最新の研究による織田信長像2020/04/03 07:04

 もう少しコラム「呉座勇一の歴史家雑記」を、読んでみよう。 著書『陰謀 の日本中世史』(角川新書)では、本能寺の変に関して「明智光秀を操った黒幕 がいた」といった類いの、学会では完全に否定されている奇説珍説を徹底批判 したそうだ(2018年10月23日「奇説が世に浸透する理由」)。 奇説珍説が 世間に浸透する最大の原因は、テレビの歴史バラエティー番組がそれらを面白 がって紹介することにあるという。 歴史学界の共通認識となっている「通説」 と、小説家や在野の歴史研究家の単なる思いつきを、あたかも対等な学説のよ うに扱うのはマスコミの悪しき平等主義で、実際には「見解の相違」など存在 しないのだそうだ。

2018年10月2日「黒幕説 斬新にみえるが」では、その例として織田信長 の人物像について書いている。 一般の人が知っている戦国武将の著名なエピ ソードのほとんどは、江戸時代以降の文献に登場するもので、要は創作である。  人となりに関して同時代人の証言が比較的多いのが織田信長だ。 だが小説や ドラマで好んで用いられるキリスト教宣教師ルイス・フロイスの信長評には誇 張や脚色の疑いがあり、注意する必要がある。

(私は昔「等々力短信」でフロイスの『日本史』を評価していた。第240号  1982.1.25.〈フロイス〉①385年後に実現したルイス・フロイスの念願。『日本 史』全訳の大事業。第241号 1982.2.5. ②数多く南蛮人宣教師に会い、世界 情勢に通じていた信長。第242号 1982.2.15. ③『日本史』の時代、信長秀 吉の時代、ポルトガルとスペインの興隆と衰退。)

 そこで呉座勇一さんの信長だが、意外なことに、最新の研究に従えば、信長 は朝廷・幕府・大寺社などの伝統的権威を尊重し、世間の評判を非常に気にす る人物だった。 本能寺の変に関する黒幕説の背景には「天才的革命家の信長 が明智光秀ごときに倒されるはずがない」という“信長神話”があり、一見斬 新に見えるが、実は通俗的な古い信長像に依存しているのだ、そうだ。

「司馬遼太郎で歴史の理解が止まっている人」2020/03/30 07:00

 日本中世史の呉座勇一国際日本文化研究センター助教、『応仁の乱』(中公新 書)と、『陰謀の日本中世史』(角川新書)が大ヒットした。 どちらも読んで いないが、テレビや新聞の連載などで、その主張はよく目にする。 加藤陽子 さんの『天皇と軍隊の近代史』(勁草書房)の書評(朝日新聞1月11日朝刊) を読んで、頭をど突かれた思いがした。 「近代史においては、歴史像が更新 されていくスピードが特に速い。司馬遼太郎の『坂の上の雲』や『この国のか たち』で理解が止まっている人が本書を読んだら驚くだろう」とあったからだ。

 日清戦争について、かつては陸奥宗光外相の回顧録『蹇蹇録(けんけんろく)』 に引きずられて日本側が意図的に戦争に持ち込んだと考えられてきたが、近年 の研究では伊藤博文らの戦争にはならないという根拠のない楽観が背景にある ことが解明されている、という。 日露戦争に関しても、日本の世論は戦争を 支持していたというのが古典的な理解だったが、以後の研究では日本国民のか なりの部分が厭戦的だったことが指摘され、三国干渉への怒りに燃えた日本国 民が臥薪嘗胆してついにロシアに勝利するという「物語」は日露戦争後に生み 出されたという。

 ただ、最重要な表題の「天皇と軍隊」の関係については、本の説明を受けて も、まだ釈然とせず、今後も考え続けるべき難題だとする。 それは、明治の 軍人勅諭で政治への介入を厳しく戒められた帝国陸軍がなぜ昭和期に政治化し たのか、「天皇の軍隊」であるはずの彼らがなぜ昭和天皇の非戦の意思をふみに じったのか、だ。

『暮しの手帖』の新編集長2020/03/29 08:03

 その『暮しの手帖』5号(spring 2020/4-5月号)だが、表紙のトップに「心 の垣根をなくしたら」とある。 4号(early spring 2020/2-3月号)の、そ れは「丁寧な暮らしではなくても」と、なっている。 それぞれ、「特集」のな かの「読み物」の一つのタイトルである。

 5号の編集後記「編集者の手帖」で、北川史織編集長が前号の「丁寧な暮ら しではなくても」に、思いがけなく多くの反響があった、と書いている。 そ の中に「今後、『暮しの手帖』では〈社会問題〉を扱っていきたいと思っている のでしょうか? もしかして、ジャーナリズム的な方向に行こうとしているの では、と不安になりました。(中略)かっこ付きの〈政治〉ではなく、ふつうの 人のふつうの暮らしへの想像力をかきたてる雑誌であってほしいと思います」 というのがあって、編集長が返答している。 〈社会問題〉については、すご く小さな声で、「ごめんなさい、社会のことは扱っているつもりなのですが、と てもそうは見えないわけですね」と。 「「かっこ付きの〈政治〉」というのは、 新聞で読めるような政治記事ということでしょうか。確かに私たちは新聞では ないのだから、たとえ「政治」を取り上げるにしても、楽しませたり面白がら せたり、あるいは心にしみ入るような記事にするとか、自分たちらしい工夫が 必要だと思うのです。いま、それができていないことを、私たちは恥じるべき なのでしょう。どうか、少しお時間をください。」と。 そして、「社会全体が よくならなければ、浮かばれない暮らしがあるんだ。そう思うのなら、私たち はやはり、「この社会を変えていこうよ」と声を上げなきゃあいけないと思うの です。自分自身の言葉で、腹の底から出す地声で。」と、書いている。

 あらためて、4号の「編集者の手帖」を読み直して、4号から北川史織さん が編集長になったことを知った。 4号から、何となく誌面が変わったように 思ったのは、それだったのだ。 いわゆる超就職氷河期に社会に出た43歳、 二年半ばかり副編集長を務め、結婚歴はなし、子どもはおらず、一人暮らしだ そうだ。 「どんな人にでも暮らしはある。」「一人ひとりが全然違う、別個の 存在です。その全然違う一人ひとりが『暮しの手帖』を読み、この不安の時代 に何らかの知恵やヒントを得たり、ある思いを胸に抱いてくれる。そんなふう に、一冊の雑誌を通してつながりあうって、やっぱり素敵なことだと思うんで す。」と、抱負を述べていた。 期待を持って、お手並みを拝見することにした い。

「高齢ナンパ」と『老人流』2020/03/28 06:48

 テレビで時々、アナウンサーなどが「お年寄」や「ご老人」と言わず、うっ かり「六十何歳のお婆さん」や「七十何歳のお爺さん」とやると、家内が画面 に向って怒っている。

 『暮しの手帖』5号(spring 2020/4-5月号)で面白かったのは、姫野カオ ルコさんのエッセイ「高齢ナンパ」だ。 「江戸川乱歩が大正14年に発表し た小説では、下宿の大家さんが「もう六十に近い老婆」と説明されている。松 田聖子や黒木瞳くらいなのに。」と始まる。 「手塚治虫が昭和47年に発表し た漫画では、食事シーンでいろりを囲む主人公(幼女)の祖母の腰が、床と平 行なくらいに曲がって描かれている。集落の長老婆かと思いきや、祖母「五十 一歳」と書かれている。叶姉妹より年下(のはず)なのに。」と続く。 姫野さ んの母方の伯母さんは、大正9年に生まれ、平成17年に半年ほど病んで85歳 で亡くなられたそうだが、それまではお元気で一人暮らしをしていた。 マリ・ クリスティーヌそっくりの、目鼻立ちのはっきりしたお顔で、社交的で陽気、 機転がきいた。 平成17年(つまり亡くなる年の)の正月、年賀の帰りにタ クシーに乗り、自宅の前で料金を払おうとすると、60代半ばらしきドライバー が、「お代はええさかい、どうやろ、これを機会にわしと交際してくれへんか、 同い年くらいやと思うねん。まずは茶飲み友だちからスタートせえへんか」と、 首をかきながら告白した。 伯母さんは、自分の年齢を打明けて断わったもの の、その出来事を姫野さんに話すときは、うれしそうだった、という。

 『三田評論』3月号に、村松友視(示偏に見)さんが自著『老人流』(河出書 房新社)の「執筆ノート」を書いている。 その本の特徴は、自らは“老人” の価値や境地には爪のかからぬ後期高齢者たるご自身からの、本物の老人たる 存在への羨望にみちたスタンスということになるだろう、という。 親戚に病 に臥せっている95歳になるオバアチャンがいて、見舞いに来た叔父たちに吐 いた、ひとセリフ。 モゴモゴと曖昧な言葉を残して帰ろうとする叔父たちを、 病床のオバアチャンが身を起こして呼び止め、「あたしゃ、あんたたちに一度き いてみたいことがあったんだがね……」と言って目をしばたたき、遺産のハナ シかな……と、ちらっとかすめた叔父たちの目をのぞきこみ、言い放った。 「あ んたたちにぜひきいておきたかったんだがね、あたしゃ、オジイサンだっけ。 オバアサンだっけ?」 叔父さんたちは、ついにここまで来たかと仰天し、落 ち込んで、早々にその場を辞したという。 だが村松さんは、オバアチャンは ただ笑わせたかっただけ、見舞い客の暗鬱な空気を一気に変えようとする、気 遣いにみちた“老人流”、95歳のユーモアあふるる必殺ワザだったのではない か、と考えている。

福沢索引2006年10月のブログ・福沢著作の検閲、『岩波茂雄への手紙』と苦難の時代[昔、書いた福沢244]2020/03/23 06:48

福沢著作の検閲<小人閑居日記 2006.10.10.>
 竹田行之さんの講演『小泉信三と岩波茂雄、小林勇』の中で、検閲の話題が
出た。 1936(昭和11)年7月18日、岩波文庫『文明論之概略』の皇室に関
する記事を問題にされ次版改訂処分。 1937(昭和12)年版から、いわゆる
「伏字もの」となった。 1941(昭和16)年慶應義塾は『福澤選集』を企画
するも第一回配本「経済論集」のみでおわる。 第二回の「教育論集」が事前
検閲で大幅な削除を求められたことによって、企画中止。 講演後の西川俊作
さんの質問の中で、1941(昭和16)年改造社文庫『福翁百話』を10か所削除
して出したことに富田正文が言及していることがわかった。 竹田さんは戦後
のGHQによる『福翁自伝』の検閲にもふれ、今後の研究課題だと述べた。
 福沢著作の検閲については、ずいぶん前の「等々力短信」で書いたことがあ
った。 第390号「言論の自由について」(1986.(昭和61)5.5.)、第392号
「『福翁自伝』削除、その後」(1986.5.25.)。(参照 : 言論の自由について〔昔、
書いた福沢25〕<小人閑居日記 2017.11.16.>、『福翁自伝』削除、その後〔昔、
書いた福沢27〕<小人閑居日記 2017.11.18.>)

 1936(昭和11)年『文明論之概略』の改訂については、丸山真男『『文明論
之概略』を読む』(中)(72~75頁)に書かれている。 建武の中興に関連して、
天皇の徳・不徳を論じた部分が問題にされたのだった。
戦後の『福翁自伝』の削除は、占領国を誹謗しているとされた箇所、薩英戦
争のところの「元来イギリスとロシアの間がらは犬とサル」が1950(昭和25)
年5月10日発行の昭和19年第二版第五刷本では、削除され、削除のあとが分
からないように、註をふやして、空白を埋めている。 これは私が疑わしいと
推定した箇所を、『『文明論之概略』を読む』のささいな誤植の件でつながりの
出来た、岩波書店の担当編集者伊藤修さん(今も「等々力短信」を読んで頂い
ている)が、当時、編集部、製作部にあった『福翁自伝』4種類の版に当って
確認してくれたのだった。

『岩波茂雄への手紙』と苦難の時代<小人閑居日記 2006.10.11.>
 2003年11月に『岩波茂雄への手紙』(岩波書店)という本が出て、編集に関
わられた伊藤修さんから頂戴して、「等々力短信」第935号で紹介したことが
あった。 この本巻末の「岩波茂雄宛書簡差出人一覧(個人)」の「小泉信三」
は、封書56通、葉書4通の計60通という多数に上っている。 収録されてい
るのは、それぞれの人が一通だから、1936(昭和11)年6月16日付、この時
刊行が開始された『新輯定版 鴎外全集』を手にしての手紙である。 鴎外漱石
「此両文豪と時代を同じうして生れたることを喜ぶ念は昨今に至つて愈々切な
るを加へ候折柄此両巨匠の全集が相並んで貴兄の手に依て刊行せらるゝを見て
衷心感喜に堪へざるものに候」とある。
竹田行之さんの講演で、戦中戦後、関係者が受けた苦難の中に、小林勇の逮
捕投獄の話も出たが、上に書いた「等々力短信」「『岩波茂雄への手紙』」で岩波
書店とその執筆者である学者や文化人の苦難の時代についてふれていたので、
その全文を別に掲げることにする。

『岩波茂雄への手紙』<等々力短信 第935号 2004.1.25.>
 岩波書店主のデスクに座り、来信を読んで、寄せられた難問や企画に、あな
たならどう対処するだろうか。 『岩波茂雄への手紙』(岩波書店)は素晴しい
本だ。 創業九十年記念に社員などの関係者向けにつくったのが「面白い」と
評判で、市販されたのだと聞く。 岩波書店編集部の編集、飯田泰三さんの監
修である。 飯田さんは『福澤諭吉書簡集』の編集委員のお一人で、10月松崎
欣一さんと一緒に講師を務められた、当の岩波セミナールームでの「福澤書簡
を読む」読書会で、お話を聴いたばかりだった。
 『岩波茂雄への手紙』でまず感じるのは、岩波茂雄にはよい友達がたくさん
いたということである。 32歳の茂雄が古本屋として創業した1913(大正2)
年、夏目漱石のところへ看板の字を書いてもらいに行ったとき、同行してもら
ったのは一高以来の親友安倍能成だった。 翌年の処女出版物が漱石の『こゝ
ろ』、ついで『道草』『硝子戸の中』『明暗』を出し、没後の『漱石全集』で岩波
書店は出版社として確立する。 『全集』の編者に名を連ねた漱石門下の阿部
次郎、安倍能成、小宮豊隆、鈴木三重吉、寺田寅彦、野上豊一郎、松根東洋城、
森田草平らは、その後の「岩波文化」形成に多大の役割を果たした。 初期岩
波書店のもう一つの柱だった「哲学叢書」の刊行も、阿部次郎、安倍能成、上
野直昭という茂雄の一高以来の親友たちが編集し、執筆陣も明治末年に東京帝
大哲学科(茂雄はその選科)を卒業した新進学徒たちであった。
1928(昭和3)年頃から、岩波書店とその執筆者である学者や文化人が、苦
難の時代を迎える。 茂雄あてのそれぞれの手紙の前に、差出人の略歴が付け
られている。 それを見ると、主に治安維持法によって逮捕、投獄されている
のは、河上肇、久保栄、柳瀬正夢、吉野源三郎、中野重治、久野収、玉井潤次、
大塚金之助、小林勇、羽仁五郎、大内兵衛、三木清(獄死)。 辞職を余儀なく
されているのが、恒藤恭、美濃部達吉、末川博、矢内原忠雄。 刊行停止や発
禁にされたのが、天野貞祐、津田左右吉。 ごく普通の学者や文化人が弾圧の
苦難に遭う、それらの手紙を読んで、言論出版の自由の有難さ、貴重さを感じ、
何としてもそれを守らなければいけないと思わずにはいられない。 飯田さん
の解説に、1936(昭和11)年7月、岩波文庫の福沢諭吉『文明論之概略』で
さえ、皇室に関する不敬な記述があるとして、次版改訂処分を受けたことが見
える。 この削除については、昔短信(390号)に書いたことがあった。(上記)