「見て見ぬ振り」「いないこと」2017/10/22 08:19

 昨日見たように、政府が移民政策を取らないとしているから、ごく少数の「難 民」と、「移民」はいないけれど、沢山の「移民のような」人々がいる、という 認識なのだろうか。 現実には在留外国人は250万人、外国人労働者数は約108 万人に達している。 その朝日新聞の記事は、現実を「見て見ぬ振り」するこ とのひずみは、日本社会に積み重なっているという。 まず学校現場。 公立 学校に通う外国籍の子は約8万人、うち日本語指導が必要な子は3万4千人と 10年前の1・5倍。 多くの親は子が将来も日本で生きていく前提で暮らして いるのに、学校現場は人材もノウハウも足りないという。 それを埋めてきた のは、先生たちの気持ちだけというのは、心許ない。

 日本社会を支える外国人たちもいずれは老いる。 自分たちで考えなければ と、在日フィリピン人労働者のための高齢者施設を造る計画を持っている人も いるという。

 多くの外国籍の人たちが日本で働き、その労働力で社会が成り立っている。  その外国人が、生活者としては「いないこと」になっているのだそうだ。 技 能実習生制度など様々な形で人権侵害も起きているらしい。 何か変だ、と言 わざるを得ない。

すでに「移民」頼みになっている日本の現場2017/10/21 07:00

 日本は移民を受け入れるべきだ、という議論がある。 だが安倍晋三首相は 昨年、「いわゆる移民政策を取ることは全く考えておりません」と参院で明言し たそうだ。 また、日本の難民認定者数がごく少ないことが、話題になる。

 移民と、難民の違いを、ほとんど意識していなかった。 【移民】「他郷に移 り住むこと。特に、労働に従事する目的で海外に移住すること。」 【難民】「戦 争・天災などのため困難に陥った人民。特に、戦禍、政治的混乱や迫害を避け て故国や居住地外に出た人。」 と、辞書にある。

 日本の難民認定者数は、平成28年はたったの28人だが、前年より1人増え た。 難民認定申請者数は、過去最多の10,901人で、前年より3,315人増え た。 申請に比べて認定者数が極端に少ない気がするけれど、難民を支援する NPOの役員で、委員に任命されてその認定に携わったことがあるという人に話 を聞いたことがあるが、申請者の多くは就労目的なのだそうだ。

 自由が丘に近い奥沢に住んでいると、背後にお屋敷町をひかえているせいか、 タガログ語で話すフィリピン人らしい女性とすれ違うことが多い。 家事手伝 いとか、介護とかに従事しているのかと思われる。 解体現場やコンビニ、飲 食店で、たくさん外国人労働者を見かけるようになって久しい。

 7月24日の朝日新聞朝刊に、「分断世界」「「移民」頼み 日本の現場」という 記事があった。 日本の総人口に占める在留外国人の割合は、250万人、2%に 近づきつつある。 昨年10月末の外国人労働者数は約108万人と過去最高。  半面、外国人労働者の在留資格別割合は近年ほとんど変化がなく、就労目的は 18・5%。 就労が主目的でない外国人によって国内産業が支えられている。  2016年時点で全就業者の59人に1人が外国人だった。 7年前と比べ、卸売・ 小売業(76人に1人)は約2・5倍、農林業(85人に1人)は3・1倍になっ た。 こうした数字は、日本が事実上、「移民国家」に足を踏み入れている現実 をつきつけるという。

大竹しのぶ『ファミリー・ヒストリー』の強烈2017/10/18 06:39

 大竹しのぶさんの『ファミリー・ヒストリー』(2017.1.26.)で、強く印象に 残ったのは、祖母(母・江すてるさんの母)八重に関連して、幸徳秋水、小山 内薫、内村鑑三の名前が出たことだった。 八重は、麹町の家具屋に生れ、女 学校を出て女子英学塾(のちの津田塾大学)に進学した。 聖書講談会で内村 鑑三に師事して、小山内薫や山内権次郎らと知り合う。 小山内薫の自叙伝小 説『背教者』は、内村鑑三の元を離れることを描いているが、八重をモデルに した周囲を首ったけにする女性・絹子が登場する。 社会主義に目覚めた山内 権次郎と惹かれ合った八重は、幸徳秋水とも親しくなる。 幸徳秋水は、『万朝 報』の記者として日露戦争の非戦論を主張したが、開戦前に退社し堺利彦と平 民社を起こして、『平民新聞』(週刊)を創刊した。 明治38(1905)年筆禍 事件で投獄された後、平民社を解散し、アメリカに渡った。 平民社に勤めて いたらしい山内権次郎との子を身ごもっていた八重は、山内とともに幸徳と一 緒に渡米し、サンフランシスコで敏子を出産した。 敏子の名は、平民社サン フランシスコ支部の創設者、岡繁樹の妻の名をもらった。 彼らは社会主義の 活動をしていたが、日系人の増加による排斥運動が高まっていて、彼らの運動 は迷惑でしかなかった。 幸徳秋水は社会革命党を結成したが、当時の写真に 八重の姿がある。 八重を含む彼らの行動は、外務省のスパイによって監視さ れていたらしい。 渡米から2年後、夫の山内権次郎がチフスで亡くなり、八 重は敏子とともに帰国した。 夫の実家に身を寄せたが、敏子を置いて出てい くように言われる。 敏子は、そこで育ち横浜の実業家と結婚して、5人の子 を育てた。 八重は山内家を出た後、鈴木という人と二度目の結婚をし、男児 を生んだが、その夫と男児とも別れている。 大竹しのぶは「再開スペシャル」 で、その男児の子二人と会い、「えくぼ」が似ていると言い合った。

 二人の子供と生き別れた八重は、大正4(1915)年30歳の時、4歳年上の吉 川一水と結婚する。 大竹しのぶの祖父となる人である。 吉川一水は、19歳 の時、内村鑑三の聖書講談会で八重と出会っていた。 一水は教会に属さない 無教会派として清貧と非戦を訴えた宗教家だった。 翌年、長男が生まれ、仙 台に移ってキリスト教系女学校で教鞭を取る。 大正11(1922)年、しのぶの 母になる江すてるが生まれる。 その名は聖書エステル記の主人公、民衆のた めに尽す娘からとった。 仙台に来て6年後、一水は教師を辞め、布教活動に 専念することにして、東京に戻る。 小さな家を借り、聖書の講談会を始めた が、収入はほとんどなかった。 昭和15(1940)年、各教派に分かれていた 教会は統合され、戦争協力を余儀なくされた。 キリスト教信者への監視が厳 しくなり、反戦分子と冷たい目が向けられ、講談会を続ける一水のところには しばしば憲兵が来ていた。 その講談会を熱心に聴きに来ていた大竹章雄とい う青年がいた。 後に、しのぶの父になる人だ。

 大竹章雄の先祖は新潟県長岡の近くで、「大竹様」と呼ばれる庄屋で、江戸中 期の与茂七は繰り返される川の氾濫と戦い、地域が豊かな米どころになること に努めたが、近隣の村の庄屋達の嫉妬で濡れ衣を着せられ獄門となったので、 地域の人は今でも与茂七を慕い、お盆にはその霊を慰めている。 明治になっ て章雄の祖父・国司は、塩釜に移り医者になる。 章雄は明治44(1911)年生 れ、7歳の時に父を病で失い、母が質屋をして生計を立てた。 昭和12(1937) 年、章雄は25歳で遠縁の娘と結婚、男の子が生まれた。 章雄は日中戦争で 召集され、ソ連との国境地帯に配属された。 戦地から帰還した章雄は、キリ スト教の信仰に傾倒して、母や妻子との溝が深まり、塩釜を出て、川崎の会社 に勤めるようになった。 そこで吉川一水の聖書講談会に通うようになり、そ の娘の江すてると終戦の3年後、大井町で生活するようになる。 長女、長男、 次女が生まれた。 一水は終戦の翌年、昭和27(1952)年には八重が66歳で 亡くなった。 その5年後の昭和32(1957)年7月17日、三女・大竹しのぶ が誕生する。

ドイツのメルケル首相に感心する(再録)2017/09/18 06:44

   ドイツのメルケル首相に感心する<小人閑居日記 2015.5.9.>

 ちょうど2か月になるが、来日したドイツのメルケル首相の意見と発言には、 すっかり感心した。 書いておかなければと思いつつ、2か月が経ってしまっ た。 3月9日の安倍首相との首脳会談、会談後の記者会見、それに先立つ講 演(朝日新聞社、ベルリン日独センター共催)と質疑応答などの、主に朝日新 聞の報道で知った内容だ。

 第一は、ドイツの「脱原発」の決定。 物理学者から、ドイツの首相、欧州 を率いるリーダーとなったメルケル氏は、長年、核の平和利用には賛成してき た。 その考えを変えたのは、4年前の福島の原発事故だった。 この事故が、 日本という高度な技術水準を持つ国でも起きたからだ。 そんな国でもリスク があり、事故は起きるのだということを如実に示した。 自分たちが現実に起 こりうるとは思えないと考えていたリスクが、あることが分かった。 だから こそ、当時政権にいた同僚とともに、「脱原発」の決定を下した。 ドイツの最 後の原発は2022年に停止し、自分たちは別のエネルギー制度を築き上げるの だという決定である。

 第二は、隣国との関係。 ドイツは幸運に恵まれた。 悲惨な第二次世界大 戦の経験ののち、世界がドイツによって経験しなければならなかったナチスの 時代、ホロコーストの時代があったにもかかわらず、ドイツを国際社会に受け 入れてくれたという幸運である。 どうしてそれが可能だったのか? 一つに は、ドイツが過去ときちんと向き合ったからだろう。 そして、全体として欧 州が、数世紀に及ぶ戦争から多くのことを学んだからだと思う。 さらに、当 時の大きなプロセスの一つとして、独仏の和解がある。 和解は、今では友情 に発展している。 しかし、隣国フランスの寛容な振る舞いがなかったら、可 能ではなかっただろう。 ドイツにも、ありのままをみようという用意があっ たのだ。

 日独首脳会談では、東アジア情勢が取り上げられ、メルケル首相は「この地 域にアドバイスする立場にない」と前置きした上で、韓国と日本が良好な関係 を結ぶことを願うと言及した。 戦後ドイツでは、ナチスが行った恐ろしい所 業について、自分たちが担わなければならない罪について、どう対応するかと いう非常に突っ込んだ議論が行われた。 過去の総括が和解の前提になるとい うドイツの経験を、安倍首相にお話しさせていただいた。

 東シナ海、南シナ海における海路・貿易路の安全が海洋領有権を巡る争いに よって脅かされている。 これらの航路は、ヨーロッパとこの地域を結ぶもの で、その安全は自分たちヨーロッパにもかかわっている。 しっかりした解決 策を見出すためには、二国間の努力のほかに、東南アジア諸国連合(ASEAN) のような地域フォーラムを活用し、国際海洋法にも基づいて相違点を克服する ことが重要だと考える。 透明性と予測可能性こそ、誤解や先入観を回避し、 危機が生まれることを防ぐ前提なのだ。

 第三は、「言論の自由」。 メルケル首相は、言論の自由は政府にとっての脅 威ではないと思う、と言う。 民主主義の社会で生きていれば、言論の自由と いうのはそこに当然加わっているものであり、そこでは自由に自分の意見を述 べることが出来る。 法律と憲法が与えている枠組の中で、自由に表現するこ とができるということだ。 34~35年間、私は言論の自由のない国(東ドイツ) で育った。 その国で暮す人々は、常に不安におびえ、もしかすると逮捕され るのではないか、何か不利益を被るのではないか、家族全体に何か影響がある のではないかと心配しなければならなかった。 そしてそれは国全体にも悪い ことだった。 人々が自由に意見を述べられないところから、革新的なことは 生まれないし、社会的な議論というものも生まれない。 社会全体が先に進む ことができなくなるのだ。 最終的には競争力がなくなり、人々の生活の安定 を保障することができなくなる。

 もし市民が何を考えているのかわからなかったら、それは政府にとって何も いいことはない。 私はさまざまな意見に耳を傾けなければならないと思う。  それはとても大切なことだ。

 ドイツのメルケル首相、素晴らしい。 ヨーロッパ経済で一人勝ちのドイツ を率い、ウクライナの停戦交渉にはフランスのオランド大統領とともに徹夜の 交渉に立ち会い、クシャクシャの顔をしていたかと思えば、翌日はEUで元気 にその報告をしている。 ドイツの経済に必要と思えば、遠い日本にもやって きて、アドバイスをする。 こんな首相を持つドイツが、うらやましい。

「多和田葉子のベルリン通信」のメルケル首相2017/09/17 06:55

1993年「犬婿入り」で芥川賞を取った小説家で詩人の多和田葉子さんは、 1982年からドイツに住み、現在はベルリン在住だそうだ。 朝日新聞朝刊に随 時「ベルリン通信」を寄せている。 9月8日朝刊では、アンゲラ・メルケル 首相がどんどん国を変えていった話を書いていた。 メルケルは「鉄の女」な どという女性政治家のステレオタイプの渾名ではなく、若い頃はコール首相の メートヒェン(女の子)と呼ばれていたが、いつのまにかムッティ(母さん) という政治家としては悪くない渾名が定着した、という。

彼女の政権下でドイツは変わった。 まず、半世紀以上続いた一般兵役義務 がなくなった。 それが決まった2011年3月、メルケルは福島原発事故のニ ュースを深刻に受け止め、脱原発を宣言した。 そして15年には多数の難民 を受け入れた。 正義感と共感に突き動かされたメルケルの決断の速さは、右 寄りの政治家たちを動揺させた。 なにしろ彼女はドイツ最強の保守勢力であ るキリスト教民主同盟の党首なのだ。

今年になって、更に驚くべきことがあった。 キリスト教民主同盟は昔から 同性婚には絶対反対だった。 6月同性婚について質問を受けて、国会にかけ ることを約束し、夏休み前には多数決で同性婚の合法化が決まった。 メルケ ル自身は反対票を入れた。

メルケルは言論の自由を弾圧している国家と仲良くしすぎるという批判をよ く受ける。 しかし元共産圏やイスラム圏の政治家を頭ごなしに否定したり、 下に見たりしないので、相手にも受け入れられ、対話が途切れない。 潔白な 民主主義者から見たら濁りのある外交かもしれないが、国の代表者が武器で脅 し合うのでなく、話し合いを続けてくれた方が私たちは安心して暮らせる。 多 和田葉子さんは、そう言うのだ。

私も、2015年にメルケル首相が来日したあとで、「ドイツのメルケル首相に 感心する」を書いていた。 それは、明日再録する。