イギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたこと2021/02/28 08:10

  イギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたこと<小人閑居日記 2006.5.6.>

 吉村昭さんの『生麦事件』を読んだ時、薩英戦争でイギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたことが、ニューヨーク・タイムズやイギリス議会で問題になったことも、<小人閑居日記 2003.4.29.>「鹿児島の火災」問題に書いていた。 3月25日の福澤諭吉協会土曜セミナーで、松沢弘陽さんの話を聴きながら、問題になったことは知っていたが、それを『福翁自伝』にある「ある社中の英国人が議院に建言した草稿」と結びつけなかったことを、反省した。 たとえ結びつけても、George Crawshayまでは達しなかっただろうが…。

 「鹿児島の火災」問題<小人閑居日記 2003.4.29.>では、次のように書いていた。

薩英戦争でイギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたことが問題になった。 ニューヨーク・タイムズは「イギリスの残忍な行為」という社説を掲げて、町を砲撃して炎上させたのは、なんの罪もない市民の生活を奪ったことは残虐で非人道的行為だと指摘したという。 今度のイラク戦争の空爆で、しばしば一般市民の被害が問題になり、先の大戦の空襲(4歳の私も経験した)や広島・長崎への原爆はどうだったのかと、考えていたところだったので、興味深かった。

 吉村昭さんの『生麦事件』に、パーシウス号が城下町の上町に近づき、火箭(かせん)をしきりに放って、その一弾が上町向築地海岸の硫黄商薬師忠兵衛の土蔵に当って、数千俵の硫黄に引火し、強風にあおられて大火になったとある。 この「火箭」だが、皆村武一さんの『『ザ・タイムズ』にみる幕末維新』(中公新書)に「ロケット弾」とあった。 皆村さんの新書には、1864年2月10日付『ザ・タイムズ』から、この「鹿児島の火災」問題がイギリス下院議会で論議された経過がくわしく書かれている。 結論をいえば、ブックストン議員の動議にもとづいて、政府は鹿児島の町を焼いたことに対して遺憾の意を表明すること、イギリスが鹿児島で行なった攻撃(戦争)は文明国間で戦争に際して通常守らなければならない義務と政策に違反するものであること、攻撃を指揮したクーパー提督に個人的に責任があることが、採択されたという。 吉村昭さんの『生麦事件』では「バクストン」の動議は否決された、と結論が逆になっている。 皆村新書では否決されたのは、ロングフィールドの修正案だから、ブックストンの動議が採択された、となっている。

米空軍謀略ビラの福沢諭吉<等々力短信 第1140号 2021(令和3).2.25.>2021/02/25 07:07

 永井荷風が戦中戦後にわたって書き継いだ小説「問はず語り」を筆頭に、 戦争直後の世相、戦禍を生き抜き、新たな生活を始めた人々を描いた、短編 小説や随筆を収録した岩波文庫『問はず語り・吾妻橋 他十六篇』を読んだ。

 戦死したと思われていた兄が復員し、弟と結婚していた兄嫁がどうしたか の「噂ばなし」や、「買出し」の話もある。 敗戦4か月後の随想「冬日の窓」 には深く感じる所があり、永井荷風が、私の子供の頃に新聞報道などで感じ ていた、ただの「スケベ爺ィ」ではなかったことを知った。

 改めて永井荷風の日記『断腸亭日乗』で、その頃を見ていたら、昭和20年7 月31日に「見聞録」として、大阪市中で拾われたアメリカ軍のビラの文が写 してある。 「日本の偉人よ何処(いずこ)にありや。日本は自由の何たるか を理解した人々に依って強大を致したのである。「国家の独立はその国民の独立 より」と喝破した福沢諭吉氏、その著書「思想と人格」において自由の定義を 下した深作安文博士、多年議会政治の闘士として令名を馳せた尾崎行雄氏、刺 客に襲われた時「板垣死すとも自由は死せず」と絶叫した板垣退助氏。この人 たちによって昔の日本には「自由の国家のみがその強大を致し得る」という事 実がよく理解されていた。昭和十一年に尾崎行雄氏が「世界の趨勢に逆行し軍 国主義の旧弊を固守し、あたかもそれが国に最も忠なる所以(ゆえん)である が如く考えることは、決して国に忠でもなく又自らを愛する所以でもない」と 叫び得たのが、恐らく最後であろう。軍閥がその発言の自由を拘束し荒木の如 き人間が日本を軍事的敗北に導いたのである。現在の事態は日本を破滅に導い た軍部指導者の採った理論が誤謬であって尾崎氏の如き人々が正当であった事 を立派に証明している。言論の自由と自由主義政府とを再び確立することが日 本の将来を保証し得る唯一の道である。」

 西川俊作先生の『福沢諭吉の横顔』(慶應義塾大学出版局・1998年)に「米 軍伝単―自由主義のすすめ」の章がある。 本土空襲もたけなわの昭和20年2 月半ばからアメリカ軍は、日本国民の心理攪乱、戦意阻喪を目的とした謀略伝 単(宣伝ビラ)を全国各地の上空から多種大量に散布した。 このビラの写真 版を見ると、表側に福沢、裏側に尾崎行雄の肖像がある。 撒かれた場所は、 警視庁の記録では葛飾(6月15日)、立川、板橋、麹町、丸の内、築地、坂本 の各署管内となっている。 私の知らなかった「深作安文」を、西川先生も調 べている。 『学問のすゝめ』第三編の「一身独立して一国独立する事」によ るこの文面のほか、初編冒頭の「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」 を引用した天賦人権論ビラもあったらしい。 子供の頃、NHKラジオ「人権 の時間」は、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」で始まった。

日本海海戦の大勝利の真因2021/02/20 07:01

 バルチック艦隊が、明治38(1905)年5月18日に、仏印のヴァン・フォンを出港したという情報が伝えられてから、艦隊が対馬海峡か、あるいは北の津軽海峡か宗谷海峡から来るかという問題は、待ち構える海軍連合艦隊ばかりでなく、国民的話題であって、夏目漱石も連載中の『吾輩は猫である』で、猫に「鼠の奴がどこから来るか、戸棚の後ろか、流しの下か、縁の下か、三つのコースのどれか選ぶのが難しい。東郷さんの苦労がしのばれる」と言わせている。

 秋山真之連合艦隊兼第一艦隊参謀以下は、22日か23日に対馬海峡から来ると確信していた。 25日までに姿を見せなければ、北に回ったと考えられ、艦隊の各艦艇には、25日午後3時に開封する密封命令が届けられていた。 密封命令には、「敵は北海に迂回したと推断、北海道の渡島大島へ移動せんとす」とあった。

 第二艦隊参謀長の藤井較一大佐は、秋山参謀以下の北海移動方針に反対で、24日旗艦三笠に単身乗り込んで、反対を力説し、大議論となった。 藤井と兵学校七期同期の加藤友三郎参謀長がとりなし、25日午前9時に連合艦隊の全幹部を旗艦に集めて会議を開き、改めて藤井の意見を聞いて、協議することにした。 会議に風雨荒波の中一番遠方から最後に来た島村速雄少将第二艦隊第二戦隊司令官が、加藤少将の「敵はどこへ行く?」という問いかけに、「どこって、対馬海峡よ」という。 島村も兵学校七期の同期だった。 東郷平八郎大将は、島村と藤井の二人を司令長官室に呼び、静かなところで意見を聞いた。 そして、密封命令の開封を一日延期、26日午後3時の開封とした。

 26日朝、日英同盟のあった上海のイギリスの武官から大本営に、ロシアの石炭船、食糧運搬船が入港したという情報がもたらされて、バルチック艦隊は東シナ海にいることが判明した。 連合艦隊は「密封命令を直ちに廃棄せよ」という命令を全軍に出す。 27日朝、午前2時に、最前線にいた信濃丸から「敵艦見ゆ」の電報が届く。 27日、28日の二日間、日本海海戦となり、大勝利を得ることになる。    (つづく)

江戸三百年と、その三分の一、共にアメリカに負ける2021/02/18 08:03

 われわれの生活は俄(にわか)に亜米利加人のそれと密接な関係を生ずるようになった。 それは今後二十幾年続くべき筈だという。 戦争前銀座丸の内あたりの光景は、或人の眼には、既に著しく米国風に化せられていた。 今後世態人情の転化し行く処の何であるかは、火を見るよりも明(あきらか)であろう。 しかし世運は常住するものではない。 物極まれば必(かならず)変転するのは自然の法則である。 われわれの子孫が再び古き日本を追想すべき時も来ずには居まい。 回顧の資料は書籍に優るものはない。 われわれは現在において既に民族文化の宝物たるべき書物の大半を失った。 将来これを得ることは至難であるかも知れない。 けれど難事は難事であるが故に、心あるものには却て一層の精力を奮起させる基(もとい)になるであろう。 奇を猟り稀を求めんとする欲望は生命の力のあるかぎり人の心より消え尽すものではない。 われわれが江戸の文物を追慕したように、われわれの子孫もまた彼等には最も近かった現代を回顧せずにはいないだろう。 半世紀のむかしとなった明治の世を語るのも、また戦敗の今日を記録に留めるのも、われわれ現代人の為すべき任務の一つでない事はあるまい。

 江戸三百年の事業は崩壊した。 そして浮浪の士と辺陬(へんすう・国のかたいなか)の書生に名と富と権力とを与えた。 彼等の作った国家と社会とは百年を保たずして滅びた。 徳川氏の治世より短きこと三分の一に過ぎない。 徳川氏の世を覆したものは米利堅(メリケン)の黒船であった。 浪士をして華族とならしめた新日本の軍国は北米合衆国の飛行機に粉砕されてしまった。 儒教を基礎となした江戸時代の文化は滅びた後まで国民の木鐸となった。 薩長浪士の構成した新国家は我々に何を残していったろう。 まさか闇相場と豹変主義のみでもないだろう。

西行、芭蕉、モーパッサンの寂寞と詩興2021/02/17 06:46

 爆弾は荷風の家と蔵書を焼いた。 父母のみならず、祖父の手にした書巻と、自分が西洋から携え帰ったものがあった。 今、辞書の一冊も持たない身となった。 文筆生活の前途を望見する時、すこぶる途法に暮れながら、西行と芭蕉の事を思い浮かべる。 この二人の詩人が、いずれも家を捨て、放浪の生涯に身を終ったことに心づいたからである。 家がなければ平生詩作の参考に供すべき書巻を持っていよう筈がない。 さびしき二人の作品は座右の書物から興会(きょうかい・興味の集まる所)を得たものではなく、直接道途の観察と羇旅(きりょ)の哀愁から得たものである。

 一人は宮中護衛の職務と妻子を捨て、他の一人もまた同じように祖先伝来の家禄を顧みず、共に放浪の自由にあこがれ、別離の哀愁に人の運命を悲しんだ。 いずれにしても希望の声を世に伝えたものではない。

 しかるに一時栄えた昭和の軍人政府は日蓮宗の経文の或辞句をさえ抹消させながら、世に山家集と七部集の存することを忘れて問わなかった。 徳川幕府の有司は京伝を罰し、種彦春水の罪を糾弾したが、西行と芭蕉の書の汎(あまね)く世に行なわれている事には更に注意するところがなかった。 酷吏の眼光はサーチライトの如く鋭くなかったのだ。

 西行は鎌倉幕府の将軍に謁見を許され銀製の猫を賜わるの光栄に浴したが、用なきものとしてこれを道に遊ぶ児童に与えて去った。 今の世の学者詩人にして政府の与るものを無用として道に捨てたなら、恐らく身の安全を保つことは出来まい。 鎌倉時代は武断の世であっても今に比すればなお余裕があった。

 芭蕉の声を聞いてその門に集ったものの中には武士も少なくなかった。 彼らは屡(しばしば)夜を徹して無用なる文字の遊戯に耽ったが、人の子を賊(そこ)なうものとしてその会合は禁止せられず時勢と共に益(ますます)盛(さかん)になった。 中央公論社や改造社の運命よりも遥に安全だった。

 芭蕉が旅の目的は寂寞であって、これなくしては自然の美も詩興を呼ぶに足りなかったように思われる。 寂寞と詩興とは一致して離すべからざるものであったらしい。 仏蘭西の人モーパッサンも寂寞を追及して止む能わざる病的の性癖があった。

 芭蕉とモーパッサンとは時代と民族を異にしていながら、何が故にその求むるところに変りがなかったのであろう。 二人とも人生の浮誉名声に安んじ得なかった為だと思う。 浮誉名声は人間相互の関係から、人の行動と心情とを拘束する嫌いを生じる。 ここにおいて心の自由と境地の寂寞とはまた一致して分かちがたいものとなる。 人生の真相は寂寞の底に沈んで初めてこれを見るのであろう。   (つづく)