最新の研究による織田信長像2020/04/03 07:04

 もう少しコラム「呉座勇一の歴史家雑記」を、読んでみよう。 著書『陰謀 の日本中世史』(角川新書)では、本能寺の変に関して「明智光秀を操った黒幕 がいた」といった類いの、学会では完全に否定されている奇説珍説を徹底批判 したそうだ(2018年10月23日「奇説が世に浸透する理由」)。 奇説珍説が 世間に浸透する最大の原因は、テレビの歴史バラエティー番組がそれらを面白 がって紹介することにあるという。 歴史学界の共通認識となっている「通説」 と、小説家や在野の歴史研究家の単なる思いつきを、あたかも対等な学説のよ うに扱うのはマスコミの悪しき平等主義で、実際には「見解の相違」など存在 しないのだそうだ。

2018年10月2日「黒幕説 斬新にみえるが」では、その例として織田信長 の人物像について書いている。 一般の人が知っている戦国武将の著名なエピ ソードのほとんどは、江戸時代以降の文献に登場するもので、要は創作である。  人となりに関して同時代人の証言が比較的多いのが織田信長だ。 だが小説や ドラマで好んで用いられるキリスト教宣教師ルイス・フロイスの信長評には誇 張や脚色の疑いがあり、注意する必要がある。

(私は昔「等々力短信」でフロイスの『日本史』を評価していた。第240号  1982.1.25.〈フロイス〉①385年後に実現したルイス・フロイスの念願。『日本 史』全訳の大事業。第241号 1982.2.5. ②数多く南蛮人宣教師に会い、世界 情勢に通じていた信長。第242号 1982.2.15. ③『日本史』の時代、信長秀 吉の時代、ポルトガルとスペインの興隆と衰退。)

 そこで呉座勇一さんの信長だが、意外なことに、最新の研究に従えば、信長 は朝廷・幕府・大寺社などの伝統的権威を尊重し、世間の評判を非常に気にす る人物だった。 本能寺の変に関する黒幕説の背景には「天才的革命家の信長 が明智光秀ごときに倒されるはずがない」という“信長神話”があり、一見斬 新に見えるが、実は通俗的な古い信長像に依存しているのだ、そうだ。

「俳句のおもしろさ」を中高生に語った芳賀徹さん2020/03/25 07:06

 家内が、渡辺木版画店でもらったきた『銀座百点』の1月号に、芳賀徹さん の「鷹女と多佳子」というエッセイがあった。 2月号の新年句会は既に読ん でいたから、1月号がたまたま残っていて、これを読めたのは僥倖だった。 毎 月25日発行の「等々力短信」だが、第1129号「詩人たちの国で」を20日付 で出したのは、芳賀徹さんの月命日に当る、お彼岸の中日だったからである。

 「鷹女と多佳子」によると、「先日」というから昨秋、芳賀徹さんは初めて三 重県の桑名を訪れ、津田学園中高等学校という私立の一貫校で一こまの講義を した。 日本藝術院の派遣とあるが、それが可能なほどお元気だったわけだ。  好奇心いっぱいという顔つきの中一から高二までの60人ほどの少年少女に、 「俳句のおもしろさ」と題して、お好きな古今の句を十数句選んで、それにつ いて語ったという。 芭蕉、蕪村、虚子、漱石から中村草田男、川端茅舎、松 本たかし、篠原梵、それに永田耕衣まで、四季と無季にわけて十数句だった。  感想文では、どの句が気に入ったかを語るレポートがおもしろかったが、お気 に入りのトップはやはり芭蕉の地元桑名の浜辺での名作<明ぼのやしら魚しろ きこと一寸>。 清少納言も讃えた春の夜明けの、海(伊勢湾)と空の境目も なくひろがる藤色の光のなかに、その光を一身に集めるかのようにしていま詩 人の手のひらに踊る、あの小さな透きとおるような白魚、一匹か数匹か――と 語ると、生徒たちはいまはじめて目がさめるような顏をした。 句の最後にわ ざと、「一寸(いっすん)」と漢音の撥音(はつおん)を使ったのは、この小さ な小さな魚に宿る生命の躍動を伝えてさすがみごとだ。 こういう小さなはか ないものが見せる、それだけいっそう懸命な健気な命の力といのちへの願い、 それを感じとることを日本では昔から「もののあはれ」を知る、という。 そ れが日本文化のいちばん深いところを流れる感受性の伝統なのだよ、と説くと、 少年少女たちはみなうなずいてくれたように見えたそうだ。

 十代半ばの生徒たちを少しばかりどきどきさせてやろうと考えて、正統なま じめな(?)名句のなかに、芳賀さんがしのばせたのが、春に三橋鷹女(1899 -1972)、冬に橋本多佳子(1899-1963)、お好きな女性俳人二人、「女うた」の 名手、すっきりと姿美しい女人の句だった。 鷹女の句は、短信に引用したお 年賀状にあった<鞦韆(しゅうせん)は漕ぐべし愛は奪ふべし>。 読みは、 お年賀状の通りだが、ぶらんこ遊びの起源は、おそらく古代ギリシャ、その地 出土の大杯に、若い女が木の枝につるしたぶらんこに乗って、背を半獣神に押 させている絵があると、碩学原勝郎博士が述べたという。 中国に渡って、宋 の詩人蘇東坡には名吟「春宵一刻値千金……鞦韆院落(いんらく・宮殿の中庭) 夜沈々」(春夜)があった。 日本にも平安時代にすでに伝わっていたというが、 詩では18世紀京都の蕪村の友人炭太祇(たんたいぎ)に<ふらこゝの会釈こ ぽるゝや高みより>とのなまめかしい一句がある、と語る。

 多佳子の句は、同じ昭和26年の、<雪はげし抱かれて息のつまりしこと>。  15、6歳の少年少女には少し刺激が強すぎるかな、と思いながらも、まさにそ れゆえに挙げたのだが。彼らは思いがけぬほどによく反応した。 多佳子は東 京本郷のお琴山田流の師匠の孫娘で、鏑木清方の《築地明石町》の女なみの美 貌の持主だった。 大正6(1917)年満18歳の年に、大阪の材木商の次男坊 でアメリカ帰り、11歳年上の橋本豊次郎に惚れこまれて、その年結婚した。 こ の教室にいた年長の少女たちよりも、わずか1、2歳年上のときのことである。  この句は、その二人のはじめての頃の逢瀬の夜の回想だろうと、芳賀さんは思 い込んでいる。 夫豊次郎は妻多佳子に思いきり贅沢な暮しを与えてくれたの ちに、この句の14年前、妻と4人の娘を残して亡くなっていた。 「息のつ まりしこと」とは、50歳をこえたばかりの女の、切なくもなまなましく残る感 覚を告白する一句である。 教室はさすがにしばしし―んとした、そうだ。

 芳賀徹さんのこの講義を聴いた少年少女が、深い感銘を受けたであろうこと は、容易に想像できる。 そして、その後芳賀徹さんの訃報に接して、さらに 深く「もののあはれ」を知ったことであろう。

福沢索引2006年10月のブログ・福沢著作の検閲、『岩波茂雄への手紙』と苦難の時代[昔、書いた福沢244]2020/03/23 06:48

福沢著作の検閲<小人閑居日記 2006.10.10.>
 竹田行之さんの講演『小泉信三と岩波茂雄、小林勇』の中で、検閲の話題が
出た。 1936(昭和11)年7月18日、岩波文庫『文明論之概略』の皇室に関
する記事を問題にされ次版改訂処分。 1937(昭和12)年版から、いわゆる
「伏字もの」となった。 1941(昭和16)年慶應義塾は『福澤選集』を企画
するも第一回配本「経済論集」のみでおわる。 第二回の「教育論集」が事前
検閲で大幅な削除を求められたことによって、企画中止。 講演後の西川俊作
さんの質問の中で、1941(昭和16)年改造社文庫『福翁百話』を10か所削除
して出したことに富田正文が言及していることがわかった。 竹田さんは戦後
のGHQによる『福翁自伝』の検閲にもふれ、今後の研究課題だと述べた。
 福沢著作の検閲については、ずいぶん前の「等々力短信」で書いたことがあ
った。 第390号「言論の自由について」(1986.(昭和61)5.5.)、第392号
「『福翁自伝』削除、その後」(1986.5.25.)。(参照 : 言論の自由について〔昔、
書いた福沢25〕<小人閑居日記 2017.11.16.>、『福翁自伝』削除、その後〔昔、
書いた福沢27〕<小人閑居日記 2017.11.18.>)

 1936(昭和11)年『文明論之概略』の改訂については、丸山真男『『文明論
之概略』を読む』(中)(72~75頁)に書かれている。 建武の中興に関連して、
天皇の徳・不徳を論じた部分が問題にされたのだった。
戦後の『福翁自伝』の削除は、占領国を誹謗しているとされた箇所、薩英戦
争のところの「元来イギリスとロシアの間がらは犬とサル」が1950(昭和25)
年5月10日発行の昭和19年第二版第五刷本では、削除され、削除のあとが分
からないように、註をふやして、空白を埋めている。 これは私が疑わしいと
推定した箇所を、『『文明論之概略』を読む』のささいな誤植の件でつながりの
出来た、岩波書店の担当編集者伊藤修さん(今も「等々力短信」を読んで頂い
ている)が、当時、編集部、製作部にあった『福翁自伝』4種類の版に当って
確認してくれたのだった。

『岩波茂雄への手紙』と苦難の時代<小人閑居日記 2006.10.11.>
 2003年11月に『岩波茂雄への手紙』(岩波書店)という本が出て、編集に関
わられた伊藤修さんから頂戴して、「等々力短信」第935号で紹介したことが
あった。 この本巻末の「岩波茂雄宛書簡差出人一覧(個人)」の「小泉信三」
は、封書56通、葉書4通の計60通という多数に上っている。 収録されてい
るのは、それぞれの人が一通だから、1936(昭和11)年6月16日付、この時
刊行が開始された『新輯定版 鴎外全集』を手にしての手紙である。 鴎外漱石
「此両文豪と時代を同じうして生れたることを喜ぶ念は昨今に至つて愈々切な
るを加へ候折柄此両巨匠の全集が相並んで貴兄の手に依て刊行せらるゝを見て
衷心感喜に堪へざるものに候」とある。
竹田行之さんの講演で、戦中戦後、関係者が受けた苦難の中に、小林勇の逮
捕投獄の話も出たが、上に書いた「等々力短信」「『岩波茂雄への手紙』」で岩波
書店とその執筆者である学者や文化人の苦難の時代についてふれていたので、
その全文を別に掲げることにする。

『岩波茂雄への手紙』<等々力短信 第935号 2004.1.25.>
 岩波書店主のデスクに座り、来信を読んで、寄せられた難問や企画に、あな
たならどう対処するだろうか。 『岩波茂雄への手紙』(岩波書店)は素晴しい
本だ。 創業九十年記念に社員などの関係者向けにつくったのが「面白い」と
評判で、市販されたのだと聞く。 岩波書店編集部の編集、飯田泰三さんの監
修である。 飯田さんは『福澤諭吉書簡集』の編集委員のお一人で、10月松崎
欣一さんと一緒に講師を務められた、当の岩波セミナールームでの「福澤書簡
を読む」読書会で、お話を聴いたばかりだった。
 『岩波茂雄への手紙』でまず感じるのは、岩波茂雄にはよい友達がたくさん
いたということである。 32歳の茂雄が古本屋として創業した1913(大正2)
年、夏目漱石のところへ看板の字を書いてもらいに行ったとき、同行してもら
ったのは一高以来の親友安倍能成だった。 翌年の処女出版物が漱石の『こゝ
ろ』、ついで『道草』『硝子戸の中』『明暗』を出し、没後の『漱石全集』で岩波
書店は出版社として確立する。 『全集』の編者に名を連ねた漱石門下の阿部
次郎、安倍能成、小宮豊隆、鈴木三重吉、寺田寅彦、野上豊一郎、松根東洋城、
森田草平らは、その後の「岩波文化」形成に多大の役割を果たした。 初期岩
波書店のもう一つの柱だった「哲学叢書」の刊行も、阿部次郎、安倍能成、上
野直昭という茂雄の一高以来の親友たちが編集し、執筆陣も明治末年に東京帝
大哲学科(茂雄はその選科)を卒業した新進学徒たちであった。
1928(昭和3)年頃から、岩波書店とその執筆者である学者や文化人が、苦
難の時代を迎える。 茂雄あてのそれぞれの手紙の前に、差出人の略歴が付け
られている。 それを見ると、主に治安維持法によって逮捕、投獄されている
のは、河上肇、久保栄、柳瀬正夢、吉野源三郎、中野重治、久野収、玉井潤次、
大塚金之助、小林勇、羽仁五郎、大内兵衛、三木清(獄死)。 辞職を余儀なく
されているのが、恒藤恭、美濃部達吉、末川博、矢内原忠雄。 刊行停止や発
禁にされたのが、天野貞祐、津田左右吉。 ごく普通の学者や文化人が弾圧の
苦難に遭う、それらの手紙を読んで、言論出版の自由の有難さ、貴重さを感じ、
何としてもそれを守らなければいけないと思わずにはいられない。 飯田さん
の解説に、1936(昭和11)年7月、岩波文庫の福沢諭吉『文明論之概略』で
さえ、皇室に関する不敬な記述があるとして、次版改訂処分を受けたことが見
える。 この削除については、昔短信(390号)に書いたことがあった。(上記)

詩人たちの国で<等々力短信 第1129号 2020(令和2).3.20.>2020/03/20 06:55

 「小生いまや くたびれ果てました」と、お年賀状の添え書き「いつも貴通信、 愛読しております」に続けられていて、心配していた。 芳賀徹さんが、2月 20日に胆嚢癌のため88歳で亡くなり、短信は長い大切な読者をひとり失った。  賀状の印刷部分は芳賀さんらしく、<鞦韆(しゅうせん)は漕ぐべし愛は奪ふ べし>という三橋(みつはし)鷹女の句を引き、「すてきな一句ですね。鷹女五 十二歳の昭和二十六年の作だそうです。「鞦韆」はぶらんこ(ふらここ)のこと。 古代ギリシャの昔から、宋代の中国でも、李朝の朝鮮でも、ロココ時代のフラ ンスでも、徳川の平和の日本でも、春になると若い娘たちは春衣に着替え、花 咲く枝に美しい紐を垂らし、それに乗って高くゆらして遊んだとのこと。/こ の句でも「漕ぐべし」の命令形で力いっぱいに蹴り上げ、「愛は」、「奪ふべし」 でさらにも春空高く攻めてゆきます。令和の日本でもこんな元気な若い人たち のぶらんこの声があちこちから聞こえてきますように」と。 新聞の訃報に、 「専門は比較文学、近代日本比較文化史。東大教授、国際日本文化研究センタ ー教授などを歴任し、99年から07年まで京都造形芸術大学長を務めた。」とあ る。

昨年7月の短信では、5月出版の『桃源の水脈―東アジア詩画の比較文化史』 (名古屋大学出版会)を紹介した。 陶淵明の「桃花源記」が東アジア諸国の 文化の中に「桃源郷」という一つのトポスをつくりあげ、流布させ、中国、朝 鮮、日本の文学と美術に長く影響を及ぼしたとして、沢山の実例を考証し、そ れが芳賀さんお得意の徳川の平和の日本で、桃源の詩画人、與謝蕪村によって 桃花のごとき花盛りの季節を迎えたとする。そこで9月の短信には折から開か れていた、與謝蕪村とその弟子呉春(松村月渓)の作品を中心に展観した大倉 集古館の「桃源郷展」の案内を同封したのであった。

 芳賀徹さんを知ったのは、昭和43(1968)年5月の中公新書『大君の使節 幕 末日本人の西欧体験』を読んで魅了されてからだ。 その5年後、11月10日 に三田の塾監局で開かれた福澤諭吉協会の第一回「土曜セミナー」で、まだ東 大の助教授だった芳賀さんの「福澤諭吉の文章」を聴いた。 特筆したいのは、 平成4(1992)年秋の福澤協会「芳賀徹氏と『西洋事情』を読む会」を短信に 書いたのをきっかけに、明治日本の水道の先生W・K・バルトンが、近代日本 のシナリオとなった福沢諭吉の『西洋事情』に大きな影響を与えた、ジョン・ ヒル・バートンの長男だったことが判明したことだ。

 「この列島の代々の住民の窮極のアイデンティティは、これが詩の国、詩魂 の国」「天地山川のわずかな動きにも心おののき、わが身の小ささを感じ、人間 の命運に想いを馳せずにはいられぬ詩人たちの国である。」(『詩の国 詩人の国』 筑摩書房)


(毎月25日発行の「等々力短信」、この号を20日付で発信したのは、芳賀徹 さんの月命日に当り、お彼岸の中日だったからです。)

福沢索引2006年3月のブログ・横松宗さんの福沢論[昔、書いた福沢228]2020/02/28 06:58

中津文化の松明(たいまつ)<小人閑居日記 2006.3.25.>
 福沢の郷里大分県中津在住の福沢研究家、横松宗(たかし)さんが、2005
年10月15日に亡くなった。 享年92歳、晩年、一万六千冊の蔵書が収まる
書庫、誰にも読める“おとこの夢”横松図書館を自宅兼用で建てられたという。

福沢と郷里中津<小人閑居日記 2006.3.26.>
 横松宗さんのご著書『福沢諭吉 中津からの出発』を紹介した「等々力短信」
第580号平成3(1991)年10月5日「福沢と郷里中津」。

福沢諭吉におけるパラドックス<小人閑居日記 2006.3.27.>
 横松宗さんの『福沢諭吉 その発想のパラドックス』(梓書院・2004年)。 中
津における身分制度や、人間関係の中に埋没することなく、それを外から見る
こと、あるいは、人間本来のあり方から見ることに、横松さんは福沢の本当の
郷土愛を見る。 それを、郷土愛の一つのパラドックスというのだ。 中津奥
平藩は、藩全体の気風がきわめて保守的で、江戸時代封建制の典型のようなと
ころだった、そういう中津だからこそ、その環境に触発されて、本当の意味に
おける個人の自覚とか独立自尊とかいう精神をむしろ自分で発想することがで
きたのではないか、ここにも福沢のような進歩的な偉人が出たパラドックスが
ある。

福沢の複眼と楽観主義<小人閑居日記 2006.3.28.>
 横松宗さんは「パラドックス」を「矛盾」と訳して良いし、「二律背反」ある
いは「逆説」でもよい、という。 ヨーロッパの近代的制度や先進文化に感動
すると同時に、その途中の香港、シンガポール、セイロンなどや、ヨーロッパ
でも、搾取され、酷使されている労働者、悲惨な貧乏人の生活や、そうした弱
い人たちのための福祉施設も見てきた。 それは福沢に、もともと自分もそう
であったと自覚させた。 自分は下士として上士から非常な屈辱を受けたが、
自分もやはり武士であって、町人や百姓に対しては優位の立場にある。 この
ことはまた国際関係においても、自分たちが他国人に対して加害者にもなり、
被害者にもなり得るということを知ったともいえる。 このことは、内からと
外からの双方から見るという福沢の複眼思想の一つになったのではないか、と
横松さんは指摘している。
 横松さんは、福沢が文明の矛盾を感じながらも、進歩というものに対して、
一貫して楽観的であったという。 無限なる宇宙の中に生かされている人間は、
ちっぽけな蛆虫のような存在で、「人間万事小児の戯れ」といってよいけれど、
その戯れを本気に勉め、真剣に生きることが必要だ。 無限に努力してゆく過
程で、蛆虫である人間が、無限に天によって包摂され、また天によってアウフ
ヘーベン(止揚)されてゆくと、福沢は信じていたのではないか。 そこに横
松さんは、福沢独特のオプティミニズムがあると考える。