「東都のれん会」の老舗55店2017/08/17 06:58

 私がニヤリとしたのは、最中の空也、楊枝のさるや、刃物のうぶけや、はん ぺんの神茂が出てきたからだ。 しかもそれら老舗を、「東京生活者の既得権益」 だと言っている。 1995(平成7)年3月25日浅草ちんやの「等々力短信七 百号、二十年記念の会」では、空也の最中をお土産にし、2009(平成21)年7 月4日青山ダイヤモンドホールでの「『等々力短信』1,000号を祝う会」では、 さるやの「千両箱」を千号の内祝にした。 うぶけやの毛抜きで時々、一髪必 中、眉毛に混じる白髪を抜いている。 真っ白になるといかにも爺臭くなりそ うな気がするからだ。 爪切りも長年父にならってゾーリンゲンを使っていた が、ある時、うぶけやにしたら、これが抜群の切れ味だった。 神茂は、はん ぺんはもちろんだが、わが家は竹輪麩が好きで、販売時期限定の頃から(今は 緩くなった)愛用している。 つまり親の代から、わが家も「東京生活者の既 得権益」の受益者なのだ。

 ジェーン・スーさんは、「東都のれん会」を「江戸から明治初年にかけて創業 された、百年以上の伝統を持つ古いのれんの集い。三代以上続いていないと駄 目だという話も聞いたことがある。」と書いていた。 4日に三田山上の図書館 (新館)の『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』へ行った話は14日・15日に 書いたが、三田へ行くといつも大坂家に寄る。 三田の大坂家、「秋色最中」の由来<小人閑居日記 2013. 3. 24.> http://kbaba.asablo.jp/blog/2013/03/24/

 舟形の水羊羹と、笹の葉で包んだ うす水羊羹、葛桜を買う。 大坂家の葛桜 は本物の桜の葉だが、先日の大磯の新杵は老舗なのになぜかビニールだったか ら首を傾げた。 秋色庵大坂家も「東都のれん会」会員なので、『銀座百点』の ような雑誌をもらおうとすると、今は雑誌はなく、「江戸から東京 三代・百年」 「EDO TOKYO BRAND」というパンフレットだけだという。

 「東都のれん会」は全部で55店、「グルメ」13店、「食の名物」26店、「暮 らしの逸品」16店、愛用している店が多く、ほとんどの店に行ったことがある か、食べたか、買ったことがある。 東京に生まれ育って76年、「東京生活者 の既得権益」の受益者だということが、はっきりした。 「グルメ」が、いせ 源(あんこう鍋)、上野精養軒、かんだやぶそば、駒形どぜう、駒形前川(鰻)、 笹乃雪、総本家更科堀井、竹葉亭、ちんや、中清(天麩羅)、明神下神田川本店、 両国橋鳥安(あひ鴨料理)、蓮玉庵(そば)。 「食の名物」は、天野屋(甘酒)、 梅園、榮太樓總本舗、海老屋總本舗(江戸前佃煮)、亀戸船橋屋、神茂、木村屋 總本店、銀座松崎煎餅、言問団子、秋色庵大坂家、新橋玉木屋、千疋屋総本店、 ちくま味噌、長命寺桜もち、豊島屋本店(清酒金婚・白酒)、とらや、日本橋鮒 佐、日本橋弁松総本店、人形町志乃多寿司總本店、にんべん、梅花亭、羽二重 団子、豆源、やげん堀中島商店、山本海苔店、山本山。 「暮らしの逸品」が、 伊場仙(扇子・うちわ)、うぶけや、江戸屋(はけ・ブラシ)、大野屋總本店、 菊寿堂いせ辰、銀座阿波屋、銀座越後屋、黒江屋(漆器)、さるや、白木屋傳兵 衛(江戸ほうき)、竺仙(呉服)、榛原(和紙)、宮本卯之助商店(神輿・太鼓)、 村田眼鏡舗、安田松慶堂、吉徳。 私が知らなかったのは、海老屋總本舗、ち くま味噌、豊島屋本店、伊場仙、江戸屋、白木屋傳兵衛だけだった。

昭和2(1927)年7月<等々力短信 第1097号 2017.7.25.>2017/07/24 07:06

 90年を迎えた岩波文庫が創刊されたのは、昭和2(1927)年7月である。 岩 波文庫90年「掌(てのひら)の教養」(朝日新聞7月12日朝刊)に寄せた談 話で、山崎正和さん(劇作家・評論家)は、岩波文庫が創刊されたのはエリー トが大量生産された時代だったと言う。 学制改革で旧制高校が増え、私学も 専門学校から大学に昇格し、日本中にインテリがあふれ出た。 同じ頃に雑誌 『文藝春秋』も生まれた。 大正末期から昭和初期に新しい出版の動きが重な ったのは面白い現象だ。 朝日新聞や毎日新聞が100万部を突破したのもこの 頃、みんなが知的欲望を持ち、日本は「知的中流社会」になった。 ところが 今、活字文化は一斉に没落し、文庫はスマホに取って代わられながら、踏ん張 ってはいるが、総合雑誌も、新聞も厳しい。 つまり「総合の知」が没落して、 せっかくつくった知的中流社会を日本は手放すことになるかもしれない、と。

岩波文庫創刊と同じ月の24日未明、「何か僕の将来に対する唯ぼんやりした 不安」という遺書をのこして芥川龍之介が睡眠薬自殺をとげた。 今月講談社 文芸文庫で初の文庫化がなされた作家・野口冨士男最晩年の記念碑的労作『感 触的昭和文壇史』は、第一章「芥川龍之介の死」で始まっている。 野口は、 芥川の死の要因となったものが、文壇人として生活人としての彼の周囲に、十 重二十重に張り巡らされていたと見ている。

芥川が文壇の寵児だった文学史としての大正時代が過ぎ去って、「既成文学に 対立する若き昭和文学」が台頭し、二つの進路があった。 一つはプロレタリ ア文学、もう一つは前衛的なモダニズム文学への方向だった。 前者は中野重 治たち、後者は横光利一、川端康成、中河与一、片岡鉄兵、今東光らによる新 感覚派の文学運動だ。

大正12(1923)年の関東大震災後、上で山崎正和さんの語った時代、マス コミ出版界は不死鳥のように蘇り、大衆文学の進出が顕著で、「量における文芸 の黄金時代」を築く。 芥川も大阪毎日新聞社の社友、嘱託社員という立場に はあったが、いわゆる新聞小説の書き手ではなく、作家的体質は短篇作家に終 始した。 量産がともなわず、単行本の部数も少ないのは、「ぼんやりした不安」 の一因子かもしれない。

大正15年11月、昭和改元の1月前、改造社が発表した『現代日本文学全集』、 いわゆる円本の刊行という怒涛が、人気作家の芥川をまるごとのみ込んだ。 予 約募集の大量生産方式による不況乗り切り策が大当たり、予約読者はたちまち 23万にのぼった(後に4、50万)。 円本合戦は児童文学全集にまで及び、『日 本児童文庫』(アルス・『羅生門』を処女出版)と、菊池寛・芥川編集の『小学 生全集』(文藝春秋・興文社)の板挟みで、芥川はそうでなくてさえ繊細な神経 をいっそう痛めつけられるのだ。

「大磯の恩人」松本順2017/07/15 07:13

 松本良順については、昔「等々力短信」(第715号1995(平成7)年8月15 日)に「大磯の恩人」という一文を書いていた。 以下に引く。

 『文藝春秋臨時増刊 短篇小説傑作選 戦後50年の作家たち』の冒頭は、 井上靖の「グウドル氏の手套(てぶくろ)」である。 ある秋、井上靖は初めて 長崎を訪れ、明治時代の二人の物故者の遺物(かたみ)を偶然目にする。 一 つは丸山の料亭Kにあった松本順の筆蹟になる横額で、もう一つは坂本町の外 人墓地のE・グウドル氏の墓だった。 二人は、井上靖の作品にしばしば登場 する曾祖父の妾、かの女(郷里の伊豆の家で井上少年を育てた人)の記憶の中 に美しく生きていた。 松本順は初代の軍医総監を務めた人物だが、井上の曾 祖父潔の先生だったから、おかの婆さんは、この世で最も尊敬すべき人物とし て、幼い井上の心に「松本順」の名を吹き込んでいたのであった。

 「松本順」どこかで聞いたことがあった。 幼名を松本良順、嘉永3年幕命 で長崎に留学、といえば、福沢諭吉との関係だろうか。 年齢は福沢より二つ 上だが、長崎留学は福沢より4年ほど早い。 福沢諭吉全集の索引から、荘田 平五郎宛書簡に松本の名前が一度出て来るのと、福沢の「大磯の恩人」(全集2 0巻383頁)という文章が見つかった。 福沢が箱根湯元の福住旅館にしば しば保養の小旅行をしていたことは知っていたが、大磯の松仙閣にも避寒に行 っていたようで、明治26年2月の滞在中に、思い付いたままを記して松仙閣 の主人に渡したのが、この「大磯の恩人」だという。

 大磯が夏は海水浴場、冬は気候が温暖なため避寒地として知られ、今日の繁 栄を享受できるようになったのは、大磯の海水空気が健康のために有益である と首唱した医学先生松本順翁のおかげである。 しかし大磯の人々が、大磯の 自然を利用することを思い付いた人のことを忘れているようなのは残念だ。  地元有志の人々が何とか一案を考え、今は引退した松本順翁の余生を安楽に 悠々自適に消光できるように工夫することが肝要ではないか。 翁と面識はあ るものの深い交際はないが、聞くところによると、磊落な性格で金銭のことに はおよそ淡泊だそうだから、有志の人が心配しても、面倒だと謝絶されるかも しれない。 だが「恩を忘れざるは人生徳義上の当然なり」「亦是大磯地方の栄 誉を全ふして世間の侮を防ぐの道なるべし」という、福沢らしい文章である。

昭和4年、松本順の頌徳碑が、大磯の海岸に町民の醵金で建てられた。 題 字は犬養毅、碑文は鈴木梅四郎、共に福沢門下生である、と福沢全集の註にあ る。

おかの婆さんの記憶の中に「美しい在り方」で生きていた人物の一つの傍証 である。(「等々力短信」第715号・終)

 福沢の提案が、大磯の人々に受け入れられたことが、安井弘さんの『早稲田 わが町』にあった。 松本順の晩年、大磯町の多数の有志から、土地と家屋が 贈られて、そこに住んだ。 だが、いつの間にか、その屋敷を手放して山の家 に引き込んでしまう。 そこで日蓮宗の経典に「楽痴」の文字を見つけ、号を 「蘭疇」から「楽痴」と改め、山の家を「楽痴庵」と名づけた。 心臓を病む 松本順を、軍医総監を辞して順天堂病院の医院長になっていた甥の佐藤進が、 しばしば東京から大磯まで診療に来ていた。 麻布我善坊に生まれ、江戸っ子 気質をつらぬき通した松本順は、甥の進に看取られて明治40(1907)年3月 12日、大磯の楽痴庵で起伏に富んだ75年の生涯を閉じた。

渋沢栄一について書いたこと一覧2017/06/19 07:12

 そのほかにも「小人閑居日記」には、渋沢栄一について、いろいろ書いてい
る。 興味のある方には読んでいただきたいので、関連のものも含めて、ちょ
っと、まとめておく。 「渋沢栄一と福沢諭吉」は、同じ題で三回も書いてい
た。
渋沢栄一と福沢諭吉〔昔、書いた福沢14〕<小人閑居日記 2013.11.29.>
(「時代を動かした四つの瞳」等々力短信 第294号 1983(昭和58)年8月5日)
http://kbaba.asablo.jp/blog/2013/11/29/
福沢諭吉の「西航手帳」〔昔、書いた福沢15〕<小人閑居日記 2013.11.30.>
(等々力短信 第295号 1983(昭和58)年8月15日)
渋沢栄一が欧州で驚いた三つ〔昔、書いた福沢16〕<小人閑居日記 2013.12.1.
>(「『新日本事情』のすゝめ」等々力短信 第296号 1983(昭和58)年8月25日)
王子飛鳥山公園の渋沢史料館<小人閑居日記 2002.5.6.>
「渋沢栄一と福沢諭吉」<小人閑居日記 2002.5.7.>(西川俊作先生講演)
日本史における「会社」<小人閑居日記 2006.12.18.>
「会社」という言葉<小人閑居日記 2006.12.19.>
渋沢栄一と「会社」の普及<小人閑居日記 2006.12.20.>
「拝啓 渋沢栄一様」<小人閑居日記 2007. 3.4.>
世のため、人のために働く喜び<小人閑居日記 2007. 3.5.>
「拝啓 福沢諭吉様」ならば<小人閑居日記 2007. 3.6.>
「商」「町人」諭吉<小人閑居日記 2007. 3.7.>
「壬申 三十七歳ト十一ヶ月」<小人閑居日記 2007. 3.8.>
渋沢栄一と福沢諭吉<小人閑居日記 2012. 6. 14.>(二人の関わりを訊かれて)
福沢諭吉の渋沢栄一宛書簡<小人閑居日記 2012. 6. 16.>
福沢書簡に登場する渋沢栄一<小人閑居日記 2012. 6. 17.>

明日から葉書の料金が62円2017/05/31 07:16

 明日6月1日(木)から郵便の通常はがきの料金が52円から62円になる。  不思議なことに、「年賀はがき」は52円のままだという。 ただし12月15 日から翌年1月7日の間に差し出された「日本郵便が発行する年賀はがき」と 「通常はがきの表面に「年賀」の文字を朱記したもの」のみ。 今回の値上げ は、収益の低迷する郵便事業を立て直すためで、はがきの配達数は平成27 (2015)年度約63億通、年間数百億円の収益改善になるそうだ。

年賀はがき料金の据え置きは、まとめて集配できるからだというが、日本郵 便のドル箱なので、値上げをすると、極端に発行枚数が減ってしまう懸念があ ったのだろう。 年賀はがきの発行枚数は、平成15(2003)年の44億5936 万枚をピークにして、年々減少、平成28(2016)年は31億4208万枚だった。  平成27(2015)年は32億167万枚だから、上記の平成27(2015)年度配達 数約63億通と比べると、年賀はがきだけで50%を超すことになる。

6月1日(木)からの郵便料金の変更は、はがきの料金のほかに、定形外郵 便物と、ゆうメールで、所定の規格に収まるかどうかによって、規格内と規格 外に運賃を分けて設定している。

なお、いつから通常はがきの料金が62円になるかだが、郵便局窓口での受 け付けは6月1日午前0時からで、ポストに投函する分は6月1日の第一回集 配までは52円でいいそうだ。

ついでに、通常はがきの料金の推移を書いておく。 明治16(1883)年1 月1日から、1銭。 明治32(1899)年4月1日から、1銭5厘。 大正12 (1923)年4月1日から、2銭。 昭和19(1944)年4月1日から、3銭。  昭和20(1945)年4月1日から、5銭。(花森安治の『見よ ぼくらの一銭(セ ンは金偏がない)五厘の旗』は二銭の旗、三銭の旗、五銭の旗だったかもしれ ない。) 昭和21(1946)年7月25日から、15銭。 昭和22(1947)年4 月1日から、50銭。 昭和23(1948)年7月10日から、2円。 昭和26(1951) 年11月1日から、5円。 昭和41(1966)年7月1日から、7円。 昭和47 (1972)年2月1日から、10円。 昭和51(1976)年1月25日から、20円。  昭和56(1981)年1月20日から、30円。 昭和56(1981)年4月1日から、 40円。 (はがき時代の「広尾短信」(昭和50(1975)年2月25日創刊) 「等々力短信」は、10円で始まり、20円と30円を経て、40円まで(昭和57 (1982)年9月5日第262号)あった。オイルショックなどで物価高騰の時期 だった。戦争直後、頻繁に改定されているのも、インフレの影響だとわかる。)  平成元(1989)年4月1日から、41円(消費税登場)。 平成6(1994)年1 月24日から、50円。 平成26(2014)年4月1日から、52円。(この20 年ほどはデフレだということが、よくわかる。)