《築地明石町》モデルの孫2019/12/13 07:13

 11日に東京国立近代美術館で「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開} を観て来たので、一日「昔、書いた福沢」を休み、《築地明石町》のモデルの孫に ついて以前書いた「等々力短信」を出すことにする。 東京国立近代美術館は、 15日の会期末前で、ものすごい人だった。 2007年に行った鎌倉市鏑木清方 記念美術館は、閑散としていたのに…。

      等々力短信 第1052号 2013(平成25)年10月25日

               パリに生れ、パリに死す

 ヨーコ・タニ、谷洋子という名の女優を、ご記憶だろうか。 グレアム・グ リーン原作の映画『静かなアメリカ人』(1958年)で助演、同年の『風は知ら ない』ではダーク・ボガードと共演、第二次大戦末期、日本人捕虜の尋問のた めに空軍中尉がインドのジャイプールで日本語を学び、教えてくれる美しい女 性と恋に落ちる、そのスズキ役。 『バレン』(1960年)ではアンソニー・ク インとイヌイットの夫婦を、『青い目の蝶々さん』(1962年)では日本に単身赴 任したイヴ・モンタンの夫が浮気したのではと疑い、ゲイシャに扮して探るシ ャーリー・マクレーンの妻に、化粧や着付けをする芸者を演じた。 フランス のテレビ番組や舞台にも出た。 日本映画では、1956年の久松静児監督、田中 澄江脚本『女囚と共に』に出ているが、その共演者がすごい。 田中絹代、原 節子、木暮実千代、香川京子、淡路恵子、久我美子、杉葉子、浪花千栄子。 前 田敦子と大島優子の区別はつかないのに、こちらは皆、顔が浮ぶのは、年を取 った証拠だろう。

 森まゆみさんが、岩波の『図書』8、9月の上下で書いた「谷洋子のポルトレ」 を読み、谷洋子(1928(昭和3)年~1999(平成11)年)の本名が、猪谷洋子、 その母の名が妙子と知って、私にはピンと来る本があった。 富岡多惠子さん の『中勘助の恋』(創元社)である。 中勘助の“恋人”が、猪谷妙子だったか らだ。 妙子とその母江木万世(ませ)は、中勘助の人と文学を考える上で最 も重要な二人で、共に中勘助に「愛の告白」をしている。 万世は、中勘助の 一高以来の友人、新橋の江木写真館の息子、江木定男の妻で、鏑木清方の代表 作《築地明石町》(1971年切手になった)のモデルになったほどの美人だった。

 中は若い友人夫妻の娘妙子を、幼い頃から大層可愛がり、江木定男が妙子13 歳の時に亡くなると、父親代りの役を務める。 膝の上の妙子にねだられてし たお話を、東京高商で経済学を専攻フランスに留学した猪谷善一と結婚し、パ リで洋子の母になった妙子に請われて、書き上げたのが『菩提樹の蔭』だった。

 猪谷一家は1930年に帰国、洋子は母も出た東京女高師附属女学校(現お茶 の水女子大附属中学・高校)から津田塾大学に進み、英語を身につけ二番で出 た。 女学生の時、母妙子が死ぬ。 どうしても外国に出たくて1950年カソリ ックの縁で渡仏、パリ大学にも通った。 最初は画家を志し、なかなか帰国し ないので、父が仕送りを止め、レビューに出た。 「日本から持って行った着 物を重ねて着て、一枚ずつ脱いだらすごく受けたのよ」、異国で女一人、気風よ く生きた。 『天井桟敷の人々』のマルセル・カルネ監督に見出されて映画デ ビューする。 俳優と結婚して別れ、長い付き合いの恋人ロジェと幸せに暮し、 70歳で没、ブルターニュのお墓に一緒に入ったという。

『たそがれ清兵衛』と『福翁自伝』[昔、書いた福沢157]2019/11/22 07:12

     『たそがれ清兵衛』と『福翁自伝』<小人閑居日記 2002.12.4.>

 山田洋次監督初の時代劇映画『たそがれ清兵衛』を観た。 舞台は海坂(う なさか)藩、藤沢周平さんの三作品を原作としているから、月山や鳥海山を望 む風景も、「で、がんす」という言葉も、父方のルーツの地である山形庄内の鶴 岡のもので、なつかしい感じがすると同時に、観終って、父に観せたかったと いう思いにとらえられたのであった。

 清兵衛(真田広之)は五十石取の下級武士である。 それも二十石は借上げ (諸藩が財政窮乏のため、家臣に対して知行高や扶持高をへらしたこと)だっ たから、実質三十石だった。 長く労咳を患って死んだ妻の治療費や葬式代の ための借金を抱え、たそがれとともに酒の誘いなどには付き合えず帰宅、夜遅 くまで内職の虫籠づくりをしながら、もうろくした母と幼い二人の娘の面倒を みて、ひどく貧しく暮している。 すぐ思い出すのは、中津藩の下級武士だっ た福沢諭吉の家の暮しである。 十三石二人扶持というから、「たそがれ清兵衛」 よりも、たそがれている。 『福翁自伝』には、少年時代からなんでも自分で やり、下駄づくりや刀剣の細工の内職をしたことが書かれている。

 山田洋次監督は、ほんの少し前の祖先である幕末の下級武士の暮しがどんな ものか、そんな辛い環境で暮しながら、どこか凛としていた姿を、リアルに描 きたかったのだという。 監督の祖父は、九州の小さな藩の下級武士の息子だ ったのだそうだ。 たそがれ清兵衛の親友で、宮沢りえの演じた飯沼朋江の兄、 倫之丞役の吹越満は撮影前に、山田監督から『福翁自伝』を渡されたという。  吹越満は「幕末の山形では、江戸や京都で何が起っているか普通の侍はまだ気 づいていないけれど、僕が演じる飯沼は情報を仕入れてきて、「このままじゃ駄 目だ」と言う。 これは諭吉と同じようなものをきちんと背負っている、とい うことだと思うんですが。 この本は読み物として面白かったですね」と語っ ている。 私は監督が読ませた意図は、下級武士の暮しの方に力点があったと 思うのだが、監督の念頭に『福翁自伝』があった証拠として、このプログラム にある話は面白い。

       『たそがれ清兵衛』と黒澤明<小人閑居日記 2002.12.5.>

 プログラムの「『たそがれ清兵衛』試論--あるいは山田洋次の「冒険」」と いう文章に、吉村英夫さん(テレビで山田洋次監督に寅さん映画について聞い ているのを、見たことがある)が、本格的なリアリズム時代劇に取り組んだ山 田監督には、黒澤明が念頭にあったのは事実である、と書いている。 衣裳担 当に『夢』以降の黒澤作品のそれを担当した黒澤の長女、和子を起用した。 野 上照代など黒澤組スタッフからの助言も得ている。 敵役に舞踏家田中泯とい う異色の起用をした、クライマックスの暗い室内での凄絶な殺陣のシーンなど は、明らかに黒澤明の影響だろう。 原作の一つ「竹光始末」は、浪人者が上 意討ちを成しとげれば仕官の願いを叶えようという話だという。 その線で書 かれた最初のシナリオが、映画のように書き直されたのは、黒澤の遺作シナリ オを黒澤組が撮った『雨あがる』を意識したからではなかったのか。

 吉村英夫さんによれば、かつて黒澤明は山田監督に「わからないんですよ。  侍が具体的にどういう生活をしていたのか。 朝、顔を洗ったのか、歯を磨い たのか、城で食事をするとしても、弁当持参なのか給食なのか」(1991年『対 話・山田洋次』旬報社)と語ったという。 『たそがれ清兵衛』では、少し足 りない下男直太(神戸浩。貧しい下級武士にも規則で下男が必要だったのだろ う)が、弁当を持って登城する。 内職代の支払いに来る男に、湯銭の上がっ たのを理由に、値上げを頼んでいるが、風呂屋へ行ったのだろうか。 宮沢り えの朋江が会津の家中に嫁に行くという話があるが、藩の領域を越えての結婚 はあったのだろうか。 米どころの庄内で、百姓の子が飢餓で死に、川を流れ て来るということがあったのだろうか。 細かいことをいえば、そんなことが 気になった。

バルトンとバートン(3)〔昔、書いた福沢112-3〕2019/09/14 07:18

              W・K・バルトン余滴

 この「等々力短信」を読まれた福澤諭吉協会の竹田行之氏から、さらなる調 査と、その『福澤手帖』での報告を依頼されながら、私の怠慢のために今日ま で報告が遅れてしまった。 それはW・K・バルトン関係で、いくつか確認し たいことがあったためでもある。 なかなか調査が進められないのだけれど、 没後百年をきっかけに、本稿を書いたのは、福澤諭吉協会の皆様にジョン・ヒ ル・バートン、W・K・バルトン親子にかかわる興味深い事実をご紹介し、広 く研究を進めていただきたいと考えたからである。

   一 滝本誠一教授

 バルトンの遺児多満(明治24年生れ)さんの長女たへさんは昭和9年、京 都の日出新聞学芸部記者(のちに朝日新聞学芸部記者)の鳥海一郎さんと結婚 した。 一郎さんは母上が鳥海神社宮司の家系であるため鳥海姓を継いでいた が、父上は慶應義塾大学経済学部教授の滝本誠一博士であった。 たへさんの 長女、バルトンの曽孫にあたる鳥海幸子さんは、没後百年バルトン忌にも参加 されていたが、滝本誠一教授の著書『欧州経済史』を所蔵しておられる。 稲 場日出子さんは、W・K・バルトン没後百年特集(上)を組んだ『水道公論』 誌1999年7月号に「バルトン家と福沢諭吉」という一文を寄せ、「『欧州経済 史』は、まさに『西洋事情』の続編ともいうべき内容である。滝本博士は、将 来子息の夫人になる人の曾祖父がその本の原著者であることなど想像もせずに 教室で図書館で『西洋事情外編』を手にされたに違いない」と書いておられる。  おそらく、その通りであったのだろう。 厳密には『三田評論』『三田学会雑誌』 などのバックナンバーで、滝本誠一教授の論文等を調べる必要があろうが、そ こまで及べないでいる。 『慶應義塾百年史』第一章「総合大学の確立」に、 大正11(1922)年度の慶應義塾学事及び会計報告から大学各学部と予科の教員 氏名が出ている。 文学部の日本経済史と経済学部の中古経済史、日本経済史、 研究会の担当として法学博士滝本誠一の名前がある。 「チェンバーズの『政 治経済学』」は、高橋誠一郎先生が昭和の初め、イギリスの古書目録の中から発 見して取り寄せるまで、日本では誰もこれを知らなかったという。(富田正文『考 証 福沢諭吉』上) 高橋誠一郎先生ご自身は、留学中に買い集めて来た本の中 にあったと書いている。(『随筆 慶應義塾』266頁) 滝本教授が高橋先生から、 この本の話を聞いた可能性はある。 滝本誠一博士は、1932(昭和7)年8月 に亡くなっている。 アルバート・M・クレイグ教授の論文「ジョン・ヒル・ バートンと福沢諭吉」は、ずっと下って、1983(昭和58)年4月の成稿、1984 (昭和59)年10月西川俊作教授による翻訳が『福澤諭吉年鑑』11に、原文は 1985(昭和60)年3月慶應義塾福沢研究センター紀要『近代日本研究』第1 号に掲載された。

    二 永井荷風の父と長与専斎

 W・K・バルトンは、どのようにして来日することになったか。 稲場紀久 雄教授の『都市の医師』によれば、日本は1886(明治19)年悲惨なコレラの 大流行に襲われた。 そこで上下水道工学をイギリスに学ぶため新進気鋭の学 者を招聘する必要があるという意見が興る。 それより先、内務省衛生局の有 能な事務官永井久一郎(作家永井荷風の父)は、1884(明治17)年5月から 翌18年9月まで主に英・独・仏の上下水道を視察調査した。 渡英直後の明 治17年7月、ロンドンで万国衛生博覧会が開催された。 当時の衛生局長長 与専斎の自伝『松香私志』に「バルトンは、英国の工学士にして倫敦市の水道 事務局に勤務し、衛生工事には熟練の人なりしを、先年倫敦に万国衛生会を開 かれるとき、衛生局より永井(久一郎)出張してその会に参列しけるが、この 時よりバルトンと知るに至り、帰京ののち推薦するところありき」とあるそう だ。

『ベアテの贈りもの』<等々力短信 第1122号 2019(令和元).8.25.>2019/08/25 05:42

 上野の国際子ども図書館(国立国会図書館の支部)をご存知だろうか。 ここは幕末三 度洋行した福沢諭吉が西洋列強の「ビブリオテーキ」を紹介し、明治政府の文部官僚永井 久一郎(荷風の父)が近代国家には国立図書館が必要だと奔走し、曲折を経てようやく明 治39(1906)年に開館した「帝国図書館」の理念と建物を受け継いでいる。 中島京子さ んの小説『夢見る帝国図書館』(文藝春秋)は、何度も図書館の費用が戦費に食われ、リベ ラルアーツと国威発揚的国策が衝突する、苦難の歴史を背景にして描かれた。 アメリカ 占領下の昭和21(1946)年2月4日、ジープを駆ってGHQ職員のアメリカ人女性ベアテ・ シロタ(22)が「憲法関連の本」を探しにやって来る。 マグナ・カルタから始まる一連 のイギリスの本、ワイマール憲法、北欧諸国の憲法を始め、ありったけの憲法関連書籍を 借り出す。 以後の運命の9日間で、日本国憲法の「GHQ草案」を作り上げた25人の民 生局員にとっての、最重要参考文献だった。 中島京子さんは、これは帝国図書館にとっ て、最後にして最大の仕事だったかもしれない、と書く。

実はベアテ、隣の東京音楽学校でピアノ教授をしたレオ・シロタの娘で、5歳から15歳 まで日本で暮していた。 シロタといっても、日系人ではなく、ウクライナ出身のユダヤ 人だ。 昨年6月に亡くなった藤原智子監督にドキュメンタリー映画『ベアテの贈りもの』 (2004年)がある。 レオ・シロタは全ヨーロッパの楽壇で「フランツ・リストの再来」 と言われ、世界的ピアニストとして演奏会を展開していたが、1926(昭和元)年満洲に赴 き、そこで会った山田耕筰に誘われて日本公演、一年間滞在する(ベアテは5歳)。 これ を機会に1929(昭和4)年、東京音楽学校教授として招かれ、17年間、井口基成や園田高 弘など名ピアニストの育成と演奏活動で、日本の楽壇に貢献した。 演奏家としても日本 で人気が高く、またユダヤ人迫害でパスポートを剥奪されたため、夫妻で戦後の1946(昭 和21)年まで日本に留まった。 戦争末期は外国人強制疎開で軽井沢にいた。 ヨーロッ パに残ったレオの兄弟は、悲劇的な最期をとげる。

 この間、娘のベアテは15歳でアメリカに渡りオークランドの全寮制女子大学ミルズ・カ レッジで学び、卒業の1945(昭和20)年アメリカ国籍を取得、12月、GHQ民間人要員と して来日、大戦中音信不通だった両親と再会できた。 ベアテは日本国憲法草案作成の一 員となり、昭和初期の日本で、女性たちの抑圧された状況を目の当りにして育ったことも あって、人権に関する14条と男女平等に関する24条の原案の一部を書いた。 第二次世 界大戦後の74年間を、日本人が平和とそこそこの繁栄の内に過ごせたのには、日本国憲法 の存在があったことを忘れてはならないだろう。

ああ、江國滋さん〔昔、書いた福沢80〕2019/07/21 07:24

                 ああ、江國滋さん

        <等々力短信 第782号 1997(平成9).8.25.>

  8月10日に江國滋さんが亡くなり、その後の夏休みの五日間をぼーっと過 ごした。 ただでさえ、ぼーっとしているのだから、ぼーっとの二乗である。 いつまで続くか、お楽しみにと始めた「等々力短信」が、こんなに長く続いて きたのは、一つには江國滋さんのおかげがあったと思う。 一人よがりでこん なものを出していて、いいのだろうかという思いが、いつもあった。    

  そんな「等々力短信」を偶然の機会から読んでいただくことになった江國さ んが、短信を評価して下さり、最初に本にした『五の日の手紙』を私家本にも かかわらず、新潮社の『波』で1986年の「今年の本」の一冊にあげ、「読 書の散歩道」という放送番組でも紹介して下さった。 読者の一人として来て 下さった500号記念の会(1989.6.27.)では、短信の読者人脈に驚いたとい うスピーチをされたあとで、その皆さんを前にカードマジックの妙技をたっぷ りと披露して下さったのだった。 プロの随筆家に、それも長く愛読していた 江國さんに認めていただいたことが、私にとって、どれほどの力と自信になっ たかは、はかりしれないものがある。

  江國滋さんと知り合えたのは、実は、福沢先生のおかげであった。 江國さ んの『俳句とあそぶ法』(朝日新聞社)の「寿(ほ)ぎの天敵-慶祝句」の章 の結論に、福沢の人生訓の第一条というのが出てくる。 「人間にとっていち ばん醜いことは、人をうらやむことであります」。 俗に福沢「心訓」と呼ば れるこの七則は、福沢の書いたものではない。 偽作であることが、富田正文 先生によって『福沢諭吉全集』別巻の228ページに明記されている。 その 旨、お知らせした手紙が、江國さんとの文通の発端となった。       

 だが、後に「心訓」によって私は、江國さんの文章に対する頑固で厳しい姿 勢を知ることになる。 『俳句とあそぶ法』の続編として、『週刊朝日』に連 載された「滋酔郎俳句館」の「人のふところ」に、また「心訓」が登場したの を読んだ私は、再びそれを指摘した。 だが、連載が『江國滋俳句館』として 単行本になったのを見ると、直っていない。 それをいぶかった私の手紙に対 する江國さんの返信「いつぞやのご教示は、もちろんよく覚えており、承知の 上で、ああ書いたのです。 理由はただ一つ、文章の上から、福沢センセイも いっておる、と書かないと文章にならなかったからで、ほんとは偽作だそうだ が、と付言したら、めりはりがくずれてしまいます」

 彫心鏤骨の文人、62歳11か月の死であった。 ご冥福を祈る。