佐伯啓思さんの「西郷隆盛と明治維新」2018/12/01 07:12

 佐伯啓思さん(京都大学名誉教授)が朝日新聞に毎月連載しているコラム『異 論のススメ』の7月6日に、「自刃した「西郷どん」の精神」「日米戦争と重な る悲劇」というのがあった。 佐伯啓思さんは西郷隆盛という人を、「まずは、 明治維新という「革命」が内包する根本的な矛盾が生み出した人物であり、ま た、それを象徴する人物であったように私には思える」と言う。 その根本的 な矛盾とは、それが攘夷、すなわち日本を守るための復古的革命であったにも かかわらず、革命政府(明治政府)は、日本の西洋化をはかるほかなく、そう すればするほど、本来の攘夷の覚悟を支える「日本人の精神」が失われてゆく という矛盾である。 そして、「大事なことは、明治維新とは、封建的身分社会 に不満を抱いた下級武士の反乱というよりも、押し寄せてくる外国の脅威から 日本を守るべく強力な政府を作り出す運動から始まった、ということであり、 その中心に西郷隆盛はいた。しかも、彼は、もっとも過激な武力倒幕の指揮官 であった。」「内村鑑三がいうように、明治革命は西郷の革命であった、といっ ても過言ではない。」

 しかし、西郷隆盛という人物の真骨頂は、明治維新の立役者でありながら、 明治政府に対する大規模な反乱(西南戦争)を起こしたあげく最後は自刃する、 というその悲劇にある。 「西郷を動かしたものは、攘夷の精神を忘れたかの ように西洋化に邁進する明治政府への反発や、維新の運動に功をなしたにもか かわらず報われずに零落した武士たちの不満であった。」

 「天を敬い、他人のために働く徹底した無私の精神、利を捨てて義をとり、 義のためには命を賭して武力行使を厭わない武闘の精神、敗北を覚悟した戦い を平然と行う諦念、そして富や財産にはまったく関心をもたない質素そのもの の生活。ついでに無類の犬好き。」 こうしたいかにも「日本的な精神」こそが、 西郷びいき、「西郷ファンを生み出しているのだが、それこそ、今日、われわれ のこの平成日本からすっかり姿を消してしまったものではないだろうか。」

 「ところが現実には、現代日本は、まさしく大久保利通や伊藤博文のすすめ た西洋化、近代路線の延長線上にある。しかも、それは西郷が死ぬことで可能 となったのである。西南戦争の終結によって、明治の西洋化・近代化は本格的 に開始されたからだ。明治政府を作りだした西郷隆盛は、政府から排除され、 新時代になじめない旧士族の不満を一手に引き受けて死んでいった。」

 佐伯啓思さんの議論には、ここから福沢諭吉が登場するのだが、それはまた 明日。

福沢諭吉と後藤象二郎2018/11/30 07:08

 福沢諭吉と後藤象二郎については、2010(平成22)年8月25日に「等々力 短信」第1014号に「後藤象二郎と福沢」を書き、関連する話をこのブログに 三日間書いた。 「等々力短信」第1014号だけを、下記に引いておく。

後藤象二郎の弁護人<小人閑居日記 2010. 8.26.>

坂本竜馬は「後藤象二郎の使い走り」か?<小人閑居日記 2010. 8.27.>

後藤象二郎と坂本竜馬<小人閑居日記 2010. 8.28.>

    等々力短信 第1014号 2010(平成22)年8月25日

                  後藤象二郎と福沢

 明治30(1897)年の夏も、暑かったらしい。 政治もまた停滞し、閉塞状 態にあったようだ。 8月4日に後藤象二郎が亡くなり、福沢諭吉は6日の時 事新報に「後藤伯」と題する社説を書いている。 今の政府は、部内の情実の ために百事停滞、活動の活機を欠くこそ目下の弊恨にして、あたかも昨今の天 候と同じに、暑気蒸すが如く、人を悩殺せしめて、ほとんど堪え難き有様なの に、満朝(政府全体に)一人の自ら奮ってその弊恨を破る者がいない。 この 時に当って風雷一発、天地を振るい動かして、積り積もった諸悪をはらい除い て清めることは、非常大胆の豪傑でなければ出来ない。 後藤伯のごときは、 この一点において、満天下唯一の人物で、今の朝野に伯のほかにこの大任に当 たれるものはいなかったのにと、後藤象二郎の死を、惜しんでいる。

 『福澤諭吉書簡集』第二巻「ひと」によると、後藤象二郎は、天保9(1838) 年、土佐国高知城下片町に生まれ、義叔吉田東洋に学び、中浜万次郎に海外事 情を聞き、鶴田塾に通った。 文久3(1863)年航海見習生を経て、江戸に出 て開成所に入り、航海術、蘭学、英学を学んだ。 福沢との出会いは未詳だが、 あるいはこの時期であったかもしれない、という。 元治元(1864)年、帰国 し、岩崎弥太郎と開国策を草し、大監察に任じられ、慶應元年、勤王党を断罪 し、藩の実権を握った。 薩摩、長崎、上海で、藩官業樟脳の売却と、艦船、 銃砲の購入にあたり、坂本竜馬と出会い、公武合体策を山内容堂に説き、慶應 3(1867)年将軍徳川慶喜を説得して大政奉還の建白を行わせた。 福沢は、 これを後藤最大の業績と評価し、上の弔文でも「明治革新の基を開きたる一事」 「非常に大胆の人物、如何なる大事に当たりても毫も驚かず」と書いている。

 佐賀藩とイギリスのグラバー商会が共同でわが国最初の洋式炭鉱として開発 した高島炭鉱を、明治6年新政府が買収、官有とし、明治7年後藤象二郎に払 い下げる。 後藤はその時、ジャーディン・マセソン商会から代金と運転資金 を借り入れたが、経営が放漫であったため利益が上がらず、負債が累積して、 商会から返済を求める訴訟を起こされる。 福沢は後藤の政治的資質を惜しみ、 放漫経営による経済的破滅を心配して、高島炭鉱の経営を三菱に移すことを良 策と考え、岩崎弥太郎にも提案する。 その時はまとまらなかったが、1年9 か月の曲折を経て、明治13年7月、岩崎は炭鉱の買収を決意する。 三菱の 経営で、高島炭鉱は巨額の利益をあげるようになった。

福沢諭吉と木戸孝允2018/11/29 07:14

「大久保利通」のところで、富田正文先生の『考証 福沢諭吉』の「維新の三 傑のうち、木戸孝允との交情は、前記の通り濃やかなものであった」というの を引いたので、木戸孝允についてもみておきたい。

明治6(1873)年、岩倉使節団の欧米巡遊から木戸が帰国したのが7月23 日、直後の9月4日に福沢は初めて木戸に会った。 木戸の日記に「共に時勢 を慨嘆」したとあり、同行したのは長与専斎と児玉淳一郎。 長与は、福沢の 緒方洪庵塾以来の親友、岩倉使節団に随行して欧米の医事衛生制度を視察して きた。 児玉淳一郎は、長州出身の法律家で、アメリカに留学して法律学の学 位を取得、当時は慶應義塾出版局の二階に寄寓して、塾生に法律の講義などを していた(後に、貴族院議員)。 その頃、福沢は児玉に三谷三九郎という豪商 の破産事件の代言人になることを勧めた。 そこで児玉は裁判所の公認する第 一号代言人となって出廷した。 アドヴォケーターを代言人と訳したのも福沢 だと伝えられている。 今日の弁護士の濫觴である。

木戸はよほど気に入ったのか、9月16日に福沢を訪ねて来た。 木戸日記に、 午前7時過ぎより午後2時に及び、昼飯を饗応せられた、とある。 当時、福 沢邸にいた草郷清四郎の懐旧談によれば、雨風の劇しい中、突然訪ねて来て、 昼時に近所の料理屋に仕出しを頼んだが暴風雨で休み、芋を煮たお菜に香の物 の昼飯を出し、時の大官である参議に随分粗末なご馳走をしたものだ、と。

この他にも、福沢は長与、児玉と同道で木戸を訪問したり、文部大輔田中不 二麿が招待した洋学者の集会で木戸と一座したり、田中の周旋で木戸と会談し たり、また時局について意見を具申したこともある。 また一度だけ九鬼隆一 の宅で偶然二人が顔を合わせたこともあった。

木戸は神経の細かい性格だったから、政治上の難局に立たされた時などには、 福沢に面談して苦衷を訴えるようなこともあり、福沢の方からもこれを慰めた こともあり、その交情は極めて篤かったと伝えられている。

木戸は岩倉使節団からの帰国後、明治6(1873)年政変では、いわゆる内治 派として征韓論を退けたが、翌年に台湾出兵が強行されると、これに反対して 参議を辞任した。 明治8(1875)年の大阪会議の結果、政府に復帰したが、 一緒に事に当たっていた板垣退助が同年秋、司法行政分離の主張が容れられず 退官し、左大臣島津久光も欧化政策反対の意見が通らないので辞職し、木戸ひ とり朝にとどまっているのに対して世評が集中した時、福沢が木戸を慰めた。  明治8(1875)年11月8日付で井上馨に送った木戸の書簡に、福沢の自分に 対する「心切の考え」はすでにたびたび承知しているところだ、と記している。

明治10(1877)年2月、西南戦争が勃発すると、木戸はみずから反乱軍の 制圧に加わりたいと名乗り出たが許されず、同年5月26日、京都で死去した。

福沢諭吉と岩倉具視2018/11/28 07:11

 富田正文先生の『考証 福沢諭吉』(下)の「維新政治家との交遊」の「大久 保利通」を読んだついでに「岩倉具視」も見る。 そして『福澤諭吉事典』の 「岩倉具視」も参照する、これも小川原正道さん。 岩倉具視というと、つい 笑福亭鶴瓶の顔が浮かんでしまうのだ(笑)けれど。 

 福沢が初めて岩倉具視に会ったのは明治3(1870)年、慶應義塾が芝新銭座 から移転するに当たり、三田の島原藩中屋敷に目をつけた福沢は、その貸渡し を実現するため方々に助力を求め、岩倉邸にも初めて赴いて面会し、仲介を依 頼したという。 面会後の知人に宛てた手紙では、岩倉はウエルカムと歓迎し てくれたと述べている。 実はこの前年、福沢が熱病を患って回復した時、主 治医の一人が岩倉公も蔭ながら病状を案じていたと知らせ、名誉であるかのよ うに語ったのを、福沢は見ず知らずの政府の大官がひとの病状を案じたからと いってそれが何の名誉だと、心中ひそかに医者の軟骨無腸を嘲ったことがあっ たという。

 面会して以降は親しくなったようで、岩倉は時勢について福沢から意見を聞 き取ることがたびたびあったという。 明治12(1879)年に、福沢は岩倉に 宛てて「華族を武辺に導くの説」と題する建白書を提出した。 華族が歴史的 名望を生かして軍事に投資し、またみずから軍人になるべきだ、と提言するも のであった。 当時華族会館長でもあった岩倉は、これを各華族に示して意見 を寄せるよう求めたが、それは華族が軍務に就かないことを憂えていた岩倉が、 華族に反省をうながす措置だといわれている。 華族の間には賛否両論があっ たが、その後華族の子弟の間に陸海軍の士官養成の学校に入学するものが多く なったのは、この説の影響のあったことを証するものだろうと、富田先生は書 いている。

 さらに福沢は、鉄道の敷設を熱心に唱道し、従来とかく文化におくれ勝ちな 東北方面に大動脈を開通することは国家的な急務であり、これに必要な資金は 華族の出資に俟(ま)つのが適当であるとして、熱心に岩倉に説いた。 岩倉 もこれを受けて日本鉄道会社の設立に乗り出した。 この東京・青森間の鉄道 に日本鉄道という大きな名前をつけたのは、当時はまだ新橋・横浜間、京都・ 大阪間、大阪・神戸間ぐらいの短い路線しかなかったからという。 上野駅前 にある鉄道関係の教育をする学校法人明昭学園・岩倉高等学校の名は、日本鉄 道会社創立の中心人物であった岩倉具視を記念するものだそうだ。 明治16 (1883)年、この鉄道が上野から埼玉県の熊谷まで開通した時、福沢は産婆役 として招待され、熊谷駅まで試乗し、同地で演説したという。

 明治14(1881)年の政変で福沢は、伊藤博文、井上馨とは絶交状態になっ たが、岩倉は福沢が無実なのに政変の元凶に仕立て上げられている事実を承知 していたものとみられ、たびたび福沢を招き、ひそかに茶室のようなところで 面会し、ひどく心配な様子で、今回の政変は実に容易ならぬ事件でむずかしい などと、心情を吐露したという。 翌明治15(1882)年にも福沢は岩倉と会 って長時間話し込み、官民調和論や政党政治家についての持論を開陳し、同年 に朝鮮で壬午事変が発生すると、岩倉に朝鮮開化派の支援や官民調和、功臣調 和、民間有力者の採用などを訴える意見書を提出する。 またこの年、福沢が 『帝室論』を発表した際、天皇に政治権力を持たせないという主張に政府内で は反発も出たが、岩倉は福沢に賛意を示したため、反対論は沈静化したという。  しかし翌明治16(1883)年7月20日、岩倉は死去した。

福沢諭吉と大久保利通2018/11/27 07:07

「等々力短信」第1113号に「福沢諭吉と西郷隆盛」を書いたら、福沢と大 久保利通との接点はあったのか、というお尋ねがあった。 早速『福澤諭吉事 典』で、これも小川原正道さんがお書きになった「大久保利通」を見た。

福沢と大久保利通は数度面会しているそうだ。 『福沢全集緒言』によると、 明治7、8(1874、75)年頃、大久保、伊藤博文と面会した際、福沢は民間の 議論も侮ってはならないと語ったという。 明治9(1876)年に鮫島尚信邸で 内務卿の大久保と面会した際には、民権論者の首魁と目されて、人民が政府に 権利を訴える以上に義務を伴うなどと言われたため、福沢は自分が民権云々を 論ずるのは政府の政権を批判するのではなく、国民の権利の一つである人権を 守るのみだと強調したと、述べている。 この日の日記に、大久保は、福沢と の談話は面白く、さすが有名なだけのことはあると記した。 すでに明治6 (1873)年には、政府内で立憲政体について調査するに当たり、担当となった 伊藤博文が木戸孝允に宛てた手紙において、大久保からこの調査に福沢も参加 させてはどうかと問われ自分もこれに同意したと述べている。

 明治11(1878)年5月14日、大久保は不平士族に襲われて東京紀尾井坂で 暗殺された。 永井好信(明治7(1874)年11月慶應義塾入学)によると、塾 生はこれを聞いて非常に喜んだが、福沢は臨時に三田演説会を開き、大久保は 進歩的人物であり、明治新政府に貢献するところ少なくなかったのに、暗殺さ れたのは実に惜しむべきことだと語り、暗殺者に同情を寄せることを戒めたと いう。 福沢は翌日付の『民間雑誌』に「内務卿の凶聞」と題する文章を発表 し、権力者を襲う災いの原因は過重の権威と独裁政治にあり、国民の風俗習慣 の変化に合わせつつ、独裁を「公共の政治」に転向していくことを求めた。 そ れは大久保没後の体制に対する福沢なりの期待であった。

 以上が、小川原正道さんの『福澤諭吉事典』「大久保利通」だが、富田正文先 生の『考証 福沢諭吉』(下)の「維新政治家との交遊」の「大久保利通」も読 む。 「維新の三傑のうち、木戸孝允との交情は、前記の通り濃やかなもので あったが、大久保利通とは、両三回会談したけれども、いずれも左様しからば の一通りの談話に終始したようで、木戸との交情のように、膝を抱いて共に歎 き、共に慰め合うというような情愛の籠ったものではなかったようである。」と 始まる。 その後、小川原正道さんの解説の元になったかと思われる詳しい三 回の会談の事情が書かれている。 初対面は、大久保の日記を調べると、明治 8(1875)年6月13日の条に、「六字ヨリ森氏エ訪。寺島子、福澤子、箕作子、 其余会食。」とあり、森有礼が主人役で、そのころの洋学者仲間(多分明六社の 中心学者)を大久保に引き合わせたのであろう、とある。 さらに親切に() 内に、日記に六字とあるのは、西洋時計による時刻を示し、日本流の六ッ時と 混同しないために、字といったのである、と説明している。

 明治6(1873)年の大政変の直後、大久保が新人登用の一布石として、立憲 政体取調掛のスタッフの中に福沢を加えてはどうかと伊藤に話したという件に ついて、富田正文先生はいささか唐突の感がなくもなく、思い付きだが、福沢 の親友寺島宗則がこの政変で新たに外務卿に任命され、さらに政体取調掛に命 ぜられたから、薩派の頭領大久保に福沢の名が吹き込まれたのではないか、と 典拠はないがと、推測している。 伊藤は大久保の示唆に対し、直接に反対の 説を述べるのもどうかと思い、同じ長州閥の頭領木戸に書簡を送って、やんわ りとネガティヴの意見を述べたので、木戸もこれに同意したと、次のような木 戸書簡を引いている。 洋学者は欧米の政体には通暁しているだろうが、それ が日本の現在の人民に適するか否かは、よく考えてみなければならない、それ に一旦その人に相談する以上は、多少なりともその説を採らないと失望させる ことになるだろう。 そうなると私事のために公の事が左右されるという弊害 もあり得るから、洋学者の説は広く求めて取捨するのがよいと思う、と。 結 局、この話は福沢のところまで達せずに立ち消えになった。