「漸草庵 百代の過客」のエゴノキ2022/07/07 06:54

 百代橋の下をくぐる道は、綾瀬川を松原大橋を渡り、草加市文化会館の右手川沿いに、ドナルド・キーンさんが命名したという「漸草庵 百代の過客(ぜんそうあん はくたいのかかく)」という茶室四間とお休み処の数寄屋建築があった。 外に樽型の牢屋のようにも見える小さな茶室もある。 百代橋には「ひゃくたいばし」とあり、ここは「はくたい」、キーンさんが正しいのだろう。 「漸草」の意味を草加市のホームページなどで探したが、わからなかった。 漢和辞典の「漸」の意味は、(1)ようやく。だんだん。次第に。(2)進む。次第に進む。じわじわ進む。(3)易の一つ、順を追って進む象(かたち)。(4)きざし。(5)通す。通ずる。(6)のびる。成長する。(7)順序。段階。 「〝草〟加市が次第にのびる、成長する」という意味だろうか。

 漸草庵の庭に実をたくさんつけている「エゴノキ(えごの木)」があった。 岡部さんが「チシャ」とも言うと教えてくれた。 「チシャ」はキャベツだとも言うから、それは「レタス」だろうと、私が言った。 落語の「夏の医者」で知っていたからだ。 暑い夏の盛り、無医村カシマ村のタゼエモンが倒れて、息子が隣村の一本松にゲンパクロウという医者を迎えに行く。 山越えの途中で、息子と医者がウワバミに呑まれてしまうが、医者は薬籠の下剤ダイオウの粉を撒いて、脱出する。 タゼエモンを診て、チシャ(今風に言えばレタス)の胡麻よごしの食べ過ぎの、ものあたりだと診断するが、薬籠をウワバミの腹の中に忘れて来ていた。 気丈な医者は、もう一度、ウワバミに呑まれに行く。 ウワバミは、大木にひっかかった形で、げんなりしていた。 医者が事情を話して、交渉するが、ウワバミは「もうダメだよ、夏の医者は、腹に障る」。

 なお、「えごの木」が「チシャ」だという件だが、「エゴノキ」で検索したら、エゴノキ科の落葉小高木、初夏、白色の小さな花をたくさん咲かせ、それが実になる、「エゴ」は実を口に入れると「えぐい」から来ており、別名チシャノキ、チサノキ、歌舞伎の「伽羅先代萩」に登場する「ちさの木(萵苣の木)」はこれだとあった。 一方、レタスの「チシャ(萵苣)」はヨーロッパ原産のキク科の野菜、韓国料理ではサンチュと呼ぶ。 同じ名でまぎらわしいが、木とは別物だ。 なお、キク科、植物の科としては最大で、一年草から大高木まであるというから、キク科だから草というわけではない。

 近くに、正岡子規の句碑<梅を見て野を見て行きぬ草加まで>があった。 実際には見なかったが、近辺に高浜虚子の句碑<巡礼や草加あたりを帰る雁>、水原秋桜子の句碑<草紅葉草加煎餅を干しにけり>や<畦塗りが草加の町をかこみける>があるそうで、所々に松山市のような「投句箱」があった。 これらの俳句は、都会化、さらには長靴必須以前の、地域の景色と歴史を歴然と示していた。

NHK新人落語大賞、桂二葉「天狗刺し」2022/02/25 07:07

そんなわけで、令和3年度NHK新人落語大賞の放送(昨年11月23日)を見た。 東京予選63名、大阪予選54名、計107名が参加、予選を勝ち抜いた東西3名ずつ6名の若手落語家が、11月1日NHK大阪ホールで大賞を目指した。 司会は、林家たい平と南沢奈央。 持ち時間は15分。 エントリーしたのは、次の6名と演目。 くじ引きの順番、女流二人が最後に出た。

三遊亭好志朗(48歳) 「権助魚」

桂 小鯛 「親子酒」

笑福亭生寿 「近日息子」

春風亭昇也 「壺算」

林家つる子 「お菊の皿」

桂 二葉(によう) 「天狗刺し」

 審査員は、柳家権太楼、桂文珍、片岡鶴太郎、堀井憲一郎、広瀬和生(ヘヴィメタ雑誌編集長、落語評論家)。

 私が面白かったのは、上方の桂二葉(によう)「天狗刺し」。 おかっぱ頭で、高い声を出す。 浪花のいちびり娘(お調子者)、昭和61(1986)年生れの由、桂米二門下、米朝事務所所属。

 「鳶が鷹を生む」を「天狗がタコを生む」だと思いこんでいるアホなおっちゃん、甚平さんに銭儲けの相談。 「スッキャキ」がいいと思うんだが、牛肉は珍しないから、天狗のスッキャキ屋はどうやろう。 物識りに聞いた。 二間半の鳥小屋をつくって、天狗を五、六羽入れておく。 一間の調理場で天狗をさばく。 天狗をさばくいうても、「天狗裁き」ちがいまっせ。

 天狗をどこで、仕入れるんだ、と甚平さん。 それを相談したい。 わしも忙しいんだ。 天狗なんて、おるかい。 昔は、おったんやろ。 本場は? 京都の鞍馬山、十羽、二十羽とおる。 ヨソでは言いなはんな。

 アホなおっちゃん、太い青竹持って、大杉が聳え立つ、夜の鞍馬山へ。 奥の院で、深夜の行を終えた坊さん、扉をギギギィーと。 天狗の鳴き声だ! アホが、青竹で足をすくったから、坊さん、バターーン。 ぐるぐる巻きにふん縛って、さるぐつわをかませる。

 ふん縛った坊さんを担いで、京の町に降りて来る。 町の人は、あれ、何だい? と、びっくり。 ボンサン! ボンサン! ボンサン! あれ、坊さんだ。 アホも、自分が坊さんを担いでいるのに、びっくりして、「スッキャキ屋じゃないと、天ぷら屋にするか、はなから衣ついてまんな」

 審査の結果、桂二葉、満票を獲得して、新人落語大賞を受賞した。

落語研究会は、まる二年無観客収録2022/02/24 08:05

国立小劇場のTBS落語研究会がずっと無観客の収録だけになっているので、ナマの落語とご無沙汰している。 2020年2月26日の第620回落語研究会は、安倍首相が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、多数の観客が集まる国内のスポーツ・文化イベントの開催を今後2週間自粛するよう要請した日であったが、TBSは開催を決めた。 3月30日、前年度最後の第621回は、無観客で行われ、だいぶ経ってからDVDが送られてきたので、当日記に5月26日の春風亭昇也「持参金」から6月4日の柳亭市馬「猫忠」下までを書いたのであった。 4月からの新年度、定連席券を一年分継続で払い込んでゲット、4月28日が初の第622回例会だったが中止、無観客での収録も行われなかった。 5月29日の第623回例会も中止。 6月23日の第624回例会は、無観客収録を行い、DVDが7月15日に送られてきた(当日記2020.7.18.~28.)。 ついに新年度の定連席券は「払戻し」となり、7月17日の第625回例会も無観客収録でDVDが届いた(当日記2020.8.17.~26.)のであった。 以来、2020年8月の第626回から、2021年一年間、2022年の第643回まで、ずっと無観客での収録になっている。

 天婦羅屋で一杯やっておしゃべりし、国立小劇場へくりこむ仲間もずっとご無沙汰で、寂しい限りだ。 それでコロナ禍のすき間を狙い、久しぶりに12月7日日比谷のシーボニアメンズクラブでランチとおしゃべりを楽しんだのだったけれど、次回と予定していた2月上旬が、オミクロン株の感染急拡大で延期になってしまった。

森鴎外と牧野富太郎、圓生のまくら2022/02/14 07:08

 『ボタニカ』に鴎外、森林太郎が登場する。 大正元年になってから、平瀬作五郎と池野成一郎の帝国学士院恩賜賞のお祝いをしようと、牧野富太郎が浅草のすきやき屋で一席設けた。 実は勘定を、京都への汽車の時間があって先に帰った平瀬が済ませてしまったのだが…。 その時、池野が、いつも小石川植物園にお越しになっている森閣下の『田楽豆腐』という小説が載っていると、三越呉服店の冊子『三越』をくれた。 そういえば、いつかの初夏、四阿(あずまや)で書物を開いている、額が秀でた、凛々しいカイゼル髭の紳士を見かけたことがあった。 女の子の声がして、「パッパ」と聞こえた。 芝生にはうら若い婦人と小さな女の子がいて、西洋の乳母車が置いてある。 園丁らの話では、陸軍軍医総監・森林太郎閣下は、植物について造詣が深く、一家での散策だけでなく、草花の名前を確かめるために植物園を訪れることもあるらしい。 森閣下、森鴎外の『田楽豆腐』なる小説は、まさにその植物園行きについて夫人が訊ねるところから始まるのだった。

 牧野富太郎が飯沼慾斎翁の『草木図説』を増訂・解説した『増訂草木図説』に、オランダダンドクという植物についての項で不明の文言があった。 飯沼翁は、旧幕時代に渡来して「カンナインヂカ」と呼ばれていたこの植物が、「普通ニカンナインヂカノ名ヲ以テ持(モタ)リ此種ニ称スルハ舌人ノ訛伝(カデン)ニ出ルナリ」と書いていたが、この「舌人」の意味がどうしてもわからなかった。 牧野は「補」で、舌人とは古人、あるいは世人を指した語句ではないかと推測し、「「カンナインヂカ」という名称は、昔の人間、あるいは本草家でない者が訛(なま)って言い慣わしてきたものに由来すると翁は述べておられるのだろう」とした。 ところが、大学を通じて、森閣下から伝言があり、 「舌人とは通詞、通訳人のことだ」との教示に、感激したのだった。 疑問はするりと解けた。 「カンナインヂカ」という名は、「蘭人から聞いた通訳人の誤伝である」と、慾斎翁は指摘していたのだ。 鴎外森先生のおかげで、明治41年の一輯最版時に「補」の当該箇所を削除することができた。

 大正6年5月、森林太郎閣下から問い合わせがあった。 「江戸時代末の医師、儒者である伊澤蘭軒が「楸(しゅう)」という植物について記している。これがいかなる樹木であるか、判然としない。調べると楸は古(いにしえ)の梓(あずさ)、今のあかめがしわだという答解の端緒を得たるも腑に落ちず、植物学の書にあたっても明瞭な答えが得られない。教示を乞う」 富太郎はすぐさま、回答した。 「「楸」は本草家が尋常、「キササゲ」としているもので、カタルパ属の木。「あかめがしわ」は普通に「梓」としてあり、マルロッス属の木。一方、「あずさ」は今の名を「よくそみねばり」、又は「みずめ」、学名はベツラ・ウルミフォリア、樺木(カバノキ)属の木。」、つまり「楸」はキササゲであり、アズサとアカメガシワもまたそれぞれ異なる植物であると。 その後、東京日日新聞の連載小説『伊澤蘭軒』に、牧野富太郎に「楸」について訊ねたこと、その返信のやりとりが記され、「幸いに牧野氏は私を教うる労を惜しまなかった」とあった。

 三遊亭圓生が大晦日の噺「掛取り万歳」のまくらで、こうやっていた。 「四季を詠みました歌に、  春椿 夏は榎で 秋楸(ひさぎ) 冬は梓で 暮れは柊(ひいらぎ) この歌をもじりまして、式亭三馬という人が、  春浮気 夏は元気で 秋ふさぎ 冬は陰気で 暮れはまごつき という、まことにうまいことをいいましたが……。」 (三遊亭圓生『圓生・噺のまくら』(講談社))

 私は、この「楸」が、ずっと気にかかっていた。 漢和辞典で「楸」を見ると、「ひさぎ。きささげ。ノウゼンカズラ科の落葉高木。葉は桐に似、初夏に管状の花を開き、ささげに似た実を結ぶ」とあった。 また、「カタルパ」catalpaは、英和辞典で「キササゲ《ノウゼンカズラ科の高木》」だった。

福沢諭吉の「漫言」とは何か2021/12/21 07:02

 飯沢匡さんの『武器としての笑い』の「諧謔家としての福沢―戯作調の「漫言」」で扱われている「漫言」については、2013年3月23日の福澤諭吉協会の土曜セミナー、著述家で国学院大学講師の遠藤利國さんの講演「<漫言>はなぜ書かれたか」を聴いてきて、当日記に三日間書いていた。 それを、三日にわたり再録したい。

      福沢諭吉の「漫言」とは何か<小人閑居日記 2013. 3. 29.>

 23日、福澤諭吉協会の総会と土曜セミナーがあって、著述家で国学院大学講師の遠藤利國さんの講演「<漫言>はなぜ書かれたか」を聴いてきた。 とても面白く、勉強になった。 遠藤さんは、1950(昭和25)年の東京三田生れ、早稲田大学大学院博士課程修了、『教皇庁の闇の奥―キリストの代理人たち』(1993年・リブロポート)、『メディチ家の盛衰』(2000年・東洋書林)、『明治廿五年九月のほととぎす―子規見参』(2010年・未知谷)などの多くの著訳書があり、昨年7月『漫言翁 福澤諭吉―時事新報コラムに見る明治』(未知谷)を発表した。

 福沢の「漫言」については、2001(平成13)年3月25日の「等々力短信」第901号に「福沢さんの落語」と題して、書いたことがある。 『福沢諭吉年鑑27』(2000年・福沢諭吉協会)所収、谷口巖岐阜女子大学教授の論文「「漫言」のすすめ―福沢の文章一面―」を読んでのことだった。 「漫言」とは何か、その短信から該当部分を、まず引用しておく。

福沢は明治15(1882)年に『時事新報』を創刊し、それから死ぬまでの20年近くの間、ずっと今日の「社説」のような文章を書き続けた。 その量は膨大で、『福沢諭吉全集』21巻中、9巻を占めている。 その新聞論集の中に、「社説」と平行して収められている「漫言」307編に、谷口さんは注目する。 福沢は、奔放で多彩で茶目気タップリな「笑い」の文章を創造し、その戯文を楽しみながら、明るく、強靭な「笑い」の精神で、時事性の濃い社会や人事全般の問題について、論じているというのである。

 「漫言」の一例を挙げる。 創刊4日目の「妾の効能」(明治15.3.4.)英国の碩学ダーウヰン先生ひとたび世に出てより、人生の遺伝相続相似の理もますます深奥を究めるに至った。 徳川の大名家、初代は国中第一流の英雄豪傑で猪の獅子を手捕りにしたものを、四代は酒色に耽り、五代は一室に閉じ篭り、七代は疳症、八代は早世、九代目の若様は芋虫をご覧になって御目を舞わさせられるに至る。 それが十代、十五代の末世の大名にも、中々の人物が出る由縁は何ぞや。 妾の勢力、是なり。 妾なるものは、寒貧の家より出て、大家の奥に乗り込み、尋常一様ならざる馬鹿殿様の御意にかない、尋常一様ならざる周りの官女の機嫌をとり、ついに玉の輿に乗りて玉のような若様を生むものなれば、その才知けっして尋常一様の人物ではないのは明らかだ、と。

 福沢は新作落語も作っていた。 「鋳掛(いかけ)久平(きうへい)地獄極楽廻り」(明治21.6.17.) 散憂亭変調 口演 としてある。 鋳掛屋の久平が死んで冥土へ行くと、かつて懇意だった遊び友達の吉蔵が、シャバのお店での帳付の特技を生かし、無給金食扶持だけながら閻魔様の帳面をつけていた。 吉蔵に話を聞き、極楽を覗かせてもらうと、大入り満員で、蓮の葉の長屋にギュウ詰めになって、みんな退屈している。 近頃、シャバで教育が始まり、人に正直の道を教えたからだという。