隅田川に橋を架けた会社2021/01/25 07:10

「等々力短信」1139号「半藤一利さんの戦争と平和」に、大正末期から昭和の初めに隅田川に架けられた橋について書いた。 IHI、(前)石川島播磨重工業OBの友人から、隅田川の橋は地の利のある石川島造船所のものが多いと思うというメールをもらった。 IHIは、「最近ではトルコの斜張橋(ボスポラス橋など)などの海外実績も多くあり、橋梁部隊はたぶん日本一(又は世界トップクラス)ではないでしょうか」という。

調べてみると、なるほど半藤一利さんが話していた「浦賀船渠や三菱重工」はなかった。 大正15年12月の永代橋から、昭和7年11月の両国橋まで、関東大震災復興事業で架橋された内、昭和2年11月の蔵前橋、昭和2年12月の千住大橋、昭和7年11月の両国橋の施工は石川島造船所だった(両国橋だけは、間組が関与)。

 昭和2年6月の駒形橋は汽車製造、昭和3年2月の言問橋は横河橋梁製作所、昭和3年3月の清洲橋は神戸川崎造船所、昭和4年9月の厩橋は浅野造船所、昭和6年6月の吾妻橋は錢高組、昭和6年8月の白髭橋は川崎造船所、大正15年12月の永代橋は橋脚製作が神戸川崎造船所、施工が太丸組と間組だった。

なお、後の昭和15年6月の勝鬨橋は、幻となった月島地区で開催予定の皇紀2600年記念日本万国博覧会のために架けられ、月島側アーチ橋が石川島造船所、築地側アーチ橋が横河橋梁製作所、下部橋脚が錢高組、下部鉄骨製作が宮地鉄工所だった。

半藤一利さんの戦争と平和<等々力短信 第1139号 2021(令和3).1.25.>2021/01/25 07:08

 亡くなった半藤一利さんの『漱石先生ぞな、もし』正・続は文藝春秋刊だが、 漱石俳句を扱った『漱石先生 大いに笑う』は講談社刊だ。 それぞれの扉カッ トは、作者自身(面白い絵だ)、和田誠、安野光雅と別なのを、今、ひっくり返 していて気づいた。 三冊目の題、『文藝春秋』昭和24年6月号「天皇陛下大 いに笑う」、サトウハチロー、辰野隆、徳川夢聲の三人が昭和天皇の前で「バカ ばなしをして、陛下はうまれてはじめてお笑いになった」座談会を端緒に、こ の雑誌が急発展した言い伝えがあるそうだ。

 昭和史を伝え続けた半藤一利さんの根底には、14歳で昭和20年3月10日 の東京大空襲に向島の自宅で遭い、焼夷弾が土砂降りのように降る中を逃げ惑 い、川で溺れて死にかけた体験があった。 日本は、なぜこんな無謀な戦争に 突き進んだのか。

旧制長岡中学から昭和23年に旧制浦和高校へ進んで、初めてオールを手に して以来、昭和28年に東大を出るまでボート部にいて、隅田川で漕いでいた という。  『半藤一利と宮崎駿の 腰抜け愛国談義』(文春ジブリ文庫)に、 こんな話がある。 第一次世界大戦後の大正11年のワシントン海軍軍縮会議 の軍縮条約で、激烈をきわめていた世界の建艦競争が急停止となる。 国の財 政がもたないからだ。 主力艦(戦艦と空母)の保有量が制限されて、日本は 対米英6割とされる。 そのため計画で準備していた鉄と工員が大量に余った。  それを何とかしなきゃいけないということで、隅田川に橋がバンバン架けられ た。 比較的最近の新大橋(昭和52年竣工)を除けば、みんな立派な鉄の橋 で、しかも構造の異なった橋がいろいろあって「橋の博覧会」と言われている。  永代橋が大正15年の竣工で、以降、昭和7年の両国橋まで、つぎつぎと架橋 されたが、設計と工事を請け負ったのは、浦賀船渠や三菱重工といった造船会 社だった。 もし軍縮とならずに、軍艦や空母になっていたら、すべて海の藻 屑と消えていたことになる。 半藤さんは、そうならずに隅田川の橋は、いま なお我々の暮らしに貢献してくれている、平和とはいいものです、と言う。 い ずれにせよ、昭和初期の日本では一挙にインフラが整備され、井の頭線とか京 王線も、ことによるとその余りでつくったのかもしれない、と。 荒川放水路 をつくった費用が、巡洋艦一隻分だったそうだ。

 半藤さんは、千鳥足で転んで大腿骨を骨折、リハビリ病院での猛烈な訓練に、 朝日新聞の連載を断念した「歴史探偵おぼえ書き」の最終回(2019年9月28 日)に、小林一茶の<この所あちゃとそんまの国境(くにざかい)>を引いた。  「あちゃ」は信濃方言、「そんま」は越後言葉で、ともに“さよなら”の意。 越 後長岡にゆかりある半藤さんは、こんな最後の挨拶を送っていた。 「じゃあ、 そんまそんま」

北岡伸一著『独立自尊 福沢諭吉の挑戦』2021/01/18 07:04

 12月の「等々力短信」第1138号で取り上げた北岡伸一著『明治維新の意味』(新潮選書)だが、明治初年の迅速な改革が実現した要因として、大久保利通、伊藤博文、そして福沢諭吉に注目する。 そこで福沢諭吉について言及された部分について、丁寧に見てみたいのだが、その前に次の本に触れておく。

 北岡伸一さんには、2002(平成14)年に『独立自尊 福沢諭吉の挑戦』(講談社)という本があって、2002年8月25日の「等々力短信」第918号「なぜ一万円札の顔なのか」で、福沢の全貌を知るための最適の入門書と言えると思う、と下記のように紹介していた。

 北岡さんの『独立自尊』の良いところを挙げる。 福沢が心掛けたように「平明」なのがよい。 「幸運は待ち構えているものにだけ訪れる」福沢の生涯を展望できるのがよい。 『西洋事情』『学問のすゝめ』『文明論之概略』にそれぞれ一章をあて、その内容をまとめてくれている(有名だが、たいてい読んでいない。 執筆時期と時代背景の組み合わせもよくわかる)。 『福翁自伝』に書かれなかった部分に、ふれている(幕末、福沢が幕府強化論を主張して、積極的に政治に関与し、そして絶望したことが、その後、政治との距離を強調する原因になったという指摘など興味深かった)。

 「『独立自尊』は福沢の人生そのものだった。…福沢は自らの内なる声に耳を傾けて、本当にしたいこと、本当に正しいと思うことだけをした。…自らを高く持して歩むこと、歩もうと試みることは、福沢でなくても出来ないわけではない。そういう独立自尊の精神こそ、混迷の時代に最も必要なものである。それなしには、日本は長期の停滞から抜け出せないように思う」 北岡さんは「福沢が日本をどうしたいと考えたのか、そのビジョンと方法を、そのレトリックとともに読者に伝え」ることに成功した。

令和二年2020年の「等々力短信」2021/01/02 07:03

 『夏潮』令和三年一月号、本井英主宰選「雑詠」の巻頭の一句、<残りページ気にしつつ読む良夜かな>の主宰選評「潮騒を聴きながら」には、こう頂いた。

「季題は「良夜」。名月がくまなく照らす夜のこと。作者は今、読書中。読み始めはやや難渋しながら読んだ本が途中から興が乗って、どんどんページが進み、当初予想していた時間よりも早く読了しそうな様子を想像した。昼間から心設けにしていたことだが、今宵は仲秋の名月。天気予報では晴れて全国的に「お月見日和」とのこと。いま読んでいる書物は、何処かで中断して夜はゆっくり「月見を」と考えていた作者だが、思わず読書のペースが上がり、この分では読み終えてから「月見」が出来そうに思えてきたのであろう。家人の話では「月」は、もう大分高く上がっているらしい。中断するか、読了するか、そんな気持ちで、ときどき「残りページ」を気にしている作者の姿が想像できた。作者が「轟亭の小人閑居日記」で有名な読書家であることを考え合わせると、いかにも静かで知的な時間が流れていることも感じられる。」

 有難い「読み」である。 だが「有名な読書家」は、恥ずかしい。 そこで令和2年コロナ禍の中、「等々力短信」や「轟亭の小人閑居日記」で取り上げた本を振り返ってみようとした。 少し始めてみると、本もあるけれど、けっこうテレビ番組も扱っているのだった。 とりあえず、「等々力短信」この一年を見ると、「本」5、「テレビ番組」3、「落語」「俳句」「展覧会」「音楽会」各1と、けっこうバラエティーに富んでいたのだった。

第1127号 2020(令和2).1.25.  お正月の「俳句日記」
第1128号 2020(令和2).2.25. 「柳田格之進」の娘
第1129号 2020(令和2).3.20. 詩人たちの国で
第1130号 2020(令和2).4.25. 武藤山治の先見性
第1131号 2020(令和2).5.25. Stay Homeに時代小説
第1132号 2020(令和2).6.25. 『二十四の瞳』の朗読を聴く
第1133号 2020(令和2).7.25. 戦国時代の日本と世界史
第1134号 2020(令和2).8.15. 無言館と絵画修復
第1135号 2020(令和2).9.25. 戦争を知る政治家がいなくなった
第1136号 2020(令和2).10.25. 民衆が生んだ自由な絵画
第1137号 2020(令和2).11.25. 心の中で「ブラボー!」
第1138号 2020(令和2).12.25. 北岡伸一著『明治維新の意味』

 書名を挙げると、
芳賀徹『桃源の水脈―東アジア詩画の比較文化史』(名古屋大学出版会)
芳賀徹『大君の使節 幕末日本人の西欧体験』(中公新書)
芳賀徹『詩の国 詩人の国』(筑摩書房)
武藤治太『武藤山治(さんじ)の先見性と彼をめぐる群像~恩師福澤諭吉の偉業を継いで~』(文芸社・2017年)
乙川優三郎『喜知次』(徳間文庫)
山本周五郎『小説 日本婦道記』「墨丸」(新潮文庫)
壺井栄『二十四の瞳』(新潮文庫)
北岡伸一『明治維新の意味』(新潮選書)

オールコック『大君の都』、岩波文庫の値段2020/12/31 07:12

 私は永井荷風が『墓畔の梅』で、ヒュースケンの葬式の模様を読んだという、英国公使オルコックの『大君の首都における三年』と題された名高い記録を、岩波文庫の三分冊『大君の都―幕末日本滞在記』、山口光朔訳で持っていた。 Sir Rutherford Alcock著、原題はTHE CAPITAL OF THE TYCOON : A NARRATIVE OF A THREE YEARS’ RESIDENCE IN JAPAN。 だから、中巻のその部分を読むことができたのだが、それが書棚にあったのは、下記のような事情があった。

 「等々力短信」がまだ「広尾短信」で、創刊初年の1975(昭和50)年8月5日の第17号に、みみっちい話だが、岩波文庫が★一つ70円から100円に値上げになるというので、ペルリの『日本遠征記』、オールコックの『大君の都』、ハリスの『日本滞在記』、ウィンパーの『アルプス登攀記』、リードの『世界をゆるがした十日間』、ベルツの『日記』、『唐詩選』など、前から欲しかった分冊ものを中心にツンドク本を増やした、とある。

岩波文庫が発刊されたのは1927(昭和2)年7月、100ページを単位にして★一つ20銭、「低定価高正味」が売りだった。 岩波新書の発刊は、1938(昭和13)年10月、こちらは同年発行された50銭紙幣に因んで1冊50銭に統一された。

 本棚から赤茶けた岩波文庫、黄色くなった岩波新書を取り出してみた。 1951(昭和26)年2月20日第17刷の『銀の匙』が★二つで60円(★一つ30円)、1962(昭和37)年5月30日第16刷の『学問のすゝめ』が★二つで80円(★一つ40円)。 この『学問のすゝめ』には「100冊の本-岩波文庫より」の広告が付いていて、「★一つ40円」というのを消してある。 この頃、値上げがあったのだろう。 岩波新書は、青版369石井孝著『明治維新の舞台裏』1960(昭和35)年1月30日の第2刷が定価100円だった。

 岩波文庫から★が消えたのは何時だろうか、1981(昭和56)年4月の新渡戸稲造『武士道』第24刷(150ページ)には★がなく定価250円となっている。