隅田川に橋を架けた会社2021/01/25 07:10

「等々力短信」1139号「半藤一利さんの戦争と平和」に、大正末期から昭和の初めに隅田川に架けられた橋について書いた。 IHI、(前)石川島播磨重工業OBの友人から、隅田川の橋は地の利のある石川島造船所のものが多いと思うというメールをもらった。 IHIは、「最近ではトルコの斜張橋(ボスポラス橋など)などの海外実績も多くあり、橋梁部隊はたぶん日本一(又は世界トップクラス)ではないでしょうか」という。

調べてみると、なるほど半藤一利さんが話していた「浦賀船渠や三菱重工」はなかった。 大正15年12月の永代橋から、昭和7年11月の両国橋まで、関東大震災復興事業で架橋された内、昭和2年11月の蔵前橋、昭和2年12月の千住大橋、昭和7年11月の両国橋の施工は石川島造船所だった(両国橋だけは、間組が関与)。

 昭和2年6月の駒形橋は汽車製造、昭和3年2月の言問橋は横河橋梁製作所、昭和3年3月の清洲橋は神戸川崎造船所、昭和4年9月の厩橋は浅野造船所、昭和6年6月の吾妻橋は錢高組、昭和6年8月の白髭橋は川崎造船所、大正15年12月の永代橋は橋脚製作が神戸川崎造船所、施工が太丸組と間組だった。

なお、後の昭和15年6月の勝鬨橋は、幻となった月島地区で開催予定の皇紀2600年記念日本万国博覧会のために架けられ、月島側アーチ橋が石川島造船所、築地側アーチ橋が横河橋梁製作所、下部橋脚が錢高組、下部鉄骨製作が宮地鉄工所だった。

半藤一利さんの戦争と平和<等々力短信 第1139号 2021(令和3).1.25.>2021/01/25 07:08

 亡くなった半藤一利さんの『漱石先生ぞな、もし』正・続は文藝春秋刊だが、 漱石俳句を扱った『漱石先生 大いに笑う』は講談社刊だ。 それぞれの扉カッ トは、作者自身(面白い絵だ)、和田誠、安野光雅と別なのを、今、ひっくり返 していて気づいた。 三冊目の題、『文藝春秋』昭和24年6月号「天皇陛下大 いに笑う」、サトウハチロー、辰野隆、徳川夢聲の三人が昭和天皇の前で「バカ ばなしをして、陛下はうまれてはじめてお笑いになった」座談会を端緒に、こ の雑誌が急発展した言い伝えがあるそうだ。

 昭和史を伝え続けた半藤一利さんの根底には、14歳で昭和20年3月10日 の東京大空襲に向島の自宅で遭い、焼夷弾が土砂降りのように降る中を逃げ惑 い、川で溺れて死にかけた体験があった。 日本は、なぜこんな無謀な戦争に 突き進んだのか。

旧制長岡中学から昭和23年に旧制浦和高校へ進んで、初めてオールを手に して以来、昭和28年に東大を出るまでボート部にいて、隅田川で漕いでいた という。  『半藤一利と宮崎駿の 腰抜け愛国談義』(文春ジブリ文庫)に、 こんな話がある。 第一次世界大戦後の大正11年のワシントン海軍軍縮会議 の軍縮条約で、激烈をきわめていた世界の建艦競争が急停止となる。 国の財 政がもたないからだ。 主力艦(戦艦と空母)の保有量が制限されて、日本は 対米英6割とされる。 そのため計画で準備していた鉄と工員が大量に余った。  それを何とかしなきゃいけないということで、隅田川に橋がバンバン架けられ た。 比較的最近の新大橋(昭和52年竣工)を除けば、みんな立派な鉄の橋 で、しかも構造の異なった橋がいろいろあって「橋の博覧会」と言われている。  永代橋が大正15年の竣工で、以降、昭和7年の両国橋まで、つぎつぎと架橋 されたが、設計と工事を請け負ったのは、浦賀船渠や三菱重工といった造船会 社だった。 もし軍縮とならずに、軍艦や空母になっていたら、すべて海の藻 屑と消えていたことになる。 半藤さんは、そうならずに隅田川の橋は、いま なお我々の暮らしに貢献してくれている、平和とはいいものです、と言う。 い ずれにせよ、昭和初期の日本では一挙にインフラが整備され、井の頭線とか京 王線も、ことによるとその余りでつくったのかもしれない、と。 荒川放水路 をつくった費用が、巡洋艦一隻分だったそうだ。

 半藤さんは、千鳥足で転んで大腿骨を骨折、リハビリ病院での猛烈な訓練に、 朝日新聞の連載を断念した「歴史探偵おぼえ書き」の最終回(2019年9月28 日)に、小林一茶の<この所あちゃとそんまの国境(くにざかい)>を引いた。  「あちゃ」は信濃方言、「そんま」は越後言葉で、ともに“さよなら”の意。 越 後長岡にゆかりある半藤さんは、こんな最後の挨拶を送っていた。 「じゃあ、 そんまそんま」

天皇の政治的利用に厳しい警告2021/01/23 06:50

 北岡伸一さんは、天皇の問題にもっとも鋭い考察をしていたのは、再び福沢諭吉である、という。 福沢は福地源一郎(桜痴)が明治15(1882)年に立憲帝政党を作ったとき、これを厳しく批判した。 政党の名称とは、その目的を示すのみならず、自他を区別するものでなければならない、ところが、日本人はすべて天皇を支持しているのに、そこで帝政を名乗るのは何事か。 これは加賀前田藩で前田家を名乗り、他を非前田党と呼ぶようなものである。 このように言って、福沢は天皇の利用を戒めた。

 福沢はまた、国体と政体と血統を区別すべきだと唱えている。 福沢は国体という言葉に独特の意味を与えており、日本人が日本を統治していることが、国体が維持されているということだと定義した。 たとえば、日本は天皇が支配しても、貴族が支配していても、武士が支配しても、日本人が日本を支配しているので、国体は万全である。 他方で、インドにおいて、ムガール帝国はなお続いているが、イギリスの支配下に入っているから、国体は維持されていない、とする。

 これはかなり独特の定義であり、昭和期には間違いなく「危険思想」であったが、この定義によって、福沢は日本の政治体制を相対化することができた。

 言い換えれば、福沢は皇室が国民を統合する力を強く持っていることを理解しており日本の重要なアセットだと考えていた。 それゆえに、天皇の政治的利用には厳しい警告をしていたのである(『帝室論』)。

 以上、19日から5日間、北岡伸一さんの『明治維新の意味』(新潮選書)で福沢諭吉についての言及の大事な所をみてきた。 なお、明治14年の政変と、朝鮮問題については、当然北岡さんも書いているが、今までこの日記でいろいろと触れてきたので、扱わなかった。

公議輿論と福沢の官民調和論2021/01/22 07:03

 明治23(1890)年11月、議会が始まると、政府の期待に反して、政府を批判する議員が多数を占めた。 初期議会には政党と藩閥との対立があり、藩閥は富国強兵を目指し、民党は民力休養すなわち地租の軽減を求めた。 ただ、民党の藩閥批判は、官吏の特権や高圧的な態度、それに特権階級の贅沢に向けられており、富国強兵については、海軍軍拡が過大であるという批判以外は、必ずしも決定的に対立していなかった。

 議会は閉鎖されることもなく運営され、やがては、かつては国賊呼ばわりされた民党から閣僚が登場し、さらには政党が政権を担当するようにもなっていく。 政権への参加は、ジグザクの道筋をたどりながら、着実に広がっていったのである。

 福沢諭吉は、長年官民調和論を唱え、政党は政府の政策を好意的に検討し、できればそれを受け入れ、一方で藩閥政府は胸襟を開いて政党と提携し、できれば政党指導者を閣内に受け入れるように主張した。 それが実現されていった。 北岡伸一さんは、これは維新の理念である公議輿論が、勝利を納めたということでもあった、とする。 そして、世界の多くで、政治闘争がルール化されることはごく稀なことであり、平和裡の政権交代はまことに難しいもので、明治の初期議会は稀な成功例の一つなのである、という。

明治憲法制定と伊藤博文内閣総理大臣2021/01/21 07:03

 シュタインの憲法論は、立憲君主制度であった。 その国家学の特質は、国家を人格として捉え、その三つの要素は君主、立法、行政であり、この三者が相互に独立しながらも、互いに規律しあい、一つの秩序を作るのが国家であった。 このうちどれか一つが突出するのも好ましくない。 シュタインは議会に予算審査の権限を与えることについては慎重だったが、伊藤はより進歩的な案を起草することになる。

 伊藤博文は、明治3年から4年にかけて財政問題に関する調査のため訪米したとき、ハミルトン・フィッシュ国務長官に勧められた『ザ・フェデラリスト』を愛読していた。 『ザ・フェデラリスト』は、アレクサンダー・ハミルトン、ジェイムズ・マディソン、ジョン・ジェイの3人が新聞に発表した85編の論文をまとめたもので、1787年に起草された連邦憲法案を擁護し、その承認を確保するために書かれたものだった。 伊藤は、天皇のもとにある日本の国の大政に、民権的な民主的要素を加えていくことを考えた。 北岡さんは、伊藤がこの本を熟読したとすれば、彼の関心を引いたはずの三点を挙げる。 一つは軍が必要であり、しかし同時に危険でもあって、注意が必要であること。 第二に、多数の専制に備える必要があること、第三に、そのためにも、三権分立が必要であること。 伊藤が、天皇は国家の機軸であるとしながら、具体的な権力の行使においては極力内閣その他がこれを行い、天皇の責任に及ばないようにすることを重視したが、そこには『ザ・フェデラリスト』の影響もあったかもしれない。 ハーヴァード留学から帰国して憲法草案の起草に加わった金子堅太郎によれば、憲法草案を議論する際、伊藤はつねに『ザ・フェデラリスト』を座右に置き、繰り返し読んだという。

 明治18年12月、権限と責任が一致した近代的な内閣制度が定められ、内閣と内閣総理大臣の権限は絶大なものとなった。 初代内閣総理大臣となった伊藤博文は、父が農民から足軽になった人物で、武士の中では最も低い身分だったが、徳川時代でいえば将軍以上の地位に就いたのだ。 年齢も44歳だった。 明治維新が能力主義の革命であるという点は、ここに最も顕著に表れている。 福沢は、明治14年政変以来、伊藤をよく思っていなかったが、この制度改革は、実力者が最も重要な地位に就いたという点で、高く評価している。