辰巳芳子さんと「大豆100粒運動」2018/07/21 07:05

 14日の土曜日、阿川佐和子さんの「サワコの朝」は、「命のスープ」の辰巳 芳子さんだった。 大正13(1924)年生まれ、93歳だという。 聖心女子学 院で学んで、昭和19(1944)年19歳で結婚した夫は、3週間で出征、9月に フィリピンで戦死した。 実は、その夫は「死にたくない」と言っていたが、 出征した若者たちは皆、そう思っていただろう。 その思いを鎮魂しなければ、 生きることを大切にしなければ、という。 辰巳さんは戦後、慶應義塾の心理 学科に入ったが、結核になり、長年、療養生活を余儀なくされた。 料理家と して活躍していた母・浜子さんを手伝い、やがて鎌倉の自宅で料理を教えるよ うになる。 脳血栓で嚥下困難になった父に、母娘でスープをつくり、それが 父の命を支えることになる。

 平成6(1994)年70歳で「良い食材を伝える会」、平成8(1996)年「スー プの会」を始める。 平成16(2004)年、80歳の辰巳さんの呼びかけに長野 の信越放送が賛同し、「大豆100粒運動」を発足する。 辰巳芳子さんは、戦 中戦後の食糧不足のひもじい時代を経験し、日本で大切なものは、米と大豆だ という。 米を育てるのは難しいが、大豆なら痩せた土地でも育つ。 子供た ちが蒔いても、簡単に育てられる。 大豆100粒というのは、子供たちの手の ひら一杯にのる数だ。 小学校の子供たちの手を借りて、大豆を蒔こうという 提言である。 大豆を蒔いて、低学年の生徒たちの背の高さまで育つのを観察・ 記録し、そして収穫して学校で揃って食べ、豆腐や納豆にも加工する。 この 「大豆100粒運動」を奨励・拡大するために、辰巳さんはNPO法人「大豆100 粒運動を支える会」の会長を務めている。

 辰巳芳子さんは、食の安定性や自給率を深く憂え、人類が豆に頼らなければ ならない時代がきっと来るという。 生命は、もろいものだ。 とりわけ、幼 い生命は大変傷つきやすいものだ。 それはどれほど見守っても充分とは言え ぬほどのものだ。 この生命を大切にしたいと、まず手始めに、この大豆を再 興することから手をつけたのだという。

 なぜ大豆なのか? 大豆は「五穀」の一つに数えられ、古来から日本人の生 命を支えてきた身近な作物だが、近年の自給率は約5%、ここから日本の食を 立て直すことが急務だ。 大豆は、枝豆としても完熟させて大豆でも食べるこ とができる。 きなこ・豆腐・納豆・味噌など、さまざまな加工ができる。 乾 燥させた大豆は長く保存できる。 収穫した大豆の一部を残しておいて、来年 の種まきに「命をつなぐ」ことを体験できる。 大豆を中心とした日本の食文 化、農業の現状、地産地消、穀物をめぐる世界情勢など、学年に合わせた学習 を深めることができる。 日本には各村に一品種あるといわれるほど多くの「地 大豆」がある。 各風土の特質ある大豆を復活、振興、援助することができる。  「大豆100粒運動」は、大豆再興が、地域の着実な「底力」となるよう、情報 交換し、「合力」することを目指している。

浅利慶太さん、GHQの方針からの出発2018/07/20 07:12

 演出家・浅利慶太さんの死去(85)を伝える18日夜の「報道ステーション」 で、インタビューに答えている過去の映像に聞き捨てならない話があった。 そ もそも演劇の道に入ったのは、高校1年生の時に、GHQの方針で、生徒は何 らかの部に入らなければならなくて、担任の先生がたまたま演劇部をやってい て、入れと言われ、体育会のノリで「はい」と言った。 演劇部に入って、裏 方をやっている内に、その面白さにはまってしまったのだそうだ。 慶應義塾 高校だろう。 1953(昭和28)年、大学で日下武史さんたちと劇団四季を立 ち上げた。 実は日下武史さんは、ジヤーミネーターの会の先輩なので、慶應 義塾高校在学中は新聞会にいた、演劇部と掛け持ちだったかどうかはわからな い。 高校新聞の発行なども、GHQの方針があったのだろうか。

 「GHQの方針で、生徒は何らかの部に入らなければならなかった」という のは、初めて聞いた。 そういえば、六三制の二年目、1948(昭和23)年に 小学校に入った私は、カタカナを習わず、ローマ字は習った。 学級の机を班 ごとの島形にまとめて、班長を選んで、授業を受けたり、図書部に行って、何 か意見を言えと、求められたりした。 あれも、GHQの方針があったからな のだろうか。

 浅利慶太さんは、1961(昭和36)年に東京・日生劇場の営業担当重役に就 き、劇団四季で「演劇で飯が食える」ことを目指し、東京だけでなく「全国で 公演する」ようにする。 ちょうど、私は大学から社会人になり結婚した時期 で、日生劇場の素晴らしさにも魅せられて、初期の劇団四季のジロドゥの『オ ンディーヌ』(影万里江だったか)やジャン・アヌイの『アンチゴーヌ』を観た し、浅利さんの演出した越路吹雪のロングリサイタルは何度も通っている。 し かし、70年代のブロードウェー・ミュージカルや、1983(昭和58)年の『キ ャッツ』以後の専用劇場での展開は観ていない。 ただ『李香蘭』だけは、2002 (平成14)年にテレビ中継を見た。

 その中継のあと、浅利さんのインタビューがあり、「劇団四季の50年<小人 閑居日記 2002.12.18.>」というのを書いていた。

 『李香蘭』の中継のあと、劇団四季の浅利慶太芸術総監督のインタビューが あった。 1953(昭和28)年に慶應高校の演劇仲間を中心に創立された 劇団四季は、来年50周年を迎えるそうだ。  フランスの芝居で始めて、「“当 り”なくして演劇なし」と言ったルイ・ジュベの言葉どおり、人生が生きるに 値するものだという感動を伝える、お客の入る芝居、自分が退屈する人間なの で、その「自分が退屈しない芝居」をめざしてやってきた。 ブロードウェー のミュージカルを取り入れた当初は、感動を与え面白く見せる技術が30年く らい遅れていたのが、今は20年くらいに縮まっただろうか。 83年に新宿 のキャッツ・シアターでロングラン公演が出来るまでになり、次第に国内のミ ュージカル作品でもお客さんが入るようになった。 仮設の劇場や専用の劇場 もつくった。 もちろんストレート・プレイの路線も続け、「東京一極集中排除」 の方針で、地方での小さな公演も大事にしている。 50周年を記念して汐留 につくった新劇場「海」のこけら落としで、ミュージカル『マンマ・ミーア!』 の上演が始まっている。

筋のある小説2018/07/19 07:09

       等々力短信 第388号 1986(昭和61)年4月15日

                  筋のある小説

 少し前に、子供のお供で見た『グーニーズ』という映画が、とても面白かっ た。 この映画の製作者たちが、子供のころ、『宝島』やマーク・トウェインの 『トムソーヤーの冒険』に、夢中になったことは、間違いない。 『宝島』や 『誘拐(キッドナップト)』、『マアスタア・オブ・バラントレエ』の作者、ロバ アト・ルウイス・スティヴンスンは、根っからのストーリーテラーであった。  子供のころから、その辺の森や川や水車を見ても、それにふさわしい事件を、 頭の中に組み立てて、遊んだという。

 作家のなかで、物語を語ることを得意とする人々は、通俗的な作家として扱 われて、自己告白、あるいは性格や心理を描くことを中心にした近代小説の主 流からは、一段低いものと、みなされるもののようである。 『光と風と夢』 で、スティヴンスンの日記をかりて、自身の文学論を語った中島敦も、私小説 がその主流で、自己告白を競いあうような日本の文壇には珍しい、伝奇的な物 語を書いた作家だった。 二人は、通俗的と批判されていることを、承知もし、 苦悩もしながら、あえて物語作家の道を歩いた。

 中島敦は、スティヴンスンに、こう言わせている。 「私は、小説が書物の 中で最上(あるいは最強)のものであることを疑わない。読者にのりうつり、 その魂を奪い、その血となり肉と化して完全に吸収され尽すのは、小説の他に ない。他の書物にあっては、何かしら燃焼しきれずに残るものがある。」 「俺 がくだらない文学者だと? 思想が薄っぺらだの、哲学がないのと、言いたい 奴は勝手に言うがいい。要するに、文学は技術だ。概念でもって俺を軽蔑する 奴も、実際に俺の作品を読んで見れば、文句なしに魅せられるに決ってるんだ。 俺は俺の作品の愛読者だ。」

 夏目漱石は「予の愛読書」という文章に、「西洋ではスチヴンスンの文が一番 好きだ。力があって、簡潔で、クドクドしい處がない、女々しい處がない。ス チヴンスンの文を読むとハキハキしていてよい心持だ。話も余り長いのがなく、 先ず短篇というてよい。句も短い。殊に晩年の作がよいと思ふ。Master of Ballantraeなどは文章が実に面白い。」と、明らかに、スティヴンスンの文体 で、書いている。 『彼岸過迄』では、スティヴンスンを、「辻待の馬車を見て さへ、其所に一種のロマンス(人殺しや美女の逃避行のような)を見出す人」 と言い、物語作家の本質を突いた。

「物語作家酋長(ル・アリイ・ツシタラ)」2018/07/18 07:08

 10日に「南洋」を書いて思い出したのは、『山月記』『李陵』『光と風と夢』 『南島譚』の作家・中島敦のことだ。 昭和16(1941)年、南洋庁の教科書 編集書記としてパラオへ赴任した。 昔、「等々力短信」に「物語作家酋長(ル・ アリイ・ツシタラ)」というのを書いていた。

       等々力短信 第387号 1986(昭和61)年4月5日

           物語作家酋長(ル・アリイ・ツシタラ)

 『宝島』や『ジキル博士とハイド氏』の作者、ロバアト・ルウイス・スティ ヴンスンは1850年、スコットランドのエディンバラで、曾祖父の代から灯台 技師として名高い科学者の家に生まれた。 病弱に育った青年は、文学を志望 し、この高貴な古都と、そこに住む宗教的な人々を、激しく嫌悪するようにな る。 通い慣れた教会の代わりに、下町の酒場に通い出して、父親と衝突した。 27歳の時、フォンテンブロオの森で、アメリカ人ファニイ・オスボーンに会う。  ファニイは当時、戸籍上はオスボーン夫人であったが、久しく夫からのがれて、 欧州で雑誌記者をしながら、二人の子をかかえて自活していた。

 3年後、カリフォルニアに帰っていたファニイの後を追って、スティヴンス ンは大西洋を渡る。 父親からは勘当同然、最悪の健康状態と、最悪の経済状 態での出発であった。 どうにか生き延びた彼は、翌年ファニイの離婚成立を 待って、ようやく結婚する。 時にファニイは、スティヴンスンより11歳年 上の、42歳であった。

 『宝島』出版の翌1884年、南仏で喀血、南英の保養地ボーンマスで3年を 過ごした後、健康によい場所を求めて、アメリカのコロラドや、1888年からは スクーナーで、南洋のマルケサス、パウモツ、タヒティ、ハワイ、ギルバアト などの島々をめぐり、1890年サモアのウポル島、アピア市近郊のヴァイリマ(五 つの川の意)に、定住の地を見つける。

 中島敦が、昭和17年に発表した小説『光と風と夢』は、ヴァイリマでのス ティヴンスンの日記という形式で書かれた、スティヴンスン伝である。(この稿 は、カナ表記も含めて『光と風と夢』によった。) 1890年は、明治23年だ が、この南太平洋の島サモアも、幕末日本と同じように、18世紀末から欧米列 強の宗教的、経済的、攻勢にさらされてきた。 スティヴンスンは、英、米、 独共同統治下のサモアで、白人の暴政に立腹する。 白人に操られたサモア人 同士の、内乱の回避に奔走するが、失敗。 投獄中の厚意に謝するため、反乱 派の酋長たちは、公道とスティヴンスンの家を結ぶ(サモア人の一番嫌いな) 道路工事を申し出、完成させる。 島民たちに物語作家酋長として親しまれた ロバアト・ルウイス・スティヴンスンは、1894年、サモアで死んだ。 「自分 の一生をもって、自己の作品中最大のロマンスたらしめようとして」、ある程度 成功して……。

庭の雨蛙と「虚子の「存問」の句」2018/07/17 07:08

 ここひと月ほど、マンションの専用庭に雨蛙が住みついて、雨が降りそうに なると、ちゃんと鳴くのである。 暑い日が続いて、とても雨など降りそうに なくても、雨蛙の鳴き声がすると、少し曇って来て、やがて雨が降って来たり する。 余り話題のない夫婦に、毎朝咲く朝顔の数や色と同様に、格好の話題 を提供するのだ。 芥川龍之介に、<青蛙おのれもペンキ塗りたてか>という 俳句があることなどの話になる。 最近のCMのセリフは、「おのれ」でなく、 「貴様」だが…。

 子供の頃、父に連れられて鮒を釣りに、東横線と南武線が交差する武蔵小杉 の駅の横にあった池に行った。 今は都会になっているが、当時はまったくの 田園風景で、クチボソなど釣って池の周りで遊んでいると、葦の葉にいる雨蛙 を捕まえることができた。 それを家に帰って庭に放しておく。 すると雨が 降りそうになると、鳴き出すのだった。 何日か経つと、二、三軒先の家で、 鳴いていたりした。

 マンションの雨蛙の鳴き声は、上の階にお住まいの方も聞いていて、話に出 たりした。 すると先日、すぐ近くの美容院の前の側溝に、カルガモの親子が いるのを見つけて、どうしようかとなって、美容院の人が警察に連絡したら、 警察がしかるべく扱ってくれた(多摩川だと危ないので、別の場所に放したとか)のだそうだ。 マンシ ョンの地所は昔、お屋敷の池があったとか聞いている。 そんな自然が、自由 が丘の街への一本裏にも、残っているのは、何か嬉しい気がする。

 俳人の安原葉さんが、7月8日の朝日新聞朝刊俳句欄のコラム「うたをよむ」 に、「虚子の「存問」の句」を書かれた。 「存問」(そんもん)とは本来、安 否を問う日常の挨拶の意味、だそうだ。 安原葉さんは、来年は高浜虚子没後 六十年を迎える、と始め、晩年の虚子の謦咳に接することができたという。 縁 あって昭和29(1954)年からの千葉県鹿野山神野寺での稽古会、虚子を選者 として東西の若人たちが俳句を詠み競う二泊三日の鍛錬会に参加したからだ。  その句会で、虚子の<明易や花鳥諷詠南無阿弥陀>は生まれた。 「この句に ついて虚子は、自身の信仰を表した句であると述べたが、虚子が昭和三年に提 唱した「花鳥諷詠」は、晩年には「存問の詩」と深まり、その膨大な実作を通 して、揺るぎない救済の確信に到ったのである。」 昭和31年の稽古会では、 <蜘蛛に生れ網をかけねばならぬかな>と詠まれた。 「小さな蜘蛛の営みを 通して蜘蛛のいのちにたいする存問となり、さらには、全てのいのちにたいす る存問、いのちそのものに対する存問の詩として詠まれたのである。」と。

 猛暑日が続いているが、庭の雨蛙は、耐えてくれるだろうか。