世界遺産富岡製糸場を見学2017/06/14 06:31

 6月5日、文化地理研究会の1964年卒業同期の会「六四の会」、学生時代の 代表加藤隆康さんの肝煎りで、世界遺産富岡製糸場を見学するバス旅行をした。  はとバスのツアーに便乗して、一般の方々とご一緒したのである。 ツアー名 は「世界遺産富岡製糸場と峠の釜めし&鉄道文化むら」。 このところ毎年、会 員ではない家内も参加させてもらっているので、後で、すっかり昔からの仲間 のような顔をして混ざっていると、笑ったことだった。

 富岡製糸場は、明治5(1872)年10月政府の殖産興業政策の先駆けとして 操業を開始、明治26(1893)年に三井家へ払下げられ三井富岡製糸所、明治 35(1902)年原富太郎(三渓)の原合名会社に譲渡され原富岡製糸所を経て、 昭和13(1938)年からは片倉製糸紡績、片倉工業が昭和62(1987)年まで、 115年間にわたって操業していた。 操業停止後も、片倉工業はほとんど旧状 を変えることなく多額の費用をかけて保存管理し、平成17(2005)年9月す べての建造物を富岡市に寄贈した。 寄贈当時の片倉工業社長の岩本謙三さん は、実は大学の同期だった。 私は柔道部だった友達の友達だったことで知り 合い、彼に「等々力短信」を読んでもらっていた。 その岩本謙三さんは、長 い闘病の後、昨年8月17日に亡くなった。 19日朝日新聞朝刊の死亡記事に 「同社が所有・管理していた富岡製糸場を、群馬県富岡市に05年に寄贈した 当時の社長。14年の世界遺産登録につながった。」とあった。 短い訃報なの に、こう書かれていたのが嬉しかった。

 今回は、解説員によるガイドツアーで見学した。 音声ガイド機のイヤホー ンに、解説員の声が入ってくる。 まずアーチのキーストーンに「明治五年」 とある国宝「東置繭(おきまゆ)所」、乾燥させた繭の貯蔵所。 木で骨組みを 造り、柱の間に煉瓦を積み上げて壁を造る「木骨煉瓦造」、材木は妙義山から、 煉瓦は瓦職人が甘楽町福島の窯で製造したという。 煉瓦は、表面が長短互い 違いになるフランス積。 この建物の1階では、後で繭から糸を巻き出す(機 械化以前の)座繰りの実演を見た。

 解説で初めて知ったのは、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」に荒船風 穴(下仁田町)のあること。 日本最大級の蚕種(さんしゅ・蚕の卵)の貯蔵 施設である。 俳句の季題「蚕(かひこ・かいこ)」に、「春蚕(はるご)」とい う傍題がある。 『ホトトギス新歳時記』の「蚕」には、「蚕といえば「春蚕(は るご)」をいうので、夏、秋の蚕はとくに「夏蚕(なつご)」「秋蚕(あきご)」 と呼ぶ。四月中旬に蚕卵紙から孵化し、盛んに桑の葉を食べて六センチくらい の蒼白い虫に成長する。養蚕のことを俳句では「蚕飼(こがひ)」という。(傍 題に)蚕飼ふ。種紙。掃立(はきたて)。飼屋。蚕棚(こだな)。蚕室(こしつ)。 捨蚕(すてご)。蚕時(かひこどき)。」とある。 荒船風穴の蚕種(さんしゅ・ 蚕の卵)の貯蔵施設で温度管理をし、種紙の出荷時期を調節しての養蚕が、富 岡製糸場の東置繭所と西置繭所の繭倉庫2棟合わせて5000石、年間280日の 操業でも万全な収繭量と、計画的な大量生産につながったのであろう。

「雨蛙」と「石榴の花」の句会2017/06/12 07:06

 6月8日は、『夏潮』渋谷句会。 このところ入門の吟行句会であるタイドプ ール句会から、兼題の渋谷句会にも参加する方がいて、男女ほぼ半々、女性が 圧倒的に多い夏潮会にあって、異色の句会となりつつあるのは、心強く嬉しい ことである。 兼題は「雨蛙」と「石榴(ざくろ)の花」、私はつぎの七句を出 した。

雨蛙跳んでペタリと手の甲に

庭へ放つ鮒釣で得し雨蛙

雨蛙けふは三軒先で啼き

雨蛙啼けばにはかにかき曇り

お茶淹れる役たりし頃花石榴

帝釈天井戸端に散る花石榴

人住まぬ平屋の庭に花石榴

 私が選句したのは、つぎの七句。

一雨の来さうな風や枝蛙     なな

濡縁にいつしかをりぬ雨蛙    盛夫

青蛙気付けばここにまたここに  明雀

雨蛙かしこまりたる姿して    盛夫

干し物に残る湿り気花石榴    さえ

曇天に朱のてらてらと花ざくろ  さえ

ささくれし格子の棧や花石榴   さえ

 私の結果は、<雨蛙跳んでペタリと手の甲に>を英主宰、<庭へ放つ鮒釣で 得し雨蛙>と<雨蛙啼けばにはかにかき曇り>を耕一さん、<お茶淹れる役た りし頃花石榴>を英主宰と正紀さん、<帝釈天井戸端に散る花石榴>をななさ んが、採ってくれて、主宰選2句、互選4票、計6票とまずまずだった。

 主宰の選評。 <雨蛙跳んでペタリと手の甲に>…こんなこともあるんです ね。雨蛙を手にした感触、誰もが一度は経験したことがあるのではないか。リ ズムよく出来ている。 <お茶淹れる役たりし頃花石榴>…NHK朝の連続ド ラマか何かにありそう。小さな作業所に就職して、社会生活が始まった。町工 場のような所に、年端の行かない娘さんが勤めて、初々しい経験をする。そん な、けっこう饒舌な句であったか。

 実は、作者の私は「石榴の花」を「紅一点」、万緑叢中紅一点を念頭に、いさ さか理屈に流れるかもしれないとは思いながら詠んだのだった。 本井英主宰 の思いがけない読みのお蔭で、俄然素敵な句にして頂いた。 この句会には、 主宰選になった<工場の中庭に咲く花石榴>という明雀さんの句もあった。  実は私、十数年前までガラス食器を製造する零細町工場をやっていて、中庭に は父の植えた石榴が毎年咲き、大きな実をつけていた。 田舎から集団就職で 来た中卒がベテランの職人に育ち、伝手を頼って高卒の事務員も受け入れたことがあった。 主宰の読みがピタリとはまるような娘さんもいたのである。

『ソール・ライター展』、俳句との近さ2017/05/29 07:04

 東急の株主なのらしい友人から招待券を頂いたので、Bunkamuraザ・ミュ ージアムで『ソール・ライター展』を、ドゥ マゴ パリでのランチがてら、見 て来た。 ドゥ マゴ パリは、ちゃんとした料理を出して、安いのがいい。 展 覧会の名を全部書くと『ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター 展』(6月25日まで)である。 それで写真家とわかるソール・ライターを、 まったく知らなかった。 土曜日ではあったが、どうせ空いているんだろうと 入った会場で、びっくり、大勢の人が見ていた。

ソール・ライター(1923-2013)は、1950年代からニューヨークで第一線 のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に世間から姿を消 した。 83歳の2006年にドイツで出版された作品集が、センセーションを巻 き起こし、展覧会開催や出版が相次ぎ、2012年にはドキュメンタリー映画『写 真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』(日本公開は2015 年)にまでなったのだという。

モノクロ写真に始まり、1950年頃からカラーになる(このあたりは、数年遅 れで私も体験している)。 もともとは画家志望だったが、売れなくて写真の 道に入ったのだそうで、カラー写真に通じるスケッチや絵も展示されている。 

ニューヨークの自分の住む地域で撮ったスナップが中心なのだが、私は「俳 句」と近いものを、そこに感じた。 それはソール・ライター自身の言葉に表 れている。 「美」を「詩」にすれば、俳句ではないか。 「写真家からの贈 り物は、日常で見逃されている美を、時折提示することだ。」 「雨粒に包ま れた窓の方が、私にとっては有名人の写真より面白い。」 「見るものすべて が写真になる。」 「私が写真を撮るのは自宅の周囲だ。神秘的なことは馴染 み深い場所で起きると思っている。なにも、世界の裏側まで行く必要はないん だ。」 「重要なのは、どこである、何である、ではなく、どのようにそれを 見るかということだ。」

時代が変わり、写真家の自由な創造性が束縛されるようになり、仕事も減少 してスタジオを閉じ、自分のためだけに作品を創造する「隠遁生活」へ入った。 「取るに足りない存在でいることは、はかりしれない利点がある。」 「私 は注目を浴びることに慣れていない。私が慣れているのは、放っておかれるこ とだ。」

女性の名前が題名になっている、日常生活の中で、身近な女性らしい人を撮 ったヌードや絵がある。 それが、何人もなのだ。 見逃したのか、説明がな かったようで、謎である。

<うな重を妻に奢りて落着す>2017/05/20 07:06

 自註『本井 英集』の後半には、句会や吟行で、その句の誕生に立ち会った句 も出て来て、楽しい。 <欲得をきれいに飾り大熊手> 平成20年作 「慶 応志木高校のOB俳句会「枇杷の会」。男ばかりで「三の酉」へお参りした。勢 いに任せて悪所へ繰り込むような乱暴者はいない。」 <捩ぢあげるやうに大根 引きにけり> 平成22年作 「「夏潮」渋谷句会での兼題。教員時代、毎年、 生徒と大根を育てた。あんまり出来たので干して沢庵漬けにしたこともあっ た。」 <箱庭の触るれば回る水車かな> 平成23年作 「「夏潮」渋谷句会 は兼題だけの俳句会。「箱庭」の題詠。<箱庭の家鴨を並べかへてみし>など。 箱庭で遊ぶのと同じように俳句で遊ぶ。」

 本井英先生は昨秋、『夏潮』創刊以来の句を収めた第四句集『開落去来』(ふ らんす堂)を出版された。 その句集について、私は「等々力短信」第1088 号に「本井英句集『開落去来』」を書いた。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2016/10/25/8235516

 その中で、「観察と写生」「ユーモアや俳味」「お人柄と人情」「意外な措辞」 「ご家族」について、私が気に入った句を32句挙げた。 今回の自註『本井 英 集』には、私が挙げた32句の内、半数に近い15句が選ばれていたのは、嬉し かった。 俳句を詠むほうは少しも上達しないけれど、選句のほうは少しは増 しになったのかと思ったのである。 ただし<冷蔵庫置けば愛の巣らしくなる >(平成21年作)を、「ご家族」を詠んだのか、お嬢さんのお宅あたりかと想 像したが、註に「「冷蔵庫」が季題であることに、やや違和感を覚えながら題詠 した。まるでテレビのドラマのようなストーリーを空想してみたら。」とあった。  短信の「短篇小説でも書けそうだ」は、当たったのかもしれないが。

 <うな重を妻に奢りて落着す> 平成24年作 「江利子は本当に良く出来 た妻だと思う。それでも偶には機嫌を損ずる。勿論こちらに落ち度があるのだ。 「うな重」は「ゴメン」のシノニムである。」 久美子さんが亡くなられた十年 後、江利子さんと再婚された。 俳句は、私小説のようなものでもある。 今 回の句集にも久美子さんを詠んだ句が沢山ある。 下種な私は、つい江利子さ んの胸中を勘繰ってしまうのだった。

 『夏潮』の創刊を準備していた頃、現役の社会人が多かった運営委員の間に は、編集の負担が大きいから、誰か雇ったらとか、月刊を諦めたらとかいう意 見もあった。 本井英先生は、断固反対、初心を貫かれた。 平成18年8月 一ヶ月、逗子のご自宅で全62回の連続俳句会「日盛会」が開催され、延べ800 人以上の参加者があった。 78頁には「この「日盛会」を支えてくれたのが、 今の家内である」とある。 座談会、対談、講演記録は、俳誌『夏潮』の一つ の柱である。 最近では11か月にわたる鈴木孝夫先生との対談「日本と西洋」 が、出色のものだった。 そのテープ起こしが、どれほど大変な作業か。 そ れは江利子さんの仕事だと聞く。 江利子さんは『夏潮』の十年も支えてこら れたのである。 今になって、本井英先生の念頭には、初めから江利子さんの 存在があったことを知る。

 <里山のおしるこ色に芽吹くかな> 平成23年 「早春、芽吹きの頃の逗 子・葉山の丘。最初に気付いたのは江利子。「漉し餡」みたいと。我が家は祖父 も父も兄も甥も製餡業を営んでいる。」

無言館とゲティスバーグ演説2017/05/19 07:09

 本井英先生は「枇杷の会」深川吟行後の小酌で、はっきりしたものをつかん だ、それを書いて死にたい、というようなことのほかに、先の戦争で死んだ人々 に申し訳ないという気持が強いとも、おっしゃった。 先生は昭和20年終戦 の年のお生れだ。 私は昭和16年に生れ、品川中延で空襲に遭い、父に負ぶ われて逃げ、立会川に下りて一夜を過ごした経験があるのだけれど、まったく そういう気持がない、と申し上げた。 能天気なのだろう。

自註『本井 英集』に、こんな句がある。 <炎天のかむさるばかり無言館> 平成16年作 「信州上田。塩田平の一 角に「無言館」はある。あの戦争に出陣した画学生達の作品や遺品が展示して ある。空は彼の日々と同じ「炎天」。」

 5月15日は福澤先生ウェーランド経済書講述記念日の講演会、旧図書館の改 修工事で福沢先生の胸像がその前に移設された三田演説館で、阿川尚之慶應義 塾大学名誉教授の「福澤先生の訳した憲法 : 合衆国という国のかたち」を聴い てきた。 素晴らしい講演だった。 阿川尚之さんはまず、福沢が『西洋事情』 (初編)巻之二で訳したアメリカ合衆国憲法を通して、その思想と仕組みを考 える。 福沢が訪れたアメリカは、南北戦争の直前と直後だった。 帰国後は 幕末維新の動乱だ。 日米両国はそれぞれ、「国のかたち」の大きな変化に直面 していた。 その大きな変化と憲法制定・改正の関係に議論を進めた。

 阿川さんは結論の部分で、「国のかたち」の変化における学者、思想家の役割 に触れ、「国のかたち」を示した人として、福沢諭吉とエイブラハム・リンカー ンを挙げた。 福沢は欧米の立憲君主制、共和制を紹介し、独立する個人から なる、将来あるべき日本の「国のかたち」を構想した。 『瘠我慢の説』「立国 は私なり、公に非(あら)ざるなり」。 それはリンカーン大統領の「国のかた ち」に関する思想と対比することができ、共通性を持っている。 阿川尚之さ んは、まさに演説館にふさわしいからと、リンカーンの「ゲティスバーグ演説」 “a new birth of freedom”の訳文と原文の朗読で、講演を締めくくった。 

 帰宅後、アメリカンセンターJAPANのウェブサイトで「ゲティスバーグ演 説(1863年)」を読む。 南北戦争でのゲティスバーグの戦いは1863年7月1 日から3日まで、南部連合軍はリー将軍の北バージニア軍を先頭に合衆国の領 土を侵略し、ミード将軍率いる合衆国ポトマック軍と戦った。 双方で4万5 千人以上の死傷者を出した悲惨な戦闘の結果、4日南部連合軍はバージニアに 撤退、これが南北戦争の転換点になったといわれる。 リンカーンの演説は、 1863年11月19日、ゲティスバーグ国立戦没者墓地の開所式で行われた。

 全体でわずか2分ほどの演説だが、米国史上最も重要な演説の一つとみなさ れている。 「アメリカ合衆国が拠って立つ自由と平等の原則を表現すること に成功している。そして米国の生存のために戦い、命を落とした人々の栄誉を 誇らかに称えている。リンカーンは演説の中で、米国のための「自由の新たな 誕生」に言及した。」

 ゲティスバーグ演説 「87年前、われわれの父祖たちは、自由の精神にはぐ くまれ、人はみな平等に創られているという信条にささげられた新しい国家を、 この大陸に誕生させた。今われわれは、一大内戦のさなかにあり、戦うことに より、自由の精神をはぐくみ、平等の信条にささげられた、このような国家が、 長く存続することは可能なのかどうかを試しているわけである。われわれはそ のような戦争の一大激戦の地で、相会している。われわれはこの国家が生き永 らえるようにと、ここで生命を捧げた人々の最後の安息の場所として、この戦 場の一部をささげるためにやって来た。」(中略)

「彼らがここで成した事を決して忘れ去ることはできない。ここで戦った 人々が気高くもここまで勇敢に推し進めてきた未完の事業にここでささげるべ きは、むしろ生きているわれわれなのである。われわれの目の前に残された偉 大な事業にここで身をささげるべきは、むしろわれわれ自身なのである。それ は、名誉ある戦死者たちが、最後の全力を尽くして身命をささげた偉大な大義 に対して、彼らの後を受け継いで、われわれが一層の献身を決意することであ り、これらの戦死者の死を決して無駄にしないために、この国に、神の下で、 自由の新しい誕生を迎えさせるために、そして、人民の人民による人民のため の政治を地上から決して絶滅させないために、われわれがここで固く決意する ことである。」

It is for us the living, rather, to be dedicated here to the unfinished work which they who fought here have thus far so nobly advanced. It is rather for us to be here dedicated to the great task remaining before us – that from these honored dead we take increased devotion to that cause for which they gave the last full measure of devotion – that we here highly resolve that these dead shall not have died in vain – that this nation, under God, shall have a new birth of freedom – and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth.