筋のある小説2018/07/19 07:09

       等々力短信 第388号 1986(昭和61)年4月15日

                  筋のある小説

 少し前に、子供のお供で見た『グーニーズ』という映画が、とても面白かっ た。 この映画の製作者たちが、子供のころ、『宝島』やマーク・トウェインの 『トムソーヤーの冒険』に、夢中になったことは、間違いない。 『宝島』や 『誘拐(キッドナップト)』、『マアスタア・オブ・バラントレエ』の作者、ロバ アト・ルウイス・スティヴンスンは、根っからのストーリーテラーであった。  子供のころから、その辺の森や川や水車を見ても、それにふさわしい事件を、 頭の中に組み立てて、遊んだという。

 作家のなかで、物語を語ることを得意とする人々は、通俗的な作家として扱 われて、自己告白、あるいは性格や心理を描くことを中心にした近代小説の主 流からは、一段低いものと、みなされるもののようである。 『光と風と夢』 で、スティヴンスンの日記をかりて、自身の文学論を語った中島敦も、私小説 がその主流で、自己告白を競いあうような日本の文壇には珍しい、伝奇的な物 語を書いた作家だった。 二人は、通俗的と批判されていることを、承知もし、 苦悩もしながら、あえて物語作家の道を歩いた。

 中島敦は、スティヴンスンに、こう言わせている。 「私は、小説が書物の 中で最上(あるいは最強)のものであることを疑わない。読者にのりうつり、 その魂を奪い、その血となり肉と化して完全に吸収され尽すのは、小説の他に ない。他の書物にあっては、何かしら燃焼しきれずに残るものがある。」 「俺 がくだらない文学者だと? 思想が薄っぺらだの、哲学がないのと、言いたい 奴は勝手に言うがいい。要するに、文学は技術だ。概念でもって俺を軽蔑する 奴も、実際に俺の作品を読んで見れば、文句なしに魅せられるに決ってるんだ。 俺は俺の作品の愛読者だ。」

 夏目漱石は「予の愛読書」という文章に、「西洋ではスチヴンスンの文が一番 好きだ。力があって、簡潔で、クドクドしい處がない、女々しい處がない。ス チヴンスンの文を読むとハキハキしていてよい心持だ。話も余り長いのがなく、 先ず短篇というてよい。句も短い。殊に晩年の作がよいと思ふ。Master of Ballantraeなどは文章が実に面白い。」と、明らかに、スティヴンスンの文体 で、書いている。 『彼岸過迄』では、スティヴンスンを、「辻待の馬車を見て さへ、其所に一種のロマンス(人殺しや美女の逃避行のような)を見出す人」 と言い、物語作家の本質を突いた。

「物語作家酋長(ル・アリイ・ツシタラ)」2018/07/18 07:08

 10日に「南洋」を書いて思い出したのは、『山月記』『李陵』『光と風と夢』 『南島譚』の作家・中島敦のことだ。 昭和16(1941)年、南洋庁の教科書 編集書記としてパラオへ赴任した。 昔、「等々力短信」に「物語作家酋長(ル・ アリイ・ツシタラ)」というのを書いていた。

       等々力短信 第387号 1986(昭和61)年4月5日

           物語作家酋長(ル・アリイ・ツシタラ)

 『宝島』や『ジキル博士とハイド氏』の作者、ロバアト・ルウイス・スティ ヴンスンは1850年、スコットランドのエディンバラで、曾祖父の代から灯台 技師として名高い科学者の家に生まれた。 病弱に育った青年は、文学を志望 し、この高貴な古都と、そこに住む宗教的な人々を、激しく嫌悪するようにな る。 通い慣れた教会の代わりに、下町の酒場に通い出して、父親と衝突した。 27歳の時、フォンテンブロオの森で、アメリカ人ファニイ・オスボーンに会う。  ファニイは当時、戸籍上はオスボーン夫人であったが、久しく夫からのがれて、 欧州で雑誌記者をしながら、二人の子をかかえて自活していた。

 3年後、カリフォルニアに帰っていたファニイの後を追って、スティヴンス ンは大西洋を渡る。 父親からは勘当同然、最悪の健康状態と、最悪の経済状 態での出発であった。 どうにか生き延びた彼は、翌年ファニイの離婚成立を 待って、ようやく結婚する。 時にファニイは、スティヴンスンより11歳年 上の、42歳であった。

 『宝島』出版の翌1884年、南仏で喀血、南英の保養地ボーンマスで3年を 過ごした後、健康によい場所を求めて、アメリカのコロラドや、1888年からは スクーナーで、南洋のマルケサス、パウモツ、タヒティ、ハワイ、ギルバアト などの島々をめぐり、1890年サモアのウポル島、アピア市近郊のヴァイリマ(五 つの川の意)に、定住の地を見つける。

 中島敦が、昭和17年に発表した小説『光と風と夢』は、ヴァイリマでのス ティヴンスンの日記という形式で書かれた、スティヴンスン伝である。(この稿 は、カナ表記も含めて『光と風と夢』によった。) 1890年は、明治23年だ が、この南太平洋の島サモアも、幕末日本と同じように、18世紀末から欧米列 強の宗教的、経済的、攻勢にさらされてきた。 スティヴンスンは、英、米、 独共同統治下のサモアで、白人の暴政に立腹する。 白人に操られたサモア人 同士の、内乱の回避に奔走するが、失敗。 投獄中の厚意に謝するため、反乱 派の酋長たちは、公道とスティヴンスンの家を結ぶ(サモア人の一番嫌いな) 道路工事を申し出、完成させる。 島民たちに物語作家酋長として親しまれた ロバアト・ルウイス・スティヴンスンは、1894年、サモアで死んだ。 「自分 の一生をもって、自己の作品中最大のロマンスたらしめようとして」、ある程度 成功して……。

澤木四方吉を悼み父親が寄進した寺2018/05/26 07:08

 海蔵山大龍寺、見晴らしのよい山の上にある、立派なお寺である。 下の狭 い道への入口で待っていた、先代ご住職ご手配の旅館のマイクロバスに乗り換 えて、お寺まで登る。 折から強くなった、雨と風、気温も急に低くなって寒 い。 まことに絶妙のご手配で、助かった。 先代のご住職が案内をして下さ る。 ここは開山以来、三度目の場所なのだそうだ。 およそ830年前に天台 宗寺院として開山され、男鹿半島「女川」に居していた安倍寂蔵が菩提寺とし ていた真言宗の時代を経て、台厳俊鏡という禅僧を請し曹洞宗の禅宗寺院とし て再興、尾名川氏の菩提寺であった。 天正5(1577)年に脇本城主、安東安 倍愛季が尾名川氏を滅ぼし、この寺を脇本城下に移して、安東家の祈願寺、龍 神信仰により武運長久・繁栄を祈る寺とした。 以来、350年余は「脇本」に あったが、時代が移り変わり、徐々に荒廃していった。

 その寺の様子を案じた、一檀家である資産家、つまり澤木四方吉の父・晨吉 が、昭和5(1930)年に亡くなった四方吉の死を悼み、その冥福を祈るため、 自分の所有する広大な庭園付きの夏の別荘を、菩提寺の伽藍とするために寄進 したのだ。 大正4(1915)年に、この別荘を訪れた井上円了(昨年の史蹟見 学会で訪ねた東洋大学の創立者。東洋大学・井上円了と慶應義塾・福沢諭吉< 小人閑居日記 2017.4.30.>井上円了と石黒忠悳、福沢を冷やす氷<小人閑居 日記 2017.5.1.>参照)は、「楽水亭」と命名したそうだ。 寺の移転に、檀 家の賛否は、半々だったという。 澤木晨吉は、本堂を建立し、昭和7(1932) 年に現在地に移転した。

 正面から入って、本堂を拝して、左奥を覗くと、実に奥が深い。 大きな寺 だということがわかった。 その奥が祠堂殿という壮大な建物で、正面の仏壇 に澤木四方吉の位牌が飾られていた。 柱のない広い座敷のぐるりを、各檀家 の仏壇が囲んでいる。 二階も回廊になっていて、仏壇が並んでおり、正面に は龍神信仰の厚い漁民が明治初期に奉納したという三十三観音像、手前本堂側 には、農民が奉納した十六羅漢像が並んでいる。

 祠堂殿の右、中庭に面して、正面に龍王殿、多宝塔様式では全国でも五指に 入る大きさという建物がある。 上階には大梵鐘があり、鐘楼堂を兼ねた多宝 塔としては日本で唯一のものだという。 先代のご住職に鐘楼からの眺めがい いと勧められて一行で登るが、生憎の天気、木村和道さんと坂井達朗先生が鐘 を撞くと、すばらしい余韻がいつまでも船川の町に流れて行った。 「解脱飛 龍大龍王」と「海蔵常安大亀王」を祀り、開運・繁栄と厄除・安全の鎮守とし て世の信仰が厚い。 龍王殿に掲げられた寄進看板の各会社が、大龍寺の立派 な伽藍を支えているのだろう。 私は、父のルーツの地、山形県鶴岡と湯野浜 の間にある、同じ曹洞宗の龍澤山善宝寺(1990年だったか人面魚で話題になっ た)の龍神様信仰を連想した。 守護神に大龍王と大龍女を祀り、航海安全・ 大漁祈願の寺として、海運・漁業の各会社の篤い信仰を集めている。

 澤木四方吉の姪(兄再吉の娘)数枝(歌人・穂積生萩)は、四方吉の紹介で 慶應義塾の教員仲間で昵懇だった折口信夫に和歌を学び、住み込みの内弟子と して、女性を身辺に寄せ付けなかった折口の唯一の女弟子だった。 そして穂 積家への嫁入りから、「なまはぎ」という歌名まで世話したという。 「なまは ぎ」は男鹿の民俗行事「なまはげ」にかけた命名だった。  一行の中で、折口信夫の講義を聴いたという大先輩の守田満さんは、教室で 折口にお茶を出し、痔を病んでいたという折口に座布団を用意する女性がいた と話していたが、もしかすると澤木数枝さんだったのだろうか。

 旧別荘「楽水亭」を見事に伽藍に取り込んでいる。 贅を凝らした建材や造 作、ドイツから取り寄せたという飾り板ガラス。 訪れた先代三遊亭円楽の襖絵、 楽太郎(現・円楽)の色紙まである。 そのお座敷で、手入れの行き届いた庭 と龍王殿を眺めながら、お茶とお菓子を頂いた。 今回の大龍寺の大歓待には、 地元でその存在をよく知られていなかったという澤木四方吉の業績と価値を、 伝え続けた畠山茂さんのご努力があったからのように思われた。

澤木四方吉、その生涯と足跡2018/05/25 07:10

 男鹿半島の船川港へ向かう。 澤木四方吉(よもきち)と関係の深い、大龍 寺を訪ねるためだ。 澤木四方吉については、小泉信三さんの書かれたもので 知っていた。 この旅行にも積ん読していた岩波文庫の『美術の都』を持参し、 羽田空港の集合前にパラパラやっていて、澤木が明治学院から慶應義塾に進ん だことを知った。 馬場孤蝶と同じだ(私も苗字が馬場で、明治学院中学から 慶應義塾志木高校に進んだけれど、もちろん馬場辰猪・孤蝶兄弟と親類ではな い)。 この旅行では、あとで岡田謙三も明治学院中等部から東京美術学校と知 ることになる。

 澤木四方吉は、慶應義塾の美学・美術史の初代教授、『三田文学』主幹。 筆 名は澤木梢。 小泉信三、三辺金蔵、小林澄兄とともに欧州留学。 澤木四方 吉は、明治19(1886)年12月16日に男鹿半島の船川港(現・男鹿市)で生 まれた。 父の澤木晨吉(しんきち)は、広大な山林の経営や日本海沿岸の物 流を一手に担い、船川町長を務めたり、澤木銀行を開設したりして、この地の 名望を一身に集めていた。 福沢諭吉の思想と人格を深く敬慕し、四人の男子 を慶應義塾に学ばせた。 兄弟に一軒の家を用意し、賄いの女中を置いて、悠 然と通学させていたという。 末子の四方吉は、明治32(1900)年12歳で上 京して明治学院に入学、翌年1月、慶應義塾普通部に転入した。 福沢が亡く なる一年前である。

 四方吉は大学部文学科を卒業して、普通部で英語を教え、明治45(1912) 年7月義塾海外派遣留学生として渡欧、以後留学は3年4か月に及んだ。 第 一次世界大戦までは、ベルリンとミュンヘンに滞在し、同時代の新しい芸術運 動の息吹を間近に受け、その紹介も行っている。 ミュンヘン大学では美術史 家ヴェルフリンに師事し、またカンディンスキーの知遇を得た。 大戦を契機 にロンドン、パリなどを経て、イタリアに留学、フィレンツェ、ローマなどを 拠点として北イタリアの美術を旺盛に研究した。 大正5(1916)年1月帰国、 永井荷風の後を継いで『三田文学』の主幹となり、9年間を務めた。 翌年11 月、留学中の論文、紀行文を含む『美術の都』を出版。 帰国後は、ルネッサ ンス美術に始まり、ギリシャ美術の研究に携わった。 大正7(1918)年から 慶應義塾大学文学科で西洋美術史を講義し、翌年から東京帝国大学でもギリシ ャ美術の講義を持った。

 しかし宿痾の肺結核が進行、5年の療養を経て、昭和5(1930)年、鎌倉の 自宅で亡くなる、享年43歳。 父の晨吉が四方吉の死を悼み、その冥福を祈 り、澤木家の夏の別荘「楽水亭」(井上円了が命名)を菩提寺の伽藍とするため に寄進したのが、雨風の中、われわれの訪れた大龍寺である。

野間記念館の「近代日本画壇の精鋭たち展」2018/05/16 06:37

 「講談社野間記念館」は、春季展「近代日本画壇の精鋭たち展」を開催中で ある(5月20日まで)。 題に冠せて「横山大観 竹内栖鳳 川合玉堂 をはじめ とする、」とある。 これが、なんとも素晴らしかった。  講談社野間記念館は、2000年4月に講談社90周年事業の一環として設立さ れた。 展示品は、講談社の創業者・野間清治が、大正期から昭和初期にかけ て収集した美術品を主体とする「野間コレクション」であり、他の二つの柱と して「出版文化資料」、「村上豊作品群」も所蔵しているという。 野間清治(の ま せいじ)は、明治11(1878)年に桐生の教員住宅で生まれ、群馬県尋常師 範学校(現、群馬大学教育学部)を経て、東京帝国大学文科大学(東京大学文 学部)第一臨時教員養成所国語漢文科を出て、沖縄県立中学校教諭、沖縄県視 学(地方教育行政官)、東京帝国大学法科大学首席書記を歴任した後、明治42 (1909)年に大日本雄弁会を創設、明治44(1911)年に講談社を創業、雑誌 『講談倶楽部』を創刊した。 『少年倶楽部』『面白倶楽部』『現代』『婦人倶楽 部』『少女倶楽部』を次々に発刊して成功、大正14(1925)年に両者を統合し 大日本雄弁会講談社と改称し、創刊した雑誌『キング』が爆発的に大ヒット、 一時は日本の全雑誌発行部数の7割を占め、「岩波文化」に対比して「講談社 文化」ともいわれる独特の大衆的文化をつくりあげた。 報知新聞社の社長を 務め、キングレコードの経営にもあたった。

 そこで「近代日本画壇の精鋭たち展」である。 「野間コレクション」の時 期は、文部省主催の文展と、帝国美術院主催の帝展を主舞台とした東京画壇と 京都画壇、さらに横山大観率いる日本美術院が鼎立し、さながら百花繚乱の様 相を呈していた時期であり、その近代日本の絵画革新運動を牽引してきた画家 たちの作品が展示されている。 第1室の「横山大観と東京の画家たち」を一 見しただけで、「これは凄い」「いいものを観た」と思った。 横山大観の六曲 一双≪松鶴図≫を中心に、前田青邨≪羅馬へのおとづれ≫≪三武人≫、小林古 径≪売茶翁≫、安田靫彦≪観音≫、下村観山≪竹林賢人≫≪寿老≫、鏑木清方 ≪五月雨≫≪夏の旅≫、松岡映丘≪池田の宿≫、小茂田青樹≪四季花鳥≫が並 んでいるのだ。 ≪博雅三位≫の長野草風と、≪光明皇后≫の木村武山は知ら なかったが…。

 この展覧会で、さらに驚いたのは、何人もの画家による色紙「十二ヶ月図」 である。 「野間コレクション」には六千点を越す色紙が含まれていて、その大部 分は「十二ヶ月図」だそうだ。 昭和の初めから、野間清治が死去した昭和13 (1938)年前後にかけて収集されたもので、制作を依頼された画家は百数十名 を数え、「手あたり次第に」声をかけたような印象すらあるという。 「十二ヶ 月図」、私は俳句の季題を思い浮べ、画家たちがそれぞれ何を選択したかに興味 を持った。 堂本印象、福田平八郎、川合玉堂、木村武山、伊東深水、鏑木清 方、上村松園、小茂田青樹、山口蓬春、梥本一洋(まつもといちよう)、山本丘 人、吉村忠夫のものが展示されている。 私の好きな福田平八郎が、何を題材 にしているかというと、一月・笹と小鳥、二月・雪と小鳥、三月・梅、四月・ 桜、五月・薊(あざみ)、六月・鯉、七月・玉蜀黍(トウモロコシ)、八月・朝 顔、九月・鶏頭、十月・茄子、十一月・楓小禽(ことり)、十二月・枝ニ小禽。  鏑木清方は、一月・飾餅、二月・老梅、三月・松桜、四月・雨、五月・軒菖蒲、 六月・燕、七月・朝露、八月・芒(すすき)、九月・菊雛、十月・宮詣、十一月・ 芝居、十二月・渡舟。 上村松園は、一月・手まり、二月・観梅、三月・雛、 四月・桜、五月・藤娘、六月・新竹蛍、七月・盆踊、八月・月見、九月・鳥籠 少女、十月・落楓、十一月・砧、十二月・降雪。  ほかに、竹内栖鳳の≪犬≫、西沢笛畝の≪雛人形≫が可愛い。