治になっ て章雄の祖父・国司は、塩釜に移り医者になる。 章雄は明治44(1911)年生 れ、7歳の時に父を病で失い、母が質屋をして生計を立てた。 昭和12(1937) 年、章雄は25歳で遠縁の娘と結婚、男の子が生まれた。 章雄は日中戦争で 召集され、ソ連との国境地帯に配属された。 戦地から帰還した章雄は、キリ スト教の信仰に傾倒して、母や妻子との溝が深まり、塩釜を出て、川崎の会社 に勤めるようになった。 そこで吉川一水の聖書講談会に通うようになり、そ の娘の江すてると終戦の3年後、大井町で生活するようになる。 長女、長男、 次女が生まれた。 一水は終戦の翌年、昭和27(1952)年には八重が66歳で 亡くなった。 その5年後の昭和32(1957)年7月17日、三女・大竹しのぶ が誕生する。

再開された『ファミリー・ヒストリー』2017/10/17 07:12

 10月からNHK総合テレビの『ファミリー・ヒストリー』の放送が再開され た。 西田敏行さんと、iPS細胞でノーベル賞の山中伸弥さんの両方を見て、 どちらも最後は涙になってしまった。 その前、9月27日に「再開スペシャル」 という予告編があった。 2008年10月11日の第1回放送はルー・大柴さん だったそうだが、それは見ていなかった。 明治22年生まれの祖父はハルビ ンで満州一の前田時計宝石店を経営していたが、敗戦でソ連兵に真っ先に荒ら されたという。 角地に建つその大きなビルは、今は書店になっていた。

 過去の放送で、反響の大きかったものとして、浅野忠信さん(2011.8.3.)、 桂文枝さん(2013.11.15.)、大竹しのぶさん(2017.1.26.)の回を取り上げ、 番組その後を紹介していた。 桂文枝さんと、大竹しのぶさんの回は、私も強 く印象に残っていた。 福澤武さんの『私の履歴書』について書いていた時に、 終戦前後の結核と家庭<小人閑居日記 2016.5.13.>で、その桂文枝さんと、 坂口憲二さんのケースを紹介している。

 浅野忠信さんの祖父がアメリカ人だというのは知らなかった。 軍人で帰国 し、母順子さんが4歳の時に生き別れとなっていたが、1992年に亡くなったら、 小さな順子さんの写真を身に着けていたという。 祖父はオランダ系で、アメ リカに移民して大工から農業になったルーツをたどると、オランダに子孫達が いて、日本に有名な俳優の親戚がいることに驚き、会いたいと言っていた。

 最近も『ファミリー・ヒストリー』から、このブログで、下記を書いていた。

市川猿之助の「ファミリー・ヒストリー」<小人閑居日記 2017.4.14.>

オノ・ヨーコの祖父母、小野英二郎と鶴<小人閑居日記 2017.8.23.>

小野ファミリーのミッション(使命)<小人閑居日記 2017.8.24.>

 「再開スペシャル」では『ファミリー・ヒストリー』の調査の方法について も触れていた。 (1)戸籍→家系図。 (2)軍歴。陸軍は都道府県に、海軍 は労働厚生省に資料がある。 (3)新聞。 (4)学校。 (5)写真や映像。

 番組を見ていると、『日曜美術館』などでも感じることだが、外国の資料・記録の保存、ファイリングが素晴しい。 日本の資料・記録の整理保存の、何と お粗末なことか。 調査探求は、さぞや大変なことだろう。 最近の森友学園 問題で、財務省が国有地払い下げに関する交渉記録を破棄したと言っているの に、端的に現れているように、根本的な認識不足があるように思われる。