庭の雨蛙と「虚子の「存問」の句」2018/07/17 07:08

 ここひと月ほど、マンションの専用庭に雨蛙が住みついて、雨が降りそうに なると、ちゃんと鳴くのである。 暑い日が続いて、とても雨など降りそうに なくても、雨蛙の鳴き声がすると、少し曇って来て、やがて雨が降って来たり する。 余り話題のない夫婦に、毎朝咲く朝顔の数や色と同様に、格好の話題 を提供するのだ。 芥川龍之介に、<青蛙おのれもペンキ塗りたてか>という 俳句があることなどの話になる。 最近のCMのセリフは、「おのれ」でなく、 「貴様」だが…。

 子供の頃、父に連れられて鮒を釣りに、東横線と南武線が交差する武蔵小杉 の駅の横にあった池に行った。 今は都会になっているが、当時はまったくの 田園風景で、クチボソなど釣って池の周りで遊んでいると、葦の葉にいる雨蛙 を捕まえることができた。 それを家に帰って庭に放しておく。 すると雨が 降りそうになると、鳴き出すのだった。 何日か経つと、二、三軒先の家で、 鳴いていたりした。

 マンションの雨蛙の鳴き声は、上の階にお住まいの方も聞いていて、話に出 たりした。 すると先日、すぐ近くの美容院の前の側溝に、カルガモの親子が いるのを見つけて、どうしようかとなって、美容院の人が警察に連絡したら、 警察がしかるべく扱ってくれた(多摩川だと危ないので、別の場所に放したとか)のだそうだ。 マンシ ョンの地所は昔、お屋敷の池があったとか聞いている。 そんな自然が、自由 が丘の街への一本裏にも、残っているのは、何か嬉しい気がする。

 俳人の安原葉さんが、7月8日の朝日新聞朝刊俳句欄のコラム「うたをよむ」 に、「虚子の「存問」の句」を書かれた。 「存問」(そんもん)とは本来、安 否を問う日常の挨拶の意味、だそうだ。 安原葉さんは、来年は高浜虚子没後 六十年を迎える、と始め、晩年の虚子の謦咳に接することができたという。 縁 あって昭和29(1954)年からの千葉県鹿野山神野寺での稽古会、虚子を選者 として東西の若人たちが俳句を詠み競う二泊三日の鍛錬会に参加したからだ。  その句会で、虚子の<明易や花鳥諷詠南無阿弥陀>は生まれた。 「この句に ついて虚子は、自身の信仰を表した句であると述べたが、虚子が昭和三年に提 唱した「花鳥諷詠」は、晩年には「存問の詩」と深まり、その膨大な実作を通 して、揺るぎない救済の確信に到ったのである。」 昭和31年の稽古会では、 <蜘蛛に生れ網をかけねばならぬかな>と詠まれた。 「小さな蜘蛛の営みを 通して蜘蛛のいのちにたいする存問となり、さらには、全てのいのちにたいす る存問、いのちそのものに対する存問の詩として詠まれたのである。」と。

 猛暑日が続いているが、庭の雨蛙は、耐えてくれるだろうか。

『季題ばなし』「海水浴」2018/07/16 06:39

 「海開」と「月見草」の句会の季題研究は、明雀さんの担当だった。 「海 開」を選ぼうとしたら、先月「目高」を担当して葛西臨海水族園まで調べに行 った真智子さんに、「海開」へ行ってらっしゃいと言われたそうだ。 それで6 月29日の「海開」の日に行くつもりだったが、用事があって行かれず、「月見 草」を選んだという。 それでも「海開」に若干ふれ、新しい季題で、明治時 代に大磯あたりで始まった海水浴、潮浴からのようだという話をした。

 そこで私は、「海水浴」について、『夏潮』の『季題ばなし』第十二回、2011 (平成23)年7月号に書いたことを思い出した。 それを紹介したい。

 「潮浴(シホアビ)のことである」と、『ホトトギス新歳時記』第三版は、ま ず言う。「海水浴」は、今や誰もが「カイスイヨク」と読むだろうが、明治の中 期まで「ウミミズアユミ」と読み、波打ち際で身体に波を当てて皮膚や病弱な 体を鍛える、いわゆる潮湯治(シホタウジ)として親しまれていた民間療法だ ったのだそうだ(畔柳昭雄著『海水浴と日本人』中央公論新社)。『ホトトギス 新歳時記』は続いて「夏の暑さをしのぎ、また健康のため盛んに行なわれる。 子供たちや若者にとっては、もっとも楽しい夏の遊びである」と記す。畔柳さ んは、次第に「カイスイヨク」と読まれるようになり、この遊泳や余暇活動の 色彩を帯びるのは、明治二十一年頃からだと述べている。

 福沢諭吉に「大磯の恩人」という一文がある(『福澤諭吉全集』第二十巻)。 福沢が避寒によく訪れていた大磯の旅館松仙閣の主人に渡したものだ。明治初 期の医者、松本順(良順)が、大磯は海水浴・避寒の適地だと説いて、この地が 日本最初の海水浴場、別荘地になったことを忘れるなと説く。それで昭和四年、 共に福沢門下の鈴木梅四郎・文、犬養毅・書の「松本先生 頌徳碑」が建てら れた。「西行祭」の鴫立庵からも程近い、旧東海道・国道一号線さざれ石のバス 停から海岸へ出た所に、大きなオベリスクの碑がある。

 『海水浴と日本人』は、近代海水浴の始祖として三人の名前を挙げる。長与 専斎、後藤新平、松本順だ。長与は初代衛生局長として、明治十四年六月『内 務省衛生局雑誌』で「海水浴説」の特集を組んだ。それを読んだ後藤は、かね て尾張の大野浦で経験、観察した潮湯治の効用を『海水効用論 附海浜療法』と いう啓蒙書にした。松本順は、明治十年の西南戦争中から、自身リウマチを患 って苦しみ、庄内の鶴岡に近い海岸の湯野浜温泉で塩湯に浸かり、二週間ほど 療養してよい結果を得る体験をした。それでリウマチ療養の相談を受けた親友 に、播州舞子浜での海水浴を勧めたところ、治療効果が出たので、本格的に海 水浴の普及に取り組む。明治十二年に軍医総監を退任してからは、全国各地に 出向き、海水浴の適地を探し歩く。明治十七年、松本はかつて早稲田に開いた 医学校蘭疇舎の門下生、大磯で開業している鈴木柳斉を訪ねた。鈴木が案内し てくれた照ヶ崎海岸を見て、松本は、そのすぐれた地勢、きれいな海水や美し い砂浜、周囲の山並みに、この地こそ、長年望んでいた海水浴場の適地である と、確信したのである。

山を手にのせて波間のゆあみかな  正岡子規

朝花火海水浴の人出かな      高浜虚子

いたづらに縞の太しや海水著    久保田万太郎

「海開」と「月見草」の句会2018/07/15 07:54

 12日は暑い日だったが、渋谷句会があった。 兼題は「海開」と「月見草」、 私は次の七句を出した。

着たままの子も走り込む海開

海開居職の身さへ揺るがされ

子供らの唇真つ青海開

紙吹雪波間に消えて海開

砂山に潮の香りと月見草

月見草サナトリウムは静かなり

咲く音を聴く言ふ人と月見草

 わが選句したのは、次の七句。

海の家減りて二軒や海開         英

切幣(きりぬさ)を散らす浜風海開    裕子

土地の児ははや真黒なり海開       盛夫

昏れなずむ紫紺の浅間山(あさま)月見草 なな

高原の音楽ホール月見草         なな

月見草開くまでねと肩を寄せ       明雀

月見草咲く校庭の映写会         盛夫

 私の結果は、<着たままの子も走り込む海開>を正紀さん、<子供らの唇真 つ青海開>を真智子さん、<紙吹雪波間に消えて海開>を正紀さん、<月見草 サナトリウムは静かなり>を英主宰と孝治さんと真智子さんが採ってくれた。  主宰選1句、互選5票の計6票と、まずまずであった。

 <月見草サナトリウムは静かなり>の主宰選評…なるほど、堀辰雄の頃のサ ナトリウム、基本的には静か。 今なら、ホスピスか。 富士見など高原のサ ナトリウム、周辺の農家などの住民とは少し違う人種が入院している。

  私は「切幣(きりぬさ)」という言葉を知らなかった。 それで「紙吹雪」で つくったのだった。 『広辞苑』の「きりぬさ【切麻・切幣】」を見たら、「麻 または紙を細かに切って米とかきまぜ。神前にまきちらすもの。こぬさ。」とあ った。 句会は、何かと勉強になる。

『季題ばなし』「朝顔」2018/07/14 07:00

 昨日の朝、今年の四色の写真である。 右上が「団十郎」、その隣を一応「江 戸紫」、左の日の当たっているのを「青」、手前を「空色」と呼んでいる。

 俳句雑誌『夏潮』に、「季題ばなし」を連載させてもらっていた第二回、 2010(平成22)年9月号に「朝顔」を書いていた。 昨日の流れで、引いて おく。

 「朝顔」が秋の季題だというのも違和感がある。入谷鬼子母神の「朝顔市」 は七月六、七、八日だし、「朝顔」の観察は小学一年生の夏休みの宿題の定番だ。 しかし「朝顔」という言葉には長い歴史があるのだそうだ。万葉の山上憶良が 美しい女性の寝起きの顔のような花という比喩で、朝貌之花と称して、秋の七 草の一つに数えたのは桔梗。つぎに輸入された木槿(むくげ)が、さらに舶来 の牽牛子(けにごし)と呼ばれた現在の朝顔が当てられた。牽牛子は牽牛花と もいい、その名は七夕の牽牛・織女から来ていて、旧暦七月七日つまり初秋の 花という認識だったわけだ。

 二百数十年平和が続いて、江戸時代は園芸ブームであった。菊坂の菊畑、新 宿百人町鉄砲組百人隊のツツジの栽培など、花作りを副業にする武士も多く、 麻布や巣鴨の御家人たちも花を栽培して市場に出していた。時代ごとに人気の 花が変化して、元禄のツツジ、正徳のキク、寛政のカラタチバナ、そして文化 文政のアサガオ・ブームが来る。人々は品種改良を重ねて変化アサガオを競っ た。文化五、六(一八〇八、〇九)年頃、下谷御徒町に住んでいた大番組与力 の谷七左衛門、朝顔が好きで、その変種を作って楽しみ、並べた細竹に蔓をか らませ、極彩色の屏風を立てた形にした。人々は「朝顔屋敷」と呼んで見物に 集まった。七左衛門から種を分けてもらって、あちこちの空地で朝顔の栽培が 始まり、「下谷朝顔」は江戸名物になった。

 ここ十年ほど毎年、新暦の七夕に開かれる入谷鬼子母神の朝顔市へ行く。早 朝から、たいへんな混雑だ。近年は一鉢定価二千円、これでひと夏楽しめる。 朝顔の鉢を提げて電車に乗り、入谷から遠く離れるほど、みんなが見る。江戸 の名残の、季節の風物詩という感じが色濃いが、入谷の朝顔市、江戸から連綿 と続いているわけではない。

 七左衛門の「下谷朝顔」が元祖で、下谷から入谷にかけて大輪の花を咲かせ ることが流行った。しかし天保改革から幕末には朝顔どころではなく、いつの 間にか廃れ、忘れられた。それが明治の初めに「入谷」で復活、明治二十五(一 八九二)年前後に最盛期を迎え、十数軒の植木屋が朝顔の異種を競った。明治 末年からは、この辺りが市街地になって、途絶える。鬼子母神真源寺境内を中 心に「入谷の朝顔市」として復活したのは、昭和二十五(一九五〇)年のこと だった。真源寺は戦後の地番改正で下谷一丁目、「入谷」ではないのがややこし い。万太郎の句は昭和十九年作。

 入谷から出る朝顔の車かな     正岡子規

 暁の紺朝顔や星一つ        高浜虚子

 あさがほやはやくもひゞく哨戒機  久保田万太郎

戦没した船と海員、商船から漁船まで2018/07/08 07:14

 枇杷の会、鎌倉・二階堂界隈吟行で、本井英先生から秩父丸と鎌倉丸のこと や、戦時中に沢山の民間船舶が徴用され多くの船員たちに戦没者を出したこと を聞き、6月30日に「秩父丸と鎌倉丸、日本郵船とソフトバンクの「二引」」 に書いた。 ネットを「太平洋戦争 民間船舶の徴用 喪失」で検索したら、 いろいろなことがわかった。

 公益法人「日本殉職船員顕彰会」や、「戦没した船と海員の資料館」が神戸市 海岸通の全日本海員組合関西地方支部内にあることもわかった。  昭和16(1941)年12月に太平洋戦争が始まった時、日本は総トン数、百ト ン以上の商船を2,445隻、639万総トンも保有していて、当時イギリス、アメ リカに次いで世界第三位だった。 しかし、3年9か月にわたる戦争が終わっ た時、日本商船隊は2,568隻、843万総トンの商船を失い、終戦時に残ってい た商船はわずかに1,217隻、134万総トンに激減、しかもその中で運航可能な 船はわずか80万総トンに過ぎなかったという。 戦時中、船舶の大消耗を補 うため、1,340隻、338万総トンの膨大な「戦時標準設計型船」が急ぎ建造さ れた。 資材を節約した、極端な簡易構造の粗悪船でしかなく、その大半も戦 禍に遭って沈んでしまった。 この戦争で日本商船隊の運航を支えた乗組員の 数は7万1千人とされているが、そのほぼ半数にあたる3万5千人以上(一説 に4万6千人とも)が亡くなり、犠牲率は50%近くに達している。 この数字 は、太平洋戦争中の日本陸海軍全将兵の犠牲率19%(参加将兵数986万人、犠 牲者87万人)と比較した場合、商船乗組員がいかに凄まじい犠牲を強いられ たかが分かる、という。(原出所:大内建二著『輸送船入門』光文社NF文庫)

 「日本殉職船員顕彰会」が調査した戦没船員数は、60,609人となっている。  所属は、陸軍、海軍の徴用船、船舶運営会(海運統制組織)である。 船員の 消耗率は43%で、14歳から20歳未満の犠牲者数は19,048人、31.43%と極め て高い。 商船ばかりでなく、漁船や機帆船が徴用されており、4,000隻を上 回る漁船や機帆船が太平洋戦争によって喪失した勘定になるという。

 「戦没した船と海員の資料館」のホームページにある、政府が発表した船舶 被害数の中に、漁船1.595隻と記されているそうだ。 その一例が、神奈川新 聞が2014年8月に掲載した『漁師たちの戦争』シリーズで報告された。 日 中戦争のさなかの昭和15(1940)年9月、神奈川日日新聞(現、神奈川新聞) が「三崎の漁船が揚子江で撃沈され、船員たちが犠牲になった」と報じた。 そ の記事が「軍事機密を明らかにした」として問題視され、執筆した樋口記者が 横須賀鎮守府に呼び出され、厳しく尋問された。 スパイの容疑は晴れたが、 同記者は鎮守府への一ヶ月出入り禁止処分を受けた。 戦局が厳しさを増す中、 民間の漁船まで軍が借り出している実情が知られることは、軍にとって都合が 悪かったのだ。 盧溝橋事件から始まった日中戦争では、陸軍は華南(揚子江 周辺地域)でも作戦を展開したから、網の目のように流れる浅い水路での兵員・ 物資輸送などの後方支援に役立つ船として、目をつけたのが漁船だった。 漁 師は操船技術が高く、海や川や気象の状況を熟知しているからだ。