柳家権太楼の「死神」後半2017/06/11 06:43

 先生、お薬を頂きに来ました。 藥か。 大根の葉を庖丁で刻んで、紙につつ んで、はい、藥。 生ごみじゃないの、これ煎じるんですか。 味噌汁に入れ ると、いいかもしれない。

 たちまち評判が広まり、患者が殺到した。 死神が足元に座っていれば、助 かるな。 たまたま枕元にいると、寿命がないなと言って、玄関を出るか出な い内に、患者が死ぬ。 たいそう儲かって、門構えに、若い女を侍らせて、贅 沢三昧。 女が、上方見物をしたいと言えば、いいねと、京、大坂で、大名遊 び、帰る頃には、すってんてん。 江戸へ戻ると、誰もいなくなった。

 医者の看板を出すが、誰も訪ねて来ない。 呼ばれて行くと、みんな死神が 枕元に座っていて、お足にならない。 深みにはまる。 金のないことに苦し む。 麹町の大黒屋金兵衛、日本でも五本の指に入るかという、あの豪商。 助 けたら、何百両でも出すというので、行くと、案の定、枕元。 これは無理だ というと、そこんところを何とか、15日、持たせてくれ、と。 15日で、身 代が助かる。 おかみさんは、千両出すから、7日助けて、と。 駄目は、駄 目。 そこを何とか、二千両、5日。 銭は欲しいが、駄目は、駄目。 はい、 3日で五千両。 五千両でも、駄目。 そこを先生のお知恵で。 知恵? ち ょっと待ってくれ、番頭さん、こっちへ来てくれ。 腕の達者な、機転の利く 若い衆を四人。 蒲団の四隅に座らせて、私が膝をポンと叩いたら、蒲団をク ルッと回す、頭が足に、足が頭に来るように。 いっぺんしか、出来ないよ。

 夜が更けてくるが、死神は、病人を睨んでいる。 病人の息が、だんだん浅 くなる。 朝の6時過ぎ、死神の目はらんらんと輝いている。 10時、11時 …、1時、2時。 死神も、80歳を過ぎて、体力がなくなっている。 コクッ と、なった。 膝をポン、「アジャラカモクレン、キューライス、タカヤス、 オオゼキ、オメデトウ」、ポンポン。 驚いたのは、死神だ。

 五千両と、内金五両、途中の居酒屋で一杯ひっかける。 死神の様子ったら なかったね、ウッヒャーッって。

 おい。 死神さん、久し振り。 大恩ある俺に向って、何て言うことをして くれた。 お前は軽いんだ、俺は死神協会の常任理事を辞めさせられた。 こ っちへ来い、見せてえものがある。 どこへ行くんだ。 真っ暗な穴へ入って …。 こっちだよ。 えれえ数の蝋燭だ。 この蝋燭の一本一本が人間の寿命 だ。 えれえな、こりゃあ。 太くて、長いのが、お前の叩き出したセガレだ。  パチパチ撥ねている、それがお前の別れたカミさんだ。 銭(ぜに)、銭って、 言っていそうだ。 芯だけで消えそうな、危ねえのがお前の寿命だ。 本当の 寿命は、あそこの長いのだが、五千両でてめえの命を売ったんだ。 替えられ ないよ、枕元の死神に手を出したろ、それで命を金で売ったんだ。

 ちょっと、待って、また助けて、死んちゃん。 気安く呼ぶな。 灯しかけ を、手前でつないでみろ。 うまくいけば、つながるかもしれない。 震える と、消えるぞ。 死ぬぞ。 アーーッ。 消えるよ。 震えるな。 アーーッ、 アーーッ。 消えたな。 (ゆっくりと、斜め前に倒れる)

柳家権太楼の「死神」前半2017/06/10 07:14

 70という歳になりました。 古稀、数年前に年金受給者になった。 民主党 政権の時に、年金機構に訊きに行った…、払ってないのは知っていたけれど。  さすがにお上、二日もしない内に、あなたは払ってません、と。 国民年金を、 信用金庫がうちで受け取ってもらいたいという。 特権がある。 浅草演芸ホ ールのタダ券、そんなものなくても入れる。 芸協(落語芸術協会)なら、行 かない。 年にいっぺん、温泉旅行、鬼怒川、川治なんかへ行く。 源泉掛け 流しの風呂に入って、5時半から大広間で、落語会がある。

 師匠、つばめと、小さんの所にお墓参りに行った、70という年齢になりまし た、70という年齢とともに過ごしてみたいと拝んで、豪徳寺、墓の横を見たら 享年87歳。 86歳まで現役だったぞ、と言われているようだった。 あと16 年、がんばります、と言って来た。 あと16年、がんばっちゃいますよ、つ きあってね。 落語は稽古をしてねえと、うまくできない。(と、羽織を脱ぐ)

 お前さん、そんなんだから、お足が家の中に入ってきても、すぐ出てっちゃ うんだよ、豆腐の角に頭ぶつけて、死んじゃいな。 出てけ、出てけ。 死ん じゃおうかな、川に飛び込むか…、駄目だ、今、風邪引いてんだ。 大きな木 がある、首くくるか。 初めて死ぬんだから、どうやって死ぬかわからない。  教えてやろうか。 80過ぎの、よれよれの鼠色の着物を着た老人、皺だらけで、 がりがりに痩せている。 頭は爆ぜて、目の前に白い毛が漂っている。 ちょ うど歌丸さんみたい…、師匠じゃないですよ。

 俺は、死神だ。 えっ、向うへ行け。 フッ、仲良くしよう、逃げても駄目 だ、俺は風に乗って、スーーーッと行けるんだ。 お前とは、深い縁(えにし) がある。 銭に困ってんだろ、医者になれ、儲かるぞ。 医者になんかなれな い。 脈を診れば、立派な医者だ、儲かるぞ。 長患いの病人のところには、 死神がいる。 枕元の方にいたら、寿命がない。 足元にいたら、寿命がある。  足元なら、呪文を唱えろ。 掟がある、いっぺん言うから、覚えろ。 「アジ ャラカモクレン、キューライス、タカヤス、オオゼキ、オメデトウ」、手を二つ 叩く。 死神は、スーーッと行っちゃった。 死神さん、ほんとかい。

 家に帰ると、かみさんと子供がいない。 蒲鉾板に「イシャ」と書いて出し た。 ごめん下さい。 米屋か、今、ちょっと都合がつかない。 米屋じゃあ りません。 魚屋か。 魚屋じゃない。 薪屋か。 こちらは、お医者様では ございませんか、手前は日本橋の山形屋の手代で、主が長患い、江戸中、日本 中の名医に診てもらいましたが、良くなりません、占い師が辰巳の方角で一番 最初のお医者様に診てもらうようにと申しまして。 助けたら、いくらくれる。  いくらでも。 行きましょう。 その旨、先生に御言付けを。 先生は、私だ。  石屋と間違えたんじゃないのか。

 山形屋へ行くと、死神は足元に座っていた。 しめた。 今、何か、おっし ゃいましたか。 閉めてって、言ったんだ。 この人、助かりますよ。 江戸 中、日本中の名医に診てもらいましたが、青森終点先生は「もう、先がない」、 高橋由伸先生は「息継ぎはいいが、中継ぎがない」とおっしゃつて、上方の籠 池先生は黙っていたが、おばさんが五月蝿い。

 おかみさんかね、向うにいて下さい。 「アジャラカモクレン、キューライ ス、タカヤス、オオゼキ、オメデトウ」、ポンポン。 スーーッと、死神がいな くなった。 誰か、いないか。 胸のつかえが、スーーッと取れた。 番頭、 おなかが減った、何か食べたい。 重湯か何かにしますか。 天丼にしましょ う、上天丼。 私も(と、先生)。 百両のお礼をもらった。

桃月庵白酒の「犬の災難」2017/06/09 07:14

 私事ですが、今月初め、肺炎になりまして(客席、笑)、寄席も三日休みま した。 肺炎というと対応が違う、席亭もゆっくり直して、なんて。 歌丸師 匠と一緒じゃないか。 気を遣って頂いたりする。 今まで以上に、無理をし ないようにしている。 落語会のあと、ちょっとした所に食べに行く。 寿司 屋のカウンターと言われると、行きましょうということになる。 酒をやらな いというと、最初から握ってくる、勝手に出してくれる。 白酒で呑まない、 看板に偽りありと言われるけれど、師匠(五街道雲助)なんか、のべつ追剥し てなきゃあならない。 今は、どこへ行っても、お茶、それで十分。 酒を呑 まないと、味が分かる。 コースというものは、こういうことなのか、ここで 休むのか、なんてのが分かる。

 酒好きと、酔っ払ってるのが好きという、二種がある。 てんから酔っ払っ ていたい。 お茶を肴に、酒を呑む。 お茶で消す。 呑みたくなると、我慢 できなくなる。 お弔いなんかあると、否応なしに呑める。 死んだらしいよ、 あいつ。

 ンーーン、酒、呑みてえな。 酒がない、銭がない。 あるのは、暇ばかり。  横丁の鶏屋です、お隣のおかみさんが湯へ行ったので、預かってもらいたい。  いい鶏肉だ、これで一杯やりてえ、食いてえな。 お櫃(ひつ)抱えて、断食 しているようなもんだ。

 いるけえ、一杯やろう。 肴、半分持とうじゃないか。 なんだ鶏肉がある じゃないか、買ったのか。 酒を持とうじゃないか、鶏、用意しとけ。

 持つべきものは友達だ。 隣のかみさん、戻って来なければいい、湯に沈め ばいい。 どうもありがとう、鶏肉、預かってもらって。 それからね、私、 のぼせるほど、湯につかっちゃあいませんからね。

 言訳を考えなきゃあ、なるほどという。 野良犬がくわえて逃げちゃった。  出刃持って、追いかける恰好だ。 勘弁出来ねえ。 なんだ、糊屋の婆ァか。 

兄貴が帰って来たら、何て言おうかと思っていたんだ。 いやがるんだよ、 野良犬が…。 そいつが、くわえて逃げて、取り逃がした。 追っかけて行く から、十年、二十年、帰って来ないかもしれない、これが見納めだ。 鶏肉、 買ってくるよ。

 よかった、兄貴が馬鹿で。 兄貴、どんな酒を買ってきたんだろうか。 毒 見するか。 ちょいとじゃ、わからない。 おっとっと、いっぱいになっちゃ った。 コクコクコク、ははは、これはいい酒だ。 奢りやがったな、早く帰 って来いよ、兄貴も。 せっかくあるんだ。 水、足しゃあ、いいんだ。 こ れも犬のお蔭だ。 どの犬に、お礼を言えばいいんだか、わかんないんだがな。  こんな酒があるのに、肴がいるなんて、兄貴のようなのが嫌だ。 チビチビ、 やったりとったり、やってる時が、嬉しい。 こんないい酒があれば、肴は何 もいらない。 なろうことなら、女の子がいる方がいい。 話すだけ、膝に手 が欲しい。 私も一杯、なんて。 酔っぱらっちゃうから。 外は雨、これか らあなたと時を待つばかり。 俺は、度胸ないからな。

 これ、上げ底か、そんなに呑んだかな、毒見で一杯。 あっ、やっちゃった な、水を足しても、水ばかり。 これは俺でも怒るよ。 何とかしよう。 こ れは、犬だな。 徳利、蹴飛ばして逃げちゃった。 こぼすんだから、酒じゃ なくていい。 これは、呑んどくか。 水を入れて。 犬を追いかければ、い い。

 兄貴が帰って来たら、何て言おうかと思っていたんだ。 ガタガタ、音がす る。 犬がいた。 白無地の犬、入って来やがった。 さっきの犬だな。 そ うですって、言う…、ような顔をした。 徳利、蹴飛ばして逃げちゃった。 五 年、十年たとうが、俺は追っかけて行くから…。 顔、上げろ、お前、酔っぱ らってるな。 悪い奴だ、お前が呑んだんだろ。 誤解だ、畳に吸われちゃう から、口をつけて吸ったんだ。 酒は呑むより、吸うほうが酔うね。 あれあ れ、あの赤犬だ。 白無地の犬じゃなかったのか。 さっき、一杯ひっかけて 赤くなったんだ。 薪ザッポを貸せ。 お前が、鶏も食いやがったのか。 犬 が…、クワン、クワン!

春風亭一朝の「三方一両損」2017/06/08 07:17

 一応やります、と定番をやって、江戸っ子のお噂、と。 師匠の柳朝、これ ぞ江戸っ子という人で、たいへんうるさかった。 鼻濁音を、使えと。 何々 グワッ、と言わなきゃあならない。 今、何時? 何時何分というと、引っ叩 かれた。 なにか言う事ができない。 前座が34、5人いて、この秋、二ッ目 になると言われていた。 何年になる? 三年やってるんです、15、6番目で す。 じゃあ、来年だな。 平気で言う。 東北、仕事終わって呑みに行く。  うらぶれたバーで、カウンターしかない。 ビールを呑む、素敵なマスター。  いくら? 俺達は追われている身で。 訳の分かんない人間だから。

 <江戸っ子は皐月の鯉の吹き流し、口先ばかりはらわたはなし>。 竹を割っ たような性格、江戸っ子の塩辛はつくれない。 俺は江戸っ子だ、義理とふん どしは欠かしたことがない、とケツをまくると、ふんどしをしていなかった。  <江戸っ子の生まれぞこない、金を貯め>。

 金を全部使って、さっぱりしたら、柳原で財布を拾っちゃった。 財布を落 とすなんて、間抜けな野郎だ、三両の金と書付と印形、神田小柳町の大工吉五 郎か、届けてやろう。 大工の吉五郎の家は? 何だ、煙草買うんじゃないの か、米屋の横入って、骨ッ障子のはまった家だ。 煙草屋に、ケムにまかれた。  欄間から、ケムが出てる、火熾しているのかな。 障子に穴開けて覗いてやれ、 鰯、焼いてやがる。 鰯の塩焼きで一杯か、しみったれたことすんねえ。 何 言ってんだ、開けて入れ。 開けずに入れるのは、風か、幽霊か、すかしっ屁 だ。 何だ、人間か。 神田白壁町、左官の金太郎だ。 これ、落したろ、持 って来てやったから、受け取れ。 金を落して、さっぱりした気持になって、 せっかく一杯やっていたところだ、書付と印形はもらっとく、財布と三両は持 ってけ。 持ってかなきゃ、張り倒すぞ。 やれるもんなら、やってみろ。 ほ んとに殴ったな、バカバカ、と大喧嘩になる。

 大家さん、吉公の所で今日三度目の喧嘩だ、止めてくれ。 棚から物が落ち る。 私は、この界隈の家守(やもり)だ。 家守か、ゲジゲジみたいな顔を して。 吉公前へ出ろ、お前が悪い、シャケの一本も持って礼に行くのが筋、 人の道だ。 このくそったれ大家、晦日にはきちんきちんと店賃は払ってる、 長屋の雪隠でくそたれてやっているんだ。 汚え啖呵だ。 大家の俺がお奉行 所に訴え出て、この吉五郎にきちんと謝らせるから、あんた、今日のところは 引き取っておくれでないか。

 お婆さん、ごらんよ、金太郎が通るよ。 鬢(びん)の先が垂れてる、着物 の前をはだけて…。 いったい、どうしたんだ。 喧嘩か、偉い、偉い、若い 時分には俺も喧嘩を探して歩いたもんだ。 婆さん、布団を出せ。 神田小柳 町、乙な所だ。 かがみ女に、反り男、ってんで、そっくり返って歩いていて、 九段の坂で、後ろにひっくり返った。 草鞋の紐が、足に引っかかったんだ。  何、拾った財布を届けに行った? 婆さん、布団を仕舞いな。 相手の拳固を、 オデコで受けて、鰯を三匹踏みつぶした。 大家が出て来て、人の道だといっ たら、そいつの切った啖呵に、胸がスッとした。 何て、言ったんだ。 何だ、 このくそったれ大家、晦日にはきちんきちんと店賃は払ってる、長屋の雪隠で くそたれてやっているんだ、ってんだ。

 お前の大家の、ワシの顔はどう立てる。 ワシが願書を書いてやるから、奉 行所にかっこめ。 茶漬か? 駆け込むんだ。

 入りましょう! 神田白壁町左官の金太郎、神田小柳町大工の吉五郎、町役 五人組付添。 民事なので、ムシロが一枚敷かれている。 同心衆、俗に言う 赤鬼青鬼が揃い、シィーーッ、とお白洲に、警蹕(けいひつ)の声。 お奉行 様がお出ましになる。 大岡越前守、麻裃。 町役五人組、金太郎、吉五郎、 面(おもて)を上げろ。 これこれの次第だと願書にあるが? まったくその 通りでございます。 金太郎、なんで届ける筋になった? お奉行様は、あっ しにネコババしろっておっしゃるんですかい、出世するような災難に遭いたく ないもんで。 こらこら、町役人より申し上げます、お奉行所で金三両預かっ て頂ければと存じますが。

 東男の気質、感じ入った。 二両金ずつ、下げ遣わす。 ちょっと、言い足 す。 奉行が一両出したので、三方一両損と申す。 調べは、相済んだ。 早 朝より参って、空腹であろう。 膳部の支度をいたせ。 お奉行様がご馳走し てくださるんで。 テエだよ、テエ、三崎の本場だ、目の下一尺もある。 両 人、いかに空腹でも、あまり沢山、食すなよ。 なに、多くは食わねえ、たっ た、えちぜん。

ろべえ改メ柳家小八の「明烏」後半2017/06/07 06:29

 私は帰ります。 オウ、坊ちゃんよー、てえげえにしろ、若え血潮は流れて ねえのか、真人間になり損なうよ。 お帰りなさい。 吉原には、吉原のしき たりってものがある。 さっき入ってきたのは、鳥居じゃなくて、大門という んだ、恐い顔したおじさんが三人、何か帳面に付けていただろう。 一人で帰 ってみろ、胡散臭い奴だと、ふん縛っておくのが、吉原のしきたりだ。 帰え れ、帰えれ。 それでは、大門とやらまで、お送り願います。 冗談言っちゃ あいけねえよ、あたしたちが依怙地になりゃあ、二年だろうが三年だろうが、 居続けをするんだ。 エーーーッ。(と、泣く) 泣くことはない。

 坊っちゃん、一杯だけつきあってよ、陽気にやりましょう。 浦里という、 絶世の美人、年は十八、ああいうやさしい若旦那なら、私のほうから出てみた いという、逆のお見立て。 今日ばかりはどうにも盛り上がらない。 坊ちゃ ん、涙ポロポロこぼして、畳にのの字を書いている。 いい通夜だね、ご焼香 上げるか。 てめえ、泣くな! 泣かすんじゃないよ。 あなた方、いい年を して、他になすべきことはないんですか、道元禅師は…。

 坊っちゃん、こちらへ、花魁の部屋に参りましょう。 おばさんが、ずるず る引きずって行く、廊下がまた、よく滑る。 アッ、おっ母さん! その騒ぎ に、みんな廊下に飛び出して見送る。 まるで市中引き回し。     翌朝、おつむが痛いね。 どうだった。 来たよ、今夜は寝かさないって。 私おしっこって、行ったきり、帰って来なかった、長い小便だ、丑年(うしど し)か。 なるほど、寝かさない。 俺も振られて、待っている間、部屋ん中 あちこち探して、甘納豆を見っけちゃった。 朝の甘納豆は美味い。 行こう 行こう、帰ろうよ。 お向かいだよ、坊ちゃんは…。 真夜中に男の悲鳴が二 つ、聞こえたが…。

 次の間付きだよ。 坊ちゃん、お迎えに参りました。 ちょいと、開けます よ。 枕屏風が回してある。 どっこいしょのしょ。 花魁、悪かったな、手 こずったろう。 坊ちゃん、辛かったろ、すみません。 それが、大変けっこ うなお籠りでございました。 花魁、坊ちゃんを起こしてくれ。 ぬし、お起 きなさいましな。 えっ、坊ちゃん、起きたらどうなんです。 私は起きたい が、花魁は床の中で私の足をグッとからめて、放さない。 おい、お前、甘納 豆食ってる場合じゃないよ。 じゃあ、坊っちゃん、あなたは暇なからだだ、 ゆっくり遊んでいらっしゃい。 あっしら急ぐんで、ひと足先に帰るよ。 あ なたがた、帰れるもんなら帰ってごらんなさい、大門で縛られます。