「漸草庵 百代の過客」のエゴノキ2022/07/07 06:54

 百代橋の下をくぐる道は、綾瀬川を松原大橋を渡り、草加市文化会館の右手川沿いに、ドナルド・キーンさんが命名したという「漸草庵 百代の過客(ぜんそうあん はくたいのかかく)」という茶室四間とお休み処の数寄屋建築があった。 外に樽型の牢屋のようにも見える小さな茶室もある。 百代橋には「ひゃくたいばし」とあり、ここは「はくたい」、キーンさんが正しいのだろう。 「漸草」の意味を草加市のホームページなどで探したが、わからなかった。 漢和辞典の「漸」の意味は、(1)ようやく。だんだん。次第に。(2)進む。次第に進む。じわじわ進む。(3)易の一つ、順を追って進む象(かたち)。(4)きざし。(5)通す。通ずる。(6)のびる。成長する。(7)順序。段階。 「〝草〟加市が次第にのびる、成長する」という意味だろうか。

 漸草庵の庭に実をたくさんつけている「エゴノキ(えごの木)」があった。 岡部さんが「チシャ」とも言うと教えてくれた。 「チシャ」はキャベツだとも言うから、それは「レタス」だろうと、私が言った。 落語の「夏の医者」で知っていたからだ。 暑い夏の盛り、無医村カシマ村のタゼエモンが倒れて、息子が隣村の一本松にゲンパクロウという医者を迎えに行く。 山越えの途中で、息子と医者がウワバミに呑まれてしまうが、医者は薬籠の下剤ダイオウの粉を撒いて、脱出する。 タゼエモンを診て、チシャ(今風に言えばレタス)の胡麻よごしの食べ過ぎの、ものあたりだと診断するが、薬籠をウワバミの腹の中に忘れて来ていた。 気丈な医者は、もう一度、ウワバミに呑まれに行く。 ウワバミは、大木にひっかかった形で、げんなりしていた。 医者が事情を話して、交渉するが、ウワバミは「もうダメだよ、夏の医者は、腹に障る」。

 なお、「えごの木」が「チシャ」だという件だが、「エゴノキ」で検索したら、エゴノキ科の落葉小高木、初夏、白色の小さな花をたくさん咲かせ、それが実になる、「エゴ」は実を口に入れると「えぐい」から来ており、別名チシャノキ、チサノキ、歌舞伎の「伽羅先代萩」に登場する「ちさの木(萵苣の木)」はこれだとあった。 一方、レタスの「チシャ(萵苣)」はヨーロッパ原産のキク科の野菜、韓国料理ではサンチュと呼ぶ。 同じ名でまぎらわしいが、木とは別物だ。 なお、キク科、植物の科としては最大で、一年草から大高木まであるというから、キク科だから草というわけではない。

 近くに、正岡子規の句碑<梅を見て野を見て行きぬ草加まで>があった。 実際には見なかったが、近辺に高浜虚子の句碑<巡礼や草加あたりを帰る雁>、水原秋桜子の句碑<草紅葉草加煎餅を干しにけり>や<畦塗りが草加の町をかこみける>があるそうで、所々に松山市のような「投句箱」があった。 これらの俳句は、都会化、さらには長靴必須以前の、地域の景色と歴史を歴然と示していた。

三田あるこう会「日光道中・草加松原」2022/07/06 06:39

 7月3日、第546回三田あるこう会があり、「日光道中・草加松原」を歩いてきた。 猛暑日が連続する中、台風4号が発生した影響で、たまたま一服、最高気温31度予想ということで、いくらか良いかという日になった。 東武スカイツリーライン「独協大学前」駅集合、以前は「松原団地」と言っていた駅だ。 駅名の改称に、独協大学は3億円を負担したとか。 東武スカイツリーラインは、中目黒から日比谷線が直通運転しているから、自由が丘から1時間15分ほどで着く。 昔から「草加、越谷、千住の先」と言っていた。 結婚したての頃だったか、家内の友達が結婚して竹ノ塚に家を持ったというので訪ねたことがあった。 雨の日、長靴を履いて駅まで送って行き、ご主人は革靴に履き替えて出勤するという話だった。 それが今は一変、小菅を過ぎると、大きなマンションやショッピングセンターが立ち並ぶ。 「独協大学前」駅前にも、タワーマンションや近代的な図書館があった。

 「独協大学前」駅前から北へ2信号で、旧日光街道・県道足立越谷線に出る。 前に百代橋(ひゃくたいばし)という大きな太鼓橋が観光用に作られている(あとで、もう一本の矢立橋を昇り降りした)。 それぞれの橋名は、「月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり」「行く春や鳥啼き魚の目は泪、これを矢立の初めとして」にちなむ。 百代橋の手前に「松尾芭蕉文学碑」、元禄2(1689)年3月27日、江戸深川を船出して千住で上陸、見送りに来た人たちと別れを告げ、「もし生きて帰らばと、定めなき頼みの末をかけ、その日やうやう早(草)加といふ宿にたどり着きにけり」と、『おくのほそ道』に記した。 『おくのほそ道』という作品では、草加宿に泊まったことになっているが、同行した河合曾良の「旅日記」では粕壁(春日部)まで行ったとあるそうだ。 今の距離で30キロぐらいあるか、餞別にもらった肩の重い荷物に苦しみながらというが、たいへんな健脚である。 ちいさい声で言おう、松尾芭蕉、草加松原の景色など味わっている余裕はとてもなかったかもしれないけれど、草加市に観光地を残してくれたというわけだ。 ここ綾瀬川沿いの「草加松原」、現在634本ある中に江戸時代からの古木が60本ほどあり、国指定名勝「おくのほそ道の風景地『草加松原』」に指定されている。

「空梅雨」と「矢車菊」の句会2022/06/15 06:34

 6月9日は、『夏潮』渋谷句会があった。 兼題は「空梅雨」と「矢車菊」、私は次の七句を出した。
空梅雨や室生の寺に参る人
空梅雨か天気予報は煮え切らず
空梅雨も線状降水帯も嫌
爺婆は溜息ばかり旱梅雨
矢車菊ラピスラズリを突き上げて
矢車菊保育園児の目の高さ
矢車菊藍と青とをこきまぜて

 私が選句したのは、次の七句。
梅雨晴やがらがら変はりゆく渋谷    英
うしろ手に佇む人や旱梅雨        盛夫
一雨をのぞむ挨拶旱梅雨         照男
空梅雨や砂場にひとつ赤バケツ     美佐子
空梅雨といへど堂々那智の滝      美佐子
作物の小さきままに旱梅雨        伸子
幼ナ児は矢車菊に隠れけり        伸子

 私の結果。 <空梅雨か天気予報は煮え切らず>を英主宰、<矢車菊保育園児の目の高さ>を正紀さんと伸子さんが採ってくれた。 主宰選1句、互選2票の、計3票。 相変わらずの鳴かず飛ばずであった。

 主宰の総評。 題詠は、生きてきた軌跡をたどりながら、もう一回、記憶に頼って季題と向き合う。 俳句は、長生きすれば上手くなる。(私(馬場)など、十分長生きしたのに上手くならないが…。) 矢車菊は、死んだ家内が好きだった。

 <空梅雨か天気予報は煮え切らず>の主宰評。 天気予報がかわいそう、「煮え切らず」と悪く言って、低評価。 わかっているのだが、ぶつけているところに、天気に気をもむ感じが伝わる。

「夏霞」と「豆飯」の句会2022/05/19 08:02

 12日は「夏潮」渋谷句会だった。 兼題は「夏霞」と「豆飯」で、私は次の七句を出した。

鰯囲ふ沖の生簀に夏霞
横山はベッドタウンや夏霞
茶畑にエンジンの音夏霞
茶覆の黒き連なり夏霞
里山の農家料理屋豆の飯
炊立ても冷めてまたよし豆御飯
板前はぶつきらぼうに豆の飯

 私が選句したのは、次の七句。
田沢湖の睡るがごとく夏霞        なな
湖に沿うて電車や夏霞           さえ
バス釣りの舟二三艘夏霞         裕子
厨から母の鼻歌豆ごはん         裕子
末の児の豆飯の豆そつと除け      正紀
豆飯や父の逝きたる年となり       耕一
豆飯や一汁あれば満ち足りて       孝子

 私の結果は、<鰯囲ふ沖の生簀に夏霞>を英主宰が、<横山はベッドタウンや夏霞>をさえさんが、<茶畑にエンジンの音夏霞>を明雀さんが採ってくれて、主宰選1句、互選2票、計3票と、相変わらずチョボチョボだった。

<鰯囲ふ沖の生簀に夏霞>の主宰選評、あるんですよ鰯の生簀、会話が聞こえてくるようだ。 漁港の400メートルから500メートル先にある、最近葉山にはない、カツオ船などに売る、鰯の養殖はないから。

 私が選句した句で、主宰選にもあったものの、主宰選評。 <田沢湖の睡るがごとく夏霞 なな>…この句会、日本中を旅しているよう、「田沢湖」は虚子のいい写生文がある。乳頭温泉などが思い浮かぶ。田沢湖は深く、「睡る」にふさわしい。 <湖に沿うて電車や夏霞 さえ>…宍道湖の一畑電車など、ぼんやり見えて、夏に入る感じがある。 <バス釣りの舟二三艘夏霞 裕子>…「バス釣りの舟」が上手い、椅子、電動、バウなど、他の釣りと文化が違う、軽薄な感じ、景色がはっきり見えて来る。 <豆飯や一汁あれば満ち足りて 孝子>…なるほど、おかずがなくてもいい、素直な句。

「桜」と「春惜む」の句会2022/04/18 07:07

 珍しく、雨になった14日、渋谷句会が開催され、12月9日以来だから久しぶりに参加した。 幹事役のななさんに「お見限りかと思いました」と言われてしまったが、ほとんど俳句の作り方を忘れた感じがした。 兼題は「桜」と「春惜む」で、新宿御苑吟行句も可だった。 私は、つぎの七句を出した。

ポトマックの桜戦時もきつと咲き
靖国の標準桜古りしかな
桜散る千鳥ヶ淵の墓苑かな
花筏吹き寄せられて色の濃き
花水木写メ撮る人や春惜しむ
ゴミ容器転がつてゐて春惜しむ
生垣は一度(ヒトタビ)赤に春惜しむ

 私が選句したのは、次の七句。
登校の桜下校の桜かな        礼子
剪りし枝口にふくみて桜守       美保
故郷へ帰りそこねて春惜しむ     庸夫
多摩川を次の橋まで春惜しむ     さえ
旬のもの天麩羅に春惜みけり     淳子
集ひまた叶はぬ春を惜しみけり    なな
寓の字の古りし表札竹の秋       盛夫

 私の結果は、互選ゼロだった。 ほとんど俳句の作り方を忘れた感じがした、不勉強の報いである。 スコンクかと覚悟していたところ、英主宰が<花筏吹き寄せられて色の濃き>を採って下さって、危うく救われた。 選評は、上手い句、凝った季題、数珠繋ぎになった花びらが、濃いように見えてきた、落花のときの景。

 主宰の総評。 「春惜む」は重い季題。 高浜虚子に<春惜む命惜むに異らず>があり、虚子忌(4月8日)を「椿寿忌」(戒名が虚子庵高吟椿壽居士)というが、「惜春忌」ともいう。 虚子の別号で「惜春居」という名前があり、「惜春居」という落款も使っていた。

 私の選句した句で、主宰選にもなった句の選評。 <多摩川を次の橋まで春惜しむ>…何川でもよい。橋と橋の、その間の景色を味わう、情がある。 <登校の桜下校の桜かな>…朝の青っぽい桜、夕方の色に染まった桜。朝と夕、それを見る心の様子も、それぞれ違う。 <集ひまた叶はぬ春を惜しみけり>…なるほど、今のコロナ禍を表わす。 <寓の字の古りし表札竹の秋>…そういう表札を見かけたんだろう。どんな人が住んでいるんだろうか。