2008(平成20)年、平山洋著『福澤諭吉』の挑戦2018/01/27 07:21

       等々力短信 第987号 2008(平成20)年5月25日

             平山洋著『福澤諭吉』の挑戦

 5月10日、平山洋さんの『福澤諭吉』(ミネルヴァ書房)が上梓された。 副 題は「文明の政治には六つの要訣あり」、既刊六十を数えるミネルヴァ評伝選の 一冊だ。 平山洋さんの衝撃的な『福沢諭吉の真実』(文春新書)は、2004年 12月25日の「等々力短信」946号「創立150年への宿題」で紹介した。 今 度の本は、その延長上にある。 帯には「今までの研究は何だったのか」とあ り、問題提起の挑戦的姿勢は変わらない。

 平山さんが「新たな福沢像」として提示するのは、主に四点である。 (1) 福沢には「侵略的絶対主義者」の要素はなく、徹頭徹尾「文明政治の六条件」 をアジアに広めようとした伝道者「市民的自由主義者」だった。 (2)福沢 の思想形成に郷里中津の儒者野本真城が大きな影響を与えていた。 (3)維 新後明治14年政変までの著作は、議院内閣制度を定めた憲法の制定を政府に 迫る活動であった。 (4)巻末の「時事新報論説」に関する資料によって、 従来過大評価されていた日清戦争以降の言論活動に根拠がないということが明 確化できた。

 『福沢諭吉の真実』以後、時事新報の福沢論説についての研究は少しずつ進 んではいるが、私が「創立150年への宿題」で期待したほど活発な議論が展開 されてはいない。 どちらかといえば、平山さんは異端視され、無視されてい るといってもよい。 福沢が『文明論之概略』で説いた、文明はどれも、異端 妄説、多事争論から生れる、ということをあらためて思い出す必要があるだろ う。

 私が今度の本で面白いと思った点を二つ挙げておく。 まず、中津藩内に、 保守派と改革派、実学派と尊王派の争いがあり、それが福沢の長崎遊学から蘭 学塾開塾まで複雑にからんでいること。 福沢は要請を受けて砲術家、軍事専 門家として育ち、福沢塾も主に西洋の軍事技術を研究する場であったのが、三 度の洋行を経て英国のパブリックスクールを範とした教養教育の場に変質した。  第二に、『福翁自伝』の空白期間と、秘匿されたのか登場しない人々。 咸臨丸 帰国から、遣欧使節出発までの一年半の動向…攘夷で険悪、身の危険、黙って 勉強。 元治元(1864)年10月から再度の渡米までの26か月間…長州征伐の 政治活動をした、明治政府関係者への敵対行動だった関係で。 登場しないの は、父方の祖母楽、野本真城、橋本左内、大鳥圭介、小栗忠順など。

 多くの人に『福澤諭吉』が読まれ、論争の巻き起こることを期待したい。

(平山洋さんの本は近刊の『「福沢諭吉」とは誰か』(ミネルヴァ書房)を「等々 力短信」第1101号 2017(平成29).11.25.「『西洋事情』の衝撃」でも紹 介した。)

2004(平成16)年暮「創立150年への宿題」2018/01/26 07:09

 平山洋さんの『福沢諭吉の真実』(文春新書)が出版された2004(平成16) 年の暮、私は「等々力短信」に「創立150年への宿題」というのを書いていた。  そこには、昨日の短信に書いた俵元昭さんも登場していたので、再録しておき たい。 もう、13年も経ったのか、と思う。 井田進也さんも亡くなられた。

 平山洋さんは、2008年に『福澤諭吉』(ミネルヴァ書房)を出版され、私は それについても「等々力短信」に書き、議論の進むことを期待していたので、 それは明日再録したい。

      等々力短信 第946号 2004(平成16)年12月25日

                 創立150年への宿題

 8月20日、平山洋さんの『福沢諭吉の真実』(文春新書)という衝撃的な本が 出た。 帯に「慶応義塾も福沢研究者も岩波書店も、すべてが気づかなかった 全集と伝記に仕掛けられた巧妙なトリック」とある。 平山さんは、1925年の 大正版『福澤全集』、1933年の昭和版『続福澤全集』を編纂し、『福澤諭吉伝』 全4巻(1932年)を著した石河幹明を名指しして、その犯人だという。 それら の全集を継承した現行『福澤諭吉全集』全21巻(1958年)では「時事新報論集」 が9巻を占めている。 その全てが福沢の筆ではないことは1996年から大妻 女子大学の井田進也さんが「無署名論説認定基準」によって指摘してきた。 平 山さんは石河幹明が、時流に合わせ、領土拡張、天皇賛美、民族差別という自 らの主張に沿って、自筆の論説をもぐりこませたり、福沢や他の記者のものを 取捨選択し、福沢を大陸進出論の思想的先駆者に仕立てたというのである。

 石河幹明とは、どんな人物だったのか。 私はまず「石河幹明の真実」から 始めなければならないと思った。 富田正文さんの「石河幹明氏を語る」 (1988・89年『福澤手帖』59・60・61号)を読む。 石河幹明は人名辞書にも 出ていない、『福澤諭吉伝』の著述と正続『福澤全集』17巻の編集以外には仕 事が残っておらず、『時事新報』以外に書かなかった(ペンネームは「碩果生」)。  福沢生存中は陰の人で女房役だったが、没後は主筆として全部で2300編の社 説を書いている。 大逆事件と乃木大将の自殺に対する論説は大したものだと いう。 松崎欣一さんの「石河幹明―福澤諭吉の名を今日に伝えた人々②」(『三 田評論』6月号)は、福沢書簡から見た石河の姿を描いている。 『時事新報』 記者駆け出しの頃は文章も下手で、編集長に反抗したりしていたが、4、5年で 福沢の納得する社説原稿が書けるようになった。 福沢は晩年も『時事新報』 の編集に子細な指示を出す一方、石河達を旅行や芝居見物に誘い出し休息の機 会を与えようと気を配ったりしている。 俵元昭さんは「義塾の先人たち11」 (1990年6号『塾』)で、石河には、伝記編纂中に情報売り込みを断った他に、 逸話、挿話、秘話の類が一切ない、趣味も、避暑のほか植木屋の指図くらい、 謹厳温厚実直の人だったと書いている。

新年からは、2008年の慶應義塾創立150年に向けて、井田進也さんの方法 をとっかかりにして、「時事新報論集」についての議論を活発にするとともに、 ぜひとも『福澤諭吉全集』のCD-ROM化を実現してもらいたいと思う。

独立維持と日本における文明の模索2018/01/25 07:08

 都倉武之さんの論文「福沢諭吉における執筆名義の一考察」の「おわりに」 も読んでおく。  福沢は、著作や『時事新報』を通じて、戦略的な情報発信、情報戦を展開し 続けていたと見ることができよう。 自分が発した情報が、どのように社会に 受容されるか、あるいは世界に伝播するか、どのようにすればより効果的であ るか、そのような関心を生涯持続していたのが、福沢という人物であった。 効 果を期待する相手は、時に身の回りの人であり、慶應義塾の人々であり、政府 の高官であり、実業家たちであり、日本国民であった。 時にその範疇は朝鮮 へ、そして欧米諸国の国際世論にまで広がった。 それを支えていたのは日本 各地のみならず、世界各地に輩出した門下生たちの存在であり、彼らと頻繁に 文通や往来を維持することで情報を収集し、それを『時事新報』等にける戦略 的な情報発信に活かしていた。

 別の言い方をすれば、福沢は民間独立の情報機関の主宰者とでもいうべき役 割を自負していた。 それは第一に西洋列強に対して日本の地位を維持してい くために民情を先導していくための自主的な輿論工作であり、政府と直接利害 を持たず、あくまで福沢に主体性のある活動であった。 のみならず、実は福 沢には日本政府を換骨奪胎して、より「文明」的に持続する日本の国家体制へ と徐々に作り替えようという、より上位の工作が企図されていた。 福沢の後 半生は、この両者――すなわち独立維持という卑近な課題と、日本における文 明の模索という高遠な課題の二つ――を同時に見据えた、たゆまない政治工作 の日常だったといえるのではなかろうか。

 正月早々、よい論文をじっくり読むことが出来て、教えられることが多く、 勉強になったのだった。

福沢と『時事新報』の関係、著書と新聞の効果2018/01/24 06:41

そして、「三 『時事新報』社説に関する自意識」である。 ここでは具体的 に事例を検討することは困難なので、『時事新報』での執筆に当たっての福沢の 基本姿勢についてのみ検討する。 福沢は創刊直前に荘田平五郎に送った書簡 (明治15年1月24日)で、慶應義塾で幾多の卒業生を輩出し、それぞれが様々 な主張を展開することを放任してきた福沢であったが、そういった卒業生の中 の政治活動の動きを契機にして明治14年の政変が起こったことが推定される 状況下で、慶應義塾が「何か今之社会に対して求る所ある者之如くに思はるゝ は、俗に所謂割に合はぬ始末」と考え、そうであれば、慶應義塾の態度を時事 に照らしてその都度表明していくことが必要であるとし、その場として『時事 新報』を位置づけている。 福沢には新聞発行の前例があった。 明治7年2 月から翌年6月まで12回、様々な論説を掲載した『民間雑誌』を発行、明治9 年9月から『家庭叢談』という雑誌を刊行、明治10年4月になるとその体裁 を新聞に改め再び表題を『民間雑誌』とし、発行頻度を徐々に増やして、最後 は明治11年3月から日刊新聞となった(編輯兼印刷人 箕浦勝人、後に加藤政 之助)。 内容は新聞らしく官報欄や雑報欄、広告もあり、論説や社説には記名 があったり筆名があったり無記名であったり一定せず、福沢の記名は時々見ら れる程度である。 日刊になる際の『民間雑誌』の広告によれば、地方の購読 者を多く求めたようで、日本中への知識の普及、議論の活発化を狙ったものと いえ、そこにはやはり「時勢」論を念頭に置く必要があろう。

『民間雑誌』では、その後の『時事新報』ほどの福沢の関与の形跡は見られ ず、最初の日刊新聞の試みは、わずか2ヶ月余りで廃絶を迎える。 「壮年輩 に打任せて顧みさればこそ、彼の不始末を来たし候」(荘田平五郎宛書簡)。 明 治11年5月14日、大久保利通暗殺を受けて掲載した社説に「大久保氏に限り 特別に気の毒と云ふ訳もなきことなるが」云々と記したことを当局に咎められ、 以後このような不穏な記事は書かないという「請書」を出すように求められ、 福沢は加藤政之助に「そんな請書を出すものがあるか、かゝる無茶無法な政府 の下では新聞紙などは書けないから、いっそ思い切ってやめてしまはう。請書 の代りに廃刊届けを出して来い」といって、廃刊してしまったとされている。

しかし、『福沢諭吉伝』の永井好信による回想では、福沢は進歩的な大久保が 暗殺されたのは実に惜しむべきことだとし、暗殺のような野蛮な陋習に同情を 寄せるが如きは怪しからぬと、何故か喜ぶ塾生らを誡める演説をしたという。  「彼の不始末」とは、大久保暗殺に対する政府との無用な摩擦を生んだような 自分の失態、という意味ではないか、と都倉さんは指摘している。 その原因 は「壮年輩に打任せて顧み」なかったことなのである。

唯一の関連書簡、大久保一翁宛(明治11年6月1日付)にも「既往の失策 は幾重にも御海容奉願上候」とある。 その後の福沢の『時事新報』との関係 は自ずと示唆される。 つまり、紙上の発言は、福沢の、あるいは慶應義塾の 主張と見られることを前提として、これからは監督していく、ということを述 べているわけである。

福沢が新聞という媒体をどのように意識していたか、「著書、新聞紙及ビ政府 ノ効力」(明治17年5月31日付)という興味深い社説がある。 言葉を使い 分けて、主体的に「輿論」を作り出すという視点を有する福沢にとって、著書 と新聞は、効果的に使い分けるべきものと認識されている。 新聞は即効性が あり、瞬時に輿論を大きく動かすが、翌日にはすぐに忘れ去られてしまう。 ま さに「時事に切」であり、その時の情勢の中で、すぐに求める効果を導く道具 でしかないのである。 対する著書は、即効性はない代わりに、長い年月をか けて徐々に人々に浸透していくものである。 従って将来にわたって読まれる 価値のあるものを著書として世に問うべきである、ということである。

『自選全集』では、『時事大勢論』(明治15年)から『実業論』(明治26年) に至る、『時事新報』創刊後の15冊の著作は全ていったん『時事新報』に掲載 後、単行本となった。 このようにいわば「著書」の役割を持つ論説は、社説 としていったん家庭に届けた上で、改めてじっくりと読み続けられる本の体裁 にして歴史に残し、それ以外の社説は「近世文明の淵源を知るに於て」は「利 益」がなく、「歴史上の必要」がない(『福沢全集緒言』)、すなわち福沢にとっ ては、その時限りで役割を終えた使い捨ての言説であり、極言すれば後世に読 まれる必要がない無価値な社説ということなのである。 従って、そのような 意図の元で福沢が記したものとして読み解く必要がある。 上記15冊の著作 は、いずれも「福沢諭吉立案」として他者が「筆記」をした形式になっており、 これは前にみた通り法律上の責任が福沢に及ばぬにしただけのことである。  そしてその名義は、『自選全集』ではすべて「福沢諭吉著」と変更されている。

最も効果的な執筆者の名義を使う2018/01/22 07:19

 つづいて、一の「2 福沢による文書代作の例」である。 福沢には他者の 依頼に応じた代作、あるいは自らの意思で他名を借りて作成した文書がいくつ もある。 [長沼事件に関する願書案文](明治7年~20年頃)、[西郷隆盛の 処分に関する建白書](明治10年7月24日)、[横浜瓦斯局事件関係文書](明 治11年~12年)、[春日井事件に関する願書案文](明治11年末頃)、[国会開 設の儀に付建言](明治13年6月7日)、[埋葬引払控訴補遺](明治14年)。

 これらは政治的な事件や裁判等に、福沢が名前を伏せて関与した事例である。  それは福沢自身に政治色がつくことを忌避しているともいえるが、国会開設な どは、福沢が書き手として名前を出さないことに積極的な意味があると考えた 可能性がある。 つまり、福沢個人が主張するのではなく、同時多発的に国内 から政府への穏健な手段による異論がわき起こることこそ、『文明論之概略』に 福沢がいう多事争論、ないしは異説争論の状況であり、新しい政治体制を許容 する「時勢」を伴う民情なのであり、国会開設を実現してよい国民になり得る ことを意味したからである。

 学校や結社関係の趣意書もあげる。 [慶應義塾之記](慶應4年4月)名 義はない、主語は「吾党」「吾曹」、[中津市学校之記](明治4年11月)旧中 津藩主奥平昌邁の名義、[旧紀州藩士の為の義田結社の趣旨](明治10年)旧 和歌山藩主徳川茂承名義、[慶應義塾維持法案](明治13年11月23日)福沢 の高弟たちの連名。 結局福沢は、文書の名義が誰と表示されるか、というこ とが文書のもたらすその後の効果との関係で重要であることへの自覚を有して おり、ある時には他者の名前にし、ある時には無記名にすることによって、そ の文書がより効果的に読まれることを意図していると考えられよう。