スカトロジー、『陰翳礼讃』の厠、三上2021/02/10 06:58

 『ガリバー旅行記』を読んで面白がり、その面白いところを伝えようとしたら、つい政治的な風刺とスカトロジー(糞尿譚)になってしまった。 日本の文学に、スカトロジーはあるのだろうか。 昔、「の、ような話」という一文を書いた(「等々力短信」第523号1990(平成2)年2月25日)。 杉浦日向子さんの『大江戸観光』(筑摩書房)を読むと、江戸のベストセラー作家・恋川春町に『芋太郎屁日記』という、代々語り継がれるほどの曲屁の名人、霧降花咲男(きりふりはなさきおとこ)、後に曲屁福平と改名した人物の伝記がある。 「その時此(この)子、たらいの内にて天に指さして、屁上屁下(へんじょうへんが)唯可屁糞尊(へくそん)と高らかに唱えける」と誕生する。 曲屁福平とその曲屁の実際については、かの平賀源内先生が『放屁論』という書物で、自ら聴いた三番叟を「トッハヒョロヒョロヒッヒッヒッ」と聴こえたと記しているそうだ。

最近、谷崎潤一郎が『陰翳礼讃』で厠の臭いについて詳述しているが、若い人はわからないだろうと、誰かが書いていたのを読んだのだが、どこだったか思い出せない。 谷崎は、厠がただの不浄の場とならない条件として「或る程度の薄暗さ」、「徹底的に清潔であること」、「蚊の呻(うな)りさえ耳につくような静かさ」を挙げた。 そして厠の「風流」を、こう書いた。

「まことに厠は虫の音によく、鳥の声によく、月の夜にもまたふさわしく、四季おりおりの物のあわれを味わうのに最も適した場所であって、恐らく古来の俳人も此処から無数の題材を得ているであろう。されば日本の建築の中で、一番風流に出来ているのは厠であると云えなくはない。総べてのものを詩化してしまう我等の祖先は、住宅中で何処よりも不潔であるべき場所を、却って、雅致のある場所に変え、花鳥風月と結び付けて、なつかしい連想の中に包むようにした。」

 そういえば、私もトイレで俳句が浮かぶことがある。 「三上(さんじょう)」と、文章を練るのに最もよく考えがまとまるという三つの場所をいう言葉がある。 馬上、枕上、厠上。 出典は、欧陽脩の「帰田録」だそうだ。 寝ていて、浮かぶこともある。 馬には乗らないから、今なら電車の中だろうか。 どれも、いい句が浮かんでも、あとで思い出せないのが難点だけれど…。

結城昌治、サナトリウム、実の父親は福永武彦だった2021/01/31 07:34

 ミステリーの章、池澤夏樹さんは日本のミステリーで一番読んだ作家は、結城昌治で、本人とも親しかった、という。 そして、結城昌治はサナトリウムで、石田波郷に俳句を教わり、福永武彦にミステリーを教わった。 春菜さんは「なんと贅沢な……!」と絶句、夏樹さんは「本人も「すごいよね」と言ってたよ」と笑う。 結城昌治のバックグラウンドには俳句がある、だから作品がユーモラスなんだ、どこかでクスッと笑わせる、と。

 福永武彦がサナトリウムにいたことは、池澤夏樹さんとも関係がある。 戦争中に日本女子大を繰り上げ卒業した原條あき子と福永武彦が結婚したのが、昭和19年秋。 それから戦況はますますひどくなり、東京大空襲のあと妊娠中の原條あき子は帯広の実家に帰り、福永は東京に留まったけれども、その後帯広に来る。 昭和20年に夏樹さんが生まれ、親子三人で暮したのは一年半ぐらい。 夏樹さんが生まれてまもなく福永が結核を発病して、帯広のサナトリウムに入った。 ところが帯広では治療の方法がないとわかり、清瀬のサナトリウムに移る。 福永の世話のために母親も東京へ行き、仕事を見つけて、働きながら福永の看病をする。 夏樹さんは、その間、帯広で祖父母と叔母に育てられた。 物心ついたときに、二親はいなかった。 母親はときどき帰ってきたけれど、父親に会うことはできなかった。

 そういう生活が5年くらい続いたせいで、母親は看病疲れしてしまい、そんなこんなで結局二人は離婚する。 くわしい事情は知らない。 母はその後、だいぶ年下の池澤という男と再婚し、夏樹さんは池澤という名前になった。 夏樹さんが6歳になり、翌年4月から小学校に入るところで、母たちは夏樹さんを東京で育てようと考え、帯広から東京に運ばれる。 そこで何年かぶりに父に会う気で池澤に会った。 じつは初対面だったけれど。 そう言われたから、父だと思った。 小学校に入学しても、まだ気がつかない、自分の母親がかつて詩を書いていて、『マチネ・ポエティク詩集』という本があり、そこに福永という名前が並んでいたこと、なおかつ、子供の頃に自分の名前が福永で、キンダーブックの後ろにカタカナで「フクナガ」と書いてあったことも、みんな覚えている。 それでも、まったく疑わない。 たぶん自分の中で「それは考えちゃいけないことだ」というリミッターがかかっていたんだと思う。

 最終的にわかったのは、高校に入る時。 戸籍を学校に提出する必要があって、ようやく両親が「まあおまえ、ここ座れ」と、初めて事情を明かされた。 父親違いの妹が生まれていたし。 そこではじめて父親に「じつはおまえは俺の子じゃない」と伝えられた。 案外冷静だった。 その頃、福永武彦はサナトリウムを出て再婚もしていた。 どうやら立派な作家らしい。

 翌年の秋、会いに行って、それから時々、行き来するようになった。 ちょっと名前の知られた親戚のおじさんに会うという感じ。 それでも話をすると感覚的に合うのはわかる。 特に本の話。 本はよく読んでいて、中でも新潮文庫の海外小説はほとんど読破していたから、そんな話をした記憶がある。

あと一歩足りなかった俳句たち2021/01/26 07:22

 おめでたくも元日に書いたように、私の句が俳誌『夏潮』令和三年一月号、本井英主宰選「雑詠」の巻頭に掲載された。 身体をこわされ休んでおられる先輩は、わざわざお祝いの電話をかけて下さり、何人かの句友からはお祝いのメールを頂いた。 元日の日記に令和二年の『夏潮』「雑詠」掲載句を出したが、すっかり嬉しくなって、整理が途中までで放り出してあった平成19(2007)年8月の『夏潮』創刊以来の「雑詠」掲載句を、書き出してみることにした。 巻頭は初めてだったが、あと一歩足りない、二番目が三回あった。

   2011(平成23)年11月号
昼寝して三途の川の辺まで
風通る海辺の宿の昼寝かな
箱庭の仙人不老長寿かな
箱庭に似付はしきは小糠雨

   2014(平成26)年12月号
墓参してあとのランチや生きてをる
鳳仙花人の気配に種とばす
草の花信濃追分旅籠裏
青蚊帳に螢放せし母若く

   2015(平成27)年7月号
かなりの間待たされをれど春炬燵
三椏の花の黄色の地味なるや
新旧交代まざまざ枇杷芽吹く
啓蟄と言ひて外出致しをり

 大まかに言って、わが俳句の特徴は、俳味、おかしみにあるのではないかというのが、書き出してみての感想だった。 いずれ二十句か、できれば年齢の八十句、抜き出してみたい。 話は変わるが、12月に池澤夏樹さんの小説「また会う日まで」のことを書いて、福永武彦の『草の花』を読み、中公文庫の『玩草亭 百花譜』福永武彦画文集 上中下三巻を持っている、と書いた。 だが、<草の花信濃追分旅籠裏>などという句を作っていたのは、すっかり忘れていた。

半藤一利さんの戦争と平和<等々力短信 第1139号 2021(令和3).1.25.>2021/01/25 07:08

 亡くなった半藤一利さんの『漱石先生ぞな、もし』正・続は文藝春秋刊だが、 漱石俳句を扱った『漱石先生 大いに笑う』は講談社刊だ。 それぞれの扉カッ トは、作者自身(面白い絵だ)、和田誠、安野光雅と別なのを、今、ひっくり返 していて気づいた。 三冊目の題、『文藝春秋』昭和24年6月号「天皇陛下大 いに笑う」、サトウハチロー、辰野隆、徳川夢聲の三人が昭和天皇の前で「バカ ばなしをして、陛下はうまれてはじめてお笑いになった」座談会を端緒に、こ の雑誌が急発展した言い伝えがあるそうだ。

 昭和史を伝え続けた半藤一利さんの根底には、14歳で昭和20年3月10日 の東京大空襲に向島の自宅で遭い、焼夷弾が土砂降りのように降る中を逃げ惑 い、川で溺れて死にかけた体験があった。 日本は、なぜこんな無謀な戦争に 突き進んだのか。

旧制長岡中学から昭和23年に旧制浦和高校へ進んで、初めてオールを手に して以来、昭和28年に東大を出るまでボート部にいて、隅田川で漕いでいた という。  『半藤一利と宮崎駿の 腰抜け愛国談義』(文春ジブリ文庫)に、 こんな話がある。 第一次世界大戦後の大正11年のワシントン海軍軍縮会議 の軍縮条約で、激烈をきわめていた世界の建艦競争が急停止となる。 国の財 政がもたないからだ。 主力艦(戦艦と空母)の保有量が制限されて、日本は 対米英6割とされる。 そのため計画で準備していた鉄と工員が大量に余った。  それを何とかしなきゃいけないということで、隅田川に橋がバンバン架けられ た。 比較的最近の新大橋(昭和52年竣工)を除けば、みんな立派な鉄の橋 で、しかも構造の異なった橋がいろいろあって「橋の博覧会」と言われている。  永代橋が大正15年の竣工で、以降、昭和7年の両国橋まで、つぎつぎと架橋 されたが、設計と工事を請け負ったのは、浦賀船渠や三菱重工といった造船会 社だった。 もし軍縮とならずに、軍艦や空母になっていたら、すべて海の藻 屑と消えていたことになる。 半藤さんは、そうならずに隅田川の橋は、いま なお我々の暮らしに貢献してくれている、平和とはいいものです、と言う。 い ずれにせよ、昭和初期の日本では一挙にインフラが整備され、井の頭線とか京 王線も、ことによるとその余りでつくったのかもしれない、と。 荒川放水路 をつくった費用が、巡洋艦一隻分だったそうだ。

 半藤さんは、千鳥足で転んで大腿骨を骨折、リハビリ病院での猛烈な訓練に、 朝日新聞の連載を断念した「歴史探偵おぼえ書き」の最終回(2019年9月28 日)に、小林一茶の<この所あちゃとそんまの国境(くにざかい)>を引いた。  「あちゃ」は信濃方言、「そんま」は越後言葉で、ともに“さよなら”の意。 越 後長岡にゆかりある半藤さんは、こんな最後の挨拶を送っていた。 「じゃあ、 そんまそんま」

「双六」と「初景色」の句会2021/01/24 07:49

 『夏潮』渋谷句会、このコロナの状況で、1月もやはり通信句会となった。 幹事を交代してもらって楽な気持になって参加する。 兼題は「初景色」と「双六」、私はつぎの七句を出した。

コロナ禍や戻る双六振り出しへ
親戚の寄り合ひし頃絵双六
双六に負けて末っ子居なくなり
出だしからスロー人生絵双六
筑波嶺を仰ぎて走る初景色
初景色どこにも同じチェーン店
初景色マスクの人が二三人

 私が選句したのは、つぎの七句。 幹事をお引き受け頂いた耕一さんを三句も採っていたのは、偶然ながら、上出来だった。
上がりは嫁入り昭和の絵双六   さえ
桑名では一回休み絵双六      耕一
猫の来て賽に手を出す絵双六   耕一
不本意に孫に勝ちたる絵双六   華
海上に富士浮かぶやう初景色   淳子
お隣の庭木も屋根も初景色     礼子
十日町白一色の初景色       耕一

 私の結果。 <出だしからスロー人生絵双六>を英主宰・美佐子さん・孝治さん、<双六に負けて末つ子居なくなり>を裕子さん・華さん、<親戚の寄り合いし頃絵双六>を真智子さん、<筑波嶺を仰ぎて走る初景色>を庸夫さん、<初景色どこにも同じチェーン店>を真智子さんに採って頂いた。 主宰選一句、互選七票、計八票、新年早々まずまずというところだった。