「志木歩こう会」“多摩地区の名所を訪ねて”2018/10/15 07:11

 6日の土曜日は、「志木歩こう会」“多摩地区の名所を訪ねて”があり、今年 も家内同伴で参加させてもらった。 午前10時の西国分寺駅集合。 毎年最 年長の10期で、長距離を歩いてヘロヘロになるので、来年あたりはリタイア かと思って集合場所に行くと、なんと1期生の波田野雅弘さんが参加されてい るではないか。 85,6歳になられる勘定だ。 千葉の鋸山の方にお住まいで、 山道を歩いておられるとか、この方が健脚で、颯爽とどんどん前を歩いて行か れるのであった。 リタイアなどと言ってはいられない。 あとで行った平櫛 田中彫刻美術館の平櫛田中の言葉、「「六十、七十は、鼻たれ小僧、男盛りは百 から百から、わしもこれからこれから」を実感した次第。

 西国分寺駅を出て、きれいに開発された新しい街を、多摩川方面へ下る。 国 分寺市泉町のアパート群の前の道路が、車道よりも歩道の方が広くなっている。  その歩道部分が東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち)の発掘跡である。 両 側に茶色く側溝の跡が示されているから、道幅が広く12メートル程の直線道 路だということがわかる。 古代に造られた官道の一つで、当初東山道の本道 の一部として開通し、後に支路となった道。 上野国・下野国から武蔵国を南 北方向に通って武蔵国の国府(現、府中市)に至る。 7世紀に律令制が確立 されると、行政区画が整備され「五畿七道」が設置された。 畿内以外の国々 は、それぞれ所定の「道」に属し、それぞれの国の国府を結ぶ同名の官道がつ くられた。 東山道には、近江国を起点に、美濃国、飛騨国、信濃国、上野国、 下野国、陸奥国が属し、これらの国々から大きく外れたところにある武蔵国の 国府を結ぶ必要が生じた。 それで上野国府-新田駅(上野国)-武蔵国府- 足利駅(下野国)-下野国府というルートが採用されることになり、新田駅- 足利駅間は直進ではなく南北にわたってY字形に突き出る格好になった。 こ のY字形の部分が東山道武蔵路であった。(つづく)

呉座勇一さんの「「鎖国」の概念 昔と今」2018/10/14 07:32

 『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』(中公新書)で有名になった歴史学者の 呉座勇一さん(国際日本文化研究センター助教)が、火曜日の朝日新聞に「呉 座勇一の歴史家雑記」というコラムを連載している。 9月25日は「「鎖国」 の概念 昔と今」だった。 歴史教科書は基本的に保守的で、学界で画期的な学 説が提唱されたとしても、それをすぐに取り入れることはない、という。 大 半の研究者が妥当性を認め、その説に基づく研究が次々と発表されて、初めて 採用するのだそうだ。

 呉座さんの挙げる一例は、「鎖国」の問題だ。 昨年、小中学校の新学習指導 要領から「鎖国」表記を外すという案が浮上し、結局残ることになった。 日 本史学界で江戸幕府の対外政策を「鎖国」と捉えることを批判する研究は、既 に1980年代には登場しているそうだ。 今では「四つの口(長崎・対馬・琉 球・蝦夷地)」論という「通説」を踏まえた上で「鎖国」概念を再評価する見解 すらあるという。

 呉座さんの結論は、現在の新説も「正解」とは限らず、将来否定される可能 性がある。 歴史学研究は常に更新されていくものなのだ、というものだ。

「大化の改新」と「乙巳(いっし)の変」2018/10/13 07:15

 もう一つ、川口祥子さんのお話で、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃね ーよ!」と叱られそうな初耳だったのに、「大化の改新」を、最近は「いっしの へん・乙巳の変」ということだというのがあった。 字も知らず、家に帰って から辞書を探した。

 『広辞苑』第七版では、「いっしのへん【乙巳の変】(乙巳の年に起きたから いう)645年(大化1)中大兄皇子が中臣鎌足らと謀り、蘇我入鹿・蝦夷を討 滅し、権力を奪った政変。」

 そこで「大化の改新」も見ると、「たいかのかいしん【大化改新】大化元年(645) 夏、中大兄皇子(のちの天智天皇)を中心に、中臣(藤原)鎌足らが蘇我大臣 家を滅ぼして開始した古代政治史上の大改革。孝徳天皇を立て都を難波に移し、 翌春、私有地・私有民の廃止、国・郡・里制による地方行政権の中央集中、戸 籍の作成や耕地の調査による班田収授法の実施、調・庸など税制の統一、の4 綱目から成る改新の詔(みことのり)を公布、古代東アジア的な中央集権国家 成立の出発点となった。大化新政。」  つまり、「乙巳の変」はクーデターであり、「大化の改新」はクーデター後に 行われた一連の政治改革のことなのである。

そういえば2011年に、「昔 教科書で習ったのが、近年 変わったこと」<小 人閑居日記 2011. 9. 18.>というのを、テレビを見て書いていた。

《日本史》では、こんなのがあった。

 ○鎌倉幕府の成立時期は? 私は「人々国は武士の世ぞ」で憶えていたが、 「いい国つくろう」というのもあり、1192年(建久3、頼朝が征夷大将軍に任 命された)。 それが、最近の教科書は1185年(文治1、守護・地頭設置の勅許 を得た)なのだそうだ。 『広辞苑』は、1183(寿永2)年、1185年など諸説があ る、としている。

 ○大阪府堺市にある世界最大の古墳の名は? 「仁徳天皇陵」と憶えていた ら、最近は「大山(だいせん)古墳」「大仙古墳」「大仙陵古墳」と呼ぶ。 堺市 大仙町という地名から。 仁徳天皇を葬った百舌鳥耳原中(もずのみみはらな か) 陵に治定(じじょう)されるが、考古学上の立証を欠くため。

 ○古代、推古天皇の摂政として、内政、外交、仏教の興隆に力を尽くし、以 前は一万円札などの顔であった人物の名前は? 「聖徳太子」ではなくて、「厩 戸皇子(うまやどのおうじ)」。 本名なのだそうだ。 『広辞苑』には、「なお、 その事績とされるものには、伝説が多く含まれる」とある。

柳沢吉保と五代将軍綱吉2018/10/12 07:10

 川口祥子さんのお話は、柳沢吉保と五代将軍綱吉のことになる。  柳沢吉保の出世ぶりが半端でない。 柳沢吉保は、万治元(1658)年に生れ たが、甲斐源氏武田氏一門一条氏の末裔と称していて、武田滅亡後祖父信俊が 家康に仕えたとする。 父安忠は館林藩士で、吉保は7歳で藩主綱吉に初お目 見えした。 18歳で家督相続、保明となる、小姓組(530石)。 延宝8(1680) 年・23歳、綱吉が五代将軍就任に従い、幕臣となり御小納戸役。 25歳、従 六位下(830石に加増)。綱吉の「学問(儒学)の直弟子」となる。 26歳、 1030石に加増。 28歳、従五位下、出羽守に。小納戸上席。 元禄元(1688) 年・31歳、加増、12030石(大名になる)、側用人となる(若年寄上座の席)。  33歳、従四位下、32030石に加増。 34歳、常盤橋内に上屋敷拝領。 35歳、 62030石に加増。 37歳、72030石に加増、川越城主、侍従、老中格に。 40 歳、92030石に加増。 41歳、左近衛権少将、老中首席、大老格。 元禄14 (1701)年・44歳、柳沢父子に松平姓と「吉」字を許可、吉保・吉里となる。  45歳、112030石に加増。 47歳、151200石に加増、甲斐甲府城主に。 48 歳、甲斐一国の国主に(実質22万石)。 宝永6(1709)年・52歳、1月綱吉 死去、5月家宣将軍に、6月吉保隠退し吉里家督相続、吉保六義園に隠棲。 正 徳4(1714)年・57歳、死去。 ところで、30石という半端がついているの は、なぜなのか、チコちゃんならぬ、祥子さんに訊き洩らした。

 柳沢吉保の人物像。 (1)霊元上皇に和歌の指導を受ける→皇室とのパイ プ、側室正親町町子の存在も大。 (2)かなり有能な人物。 川越城主時代 に三富開発(埼玉が誇る農地)。 甲府城主(父子2代)城下整備・物流活性 化による繁栄。

 綱吉について。 (1)学問大好き。 武断政治から文治政治へ。 その理念 は儒学で、忠孝を重視した。 自ら講義し、死・血の穢れ・不浄に対して極度 に潔癖→服忌令(ぶっきれい。子供の喪にも服す)・生類憐令・浅野内匠頭即日 切腹。 皇室への敬意→大嘗会(天皇即位の日に行われる節会)・葵祭の復活。  古墳、古陵墓の保存。 寺社造営・改修、106件700万両(推定)(現在の7千 億円、人件費を入れると2兆円)。

 (2)独裁政治。 老中(家柄)の合議制から側用人(能力・信頼)を通して の親政。 大名の改易・減封処分46家(全体の2割程度・吉宗でも12家)、代 官は51/60罷免、旗本100/5000。

 (3)財政改革。 大名領地の検地→幕府直轄領。 旗本の人件費削減。 勘 定奉行荻原重秀の貨幣改鋳。 各種課税(酒税を始めた)。

 (4)悪政。 生類憐令(犬の他に、捨子・捨牛馬・鳥・鷹・鉄砲も)…犬屋 敷などの費用は町内負担なので評判悪かった。鷹狩の鷹も、鷹の餌の犬も、猟 犬も放した→町内犬だらけ。 莫大な財政支出(行事や建築工事)。

 現代への「遺産」。 (1)犬を食べなくなったこと。 日本も犬食文化で、 犬鍋などは当り前だったのが、「生類憐令」の徹底で、表面的には嫌悪感。  (2)各地の社寺等文化遺産の改修→観光資源。(淀・秀頼母子も同様)

「古今伝授」北村季吟→柳沢吉保、「六義園」2018/10/11 07:12

 川口祥子さんの「柳沢吉保と六義園」のお話で、私が全く無知だったもう一 つは「古今伝授(こきんでんじゅ)」というものだった。 これも『広辞苑』を 引いてみる。 「古今和歌集の語句の解釈に関する秘説などを特定の人に伝授 すること。三木・三鳥が中心で、切紙伝授を生じた。東常縁(とうのつねより) に起こり、宗祇に伝わる。」とある。 三木(さんぼく)は、通例「をがたまの き」「めどにけづりばな」「かはなぐさ」とする。 三鳥(さんちょう)は、「よ ぶこどり」「ももちどり」(または「みやこどり」)「いなおおせどり」。 切紙伝 授(きりかみでんじゅ)は、奥義とする秘説を切り紙に記して伝授する形式。

 川口祥子さんは、「古今伝授」(ちょっとした秘密、口伝)を和歌正統の流れ として、定家→為家…→宗祇(連歌の第一人者)…→細川幽斎(武将。石田三 成が幽斎の城を取り囲んだ時、天皇が動き「古今伝授」を助けた)→松永貞徳 (俳諧の先祖)→北村季吟→柳沢吉保(元禄13年)とした。 宮中系から、貞 徳以後は学者系へ。 柳沢吉保は六義園を造園したが、元禄8年に土地を拝領 し、15年に完成させた。 北村季吟は、六義園設計のブレーンか、と川口さん は考える。

 「新(にい)玉津嶋神社」。 これより先、文治2(1186)年俊成が自邸内に、 勅旨で、玉津嶋明神を勧請(和歌のプロ化)。 その後、焼失・再建を繰り返し、 冷泉家により再興。 京都下京区、烏丸通松原西入るにあり、玉津嶋町の名が 残る。 俊成町に、俊成社もあるが、可哀そうにビルの一角になっている。 天 和・元禄年間、北村季吟が神官として勤める。 元禄2(1689)年、北村季吟 が66歳で幕府歌学方になったのが、柳沢吉保(32歳)との出会い。 北村季 吟は、和歌・古典研究の大家、そのおかげで『源氏物語』が、従来の面倒な(お 金を出して借り、期間も短い)写本ではなく、お金を出せば買える印刷本とな り、字の読める大衆に広まった、頭注を初めて付けた。 

 「六義園」は、柳沢吉保が元禄8(1695)年にこの地(旧前田邸。加賀百万 石は各地に土地を持っていたが、莫大な維持費がかかった)を拝領、9(1696) 年、千川上水の水を引き入れて(他に小石川御殿(綱吉の御殿、今の植物園)、 湯島聖堂、寛永寺、浅草寺(1700年代、寛永寺に乗っ取られた、明治維新で独 立)などに給水)、「和歌浦」を模して造園した。 この水が無ければ、園内に 「和歌浦」は造れない。 それが可能だったのは、将軍綱吉と柳沢吉保の一心 同体と言ってもよい関係があったからだ。 15(1702)年完成、将軍綱吉の一 人娘・鶴姫、八重姫、寛永寺公弁法親王など、多くの貴人が訪れた記載が『松 蔭日記』にある。