あるクラスメイトの訃報2018/11/17 07:15

 クラスメイトの訃報は、ズシンとこたえる。 広瀬章さんが3月4日に亡く なっていたことを、娘さんからの年賀欠礼の葉書で知った。 実は、彼には毎 月「等々力短信」をメールで送っていて、メールアドレスはそのままなのか、 「不達」の表示は出なかった。 今年の年賀状を見たら、「いつも情報を有難う」 という添え書きがあったのに…。

 名門“熊高”、熊本高校の出身、経済学部U組で一緒になった。 いかにも熊 本から来たという朴訥な感じの人で、日吉の寮にいた。 住友金属工業とその 子会社を勤め上げた後、定年後の生活をエンジョイする見本のような報告をク ラス会のたびに聞かされた。 2002(平成14)年には、お住まいの千葉県柏 市で対象750世帯ほどの自治会長を務めて、「近所の人との付き合い」「老人問 題」等々色々と考えさせられる、という一方、まだ健康でテニス(週2~3回) ゴルフ(月2~3回)を楽しんでいるとか、退職後始めたピアノはなかなか上 達せず、苦労していて、「大きな古時計」「北の国から」等を練習しているとか、 言っていた。 その後、発表会で演奏したという話もあった。 2003(平成15) 年には、健康に恵まれ、テニス、ゴルフや旅行を楽しみ、8月、立山で雄山(3003 m)を登頂、9月~10月、2週間ドイツ、オーストリア旅行をしたと聞いた。  最近のおすすめを尋ねたら、テニスクラブの仲間と秘湯の旅で行った法師温泉 (群馬)、二岐温泉(福島)、図書館で見つけた楽しい本、アイス・ニン『小鳥 たち』と答えていた。

 2009(平成21)年7月4日の「等々力短信1000号を祝う会」に来てくれた。  メッセージに、学生時代の思い出はないが、1989(平成元)年の朝日新聞日曜 版の記事で私の顏を見て、「等々力短信」を知って手紙を書いて以来だとある。  2010(平成22)年に奥様を亡くされ、娘さんと二人の生活になった。 う ろ覚えだが、娘さんのお弁当をつくっているという話を聞いたような気がする。  2013(平成25)年には、あいかわらず元気でテニスやピアノを楽しみ、4年間 務めた「生涯現役ときわ会」(柏・松戸・我孫子・流山4市で会員約300名) の会長もやっと後継者に譲り、落ち着いた毎日だという、メールをもらってい た。

一昨年2016(平成28)年4月の熊本地震の時には、『私のふるさと 熊本の 大地震』という写真入りの一文を送ってくれた。 柏に住んで40年近くなる けれど、18歳まで育った熊本が“私のふるさと”であり、甲子園の高校野球 は熊本を応援し、国政選挙の結果なども、千葉よりも熊本の方が気にかかる。  典型的な熊本県人である、というのだった。 生まれ故郷は「玉東町」(旧 木葉村)で熊本市の中心部から約20km程の山村で、近くに西南戦争で有 名な“田原坂”があり、小学校の春の遠足地だったそうだ。 震源地から約 30km近く離れているので、お姉様や身内の方の住む築120年の生家は大 きな被害はなかったという。 中高時代の友人達にも連絡を取ったが大事無 かったとある。

翌5月の21日、パシフィコ横浜で行われた卒業51年以上塾員招待会の後、 中華街の菜香新館で開いたクラス会で、お会いしたのが最後になった。 ご冥 福を祈る。

「そうだ 京都、行こう。」の二十五周年2018/10/31 07:07

 「京都に通い始めて、もう二十五年になります。千二百年分の時間を持った 町が、東京からたった二時間ちょっと先にあるなんて、なんて贅沢なんでしょ う。京都を、また新しく歩き直してみることにします。そうだ 京都、行こう。」

 放映中の「そうだ 京都、行こう。」というJR東海のCMである。 このキ ャッチコピー、家内がいいと褒めた。 今年は、このCMの25周年、俳優・ 長塚京三最後のナレーションだそうで、洛南の紅葉の名所、古刹「酬恩庵(し ゅうおんあん) 一休寺」(京田辺市)が舞台だ。

 5年前の2013(平成25)年11月25日の「等々力短信」第1053号に「年年 歳歳の紅葉」の題で、このCMについて書いた。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2013/11/25/7072034

 その「等々力短信」に書き込めなかったものに、こんなのもあった。

1997年・東福寺「六百年前、桜を全部伐りました。春より秋を選んだお寺で す。「いさぎいいな」」

1995年・南禅寺「歴史(日本史)という額縁に、一九九五年の紅葉がおさま っています(いました)。いや、絶景かな。町ごと紅葉の美術館になる、京都で す。」(()内は、ポスターバージョン)

 そこで、最近の4年間のものを、YouTubeでさかのぼってみた。

2017年・東寺「もの言わぬ景色の何と雄弁なことでしょう。人間は、ちょっ としゃべりすぎ。では、これで、ごめん下さい。」

2016年・天龍寺「お寺を建てて、美しい庭を作ろう。600年以上も昔のプラ ンです。外の景色をお借りして完成できたことに感謝する。そんな気持ちがこ こにはあります。景色を借りると書いて「借景」、いい言葉じゃないですか。」

 2015年・北野天満宮「長くこの町が残して来てくれた秋の美しい風景を、今 せっせと自分に取り込んでいるところです。人は経験から多くを学ぶように出 来ているから。さて、私の秋は忙しくなるぞ。」

 2014年・源光庵「紅葉が宇宙や人の一生の話になってしまうとは、思っても いませんでした。丸い悟りの窓、四角い迷いの窓、心の窓を通して眺める紅葉 なのですね。そうか、ここへは、あの人を誘って来ればよかった。」

土佐藩の上士と下士、豪商坂本家2018/10/25 07:13

 磯田道史さんの『龍馬史』、文春文庫版の解説を、長宗我部家十七代当主の長 宗我部友親(ともちか)さんが書いている。 坂本龍馬が生まれた上町本町(現、 高知市上町(かみまち))は、周辺に郷士(下士)や商人たちが住んでいた。  土佐藩でいう下士とは、その多くが山内一豊の土佐入国前の領主であった長宗 我部の遺臣たち、いわゆる長宗我部侍である。 上士は遠江国掛川以来の山内 の家臣筋でほとんどが占められ、いわゆる上級武士らである。 土佐藩では、 上士、下士の身分制度が徹底され、他藩に比べても特に厳しかった。 下士の 生活は質素が基本で、絹の衣服の着用禁止や雨の日でも高下駄は使えず草履履 きであることなどが細かく決められていた。 城下町の配置も、上士たちは城 の内側にある「郭中」に住み、下士の住居は濠外で、上町などと、はっきり区 分されていた。 驚くべきことに、旧領主でありながら、江戸時代は下士とし て山内家に仕えてきた長宗我部友親さんの先祖の住居も、上町の龍馬の家のす ぐ近くにあった、という。

 土佐藩の上士、下士の身分制度については、2010年に大河ドラマ『龍馬伝』 で見て、「等々力短信」第1013号「上士と下士」(2010.7.25.)に福沢諭吉「旧 藩情」との共通点を書いていた。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2010/07/25/5246373

 磯田道史さんは「龍馬は一日にしてならず」の章で、坂本家は質屋業、酒造 業、呉服商などの事業で、高知城下屈指の豪商・才谷屋、六代目が郷士株を長 男に買ってやり、その約五百坪の屋敷は、五百石クラスの上級藩士の武家屋敷 に匹敵する広さだったとしている。 龍馬の家族宛の手紙には、自宅の「茶ざ しき」という言葉が出てくる。 通常は茶室、あるいは茶席のある部屋のこと で、もし茶室だとすれば、大変な贅沢だと、磯田さんは言う。

坂本龍馬の手紙2018/10/24 07:14

磯田道史さんに『龍馬史』(文藝春秋・2010年、文春文庫・2013年)という 本がある。 「龍馬の生涯を語れば、そのまま幕末史の生きた教科書となりま す。幕末史は複雑ですが、龍馬を主人公にしてみてゆけば、それが何であった のか、はっきりした像が見えてくるはずです。そのなかで龍馬暗殺の「犯人」 についても考えてゆきたいと思います。」と「はじめに」にある。

第一章は「自筆書状から龍馬を知る」で、私も大好きな龍馬の手紙から、龍 馬像を紹介する。 私は、磯田道史さんが引用している宮地佐一郎『龍馬の手 紙-坂本龍馬全書簡集(付)関係文書・詠草』(旺文社文庫・1984年)を持っ ていて、愛読した。 その本が出る前の1980(昭和55)年には、ハガキ時代 の「等々力短信」にこんなことを書いていた。

       等々力短信 第184号 1980年6月15日

 将来の伝記作家たちは、ひどく困るのではないだろうか。 用事を手紙でな く、電話ですませることが多くなって、記録が残らないからである。

 安岡章太郎さんが、坂本龍馬について、当時龍馬と同じような活動をした人 物は沢山いたかもしれないが、手紙を書いたから龍馬は残った。 とくに姉の 乙女宛の生き生きとした手紙が素晴らしいとラジオで語ったことがある。

 脱藩後一年、幸運にも勝海舟に認められて、前途に光明を見出した文久3年 (1863)、3月20日付の姉乙女あての手紙。 「さてもさても、人間の一生は がてんの行かぬは元よりの事、うんのわるいものは風呂より出でんとしてきん たまをつめわりて死ぬるものあり。それとくらべて私などは運がつよく、(中略) 今にては日本第一の人物勝麟太郎といふ人の弟子になり日々兼て思いつく所を 精と致し居り候」(平尾道雄著『龍馬のすべて』久保書店129ページ)。

 磯田道史さんも、この手紙を紹介し、ここに早くも龍馬最大の長所であり同 時に欠点が現れている、という。 運が良いから自分だけは死なない、と過信 している。 結局、何度も危険な目に遭って生き延び、最後には死んでしまう わけだが、龍馬は常に自分だけは死なないと根拠のない自信を持っていた。 し かし、この自信家ぶりは、龍馬だけのものではなく、幕末維新に活躍した多く の人に共通した特徴だと、磯田さんは書いている。 大久保利通、西郷隆盛、 伊藤博文、みな自信家だ。 それから高杉晋作、大隈重信あたりは、もういや らしいほどに我執の強い、自信の塊だった。 「自信のない人間に世の中は変 えられません。誇大であろうと、根拠がなかろうと、この自信で彼らはこの国 を変えたのでしょう。」と。

「「明治十四年の政変」と井上毅」その発端2018/09/29 07:08

 『福沢手帖』第178号で、もう一つ注目したのは、大久保啓次郎さん(鴨川 義塾理事)の「「明治十四年の政変」と井上毅―福沢諭吉の文明開化思想から井 上毅の儒教思想へ―」である。 「明治14年の政変」については、私も日本 にとって重要な歴史の転換点であったと考えていて、福沢の慶應義塾と大隈重 信の早稲田で共同研究をしたらどうかと書いたことがあった。

「明治14年の政変」の共同研究を<等々力短信 第1064号 2014.10.25>

http://kbaba.asablo.jp/blog/2014/10/25/7473082

 大久保啓次郎さんは、この事件の勝敗を陰で操ったのが井上毅(こわし)で あって、これを契機に井上は明治国家形成に深く関わることになったとし、一 方、福沢諭吉の文明開化思想は、政府や教育への影響力を狭められていった、 とする。 そして、井上毅が「明治14年の政変」の黒子であったことを最初 に明らかにした昭和27年の大久保利謙著『明治十四年の政変と井上毅』を始 め、井上毅伝記編纂委員会編『井上毅伝・史料編 第一』などから、政変におけ る井上の動きや、その「人心教導意見書」を紹介して、彼を動かした思想の一 端に光を当てている。

 井上毅(1844~1895(満51歳))は、肥後国(熊本県)出身、藩校「時習館」 で朱子学を学び、儒教思想を習得し、その後の人生で儒教思想への親近感は強 い。 慶應3年、藩命でフランス語習得のため江戸へ出る。 明治4年、司法 省に入り、翌5年司法省の仲間7人とパリやベルリンに行き、そこで岩倉使節 団と合流する。 6年に帰国するが、その間の2年間は主としてボアソナード らのフランス法学者の講義を受けた。

 「明治14年の政変」の経緯と井上毅。 明治天皇は各参議に立憲政体につ いての意見書提出を命じ、明治12年末の山縣有朋案、13年の伊藤博文案が提 出されたが、筆頭参議の大隈重信はなかなか出さず、14年3月、密書として有 栖川宮に提出した。 盟約関係の伊藤、井上馨に見せず、国会開設時期が明治 16年と早く、英国型議院内閣制立憲政体の憲法というものだった。 これを見 て驚いた岩倉右大臣は、6月初旬、太政官大書記官井上毅に見せ、反駁書を書 かせ、調査を命じた。 6月14日、井上毅は岩倉に「大隈の意見書は、福沢諭 吉著『民情一新』に見られる、福沢の政体構想と共通であり、それは天皇の権 限を無視した英国型立憲政体である」との報告書を出した。 6月21日、岩倉 はプロイセン型を念頭に大臣主導により進むべく、井上毅に憲法作成の案を用 意するよう命じて、伊藤に憲法問題を任せた。 井上毅は「憲法制定意見書」 を伊藤に送付、主導権を取るよう強く要請した。 伊藤は井上毅意見書が自分 の考えとほぼ同じと知り、7月2日大隈意見書を「急進的」と激しく非難、岩 倉も同様に不同意を表明した。 同5日、岩倉は、伊藤に書簡を送り、プロイ センをモデルとした憲法制定を示唆した。 同12日、井上毅は伊藤への書簡 で、福沢を中傷しプロイセン型憲法制定を急ぐよう強調、政党内閣制阻止との 自説を再説した。 同22日、井上毅は、京都に岩倉を、宮島に井上馨を訪ね、 大隈孤立化への多数派工作を開始した。 同27日、井上馨は伊藤への書簡で、 井上毅の訪問を踏まえ、プロイセン型憲法制定、早期国会開設に賛成する事を 表明。 また井上毅は、松方正義、黒田清隆、西郷従道などにも大隈孤立化工 作を懇願。 既にこの時点で、大隈意見書の採用は、宮中、政府内ともに多数 派となり得ないことが、明らかになっていた。(つづく)