激動の時代を実学の精神で2017/01/14 06:38

 『学問のすゝめ』15編には「信の世界に偽詐(ぎさ)多く、疑の世界に真理 多し」(無条件に物事を信じる社会には偽りが横行し、疑問を自由に持てる社会 には真理が発達する、という意。(『福澤諭吉事典』))とある。 ガリレオが天 文の旧説を疑って地動説を発明し、ニュートンが林檎の落ちるのを見て重力の 理に疑いを起こした。 時の指導者は、西洋風を真似しようとする。 しかし、 西洋化が絶対ではない、とした。 今日でも、海外の事例を、鵜呑みにして、 生半(なまなか)に取り入れる事例が多くあるが、成功しない。 私の専門の 労働経済学の分野にもある。 従来の終身雇用制を廃して、海外のように雇用 をひたすら流動化すべきだという議論がある。 しかし、教育訓練は長期雇用 だから可能になる。 転職も、なかなか難しい。 マイナス部分を改善する修 正をし、長期雇用制度をなくしてはならない。 観察によって問題の真の姿を 確認、理解し、仮説を立て、システマティックに問題解決の筋道を考えるのが、 福沢先生の実学=実証科学(サイヤンス)だ。(「慶應義塾紀事」『全集』19巻 415頁、「本塾の主義は和漢の古学流に反し、仮令(たと)ひ文を談ずるにも世 事を語るにも西洋の実学(サイヤンス)を根拠とするものなれば、常に学問の 虚に走らんことを恐る。」)

 『福翁百話』(十三)「事物を軽く視て始めて活潑(発)なるを得べし」には、 「人間の心掛けは兎角浮世を軽く視て熱心に過ぎざるに在り」とある。 「内 心の底に之を軽く視るが故に、能(よ)く決断して能く活潑なるを得べし」。 肩 の力を抜く。 回りをよく見る。

 『福翁百話』(百)、十善十誡の清僧が「衆生を法の門に導くは甚だ美なれど も、若しもこの衆生が真面目に教(おしえ)を奉じて文字(もんじ)の如く善 男善女に化し去らんには、一国は坊主と尼との群衆にして、啻(ただ)に家畜 漁猟の不用に属するのみか、衣服飲食の物より風流遊楽の事に至るまで都(す べ)て顧みる者なくして、人間は唯生れて死を待つのみならん、頗(すこぶ) る淋しき次第なれども、衆生の頑愚(がんぐ)容易に法門に入らず、信ずるが 如く疑うが如く、或は自身の煩悩を喞(かこ)ちつゝ円満に至るを得ずして中 途を彷徨するこそ幸なれ。」 「公智」(物事の軽重大小を正しく判断し、優先 順位を決める)、活発な精神を持つ人間の働きが必要だ。 絶妙な福沢先生のバ ランス感覚である。 「彼方(あちら)立てれば此方(こちら)が立たず」の 「トレード・オフ」関係ではない。

 開戦直前、ご下問を受けた米内光政は、「ジリ貧を避けんとしてドカ貧になら ないようご注意願いたい」と言ったという。 戦さは避けられたかもしれない。

 さまざまな判断を求められる厳しい状況に対して、激動の時代だからこそ、 今、何が大切かを自分の頭で考える科学(学問)の方法論、時流に流されない、 論理と実証にもとづく実学、知的強靭さが必要だ。 慶應義塾は来年、中津藩 の塾から独立して慶應義塾となった命名150年を迎える。 教育、研究、医療 を通じて、実学の精神を実現するのが、慶應義塾の使命である。 清家篤塾長 は最後(となるらしい)の年頭挨拶を、そう結んだ。

清家篤塾長の年頭挨拶「公智」2017/01/13 06:34

 10日は、第182回福澤先生誕生記念会で三田に行き、高らかに塾歌を歌って きた。 清家篤塾長の年頭挨拶を聴く。 私なりの理解と解釈で書いてみる。

 世界は大きな変化、激動の時代を迎えているが、日本は政治が安定し経済も 一応順調だが、少子高齢化が進み、団塊の世代が75歳となる2025年を目途に 構造改革が必要になる。 慶應義塾の2017年は、医学部創立100年、体育会 125年、塾長改選期で、5月清家塾長は自ら作った規定によって退任するそう だ。 秋からは懸案の日吉記念館の工事も始まる。

 さまざまな判断を求められる厳しい状況に対しては、知的強靭さが必要。 福 沢先生は、公智(物事の軽重大小を正しく判断し、優先順位を決める)が一番 大事だとした。 物事はすべて相対的なものであると、『文明論之概略』の冒頭 「議論の本位を定る事」で述べた。 「背に腹は替えられない」、人間の身体で、 腹の部分は背中よりも大切だから、背中に傷を受けても、腹の部分は無難に守 らなければならない。 鶴はドジョウよりも大きくて貴いので、鶴の餌にドジ ョウを用いても差し支えないというようなものだ。 日本の封建時代の藩を無 くして今日の制度に改めたのは、政府が比較して、日本国全体は重く、諸藩は 軽いと考えたから、大名武士の禄を奪ったのだ。 封建時代と近代を比べて、 近代が相対的によいから選ぶ。 封建時代にも、評価すべきことがあった。 『国 会の前途』では、百姓が入れ札で庄屋を選ぶなど、自治の余地が残されていて、 近代化の素地があったことを述べている。

 『福翁百話』(百)「人事に絶対の美なし」では、「今の世界の人類は開闢以来 尚お少(わか)くして、文明門の初歩、次第に前進する者にこそあれば、その 経営中固(もと)より絶対の美を見るべからず」と。 「学問に凝る勿(なか) れ」(明治23年1月27日慶應義塾大学部始業式での演説、『全集』12巻361 頁)では、「老生は学を好むこと甚だしく、畢生の快楽は唯学問に在るのみなれ ども、之を好むと同時に学問に対して重きを置かず、唯人生の一芸として視る のみ。」

 何かに囚われると、他のものが見えなくなる。 プラスとマイナスを考え、 少しでも良い方を選ぶのが「公智」。 福沢先生の考え方は、「熱狂」とはほど 遠い。(つづく)

昆野和七さんの小泉信三さん追悼文2017/01/10 06:27

つぎに紹介したいのは、国分良成さんの講演の最後に「槙智雄先生の追憶」 を書いたとお名前の出た、昆野和七さんの、小泉信三さんを追悼した文章であ る。 昆野和七さんは、私が知っていた頃には、福澤諭吉協会の編集委員(昭 和48(1973)年の創立当初から)を務めていらっしゃって、『福翁自伝』の校 注、『福澤諭吉年鑑』の研究文献目録(第1巻~13巻)がある。

 その文章は、昭和41(1966)年9月10日刊の『小泉信三先生追悼録』(新 文明社)の「福沢諭吉書翰と小泉先生」である。 まず小泉信三編著『福沢諭 吉の人と書翰』(慶友社版・昭和23(1948)年5月)の出版の経過が語られる。  健康上の理由で約1200通の福沢書翰を読み解題をつけることを渋っていた小 泉さんに、昆野さんが先年つくっていた福沢書翰年月別の綴込みと、それに関 するノート一冊のメモ、その中から300点を選定したものを提供し、それに解 題を付けてもらうことで、小泉さんは出版に踏み切ったのであった。 小泉信 三さんが福沢物を書く場合、親疎の差はあるけれど、昆野和七さんに相談し、 その手伝いを受けていたようだ。 私は、清家篤塾長が式辞や講演にあたり、 小室正紀さんに相談されると聞いたことを思い出した。

 この本が出版されて間もない昭和23(1948)年6月11日、昆野さんの生れ て2年8か月の三男が、石につまずいて転んだ拍子に、隣家の畑の雀おどしの 竿竹が倒れていたのに、左眼を突き刺してしまった。 突端は深く刺さって折 れた。 内科医(義兄)でそれを抜き取ってもらって、慶応病院へ。 眼科の 桑原安治博士の執刀で眼球は抜き取らずに済んだ。 桑原先生は「一生大変だ なあ。目玉を助けてみましょう」といい、その瞬間が三男の生涯を左右した。  翌日から部長の植村操博士の診断治療を受けた。 内部の傷が深いため助けた 左眼が悪化すれば、健康な右眼も失明する恐れがある。 その時には、左眼を 抜き取るという。 そのとき奥さんは臨月で、打撃は甚だしかった。 1か月 を経過してどうやら峠を越して7月12日、一応退院したが、奥さんが産気づ いて、入れ代わって入院した。 ショックのため難産であったが、二女が生ま れた。

 7月25日、川久保孝雄氏が小泉先生の使いで来訪、黙って受け取ってくれと いって、手紙に添えて分厚い角封筒が手渡された。  「昆野学兄 (中略)お子様の御怪我、きくも肝つぶるる許りにて、貴兄御 夫婦の御心中いかあらんかと推察のあまり、しば\/愚妻と語り合いました。 先日来、一度丘を越えて御見舞ひと存じながら、此頃意外に来客多く、また屡々 雨に妨げられて果たしません。どうぞ、少しでも宜しき方へ好転せらるるやう と祈り上げます。貴兄自身、心を励まし、奥様を励まされたく、怱々一筆、如 斯御座候。    不一            七月二十五日 小泉信三」

 「各封筒の金子は、百円札で四十枚であった。当時まだ千円札はなく、百円 の偉力が大きかった時代である。印税の一部を恵与されたものらしい。川久保 氏来訪のその日の夜正七時に、私は小泉邸の玄関のベルを鳴らした。先生自身 で出てこられた。待っていられたらしい。大きな声で「やあ」といった。こん な大きな声をあとにも、先きにも聞いたことはなかった。金の礼をいいかけた ら劇しく手で抑えられた。応接間で先生御夫妻から交々、矢つぎばやに尋ねら れるままに話した。突然、先生は、  「ああ、眼がぢきぢき痛んできた。あなた方がお子さんを抱いて病院に着い たときに、眼科の桑原君が折よく居合わせたことは、何んといっても幸運でし たね。私も空襲のとき、桑原君に眼を救ってもらいました。そのとき、植村君 がこういいましてね。「あの男はづう体は大きいけれども、私より手先は器用で す。何をやらしても、私より巧いんです。御安心下さい」とね。あの植村君が 讃めるんですから、確かなものです。桑原君は私が保証します。御子さんは必 らず治りますよ。」

 子供が退院するとき、桑原先生は短い言葉でこう語った。「目玉が一つ助かり ましたね。大きくなって本人が気にさえしなければ、片目で立派にやって行け ますよ」と。そういわれた三男(信也)は、目のことを少しも気にせずに育っ た。いまでは理工学部の応用化学科に在籍している。応化の外にも何かを修め て終世、研究生活をしようかと、心に誓っているようである。」

 「昆野信也」でネットを検索してみたら、埼玉県公害センターなどの論文が 出て来た。

映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』2016/12/26 06:31

 有楽町スバル座で映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』を観た。 とてもよ い映画で、おすすめである。 勝三郎は、大河ドラマ『真田丸』で全国区にな った信州の上田の山河で少年時代を過ごした。 勝三郎の子供たちが母親と「う さぎ追いし彼の山 小鮒釣りし彼の川…」の唱歌『故郷』を歌うシーンでは、 何か頬を伝うものがあった。 勝三郎と同じ長野出身の高野辰之の作詞である。  『故郷』は誰もが知っていて、歌えばそれぞれの故郷の、山河や父母、友人を 想うことになる。 世界的な病理学者の苦闘の物語を、家族愛と郷土愛で見事 に包み込む「歌の力」を感じた。

子供の頃、年末になると映画を観に行った。 忙しい家でゴロゴロしている と邪魔になる、映画でも行ってらっしゃいということだったのだろう。 スバ ル座というのが懐かしい。 母親に連れられて行って、イングリッド・バーグ マンの『ガス燈』に退屈したり、フランス映画『美女と野獣』(ジャン・コクト ー監督、ジャン・マレー主演)が怖くて後ろを向いていたのは、スバル座だっ たと思う。 スバル座は終戦の翌年、昭和21(1946)年12月31日にグリア・ ガースンの『心の旅路』で開館し、つづくガーシュインの伝記映画『アメリカ 交響楽』が新作だったので「帝都唯一のロードショウ発祥の映画館」と称した。  昭和28(1953)年、H・G・ウエルズのSFを映画化した『宇宙戦争』を上映 中、火事になり焼失した。 この『宇宙戦争』も、その前に観ている。

 近藤明男監督の映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』を知ったのは、監督が 学生時代のクラブの先輩の奥様の弟だと、10月の会合で先輩に話を聞いたから だった。 山極(やまぎわ)勝三郎という名前も、業績も、まったく知らなか った。

 山極勝三郎は、文久3(1863)年信州上田の下級武士山本家の三男として生 れた、上田藩始まって以来の秀才といわれ、16歳で望まれて東京に住む医師の 山極家の養子となり、医学の道に進む。 明治13年、東京大学医学部に入学、 勉学の他に郷里出身の仲間と「上田郷友会」を結成する。 21歳で山極家のか ね子(17歳)と結婚。 だが長男が生後半年余で病死し、「なぜ病気になるの か」、臨床より基礎医学研究へと決意を固くし、卒業後は病理学を選んで、東京 大学の助手となる。 助教授時代にドイツへ3年間留学、コッホ研究所でツベ ルクリンを研究し、世界的病理学者ウィルヒョウ博士の元で病理学と病理解剖 学を学び、明治27年帰国。 翌年、32歳で教授となり、医学博士の学位を受 ける。

 肺結核を発病するが研究を続け、日本初の胃癌に関する『胃癌発生論』を刊 行、専門誌『癌』を創刊した。 自身も有力と考える、恩師ウィルヒョウの発 癌仮説である「刺激説」を証明するために、「癌が作れれば、癌が治せる」と、 癌研究の基礎実験に取り組み始める。 助手の市川厚一と、うさぎの耳にコー ルタールを塗りつける、人工癌創生の実験に苦闘すること2年、大正4(1915) 年ついに皮膚癌を発生させることに成功する。 山極勝三郎は、その喜びを「悦  癌出来つ意気昂然と二歩三歩(曲川)」と詠み、その銘板が東京大学医学部旧病 理学棟東入口にはめ込まれている(曲川は千曲川からとった勝三郎の俳号)。  何度も、ノーベル賞の候補に挙がったが、受賞にはいたらなかったという。 同 じ頃、コッホ研究所で研究し、免疫血清療法を開発した北里柴三郎のケースと 同じだろうか。

 映画で、山極勝三郎を演じたのは遠藤憲一、妻かね子を水野真紀、助手の市 川厚一は岡部尚、勝三郎の師・三浦守治教授に北大路欣也、後年業績を認めら れた勝三郎の娘という儲け役に関根恵子。 遠藤憲一は好演だったが、『真田丸』 の上杉景勝と重なり、帝大生の学生服の顔は老けすぎて、ちょいと無理があっ た。 水野真紀は久しぶりに見た、ぴったりの役柄だ、後藤田正純衆院議員と 結婚する頃、福沢諭吉協会の旅行で徳島へ行ったら、代議士が夕食会場に挨拶 に来たことがあった。 奥沢在住の落語家、古今亭文菊が勝三郎の講演に嫌味 を言う損な役で登場した。

「日本の医学の父」べルツと妻・花2016/12/06 06:29

     等々力短信 第210号 1981(昭和56)年3月15日

 平凡社支援のため(?)、先にモースの『日本その日その日』を推したが、岩 波のためには新書版福沢選集と文庫『ベルツの日記』4冊をすすめる。  「戦前のことは全て悪かった」という時代に育った。 近い過去ほど遠かっ た。 天皇と戦争にかかわることを中心にして、明治、大正、そして昭和20 年までの歴史がすっぽりぬけてしまったのだ。

 明治9年10月25日、来日4か月目のベルツの日記、「現代の日本人は自分 自身の過去については、もう何も知りたくないのです。それどころか、教養あ る人たちはそれを恥じてさえいます。『いや、何もかもすっかり野蛮なものでし た』」「『われわれには歴史はありません。われわれの歴史は今からやっと始まる のです』」

 これでは全く戦後と同じではないか。 元勲達の侍医として明治日本の文化 大革命の立会人となったベルツの日記で、欠落した明治の勉強をしたいと思う。

     等々力短信 第211号 1981(昭和56)年3月25日

 お医者さんが未だにカルテにドイツ語らしきものを書いている根源を尋ねて いけば、1871(明治4)年普仏戦争でのドイツの大勝に行き当たる。 それま でイギリス医学を取り入れる方針だった明治政府は、いっぺんにドイツ党にく ら替えした。 それから5年後の1876(明治9)年、ベルツは東京医学校教授 として来日する。

 ベルツは27歳から56歳まで、働きざかりの29年間を日本に送り、「日本の 医学の父」といわれる偉大な足跡を残した。 明治19年、東京医学校が帝国 大学医科大学となり、日本人教師中心に改組された時でさえ、内科の彼と外科 のスクリバだけは残された。 日本の朝野はあげて彼の診療と助言を求めた。

 福沢諭吉の姉で、中上川彦次郎の母お婉の死を、福沢が中津にいる2人の姉 に報じた手紙(明治30年1月22日付)にも、「外国医のベルツと申人をも度々 招待いたし候事も有之、都て手落と申は万々無御座。」とある。

     等々力短信 第212号 1981(昭和56)年4月5日

 ベルツは38歳の明治20年頃、愛知県豊川出身の戸田花(23歳)と結婚し た。 明治22年長男トク(『日記』の編者)が、ベルツ一時帰独中の明治26 年長女ウタが生まれる。 その時の妻花あて、日本語ローマ字書きの手紙の写 真が鹿島卯女著『ベルツ花』に載っている。 「5がつ5にち/マイネリーベ 花/電報はつきまして/おかさんにと/おウタさんに/おめでとう/パパか ら」

 ベルツ47歳の明治29年、このウタが満3歳のお節句を目前に、急死する。  「ハナの態度は、ローマの女のようでした。ハナだけは、病気のあいだ、泣き ませんでしたし、その声は震えてはいませんでした。しかし、その内心はどん なであったか、わたしにはわかるのです。」とベルツは書いた。

 シーボルトの娘で女医開祖の楠本稲がたびたび花を訪ね、2歳で死んだ自分 の孫を父のかたみの器具で解剖した時の苦しさ、つらさを語って慰めたという。