横松宗著『福沢諭吉 中津からの出発』〔昔、書いた福沢23〕2017/05/12 07:10

 ついでだから、月に5日15日25日の三度書いていた「等々力短信」の次の 号も再録する。

  福沢と郷里中津<等々力短信 第580号 1991. (平成3)10.5.>

 映画『福沢諭吉』にあわせて、福沢ブームの観がある。 本も何点か出版さ れたが、前回ご紹介した中島岑夫さんの『幕臣 福沢諭吉』とともに、横松宗 (たかし)さんの『福沢諭吉 中津からの出発』(朝日新聞社)が、おすすめ だ。 横松さんは、福沢と同じ大分県中津に、1913年に生まれた。 教育 史、中国思想史がご専門、八幡大学教授、学長を務められた。 福沢諭吉協会 のセミナーで、お見かけしたことがある。

 あの時代に、あれだけの斬新な考え方をする人物が、なぜ九州の一小藩から ポッと現われ出たのか。 その不思議に、横松さんは、いくつかの要因を挙げ て明快な答を示してくれた。 同郷という縁で、福沢の「中津からの出発」に 長年にわたって関心を持ち続けてこられた成果だろう。 福沢は、突然変異の 人ではなかった。

 第一章「郷里中津とその学統」では、父母の影響、中津藩のきびしい身分制 とそれへの抵抗、中津の儒学、中津の蘭学、民話と中津、といった要因が説明 される。

 面白いのは、後年あれほど儒学を排斥した福沢が、中津の儒学の学風に影響 を受けていたという指摘である。 福沢が師事した白石照山は、幕府御用学の 朱子学にたいして異端の亀井派に傾倒していた。 照山は、福沢の父百助も学 んだ帆足万里(三浦梅園の学統をひく)の弟子、野本真城に学んだ。 福沢の 実学尊重、蘭学への転回や対外政略観の形成に、これら中津儒教の学問と人の 影響が色濃いという。 具体的には、野本の門人たちが、福沢の長崎遊学を支 持したと考えられるのだそうだ。

 もう一つ、興味のあるのは、民話である。 横松さんは、「福沢の合理的精 神、時には毒舌やギャグを交えた批判的精神を育てたものに、この地方に江戸 時代の後期から流布していた吉吾(きちご)の民話があったと推定される」と いう。 落語好きの、福沢いかれ派にとって、見逃せない指摘である。

没後90年、福沢悲願の欧米キャッチアップに、有形では成功したかに見え る日本。 冷戦終結にともなう激動の世界で、日本の果たすべき役割、「国民 みずからの自発的内発的革命」(横松さん)といった無形のほうの充実など、 まだ福沢に相談しなければならないことが、山積している。 序章の一部しか 紹介できなかったが、横松さんの本は、福沢の生涯と思想の全体像を、福沢研 究の最近の成果もふまえて、わかりやすく、コンパクトにまとめてくれていて まことに有難い。

柳家さん喬の「ひとり酒盛」後半2017/05/08 07:06

 俺も、呑みてえんだけど。 何だ、呑んでないのか。 そこに湯呑がある。  ちょっと待った、わさわさ呑むことはない。 口の中に何か放り込みたい。 つ まみを…。 浅草海苔のいいのが、鼠入らずの左に……、缶のいいの。 入っ てない。 ハゼの佃煮、海苔の缶の所にあるだろう。 ねえ。 そうだ覚弥だ、 糠味噌ん中、掻き回して、生姜の塊もある。 しょうがないな。 よく刻んで、 包丁裁きがいいな、包丁先生なんてな。 ギュッと、絞って。 戸棚に朝顔の 鉢がある、生姜も刻んでパラパラ。 ありがとう、ありがとう、覚弥、いいな。  徳川様に献上したってな。 美味いよ。 やんねえー、やんねえー。

 なくなっちゃった。 なくなったな、お前のを貰おう。 燗がついたら、 呑めよ。 いい心持だね。 いい心持になったところで、唄の一つも歌ってく れよ。 よくないよ、お前、ぶすぶす言って、酔うと陰気になる、よくないよ。  唄の一つも、小唄、端唄なんか乙だ。 ♪からかさの骨はばらばら 紙破れて も シャンシャン 離れ離れまいぞえ シャシャシャンシャン 千鳥掛―ッ。  何で、睨んでるんの、よくないよ。 いろいろ見なきゃあ、芝居も、お半長、 ♪お半可愛や お伊勢参りの 石部の茶屋で 会ったとさ 可愛い長右衛門さ んの 岩田帯 締めたとさ エッササノ エッササノ エッササノサ。 お前、 何で、睨んでんだよ、よくねえよ。

 徳利がヤカンの中で踊ってる。 何、ぼんやりしてんだよ、何、そこ座って んだ。 泡と湯気が。 何のために、お前呼んだと思ってんだよ。 甘酒、呑 もうってんじゃないんだよ。 アチチ、熱いけど美味い。 實母散、呑もうっ てんじゃないんだよ。 煮え燗でも、美味い。 もう一本つけてくれ。 もう、 おつもりかい。 こんな煮え燗にしちゃって。 お前は、人はいいけど、ドジ、 間抜けだ。 何だ、金輪際、付き合わないからな、馬鹿!

 留さん、走っていったけど、どうしたんだい。 あいつは、酒癖が悪いんだ。

柳家さん喬の「ひとり酒盛」前半2017/05/07 06:49

 鯉幟に矢車、初夏の装いでございます。 酒のみは奴豆腐にさも似たり、初 め四角で、あとはぐずぐず。 女性はキッチン・ドリンカーと洒落ているけれ ど、男はアル中、依存症。 軽い痙攣、酒を入れると止む。 次の方! 沢山 呑むんですか。 先生、たんとは呑みません、(手が大きく震えている)半分は こぼれちゃいますから。

 百薬の長というのは、効き目が早い、ストレス解消、程よく呑むのがいい。  お前さん、よしなよ、熊さんとこ行っても喧嘩になる。 およしよ、仕事もあ る、明日納めなきゃあならないものもある。 はっきり言うんだよ、嫌(いや) は、嫌と。

 上がってくれ、暇なんだろ。 忙しいんだよ。 悪かったな、わざわざ来て もらって……、帰ってくれ。 昔、可愛がっていた若い者が、大阪から来て、 いい酒を仕入れて来た。 二度と呑めないような酒だって、半分、五合くれた。  誰かと呑みてえ口なんで、留さん、お前と一緒に呑みてえと思った。 仕事は、 どうにでもなる、夜なべしてでも。 燗をしてえが、カカアは出かけてる、や ってくれるか。 あげ板の二枚目に七輪が入っている、消壺に炭がある。 い いのか、火がついたか、徳利は戸棚の右に二本、ヤカンに入れて。 友達は多 いよ、誰と呑むといったら、留さん、お前だけだ。

 ぬる燗でもいい、いい色してるね。 何、覗き込んでいるんだ。 うーん、 美味いね、ハァ。 自慢して持って来たことだけのことはあるよ。 ちょっと 辛口だ、うめえな。 呑みごこち、酔いごこちがいい。 キューーッ、うめえ な、世の中にこんな酒があるんだな。 うちの親父も好きだったが、物をなら べてな、俺を雲助酒だって言ってた。 こないだ居酒屋で、一合徳利十本、丼 に入れて、キューーッとやってた。 若え者には、あんな呑み方もあるんだ。  外へ出たら、その若い衆が電信柱によりかかって…。

 もう、燗ついたんじゃないか。 やっぱり燗酒だよ。 この湯呑に一合ぴっ たり入るんだよ。 留さん、やっぱり燗、燗酒だよ。 さっきと、ぜんぜん違 う。 アーーッ、いいねえ、自慢するだけのことはある。

 うめえかい、俺も酒が好きなんだけれど、カカアがうるせえんだ。 ウチも そうだよ。 仲間の寄合、梯子酒だよ。 電車で帰ったら、一番しめえに、俺 一人になった。 車掌に起こされた、終電、弱っちゃったな。 ウチのカカア は焼餅焼き、円タクいたんだ。 そんな遠くまで行けませんよ、弾んで下さい。  高い金払って帰った。 カカア起きていて、こんな晩くまで、どこで呑んだん だよ、高い車代払って、駅で寝てればいいって、言いやがる。 俺の身体と、 金の、どっちが大事なんだ、金か? そうだよ。 それ、燗ついてんだろ。

 俺も、呑みてえんだけど。 何だ、お前、呑んでないのか。

春風亭一之輔の「堀之内」2017/05/06 07:14

 私の方も、騒々しいところで…。 ひねくれもんでして、この会のように題 を出すと、何か、やりたくなくなる。 十人十色と申しまして、そそっかしい 人がいる、と入ることにして…。 やんの、やんなっちゃったな。 この噺、 林家鉄平師匠に習った、三平師匠の弟子で、天真爛漫な人だった。 お家へ伺 ったら、飼っているカナリアが三羽、逃げて行った。 それで泣きそうになり ながら、稽古をつけてもらった。

 よく忘れ物をする。 帯を忘れる。 志ん陽兄さん(太目)なら、いつも締 めてないようだけれど。 足袋を忘れる。 右だけ二つあったりする。 片方、 裏っ返しにして履く。 これだけ距離があれば、わからない、この客層なら。  長崎へ足袋を忘れて、デパートに買いに行ってもらった。 ない、白い靴下な らありますって言う。 ルーズソックスで、事足りた。 三足、千円、三足渡 された。  タクシー。 雷で電車が止まった五反田駅、運ちゃん、テンションが上がっ てる。 特需ですねって、私と弟子が乗ったら、自分のリクライニングを倒し た。

 落語には、神に近い、そそっかしい人が出る。 お前さん、上がんなよ。 泣 きそうでよ、脚が片方短くなった。 下駄と草履じゃないか。 そうか、だけ ど、余計ひどくなった。 草履脱いだからだよ。 明日、そそっかしいのを直 してもらいに、堀之内のお祖師様へお参りに行く。 寝るから、蒲団敷いてく れ。 まだ二時だけど。 もう、食べられないよ。 寝ちゃった、寝言言って る。 お前さん、朝だよ。 花魁、顔を洗うから、止めんな。 水がない。 箪 笥の抽斗だよ。 洗面器に、水がたまらない。 それザル。 顔がひりひりす る。 おつけで、顔洗ったんだ。 手拭と思ったら猫で、引っかかれて、傷が 滲みる。 風呂敷に弁当包んで、出かける。

 堀之内は、どっちでしょう。 家で、聞くんじゃないよ。 お題目を唱えて 行こう。 ナン、ナン、ミョウ、ホーレン、ミョウ。 その呪文、やめて下さ い、気持悪い。 ナン、ナン、ホーエー。 あれ、浅草の観音様だ。 堀之内 は、どっちで、神保町から来た。 反対だ。 帯が落ちてる。 帯善かな。 ワ ーーッ、硬いな。 総武線、電車のレールだ。 家へ帰って来ちゃった。

 私はどこに行くんでしょう。 ナン、ナン、ミョウ、ヨーヨー。 堀之内の お祖師様だ。 私は誰ですか。 大工の八っつあん、A型、みずがめ座、そこ に縫いつけてある。 ヨーヨー。 鍋屋横丁を左だ。 自分を信じて行けばい い。 堀之内のお祖師様は? ここですよ。 意外と手狭ですね。 うちは煙 草屋だけど。

 そそっかしいのを直して下さい。 あんたも、同じお願いですか。 ナン、 ナン、ミョウ、みんな遠巻きにして、俺を見ているぞ。 お賽銭を上げよう、 お財布を投げちゃった。 一年分だ。 手合わせて、世界平和、これでいいよ。  弁当にしよう、カカアの腰巻で、枕が包んである。 今晩はいいよって、こと か。

 ただいま、東京中歩いたよ。 何やってんだ、弁当、枕とお前の腰巻だった。  ハハハ、モウ、お宅は隣よ。

 武ちゃんじゃなくて、金ちゃん、お湯へ連れて行ってよ。 武、金、一つに 統一してくれ。 後ろに回れ、負ぶうから。 私かよ、お向うの久蔵だよ。 そ こで脱いじゃあ駄目だ、鏡があるけど、ウチは床屋、湯屋は隣だ。 うちの娘 に何すんだ、せっかく着せた着物を脱がせて。 金、前へ回れ、いつ般若の彫 り物なんかしたんだ。 何を! 鳶頭でしたか、うちの倅と間違えた。 俺が いるぞ、奇遇だ。 挨拶しよう、ケツが痒いな、世知辛い世の中で。 どうし ても、俺がいる。 お父っつあんと、田中さんで、よっこらしょっと、お湯屋 の鏡、持って行っちゃった。

 春風亭一之輔、冷めてとぼけたくすぐりの連続に、爆笑していて、一期一会 の傑作「堀之内」を、とても伝えきれない。 最後は意味不明になってしまっ た。 小三治が「久々の本物」と評したのは、これだったのか。 楽しみ、楽 しみ。

桂文治の「二十四孝」後半2017/05/05 06:49

 郭王は、母親に嫁の乳を飲ませようとして、子供を山に埋めに行く。 鍬に カチッと金の釜が当たった。 お上に届けると、扶持まで頂いて、親孝行が出 来たという、親孝行の徳が天の感ずる処となったんだ。

 呉猛は、年老いた父親を介護していたが、蚊帳がない、貧民でな。 貧民?  貧乏だ。 貧乏がヒンミンなら、金持はツクツクボウシか。 蚊帳がないから、 父親が蚊に食われないように、自分の体に酒を塗って、我の血を吸え、と。 唐 土中の蚊が、パラーリララ、パラーリララ。 その晩は、一匹も蚊が出なかっ た。 親孝行の徳が天の感ずる処となったんだろ、ワーーーッ。 うるせえよ。  二階の壁へ酒を吹き付ければいいのに。 蚊が全部、二階に上がったところで、 梯子を取る。

 親孝行をすれば、青緡(ざし)五貫文のご褒美が出る。 月末の小遣いをや れる。 寄席や鰻屋ぐらい行ける。 国立小劇場の定連席券まで買える。 看 板を立てるか、「親孝行株式会社」。 家に帰って、狸ババアに「母上」って、 料簡入れ替えてやってくるよ。

 オッカア、今、帰ったよ。 母上は、家か? 奥にいるよ。 隅っこの方に いたな、小さくなった、しなびたな、母上。 何だよ。 鯉が食いたいだろ?  泥臭いから嫌いだ。 筍は? 歯が悪いから食えない。 妨害ババアだな。

 そこに行くのは半次じゃないか。 酒屋で呑んでた。 仕事はあと十日で終 わる、終わってから呑め。 五合引っ掛けた。 お前、親不孝だぞ。 こうこ うのつけたい頃には、キュウリはなし。 さしては茄子も漬けられず。 晋の 王祥は、鯉を裏の竹藪に取りに行ったが、大雪がはらはら、金の釜を掘り当て、 蓋を取ると、鯉が一匹跳ね上がった。 家に来る子供、隣の子、山へ行って埋 めるんだ。 ちっとも、わからねえ。

 一つ、蚊でやっつけよう。 母上、寝てくれよ。 寝たくない、まだ表は明 るい。 腕に酒をプーーッとかけて、もったいねえな、呑んじまえ。

 八公や、起きなよ、仕事なんだろう。 何だ、母上。 やはり、孝行の徳、 蚊が刺さなかった。 私が、夜っぴて、扇いでいたんだよ。