渋沢栄一について書いたこと一覧2017/06/19 07:12

 そのほかにも「小人閑居日記」には、渋沢栄一について、いろいろ書いてい
る。 興味のある方には読んでいただきたいので、関連のものも含めて、ちょ
っと、まとめておく。 「渋沢栄一と福沢諭吉」は、同じ題で三回も書いてい
た。
渋沢栄一と福沢諭吉〔昔、書いた福沢14〕<小人閑居日記 2013.11.29.>
(「時代を動かした四つの瞳」等々力短信 第294号 1983(昭和58)年8月5日)
http://kbaba.asablo.jp/blog/2013/11/29/
福沢諭吉の「西航手帳」〔昔、書いた福沢15〕<小人閑居日記 2013.11.30.>
(等々力短信 第295号 1983(昭和58)年8月15日)
渋沢栄一が欧州で驚いた三つ〔昔、書いた福沢16〕<小人閑居日記 2013.12.1.
>(「『新日本事情』のすゝめ」等々力短信 第296号 1983(昭和58)年8月25日)
王子飛鳥山公園の渋沢史料館<小人閑居日記 2002.5.6.>
「渋沢栄一と福沢諭吉」<小人閑居日記 2002.5.7.>(西川俊作先生講演)
日本史における「会社」<小人閑居日記 2006.12.18.>
「会社」という言葉<小人閑居日記 2006.12.19.>
渋沢栄一と「会社」の普及<小人閑居日記 2006.12.20.>
「拝啓 渋沢栄一様」<小人閑居日記 2007. 3.4.>
世のため、人のために働く喜び<小人閑居日記 2007. 3.5.>
「拝啓 福沢諭吉様」ならば<小人閑居日記 2007. 3.6.>
「商」「町人」諭吉<小人閑居日記 2007. 3.7.>
「壬申 三十七歳ト十一ヶ月」<小人閑居日記 2007. 3.8.>
渋沢栄一と福沢諭吉<小人閑居日記 2012. 6. 14.>(二人の関わりを訊かれて)
福沢諭吉の渋沢栄一宛書簡<小人閑居日記 2012. 6. 16.>
福沢書簡に登場する渋沢栄一<小人閑居日記 2012. 6. 17.>

明日から葉書の料金が62円2017/05/31 07:16

 明日6月1日(木)から郵便の通常はがきの料金が52円から62円になる。  不思議なことに、「年賀はがき」は52円のままだという。 ただし12月15 日から翌年1月7日の間に差し出された「日本郵便が発行する年賀はがき」と 「通常はがきの表面に「年賀」の文字を朱記したもの」のみ。 今回の値上げ は、収益の低迷する郵便事業を立て直すためで、はがきの配達数は平成27 (2015)年度約63億通、年間数百億円の収益改善になるそうだ。

年賀はがき料金の据え置きは、まとめて集配できるからだというが、日本郵 便のドル箱なので、値上げをすると、極端に発行枚数が減ってしまう懸念があ ったのだろう。 年賀はがきの発行枚数は、平成15(2003)年の44億5936 万枚をピークにして、年々減少、平成28(2016)年は31億4208万枚だった。  平成27(2015)年は32億167万枚だから、上記の平成27(2015)年度配達 数約63億通と比べると、年賀はがきだけで50%を超すことになる。

6月1日(木)からの郵便料金の変更は、はがきの料金のほかに、定形外郵 便物と、ゆうメールで、所定の規格に収まるかどうかによって、規格内と規格 外に運賃を分けて設定している。

なお、いつから通常はがきの料金が62円になるかだが、郵便局窓口での受 け付けは6月1日午前0時からで、ポストに投函する分は6月1日の第一回集 配までは52円でいいそうだ。

ついでに、通常はがきの料金の推移を書いておく。 明治16(1883)年1 月1日から、1銭。 明治32(1899)年4月1日から、1銭5厘。 大正12 (1923)年4月1日から、2銭。 昭和19(1944)年4月1日から、3銭。  昭和20(1945)年4月1日から、5銭。(花森安治の『見よ ぼくらの一銭(セ ンは金偏がない)五厘の旗』は二銭の旗、三銭の旗、五銭の旗だったかもしれ ない。) 昭和21(1946)年7月25日から、15銭。 昭和22(1947)年4 月1日から、50銭。 昭和23(1948)年7月10日から、2円。 昭和26(1951) 年11月1日から、5円。 昭和41(1966)年7月1日から、7円。 昭和47 (1972)年2月1日から、10円。 昭和51(1976)年1月25日から、20円。  昭和56(1981)年1月20日から、30円。 昭和56(1981)年4月1日から、 40円。 (はがき時代の「広尾短信」(昭和50(1975)年2月25日創刊) 「等々力短信」は、10円で始まり、20円と30円を経て、40円まで(昭和57 (1982)年9月5日第262号)あった。オイルショックなどで物価高騰の時期 だった。戦争直後、頻繁に改定されているのも、インフレの影響だとわかる。)  平成元(1989)年4月1日から、41円(消費税登場)。 平成6(1994)年1 月24日から、50円。 平成26(2014)年4月1日から、52円。(この20 年ほどはデフレだということが、よくわかる。)

代々続く大郵便局長の家柄?2017/05/30 07:08

 もともと、余り出さなくなった「手紙の楽しみ」を復活しようと、昭和50 (1975)年に始めたことである。 月一回の「等々力短信」だが、パソコンを やらない人や、初期からのごく一部の読者には、プリントして郵送をしている。  毎月82通ほどになる。 郵趣家の兄が健在の頃は、兄に記念切手を頼み、死 んでからしばらくは遺産の切手を使い、近年は新発行のものを貼っている。 九 州にいるクラスメイトから、読者総代のような、こんな嬉しい葉書が来た。

 「親戚のオッサンで御節介な人がいる。パソコン・インターネットを使える のが自慢で「何故やらないのか」と会う毎に勧める。そこであなたからの色と りどりの切手の切り抜きを見せる。「おー、凄いな成程」と頷く。この切手欲し さにパソコンはやらないのだと私の頓智を理解しての「成程」だったのかは定 かではない。オッサン曰く「馬場さんとやら、代々続く大きな郵便局の局長さ んを有する家柄ではないか」と。改めて二人で切り抜かれた切手の数々を眺め て「きれいだ、凄いな」と感心すること頻り。草々。」

 「等々力短信」の内容に全く言及がないのが、多少気にはなるが、葉書のス ペースがなくなったからだろう、ということにしておこう。

鏑木清方『随筆集 明治の東京』<等々力短信 第1095号 2017.5.25.>2017/05/25 07:08

 岩波文庫が7月で創刊90年だそうで、記念の『図書』臨時増刊号「私の三 冊」が出た。 「各界を代表」している228人に、今までに読んだ岩波文庫の うち、心に残る書物、ぜひとも勧めたい本を、答えてもらっている。 女優の 有馬稲子は、チェーホフ『ワーニャおじさん』、太宰治『お伽草紙・新釈諸国噺』 と『鏑木清方随筆集』の三冊。 有馬稲子は今、老人ホームにいるらしいが、 テレビ朝日で昼に放送中の倉本聰の帯ドラマ『やすらぎの郷』にも出るようで、 タイトルに顔が見える。 私は昭和28(1953)年の東宝入社第一作『ひまわ り娘』を日劇で観たが、12歳、64年前のことになる。

 『鏑木清方随筆集』(山田肇編)を選んだのは、「友人の坂崎重盛氏より『「絵 のある」岩波文庫への招待』をいただき、あの美人画の鏑木清方が随筆の名手 と知りました。昭和の貴重な時代考証のような女性の描写、私の最後の一冊は これに決めています。」

 3月友人達と、鎌倉の鏑木清方記念美術館で「つつましく そして艶やかに~ 清方ゑがく女性~」展を見たばかり、静かで落ち着いたよい美術館だった。 私 はたまたま『「絵のある」岩波文庫への招待』(芸術新聞社)を持っていた。 『鏑 木清方随筆集』はなかったが、そこで紹介されているもう一冊『随筆集 明治の 東京』は書棚にあった。

 「名物無名物」(昭和19年)に、「明治の昔は東京も狭かった、(中略)駒込 の茄子、谷中の生姜、千住の枝豆、砂村の唐茄子、練馬大根、目黒の筍、三河 島の菜、大川の蜆、大森の海苔、深川のバカの目刺(バカも近頃は青柳と大層 優しい名前を持つようになった)、千住の豆は他のより大粒で莢に四粒入のがあ る、谷中の生姜は柔かで辛くない、根岸の先き諏訪台下の日暮里あたりが産地 である。」とあった。

 「明治の東京語」(昭和10年10月)に、若い人に通用しそうのないか、そ うなりかけている言葉が挙げてある。 近在、遠国(おんごく)者、常住(じ ょうじょう)、ぞんき(「のんき」より少し質のよくない)、今当世、跡月(あと げつ・先月)、でくま、ひくま(凸凹)、どうれ(道理)、煉瓦通(銀座通)、ハ ンチク(半端人足)、権妻(妾)。

 「甘いものの話」(昭和7年1月)に、「美術人には左傾が多い。ムッソリー ニと握手した横山大観先生などは、押しも押されもしない左翼の頭目だし、周 囲の友人知己、概ね左党ならざるはないといってよかろう。」 鏑木清方は下戸 なのだそうで、店名や甘いものが列挙されている。 汁粉屋というもの、あれ も明治趣味のものであった、「総じて人情本の挿画にでも見るような小粋な造り で、床にも細ものの茶懸に、わびすけでも活けてあろうという好み、入口には 茶色の短い暖簾、籠行燈という誂えの道具立も、器の物好きも」と、この随筆、 まさに「絵のない絵本」なのである。

映画『鎌倉アカデミア 青の時代』2017/05/25 07:06

 そこで、新宿のK’s cinemaで観た映画『鎌倉アカデミア 青の時代』「ある 「自由大学」の記録」である。 大嶋拓監督は、4年半で消え去ることになる 「鎌倉アカデミア」の存続のために三枝博音(ひろと)校長とともに奔走した 演劇科教授・青江舜二郎の長男なのだそうだ。 『カナカナ』『火星のわが家』 (日下武史、鈴木重子、堺雅人)『影たちの祭り』という監督作品、著書『龍の 星霜 異端の劇作家 青江舜二郎』(春風社)があり、慶應義塾大学文学部人間関 係学系卒という。

 映画は、江ノ電の長谷駅に大嶋拓監督手持ちのビデオカメラが到着するとこ ろから始まる。 改札口には、演劇科1期の加藤茂雄(俳優、東宝専属として 黒澤明作品など数多くの映画に出演。後で書く鎌倉アカデミア創立70周年記 念祭実行委員長を務めた。今年91歳。)が待っていて、パッと開ける海岸に案 内する。 兵隊から帰って、地引網漁をやっていたが、昭和21(1946)年5 月、あちらの材木座に屋根が見える光明寺に、大学が出来る、「新しい日本を担 う若者を育成する」というので駆けつけた。 (開校は5月13日で、昨日引 いた「等々力短信」冒頭の「昭和21年4月」は間違い。)

 鎌倉に進駐軍の慰安施設が出来るというのに反対した地元の有志が、文化都 市鎌倉に大学をつくることを計画したのだ。 戦争末期、軍隊に行ったり、勤 労動員で、学ぶことのできなかった若者たちが集まって来た。 教鞭を執った のは、西郷信綱、吉野秀雄、林達夫、中村光夫、高見順、吉田健一、服部之総、 三枝博音、村山知義、三上次男、長田秀雄、千田是也、野田高梧、三浦光雄、 邦正美、藤間勘十郎など、数多くの著名な学者・文化人だった。 「教師と学 生とが相互に鍛え合い、各自の個性を創造する学園」を目指した。 大学の設 立は文部省に認可されず、鎌倉大学校を名乗り、「鎌倉アカデミア」と呼ばれて いる。 当時珍しい男女共学。 当初、産業科、演劇科、文学科があり、後に 映画科が出来た。  吉野秀雄作詞の「学生歌」には、<いくさ やぶれし くにつちの/おきて  ことごと あたらしく/もゆる めばえに さきがけて/ここに われらは  つどひけり>とある。

 映画では、光明寺での鎌倉アカデミア創立60周年、70周年の記念祭(昨年 6月4日開催、私はその日たまたま文化地理「六四の会」で建長寺の「虫塚」 を訪れていたが、この記念祭のことを全く知らなかった)の映像、当時学生だ った20人ほどの証言、現地訪問や再現映像などで、4年半で消え去った「幻の 大学」が描かれる。 そこからは鎌倉アカデミアが、高度成長時代の芸術や文 化をひっぱった多彩な人材、映画・演劇・放送などの分野で活躍した人々を輩 出したことがわかるのだ。 山口瞳、いずみたく、前田武彦、高松英郎、沼田 陽一、廣澤榮などもそうだし、映画で証言する鈴木清順(映画科1期・映画監 督『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』)、岩内克己(演劇科1期・映画監督『エ レキの若大将』『砂の香り』)、勝田久(演劇科1期・声優、『鉄腕アトム』のお 茶の水博士役、勝田声優学院主宰)、川久保潔(演劇科2期・ラジオ「朝の歳 時記」や洋画の吹き替え)、若林一郎(演劇科2期・劇作家、アニメ『オバケ のQ太郎』児童劇『かぐや姫』)などがいた。 鎌倉アカデミアの演劇サークル 「小熊座」を母体に1952年、影絵専門劇団「かかし座」も創立されている。