信長の鉄砲玉にタイ鉱山の鉛2020/07/13 07:05

9日に見ていなかったと書いたNHKスペシャル「戦国~激動の世界と日本」(第1集)「秘められた征服計画 織田信長×宣教師」を見ることができた。 「ヨーロッパの16世紀の文書が公開され、信長・秀吉と、来日したキリスト教宣教師、そして背後にいたポルトガルとスペインとの深い繋がりが見えてきた。それぞれの思惑と、熾烈な駆け引きを描く。」という番組である。

日本の戦国時代(1467年応仁の乱~1615年豊臣氏の滅亡)は、世界的には大航海時代と、キリスト教世界布教の時代と重なっていた。 16世紀の文書というのは、バチカン市国イエズス会ローマ文書館の宣教師たちの報告書などである。 フランシスコ・ザビエルに始まる、日本にやってきた宣教師たちは、当時の超大国スペインが全世界をキリスト教国にする使命を持っていた。 ザビエルから三代目のリーダー、フランシスコ・カブラル(眼鏡を知らなかった日本人は「四ツ目のカブラル」と呼んだ)は日本全国のキリシタンからの情報網を持ち、1572(元亀3)年に将軍の暗殺計画のあることもつかんでおり、戦国武将(大村純忠、毛利輝元、大友宗麟、武田勝頼、徳川家康)と接触を試みていた。 そして、織田信長について、もともと弱小国の武将ながら、鋭い判断力と慎重さを持つと高く評価して、1572(元亀3)年岐阜城を訪問、会談した。

1575(天正3)年、織田対武田の長篠の戦いは、鉄砲対騎馬軍団の戦いといわれているが、武田家の文書には武田も鉄砲を使っていたとあり、鉄砲対鉄砲の戦いでもあった。 両軍の鉄砲の差は、どこにあったか。 愛知県新城の長篠の戦いの合戦場から、信長軍の鉄砲玉が出土する。 当時貴重だった鉛が使われていて、平尾良光帝京大教授は、その化学分析から4000km離れたタイの鉱山の鉛と成分が一致すると言う。 この鉛の鉄砲玉が、信長躍進の鍵となった。 鉛は、カブラルの命令で、布教を後押しするため日本に運ばれた。 カブラルは信長に、「天下統一したければ、キリスト教の布教を支援せよ」と伝えていた(ペドロ・コレイア リスボン大学歴史センター教授)。

 日本への軍事物資は、ポルトガルの交易船で運ばれた。 2014年、オマーンでのポルトガルの沈没船調査では、大量の鉄砲玉と銃が発見されている。 ヨーロッパ製の鉄砲が、戦国武将の懐に入り込んでいたのだ。

日本の武士を傭兵に、覇権を手にしたオランダ2020/07/11 06:56

 「戦国~激動の世界と日本(第2集)」「ジャパン・シルバーを獲得せよ 徳川家康×オランダ」の最後に、もう一つ初めて知った話があった。 スペインとオランダの植民地争奪は、モルッカ諸島(インドネシア)やマラッカ海峡などで激しくなっていた。 オランダ国立公文書館の文書に、日本が商品として輸出した積み荷リストがある。 火縄銃などとともに、日本人の名前がある、サムライ、つまり傭兵だ。 戦国時代が終わり、失業した武士たちを、傭兵として新たな場所へ、植民地争奪戦に投入したのだ。 ジャック・スペックスは、家康と交渉して出国許可を取り、傭兵をスペインの最重要地点、特産品香辛料を産するモルッカ諸島へ送り、オランダが勝つ。 こうしてオランダは、スペインの植民地をつぎつぎに奪うことになる。

 世界の船の3/4がオランダのものとなり、日本と結びつくことによって、オランダは世界の覇権を手にする。 日本は、世界史と深くかかわったのである。 ヨーロッパの大戦争、三十年戦争(1618-1648)では日本の大砲が投入され、オランダが勝利した。 敗北したスペインの没落が、決定的となった。

 世界史の大転換。 日本とヨーロッパが結びついた時、新たに出現したグローバル経済を最も効率的に利用したものが、勝利を手にした。 戦国時代の日本もまた、世界史の最前線であった。 世界もまた一つになる、新たな時代を経済が開いたのである。(ケネス・ポメランツ シカゴ大学教授)

大坂の陣は、スペインとオランダの覇権争い2020/07/10 07:11

 こうしたオランダの動きに、あせったスペインはロドリオ・デ・ビベロ総督が、徳川家康に鉱山技師というカードを提示した。 但し条件は、新たに採掘した半分の銀をスペインに渡す、オランダ人を国外に追放する、キリスト教会を建て宣教師を置く。 スペインは、キリスト教の布教と貿易が表裏一体だったと、フレデリック・フレインズ国際日本文化研究センター准教授は話した。 キリシタンが増えれば、その王となる形で征服できる。 オランダは、スペインがフィリピンやメキシコを、この方法で植民地にしてきたと家康に伝える。 家康はスペインとの交渉を打ち切り、キリスト教を全面的に禁止する。

 徳川家康の障壁は豊臣秀頼だった。 スペインは、豊臣秀頼に接近する。 西国のキリシタン大名、豊臣恩顧の大名らは豊臣の旗の下に結集し、戦国最後の決戦へ進むこととなる。

 アメリカ大陸での銀山発見以来、銀貨、世界で使われる国際通貨が出来た。グローバル経済が誕生し、世界を一変させる。 陶磁器、香辛料、絹織物など、国際貿易が活性化し、地球規模の経済が生まれる。

 大坂の陣(1614(慶長19)年-15(元和元)年)は、スペインとオランダの覇権争いだった。 宣教師が応援するキリシタン大名らの豊臣軍は10万の大軍を集め、スペインは武器調達でも活躍する。 最近発掘された大阪城の地下陣小屋跡から、つくりかけの鉄砲玉が出土したが、キリシタン商人が鉛を調達した。 攻めあぐねた家康は、大砲による攻撃を決断する。 オランダのパウエル・コットン博物館にある17世紀のブロンズ製カノン砲は、秒速340m、射程500m以上の威力があった。 家康は、大坂城の天守と御殿を、この大砲で直撃し、多数の死傷者を出した秀頼は戦意を喪失した。 豊臣家は滅亡する。

 オランダ東インド会社は、大砲と砲弾で銀貨1万2千枚を入手する。 最盛期には、年94万トンの銀が日本から運び出された。 戦国最後の合戦の知られざる秘密である。

戦国、世界史の中の日本、家康とオランダ2020/07/09 07:11

 5日東京都知事選挙結果速報後に放送のNHKスペシャル「戦国~激動の世界と日本(第2集)」「ジャパン・シルバーを獲得せよ 徳川家康×オランダ」が面白かった(ナビゲーター西島秀俊)。 (第1集)「秘められた征服計画 織田信長×宣教師」は、見ていなかった。 (第1集)の番組案内は、「ヨーロッパの16世紀の文書が公開され、信長・秀吉と、来日したキリスト教宣教師、そして背後にいたポルトガルとスペインとの深い繋がりが見えてきた。それぞれの思惑と、熾烈な駆け引きを描く。」とある。

 慶長5年3月16日(1600年4月29日)オランダの商船リーフデ号が豊後国臼杵の佐志生(さしう)に漂着した(臼杵は、鶴田真由「ファミリーヒストリー」で先祖のいた佐伯よりさらに別府寄りだ。) 日本に来航した最初のオランダ船で、ロッテルダムの東方貿易会社が1598年東洋貿易に派遣した五隻中の一隻で、300トンの木造帆船。 生存者24名(直後に3人死んだ)、船長クワケルナック、高級船員ヤン・ヨーステン、イギリス人航海士ウイリアム・アダムスを、徳川家康は優遇した。

 番組では、漂着した船は、日本との貿易が目的で、武器弾薬が多数積んであった、とした。 オランダは1568年に新教徒がスペインに反乱を起こし、1581年に独立を宣言した独立戦争の最中の新興国で、スペインが植民地での富でつくった無敵艦隊の軍事力に対抗するため、貿易によって富国強兵を図る東洋貿易の模索中だった。 豊臣方と対抗している家康は、オランダの貿易の意図を面白がり、漂着したオランダ人らを家臣とする。 半年後の慶長5年9月15日、関ヶ原の戦いで徳川方の嵐のような鉄砲の弾丸が豊臣方を襲う、漂着船積載の武器弾薬の火力は圧倒的だった。

 それは世界的にも、激動の時代だった。 1602年、世界初の株式会社、オランダ東インド会社(VOC)が出来た。 特許状は、外国領主との条約を結び、兵士を雇い要塞を築き、貨幣を作る権利まで、貿易に関するあらゆる権限が認められていた。 貿易戦争で、スペインと対抗するためである。 家康は日本との貿易を許可する朱印状をクワケルナックに与え、1609(慶長14)年オランダ東インド会社の船が九州平戸に到着、同年、平戸にオランダ商館が開設され、ジャック・スペックスが初代商館長となった。 番組の最初を見落としたが、ジャック・スペックスの報告書簡の文書がオランダ国立公文書館で発見されたことによって、新たにいろいろなことが明らかになったらしい。

ジャック・スペックスは有能なビジネスマンだった。 スペインの財力を支えている一つはアメリカ大陸のボリビア銀山だったが、オランダはスペインの銀の独占を切り崩したいと、スペックスは銀山王国の日本に目をつけて、内密に佐渡の銀山を調査した。 家康は、関ヶ原直後に佐渡を押さえた。 佐渡の銀山は石英脈を追う野天掘りで、五万人の労働者が昼夜交代で掘る、シルバーラッシュを迎えていて、世界トップクラスの銀山だった。 日本各地の銀山は、年間10トンを超える銀を産出した。 スペックスは家康と交渉し、毛織物、色とりどりのガラス、最高級の鏡などと銀を交換しようとしたが、家康は兵器を要求した。

(7年前、「世界一の銅産出量、長崎出島と大坂屋」<小人閑居日記 2013. 3. 23.>に、江戸時代、オランダを通じて秋田・阿仁の銅が世界経済を動かした話を書いていた。)

父方は別府温泉のホテルニューツルタ2020/07/04 07:09

 鶴田真由の父方は、別府温泉のホテルニューツルタだった。 ルーツは大分県佐伯市にあった。 初代の高祖父兵吉は、佐伯藩の武士で小谷姓だったが、何かの理由で息子の道造(曽祖父)を連れて、佐伯を逃れ別府に移ったと、現在の当主鶴田浩一郎(真由の従兄弟)は言う。 別府の菩提寺圓正寺で、兵吉が庄屋の鶴(雨に隺)田家に助けられ、勤勉と人物によって鶴田姓を許されたとわかる。

 番組が佐伯市を調べると、道造の出身地とあった四浦(ようら)半島の先端、高浜に小谷姓の家が一軒あり、事情を知っていた。 リアス式海岸で、黒船来航の前年には、清国の漁船が漂着したような場所だった。 豊後水道を見渡す高台に、家の跡と小谷兵部守(実名大谷徳蔵)の墓があった。 二本差の武士で半農半漁、旧佐伯藩(毛利家)から、海岸の警固を命じられていたが、大きな秘密に触れ(見つけてはいけないものを見つけた)、明治3(1870)年45歳で毒殺されたという。 後にその墓を建てたのは、鶴田道造・萬吉兄弟だった。 明治5(1872)年、兵吉は、13歳の息子道造を連れて出奔した。

 初代の高祖父兵吉(文政7(1824)年生)は、鶴田姓を許された別府で網元となり、二代道造(曽祖父)は、200人の網子を抱える大きな網元となった。 明治6(1873)年には、別府港が開港される。 折からの別府温泉の興隆にのり、鶴田家は、旅館業を始める。 5月13日の「「湯治舟」がわからなかった」に書いた時期で、別府港のすぐそば、海岸の好立地で、繁盛し、代々議員なども務めた。 祖父勘一と結婚した祖母栄子がやり手で、がっちりしたスタッフを育てて、旅館を大きく発展させた。 面倒見がよく、画家などが長く逗留し、宿賃代わりの絵がたくさん残っている。 戦中、傷痍軍人の宿や病院として使われ、戦後は、進駐軍に接収された。 真由の父は、勘一・栄子夫妻の六人の子供の末っ子で四男の剛司、逗留の画家の影響を受け、絵を描き、東京芸大を出て、三菱電機の工業デザイナーとなる。

 鶴田真由の母方、吉村三木太郎の子泰明(祖父)は東京帝大(地質関係専攻)を出て商工省の官僚となって世界を飛び回り、外務省の嘱託として昭和15(1940)年新婚の妻嘉子とともに香港の日本領事館に駐在した。 同じ、領事館に勤めていた中国人シウロン・ロー(東京帝大出)と家族ぐるみの付き合いをし、昭和18(1943)年に生まれた順(真由の母)と、シウロン・ローの息子ティモシーも仲良くなる。 吉村家は、本郷から鎌倉に越した。

 一方、別府の鶴田家の四男剛司は、東京芸大を出て三菱電機の工業デザイナーとなり、昭和39(1964)年会社からアメリカのイリノイ工科大学に留学した。 学生寮で出会ったのが、香港から留学していたティモシー・ローだった。 剛司の社宅は鎌倉にあった。 帰国する時、ティモシーから、鎌倉の吉村家に顔を出し、土産物を届けてくれるように頼まれた。 江ノ電の駅で、赤い傘を差して出迎えたのが、順だった。 剛司と順は恋に落ち、二年後に結婚、昭和45(1970)年、真由が生まれる。