西郷隆盛、緻密にして大胆な戦略2018/02/24 07:24

 『英雄たちの選択』「これが薩摩の底力!」、西郷隆盛の話になる。 郷中(ご じゅう)教育。 下加治屋町からは、西郷隆盛、大久保利通、大山巌、東郷平 八郎、黒木為楨(ためもと・陸軍大将)が出た。 詮議(ケース・スタディ、 ディスカッション)で、抜群の実践力を育んだ。 もし、○○ならば、どうす るか、反実仮想。 「主君の敵と、親の敵、同時に遭遇したら、どちらを斬る か?」 西郷隆盛は、情に厚い(中野信子さん)。 沈着冷静な戦略、緻密にし て大胆(磯田道史さん)。 元治元(1864)年、禁門の変で幕府方の指揮は西 郷。 第一次長州征討で「長州探索要目箇条書」というのを書いているが、戦 いより外交を重視。 長州では、人の心がまとまっているか、小銃や大砲の数 は、兵士の給料・食事(兵士の士気に関係)、兵糧の数量など兵站、応援の藩や 公家は、京・大坂の密偵の名前、居場所まで、調べるように指示している。 8 月、久光宛黒田清綱建言書。 幕府は薩摩の力を削ぐため、薩長を戦わせよう としている。 探索方から、長州では岩国藩主吉川経幹(つねまさ)が幕府に 恭順すべきと内部分裂している、と報告。 西郷は、命を賭けた直談判、下関 で長州諸隊幹部と交渉をした。 意表を突く、自分の命を投げ出す、生と死の 抱き合わせ。 長州が恭順の意を示し、幕府軍が撤退すると、吉川経幹に薩長 同盟のヒントをもらす。

 「薩摩に抽象なし」具象・具体あるのみ、目標のロマンチスト、行動のリア リスト、武力倒幕は西郷がいたから出来た(磯田道史さん)。  幕末、京都での薩摩藩の活躍。 島津久光は大人数で、琉球使節団を従え、 堂々の上洛。 御所の西北角(現在の同志社大学)に、二本松薩摩藩邸があっ たのは、近衛家との縁で、近衛家に隣接していた。 御所の東には、大久保利 通旧邸。 北1キロには、小松帯刀が近衛家別邸御花屋敷跡にいて、ここで慶 応2(1866)年、薩長同盟が結ばれた。 三傑、西郷は「政治目標の創出」、大 久保は「どのようにやるか」、小松は「保証書、お墨付きを」。

 慶応3(1867)年5月、西郷の久光宛建白書。 2月、幕府は第一次長州征 討に失敗、薩摩は出兵せず、新式銃を長州に流す。 徳川慶喜が将軍になると、 フランス式軍備をし、兵庫開港。 5月、天皇から開港の勅許を得る。 タイ クーンは、巨大な壁だった。 小松帯刀は硬軟の両策を練る。 大政奉還で天 皇中心の新体制にするか、京都・大坂・江戸三都同時挙兵(西郷・大久保)か、 討議。 冷徹なリアリズムで、武力倒幕計画の中止を求める上田藩の赤松小三 郎を暗殺する。 10月14日大政奉還、慶喜はその先も新体制に加わり、手腕 を発揮することを目指す。 西郷らは、徳川排除へ動く。 12月9日、王政復 古のクーデター、御所へ侵入。 前日の岩倉具視宛、岩下佐次右衛門・西郷・ 大久保書簡、「干戈を動かし、天下の耳目を一新、戦いを決し、死中活を得る」。

 西郷たちの「当事者意識」、西郷「偉人たちがやっていることが、自分たちに は出来ないと思うのは、戦場で逃げ出すのと同じだ」、この意識は郷中で育った みんなが共有している、恐ろしい集団(磯田道史さん)。 「ビジョンと教育」 (瀧本哲史さん)。 「順聖院(じゅんしょういん)様の御深慮」、斉彬の遺志 (桐野正人さん)。 

 可哀そうだったのは赤松小三郎、アメリカの大統領制と議会などを勉強して いた。 その赤松を斬ったことを、政治思想史の学者が惜しんでいる。 (平 山洋さんは『「福沢諭吉」とは誰か』(ミネルヴァ書房)で、赤松は薩摩藩の武 力倒幕路線に反対し、西郷・小松と幕府の永井尚志の仲介をしようとしていた が、9月上田藩に呼び戻されることになった。薩摩藩にとっては赤松が指導し た英国式練兵術は絶対の秘密で、それを幕府方に知られるのはまずい。先代上 田藩主は幕府老中で、幕府中央というべき藩だった。薩摩は何としても赤松の 帰藩を阻止しなければならなかった、としている。)

斉彬の最終兵器、松木弘安(寺島宗則)2018/02/23 07:20

 『英雄たちの選択』「これが薩摩の底力!」のつづき。 西洋文明に学べ、 ということで、島津斉彬の最終兵器といわれたのが、頭のいい松木弘安(後の 寺島宗則)。 鹿児島中央駅前の「若き薩摩の群像」は、松木弘安、五代友厚、 森有礼ら、慶應元(1865)年の国禁を犯してイギリスに渡った薩摩藩の使節団 と留学生の像である。 松木弘安は、語学の天才で、医学、天文学その他、マ ルチな才能を持ち、技術の研究もして、仙厳園(磯庭園)でガス灯を灯したり、 城の本丸と二の丸探勝園の間に電信を架設して電気通信の父と呼ばれ、写真術 も実践した(町田明広神田外語大学准教授)。 文久元年30歳で幕府の遣欧使 節団に参加、一年間ヨーロッパを視察する。 川本幸民宛の手紙に、オランダ 語は通じない、オランダは英、仏、独に比べれば百分の一ぐらいの国だった、 と。 

 島津斉彬は、西洋から兵器のような技術だけでなく、国や文化の背景(土壌) も学ぼうとして、スポンジのように吸収できる学者や医者の子を起用して学ば せる(磯田道史さん)。 「分身の術」、スタッフ(指揮官・参謀)とライン(要 員)は違う、「チーム斉彬」(作家・桐野正人さん)。

 ここで、『福澤諭吉事典』の「寺島宗則(松木弘安)」を引いておく。 「天 保3(1832)~明治26(1893)年。政治家、外交官。薩摩藩出水(いずみ) 郷士の二男に生まれる。藩の蘭医に学んだのち江戸に出て、川本幸民、伊東玄 朴らについて蘭学を修めた。安政3(1856)年蕃書調所教授手伝となり、一時 藩主島津斉彬の侍医も務めたが、調所に復帰。その頃に伯父の養子となり、松 木弘安と名乗った。杉亨二らと並んで鉄砲洲の中津藩邸で蘭学塾の教授を務め たこともある。安政5年末、福沢諭吉が江戸に呼ばれ、その関係で親しい交友 が始まったのであろう。文久元(1862)年12月、幕府遣欧使節団一行に福沢、 箕作秋坪らと共に御傭翻訳方として随行した。『福翁自伝』(王政維新)によれ ば、三人はこのとき「諸大名を集めて独逸連邦のようにしては如何(いかん)」 とか「親玉の御師匠番になって、思う様に文明開国の説を吹込んで大変革をさ して見たい」などと語り合ったという。3年7月、薩英戦争の際、五代才助(友 厚)と共に英艦の捕虜になったが、横浜において英国との和議の交渉に当たっ た。/慶応元(1865)年、薩摩藩遣英使節の一員として藩留学生を率い出水泉 蔵の変名で渡英、英外相に雄藩連合政権構想を説いた。4年、新政府の参与兼 外国事務掛に任じられ、以後、外国事務局判事、制度事務局判事、神奈川県知 事などを歴任、創業期の外国事務の第一線にあった。明治2(1869)年外務省 設置とともに外務大輔。5年大弁務使として英国駐在。翌6年帰朝し、征韓論 の政変後、参議兼外務卿となり、12年文部卿に転じるまで、英・独・仏語を能 くし経済学にも通じた外交官として、明治初年の外交を主導した。しかし、福 沢は外交官としての寺島について「実は本人の柄に於て商売違いであったと思 います」(『自伝』)と評している。以後は、元老院議長、駐米特命全権公使、宮 中顧問官、枢密院副議長、条約改正案調査委員などを歴任。26年6月7日没。 [飯田泰三]」

 安政5(1858)年7月16日に島津斉彬が急死、久光の実子忠義が継ぐと、 久光が「国父」として実権を握る。 文久2(1863)年12月、遣欧使節から 松木弘安が帰国、文久3(1864)年には生麦事件、薩英戦争と、薩摩藩存亡の 危機が訪れる。 乗艦が拿捕され五代と共に捕虜となったが、横浜で英国代理 公使ニールとの交渉に当たる。 この時、交渉人になったのが久光の庭方(隠 密)重野厚之丞で、賠償金を払うので軍艦を買いたい、アームストロング砲も 欲しい、貿易をさせたい、と賠償交渉を通商交渉にした。 相手の本心を突い て、事態を打開する薩摩イズムで、イギリスと急接近した。 留学生を率いた 松木らの遣英使節は、貿易協定が使命だった。 下院議員のオリファントは、 貿易による知略が弾丸となると、日本に同情的だった。 クラレンドン外相に 面会した松木は、天皇の指揮のもとにわが国が一体にならなければ独立は難し い、と外交交渉権を天皇に移す新体制の構想を示した。 松木は帰国して、鹿 児島でパークスにも会う。 松木外交は、日本外交のパイオニア。 日本の生 糸を買いたいイギリスと、国内政治で主導権を握りたい薩摩藩の思惑が合致し た。 新生日本へ、斉彬チルドレンの活躍である。

島津斉彬、薩摩には海洋国家のDNA2018/02/22 07:17

 正月に『英雄たちの選択』スペシャル、2時間番組の「これが薩摩の底力! 時 代の改革者たち、西郷と薩摩藩の挑戦」というのを見た。 薩摩のことは、け っこう読んだり聞いたりしているつもりだったが、知らないことがいろいろあ った。 そうだ、鹿児島には行ったことがない。 島津斉彬が照国(てるくに) 神社に祀られているのを知らなかった。 照国といえば、子供の頃、羽黒山や 前田山と並ぶ横綱だった。

 その島津斉彬、早くから「日本一致一体」オールジャパンの富国強兵、殖産 興業を構想していたという。 指揮官先頭の、薩摩インテリジェンス・スクー ル(岩下哲典東洋大教授)。 斉彬は設計君主、政治のメインの「宿題」は西洋 白人の食い物にされないようにすること(磯田道史さん)。 一能一芸の曲者(く せもの)を活用、ガラス切子の職人など(瀧本哲史京大准教授)。 みんなが参 加できるビジョン、農民も参加できるビジョンを示した(『西郷どん』第7回 「背中の母」に「経済の根本は勧農なり、勧農は政(まつりごと)の根本なり」 という斉彬の言葉が出て来た)。 

『西郷どん』第1回にも出てきたが、1587年の「メルカトル アジア図」の 日本の端にCangoxinaとあった鹿児島には海洋国家のDNAがあった。 中世 以来、貿易をしていた。 南方、ヨーロッパに向け、外に開いていて、海外情 勢をつかんでいた。 島津斉彬の曾祖父島津重豪(しげひで)は蘭癖大名、鹿 児島の繁華街・天文館の地名は重豪が天体望遠鏡で観測して暦をつくる天文館 を建てたことから来ているそうだ。 斉彬は18歳でシーボルトと面会してい る。 番組は、日置郡美山の薩摩焼15代目沈寿官さんを訪ねた。 (大河ド ラマ『篤姫』始まる<小人閑居日記 2008. 1.8.>、「苗代川」は「ノシロコ」 と呼ばれていた<小人閑居日記 2008. 1.9.>、薩摩焼「白薩摩」の誕生<小 人閑居日記 2008. 1.10.>、東郷茂徳外相は苗代川の朴家の出<小人閑居日記  2008. 1.11.>参照) 薩摩藩は、朝鮮から連れて来た陶工の、技術と言語を保 護したから、リトルコリアが形成されたという。 薩摩藩は、『漂民対話』とい う想定問答集を作っていた、貿易相手を偽装漂着の漂流民に仕立てるため。 高 麗人参と、昆布(北前船の)のバーター貿易など。 分業と協力は、船のルー ルである(瀧本哲史さん)。

 薩摩藩は「戦国フリーズドライ」、尚武、兵農分離なし、一国一城なし、鎖国 なし、米中心の税の取り方なし。 必勝の法則は、見晴らしのいい観測点の確 保(磯田道史さん)。 異質で、日本の有益な端っこ、「フロンティア」(中野信 子さん)。

神職神楽舞禁止令という法律2018/02/11 08:30

 1月25日の「等々力短信」第1103号「俵元昭さんと「石州神楽」研究賞創 設」についての、友人の「明治の神道国教化以来、神職が神楽舞を禁じられた」 というのは、どういうことなのか、という質問だが、たまたま俵元昭さんと電 話でお話したので、お聞きした。 明治初年に、神職神楽舞禁止令という法律 が出たと、聞いている。 しかし、法律は見たことがない。 芸人がすること だというのがあったようで、残ったのが「巫女舞」(氏子の娘が、鈴などを振っ て踊るだった。 (短信に書いた)大元神楽の発見者、牛尾三千夫宮司の著書 『神楽と神がかり』(名著出版)には、記述があったと思う。 国立劇場の「大 元神楽」公演(2015年6月か?)の、慶應の後輩が書いた解説にもあったと記 憶している。 国会図書館で法令を探すか、國學院大學や神社本庁で調べれば、 わかるだろう、とのことだった。

 インターネットを「神職神楽舞禁止令」で検索したら、「石見神楽の歴史」 http://snd4410.com/iwamikagura%20no%20rekishi.htmには、「神俗交代」 「旧藩時代の石見神楽は神職が舞う神楽であったが、浜田の神職、田中清見氏 (たなかすがみ)によって舞が広められた。幕末の頃になると次第に民間から 舞う者が出て来て神俗交代に拍車が掛かり、明治維新の頃からは明治政府の敬 神思想により、神職に芸人的な石見神楽を演ずる事を禁止した神職演舞禁止令 の影響によって民間の社中へと神俗交代が行われた」とあった。 徳島文理大 学の吉川(きっかわ)周平さんが1990年に日本口承文芸学界で発表した「神 楽と神がかり―大元神楽をめぐって―」には、関係の記載もあり、内容も興味 深かった。

他に、「明治3、4年に神祇院から「神職演舞禁止令」「神懸り禁止令」が 出された」と記述しているものがあった。 福岡県立図書館提供の「レファレ ンス事例詳細」(2013年5月16日更新)に、「「神懸り禁止令」「神職演舞 禁止令」の条文が掲載された資料はあるか」という質問があり、「条文が掲載 された資料は見当たらなかった。関連する可能性のあるものとして、以下のも のが見つかった。・回答資料4『法規分類大全 第26巻』内閣記録局 編(原書 房1988)「是迄心願ト称シ猥ニ社頭ニ於テ神楽奉納之儀自今禁止之事」(達4 年2月14日)(p.17) ・回答資料3『明治以後宗教関係法令編纂」文部省文 化局宗務課 監修(第一法規出版1968)「○宣教使心得書(明治3年4月23 日 神祇官達)」(p.27)「○教導職へ、説教方につき訓諭(明治5年11月 教 部省番外)」(p.54) 「○神官総て教導職に補する件(明治5年8月8日 太 政官布告第220号)」(p.421)」 「○神官奉務規則」(明治6年7月7日 教部省達第24号)(p.421)」と回答していた。

「国家神道とは何か」神社無宗教論2018/02/10 07:19

 そこで出雲大社紫野教会、中島隆広教会長の「国家神道とは何か」である。 「国家神道」という言葉が、内容もよくわからないままに使用され、さらにそ れが常識として通用している、というように感じる。 「明治維新から第二次 大戦敗戦後までの80年間、日本の国家、政府は神道を宗教として国民に強制 した」というのが現在の世間のおおよその認識であろうと思う。 しかし、実 はその定義は事実とはかけ離れている。 実際に政府が神道において導入した のは「神社無宗教論」だったからだ。

 明治維新以前は、神仏習合といいながら、圧倒的に力を持っていたのは仏教 寺院だった。 江戸時代に徳川幕府が民衆支配のために寺請制度(檀家制度・ キリシタンをはじめ幕府禁制の宗教・宗派の信徒でなく檀家であることを、そ の檀那寺に証明させた制度)を導入したため、明らかな仏主神従状態になって いた。 神職が特に不満を抱いたのは、葬儀も仏式で行わなければならなかっ たことだった。 神職たちは江戸時代の間、神葬祭を行なえるように運動をし て、ようやく神職本人と嗣子のみが許されるようになったけれど、神職の家族 は仏式で行わなければならなかった。

 維新のスローガンは「神武創業の頃に戻る」、復古的な施策の一つとして慶應 4年に神祇官が設置され、明治2年には太政官の外に特立する。 二官八省、 まさに律令時代の復活だ。 明治元年の神仏分離によって、神社と寺院が完全 に分けられる。 明治2年宣教使を設置、大教宣布の詔を発して、国民教化運 動が始まる。 キリスト教対策と大衆をいかに国民としてまとめていくかが、 目的だった。 新政府は最初、キリスト教を禁止しようとするが、欧米列強の 抗議を受け、認めざるを得なくなった。 というわけで、この頃は基本信教自 由だが、その上で神道国教化を目指したといえる。 明治4年には神社は国家 の宗祀であるとして、社格制度が定められ,神官の世襲が廃止になる。

 しかし、復古的な政策はなかなかうまくいかなかった。 神祇官は力もなく、 活躍もできず明治4年に神祇省に格下げとなり、太政官の下に属することにな る。 大教宣布もうまくいかなかった。 そもそも当時の日本には説教をする という伝統が話す方にも聞く方にもなく、仕方なく講談師や落語家がかり出さ れたという。 神社だけではうまくいかないということで、翌年には神祇省は 廃止され、教部省が設けられ、神職も僧侶も教導職に就き、神仏合同で国民教 化運動を行うことになった。 神武創業の頃に戻る、神道を国家国民の宗教に していこうという、神職、神道家の理想はどんどん後退していく。

 教部省の下での大教宣布運動は、神仏合同で行われたが、実態は神主仏従だ ったので、これに不満な最大の仏教宗派、浄土真宗が長州閥の政治家も巻き込 んで脱退の活動を始め、明治8年に離脱に成功する。 この結果、明治10年 に教部省は廃止され、大教宣布運動は失敗に終わった。 神道国教化の夢は実 質的にはここで終わったといえるだろう。

 教部省廃止によって、神社は内務省社寺局の管轄下となる。 国家の首脳で のちに憲法を作った伊藤博文や開明派官僚たちは、欧州のようなキリスト教国 教制より、アメリカ流の政教分離の方がよいと思い始める。 宗教界の流れと、 政治界の流れが合わさって、明治15年に神社は非宗教ということになり、祭 祀のみ行うということになった。 神職も教導職との兼任が禁止され、宗教活 動ができなくなった。 宗教としての神道は、宗派として各自が行うというこ とになる。 これを教派神道といい、神宮教、大社教、扶桑教、御嶽教など神 道十三派が公認された。

 国民統合のために全国民を神社に参拝させるためには、浄土真宗門徒やキリ スト教徒も参拝できるように、あくまでも宗教ではない、という立場を取らな ければならなかったのだ。 浄土真宗が主張したのは、皇室の祭祀が神道であ るのはよいが、神道はろくに教えもしないし、宗教とはいえないものではない か、ということだった。 神道家の中にも非宗教と考えた人がいて、日本が古 代から続けてきた神道は、他の宗教と同じように考えてはいけない、神道は特 別だという考え方だった。 この神社非宗教化に神職達は反発する。 特に葬 儀もできないと激しい抗議をしたため、民社の神職は当分の間葬儀をしてもよ いという妥協ができる。 民社とは、府県社、郷社、村社、無格社。 明治4 年の社格制度で全国の神社のうち、百いくつかの有力な神社を官社(官幣社、 国幣社)、その他を民社に分けた。

 昭和20年敗戦、進駐軍は神道についてよくわかっていなかった。 神道指 令が出て、神社は国家管理を離れ、宗教法人として運営されることになった。  占領軍の主体であったアメリカは、日本の国情や神道のことがよくわからず、 キリスト教と同じようながっちりした教義、組織があって活動し、しかも国民 を動かすような影響力があったと勘違いをした。 そこで神道指令を出して、 国家と神道の分離を図り、神社の国家管理が廃止された。 この神道指令にお いて、初めて国家神道という言葉が今の意味で使われるようになった。 実は 戦前には国家神道という言葉はほとんど使われていなかった。 神社の大半は 戦後の宗教法人法によって宗教法人となった。 さらにその多くは新たに結成 された宗教法人神社本庁の傘下となっている。

 以上、中島隆広さんの「国家神道とは何か」をざっと読んでみたが、『日本神 道史』の斎藤智朗國學院大學准教授の「日本の近代化と神道」と合わせて、そ のあたりの流れがよくわかり、たいへん勉強になった。