春風亭一朝の「藪入り」後半2018/08/02 07:11

 風邪を引いたと思ったんだよ、いつものように一杯やって、うどんでも食っ て寝ちまえば治ると思ったら、熱が下がらねえ。 近所のヒゲのはえた先生に 掛かったら、ひまし油飲まして腹がピイピイ下った。 本所の先生は、銭を取 ってくれないから掛かりづらいんだが、お願いしたら、飛んで来てくれて、大 変だ肺炎だ、身体中にカラシ塗った油紙をベタベタ貼りつけてくれたら、ハア ハア、カッカして、熱が下がった。 お前の顔見たくなって、吉兵衛さんに頼 んだら、お前の手紙を持って来てくれた。 字も文句もうまくなったな、風邪 治っちゃったよ。 風邪引くたびに、手紙見てる。

 ゆんべから、おっかあが寝かせないんだ。 お前さんだろう。 おっかあ、 野郎、大きくなったろうな。 自分で見れば、いいじゃないか。 見られない んだよ、目の前が霞んで見えない。 だらしないね。 見るよ、見るよ、亀、 立派になりやがったな、俺より大きいじゃないか。 お前さんは座っているか らだよ。 ぐるっと、回れ。 これ、ご主人様から、つまらない物ですがって 預かってきました。 ご主人様には、忠義を尽くさねえといけねえ。 お父っ つあん、店へ見に行ったことがある、お前、信どんてのか、太ったのと用の取 りっこをしてた。 それを見ていて大八車にぶつかって、こっぴどく叱られて、 大笑いだった。 これ、お小遣いで買って来ました、召し上がって下さい。 お っかあ、神棚に上げな、下ろしたら、長屋に配ってやれ、家の子供のお供物だ って。

 湯へ行って来い、宝湯だ。 着替えて、お父っつあんの長半纏でいい、手拭 と湯銭、湯銭ぐらい出させろ。 気持がいいんだ。 俺の日和下駄で行け、ド ブ板に気を付けろ、その犬にかまうな、子を産んでからおかしくなって。 見 ろよ、尾っぽ振って、じゃれてる、亀を憶えてるんだ。 豆腐屋さん、入って 来るのちょっと待ってくれ、家の子が湯へ行くんだ。

 おっかあ、行っちゃったよ。 もう、帰って来るかね。 あの子、お前さん に似て来たね。 仁義を切りやがって、ご無沙汰とか、お元気でなにより、と か。 いい着物だね。 女将さんに、気に入られたんだ。 ちょいと、お前さ か、大変だよ。 がま口、開けて見た。 見るなよ。 お小遣いの足しにと思 ってね、五円札が三枚畳んで入ってた、十五円、大金だよ、初めての宿下(や どり)で、十五円だよ。 あいつは、俺のガキだよ。 十五円だよ、大金じゃ ないか。 大金だ……、あいつ、やりやがったな、帰って来た時の目付きが悪 かった。 湯から帰って来たら、土性っ骨を叩き直してやる。 まず話を聞か なくちゃあ。

 野郎、帰えって来やがった。 宝湯、きれいになったね、けっこうな湯でし たよ、お父っつあんも行って来たら。 何を! ネタは上がってんだ、がま口に 十五円、どこから盗んだ。 見たの!! いやんなっちゃう、だから貧乏はいけ ない、香具師はいやだ。 亀、何てことを言うんだい、私が見たんだよ、小遣 いを入れようと思ってね。 どうしたの、泣いてちゃあ、わからないじゃない か。 盗んだんじゃない、盗んだんじゃないよ、ペストが流行って、鼠を取れ ってんで、交番に持って行くと、木の札をくれる。 鼠の懸賞に当たったんだ。  ご主人様が預かってくれて、宿下にお父っつあん、おっ母さんを喜ばせてやれ って、渡してくれた。 そうか、よかった、よかった、鼠の懸賞に当たったの か、これもみんなチュウ(忠)のおかげだ。

春風亭一朝の「藪入り」前半2018/08/01 07:11

 トリの一朝は、黒紋付の羽織と着物で、今日もイッチョウケンメイやります のでよろしく。 世の中の仕組みが変わっても、変わらないものがある。 < かくばかり偽り多き世の中に、子の可愛さは真(まこと)なりけり>。 今は、 物心がつくと塾に通ったりするが、昔はそんなことはなかった。 商家や、大 工や左官の親方に奉公した。 今は週休二日制だが、奉公は住み込みで、休み は年二回制、一月十六日と七月十六日、「藪入り」と言った。 里心がつくから というので、三年ぐらいは「藪入り」無し。 三年経ってようやく、宿下(や どり)といって、家に帰れる。 八つから十のお子さんだから、前の晩から眠 れない。

 親の方は、輪をかけて眠れない。 <藪入りや何も言わずに泣き笑い>。 お っかあ、野郎、よく辛抱したな、俺のガキだけのことはある。 お前さんは、 いいことはみんな、自分にそっくりで、悪いことは私に似ているって、言う。  よく辛抱したな、あったかいおまんま炊いてやれ。 何時になったよ? 十二 時をちょっと回ったところ、早くお寝なさいよ。 納豆好きだから、辛子を入 れて、マグロの中トロ二人前、俺もお相伴するから。 肉も好きだ、皮つき軍 鶏、モツまみれで煮てやれ。 寿司、天ぷら、鰻の中串も二人前、玉子焼きも 焼いてやれ。 きんつばと大福も、腹いっぱい食わせてやれ。 なあ、おっか あ、何時になったよ? 二時をちょっと回ったところ。 湯へ連れて行ってや ろうか。 磨いて、ほうぼうへ連れて行く。 岩田の爺さん、婆さん、喜ぶよ、 本所の先生、浅草の観音様、湯島の片岡さん(一朝夫人は、五代目片岡市蔵の 娘)、品川の海も見せたい、羽田の穴守様、川崎大師、鎌倉の大仏、三保の松原 で富士を見て、名古屋、伊勢の大神宮様、京大阪も回って、金毘羅さんから九 州の桜島まで行こう。 明日一日で、そんなに回れないよ、早くお寝なさい。  あいつも寝られねえよ、付き合いで、二人でお通夜しよう。 何時だ? 三時 回った。 まだ夜が明けないか、昨日は今頃夜が明けたのに…。

 何時になった? 五時ちょいと前。 今から起きて、どうするの、電車も動 いてないよ。 おまんま、炊け。 冷えちゃうよ。 冷えても、温ったかく食 わせるんだ。 箒はどこだ?

 吉っつあん、見ろよ、熊の奴が表を掃いている。 今日は十六日、藪入りだ、 亀ちゃんて言ったかな、帰って来るんだ。 人の親だな、あいつも。 亀ちゃ ん、大きくなったでしょうね。 小さくなったら、なくなっちゃうよ。 よか ったら家にも寄越して下さいよ。 当人が何て言うか。

 遅いな、あの番頭が意地悪して、なかなか帰さないんだ、三十分もしたら、 行って番頭を張り倒してやるか。 あの子は、一番下なんだから、遅くなるん だよ。 はい、はい…、帰って来たよ。 お前さん、出ておくれ、おまんま、 噴いているんだ。 ヘイ、どうも。 おはようございます、只今、帰りました。  ご無沙汰をいたしております。 お父っつあんも、おっ母さんも、お元気で何 よりです。 ご主人様は、くれぐれもよろしくと申しておりました。 おひけ えなすって! お父っつあん、具合が悪かったんだってねえ、吉兵衛さんに聞 いて、あたいの書いた手紙、読んでくれた。 お前さん、何か言ってやったら、 どうなんだい。 ノドが詰まって、声が出ねえんだよ。 ご親切なご挨拶で、 本日は遠方のところを、どうも。

古今亭志ん陽の「化物使い」後半2018/07/31 07:10

(ここで、実は私、突然の腹痛を覚え、演者とお客様方に申し訳なかったが、 601回にして初めて中座した。 杢助が、もう主人でも家来でもないから申し ますが、あなたは人使いに無駄が多い、豆腐、油揚げ、卯の花、一度に言えば いいのに…。 千束屋に言っても駄目だ、お礼奉公してやる。 引越しの当日、 碁会所でも行って来て下さいと言って、日の暮れまでに、杢助が引越しを済ま せた。 そんな杢助に感心した隠居が、本を繙いていると、どこかで、鐘がボ ォーーーン。 床敷いて、寝るかな。 ゾォッーとするぞ、風邪か。 何だ、 そこにいるのは、子供じゃないか。 顔上げてみろ、一つ目小僧だ。 お前か い、この家に出て来る化物ってのは。 そこへ座れ、見事に一つ目だな、ベロ を引っ込めろ。 キリッとした顔じゃないか、どっちが目尻だ。 膳を片付け なさい。 流しへ持って行って、洗いなさい。 手桶に水汲んで、茶碗なんか 浸して、手拭でよく拭くんだ、ザルにふせるんだよ。 それから布巾で拭くん だ。 ピョンと飛べ、食器棚に入れろ。 水が散らばっている、雑巾で拭け。  と、いう展開だったと思うが、聴き損なった。 戻って、一番後ろの席に座っ て聴く。)

蒲団を敷け、枕もだ。 後ろに回って、肩を叩け。 杢助より上手い、手が しなる。 お前、いいが、もっと早く出ろ、それから、ゾォッーとさせるのは なしで出ろ。 あれ、消えちゃったよ。 いいな、千束屋に頼まなくていい、 飯は食わないし、給金もいらない。

ゾォッーとさせたな、家が揺れるぞ。 三つ目の大入道だよ。 お前が小僧 の代わりか、ゾォッーとさせるな、小僧に聞かなかったのか。 大き過ぎるな。  水をくれ。 蒲団を敷きな。 いやです。 いやがるんじゃない。 煙草盆を 持って来てくれ。 後ろに回って……、ああ、後ろはいいや。 大き過ぎるな、 お前はいっぺんでいい、後は小僧を寄越してくれ。 目、三つはいらないだろ う、一つ小僧にやってくれ。 いなくなったよ。

早く出たな、また、ゾォッーとさせて。 今晩は、女だよ、いいね。 顔、 見せて。 ノッペラボウだよ。 卵そのまんまだね。 きまりわるがらなくて いい、なまじ目鼻があるばかりに、苦労している女はいくらもいる。 心で勝 負だ。 縫ってもらいたいものがある、針、通せるか。 通せます。 しゃべ ったね。 器用だね、どこかで見てんだ。 いいね、女ってのは、主(おも) に、お前さんに出てもらいたい。 小僧は三度に一度くらいでいい。 蒲団を 敷いてくれ。 私は、この歳だ、何かしようてんじゃない。 女はいいね、華 やかになる。 さみしいね、顔、描いてやろうか。 嘘だよ、そのまんまでい い。 消えた。

昨日のは冗談だよ、早く出て来ねえかなあ。 ゾォッーとさせてもいい、慣 れてきた。 障子の陰に、大きな狸。 みんな、お前が化けていたのか。 狸 でもいい、用事はいくらでもある。 悲しそうな顔をしてるな。 すみません、 こんな化物使いの荒い家はない、辛抱しかねます、お暇を頂きたい。

古今亭志ん陽の「化物使い」前半2018/07/30 07:20

 志ん陽は太目だ、薄茶の着物に、黒の羽織。 酷暑の話で、まわりが私のこ とを嫌う、と言う。 電車で座ると、まわりに人が座らない。 かみさんと、 表を歩いていて、「熱中症」と言った。 かみさんが、気持悪いと言う。 「熱 中症」と「ねえ、チュウしよう」と間違えた。

本所の割下水、ご隠居の一人住まい。 だな様、お暇を頂きたい、こちらほ ど人使いの荒いところはない。 いいよ、いいよ、千束屋(ちづかや)に言え ば、いいんだ、辞めな、辞めな。 千束屋から人が来ると、二、三日すると、 お暇を頂きたい。 いいよ、いいよ、出てけ、出てけ、また千束屋に言えばい い。

葭町の千束屋。 吉田さんのご隠居、お給金はいいが、人使いが荒い。 誰 か、いないか。 おらが行く、身体も達者でな。 辛抱するんだよ。 ごめん 下せえやし。 奉公人が表から来るな、裏から来い。 足洗って、雑巾をよく 絞って拭け。 よく絞って拭けって言ったのに、今の雑巾で、床を拭け。 名 前は? 杢助。 変な名だな、まあ名前で働くんじゃない。 早く来ればよか ったのに、骨休めだゆっくりしろ、といっても仕様がないだろう、今仕事を探 してやる。 裏の物置に、薪があるから鉈(なた)で割っといておくれ、そう だ炭がなかった、炭俵の炭を切ってくれ、適当な長さに切って、縁の下の炭箱 に並べてくれ、縁の下の蜘蛛の巣もさらっちまいな、ついでに天井裏もさらっ ちまえ、済んだら、ドブが詰まっているんだ、ドブ浚いしてくれ、向かいの家 が掃除をしない、掃除をして、草むしりもしろ、隣も、こっちの隣も、向こう 三軒両隣を掃除してくれ、それが済んだら手紙を書いたから、品川の青物横丁 に届けて、千住に回ってくれ。 いつ頃、終わりますか? 明日の朝、白々明 けには終わるだろう。 おまんまは、いつ? 今日は骨休めだから、食わなく てもいいだろう、ゆっくりしろ。 明日からはみっちり働いてもらうからな。

この杢助、仕事をどんどん片付け、三年辛抱した。 髪結床で、旦那様が引 っ越す、化物のいる家だと聞いた。 化物はいやだ。 お願えだ、お暇をいた だきたい。

入船亭扇辰の「夢の酒」後半2018/07/29 08:27

 何だ、奥で大声を出して、奉公人に示しが付かないじゃないか。 えっ、倅 の不行跡は、親の責任だ、話してごらん。 お花、泣くとか、しゃべるとか、 どっちかにしなさい。 酒を飲んだのか、飲みつけないものを飲むからだ。 ご 新造とねえ。 お花の言う通りだ、助平、お花が泣いて、親父が怒っているの に、お前は何が可笑しい。 はなから終いまで、夢の話なんです。 お花、そ うなのか。 はい、夢でございます。 夢の話なら、いいじゃないか。 いい え、いつもそんなことを考えているから、そういう夢を見るんです。

 どうしてお前は、そんな手数のかかる夢を見るんだ。 お前は店へ行ってい なさい、お花に話をするから。 お花、お父っつあんに免じて、勘弁してやっ てくれよ。 お父っつあん、お願いがあります。 向島のお宅に行って、その ご新造に、若旦那にそういうふしだらなことはなさらないように意見をしてき て頂きたい。 だって、お花、夢の話だよ。 淡島様の上の句を詠みあげて寝 れば、人の夢の中に入れると申しますから。 じゃあ、今晩寝る時にお願いし てみましょう。 どうして泣くの、お花、店の方で聞けば、私が泣かしている ようじゃないか。 今、寝ますよ。 いいよ、蒲団なんか。 老いては子に従 え、というからな。 どうか淡島大明神様、倅の夢のところへ。 (「われ頼む  人の頼みの なごめずば」/「世に淡島の 神といはれじ」) グーーッ!

 ご新造さーーん、大黒屋の大旦那様がいらっしゃいましたよ。 先ほどは、 倅がお邪魔して、ご厄介になりましたそうで。 どうぞ、こちらへ。 けっこ うなお住まいだ、庭がいいね。 紅白のさるすべり、吊り忍、風流だな。 お 竹、お茶じゃなくて、お酒を。 三度の御飯より、お好きだそうだから。 一 杯、召し上がって行って下さい。 では、折角ですから、一杯だけ。 あら、 そうなの、すぐに火を熾しなさい。 酒は燗と決めてまして、待ちますから。  冷やはいけない、以前飲み過ぎて、大しくじりをしたことがある。 あの、お 燗はまだでしょうか。 ちょっとお待ちを、すぐですから。 お燗はまだでし ょうか。 ちょっとお待ちを。 こうなったら、冷やで、大丈夫ですから。

 お父っつあん、お父っつあん、起きて下さい。 あなた……、お花か。 不 思議なことがあるものだ、惜しいことをしたよ。 お叱言の最中でしたか。 い や、冷やでも、飲めばよかった。