柳家喬太郎「夢の酒」の本篇・後半2020/03/08 07:20

御新造が、蒲団の裾にすーーーっと入って来て……、そこでお前が起こした んだよ。 惜しいことをしました。 ウァーーッ! クヤシイッ! ウァーー ッ!

何だい、奥で大声を出して、奉公人に示しが付かないじゃないか。 お花、 泣くんじゃない、お父っつあんが心配してる。 倅の不行跡は、親の責任だ、 話してごらん。 倅は、黙ってなさい。 はい、はい、はい、ウチのことをご 存知だったのかい。 下戸じゃないか、飲めんのかい、厚かましい。 えっ、 うん、お花、お前が怒るのは間違いない。 夢、昼寝の夢なのか? はい、夢 でございます。 二人共、死んじまえ!

 日頃から若旦那はそういうことを思っているから、そんな夢を見るんです。  お父っつあん、私、くやしい、私だってできるんです。 お父っつあん、見て て下さい(下から、上から見る恰好をする)。 お父っつあん、向島へ行って下 さい、淡島様に願をかけて、上の句を詠みあげて寝れば、人の夢の中に入れる と申しますから。 今夜、寝る時にやってみよう。 今! 蒲団を敷かなくて いい。 はい、はい、言うことを聞きますよ。 淡島様、上の句を詠みますか ら、向島のお宅にお導きを、そうしたら下の句を奉納致します。 「われ頼む  人の頼みの なごめずば」(「世に淡島の 神といはれじ」) グーーッ! グー ーッ!

 御新造、大黒屋の旦那様がいらっしゃいました。 倅がご雑作に預かったそ うで。 旦那様は、お好きなんですから、膳の支度を。 とんでもない。 そ うですか、でも冷やはいけない、以前飲み過ぎて、大しくじりをしたことがあ る。 火を落としたところなので、ちょっとお待ちを。 冷やはいけない。 お 燗は、まだでしょうか。 お話したいことがあるが、少しだけ。 お燗は、ま だでしょうか。 お父っつあん、お父っつあん、起きて下さい。 私は燗をつ けなければダメなんで…。 今、起こしたのは、お花かい。 向島のお宅が知 れました、それにしても惜しいことをした。 若旦那と同じことを。 ウフフ フフ、冷やでも、飲めばよかった。

柳家喬太郎「夢の酒」の本篇・前半2020/03/07 07:07

この人、昼寝しながら、ニコニコ笑っている、どんな夢を見ているのかしら。  また、笑ってる。 あなた、起きてちょうだい、起きてってば。 私は、もう 充分でございます。 今、起こしたのは、お前か? 夢を見たんでしょ。 惜 しいことをしたな。 教えて、どんな夢? ニコニコ笑ってたから、楽しい夢だ ったんでしょ。 昼寝の夢だよ。 私、退屈してるんですから、聞かせて。

商いの用事が終って、向島を歩いていたんだ。 雨がぽつぽつ降ってきて、 その内にザーーッと本降りになった。 一軒だけ、軒のある家があったんで、 雨宿りをした。 二号さんの家か、その乙な家の格子が開いて、婆やさんが、 何ですね、大黒屋の若旦那じゃあございませんか、お風邪を召します、お上が りを、と言うんだ。 私のことを知っているんだ。 ここで雨宿りをさせてい ただくだけで、と言うと、ウチの御新造に叱られる、と。 ちょいと御新造、 あなたが常からお噂をしていらっしゃる大黒屋の若旦那がみえましたよ。

 中から、お清、本当にみえたのかいと、泳ぐように出てきたのが、今まで、 あんないい女てえのは見たことがない、言葉じゃ言えない、日本語にはないよ うな、いい女だった。 意外と近くにいるんじゃないでしょうか。 私の手を 取った、その手のやわらかいこと、あったかいこと、あんな手があるんだ。

 上がったら、酒肴の支度がしてある。 あなた、下戸なのに。 下戸だって 言ったんだ、親父は飲むけれどって。 本当は召し上がるんでしょ、私みたい なお多福のお酌では飲めないんでょ、って言う。 お銚子を持って、下から見 る目が、色っぽいんだよ、それでいい匂いがする。 飲んでみたら、飲めてね。  駆けつけ三杯ですよ。 私のことを見て、ずるいって言うんだよ。 あいすみ ません、気が付かないでと、差しつ差されつ、五、六本も空けたかな。 五、 六合。 いや、二合徳利で。 頭(つむり)が痛くなった。 お清、床をのべ ておくれ。 蒲団を敷いてくれたんで、蒲団に入った。

 小半時して、だいぶん良くなりました。 今度は、私が頭が痛くなって来た んですよ、と御新造。 あなたが蒲団を出ることはなくってよ、と、帯を解き ました。 ほんのりと桜色の長襦袢になって、肩越しに見るんだよ。 お銚子 の時は、下から見た。 ハイ、ハイ。 御新造が、蒲団の裾にすーーーっと入 って来て……、そこでお前が起こしたんだよ。 惜しいことをしました。

柳家喬太郎「夢の酒」のマクラ2020/03/06 07:12

 ようこそ、不特定多数の方と濃厚接触する会にいらっしゃいました。 異常 事態で、こちらから見て、マスクをされたお客様が多くて、していない方は、 ああ買えなかったんだろう、と。 今日のギャラは、マスク10枚位くれるん じゃないか。 夢は、解放されること。 眠って見る夢ではない夢、お客様に ちょっとでも上手くやって、喜んでもらうのが、私の夢。

町をふらふら歩いている。 池袋という貧民窟に住んでる、いかがわしい所 が、宿便のようにある。 これ、マクラだけど、放送されない、ウフフ。 当 り前の風景の中に、普段と違う道や、立ち寄ることのない雑居ビルがある。 違 う町なのかと思う。 ある雑居ビル一階のエレベーターホールに立っていた。  指でエレベーターのボタンを押していた。 扉が開いたんで、乗った。 三階 か四階を押して、上がる。 扉が開くと、この世のものとは思えない、いかが わしいDVDが目の前にいっぱいある。 扉が閉まったんで、やむを得ず店の 中を歩いた。 無数のDVD、女性の裸体や、くんずほぐれつしているのばかり で、どこを見ても、大師匠の小さん全集がない、円生も師匠のさん喬もない。  4、5枚のDVDを手にして、レジに行く。 いらっしゃいませ。 これ下さい と言った。 お客さんの持って来たのも悪くはないけれど、奥にもっといいも のがある。 そうか、小さん全集は奥にあるんだろうと、行くと、ここもくん ずほぐれつだった。 レジで、出来れば、お名前と電話番号を書いて下さいと 言う。 書けば、小さん全集が出てくるかもしれないと思って、それでも芸名 でなく、本名と電話番号を書いた。 メモをお渡ししますから、5分か10分経 ってから見て下さい、と言う。 ビルを出て、小さん全集のことが書いてある のかと、メモを見たら、「個人情報を頂きました(笑)」とあった。 驚いたと ころで、目が覚めた。

この話、試してみようかと、ウチのカカアなるものに話した。 わぁ、汚い、 そんなもの買ったの、小さん全集や師匠のなんて、あるわけないでしょ。 で、 書いたの、住所と固定電話! 本当に、書いたの! 今日、その家に、帰るん です。

この人、昼寝しながら、ニコニコ笑っている、どんな夢を見ているのかしら。

桂やまとの「ひなつば」2020/03/05 07:19

 桂やまと、ひょいひょいと出て、一杯のご来場で、嬉しいもんですね、と。 知 り合いの薬剤師が「新コロ」とつめて言う。 古今亭新コロなんて、いそう。 こ ういう時に寄席にいらっしゃるのが、真の落語ファン。 上野鈴本2月下席のト リだったが、見事に影響があった。 どこに座っても、濃厚接触無し。 まっす ぐに育ってほしいと、親は教育に力を入れるけれど、子供は親の分身、まあ親馬 鹿なんでしょう。

 おっかあ、いま帰ったよ。 機嫌が悪いね、喧嘩でもしたのかい。 人間やめ たくなった、いやんなっちゃった。 お屋敷で、松の木の枝を下ろしていたんだ。  若様がお通りになるから、手を止めろ、と。 ちっちゃい子供が、紋付羽織袴で トコトコ動く。 お供の侍が5、6人ついてる。 泉水べりで、穴あき銭を拾って、 つーーっと駆け出した。 田中三太夫様の鼻先に突き出して、聞いてんだよ。 爺 ィ、これは一体なんじゃ、と。 お足を知らねえんだよ、驚いたね。 三太夫様 は教えないで、若様は何と思召しますか、お当て下さいと言う。 爺ィ、まある くて、四角い穴が明いていて、裏に波の絵がある、これはお雛様の刀の鍔であろ う。 可愛らしい見立てじゃねえか。 落ちている物は不浄の物、お捨てあそば せ。

 あとで、若様おいくつになられますかと、三太夫様に聞いた。 お八歳にあら せられる。 来年はオクサイかね。 ウチのガキ、金坊と同じ齢だ。 金坊はい つも、銭くれーー、銭くれーー、という。 駄目だといったら、漬物の桶に小便 しやがった。  

お前さんの後ろに、金坊がいるよ。 洟を一本半垂らしやがって、かめ、かめ!  袂(たもと)で拭くな、いくつなんだ。 お八歳。 話を聞いてたな。  お屋 敷の若様なんて、ちゃんちゃら可笑しいや。 表に行って、遊んで来い。 じゃ あ、行きやすいようにしておくれ、銭おくれよ。 (おかみさんが)ハイハイハ イ。 駄目だ、やるな、銭はやっちゃあ、いけない。 お前さん、一本気なのは いいけれど、お屋敷の若様と、長屋の植木屋の息子とは違う。 あいつは客が来 ると、俺の所に近づいて来る、シクシク泣いて、涙を我慢するふりをするから、 客が金をくれるんだ。

 熊さん、私だ。 お店の旦那だ。 座布団を出せ、穴があるから、くるっとひ っくり返せ、あ、穴が大きくなった。 ご用は。 私の方から来なきゃあ、収ま らないと思ってね。 この間、酒を飲んだ時に来て、こんな家はこちらから出入 り止めだ、と怒鳴ったそうだな。 番頭呼んで、問い質して、合点がいった。 庭 を、他の職人がやっていた。 私が悪い、番頭が気を回してね。 松の植え替え は彼岸までと聞いていたんで、この年になると早く片付けたくなってな、それを 番頭が察して、しるべの植木屋に頼んだんだ。 機嫌を直して、家に来てくれな いか、この通りだ、すまねえ。 お手を上げて下さい、ありがとうござんす、建 前で酔っ払って通ったら、知らねえ職人が仕事をしていたんで、つい。 しくじ ったな、と思って、親父の顏が目の前にチラチラ、今日謝りに行こうか、明日行 こうかと、こっちから怒鳴ったんで、敷居が高い、近所に火事でもあればと、三 軒先に火を点けようかなんて思って。 また、来ておくれよ。

 粗茶ですが、一杯。 つまむもの出せ。 買って来る。 羊羹があるだろう、 去年の正月のだ。 菜っ切包丁はいけねえ、ネギの臭いがつくだろう、折の蓋で 切れ、厚くな、了見見られる、鯨尺持って来るんじゃない。 折の蓋をなめるな、 なめるなら縦じゃなく、横になめろ、目を白黒させてやがら。 半紙を折るんだ、 半分に。

金坊が帰ェってきたよ。 こんなもの、拾った。 これなんだろうね、あたい が思うには、丸くて、四角い穴が明いていて、裏に波の絵があるから、お雛様の 刀の鍔かなあ。 ちょっと待て、この子はお前さんちの子だろ、お足を教えてな いんだね。 へえ、そうなんですよ、教えてねえんで。 そうかい、この子はい くつだ。 お八歳で。 家の孫と同じだ、いつもお爺ちゃん、お鳥目をくれと言 う。 旦那、こいつは危険です。 丸くて、四角い穴が明いていて、裏に波の絵 があるから、お雛様の刀の鍔かい、恐れ入ったね。 これで何か買えばいい、い や、手習いの道具にしよう、墨、硯、机を届けさせる。 金坊、お礼を言え。 手 に持っているのは、不浄の物だ、捨てちゃえ。 いやだよう、これで焼芋を買っ て、食べるんだよ。

桂吉弥の「胴乱の幸助」後半2020/03/04 06:35

 向こう意気の親父とか言われて、喧嘩を探して歩いている。 割木屋のおやッさん、 向こうの辻に若いもんが仰山集まってるで。 胴乱の幸助が辻を回ると、浄瑠璃の稽 古屋があって、黒山のような人が格子を覗いている。 さあカボクさん、(吉弥がここ で羽織を脱ぐと、クリーム色の着物)今日からあんたのお望みのもの桂川連理柵(れ んりのしがらみ)を。 ♪上りゆくーゥーゥーー、柳の馬場(ばんば)押小路、シャ ン ♪軒を並べし呉服店、現金商い掛硯、テン はい、始めの所から、やって。 柳の 馬場押小路。 あんた、本読んでるんでいけません、節を付けて。 ♪柳の馬場押小 路、お師匠はん、これ嫌いで、おとせの婆(ばば)の嫁いびりが好き。 ♪親じゃ、 親じゃ、親じゃわいな、あんまりじゃわいな。 好きこそ、物の上手なれ、で。

 (覗いてる人が)お半長、ムカムカしますね。 おとせの婆の、嫁いびりの声が、 幸助の耳に入った。 派手にやってるわな。 浄瑠璃だっせ。 お半長なんで。 お 半長って、何じゃい。

 主(あるじ)さんを出して。 お師匠さん、なんやお人がみえてまっせ。 何か、 ご用で。 みっともないと思いませんか、今、親じゃわいな、と大声を出していた人 は? カボクさんで。 その人を、出してくれ。 この人が自分で返事をします。 お やッさん、これあんた、帯屋、京都の話ですよ。 またヒマな奴がそろうてけつかる のやな、なにかい、京都のもめごとをここで騒いでいるのかい。 あんた、お半長右 衛門、知らんのか。 知らん。 困ったなあ、京都に柳の馬場押小路という所がおま んね。 そこの虎石町の西側に帯屋長右衛門という家がある。 舅(しゅうと)の半 斎の後添え、おとせの婆に儀兵衛という連れ子があって、長右衛門を放り出して、儀 兵衛をあとにすえたい。 長右衛門とその嫁はん・お絹をいびる。 近所の信濃屋の 娘・お半(十四)と長右衛門(四十以上分別盛りの)が、お伊勢参りの下向道でやや こしいことになり手紙が出て、ゴチャゴチャする。 よう、教えてくれた、よし、俺 も聞いた以上はほっとけん性分や、これからちょっと京都まで、このもめ事を納めに 行く。 行ってもらいましょうか。 硯を貸して、関係者を聞いておかなきゃあ。 帯 屋長右衛門、舅の半斎、後添えおとせ、連れ子儀兵衛、お絹、お半、と。

 明治初年、汽車もあったが煙の臭いがいやで、三十石の夜船で京都へ。 寺田屋の 浜に上がって、柳の馬場押小路、虎石町の西側に帯屋長右衛門という店を尋ねる。 帯 屋長右衛門、何か聞いたことがある。 あんた、朝から真面目な顔をして、お半長、 小さな子供でも知っている。 柳の馬場押小路に、たまたま帯屋が一軒あった。 お 上がり下さい。 帯を買いに来たのでなく、ちょっと、お話があって。 お座布をあ てて。 火を貸して下さい。 ご用事は? あんた、番頭さんでしょ、主の長右衛門 を。 主は公平(くへい)と申します。 隠しなさんな、近頃ゴチャゴチャもめ事が あるだろう、それで噂は大阪まで聞こえている。 お内儀のお絹さんを出してもらい まひょ。 手前どもの、お内儀はお花と申します。 いちいちそんなことを言うてた ら、しまいには怒りまっせ、それやったら信濃屋さんの方へ話を持っていったら、ち ょっと困るんやないか。 ちょっと待って、アッハッハ、朝から真面目な顔をして、 それお半長と違いますか。 そやお半長やがな。 ウァッハッハ、そんな阿呆な、よ うそんなことを言いに来なはんな、この忙しいのに。 あんた、お半長なら、とうに 桂川で心中しましたがな。 えっ、死んでしもたか、アーア汽車で来ればよかった。