文明史を学び国民国家形成を政治的戦略へ具体化2021/03/02 07:02

 日本の前途についてほとんど絶望していた福澤は、新政権の廃藩置県の断行で、その見通しを一変し、『学問のすゝめ』の連作を中心とする民衆啓蒙の筆をとり始めた。 さらに、学制・四民平等・鉄道通信・勧業・軍制と引き続く、嵐のような文明開化政策は、福澤の知識人としての役割意識と立場の設定を一層独自のものにしていった。 政府の法令の「国民」は、政府の支配の客体であったが、福澤における「国民」は、「貴賤上下の別なき国中の人々」であり「政府の玩具たらずして政府の刺衝(刺激)と為るとともに」「其国を自分の身の上に引き受ける」主体だった。 福澤は、現状を「日本には唯政府ありて未だ国民あらずと云ふも可なり」と判断し、「始めて真の日本国民を生じること」を自己の課題として定めた。 その課題「真の日本国民」の創造のためには、政府に加わらずあくまで「私立」の立場に立つことが不可欠だった。

 明治4(1871)年から明治12(1879)年頃までは、福澤の政治思想の最も創造的な展開の時期であり、福澤唯一の原理論の書物『文明論之概略』の執筆とその前後の時期だった。 それは福澤が生涯を通じて西欧の政治・社会思想の古典的な書物の数々を、おそらく系統的に選んで集中的に学んだ時期、いわば書物を通じて西欧社会との再会をなした時期でもあった。 他方それは、廃藩置県の大変革から、明治14年の政変の前夜にいたる、明治国家草創の政治的激動の時期だった。

 福澤がこの時期に接した一群の西欧の書物には、一つは歴史とくに世界史の発展の構想、他の一つは具体的な歴史的条件のもとで可能な目標を設定し、実現する戦略を求める「実践的技術」(J・S・ミル)があり、両者は、国民国家の形成と変容という問題と深く結びついていた。 そのような思想を学ぶことによって、福澤の国民国家の形成の構想は、理念から政治的戦略の目標へと具体化した。

 福澤は日本における国民国家の形成という課題を、世界史的な文明史の長期かつ広い視野のもとにとらえるにいたった。 『文明論之概略』では、政治家と知識人との職能と分業が論点とされ、両者はこれ以後福澤の基本的なたとえになる、もと医学書生らしい「外科の術」と「養生の法」というアナロジーで説明された。 「事物の順序を司どりて現在の処置を施し」「其事の鋒先きに当て即時に可否を決する」のと、「前後に注意して未来を謀り」「平生よく世上の形勢を察して将来の用意を為し、或は其事を来たし或は之を未然に防ぐ」「高尚の地位を占めて前代を顧み、活眼を開て後世を先見する」のとの分化である。 歴史についてのスケールの大きい理論が、そのような知識人の知的営みを可能にし、またこのような歴史における反省と先見が現在についての成熟した判断を可能にするとされた。

 そして、福澤は、現実政治の衝に当たる政治家に対して、歴史の広大な展望を示して、それを指導しようとする。 知識人は、「衆論」の指導を通して、いわば迂回的に、政府を制御しうるとする。

 福澤は、政府の外に「私立」し、凡百の洋学派知識人とも袂を分かって、独り突出した存在として立つことを選んだ。 政治が激動したこの時期に、度重なる決断を通して、マージナルな知識人としての自己を確立し、「私立」と「一身独立」の立場から国民国家の構想を示し、その原型を創り出すことを課題とした。 その意味で福澤を、いわば知性の「使命予言者」(M・ウェーバー)としてとらえ、「維新最大の指導者」とする藤田省三『維新の精神』(みすず書房)の理解は、まことに的を射ているといえよう。

国民国家形成の基礎「一身独立」、自発的結社の創出2021/03/01 07:05

 松沢弘陽著『福澤諭吉の思想的格闘』、第II部「国民国家形成の構想」に移りたい。 松沢さんは、近代日本の知識人の中で、福澤諭吉ほど、自己の知識人としての役割の独自性を意識し、社会におけるとくに政府に対する位置や態度のとり方の戦略を深く考えぬいたものは、稀だろうとする。 そして、福澤の日本における国民国家形成の構想は、彼の自己の役割の意識や立場・態度のとり方と密接に結びついていたと言う。

 文久の幕府遣欧使節団に傭通詞として参加した11か月の経験を通して、西欧の近代国家と社会の自由で開かれた面をまのあたりにした福澤は、旅の途中から日本政治の「御変革」を訴えるにいたった。 権力の集中と統一、門閥制度の廃止による統一国家の建設と富国強兵が、「変革」の目標であり、封建的忠誠をこえる、統一国家への忠誠としての「大忠」―「報国」が説かれるようになった。 福澤の統一国家の具体的構想は、大名連合から「大君のモナルキー」―徳川将軍の絶対主義―へと展開していったが、彼はやがてその見通しに絶望せざるを得なかった。 幕府には、もはや国家統一の主体となる力がなく、これを倒した尊攘倒幕勢力は、盲目的な排外主義で、ゆきつくところ内戦と外国勢力の介入による亡国は免れない―というのが、福澤のゆきついた展望だった。

 福澤は、新政権が成立し、徳川家が駿河府中に封じられたのを機に、幕臣を辞し「双刀を投棄し読書渡世の一小民」として生きる道を選び取った。 さらに中津藩からの禄も辞し、新政権からの度重なる出仕の召しも拒み通した。 自立の活計を目ざしただけでなく、廃刀から節酒にいたるまで生活のスタイルを一新し「一身の私を慎」むにいたった。 何よりも、自己の内面から「奴隷心を一掃」する「心の変化」をとげた。 ここに福澤の「一身独立して一国独立す」という国民国家形成の基礎をなす「一身独立」の原型が形成されたのである。

 「読書渡世」という知識人としての独立の道を選んだ福澤は、「吾党の士相与に謀て、私に彼の共立学校の制に倣ひ」(「慶應義塾之記」)慶應義塾を創設した。 彼はこの私塾について、「僕は学校の先生にあらず、生徒は僕の門人にあらず、之を総称して一社中と名け……」といい、あるいは「会社」「同社」と称した。 「会社」という言葉はおそらく、西欧社会とくにヴィクトリア期英国社会のあらゆる局面をつらぬいている、自発的結社による公共の事業の経営という現実に触発された福澤が、その原理を表わすために鋳造したものだった。 慶應義塾の学則は後にいたるまで「社中之約束」として示された。 慶應義塾は、福澤にとって、志を共にする独立な個人の「約束」による集団形成の原型だった。

イギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたこと2021/02/28 08:10

  イギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたこと<小人閑居日記 2006.5.6.>

 吉村昭さんの『生麦事件』を読んだ時、薩英戦争でイギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたことが、ニューヨーク・タイムズやイギリス議会で問題になったことも、<小人閑居日記 2003.4.29.>「鹿児島の火災」問題に書いていた。 3月25日の福澤諭吉協会土曜セミナーで、松沢弘陽さんの話を聴きながら、問題になったことは知っていたが、それを『福翁自伝』にある「ある社中の英国人が議院に建言した草稿」と結びつけなかったことを、反省した。 たとえ結びつけても、George Crawshayまでは達しなかっただろうが…。

 「鹿児島の火災」問題<小人閑居日記 2003.4.29.>では、次のように書いていた。

薩英戦争でイギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたことが問題になった。 ニューヨーク・タイムズは「イギリスの残忍な行為」という社説を掲げて、町を砲撃して炎上させたのは、なんの罪もない市民の生活を奪ったことは残虐で非人道的行為だと指摘したという。 今度のイラク戦争の空爆で、しばしば一般市民の被害が問題になり、先の大戦の空襲(4歳の私も経験した)や広島・長崎への原爆はどうだったのかと、考えていたところだったので、興味深かった。

 吉村昭さんの『生麦事件』に、パーシウス号が城下町の上町に近づき、火箭(かせん)をしきりに放って、その一弾が上町向築地海岸の硫黄商薬師忠兵衛の土蔵に当って、数千俵の硫黄に引火し、強風にあおられて大火になったとある。 この「火箭」だが、皆村武一さんの『『ザ・タイムズ』にみる幕末維新』(中公新書)に「ロケット弾」とあった。 皆村さんの新書には、1864年2月10日付『ザ・タイムズ』から、この「鹿児島の火災」問題がイギリス下院議会で論議された経過がくわしく書かれている。 結論をいえば、ブックストン議員の動議にもとづいて、政府は鹿児島の町を焼いたことに対して遺憾の意を表明すること、イギリスが鹿児島で行なった攻撃(戦争)は文明国間で戦争に際して通常守らなければならない義務と政策に違反するものであること、攻撃を指揮したクーパー提督に個人的に責任があることが、採択されたという。 吉村昭さんの『生麦事件』では「バクストン」の動議は否決された、と結論が逆になっている。 皆村新書では否決されたのは、ロングフィールドの修正案だから、ブックストンの動議が採択された、となっている。

建言書が福沢に与えた衝撃2021/02/27 06:51

    建言書が福沢に与えた衝撃<小人閑居日記 2006.4.1.>

 ロンドンで読んだGeorge Crawshayの建言書が、福沢に与えた衝撃は大きかった。 36年後の『福翁自伝』に「開国一偏の説を堅固にした」と書くほどに…。 それはまた福沢の国際関係理解を深めた。 主権国家間の権力政治と万国公法の存在に注目し、万国公法がヨーロッパの内でも外でも実効性を持つと判断した。 万国公法の裏付けとしての(1)世論(自発的結社が力を持つ)、(2)福沢のいう「権力の平均」(ヨーロッパでのバランス・オブ・パワー)を知った。

 福沢は文久3(1863)年末?の隈川宗悦・南條公健宛書簡で、英艦隊の鹿児島砲撃の際の、非戦闘員、民家への攻撃に対する英国世論の批判を紹介している。 慶應2(1866)年の長州再征に関する建白書でも、世論に働きかけるべきだと述べている。

 福沢におけるGeorge Crawshayの建言書の衝撃は、一朝一夕に消えたのではなく、かなり長くその国際関係理解に影響を与えた。 しかし、それほど長くは続かなかった。 明治11(1878)年「通俗国権論」に、「万国公法」と「条約」へのシニシズム、明治14(1881)年「時事小言」第四編に、「万国公法」も「権力の平均」も「キリスチャン・ネーション」の間のみ(ヨーロッパの中だけ、これが福沢の条約改正論の根拠)、とある。

 George Crawshay とForeign Affairs Committeeの活動についての松沢弘陽さんの話を聴きながら、私がしきりに思っていたのは、その後のイギリスの例のバルフォア宣言(1917)に端を発する中東問題、そして現在のアメリカの外交政策と戦争のことだった。 イギリスがバルフォア宣言によってパレスチナに民族の故郷を認める一方、二枚舌でアラブの独立も認めていたことが、今に至るイスラエルとアラブの抗争をもたらした。 Foreign Affairs Committeeのような活動が世界中で、もっと活発で、有効に機能すれば、アメリカやイギリスのそれらの政策はチェックできたのではないか。 それが実現していない世界は、少しも進歩していないのだろうか、というようなことだった。

George Crawshay-その生涯と活動2021/02/26 07:09

   George Crawshay-その生涯と活動<小人閑居日記 2006.3.31.>

 松沢弘陽さんの講演の続き。 George Crawshay(1821-96)は、鉄鋼を業とする家に生れケンブリッジ卒、経営者として成功し、アームストロング社台頭前は一位の企業、‘The King of Iron’と呼ばれ、3500人の労働者にもよくしてフーリエ的労働者コミュニティを形成 ‘a father to his men’といわれた。 その産業経営を基盤に、1840年代、政治や社会に積極的に発言し、反穀物法同盟(自由貿易運動)、Chartism(普通選挙運動)、Disestablishment(国教会廃止運動)など、Radicalism(Rは大文字、それに意味があるそうだ)の主要な運動に参加した。

 1853年、Foreign Affairs Committeeを創設し、それを維持して、国内改革から被抑圧諸国民の支援へと活動の場を広げた。 Foreign Affairs Committeeの活動は、外交政策の実証的分析と批判(外交文書の公開を要求し、対案を提案)、政治的亡命者の受入れ(ロシア帝国、オーストリア・ハンガリー帝国、トルコなどからのそれ、圧政批判)、アヘン戦争反対―戦費分の納税拒否(対中国膨張政策への反対)など、だった。 Foreign Affairs Committeeの歴史的意義は、(a)自由の普遍性、各国の独立の神聖を主張し、(b)外交情報の公開と分析・秘密外交から公開外交への外交改革運動の先駆となった、ことである。

 George Crawshayは、都市の自治にもかかわり、Gateshead市会議員、市長3回を務めた。 元来、学芸の人で、母はフランス人、法曹になりたかったケンブリッジ以来、国際法、数学、植物学、古典語、ヨーロッパ諸国語、中国語・中国文学、詩とロマンス、に通じていた。 1880年代、とつぜん事業が破綻、私財をなげうって処理したので、従業員や取引先から苦情は出なかった。 病を得て、一人娘の家で亡くなった時、残った全財産は25ポンドだったという。