室町幕府第十三代将軍、足利義輝2020/04/07 07:12

 『麒麟がくる』で向井理がやっている足利義輝、天文5年(1536)の生れだ から、天文15年(1546)細川晴元らに擁立されて、将軍職を譲られ、室町幕 府第十三代将軍となったのは数え11歳の時だった。 当初は父義晴の補佐を 受ける。 天文16年(1547)、細川晴元と畠山正国の争いに、畠山にくみした ため、細川勢に洛北の北白川城を攻められ、父義晴とともに近江坂本へ逃れた のち晴元と和し、翌17年6月帰洛した。 しかし翌18年(1549)晴元が家臣 三好長慶と摂津に戦って敗れたため、義晴父子は晴元とともに再び坂本に移る。  天文19(1550)年5月4日義晴が病没したので、義輝が家督を継いだ(数え 15歳)。 天文20年(1551)三好氏の近江侵攻により、坂本からさらに北の 山中の高島郡朽木に移った。 天文21年(1552)には三好氏との和約が出来、 一時帰京するが、まもなく朽木に戻る。 朽木幽居の間、秀隣院庭園(国指定 名勝)を造営し、俗説では塚原卜伝に剣術を学んだといわれるが不詳。

 永禄元年(1558)(数え23歳)六角義賢の尽力で長慶と和して京都に帰還。  交戦中の戦国大名間に和議を勧めるなど将軍権威の回復に努めた。 還京後は、 単なる長慶の傀儡に甘んぜず、幕府の首長として、三好政権に抵抗の姿勢を続 けたため、松永久秀らに警戒され、長慶死去の翌永禄8年(1565)5月19日 暗殺された。 義輝は数え年で30歳になったばかりだったから、いかにも若 い。 義輝が殺害されたのち、越前の朝倉義景に仕えて40代で歴史に登場す る明智光秀との、年齢の差が際立つ。  この足利義輝晩年の、将軍権威の回復に努めた姿勢を、池端俊策さんが『麒 麟がくる』のメインテーマに取り込んで、響かせたのであろう。

『麒麟がくる』の天文年間2020/04/06 07:04

 大河ドラマ『麒麟がくる』が始まった時、第一回の「光秀、西へ」でナレー ションの市川海老蔵が、年号の「天文」を「てんぶん」と読んだと、パソコン 通信以来の知人、国語学のやまももさんがブログ「やまもも書斎記」に書いた。  「てんもん」と読ませたいのだろう。 おせっかいな私は、「『広辞苑』は「て んぶん(テンモンとも)」ですね」と、コメントしたのだった。

 『麒麟がくる』、タイトルの初めに「天文〇〇年」と出て、まだずっと天文年 間が続いている。 NHKは『麒麟がくる』のホームページに、以前の大河で は付けていた、年表を出してくれたらよいのにと思った。 だが、ちょいと調 べてみると、明智光秀は生まれた年も不詳で、『日本歴史大事典』には「美濃源 氏土岐氏の庶流と伝えられるが、詳かではない。「永禄六年諸役人付」に足軽衆 明智とあるので、足利義輝の代からの幕臣と思われる。1565年(永禄8)義輝 が殺害されたのち、越前の朝倉義景に仕えたらしい。68年(永禄11)足利義 昭が義景のもとを去って織田信長を頼った際に、細川藤孝とともにその仲介工 作をしたと伝えられ、以後光秀は幕臣であるとともに、信長にも仕えることと なった。同年義昭・信長の上洛に従い、信長に認められて、公家・寺社領の仕 置など京都近辺の政務を1575年(天正3)頃まで担当した。他方、武将として も、1570年(元亀元)信長の朝倉・浅井攻めに参加し、翌年近江南部の一向一 揆や延暦寺との戦いに従軍し、信長による延暦寺焼打ち後に、その旧領近江国 志賀郡を与えられて坂本に築城した。この頃より義昭とは不和となり、1573 年(天正元)に信長が義昭を攻めて追放した際には信長方に従軍した。同年7 月信長から惟任(これとう)の名字を受け、日向守に任じられた。(以下略)〈下 村信博〉」とある。

 要するに、今までの『麒麟がくる』、「天文〇〇年」までの明智光秀の動静は まったく不詳、光秀が歴史に登場するのは当時で言えば老年期の40代だそう で、作者池端俊策さんが勝手に創作しても構わないというか、裁量の範囲が広 いことになる。 「足利義輝の代からの幕臣」とすると、第十一回「将軍の涙」 で近江の朽木(くつき)に幽居している将軍足利義輝(向井理)のところに、 奉公衆の細川藤孝(眞島秀和)に案内されて、明智光秀(長谷川博己)が行く というのは、おかしいことになる。 室町幕府第十三代将軍、足利義輝のこと は、また明日。

 4月1日、先月からつぶやき始めているtwitterに「年表も出してほしいで す。」と意味不明のことを書いたのは、NHKの『麒麟がくる』のtwitterに付 けるつもりだった(不慣れで…そのまま)。 しかし、その後、ちょっと調べて みて、「天文〇〇年」までの明智光秀の動静を年表にすることは不可能だとわか ったのであった。

足利義政は死ぬまで徴税できる政治権力者だった2020/04/02 06:55

 呉座勇一さんが、朝日新聞に連載していたコラム「呉座勇一の歴史家雑記」 を、あらためて読んでみた。 3月26日の最終回は「歴史学にロマンはいらな い」、歴史小説家が「歴史の真実」を解き明かそうとすること、話を面白くしよ うとして、ひねった解釈を提示することの危険性を指摘している。 「歴史の ロマン」を求める気持ちは、真実を探求する上では邪魔になる、歴史学は、い かに身も蓋もない、退屈で凡庸な話になろうとも、最も確からしい解釈を選ぶ ものだというのである。

 昨年12月18日の「足利義政のイメージは本当か」では、日本人の歴史観は 歴史学界での議論ではなく、有名作家による歴史本によって形成されてきた、 とする。 そして百田尚樹著『日本国紀』(幻冬舎)を検討する。 同書は足利 義政を、政治意欲がなく「趣味の世界」に生きた無責任な将軍で、「応仁の乱に 疲れ政治の世界から逃避するために」東山山荘(現在の銀閣寺)を造ったと評 価する。 こういう義政像は戦前以来のもので、世間に根強く残っている。 し かし、呉座勇一さんは『応仁の乱』(中公新書)でも論じたように、この見方は 正しくなく、義政が自らの理想の芸術を実現するには莫大な金が必要で、東山 山荘の造営にあたって、臨時課税(人夫・資材の徴発を含む)によって工事費 を捻出しようとした。 この増税には反発が強く、滞納の続出により建設工事 は遅滞した。 けれども、ここで注目すべきは、将軍職を息子の義尚に譲った 後も、義政が依然として徴税を行えたという事実だ、という。 義政は死ぬま で政務に関わり続け、権力を手放して集金できなくなることを避けた。 政治 権力者と文化・芸術の保護者という二つの立場は、切り離すことができないの だ、そうだ。

「応仁の乱」前夜、混乱の時代の幕開け(後半)2020/04/01 06:57

 日本の気候変動を研究している中塚武名古屋大学大学院教授は、年輪や樹木 の成分から(私が部活動でお世話になった『寒暖の歴史 気候700年周期説』 の西岡秀雄先生と同じ方法だ)、室町時代は日本の異常気象、「応仁の乱」の頃 は最悪の時期で、その前夜の、この嘉吉元年は気温が低く、雨の多い年で、 農民は水害や飢饉の発生を恐れていたという。

 一揆の背景として、刀の大増産、槍の発達の時代であり、農民を足軽など兵 力として吸収していたため、彼らに実戦経験があった。 金融業者・高利貸の モラルハザードがあり、金持は有徳人で、施しをしなければならない、一揆は、 その金を強制的に吐き出させる、格差是正として正当化された。 9月5日、 一揆勢は東寺を占拠、要求が容れられなければ、火を点けると脅した。 東寺 は、酒と枝豆を出したりした。 呉座勇一さんは、寺社が税金を取るのは豊作 や安寧を祈る存在だからという建前だったのだが、その信用が崩れたと言い、 井上章一さんは、それをこの東寺で言うかと笑った。

 一揆には、新興勢力である馬借(都市に物を運ぶ運送業者。『日葡辞書』には ずばり「一揆」とある)が加わり、馬借の登場で同時多発的な動きが重要な一 揆は、大規模化した。 馬借は、運送することによって格差社会を実感してい たのだ。 公と私利私欲が程よい関係だと安定しているが、新しい経済が出現 すると格差が拡大する(AI長者のような)。

 管領細川持之、守護大名畠山持国は、一揆の武力制圧に反対した。 赤松討 伐のため、幕府軍は留守で、9月12日、徳政令が発令された。 赤松満祐は自 害し、山名持豊(宗全)は、播磨に居座る。 嘉吉2年、細川持之病死。 問 題先送りで、応仁の乱となる。

 畠山持国は管領となるが、足利将軍家および管領畠山・斯波両家の家督争い が続き、それをきっかけに東軍細川勝元と西軍山名宗全とがそれぞれ諸大名を ひきいれて京都を中心に対抗し大乱「応仁の乱」となった。

「応仁の乱」前夜、混乱の時代の幕開け(前半)2020/03/31 07:00

 その呉座勇一さんが、磯田道史さん司会の「英雄たちの選択」で、『京都ぎら い』(朝日新書)の井上章一国際日本文化研究センター教授と、京都東寺の境内 で「応仁の乱」前夜、混乱の時代の幕開けを語っている番組を見た。 呉座さ んは、この時代は銭(ぜに)、貨幣経済が発達し、「土倉」「酒屋」という金融業 者、つまり高利貸が力をつけ、格差が拡大した、今に似た時代だった、と切り 出した。

 「応仁の乱」26年前の、嘉吉(かきつ)元(1441)年6月24日、「嘉吉の 変」が起きる。 六代将軍足利義教(よしのり)が酒の席で、播磨守護大名の 赤松満祐(みつすけ)に惨殺されたのだ。 その場を管領(かんれい)No.2の 細川持之は逃げ出し、他の大名も皆逃げた。 義教は大名家の家督争いに介入 し、「万人恐怖」と呼ばれていた。 井上章一さんは、家を誰に継がせるか、長 男が駄目で、次男を担ぐ家臣がいたりする家督争いに、他人がそこに口を出す、 最悪のパターンを数々やった、と。 細川持之は、義教の子義勝を七代将軍に 立て、幕府軍(山名持豊)に播磨に戻った赤松討伐を命ずるが、山名はなかな か出陣しない。 持之は義教のイエスマン、調整型の人間で、重臣たちは欲で 集まった集団、サークル社会、本当の仲間だと思っていない、村の寄合のよう なもので、緊急時に機能しなかった。 持之は、後花園天皇に赤松討伐の綸旨 を出してもらうよう働きかけ、朝廷と幕府の関係ができる。 山名持豊(宗全) はようやく出陣、播磨で赤松を自刃させた。

 「嘉吉の変」の2か月後、9月3日、一揆勢が幕府を支える五山の一つ、東 福寺を占拠する。 「土一揆」(室町時代、近畿を中心にしばしば起こった百姓 らによる一揆。年貢の減免や徳政を求め、あるいは守護の支配に抵抗した(『広 辞苑』))勢は三万で、主要な寺社を占拠し、京都七口を抑えて都を包囲し、「土 倉」「酒屋」に押し寄せた。 足利家は寺社に荘園や特権(北野天満宮に酒麹の 独占)を認めていた。 農民は、荘園を持つ寺社の過酷な年貢に追われ、金融 業者の借金と利息にも追われていた。 一揆勢は、流通経路を抑え、徳政令(借 金帳消し)の発令を要求した。 質物の11分の1を納めて、借金の帳消しを 求める。