松沢弘陽著『福澤諭吉の思想的格闘』2021/02/25 07:10

 松沢弘陽さんの三十数年にわたる福沢研究を集成した『福澤諭吉の思想的格闘 生と死を超えて』(岩波書店)を読み始めている。 第I部「福澤諭吉の西欧体験」は、『福翁自伝』でも少し触れられている、福沢がイギリスで受けた衝撃的な経験を検証したものである。 幕府の遣欧使節団の随員として、ロンドンに滞在中、使節団に文書が届けられた。 ある「社中」に属する英国市民が、自国の高級外交官が他国(日本や中国)で行った理不尽な振る舞いを批判し、罷免を求めて女王陛下に提出した「建言書」である。 そういう行為が市民によって行われ、政府もそれを咎めないという事実に、福沢は強い衝撃を受けて、後に『福翁自伝』に「ますます平生の主義たる開国一偏の説を堅固にしたことがある」と書いた。

 これについては、2006年3月25日の福澤諭吉協会の土曜セミナーで松沢弘陽さんの「福沢諭吉とmid-Victorian Radicalism -『福翁自伝』を手がかりに」を聴いて、3月30日から4月1日のこの日記に書いていた。 別に、薩英戦争でイギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたことが、ニューヨーク・タイムズやイギリス議会で問題になったことも、吉村昭さんの『生麦事件』(新潮社)や皆村武一さんの『『ザ・タイムズ』にみる幕末維新』(中公新書)によって書いていた。 それをまず四日にわたって、引かせてもらう。

   ショーロジ・カラウスヘーの建言書<小人閑居日記 2006.3.30.>

 福澤諭吉協会の土曜セミナーでは、松沢弘陽さんの充実した話を聴けた。 丸山真男門下で(一番上の方という)、ずっと北海道大学法学部教授を務め、1980年の『福澤選集』では第1巻の解説を書いている福沢研究者、現在は福澤協会理事。 難しい話かと心配していた(小泉仰さんの前回は、大学の高踏的な講義のような話に閉口して、日記に書けなかった)のは、杞憂だった。 「福沢諭吉とmid-Victorian Radicalism -『福翁自伝』を手がかりに」。

 『福翁自伝』の「欧洲の政風人情」という小見出しの所に、遣欧使節で滞在中のロンドンで、ある社中の英国人が議院に建言した草稿を日本使節に送ってきた話が出てくる。 その建言書の趣旨は、英国公使オールコックが新開国の日本で、あたかも武力をもって征服した国民に対するような乱暴無状の振る舞いをしていると、いろいろ証拠をあげて糾弾するものだった。 福沢はこの建言書を見て「大(い)に胸が下(が)った。成るほど世界は鬼ばかりではない、是れまで外国政府の仕振を見れば、日本の弱身に付込み日本人の不文殺伐なるに乗じて無理難題を仕掛けて真実困(まっ)て居たが、その本国に来て見れば〔自から〕公明正大、優しき人もあるものだと思て、ますます平生の主義たる開国一偏の説を堅固にしたことがある」というのだ。

 松沢弘陽さんは、その建言書と建言した人の探索を始める。 原文は発見できなかったが、木村芥舟『三十年史』508-520頁と、福沢の上司の「福田作太郎筆記」(東大史料編纂所蔵)に、建言書二通の翻訳があった。 「ニューカストル外国掛役人 ショーロジカラウセー」「ニューカストル外国管事公会頭取 ショーロジ、カラウスヘー」による、英国政府が中国と日本に出している官憲、外交官の非道に対する、国際法にもとづく執拗な糾弾だった。 それは現地情報と外交文書によっていて、出先外交官の弾劾と不当な政策の撤回を要求していた。 軍事力の威嚇によって結んだ条約を非難し、国際法はヨーロッパの内ばかりでなく、外でも適用されるという考え方によっていた。

 松沢さんは、ロンドンでも調査して、ついにGeorge Crawshay(1821-96)と、Foreign Affairs Committeeに、たどり着く。

「古今伝授」と関ヶ原の勝敗2021/02/03 06:55

 つづいて慶長5(1600)年9月15日、天下分け目の関ヶ原の戦いだ。 2か月前の7月18日、細川藤孝のいた丹後田辺城は5百人の兵力だったが、西軍の大軍に囲まれた。 今、熊本市の水前寺成趣園にある「古今伝授の間」は、当時京都御所にあって、藤孝は慶長5年3月、八条宮智仁親王に秘伝を受け継ぐ「古今伝授」を開始した。 8月2日には田辺城で辞世<いにしへも今もかハらぬ世中に心の種をのこすことの葉>を詠む。 関ヶ原前夜、「和歌の道」が藤孝を救った。 井上章一さんが「タヌキ親爺」だという藤孝は、レッスンを積み残したまま、田辺城に籠城した。 動いたのは後陽成天皇(正親町天皇の皇子誠仁(さねひと)親王の第一王子)、藤孝の死によって「古今伝授」が失われることを嘆き、西軍に講和を説く。 9月18日、藤孝は籠城を解いた。 その三日前、関ヶ原の戦いは終わっていた。 西軍の大軍を田辺城に足止めしていたことが、関ヶ原の勝敗に影響した。

 家康が天下人になっても、藤孝は江戸幕府の基礎づくりを伝授した。 豊臣家は公家、摂関家になっていた。 室町幕府の武家政治を知っているのは、藤孝だけで、「芸は身を助く」。 細川家は、記録、歴史を大切にした、「ペンは剣よりも強し」の家だと、永青文庫副館長で美術ライターの橋本麻里さん。

 だが、本能寺の変の直後、光秀が藤孝に宛てた一通目の手紙、おそらく甘い言葉が連ねてあったであろう手紙が、残っていない。 二通目の、藤孝が協力を断ったことに「腹が立った」という手紙は残した。

 磯田道史さんは、細川藤孝を「戦国のオアシス」、信長亡き後、言の葉を集めたことが彼の宇宙観、永遠のものを残した高尚な文化人、最後の中世武士、一番会ってみたい人だと結論した。

「真相!本能寺の変 細川藤孝 戦国生き残り戦略」2021/02/02 07:06

 NHKBSプレミアム『英雄たちの選択』「真相!本能寺の変 細川藤孝 戦国生き残り戦略」(1月20日放送)が面白かった。 細川家は記録を大切にした家で、永青文庫には6万点の文書が残されている。 稲葉継陽(つぐはる)熊本大学教授・永青文庫研究センター長は、細川藤孝(幽斎)は文武両道の人だった、と。(大河ドラマ『麒麟がくる』では眞島秀和が演じた。) 母方の清原家は天皇の教育係。 藤孝は連歌をよくし、情報収集力に長け、将軍家の交渉人だった。

 永禄8(1565)年足利義輝が殺された時、足利義昭を一乗院から救出した藤孝は、信長の信頼を得た。 藤孝は、光秀とも親交があった。 永禄11(1568)年足利義昭が朝倉義景のもとを去って織田信長を頼った際に、藤孝は光秀とともに、その仲介工作をし、信長は義昭を擁して上洛、義昭は将軍となる。 しかし義昭は次第に信長と不和になり、天正元(1573)年信長に対して挙兵する。 藤孝は義昭に従わず、信長に京都の情報を流していた。 義昭は追放され、室町幕府は瓦解、藤孝は、既に信長の配下になっていた光秀と共に、信長に仕える。 こうした細川藤孝を、作家の桐野作人は「不倒翁」、井上章一国際日本文化研究センター教授は「家を潰さない、よくできた養子、細川家中興の祖」、磯田道史国際日本文化研究センター准教授は「目利き力、外交の嗅覚、早耳。都の武士で、義昭の地方には付いて行かなかった」という。

 そこで、本能寺の変である。 天正3(1575)年から4年間、光秀と藤孝は、丹波・丹後攻略にかかる。 その間、信長の勧めで、光秀の娘たま(後のガラシャ)が、藤孝の嫡男忠興と結婚する。 なぜ、光秀は本能寺の変を起こしたか。 2014年、石谷家文書に光秀の長宗我部元親への手紙が発見された。 光秀はずっと元親と交渉していて、元親は信長に従おうとする形跡を見せていた。 しかし、光秀の苦心も空しく、本能寺の変の十日前、信長は四国攻略の為に大軍勢を摂津に集結させていた。 光秀の面目は丸つぶれだった。(昨日見た、「四国説」)

 細川藤孝は、天正10(1582)年6月2日、本能寺の変の数時間後、その情報を丹後宮津城で聞く。 すぐに剃髪して、信長への弔意を示す。 6月9日、光秀は藤孝への二度目の手紙(最初の手紙は見つかっていない)で、協力(入魂)を要請、摂津と若狭を与える、息子や忠興の世代に政権を譲る行動で私利私欲ではない、五十日から百日で畿内は平定できる、と伝えた。 足利義昭と連絡した形跡もある。

 だが細川藤孝は、宮津城を動かなかった。 京都で、情報を収集させ、光秀の娘で忠興の妻たまを山奥に隠棲させた。 6月13日、明智光秀死去。 7月15日、藤孝は本能寺の焼け跡で信長追悼連歌会を興行する。

 秀吉宛の信長の手紙が、細川家に残っている。 稲葉継陽さんは、秀吉から藤孝に転送されたものと推定、両者の軍事的連携は天正8年、9年から進んでいたとする。 秀吉は、宮津城を動かなかった藤孝の動きを高く評価し、血判起請文を送っている。 日和見したのは筒井順慶も同じだったが、藤孝への評価は違った。 井上章一さんは、剃髪し幽斎を名乗り、信長追善の連歌興行をした「文化の力」、磯田道史さんは「ローリスク、中リターン」と。

麒麟はくるのか?2021/02/01 06:54

 大河ドラマ『麒麟がくる』が、7日で最終回だそうだ。 はたして、麒麟はくるのか? 明智光秀はなぜ主君・織田信長に謀反したのか、本能寺の変の原因については、諸説がある。 近年新たな史料の発見により従来の織田信長や明智光秀のイメージが大きく変わりつつある。 NHKは正月にBSプレミアムで、「本能寺の変サミット」を放送、気鋭の研究者を一堂に集めて、諸説を検討した。 従来から言われる「怨恨説」のほか、「野望説」、「共謀説」(「朝廷共謀説」、「イエズス会共謀説」)、「鞆幕府推戴説」、「構造改革反発説」、「暴走阻止説」、「突発的犯行説」、「四国説」、「秀吉陰謀説」、などが検討されていた。

 大河ドラマ『麒麟がくる』はどうか。  1月17日の第41回「月にのぼる者」。 光秀は、三条西実澄の手引きで正親町天皇と月見をして、「信長が道を間違えぬよう、しかと見届けよ」と言われた。(「朝廷共謀説」) 松永久秀の平蜘蛛の釜の件を信長に密告されて以来、秀吉とは何かとぶつかっている。(「秀吉陰謀説」) 光秀は、丹波の平定に手を焼き、国衆が将軍足利義昭を奉じ、信長の預治思想(土地は天のもの(天下人=信長)、大名・国衆は預かっているだけ)に反対している。(「構造改革反発説」)

1月24日の第42回「離れゆく心」。 信長は「正親町天皇は自分のことをどう言っていたか?」と光秀に訊くが、光秀は答えず、打擲されて、駒に傷の手当をしてもらう。(「怨恨説」) 信長は、正親町天皇に譲位を迫っている。(「朝廷共謀説」「暴走阻止説」) 光秀は鞆の浦に行って、将軍足利義昭に会って鯛を釣り、光秀一人の京都ならば上洛すると言われる。(「鞆幕府推戴説」)

 大河ドラマ『麒麟がくる』では、どうも諸説がごっちゃに重なって、明智光秀を突き動かすようだ。(「突発的犯行説」) 描かれた光秀の人物像から「野望説」は考えられないし、「イエズス会共謀説」や「四国説」には、尺が足りなかった。 以上、1月31日の第43回「闇に光る樹」を見るまでの所見である。 果たしてどうなるのか、楽しみに見ることにしよう。

木村もりよ医師のコロナ対応提言2021/01/17 08:32

 最近、もっぱら「医療崩壊」の危機が騒がれている。 新型コロナウイルス感染症で、日本の感染者数は、欧米のそれとは桁違いに少ない、人口当たりの感染者数でイギリスの20分の1、死亡者数で40分の1と言われている。 ずっと、それなら日本の病院の状況と比べて、イギリス、イタリア、アメリカの病院の状態が、とてつもなく大変な状態になっているのではないか、と思っていた。

13日、たまたま「情報ライブ ミヤネ屋」を見ていた。 木村もりよさんという医者で、元厚労省医系技官、元WHOコンサルタントが、日本の現状を明快に説明し、ズバッと提案しているのに、感心した。 イギリスの病院は大半が公的病院なので、政府の施策が素早く浸透し易い。 日本は、コロナ対応が、地方自治体レベルに任されていて、国が責任を持って何もやっていない。 公的病院が20%ほどなので、税金を投入して、民間病院を一時的に公的病院扱いとし、医療キャパシティーを増やせというのだ。

医療総動員のために必要なのは、「金、モノ、人」。 金は、政府のコロナ対策の予備費、5兆円がある。 厚労省と医師会は、腹をくくって、規制緩和し、基金をつくり、民間病院がコロナ対応で赤字になった場合の損失補償、担当医療従事者の給料を倍にするなどを実施すれば、コロナに対応する民間病院が増える。 人工呼吸器を扱える医師をコロナ対応病院に動員できる補償体制、潜在的な医師・看護師を動員することも必要。 さらには、医療体制の地域格差に自衛隊ヘリで地域間輸送を行うことや、コロナ死亡者の平均年齢が79歳になっているので、重症化リスクの高い高齢者に「自主隔離」、マスクなんか役に立たない、強い外出自粛を呼び掛けていた。

 医療キャパシティーを増やさないで、日本医師会が「医療崩壊」の議論をするのは、最初から逃げているのと同じだ。 今、医療キャパシティーを上げておかないと、日本で変異種のウイルスの感染が広がった時、立ち行かなくなると、警鐘を鳴らしていた。

私は79歳なので、この話、ドスンと応えた。 コロナ禍の終息には、従来の制度の枠を超越した、こうした大胆で抜本的な改革や対策が必要なのだろうと、思ったのだった。