「寒稽古」と「侘助」の句会2019/01/12 07:19

 1月10日は、午前中、第184回福澤先生誕生記念会で三田に行き(後日書 く)、夜は『夏潮』渋谷句会があった。 主宰は、喉の調子が今一つのところを、 寒い夜の句会で、次の日から犬山での泊りがけの稽古会の予定もあるにもかか わらず、熱心に指導して下さり、まことに頭の下がる思いがした。 句会の兼 題は「寒稽古」と「侘助」、私はつぎの七句を出した。

寒稽古弦音響き渡るかな

皹(あかぎれ)の足に血滲む寒稽古

寒稽古裏で雛妓(すうぎ)の目に涙

床の間の侘助にまで日の届き

侘助や明り障子に日の昏るる

侘助やチンチンチンと釜の音

侘助や一輪挿しに銘のあり

 私が選句したのは、つぎの七句。

足裏(あなうら)にひつつく床や寒稽古   英

己が声に己れ励まし寒稽古         和子

寒稽古終えれば師範人となる        明雀

白侘助よき人に会ふに似て         なな

侘助のささやくごとく咲けるかな      さえ

侘助を鉢に育てて谷戸住まひ        裕子

侘助や今宵の話は内密に          由紀

 私の結果。 <寒稽古弦音響き渡るかな>を英主宰と和子さん、<床の間の 侘助にまで日の届き>を英主宰と和子さん、<侘助や明り障子に日の昏るる> を孝治さんと耕一さん、<侘助やチンチンチンと釜の音>を由紀さんが採って くれた。 主宰選二句、互選五票の計七票、新年早々まずまずというところで あった。

 主宰選評。 俳句会は、人によって、稽古だとしたり、真剣勝負だと考えた りする。 生涯の真剣勝負と思う人もいる。 だが毎回真剣勝負だと、採って もらえないと落ち込む。 大人になって分かるのだが、数出ていると、俳句は 授かりもの、いい句がいただけることがある。 心持の問題だ。 身体を動か す体操、頭の体操とくらべて、俳句は心の体操。

 <寒稽古弦音響き渡るかな>…うまい句、弓術はほとんど無言。弓の弦をな らして妖魔を祓うまじない「鳴弦(めいげん)」、呪術にまで通じそう。 <床の間の侘助にまで日の届き>…「にまで」は損、作者の顏が見えて、景が 見えない。「床の間の侘助に日の届きをり」と添削。読者は素直についてくれる。 (理屈や説明が駄目なのは、いつも注意されていることなのだが、ボォーッと つくっていると、ついやってしまう。反省!)

俳句「秋の空余生まもなく十八年」2019/01/01 07:50

 明けましておめでとうございます。 平成31年、紋切型のいわゆる「平成 最後の」元旦です。 落語研究会を一日お休みし、毎年元日のお笑い種に、ご 覧に入れている自作の俳句、俳誌『夏潮』一月号の親潮賞応募作、題して「余 生まもなく」二十句です。

初句会下手に見える句詠まんとす

寒の水顔を洗ふて出直さん

関東の行けども行けども春田かな

栗の花匂ふ木立やドーム覆ふ

新緑の大泉水に一鵜かな

雨蛙お前の額も広いのか

世田谷は坂また坂や雲の峰

露草の曲り角をば守りをる

秋晴や是好日と武蔵野へ

団栗は転がる転がるハケの坂

紅葉浮く湧水の池澄み切りて

踏みつけしプラタナスの実を拾ふ

帽子にドスン団栗の落ちてきて

貼紙は落柿注意に蜂注意

金水引咲く天平の寺跡に

天高く妻と下町洋食屋

新蕎麦の旗や商店街の風

秋夕焼ママチャリの影丘の上

もうお会式近頃一年短くて

秋の空余生まもなく十八年

 この内『夏潮』一月号に掲載して頂いたのは、次の四句でした。

初句会下手に見える句詠まんとす

世田谷は坂また坂や雲の峰

天高く妻と下町洋食屋

もうお会式近頃一年短くて

「冬の朝」と「枯木立」の句会2018/12/19 07:04

 12月13日、三田演説会(25日に等々力短信に書く予定)を聴いた後、渋谷 行きバスに並木橋まで乗り、「夏潮」渋谷句会に出た。 兼題は「冬の朝」と「枯 木立」、私はつぎの七句を出した。

寒暁や電話は友の訃を伝へ

冬曙烏集ひてけたたまし

冬の朝今朝も生きてる有難し

たれひとり歩む人なし枯木立

枯木立修行の僧と擦れ違ふ

村外れ一族の墓枯木立

寒林にいずくともなく風の音

 私が選句したのは、つぎの七句。

校庭に押しくらまんじゅう冬の朝      なな

通勤の足取り重き冬の朝          祐之

寒暁の茜さしこむビルの間(あい)     盛夫

豆腐屋の湯気濛濛と冬の朝         正紀

冬の朝市場以外は眠りたる         明雀

枯木立仰ぎて露天風呂であり        和子

日の影に枝の気配や枯木立         正紀

 私の結果。 <村外れ一族の墓枯木立>が英主宰選、<寒暁や電話は友の訃 を伝へ>を庸夫さんと真智子さん、<たれひとり歩む人なし枯木立>を庸夫さ ん、<枯木立修行の僧と擦れ違ふ>を正紀さん、<寒林にいずくともなく風の 音>を淳子さんが採ってくれ、主宰選1句、互選5票の計6票だった。  <村外れ一族の墓枯木立>の主宰選評、田舎によくある墓場、夏は茂ってい てそれとわからないが、冬は誰にもわかる。 「村外れに」とした方がよいか と思うが、それは作者の選択。

 英主宰は総評で、「冬の朝」も「枯木立」も吟行だとよく見る景だが、兼題だ と難しい、と。 「冬の朝」は、やはり『枕草子』の「冬はつとめて」の様子 が響く。 <ゆるやかに道曲がりゆく枯木立 裕子>のような句の良さがわか る人の多い、この句会は良い句会だ。 はっきり景が見える、懐かしいし、親 しめる。 主宰は、初参加の人に、頑張らないように、とアドバイスしていた。

「冬めく」と「茶の花」の句会2018/11/14 07:13

 8日は、「夏潮」渋谷句会だった。 東横線の渋谷駅から、会場の並木橋にあ る渋谷区の施設、リフレッシュ氷川へ行くのに、渋谷警察署の横に出る16Cと いう出口が出来たのに気づく。 暖かい日だった。 兼題は「冬めく」「茶の花」 で、私は次の七句を出した。

冬めくや西郷隆盛単衣もの

冬めくや小屋を繕ふホームレス

半袖でちょとコンビニへ冬めける

次郎長の拓きし畑お茶の花

茶の花や機関車トーマス遠ざかる

茶が咲いて霜注意報発令中

茶の花や霜除け風車連なれり

 私が、選句したのは、次の七句。

冬めける川を流るる菜屑かな      盛夫

冬めくや蒸し饅頭の湯気流れ      なな

バスを待つ列の長さや冬めける     耕一

冬めいて白熱球の灯の嬉し       耕一

茶の花や開きてもなほ下向きに     孝治

ポンポンを並べたるごと茶の咲ける   裕子

茶の花の葉裏に隠れポツポツと     明雀

 私の結果。 互選は、<冬めくや小屋を繕ふホームレス>を淳子さんがよう やく採ってくれた1票のみで(名乗ったら、笑いが起こった)、がっかりして いたら、主宰が<次郎長の拓きし畑お茶の花>と<茶の花や機関車トーマス遠 ざかる>を採ってくれて、ホッと胸をなでおろす。 主宰選評、<次郎長>面 白い句、茶どころのちゃっきり節的、北原白秋は作詞を頼まれたのに芸者遊び をしていてなかなか書かなかったとか。 (私は、清水次郎長が明治に入り、 富士山南麓で茶畑の開墾に従事したことを聞いていた。) <機関車トーマス> 周到な句、豊島園のような古い遊園地かどこかで、子供は機関車トーマスしか 見ないのに、おばあちゃんは茶の花を見ている。 大井川鉄道だとすると、出 来過ぎ。 (俳句は、いろいろに解釈して、読んでもらえる。 実は私、ずば り茶畑の続く地域を走る大井川鉄道の機関車トーマスを詠んだのだった。 子 供が小さな時、蒸気機関車を見せたくて大井川鉄道に乗りに行った。 千頭と いう終点に、飲食店などなくて、往生したことを思い出す。)

柳家小三治「転宅」のマクラ2018/11/07 06:35

 前座がお茶とお尻に当てるものを置き、出囃子が長くずーーっと鳴っても、 小三治はなかなか出てこない。 悠々と出てきた時には、8時45分になってい たので、マクラは短いのだろうと思った。

 月日の経つのは早いもので…、あれですよ、早いですなあ、と始めた。 神 戸の大地震、あれは確か今から23年か前、古過ぎますね、この話。 せっか く言っちゃったから、少しやりますけど。 その頃、東京やなぎ句会というの をやっていましてね。 日本を悪くした人たち、小沢昭一、永六輔なんかと。  江國滋、今の江國香織のお父っつあんもいた。 1月17日、四谷の俳句会の会 場で、毎月17日というのは五七五で17日、ナイターを聞いてた小沢昭一が、 ああだこうだ言って。 その話は、ここで素通りします、みんな言ったら終わ らない。

 それから3・11、何年経ちますか、そんなに経ったのってことになる。 新 潟で仕事があって、列車で護送されていた。 揺れに揺れて、仕事もなくなり ました。 列車の中で一時間、熊谷のあたりで、3月は寒い、暑い時はべらぼ うに暑い、無駄な所ですね。 1キロ近く、線路の上を歩かせられた。 タク シーなんかない。 新潟に電話したら、こっちは何でもない、来て下さい、お 迎えに行きます、という。 5~6時間待って、行くのにまた5~6時間かかる、 それまで生きているかどうか。 3時間待って、タクシーでマネージャーと二 人、東京に帰って来たが、ぜんぜん動かなくて、7、8時間かかった。 この話 は、これくらいにして…。

 東京・函館間の飛行機を、台風が追っかけて来る。 飛ばすっきゃない。 台 風は日本海にそれた。 函館山の麓の、旅館のような、旅館でないようなとこ ろに泊まった。 ホテルは空いてない、日本の人の部屋がない。 その晩、震 度7の地震、ちょっと驚いた。 揺れ方が違う、グラーーッ、グラーーッ、何 だ、これは。 停電になって、はばかりも使えない。 次の日の落語会は中止。  二日おいて後、札幌の仕事、レンタカーを弟子が運転して行ったが、信号が止 まっていて、3時間のところを7時間かかった。 これで、お終い。 ついで ですから、札幌、頑張って電気を都合して来ましたって言う。 広いホールで、 落語じゃなくて、噺家になってから今日までの道のりを、北海道新聞との付き 合いによって、初めて話した。 客、どっから来るんですかねえ、舞台に集ま って、みんな手を伸ばしてね。 一人、稚内から来ましたって人がいた。 札 幌と稚内では、生涯違うぐらい違う。 オートバイで以前、となるでしょ、そ っちの話が面白くなる。 羽幌の小学校、横断歩道で停まって、おじさん東京 から来ましたって。 羽幌ってのは、札幌の向うかな、こっちかな。 それほ ど遠い(と、茶を飲む)、それぞれの基準ですが…。