「東都のれん会」の老舗55店2017/08/17 06:58

 私がニヤリとしたのは、最中の空也、楊枝のさるや、刃物のうぶけや、はん ぺんの神茂が出てきたからだ。 しかもそれら老舗を、「東京生活者の既得権益」 だと言っている。 1995(平成7)年3月25日浅草ちんやの「等々力短信七 百号、二十年記念の会」では、空也の最中をお土産にし、2009(平成21)年7 月4日青山ダイヤモンドホールでの「『等々力短信』1,000号を祝う会」では、 さるやの「千両箱」を千号の内祝にした。 うぶけやの毛抜きで時々、一髪必 中、眉毛に混じる白髪を抜いている。 真っ白になるといかにも爺臭くなりそ うな気がするからだ。 爪切りも長年父にならってゾーリンゲンを使っていた が、ある時、うぶけやにしたら、これが抜群の切れ味だった。 神茂は、はん ぺんはもちろんだが、わが家は竹輪麩が好きで、販売時期限定の頃から(今は 緩くなった)愛用している。 つまり親の代から、わが家も「東京生活者の既 得権益」の受益者なのだ。

 ジェーン・スーさんは、「東都のれん会」を「江戸から明治初年にかけて創業 された、百年以上の伝統を持つ古いのれんの集い。三代以上続いていないと駄 目だという話も聞いたことがある。」と書いていた。 4日に三田山上の図書館 (新館)の『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』へ行った話は14日・15日に 書いたが、三田へ行くといつも大坂家に寄る。 三田の大坂家、「秋色最中」の由来<小人閑居日記 2013. 3. 24.> http://kbaba.asablo.jp/blog/2013/03/24/

 舟形の水羊羹と、笹の葉で包んだ うす水羊羹、葛桜を買う。 大坂家の葛桜 は本物の桜の葉だが、先日の大磯の新杵は老舗なのになぜかビニールだったか ら首を傾げた。 秋色庵大坂家も「東都のれん会」会員なので、『銀座百点』の ような雑誌をもらおうとすると、今は雑誌はなく、「江戸から東京 三代・百年」 「EDO TOKYO BRAND」というパンフレットだけだという。

 「東都のれん会」は全部で55店、「グルメ」13店、「食の名物」26店、「暮 らしの逸品」16店、愛用している店が多く、ほとんどの店に行ったことがある か、食べたか、買ったことがある。 東京に生まれ育って76年、「東京生活者 の既得権益」の受益者だということが、はっきりした。 「グルメ」が、いせ 源(あんこう鍋)、上野精養軒、かんだやぶそば、駒形どぜう、駒形前川(鰻)、 笹乃雪、総本家更科堀井、竹葉亭、ちんや、中清(天麩羅)、明神下神田川本店、 両国橋鳥安(あひ鴨料理)、蓮玉庵(そば)。 「食の名物」は、天野屋(甘酒)、 梅園、榮太樓總本舗、海老屋總本舗(江戸前佃煮)、亀戸船橋屋、神茂、木村屋 總本店、銀座松崎煎餅、言問団子、秋色庵大坂家、新橋玉木屋、千疋屋総本店、 ちくま味噌、長命寺桜もち、豊島屋本店(清酒金婚・白酒)、とらや、日本橋鮒 佐、日本橋弁松総本店、人形町志乃多寿司總本店、にんべん、梅花亭、羽二重 団子、豆源、やげん堀中島商店、山本海苔店、山本山。 「暮らしの逸品」が、 伊場仙(扇子・うちわ)、うぶけや、江戸屋(はけ・ブラシ)、大野屋總本店、 菊寿堂いせ辰、銀座阿波屋、銀座越後屋、黒江屋(漆器)、さるや、白木屋傳兵 衛(江戸ほうき)、竺仙(呉服)、榛原(和紙)、宮本卯之助商店(神輿・太鼓)、 村田眼鏡舗、安田松慶堂、吉徳。 私が知らなかったのは、海老屋總本舗、ち くま味噌、豊島屋本店、伊場仙、江戸屋、白木屋傳兵衛だけだった。

ジェーン・スーさんと東京生活者の既得権益2017/08/16 07:30

 新潮社のPR誌『波』の連載で、いま読んでいるのは佐藤賢一さんの『遺訓』 と、8月号の18回が最終回になったジェーン・スーさんの『生きるとか死ぬと か父親とか』だ。 『遺訓』については、連載開始の頃、下記を手始めに、西 郷隆盛と福沢諭吉の関係、福沢の『明治十年 丁丑公論』などについて書いた。

佐藤賢一さんの小説『遺訓』と鶴岡<小人閑居日記 2016.2.23.>

http://kbaba.asablo.jp/blog/2016/02/23/

 今日はジェーン・スーさんの『生きるとか死ぬとか父親とか』についての話 だ。 とても面白く読んだ。 ジェーン・スーさん、作詞家、音楽プロデュー サー、ラジオのパーソナリティだそうだが、まったく知らなかった。

 第1回の「この男、肉親につき。」、元日に77歳の父と42歳の娘が、護国寺 へ18年前に死んだ母の墓参りに行く。 父と娘はふたりだけの限界家族だが、 バラバラに暮している。 前回の墓参に、父は真っ赤なブルゾンに娘が買って あげたボルサリーノの中折れ帽をかぶり、首にはクリーム色のカシミアマフラ ーという、司忍かと思う出で立ちで現れた。 なかなか良く似合っていたので、 娘は「とても文無しには見えないよ!」と最大級の賛辞を送った。 外車でも 乗り回していそうな出で立ちが栄えるこの男には、全財産をスッカラカンにし た前科がある。 まあ自分で稼いだ金だし、娘が保護下にあるときにお金のこ とで困ったことは一度もないので(ジェーン・スーさん、フェリス女学院大学 卒だそうだ)、それはそれで良いのだけれど、それにしても大胆になくしたな、 と娘は感心する。

 石屋のおかみさんにも「あら、今日は赤いブルゾンじゃないの?」と言われ、 地下鉄で知らないおばあさんから「素敵ね! 私、その色が大好きなの!」と声 をかけられたこともあった。 「俺はババア専門なんだ」と言う。 墓参の後、 ふたりで音羽のロイヤルホストに行く。 以前はホテルオークラを懇意にして いた父は「ファミレスなんて味のわからない馬鹿が行くところだ」とずっと悪 態をついていたのに、今は「ロイホを馬鹿にする奴はわかってない」と同じ口 で平気で言う。

 間を抜いて、たちまち最終回。 娘は、唐突に父から「申し継ぎ」と称する 淡い遺言のようなメールを受け取る。 「お母さんの好きだった老舗は次の通 りです。最中の空也、楊枝のさるや、刃物のうぶけや、はんぺんは名前を忘れ ました。すき焼き肉は日山」。 娘は、空也の最中を食べたことがあるだけで、 ほかは馴染みのない店ばかりだった。 父が一度、娘を連れて、店を回りたい というので、ふたりで人形町へ行く。 父は、紙袋に母の六寸の出刃包丁を下 げてきていて、うぶけやで研ぎに出した。 壁には江戸文字で書かれた東都の れん会のポスターが額装して飾られている。 とらや、豆源、いせ辰、更科堀 井、言問団子、父が名前を失念していた神茂も名を連ねている。 母が死んで 二十年という話になったので、娘が創業から何年ですかと無難な質問をすると、 「初代が亡くなってから、二百三十年になります」と、年下と思しき店の女性 が、まるで二百三十年をつぶさに見てきたような口調で答えた。 父と娘は、 さるや、神茂と回る。

 ジェーン・スーさんは書く、「思うに、母が私に引き継ごうとした東京生活者 の既得権益を、私はいままで有効活用してこなかったのだろう。そんなものが 存在していることさえ気付いていなかった。今日、それらを父が私の手元に引 き戻してくれた。」 閑居老人の私は、思わずニヤリとした。 それは、また明日。

藤原工業大学と高橋誠一郎文部大臣2017/08/15 06:56

 『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』、都倉准教授の解説の続き。

 (4)藤原工業大学と慶應義塾。 藤原銀次郎戦犯指定に関する藤原工業大 学生及び卒業生より連合国総司令官マッカーサー宛嘆願書(1946(昭和21) 年5月4日)。 「工業大学卒業生諸君に謝す」(村井宇之助宛藤原銀次郎書簡 (1946(昭和21)年6月21日)。) 藤原工業大学は、王子製紙の社長だった 塾員の藤原銀次郎が、昭和14(1939)年6月日吉に創設した大学。 藤原は 創設前から、理学・工学の新学部設立を検討していた小泉信三塾長と十数回会 談し、藤原工業大学の義塾への寄附を含めた合意を経て、設立認可に至った。  時局の変化による国の圧力があり、藤原工業大学はあと1か月で卒業生を出す ところで、1944(昭和19)年8月、慶應義塾大学工学部となった。 資料は、 米内光政内閣の商工大臣を務めた藤原銀次郎が戦後戦犯指定されたのに関し、 卒業生の出した嘆願書と、それに対する藤原の礼状だ。 嘆願書は、藤原が私 財を投じて大学を創めるについてスタンフォード大学とジヨルダンを学風の手 本とし、藤原工業大学で「ジヨルダンとフクザワ」を教科書として学生に読ま せたこと、英語を重要視して特別な英語教育をしたこと、先生から国際的な自 由な、明るい教育を受け、先生の何処にも超国家主義者らしい匂いを感ずるこ とはなかったという印象を述べている。

(藤原工業大学については、大学教育の役割、清家塾長の年頭挨拶<小人閑居日記 2013. 1. 23.>、防衛大学校と慶應義塾、初代槇智雄校長<小人閑居日記 2017.1.7.>参照)

 (5)教育基本法を成立させた高橋誠一郎文部大臣。 教育勅語と教育基本 法の関係に関する答弁草稿(昭和22年3月19日)。 我妻栄による民法改正 に関する文部大臣への質問概要(昭和22年3月29日)。 それに対する答弁 草稿(同日)。 草稿(教育基本法・学校教育法成立にあたって)(昭和22年4 月1日)。 議会の速記録と照合すると、官僚の用意した答弁草稿にはないこ とを、高橋誠一郎文部大臣が言っていることがわかる。

 (高橋誠一郎文部大臣については、高橋誠一郎文部大臣と『帝室論』<小人閑居日記 2007. 6.20.>、『手控□高橋誠一郎略年譜』<小人閑居日記 2007. 6.21.>、米山光儀さんの「「修身要領」再考」(1)<小人閑居日記 2012. 5. 23.>、米山光儀さんの「「修身要領」再考」(2)<小人閑居日記 2012. 5. 24.>、「修身要領」と教育基本法(1947年)<小人閑居日記 2012. 5. 25.>参照)

『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』2017/08/14 07:09

 4日、三田山上の図書館(新館)1階展示室で開かれている慶應義塾福澤研 究センター所蔵『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』へ行った。 福澤研究セ ンターの都倉武之准教授のギャラリートークがあると知ったからである。 都 倉准教授は、福沢諭吉、慶應義塾史、「慶應義塾と戦争」についての気鋭の研究 者で、今回も豊富な蓄積からの見事な解説に、すっかり感心してしまった。  都 倉さんについては、去年からでも次のようなことを書いていた。 (92歳、古 屋豊さんが小さな声で言った<小人閑居日記 2016.4.15.>、「慶應義塾と戦 争」アーカイブ・プロジェクト<小人閑居日記 2016.4.16.>、「戦争の時代と 大学」展の冊子から<小人閑居日記 2016.4.17.>、塾長小泉信三の評価をめ ぐって<小人閑居日記 2016.4.18.>、大学の独立と自由<等々力短信 第 1094号 2017.4.25.>)

 『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』、都倉准教授の解説はまず(1)長沼事 件の資料から始まった。 柴原和(県令)宛福沢諭吉書簡(明治7年12月25 日)。 小川武平宛福沢諭吉書簡(明治9年9月20日)。 「沼地拝借願」(福 沢諭吉筆)(明治9年3月25日)。 (長沼事件については、「長沼事件」と福 沢<小人閑居日記 2013. 5. 31.>、「長沼事件」所有権の問題<小人閑居日記  2013. 6.1.>、「三田」土地購入と福沢<小人閑居日記 2013. 6.2.>参照) 都 倉さんは、柴原和(県令)宛の手紙は、長沼村民に同情して牛場卓蔵に起草さ せた願書が県令に届いたかを確認するもの、福沢が関わっていることを伝える 福沢一流のテクニックで、けして村民蔑視ではない、と。 小川武平宛は、福 沢の名前を出した(安倍首相の名前を出すように)のは村民の心得違いだった と、県庁の役人には言葉温和に嘆願して立腹させないように、と諭している。

 (2)日露戦争で捕虜になった塾員―栗田宗次関係資料―。 メドヴェージ 収容所にいたが、第二次大戦の捕虜とは扱いがまったく違ういい生活だったよ うで、くわしい日記を残し、町にも出たり、押し花などもある。 栗田宗次の 慶應義塾在学中の作文帳、日露戦争捕虜日記などから、都倉さんは、物を書く、 作文をする慶應義塾の伝統、筆まめな福沢の達意平明の文章の伝統に触れた。  慶應志木高校新聞部出身で、毎日ブログを綴っている私は、思わずニヤリとし たのだった。

 (3)「慶應義塾と戦争」アーカイブ・プロジェクトの新収資料。 戦時下の 塾生の写真アルバム・昭和16-18年(阿加井延雄、昭和18年陸軍入隊・昭和 21年卒)。 昭和18年(だったと思う)に友達とスキーに行っている写真があ る。 学徒出陣壮行会の映像で見るような、一辺倒に暗い時代ではなかった。  軍隊入隊前の寄書帳・昭和19年(松澤喜三郎旧蔵、昭和19年陸軍入隊・昭和 23年卒)。 体育会系の学生、イラストなど交え、明るく軽い調子。 都倉さ んは、本人以外わからないからと、捨てられてしまう日記やアルバムなどに、 貴重な資料があるという。 慶應義塾福澤研究センターでは、こうした資料の 提供を呼びかけている。

柳家権太楼の「落語研究会」一覧2017/08/13 07:28

 ○私がブログに書き、現在も読める、主に「落語研究会」で聴いた柳家権太
楼の落語は次の通り。 智子夫人の台本のように一言一句という訳にはいかな
いけれど、この12年間の権太楼落語をどうぞ。
権太楼の「質屋庫(ぐら)」<小人閑居日記 2005.7.3.>(この6月30日は第
444回落語研究会。「落語研究会」の歴史的な日<小人閑居日記 2005.7.2.> 
「金魚の芸者」林家ぼたん(第一次落語研究会以来初の女性演者))
権太楼「笠碁」と山田洋次さんの落語本<小人閑居日記 2005.10.4.>
鯉昇の形相と、権太楼の長いマクラ<小人閑居日記 2005.12.31.>
権太楼の「芝浜」<小人閑居日記 2006.1.1.>
権太楼、夫婦ゴルフのまくらと「青菜」<小人閑居日記 2006.6.4.>
権太楼の「鰻の幇間」<小人閑居日記 2006.9.7.>
権太楼の「御慶」と出番の話<小人閑居日記 2007.1.10.>
権太楼「大工調べ」の金勘定<小人閑居日記 2007. 5.2.>
権太楼の「代書屋」<小人閑居日記 2007. 10.2.>
権太楼の「百年目」<小人閑居日記 2008. 3.6.>
権太楼の「家見舞」その前半<小人閑居日記 2008. 7.28.>
権太楼の「家見舞」その後半<小人閑居日記 2008. 7.29.>
権太楼の「粗忽の釘」<小人閑居日記 2008. 10.26.>
権太楼の「三枚起請」<小人閑居日記 2009. 4.12.>
権太楼の「化物使い」前半<小人閑居日記 2009. 10.5.>
権太楼の「化物使い」後半<小人閑居日記 2009. 10.6.>
権太楼の「言訳座頭」(長文注意)<小人閑居日記 2009. 12.29.>
権太楼「小言幸兵衛」のマクラ<小人閑居日記 2010. 3.7.>
権太楼の「小言幸兵衛」本体<小人閑居日記 2010. 3.8.>
権太楼の「唐茄子屋政談」前半<小人閑居日記 2010. 7.29.>
権太楼の「唐茄子屋政談」後半<小人閑居日記 2010. 7.30.>
権太楼の「富久」<小人閑居日記 2011. 1.4.>
権太楼の「禁酒番屋」<小人閑居日記 2011. 5.31.>
権太楼の「お神酒徳利」前半<小人閑居日記 2011. 11. 5.>
権太楼の「お神酒徳利」後半<小人閑居日記 2011. 11. 6.>
権太楼のマクラ「柳家おじさん」<小人閑居日記 2012. 6. 5.>
権太楼「不動坊火焔」の前半<小人閑居日記 2012. 6. 6.>
権太楼「不動坊火焔」の後半<小人閑居日記 2012. 6. 7.>
権太楼「うどん屋」のマクラ<小人閑居日記 2013. 2. 15.>
権太楼の「うどん屋」本篇<小人閑居日記 2013. 2. 16.>
権太楼の「蜘蛛駕籠」<小人閑居日記 2013. 9.3.>
権太楼「宗論」のマクラ<小人閑居日記 2013.12.6.>
権太楼「宗論」本篇<小人閑居日記 2013.12.7.>
権太楼「鰍沢」マクラと前半<小人閑居日記 2014.3.9.>
権太楼「鰍沢」の後半<小人閑居日記 2014.3.10.>
権太楼の「短命」<小人閑居日記 2014.6.8.>
権太楼「錦の袈裟」のマクラ<小人閑居日記 2014.11.30.>
権太楼「錦の袈裟」本篇<小人閑居日記 2014.12.1.>
権太楼の「へっつい幽霊」前半<小人閑居日記 2015.6.8.>
権太楼の「へっつい幽霊」後半<小人閑居日記 2015.6.9.>
権太楼「猫の災難」のマクラ「出囃子」<小人閑居日記 2015.10.3.>
権太楼「猫の災難」の本篇<小人閑居日記 2015.10.4.>
権太楼の「二番煎じ」前半<小人閑居日記 2016.3.9.>
権太楼の「二番煎じ」後半<小人閑居日記 2016.3.10.>
権太楼の「心眼」<小人閑居日記 2016.8.12.>
柳家権太楼の「睨み返し」前半<小人閑居日記 2017.1.5.>
柳家権太楼の「睨み返し」後半<小人閑居日記 2017.1.6.>
柳家権太楼の「死神」前半<小人閑居日記 2017.6.10.>
柳家権太楼の「死神」後半<小人閑居日記 2017.6.11.>

 ○ブログにする以前のもので、朝日ネットの会員限定のフォーラム「等々力
短信・サロン」で読めるのは、次の通り。
落語家と世界一周クルーズ<小人閑居日記 2002.10.25.>
 24日は、第412回落語研究会。 「素人義太夫」柳家権太楼
こぶ平の「一文笛」など<小人閑居日記 2003.4.24.>
 23日は新年度に入った第418回落語研究会。 「お化け長屋」柳家権太楼
円生のアクセント<小人閑居日記 2003.12.20.>
 19日は、第534回東京落語会。 「試し酒」柳家権太楼
初席の落語研究会みな快調<小人閑居日記 2004.1.23.>
 22日は、今年最初の第427回落語研究会。 「ひとり酒盛」柳家権太楼
志ん太、喬太郎、菊丸<小人閑居日記 2004.6.1.>
31日は第431回落語研究会。 「大山詣り」柳家権太楼

 ○それ以前の柳家権太楼の「落語研究会」出演と、桂枝雀と一緒の回は、つ
ぎの通り。
第132回1979(昭和54)年4月26日「人形買い」(柳家さん光)、第187回 
1983(昭和58)年11月28日「芝居の喧嘩」、第245回1988(昭和63)年9
月28日「大安売り」、第251回1989(平成元)年3月30日「錦の袈裟」(桂
枝雀「愛宕山」)、第267回1990(平成2)年7月23日「船徳」(桂枝雀「舟
弁慶」)、第274回1991(平成3)年2月26日「お血脈」、第283回1991(平
成3)年11月27日「天狗裁き」(桂枝雀「住吉駕籠」)、第289回1992(平成
4)年6月29日「佐野山」(桂枝雀「寝床」)、第292回1992(平成4)年10
月27日「代書屋」、第298回1993(平成5)年4月14日「くしゃみ講釈」、
第303回1993(平成5)年9月28日「佃祭」(桂枝雀「軒づけ」)、第312回 
1994(平成6)年6月27日「化物使い」、第317回1994(平成6)年11月29
日「壺算」、第322回1995(平成7)年4月14日「火焔太鼓」、第325回1995
(平成7)年7月24日「舟徳」、第330回1995(平成7)年12月27日「芝
浜」(桂枝雀「宿替え」)、第334回1996(平成8)年4月11日「幽霊の辻」(小
佐田定雄作)、第337回1996(平成8)年7月25日「鰻の幇間」、第341回1996
(平成8)年11月14日「睨み返し」、第346回1997(平成9)年4月11日「つ
き馬」、第351回1997(平成9)年9月30日「大工調べ」、第356回1998(平
成10)年2月25日「宿屋の仇討」、第362回1998(平成10)年8月25日「疝
気の虫」、第371回1999(平成11)年5月27日「へっつい幽霊」、第376回 
1999(平成11)年10月18日「くしゃみ講釈」、第380回2000(平成12)年
3月1日「茶の湯」、第384回2000(平成12)年年6月26日「らくだ」、第
390回2000(平成12)年年12月27日「文七元結」、第395回2001(平成13)
年5月31日「子別れ(上)」、第397回2001(平成13)年7月24日「子別れ
(中)」、第398回2001(平成13)年8月29日「子別れ(下)」、第400回2001
(平成13)年10月24日「芝居の喧嘩」、第404回2002(平成14)年2月28
日「居残り佐平治」、第408回2002(平成14)年6月25日「井戸の茶碗」。