鏑木清方『随筆集 明治の東京』<等々力短信 第1095号 2017.5.25.>2017/05/25 07:08

 岩波文庫が7月で創刊90年だそうで、記念の『図書』臨時増刊号「私の三 冊」が出た。 「各界を代表」している228人に、今までに読んだ岩波文庫の うち、心に残る書物、ぜひとも勧めたい本を、答えてもらっている。 女優の 有馬稲子は、チェーホフ『ワーニャおじさん』、太宰治『お伽草紙・新釈諸国噺』 と『鏑木清方随筆集』の三冊。 有馬稲子は今、老人ホームにいるらしいが、 テレビ朝日で昼に放送中の倉本聰の帯ドラマ『やすらぎの郷』にも出るようで、 タイトルに顔が見える。 私は昭和28(1953)年の東宝入社第一作『ひまわ り娘』を日劇で観たが、12歳、64年前のことになる。

 『鏑木清方随筆集』(山田肇編)を選んだのは、「友人の坂崎重盛氏より『「絵 のある」岩波文庫への招待』をいただき、あの美人画の鏑木清方が随筆の名手 と知りました。昭和の貴重な時代考証のような女性の描写、私の最後の一冊は これに決めています。」

 3月友人達と、鎌倉の鏑木清方記念美術館で「つつましく そして艶やかに~ 清方ゑがく女性~」展を見たばかり、静かで落ち着いたよい美術館だった。 私 はたまたま『「絵のある」岩波文庫への招待』(芸術新聞社)を持っていた。 『鏑 木清方随筆集』はなかったが、そこで紹介されているもう一冊『随筆集 明治の 東京』は書棚にあった。

 「名物無名物」(昭和19年)に、「明治の昔は東京も狭かった、(中略)駒込 の茄子、谷中の生姜、千住の枝豆、砂村の唐茄子、練馬大根、目黒の筍、三河 島の菜、大川の蜆、大森の海苔、深川のバカの目刺(バカも近頃は青柳と大層 優しい名前を持つようになった)、千住の豆は他のより大粒で莢に四粒入のがあ る、谷中の生姜は柔かで辛くない、根岸の先き諏訪台下の日暮里あたりが産地 である。」とあった。

 「明治の東京語」(昭和10年10月)に、若い人に通用しそうのないか、そ うなりかけている言葉が挙げてある。 近在、遠国(おんごく)者、常住(じ ょうじょう)、ぞんき(「のんき」より少し質のよくない)、今当世、跡月(あと げつ・先月)、でくま、ひくま(凸凹)、どうれ(道理)、煉瓦通(銀座通)、ハ ンチク(半端人足)、権妻(妾)。

 「甘いものの話」(昭和7年1月)に、「美術人には左傾が多い。ムッソリー ニと握手した横山大観先生などは、押しも押されもしない左翼の頭目だし、周 囲の友人知己、概ね左党ならざるはないといってよかろう。」 鏑木清方は下戸 なのだそうで、店名や甘いものが列挙されている。 汁粉屋というもの、あれ も明治趣味のものであった、「総じて人情本の挿画にでも見るような小粋な造り で、床にも細ものの茶懸に、わびすけでも活けてあろうという好み、入口には 茶色の短い暖簾、籠行燈という誂えの道具立も、器の物好きも」と、この随筆、 まさに「絵のない絵本」なのである。

映画『鎌倉アカデミア 青の時代』2017/05/25 07:06

 そこで、新宿のK’s cinemaで観た映画『鎌倉アカデミア 青の時代』「ある 「自由大学」の記録」である。 大嶋拓監督は、4年半で消え去ることになる 「鎌倉アカデミア」の存続のために三枝博音(ひろと)校長とともに奔走した 演劇科教授・青江舜二郎の長男なのだそうだ。 『カナカナ』『火星のわが家』 (日下武史、鈴木重子、堺雅人)『影たちの祭り』という監督作品、著書『龍の 星霜 異端の劇作家 青江舜二郎』(春風社)があり、慶應義塾大学文学部人間関 係学系卒という。

 映画は、江ノ電の長谷駅に大嶋拓監督手持ちのビデオカメラが到着するとこ ろから始まる。 改札口には、演劇科1期の加藤茂雄(俳優、東宝専属として 黒澤明作品など数多くの映画に出演。後で書く鎌倉アカデミア創立70周年記 念祭実行委員長を務めた。今年91歳。)が待っていて、パッと開ける海岸に案 内する。 兵隊から帰って、地引網漁をやっていたが、昭和21(1946)年5 月、あちらの材木座に屋根が見える光明寺に、大学が出来る、「新しい日本を担 う若者を育成する」というので駆けつけた。 (開校は5月13日で、昨日引 いた「等々力短信」冒頭の「昭和21年4月」は間違い。)

 鎌倉に進駐軍の慰安施設が出来るというのに反対した地元の有志が、文化都 市鎌倉に大学をつくることを計画したのだ。 戦争末期、軍隊に行ったり、勤 労動員で、学ぶことのできなかった若者たちが集まって来た。 教鞭を執った のは、西郷信綱、吉野秀雄、林達夫、中村光夫、高見順、吉田健一、服部之総、 三枝博音、村山知義、三上次男、長田秀雄、千田是也、野田高梧、三浦光雄、 邦正美、藤間勘十郎など、数多くの著名な学者・文化人だった。 「教師と学 生とが相互に鍛え合い、各自の個性を創造する学園」を目指した。 大学の設 立は文部省に認可されず、鎌倉大学校を名乗り、「鎌倉アカデミア」と呼ばれて いる。 当時珍しい男女共学。 当初、産業科、演劇科、文学科があり、後に 映画科が出来た。  吉野秀雄作詞の「学生歌」には、<いくさ やぶれし くにつちの/おきて  ことごと あたらしく/もゆる めばえに さきがけて/ここに われらは  つどひけり>とある。

 映画では、光明寺での鎌倉アカデミア創立60周年、70周年の記念祭(昨年 6月4日開催、私はその日たまたま文化地理「六四の会」で建長寺の「虫塚」 を訪れていたが、この記念祭のことを全く知らなかった)の映像、当時学生だ った20人ほどの証言、現地訪問や再現映像などで、4年半で消え去った「幻の 大学」が描かれる。 そこからは鎌倉アカデミアが、高度成長時代の芸術や文 化をひっぱった多彩な人材、映画・演劇・放送などの分野で活躍した人々を輩 出したことがわかるのだ。 山口瞳、いずみたく、前田武彦、高松英郎、沼田 陽一、廣澤榮などもそうだし、映画で証言する鈴木清順(映画科1期・映画監 督『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』)、岩内克己(演劇科1期・映画監督『エ レキの若大将』『砂の香り』)、勝田久(演劇科1期・声優、『鉄腕アトム』のお 茶の水博士役、勝田声優学院主宰)、川久保潔(演劇科2期・ラジオ「朝の歳 時記」や洋画の吹き替え)、若林一郎(演劇科2期・劇作家、アニメ『オバケ のQ太郎』児童劇『かぐや姫』)などがいた。 鎌倉アカデミアの演劇サークル 「小熊座」を母体に1952年、影絵専門劇団「かかし座」も創立されている。

「鎌倉アカデミア」という学校2017/05/24 06:35

 22日、新宿のK’s cinema という映画館で『鎌倉アカデミア 青の時代』と いう映画を観て来た(26日まで12時30分から上映)。 昔から新宿のゴール デン街に馴染みのある大学の同級生が、勧めてくれたのだ。 私は山口瞳の愛 読者だったので、「鎌倉アカデミア」については興味があった。 まず、以前 「等々力短信」第718号(『五の日の手紙4』78頁)に書いたものを引いてお く。

    鎌倉アカデミア <等々力短信 第718号 1995.9.15.>

 昭和21年4月、19歳の山口瞳さんは、鎌倉にできた鎌倉アカデミアとい う学校の生徒になった。 はじめ、この学校は鎌倉大学校といっていたが、文 部省の認可がおりなくて、鎌倉大学を名乗ることができなかった。 光明寺の 本堂や庫裡を仕切って教室にしていた。 国文学西郷信綱、文学史林達夫、仏 文学中村光夫、英文学高見順、吉田健一、日本史服部之総、哲学三枝博音(ひ ろと)という、そうそうたる顔ぶれの教授陣であった。 そして「万葉集と短 歌」を担当したのが、44歳の吉野秀雄だった。

 山口瞳さんの『小説・吉野秀雄先生』(文藝春秋)には、鎌倉アカデミアで 出会ったこの巨人に、決定的な影響を受けたことが書かれている。 吉野秀雄 は容貌魁偉の偉丈夫で、誰がみても、一見して、尋常な男ではないと思った。  はげしくて、きびしくて、おそろしい。 同時に、やさしくて、やわらかい のだ。 その前にいると、いつも春の日を浴びているようだった。 無限の抱 擁力を感じたという。 吉野秀雄があまりに魅力的だったので、すぐに授業と は別に短歌会が作られた。 その仲間に、のちに山口夫人となる、18歳、体 重60キロの治子(小説では夏子)さんがいた。

 吉野秀雄は慶應義塾理財科予科に学んだが、肺患のため中退、以後長く療養 生活を送った。 最初の夫人はつは、第二次大戦の激化しはじめた昭和19年 夏、胃病のため4人の子を残して42歳で亡くなる。 『寒蝉集』(昭和22 年)所収の亡妻追慕の連作悲歌は名高い。

 「病む妻の足頚にぎり昼寝する末の子をみれば死なしめがたし」   

  「亡骸(なきがら)にとりつきて叫ぶをさならよ母を死なしめて申訳もなし」

 そして、死の前夜の、生命の極みの、厳粛な事実を詠んだ勇気ある歌。

   「これやこの一期(いちご)のいのち炎立(ほむらだ)ちせよと迫りし吾妹 (わぎも)よ吾妹」

 その年の暮、亡きキリスト教詩人八木重吉の妻だった八木登美子が子供達の 教育のために吉野家に来た。 山口さんが吉野家に出入りするようになった昭 和21年から、吉野と登美子の恋愛と、瞳さんと治子さんの若い恋が併行して 進むことになる。 翌年の再婚後、吉野は登美子を通じて知った八木重吉への 敬愛から、重吉の定本詩集や新発見の詩稿による新詩集を編集刊行した。 今 日重吉の詩が広く知られるになったのは、そのためである。

   「末の子が母よ母よと呼ぶきけばその亡き母の魂(たま)も浮ばむ」 

    「重吉の妻なりしいまのわが妻よためらはずその墓に手を置け」

映画『福沢諭吉』〔昔、書いた福沢24〕2017/05/13 07:13

 「映画『福沢諭吉』にあわせて、福沢ブームの観がある。」という「等々力短 信」第580号を出したので、第578号に書いた「映画『福沢諭吉』」も再録す る。 映画『福沢諭吉』は、1991 (平成3)年の東映、澤井信一郎監督作品。  福沢諭吉は、『あぶない刑事(デカ)』の柴田恭兵、他の配役は奥平外記(壱岐)・ 榎木孝明、岡本周吉・勝野洋、土岐太郎八・鈴木瑞穂、お錦・若村麻由美、塾 生に仲村トオル(その恋人に南野陽子)、野村宏伸、火野正平、哀川翔などだっ たようだ。 これをパソコン通信のフォーラムに出した時、南野陽子ファンに 叱られたことを思い出した。

 なお、明後日5月15日(月)の福澤先生ウェーランド経済書講述記念日の 講演会は、阿川尚之慶應義塾大学名誉教授の「福澤先生の訳した憲法 : 合衆国 という国のかたち」、三田演説館で開催される。

    映画『福沢諭吉』<等々力短信 第578号 1991(平成3).9.15.>

映画『福沢諭吉』を観た。 一口にいって、あまり感心しなかった。 終幕 近く上野で彰義隊の戦争(慶応4・1868年5月/改元はこの年9月)が始 まる。 その騒ぎの最中に、慶応義塾は芝新銭座の新校舎で開塾する。 「ペ ンは剣よりも強し」と、柴田恭兵の福沢諭吉はいうのだけれど、戦闘シーンと 講義の場面をカットバックで見せられると、戦っている方が勇敢で男らしく、 そんな時に経済学のイロハなんかを英語で読んでいる方は、優柔不断な卑怯者 みたいに見えてしまう。映画というもの、動の方が面白く、静には不向きだ。 映画に限れば「剣はペンよりも強し」なのである。

この5月15日は、ウェーランド経済書講述記念日といって、慶応義塾の泣 かせ所なのだ。(新銭座開塾はその一月ほど前で、映画のように同じ日ではな い) その時、福沢は、「慶応義塾は世の中にいかなる騒動があっても変乱が あっても、いまだかつて洋学の命脈を絶やしたことはないぞよ」「この塾のあ らんかぎり大日本は世界の文明国である」と、塾生たちを励ました(『福翁自 伝』)。 映画に、このセリフがなかったのは、残念だった。 そのために、 インパクトが弱く、この時の福沢の行動が、いまひとつ説得力に欠けるものに なってしまった。 福沢諭吉はペンによって時代を動かした人である。 そ れは本質的に映画にしにくいものかもしれない。 だが、それを映像でどう表 現するか、そこに、もう一工夫、必要だったのではないだろうか。

もう一つの失敗は、家老の子奥平壱岐を、福沢諭吉と並立するキャラクター にして、両者の関係と葛藤を軸に、物語を展開したことである。 奥平壱岐は もともと計略を使って福沢を追い払うような、小人物であって、それを大きく 扱ったところに、無理があったというべきだろう。 物語として、そういう人 物が必要なら、まず思い浮かぶのは勝海舟だ。 福沢と勝にしぼれば、スケー ルの大きな映画が出来るに違いない。

史実との違いで(奥平壱岐は自殺していない、夫人が自害した等)いくつか 気付くところはあるが、それが映画というものなのだろう。 でも、映画だか らと譲ると、今度はカメラが、もの足りない。 たとえば、南野陽子という女 優が少しも美しくない。 女優はうまく撮ると、ハッとするほど美しいものな のに…。 情景にしても、宮川一夫さんあたりのカメラのような、印象に残る カットがなかったのは、最近の撮影現場に手抜きが目立つということなのだろ うか。

福沢の少年時代、「脱皮論」〔昔、書いた福沢22〕2017/05/11 07:15

 門前仲町の居酒屋で、「福沢は堂島の中津藩蔵屋敷で生れたが、父親が死んで 数え3歳で中津に帰り、一家は大坂風の生活をして中津に馴染めず、孤独な少 年時代を過ごした」と話した時、私の頭の中には昔「等々力短信」に書いた「脱 皮論」という一文があった。 それを再録する。

   脱皮論<等々力短信 第579号 1991.(平成3)9.25.>

 幼い頃よく、品川中延の父の家に今もある、座敷用の大きな堅木のテーブル の下に、もぐっていた。 その一人だけの空間にいると、何となく安心なので あった。 父はこの内気な次男坊の行く末を案じて、ある時、仕事で知り合っ た大学の先生に相談した。 その先生は、心配ないと答え、「内気は個性を守 る宝だ」と言った。 問題の少年は、その一部始終を聞いて、ちゃんと知って いた。 私は、そういう少年だった。

 獅子文六が、福沢諭吉を小説に書こうとして、断念したという話がある。  「小説の主人公になってもらうには、も少し不幸な生涯でないと、書きづらい のである。 も少し曲折だとか、陰翳がある方が、作者の腕がふるえるのであ る。 主人公というものは、人生の失敗を重ねてくれる方がいいのに、ほとん どトントン拍子である。 また性格が明るく、無類に健康的であって、まるで 朝の太陽である」。 殿様の名前が書かれた紙を踏んで、兄に叱られたが承服 できず、一歩進めて神様のお札を便所で踏んでみる実験をしたり、お稲荷さん のご神体の石を取り替えておいて、大人が次の初午にそれを拝んでいるのを面 白がったりした、『福翁自伝』の有名なエピソードを読んだ人は誰でも、カラ リと明るい性格の、少年福沢諭吉を思い描くであろう。

 中島岑夫さんの近刊『幕臣 福沢諭吉』(TBSブリタニカ)は、この定説 に疑問を投げかける。 大阪で父を亡くし、中津に「他所者」として引き揚げ てきた福沢一家は言葉も身なりも違う、先の大戦中の疎開者のような存在であ った。 中島さんは、自伝の中に中津時代少年期の友人は一人も登場しないこ とを指摘し、福沢が孤独で複雑な陰影を持った少年だったというのだ。 そし て福沢の「自由思想」(合理精神、批判精神)は、中津において「他所者」と して自己形成をとげていく過程が生み出したとするのである。 引っ込み思案 で、非社交的な長男一太郎を案じて与えた「拙者抔は少年の時は頗る世事に疎 くして、俗世界に対して寒暑の挨拶さえ六ケ敷(むつかしく)」という手紙も 傍証に引かれている。 福沢が、ぐっと身近に感じられるではないか。

 その福沢は、25歳で江戸へ出る道中、雲助などひやかしたのを手始めに、 江戸で他人付き合いをするうちに、だんだんよくしゃべり、交際も出来るよう に、脱皮した。 テーブルの下にいた少年はといえば、その福沢の倍の齢を重 ねたというのに、脱皮したのは、これも皮膚の一部と聞く、髪の毛だけ、とい うお粗末である。