和子さんの研究「身に入む」なぜ秋なのか?2017/10/16 07:00

 「身に入む」と「菊人形」の句会の季題研究は、児玉和子さんの担当で「身 に入む」を選択し、「身に入む」がなぜ秋なのか? を探求した。 そう言え ば、俳句には「爽やか」秋、「月」秋、「夕焼」夏、「滝」夏、「蛙」春など、別 の季節にもあるじゃないかと思われる季題がある。 『歳時記』を見ると、こ うある。 「爽やか」…日本の四季の中では、秋が最も清澄な感じがする。 「月」 …秋は四季の中でもっとも大気が澄むので月のさやけさもひとしおである。  「夕焼」…四季にわたってあるが、夏の夕焼はもっとも華やかで壮快である。  「滝」…ときに清涼さを感じさせる。 「蛙」…田圃などで鳴く蛙の声は、晩 春の田園風景の中でなつかしいものである。最も鳴き立てるのは交尾期で、雄 が雌をさそうのである。

 さて、児玉和子さんの「身に入む」だが、講談社『日本大歳時記』、角川『俳 句大歳時記』を参照して説明した。 平安時代半ば以後に愛用された言葉で、 もともと「染みるほど、あるいは濡れとおるほど、身に深く感じる」意で、恋 の歌などに使われ、まだ季感を持っていなかった。 だが、「もののあはれ」が 秋の情趣にしぼられてくるようになって、言葉に秋の季感がまつわり始め、秋 の哀れをまず告げ知らせる秋風について言うことが多くなった。  <秋吹くはいかなる色の風なれば身にしむばかりあはれなるらん>和泉式部 (『詞花集』巻三秋)などを経て、<夕されば野べの秋風身にしみて鶉(ウヅラ) 鳴くなり深草の里>藤原俊成(『千載集』巻四秋)の歌が喧伝され、この語の季 感を決定的なものにした。

 和歌で「あはれ」を主調としてこの語を用いたのに対して、俳諧ではもっと 対象的、感覚的に感じとって、「冷気」を主にして言う。 秋冷の気を身にしみ とおるように感じることで、三秋にわたって用いてよいが、ことに晩秋に用い ることが多い。 <野ざらしを心に風のしむ身かな>松尾芭蕉、<身にしむや 宵暁の舟じめり>宝井其角。

 例句を挙げた中で、和子さんは<佇めば身にしむ水のひかりかな>久保田万 太郎、<身に入むや林の奥に日当たりて>岡本眸 のような句は「秋冷の気」を 感じるが、<さり気なく聞いて身にしむ話かな>富安風生、<身に入みぬモー パッサンの短編に>京極杞陽 になると、それがなくなっていると、指摘した。  本井英主宰は、季題として定着すると、こういう例はほかにもあるのだろう、 最近研究している人もいると、コメントした。

オハイオ印ブルーチップ・マッチ箱の詩2017/10/01 07:22

 映画『パターソン』で、パターソン運転手が最初にノートに書きつける詩は、 大好きなオハイオ印ブルーチップのマッチ箱についての詩である。 マッチ箱 に書かれた字が、メガホン形に広がっていくデザインで、その前に好きだった のはダイヤモンド印のマッチだったとも言う。 実はこの詩、ニューヨークの 人気詩人ロン・バジェットが、親友のジム・ジャームッシュ監督に提供したも のだそうだ。 1970年代後半、ニューヨークにやってきたジム・ジャームッシ ュは、コロンビア大学であらゆるタイプの詩を読み、自らも書いて、熱心に詩 を探求した。 ジョン・アッシュベリーやフランク・オハラなどのニューヨー ク派に心酔し、「こういった詩人たちから、物事を真剣に受け止めすぎないこ とを学んだ」のだそうだ。 ロン・バジェットは、ジム・ジャームッシュと同 様にコロンビア大学のケネス・コークに師事した親友で、彼が過去に書いたオ ハイオ・ブルーチップ・マッチの詩など4編の詩を、この映画の劇中でパター ソンの詩として使うことを承諾し、さらに3編の詩を書き加えてくれたという。

 このブログを毎朝読んでくれている人として、時々登場する福澤諭吉協会の 黒田康敬さんが、マッチ関係のお仕事をしていたことを思い出して、メールで ご連絡してみた。 すると即座に、こんな返信があった。   「貴重な情報ありがとうございます。ブルーチップもダイヤモンドも輸入し て売っておりましたが、今は扱っていません。オハイオマッチは30年くらい 前に廃業し、ダイヤモンド社が引き継いでいます。ブルーチップブランドは市 場から消えておりましたが、最近ブルーチップ印の復刻版を同社が発売してい るようです。」

プログラムの、ジム・ジャームッシュ監督インタビューで、監督はオハイオ・ ブルーチップ・マッチについて、「ちなみにあのマッチは、いまはもう存在し ない。だからこの映画のために美術スタッフが復刻版を作ったんだ」と、語っ ていた。

『パターソン』のパターソン市と詩2017/09/30 07:18

 映画『パターソン』のニュージャージー州パターソン市は、ニューヨークの マンハッタンからバスで40分ほどで行けるが、最近は治安が悪いそうだ。 映 画で主要な背景になる滝は、パセイイック滝(グレートフォールズ)、19世紀 に滝の落差を動力源に水力発電所がつくられ、市は繊維産業と機械工業で栄え た。 パターソンが運転するバスで回る街の景色は、毎日いろいろだし、乗客 たちの交わす会話にも、パターソン市のいろいろなことが出て来る。 それも また、判で押したような日常に変化をつけることになる。 車窓から、ルー・ コステロ記念館が見える。 私も子供の頃に映画を観た、バット・アボットと の「アボット・コステロ」コンビの喜劇役者ルー・コステロは、この市出身の 全米的な有名人だった。 パターソン夫妻は、良いことがあった土曜日、外食 し映画を観る。 その中に「アボット・コステロ」のモノクロ映画もあった。  バスの乗客の女子学生の会話。 産業で栄えた19世紀末、市は無政府主義者 の巣窟だった。 無政府主義の新聞を出していたイタリア系のブレーシが、イ タリアで国王を暗殺したが、極刑はなかった、今も死刑があるとEUに入れな い、と。

 パターソンが毎晩、ブルドックのマーヴィンを連れて散歩に出かけ、立ち寄 るバーには、チェスやビリヤード、古いジュークボックスがある。 ここでも、 いろいろなことが起きる。 バーテンダーのドクは堅物、地元大学の試合を見 たいという客に、テレビはないよ、とニベもない。 だが、押し掛けてきた妻 に、妻の金を使い込んだことでなじられる。 別れ話、マリーという女を、幼 馴染だというエヴェレットが、執拗に追いかけ復縁を迫るが、いつも拒絶され る。 木曜日、パターソンが落ち込むエヴェレットを慰めようとすると、ドク が「やめとけ。俺の主義は“流れにまかせろ”だ」。 金曜日、エヴェレットが ピストルで自殺しようとする。 パターソンが、飛びついてピストルを奪う。  おもちゃの銃だった。 エヴェレットは「愛を失って生きる理由があるか?」

 土曜日の朝のベッドは、黒い下着のローラがパターソンの上にかぶさってい た。 妻はケーキの匂い、夫はビールの匂いがする。 夫は昨夜のバーの事件  を話し、発泡スチロールの弾だったと言う。 妻は、パターソンに改めて詩の ノートのコピーを約束させる。

 妻のローラにせがまれて、パターソンはウイリアム・カルロス・ウイリアム ズの詩「ちょっとひと言」を朗読する。 ウイリアム・カルロス・ウイリアム ズは、20世紀アメリカ詩を代表する詩人で、長篇詩『パターソン』(1946-58 年)がある。 パターソンに近いラザフォードで生まれ、産科・小児科の開業 医として過ごした。

 この映画で、ブルドックのマーヴィンが「好事魔多し」の重要な役割を演ず る。 もともと妻のローラが飼っていたのだろうか。 ローラとパターソンが 仲良くすると、焼いて、吠える。 パターソンが帰宅して毎日真直ぐに直す郵 便受けを傾けていたのも、マーヴィンだった。 マーヴィンを演じたイングリ ッシュ・ブルドックの元救助犬ネリーは、2016年の第69回カンヌ国際映画祭 でパルム・ドッグ賞を受賞した。 しかし、残念ながらその数か月前に死んで いたため、エンドクレジットで哀悼の辞が流れる。

『R.S.ヴィラセニョール』<等々力短信 第1099号 2017.9.25.>2017/09/25 07:01

 夕方TBSテレビのニュース番組「Nスタ」を見ていると、井上貴博アナの左 右に国山ハセン、ホラン千秋が並んでいる。 ハーフのアナウンサーやタレン トが多くなったなと思う。 滝川クリステル、葉山エレーヌ、加藤シルビア、 政井マヤ、ローラ、ベッキー、トリンドル玲奈。 スポーツでも、高安、御嶽 海、ダルビッシュ有、オコエ瑠偉、山崎康晃、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウ ン。 昔は混血と言っていたが、あまり聞かなくなったのは、差別語の匂いが するからなのだろうか。 百科事典で「混血」「混血児」を見たら、「雑種強勢 という点からみれば、混血児は両親のそれぞれすぐれた形質を受ける可能性が 強い」とあった。 近代の西欧諸国の植民地支配が世界的に拡大した結果、白 人と黒人の間のムラート、白人とインディオの間のメスティソ、白人とインド 人の間のユーラシアン、西インド諸島のクレオールなどが生じた、ともあった。

 乙川優三郎さんの『R.S.ヴィラセニョール』(新潮社)の主人公レイは、メス ティソ(混血)だった。 母は市東(しとう)君枝、父リオはイロカノ族のフ ィリピン人だ。 リオは母や弟妹を養うためにダンサーとして日本に来て、ホ テル経営者の娘君枝と知り合って結婚した。 レイは、東京月島で育ち、大学 で染色の技法を学び、新宿区中井の江戸更紗の老舗に勤めた後、千葉の御宿海 岸に型染めの工房を持った。 美しい色と形を求めて、図案の発想も色彩も自 由になる、型染めと手描きを組み合わせ、いつか日本人が驚くような日本を染 めてみせるのだと思うのは、父の血かもしれなかった。

 御宿で草木染をしているロベルトと知り合った。 彼もメキシコから母の国 にやって来たメスティソで、日本の色を染めて、染織家や組紐屋へ納めている。  二人は互いに協力するようになり、レイはロベルトの染液で染めた真紅の羽尺 (羽織になるほどの反物、約9m)「母国」を工芸展に出品する。 売り込みを した銀座の老舗呉服店からも、レイの図案の試作を頼まれた。 そんな時期に、 大腸癌を抗癌剤治療中の父のリオが、半月のフィリピンへの帰郷を言い出す。  父は危険だからと母を一度も故郷へ連れて行ったことがなく、今回もそうだっ た。 父は体調を崩し、予定より早く帰国した。

 レイは工芸展で受賞。 死の近い父が、また故郷へ行きたがる。 リオのお かげで弁護士になった弟のフェルが来日、レイに重大な秘密を打ち明ける。 新 聞記者だった兄弟の父親は、マルコスの不正を追及し、妻を誘拐されて新聞社 を辞めたが、マルコスが大統領になって戒厳令を布くと、警察軍に連行され、 虐殺された。 一家の目的は復讐にあった。 私は、この真紅の本で初めて、 フィリピン現代史、アメリカとの関係、マルコスの利権と国家権力の掌握、暗 黒恐怖政治の実態を知ったのだった。

お祖母ちゃんを捨てた沼津大空襲2017/08/19 07:15

 ジェーン・スーさんのお父さんは、この3月に79歳になったというから、 私の三つ上だ。 私が4歳で品川の中延で経験した、東京大空襲の時は、沼津 に疎開していたという。 三つ上と五つ上の兄は学童疎開(小学校3年生から 6年生が対象)しており、三男の父と曽祖母を連れ、祖父と祖母は親戚を頼り、 慣れ親しんだ本郷から沼津へ行った。 父は沼津で小学生になった。 沼津の 借家に、ようやく荷物が届いて、荷ほどきもしない内に、沼津でも空襲が始ま った。 昭和20年7月17日未明の沼津大空襲、軍需工場が多くあったために 標的にされたらしい。

 「沼津では、焼夷弾がバラバラ落ちてくるところを逃げたよ。で、逃げる途 中でおばあちゃんを捨てたの」  一緒に逃げた知らない中学生に焼夷弾が当たっちゃって、腕が取れちゃった。  うちは家族で、歩けないおばあちゃんをリアカーに乗せて、親父がそれを引き ながら逃げてたの。 夏だったから、おばあちゃんに白い布団を被せてね。 そ うしたら、それが目立って飛行機の上から見えるっていうんだよ、一緒に逃げ てた連中のなかにイチャモンをつけるのがいたの。 そういう時は、ちょっと ばかり図体がでかくて、声の大きい奴が偉そうなことを言い出すんだよ、必ず。  馬も逃げてきたよ。 どっかの厩舎が被弾したんだな。 狂ったように馬が走 ってきて、俺たちを追い越していった。 にわかには信じがたいが、混乱のな か初対面の男に凄まれ、父たちはリアカーごと祖母を海沿いの松林に捨てた。  そこはまだ火の手が迫っていない場所だったというが、一緒に逃げる理由など まるでない初対面の連中に指図され、大切な親を道に捨てる心境が、ジェーン・ スーさんにはどうしても理解できなかった。 それが今生の別れになるかもし れないのに? と何度も尋ねたが、明確な答えは返ってこなかった。  「プレッシャーに負けたんだな、親父は」

 それから父たちは夢中で逃げた。 逃げて逃げて、朝がきた。 祖母を探し にリアカーを捨てた松林に急いで戻る。 しかし、いない。 いくら探しても リアカーが見つからない。  「誰か持ってっちゃったのかしら? なんて親父とおふくろは言ってたねぇ」  諦めかけたところでリアカーは見つかった。 思っていたよりずっと家から 近いところにあった。 おばあちゃんはリアカーのなかで捨てられた時と同じ ようにじっと寝ていたという。  「捨てろって言われてから結構粘ったと思ってたけど、俺たち随分と早くお ばあちゃんを捨てちゃっていたんだよな」  笑えない話で、また父が笑う。

 奇跡の再会を果たし、家族はリアカーを引きながら家路を急いだ。 家はま るごと、ぜんぶがぜんぶ焼けていた。 庭に植えていた茄子までこんがり焼け ていた。 「でね、せっかくだからね、家族で食べたの。焼き茄子を」

 沼津から東京へ戻ったら、本郷の家も焼けてなくなっていた。  ジェーン・スーさんが「終戦」と言うと、お父さんは「敗戦」と言い直し、 文脈に関係なく言葉の終わりを「戦争はダメ」とか「戦争は悲惨」で締めると いう。