インターネット40年の歴史2019/01/15 07:10

 村井純さんの『インターネット新世代』(岩波新書・2010年)の最終章「未 来へ向けて」に、インターネット40年の歴史を振り返ったご自身の記述があ るので、今まで書いてきたことを整理し、補強する意味で、引用しておきたい。

 「インターネットには40年の歴史があります。1969年にアメリカの4つの 大学・研究所をつなぐコンピュータネットワークARPAnetの研究が開始され、 また、同じ時期にベル研究所でUNIXオペレーティングシステムが誕生しまし た。ちょうど同じ年に生まれたこの二つの技術がインターネットの起源です。 ARPAnetはアメリカ国防総省の高等研究計画局が推進した研究で、パケット交 換技術を採用しました。デジタル情報を共通の基盤としたコミュニケーション 技術のスタートです。それまでのオペレーティングシステムは、高価なハード ウェアを人間が使わせてもらうために工夫して設計されていましたが、UNIX によってその状況は一変します。UNIXは、人間のためにコンピュータ環境は 何ができるのかということを考えた、世界で初めてユーザーの視点に立った象 徴的なオペレーティングシステムです。」

 「70年代は、デジタルネットワークとオペレーティングシステムで象徴され るコンピュータシステムの技術がそれぞれ独立したまま発展する時代です。 ARPAnetはパケット交換ネットワークとしての研究開発を続けるとともにそ の一環で、長距離回線を用いた米国全土に広がる「テストベット」のネットワ ークを構築しました。このときにTCP/IPというプロトコル(インターネット で使われる通信規約)構造が提案され実験が始まりました。一方、UNIXは「基 本OS」としてハードウェアの資源管理の部分を確立し、UNIX開発のベースと なった「C」というプログラム言語とともに、文書の解析や電話回線を使った 遠隔利用など、今の検索エンジン技術の基になるような要素技術の研究開発が 行われていました。」

 「80年代はいよいよ融合の時を迎えます。カリフォルニア大学のバークレー 校でUNIXにTCP/IPのプロトコルが導入され、BSD(Berkeley Software Distribution)として普及するようになります。BSDはソースコードで配布さ れたので、世界中の学生や研究者がこれを読んでインターネットの仕組を勉強 しました。規格だけでなく、稼働するソフトウェアのソースコードがなにより 必要だという、オープンソースの考え方はこのような経験から生まれたことで す。インターネットそのものがオープンソースの産物であることは、時々忘れ られてしまうことです。」

 「これにより、それまで離散していたUNIXコンピュータが主に大学間で相 互接続されるようになり、徐々に接続箇所が増えていきます。こうして人のた めのコンピュータシステムとパケット交換で効率よく誰でも使えるコンピュー タネットワークがいわば結婚したのです。」

 「コンピュータは小型化高性能化が進み、パソコン、ワークステーションと、 個々の人間のためのコンピュータ環境により、人の活動をより広く支えるよう になり、インターネットはそうしたコンピュータの主流であったUNIXに組み 込まれ世界に広がり、結果として、世界の学術研究の世界は、またたくまにイ ンターネットで接続された一つの世界を形成しました。」

 「90年代は、それまで専門家や研究者の間で発展したインターネットが商用 化され、すべての人のために世界へ広がったときです。象徴的には、92年にコ ンピュータネットワークの商用化が始まり、95年にマイクロソフトのウィンド ウズ95がインターネット機能を無料で組み込んだことでしょう。80年代には UNIXが大学や専門家をインターネットにつなぎ、90年代には、ウィンドウズ がすべてのコンピュータ利用者をインターネットにつなぎ、そしてすべての人 が使える環境になりました。」

 「2000年代に入ってからの10年は、携帯電話をはじめとする電波を使った デバイスが発展し、インターネットはコンピュータだけではなく、他の機器が つながってくるという現実がやってきました。自動車などのセンサーも含め、 移動時と空間が無線技術によってサポートされるようになったことで、インタ ーネットは「誰でもどこでも、なんでもつながる」という使命を果たし始め、 環境、健康、教育、経済などすべての分野のすべての人のための、本当の社会 のインフラとしての役割が期待されるようになりました。」

なお、村井純さんについては、慶應義塾主催の学術シンポジウム「震災後の 東日本の復興・再生に向けて」で話を聴き、当日記に下記を書いていた。

慶應の大震災シンポジウムを聴く<小人閑居日記 2011. 7. 10.>

大震災とインターネット<小人閑居日記 2011. 7. 11.>

科学技術で自然環境と安心して共生できる街<小人閑居日記 2011. 7. 12.>

勝手に設計仕様を公開し、誰もそれに気づかなかった2019/01/14 06:15

 冷戦の真っただ中で、米国国防総省のために働いていたヴィント・サーフと ボブ・カーンが、これからの通信基盤の中核となるプロトコルの設計仕様を、 公開してしまうなんてことが、なぜできたのか、ヴィント・サーフは講演で、 こう語っている。

 「まず、そもそも私たちは当時そうなることを知らなかったのです。そうな ると予見すらしていませんでした。そうなればよいなと期待はしていましたが、 確信はありませんでした。次に、私たちは誰にも許可を求めることなく勝手に 設計仕様を公開し、誰もそれに気づきませんでした。もしいま同じことをして、 当時のようにできるかどうかはわかりません。でも、このようにプロトコルを 公開するという概念こそが、多くの人々に採用され、利用され、進化してきた 大きな理由だと考えています。ワールド・ワイド・ウェブの発明者であるティ ム・バーナーズ=リーも、同じことを主張し、同じ理由で同じように行動しま した。」

 「その結果として、インターネットの標準を規定する手順はIETFというオ ープンなプロセスとして生まれました。この委員会はとても奇妙で、誰も会員 になることはできません。IETFの委員として会員登録できる組織は存在しな いのです。あなたは、何かいいアイデアを公開することで参加することしかで きません。もし、その案が優れていれば、人々はそれを採用して実装します。 誰も気に入らなければ無視されます。完全な実利主義です。その結果、標準の 決め方として最もオープンなプロセスであり続けるのです。」

 ここに出て来た人名を、同書の註で見ておく。 ボブ・カーンは、ロバート・ エリオット・カーン、1938年生れ、BBNテクノロジーズ在職中の1969年に ARPANETのIMP(パケット交換機)を開発。 その後、DARPAに移り、ヴ ィント・サーフとともにTCP/IPを設計した。 DARPAでは、インターネット 技術の研究と普及、コンピューター技術の研究計画に携わっている。

 ティム・バーナーズ=リーは、ティモシー・ジョン・バーナーズ=リー、1955 年生れ、MITに在籍する英国のコンピューター科学者。 1980年、ソフトウ ェアコンサルタントとして欧州原子核研究機構(CERN)に滞在中に、ワール ド・ワイド・ウェブの仕組みを考案。 ウェブ関連技術の標準化団体、W3C (World Wide Web Consortium)のディレクター。

インターネット文明論之概略<等々力短信 第1114号 2018.12.25.>2018/12/25 07:13

 「ひらめきが、訪れる。その瞬間が、やがて全てを変えて行く。積み重ねら れた考えや経験、思いや夢。そして私たちは、データやさまざまな刺激を吸収 して、アイデアを生み出していく。未来は、オープンだ。アイデアで変えられ る。それが日立の社会イノベーション。」という「世界ふしぎ発見!」で流れる CMが好きだ。 ガラス窓にKJ法を思わせるポストイットが沢山貼られてい る。 偶然剥がれ落ちた一枚に記されたアイデアから、解決策が生まれる。 私 は5・3カードやKJ法などの発想法で育ち、カタカナ・タイプライターからワ ープロへ、そしてパソコン通信の初期を体験した。

 12月13日、第707回三田演説会で村井純さんの「インターネット文明論之 概略」を聴いて来た。 「インターネットの父」と紹介された村井純さんだが、 私と同様、字が下手でカタカナ・タイプライターを打ち、ワープロが出た時は 嬉しくて、無理して買ったそうだ。 コンピューターの威力は、文字や音、画 像や動画まで、あらゆるものが数値化されたデジタルデータとして処理できる というパラダイムシフトにあった。 「人間の知識はどう進んでいくのか」、コ ンピューターを相互につなげるネットワーク技術によって、文明への共通基盤 を共有できるという汎用性を得ることになった。

村井さんは、インターネットが軍事から生まれたというのは、嘘だと言い、 1969(昭和44)年の二つのルーツを指摘する。 (1)「ARPANET(アーパネ ット)」のパケット通信と、(2)「UNIX」というOS(オペレーションシステム) だ。 (1)は、ARPA(現在のDARPA:アメリカ国防高等研究計画局の前身) で、国の資金で出来た研究成果のARPANETをオープンにして全世界に問いか け、よかったら納品することにした。 これがコンピューター・システムでデ ータ通信をおこなう規約、プロトコルTCP/IP(1982年の4.2BSD)の基とな った。 (2)はベル研究所が開発し、コンピューターの偉い時代から「人間 の側に立った」ものへという、パソコンの概念の基になった。

二つのルーツから、大学や研究所のコンピューターが世界中でつながった。  コンピューター技術とネットワークの結婚(実は慶應の方が先、1980年)、イ ンターネットの誕生(1990年WWW検索スタート)だ。 オープンソースで、 論文の発表、印刷、出版に半年かかっていたのが、お金をかけずに研究成果を 共有できるようになった。 90年代、英語から、多国語が使えるような世界標 準にしたのも、日本の貢献だそうだ。

 インターネットは、国境を意識せずにつくられてきた。 最近、それに逆行 するナショナリズムの動きがある。 村井純さんは、地球の課題、諸問題の解 決に、一人一人が参加して、知恵を合わせて未来を開くのが「インターネット 文明」だ、と。

小川原正道さんの「福沢諭吉の『神政府』批判」2018/12/17 07:09

 12月1日は福澤諭吉協会の第134回土曜セミナーで、小川原正道慶應義塾 大学法学部教授の「福沢諭吉の『神政府』批判」を聴いてきた。 小川原正道 さんは日本政治史・日本政治思想史専攻、主な著作に、『大教院の研究―明治初 期宗教行政の展開と挫折』(慶應義塾大学出版会・2004年)、『西南戦争―西郷 隆盛と日本最後の内戦』(中公新書・2007年)、『福沢諭吉―「官」との闘い』 (文藝春秋・2011年)、『福沢諭吉の政治思想』(慶應義塾大学出版会・2012年)、 『日本の戦争と宗教―1899-1945』(講談社・2014年)などがあり、11月に 『小泉信三―天皇の師として、自由主義者として』(中公新書)を出版された。 

11月25日の「等々力短信」第1113号「福沢諭吉と西郷隆盛」に始まり、 27日からの当日記で福沢諭吉と大久保利通、岩倉具視、木戸孝允、後藤象二郎 の関係を書くのに、『福澤諭吉事典』の解説を引用させて頂いたばかりだった。  お話を聴くのは初めて、講演の後ご挨拶したら、即座に「ブログを拝見してい ます」と言われて、驚くとともに大変嬉しかった。

 ご講演は、私にはちょっと手強い部類のものだった。 事前の概要には、「福 沢諭吉は『文明論之概略』のなかで、「神政府」や「皇学者流」を厳しく批判し た。本講演では、この「神政府」や「皇学者流」に対する批判は、当時明治政 府が展開していた民衆教化政策を念頭に置いて展開されていたのではないか、 という観点から、福沢の批判の考察を試みるものである。」とある。

 小川原正道さんはまず、「天皇=政治的権威」「将軍=政治的権力」の二元化 こそが今日の日本を構築したとする、『文明論之概略』第二章の「彼(か)の皇 学者流の説の如く、政祭一途に出るの趣意を以て世間を支配することあらば、 後日の日本もまたなかるべし(政祭一途が実現すれば、日本の未来はない)。今 その然らざる者はこれを我日本人の幸福というべきなり。」を引く。 日本の古 代は「神政府」だったが、中世武家政治で、権威(天皇)と権力(将軍)に二 分化した。

 福沢は「異説争論」「多事争論」の重要性を強調し、その対置概念として「神 政府」や「皇学者流」を批判した。 「純然たる独裁の政府または神政府と称 する者は、君主の尊き由縁を一に天与に帰して、至尊の位と至強の力とを一に 合して人間の交際を支配し、深く人心の内部を犯してその方向を定るものなれ ば、この政治の下におる者は、思想の向う所、必ず一方に偏し、胸中に余地を 遺さずして、その心事、常に単一ならざるを得ず。」 「異説争論の間に生じた るものは必ず自由の元素たりしこと明に証すべし。」 「人民の品行、次第に高 尚に進み、全国の智力を増して政治に実の権威を得るは、国のために祝すべき にあらずや。然るに今、実を棄てて虚に就き、外形を飾らんとしてかえって益 (ますます)人を痴愚に導くは惑溺の甚だしきなり。虚威を主張せんと欲せば、 下民を愚にして開闢の初に還らしむるを上策とす。」

 苅部直氏は、「神政府」とは、中国の事例であると同時に、日本神道を思わせ る事例で、神道国教化政策に対する福沢の不安があらわれている、とする。 「神 政府」の弊害を、福沢は「亜細亜諸国の人民、神政府のために束縛を蒙り、活 溌の気象を失い尽して蠢爾卑屈の極度に陥りたるもの、即これなり。」 福沢は ギゾーの『ヨーロッパ文明史』の影響を受け、西洋文明の多様性、「異説争論」 「多事争論」が「これ即ち自主自由の生ずる由縁なり」と。 ギゾー(福沢手 沢本)を通じて、宗教勢力の政治への関与によって立ち現れる「神政府」を認 識していた。 福沢の神道観は、「神道は未だ宗旨の体を成さず…政府の変革に 際し、僅に王室の余光に藉(かり)て微々たる運動(民衆教化運動を指す)を 為さんとするのみ。」 小川原さんは、宗教ならぬ神道が、あたかも欧州の宗教 のように政治に進出し、神政府の一端を担おうとしている、というのが福沢の 警戒するところだったのではないか、とする。

敗北覚悟で抵抗して死んだ西郷と日米戦争2018/12/02 06:28

 佐伯啓思さん『異論のススメ』(7月6日)、「自刃した「西郷どん」の精神」 がどうして「日米戦争と重なる悲劇」なのかの、後半である。 福沢諭吉の『明 治十年 丁丑公論(ていちゅうこうろん)』をお読みになって書かれたのだろう。 

「明治の文明化を唱えた福沢諭吉も(その前に勝海舟)、西郷の死を惜しんで いた。明治政府に批判的だった福沢はいう。政府が好き勝手にしているのに、 世の中はすべて「文明の虚説」に欺かれて抵抗の精神が失われている。世には びこっているのは、へつらいやでたらめばかりで、誰もこれをとがめるものは ない。そうした時に、西郷は立ち上がった。それを賊軍呼ばわりするのは何事 か、というのである。」

 「明治は、本来の攘夷の精神を忘れて、西洋模倣へとなだれ込んでゆく。こ の風潮に我慢がならなかった西郷は、敗北を覚悟で戦い自刃した。福沢による と、西郷は、明治政府のありさまを見ると、徳川幕府には悪いことをした、と 後悔していたそうである。そして、西郷の死後、一見したところ、武士的な精 神、無私や自己犠牲の精神はすっかり忘れ去られ、ひたすら日本は文明開化の  近代化路線を走ることになる。」「押し寄せる西洋近代文明の流れに、敗北を覚 悟で抵抗して死んだ西郷に、つい私は、敗北覚悟の日米戦争へとゆきつく日本 の近代化の帰結を重ねたくもなってくる。」 以上が、佐伯啓思さん『異論のス スメ』(7月6日)である。 

『丁丑公論』については、2016年3月1日に、山本博文さんのちくま新書 『現代語訳 福澤諭吉 幕末・維新論集』を紹介したことがある。 この新書に は、『旧藩情』『痩我慢の説』『明治十年 丁丑公論』『士人処世論』が収録されて いる。 もう福沢の原文は読みにくいという人も多いようなので、お薦めした い。 あらためて私も、この本で『丁丑公論』を読み直してみた。 例えば、 佐伯さんが「西郷は、明治政府のありさまを見ると、徳川幕府には悪いことを した、と後悔していた」と書いたところは、山本博文さんは、こう現代語訳し ている。

 「遠方に住む薩摩人の耳に入るものは天下の悪聞のみであって、ますます不 平を持つことになる。西郷も、最近の世間の有り様では、倒幕の兵を挙げたこ とは無益の労というものであって、かえって徳川家に対して申し訳がないとし て、常に恥じる気持ちを表したという。この伝は、誤報の多いことはもとより 免れることができないけれども、すべてが事実無根のことだけを聞いたわけで はない。/これらの事情によって考えれば、彼らの不平憤懣は、すでに極度に 達していたと言うべきだろう。」