なぜ小さなラトガースが留学の中枢となったか?2017/10/24 06:35

 そこで、ラトガース大学のファーナンダ・ペローン准教授(図書館長)の基 調講演「目に見えないネットワーク : 明治初年ラトガースにおける日本人留学 生」である。 高木不二さんの抄訳と、コメンテーター立教大学の阿部珠理教 授のコメントを参考にして、書いてみたい。 明治初年多くの日本人留学生が アメリカ、ニュージャージー州ニューブランズウイックにあるラトガース・カ レッジや、その準備校であるラトガース・グラマースクールで学んだ。 この ラトガースがハブ(hub)となって、当時のニューヨークやフィラデルフィア、 ボストン、ニューイングランドなどにみられる日本人留学生のネットワークを つないでいた。 なぜ、名門(アイビー・リーグ)でも大きくもない、この小 さな大学がハブとなったか。 そこには「目に見えないネットワーク」があっ たからだ。 それはラトガースやニューブランズウイック神学校をとりまくプ ロテスタントの教会ネットワークの一部であり、さらにはオランダ改革派教会 の日本を含む東洋における活動とつながっていた。

 ラトガース・カレッジは1771年に、クイーンズ・カレッジ(英国王ジョー ジ3世の妃シャルロッテにちなむ)として開学、当初はオランダ改革派教会の 聖職者養成が目的だった。 学生が集まらず、何度か閉鎖された後、1825年篤 志家ヘンリー・ラトガースの援助を得て、ラトガース・カレッジとして再出発 した。 南北戦争後(阿部珠理教授によるとモリル法で実学の大学に補助金が 出た)、ウイリアム・キャンベル学長のもとで、科学部門を併設、1860年代に 総合大学として発展した。 学生たちの活動も文化・スポーツなど多方面で活 発になった。 日本人留学生は、そのラトガースの隆盛期に居合わせた。

 幕末、多くの留学生がイギリスなど欧州へ渡ったが、アメリカへは南北戦争 (1861-65)の影響で、10人前後しか留学していない。 森有礼と新島襄を除 く学生達がラトガースに来たのは、オランダ改革派教会がラトガースと強い結 びつきを持っており、その教会が日本に派遣した宣教師がフルベッキだったか らである。 長崎でフルベッキに学んだ学生が留学を希望すると、ニューヨー クの改革派教会伝道局の責任者フェリスを紹介され、そのフェリスは彼らにラ トガースを勧めた。 フェリスはニューブランズウイック神学校の卒業生だっ た。 最初に来たのは横井小楠の甥の横井佐平太・大平兄弟、翌年には日下部 太郎(越前藩)、畠山義成、松村淳蔵、吉田清成(三人は薩摩藩)がやって来た。

 日本人留学生は、侍階級の出身で容儀が正しく、克己の精神を持ち、日本の 国家に貢献しようとする意欲に燃えて、熱心に勉強したから、アメリカの同級 生にも好印象を与え、成績もよかった。 江藤淳が初期留学生は「勉強死にし た」ほど猛烈に勉強したと書いている。 日下部太郎は、日本人で初めてファ イ・ベータ・カッパ・クラブ(全米優等学生友愛会)のメンバーとなったが、 1870(明治3)年、不幸にも卒業式の数週間前に結核で亡くなり、学位は死後 に与えられ、アマースト大学の新島襄とともに、アメリカの大学を卒業した最 初の日本人となった。 彼の英語とラテン語の家庭教師だったウイリアム・エ リオット・グリフィスは、彼の死を深く悼み、同年越前藩のお雇いとして来日、 一年後開成学校(東京大学)の教授となった。

 明治初年のラリタン河畔の小さなカレッジ(ラトガース)における宣教師・ 教育者・留学生の間のネットワークが、その後の日本の教育・政治・経済界の リーダーを生み出す基礎を形作ったと、ファーナンダ・ペローン准教授は指摘 した。

「中秋の名月」前後、月の呼び方2017/10/10 07:13

 「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」という。 テレビの天 気予報などが、10月4日(水)は「中秋の名月」だといって、騒いでいた。 わ が家でも、それに釣られて空を見て、雲の一部が明るくなっているのがそれだ ろうなどと眺めていた。 しばらくたって、雲の合間に、「中秋の名月」が見え た。 そこで一句、<老夫婦雲の切れ待つ良夜かな>。 家内は、「老夫婦」が 気に入らないと言う。 どこかの家の「老夫婦」を見ているのだ、と言う。 「良 夜」は、『ホトトギス新歳時記』に「秋の月がくまなく照らす夜のこと。いまで はもっぱら名月の夜をいうようになった」とある。 私は、山口青邨の、<人 それ\゛/書を読んでいる良夜かな>という句が好きだ。

 陰暦八月十五日の月を、「中秋の名月」という。 旧暦では、秋は七・八・九 月の三か月、八月を「仲(中)秋」という。 俳句の季題では、名月のほか、 明月、望月、満月、今日の月、月今宵、などの傍題がある。 『歳時記』を改 めて見ると、「名月」の近辺に、毎日の月の呼び方がある。 テレビの天気予報 なども、それは言わないし、私も含め名前は聞いたことがあっても、うろ覚え の人が多いようなので、書いておく。

待宵(まつよい) 陰暦八月十四日の月 平成29年10月3日(火)

名月  陰暦八月十五日の月 平成29年10月4日(水)

十六夜(いざよい) 陰暦八月十六日の月 平成29年10月5日(木)

  ↓ だんだん月の出が遅くなる。

立待月(たちまちづき) 陰暦八月十七日の月 平成29年10月6日(金)

居待月(いちまちづき) 陰暦八月十八日の月 平成29年10月7日(土)

臥待月(ふしまちづき)寝待月 陰暦八月十九日の月 平成29年10月8日(日)

更待月(ふけまちづき) 陰暦八月二十日の月 平成29年10月9日(月)  月の出は、亥の正刻(午後十時)。「二十日亥中(はつかいなか)」ともいう。

宵闇(よいやみ)陰暦八月二十日以降の月 平成29年10月10日(火)以降

二十三夜(にじゅうさんや) 陰暦八月二十三日の月 下弦の月 平成29年10月12日(木)

 実は「名月」と「満月」は、天文学的には、ずれる年があって、今年もそう だった。 「名月」は10月4日(水)で、「満月」は10月6日(金)になっ た。 旧暦では「新月を含んだ日」が「朔日」(さくじつ、ついたち)になる。  この条件だと、24時間の内のどこかに月があれば、「朔日」になるから、それ が1日の午前0時の直前だったりすると「新月」から「満月」までの経過日数 は15日の午前0時では13日、15日の24時では14日になる。 経過日数の 最短は13日、最長は15日、平均が14.8日になる。  詳しくは、国立天文台の「名月は必ずしも満月ならず」参照のこと。 http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C3E6BDA9A4CECCBEB7EEA4C8A4CF2FCCBEB7EEC9ACA4BAA4B7A4E2CBFEB7EEA4CAA4E9A4BA.html

 俳句では、「中秋の名月」を待つ心から、陰暦八月初めの月を「初月」(はつ づき)と、この月に限りめでていう。 陰暦八月二日の月は「二日月」、陰暦八 月三日の月を「三日月」という。 「三日月」は、夕暮、西の空にごく細くか かる。 「三日月」の傍題に「新月」があるのは、「二日月」まではほとんど見 ることができないので、初めて西の空に見える「三日月」をいうからである。  天文学上では朔の月を「新月」というが、地上からは見えない。

山内慶太さんの「福澤先生の英国体験」文明の源泉2017/09/28 07:12

   文明の源泉をロンドンで見る<小人閑居日記 2008. 5.29.>

 山内慶太さんの「福澤先生の英国体験」に戻る。 山内さんは、福沢がロン ドンの当時の先端の病院や福祉施設を見学して、その表面だけでなく、社会の 側面、底面を見ていることに注目する。 キングス・コルレージ(キングス・ カレッジ)病院では、「会社を結びて建る」と、どういう形で病院が運営されて いるか、その方法や財源に関心を示している。 福沢は27日の日記に引いた 「ドクトルジョンソン」と、彼を紹介してくれた「ドクトルチャンブルス(チ ェンバーズ)」という二人のセント・ジョージズ病院の医学校同期生の案内に恵 まれて、ショーロジ(セント・ジョージズ)病院、セント・メアリーズ病院な ども見学している。

 福沢たちはチェンバーズ博士に伴われて、キングス・カレッジ・スクールと いう初等中等教育の学校も見学した。 英国国教会系の一貫教育の学校だ。 山 内さんが発掘した当時の新聞記事によると、一行は見学の記念に半日の休暇を 生徒たちに与えるように校長に頼み、校長がそれを許可したので、生徒たちは 歓声を上げたという。 一行には、そういう余裕、遊び心があり、それは福沢 がパリで写した頬杖をついているくつろいだ格好の写真にも出ていると、山内 さんはいう。

 福沢は文久2(1862)年4月11日付のロンドンから中津藩の用人・島津祐 太郎宛の手紙に「当今の急務は富国強兵に御座候、富国強兵の本は人物を養育 すること専務に存じ候」と書いている。 帰国後、福沢塾の拡充、翌年には塾 舎を移転、そして慶應義塾の独立、旺盛な執筆活動へと進んでいくことになる。  1か月半のロンドン滞在で見たものがいかに大きかったか、山内さんは最後に 『世界国尽』のヨーロッパの項を引いた。 「富国強兵天下一」「文明開化の中 心と、名のみにあらず其実は、人の教の行届き、徳誼を修め知を開き、文学技 芸美を尽し、都鄙(みやこいなか)の差別なく、諸方に建(たつ)る学問所、 幾千万の数知らず。彼(か)の産業(すぎわい)の安くして、彼の商売の繁昌 し、兵備整ひ武器足りて、世界に誇る泰平の、その源を尋るに、本(もと)を 務る学問の、枝に咲きたる花ならん。花見て花を羨むな、本なき枝に花はなし。 一身(ひとり)の学に急ぐこそ、進歩(あゆみ)はかどる紆路(まわりみち)、 共に辿りて西洋の、道に栄(さかゆ)る花をみん」                                     轟亭

山内慶太さんの「福沢諭吉の見たロンドンの医療」2017/09/27 06:32

山内慶太さんの2002年3月30日の福澤諭吉協会の土曜セミナー「福沢諭吉 の見たロンドンの医療―新発見資料を中心に」は、福沢の見たロンドンの医療 <小人閑居日記 2002.4.5.>に書いていた。 まだブログにする前だったが、 2008年5月17日に「あるびよんくらぶ」英国文化研究会主催の「英国に学ぶ」 という連続講演会で山内さんの「福澤先生の英国体験」を聴いた時に、<小人 閑居日記>に再録していたので、このブログで読める。 その一連は、下記だ けれど、読者の便利のために、その中で、キングス・コレッジ・スクールやキ ングス・コレッジ病院に関する部分だけを抜き出して、今日と明日、紹介して おきたい。

フライ英国大使の話を聴く<小人閑居日記 2008. 5.25.>

よき宣伝マン、フライ英国大使<小人閑居日記 2008. 5.26.>

福沢先生の英国体験<小人閑居日記 2008. 5.27.>

閑(レイジュア)とその使い方<小人閑居日記 2008. 5.28.>

文明の源泉をロンドンで見る<小人閑居日記 2008. 5.29.>

   福沢の見たロンドンの医療<小人閑居日記 2002.4.5.>

3月30日の福沢諭吉協会の土曜セミナーの講師は山内慶太さん、慶應義塾 大学看護医療学部助教授で、精神医学のご専攻、平成12年度の一年間、精神 医療に関する医療経済学研究のためロンドンに滞在した。 その間に、文久2 (1862)年遣欧使節の一員として、福沢諭吉がロンドンで見学した病院、 福祉施設を中心に、遣欧使節に関する資料を探索してきた、その報告である。

福沢諭吉、箕作秋坪(緒方洪庵門下、外国方勤務、のち東京博物館兼図書館 長)、松木弘安(のちの寺島宗則外務大臣)、川崎道民(佐賀藩医師)らは、一 般病院だけでなく、精神病院、聾唖者や盲人のための福祉施設も見学している。  福沢が『西航記』で「養癩院(ようてんいん)」と記した精神病院は、ベツレム 病院であることが判明し、そこで数々の資料が見付かった。 訪問者署名簿に 一行の署名があり、福沢が「ドクトルジョンソン」「余、殊に此人と善し」と書 いていた案内の医師のフルネームが、Edmund Charles Johnson とわかり、医 者人名録や王立外科学会の略歴などから、医師であるが、盲人の教育、福祉に 生涯を捧げた人であることも、確認された。

 一行はベツレム病院で改良されたばかりの精神医療の現場を見、さらに英国 で最初の精神疾患によって罪を犯した患者、すなわち触法患者の専門病棟も見 学している。(日本ではようやく最近になって論議されている問題) その時の 福沢の記録に出てくる3人の患者について、山内さんは当時の患者リストやカ ルテを調べて、人物の特定に成功している。 そのうち2人は、英国の精神医 学史上有名な患者であった。

 山内さんは、福沢が見学したもろもろを「わが日本国へ実行せんとする野心」 を持ったと『福澤全集緒言』に記していることにふれ、遣欧使節の見聞が日本 の近代医療にどんな影響を及ぼしたかは、今後研究を深めていかなければなら ないと語った。

 (なお、この講演は、『福澤諭吉年鑑』29 2002年(福澤諭吉協会)、「福澤 諭吉の見たロンドンの医療」に、沢山の写真や図版とともに収録されているの で、ぜひご参照下さい。)

ななさんの季題研究「鰯雲(いわしぐも)」2017/09/20 07:08

 「衣被」と「鰯雲」の句会の季題研究は、前田ななさんの担当で「鰯雲」を 選択、見事に整理してあったので、よくわかった。 「鰯雲」は、気象学でい う「巻積雲」のこと、「小石を並べたような小さな雲片の集まり、さざ波の形な どをした薄くて白い雲で、陰はない。その広がりは小さいことが多いが、一端 が水平線にまでつらなっていることもあり、はなればなれになっていることも あるが、いずれにしてもかなり規則的な配列をしている」。

 「鰯雲」は、うろこ雲とも呼ばれ、細かい氷の粒からできていて、5千メー トルから1万5千メートルの高い空に現れる(エレベストの高さだ)。 やや 大きな雲片の集まりで、サバの背にある斑紋のように見える、鯖雲やひつじ雲 などと呼ばれる雲は、気象学で「高積雲」、2千メートルから7千メートルの中 層の高さで発生する。

 世界気象機関では、雲を10種に分類している。 1.「巻雲」2.「巻積雲」3. 「巻層雲」4.「高積雲」5.「高層雲」6.「積乱雲」7.「乱層雲」8.「積雲」9.「層 積雲」10.「層雲」。 それらの名前は、高さや形、雨を降らせるかで、あるル ールに従って付けられている。

 「巻」の字が付く雲「上層雲」…1.「巻雲」(すじぐも)。 2.「巻積雲」(う ろこぐも・いわしぐも)。 3.「巻層雲」(うすぐも)。

 「高」の字が付く雲「中層雲」…4.「高積雲」(ひつじぐも・さばぐも・むら ぐも)。 5.「高層雲」(おぼろぐも)。

 「乱」の字が付く雲「低層雲」、「乱」が付くと雨をもたらす雲とされる…6. 「積乱雲」(にゅうどうぐも・かみなりぐも)、「雲の峰」夏の季題。低い高さか ら、1万メートル以上にも達する。 7.「乱層雲」(あまぐも)。低い高さから、 4千メートルぐらいにまで達する。「乱層雲」と、下の「積雲」は、富士山から 立山ぐらいまでの高さ。

 「巻」も「高」も「乱」も付かない雲…8.「積雲」(わたぐも)いちばん雲ら しい雲、「わた雲」などと呼ばれている、好天の証し、しばらくは良い天気が続 く。 9.「層積雲」(うねぐも)、厚めのふわふわした感じで、空の低い所を覆 っていたら、たいていこの雲。 10.「層雲」(きりぐも)、最も低い所に現れる。 山肌などにへばりついて見えることが多く、手を伸ばせば届きそうな感じ。

 「鰯雲」などが、どのように出来るのか。 水・蒸気を含んだ空気が上昇気 流に乗って、空の高い所に運ばれると、空気が冷やされ小さな水の粒や氷の粒 になる。 これが雲で、太陽の光がいっぱい当たると白く輝き、雲は白く見え、 また反対に、雲の層が厚くて、太陽の光が通りにくいと、雲は黒っぽく見える。

 「鰯雲」などは、雲が細かくちぎれたような形をしている。 このような雲 ができるとき、上空では、上昇した空気が冷やされ下降し、対流がいくつも発 生している。 この対流を「ベナール対流」と呼び、これによって「鰯雲」の ような形になる。 大気において圧力と温度は比例するので、標高が高い上層 の空気は、大気圧が低くなるとともに温度も下がり冷え、温かい下層は空気が 膨張して、ベナール対流が起こる。 ベナール対流は、上空の空気が入れ替わ っているときに発生しやすく、それは高気圧が抜けて、前線や低気圧が接近し ているような時だ。 春や秋のように、移動性高気圧によって天気が移り変わ る季節には、ベナール対流が発生しやすい。 秋は空気が澄んでいるが、春は 霞んだ空なので、上空で「鰯雲」が発生していても見えないだけなのだ。

 冬に暖かい味噌汁を箸をつけずに置いておくと、味噌汁の表面に丸い形の模 様ができる。 この模様もベナール対流によるもので、味噌汁は上層の空気と 接して冷やされ、下層がまだ暖かいので、対流が起こる。

(雲の高さの画像は、下記の茨城県自然博物館のものをご覧下さい。)

https://www.nat.museum.ibk.ed.jp/education/kidspage/kids_research_4_2.html