浅利慶太さん、GHQの方針からの出発2018/07/20 07:12

 演出家・浅利慶太さんの死去(85)を伝える18日夜の「報道ステーション」 で、インタビューに答えている過去の映像に聞き捨てならない話があった。 そ もそも演劇の道に入ったのは、高校1年生の時に、GHQの方針で、生徒は何 らかの部に入らなければならなくて、担任の先生がたまたま演劇部をやってい て、入れと言われ、体育会のノリで「はい」と言った。 演劇部に入って、裏 方をやっている内に、その面白さにはまってしまったのだそうだ。 慶應義塾 高校だろう。 1953(昭和28)年、大学で日下武史さんたちと劇団四季を立 ち上げた。 実は日下武史さんは、ジヤーミネーターの会の先輩なので、慶應 義塾高校在学中は新聞会にいた、演劇部と掛け持ちだったかどうかはわからな い。 高校新聞の発行なども、GHQの方針があったのだろうか。

 「GHQの方針で、生徒は何らかの部に入らなければならなかった」という のは、初めて聞いた。 そういえば、六三制の二年目、1948(昭和23)年に 小学校に入った私は、カタカナを習わず、ローマ字は習った。 学級の机を班 ごとの島形にまとめて、班長を選んで、授業を受けたり、図書部に行って、何 か意見を言えと、求められたりした。 あれも、GHQの方針があったからな のだろうか。

 浅利慶太さんは、1961(昭和36)年に東京・日生劇場の営業担当重役に就 き、劇団四季で「演劇で飯が食える」ことを目指し、東京だけでなく「全国で 公演する」ようにする。 ちょうど、私は大学から社会人になり結婚した時期 で、日生劇場の素晴らしさにも魅せられて、初期の劇団四季のジロドゥの『オ ンディーヌ』(影万里江だったか)やジャン・アヌイの『アンチゴーヌ』を観た し、浅利さんの演出した越路吹雪のロングリサイタルは何度も通っている。 し かし、70年代のブロードウェー・ミュージカルや、1983(昭和58)年の『キ ャッツ』以後の専用劇場での展開は観ていない。 ただ『李香蘭』だけは、2002 (平成14)年にテレビ中継を見た。

 その中継のあと、浅利さんのインタビューがあり、「劇団四季の50年<小人 閑居日記 2002.12.18.>」というのを書いていた。

 『李香蘭』の中継のあと、劇団四季の浅利慶太芸術総監督のインタビューが あった。 1953(昭和28)年に慶應高校の演劇仲間を中心に創立された 劇団四季は、来年50周年を迎えるそうだ。  フランスの芝居で始めて、「“当 り”なくして演劇なし」と言ったルイ・ジュベの言葉どおり、人生が生きるに 値するものだという感動を伝える、お客の入る芝居、自分が退屈する人間なの で、その「自分が退屈しない芝居」をめざしてやってきた。 ブロードウェー のミュージカルを取り入れた当初は、感動を与え面白く見せる技術が30年く らい遅れていたのが、今は20年くらいに縮まっただろうか。 83年に新宿 のキャッツ・シアターでロングラン公演が出来るまでになり、次第に国内のミ ュージカル作品でもお客さんが入るようになった。 仮設の劇場や専用の劇場 もつくった。 もちろんストレート・プレイの路線も続け、「東京一極集中排除」 の方針で、地方での小さな公演も大事にしている。 50周年を記念して汐留 につくった新劇場「海」のこけら落としで、ミュージカル『マンマ・ミーア!』 の上演が始まっている。

サイパン以後の最後の1年半に大半が戦死2018/07/12 07:17

 1944(昭和19)年7月9日のアメリカ軍によるサイパン島占領、「サイパン 失陥」の恐るべき意味は、戦略的・政治的・社会的に日本がほんとうに困る「本 土空襲」が日程に上ったことにあった。 有名な「B29」という大型爆撃機は、 サイパンの戦いの直前、5月に運用を開始していた。 翼幅43メートル、全長 30メートル、1万メートルの高度を航行でき、最大で9トンもの爆弾を投下で きた。 航続距離も長く、爆弾搭載時で約5千3百キロ、つまりマリアナ諸島 から日本本土までの距離は約2千4百キロだから、日本本土を空襲して帰って 来られることになったのだ。

 アメリカ軍は、最強の機動部隊と7万人近い兵力をつぎ込んでサイパン・マ リアナ諸島を攻略(グアムの場合は奪還)するやいなや、サイパンでも、テニ アンでも、グアムでも、大車輪で航空基地群を建設・整備し始めた。 そして、 1944(昭和19)年11月、日本本土への空襲が始まった。 当初は軍需工場の 破壊を狙った戦略爆撃だったが、1945(昭和20)年3月に方針が変わる。 2 月の硫黄島上陸作戦に呼応したのだ。 硫黄島は、東京から南へわずか1千2 百キロの距離にある。 ここまできたら、日本本土への上陸は時間の問題だ。  それを踏まえれば、爆撃の効果をもっと上げる必要があった。 そこで採用さ れたのが、都市への無差別絨毯爆撃である。 その最初の対象となったのが、 東京、「3月10日の大空襲」だ。 10日未明、300機近い「B29」から投下さ れた約19万個の焼夷弾は、下町全域を焼き尽くし、10万人もの人間が、焼死・ 窒息死・溺死したのだ。 そしてその後も、大阪・名古屋・横浜・鹿児島など、 「B29」の焼夷弾は全国の主要都市に恐るべき被害を与え続けた。 (4歳の 私も東京品川で、5月24日からの空襲に遭い、立会川の中で一夜を過ごした。) しかし、戦争は続けられた。

 沖縄本島では、4月から6月にかけて、この戦争で国内唯一といってもいい 地上戦が行われ、守備隊約10万人と民間人約10万人が亡くなった。 それで もなお戦争は終わらなかった。

 8月6日と9日には、テニアン島を飛び立った「B29」から広島と長崎に原 子爆弾が投下され、広島で14万人、長崎で7万人が亡くなる、人類が初めて 経験する惨禍をもたらした。 さらに8月8日には、ソ連が日本に宣戦布告し、 ソ満国境を越えて150万の赤軍が満州に侵攻を開始し、多くの日本人市民が犠 牲になった。 そして8月15日、ようやく戦争は終わった。

 日中戦争から敗戦までの軍人・軍属の死者は約2百3十万人。 そのうち約 6割の百4十万人が広い意味の餓死だったという研究があるそうだ。 こうい う数字もある。 岩手県出身兵士の戦死者数の年別推移で、全体で30,724人 のうち、1944年・45年の死者が87・6%を占めている。 9割に近い軍人が、 最後の1年半に戦死しているのだ。

 「日中戦争・太平洋戦争での戦死者3百十万人の大半は、サイパン以後の1 年余りの期間に戦死している」とし、敗戦間際にかくも犠牲が拡大したのは、 総力戦段階に入った戦争の招いた悲劇だったと、加藤陽子さんは考える。

敗戦への道 1944(昭和19)年「サイパン失陥」2018/07/11 07:15

 加藤陽子さんの「敗戦への道 1944年(昭和19年)」は、同年7月9日のア メリカ軍によるサイパン島占領、日本にとっては「サイパン失陥」が、太平洋 戦争の決定的なターニングポイントになったとする。 前年1943年(昭和18 年)夏にかかるころには、太平洋各地域での戦況の悪化は明らかになっていた。  ヨーロッパ戦線でも、ソ連に侵攻していたドイツ軍が崩壊し、イタリアが連合 国軍に降伏していた。 このような戦況悪化の危機感から、大本営が戦略を立 て直し、43年9月30日の御前会議で決定されたのが「今後採るべき戦争指導 の大綱」で、その眼目は「絶対国防圏」の設定にあった。 「絶対国防圏」は、 戦争の遂行上、太平洋・インド洋方面において「絶対確保すべき要域」を「千 島、小笠原、内南洋(中・西部の南洋群島)、西部ニューギニア、スンダ(現在 のインドネシア)、ビルマ(現在のミャンマー)を含む圏域」と定めたものだ。  実は、この圏内には、ガダルカナル島を含むソロモン諸島や、ラバウル航空基 地のあるニューブリテン島などは含まれていない。 戦線を縮小し、その分、 圏内の防備を強固にしようという狙いがあったが、その外側は、非情な言い方 をすれば、時間稼ぎの捨て石とされ、つまり見捨てられたのだ。

 1944年春、サイパン島守備隊の大増強が行なわれ、陸海軍は統合軍をつくる。  海軍中部太平洋方面艦隊の司令部をサイパンに置き、その指揮下に陸軍の第三 十一軍・第四十二師団が入り、統合された4万4千人の大部隊で、上陸してく る米軍を水際で撃滅する、というのが大本営の作戦だった。 44年6月、戦い は米機動部隊から発した艦載機のサイパン島・テニアン島・グアム島への空襲 と激しい艦砲射撃によって始まり、15日早朝、米軍はサイパン島南西海岸に上 陸作戦を開始する。 水際撃滅のため海岸近くに構築していた防御陣地は、す でに艦砲射撃で破壊されており、圧倒的な火力の支援を受けた上陸部隊に、守 備隊は後退を余儀なくされた。 上陸作戦の続いている6月19日・20日、サ イパン西方で「マリアナ沖海戦」があり、日本の完敗だった。 日本側空母3 隻沈没・4隻損傷、艦載機400機損失、アメリカ側空母2隻損傷、艦載機117 機損失、もはや日本には大型空母は1隻しかなくなって、事実上、機動部隊は 壊滅したといっていい。

 この海戦の大敗を受けて、大本営は、米上陸部隊による防御の突破後、ただ ちに立案を開始していたサイパン増援計画(奪回作戦)を中止し、これにより サイパン守備隊の命運は定まった。 制空権・制海権を握られて、救援も来な い守備隊は、アメリカ軍の攻撃に追われて、島内を北へ三週間も敗走を続け、 消耗も限界に近づいた7月6日、島北端に近い山中の洞窟で、司令長官、師団 長ら4人の指揮官は自決する。 しかし彼らは、自決に先立って翌朝の総攻撃 を命令していた。 残存の兵士らは、その命令に従い、翌7日朝3時を期して、 いわゆる「バンザイ突撃」を行い、全滅した。 その数、およそ3千人。 捕 虜となることを恐れたり潔しとしない民間人も多数自決、この戦い、日本人の 死者は、軍人約4万4千、民間人約1万2千人といわれる。

「南洋」、グアム島、サイパン島2018/07/10 07:17

 父の世代の人たちが、「♪私のラバさん、酋長の娘、色は黒いが、南洋じゃ美 人」と歌っていた。 この「酋長の娘」は、私も憶えている演歌師の石田一松 の、作詞・作曲・歌唱のコミックソングで、昭和5(1930)年8月の発売、そ の前年に創立されたポリドール最初のヒットだったそうだ。 二番は「♪赤道 直下、マーシャル群島、ヤシの木陰で、テクテク踊る」。 明治29(1892)年 にミクロネシアのチューク諸島(トラック島)に移住し、島の酋長(首長)の 娘と結婚した実在の日本人(高知県出身の森小弁)をモチーフにした作品だと いう。

 私など戦後教育を受けた者は、戦前のことはすべて悪として切り捨てられた から、戦争の歴史にまったく弱い。 高度成長以後は、グアムやサイパンは、 卑近な観光地という印象になった。 以前『それでも、日本人は「戦争」を選 んだ』(朝日出版社)(「等々力短信」第1004号 2009(平成21)年10月25 日)を読んで感心した加藤陽子さんの、『とめられなかった戦争』(文春文庫) の第1章「敗戦への道 1944年(昭和19年)」は、西太平洋の小さな島々を舞 台にしている。 戦争が始まる頃、グアム島を除くマリアナ諸島(サイパン、 テニアン、アナタハンなど)は、日本の領土だった。 グアム島だけは、16世 紀の大航海時代以来、スペインに領有されていたが、1898(明治31)年の米 西戦争でスペインが敗れた結果、フィリピンとともにアメリカに割譲され、そ の後、現在にいたるまでずっとアメリカ領である。 一方、その他の14島は、 1899(明治32)年にスペインからドイツに売却された。 しかし、ドイツは 第一次世界大戦で敗戦国となる。 大戦後に設立された国際連盟は、アフリカ・ 太平洋の旧ドイツ領の統治を戦勝国に委任することとし、日本は「赤道以北の 太平洋の旧ドイツ領諸島」の統治を受任した。 すなわち、グアムを除くマリ アナ諸島、カロリン諸島、マーシャル諸島、パラオ諸島などが日本委任統治領 となった。 国際連盟の委任方式では、この地域は「C式」、すなわち受任国の 領土として扱われることになっていた。 事実上、日本の領土といえた。

 これらの島々を日本は一括して「南洋群島」と呼び、1922(大正11)年には その施政機関として南洋庁を設置して統治にあたった。 なかでもマリアナ群 島(グアムを除くマリアナ諸島の当時の呼称)は、日本の統治下になってから 興った製糖という産業もあり、日本、特に沖縄からの移民も多かったので、南 洋群島の中心的な存在だった。 しかしそればかりではない。 群島のはるか 北方には硫黄島・小笠原諸島・伊豆諸島がほぼ一直線上に連なり、さらにその 先には東京があるという、戦略上重要な位置も占めていた。 特に主島サイパ ンは、一方で製糖業の拠点であると同時に、一方では最も重要な軍事拠点でも あった、と加藤陽子さんは書いている。 その理由は、やがて明らかになる。

『下山の時代を生きる』<等々力短信 第1108号 2018.6.25.>2018/06/25 07:17

 劇作家で演出家の平田オリザさんと、言語社会学の鈴木孝夫慶應義塾大学名 誉教授の、『下山の時代を生きる』(平凡社新書)を読んだ。 オリザさんとい う珍しいお名前だが、父上が日本は米が大事な国だからと、ラテン語の米オリ ザと名づけたのだそうだ。 戦後、オリザニンというビタミンB1の薬があっ た。 明治43(1910)年、鈴木梅太郎が脚気に効くとして米ぬかから抽出・ 命名した。 注射のアンプルを製造していた父は、オリザニンレッドというビ タミン注射の流行で、景気の良い時期があった。

 平田さんは、その現代口語演劇と呼ばれる理論を構築するのに、最も影響を 受けた言語学者が鈴木孝夫先生だという。 西洋の近代演劇を翻訳劇として輸 入した日本では、セリフ一つとっても非常に言いにくかった。 その鈴木先生 の著作が、世の中にはびこる「日本礼賛本」と並べられ「トンデモ本」として 揶揄されているのを、ネットで目撃して、この対談を切望したという。 一方、 鈴木先生も、平田さんの『下り坂をそろそろと下る』(講談社現代新書)を読み、 若き同憂の士を得た思いがしたそうだ。

 司馬遼太郎『坂の上の雲』の冒頭をもじって、「まことに小さな国が、衰退期 をむかえようとしている」で始まり、そこには、鈴木先生年来の主張、「日本は さらなる経済成長なんてとんでもない。いや日本だけでなく人類全体が、あら ゆる生物の複雑さを極めた連携的共存共栄をも視野に入れた、全生態系の持続 的安定こそを目標とする下山の時代を迎えている」と、ほとんど違わない考え に基づく、日本人の生き方についての処方箋があった。 今の生活の便利さを 二割諦めるのなら、納得してもらえそうだ。

 鈴木先生は、以前から全世界規模の「鎖国のすすめ」を主張し、江戸260年 の戦争のない省エネシステムの壮大な実績や、日本の古代性と近代を併せ持つ 二刀流を、世界に発信して東西文化の懸け橋になれる、と。 平田さんは、隠 岐島や小豆島での具体的体験から、長野県一国だったら鎖国できるという。 一 つ一つの地域がまずある種の自立をする、食料的にも経済的にもエネルギー的 にも。 地方の自治体が実践している施策を、国全体の政策にできるかが課題。  国だけが、まだ経済成長を前提としている。

 面白い指摘がいくつもある。 鈴木先生は、SFC湘南藤沢で英語を必修から 外したことがあった。 日本人は、英米人の目で世界を見ている。 いま地政 学的に肝要なのは、アラビア語、ロシア語、朝鮮語、中国語だ。 リニアモー ターカーの建設に反対、新幹線の安全保守対策をすべき、何年も前からシート ベルト装備を言っている。  平田さんも、参議院では少なくとも党議拘束を外せ、日本に相応しい政治シ ステムを獲得した上で、10年間「凍憲」し、地球市民の憲法をつくれと提案す る。