藤永貴之第一句集『椎拾ふ』2020/03/26 07:04

 藤永貴之さんの第一句集『椎拾ふ』(ふらんす堂)を、昨秋ご恵贈頂いて、感
想をお送りしていた。 藤永貴之さんとは、俳誌『夏潮』の初期に編集でご一
緒し、編集作業をパソコンのやりとりで進めていたので、私の拙劣なパソコン
技術をフォローして頂いたことがあった。 慶應義塾大学俳句研究会の出身で、
大学卒業後は郷里の九州で教職に就かれているということを聞いていただけで、
詳しいことは何も知らなかった。

 闘病中だった本井英主宰が、これまで『夏潮』の雑詠欄で藤永貴之さんの多
くの句を採り、心をこめて句評し読み解いたものを、長文の「序」としてお出
しになっている。 学生時代の先輩・後輩からの、羨ましい師弟関係である。 
「筆者は藤永さんが「夏潮」の雑詠にどんな句を投じてくれるか、毎月ドキド
キして待っている。一方、藤永さんも、それらのうちのどの句を筆者が選ぶか、
ドキドキして待ってくれている事だろう。お互いに毎月試されている。毎月が
真剣勝負である。/二人で力を合わせてここまでは来た。さてこれからどう進
まれるかは、ご自身で考えるより方法はあるまい。」

この第一句集は、2006年以前から2017年までの作句年代順の章立てになっ
ているので、俳句から福永貴之さんの年譜のようなものが、浮び上がって来る
ところが、興味深かった。
 「2006年以前」<出戻りの姉がぶらんこ漕いでをり><大いなる冷蔵庫ある帰省かな><扇風機家庭教師のわれに向き><立冬と書くや白墨もて太う><冷たき手握れば握り返さるゝ>
 「2007年」<春暁のまた読み返す手紙かな>
 「2008年」<夜桜に体育館のまだ灯り>
 「2009年」<枝豆を喰ひつゝいつか人の親><梨剥いてくるゝ人あり梨を食ふ>
 「2010年」<結婚をして初めての新茶かな>
 「2012年」<肩にゐる子どもとも鷽替へにけり>
 「2013年」<みひらいて乳を吸へる嬰(こ)去年今年>
 「2014年」<教卓の引出しの捨扇たり><ボーナスの明細ちらと見て仕舞ふ>
 「2016年」<踞(かが)まりて子はなほ小さし椎拾ふ>
 「2017年」<教育実習生明日から田植手伝ふと><吾子もゐる運動会の楽聞こゆ><十三夜一人のくらしにも馴れて>

 私が感心した句、気に入った句を、十句挙げさせてもらう。
出戻りの姉がぶらんこ漕いでをり
船室に一人となりし昼寝かな
はら\/と女瀧の帯の解けつゞけ
春燈の楼閣なしてフェリー航く
セーターの教授寝癖でない日がない
吾子もゐる運動会の楽聞こゆ
秋澄みて小国(をぐに)は杉生美しき
鯊舟を下りてまた釣る鯊の秋
杜ならぬところはなべて青田かな
秋の蚊のまとはることよ物書く手

 私が知らなかった言葉、読めなかった字。
「きらゝむし」「堅香子」「どんがめの螯」「杳杳」「蠑螈」「浦曲」「ド・ロさま」
「銭荷」「通草」「慍り」「かのしゝ」「生水」「磯馴松」「鵆」「種池」「種案山子」
「羨道」「海栗」「杉生」「のうさば」「矗々と」「引盃」「楷」

「俳句のおもしろさ」を中高生に語った芳賀徹さん2020/03/25 07:06

 家内が、渡辺木版画店でもらったきた『銀座百点』の1月号に、芳賀徹さん の「鷹女と多佳子」というエッセイがあった。 2月号の新年句会は既に読ん でいたから、1月号がたまたま残っていて、これを読めたのは僥倖だった。 毎 月25日発行の「等々力短信」だが、第1129号「詩人たちの国で」を20日付 で出したのは、芳賀徹さんの月命日に当る、お彼岸の中日だったからである。

 「鷹女と多佳子」によると、「先日」というから昨秋、芳賀徹さんは初めて三 重県の桑名を訪れ、津田学園中高等学校という私立の一貫校で一こまの講義を した。 日本藝術院の派遣とあるが、それが可能なほどお元気だったわけだ。  好奇心いっぱいという顔つきの中一から高二までの60人ほどの少年少女に、 「俳句のおもしろさ」と題して、お好きな古今の句を十数句選んで、それにつ いて語ったという。 芭蕉、蕪村、虚子、漱石から中村草田男、川端茅舎、松 本たかし、篠原梵、それに永田耕衣まで、四季と無季にわけて十数句だった。  感想文では、どの句が気に入ったかを語るレポートがおもしろかったが、お気 に入りのトップはやはり芭蕉の地元桑名の浜辺での名作<明ぼのやしら魚しろ きこと一寸>。 清少納言も讃えた春の夜明けの、海(伊勢湾)と空の境目も なくひろがる藤色の光のなかに、その光を一身に集めるかのようにしていま詩 人の手のひらに踊る、あの小さな透きとおるような白魚、一匹か数匹か――と 語ると、生徒たちはいまはじめて目がさめるような顏をした。 句の最後にわ ざと、「一寸(いっすん)」と漢音の撥音(はつおん)を使ったのは、この小さ な小さな魚に宿る生命の躍動を伝えてさすがみごとだ。 こういう小さなはか ないものが見せる、それだけいっそう懸命な健気な命の力といのちへの願い、 それを感じとることを日本では昔から「もののあはれ」を知る、という。 そ れが日本文化のいちばん深いところを流れる感受性の伝統なのだよ、と説くと、 少年少女たちはみなうなずいてくれたように見えたそうだ。

 十代半ばの生徒たちを少しばかりどきどきさせてやろうと考えて、正統なま じめな(?)名句のなかに、芳賀さんがしのばせたのが、春に三橋鷹女(1899 -1972)、冬に橋本多佳子(1899-1963)、お好きな女性俳人二人、「女うた」の 名手、すっきりと姿美しい女人の句だった。 鷹女の句は、短信に引用したお 年賀状にあった<鞦韆(しゅうせん)は漕ぐべし愛は奪ふべし>。 読みは、 お年賀状の通りだが、ぶらんこ遊びの起源は、おそらく古代ギリシャ、その地 出土の大杯に、若い女が木の枝につるしたぶらんこに乗って、背を半獣神に押 させている絵があると、碩学原勝郎博士が述べたという。 中国に渡って、宋 の詩人蘇東坡には名吟「春宵一刻値千金……鞦韆院落(いんらく・宮殿の中庭) 夜沈々」(春夜)があった。 日本にも平安時代にすでに伝わっていたというが、 詩では18世紀京都の蕪村の友人炭太祇(たんたいぎ)に<ふらこゝの会釈こ ぽるゝや高みより>とのなまめかしい一句がある、と語る。

 多佳子の句は、同じ昭和26年の、<雪はげし抱かれて息のつまりしこと>。  15、6歳の少年少女には少し刺激が強すぎるかな、と思いながらも、まさにそ れゆえに挙げたのだが。彼らは思いがけぬほどによく反応した。 多佳子は東 京本郷のお琴山田流の師匠の孫娘で、鏑木清方の《築地明石町》の女なみの美 貌の持主だった。 大正6(1917)年満18歳の年に、大阪の材木商の次男坊 でアメリカ帰り、11歳年上の橋本豊次郎に惚れこまれて、その年結婚した。 こ の教室にいた年長の少女たちよりも、わずか1、2歳年上のときのことである。  この句は、その二人のはじめての頃の逢瀬の夜の回想だろうと、芳賀さんは思 い込んでいる。 夫豊次郎は妻多佳子に思いきり贅沢な暮しを与えてくれたの ちに、この句の14年前、妻と4人の娘を残して亡くなっていた。 「息のつ まりしこと」とは、50歳をこえたばかりの女の、切なくもなまなましく残る感 覚を告白する一句である。 教室はさすがにしばしし―んとした、そうだ。

 芳賀徹さんのこの講義を聴いた少年少女が、深い感銘を受けたであろうこと は、容易に想像できる。 そして、その後芳賀徹さんの訃報に接して、さらに 深く「もののあはれ」を知ったことであろう。

詩人たちの国で<等々力短信 第1129号 2020(令和2).3.20.>2020/03/20 06:55

 「小生いまや くたびれ果てました」と、お年賀状の添え書き「いつも貴通信、 愛読しております」に続けられていて、心配していた。 芳賀徹さんが、2月 20日に胆嚢癌のため88歳で亡くなり、短信は長い大切な読者をひとり失った。  賀状の印刷部分は芳賀さんらしく、<鞦韆(しゅうせん)は漕ぐべし愛は奪ふ べし>という三橋(みつはし)鷹女の句を引き、「すてきな一句ですね。鷹女五 十二歳の昭和二十六年の作だそうです。「鞦韆」はぶらんこ(ふらここ)のこと。 古代ギリシャの昔から、宋代の中国でも、李朝の朝鮮でも、ロココ時代のフラ ンスでも、徳川の平和の日本でも、春になると若い娘たちは春衣に着替え、花 咲く枝に美しい紐を垂らし、それに乗って高くゆらして遊んだとのこと。/こ の句でも「漕ぐべし」の命令形で力いっぱいに蹴り上げ、「愛は」、「奪ふべし」 でさらにも春空高く攻めてゆきます。令和の日本でもこんな元気な若い人たち のぶらんこの声があちこちから聞こえてきますように」と。 新聞の訃報に、 「専門は比較文学、近代日本比較文化史。東大教授、国際日本文化研究センタ ー教授などを歴任し、99年から07年まで京都造形芸術大学長を務めた。」とあ る。

昨年7月の短信では、5月出版の『桃源の水脈―東アジア詩画の比較文化史』 (名古屋大学出版会)を紹介した。 陶淵明の「桃花源記」が東アジア諸国の 文化の中に「桃源郷」という一つのトポスをつくりあげ、流布させ、中国、朝 鮮、日本の文学と美術に長く影響を及ぼしたとして、沢山の実例を考証し、そ れが芳賀さんお得意の徳川の平和の日本で、桃源の詩画人、與謝蕪村によって 桃花のごとき花盛りの季節を迎えたとする。そこで9月の短信には折から開か れていた、與謝蕪村とその弟子呉春(松村月渓)の作品を中心に展観した大倉 集古館の「桃源郷展」の案内を同封したのであった。

 芳賀徹さんを知ったのは、昭和43(1968)年5月の中公新書『大君の使節 幕 末日本人の西欧体験』を読んで魅了されてからだ。 その5年後、11月10日 に三田の塾監局で開かれた福澤諭吉協会の第一回「土曜セミナー」で、まだ東 大の助教授だった芳賀さんの「福澤諭吉の文章」を聴いた。 特筆したいのは、 平成4(1992)年秋の福澤協会「芳賀徹氏と『西洋事情』を読む会」を短信に 書いたのをきっかけに、明治日本の水道の先生W・K・バルトンが、近代日本 のシナリオとなった福沢諭吉の『西洋事情』に大きな影響を与えた、ジョン・ ヒル・バートンの長男だったことが判明したことだ。

 「この列島の代々の住民の窮極のアイデンティティは、これが詩の国、詩魂 の国」「天地山川のわずかな動きにも心おののき、わが身の小ささを感じ、人間 の命運に想いを馳せずにはいられぬ詩人たちの国である。」(『詩の国 詩人の国』 筑摩書房)


(毎月25日発行の「等々力短信」、この号を20日付で発信したのは、芳賀徹 さんの月命日に当り、お彼岸の中日だったからです。)

福沢索引2006年6月のブログ・中津とのご縁[昔、書いた福沢236]2020/03/15 07:19

中津とのご縁<小人閑居日記 2006.6.22.>
 中津の相良照博さんが送って下さる文化総合誌『邪馬台』の2006年夏号、「福沢諭吉と郷里中津のブログ」というコラムで「福沢研究家として横松宗先生を偲んだ文」として、私の3.26~3.28 小人閑居日記 http://kbaba.asablo.jp/blogが紹介されていた。 横松宗先生の知子夫人から、お礼のお葉書を頂戴した。 東京と中津とは、地理的に離れているけれど、インターネットでは一瞬の世界である。 そして福沢が、もしいたら、インターネットをどれだけ喜んだことだろうか、と思わずにいられない。

横松宗さんの俳句<小人閑居日記 2006.6.23.>
 『邪馬台』2006年夏号にあった、横松宗さんの辞世の句、四句。
 はらからはみな床の辺にありがとう
   我れ逝くもこの秋空は変りなし
   底のなき大空に向けはばたかん
   ゴミばかり残して天寿全うす
 92歳、「死を目の前にして、この透明で透徹した心境には驚く、見事と言わざるを得ない。悟り切った高僧の境地に達している」と、宇都宮靖さんはいう。 二句目以外は、定型ではあるが、季語がないのを、宇都宮さんは、横松さんがかつて、自由律の俳句をつくっていたことに結びつけている。 他に、横松宗さんの俳句。
   妻癒えて口にやさしき新豆腐
   秋麗や先ず一勝の敬老碁
   立春や辞書になき字を探しおり
   市民病院新緑の窓開けてあり
   終焉も視野に入りたる夏布団

福沢索引2006年4月のブログ[昔、書いた福沢230]2020/03/09 07:06

三田界隈吟行<小人閑居日記 2006.4.17.>
 慶應志木高同窓会志木会の俳句の会「枇杷の会」でご指導いただいている本
井英先生が3月末で志木高を退職され、同じく本井先生に師事している慶應女
子高の「小春会」、中等部の「心太会」の三校(会)合同で、本井英先生に感謝
する句会と懇親会があった。 三田界隈を吟行、中国飯店で昼食後、中等部の
会議室で、30人の大句会。 <春の潮自由の海へ船出かな><ごきごきとしご
いてみたき花穌枋(ずおう)><若き日は銀杏の芽吹き見てをらず>など、望外
の得点。

自然との共生を喜び合う<小人閑居日記 2006.4.18.>
 本井先生は楽観的で、俳句には豊かな将来がある、と言われる。 花鳥諷詠
は、自分も自然の一部である人間が、どう地球に住まわせてもらうか、花鳥の
名前と顔を憶え、自然と一緒にいることを楽しむとともに、共に生きてきたこ
とを喜び合うことだ。 俳句は、西洋流のオリジナリティーを出さねばならな
いのとは、違うのだ、と。
 懇親会は浜離宮脇埠頭からマルコ・ポーロ号に乗船、お台場から羽田まで行
って、京浜運河を帰って来る2時間のクルーズ、明るい内に出て、やがて日が
沈んだ。

「西を向く侍」「柘榴坂の仇討」<小人閑居日記 2006.4.25.>
 浅田次郎さんの『五郎次殿御始末』(中公文庫)に、「西を向く侍」という短
篇がある。 「たった5年目、明治5年」<等々力短信 第960号 2006.2.25.
>を小説にすると、こうなるのではないかといった作品だ。 新政府は、明治
5年11月9日突然、太陽暦を採用し、明治5年12月3日を、明治6(1873)
年1月1日とすると定めた改暦の詔書が発する。 題「西を向く侍」は、太陽
暦の「小の月」を表す「西向く士(さむらい)」。
 「柘榴(ざくろ)坂の仇討」は桜田門外の変の後日談。 あれから13年、
井伊掃部頭直弼の御駕籠回りの近習、志村金吾が、逃亡した水戸脱藩の佐橋十
兵衛が俥引になっているの知り、あの日のような雪の日、志村は新橋の駅頭で、
佐橋の俥に乗り、柘榴坂まで行く。 「左の屋敷は荒れておるが」「久留米の有
馬様でござんす。その先は豊前中津の奥平様で」。

柘榴坂界隈の今昔<小人閑居日記 2006.4.26.>
 柘榴坂というのは、品川駅から高輪方面に上がる坂。 ベアトの撮った、侍
が警戒している柘榴坂の写真が、新潮社とんぼの本『写真で見る江戸東京』に
ある。(異論が下の<小人閑居日記 2006.5.28.>にある。) 明治5年7月に
なって、奥平の殿様とその家族が上京し、三田の慶應義塾にしばらく住んだ後、
明治8年春頃、下屋敷のあった高輪の二本榎に移った。

柘榴坂の写真は、綱坂(?)<小人閑居日記 2006.5.28.>
 横浜開港資料館調査研究員、斉藤多喜夫さんの『幕末明治 横浜写真館物語』
(2004年・吉川弘文館)は、フェリーチェ・ベアトのこの有名な写真が「薩摩
屋敷」でなく、実は「三田綱坂」だと指摘。 右手の塀は肥前島原藩松平(深
溝)家中屋敷、一段上が伊予松山藩松平(久松)家中屋敷、左手の木立の中が
会津藩松平(保科)家下屋敷となる。 現在の慶應義塾大学の裏手にあたる場
所で、それぞれ右手が慶應義塾大学、イタリア大使館、左手が三井倶楽部とい
うことになる。

高校新聞仲間の死<小人閑居日記 2006.4.27.>
 まだ64歳だった高校時代の新聞仲間に死なれて、ショックを受けている。 
彼は日吉の高校で“ハイスクール・ニュース”という新聞を作っていた。 学
生時代から、私の書くものを評価してくれていた男だ。 読売新聞社に入って、
社会部で756号のホームラン記録までの王貞治選手に密着取材をし、シドニー
特派員、社会部次長を経て、論説委員になり、10年間、福祉・医療・年金など
社会保障を担当した。 大阪本社取締役編集局長をやり、亡くなるまでよみう
りランドの社長だった。 ああ、小谷直道君。 悲しいぞ。