岡田裕介さんと脚本家早坂曉さん2021/04/07 07:03

 昨年11月に亡くなった東映会長の岡田裕介さんについて、朝日新聞が「エンドロール 映画人 岡田裕介」(石飛徳樹編集委員)を連載した。 慶應商学部の2年生の夏休み、父親の岡田茂さんが当時東映京都の撮影所長だったか、京都のクラブで飲んでいて、プロデューサーの逸見稔に石坂浩二と間違えられてスカウトされた。 東宝の森谷司郎監督が、庄司薫の『赤頭巾ちゃん気をつけて』を映画にするのに、日比谷高校生(岡田裕介も日比谷高校卒)の庄司薫くん役でデビューする。 私も、その頃の顔は、よく憶えている。 東宝やテレビで俳優、プロデューサーをやっていたが、1988(昭和63)年39歳で東映に入社、後に東京撮影所長、常務、社長を歴任した。

 「エンドロール 映画人 岡田裕介」に、脚本家早坂曉さんが出てきた。 1970年代後半、岡田裕介さんはテレビのブロデュースに携わっていた。 旧知で麻雀仲間の早坂曉さんに、ヒット映画『人間の証明』のドラマ版の脚本を依頼したら、快諾してくれた。 高峰三枝子主演で全13話、珍しく早坂さんが一人で書いた連ドラだった。 第1話を二人で見たら、翌週の脚本は1行も書いていないと言う、早坂さんは「遅坂さん」というあだ名があった。 岡田さんが第2話を書いて、「早坂曉の名前で出しますよ」と伝えたら、「こんなのじゃ駄目だ。3時間くれ」と言って、3時間で全部書き直してきた。 この時、催促のコツを身につけた。 「カッと燃えさせればいいんだな」と。 そこから、二人の長い付き合いが始まった。

 フリープロデューサーだった岡田裕介さんは、早坂曉さんの脚本を頼りにしてきた。 佐藤純彌監督の大作『空海』、吉永小百合が死刑囚を演じた『天国の駅 HEAVEN STATION』…。

プロデューサーなのに、映画やドラマにちょろちょろ出演していたが、そろそろ俳優を引退しようと考えていた1981(昭和56)年、吉永小百合主演のドラマ『夢千代日記』に出演することになった。 脚本の早坂曉(あきら)さんに、吉永さんと会う機会を設けたので、「そのお礼に」と岡田裕介さんの役を作ってくれた。 夢千代を妊娠させて捨てる男だった。 曉(ぎょう)さんいわく「お前の新境地だぞ」って、冗談じゃないよね。

東映に入社して、90年代後半にかけて『公園通りの猫たち』『超能力者 未知への旅人』『北京原人 Who are you?』を早坂曉脚本で企画・製作した。 世間では「珍品3部作」と呼ばれているが、シネコン時代が来る前で、1996年映画の年間入場者数が史上最低の1億1千万人台に落ち込んで、映画の将来に危機感を覚えていた。 とにかくあがいて突破口を見つけなければ、と考えていた、その時に全部付き合ってくれたのが、曉(ぎょう)さんだったから、とても感謝しているんです、と。

関容子さん「銀座で逢ったひと」の「早坂曉さん」2021/04/06 07:11

 関容子さんが『銀座百点』に連載している「銀座で逢ったひと」の巧さには、いつも感心するのだが、3月号の「早坂曉さん」には、とりわけ感じ入った。 脚本家・早坂曉さんも、早坂さんと親しかった渥美清さんも、歌舞伎座のかなり後方の角席に一人で、全身で周囲の人の眼を拒むような姿勢で、じっとしていたという。 渥美さんがその夏に68歳でなくなった平成8年の秋、そんな早坂さんを角席に見つけて、渥美さんの思い出を聞いた。 「渥美ちゃんと出逢ったのは浅草の銭湯の中でね、当時僕は学生運動で公安からマークされていたんで、浅草に潜伏していた。それで昼間のすいているときに銭湯に行って、じっと湯舟に身を沈めていたら、ドーランの化粧のままの四角い顔の男がポチャンと横に入ってきたんで、僕は自然と顔をそむけたら、どしたい、兄ちゃん、なんかまずいのか? って。ちょうどフランス座というストリップ劇場でつなぎのコントに出てるころで、僕より一つしか上じゃないのに、かなり兄貴に見えた。金はあるのかい、って訊いてくれて、上野の稲荷町にあった生家まで一緒にブラブラ歩いて、おふくろさんに玄関で、こいつ困ってるらしいから小遣いやってよ。それで外へ出るとすぐ、いくらもらった? 半分よこせよ、って(笑)」

 関さんは、それからしばらくして、早坂さんに声をかけてもらって、富山のチューリップテレビのドラマ審査員として同行した。 うす暗い一室にこもって、ヘビースモーカーたちとテレビの画面と睨めっこ、とうとう三日目の午後、具合が悪くなって別室で休んでいた関さんのところに、早坂さんがドラマの概要とその評価を記したメモを持ってきてくれた。 関さんの脳裏に十歳上の兄がよく宿題をやってくれた昔が甦り、五十歳で早逝した兄のことを夢中で早坂さんに語り続けた。 小学校にも行かないころ、今にお兄ちゃんのお嫁さんになる、と言ったら、母が「何言ってんの、お兄ちゃんのお嫁さんにはなれないんだよ」と笑うので、子どもの幼い頭で一生懸命考えて、それなら私、電気屋の伯父さんちにもらわれて行く。ちょっとの間離れていれば、あとはずっと一緒にいられるから……って。そしたらまた母が、「何言ってんの、この子は。そうはうまくいかないの」って。 早坂さんはちっとも笑わず、しんみりとなってこう言った。 「東京でいつか僕の妹の話をするよ」

 早坂曉さんは昭和4年8月、四国遍路道の商家、勧工場という小規模な百貨店の前身のような店に生まれた。 ある朝、店の前に女の赤ちゃんが捨てられていた。 そのままうちの実の子どもとして育てられ、まっすぐに、明るい女の子に育った。 早坂さんは、旧制松山中学校を卒業し、海軍兵学校に在学中に終戦となり、帰郷することになる。 「夜遅く、列車が広島駅をゆっくりゴトンゴトンと通過するときに、窓から見た光景は、今思ってもゾッとする。青い燐光のような、地獄の業火のような、これが鬼火かというようなものが、一面の焼野原のあちこちから燃え立っていて……」

 早坂さんは母親が見てもすぐにはわからないくらい痩せ衰えて帰ったが、そこには妹の姿がない。 「母が言うには、空襲がいよいよ激しくなって、いつ死ぬかわからないようになってきたので、ある朝、こんなふうに言ったそうです。これまでかくしてきたけれど、実はお前は捨てられていた子で、私たちと血のつながりはないんだよ、だからお聞きよ、お兄ちゃんのことを本当に好きになってもいいんだよ、って。妹の顔がパッと輝いて、どうしても海軍兵学校へ面会に行く、と言い出して、いくら止めても聞かないで、うちを出たのがよりによって原爆投下の前日、8月5日のことだったとか」

 広島に着くのが予定より遅くなり、女の子のことなのでやむなく宿屋に一泊、翌朝早く兵学校(江田島)を訪ねるつもりだったのだろう、それがまたよりによって、爆心地に近いところに宿屋がたくさん集まっていて、と早坂さんは悔しがる。

 平成29年12月、早坂曉さんは腹部大動脈瘤破裂のため88歳で急逝した。 その二日前、代表作『花へんろ』の特別編、最後の脚本『春子の人形』が出来上がっていた。 翌年8月、放送されたドラマで、関容子さんは「春子という名前と、赤子が人形と一緒に生家の軒下に置かれていたこと」を知る。 もし、早坂さんがご存命なら、放送のあとにきっと電話があったことだろう、という。 それもいつものように、「もしもし、妹……さんですか」という呼びかけで。

「西暦・和暦 もうだいじょうぶ公式」2021/04/05 07:02

 『暮しの手帖』11 spring 2021 4-5月号に、佐藤雅彦さんが連載「考えの整とん」に「西暦・和暦 もうだいじょうぶ公式」を書いている。 令和になって3年、「長年、西暦・和暦の変換に苦しんできた日本の同胞よ、喜んでくれ給え、少なくとも、2029年・令和11年までは、もうこのことで悩むことはないのである」、佐藤式西暦・和暦変換の公式を発見したというのである。

 西暦の下二桁の数字を足し算すると、令和の年号になる。

 2021年は、2+1=3だから令和3年。 2022年は、2+2=4だから令和4年。

公式は「20ab年は、令和a+b年。」で、2029年・令和11年まで有効だ。

私などは明治、大正、昭和、平成、西暦より和暦の方が、だいたいの年代を考えやすいので、文章を書く時、「明治14(1881)年」と和暦を書いて()で西暦を入れるようにしている。 長く、手帳の末尾にある年齢早見表に、江戸末期からの分を足して使ってきた。 最近は、スマホのアプリにある「年号電卓Plus」というのを便利にしている。

手帳やスマホが手元にないと、佐藤式のような、暗算もやる。 和暦を西暦に変換するのは、それぞれの元年(明治は1868年、大正は1912年、昭和は1926年、平成は1989年)から1を引いて、明治は+67、大正は+11、昭和は+25、平成は+88が公式だ。 政変のあった明治14年は、14+67で1881年。 関東大震災の大正12年は、12+11で1923年。 二・二六事件の昭和11年は、11+25で1936年。 長野オリンピックの平成10年は、10+88で1998年というやり方だ。

 西暦を和暦に変換するのは、逆に引き算、明治は-67、大正は-11、昭和は-25、平成は-88が公式だ。 1881年は、81-67で明治14年。 1923年は、23-11で大正12年。 敗戦の1945年は、45-25で昭和20年。 東日本大震災の2011年は、11-88で暗算がちょっと難しいが、平成23年となる。

 令和は、元年が2019年だから、和暦を西暦に変換するのは+18、西暦を和暦に変換するのは-18となる。 令和3年は、3+18で2021年。 2022年は、22-18で令和4年。 これだと、2029年・令和11年を過ぎても、2030年は30-18で令和12年となるから、佐藤式西暦・和暦変換公式より有用だと思うが、いかがだろう。

玉泉寺のハリス顕彰碑、タウンゼンドとタウンゼント2021/04/03 06:59

大河ドラマ『青天を衝け』第6回「栄一、胸騒ぎ」の「紀行」で、下田の玉泉寺のハリスの顕彰碑を渋沢栄一が建てたこと、本堂の銅板葺きの屋根を寄進したことをやっていた。 ハリスは、12月28日の<小人閑居日記>に「永井荷風と広尾光林寺ヒュースケンの墓」、29日に「ヒュースケンの暗殺、光林寺での葬儀」に書いた通訳ヒュースケンを伴って、安政3(1856)年に下田玉泉寺に着任、3年間下田や江戸で交渉を重ね、安政5(1858)年横浜での日米修好通商条約の調印に至った。 渋沢栄一が、日米というか日本の通商を開いたハリスの功績を称えて、ハリスの顕彰碑建立に尽力したことを、ぜんぜん知らなかった。 昭和2(1927)年10月1日、除幕式に参列した87歳の渋沢栄一は、「封建制専制から立憲国に、また資源乏しい国ながら産業・貿易も盛んになったのは、ハリスのお陰」と演説したそうだ。

 それをハリスの顕彰碑で検索した、渋沢栄一記念財団のホームページでは、「タウンゼンド・ハリス記念碑建設」(渋沢栄一伝記資料)となっていた。 ずっとタウンゼント・ハリスだと思っていたのだが、「タウンゼンド・ハリス」(Townsend Harris)だった。 だが『青天を衝け』は「ハルリス」「タウンゼント・ハリス」であり、ウィキペディアも「タウンゼント・ハリス」である。 そういえば昔、エリザベス女王の妹のマーガレット王女の恋人が、タウンゼント大佐という名前だった。 マーガレット王女は10代の終わりから20代の初めに、父のジョージ6世の侍従武官だったピーター・タウンゼント大佐を恋した。 しかし、16歳年上で、離婚歴のある大佐との結婚を、英国国教会が許さず、英国国教会の首長であるエリザベス女王も立場上認めることができなかった。 で、ずっと当時の報道の通り、タウンゼント大佐だと思ってきたのだが、タウンゼンド(Townsend)だったらしい。

 最近の百科事典を見ると、タウンゼントはなく、みなタウンゼンドになっている。 イギリスの児童文学評論家・作家ジョン・タウンゼンド、物理学者サー・ジョン・エドワード・タウンゼンド、詩人オーレリアン・タウンゼンド、政治家チャールス・タウンゼンド父子、アメリカの医師フランシス・タウンゼンド。 いったい百科事典がTownsendのDを、「ト」でなく「ド」と表記するようになったのは、いつ頃からだったのだろうか。

『青天を衝け』浜田弥兵衛(やひょうえ)、台湾事件2021/04/02 07:10

 渋沢栄一を描いた大河ドラマ『青天を衝け』の題名だが、「衝け」「衝く」という言葉に馴染がなかった。 題名を打つ(書く)のに、初め、衝突を出して突を消した。 「衝(つ)け」とフリガナのあったのに引きずられたのか、「衝つ(うつ)」と読み違えて、『青天を衝つ』とやってしまった。 <小人閑居日記>の2月23日に書き、以後はコピーしたので、2月24日と3月5日も、『青天を衝つ』と書いた(気がついた後、訂正した)。 いつも誤植の揚げ足を取っていて、この渋沢栄一関連では「夢七訓」に原典がないことを深谷市にまで質問したりしたのに、自分で、このミスはまことに恥ずかしい。

 『青天を衝け』は、渋沢栄一が安政5年に尾高惇忠と信州に旅した際に詠んだ(第7回「青天の栄一」「紀行」によると栄一の「巡信紀詩」所収、JR中込下車の内山峡に詩碑)、「勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」、青空を突き刺す勢いで肘をまくって登り、白雲を突き抜ける気力で手に唾して進む、という意味の漢詩から取ったのだそうだ。 間違えたから言うわけではないが、難しい上に、読みにくい。 もっと良い題はなかったのか。

 『青天を衝け』の第4回「栄一、怒る」で、栄一が海外に雄飛した山田長政や浜田弥兵衛(やひょうえ)に憧れる場面があった。 山田長政は、小学生の時に伝記を読んで知っていたが、浜田弥兵衛を知らなかった。

 『広辞苑』【浜田弥兵衛】は、「江戸初期の長崎の貿易商で、長崎代官末次平蔵の朱印船船長。1625年(寛永2)台湾に渡航したが、オランダ総督に妨害され、28年武装した470名の乗組員を率いて渡台、総督に謝罪させ、その子を人質として帰国(台湾事件)。生没年未詳。」とあった。

 『日本大百科全書(ニッポニカ)』【浜田弥兵衛】は、「生没年不詳。江戸初期の朱印船貿易船船長。江戸初期、日本の輸入品中最大の中国産生糸は、おもに中国商人との台湾での出会(であい)貿易によりもたらされていた。しかし1624年(寛永1)オランダは台湾にゼーランディア城を築いて根拠地として以来、日本の貿易船に対し新たな課税を行うなど、圧迫干渉を加えるようになった。25年長崎代官末次平蔵の朱印船船長として弥兵衛が台湾に渡航した際、長官マルティヌス・ソンクはその貿易を妨害したので、彼は同地の住民を連れて帰り幕府に訴えた。その後オランダ側の事情説明のため新長官ヌイツが大使として来日したが、目的を果たせず帰った。28年、弥兵衛は、平蔵の持船二隻に貿易資金のほか多くの武器・火薬を積み、470人の乗組員を率いて、武力に訴えても貿易を強行する意志で台湾に渡った。ヌイツは弥兵衛を城内に抑留し、貿易も差し止められた。しかし弥兵衛らは機をうかがい、逆にヌイツを捕らえ人質としたので、オランダ側と和議が成立し、同年7月長崎に戻った。幕府もオランダの態度に不満を持ち、来日オランダ船の抑留、蘭館の封鎖、貿易禁止などを行い緊張したが、オランダ側が32年責任者ヌイツを幕府に引き渡すなどして事態は好転し、貿易も再開された。弥兵衛とその子新蔵は、その後島原の乱に際して功をたて、のち新蔵は細川家に仕官した。[沼田 哲]」と、詳しい。

 他の事典の異同箇所。 『マイペディア』「(ゼーランディアを)ゼーランジア(安平(アンピン))、ヌイツを捕らえて長崎に連れ帰り、カロンの通訳により談合の末和解、幕府は弥兵衛が連れ帰ったオランダ船を抑留したため、日蘭貿易は1632年まで禁止された。」 『山川 日本史小事典』「タイオワン(台湾の外港安平(アンピン))」 『日本歴史大事典』「肥前国大村の人。1627年オランダ人の乱暴を訴えるため、台湾の新港(シンカン)社の住民を日本に伴い、幕府に訴えた。」

 『日本歴史大事典』【台湾事件】、「1624年(寛永元)~1632年に起こった台湾貿易をめぐる日蘭間の紛争。当時台南(台湾)は朱印船の主な渡航地だったが、ここにゼーランディア城を建てたオランダ人は、港湾建設費がかかったとして、1624年にこの港からの輸出品に10%の輸出税を課した。日本人がその支払いを拒否すると、オランダの台湾長官ソンクは日本人の買い入れた生糸を押収。長崎代官であり朱印船貿易家でもあった末次平蔵はこれを幕府に訴えた。オランダは弁明のため1627年に特使ノイツを日本に派遣したが完全な失敗に終わった。翌年、朱印船末次船の船長浜田弥兵衛とノイツの暴力ざたでオランダ人人質が肥前国大村の牢獄に監禁された。この事件解決に派遣されたメイランは3年近く江戸に滞在し、平戸の大名松浦隆信(まつらたかのぶ)の取次ぎで辛抱強く交渉。事件は、日本人の気質を熟知する総督スペックスが、責任者としてノイツを日本側に引き渡すという判断を下し解決した。老中土井利勝を中心とする閣老は、これはオランダが将軍の家臣として忠誠を示したものと認めたのである。こののち、オランダは日本に勤務する商館長に、東アジアに十分な経験をもち円満な人格の人物を選ぶなど気を配った。「将軍の家臣としてご奉公する」はオランダ人が繰り返す表現となったが、これが鎖国下、ヨーロッパ諸国のなかでオランダだけが日本との貿易を許される一因となった。<永積洋子>」

 『青天を衝け』を間違えておいて、言いにくいのだが、蛇足を一言。 初めに引いた『広辞苑』【浜田弥兵衛】の「総督に謝罪させ、その子を人質として帰国」だが、「その子を人質」と『日本大百科全書』や『日本歴史大事典』にない部分もあり、どうしてこういう記述になったのか、短さの制約ばかりでない、疑問が残った。