福沢諭吉の「漫言」とは何か2021/12/21 07:02

 飯沢匡さんの『武器としての笑い』の「諧謔家としての福沢―戯作調の「漫言」」で扱われている「漫言」については、2013年3月23日の福澤諭吉協会の土曜セミナー、著述家で国学院大学講師の遠藤利國さんの講演「<漫言>はなぜ書かれたか」を聴いてきて、当日記に三日間書いていた。 それを、三日にわたり再録したい。

      福沢諭吉の「漫言」とは何か<小人閑居日記 2013. 3. 29.>

 23日、福澤諭吉協会の総会と土曜セミナーがあって、著述家で国学院大学講師の遠藤利國さんの講演「<漫言>はなぜ書かれたか」を聴いてきた。 とても面白く、勉強になった。 遠藤さんは、1950(昭和25)年の東京三田生れ、早稲田大学大学院博士課程修了、『教皇庁の闇の奥―キリストの代理人たち』(1993年・リブロポート)、『メディチ家の盛衰』(2000年・東洋書林)、『明治廿五年九月のほととぎす―子規見参』(2010年・未知谷)などの多くの著訳書があり、昨年7月『漫言翁 福澤諭吉―時事新報コラムに見る明治』(未知谷)を発表した。

 福沢の「漫言」については、2001(平成13)年3月25日の「等々力短信」第901号に「福沢さんの落語」と題して、書いたことがある。 『福沢諭吉年鑑27』(2000年・福沢諭吉協会)所収、谷口巖岐阜女子大学教授の論文「「漫言」のすすめ―福沢の文章一面―」を読んでのことだった。 「漫言」とは何か、その短信から該当部分を、まず引用しておく。

福沢は明治15(1882)年に『時事新報』を創刊し、それから死ぬまでの20年近くの間、ずっと今日の「社説」のような文章を書き続けた。 その量は膨大で、『福沢諭吉全集』21巻中、9巻を占めている。 その新聞論集の中に、「社説」と平行して収められている「漫言」307編に、谷口さんは注目する。 福沢は、奔放で多彩で茶目気タップリな「笑い」の文章を創造し、その戯文を楽しみながら、明るく、強靭な「笑い」の精神で、時事性の濃い社会や人事全般の問題について、論じているというのである。

 「漫言」の一例を挙げる。 創刊4日目の「妾の効能」(明治15.3.4.)英国の碩学ダーウヰン先生ひとたび世に出てより、人生の遺伝相続相似の理もますます深奥を究めるに至った。 徳川の大名家、初代は国中第一流の英雄豪傑で猪の獅子を手捕りにしたものを、四代は酒色に耽り、五代は一室に閉じ篭り、七代は疳症、八代は早世、九代目の若様は芋虫をご覧になって御目を舞わさせられるに至る。 それが十代、十五代の末世の大名にも、中々の人物が出る由縁は何ぞや。 妾の勢力、是なり。 妾なるものは、寒貧の家より出て、大家の奥に乗り込み、尋常一様ならざる馬鹿殿様の御意にかない、尋常一様ならざる周りの官女の機嫌をとり、ついに玉の輿に乗りて玉のような若様を生むものなれば、その才知けっして尋常一様の人物ではないのは明らかだ、と。

 福沢は新作落語も作っていた。 「鋳掛(いかけ)久平(きうへい)地獄極楽廻り」(明治21.6.17.) 散憂亭変調 口演 としてある。 鋳掛屋の久平が死んで冥土へ行くと、かつて懇意だった遊び友達の吉蔵が、シャバのお店での帳付の特技を生かし、無給金食扶持だけながら閻魔様の帳面をつけていた。 吉蔵に話を聞き、極楽を覗かせてもらうと、大入り満員で、蓮の葉の長屋にギュウ詰めになって、みんな退屈している。 近頃、シャバで教育が始まり、人に正直の道を教えたからだという。

小三治の「まくら」最新版、「国立印刷局」の秘密2021/10/14 07:03

      小三治の「まくら」最新版<小人閑居日記 2004.6.20.>

 18日、「いのちの電話」チャリティ「柳家小三治 独演会」へ行った。 もう一つ別の会合の予定があったのだが、そちらは毎年あるので、失礼した。 小三治の独演会は、なかなか聴くチャンスがないのである。 柳家三三を前座にして、「転宅」と「居残り佐平次」の二席を語った。

 小三治の独演会といえば、長いマクラである。 最近、気になっているものがある。 切手やコインの蒐集家の会報のようなもので読んだ。 気がつかなかったのだけれど、大蔵省が財務省になった時、お札の「大蔵省印刷局製造」の文字が「財務省印刷局製造」に変わっていた。 そうかと、お札を見てみると、なるほど「財務省」になっている。 「私が感心しているんだから、そんなのは当たり前だなんていっちゃあ、イヤヨ」。 それが、省の名前が変わるたびに、お札を変えるのは大変だと、誰かが頭を働かせたんでしょう、去年あたりから「国立印刷局製造」にした。 今日も樋口一葉の新五千円札の絵柄がようやく決まったと発表されていたけれど、もうすぐ11月ごろには、新しい札になる。 新札がまもなく出るのだから、古い模様の札はそう印刷していないだろう。 すると、「国立印刷局」が入った今の札は、希少価値が出るわけですね。 業者の間では、ピン札で15,000円から18,000円するという話もある。

 前例もある。 昭和39(1964)年の東京オリンピックの年の100円玉、記念硬貨が出たから、それを造っている分、従来のは数が少なかった。 板垣退助のアズキ色の五百円札も数が少ない。 実は私もピン札で、6束持っている。 どこにもなかったのが、熊本の肥後銀行にあった。 肥後の熊本は遅れているんでしょうか。

それで、「国立印刷局製造」の一万円札を探してみる。 これが、ない。 楽屋で、一枚もない。 金もないのだけれど…。 銀行の、何というんですか、カードを入れると、札の出る機械、私はあれが嫌いでね、一度やったらカードが呑み込まれたんで、やらないことにしている。 それが、ある人がやったら、あの機械から「国立印刷局」が二枚出た。 一枚分けてもらいました。 素人の間では、お札をいくらで引き取るということは、やってはいけないことになっている。 それはしないのよ。 あちこちで話していたら、10枚持ってきた人がいる。 次は30枚、7万円しか持っていなかったから、借りておいて、23万円届けた。 とうとう70万円集まった。 その頃になると、何だかわからないが、どうも金がない、苦しくてしようがない。 金はみんな「国立」になっていた。 50枚持ってきた人がいたけれど、お断りした。 何でこう沢山出てくるのか、寄席の客の中に財務省のスパイがいるに違いない。 話を聴いて、輪転機でどんどん刷る。 私がいくらがんばっても、輪転機にはかなわない。

 それで、苦しいこともあるし、連番になっていないものから、少しずつ使うことにした。 小沢昭一さんによると、そういうのはピン札もピン札、刷ったそのまんまじゃないとダメ、まったく価値がないという。 だから、止むを得ず使う時には、折って渡す、グシャグシャにしてから、渡す。 それでもせっかく集めたのを使うのは、クヤシイじゃない、と思う今日この頃です。 皆様、いかがお過ごしですか。

        「国立印刷局」の秘密<小人閑居日記 2004.6.21.>

 今朝『朝日新聞』を見ていて、「国立印刷局」の秘密がわかった。 「ニュースがわかる」という欄の「新紙幣3種、11月発行 偽造防止に最新の技術」という記事に、「独立行政法人国立印刷局」とあったのである。 そうか「独立行政法人」になったのか、と納得した。 で、「国立印刷局」のホームページを見たら、「財務省印刷局」になったのが平成13年1月、「国立印刷局」になったのは平成15年4月1日と、わかった。

 ここからは、『朝日新聞』でも、「国立印刷局」でもない。 単なる噂話だ。 11月に新札を発行するというのは、ごっそりタンス預金(「タンスよりスイス」というスイスの銀行のインターネットの広告は、見るたびに笑ってしまう)されている古い札を、当局がいぶり出して、そのよって来る原因を追求し、税金をかけようという魂胆だというのである。 こちらはタンス預金など、まるでないから、平気の平左だが、時々5人組の泥棒が億単位の札束を盗んだなどというニュースがあるから、心配な人はさぞ心配だろう。

 勘ぐれば、大蔵省印刷局→財務省印刷局→国立印刷局への表示の変更も、いざという時に、紙幣の年代を特定する意図があるのかもしれない。 タンス預金をお持ちの方は、さっそく「国立印刷局」紙幣にマネー・ロンダリングしておくことをおすすめする。 この日記を読んで知り、もし成功の暁には、お気持だけの成功報酬を、よろしく。

小三治「長屋の花見」の季節2021/10/13 06:55

     小三治「長屋の花見」の季節<小人閑居日記 2003.3.27.>

 26日は、第417回落語研究会。 3時に4月からの定連席券獲得のための整理券を出すというので、早目に出かけ行列に並ぶ。 暖かい日で助かる。 国立劇場前の桜はチラホラ咲き始めている。 白い大型の花をつける駿河桜というのが、けっこう開いている。 1972(昭和47)年に定年退職した職員が記念に親指ほどの太さのを植えたものだそうだが、低く整えて、どっしりとした大樹になっている。 30年という歳月は、たいへんなものだ。 落語研究会には、その4年前から通っていることを思い、ある種の感慨を催す。

   「万病円」      五街道 喜助

   「生兵法」      林家 彦いち

   「居残り佐平治」 古今亭 志ん輔

          仲入

   「転失気」 三遊亭 好太郎

   「長屋の花見」 柳家 小三治

 小三治の「長屋の花見」、隅から隅まで知っている噺なのだけれど、やはり可笑しく、楽しく聴く。 それが、芸の力なのだろう。

 志ん輔の「居残り佐平治」も、絶好調。 前に「お直し」に辛口のことを言ったが、志ん輔はこういう噺に向いているようだ。

 喜助は声のでかいのが取柄。 「生兵法」は、落語研究会で初めてという。 そういう噺の例で、やはりつまらない。 空手か何かやっているという彦いちは、面白いキャラクターではあるが…。 「転失気」も、いわゆる前座噺で、この三人はつまり、小三治と志ん輔の引立て役であった。

柳家小三治さんを悼む2021/10/12 07:06

柳家小三治さんが7日に亡くなったと聞いて、がっかりしてしまった。 2日まで高座に上がっていたそうなのだが…(府中の森芸術劇場での「猫の皿」)。 柳亭市馬落語協会会長も、鈴々舎馬風落語芸術協会前会長も、もうビニール袋いっぱいの馬に喰わせるほどの薬を飲まなくてよくなって、よかったね、と言っていた。 長い病気との戦いだったのだろう。 五代目小さんの息子で、六代目を継いだ小さんは、八つ上の兄弟子の小三治(以下、敬称略)に相談したら、今まで自分で言い出したことがなかった、大人になったな、と言われたという。 世間は小三治が小さんを継ぐと思っていた。 小三治は、柳家小三治として、五代目柳家小さん(1995年)、桂米朝(1996年)に次いで、2014年に三人目の人間国宝になった。

今年、等々力短信「コロナ下、小三治前進」第1141号2021(令和3)年3月25日に書いたのを契機に、今まで柳家小三治について書いたものを一覧にした。 それを掲げて、ご冥福を祈りたい。
  《等々力短信》
第332号 1984.9.5. 野菜・果物、昔の味/小三治、志ん朝「千両みかん」競演、『旅ゆけば 小沢昭一的こころ』(37年前、小三治・志ん朝『千両みかん』競演<小人閑居日記 2021.3.17.>に再録)
第609号 1992.8.5. 「子別れ」上・中・下/小三治の子別れに泣く土用丑(小三治の「子別れ」上・中・下<小人閑居日記 2021.3.20.>に再録)
第814号 1998.7.25. 郡山剛蔵随談/小三治の『ま・く・ら』①(郡山剛蔵随談<小人閑居日記 2021.3.21.>に再録)
第815号 1998.8.5. 海舟お宝余波/②お宝、勝海舟の手紙と掛け軸(海舟お宝余波<小人閑居日記 2021.3.22.>に再録)
第816号 1998.8.15. 小三治の「青い鳥」/③幸せのかけら「マイ・プレジャー」(小三治の「青い鳥」<小人閑居日記 2021.3.23.>に再録)
第872号 2000.3.25. 噺家のオカミサン/小三治夫人・郡山和世『噺家のオカミサン繁盛記』(小三治夫人、郡山和世著『噺家カミサン繁盛記』                 <小人閑居日記 2021.3.24.>に再録)
第904号 2001.6.25. 『もひとつ ま・く・ら』/小三治の断定・意外性の面白さ・言葉の選択(柳家小三治の『もひとつ ま・く・ら』<小人閑居日記 2021.3.25.>に再録)
第1141号 2021.3.25. コロナ下、小三治前進

  《小人閑居日記》
小三治「長屋の花見」の季節<小人閑居日記 2003.3.27.>(ブログ未収録)
小三治の「まくら」最新版<小人閑居日記 2004.6.20.>(ブログ未収録)
「国立印刷局」の秘密<小人閑居日記 2004.6.21.>(ブログ未収録)
小三治の「出来心」<小人閑居日記 2006.4.6.>
小三治「一眼国」のマクラ<小人閑居日記 2007. 4.3.>
「一眼国」の全篇<小人閑居日記 2007. 4.4.>
小三治の「茶の湯」<小人閑居日記 2007. 6.12.>
マクラ「いのちの電話」<小人閑居日記 2007. 6.13.>
小三治のマクラ・広州俳句会<小人閑居日記 2008. 4.6.>
小三治の「うどんや」<小人閑居日記 2008. 4.7.>
小三治の「小言念仏」<小人閑居日記 2008. 6.4.>
期待のドキュメンタリー映画『小三治』<小人閑居日記 2009. 1.27.>
小三治の「病気」<小人閑居日記 2009. 2.26.>
小三治と扇橋<小人閑居日記 2009. 2.27.>
鈴本でベーゼンドルファー<小人閑居日記 2009. 2.28.>
小三治、校歌やフランク永井を歌う<小人閑居日記 2009. 4.14.>
小三治の「宗論」<小人閑居日記 2009. 4.15.>
小三治の「ま・く・ら」ま「大入袋」<小人閑居日記 2010. 5.7.>
小三治の「ま・く・ら」く「わからない話」<小人閑居日記 2010. 5.8.>
小三治の「ま・く・ら」ら「病気について」<小人閑居日記 2010. 5.9.>
小三治の「粗忽長屋」<小人閑居日記 2010. 5.10.>
小三治「かんしゃく」のマクラ<小人閑居日記 2010. 11.7.>
小三治の「かんしゃく」<小人閑居日記 2010. 11.8.>
小三治のマクラ・迷惑メール<小人閑居日記 2011. 4.9.>
小三治の「猫の災難」<小人閑居日記 2011. 4.10.>
小三治「茶の湯」のマクラ<小人閑居日記 2012. 4. 4.>
小三治「茶の湯」の本体(上)<小人閑居日記 2012. 4. 5.>
小三治「茶の湯」の本体(下)<小人閑居日記 2012. 4. 6.>
市馬、正蔵、小三治と続く<小人閑居日記 2012. 10. 2.>
小三治「お茶汲み」のマクラ「冷やかし」<小人閑居日記 2013. 1. 8.>
小三治の「お茶汲み」本篇<小人閑居日記 2013. 1. 9.>
小三治の「やかんなめ」前半<小人閑居日記 2014.1.9.>
小三治の「やかんなめ」後半<小人閑居日記 2014.1.10.>
小三治「初天神」のマクラ<小人閑居日記 2015.1.2.>
小三治「初天神」の本篇<小人閑居日記 2015.1.3.>
小三治の「青菜」前半<小人閑居日記 2015.7.25.>
小三治の「青菜」後半<小人閑居日記 2015.7.26.>
小三治「時そば」のまくら<小人閑居日記 2016.4.12.>
小三治「時そば」の本篇<小人閑居日記 2016.4.13.>
小三治「お化け長屋」のマクラ「落語家」と怪談噺<小人閑居日記 2016.11.9.>
小三治「お化け長屋」の本篇<小人閑居日記 2016.11.10.>
柳家小三治「千早ふる」前半<小人閑居日記 2018.4.6.>
柳家小三治「千早ふる」後半<小人閑居日記 2018.4.7.>
柳家小三治「転宅」のマクラ<小人閑居日記 2018.11.7.>
柳家小三治「転宅」本篇・前半<小人閑居日記 2018.11.8.>
柳家小三治「転宅」本篇・後半<小人閑居日記 2018.11.9.>
                               以上
なお、(ブログ未収録)分は、明日からアップする予定。

東京の落語と大阪の落語2021/08/23 06:51

 東京と大阪の落語、昔は違いがあった。 出発点が違う。 東京は、もの静か、座敷でやった。 大阪、声がでかい、戸外で客を振り向かせる必要があった。 大阪は、こってりしている、長い、サービス精神。 与太郎と喜六。 東京の与太郎は、全国から職人が集まってきている町だから、町内で養っている、恥をかいたらいかんというので、誰でもない不思議な人になっている。 大阪の喜六は、生活力がある、商いの町だから、自分をアホにする、「愛宕山」のオチのように川柳の「えらいことできましてんも、泣きもせず」、当事者から離れる。 もっと大変なことがあるんだと、ハッとする。 コロナ下、落語の自由な世界を聴いたほうがいい。

 小佐田定雄さんはいろいろな試みをしている。 2007年からやっている、埋もれた噺を復活させる「古墳落語」。 古い番付表に、題名だけが残っていた、「屁臭最中(へくさのさいちゅう)」船場のとう(嬢)さんが、恥ずかしいことをして、恋がかなう。 桂かい枝が演じた。 「落能」落語とお能、茂山千之丞が米朝と親しかったことから、狂言師の茂山あきらと「お豆腐狂言」をやり、桂吉朝が演じた。 「落楽」、文楽の人形と落語のコラボレーションも。 「夢」を聞かれ、歌舞伎の台本も、文楽の台本も書いたが、まだまだ思いもよらないことが起きる、68歳だが気持は40歳だ、ますます楽しみだ、と語った。

 著書に、(ちくま新書)の『枝雀らくごの舞台裏』『米朝らくごの舞台裏』『新作らくごの舞台裏』など多数。