小泉信三の戦争、慶應義塾を守る苦闘2024/02/24 07:15

 2月15日にNHK BSで放送された「岩田剛典が見つめた戦争 小泉信三 若者たちに 言えなかったことば」を、録画しておいて見た。 素晴らしい番組だった。 都倉武之さん(慶應義塾福沢研究センター准教授)が、的確な資料を用意して全面的に参加していたのが、大きく貢献したのだろう。 実は、岩田剛典(たかのり)さんを知らなかった。 三代目J SOUL BROTHERSのパフォーマーで、慶應義塾の普通部、高校から、2011年の大学法学部卒業の34歳という。

 小泉信三は、昭和8(1933)年11月、45歳で慶應義塾塾長に就任した。 昭和16(1941)年、長男信吉(しんきち)慶應義塾大学経済学部卒業、三菱銀行に4か月勤務、8月海軍経理学校入校、海軍主計中尉任官。 昭和17(1942)年10月、長男信吉南太平洋方面で戦死(24歳)。 昭和18(1943)年12月、出陣塾生壮行会で訓示。 昭和20(1945)年3月25日、空襲により罹災。病院のベッドで玉音放送を聞く。 昭和21(1946)年、東宮御教育参与就任。 昭和22(1947)年1月、慶應義塾塾長退任。

 昭和10年代には次第に、「福澤思想抹殺論」が出回り、慶應義塾は西洋の自由主義を日本に入れた福澤諭吉の学校として、言わば国賊のように見られるようにもなっていた。 番組に出てきた、その典型としての徳富蘇峰の福沢批判と小泉の反論を、今村武雄さんの『小泉信三伝』で読んでみたい。

 徳富蘇峰は、昭和19(1944)年3月、言論報国会の機関誌『言論報国』「蘇翁漫談」で、(1)福沢先生は西洋のことを無茶苦茶に輸入し、日本のことをことごとく壊す方針でやってきた、(2)福沢先生その人は愛国者だったが、その議論だけは非常に困った、(3)福沢先生の教えは、個人主義である、として、その教えを奉ずるものは国家の大事に無頓着である、今日の戦さでも、誰が戦さをしているか、まるでほかの人が戦さをしている、それをただながめているようなわけで、独立自尊でやっていく以上は、愛国ということなどとは縁が遠くならざるを得ないとした。

 小泉信三は、これに反論した。(5月10日『三田新聞』「徳富蘇峯氏の福澤先生評論について―先生の国権論その他―」) (2)福沢の多くの著述をあげ、すべて終始かわることのない国権皇張論だったとし、当時、福沢の心を圧迫したことは、西欧諸国、なかでも英国のアジア侵略であって、この強大な勢力の前に、いかにして、わが国の独立をまっとうするかということで、それには、わが国を文明に進めるほかない。 「今の日本国人を文明に進るは此国の独立を保たんがためのみ。故に、国の独立は目的なり、国民の文明は此目的に達するの術なり」(『文明論之概略』) (1)には、『学問のすゝめ』第15編から開化者流の西洋盲信を警めたくだりを引いた。
 (3)福沢の教えを奉じる者といえば、われわれ同窓の者すべてであるが、そのなかの幾千百の青壮年は、いま陸に海に空に戦っている。 彼らはみな福沢の名を口にすればえりを正す者だが、彼らのすべてが非愛国者だと徳富は言うのか、まさかそんなことはないはずで、この一段の言葉は不穏当のきらいがあると反論した。

なお、徳富蘇峰は、明治23(1890)年4月『国民之友』80号に、福沢の『文字之教』を読み、福沢について、世間が認める新日本の文明開化の経世家としてではない一面、つまり文学者としての福沢の役割、日本文学が福沢に負うところの多いことを説明するのに、この本が「大なる案内者」となる、と書いていた。 福沢が、すでに明治6年の時点で、平易質実、だれでも読むことができ、だれでも理解できる「平民的文学」に注意したことを知るのだ、と。
中川眞弥先生の講演「『文字之教』を読む-徳富蘇峰の指摘-」<小人閑居日記 2016.2.7.>
徳富蘇峰の挙げた福沢文章の特色<小人閑居日記 2016.2.8.>

 番組が扱ったこの時期の、慶應義塾と小泉信三塾長について、私は下記を書いていた。
日本史上最大の事件と慶應義塾<小人閑居日記 2007.7.10.>
戦時下の慶應、小泉信三塾長<小人閑居日記 2007.7.11.>
戦時下、大学に出来なかったこと<小人閑居日記 2007.7.12.>
「慶應義塾と戦争」アーカイブ・プロジェクト<小人閑居日記 2016.4.16.>
「戦争の時代と大学」展の冊子から<小人閑居日記 2016.4.17.>
塾長小泉信三の評価をめぐって<小人閑居日記 2016.4.18.>

柳沢吉保の評価、将軍綱吉の評価につながる2024/02/23 06:55

 柳沢吉保の評価が二分されるという問題だが、以前、家内の同級生の奥様、川口祥子さんの「柳沢吉保と六義園」という講演を聴いて、いろいろ書いていた。 その川口祥子さんだが、残念ながら2022年11月30日に亡くなられて、『源氏物語』などの古典に関する深い学識にふれることができなくなってしまった。

「柳沢吉保と六義園」のお話を聞く前に<小人閑居日記 2018.10.9.>
和歌浦、和歌三神、そして和歌山の地名の由来<小人閑居日記 2018.10.10.>
「古今伝授」北村季吟→柳沢吉保、「六義園」<小人閑居日記 2018.10.11.>
柳沢吉保と五代将軍綱吉<小人閑居日記 2018.10.12.>

 改めて、それらや、そこにリストを挙げている「六義園」について書いたものなどを読むと、柳沢吉保の評価が二分されることは、吉保が仕えた五代将軍徳川綱吉の評価が二分されることにも、つながっていた。

2月12日に発信した、元禄地震 房総沖巨大地震と大津波<等々力短信 第1176号 2024(令和6).2.25.>に書いた、柳沢吉保の出世ぶりについては、柳沢吉保と五代将軍綱吉<小人閑居日記 2018.10.12.>にくわしく書いていた。 古山豊さんの本によって記した、吉保生母きの女、その二度の再嫁と、そこで産んだ子供や、荻生徂徠との関わりについては、ウィキペディアなどにも記述がないけれど、八木書店の史料纂集古記録編『楽只堂年録』を校訂している宮川葉子さん(元淑徳大学教授)のコラム「柳澤吉保を知る」第5回吉保の側室達(一)飯塚染子で確認することができた。 柳沢吉保の公用日記『楽只堂年録』は、元々柳沢家には『静寿堂家譜』と呼ぶ公用日記があったのだが、火災で焼失したため、荻生徂徠が史料を博捜、再編したものだった。
https://company.books-yagi.co.jp/archives/7610

荻生徂徠、その評価も二分される2024/02/22 06:57

 12日に発信した、元禄地震 房総沖巨大地震と大津波<等々力短信 第1176号 2024(令和6).2.25.>に、柳沢吉保が「異例の昇進により悪辣な策謀家とされるが、善政で領民に慕われ、綱吉の好学に添い学問・教養の面でも優れていた」と評価が二分されていることを書いたが、柳沢吉保に仕え『楽只堂年録』をまとめたという荻生徂徠もまた、その評価が二分される人物だった。 2015年のこの日記に、入船亭扇辰の「徂徠豆腐」という珍しい落語を聴いたり、磯田道史さんの『無私の日本人』(文春文庫)「中根東里(なかね とうり)」を読んで、下記を書いていた。

扇辰の「徂徠豆腐」前半<小人閑居日記 2015.3.16.>
扇辰の「徂徠豆腐」後半<小人閑居日記 2015.3.17.>
天才儒者・中根東里、知られざる大詩人<小人閑居日記 2015.7.2.>
磯田道史さんの荻生徂徠像<小人閑居日記 2015.7.3.>
天下一、名高い浪人・細井広沢のことなど<小人閑居日記 2015.7.4.>

 落語「徂徠豆腐」は、浪人して尾羽打ち枯らしていた頃の徂徠が、芝増上寺の門前の豆腐屋、上総屋七兵衛に借りていた豆腐おから代を、のちに豆腐屋が火事で焼けた折に、出世していて、店普請して返すというおめでたい噺だ。 磯田道史さんは、天才儒者で知られざる大詩人である「無私の日本人」中根東里から見た荻生徂徠を、生まれつき政才を持った政治臭のある学者で、肝心の学問のなかに、はったりがあった、という。

 私はその時、荻生徂徠について、何も知らないがとして、こんなことを書いていた。
「2014年12月『福澤手帖』第163号の「青木功一著『福澤諭吉のアジア』読書会に参加して」に、講師の平石直昭東京大学名誉教授が質疑応答の中で儒学についての質問に、こんな興味深い見解を述べられたと、こう書いた。 「勝海舟は本物の儒学者ではない、福沢は本物の洋学者。日本に近代を樹立したのは荻生徂徠で、人類史、文明史全体を括弧に入れ、人類の文化の外に出た。儒教的枠組みをとっぱらって、事物そのものを見た。陰陽五行説は、聖人が作り出したもの。蘭学(福沢のやった)も、国学も、学問の方法としては、徂徠学から出ている。最近の中国でも戦略家は『春秋左史伝』を参考にしているのではないか。福沢は『春秋左史伝』が得意で全部通読し、十一度も読み返して面白いところは暗記していたと『自伝』にある。」」

あらためて荻生徂徠を事典などで見ると、『ブリタニカ国際大百科事典』の説明が、私にもわかりやすかった。 「その学問は政治社会に対する有用性を眼目としており経世在民の儒学と概括することができる。初め伊藤仁斎に私淑するがやがて終生の対決者となる。それは徂徠の側での感情的な問題もあるが、根本的には考え方の相違による。徂徠にとって道は中国の古聖人の制作になる利用厚生の道、礼楽刑政の道であって、客観的な制度、技術つまり「物」である。それは仁斎や朱子におけるように主観的でとらえどころのないものとは異なる。道が客観的な物であるがゆえに統一的な政治社会が成立する。徂徠は朱子とともに仁斎の内面的な道徳性による社会の基礎づけを根拠のないものとして退ける。道徳的な優越者という一般的な聖人理解を排し、制作者として聖人をとらえるところにも、経世在民の学であることを目指した徂徠学の性格をみることができる。このような制度文物としての道になにゆえ従わなくてはならないかを明らかにする方法として、制度文物とおのおのの時代状況との連関を問う古文辞学が位置づけられる。そこに歴史的実証的な態度がうかがえるがその究極には聖人への帰依が控えていることを忘れてはならない。徂徠は政治社会の統一と安定を目指したが、それは大本を確固とすれば個々の事象についてはそれぞれの個別性を容認していた。したがって公的な側面に対する私的な側面、特に詩文の領域は尊重された。徂徠の学風のこの面もきわめて重要である。徂徠の学風は古文辞学の方法と相まって国学の成立に大きな影響を与えた。」

 (古文辞学(こぶんじがく)…荻生徂徠が唱えた学問。聖人の教えを理解するには古文辞(古代中国語)で読解すべきとして、朱子学や仁斎学を批判。)

元禄地震 房総沖巨大地震と大津波<等々力短信 第1176号 2024(令和6).2.25.>2/12発信2024/02/12 07:10

 能登半島地震が発生する前日発行の大冊、古山(こやま)豊編著『元禄地震 房総沖巨大地震と大津波』を、『雷鼓』を出しておられた岩本紀子さんから頂いた。 古山豊さんは、千葉県大網白里市在住の県立御宿高校や東金高校校長を務められた方で、40年以上前の昭和56(1981)年に勤務先に近い茂原市鷲巣の鷲山寺(しゅうさんじ)で「元禄津波供養塔」に出合って以来、元禄地震の研究を続けてきた。

 赤穂浪士の吉良邸討入の翌年、元禄16(1703)年12月31日に発生した元禄地震は、江戸初期から今日までの約400年間で、房総半島に最大の被害(死者6千人超、90%以上が津波による溺死)をもたらした。 にもかかわらず、この地震に関する新史料の発掘は少なく、霧に閉ざされた地震の一つとして研究する学者も限られていたという。 古山さんは、地の利があり、地域の「市町村史」に精通、県内各地の沿岸沿いを徹底的に調査し、新史料を多数発掘(石碑、古文書等100点以上)、私家本3冊にまとめ、東京大学地震研究所等にも送付した。 『理科年表』は大正14(1925)年初版以来、簡略だったこの地震の記載が、令和3年版では「元禄の関東地震」相模・武蔵・上総・安房で震度大、特に小田原城下は全滅、全体で死者約1万、潰家2万2千等と詳しくなった。

 元禄地震は、真冬の真夜中に発生、津波は3度襲来、九十九里浜南部5~6mの津波、鰯の豊漁期で沿岸滞在者多数が溺死、地曳網の被害甚大、沿岸の村々は約2/3が浸水、田畑の塩土を除くのに3~5年、それでも元に戻らず生活困窮、安房では山崩れ被害。

 この地震の第一級史料は、柳沢吉保の公用日記『楽只堂(らくしどう)年録』で、房総の被害が13頁にわたって、この本に紹介されている。 吉保の父、安忠は三代将軍家光に上総国市袋(いちのふくろ)に知行地を賜り、三歳の綱吉の守役となった。 吉保の母は、その市袋の名主の娘きの、行儀見習いで柳沢家に上がっていて安忠の手がついたという。 吉保を生むと、すぐ実家に戻り、佐瀬家に嫁ぎ、男児をもうける。 夫に先立たれ、さらに儒者の大沼林斎に再嫁して男児を生む。 林斎は、荻生徂徠の父方庵の弟子で、徂徠と机を並べて学んでいた。 吉保は、18歳から綱吉に近侍し、23歳で綱吉が五代将軍になると小納戸役となる。 母きの女を引き取り、異父弟二人は吉保に仕え、柳沢姓を許され、重臣となる。 元禄元年31歳で側用人、1万2千石余の大名となる。 元禄7年、7万2千石余の川越城主、元禄9年、荻生徂徠を召し抱える。 吉保は、異例の昇進により悪辣な策謀家とされるが、善政で領民に慕われ、綱吉の好学に添い学問・教養の面でも優れていた。 元禄地震の翌年、甲州15万石に封じられる。

 能登半島地震に際し、「温故知新」元禄地震は多くの教訓を残している。

キリスト友会、普連土学園、クエーカー2024/02/11 07:30

 御田小学校の「岬門」から丘の上の道へ戻って、まっすぐ伊皿子に向かわずに、すぐの三叉路を右の細い道に入って、進むと右にキリスト友会(ゆうかい)(キリスト教クエーカー派・日本本部)の質素な建物がある。 私は知らなかったのだが、クエーカー教徒はフレンド派とも呼ばれ、亀塚や済海寺を北に下った聖坂の普連土学園中学校・高等学校は、1887(明治20)年、当時アメリカ合衆国に留学中だった内村鑑三と新渡戸稲造の助言で、ペンシルベニア州フィラデルフィアのキリスト友会婦人伝道会が女子教育を目的に設立した。 現在でも、日本唯一のキリスト友会の教育機関だそうだ。 校名の「普連土」の当て字は、津田仙(津田塾大学創立者津田梅子の父)が、「普(あまね)く世界の土地に連なる」、転じて「この地上の普遍、有用の事物を学ぶ学校」であるようにとの思いから命名したとされる。 教育理念の核として、クエーカーの言葉である内なる光と神の種子を掲げている。 1学年約135名、3クラス編成の、完全中高一貫校だ。

 私は、「慶應音頭」だったかに、「三田の慶應か、慶應の三田か そばじゃ、普連土の鐘が鳴る」という文句があったと憶えていたのだが、1964(昭和39)年卒業の時にもらった『慶應歌集』には出ていなかった。 ただ、釈迢空(折口信夫)作詞の「慶應おけさ」、「三田の山から 光が見える あれは台場か みおの灯か 言うてくれるな わが想い」があるのを知るという副産物を得た。 ついでに普連土学園の校歌は、室生犀星作詞、川村信義作曲だそうだ。

 そこでクエーカーだが、キリスト教プロテスタントの一派であるキリスト友会(Religious Society of Friends)に対する一般的な呼称である。 17世紀に清教徒革命(イングランド内戦)の中で発生した宗派で、教会の制度化・儀式化に反対し、霊的体験を重んじる。 この派の人々が神秘体験にあって身を震わせる(quake)ことからクエーカー(震える人)と俗称される。 会員自身はこの言葉は使わず友会徒(Friends)と自称している。 クエーカーという名称は、創始者ジョージ・フォックスに対して判事の使った言葉に由来するという。

 キリスト友会には、経典や正式の教義箇条はないが、信者間にある一定範囲の教義的合意はみられる。 最も中心にある考えは、内なる光である。 それぞれの信者に力を導く、内なる光の信仰は、証言(Witness「信仰的証し」の意)と呼ぶ幾つかの主要概念の発展につながっている。 証言には平和主義、男女・民族の平等、質素な生活、個人が誠実であり続けることなどがある。

 友会徒の証言として一番知られているのは平和主義で、暴力は常に誤りであるという信念は今日も認められている。 多くの良心的兵役拒否者、非暴力の提唱者、反戦活動家は、友会徒である。 1947(昭和22)年にノーベル平和賞を受賞し、アメリカフレンズ奉仕団とイギリスのフレンズ協議会が受け取った。

 日本での歴史は、1885(明治18)年にキリスト友会婦人外国伝道協会から最初の宣教師、ジョセフ・コサンドが派遣された。 戦後の日本ではGHQのボナー・フェラーズ准将が熱心なクエーカー教徒で、布教活動に勢力を注いだ。 また、後に天皇になる皇太子明仁(現、上皇)の家庭教師エリザベス・ヴァイニングは信徒だった。 日本人信徒としては、新渡戸稲造や石谷行(すすむ)が著名である。 石谷行(1931~2002)は、教育学者で法政大学名誉教授、1969(昭和49)年、牧師の大野道夫らと「良心的軍事費拒否の会」を結成し、防衛費分の税金支払いを拒否した。