大河ドラマ『西郷どん』が面白い2018/02/21 06:39

 大河ドラマ『西郷(せご)どん』が、出だしから面白い。 林真理子の原作 を読んでいないから、原作なのか、中園ミホの脚本なのか、わからないが、史 実を離れて、文字通りドラマチックに展開しているところが面白い。 フィク ションとノン・フィクション、私などはどうも混同しがちで、いつも反省する のだが、史料のないところを想像力でつないで、面白くするのが、小説家や脚 本家の仕事、小説やドラマの魅力なのだろう。

 仲間で茶坊主の有村俊斎に菓子の旨さを聞いた、隣同士の西郷小吉と大久保 正助など下加治屋町郷中の悪ガキ共が、藩主の別邸内に入り込むことなど出来 るのだろうか、そこでは島津斉彬(渡辺謙)が大砲の発射実験をしていたのだ った。 島津斉彬が、かっこいい、かっこよすぎる。 第一回を見て、例の不 倫報道を雲隠れの有耶無耶にしてしまったのは、これがあったからだろうと、 下種の勘繰りをしてしまった。

 下級武士の西郷吉之助(鈴木亮平)が意見具申の手紙を何通も、直接江戸に いる藩主の世子斉彬に書き送ることなど出来たのだろうか。 藩主の斉興(鹿 賀丈史)は側室由羅(小柳ルミ子)に産ませた久光(青木崇高)に藩主の座を 譲りたい、二人ともいかにも悪そうだし、久光も間抜けていて、好演。 斉彬 は、何とピストルのロシアンルーレットで決めようと父斉興に迫るのだった。 

藩主となった斉彬は、記念の相撲大会を催し、それを島津御一門四家の姫於 一(おかつ・のちの篤姫。北川景子)が見物し、西郷に賭けをする。 西郷は 優勝するのだが、その西郷と何と殿様が相撲を取る。 西郷が勝って、なぜか 牢屋に入れられると、洋服を着た謎の男(劇団ひとり)が入っていた。 牢屋 に謎の男を殺しに来た者がいて、西郷が救い、どうなったのか、家へ連れ帰る。  かたくなで英語しか話さぬ男の心を、母の満佐(松坂慶子)が故郷の母のこと を思い出させて解きほぐす。 大久保正助(瑛太)の父で、遠島中の次右衛門 (平田満)がお役目で作っていた手書きの辞書が役に立って、謎の男は土佐の 漂流漁師ジョン万だとわかる。 アメリカで学校教育を受けたジョン万次郎は、 アメリカでは男女が親の決めた相手などでなくLOVEによって結婚すると話 す。 正助が好意を寄せる岩山糸(黒木華)が親の決めた相手と結婚すること になり、糸は西郷に、本当に好きだったのは吉之助だったと告白する。 冒頭 の回想シーンでは、この糸が、後に西郷の三番目の妻となり、上野の山に西郷 隆盛の銅像が建ったときに、私の旦那様はこんな人ではなかったと叫ぶのだ。  そういえば糸は、子供の時、少年たちが一番乗りを競う「妙円寺詣り」という 藩最大の行事に密かに参加して活躍し、女の子はなぜ学問ができないのかと、 言っていたのだった。

明治13(1880)年「最後の仇討ち」2018/02/20 07:12

 大隈重信の面識を得て、同じ九州者だけに懐に飛び込めば大隈は悪くはしな いだろう、出世の道が開ける、と一瀬克久は思った。 この日、いったん上級 裁判所に出た後、黒田屋敷に行き、旧藩主黒田長徳に拝謁して、旧佐賀藩との 縁故を探ろうとした。 そこには臼井六郎が待っていた。 直久は六郎の顔を 見つめ、次の瞬間、顔を恐怖にゆがめた、「―臼井亘理か」うめくように言った。  「父の敵―」六郎は叫びながら短刀を抜いて、突きかかった。 本懐を遂げた 六郎は、京橋警察署に出頭した。 見上げると、青空は見えない。 薄雲にお おわれた曇天だった。 明治13(1880)年12月17日のことだった。

翌日、それを知った山岡鉄舟は、妻英子に言う「政府は仇討ちを禁じておる ゆえ、六郎は罪に問われて罰せられる。そのことに耐えなければならぬだけで はない。おそらく最後となるであろう仇討ちを果たした六郎を、世間は浮薄に 持ち上げるだろう。それに振り回されず、おのれが何を為したかを見つめてい かなければならぬ。それが六郎のこれからの修行だ」

東京上等裁判所は翌年9月22日、終身刑の判決を下した。 死刑にしなか ったのは、「士族タルニ付キ」ということで、世間でも支持する者が多い六郎を 死刑にするのは憚られたのだろう。 六郎は小菅の東京集治監に収監された。  ここにはホフマン式窯三基の煉瓦製造所があり、銀座煉瓦街の煉瓦も製造され、 獄舎も煉瓦造りだった。 終身刑なので、母を惨殺した萩谷伝之助を討てない ことが無念だった。 「最後の仇討ち」をした臼井六郎の名は集治監でも広ま り、何かと話しかけられる。 反政府活動に引きずりこもうとする者もいた。  叔父の上野四郎兵衛からの手紙で、「明治14年の政変」で大隈重信が失脚した ことを知った。 明治16(1883)年から18年にかけて、東京集治監に自由民 権運動の闘士たちが、相次いで投獄された。 河野広中、大井憲太郎も投獄さ れ、大井は六郎に「わたしは代言人ですが、臼井さんの件を扱えばよかった。 あなたはかような牢獄にとじこめられるべきひとではありませんよ」と言い、 六郎は「わたしは、すでに正しきことを為したと思っています」と微笑した。  「わたしは小人です。ひとの命を奪うという大それたことをしたからには、も はや、この世で為すべきことはないと思います」

明治23年8月23日、森鴎外は信州への旅に出、『みちの記』という紀行文 を残した。 上野からの汽車を、途中で鉄道馬車に乗り換えて碓氷峠を越え、 軽井沢に出た。 何泊かを重ね、ある宿で新潟の裁判所で判事を務めている木 村某という男に出会った。 四方山話をするうちに、木村は臼井六郎を知って いるかと聞き、自分は「最後の仇討ち」に詳しいと言った。 筑前秋月の出と 知り、鴎外は木村が暗殺の現場にいたのだろうと、聞く。 答える前に、臼井 六郎をどう思うかと聞かれた鴎外は、「旧弊ですな。明治の御代には合わぬ男で す。時世のほうで勝手に変わったのです。舞台が変わって、いままで孝子であ ったものが、人殺しと呼ばれるようになった。悪いのは時世のほうでしょう」 と言う。 木村は勤王党で、亘理を襲った中にいたけれど、刀を血塗らせるこ とはなかったと明かし、臼井六郎が恐いという。 判事なので、昨年2月に大 日本帝国憲法が発布され、大赦令が出て、終身刑が禁獄十年に減刑され、来年 9月に臼井六郎が釈放される、とわかっていたのだ。

明治24年9月22日、六郎は東京集治監から釈放された。 33歳になって いた。 山岡鉄舟夫人英子の呼びかけで、本郷の料亭神泉亭で慰労会が開かれ た。 大井憲太郎も出獄していて、監獄仲間だったという星亨を紹介した。 星 は陸奥宗光の知遇を得て大蔵省に勤め、イギリスに留学して帰国後、代言人と して成功したが、自由党に入って活動しているのを、政府に目をつけられて投 獄されたのだった。 「臼井さん、これからは皆、生まれや身分にかかわらず、 自由に競い合う時代になります。わたしは次の選挙に出て、代議士になります。 いまのあなたは天下の地名士のひとりだ。最後の仇討ちをやった臼井六郎が国 会に乗り込むとなれば大人気になります。どうです、わたしと一緒にやりませ んか」と言った。 六郎は「わたしはただ、青空が見たいだけです。亡き父か ら蒼天を見よ、と教えられましたから」、「仇討ちをしたときも、青空は見えま せんでした。わたしには一生、見えないのかもしれない」と答えた。

六郎は、その後、東京を転々として裁判所の雇員や代言人など様々な職につ いていたが、日露戦争が始まった明治37年の秋、東京を離れ、九州に戻った。  青空が広がっていた。 そうか、蒼天は故郷の上にあるのだ。 生き方に悩み 苦しんだならば、故郷に戻り、空を見上げればよかったのだ。

翌年、43歳になった六郎は、いゑという妻を迎え、門司駅前で「薄雪饅頭」 を売る饅頭屋を営み繁盛、鉄道の分岐点になると知った佐賀県鳥栖駅前に鉄道 の待合所を開いて移り住む。 商売は繁昌し、平穏な晩年を送り、59歳で亡く なった。 墓は故郷秋月の菩提寺、古心寺で、両親の墓に寄り添うように建っ ている。

犬養毅、勝海舟、大隈重信も登場2018/02/19 07:26

 臼井六郎は、東京に戻り、一瀬克久の動向を知るには新聞記者になるのがい いかと、銀座に集まる新聞社の看板を見ていて、犬養毅に声をかけられる。 岡 山の士族で、慶應義塾の学生だが、郵便報知新聞の記者でもある、もっとも両 方とも辞めることになるだろうが…、六郎が何かを背負っていると見えて、一 緒に牛鍋屋で飯を食おうと言う。 犬養毅は、六郎が親の仇討ちのために記者 になろうかと思ったと話すと、従軍記者で行った西南戦争の田原坂で「戊辰の 敵」を狙った会津出身の者たちが大勢警視庁抜刀隊の中にいた、仇討ちとは古 い、これからは刀や鉄砲によらず、言論ですべてを決すべき時代になるのだ、 と言う。 六郎は、時勢にのって栄華を得ようとする者の頂門の一針たらんと 思っている、と答えて別れる。

 所持金がなくなり、窮迫した六郎が、つい鉄舟の屋敷に寄ると、英子夫人が お文が訪ねてきて、六郎を助けたいと話した、お文のいる仲見世の小料理屋へ 行けという。 二人は浅草で暮らすようになり、六郎は近くの子供に手習いを 教える。 明治13年になった。 一瀬克久が時折、京橋区十三間堀の旧藩主 の屋敷を訪れることがわかった。 家扶の鵜沼不見人は、六郎の縁戚だった。  お文が小料理屋に来た裁判所の雇員から、一瀬の屋敷が本芝三丁目にあること を聞き出した。 その夜、二人の男が浅草の家を襲い、お文があやうく殺され そうになる。 六郎たちは、京橋区五郎兵衛町に移り住む。

 叔父が秋月の祖父に仇討ちを止めさせるよう手紙を書き、病気の祖父に代わ って16歳になった妹のつゆが説得のため上京する。 六郎は「たとえ武士と いう身分は無くなっても、武家に生まれた者は武士の心を持って生きなければ ならないと、わたしは思っている」と言う。 つゆはお文と話し込んで、仲良 くなる。 六郎は鵜沼に頼み、つゆを旧藩主の屋敷の住み込みの女中にしても らう。 みちと、名を変えて。

 ある日、六郎は裁判所を見張っていて、一瀬が乗った人力車の後をつけ、銀 座の西洋料理店に入るのを見届ける。 2時間ほどして、人力車に乗ろうとし た男に、短刀をつかんで、声をかけると、人違いだった。 「狼藉者―」雷鳴 のような大喝が響き、六郎は地面に叩き付けられた。 「間違えたですむか。 この方は勝海舟先生だぞ」と、底響きする声の主は山岡鉄舟だった。 翌日、 六郎は鉄舟に伴われて、氷川町の勝海舟の屋敷に詫びに行く。 勝は父・臼井 亘理の名とかなりの出来物だったのを、大久保から聞いていた。

 一瀬克久は、身近に臼井六郎が出没したので、面倒をみたことのある元武士 の人力車宿の親方に、敵と狙う男を痛めつけて、巡査に渡してくれと頼む。 裁 判にかかれば、自分が監獄に叩き込む、と。 三人の元武士の車夫が、仕込み 杖で六郎を襲い、争っている間に、巡査が駆け付けて来た。 気脈を通じてい ると見た六郎が、ちょうど通りかかった馬車の前に身を投げ出すと、それは勝 海舟の馬車だった。 「お前とはよほど縁があるようだな。早く馬車に乗りな。」

 翌日の夕刻、旧藩主の屋敷に一瀬克久が来て、つゆはそれを知らせに兄の家 へ向かう。 その後を一台の人力車がつけていた。 六郎は鉄舟と、勝の屋敷 にお礼に行って留守、車夫たちがお文とつゆを家の中に押し込めて待つ。 六 郎の姿が見えると、お文とつゆが「逃げて」と叫ぶ。 車夫の一人にしがみつ いたお文が仕込み杖で斬られた。 六郎は短刀を構えて、ふたりの車夫に向か うが、「ここはまかせなさい」と鉄舟が手刀でふたりの首を打ち据えた。 お文 は「何があってもわたしは六郎様を待ってます。だから本懐を遂げてください まし」と言い終えて、がくりと首をたれた。 鉄舟は「武士のなすべきことに、 旧幕もご一新もない。ただ、おのれの信じるところに向かって命を捨てて向か え」

 旧藩のころであれば、父が討たれれば子が仇討ちを図るのは当たり前だった はずだ。 しかし、明治の御代になってからは、誰もそうは思っていない。 六 郎は思う(ひとは損得だけで生きるわけではない)

 一瀬克久は、築地西本願寺脇の大隈重信の屋敷、「築地梁山泊」へ、面識を得 に行った。 大隈は何もかも知っていた、「臼井亘理の一子はそなたを敵として 付け狙い、山岡鉄舟に師事し、勝海舟の庇護を受けておるそうじゃ。いずれも 旧幕以来の時代後れの者たちで、新しい世の役には立たん」「何でもよいから、 献策をわしのもとに持ってこい。そなたが物の役に立つようなら、わしが用い てやる。ただし、役に立たぬと見たら、面倒は見ぬ。臼井亘理の一子に討たれ ようが知ったことではない」(まだ、つづく)

臼井六郎、山岡鉄舟の春風館で修行2018/02/18 07:19

 吉田悟助が執政の藩庁は、暗殺をした干城隊に慎むように言い渡しただけで、 お咎めなしとし、亘理については、自分の才に溺れ、我儘の振舞いが多く人望 も薄かったため、非業の最期を遂げたのも自ら招いたことでやむを得ない、と の沙汰を下した。 臼井家は亘理の弟助太夫が家督を継いだが、藩は家禄を五 十石減ずる過酷さだった。 父を斬ったのは山本克己、母を手にかけたのは萩 谷伝之助とわかったが、仇討ちを願い出ても藩は認めようとしなかった。

明治9(1876)年夏、18歳になった六郎は、秋月の南にある三奈木村の小学 校の教師を辞め、東京に出た。 3年前の明治6年2月には「仇討禁止令」が 出ていた。 文部省に勤め芝に住む叔父、上野四郎兵衛は、山本克己が一瀬克 久と名のって司法省に出仕し、名古屋裁判所の判事をしているらしいと話した。  明治9年10月、熊本の士族神風連が鎮台を攻撃する乱を起こすと、秋月でも 士族が呼応して「秋月の乱」を起こすが、鎮圧された。 四郎兵衛は六郎が修 行をすれば雑念も晴れるかと、春風館・山岡鉄舟の道場を紹介した。 鉄舟は 「武士の仇討ちは私怨を果たすにあらず、天に代わって邪を討ち、無念の最期 を遂げた者を成仏いたさせるのだ。憎いと思う心でできることではない」「一度、 死ね。死ねば、憎しみも消える。そのうえで、おのれがなすべきことが見えて こよう。もはや武士の魂の刀も捨てよ」と言い、入門を許してくれる。

明治10年の西南戦争が終結して、翌11年2月、六郎は一瀬克久が静岡裁判 所の甲府支所長になっているのを知る。 鉄舟は六郎と立ち合い、「行かねばな らぬわけがあるのだろう。そう思い定めたのなら、わしは止めぬ」「そなたのい まの腕前は一振りの刀とまでは言えぬ。せいぜい、一本の針に過ぎないが、狙 い過たず、相手の急所を刺せば敵を仕留めることはできよう。そしてなにより、 いまの世に入用なのは不平士族を抑え込んだ政府に警鐘を鳴らす、一本の針だ」 と、屋敷を出るのを許してくれた。

甲府の宿屋に逗留して、一瀬克久のことを探るが、東京に出張中とかで、宿 の若い女中のお文から逆に巡査が六郎の意図を知って探っていると知らされ、 父の博打の借金で女郎屋に売られそうなので、東京へ連れて逃げてくれと、頼 まれる。 お文は下谷に借家を見つけ、通いの女中の仕事を始める。 鉄舟の 所にも、叔父の家にも戻れぬ六郎は、とりあえずお文と同居することになった。  8月に近衛砲兵大隊の反乱、竹橋事件が起きた11月になって、お文が六郎に埼 玉県熊谷町の裁判所雇員の仕事を見つけてきた。 裁判所の雇員なら、一瀬の 消息を知る手立てもあるかもしれない、山岡鉄舟の書生だったことで採用とな り、二人は熊谷へ移る。 年が明けて明治12年、一瀬の消息はなかなかつか めない。 7月、持ち帰った裁判所の書類を家に忘れて、昼休みに戻った六郎 は、お文が男と話しているのを聞く。 お文は巡査に命じられて、自分を仇討 ちから遠ざけようとしていたのだ。 空を見上げると、鉛色の曇天だった。 六 郎は、お文が好きだったと悟るが、熊谷を去った。(つづく)

葉室麟さんの『蒼天見ゆ』を読み始める2018/02/17 07:20

 葉室麟さんは昨年、『潮騒はるか』『大獄 西郷青嵐賦』『天翔ける』と幕末の 動乱を背景とした大作を立てつづけに刊行した。 12月23日に急逝して、訃 報と松平春嶽を描いた『天翔ける』の広告とが、同時に新聞に出た。 直木賞 受賞作『蜩ノ記』しか読んでいなかったので、何か読んでみようと思った。 図 書館で『蒼天見ゆ』(角川書店)を手に取ると、「嘉永六年(一八五三)十月― ―/九州、筑前の秋月藩士臼井亘理は近頃、不思議な夢を見る。」で始まってい た。 嘉永6年といえば、ペリーの黒船が浦賀に来航した年で、幕末激動の時 代が始まる。 近くの豊前中津では、18歳の福沢諭吉が狭い藩内の「私のため に門閥制度は親の敵(かたき)でござる」という窮屈で不愉快な生活が堪え難 く、翌年2月には長崎へ蘭学修業に飛び出そうとしていた。 薩摩の鹿児島で は、島津斉彬が藩主になって2年目、西郷隆盛は26歳だった。 時代も、場 所も、福沢と重なるものがあるのではと、読み始める。

 秋月藩は、福岡藩黒田家五十二万石の支藩で五万石。 26歳(西郷隆盛と同 い年)の臼井亘理は、父が三百石取りの馬廻役の上士、文武にすぐれた俊秀だ った。 文久2(1862)年、35歳で「用役」に登用され藩政に参画、陽明学の 師である開明派の中島衡平と時局についての意見を交わし、長崎から西洋砲術 家を招いて、鉄砲隊を西洋式に改革しようとしていた。 藩内の尊攘派が家老 の吉田悟助のもとに集まり、それに反発する。 慶應4(1868)年2月、亘理 は執政心得首座公用人兼軍事総裁として京に上り、鳥羽伏見の戦い後の情勢を 探るため、薩摩長州の要人との面会を画策する。 ようやく会えた大久保一蔵 (利通)は、秋月藩の上洛の遅れをなじるが、亘理は秋月藩の尊王の志を伝え、 公家の三条実美らをも訪ねて秋月藩への信頼を取り付けてまわる。 亘理は秋 月に藩主黒田長徳の上京を要請するが、国許では、これまで西洋式兵術の導入 に努め開国・佐幕側であると見られていた亘理が、時勢の激動により薩長方に 変節した、とされてしまう。 尊王攘夷を唱える者たちが、干城隊を結成した。  亘理の長男六郎は10歳、長女のつゆは4歳になっていた。 秋月藩主黒田長 徳がようやく上京したのは、江戸城無血開城後のことだった。 亘理は大坂藩 邸に呼ばれ、帰国命令を受ける。 薩摩藩に帰国引き留めの動きがあり、それ を藩主長徳が怒ったなどと知れ渡っていた。

 切腹すら覚悟をして秋月の屋敷に帰った亘理は、妻の清に六郎とつゆを呼ば せ、「そなたたちに授けたい言葉がある」と、達筆で認めた料紙を示した。 「雨 過天青雲破処」 うかてんせいくもやぶるところ。 それは六郎が既に母から、 自分が何をなしていけばよいか迷ったときの心構えとして、父が六郎に教えた いと言っていた言葉だと聞いていた。 「苦しいときには青空を見よ。 誰が 正義であるか、あるいは悪なのか、ひとにはわからぬ。しかし、自分自身には わかっているものなのだ。 雨が過ぎ、雲が破れたところから覗く澄み切った 青空のようにな。」

 この日の夕刻、亘理の帰国を聞いた親戚や親しい者たちが訪れ、酒宴となっ た。 夜がふけてお開きとなり、亘理もしたたかに酒を飲んでおり寝所に入っ て熟睡した。 清もつゆを抱いて寝所で横になった。 雨が降り続く七ッ(午 前4時)、門前に両刀をたばさんだ二十数人が立った。 土足のまま奥座敷に 向かうと、ひとりが熟睡している亘理に斬りかかった。 肩先に斬りつけられ た亘理がうめいて上半身を起こすと、男たちは「天誅!」と叫びながら続けざ まに斬りつけた。 清が悲鳴をあげ、亘理に斬りつけていた男にしがみついた。  男は、「邪魔するな」と清を蹴倒した。 それでも清が亘理を助けようと手を伸 ばすと、そばの男が物も言わずに清に斬りつけた。 清の傍らにいた幼いつゆ にまで男たちは刃(やいば)を振るい、つゆは傷を負って泣き出した。 男た ちはなおも倒れた亘理に刀を振るって、首を落した。 同じ時刻に、中島衡平 も屋敷を襲われて、斬られた。 幕府が大政を奉還し、時勢の成り行きが定ま った今になって、なぜ亘理が殺されなければならなかったのか。

 騒ぎで奥座敷に行った六郎は、父と母の遺骸に目を遣った。 祖父の儀左衛 門は六郎の肩を抱き「無念じゃ」と、絞り出すような声で言った。 六郎は「違 う、違う」と叫びながら、外に飛び出た。 雨はあがっていた。 六郎は震え ながら、空を見上げた。 青い空ではなかった。 朝焼けで赤い雲が棚引く空 だった。 赤い空はあたかも死んだばかりの父と母の血に染まったかのように 六郎には思えた。

 『蒼天見ゆ』、三分の一まで読んだところで、主人公でこれから活躍するのか と思っていた臼井亘理が死んでしまった。