志ん生の「大津絵」と小泉信三さん2020/10/25 07:47

 「大津絵」というと、このエピソードが思い浮かぶ。 大津絵節という俗曲は、江戸時代後期から明治にかけて全国的に大流行した三味線伴奏の短い歌謡で、宴席の座興や寄席で歌われた。 大津絵節の名は、近江国大津の追分・大谷あたりで売られた庶民の絵「追分絵」が、東海道を往来する旅人の土産物として喜ばれて、全国に「大津絵」の名で知られるようになり、その画材をよみこんで、元禄の終わり頃(1700年)から大津の遊里柴屋町の遊女たちが唄い始めたことによる呼び名と考えられるのだそうだ。

 小泉信三さんは、古今亭志ん生がたいへんな贔屓で、志ん生が病気で倒れる何年か前までは、毎年、暮の数え日という頃に、志ん生を座敷に呼んだという。 ある時、柳橋の料亭で、志ん生が「大津絵」の「冬の夜に」をうたうのを聴いて、小泉さんは突然ハンケチを眼にあてて泣いた。 それからは、三田の家でも、広尾に移ってからも、志ん生を呼んで、一席やってもらった後、これをうたうと、家族がいるなかで、小泉さんは泣いた。 「声にあわれがあっていい」といい、うたが始まる前からハンカチを用意していた。(今村武雄著『小泉信三伝』)

 安藤鶴夫さんは、志ん生から、毎年、師走がちかづくと、ことしも、小泉先生にきかせんだな、と思って、それがなんだかまちどおしかった、と聞いている。

 冬の夜に風が吹く
 しらせの半鐘がジャンと鳴りゃ
 これさ女房わらじ出せ
 刺子襦袢に火事頭巾
 四十八組おいおいに
 お掛り衆の下知をうけ
 出て行きゃ女房はそのあとで
 うがい手水にその身を清め
 今宵うちのひとになぁ
 今宵
 うちのひとに怪我のないように
 南無妙法蓮華経 清正公菩薩
 ありゃりゃんりゅうとの掛け声で勇みゆき
 ほんにおまえはままならぬ
 もしもこの子が男の子なら
 おまえの商売させやせぬぞえ
 罪じゃもの

 安藤鶴夫さんが、このあいだ、人形町の末広の前を通りかかったら、日曜の昼席に、志ん生の独演会があって、番外として、小泉信三先生をしのんで、冬の夜の大津絵うたいます、と書いてあった。 こんどは、志ん生がうたいながら、泣く番になった。 と、昭和41(1966)年8・9月号の『三田評論』追悼・小泉信三号「小泉先生と落語」に、書いている。

『紘辞苑』から(『現代語裏辞典』落選編)2020/08/29 07:01

 『現代語裏辞典』「お助け」に応募したものは、ブログにする以前、電子フォーラム時代の<小人閑居日記>に、結果を含め『紘辞苑』として出していた。 その『紘辞苑』から、あえなく落選となったものの中で、自分としてはけっこう自信のあったものを拾ってみた。 こういうのを「死んだ子の年を数える」というのだろう。

けじらみ【毛虱】陰毛、痒い痒い、それでも漏らさず。
ゲバラ【Guevara】死刑判決を受けた時「チェ」と言った人。
ゲバルト【Gewalt】二人逮捕しようとすると、1時間半はかかる。「ゲバゲバ90分」
けんしき【見識】「世界人類皆兄弟」
こうしえん【甲子園】その土を小袋詰めにして、商売になる唯一の球場。
こうとうえん【喉頭炎】のどが赤くなる病気。
こうとうがん【喉頭癌】のどが赤くなり、顔が青くなる病気。
ごえつどうしゅう【呉越同舟】犬がお客のお猿電車。
こぞう【小僧】こども店員。
ごほう【誤報】牛蒡の赤いものが人参だという情報。
ゴルフ【golf】教えたがり菌の付着したボールをホールに入れる球技。
こんじゃくものがたり【今昔物語】メジャーリーグに日本人助っ人。
しきしゃ【指揮者】存在意義への疑念を、身体で晴らそうとしている人。
しつらくえん【失楽園】その後、アダムとイブがやっている焼肉屋。
しょうじゃひつめつ【生者必滅】葬儀屋の座右の銘。
すいか【西瓜】「壊れますので、改札機に押しつけないで下さい。」
ぜっきょう【絶叫】「こちらムンク美術館、今『叫び』が強奪されました!」
ぞうしゅうわい【贈収賄】記憶力の弱い人に金品を渡す危険な取引。
たいない【胎内】胃ノ下羊水。
だば【駄馬】肉も食えない馬。
だんどり【段取り】銀行の金庫の下までトンネルを掘ること。
ちくでん【逐電】運転士が失踪して電車が不通になること。
ちち【乳】巨をもって貴しとなす。
ちゅうづり【宙吊り】精子の温度管理に神様が考えた方法。
ちゅうぶう【中風】良くない「ヨイヨイ」。
ついおく【追憶】クローデット・コルベールとアン・ブライスとバーブラ・ストレイザンドが、ごっちゃになること。
てんぐ【天狗】昔の人が目撃したクラーク・ケント。
どうりょう【同僚】上役がこの言葉を使う場合、割り勘になる。
とうろくしょうひょう【登録商標】「ウンコの力」
トラウマ【Trauma】馬と競走した虎が、馬に負けて以来、負っている心の傷。

【雑学】【私家版】【怒髪】2020/08/28 07:00

『現代語裏辞典』、試みに二、三、やってみていただくと、わかるのだが、そう簡単に浮ぶものではない。 なかなか大変だ。 大体三十の「お助け」項目が出題され、半日か一日の間に、それも先に書き込まれると使えないので、急がなければならない。 脳内在庫勝負のようなところもあれば、一発芸のようなところもある。 一時はまったく浮ばなくなって、しばらく書き込めなかった時期もあった。 結局、「文は人なり」で、自分の器だけの範囲にしか届かない。 自分自身を笑えるか、知の臭いがするかが、ユーモアのポイントだろう。 幸運にもたくさん採用されたのには、趣味の落語など雑学のおかげや、筒井さんに年齢が近いという利点もあったように思う。

グリコ【Glico】おまけについてくる不要の飴。
ごほう【午砲】静かならざるドン。
ざつがく【雑学】馬鹿な辞典を作る以外は役に立たない。
しかばん【私家版】出版社に断わられ、身銭を切って出す本。
しかんがっこう【士官学校】帽子を上手に放り投げる訓練をする学校。
そうせいじ【双生児】兄はウインナー、弟はボローニャ。
そんごくう【孫悟空】呉承恩がエノケンのために作ったキャラクター。
ちょうわ【調和】この国民にこの政府。
ちょくげき【直撃】キャッチャーが泣き、ベンチとスタンドが笑うもの。
でんきゅう【電球】三遊亭歌笑「球の切れたのは、停電用にお使いください」
どはつ【怒髪】ある種の人々には絶対に不可能な怒りの表現方法。
ヌーボーロマン【nouveau roman】与太郎が主人公の、つかみどころのない小説。
ぬけめ【抜け目】洗って干してある義眼。
ハイ・ソサエティ【high society】サッチモから見たグレース・ケリー。
パワー【power】名は、タイロン。
もんだいじ【問題児】歳とると問題爺。

筒井康隆さんの『現代語裏辞典』にアイディア2020/08/27 07:10

 「きんきゅう【緊急】-処置、-事態、-逮捕、-避難のように用いられるが、たいていはうろたえていて大事や失敗に終る。 筒井康隆」。 22日の朝日新聞朝刊、この鷲田清一さんの『折々のことば』1912は、筒井康隆さんの『現代語裏辞典』(文藝春秋)の一項目だ。 鷲田さんは、「「募集」には「まず詐欺を疑うべし」とあるが、「募っているが募集はしていない」という趣旨の発言をした人は、この項にあらかじめ目を通していたのかも。「適材適所」には「気に食わない奴が左遷された時の憎まれ口」とある。この辞典、10年前に公刊されている。鋭い風刺は時代を跨ぎ越す。」と続ける。

 この辞典、巻末の筒井康隆さんの「謝辞」にこうある。 「本辞典では朝日ネットにおける小生の会議室に集う諸兄姉から着想を募り、著作に貢献していただいた。筆頭の藤本裕之氏などは約三百項目に及ぶアイディアの提供者である(二番目の北野勇作氏が約二百三十項目)。」 総勢四十二人、総数約二千二百項目(辞典全体は一万二千項目)というアイディア提供者が列挙されているが、その六番目に「馬場紘二(轟亭)」の名がある。  書店で売られている本に、名前が出るようなことは、めったにあることではない。 まことに光栄なことであった。

 筒井康隆さんが『現代語裏辞典』の「か」の章を執筆中、いくつかの項目に苦戦して、応援の書き込み=「お助け」を募集し始めたのは、2002年6月のことであった。 ちょうど会社の清算も無事結了し、閑居生活に入ったところだったので、暇にあかせて参加させてもらった。 最初にご採用いただいたのが「カウチポテト」。 私の案は「河内生まれのイモ姐ちゃん。」、筒井さんの辞典では「河内の人間に対する悪口。「河内のイモ」の意。」となっている。 以来8年、ずいぶん楽しませていただいた。 『現代語裏辞典』は筒井康隆さんが8年の歳月をかけた金字塔だが、私にとっても閑居8年の成果の一つである。 以下は、私の案を使っていただいたものの、一部である。 シモネタや、ブラックなものがあるのは、偏に筒井さんの作風に合わせたためである(笑)。

げすいどう【下水道】糞尿をあつめて早し下水道。
ゴーギャン【Gauguin】ゴッホ曰く。「傲岸な奴だった」
さんしろう【三四郎】「あなたはよっぽど度胸がない方ね」と言われて発奮、柔道で名を成した男。
しかくしめん【四角四面】きっかり30分計って食後の薬を飲むやつ。
せいかんたい【性感帯】市民ふれあい広場ではふれあいが禁止されている。
ソムリエ【sommelier】ワインを飲ませて飯を食っている人。
タイマー【timer】電気椅子にもある。「チン」と鳴って生きていれば釈放。
だつじ【脱字】チンコ屋。
だんねつざい【断熱材】「明日BEST」といわれたのに……。
ちゅうさんかいきゅう【中産階級】中程度にしかお産しない階級。少子化の原因。
ちゅうせん【抽選】発送をもって抽選に代えます。
ちょくりつふどう【直立不動】温泉の風呂場で、ばったり天皇陛下にお会いした時。
ついし【墜死】ペタジーニ。
てきせつ【適切】大統領夫婦間の性交。
ぬえ【鵺】「日本夜鳥の会」会長。
はいしゃく【拝借】運動会のゲームに「パンティ」という紙を混ぜておくと……。
はいしょく【敗色】甲子園から阪神ファンが帰りはじめること。
ばっぽんてき【抜本的】虫歯もそうでない歯も全部抜いて、総入歯にする治療。

柳家花緑の「不動坊火焔」下2020/08/26 07:21

 いい時刻になったな。 徳さん、うまくこしらえたな。 (噺家が来る)こんばんは、有難うございます。 驚かすな、怖かったよ、その顔。 大家夫婦が帰って、夫婦が寝るところだ。 万さん、来ない、あいつ、いつも遅れて来るんだ。 先に行こう。 梯子仕込んできた、立てるから。 鉄っつあん、下、押さえててくれ、先に上がる。 上がったよ、先に幽霊を上げて。 着物、引きずってるのか。 ぶらさがった時、足が隠れるように。 梯子上がって来るのに、駄目だ、それ、たくし上げて、はい、こっち。 鉄っつあん、火の玉だ、ゆっくり上がって来い。 来ないね、万さん、忘れたのかな。

 来た、来た、駆け出して、馬鹿だね。 チンドン屋の恰好、そっくりしてきたよ。 笠、いらないだろ。 これないと、気分出ない。 脱いで、置いてきな。 梯子、後ろ向きに上がって来た。 大安売り、越後屋、呉服屋の宣伝なんか抜いて。 気分が出ない。 万さん、ゆっくり、落ち着いて。

 これから引き窓、開けるから。 開いた、開いた。 では、三尺でしばって頂いて、上の方で。 下の方だと、頭が重いんで、逆さまになっちゃう。 痛い位が安心で。 火の玉のほうを先に、明りを頼りに降りますから。 マッチ、俺、持ってる。 万さん、買ってきた瓶、こっちへ。 こんなにいらないのに(と、瓶の蓋を開ける)ボロ布にしめして、マッチを擦る。 アッチッチ! おかしいね。 何これ、点かないな。 また、マッチを擦る。 アッチッチ! これ、万さん何? 箸で掻き出せば。 甘ったるい匂いがする、何、買ってきた? アンコロ。 アルコールって、言ったよ。 万さん、俺が火を点けるの、見てたじゃないか。 お前、物識りだろ、そういうこともあるのかと思って。 アンコロじゃ、火は点かないよ。 沢山食べると、胸が焼ける。 間抜け、馬鹿、すっとこどっこい! そんなに悪く言うな、新しい生活様式、ウィズコロナとか、みんなが言うから、それで集まったんじゃないか、何だよ、お前、上から上から言うんだから…。 大変だったんだ、旨いのと思ってわざわざ隣町まで行って買って来た。 この格好だから、子供らがついてきたんで、少しドンチャンやって、あそこの店旨いから、鯛焼きとか並ぶんだよ、ようやく俺の番が来て、餡子屋の親爺びっくりしてた、瓶に詰めるのは初めてだって。 馬鹿。

 喧嘩しないで、仲良く、火の玉、要りませんから。 お先に、勉強させて頂きます。 三尺を持って、持って、セーーノ! おい、どうだ、こんなもんで。 (正吉、幽霊の手をして、下がって行く) ハイハイ、真下にへっついがあるんで、もう少し下ろしてくれると、足が楽で。 鳴り物を、太鼓。 万さん、太鼓だよ。 俺が悪かった、何が食べたいって、隣町の餡子だよ、あとでみんなで食おう。 すぐだから、背中向けて黙ってないで、太鼓だよ、早く、重いんだ。 うるせえ、手前えが偉いと思ってるな。 ドーーン! ドンチッチ、ドンチッチ! 止めて下さい、その太鼓。 驚いちゃいますから、太鼓要りません。

 台所が、うるさい、ちょっと見て来る。 何だ、お前? うらめしー、うらめしー。 何の幽霊だ? (上を向いて)私、何でしたっけ。 不動坊火焔。 不動坊火焔の幽霊だ。 お滝さん、ちょっと来て。 何だって、お前さん、こんなところに出て来たんだい。 (上を向いて)何でしたっけ? 忘れてるよ。  四十九日も過ぎぬのに、嫁入りするとは、うらやましい、ハッ、うらめしい。 手前えが死んだから、いけねえんだ。 死んだから知らねえだろうが、百円という借金を残した、大家さんが間に入って、俺がお前の借金を引き受けたんだ。 礼を言われたっていいのに、怨みを言われる覚えはない。 すみません、そういう事情は知らないもんですから。 謝ってるよ、驚かすんだ。 うらめしい、うらめしい! 気持はわかるよ、女房、よその男にとられて…、だから俺立派に供養する、坊さん呼んで、墓もしっかり建てるから、それでもって浮かんでくれ。 そんなことしなくていい、お墓とか建てるとお金がかかりますから、十円札の一枚もくれれば、すぐ浮かびますから。 安くなっちゃつたね、地獄の沙汰も金次第っていうからな。 お滝さん、お使い立てして、そっちの部屋の長火鉢の二段目か三段目の引き出しに、お財布入ってますから。 あ、どうもありがとう。 いくら? 十円。 十円札どうするの? へっついの角に置いて頂ければ、足でかき寄せます。 幽霊は足がねえんだろう。 なりたてで、うっかりしてました、(幽霊の形の手を出し、)持たせてくれれば…。

 それでは、ご夫婦、末永くお暮しください、高砂やーーッ! 十円もらって、寝返っちゃったよ。 それでも、やっぱり、うらめしい。 まだそれでも、宙に迷っているんか? 宙にぶら下がっております。