柳家小三治「千早ふる」後半2018/04/07 06:58

 「竜田川」は、何だと思う? 「思うか」ってんだ。 いいですよ。 思うな ら思う、思わないなら思わない、はっきり言え! 思いますよ! チキショウ の浅ましさ、川の名だと思うのは、浅はかだ。 相撲取だ、江戸時代強かった。  田舎で大関を欠かしたことはない。 江戸へ出て、修業をした。 神、信心し て、断ち物をした。 茶断ち、煙草断ち、酒断ちなんかじゃなくて、女を断っ た。 大関になるまでは、と。 五年で立派な大関になった、と思いなさい。  願解きをして、女房を持っていい体になったから、金さんも安心しておくれ。

 お客さんに、吉原に誘われた。 絶景、花魁道中を見た、清掻(すががき) という三味線に乗って、チャンランチャンランと、絶世の美人揃い、シャナリ シャナリと、三番目に出たのが、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いの千早大夫だ。  竜田川は、震えが三日止まらない。 発疹チブスですか? あの花魁と、一度 でも話がしてみたい。 仲之町のお茶屋へ呼んでもらった。 だが一流になる と、相撲取や噺家の席には出てこない。 わちきは嫌でござんす。 妹花魁の 神代大夫にも話をすると、姉さんの嫌なものは、わちきも嫌でござんす。 二 人に振られた。

 辞めちゃおうかな、相撲取。 まっつぐ、国に帰った。 国に帰って、豆腐 屋になった。 何で相撲取が、豆腐屋に? 年寄になって、手を上げて「待っ た!」なんて言うのが嫌で、当人が辞めると言ったんだ。 実家が豆腐屋だっ た。 両親の前に両手をついて謝った。

 稼ぎに稼いで、五年で立派な店を建てた。 先生の話は、五年ばかりだ。 五 年が目安だ。 秋の夕暮れは、物寂しい。 竜田川の豆腐屋が、豆を挽いてい ると、一人の女乞食が、竹の杖をついて、ふらふらとやって来た。 お腹が空 いている、卯の花をひとつかみ、頂けないかと。 互いに見合わす顔と顔、チ ャチャンチャン、浪花節だよ。 この女乞食、誰だと思う? 千早花魁の成れ の果てだ。 何で絶世の花魁が五年で、女乞食になるんです。 いいだろ、な ったって、当人がなりたいっていうんだ、お前。

 竜田川は怒った。 御免なさい、って言う、肩のところをドンと突いた。 千 早は、羽毛のようにフワフワ飛んで行った。 塀があったからよかった、ゴム まりのように、女乞食は弾んで戻って来た。 豆腐屋の前に井戸があって、柳 の木があった。 その柳の下で、落涙に及んだ、チャチャチャン。 井戸の中 にドボン、あえなくなった、チャチャン。 夜、井戸の中から、ウラメシヤっ て、出てこない。 これで、話はお終いだ。

 初めから、「千早ふる」だろ、「神代もきかず竜田川」となるだろう。 卯の 花をくれない、「からくれないに」、井戸に飛び込んで「水くぐるとは」と、な るだろう。 「とは」が、余計のようですが? 勘定高えな、よーく調べたら、 「とは」は千早の本名だった。

柳家小三治「千早ふる」前半2018/04/06 07:50

 お運びを頂きまして有難うございます、自分で年取ったつもりはないが(と、 お茶を飲む)、年取ったらしい。 定期健診をして、教授なんて方がご覧になっ て、腎臓がちょっと心配だけれど、年のことを考えれば、あと十年は間違いな いと、おっしゃる。 十年しか持たないのか。 去年、頚椎の手術をして、立 派な手術、七千件やったけれど、こんなにうまく行ったことはない、アメリカ でも二三年やったという、六十位の人ですが、百までは大丈夫だ、と。 今、 七十八歳、二十三年大丈夫だと言ってくれた。 こないだは、あと十年。 よ ろしくお願いします。

 えーーッ、そうですね、知らないのに知ったふりをするのは、よくない。 ろ くなことがない。 小学校に入った頃、新宿の真ん中ですが、焼け野原で、校 舎がない。 巡回映画会ってのがあって、敷布を何十枚も張って、風にそよそ よ、鞍馬天狗なんてのをやる、鞍馬天狗が出て来ると手を叩いたりして、楽し んでやったもんです。 普段は、なかなか映画は観られない。 材木屋や医者 の倅なんてのが、まわりにいて、よく映画を観ている。 その話を聞いて、そ うだったねなんて、みんな、知ったかぶりをする。 それが嫌(いや)、屈辱的 なものでございました。 知らないことは、知らないと言ったほうがいい。 そ れで恥かいた人は、いっぱいいる。 一方、知っているのに、知らないふりを するのは、ほめられたことではない。 記憶にございません、というのが、ひ と頃流行った、懐かしい言葉。 嘘つき。 忖度。 二宮ソンタクという人が いた。 皆さん、知っている。 知っているのに、知らない、というのが、普 通の言葉。 知っているのに、知らないふりをするのには、付き合いきれない。

 先生、伺いたいことがある、ウチに娘が一人いまして、面白いことに凝って、 伊勢屋のお嬢さんたちと、一人が何とかーーーッて読んで、はい、ありました、 ペッタンなんてのをやってましてね。 ヤクニンシュウとかいう。 百人一首 だな。 それで、ワケを調べ合ったら面白いだろうということになった。 歌 を詠む人の中に、いい男がいるそうですな。 この人、有名中の有名、何てい いましたかな。 知ってるよ、お茶でも飲みな。 在原業平じゃないですか。  そう在原業平、いい男、いい女は小野小町。 その業平の歌が…。 知ってる よ。 <千早ふる神代もきかず竜田川からくれないに水くぐるとは>という。  お前、どうして? 娘が何度も繰り返すんで、耳タコになっちゃって。 明日、 娘がそのワケを話すことになって、聞いてきた。 知らねえのは残念だから、 はばかりが先だと、長屋のはばかりに入って、考えてたけど。 その内、あき らめて帰るだろうと思ったら、帰らない、ウチの娘だ。 それで思いついたの が、先生。 高慢なツラしてるから、知ってるに違いない、教えて下さい。 教 えてやってもいいが、高慢なツラってことはないだろうね、そういう言い方は ないよ。 お高慢なツラ、町内の人はみんな言ってますよ、先生を尊敬してい ますよ。

 何でも人に聞くのはよくない、聞く前に考える、どっから考えればいいか、 考える。 そうすれば、血になり、肉になる。 素直に考えなさい。 「千早 ふる」と言えば「神代もきかず」だな、順になっている。 言葉をきれぎれに 言っただけだ、ワケを教えて下さい。

桃月庵白酒の「粗忽長屋」2018/04/05 07:17

 思い込みは怖い。 6時半の開演を、7時のつもりでいた。 6時になった ら、着物つくろうか、と。 気付いて、出番は何番目、慌てた自分が悔しい。  観る方で通っていた頃は、6時開演だった。 それで7時と思い込み。

 寛容な心が大切。 噺をしていて、ネタがつく、ってことがある。 お客さ んが、クスクス笑い出す。 覚られたか。 そこをカットしたら、サビにつな がるところだったりする。 気づいたお客さんが、クスクス笑い出す。 寛容 さが大切。 周りが見えなくなる。 前座の頃、師匠の家で外の掃除をする。  アスファルトにくっついたガムを針金でほじったりしていると、面倒くせえな あ、お前は、って言われた。 いざ、弟子を取ると、言わなきゃあわからない んだなあと、わかる。 エジソン、天才と言われるが、研究に夢中になると、 自分が誰だかわからなくなる。 郵便配達が、エジソンさんいますか? いま せん。 途中で、薄々感じるけれど、認めたくない。 傍目から見ると、面白 いけれど、身内は大変だ。 マンションで、燃えるゴミは月・木ですよ、って 言われているのに、燃えるゴミは、金・土でしたっけ、と。 そういう方達が 集まってくると、素敵な社会が出来上がる、長屋でも…。

 雷門の前に人だかり。 イキダオレ。 江戸っ子のフラメンコか、粋だ、オ ーレ! 人の股ぐらをくぐって、前へ出る。 すいません、遅くなりました。  今、来たら、イキダオレだそうで、まだ始まらないんですか? 始まる? どち らかというと、終わっているんじゃない。

 日本一! たっぷり! 見世物じゃない、死んでるんだよ。 イキダオレが、 死んでるってのは、頓智ですか。 見ちゃって、いいんですか。 どうしたん だい、この人を知っているのかい。 死んでる、こいつはお隣さんで、兄弟同 様にしてる。 兄弟同様なら、引き取ってもらうわけにはいかないか。 しょ せんは、赤の他人ですからね。 今朝も、こいつに会ってね。 じゃあ違う、 ゆんべからここに倒れているんだ。 会ったんだから、仕方がない、こいつは 熊の野郎だ。 違う、違う。 そこまで言うんなら、当人を連れて来ます。 ち ょっと、待って。 皆さん、笑ってないで。 早く戻ってらっしゃい。

 熊ーーッ! 熊ーーッ! 兄貴、何やってんだ、空家を叩いて。 熊なんて 野郎が、この長屋にいるか…、アッ、俺が熊だ。 お前は、ゆんべ、浅草で死 んだよ。 初耳だ。 浅草へ行ったら、お前が死んでた。 元気だったか。 元 気なわけはない。 ゆんべ、どこへ行った? 吉原ひやかして、馬道へ行って …。 これから行こう。 今さら、俺の死骸に会ってもな。 当人を連れて来 るといったら、当人という言葉に、向こうの人も言葉につまった。 これから 弔いだよ。 お前も働けよ、当人だしな。

 本当に連れて来ましたよ。 どうも、先ほどは。 何やってんだ、恥ずかし がって、お世話になったんだ、挨拶しろ。 すみません、私、ここで、倒れて いたそうで。 これ、俺? 顔、こんなに長くないよ。 夜露を吸って、伸び たんだ。 ゲジゲジ眉に、鼻が胡坐をかいていて、口は受け口だ、俺より兄貴 に似ている。 エッ! そうか……、俺です。 動かすんじゃないよ。 倒れて いるのは俺だが、引き取って行く俺は、誰だ。

古今亭志ん輔の「宗珉の滝」後半2018/04/04 06:33

 紀州和歌山藩の重役、木村又兵衛が湯浅屋に泊まり、細工している音を聞き つけて、彫金師が泊っているのか、と聞く。 横谷宗珉の弟子で、若 いが結構な物をつくります。 殿のご機嫌のよい時に、話をしてみよう。 木 村様から、そういうお話があった、精進いたせよ!  長いトンネルを抜ける と、原っぱに出る。 慢心はしないが、安心する。 宗次郎は、止めていた酒 を飲む。 昼の酒は、実に美味い。 渋谷、円山のおでん屋、外に仕事してい る足が見えるところで、蟹味噌でぬる燗なんて、たまんないでしょ。 ホッピ ーもいい、モツ焼きで。 木村様から提案があった、紀州のお殿様の小柄に不 動明王を、鍔(つば)に那智の滝を彫れ、と。 これが師匠の耳に入ったら、 江戸に戻れる。

 駄目なのは、酒を止めないこと、酒込みで100%だ、と。 NHKで賞を取っ た二ッ目の気持。 生涯日本一だと思ってしまう、これが罠。

 旦那、これならどうにか納まりますかな。 木村様、いかがでしょう。 ち ょっと待て。 いかんな、殿様は沓脱ぎに叩きつけられた。 何が悪いのかは わからぬが、いま一度同じ男に彫らせてみろというお言葉だ。 今度こそ、酒 を飲むな、精進潔斎して、身を清めてから、仕事にかかれ。 素人は、そう言 う。 酒を運ばせながら、彫ったのを、今度はいかがでしょう、と届けた。 い かんな、殿様は泉水に放り込まれた。 だが、同じ男にもう一度とのお言葉だ。  もうおよしになった方がよろしいのでは、木村様にご迷惑をかける。 いやで すとは言えない、ただ紀州の殿が何で、一人の職人にそんなに気を入れるのか。  宗次郎をお試しになっているのだろう。

 わかったよ、今度こそ。 酒を好きなだけ飲みな、飲んだら出てけ。 宗さ ん、怖いんじゃないのか、まだ若いんだろ、一から出直しなさい。 人生にい っぺん、まともに向かわなければならないことがある。 ごめんなさいませ。  宗さん、どこへ行く。 藤吉、見て来なさい。 駄目です、帰れない、旦那の 顔を立てるまでは家に帰れないって言って、滝を見てました。

 宗次郎は二十一日間、滝に打たれて、断食をすると、サブザブ滝に入って行 った。 よく宗さん、踏ん切ったね、私もやりますよ、断食を。 お前さん(女 将)も、店の者もみんなだ。 藤吉を呼びなさい、お前さんも、お客さんもや るんだよ。 権現さま、宗次郎が無事に帰りますように。

 祈りが通じたのか、宗次郎が帰ってきた。 宗さん、ちょっと体を戻してか ら、彫ったらどうだ。 今、絵があるんだよ、この絵が消えない内に、かかり たい。 旦那、宗さん陰気ったらありゃあしない。 八日目の朝、出来たか、 今度こそ納まるよ。 納まらなかったら、いっしょに死ぬ。

 今までで一番ひどいようだが、行ってくる。 木村様。 雑だな。 殿様は 書見している。 木村又兵衛は、気が気じゃない。 ウーーン、又兵衛、見事 である。 これを見よ、今までのは、きれいに仕上がっておった。 ここから 出ておる、念というか、気というか。 見ろ! 懐紙に、滝の図の鍔から水が 走った。 宗次郎と申す者、目通り許す。 百石で紀州家お抱えとなり、後に 二代目横谷宗珉を許される一席。

古今亭志ん輔の「宗珉の滝」前半2018/04/03 07:15

 弥生町! と、声がかかる。 近頃、テレビで「何とか女子」と言う。 相撲 女子、歴史女子、武将女子。 詳しいんで。 あれは女子だからいい、男子だ とオタク。 町おこしで、武将をイケメンがやったりするけれど、あんな顔じ ゃなかったんじゃないか、真田幸村、織田信長とか。 四谷に刀剣博物館とい うのがあって、両国に引っ越した。 詳しい女子がいる、波線がない一派がい るとか、この一派はどうだとか、波が難しい。 刃物は怖いけれど、装飾を見 に行った。

 刀と太刀は違うそうだ。 山型に反っているのが刀、谷型が太刀。 騎馬戦 で抜きやすいのが太刀。 地上で帯に差して抜きやすいのが刀、みたいなこと になる。 装飾がきれい、鮫の皮や組紐を使ったり、目貫(めぬき)という柄 (つか)の側面につける飾り金物を、いろいろと塩梅している。 戦わない、 儀式に出る時に差すもので、凝る、贅を尽くす。

 金工職人、腰元彫りの名人、横谷宗珉の弟子、宗次郎が破門されて三年、紀 州は熊野権現前の旅籠、湯浅屋に泊まっている。 主人が自分で挨拶に出る。  江戸の方だそうで。 ここが気に入った、もうちょっといようと思う。 酒を 飲んでゴロゴロしていないで、どこか見物でもしたら、いかがで。 折角だけ ど、いいや。 花より団子、懐が寂しいのだ。 どう寂しいんで? 世の中に これほどはないというほど、寂しい。 宿賃は払えますか? そう思うかい。  思いたい。 人を見る目で、のし上がって来たようだな、でも河童の川流れ、 百足も転ぶということがある。 落ち着いてるね、開き直りですか。

 十日、経っちゃった。 商売は何です? 居職じゃないのか、手を見せて。 金 物を扱う、腰元彫りだ、コツコツ細工をする。 見たいね、何か持ってるかい。  小柄(こづか)、虎が彫ってある。 何で死んだ虎を彫ったんだ、死んでるね。  そう言ったのは、ウチの師匠の宗珉と旦那の二人だけだ。 その虎を彫ったか ら破門された。 虎は百獣の王だ、教え甲斐がない。 生きている虎を彫れ

るようになったら、帰って来い、と。 奈良の瑞厳師匠に教えてもらおうとし たけれど、七十いくつで亡くなっていた。 食うには困らない、仲間の所へ行 けば仕事はあるが、仕事が荒れる。 旦那にお願いしたいことが起き上がった。  俺の師匠になってくれないかい。 虎が死んでると言ったのは、師匠の宗珉と 旦那の二人っきりだ。 何んでも言って下さい、旦那が気に入るものが彫れる ようになったら、帰れるから。 手を上げてくれ、弱ったね、はい分かりまし たって引き受けるけど、私は素人で、お前さんは玄人だ。 下に六畳二間があ る、それを使ってくれ。 妙な師弟が出来上がった。

 横谷宗珉、「錦明竹」という噺に出て来る。 それに気が付いた時、がっかり した。 私は「錦明竹」をやらないんで…。 「ちょっと、ごめんやす。わて 京橋中橋の加賀屋佐吉方から参じました。 先だって仲買の弥市を以て取次ぎ ました道具七品、祐乗宗乗光乗三作の三所物、刀身は備前長船の住則光、横谷 宗珉四分一拵小柄付の脇差、柄前は埋れ木じゃと言うてでございましたが、あ りゃあたがやさん(鉄刀木)で木ィが違うて居りますさかい、ちょっとお断り 申し上げます。」 ここんとこですよ。 三所物(みところもの)というのは、 刀剣の付属品である目貫(めぬき)、笄(こうがい)、小柄(こづか)の三種。  目貫は、刀剣の柄の側面につける飾り金物、穴が二つ空いていて、刀身を固定 させる目釘の鋲頭や座の飾りとする。 笄は、刀の鞘の差し表に挿む箆(へら) に似たもの。 四分一拵小柄付の脇差という、小柄は、刀の鞘の鯉口の部分に さしそえる小刀(こがたな)の柄、また、その小刀。 四分一は朧銀(ろうぎ ん)、銅三に銀一の合金。

 物が金属だから、彫っていて失敗したら、どうすんのか? 最初から、やり 直す。 鈑金やパテで埋めるなんてことはしない。 やぁーーでしょう。 だ から、奴さん、大変、何日も何日も彫っている。 ウサギだ、生きているな、 だが何か気に入らない。 可愛い。 いけない、可愛いを、頭に置いて作った ところが、あざとくなる。 何十日もかかって作ったものを、壊して、また何 十日も。 よくなったね、こまかく震えているようで、可愛い。 でも、目が 死んじゃった。 だんだん、旦那の目に叶うようになってきた。