柳沢吉保と五代将軍綱吉2018/10/12 07:10

 川口祥子さんのお話は、柳沢吉保と五代将軍綱吉のことになる。  柳沢吉保の出世ぶりが半端でない。 柳沢吉保は、万治元(1658)年に生れ たが、甲斐源氏武田氏一門一条氏の末裔と称していて、武田滅亡後祖父信俊が 家康に仕えたとする。 父安忠は館林藩士で、吉保は7歳で藩主綱吉に初お目 見えした。 18歳で家督相続、保明となる、小姓組(530石)。 延宝8(1680) 年・23歳、綱吉が五代将軍就任に従い、幕臣となり御小納戸役。 25歳、従 六位下(830石に加増)。綱吉の「学問(儒学)の直弟子」となる。 26歳、 1030石に加増。 28歳、従五位下、出羽守に。小納戸上席。 元禄元(1688) 年・31歳、加増、12030石(大名になる)、側用人となる(若年寄上座の席)。  33歳、従四位下、32030石に加増。 34歳、常盤橋内に上屋敷拝領。 35歳、 62030石に加増。 37歳、72030石に加増、川越城主、侍従、老中格に。 40 歳、92030石に加増。 41歳、左近衛権少将、老中首席、大老格。 元禄14 (1701)年・44歳、柳沢父子に松平姓と「吉」字を許可、吉保・吉里となる。  45歳、112030石に加増。 47歳、151200石に加増、甲斐甲府城主に。 48 歳、甲斐一国の国主に(実質22万石)。 宝永6(1709)年・52歳、1月綱吉 死去、5月家宣将軍に、6月吉保隠退し吉里家督相続、吉保六義園に隠棲。 正 徳4(1714)年・57歳、死去。 ところで、30石という半端がついているの は、なぜなのか、チコちゃんならぬ、祥子さんに訊き洩らした。

 柳沢吉保の人物像。 (1)霊元上皇に和歌の指導を受ける→皇室とのパイ プ、側室正親町町子の存在も大。 (2)かなり有能な人物。 川越城主時代 に三富開発(埼玉が誇る農地)。 甲府城主(父子2代)城下整備・物流活性 化による繁栄。

 綱吉について。 (1)学問大好き。 武断政治から文治政治へ。 その理念 は儒学で、忠孝を重視した。 自ら講義し、死・血の穢れ・不浄に対して極度 に潔癖→服忌令(ぶっきれい。子供の喪にも服す)・生類憐令・浅野内匠頭即日 切腹。 皇室への敬意→大嘗会(天皇即位の日に行われる節会)・葵祭の復活。  古墳、古陵墓の保存。 寺社造営・改修、106件700万両(推定)(現在の7千 億円、人件費を入れると2兆円)。

 (2)独裁政治。 老中(家柄)の合議制から側用人(能力・信頼)を通して の親政。 大名の改易・減封処分46家(全体の2割程度・吉宗でも12家)、代 官は51/60罷免、旗本100/5000。

 (3)財政改革。 大名領地の検地→幕府直轄領。 旗本の人件費削減。 勘 定奉行荻原重秀の貨幣改鋳。 各種課税(酒税を始めた)。

 (4)悪政。 生類憐令(犬の他に、捨子・捨牛馬・鳥・鷹・鉄砲も)…犬屋 敷などの費用は町内負担なので評判悪かった。鷹狩の鷹も、鷹の餌の犬も、猟 犬も放した→町内犬だらけ。 莫大な財政支出(行事や建築工事)。

 現代への「遺産」。 (1)犬を食べなくなったこと。 日本も犬食文化で、 犬鍋などは当り前だったのが、「生類憐令」の徹底で、表面的には嫌悪感。  (2)各地の社寺等文化遺産の改修→観光資源。(淀・秀頼母子も同様)

「古今伝授」北村季吟→柳沢吉保、「六義園」2018/10/11 07:12

 川口祥子さんの「柳沢吉保と六義園」のお話で、私が全く無知だったもう一 つは「古今伝授(こきんでんじゅ)」というものだった。 これも『広辞苑』を 引いてみる。 「古今和歌集の語句の解釈に関する秘説などを特定の人に伝授 すること。三木・三鳥が中心で、切紙伝授を生じた。東常縁(とうのつねより) に起こり、宗祇に伝わる。」とある。 三木(さんぼく)は、通例「をがたまの き」「めどにけづりばな」「かはなぐさ」とする。 三鳥(さんちょう)は、「よ ぶこどり」「ももちどり」(または「みやこどり」)「いなおおせどり」。 切紙伝 授(きりかみでんじゅ)は、奥義とする秘説を切り紙に記して伝授する形式。

 川口祥子さんは、「古今伝授」(ちょっとした秘密、口伝)を和歌正統の流れ として、定家→為家…→宗祇(連歌の第一人者)…→細川幽斎(武将。石田三 成が幽斎の城を取り囲んだ時、天皇が動き「古今伝授」を助けた)→松永貞徳 (俳諧の先祖)→北村季吟→柳沢吉保(元禄13年)とした。 宮中系から、貞 徳以後は学者系へ。 柳沢吉保は六義園を造園したが、元禄8年に土地を拝領 し、15年に完成させた。 北村季吟は、六義園設計のブレーンか、と川口さん は考える。

 「新(にい)玉津嶋神社」。 これより先、文治2(1186)年俊成が自邸内に、 勅旨で、玉津嶋明神を勧請(和歌のプロ化)。 その後、焼失・再建を繰り返し、 冷泉家により再興。 京都下京区、烏丸通松原西入るにあり、玉津嶋町の名が 残る。 俊成町に、俊成社もあるが、可哀そうにビルの一角になっている。 天 和・元禄年間、北村季吟が神官として勤める。 元禄2(1689)年、北村季吟 が66歳で幕府歌学方になったのが、柳沢吉保(32歳)との出会い。 北村季 吟は、和歌・古典研究の大家、そのおかげで『源氏物語』が、従来の面倒な(お 金を出して借り、期間も短い)写本ではなく、お金を出せば買える印刷本とな り、字の読める大衆に広まった、頭注を初めて付けた。 

 「六義園」は、柳沢吉保が元禄8(1695)年にこの地(旧前田邸。加賀百万 石は各地に土地を持っていたが、莫大な維持費がかかった)を拝領、9(1696) 年、千川上水の水を引き入れて(他に小石川御殿(綱吉の御殿、今の植物園)、 湯島聖堂、寛永寺、浅草寺(1700年代、寛永寺に乗っ取られた、明治維新で独 立)などに給水)、「和歌浦」を模して造園した。 この水が無ければ、園内に 「和歌浦」は造れない。 それが可能だったのは、将軍綱吉と柳沢吉保の一心 同体と言ってもよい関係があったからだ。 15(1702)年完成、将軍綱吉の一 人娘・鶴姫、八重姫、寛永寺公弁法親王など、多くの貴人が訪れた記載が『松 蔭日記』にある。

和歌浦、和歌三神、そして和歌山の地名の由来2018/10/10 07:15

 前置きが膨大になった。 川口祥子さんの「柳沢吉保と六義園」である。 お話は「和歌浦(わかのうら)」から始まった。 (私も行ったことがあり、『広 辞苑』を見ると「紀伊国の歌枕。今の和歌山市南西部の湾岸一帯の地。古来の 景勝地。玉津島がある。若の浦。明光浦(あかのうら)。」とある。)

 聖武天皇は、神亀(じんき)元(724)年、紀伊国に行幸、玉津嶋に10数日 滞在した。 弱浜(わかはま)→明光浦。 10月なので避寒の目的も? 「宮 廷歌人」山部赤人のこの時の歌が、<若の浦に潮満ち来れば潟を無み葦辺をさ して鶴(たづ)鳴き渡る>。 この鶴は、ユリカモメらしい。 これ以降も行 幸あり。 この地で名歌が詠まれ、弱浜=若の浦→和歌の浦と記録に出るよう になる。 「潟を無み」→「片男波」、大相撲の片男波部屋、横綱になった玉乃 島(玉の海)、今の玉鷲。

玉津嶋神社の祭神、衣通姫(そとおりひめ。物凄い美人で肉体美が衣の外ま でヒラヒラする。)は、「和歌三神」(住吉明神・柿本人麻呂と)として崇敬され ていく、特に俊成・定家(冷泉家は子孫)の派で。 私は、「鼓ヶ滝」という落 語で「和歌三神」を住吉明神・玉津嶋神・柿本人麻呂と聞いてはいたが、衣通 姫・柿本人麻呂・山部赤人のセットを知らず、まして衣通姫が物凄い美人とは 全く知らなかった。 玉津嶋神=衣通姫だから、前のセットの住吉明神と、後 のセットの山部赤人だけが入れ替わることになるか。

 和歌浦は、平安以降、貴族たちの憧れの地となる。 熊野・高野山への途中 であり、熊野・高野山まで行けない人には目的地となった。 和歌の聖地だし、 避寒のリゾート地だということで。 しかし、やがて貧しくなった貴族たちは、 行けなくなる。 行幸も衰退。 和歌浦の暗黒時代。

 天正13(1585)年3月、秀吉の雑賀(さいが)(本願寺門徒)攻め。 弟の 秀長が和歌浦の北の岡山に築城する。 岡山→若山→和歌山となる。 秀吉が 古代からの名勝地「和歌浦」から、その城を「和歌山城」と命名したのが、和 歌山の地名の由来なのだそうだ。

 ぜんぜん知らなかった。 例のチコちゃんに、「ボーっと生きてんじゃねー よ!」と叱られそうだ。 もっとも私は、ボーっと生きてきて77年、ボーっ と生きてきたことについては、かなり自信があるけれど。

『折々のことば』と閑居日記・短信2018/09/25 07:08

 鷲田清一さんの『折々のことば』だが、切り抜いた中には、最近、この<小 人閑居日記>や「等々力短信」に書いたものに関連した、こんなものもあった。 

○9月7日からの<小人閑居日記>、末盛千枝子さんの『波』連載「根っこと 翼・皇后美智子さまに見る喜びの源」。

 1211「読書は、人生の全てが、決して単純でないことを教えてくれました。 私たちは、複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。  皇后 美智子さま『橋をかける』から」

○三田完著『歌は季につれ』<等々力短信 第1045号 2013.3.25.>

 618「上野発の夜行列車 おりたときから 青森駅は雪の中  (六・六の 「弾けた調子」の後に七・七・五) 三木たかし・曲(先) 阿久悠・詞(後)  石川さゆり「津軽海峡・冬景色」」

○乙川優三郎著『脊梁山脈』<等々力短信 第1056号 2014.2.25.>

 532「味わいすぎた哀しみに寄り添ってくれる実直な人より、険しい未来へ 押し出してくれる人がよいということだろうか。  乙川優三郎 『脊梁山脈』 から」

○『下山の時代を生きる』<等々力短信 第1108号 2018.6.25.>

 1149「技術ってやつも坂道と同じに上るだけではなしに、下ることもできな くては   装幀家 菊地信義」

○落語研究会・第600回 満50年<等々力短信 第1109号 2018.7.25.>

 1170「「なんでもいい」。でも、「どうでもよくは、ないんだよ」  五街道 雲助」

○犬養毅、「話せばわかる」時代だったか<等々力短信 第1110号 2018.8.25.>

 1206「家事は、あなたと家族が快適に暮らしていくための手段であって、け っしてあなたの生涯の目的ではないのです   評論家 犬養智子『家事秘訣 集』から」

 犬養智子さんは、犬養道子さんが五・一五事件の折、犬養毅首相が母と弟か ら意図的に離れようとしたという、その弟・康彦さん(後の共同通信社長)の 妻。 旧姓は波多野、祖父の波多野承五郎(1858-1929)は福沢門下生、東京 府会議員、天津総領事、外務省書記官、『朝野新聞』社長兼主筆、三井銀行本店 支配人、理事、千代田生命保険会社創立発起人、衆議院議員などを務めた。

「爪紅」とは鳳仙花(「“花”をひろう」)2018/09/23 07:54

 高橋睦郎さんの「“花”をひろう」、「彼岸花」の前の週は「爪紅(つまぐれ)」 で、ここにも北原白秋の第二詩集『思ひ出』が出てくる。 北原白秋の第一詩 集は明治42年24歳で世に問うた『邪宗門』だけれど、言葉の魔術師としての 白秋の本領は、むしろ2年後26歳時刊行の第二詩集『思ひ出』だという。

 『思ひ出』には、洎芙藍(さふらん)、薊(あざみ)、鶏頭、椎(しい)の花、 水ヒヤシンス、石竹、白粉花、椿、たんぽぽ、沈丁花、かきつばた、牡丹…… など、さまざまな花が登場するが、中に二度出てくるものに「爪紅」があると いう。 その一つ、題名もズバリ「爪紅」の四行詩。

 いさかひしたるその日より

 爪紅の花さきにけり、

 TINKA ONGOの指さきに

 さびしと夏のにじむべく。

 「TINKA ONGO」は、「小さき令嬢。柳河語。」とあるそうだ。 つまぐれ、 つまぐれない、紅色の花弁をとって揉んで爪の上に乗せ、繃帯などで縛って半 日も置くと、爪に花弁の色が滲み着いて、爪が伸び切るまではそのままなこと から言い慣わした俗称で、正式名称は鳳仙花(ほうせんか)。

 楕円形の果実は五室に分かれていて、熟すると表皮が縦に割れて巻き縮み、 種子を勢いよく弾き出す。 その種子が翌年芽を出すので、播かないのに増え る。 魚骨がのどに刺さった時、この種子を数粒飲めば抜けるから、「骨抜き」 という別名があるそうだが、私は、これを知らなかった。

降り足らぬ砂地の雨や鳳仙花     杉田久女

かそけくも喉鳴る妹よ鳳仙花     富田木歩

鳳仙花いまをはぜよとかがみよる   太田鴻村