矢田部良吉宛福沢書簡と、矢田部の生涯2020/11/18 08:08

 E・S・モースに関連して、外山正一や矢田部良吉、外山の友人生田氏〔?〕のことを調べていて、福沢諭吉がE・S・モースと浅からぬ関係のあったことを思い出した。 まとまって読めるのは、下記の三つである。

(1) 磯野直秀「矢田部良吉宛の福沢書簡とE・S・モース」(『福沢手帖』48、1986(昭和61)年3月20日・福沢諭吉協会)

(2) 松崎欣一著『三田演説会と慶應義塾系演説会』(慶應義塾大学出版会・1998(平成10)年)第V章 付論 第五節 E・S・モース宛福沢書翰について

(3) 慶應義塾編『福澤諭吉書簡集』第4巻の補注(ひと)16「E・S・モース」(2001(平成13)年・岩波書店)

 とりあえず、(1)磯野直秀慶應義塾大学経済学部教授(当時)の論文で矢田部良吉から見てみたい。 国立科学博物館に明治の植物学者矢田部良吉の資料が保管されていて、その中に矢田部良吉宛の福沢書簡が一通あるという新資料の紹介である。 明治15年6月16日付のこの手紙は、のちに『福澤諭吉書簡集』第3巻に書簡番号664として収録された。 再来日したE・S・モースの歓迎晩餐会が、22日に木挽町の精養軒で開かれる案内をもらい、当日差し支えもないので、出席するつもりだが、22日とだけあって、開催時刻が書いてないので、ご一報いただきたい、という内容である。 再来日というのは、陶器と民具類蒐集のためだった。

 磯野直秀教授によると、矢田部良吉は嘉永4(1851)年9月19日に、伊豆韮山で生まれ、慶応初年横浜に出て中浜万次郎や大鳥圭介に英学を学んだ。 明治2(1869)年5月に開成学校教授試補となり、ついで翌3年10月には外務省文書大令使に任命され、初代アメリカ公使森有礼とともに渡米したが、明治5(1872)年に外務省を辞任してコーネル大学に入学した(外山正一と同様の経歴である)。 同大学では植物学を学び、明治9(1876)年6月に卒業して帰国、同年9月に東京開成学校五等教授に任ぜられ、12月には文部省東京博物館(のち教育博物館)館長を兼任した。 また明治10(1877)年には東京開成学校と東京医学校が合併して東京大学が創立されたが、矢田部良吉はその理学部生物学科の初代植物学教授となり、E・S・モース初代動物学教授とともに、近代的生物学の礎を築く役割を担うのである。

 しかし、矢田部の活動は生物学に留まるものではなかった。 明治14(1881)年には『東洋学芸雑誌』の創刊に尽力し、16日の「外山教授、外山正一(まさかず)のこと」で見たように外山とともに、『新体詩抄』を出版し、ローマ字論者の草分けでもあった。 明治20(1887)年から明治23(1890)年まで東京盲唖学校長を、21年から23年まで東京高等女学校長を兼任しており、女子教育の振興に力を尽くした。 だが、明治24(1891)年4月、突然に大学の教授を非職(休職)となる。 詳細は伝わらないが、方々に敵をつくり、諸活動で本務が疎かになった点を口実にされたという。 そののち高等師範教授、明治31(1898)年には同校校長となったが、翌32年8月7日、鎌倉で遊泳中に溺死した。 47歳だったことになる(外山正一で思ったのだが、東大の総長や文部大臣を歴任した人が51歳で亡くなっているのを知り、明治の大臣の平均年齢は、どれほど若かったのか、今と比較して、つい「今昔の感」を感じた)。

外山正一作詞「抜刀隊」と「学徒出陣」壮行会2020/11/17 06:59

 昨日、書いた外山正一が『新体詩抄』に載せた自作の詩「抜刀隊」が、後に、陸軍軍楽隊教官のフランス人シャルル・ルルーによって曲がつけられ、日本で最初の軍歌として爆発的にヒットし、「扶桑歌」「陸軍分列行進曲」とも呼ばれる行進曲として編曲され、旧陸軍から陸上自衛隊にまで受け継がれているという件で、思い出した。

 私の俳句の師、『夏潮』主宰の本井英先生がふらんす堂のホームページに毎日連載されている「本井英の俳句日記」(http://furansudo.com「連載」参照)の10月21日の項に書いていらっしゃった。 77年前の昭和18年10月21日、神宮外苑競技場で「学徒出陣」壮行会が挙行された。 雨の降る肌寒い日であったが、記録映画で掠れながら流れてくる行進曲が、外山正一作詞、シャルル・ルルー作曲の「抜刀隊」なのだそうだ。 「敵の亡ぶる夫迄は 進めや進め諸共に 玉ちる劔抜き連れて 死ぬる覚悟で進むべし」 明治10(1877)年の西南戦争で、官軍の斬り込み部隊「抜刀隊」の奮戦を詠んだ詩である。

 西南戦争は、明治10年2月の挙兵、9月の西郷隆盛自刃終結だから、E・S・モースの第一次来日、江ノ島の腕足類研究のための実験所活動、大森貝塚の発見は、西南戦争の期間に重なるわけだ。

 本井英先生は、今でも陸上自衛隊の分列行進で演奏される名曲だが、さまざまなことを考えると、やはり別の曲にした方がよいと思う、と書いておられた。

外山教授、外山正一(まさかず)のこと2020/11/16 07:16

 外山教授のほうは、詳しいことがわかる。 外山正一(まさかず)、英学、社会学を学んだ教育者で、後に東京帝国大学文科大学長・総長、貴族院議員、文部大臣(第三次伊藤博文内閣)を歴任した。 1848(嘉永元)年、江戸小石川柳町に220俵の旗本の子として生まれ、13歳で蕃書調所で英語を学び、1864(元治元)年には16歳で開成所の教授方となり、1866(慶応2)年勝海舟の推挙で中村正直らとともに幕府派遣留学生として渡英、イギリスの最新の文化制度を学ぶ。 幕府瓦解で1868(明治元)年帰国、静岡の学問所に勤めていたが、1870(明治3)年外務省に出仕、森有礼少弁務使の秘書として渡米する。 1872(明治5)年に辞職し、奨学金を得てミシガン州アナーバー・ハイスクールを経て1873年にミシガン大学に入学、哲学と科学を専攻し、1876(明治9)年帰国した。

 帰国後は官立東京開成学校で社会学を教え、1877(明治10)年、同校が東京大学(東京帝国大学)に改編されると、日本人初の教授となった。 ミシガン大学で進化論の公開講義を受けた縁で、エドワード・シルベスター・モースを東京大学に招聘した。 『日本その日その日』で、モースが江ノ島に行った数日後に訪ねてくる「政治経済学の教授」こそ、外山正一なのである。

 幕末期から明治初期にかけて欧米で学んだ外山の新知識は、当時の政府にとって重要なものだった。 だが大学での講義は、徹頭徹尾ハーバート・スペンサーの輪読に終始したので、学生からは「スペンサーの番人」といわれていたという。

 外山は、社会学、哲学だけでなく、文学にも関心を持っていた。 1882(明治15)年、同僚の矢田部良吉(コーネル大学卒、東京大学植物学初代教授、E・S・モースの江ノ島行きの初日に同行した)、井上哲次郎とともに『新体詩抄』を発表した。 従来の和歌・俳句と異なる新時代の詩の形式を模索して、習作を発表し、近代文学に多大な影響を及ぼした。 外山は『新体詩抄』に、自作の詩「抜刀隊」を載せた。 「抜刀隊」は後に、陸軍軍楽隊教官のフランス人シャルル・ルルーによって曲がつけられ、日本で最初の軍歌として爆発的にヒットし、「扶桑歌」「陸軍分列行進曲」とも呼ばれる行進曲として編曲され、旧陸軍から陸上自衛隊にまで受け継がれているという。

 英語、英文学教育の充実を考えた外山は、松江中学、第五高等学校などで教鞭を取ったギリシャ系アイルランド人、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)に強く働きかけ、1896(明治29)年東京帝国大学英文学講師に招聘した。

 外山は、日本語のローマ字化推進のため『羅馬字会』を結成して漢字や仮名の廃止を唱え、九代目市川團十郎や依田学海らが実践していた演劇改良に参加、西洋列強と伍するためには教育の向上が必要であり、そのためには女子教育の充実と公立図書館の整備を訴えるなど、明治の教育文化活動において幅広く活躍した。

 1900(明治33)年、中耳炎からの脳症で死去、享年51歳。

少女の物語に『気』をもらって2020/10/24 07:10

 翌9月4日、高橋三千綱さんはT大学病院に行き、放射線科のまだ若いH医師に放射線治療を受けることを伝えた。 放射線治療は25日間休まず続けなくてはいけない、9月9日から開始、10月17日まで、毎日午後4時に奥さんの車で20分程で行き、照射時間は1分半、会計を済ますまで10分ほど、4時半すぎには自宅に戻った。 負担が少ないのに何故か疲れやすくなり、流動食だけの毎日で日が暮れた。 仕事は少しもはかどらなかったが、10月10日には熟女軍とゴルフをし、10月18日にはS社のゴルフコンペがあり、昼にミルクを飲んだだけで一日を乗りきった。 ただゴルフは惨憺たる有様で、同伴した池井戸潤氏まで巻き込んで大叩きになった。 病気のことは伝えていなかったが、異常な状態に気づき、体調を気遣ってくれた。 それでも最後に半沢直樹のドラマに黒枠の写真が似合う男がいると自ら売り込みをかけ、池井戸潤氏は泡を食っていた。

 それから最後の食道拡張手術となる11月13日までの27日間は、息をしているのか、目覚めているのか、分からないままぼんやり過ごしていた。 その間に近藤誠先生から手紙をいただいた。 あれからつらつら考えて、“バルーン拡張術”という選択肢もあるなと思った。 ただしうまく内腔が拡張しても、がんが再増殖して再び狭窄することが考えられ、ほぼ確実に拡張術を繰り返さなくてはならなくなり、患者さんにも医師にもかなりの手間を強いるので、内視鏡医の理解と協力が不可欠になる、と。 手紙を読んで、三千綱さんは涙をこぼした。 近藤先生が一対一で向き合ってくれた温情に心からうたれたのである。 だが、返信を書くのをためらっていた。 できるならやめた方がいいといっておられた放射線治療を受けてしまったことを伝えていなかったからだ。 しかも、“バルーン拡張術”を御大O先生の執刀で11月13日に受けることが、決まっていた。

 むろんそれには危険があった。 命を賭けての最後の手術となるだろう、と御大O先生にいわれていた。 手術前日には、元院長で外来担当のW先生から、奥さんともども「食道が破裂して大出血を起こし、即死する可能性もある」と宣告された。 宣告を受けた日の午後、選考委員を務めていた「長塚節文学賞」の中高生の部の作品を読んだ。 中学一年の女子が書いた「奇蹟」という掌編、小学六年のとき白血病で骨髄移植を受けたのだが、その入院生活で、四人のいろいろな病気の小学生が励まし合い、ときには笑って過ごした、その明るく生命力に溢れ、けなげに未来をみつめる姿に深い感動を覚えた。

 手術当日の朝、病室から雪をかむった富士山が見えた。 10時に奥さんとお姉さんが病室に現れた。 奥さんは臆したように俯いていた。 最後の手術、即死、といった医師の宣言に、胸を痛めているのは明らかだった。 少したつと看護師が車椅子を押してやってきた。 手術室にいく間、高橋三千綱さんは小学六年生の女子が抱いた「奇蹟」をもたらすすがすがしさに思いをはせた。

高橋三千綱さんの『図書』連載「帰ってきたガン患者」10月号は、2019年11月13日の、ここまでで終わっている。 それからほぼ1年、この後、どういう経過をたどっているのだろうか。

近藤誠先生のセカンドオピニオン2020/10/23 06:57

 高橋三千綱さんは、退院から三日後の9月3日、セカンドオピニオンとして近藤誠先生の意見を聞いた。 もし少しでも食事(温泉卵と温麺だけ)ができるのなら、このまま放射線はうけずに頑張って食べたらどうですかと助言をくれた。 すると肝硬変の影響をはずして考えれば、まだ相当長生きできるはずだという。 ありがたい話である。 しかし、自分の感じでは毛糸一本程度の孔しか食道に空いていない。 いずれ完全に閉ざされてしまうのではないか、すると餓死しかないなと思い始めていた。 楽天家を自認し、あまり思い詰めるタイプではないが、今度ばかりは「あきまへん」と観念し始めていた。

 近藤誠先生は、でもどうしても何かしたい、じっとしていられない場合は放射線がいいでしょう、出来れば、通常の八割程度の線量で広範囲にならず、初発病巣にポイントをあててもらって照射することです。 それより、いよいよ食べられなくなったら、胃瘻(いろう)を造設する、人工的水分栄養補給法という手もあります、といい、やはりこのまま辛抱して食べ続けることを勧めるといった。

 高橋三千綱さんは、近藤先生のガン治療法を信じているし、実践もしてきたが、今度ばかりは「患者の思いをよく分かっていないのではないか」と疑った。 最初から放射線治療を除外して考えているように思えたのである。

 翌朝、ミルクを飲むのにすら手間取り、噛み砕いたつもりの栄養ゼリーが喉につかえ、苦しみながらようやく吐き出したとき、衰弱死を待たずに、死ぬ寸前までジタバタしてやろう、と決意を新たにした。 放射線治療でも何でもやってやろうと思い直したのである。 その日から「バタ足爺さん」となって、無様な姿で「生命島」という遥か彼方の島まで泳ぎだしたのだ。